セントルイス

ウィキペディアから、無料の百科事典
ナビゲーションにジャンプ 検索にジャンプ

セントルイス
セントルイス市
Gateway Arch
ゲートウェイアーチ
Official seal of St. Louis
Official logo of St. Louis
ニックネーム: 
「西への玄関口」、[1]ゲートウェイ市、[1]マウンド市、[2]ルー、[3]西のローマ、[4]リバー市、STL、セントルイス
セントルイスのインタラクティブマップ
座標:38°37′38″ N 90°11′52″ W / 38.62722°N 90.19778°W / 38.62722; -90.19778座標38°37′38″ N 90°11′52″ W  / 38.62722°N 90.19778°W / 38.62722; -90.19778
 アメリカ
 ミズーリ
CSAセントルイス–セント チャールズ–ファーミントン、MO–IL
メトロセントルイス、MO-IL
設立1764年2月14日
法人化1822年
にちなんで名付けられましたフランスのルイ9世
政府
 • タイプ市長議会
 • 体市会議員委員会
 • 市長ティシャウラ・ジョーンズD
 • 市会議員委員会会長ルイス・E・リードD
 • 会計アダムレイン
 • 会計監査役ダーリーングリーン(D
 • 議会の代表コリブッシュD
領域
 • 独立都市65.99平方マイル(170.92 km 2
 • 土地61.74平方マイル(159.92 km 2
 • 水4.25平方マイル(11.00 km 2
 • 都市
923.6平方マイル(2,392 km 2
 • メトロ
8,458平方マイル(21,910 km 2
標高466フィート(142 m)
最高標高614フィート(187 m)
人口
 2020[8]
 • 独立都市301,578
 •ランク米国:第69
中西部:第11
ミズーリ:第2
 • 密度4,885.0 /平方マイル(1,887.19 / km 2
 • アーバン
2,150,706(米国:20日)
 • メトロ
2,807,338(米国:20日)
 •  CSA
2,911,945(米国:19日
住民の呼称セントルイス
タイムゾーンUTC-6CST
 •夏(DSTUTC-5CDT
郵便番号
リスト
市外局番314
FIPSコード29-65000
州間高速道路I-44 (MO).svgI-55 (MO).svgI-64 (MO).svgI-70 (MO).svgI-270.svg
ライトレールSt Louis MetroLink Logo.svg
主要空港セントルイスランバート国際空港
水路ミシシッピ川
ミズーリ川
GDP1,600億ドル(2017年)
Webサイトstlouis-mo .gov

セントルイス/ seɪntˈluːɪssəntˈluːɪs / [ 9 ]米国ミズーリ2番目大きな都市です_ _ _ _ ミシシッピ川ミズーリ川の合流点近くにあります2020年の時点で、の人口は301,578人であり[8]2州の大都市圏はイリノイ州に広がると推定人口は280万人を超え、ミズーリ州で最大の大都市圏、イリノイ州で2番目に大きい、米国で20番目に大きい大都市圏になっています。

ヨーロッパに定住する前は、この地域はネイティブアメリカンの ミシシッピ文化の中心地でした。セントルイスは1764年2月14日に、フランスの毛皮貿易業者で あるギルバートアントワーヌドセントマックスによって設立されました[10]。 ピエールラクレードオーギュストチュトーは、フランスのルイ9世にちなんで名付けました1764年、七年戦争でフランスが敗北した後、この地域はスペインに譲渡されました1800年にフランスに遡及され、3年後にルイジアナ買収の一環として米国に売却されました[11]当時、この都市はルイス・クラーク探検隊の発見隊の乗船地点でした19世紀、セントルイスはミシシッピ川の主要な港になりました。1870年から1920年の国勢調査まで、国勢調査で4番目に大きな都市でした。1877年にセントルイス郡から分離し、独立した都市になり、独自政治境界を制限しました。1904年には、ルイジアナ購入博覧会夏季オリンピックが開催されました。

2017年の大都市GDPが1,600億ドルを超えるガンマグローバル都市である[12]大都市セントルイスは、サービス、製造、貿易、輸送、観光産業に強みを持つ多様な経済を持っています。フォーチュン500企業8社の本拠地です。本社を置く、または市内で重要な事業を展開している主要企業には、Ameren CorporationPeabody EnergyNestléPurinaPetCareAnheuser-BuschWells Fargo AdvisorsStifel FinancialSpire、Inc.MilliporeSigmaFleishmanHillardSquare、Inc.US BankAnthem BlueCross and Blue ShieldFederal Reserve Bank of St. LouisUS Department of AgricultureNational Geospatial-Intelligence AgencyCentene Corporation、およびExpressScripts

主要な研究大学には、セントルイス大学とセントルイスのワシントン大学があります。セントラルウェストエンド地区にあるワシントン大学医療センターは、バーンズジューイッシュ病院を含む医療および製薬機関の集合体をホストしています

セントルイスには4つのプロスポーツチームがあります。メジャーリーグベースボールセントルイスカージナルスナショナルホッケーリーグセントルイスブルースメジャーリーグサッカーセントルイスシティSC 2023年にプレーを開始する予定です。。XFLのルイスバトルホークス街の注目すべき観光スポットの中には、セントルイスのダウンタウンにある630フィート(192 m)のゲートウェイアーチセントルイス動物園ミズーリ植物園セントルイス美術館、ベルフォンテーン墓地と樹木園があります。[13][14] [15]

歴史

ミシシッピ文化とヨーロッパの探検

歴史的所属

 フランス王国1690年代–1763スペイン王国 1763–1800フランス第一共和政1800–1803アメリカ合衆国1803–現在
 
 
 

セントルイスとなる地域は、ミシシッピ川の両側に数多くの寺院や住宅の土塁が建てられたネイティブアメリカンの ミシシッピ文化の中心地でした。彼らの主要な地域センターはカホキアマウンドにあり、900年から1500年まで活動していました。セントルイスの境界内に多数の主要な土塁があるため、この都市は「マウンドシティ」と呼ばれていましたこれらの塚は、都市の開発中にほとんど取り壊されました。この地域の歴史的なネイティブアメリカンの部族には、領土が西に広がったスー語族のオセージ族とイリノイ含まれていました

この地域のヨーロッパでの探検は、フランスの探検家ルイ・ジョリエジャック・マルケットがミシシッピ川の渓谷を旅した1673年に最初に記録されました。5年後、ラサールはルイジアナの一部としてフランスの地域を主張しました

セントルイスのオーギュストチュトーの家。ChouteauとPierreLaclèdeは1764年にセントルイスを設立しました。

この地域で最も初期のヨーロッパ人の入植地は、1690年代から1700年代初頭にかけて、ミシシッピ川の東側にあるイリノイ郡(ルイジアナ州北部とも呼ばれます)のカホキアカスカスキアフォートデチャートレスに建設されました。ミシシッピ川の反対側にあるフランスの村(カスカスキアなど)からの移民がSteを設立しました。1730年代に Genevieve 。

1764年、フランスが七年戦争に敗れた後、ピエールラクレードと彼の継子であるオーギュストチュトーは、セントルイスの街となる場所を設立しました。[16] (ミシシッピの東のフランスの土地はイギリスに、ミシシッピの西の土地はスペインに譲渡されていた。フランスとスペインは18世紀の同盟国だった。フランスのルイXVとスペインのチャールズIIIは両方ともブルボンの家。[17] [回覧] )フランスの家族は、オーセージとの毛皮貿易、およびそれに沿ったより遠い部族との毛皮貿易に基づいて都市の経済を構築しましたミズーリ川シュトー兄弟は、サンタフェとの毛皮貿易でスペインから独占権を獲得しました。フランスの入植者は、アフリカの奴隷を家事使用人や市内の労働者として使用しました。

フランスは、1759年から1760年にヌーベルフランスを失った後、イギリスがミシシッピ川とミズーリ川流域の西にフランスの所有物を要求することを警戒し、これらをニュースペインの副王権の一部としてスペインに譲渡しました。これらの地域は1803年までスペインが所有していました。アメリカ独立戦争中の1780年、セントルイスの戦いでセントルイスはイギリス軍、主にネイティブアメリカンの同盟国に攻撃されました[18]

市の創設

セントルイスの設立に先立って、 1763年の秋にギルバートアントワーヌドセントマックスピエールラクレード(リゲスト)の間の貿易事業が行われました。セントルイスは、ラクレードが率いるミシシッピ川遠征に投資しました。会社の毛皮取引業務の基盤となります。SteがGenevieveすでに貿易センターとして設立されていた彼は、洪水の起こりにくい場所を探しました。彼は、ミズーリ川とイリノイ川の合流点からそれほど南にない、ミシシッピ川の氾濫原を見下ろす高台を見つけました。有利な自然排水システムを備えていることに加えて、農業目的に容易に変換できる木材や草地を供給するための森林地帯が近くにありました。Laclèdeと宣言されたこの場所は、「今後、アメリカで最高の都市の1つになる可能性があります」。彼は、1764年2月に30人の入植者の支援を受けて、14歳の継子であるオーギュストチュトーを現場に派遣した。 [19]

Laclèdeは2か月後に未来の町の場所に到着し、ニューオーリンズの街路計画に基づいてセントルイスの計画を作成しました。デフォルトのブロックサイズは240x 300フィートで、ミシシッピ川の西岸に平行に3本の長い道が走っていました。彼は川に面した300フィートの公共の回廊を設立しましたが、後にこの地域は私的開発のために解放されました。[19]

Photograph of a mural entitled Indian Attack on the Village of St. Louis, 1780, depicting the Battle of St. Louis.
アメリカ独立戦争中の1780年、セントルイスの戦いでセントルイスはイギリス軍、主にネイティブアメリカンの同盟国に攻撃されました

セントルイスが存在してから最初の数年間、この都市はどの政府にも認められていませんでした。和解はスペイン政府の管理下にあると考えられていましたが、誰もそれに対する権限を主張しなかったため、セントルイスには地方政府がありませんでした。この真空により、ラクレードは市民の支配を引き受けるようになり、すべての問題は共同会議などの公共の場で処理されました。さらに、ラクレデは町とその周辺の田園地帯に新しい入植者の土地を与えました。後から考えると、これらの最初の入植者の多くは、これらの最初の数年間を「セントルイスの黄金時代」と考えていました。[20]

1765年までに、市はイギリス、フランス、スペインの政府の代表者からの訪問を受け始めました。この地域のインディアンは、イギリス軍の支配下にあることに不満を表明した。オタワの偉大な首長の一人であるポンティアックは、権力の変化とイギリス軍が彼らの土地にやってくる可能性に怒りました。彼は彼らと戦うことを望んだが、セントルイスの住民の多くは拒否した。

