常同行動(非人間)

ウィキペディアから、無料の百科事典
ナビゲーションにジャンプ 検索にジャンプ
ステレオタイプの体幹の揺れと揺れの行動を示す象

動物の行動では、常同行動行動、または行動にはいくつかの意味があり、科学文献に曖昧さが生じます。[1] 常同行動とは、反復的で形態学的に同一であり、明確な目標や機能を持たない表現型の行動のグループを表す用語です。[2]これらの行動は、不毛の環境、予定されたまたは制限された摂食、社会的剥奪およびその他の欲求不満の場合にのみさらされる動物にのみ現れるため、 「異常」と定義されています[3] が、「正常な」動物では発生しません。彼らの自然環境。[4]これらの行動は、自傷行為や繁殖成功率の低下を伴う不適応である可能性があり、実験動物では行動研究を混乱させる可能性があります。[5]ステレオタイプの行動は、動物が通常の行動のニーズを満たすことができない人工的な環境によって最終的に引き起こされると考えられています。行動を異常と呼ぶのではなく、「異常な環境を示す行動」として説明することが提案されています。[6]

ステレオタイプ化された動作は、変動が少ない通常の動作を指す場合もあります。たとえば、哺乳類の咀嚼サイクルや、吸引給餌を使用して獲物を捕獲する魚。高度にステレオタイプ化された動きは、機械的制約(骨が機械的にリンクされている毒蛇や魚の頭蓋骨など)、厳密な神経制御(哺乳類の咀嚼など)、またはその両方が原因である可能性があります。ステレオタイプの程度は、同じ行動をとる密接に関連する種間で著しく異なる場合があります。[1]

発症と持続性

ケージに入れられたマウスのワイヤーかじる常同行動の発達につながる可能性のある探索的スニッフィング行動

常同行動の表示は、常同行動の動機が変化するため、通常、時間の経過とともに個人で増加します。常同行動の確立は、飼育環境内のいくつかの要因が原因である可能性があります。常同行動の確立に影響を与える可能性のある飼育環境内の要因の1つは、ケージの外側に向けられた探索行動です。研究によると、マウスに見られる一般的なステレオタイプの行動、たとえばワイヤーをかじる行動は、そのような探索行動に起因する可能性があります。マウスがケージのバーに登るとき、彼らはしばしばケージのバーの間に鼻を置くことによってケージの外を嗅ぎつけようとすることが注目されています。このプロセスの間、マウスは時々バーを噛みます。時間とともに、バーを噛む頻度は増加しますが、スニッフィングの頻度は減少し、マウスにワイヤーをかじる常同行動だけが残されます。常同行動の発達が探索行動によって影響を受けることを示唆する強力な証拠がありますが、これらの探索行動の背後にあるメカニズムはまだ不明です。それらは、ケージの外での魅力的な刺激の結果である場合もあれば、ケージから脱出する動機の結果である場合もあります。[7]

ステレオタイプの行動の継続は、大脳基底核への影響[8]と、その表現における習慣の確立によって説明することができます。人間の研究によると、背側大脳基底核への損傷は、人が2つの運動行動を切り替えるのを非常に困難にする可能性があるため、同じ行動を継続的に実行します。[8]ヨーロッパヤチネズミでも同様の運動行動の切り替えの困難が見られ、大脳基底核の機能障害が齧歯動物や他の動物の常同行動の発達の要因である可能性が示唆されています。[5]

習慣の中断または停止は、最初の行動よりもはるかに退屈で困難です。[2]常同行動が発達するにつれて、常同行動はより容易に誘発されるようになり、元の状況で表現されるだけでなく、明らかなストレスや対立がない状態で表現される可能性があります。常同行動の習慣への発達とその習慣を中断することの難しさは、常同行動の頻度が年齢とともに増加すると予想される理由を説明しています。[2]常同行動の持続は、常同行動のある動物と常同行動のない動物との間の行動の違いに起因する可能性があることを示唆するいくつかの研究もあります。研究されてきた行動の違いの1つは、定型的な行動を示す動物に見られる絶滅に対する抵抗力が高いことです。絶滅への抵抗は、動物が学習した反応を止めることができないときに起こります。飼いならされた犬を使った研究では、一般的なステレオタイプの行動を示す犬は、他の犬よりも単純な実験作業で絶滅に対する抵抗力が高いことが示されています。この相関関係は、犬のステレオタイプの行動が発達の初期に何らかの方法で強化され、これらの犬が絶滅に対して非常に耐性があるために持続している可能性があることを示唆しています。[9]

爪を噛むことを連想させる明確なアンフェタミン誘発常同行動を示すマウスのビデオ[10]

