利害関係者(企業)

ウィキペディアから、無料の百科事典
ナビゲーションにジャンプ 検索にジャンプ

企業では利害関係者は、スタンフォード研究所の1963年の内部覚書で最初に使用された言葉で定義されているように、「組織の支援がなければ組織が存在しなくなるグループ」のメンバーです[1]この理論は、1980年代にR.エドワードフリーマンによって開発され、支持されました。それ以来、それはビジネス慣行および戦略的管理コーポレートガバナンス、ビジネス目的および企業の社会的責任に関連する理論化において広く受け入れられてきました。(CSR)。考慮すべき利害関係者の分類による企業責任の定義は、「株主モデル」と「利害関係者モデル」の間に誤った二分法を作成すること、または株主や他の利害関係者に対する義務の誤ったアナロジーとして批判されています[3]

タイプ

組織やグループがとった行動は、民間部門で彼らと関係のある人々に影響を与える可能性があります。たとえば、これらは、親、子供、顧客、所有者、従業員、従業員、パートナー、請負業者、およびサプライヤー、関係者または近くにいる人々です。大まかに言えば、3つのタイプの利害関係者があります。

  • 主な利害関係者は通常、内部の利害関係者であり、ビジネスとの経済的取引に従事する利害関係者です(たとえば、株主、顧客、サプライヤー、債権者、および従業員)。
  • 二次的な利害関係者 は通常、外部の利害関係者ですが、ビジネスとの直接的な経済交流には関与しません。その行動に影響を受けるか、影響を与える可能性があります(たとえば、一般市民、コミュニティ、活動家グループ、ビジネスサポートグループ、メディア)。
  • 除外される利害関係者 は、元々ビジネスに経済的影響を与えなかったため、子供や無関心な一般市民などです。現在、この概念は人間中心主義の視点を取り入れているため、一般大衆のような一部のグループは利害関係者として認識される可能性がありますが、他のグループは除外されたままです。そのような視点は、植物、動物、さらには地質学に利害関係者としての声を与えるのではなく、人間のグループや個人に関連する道具的な価値を与えるだけです。

会社の利害関係者の狭いマッピングは、次の利害関係者を特定する可能性があります。[4]

企業の利害関係者のより広範なマッピングには、次のものも含まれる場合があります。[要出典]

企業責任において

コーポレートガバナンス企業責任の分野では、企業または企業を主に利害関係者、株主(株主)、顧客などのために管理すべきかどうかについての議論[5] [6]が進行中です。[7]利害関係者を支持する支持者は、次の4つの主要な主張に基づいて議論を行うことができます。

  1. 価値は、共同の成果を最大化することを試みることによって最もよく作成することができます。たとえば、この考え方によれば、従業員のニーズと株主の要望の両方を満たすプログラムは、2つの正当な利害関係者に同時に対応するため、二重に価値があります。そのような政策の複合効果は相加的であるだけでなく、乗法的でさえあるという証拠があります。たとえば、従業員と株主の利益に加えて顧客の要望に同時に対応することにより、後者の2つのグループは両方とも売上の増加の恩恵を受けます。
  2. サポーターはまた、特に過去において、多くのビジネス思想家によって株主に与えられた卓越した役割に問題を抱えています。議論は、債務者、従業員、およびサプライヤーも貢献し、したがって、成功する企業を作る際にもリスクを負うというものです。
  3. 株主株主)が会社を導く上で完全な支配権を持っていれば、これらの規範的な議論はほとんど問題になりません。しかし、多くの人は、特定の種類の取締役会の構造のために、 CEOのようなトップマネージャーがほとんど会社を支配していると信じています。
  4. 企業の最大の価値は、そのイメージとブランドです。企業は、地元の人々や顧客から自社の従業員や所有者に至るまで、さまざまな人々のニーズやウォンツを満たそうとすることで、イメージやブランドの損傷を防ぎ、大量の売上や不満を持った顧客を失うことを防ぎ、費用のかかる法務を防ぐことができます。費用。利害関係者の見解はコストが高くなりますが、多くの企業は、このコンセプトによってイメージが向上し、売上が増加し、企業の過失に対する責任のリスクが軽減され、圧力団体、キャンペーングループ、NGOの標的になる可能性が低くなると判断しています。