セントルイスは1800年にフランス第一共和政に移管され(植民地の土地はすべてスペイン当局によって管理され続けましたが)、1803年にルイジアナ買収の一環としてフランスから米国に売却されました。セントルイスは新しい領土の首都となり、新しい領土への玄関口となりました。正式な権限移譲が行われた直後、ルイス・クラーク探検隊トーマス・ジェファーソン大統領からの委託を受けました。遠征隊は1804年5月にミズーリ川に沿ってセントルイスを出発し、広大な領土を探索しました。太平洋への水路を見つけるという希望がありましたが、パーティーはアッパーウェストの陸路に行かなければなりませんでした。彼らは1805年の夏にコロンビア川を経由して太平洋に到着しました。彼らは戻って1806年9月23日にセントルイスに到着しました。ルイスとクラークは遠征後セントルイスに住んでいました。他の多くの探検家、入植者、および罠猟師(アシュリーの百など)は、後に西への同様のルートをたどります。

19世紀

白人男性は、1852年にミズーリ州セントルイスのローカストストリート104番地でリンチの奴隷市場でポーズをとります。

市は1808年に最初の地方議員(評議員と呼ばれる)を選出しました。蒸気船は1817年に最初にセントルイスに到着し、ニューオーリンズや東部市場とのつながりを改善しました。ミズーリ州は1821年に州として認められました。セントルイスは1822年に都市として設立され、主にその忙しいと貿易のつながりのために発展を続けました。

セントルイス市とリバーフロント、1874年
1896年5月27日、竜巻後のサウスブロードウェイ

アイルランドとドイツからの移民は1840年代からかなりの数でセントルイスに到着し、セントルイスの人口は1840年の2万人未満から、1850年の77,860人、1860年までに16万人以上に増加しました。 1800年代、セントルイスはニューオーリンズよりも人口が多かった。

多くの南部人によって奴隷州に定住したこの都市は、政治的共感に分裂し、南北戦争中に二極化した。1861年、北軍との衝突で28人の民間人が殺害されました。ミシシッピ川の南への北軍による海上封鎖により、戦争はセントルイスを経済的に傷つけた。セントルイス造兵廠連合海軍のために装甲艦を建造しました

奴隷は川船だけでなくウォーターフロントでも多くの仕事をしていました。イリノイ州などの自由な州に近い都市の場所を考えると、一部の奴隷は自由に逃げました。他の人々、特に子供を持つ女性は、自由訴訟で法廷で訴えられ、いくつかの著名な地元の弁護士がこれらの訴訟で奴隷を助けました。奴隷の約半数は、南北戦争の前に何百もの訴訟で自由を達成しました。奴隷制度廃止論者のイライジャ・パリッシュ・ラブジョイの印刷機は、町民によって3度目に破壊されました。彼は翌年、イリノイ州の近くのアルトンで殺害されました。

戦後、セントルイスは1874年に設計技術者にちなんで名付けられたイーズ橋が完成したことにより、西側との貿易を通じて利益を得ました。川の両岸の産業開発は、ミネアポリスのヘネピンアベニュー橋に続くミシシッピ川に架かる中西部で2番目の橋によって結ばれていました。この橋は、ミズーリ州セントルイスとイリノイ州イーストセントルイスを接続しています。イーズ橋は、セントルイスの建設時からゲートウェイアーチが1965年に建てられるまで、セントルイスの街の象徴的なイメージになりました。橋が架けられました。橋は、北のラクリードランディングと南のゲートウェイアーチの敷地の間のセントルイスリバーフロントを横切っています。今日、道路デッキが修復され、車両や歩行者の通行が川を渡ることができるようになりました。セントルイスのメトロリンクライトレールシステムは、1993年以来レールデッキを使用しています。推定8,500台の車両が毎日レールデッキを通過しています。

1876年8月22日、セントルイス市はセントルイス郡からの脱退と独立市への投票を行い、11月の投票の再集計の後、1877年3月に正式に投票した。[21]工業生産は継続された19世紀後半に増加する。アンハイザーブッシュ醸造所、ラルストンピュリナ社、デスログコンソリデーテッドリードカンパニーなどの主要企業がセントルイスに設立されました。セントルイスには、サクセスオートモービルマニュファクチャリングカンパニーを含むいくつかの真鍮時代の自動車会社もありました[22]セントルイスはウェインライトビルのある場所です、建築家ルイスサリバンによって1892年に設計された超高層ビル

20世紀

1904年、この都市は万国博覧会オリンピックを開催し、ヨーロッパ以外の都市として初めてゲームを開催しました。[23]フェアから残っている恒久的な施設と建造物はフォレストパークにあり、公園の境界内の他の注目すべき建造物には、セントルイス美術館セントルイス動物園ミズーリ歴史博物館、タワーグローブパークがあります。と植物園。

南北戦争後、セントルイスでは住宅と雇用における社会的および人種差別が一般的でした。1916年、ジムクロウ時代にセントルイスは居住者隔離条例[24]を可決し、近隣住民の75%が特定の人種である場合、別の人種の人は入居できませんでした。[ 25]その条例は、NAACPによる法廷での異議申し立てで取り下げられたため、[26]人種差別主義者が人種的契約を発明し、特定の地域の住宅を「白人種族ではない人」に売却することを妨げた。[明確化が必要]再び、セントルイス人は異議申し立てで訴訟を提起し、そのような契約は違憲であると裁定されました。1948年のシェリー対クレーマーの合衆国最高裁判所[27]

20世紀の前半、セントルイスは南部の田舎からのアフリカ系アメリカ人の大移動の目的地であり、より良い機会を求めていました。二次世界大戦中NAACPは戦争工場を統合するためにキャンペーンを行いました。1964年、公民権活動家はゲートウェイアーチの建設に抗議し、アフリカ系アメリカ人が過小評価されていた熟練した労働組合に加入するための努力を公表しました。司法省は、1964年の公民権法に基づいて組合に対して最初の訴訟を起こした。

1900年から1929年の間に、セントルイスには約220の自動車メーカーがあり、アメリカの全自動車メーカーの10%近くを占め、その約半分がセントルイスだけで自動車を製造していました。注目すべき名前には、Dorris、Gardner、Moonなどがあります。[28]

世紀の前半、セントルイスは米国で最悪の大気汚染のいくつかを抱えていました。1940年4月、市は近隣の州で採掘された軟炭の使用を禁止しました。市は無煙炭だけが燃やされたことを確認するために検査官を雇いました。1946年までに、市は大気汚染を約75%削減しました。[29]

セントルイスの商業用リバーフロントの残りのセクションであるラクリードの踊り場からのアーチ(1965年完成)の眺め

デジュリの教育的分離は1950年代まで続き、事実上の分離は1970年代まで続き、裁判所の異議申し立てと地区間の分離合意につながりました。市は学生を引き付けるためにマグネットスクールを作成しましたが、学生は主に市から郡の学区にバスで運ばれ、統合されたクラスの機会がありました。[30]

セントルイスは、多くの中西部の都市と同様に、20世紀初頭に工業化によって拡大し、南部からの移民や移民の新世代に雇用をもたらしました。それは1950年の国勢調査で856,796のピーク人口に達しました。[31] 1950年代から1990年代にかけての郊外化は、産業の再編と失業と同様に、都市の人口を劇的に減少させた。郊外化の影響は、独立都市になるという以前の決定のためにセントルイスの地理的サイズが小さいことによって悪化し、セントルイスはその課税基盤の多くを失いました。19世紀から20世紀にかけて、住宅開発が中心都市から離れて行われたため、ほとんどの主要都市は周辺地域を積極的に併合しました。しかし、セントルイスはそうすることができませんでした。

1950年代に、都市が古くて標準以下の住宅の交換に取り組んだため、いくつかの都市再開発プロジェクトが建設されました。これらのいくつかは不十分に設計され、問題を引き起こしました。1つの顕著な例、Pruitt–Igoeは、公営住宅の失敗の象徴となり、建設されてから20年も経たないうちに取り壊されました。

1980年代以降、セントルイスのダウンタウンにいくつかの活性化の取り組みが集中してきました。

21世紀

新世紀も都市の活性化が続きました。ジェントリフィケーションは、ワシントンアベニュー歴史地区セントラルウェストエンドフォレストパークサウスイースト地区で行われました。[32]これにより、セントルイスは2006年に都市再開発で世界リーダーシップ賞を受賞しました。[33] 2017年、米国国勢調査局は、セントルイスの人口は308,826人で、2010年の319,371人から減少したと推定しました。[ 34]

21世紀のセントルイス市には、大都市圏の総人口の11%が含まれています。(米国の上位20の大都市圏では、人口の平均24%が中央都市にあります。)セントルイスは2000年代初頭にわずかに増加しましたが、2000年から2010年にかけて人口が減少しまし。主にメキシコ出身のラテンアメリカ人と、ボスニア・ヘルツェゴビナ以外で最大のボスニア人コミュニティを構成するボスニア人

地理

街並み

セントルイスの西向きの眺め、2008年9月

ランドマーク

名前 説明 写真
ゲートウェイアーチ 630フィート(190 m)の高さで、西半球で世界で最も高いアーチであり、最も高い人工の記念碑です。[35]米国の西方への拡張の記念碑として建てられたこの公園は、2018年までジェファーソン国立拡張記念館として知られていた ゲートウェイアーチ国立公園の目玉です。 Gateway Arch at Sunset (cropped).jpg
セントルイス美術館 1904年の万国博覧会のために建てられ、キャスギルバートによって設計された建物があり、博物館には絵画、彫刻、文化財が収蔵されています。博物館はフォレストパークにあり、入場は無料です。 St. Louis Art Museum.JPG
ミズーリ植物園 1859年に設立されたミズーリ植物園は、米国で最も古い植物園の1つであり、国定歴史建造物です。14エーカー(5.7ヘクタール)の日本庭園とクリマトロン測地線ドーム温室を含む、ショー地区の79エーカーにまたがっています。 Missouri Botanical Garden.jpg
セントルイス大聖堂 1914年に奉納されたこの教会は、セントルイス大司教の母教会であり、その大司教の座です。教会は、その大きなモザイクのインスタレーション(西半球で最大の4,150万個の作品のひとつ)、埋葬用の地下室、屋外の彫刻で知られています。 Cathedral Basilica of St. Louis.JPG
市役所 ダウンタウンウェストに位置する市庁舎は、1892年にハーベイエリスによってルネッサンスリバイバル様式で設計されました。パリのオテルドヴィルを彷彿とさせます。 St Louis MO City Hall 20150905-100.jpg
中央図書館 1912年に完成した中央図書館の建物は、キャスギルバートによって設計されました。セントルイス公立図書館のメインの場所として機能します STLCentrallibrary.jpg
市立博物館 市立博物館は、ワシントンアベニューロフト地区の旧インターナショナルシュービルにある、主に再利用された建築物と工業製品で構成されるプレイハウス博物館です。 City Museum outdoor structures.jpg
旧裁判所 19世紀に建てられ、連邦および州の郡庁舎として機能しました。スコット対サンドフォード事件(ドレッドスコット判決の結果)は、1846年に郡庁舎で裁判にかけられました。 Old St Louis County Courthouse 20150905 046-047.jpg
セントルイスサイエンスセンター 1963年に設立され、科学博物館プラネタリウムがあり、フォレストパークにあります。入場は無料です。これは、無料の一般入場を提供する米国の2つの科学センターの1つです。 McDonnellPlanetarium.jpg
セントルイス交響楽団 1880年に設立されたセントルイス交響楽団は、ニューヨークフィルハーモニックに続いて、米国で2番目に古い交響楽団です。その主要なコンサート会場はパウエルシンフォニーホールです。 782px-Powell Symphony Hall.jpg
ユニオン駅 1888年に建てられ、市内の主要な都市間鉄道ターミナルでした。かつては世界最大で最も忙しい駅でしたが、1980年代にホテル、ショッピングセンター、娯楽施設に改装されました。現在も、アムトラックのサービスが近くにあり、地元の鉄道(メトロリンク)のトランジット乗客にもサービスを提供しています。2019年12月25日、セントルイス水族館がユニオン駅内にオープンしました。セントルイスホイール、200フィート42ゴンドラ観覧車もユニオンステーションにあります。 Grand Hall at Union Station.jpg
セントルイス動物園 1904年の万国博覧会のために建てられ、動物の管理、研究、保護、教育の分野で一流の動物園として認められています。フォレストパーク内にあり、入場は無料です。 St,Louis (27285462759).jpg

