スルピシア

ウィキペディアから、無料の百科事典
ナビゲーションにジャンプ 検索にジャンプ

スルピシアは、紀元前1世紀に、ラテン語で書かれた6つの短い詩(全部で約40行)の著者であり、アルビウス・ティブルスの詩のコーパスの一部として出版されました(詩3.13-18)。彼女は古代ローマの数少ない女性詩人の一人であり、その作品は生き残っています。

人生

スルピシアはアウグストゥスの治世に住んでいて、紀元前40年頃に生まれました。彼女はセルウィウス・スルピシウス・ルーファスとおそらく彼の妻ヴァレリアの娘でした。彼女の叔父であるヴァレリアの兄弟、マーカス・ヴァレリウス・メサラ・コルヴィナスは、オウィディウスのキャリアをスタートさせた文学の重要な後援者です[1]スルピシアの家族は、叔父のメッサッラがアウグストゥスの司令官を務めていたため、アウグストゥス皇帝と関係のある裕福な市民でした。[2]

Carmina Sulpiciae、ラテン語で読む

スルピシアの生き残った作品は、6つの短いエレガンス詩( 3.13–18)で構成されており、これらは詩集の一部として保存されています。詩はケリントスに宛てられています。[3]

ケリントスは、おそらくその日のスタイルの仮名でした(カトゥルスのレスビアやプロペルティウスのシンシアのように)。ケリントスは、彼の2つのエレジー、おそらく貴族のCaeciliusCornutusでTibullusが演説したCornutusを指すと考えられることがあります。子音の類似性とギリシャ語のケラ(「ホーン」)とラテン語のコーヌ(「ホーン」)の類似性は、この識別を支持するために引用された議論の中にあります。[4]しかしながら、最近の批判は、仮名の文学的意味に注目することを支持して、歴史上の人物とケリントスを特定しようとすることから遠ざかる傾向がありました。[5]

一部の批評家は、スルピシアの詩が女性によって書かれたという見方に異議を唱えています。トーマス・ハバード、トーマス・ハビネク、ニクラス・ホルツバーグは、古代ローマにおける女性の文学的文化の欠如を訴えることにより、スルピシアの女性の著作権を拒否しました。[4] [6] [7]スルピス会の批判の概要の中で、アリソン・キースはハバードの記事の論理を「曲がりくねった」と説明し、ホルツバーグとハビネックの女性の著作権を奪おうとする試みの問題も浮き彫りにしている。[8]対照的に、ジュディスP.ハレットは、スルピシアに起因する詩の数を増やして、以前はamicus Sulpiciae(スルピシアの友人)。[9]

学者は伝統的にスルピシアをアマチュア作家と見なしていましたが、この見解は1979年に出版された記事でサンティロッコによって異議を唱えられ[10]、その後この詩集の文学的メリットがより完全に探求されました。[11]

翻訳

も参照してください

メモ

  1. ^ マクスウェル、メアリー(2002)。「HD:ポンドのスルピシア」アリオン:人文科学と古典のジャーナル10(2)16.ISSN0095-5809 
  2. ^ 「スルピシア、カルミナオムニア、セクション1」www.perseus.tufts.edu
  3. ^ オックスフォード古典学事典(第3版改訂)オックスフォード:オックスフォード大学出版局。2005.pp。svSulpicia(Patricia Anne Watsonによる記事)。ISBN 9780198606413
  4. ^ a b トーマス・K・ハバード(2004)。「スルピシアの発明」。古典ジャーナル100(2):177–194。JSTOR4132992_ 
  5. ^ LT Pearcy、LT、「ケリントスの消去:スルピシアとその聴衆」、 Classical World 100(2006年秋)、31〜36ページ。
  6. ^ T.ハビネック、 ラテン文学の政治学 (Princeton 1998)
  7. ^ Niklas Holzberg(1998)。「4人の詩人と詩人または若い男としての詩人の肖像?コーパスチブラニウムの第3巻についての考え」。古典ジャーナル94(2):169–191。JSTOR3298209_ 
  8. ^ キース、アリソン(2006)。「スルピシアの解釈における重要な傾向」 Classical World、100(Fall、2006)、pp。3-10。
  9. ^ ハレット、J。、「アウグストゥスの詩人スルピシアの11のエレジー」:チャーチル、LJ、ブラウン、PR、ラテン語を書く女性:ローマ時代から初期近代ヨーロッパまで、vol。1(ニューヨーク、2002年)、45-65ページ。
  10. ^ Santirocco、MS1979。「SulpiciaReconsidered」、 Classical Journal 74.3:229-39。
  11. ^ 2006年までのスルピシアの批判の概要は、アリソンキース、 「スルピシアの解釈における批判的傾向」 Classical World、100(Fall、2006)、pp。3-10に記載されています。