多くの常同行動は、閉じ込めによって誘発される可能性があります。たとえば、猫は動物園のケージで歩きます。[11]飼料が制限されている妊娠中の雌ブタは、屋台のバーを噛み、口の中に何も入れずに噛みます。[12]実験用ラットおよびマウスでは、グルーミングは睡眠以外の最も一般的な活動であり、グルーミングのステレオタイプは、不安およびうつ病のいくつかの動物モデルを調査するために使用されてきました。[13]

ステレオタイプの行動の例には、ペーシング、ロッキング、輪になって泳ぐ、過度の睡眠、自傷行為(毛引きや過剰な身づくろいを含む)、ケージバーの口を開けるなどがあります。

常同行動は、霊長類、鳥、肉食動物を含む多くの種で見られます。動物園のゾウの最大54%が常同行動を示しています。[14] [15]ステレオタイプの行動は、飼育下のキリンでも一般的です。それらは幅広い常同行動を実行しますが、主に無生物をなめます。これは、自然の採餌および摂食行動の制限に関連している可能性があります。[16] [17]常同行動は厩舎 の馬で よく知られており、通常、特に不十分な運動で閉じ込められた結果として発生します。それらは口語的に安定した悪徳と呼ばれます。彼らは管理を提示します問題は、噛む、蹴る、反復運動による施設の損傷につながるだけでなく、対処しないと動物の健康に影響を与える可能性があります。[18]

ツキノワグママレーグマも、ケージに入れられると常同行動を示します。これらの種の一般的な常同行動には、頭を投げたり、顎をクランプしたりすることが含まれます。[19]

常同行動は犬にも見られます犬の一般的な定型的な行動には、旋回、光の固定、ハエのスナップなどがあります。[9]

ソリューション

常同行動は、より大きくより刺激的な囲い、訓練、動物の環境への刺激(物体、音、香りなど)の導入など、環境強化によって軽減または排除される場合があります。濃縮は、任意の期間有効であり続けるために変更する必要があります。霊長類などの社会的な動物を他の種のメンバーと一緒に飼育することも役立ちます。しかし、一度行動が確立されると、脳の変化のために排除することが不可能な場合があります。[6]

動物福祉

飼育下の動物における常同行動の発達と継続的な発現は、すぐに動物福祉の問題になる可能性があります。[20]常同行動は、長期的な動物福祉問題の最も重要な指標の1つと見なされています。常同行動の長期にわたる表示は、動物の福祉が危険な状態にあることを示唆しています。[4]ミンクの福祉は、動物の生産に影響を与えるため、管理の観点から重要な側面と見なされています。不十分な福祉は、貧弱な生殖能力と貧弱な成長率に関連しています。[5]

動物実験

常同行動の極端な表示は、動物福祉の問題であると同時に、行動研究の混乱を招く可能性があります。[21] 動物で行われる行動研究の多くは、被験者が一定レベルの正常な行動機能を持っていることを要求するため、被験者が示すステレオタイプの行動は結果を損なう可能性があります。[22]しかし、ステレオタイプの行動の表現は、研究者にとってユニークな機会を提供することもできます。大脳基底核機能障害に関する人間の研究が動物の常同行動の発達への洞察を提供したように[8] 、常同行動に関する動物研究は、人間の臨床集団に見られる常同行動の多くの背後にある神経メカニズムを理解するのに役立つかもしれません。[23]