建築

An aerial view of many skyscrapers and other buildings, with a dark blue river cutting down through the upper half.
高層ビル群は、ゲートウェイアーチとミシシッピ川のすぐ西にあります。
ラファイエットスクエアの多くの家は、ギリシャ復興様式、連邦様式、イタリア様式を組み合わせて建てられています。

セントルイスの建築は、さまざまな商業、住宅、記念碑的な建築を展示しています。セントルイスは、米国で630フィート(190 m)に建設された最も高い記念碑であるゲートウェイアーチで知られています。[36]アーチは、トーマス・ジェファーソンとセントルイスの西への玄関口としての位置に敬意を表しています。この地域に反映されている建築の影響には、フレンチコロニアル様式、ドイツ様式、初期アメリカ様式、および近代建築様式が含まれます。

1970年代と1980年代に、セントルイスで最も高いビルであるOne US Bank Plaza(1976)、AT&T Center(1986)、One Metropolitan Square (1989)など、いくつかの注目すべきポストモダンの商業用超高層ビルがダウンタウンに建設されました。 USバンコープのローカル本社である1つのUSバンクプラザは、建物の鉄骨構造を強調して 、構造表現主義のスタイルでマーカンタイルバンコープのために建設されました。

1990年代に、セントルイスは、地域ごとに最大の米国の郡庁舎、トーマスF.イーグルトン米国の郡庁舎(2000年に完成)の建設を見ました。イーグルトン郡庁舎には、ミズーリ州東部地区の米国地方裁判所と第8巡回区の米国控訴裁判所があります。セントルイスの最新の高層ビルには、セントラルウェストエンドのパークイーストタワーとダウンタウンにあるロバーツタワーの2つの住宅タワーがあります。

宗教的建造物のいくつかの例は、南北戦争前の時代から現存しており、そのほとんどは当時の一般的な住宅様式を反映しています。最も初期のものの中には、フランス国王セントルイス大聖堂(旧大聖堂と呼ばれる)があります。大聖堂は1831年から1834年の間に連邦様式で建てられました。当時の他の宗教的な建物にはSSが含まれます。ロマネスクリバイバル様式のキリルとメトディウス教会(1857年)とゴシックリバイバル様式の キリスト教会大聖堂(1867年に完成、1859年に設計)。

19世紀初頭にいくつかの市民の建物が建設されました。元のセントルイスの裁判所は1826年に建てられ、丸みを帯びた柱廊玄関を備えたフェデラル様式の石造りのファサードが特徴でした。しかし、この裁判所は1850年代に建物の改修と拡張の際に取り替えられました。旧セントルイス郡庁舎旧裁判所として知られる)は1864年に完成し、鋳鉄製のドームがあり、1894年までミズーリ州で最も高い建造物であったことで有名でした。最後に、税関はギリシャ復興様式で建設されました。 1852年に解体され、1873年に米国税関と郵便局に置き換えられました。

市の商業および産業開発の多くは川沿いに集中していたため、ゲートウェイアーチの建設中に、南北戦争前の多くの建物が取り壊されました。当時の街に残っている建築遺産には、石畳の通りの複数ブロックの地区と、ラクリードの踊り場と呼ばれるレンガと鋳鉄の倉庫があります。現在、レストランやナイトクラブで人気のあるこの地区は、ゲートウェイアーチの北、リバーフロント沿いにあります。当時の他の工業用建物には、1860年代に さかのぼるアンハイザーブッシュ醸造所の一部が含まれています。

セントルイスでは、19世紀後半から20世紀初頭にかけて、宗教建築物の種類と数が大幅に増加しました。これらの中で最大かつ最も華やかなのは、トーマスP.バーネットによって設計され、1907年から1914年の間にネオビザンチン様式で建設されたセントルイス大聖堂です。セントルイス大聖堂は、それが知られているように、世界最大のモザイクコレクションの1つを持っています。セントルイスの宗教建築のもう1つのランドマークは、ポーランドの大聖堂様式の例である聖スタニスラウスコストカです。当時の他の主要なデザインの中には、聖アルフォンソ・リグオリ(ロック教会として知られている)がありました。)(1867)リチャードソンロマネスクのゴシックリバイバルとセントルイスの第二長老派教会(1900)

1900年の国勢調査までに、セントルイスは国内で4番目に大きな都市になりました。1904年、市はルイジアナ購入博覧会と呼ばれる世界博覧会をフォレストパークで開催しました。その建築上の遺産はやや散在しています。公園内の見本市関連の文化施設の中には、アートヒルのふもとに残っているラグーンの一部であるキャスギルバートによって設計されたセントルイス美術館と、セントルイス動物園のフライトケージがあります。その後、ミズーリ歴史博物館がフェアの利益で建てられました。しかし、1904年には、テオドールリンクの1894年のセントルイスユニオンステーションなど、他の資産が市に残されました。、および改良されたフォレストパーク。

近所

ラファイエットスクエアのフレンチスタイルの家
デルマーループは、ワシントン大学に近く、市とセントルイス郡の境界にあります。

市は79の政府指定の地区に分かれています。[37]一部の町内会は、歴史的地区の開発に対して助成金を管理したり拒否権を行使したりしているが、近隣地区には法的地位がない。

いくつかの地区は、「ノースシティ」、「サウスシティ」、「セントラルウェストエンド」などのカテゴリにまとめられています。

地形

セントルイス地域の河川

米国国勢調査局によると、セントルイスの総面積は66平方マイル(170 km 2)で、そのうち62平方マイル(160 km 2)が陸地で、4.1平方マイル(11 km 2)(6.2%)です。水です。[38]この都市は、ミズーリ州とミシシッピ川の合流点のすぐ南にある米国中西部のミシシッピ川の西岸から100〜200フィート上にある断崖と段丘上に建てられています。この地域の多くは、低い丘と広くて浅い谷が特徴の、肥沃で穏やかに転がる草原です。ミシシッピ川とミズーリ川はどちらも、広い氾濫原のある大きな谷を切り開いています。

ミシシッピ時代の石灰岩苦灰岩この地域の根底にあり、街の一部は自然界でカルスト地形になっています。これは、多くの陥没穴や洞窟があるダウンタウンの南の地域に特に当てはまります。市内のほとんどの洞窟は封印されていますが、川沿いにはたくさんの泉が見えます。石炭、レンガ粘土針ニッケル鉱はかつて市内で採掘されていました。セントルイス石灰岩として知られている主要な表面の岩は、建設用の寸法石と瓦礫 として使用されます。

セントルイス市の南の境界近く(セントルイス郡から分離)には、デペレス川があります。これは、市域内で完全に地下にない唯一の川または小川です。[39] 1920年代から1930年代初頭にかけて、デペレス川の大部分は水路に閉じ込められたか、地下に置かれた。川の下部は、1993年の大洪水の最悪の洪水のいくつかの場所でした。

市の東の境界はミズーリ州とイリノイ州を隔てるミシシッピ川です。ミズーリ川は、川の流れが変わったいくつかの地域を除いて、セントルイス郡の北の線を形成しています。メラマク川はその南線の大部分を形成しています

気候

2010年にミシシッピ川に氾濫した船長の帰還像。

セントルイスの市街地は湿潤亜熱帯気候ですケッペンCfa)。しかし、その南の大都市圏は、暑い夏の湿潤大陸性気候Dfa)を示す可能性があり、これは、都市の都市ヒートアイランドの影響を示しています。街は蒸し暑い夏と肌寒い冬から寒い冬を経験します。それは、メキシコ湾からの冷たい北極圏の空気と高温多湿の熱帯の空気の両方にさらされています。近くのランバート–セントで記録された年間平均気温。ルイ国際空港、は57.4°F(14.1°C)です。100および0°F(38および-18°C)の気温は、それぞれ年間平均3日および1日で見られます。降水量の平均は41.70インチ(1,100 mm)ですが、1953年の20.59インチ(523 mm)から2015年の61.24インチ(1,555 mm)の範囲でした。セントルイスで記録された最高気温は7月に115°F(46°C)でした。 1954年1月14日、最低気温は1884年1月5日の-20°F(-30°C)でした。

セントルイスでは、平均して1年に48日雷雨が発生します。[40]特に春には、強風、大雹、竜巻など、これらの嵐はしばしば激しくなる可能性があります。セントルイスは竜巻街道の温床内にあり、米国で最も頻繁に竜巻が発生する大都市圏の1つであり、竜巻に被害を与えてきた幅広い歴史があります。1993年の大洪水などの深刻な洪水は、春と夏に発生する可能性があります。ミズーリ川またはミシシッピ川の上流の厚い積雪の(しばしば急速な)融解は、春の洪水の一因となる可能性があります。

