スタンドアップミーティング

ウィキペディアから、無料の百科事典
ナビゲーションにジャンプ 検索にジャンプ

スタンドアップミーティングは、通常、出席者が立ちながら参加するミーティングです長時間立っていることの不快感は、会議を短くすることを目的としています。

注目すべき例

伝統的に、英国の枢密院は立っていることを満たしています。[1]

ソフトウェア開発

コンピューティングルームでのスタンドアップ

一部のソフトウェア開発方法論では、チームメンバーにコミットするための毎日のチーム ミーティングを想定しています。毎日の取り組みにより、参加者は潜在的な課題について知ることができ、困難または時間のかかる問題を解決するための取り組みを調整することができます。スタンドアップは、スクラムかんばんなどのアジャイルソフトウェア開発プロセス[2] [3]で特に価値がありますが、任意のソフトウェア開発方法論のコンテキストで利用できます

ミーティングは通常5分から15分のタイムボックスで行われ、参加者が立ち上がって、ミーティングを短く、的確に保つように人々に思い出させるために開催されます。[4]スタンドアップミーティングは、エクストリームプログラミングを行う場合は「スタンドアップ」、スクラムフレームワークに従う場合 は「モーニングロールコール」または「デイリースクラム」と呼ばれることもあります。

会議は通常、毎日同じ時間に開催する必要があります。すべてのチームメンバーが参加することをお勧めしますが、一部のチームメンバーが出席していなくても、会議は延期されません。重要な機能の1つは、会議がチームメンバー間のコミュニケーションの機会であり、経営陣や利害関係者へのステータスの更新ではないことです。[5]ステータスミーティングの一種と呼ばれることもありますが、ミーティングの構造は、フォローアップの会話を促進し、問題が発生しすぎる前に問題を特定することを目的としています。この慣行はまた、その頻度、フォローアップの会話の必要性、および短い構造のより緊密な協力関係を促進し、その結果、知識の伝達率が高くなります。これは、通常のステータス会議よりもはるかに積極的な意図です。チームメンバーは交代で話し、時には現在の人が話すことを許可されていることを示すトークンを渡します。[4]各メンバーは、最後のスタンドアップからの進捗状況、次のスタンドアップまでの予想される作業、および障害について話し、助けを求めたり、協力したりする機会を利用します。[6]

チームメンバーは、短い説明を求めたり、「会議の後でこれについてもっと話そう」などの簡単な発言をしたりすることがありますが、スタンドアップは通常、本格的な議論で構成されていません。[要出典]

3つの質問

スクラムには、チームがスプリント目標に向けた進捗状況を反映および評価するための毎日のミーティング(毎日のスクラム)があります。[7]この会議は、15分未満の短い時間で行われることを目的としているため、障害に関する詳細な議論は、イベントが完了するまで延期されます。一部のチームはスタンドアップミーティングを実施するため、このイベントを「デイリースタンドアップ」と呼ぶ場合があります。

以前のスクラムガイド(2017)は、チームメンバーがこの計画への入力として3つの質問に簡単に対処することを提案しました(チームメンバーごとに最大1分)。

  1. 開発チームがスプリントの目標を達成するのに役立った昨日、私は何をしましたか?
  2. 開発チームがスプリントの目標を達成するのを助けるために、今日私は何をしますか?
  3. 私または開発チームがスプリントの目標を達成するのを妨げる障害はありますか?

(これらの質問は2020スクラムガイドから削除されました)

かんばんスタイルの毎日のスタンドアップは、のことに重点を置いています。

  1. 私の進歩を妨げている障害は何ですか?
  2. (ボードを右から左に見て)何が進んだのですか?

も参照してください

参考文献

  1. ^ 「枢密院事務局のFAQ」枢密院事務局2016年5月17日取得
  2. ^ 「アジャイルテスト」Borland.com。2012年7月6日にオリジナルからアーカイブされました2010年1月27日取得
  3. ^ 「アジャイルテストでのアジャイルスタンドアップ」Borland.com。2010年1月12日にオリジナルからアーカイブされました2010年1月27日取得
  4. ^ ab 「立ち上がるだけではないマーティンファウラー。
  5. ^ ストレイ、ヴィクトリア; Sjøberg、Dag; Dybå、Tore(2016-01-11)。「毎日のスタンドアップミーティング:グラウンデッドセオリー研究」。ジャーナルオブシステムズアンドソフトウェア114(20):101–124。土井10.1016 /j.jss.2016.01.004hdl11250/2478996
  6. ^ 「毎日のスクラムミーティング」シロイワヤギソフトウェア。
  7. ^ 「スクラムガイド」scrum.org。

外部リンク