企業の利害関係者は、ビジネス全体の行動に影響を及ぼしたり、影響を受けたりする可能性があります。株主は多くの場合、ビジネス上の意思決定に最も直接的かつ明白な関心を持っている当事者ですが、顧客従業員も結果に関与しているため、株主はさまざまな利害関係者のサブセットの1つです実際の企業責任の観点から最も発達した利害関係者の感覚では、外部性の担い手は利害関係者に含まれます。

管理中

20世紀の最後の数十年で、「利害関係者」という言葉は、プロジェクトまたはエンティティに正当な関心を持つ個人または組織を意味するために、より一般的に使用されるようになりました。大企業政府機関非営利団体などの機関の意思決定プロセスを議論する際に、概念は、企業が行うことに関心(または「利害関係」)を持つすべての人を含むように拡大されました。これには、ベンダー、従業員、および顧客だけではありません、しかし、そのオフィスや工場が地域の経済や環境に影響を与える可能性があるコミュニティのメンバーでさえ。この文脈において、「利害関係者」には、その運営委員会の取締役または受託者(伝統的な意味での利害関係者)だけでなく、比喩的な利害関係に支払ったすべての人およびそれが含まれる可能性のある人も含まれます。支払われた」(ゲーム理論における「見返り」の意味で、トランザクションの結果を意味します)。したがって、利害関係者のコミュニティに効果的に関与するために、組織の経営陣は、利害関係者を認識し、彼らの要望と期待を理解し、彼らの態度(支持的、中立的、または反対)を理解し、組織の乏しいリソースを最も重要な利害関係者に集中させるためのコミュニティ全体。[8]利害関係者の管理は、利害関係者の要求が通常より顕著であり、組織の事前に決定された計画と矛盾する可能性がある危機的状況において特に重要です。[9]

  • たとえば、仕事が行われている間に占有されている一部の賃貸住宅の改修を行うプロの家主の場合、主要な利害関係者は、居住者、隣人(仕事が迷惑である)、および借家人です-家主が雇用する管理チームと住宅維持チーム。他の利害関係者は、資金提供者と設計および建設チームです。

事業体の業務におけるそれぞれの種類の利害関係者は構成員と呼ばれるため株主の構成員、隣接する不動産所有者の構成員、事業体がお金を借りている銀行の構成員などが存在する場合があります。その使用法では、「構成要素」は「利害関係者」の同義語です。[10]

利害関係者理論

Post、Preston、Sachs(2002)は、「利害関係者」という用語の次の定義を使用しています。「組織に関心または関心を持っている個人、グループ、または組織。利害関係者は、組織の行動、目的、およびポリシーに影響を与えるか、影響を受ける可能性があります。主要な利害関係者の例としては、債権者、取締役、従業員、政府(およびその機関)、所有者(株主)、サプライヤー、組合、および企業がリソースを引き出すコミュニティがあります。

すべての利害関係者が平等というわけではありません。会社の顧客は公正な取引慣行を受ける権利がありますが、会社の従業員と同じ対価を得る権利はありません。企業の利害関係者は、その富を生み出す能力と活動に自発的または非自発的に貢献する個人と構成員であり、したがって、その潜在的な受益者および/またはリスク負担者です。」[11]この定義は古いものとは異なります。利害関係者理論における利害関係者という用語の定義(Freeman、1983)には、企業の利害関係者としての競合他社も含まれます。RobertAllenPhillipsは、利害関係者理論と組織倫理における利害関係者理論の道徳的基盤を提供します。そこで彼は、ジョン・ロールズの業績に基づく「利害関係者の公平性の原則」と、規範的および派生的な正当な利害関係者の区別を擁護します。真の利害関係者、ラベル付けされた利害関係者:正当な利害関係を持つ真の利害関係者、相互利益を追求する忠実なパートナー。ステークの所有者は会社の株式を所有し、それに値する。利害関係者の互恵性は、取締役会で誰に代表を与えるべきかについてのコーポレートガバナンスの議論における革新的な基準となる可能性があります。企業の社会的責任は、企業の利害関係者の責任を意味する必要があります。