ミズーリ州セントルイス(ランバート-セントルイス国際)の気候データ、1991年から2020年の法線、[a]極端な1874-現在[b]
Month Jan Feb Mar Apr May Jun Jul Aug Sep Oct Nov Dec Year
Record high °F (°C) 77
(25)
85
(29)
92
(33)
93
(34)
98
(37)
108
(42)
115
(46)
110
(43)
104
(40)
94
(34)
86
(30)
76
(24)
115
(46)
Mean maximum °F (°C) 64.7
(18.2)
71.0
(21.7)
79.4
(26.3)
86.4
(30.2)
90.4
(32.4)
95.5
(35.3)
99.2
(37.3)
99.1
(37.3)
92.4
(33.6)
87.0
(30.6)
75.5
(24.2)
66.9
(19.4)
100.7
(38.2)
Average high °F (°C) 40.4
(4.7)
45.8
(7.7)
56.6
(13.7)
68.0
(20.0)
77.1
(25.1)
85.9
(29.9)
89.6
(32.0)
88.3
(31.3)
81.1
(27.3)
69.2
(20.7)
55.5
(13.1)
44.5
(6.9)
66.8
(19.3)
Daily mean °F (°C) 32.1
(0.1)
36.7
(2.6)
46.6
(8.1)
57.5
(14.2)
67.5
(19.7)
76.5
(24.7)
80.4
(26.9)
78.8
(26.0)
71.0
(21.7)
59.1
(15.1)
46.5
(8.1)
36.5
(2.5)
57.4
(14.1)
Average low °F (°C) 23.8
(−4.6)
27.6
(−2.4)
36.7
(2.6)
47.0
(8.3)
57.9
(14.4)
67.2
(19.6)
71.1
(21.7)
69.3
(20.7)
60.9
(16.1)
49.1
(9.5)
37.4
(3.0)
28.5
(−1.9)
48.0
(8.9)
Mean minimum °F (°C) 4.4
(−15.3)
9.6
(−12.4)
17.8
(−7.9)
32.2
(0.1)
43.5
(6.4)
55.5
(13.1)
61.4
(16.3)
60.1
(15.6)
47.1
(8.4)
33.6
(0.9)
22.0
(−5.6)
11.0
(−11.7)
1.2
(−17.1)
Record low °F (°C) −22
(−30)
−18
(−28)
−5
(−21)
20
(−7)
31
(−1)
43
(6)
51
(11)
47
(8)
32
(0)
21
(−6)
1
(−17)
−16
(−27)
−22
(−30)
Average precipitation inches (mm) 2.59
(66)
2.23
(57)
3.50
(89)
4.73
(120)
4.82
(122)
4.49
(114)
3.93
(100)
3.38
(86)
2.96
(75)
3.15
(80)
3.42
(87)
2.50
(64)
41.70
(1,059)
Average snowfall inches (cm) 5.7
(14)
4.3
(11)
2.3
(5.8)
0.2
(0.51)
0.0
(0.0)
0.0
(0.0)
0.0
(0.0)
0.0
(0.0)
0.0
(0.0)
0.0
(0.0)
0.9
(2.3)
3.2
(8.1)
16.6
(42)
Average precipitation days (≥ 0.01 in) 9.3 8.7 10.8 11.5 12.6 9.8 8.9 8.4 7.3 8.5 9.0 9.0 113.8
Average snowy days (≥ 0.1 in) 4.7 3.9 1.7 0.2 0.0 0.0 0.0 0.0 0.0 0.0 0.8 3.2 14.5
Average relative humidity (%) 73.0 72.0 68.3 63.5 66.5 67.1 68.0 70.0 71.6 68.7 72.2 75.8 69.7
Average dew point °F (°C) 20.1
(−6.6)
24.1
(−4.4)
33.1
(0.6)
42.3
(5.7)
52.9
(11.6)
62.1
(16.7)
66.6
(19.2)
65.1
(18.4)
58.6
(14.8)
46.0
(7.8)
36.0
(2.2)
25.5
(−3.6)
44.4
(6.9)
Mean monthly sunshine hours 161.2 158.3 198.3 223.5 266.5 291.9 308.9 269.8 236.1 208.4 140.9 129.9 2,593.7
Percent possible sunshine 53 53 53 56 60 66 68 64 63 60 47 44 58
Source: NOAA (relative humidity and sun 1961−1990)[42][43][44]

植物と動物

ミズーリ植物園

市が設立される前は、この地域は大部分が大草原と広大な森でした。ネイティブアメリカンは、下層植生を燃やすことによって、狩猟に適したこの環境を維持しました。木は主にオークカエデヒッコリーで、近くのオザークの森に似ています。一般的な下層植生には、アメリカハナズオウサービスベリーハナミズキなどがあります。水辺地帯は主にアメリカスズカケノキで森林に覆われています。

市内の住宅地のほとんどには、大きな在来の陰樹が植えられています。最大の原生林面積はフォレストパークにあります。秋になると、木の色の変化が目立ちます。ここのほとんどの種は東部の森林に典型的ですが、多くの装飾的な非在来種が見られます。最も注目すべき侵入種はスイカズラであり、在来樹木への被害のために当局が管理しようとしています。一部の公園から削除されています。

市内で見られる大型哺乳類には、都市化されたコヨーテオジロジカなどがあります。トウブハイイロリスワタオウサギ、その他の齧歯動物が豊富で、夜行性のバージニアオポッサムも豊富です。公園には大型の鳥類が豊富に生息しており、カナダのガチョウマガモ、ダイサギやオオアオサギなどのシギチドリ類が含まれますカモメはミシシッピ川沿いでよく見られます。これらの種は、はしけの交通を追跡します。

ハクトウワシの冬の個体群は、ミシシッピ川沿いのチェーンオブロックスブリッジ周辺で見られます。この都市はミシシッピフライウェイにあり、渡り鳥が使用し、米国東部に共通する多種多様な小鳥が生息しています。外来種であるスズメは、北米ではセントルイス周辺の郡に限定されています。市内には、タワーグローブパークなど、渡り鳥のバードウォッチングのための特別な場所があります

カエルは春に、特に長時間の濡れた期間の後に発見されます。一般的な種には、アメリカヒキガエルやトリゴエアマガエルと呼ばれるコーラスガエルの種が含まれ、これらはほぼすべての池で見られます。セミてんとう虫が発生する年もあります。蚊、ヌカカ、イエバエは、特に7月と8月によく見られる昆虫の妨害です。このため、ほとんどの場合、ウィンドウにはスクリーンが取り付けられています。ミツバチの侵入個体数は近年減少しています。多数の在来種の花粉媒介昆虫が回復して生態学的ニッチを埋め、セントルイス地域全体にアルマジロが見られます。[45]

人口統計

歴史的人口
国勢調査 ポップ。 %±
1810年1,600
1830年4,977
1840年16,469230.9%
1850年77,860372.8%
1860年160,773106.5%
1870年310,86493.4%
1880年350,51812.8%
1890年451,77028.9%
1900年575,23827.3%
1910年687,02919.4%
1920年772,89712.5%
1930年821,9606.3%
1940年816,048−0.7%
1950年856,7965.0%
1960年750,026-12.5%
1970年622,236-17.0%
1980年453,805−27.1%
1990年396,685-12.6%
2000348,189-12.2%
2010年319,294−8.3%
2020301,578−5.5%
米国国勢調査[46]
セントルイスの人種分布の地図、2010年米国国勢調査。各ドットは25人です:アジア人ヒスパニックまたはその他(黄色)
Pruitt–Igoeは、1954年に建設された大規模な住宅プロジェクトであり、貧困、犯罪、隔離で悪名高いものになりました。1972年に取り壊されました。

セントルイスは、工業化と移民がブームを引き起こした南北戦争までゆっくりと成長しました。19世紀半ばの移民には、多くのアイルランド人とドイツ人が含まれていました。その後、南ヨーロッパと東ヨーロッパからの移民がいました。20世紀初頭、アフリカ系アメリカ人と白人の移民は南部からやって来ました。前者は、ディープサウスの農村地域からの大移動の一部として。多くはミシシッピとアーカンソーから来ました。

何年にもわたる移民、移民、拡大の後、この都市は1950年にピーク人口に達しました。その年、国勢調査局はセントルイスの人口を白人82%、アフリカ系アメリカ人17.9%と報告しました。[47]第二次世界大戦後、セントルイスは、最初は新しい住宅への需要の増加、都市サービスへの不満、高速道路による通勤の容易さ、そしてその後のホワイトフライトのために、郊外への人口を失い始めました。[48]セントルイスの人口減少は、都市全体で放棄された住宅ユニットと空き地の大幅な増加をもたらしました。この枯れ病は、多くの放棄された生い茂った土地に多くの野生生物(鹿やコヨーテなど)を引き付けました。

セントルイスは、1950年の米国国勢調査以来、人口の64.0%を失いました。これは、1950年の国勢調査の時点で人口が10万人以上だった都市の中で最も高い割合です。ミシガン州デトロイトとオハイオ州ヤングスタウンは、同じ時間枠で少なくとも60%の人口減少があった他の唯一の都市です。セントルイス市の人口は、1950年の国勢調査以来減少しています。この期間中、複数の郡を含むセントルイス大都市圏の人口は毎年増加し続けています。減少の大きな要因は、郊外化の急速な増加です。

2010年の米国国勢調査によると、セントルイスには、142,057世帯に319,294人が住んでおり、そのうち67,488世帯が家族でした。人口密度は1平方マイルあたり5,158.2人(1,990.6 / km 2)でした。人口の約24%が19歳以下、9%が20〜24歳、31%が25〜44歳、25%が45〜64歳、11%が65歳以上でした。年齢の中央値は約34歳でした。

アフリカ系アメリカ人の人口は都市の北側に集中しています(デルマー大通りの北の地域は94.0%が黒人ですが、中央回廊の35.0%とセントルイスの南側の26.0%です[49])。市内のアジア系アメリカ人の人口の中で、最大の民族グループはベトナム人(0.9%)であり、次に中国人(0.6%)とインド人(0.5%)が続きます。ベトナム人コミュニティは、セントルイス南部のダッチタウン地区に集中しています。中国語はセントラルウェストエンドに集中しています。[50]メキシコの人々子孫はラテン系アメリカ人の最大のグループであり、セントルイスの人口の2.2%を占めています。それらは、ダッチタウン、ベントンパークウェスト(チェロキーストリート)、およびグラボイスパーク周辺に最も集中しています。[51]イタリア系の人々はヒルに集中している

2000年には、市内の世帯の収入の中央値は29,156ドルで、家族の収入の中央値は32,585ドルでした。男性の収入の中央値は31,106ドルでした。女性、26,987ドル。一人当たりの収入は18,108ドルでした。

市内の住宅ユニットの約19%が空室であり、これらの半分弱が販売または賃貸されていない空いている構造物でした。

2010年、セントルイスの1人あたりのオンライン慈善寄付とボランティア活動の割合は、米国の主要都市の中で最も高かった。[52]