さらに読む

  •  この記事には、現在パブリックドメインになっている出版物のテキストが組み込まれています:  Chisholm、Hugh、ed。(1911年)。スルピシア」。ブリタニカ百科事典26(第11版)。ケンブリッジ大学出版局。p。69。
  • Batstone、WW(2018)、'Sulpicia and the Speech of Men'、in S. Frangoulidis&SJ Harrison eds、Life、Love and Death in Latin Poetry:Studies in Honor of Theodore D. Papanghelis(Berlin)、101–26。
  • Bréguet、E。(1946)、Le Roman de Sulpicia:ElégiesIV、2–12 du Corpus Tibullianum(ジュネーブ)。
  • カリー、H。マック。(1983)、「Sulpiciaの詩」、Aufstieg undNiedergangderrömischenWelt2.30.3:1751–64。
  • Dronke、P.(2003)、'Alcune osservazioni sulle poesie di Sulpicia(ca 25 aC)'、in F.Bertinied。(2003)、Giornate filologiche'Francesco della Corte' III(Genoa)、81–99。
  • Fabre-Serris、Jacqueline(2017)、'Sulpicia、Gallusetlesélégiaques。命題del'épigramme3.13'、Eugesta 7:115–39。https://eugesta-revue.univ-lille.fr/pdf/2017/4.Fabre-Serris-Eugesta-7_2017.pdf
  • Fabre-Serris、Jacqueline(2018)、'Intratextuality and Intertextuality in the Corpus Tibullianum(3.8–18)'、in SJ Harrison、S. Frangoulidis&T。Papanghelis eds、Intertextuality and LatinLiterature (Berlin&Boston、MA)、67 –80。
  • Fabre-Serris、J.(2020)、'The authorship of Tibullus 3.9'、in TE Franklinos&L。Fulkerson eds、Constructing Authors and Readers in the Appendices Vergiliana、Tibulliana、and Ouidiana(Oxford)、170–85。
  • Fielding、I.(2020)、'The authorship of Sulpicia'、in TE Franklinos&L。Fulkerson eds、Constructing Authors and Readers in the Appendices Vergiliana、Tibulliana、and Ouidiana(Oxford)、186–97。
  • Flaschenriem、Barbara L.(2005)。「スルピシアと開示のレトリック」。グリーン、エレン(編)の第9章古代ギリシャとローマの女性詩人オクラホマ大学出版局。
  • Fulkerson、L.(2017)、付録Tibulliana (オックスフォード)のエレジーに関する文学解説。
  • ハレット、ジュディス・ペラー(2002)、「アウグストゥスの詩人スルピシアの11のエレジー」、LJチャーチル、PRブラウン&JEジェフリー編、ラテン語を書く女性:ローマ時代から初期近代ヨーロッパまで、3vv。(ニューヨーク)、1.45–84。
  • Gruppe、O.(1838)、DieRömischeElegie(ライプツィヒ)。
  • Hallett、Judith Peller(2009)、'Sulpicia and her Resistant Intertextuality'、in D. van Mal-Maeder、A. Burnier&L.Núñezeds、Jeuxdevoix Enonciation、intertextualitéetintentionnalitédanslalittératureantique(Bern、Berlin&Brussels)、141–53。
  • Hallett、JP(2011)、「Scenarios of Sulpiciae:Moral Discourses and Immoral Verses」、Eugesta 1:79–97。https://eugesta-revue.univ-lille.fr/pdf/2011/Hallett.pdf
  • Hemelrijk、EA(1999)、Matrona docta:CorneliaからJulia Domna(ロンドン)までのローマのエリートの教育を受けた女性。
  • Hinds、S.(1987)、「詩人と読者:スルピシアへのさらなるステップ」、Hermathena 143:29–46。
  • Holzberg、N.(1998–9)、 '4人の詩人と詩人または若い男としての詩人の肖像?CorpusTibullianumのBook3についての考え、Classical Journal 94:169–91。
  • ハバード、TK(2004–05)、「スルピシアの発明」、Classical Journal 100:177–9​​4。
  • キース、AM(2008)、「スルピス会コーパスにおけるサルトリアル証拠と詩的フィネス」、J。エドモンソンとAMキース編、​​ローマのドレスとローマ文化の布地(トロント)、192–201。
  • Kletke、S.(2016)、「なぜSulpiciaは女性なのか?」、Mouseion 13:625–53。
  • Lowe、NJ(1988)、「Sulpicia's Syntax」、Classical Quarterly 38:193–205。
  • Lyne、ROAM(2007)、「[Tibullus] Book 3 and Sulpicia」、同上、ラテン詩集(オックスフォード)、341–67。
  • Maltby、R.(近日公開)、Corpus Tibullianum III:テキスト、翻訳、解説(ニューカッスル)。
  • メリアム、キャロルU.(2005)。「スルピシアと文学的な言及の芸術:[Tibullus]3.13」。グリーンの第8章、エレン(編)古代ギリシャとローマの女性詩人オクラホマ大学出版局
  • Milnor、K.(2002)、'Sulpicia's(Corpo)reality:Elegy、Authorship、and the Body in [Tibullus] 3.13'、Classical Antitquity 21:259–82。
  • Parker、HN(1994)、「Sulpicia、auctor de Sulpicia and the Authorship of 3.9 and 3.11 of the Corpus Tibullianum」、Helios 21:39–62。
  • Pearcy、LT(2006)、「Erasing Cerinthus:Sulpicia and her Audience」、Classical World 100:31–6。
  • Santirocco、MS(1979)、「Sulpicia Reconsidered」、Classical Journal 74:229–39。
  • Skoie、Mathilde(2002)、Reading Sulpicia:Commentaries 1475–1900(オックスフォード)。
  • Skoie、Mathilde(2012)、'Corpus Tibullianum、Book 3'、in BK Gold ed。、A Companion to Roman Love Elegy(Malden、MA&Oxford)、86–100。
  • スティーブンソン、ジェーン(2005)女性ラテン詩人。古代から18世紀までの言語、性別、権威(オックスフォード、2005年)、特にch。1:「古典ラテン女性の詩人」(31-48)。
  • Tränkle、H。(1990)、Appendix Tibulliana(Berlin&NewYork)。