常同行動

ウィキペディアから、無料の百科事典
ナビゲーションにジャンプ 検索にジャンプ

常同行動 / ˈstɛriəˌtaɪpi ˈstɪər -- ioʊ - / [ 1 ] [ 2 ] STERR - ee - oh -ty-peeまたはSTEER - ee - oh-常同行動)は、反復的または儀式的な動き、姿勢、または発話です。常同行動は、体の揺れなどの単純な動き、または自己愛撫、脚の交差と交差解除、および所定の位置での行進などの複雑な動きである可能性があります。それらは特に自閉症スペクトラム障害を持つ人々に見られます、しかし、知的障害遅発性ジスキネジー、および情動運動障害にも見られますが、定型発達障害にも遭遇する可能性があります。[3]研究により、ある種の統合失調症に関連する常同行動が示されています。[4] 前頭側頭型認知症は、反復行動や常同行動の一般的な神経学的原因でもあります。[5] [6]常同行動にはいくつかの原因が仮定されており、いくつかの治療オプションが利用可能です。[7]

常同行動は、1つまたは複数の感覚を自己刺激するという仮説の下で、自閉症の刺激と呼ばれることもあります。[8]

前頭側頭葉変性症の人の半数以上(60%)が常同行動を示しました。前頭側頭葉変性症の人の常同行動の発症までの時間は数年(平均2。1年)である可能性があります。[5]

チックとの区別

チックのように、常同行動はパターン化され周期的であり、倦怠感、ストレス、不安によって悪化します。チックとは異なり、常同行動は通常3歳より前に始まり、より多くの体を巻き込み、よりリズミカルでランダム性が低く、事前の衝動よりも別の活動への夢中になります。初期のチックの例としては、まばたきや喉の浄化などがありますが、腕の羽ばたきはより一般的な常同行動です。常同行動は、チックの絶え間なく変化し、衰え、衰える性質を持たず、何年も一定のままである可​​能性があります。チックは通常、短期間抑制可能です。対照的に、子供は常同行動に気を取られる可能性はありますが、常同行動を意識的に制御しようとすることはめったにありません。[7] [9]

提案された原因

常同行動にはいくつかの考えられる説明があり、常同行動が異なれば説明も異なる場合があります。一般的な説明は刺激です。これは、特定の常同行動が感覚入力に関連する機能を持っているという仮説を立てています。他の説明には、常同行動が緊張を解放するか、欲求不満を表す、注意または強化または感覚刺激の必要性を伝える、学習または神経病理学的またはその2つの組み合わせ、または特別な説明を必要としない正常な行動であるという仮説が含まれます。[8]

関連用語

反復常同行動は、元々、慢性的なアンフェタミン使用者における複雑で長期にわたる、目的のない、常同行動を表すために造られた用語です。[10]それは後にパーキンソン病で説明されました。[11]反復常同行動は、一般的なアイテムの分類、収集、または組み立てと分解などの反復的な機械的タスクを実行するための強制です。[12] L-DOPA などのドーパミン作動薬で治療されたパーキンソン病の患者では、反復常同行動が発生する可能性があります[13] [14]

微調整は、強迫的または反復的な行動を表す俗語です。それは、メタンフェタミンまたはアンフェタミンの使用の顕著な症状を示す人を指します。[15] [16]

動物の場合

常同行動は、人間以外の動物でも発生します。これは異常な行動と見なされ、飼育下の動物、特により正常な行動をとる機会がほとんどない小さな囲いに入れられた動物に見られることがあります。これらの行動は不適応であり、自傷行為や繁殖成功率の低下を伴う可能性があり、実験動物では行動研究を混乱させる可能性があります。[17] ステレオタイプ化された行動の例には、ペーシング、ロッキング、輪になって泳ぐ、過度の睡眠、自傷行為(毛引きや過度の身だしなみを含む)、およびケージバーの口を開けることが含まれます。常同行動は、霊長類、鳥、肉食動物を含む多くの種で見られます動物園のゾウの最大40%は、固定観念的な行動を示します。[18]常同行動は厩舎 の馬でよく知られており、通常、特に不十分な運動で閉じ込められた結果として発生します。それらは口語的に安定した悪徳と呼ばれます。それらは管理上の問題を提示し、咀嚼、蹴り、反復運動による施設の損傷につながるだけでなく、対処しないと動物の健康に影響を及ぼします。[19]

ステレオタイプ化された行動は、最終的には動物が通常の行動のニーズを満たすことができない人工的な環境によって引き起こされると考えられています。行動を異常と呼ぶのではなく、「異常な環境を示す行動」として説明することが提案されています。[20]常同行動は、大脳基底核における行動反応の選択の変化と相関しています。[17]常同行動は動物の心理的苦痛の兆候と見なされることが多いため、動物福祉の問題も関係しています。

常同行動は、より大きくより刺激的な囲い、訓練、動物の環境への刺激(物体、音、香りなど)の導入など、環境強化によって軽減または排除される場合があります。濃縮は、任意の期間有効であり続けるために変更する必要があります。彼らの種の他のメンバーと一緒に社会的な動物を収容することも役に立ちます。しかし、一度行動が確立されると、脳の変化のために排除することが不可能な場合があります。[20]

参考文献

  1. ^ 「常同行動」Oxford DictionariesUK英語辞書オックスフォード大学出版局nd 2016年1月21日取得
  2. ^ 「常同行動」メリアム・ウェブスター辞書2016年1月21日取得
  3. ^ Jankovic J(2001)。「チックの鑑別診断と病因」。AdvNeurol85:15–29。PMID11530424_ 
  4. ^ Pedro BM、Pilowsky LS、CostaDCなど。(1994年5月)。「常同行動、統合失調症およびドーパミンD2受容体の大脳基底核への結合」。サイコールメッド24(2):423–9。土井10.1017 / s0033291700027392PMID8084937_ {{cite journal}}:CS1 maint:日付と年(リンク
  5. ^ a b Mateen FJ、Josephs KA(2009年6月)。「前頭側頭葉変性症における常同行動の臨床スペクトル」。運動障害24(8):1237–40。土井10.1002 /mds.22555PMID19412926_ 
  6. ^ Mendez MF、Shapira JS(2008年3月)。「前頭側頭型認知症における再発性の思考と行動のスペクトル」CNSSpectr13(3):202–8。土井10.1017 / s1092852900028443PMID18323753_ S2CID25649243_  
  7. ^ a b シンガーHS(2009)。「モーター常同行動」(PDF)Semin PediatrNeurol16(2):77–81。土井10.1016 /j.spen.2009.03.008PMID19501335_  
  8. ^ a b Nind M、Kellett M(2002)。「重度の学習障害と固定観念的な行動を持つ個人への対応:包括的時代への挑戦」。Eur J Spec NeedsEduc17(3):265–82。土井10.1080 / 08856250210162167S2CID142836660_ 
  9. ^ Muthugovindan D、Singer H(2009)。「運動常同行動障害」。神経学における現在の意見22(2):131–6。土井10.1097 /WCO.0b013e328326f6c8PMID19532036_ S2CID23006424_  
  10. ^ WeisheitRA。イリノイ州のメタンフェタミンと暴力(PDF)(レポート)。イリノイ刑事司法情報局。2010年8月16日にオリジナル(PDF)からアーカイブされました2009年12月8日取得
  11. ^ Evans AH、Katzenschlager R、Paviour D、他。(2004)。「パーキンソン病の反復常同行動:ドーパミン調節不全症候群との関係」。MovDisord19(4):397–405。土井10.1002 /mds.20045PMID15077237_ S2CID23886073_  
  12. ^ Fernandez HH、Friedman JH(1999年9月)。「L-ドーパの反復」。Mov。不和14(5):836–8。土井10.1002 / 1531-8257(199909)14:5 <836 :: AID-MDS1018> 3.0.CO; 2-0PMID10495047_ 
  13. ^ Jankovic J(2005)。「パーキンソン病における運動変動とジスキネジア:臨床症状」。Mov。不和20補足11:S11–6。土井10.1002 /mds.20458PMID15822109_ S2CID23331621_  
  14. ^ O'Sullivan SS、Evans AH、Lees AJ(2009)。「ドーパミン調節不全症候群:その疫学、メカニズムおよび管理の概観」。CNSドラッグ23(2):157–70。土井10.2165 / 00023210-200923020-00005PMID19173374_ S2CID12570841_  
  15. ^ Buxton JA、Dove NA(2008年6月)。「覚醒剤使用の負担と管理」CMAJ178(12):1537–9。土井10.1503 /cmaj.071234PMC2396355_ PMID185198199_  
  16. ^ 「選択された知性の概要:メタンフェタミンの神話」米国麻薬取締局XXXVIII(2)。2005年2月。2010-10-17のオリジナルからアーカイブNDIC麻薬ダイジェストウィークリー2005の許可を得て転載; 4(2):1
  17. ^ a b Garner JP、Mason GJ(2002)。「実験用齧歯動物におけるケージの常同行動と行動の脱抑制との関係の証拠」。Behav BrainRes136(1):83–92。土井10.1016 / S0166-4328(02)00111-0hdl10214/4711PMID12385793_ S2CID12731260_  
  18. ^ スターンA(2005-02-28)。「動物園でのゾウの死は、動物の議論を再燃させます」ロイター2006年5月30日取得
  19. ^ クリスティ、ジュリークリスティ(2008)。「馬の行動と安定した悪徳」(PDF)ミネソタ大学エクステンションミネソタ大学の摂政。2011年11月2日にオリジナル(PDF)からアーカイブされました
  20. ^ a b Davis E、Down N、Garner J、etal。(2004)。「常同行動:LAREFディスカッション」(PDF)ラボ霊長目ニュースル34(4):3–4 2009年12月21日取得

外部リンク