2010年現在、5歳以上のセントルイス市の住民の91.05%(270,934)が家庭で第一言語として英語を話し、2.86%(8,516)がスペイン語を話し、0.91%(2,713)セルビアクロアチア語、0.74%(2,200) )ベトナム語、0.50%(1,495)アフリカ言語、0.50%(1,481)中国語、およびフランス語は、5歳以上の人口の0.45%(1,341)によって主要言語として話されました。合計で、5歳以上のセントルイスの人口の8.95%(26,628)が英語以外の母国語を話しました。[53]

人種構成 2020 [54] 2010 [55] 2000 [56] 1990 [47] 1970 [47] 1940 [47]
43.9% 43.9% 43.9% 50.9% 58.7% 86.6%
-非ヒスパニック系 42.9% 42.2% 43.0%[57] 50.2% 57.9%[58] 86.4%
43.0% 49.2% 51.2% 47.5% 40.9% 13.3%
ヒスパニックまたはラテンアメリカ人(あらゆる人種の) 5.1% 3.5% 2.0% 1.3% 1.0%[58] 0.2%
アジア人 4.1% 2.9% 2.0% 0.9% 0.2% (バツ)

ボスニアの人口

1960年から1970年の間にボスニアから約15家族がセントルイスに定住しました。 1992年にボスニア戦争が始まった後、さらに多くのボスニア難民が到着し始め、2000年までに数万人のボスニア難民がカトリック援助団体の助けを借りてセントルイスに定住しました。 。彼らの多くは、家族を養うためにあらゆる仕事の機会をとらなければならなかった専門家や熟練労働者でした。ほとんどのボスニア難民はイスラム教徒であり、民族的にはボスニア(87%)です。彼らは主にセントルイス南部[59]とサウスカウンティに定住しました。ボスニア系アメリカ人は都市にうまく統合されており、多くの企業や民族/文化組織を発展させています。[60]

推定70,000人のボスニア人が大都市圏に住んでおり、米国で最大のボスニア人人口であり、祖国以外で最大のボスニア人人口です。ボスニア人が最も集中しているのはベボミルの近くと、セントルイス郡南部のアフトンメルビルオークビルです。[61]

犯罪

セントルイス市は2014年以来、2017年4月の時点で、米国で1人あたりの殺人率が最も高く[62]、2015年には188人の殺人(10万人あたり59.3人の殺人)[63] [64]と殺人率で世界で最も危険な都市の13位にランクされています。デトロイトフリントメンフィスバーミンガムボルチモアは、レイプ、強盗、暴行の悪化などの他の犯罪と比較した場合、セントルイスよりも全体的な暴力犯罪率が高くなっています。[63] [65]他のアメリカの都市と比較してこれらの高い犯罪率にもかかわらず、セントルイスのインデックス犯罪率は1993年のピーク(16,648)からほぼ毎年低下し、2014年のレベルである10万人あたり7,931人(暴力犯罪と財産犯罪の合計)になりました。2015年、インデックス犯罪率は2005年から2014年の低下を8,204のレベルに逆転させました。2005年から2014年の間に、暴力犯罪は20%減少しましたが、暴力犯罪の発生率は米国の全国平均の6倍であり、市内の財産犯罪は全国平均の2 1⁄2倍のままです。[66]セントルイスは、白人と黒人の両方で米国の他の地域よりも殺人率が高く、男性の殺人率が高い。2016年10月現在、殺人容疑者のうち7人は白人、95人は黒人、0人はヒスパニック系、0人はアジア人、102人の容疑者のうち1人は女性でした。2016年、セントルイスは人口10万人以上の米国で最も危険な都市であり、暴力犯罪で1位、財産犯罪で2位にランクされました。また、米国内のすべての施設の中で最も危険な施設の6位にランクされ、市自体の郊外であるイーストセントルイスは1位にランクされました。[67] [68] 2016年末のセントルイス警察署は、2015年に市内で発生した殺人と同じ数の年間合計188人の殺人を報告した。[69] STLPによると2017年の終わりに、セントルイスで205人の殺人が発生しましたが、セントルイス市の境界内で記録されたのは159人だけでした。[70] [71]新しい警察署長のジョン・ヘイデンは、すべての殺人の3分の2(67%)とすべての暴行の半分が市北部の三角形の地域に集中していると述べた。[70]

セントルイスと他の都市の殺人率を比較するときのさらに別の要因は、地方自治体の境界線を描く方法です。他の多くの自治体が多くの郊外を併合しましたが、セントルイスはほとんどのアメリカの都市ほど多くの郊外地域を併合していません。2018年の国勢調査によると、セントルイスの大都市圏には約300万人の居住者が含まれ、都市には約30万人の居住者が含まれていました。したがって、この都市にはメトロ人口の約10%が含まれており、比率が低いことは、市の境界にメトロ人口のごく一部しか含まれていないことを示しています。[72]

経済

セントルイス大都市圏の国内総生産は、2016年には前年の1,550億ドルから1,600億ドルに増加しましグレーターセントルイスの国内総生産は2014年に1,460億ドルで、国内で21番目に高く、2013年の1,440億ドル、2012年の1,384億ドル、2011年の1,331億ドルから増加しまし -2014年の1人当たりGDPは48,738ドルで、前年度から1.6%増加しました。[73]2007年、市内の製造業は約110億ドルのビジネスを行い、続いてヘルスケアおよびソーシャルサービス業界が35億ドルを占めました。31億ドルの専門的または技術的サービス。小売業は25億ドルです。ヘルスケア部門はこの地域で最大の雇用主であり、34,000人の労働者がおり、続いて管理職と支援職が24,000人でした。製造業、21,000、フードサービス、20,000。[74]

主要企業・機関

2018年の時点で、セントルイスメトロポリタンエリアにはフォーチュン500企業が10社あり、米国の都市の中で7番目に多い都市です。それらには、Express ScriptsEmerson ElectricMonsantoReinsurance Group of AmericaCenteneGraybar Electric、およびEdward JonesInvestmentsが含まれます。[75]

この地域に本社を置くその他の注目すべき企業には、Arch CoalBunge LimitedWells Fargo Advisors(旧AG Edwards)、Energizer HoldingsPatriot CoalPost FoodsUnited Van LinesMayflower TransitPost HoldingsOlinEnterprise Holdings(親会社)があります。いくつかのレンタカー会社の会社)。セントルイスで事業を展開している注目すべき企業には、Cassidy TurleyKerry GroupMastercard、TD Ameritrade、BMO HarrisBankなどがあります。、およびワールドワイドテクノロジー

セントルイスで事業を展開しているヘルスケアおよびバイオテクノロジー機関には、ファイザードナルドダンフォースプラントサイエンスセンターソラエカンパニーシグマアルドリッチマルチデータシステムインターナショナルが含まれます。ゼネラルモーターズはウェンツビルで自動車を製造し、セントルイストラックアセンブリとして知られる初期の工場は1920年から1987年までGMC自動車を製造しました。クライスラーは近くのフェントン、ミズーリにあるセントルイスアセンブリの生産施設を閉鎖しフォードはセントルイスを閉鎖しました。組立工場ヘーゼルウッドで。

かつては独立していた地域経済の柱が他の企業に買収されました。その中には、ベルギーを拠点とするInBevが購入したAnheuser-Buschがあります。セントルイスに本社を置くミズーリパシフィック鉄道は、1982年にネブラスカ州オマハに本拠を置くユニオンパシフィック鉄道と合併しました。[76]マクドネル・ダグラス、その作戦は現在ボーイング防衛・宇宙・安全保障の一部である。[77]アメリカン航空に買収される前に、その存在の最後の10年間、市内に本社を置いていたトランスワールド航空。Mallinckrodt、によって購入された タイコインターナショナル; ラルストン・ピュリナは、現在ネスレの完全子会社です[78]メイデパートカンパニー(フェイマスバーマーシャルフィールドの店舗を所有)は、この地域に地域本部を置くフェデレーションデパートによって購入されました。ダウンタウンにあるセントルイス連邦準備銀行は、ミズーリ州にある2つの連邦準備銀行の1つです[79] Furniture Brands Internationalの資産のほとんどは、2013年にノースカロライナ州に移転したHeritage HomeGroupに売却されました[80] [81]

セントルイスは医学とバイオテクノロジーの中心地です。[82]ワシントン大学医学部は、世界で5番目に大きい病院であるBarnes-JewishHospitalと提携しています。どちらの機関もAlvinJ。Siteman CancerCenterを運営しています。[83]医学部はまた、国内でも有数の小児病院の1つであるセントルイス小児病院と提携しています。[84]両方の病院はBJCHealthCareが所有しています。ワシントン大学マクドネルゲノム研究所は、ヒトゲノムプロジェクトで主要な役割を果たしました[85] セントルイス大学医学部は、 SSMヘルス枢機卿グレノン小児病院およびセントルイス大学病院と提携しています。また、がんセンター、ワクチン研究センター、老年医学センター、生命倫理研究所もあります。BJC HealthCare、 Mercy、SSM Health Care、Tenetなど、 いくつかの異なる組織がこの地域で病院を運営してい

ミッドタウン地区のCortexInnovation Communityは、中西部で最大のイノベーションハブです。Cortexには、SquareMicrosoftAonBoeingCenteneのオフィスがあります。Cortexは、14年間で3,800の技術職を生み出しました。一旦構築されると、開発で20億ドルを稼ぎ、この地域で13,000人の雇用を創出すると予測されています。[86] [87]

ボーイングは、防衛ユニットの本部であるセントルイス北部のキャンパスで約15,000人の従業員を雇用しています。2013年、同社は人件費が上昇しているシアトルからセントルイスの新しいITセンターに約600人の雇用を移すと発表した。[88] [89] LaunchCodeやLockerDome などの他の企業は、この都市が次の主要な技術ハブになる可能性があると考えています。[90] Arch Grants などのプログラムは、この地域に新しいスタートアップを引き付けています。[91]

セントルイスビジネスジャーナルによると、2017年5月1日現在のセントルイス大都市圏のトップ雇用者は次のとおりです。[92]

雇用者 従業員数
1 BJCヘルスケア 28,351
2 Wal-Mart Stores、Inc。 22,290
3 ワシントン大学 15,818
4 SSMヘルス 14,926
5 慈悲 14,195

セントルイスの2021年の包括的年次財務報告書(6月30日)によると、[93] [94] [95]市内のトップ雇用者は(78,706人、または市内の総雇用402,000人の19.57%に相当):

雇用者 従業員数
1 ワシントン大学 18,407
2 バーンズユダヤ人病院 15,309
3 セントルイス大学  8,980
4 セントルイス市  7,212
5 国防予算経理局  5,997
6 ウェルズファーゴAGエドワーズ  5,629
8 米国郵政公社  4,647
7 セントルイス教育委員会  4,276
9 STL小児病院  4,266
10 SSMSLUH  3,983