会社の利害関係者の例

利害関係者: 利害関係者の懸念:[12]
政府 課税、VAT法律、雇用、真実の報告、合法性、外部性..
従業員 賃金、雇用保障、報酬、尊敬、誠実なコミュニケーション、感謝、謝辞、表彰。
お客様 価値、品質、カスタマーケア、倫理的な製品。
サプライヤー 顧客のための最終製品で使用される製品およびサービスのプロバイダー、公平なビジネスチャンス。
債権者 クレジットスコア、新規契約、流動性。
コミュニティ 仕事、関与、環境保護、共有、真実のコミュニケーション。
労働組合 品質、労働者保護、仕事。
所有者 収益性、長寿、市場シェア、市場での地位、後継者育成、資金調達、成長、社会的目標。
投資家 投資収益率、収入。

も参照してください

引用

  1. ^ フリーマン、R。エドワード; リード、デビッドL.(1983)。「株主と利害関係者:コーポレートガバナンスに関する新しい視点」カリフォルニアマネジメントレビュー25(3):88–106。土井10.2307 / 41165018JSTOR41165018 _ S2CID154711818  _ 2017年10月21日取得
  2. ^ フレモンド、オリヴィエ(2000年10月)。「利害関係者の役割」(PDF)OECD
  3. ^ ヒース、ジョセフ(2006)。「利害関係者のいないビジネス倫理」。四半期ごとのビジネス倫理16(3):533–557。土井10.5840 / beq200616448ビジネス倫理への市場の失敗アプローチの中心的な利点の1つは、資本主義の精神に反するどころか、資本主義経済を構成する中心的原則のより厳密な明確化を提供しているともっともらしく主張できることです。この概念によれば、企業がより倫理的に行動する場合、その結果、市場が社会に提供する利益が強化され、その永続的な弱点の多くが解消されます。それを破壊するのではなく、民間企業システムを完成させるのに役立つでしょう。
  4. ^ キャロル、アーチーB.(1991年7月〜8月)。「企業の社会的責任のピラミッド」(PDF)ビジネスホライズン土井10.1016 / 0007-6813(91)90005-G
  5. ^ 「株主対利害関係者:コーポレートガバナンスへの2つのアプローチ」IESEビジネススクール。2008年6月2017年4月29日取得
  6. ^ 「株主v利害関係者:新しい偶像」エコノミスト2010-04-22 2017年4月29日取得
  7. ^ Lin、Tom CW、「Incorporating Social Activism」(2018年12月1日)。98ボストン大学ローレビュー1535
  8. ^ 利害関係者の関係管理:組織の実装のための成熟度モデル、リンダ・ボーン博士、2007年
  9. ^ バンディ、ジョナサン; Pfarrer、Michael D。; 短い、コールE。; Coombs、W。Timothy(2017)。「危機と危機管理:統合、解釈、および研究開発」ジャーナルオブマネジメント43(6):1661–1692。土井10.1177 / 0149206316680030ISSN0149-2063_ S2CID152223772_  
  10. ^ シラー、R(2003)。「効率的市場理論から行動金融へ」Journal of EconomicPerspectives17(1):83–104。土井10.1257 / 089533003321164967
  11. ^ 企業の再定義:利害関係者の管理と組織の富スタンフォード大学プレス。2002年。ISBN 9780804743044
  12. ^ Certo&Certo(2005)。現代経営(第10版)。ピアソン。{{cite book}}:CS1 maint:作成者パラメーターを使用します(リンク

参考文献