スレナス

ウィキペディアから、無料の百科事典
ナビゲーションにジャンプ 検索にジャンプ
スレナス
ネイティブ名
RustahamSūrēn
死亡しました紀元前53年
イランパルティア帝国
忠誠パルティア帝国
ランクスパーフベド
戦闘/戦争

Rustaham Suren [1](紀元前53年に亡くなりました)としても知られるSurenaまたはSurenは、紀元前1世紀パルティアのスパーフベド(「将軍」または「司令官」)でした。彼はスーレーン氏族の指導者であり、カルラエの戦いでローマ人を打ち負かしたことで最もよく知られていました彼の指揮下で、パルティア人はマーカス・リキニウス・クラサスの指揮下で、数値的に優れたローマの侵略軍を決定的に打ち負かしました。これは一般に、ローマ帝国とパルティア帝国の間の最も初期の最も重要な戦いの1つであり、ローマの歴史の中で最も破滅的な敗北の1つと見なされています。

「スレナ」はイランで名前として人気があり、「ソレナ」と発音されることもあります。「スレナ」はギリシャ語ラテン語Sûrên [2]またはSūrēnです。[3]「スレン」として、その名前はアルメニアで一般的です。[4] スレンとは、「英雄的なアヴェスター ・スラ(強く、高貴な)」を意味します。[5] [d]

コンテキスト

トリノの市立古典美術館にあるパルティアの弓騎兵

クラサス21の生涯で、c。司令官の時代から125年後、プルタルコス[2]スレナを「非常に著名な男。富、誕生、そして彼に与えられた名誉において、彼は王の次にランクされました。勇気と能力において、彼はパルティアの第一人者でした。彼の時代、そして身長と個人的な美しさにおいて、彼には他に類を見ないものがありました。」[b]また、プルタルコスによれば、彼の軍隊には「多くの奴隷」がいて、将軍が大きな富を持っていたことを示唆している。[6]しかし、この文脈で言及されている「奴隷」(doûloiservi )という用語の実際の意味については異議が唱えられています。[7] [8] プルタルコスはまた、彼を「彼自身が最も背が高く、最も美しい男であるが、彼の外見の繊細さと彼のドレスの女々しさは、彼が本当にマスターであったほどの男らしさを約束しなかった。メデスのファッション。」[9]したがって、スレナスはパルティア帝国で最も強力な人物の1人であり、ガゼラニによれば、「彼は間違いなく法廷の従者と一緒に旅行するので、彼自身の権利で王であった」[10]紀元前54年、スレナスセレウキア市の戦いでオロデス2世の軍隊を指揮したスレナスは王朝の継承のためのこの戦いで彼自身を際立たせました(オロデス2世は以前にミトラダテス4世によって証言録取されていました)そしてアルサケス朝の王位にオロデス2世を復活させるのに役立ちました。[11]

紀元前53年、ローマ人はパルティア西部の血管を前進させました。それに応じて、オロデス2世は、スレナスの下に騎兵隊を派遣し、彼らと戦った。その後、2つの軍隊はカルラエの戦い現在のトルコのハッラーンで)で会いました。そこでは、パルティア人が砂漠の真ん中にローマ人を誘い出すための優れた装備と巧妙な戦術により、数値的に優れたローマ人を打ち負かすことができました。[12]この武器の偉業はローマ軍に深刻な打撃を与え(プルタルコスは2万人の死者と1万人の囚人について語っている)、「東の人々の間で強力な反響を生み出した」が、「決定的な変化を引き起こさなかった。勢力均衡」[13]つまり、アルサケス朝の勝利は彼らの領土を獲得しませんでした。その後、スレナスはオロデス2世によって処刑されました。その理由は、スレナスが脅威である可能性があると王が感じたためと考えられます。[13]

「ある意味で、歴史的伝統における[スレナス]の位置は、 [シャーナメ]のルスタムの位置と不思議なことに平行しています「叙事詩の伝統においてルスタムが優勢であったにもかかわらず、彼を説得力のある歴史的なニッチに見つけることは不可能でした。」[14]

描写

も参照してください

メモ

a。^ パルティアの王を戴冠させる権利は、それらの王に対する権力を具体的に示すものではありませんでした。「Carrhaeの勝利者であるSurenaの処刑は、パルティアの最高君主の比較的無制限の力を示しています。」[15]
b。^ 紀元前1世紀の司令官についてのプルタルコスの2世紀のADの説明は、次のように述べています。彼は当時のパルティア人よりも優れていました。彼が国への遠足だけに行った場合、彼は荷物を運ぶために千のラクダと彼の子孫のために200の馬車を持っていました。軽武装が彼の前に乗った。確かに、彼のヴァッサルと奴隷は一万弱の騎兵隊を構成していた。」[16]
c。^ 明示的に言及されている他の高貴な家族は、カレン家です[17]
d。^ Justi 1895、p。317、col。2、¶2: "di der holdenhafte、awest。sūra(stark、hehr)。"