芸術と文化

セントルイスの大聖堂

セントルイスは、フランスの過去と19世紀から20世紀にかけてのアイルランド、ドイツ、イタリアからのカトリック移民の波で、米国のローマカトリックの主要な中心地です。セントルイスはまた、米国で最大の倫理文化協会を誇り、米国で最も寛大な都市の1つであり、2013年に9位にランクされています。 [96]大聖堂など、市内のいくつかの礼拝場所は注目に値します。世界最大のモザイクインスタレーションの本拠地であるセントルイスの [97]

他の注目すべき教会には、フランス国王セントルイス大聖堂、ミシシッピ川の西にある最古のローマカトリック大聖堂、セントルイスで最古の教会があります。セントルイス修道院、1962年の完成時に、その独特の建築様式が複数の賞を受賞しました。セントフランシスデセールスオラトリーは、1908年にサウスセントルイスに完成し ネオゴシック様式の教会で、市内で2番目に大きな教会です。

この街は音楽と舞台芸術、特にブルースジャズラグタイムとの関連で知られています。セントルイスには、米国で2番目に古い交響楽団であるセントルイス交響楽団があります。2010年までは、ミシシッピ川の西にある最も古いクラシック音楽FMラジオ局の1つであるKFUO-FMもありました。[98]セントルイスのオペラ劇場は、ワシントンポスト紙から「アメリカで最高の夏のフェスティバルの1つ」と呼ばれています。元ゼネラルディレクターのティモシー・オリアリーは、コミュニティを挑戦的なオペラの議論に引き込むことで知られていました。ジョン・アダムズの「クリングホファーの死」 「2014年にメトロポリタンオペラが上演したときに抗議と論争を引き起こしたが、3年前のセントルイスではそのような問題はなかった。なぜなら、同社はテロ、宗教、そしてオペラがもたらす悪の性質セントルイスのユダヤ人コミュニティ関係評議会はオレアリーに賞を与えました。オレアリーの下で、会社は常に革新的な仕事で知られていますが、ジョン・コリリアーノのような他の主要なアメリカのオペラに2度目のチャンスを与えました「ベルサイユの幽霊」、2009年に小規模版で発表された。[99]

ゲートウェイアーチは、セントルイスのダウンタウンと、ドレッドスコット事件が最初に議論された連邦裁判所、拡張された公共図書館、主要な教会や企業、小売店を含む歴史的中心部を支えてますダウンタウンの住宅人口の増加は、オフィスビルやその他の歴史的建造物に適応するようになっています。近くのユニバーシティシティには、さまざまなショップやレストランが集まる「素晴らしいアメリカンストリート」としてアメリカ計画協会によってランク付けされたデルマーループと、すべて徒歩圏内にあるチボリシアターがあります。

さまざまな移民グループを反映したユニークな都市料理と郷土料理には、トーストしたラビオリグーイーバターケーキプロベルチーズスリンガーガーバーサンドイッチセントポールサンドイッチなどがあります。セントルイスのシェフの中には、地元の農産物、肉、魚の使用を強調し始めた人もおり、近隣のファーマーズマーケットの人気が高まっています。職人のパン屋、サルメリア、ショコラティエも市内で営業しています。

セントルイススタイルのピザは、薄いクラストとプロベルチーズがあり、小さな正方形にカットされています。[100]フローズンカスタードの供給業者であるテッドドリューズは、その「コンクリート」を提供しています。フローズンカスタードを数十の材料の任意の組み合わせと混ぜ合わせて、カップを逆さにしてもカスタードに挿入されたスプーンが落ちないほど濃い混合物にします。[101]

スポーツ

セントルイスにはメジャーリーグベースボールセントルイスカージナルスとナショナルホッケーリーグのセントルイスブルースがあります。2019年、ブルースがスタンレーカップのチャンピオンシップで優勝したとき、4つのメジャーリーグ(MLB、NBA、NFL、NHL)すべてでタイトルを獲得したのは北米で9番目の都市になりました。また、注目に値する大学レベルのサッカーチームがあり、オリンピックを開催した3つのアメリカの都市の1つです。

3番目のメジャーチームであるメジャーリーグサッカーのセントルイスシティSC、2023年にプレーを開始する予定です。

プロスポーツ

セントルイス地域のプロチームは次のとおりです。

クラブ スポーツ 最初のシーズン 同盟 会場
セントルイスカージナルス 野球 1882年 メジャーリーグ ブッシュスタジアム
セントルイスブルース アイスホッケー 1967年 ナショナルホッケーリーグ エンタープライズセンター
セントルイスシティSC サッカー 2023年(予定) メジャーリーグサッカー セントルイスMLSスタジアム
セントルイスバトルホークス アメリカンフットボール 2020 XFL アメリカのセンターのドーム
セントルイスのダウンタウンにあるブッシュスタジアム

セントルイスカージナルスは、メジャーリーグで最も成功したフランチャイズの1つですカージナルスは、最近2011年に、19のナショナルリーグ(NL)タイトル(1つの都市でリーグフランチャイズのペナントが最も多い)と11のワールドシリーズタイトル(ニューヨークヤンキースに次ぐ、NLフランチャイズで最も多い)を獲得しています。彼らはブッシュスタジアムでプレーします。以前、セントルイスブラウンズは1902年から1953年までアメリカンリーグ(AL)でプレーした後、メリーランド州ボルチモアに移り、現在のオリオールズの化身になりましたThe1944年のワールドシリーズはオールセントでした。スポーツマンズパークでセントルイスカージナルスとセントルイスブラウンズを合わせたルイワールドシリーズは、6試合でカージナルスが優勝しました。チームがホームフィールドを共有したのは3回目で最後でした。セントルイスには、1906年から1921年までセントルイスジャイアンツとしても知られるセントルイススターズ(野球)があり、1920年から1931年までニグロリーグでプレーし、1928年、1930年、1931年にチャンピオンシップを獲得しました。 、および1884年にユニオンアソシエーションとナショナルリーグの両方でプレーしたセントルイスマルーンズ1885年から1889年まで。1884年、セントルイスマルーンズはユニオンアソシエーションのペナントを獲得し、20連勝でシーズンを開始しました。これは、2015-16ゴールデンステートウォリアーズまでアメリカの主要なプロスポーツチームに勝るものはありませんでした。彼らが24連勝でNBAシーズンを開始したシーズン

セントルイスのダウンタウンにあるエンタープライズセンター

ナショナルホッケーリーグ(NHL)のセントルイスブルースは、エンタープライズセンタープレーします。彼らは1967年の拡張でNHLに追加された6つのチームの1つでした。ブルースは最初の3年間でスタンレーカップファイナルに出場しましたが、毎回一掃されました。彼らはスタンレーカップファイナルを作った最初の1967年のエクスパンションチームでしたが、スタンレーカップで優勝した1967年のエクスパンションチームの最後でもありました。彼らは決勝でボストンブルーインズを破った後、 2019年にようやく最初のスタンレーカップで優勝しました。このチャンピオンシップにより、セントルイスは米国の4つの主要スポーツのそれぞれでチャンピオンシップを獲得した8番目の都市になりました。ブルース以前は、この街にはセントルイスイーグルスチームは1934年から35年のシーズンにプレーしました。

セントルイスには、4つのナショナルフットボールリーグ(NFL)チームがあります。セントルイスオールスターズ1923年に市内で、1934年にセントルイスガンナーズ、 1960年から1987年にセントルイスラムズ、1995年から2015年にセントルイスラムズでプレーしました。フットボールカーディナルズはNFLに進出しました。プレーオフは3回(1974年、1975年、1982年)行われ、いかなる出演も主催も勝利もありませんでした。カージナルスは1988年にアリゾナ州フェニックスに移りました。ラムズは1995年から2015年までエドワードジョーンズドームでプレーし、2000年にスーパーボウルXXXIVを獲得しました。スーパーボウルXXXVIですが、ニューイングランドペイトリオッツに敗れましたその後、ラムズは2016年 にロサンゼルスに戻りました。

全米バスケットボール協会(NBA)のセントルイスホークスは、1955年から1968年までキールオーディトリアムでプレーしまし 1958年にNBAチャンピオンシップを獲得し、3NBAファイナル 1957、1960、1961 でプレーしました1968年にホークスはアトランタに引っ越しましたセントルイスは、1946年から1949年までアメリカバスケットボール協会のセントルイス爆撃機1949年から1950年まで全米バスケットボール協会、そしてセントルイスのスピリッツの本拠地でもありました。1974年から1976年にかけてABAとNBAが合併した アメリカンバスケットボールアソシエーション。

メジャーリーグサッカーセントルイスシティSCは、提案されているサッカー専用スタジアムで2023年にプレーを開始する予定です。

XFLセントルイスバトルホークスは、アメリカのセンターのドームをホームフィールドとして 使用して、2020年にプレーを開始しました。

セントルイスは、いくつかのマイナーリーグスポーツチームを主催しています。独立したフロンティアリーグゲートウェイグリズリーズがこの地域でプレーします。独立バスケットボール協会セントルイストロッターズマシューズディッキーでプレーします。USLチャンピオンシップのセントルイスFCサッカーチームはワールドワイドテクノロジーサッカーパークでプレーしセントルイスアンブッシュインドアサッカーチームはファミリーアリーナでプレーします。この地域では、ゲートウェイのワールドワイドテクノロジーレースウェイでINDYCARNHRAドラッグレースNASCARイベントが開催されます イリノイ州マディソンハーリーンC.ハンタースタジアムでのセントルイススラムのプレー

アマチュアスポーツ

セントルイスは、女子と男子の両方の大学バスケットボールNCAAディビジョンIチャンピオンシップトーナメントのファイナルフォーと、フローズンフォーカレッジアイスホッケートーナメントを主催しました。セントルイス大学は10回のNCAA男子サッカー選手権大会で優勝し、市はカレッジカップを数回開催しています。大学サッカーに加えて、多くのセントルイス人が米国の男子サッカー代表チームでプレーし、20人のセントルイス人がアメリカサッカー殿堂入りを果たしました。セントルイスは、コルクボールのスポーツの起源でもあります 、走っている野球がないタイプの野球。

この地域には全米バスケットボール協会のチームはありませんが、アメリカンバスケットボールアソシエーションのチームであるセントルイスフェニックスがあります。

セミプロのサッカーチームであるクラブアトレティコセントルイスは、ナショナルプレミアサッカーリーグ内で競い合い、セントルイス大学高校サッカースタジアムでプレーします。

チェス

シンクフィールドカップチェストーナメントは、セントルイスで毎年開催されています

セントルイスには米国チェス選手権が開催されるセントルイスチェスクラブがあります。セントルイスレックスシンクフィールドは、セントルイスのチェスクラブとスコラスティックセンター(後にセントルイスチェスクラブに改名)を設立し、2011年に世界チェスの殿堂をセントルイスに移しました。シンクフィールドカップトーナメントはセントルイスで始まりました。 。2013年のルイ。2014年のシンクフィールドカップは、史上最高の評価を得たチェストーナメントでした。元米国チェスチャンピオンのファビアーノカルアナヒカルナカムラはセントルイスに住んでいます。元女性チェスチャンピオンのスーザン・ポルガーもセントルイスに住んでいます。

公園とレクリエーション

市は100以上の公園を運営しており、スポーツ施設、遊び場、コンサートエリア、ピクニックエリア、湖などの設備が整っています。市の西端に位置するフォレストパークは最大で、1,400エーカーの土地を占めており、ニューヨーク市のセントラルパークのほぼ2倍の広さになっています。[36]公園には、セントルイス美術館セントルイス動物園セントルイス科学センターミズーリ歴史博物館、およびムニー円形劇場を含む5つの主要な機関があります。[36]市内のもう1つの重要な公園は、ゲートウェイアーチ国立公園です。、2018年までジェファーソン国立拡張記念館として知られており、セントルイスのダウンタウンのリバーフロントにあります。公園の目玉は、高さ630フィート(192 m)のゲートウェイアーチです。これは、著名な建築家エーロサーリネンによって設計され、1965年10月28日に完成し国定記念建造物です。歴史的公園の一部には、最初の2つがある旧裁判所もあります。ドレッドスコット対サンドフォードの裁判は1847年と1850年に開催されました。

フォレストパーク温室兼イベント会場、ジュエルボックス

市内の他の注目すべき公園には、ミズーリ植物園タワーグローブパークカロンデレットパークシティガーデンがあります。ミズーリ植物園は、私有庭園および植物研究施設であり、国定歴史建造物であり、米国で最も古い植物園の1つです。[36]ガーデンには、世界中から集められた79エーカーの園芸展示があります。これには、日本の散歩庭園、ヘンリーショーの元の1850年の邸宅、クリマトロンと呼ばれる測地線ドームが含まれます。[36]ミズーリ植物園のすぐ南には、タワーグローブパークがあります。ヘンリーショーシティガーデンはセントルイスのダウンタウンにある都会の彫刻公園で、フェルナンドレジェアリスティドマイヨールジュリアンオピートムオターネスニキドサンファルマークディスヴェロの作品が展示されています。[102] [103] 公園は3つのセクションに分かれており、それぞれが異なるテーマを表しています。氾濫原; とアーバンガーデン。もう1つのダウンタウンの彫刻公園は、1982年のリチャードセラ彫刻トウェインがあるセラスカルプチャーパークです。[104]

政府

セントルイスは、合法的にどのにも属していない、米国の41の独立した都市の1つです。[105]セントルイスには強力な市長議会政府があり、市長と他の6人の選出された役人に立法権と監督権があり、市長と行政あります。[106]市会議員委員会は、28人のメンバー(市の各区から1人が選出される)と、市全体で選出される理事長で構成されています。[107] 2014会計年度の予算は初めて10億ドルを超え、2013年の9億8,520万ドルの予算を1.9%上回りました。[108] 238,253 registered voters lived in the city in 2012,[109] down from 239,247 in 2010, and 257,442 in 2008.[110]

Structure

Citywide office[111] Elected Official
Mayor of St. Louis Tishaura Jones
President of the Board of Aldermen Lewis E. Reed
City Comptroller Darlene Green
Recorder of Deeds Michael Butler
Collector of Revenue Gregory F.X. Daly
License Collector Mavis T. Thompson
Treasurer Adam Layne
Circuit Attorney Kimberly Gardner
City of St. Louis Sheriff Vernon Betts
St. Louis Mayor Tishaura Jones in 2017

The mayor is the chief executive officer of the city and is responsible for appointing city department heads including; the director of public safety, the director of streets & traffic, the director of health, the director of human services, the director of the airport, the director of parks & recreation, the director of workforce development, the director of the Community Development Agency, the director of economic development, the director of public utilities, the director of the Civil Rights Enforcement Agency, the register, and the assessor, among other department-level or senior administrative positions. The President of the Board of Aldermen is the second highest-ranking official in the city. The President is the presiding officer of the Board of Aldermen which is the legislative branch of government of the city.

Municipal elections in St. Louis are held in odd-numbered years, with the primary elections in March and the general election in April. The mayor is elected in odd-numbered years following the United States presidential election, as are the aldermen representing odd-numbered wards. The president of the board of aldermen and the aldermen from even-numbered wards are elected in the off-years. The Democratic Party has dominated St. Louis city politics for decades. The city has not had a Republican mayor since 1949, and the last time a Republican was elected to another citywide office was in the 1970s. As of 2015, all 28 of the city's aldermen are Democrats.[112]

Forty-seven individuals have held the office of mayor of St. Louis, four of whom—William Carr Lane, John Fletcher Darby, John Wimer, and John How—served non-consecutive terms. The most terms served by a mayor was by Lane, who served 8 full terms plus the unexpired term of Darby. The current mayor is Tishaura Jones, who took office April 20, 2021, and is the first African-American woman to hold the post. She succeeded Lyda Krewson, the first female mayor of the city, who retired in 2021 after serving for four years. The longest-serving mayor was Francis Slay, who took office April 17, 2001, and left office April 18, 2017, a total of 16 years and six days over four terms in office. The shortest-serving mayor was Arthur Barret, who died 11 days after taking office.

Although St. Louis separated from St. Louis County in 1876, some mechanisms have been put in place for joint funding management and funding of regional assets. The St. Louis Zoo-Museum district collects property taxes from residents of both St. Louis City and County, and the funds are used to support cultural institutions including the St. Louis Zoo, St. Louis Art Museum and the Missouri Botanical Gardens. Similarly, the Metropolitan Sewer District provides sanitary and storm sewer service to the city and much of St. Louis County. The Bi-State Development Agency (now known as Metro) runs the region's MetroLink light rail system and bus system.

State and federal government

Presidential election results (Full)
Year Republican Democratic Third parties
2020 16.0% 21,474 82.2% 110,089 1.7% 2,304
2016 15.7% 20,832 78.7% 104,235 5.6% 7,420
2012 15.9% 22,943 82.5% 118,780 1.6% 2,343
2008 15.5% 24,662 83.6% 132,925 1.0% 1,517
2004 19.2% 27,793 80.3% 116,133 0.5% 712
2000 19.9% 24,799 77.4% 96,557 2.7% 3,396
1996 18.1% 22,121 74.8% 91,233 7.1% 8,649
1992 17.3% 25,441 69.4% 102,356 13.3% 19,607
1988 27.0% 40,906 72.6% 110,076 0.5% 732
1984 35.2% 61,020 64.8% 112,318
1980 29.5% 50,333 66.6% 113,697 3.9% 6,721
1976 32.5% 58,367 66.0% 118,703 1.5% 2,714
1972 37.7% 72,402 62.3% 119,817
1968 26.4% 58,252 64.7% 143,010 8.9% 19,652
1964 22.3% 59,604 77.7% 207,958
1960 33.4% 101,331 66.6% 202,319
1956 39.1% 130,045 60.9% 202,210
1952 38.0% 144,828 61.9% 235,893 0.1% 427
1948 35.1% 120,656 64.2% 220,654 0.7% 2,460
1944 39.5% 134,411 60.2% 204,687 0.2% 821
1940 41.8% 168,165 58.0% 233,338 0.2% 948
1936 32.2% 127,887 65.5% 260,063 2.2% 8,880
1932 34.6% 123,448 63.4% 226,338 2.1% 7,319
1928 47.7% 161,701 52.0% 176,428 0.3% 1,065
1924 52.7% 139,433 36.2% 95,888 11.1% 29,276
1920 57.8% 163,280 37.5% 106,047 4.7% 13,325
1916 51.7% 83,798 45.7% 74,059 2.6% 4,175
1912 33.1% 46,509 41.9% 58,845 24.9% 34,973
1908 52.8% 74,160 43.3% 60,917 3.9% 5,473
1904 49.7% 57,547 44.8% 51,858 5.5% 6,387
1900 48.6% 60,597 48.1% 59,931 3.3% 4,046
1896 56.2% 65,708 42.8% 50,091 1.0% 1,197
1892 49.9% 35,528 48.7% 34,669 1.3% 942
1888 53.4% 33,656 43.5% 27,401 3.1% 1,969

St. Louis is split between 11 districts in the Missouri House of Representatives: all of the 76th, 77th, 78th, 79th, 80th, 81st, 82nd, and 84th, and parts of the 66th, 83rd, and 93rd, which are shared with St. Louis County.[113] The 5th Missouri Senate district is entirely within the city, while the 4th is shared with St. Louis County.[113]

At the federal level, St. Louis is the heart of Missouri's 1st congressional district, which also includes part of northern St. Louis County.[113] A Republican has not represented a significant portion of St. Louis in the U.S. House since 1953. Correspondingly, despite voting Republican prior to 1928 in presidential elections, from then on the city has become a Democratic stronghold at the presidential level. George H.W. Bush in 1988 was the most recent Republican to win even a quarter of the city's votes in a presidential election.

The United States Court of Appeals for the Eighth Circuit and the United States District Court for the Eastern District of Missouri are based in the Thomas F. Eagleton United States Courthouse in downtown St. Louis. St. Louis is also home to a Federal Reserve System branch, the Federal Reserve Bank of St. Louis. The National Geospatial-Intelligence Agency (NGA) also maintains major facilities in the St. Louis area.[114]

The Military Personnel Records Center (NPRC-MPR) located at 9700 Page Avenue in St. Louis, is a branch of the National Personnel Records Center and is the repository of over 56 million military personnel records and medical records pertaining to retired, discharged, and deceased veterans of the U.S. armed forces.[115]

Education

Colleges and universities

The city is home to three national research universities, University of Missouri-St. Louis, Washington University in St. Louis and Saint Louis University, as classified under the Carnegie Classification of Institutions of Higher Education. Washington University School of Medicine in St. Louis has been ranked among the top 10 medical schools in the country by US News & World Report for as long as the list has been published, and as high as second, in 2003 and 2004. US News & World Report also ranks the undergraduate school and other graduate schools, such as the Washington University School of Law, in the top 20 in the nation.[36][116]

St. Louis Metropolitan Region is home to St. Louis Community College. It is also home to several other 4-year colleges & universities, including Harris–Stowe State University, a historically black public university, Fontbonne University, Webster University, Missouri Baptist University, University of Health Sciences & Pharmacy (the former Saint Louis College of Pharmacy), Southern Illinois University-Edwardsville (SIUE), and Lindenwood University.