も参照してください

参照

  1. ^ a b 「ホーム|サウスカロライナ州クレムソン大学」 (PDF)
  2. ^ a b c Mason、G.(1993)。「年齢と状況は、ケージに入れられたミンクの常同行動に影響を与えます」(PDF)行動127(2):191–229。土井10.1163/156853993x00029hdl10214/4679
  3. ^ ハンセン、S .; Jeppesen、L.(2006)。「ミンクの福祉の尺度としての気質、常同行動および予測行動」応用畜産学行動99(1):172–182。土井10.1016/j.applanim.2005.10.005
  4. ^ a b Jeppesen、L .; ヘラー、K .; Bidsoe、M.(2004)。「雌の農場ミンクの常同行動は、体重への影響により、より高い出生力で遺伝的に伝染する可能性があります」応用動物行動86(1):137–143。土井10.1016/j.applanim.2003.11.011
  5. ^ a b c ガーナー、JP; メイソン、GJ(2002)。「実験用齧歯動物におけるケージの常同行動と行動の脱抑制との関係の証拠」。BehavBrainRes136(1):83–92。土井10.1016 / S0166-4328(02)00111-0hdl10214/4711PMID12385793_ S2CID12731260_  
  6. ^ a b Davis、E .; ダウン、N .; ガーナー、J; etal。(2004)。「常同行動:LAREFディスカッション」(PDF)ラボ霊長目ニュースル34(4):3–4 2009年12月21日取得
  7. ^ ヴュルベル、飯能; Stauffacher、Markus; フォンホルスト、ディートリッヒ(1996-01-12)。「実験用マウスの常同行動— Zur:ICRおよびZur:ICRnuにおける「ワイヤーかじり」および「ジャンプ」の個体発生の定量的および定性的記述」。動物行動学102(3):371–385。土井10.1111/j.1439-0310.1996.tb01133.xISSN1439-0310_ 
  8. ^ a b c ルリア、AR(1965年3月)。「前頭葉の重傷における2種類の運動の固執」。88(1):1–10。土井10.1093 / brain/88.1.1ISSN0006-8950_ PMID14280275_  
  9. ^ a b プロトポポワ、アレクサンドラ; ホール、ナサニエルJ .; Wynne、Clive DL(2014)。「ペットの犬における行動の持続性の増加と常同行動との関連」。行動プロセス106:77–81。土井10.1016/j.beproc.2014.04.009hdl2286/RI27039PMID24814910_ S2CID10034066_  
  10. ^ キーボー、A; ミッチェル、H; Gaval-Cruz、M; フリーマン、K; エドワーズ、G; ワインシェンカー、D; トーマス、J(2011)。「PRTFDC1はマウスのHPRT欠損症の遺伝子修飾因子です」PLOSONE6(7):e22381。Bibcode2011PLoSO...622381K土井10.1371/journal.pone.0022381PMC3144895_ PMID21818316_  
  11. ^ Swaisgood、RR; シェパードソン、DJ(2005)。「動物園の動物の濃縮と常同行動への科学的アプローチ:何が行われ、次にどこに行けばよいのか?」ZooBiol24(6):499–518。土井10.1002/zoo.20066
  12. ^ ローレンス、AB; Terlouw、EM(1993)。「ブタのステレオタイプ行動の発達と継続的なパフォーマンスに関与する行動要因のレビュー」JAnimSci71(10):2815–25。土井10.2527/1993.71102815xPMID8226385_ 
  13. ^ カルエフ、AV; ウィートン、M .; マーフィー、DL(2007)。「私のマウスモデルの何が問題になっていますか?不安とうつ病の動物モデリングにおける進歩と戦略」。BehavBrainRes179(1):1–18。土井10.1016/j.bbr.2007.01.023PMID17306892_ S2CID16158758_  
  14. ^ 「象の福祉に関するDefra最終報告書」(PDF)2011年11月16日取得
  15. ^ Stern、A.(2005-02-28)。「動物園でのゾウの死は、動物の議論を再燃させます」ロイター2006年5月30日取得
  16. ^ バショー、メレディスJ; タロウ、ロレインR; マキ、トッドS; メープル、テリーL(2001)。「飼育下のキリンとオカピの常同行動に関連する変数の調査評価」。応用動物行動科学73(3):235–247。土井10.1016 / s0168-1591(01)00137-xPMID11376840_ 
  17. ^ フェルナンデス、LT; バショー、MJ; Sartor、RL; Bouwens、NR; マキ、TS(2008)。「早口言葉:キリンの口の常同行動を減らすための栄養補給」。動物園生物学27(3):200–212。土井10.1002/zoo.20180PMID19360618_ 
  18. ^ クリスティー、ジュリー(2008)。「馬の行動と安定した悪徳」(PDF)ミネソタ大学エクステンション2011年11月2日にオリジナル(PDF)からアーカイブされました
  19. ^ Vickery、Sophie S .; メイソン、ジョージアJ.(2003年1月)。「飼育下のクマの行動の持続性:再導入への影響」。ウルサス14:35–43。
  20. ^ メイソン、GJ(1991)。「常同行動と苦しみ」。行動プロセス25(2–3):103–115。土井10.1016 / 0376-6357(91)90013-phdl10214/4670PMID24923970_ S2CID43817366_  
  21. ^ ガーナー、ジョセフP; メイソン、ジョージアJ(2002年10月)。「実験用齧歯動物におけるケージの常同行動と行動の脱抑制との関係の証拠」。行動脳研究136(1):83–92。土井10.1016 / s0166-4328(02)00111-0hdl10214/4711PMID12385793_ S2CID12731260_  
  22. ^ ガーナー、ジョセフP .; メイソン、ジョージアJ .; スミス、レベッカ(2003)。「実験的にケージに入れられた鳴き鳥の定型的な経路追跡は、一般的な行動の脱抑制と相関している」。動物の行動66(4):711–727。土井10.1006/anbe.2002.2254hdl10214/4714S2CID53153853_ 
  23. ^ パウエル、スーザンB; ニューマン、ハワードA; ペンダーガスト、ジェーンF ; ルイス、マークH(1999)。「自発的常同行動の齧歯類モデル」。生理学と行動66(2):355–363。土井10.1016 / s0031-9384(98)00303-5PMID10336165_ S2CID36677716_