標準業務手順書

フリー百科事典ウィキペディアより

標準操作手順( SOP ) は、作業者が日常業務を実行するのを支援するために組織によって編集された一連の段階的な指示です。SOP は、誤解や業界規制への準拠の失敗を減らしながら、効率、高品質の出力、およびパフォーマンスの均一性を達成することを目的としています[引用が必要]

一部の軍事サービス (米国英国など) では、「標準運用手順」という用語が使用されます。これは、軍事 SOP が、別の部隊にとって必ずしも標準ではない部隊固有の手順を指すためです。「標準」という言葉は、すべてのユニットで 1 つの (標準) 手順のみを使用することを示唆している可能性があります。[引用が必要]

この用語は、非建設的でありながら標準的な慣行を指すために、冗談めかして使用されることがあります。たとえば、フィリピンでは、「SOP」は、政府とその機関内に蔓延する汚職を指す用語です。[1] [2]

臨床研究と実践

臨床研究において、国際調和協議会(ICH) は SOP を「特定の機能のパフォーマンスの均一性を達成するための詳細な書面による指示」と定義しています。SOP は通常、製薬プロセスや関連する臨床研究に適用されます。そこでは、変更されていないプロセスと手順、およびその文書を繰り返し適用することに常に焦点が当てられているため、原因、原因、および結果の分離がサポートされています。さらなる適用は、ランキング、緊急性、人員配置の可能性に関する評価に従って限られたリソースが使用される場合のトリアージです。[3] 研究ディレクターは、主に SOP を担当します。品質保証部門は、研究報告書と試験が SOP を満たしているかどうかを監視する責任を負う個人です。[引用が必要]

SOP は、一般的なビジネス プラクティス、アクティビティ、またはタスクへの参照を従業員に提供することもできます。新しい従業員は、SOP を使用して質問に答えることができます。監督者が操作の実行方法を尋ねるのを中断する必要はありません。国際品質規格ISO 9001 では、基本的に、製品の品質に影響を与える可能性のある製造プロセスで使用されるプロセス (標準操作手順として文書化) を決定する必要があります。[4]

健康安全と環境

安全な作業を支援するために、手順が広く採用されています。それらは「安全な作業方法ステートメント」(SWMS、「スイムズ」と発音) と呼ばれることもあります。それらの開発は、通常、職場で実行されるタスクまたはジョブを分析するさまざまな方法によって先行されます。これには、作業安全分析と呼ばれるアプローチが含まれます。このアプローチでは、ハザードが特定され、その制御方法が記述されます。手順はユーザーの知識レベルに適合する必要があるため、手順の読みやすさは重要です。[5]

も参照

  • ベスト プラクティス – 一般に優れていると認められている方法または技法
  • 手順 – 作業者に指示する文書
  • 作業方法説明書 – 作業に関連する作業を安全に実行する方法、またはプラントや機器を操作する方法について具体的な指示を与える文書
  • 安全な作業手順
  • チェックリスト – タスクを実行する際の一貫性と完全性を確保するための備忘録
  • Runbook  – IT システム スタッフの手順の記録
  • 行動規範 – 一連の規則
  • GxP  – Good (何でも...) を表す用語 実践品質のガイドラインと規制
  • プロトコル
  • オペレーションズ・リサーチ – 高度な分析手法の適用に関する規律
  • 品質管理 – 品質を一定レベルに維持するプロセス
  • 交戦規則 - 戦闘における武力行使に関する内部制限、許可および指令
  • 官僚主義 – 大規模な機関を管理する行政システム

参考文献

  1. ^ 進歩の追求: フィリピンの島での開発の物語. ハワイ大学プレス。2017 年 1 月 31 日。ISBN 9780824858902.
  2. ^ "Anticorruptiondigest.com" . anticorruptiondigest.com .
  3. ^ 「2006/06 時点のマクマードステーション医療標準操作手順」(PDF) . 2016-03-04 に元の(PDF)からアーカイブされました
  4. ^ "ISO 9001:2008 の文書化要件に関するガイダンス" . 2011 年 10 月 15 日にオリジナルからアーカイブされました
  5. ^ テイラー、ジェフリー A. (2012). 「OHS 文書の読みやすさ - いくつかの言語間での OHS テキストの表面特性の比較」 . 安全科学50 (7): 1627–1635。ドイ: 10.1016/j.ssci.2012.01.016 .

外部リンク