In addition to Catholic theological institutions such as Kenrick-Glennon Seminary and Aquinas Institute of Theology sponsored by the Order of Preachers, St. Louis is home to three Protestant seminaries: Eden Theological Seminary of the United Church of Christ, Covenant Theological Seminary of the Presbyterian Church in America, and Concordia Seminary of the St. Louis-based Lutheran Church–Missouri Synod.

Primary and secondary schools

St. Louis University High School was founded in 1818. Their current building pictured here was built in 1924.

The St. Louis Public Schools (SLPS) operate more than 75 schools, attended by more than 25,000 students, including several magnet schools. SLPS operates under provisional accreditation from the state of Missouri and is under the governance of a state-appointed school board called the Special Administrative Board, although a local board continues to exist without legal authority over the district. Since 2000, charter schools have operated in the city of St. Louis using authorization from Missouri state law. These schools are sponsored by local institutions or corporations and take in students from kindergarten through high school.[117] In addition, several private schools exist in the city, and the Archdiocese of St. Louis operates dozens of parochial schools in the city, including parochial high schools. The city also has several private high schools, including secular, Montessori, Catholic and Lutheran schools. St. Louis University High School – a Jesuit preparatory high school founded in 1818 – is the oldest secondary educational institution in the U.S. west of the Mississippi River.[118]

Media

The former St. Louis Post-Dispatch building in downtown St. Louis

Greater St. Louis commands the 19th-largest media market in the United States, a position roughly unchanged for over a decade.[119] All of the major U.S. television networks have affiliates in St. Louis, including KTVI 2 (Fox), KMOV 4 (CBS), KSDK 5 (NBC), KETC 9 (PBS), KPLR-TV 11 (The CW), KDNL 30 (ABC), WRBU 46 (Ion), and WPXS 51 Daystar Television Network. Among the area's most popular radio stations are KMOX (AM sports and talk, notable as the longtime flagship station for St. Louis Cardinals broadcasts), KLOU (FM oldies), WIL-FM (FM country), WARH (FM adult hits), and KSLZ (FM Top 40 mainstream).[120] St. Louis also supports public radio's KWMU, an NPR affiliate, and community radio's KDHX. All-sports stations, such as KFNS 590 AM "The Fan" and WXOS "101.1 ESPN" are also popular.

The St. Louis Post-Dispatch is the region's major newspaper. Others in the region include the Suburban Journals, which serve parts of St. Louis County, while the primary alternative newspaper is the Riverfront Times. Three weeklies serve the African-American community: the St. Louis Argus, the St. Louis American, and the St. Louis Sentinel. St. Louis Magazine, a monthly magazine, covers topics such as local history, cuisine, and lifestyles, while the weekly St. Louis Business Journal provides coverage of regional business news. St. Louis was served by an online newspaper, the St. Louis Beacon, but that publication merged with KWMU in 2013.[121]

Many books and movies have been written about St. Louis. A few of the most influential and prominent films are Meet Me in St. Louis and American Flyers,[122] and novels include The Killing Dance, Meet Me in St. Louis, The Runaway Soul, The Rose of Old St. Louis, and Circus of the Damned.

As St. Louis was a prime location for immigrants to move to, much of the early social work depicting immigrant life was based on St. Louis, such as in the book The Immigrant of St. Louis.

Infrastructure

Transportation

Interstate 64 crosssing the Mississippi in Downtown St. Louis

Road, rail, ship, and air transportation modes connect the city with surrounding communities in Greater St. Louis, national transportation networks, and international locations. St. Louis also supports a public transportation network that includes bus and light rail service.

Roads and highways

Four interstate highways connect the city to a larger regional highway system. Interstate 70, an east–west highway, runs from the northwest corner of the city to downtown St. Louis. The north–south Interstate 55 enters the city at the south near the Carondelet neighborhood and runs toward the center of the city, and both Interstate 64 and Interstate 44 enter the city on the west, running parallel to the east. Two of the four interstates (Interstates 55 and 64) merge south of Gateway Arch National Park and leave the city on the Poplar Street Bridge into Illinois, while Interstate 44 terminates at Interstate 70 at its new interchange near N Broadway and Cass Ave. A small portion of the Interstate 270 outer belt freeway runs through the northern end of the city.

The 563-mile Avenue of the Saints links St. Louis with St. Paul, Minnesota.

Major roadways include the north–south Memorial Drive, located on the western edge of Gateway Arch National Park and parallel to Interstate 70, the north–south streets of Grand Boulevard and Jefferson Avenue, both of which run the length of the city, and Gravois Road, which runs from the southeastern portion of the city to downtown and used to be signed as U.S. Route 66. An east-west roadway that connects the city with surrounding communities is Martin Luther King, Jr. Drive, which carries traffic from the western edge of the city to downtown.

Metro Light Rail and Subway

St. Louis MetroLink Red Line train leaving St. Louis Union Station
University City-Big Bend Subway Station along the Blue Line, near Washington University.
MetroLink map Oct2008.svg

The St. Louis metro area is served by MetroLink (known as Metro) and is the 11th-largest light rail system in the country with 46 mi (74 km) of double track light rail. The Red Line and The Blue Line both serve all the stations in the inner city, and branch to different destinations beyond in the suburban areas. Both lines enter the city north of Forest Park on the western edge of the city or on the Eads Bridge in downtown St. Louis to Illinois. All of the system track is in independent right of way, with both surface level and underground subway track in the city. All stations are independent entry, while all platforms are flush-level with trains. Rail service is provided by the Bi-State Development Agency (also known as Metro), which is funded by a sales taxes levied in the city and other counties in the region.[123] The Gateway Multimodal Transportation Center acts as the hub station in the city of St. Louis, linking the city's light rail system, local bus system, passenger rail service, and national bus service. It is located just east of the historic grand St. Louis Union Station.

Airports

Control tower and main terminal at St. Louis Lambert

St. Louis is served by two passenger airports. St. Louis Lambert International Airport, owned and operated by the City of St. Louis, is 11 miles northwest of downtown along highway I-70 between I-170 and I-270 in St. Louis County. It is the largest and busiest airport in the state. In 2016, when the airport had more than 255 daily departures to about 90 domestic and international locations, it served more than 15 million passengers.[124] The airport serves as a focus hub city for Southwest Airlines; it was once a hub for Trans World Airlines and a focus-city for American Airlines and AmericanConnection.[124] The airport has two terminals with a total of five concourses. International flights and passengers use Terminal 2, whose lower level holds the Immigration and Customs gates. Passengers can move between the terminals on complimentary buses that run continuously, or via MetroLink for a fee. It was possible to walk between the terminals until Concourse D was closed in 2008.[125]

MidAmerica St. Louis Airport is the secondary passenger airport serving the metropolitan area. Located 17 miles east of the city downtown core, the airport serves domestic passengers. Air cargo transportation is available at Lambert International and at other nearby regional airports, including MidAmerica St. Louis Airport, Spirit of St. Louis Airport, and St. Louis Downtown Airport.

Port authority

River transportation is available through the Port of St. Louis, which is 19.3 miles of riverbank on the Mississippi River that handles more than 32 million tons of freight annually. The Port is the second largest inland port by trip-ton miles, and the third largest by tonnage in the United States, with more than 100 docks for barges and 16 public terminals on the river.[126] The Port Authority added two new small fire and rescue craft in 2012 and 2013.

Railroad service

An eastbound Terminal Railroad Association of St. Louis freight train passing under the Hampton Avenue viaduct.

Inter-city rail passenger train service in the city is provided by Amtrak at the Gateway Multimodal Transportation Center downtown. Amtrak trains terminating in the city include the Lincoln Service to Chicago and the Missouri River Runner to Kansas City, Missouri. St. Louis is an intermediate stop on the Texas Eagle route which provides long-distance passenger service between Chicago, San Antonio, and three days a week, to Los Angeles.[127]

St. Louis is the nation's third largest freight rail hub, moving Missouri exports such as fertilizer, gravel, crushed stone, prepared foodstuffs, fats, oils, nonmetallic mineral products, grain, alcohol, tobacco products, automobiles, and automobile parts.[128] Freight rail service in St. Louis is provided on tracks owned by Union Pacific Railroad, Norfolk Southern Railway, Foster Townsend Rail Logistics – formerly Manufacturers Railway (St. Louis), Terminal Railroad Association of St. Louis, Affton Trucking,[129] and the BNSF Railway.

The Terminal Railroad Association of St. Louis (reporting mark: TRRA) is a switching and terminal railroad jointly owned by all the major rail carriers in St. Louis. The company operates 30 diesel-electric locomotives to move railcars around the classification yards, deliver railcars to local industries, and ready trains for departure.[130] The TRRA processes and dispatches a significant portion of railroad traffic moving through the city and owns and operates a network of rail bridges and tunnels including the MacArthur Bridge (St. Louis) and the Merchants Bridge.[131] This infrastructure is also used by inter-city rail and long-distance passenger trains serving St. Louis.

Bus service

Bus passing under the St. Louis Science Center walkway

Local bus service in the city of St. Louis is provided by the Bi-State Development Agency via MetroBus, with more than 75 routes connecting to MetroLink light rail transit and stops in the city and region. The city is also served by Madison County Transit, which connects downtown St. Louis to Madison County, Illinois. National bus service in the city is offered by Greyhound Lines, Burlington Trailways and Amtrak Thruway Motorcoach, with a station at the Gateway Multimodal Transportation Center, and Megabus, with a stop at St. Louis Union Station.

Taxi

Taxicab service in the city is provided by private companies regulated by the Metropolitan Taxicab Commission. Rates vary by vehicle type, size, passengers and distance, and by regulation all taxicab fares must be calculated using a taximeter and be payable in cash or credit card.[132] Solicitation by a driver is prohibited, although a taxicab may be hailed on the street or at a stand.

Notable people

Sister cities

St. Louis has 16 sister cities.[133]

See also

Notes

  1. ^ Mean monthly maxima and minima (i.e. the highest and lowest temperature readings during an entire month or year) calculated based on data at said location from 1991 to 2020.
  2. ^ Official records for St. Louis were kept at the Weather Bureau Office from January 1874 to December 1892, Eads Bridge from January 1893 to December 1929, and at Lambert–St. Louis Int'l since January 1930.[41]

References

  1. ^ a b "St. Louis United States – Visiting the Gateway to the West". Globosapiens.net. Archived from the original on May 15, 2011. Retrieved March 14, 2011.
  2. ^ St. Louis Public Library on "Mound City" Archived October 1, 2008, at the Wayback Machine.
  3. ^ STLtoday.com on "The Lou".
  4. ^ "Rome of the West". Stltoday.com. Archived from the original on August 10, 2017. Retrieved August 10, 2017.
  5. ^ "2019 U.S. Gazetteer Files". United States Census Bureau. Retrieved July 26, 2020.
  6. ^ "St. