崇高なテキスト

ウィキペディアから、無料の百科事典
ナビゲーションにジャンプ 検索にジャンプ

崇高なテキスト
崇高なテキスト3logo.png
原作者ジョンスキナー
開発者崇高な本部
初回リリース2008年1月18日; 14年前 (2008年1月18日
安定リリース
4(ビルド4126)[1] ウィキデータでこれを編集する /2021年12月21日; 2ヶ月前 (2021-12-21
で書かれているC ++Python [2]
オペレーティング・システムLinuxmacOSWindows
プラットホームx64およびARM64
タイプソースコードエディタ
ライセンスシェアウェア[3]
Webサイトhttps://www.sublimetext.com/

SublimeTextは商用のソースコードエディタです。多くのプログラミング言語マークアップ言語をネイティブにサポートしますユーザーはプラグインを使用してその機能を拡張できます。プラグインは通常、コミュニティで構築され、自由ソフトウェアライセンスの下で維持されます。プラグインを容易にするために、SublimeTextはPythonAPIを備えて ます

機能

以下は、SublimeTextの機能のリストです。[4]

  • 「GotoAnything」、ファイル、記号、または行へのクイックナビゲーション
  • 「コマンドパレット」は、アダプティブマッチングを使用して、任意のコマンドをキーボードですばやく呼び出すことができます。
  • 同時編集:選択した複数の領域に同じインタラクティブな変更を同時に行う
  • PythonベースのプラグインAPI
  • プロジェクト固有の設定
  • プロジェクト固有およびプラットフォーム固有の設定を含む、JSON設定ファイルによる広範なカスタマイズ性
  • クロスプラットフォーム(Windows、macOS、およびLinux)とクロスプラットフォーム用のサポートプラグイン
  • TextMateの多くの言語文法と互換性があります

バージョン2

Sublime Text 2.0.2は2013年7月8日にリリースされました。Skinnerが公式のSublimeブログで宣伝したソフトウェアの最初のバージョンからの変更には、Retinaディスプレイのサポートと「QuickSkipNext」機能が含まれます。」[5]

テーマ

SublimeText2のインターフェース
  • Sublime Textには、23の異なるビジュアルテーマが含まれており、サードパーティのプラグインを介して追加のテーマをダウンロードしたり、カスタムテーマを構成したりするオプションがあります。
  • ミニマップ機能は、画面の右上隅にファイル全体の概要を縮小して表示します。メインエディタペインに表示されているファイルの部分が強調表示され、このビューでクリックまたはドラッグすると、エディタがファイル内をスクロールします。[6]

パネル、グループ、画面モード

  • このプログラムは、一度に最大4つのファイルを表示できるパネルや、追加メニューなしで1つのファイルのみを表示するフルスクリーンおよび注意散漫のないモードなど、多数の画面モードを提供します。

列選択と複数選択編集

この機能により、ユーザーは列全体を一度に選択したり、テキストに複数のカーソルを置いたりすることができ、同時に編集することができます。すべてのカーソルは、テキスト内でそれぞれが1つだけであるかのように動作します。文字による移動、行による移動、テキスト選択、単語による移動、サブワードによる移動(CamelCase、ハイフン、またはアンダースコアで区切られた)、行の先頭/末尾への移動などのコマンドは、すべてのカーソルに個別に影響し、わずかに編集できるようにしますマクロ正規表現を使用せずに、複雑な反復構造をすばやく作成できます[7]

オートコンプリート

Sublime Textは、使用されている言語に応じて、ユーザーが入力しているときにエントリを完了することを提案します。また、ユーザーが作成した変数を自動補完します。

シンタックスハイライトとハイコントラスト表示

Sublime Textの暗い背景は、目の疲れを軽減し、テキストとのコントラストを高めることを目的としています。構文の強調表示により、言語の構文も読みやすくなります。[要出典]

エディター内のコード構築

この機能により、ユーザーはエディター内から特定の言語のコードを実行できるため、コマンドラインに切り替えて再度切り替える必要がなくなります。この関数は、ファイルが保存されるたびにコードを自動的にビルドするように設定することもできます。[説明が必要]

スニペット

この機能により、ユーザーは頻繁に使用されるコードのブロックを保存し、それらにキーワードを割り当てることができます。その後、ユーザーはキーワードを入力し、Tabキーを押して、必要なときにいつでもコードのブロックを貼り付けることができます。

何にでも行く

この機能は、ユーザーが開いているファイル、最近のファイル、またはプロジェクトファイルを切り替えたり、ファイル内のシンボルに移動したりできるツールです。[8] [説明が必要]

その他の機能

Sublime Textには、これらに加えて、次のような多くの機能があります。[9]

  • 自動保存。ユーザーが作業内容を失うのを防ぎます。
  • カスタマイズ可能なキー割り当て、ユーザーがメニューとツールバーの両方で選択したオプションにホットキーを割り当てることができるナビゲーションツール
  • 入力時に検索、別のダイアログボックスを必要とせずに、ユーザーが入力したときに入力されているテキストの検索を開始します
  • 入力するとスペルチェック機能が修正されます
  • マクロ
  • 最後のアクションを繰り返します
  • インデントとインデント解除、段落の再フォーマット、行の結合など、さまざまな編集コマンドを選択できます

バージョン3

PHP Hello World on Sublime Text 3

バージョン3は2013年1月29日にベータ版になりました。最初はSublimeText2を購入した登録ユーザーのみが利用でき、2013年6月28日に一般公開されました。ただし、最新の開発ビルドにはまだ登録コードが必要でした。[10] SublimeText3は2017年9月13日に正式にリリースされました。[11] [12] 2018年5月には、バージョン3.1 [13]が続き、 2019年3月にはバージョン3.2が続きました。 [14]

Sublime Text 3が追加する主な機能の2つには、シンボルのインデックス作成とペイン管理が含まれます。シンボルインデックスを使用すると、Sublime Textでファイルをスキャンしてインデックスを作成し、プロジェクトのGotoDefinitionおよびGotoSymbolの機能を容易にすることができますペイン管理を使用すると、ユーザーはホットキーを使用してペイン間を移動できます。[15]

バージョン4

バージョン4は2021年5月20日にリリースされました。[16]

パッケージマネージャー

Package Controlは、Sublime Textのサードパーティのパッケージマネージャーであり、ユーザーがプラグインを検索、インストール、アップグレード、および削除できるようにします。通常、SublimeTextを再起動する必要はありません。パッケージマネージャーは、インストールされたパッケージを自動アップグレード機能で最新の状態に保ち、 GitHubBitBucket、およびカスタムJSONエンコードされたチャネル/リポジトリシステムからパッケージをダウンロードします。また、GitHubおよびBitBucketからGitおよびHgを介して複製されたパッケージの更新を処理し、パッケージを有効または無効にするためのコマンドを提供します。パッケージマネージャーには、任意のパッケージディレクトリを.sublime-packageファイルにバンドルするコマンドも含まれています。[17]

注目すべきサードパーティパッケージには次のものがあります。

  • SublimeCodeIntel –機能には、シンボル定義へのジャンプ、関数呼び出しツール-ヒントが含まれます。[18]
  • LSP- LanguageServerプロトコルのサポート
  • ブラケット蛍光ペン–SublimeTextがブラケットペアに提供する基本的なハイライトを強化します
  • SublimeLinter – JavaScript、Perl、PHP、Python、Rubyなどのコードリンティング(検証
  • サイドバーの機能強化–ファイルの削除、開く、移動、作成、編集、検索の新しいオプションを備えたSublimeTextサイドバーの機能強化
  • ColorSublime –利用可能なテーマの数を標準の22から250を超えるコミュニティが提出した配色に拡張します[19]
  • WordPress –ブログプラットフォームWordPressのオートコンプリートとスニペットを追加します
  • Git –Git機能をSublimeTextに統合ます

崇高なマージ

2018年、SublimeHQはGitGUIおよびマージツールであるSublimeMergeをリリースまし[20]

も参照してください

参照

  1. ^ https://www.sublimetext.com/download
  2. ^ 「ハッカーニュース」Yコンビネータ。
  3. ^ 「崇高なテキストEULA」Sublime HQ Pty Ltd.
  4. ^ 「崇高なテキスト」Sublime HQPtyLtd 2014年3月14日取得
  5. ^ 「崇高なブログ」2015年4月11日取得
  6. ^ 「インターフェース」1stwebdesigner 2012年11月13日取得
  7. ^ 「機能」makeuseof.com 2012年11月13日取得
  8. ^ 「機能」thewebdesignbay.com。2012年11月8日にオリジナルからアーカイブされました2012年11月13日取得
  9. ^ 「機能」1stwebdesigner 2012年11月13日取得
  10. ^ 「崇高なテキスト3開発ビルド」2013年9月9日取得
  11. ^ スキナー、ジョン。「SublimeText3.0」2017年9月13日取得
  12. ^ Razvan、Serea(2017年9月13日)。「SublimeText3がダウンロード用にリリースされました」Neowin 2021年5月30日取得{{cite web}}:CS1 maint:url-status(link
  13. ^ Sublime Text 3.1リリース、Sublime HQ Pty Ltd、2018年5月7日
  14. ^ Sublime Text 3.2、Sublime HQ Pty Ltd、2019年3月13日
  15. ^ 「崇高なテキスト3ベータ」崇高なブログ2014年1月11日取得
  16. ^ 「崇高なテキスト4」崇高なチェンジログ2021年5月20日取得
  17. ^ 「パッケージ管理」wbond.net 2013年9月9日取得
  18. ^ 「パッケージマネージャー」rockettheme.com。2012年11月23日にオリジナルからアーカイブされました2012年11月26日取得
  19. ^ 「Colorsublime」Colorsublime.com 2015年4月11日取得
  20. ^ ブッカー、ローガン(2018年9月22日)。「SublimeMergeは、SublimeTextのメーカーによる洗練されたGitフロントエンドです」オーストラリア:Lifehacker 2020年1月26日取得

さらに読む

外部リンク