参考文献

  1. ^ Pourshariati 2008、p。462。
  2. ^ ab2006年の貸し出し _ _
  3. ^ Herzfeld 1929、p。44,70。
  4. ^ Lang 1983、p。510。
  5. ^ Justi 1895、p。317。
  6. ^ ペリカニアン1983、p。635。
  7. ^ Schippmann 1986、pp。525–536。
  8. ^ 財団、イラン百科事典。「イラン百科事典へようこそ」iranicaonline.org
  9. ^ 「インターネットクラシックアーカイブ|プルタルコスによるクラサス」classics.mit.edu
  10. ^ Gazerani 2015、p。21。
  11. ^ Bivar 1983、p。49。
  12. ^ Bivar 1983、pp。49–51。
  13. ^ a b Schippmann 1987、p。528。
  14. ^ Bivar 1983、p。51。
  15. ^ Schippmann 1987、p。532。
  16. ^ Langhorne&Langhorne 1934、p。59。
  17. ^ Lukonin 1983、p。704。

参考文献

  • Bivar、ADH(1983)、 "The Political History of Iran under the Arsacids"、in Yarshater、Ehsan(ed。)、Cambridge History of Iran、vol。3、ロンドン:ケンブリッジUP、21〜100ページ
  • Bivar、ADH(2003)、「Gondophares」Encyclopaedia Iranica、vol。11、コスタメサ:マツダ、2008年9月8日オリジナルからアーカイブ
  • Frye、RN(1983)、 "The Political History of Iran under the Sassanians"、in Yarshater、Ehsan(ed。)、Cambridge History of Iran、vol。3、ロンドン:ケンブリッジUP、pp。116–81
  • ヘルツフェルド、エルンスト・エミル編 (1929)、「DasHausSūrēnvonSakastan->」、ArchæologischeMitteilungenaus Iran、vol。私、ベルリン:ディートリッヒ・ライマー、70〜80ページ
  • Justi、Ferdinand(1895)、 "Sūrēn"、Iranisches Namenbuch、Leipzig / Marburg:Elwert、pp。316–17
  • Lang、David M.(1983)、 "Iran、Armenia and Georgia"、in Yarshater、Ehsan(ed。)、Cambridge History of Iran、vol。3、ロンドン:ケンブリッジUP、pp。505–37
  • レンダリング、ジョナ(2006)、スレナ、アムステルダム:livius.org
  • Lukonin、VG(1983)、 "Political、Social and Administrative Institutions"、in Yarshater、Ehsan(ed。)、Cambridge History of Iran、vol。3、ロンドン:ケンブリッジUP、681〜747ページ
  • プルタルコス、「マーカスクラサス」、ジョン、ラングホーン。Langhorne、William、eds。(1934)、プルタルコスの生涯、ロンドン:J。クリシー
  • ローリンソン、ジョージ(1901)、古代東部世界の7つの偉大な君主制、vol。6、ロンドン:Dodd、Mead&Company
  • Perikanian、A。(1983)、 "Iranian Society and Law"、in Yarshater、Ehsan(ed。)、Cambridge History of Iran、vol。3、ロンドン:ケンブリッジUP、pp。627–81
  • Schippmann、K。(1987)、「Arsacid ii:The Arsacid Dynasty」Encyclopaedia Iranica、vol。2、ニューヨーク:Routledge&Kegan Paul、pp。525–36、2009年12月19日にオリジナルからアーカイブ
  • Pourshariati、Parvaneh(2008)。サーサーン朝の衰退と崩壊:サーサーン朝-パルティア連合とアラブによるイランの征服ロンドンとニューヨーク:IBタウリス。ISBN 978-1-84511-645-3
  • Schippmann、K。(1986)。「アルサケス朝II。アルサケス朝」。イラン百科事典、Vol。II、Fasc。5pp。525–536。
  • Gazerani、Saghi(2015)。叙事詩のシスタニサイクルとイランの国家史:歴史学の限界についてブリル。pp。1–250。ISBN 9789004282964

さらに読む

  • オーバートゥーム、ニコラウスレオ(2021年)。「最初のパルティア戦争(紀元前56/5〜50年)の起源におけるパルティアとローマの役割の再評価」。古代史ジャーナル9(2):238–268。土井10.1515 / jah-2021-0007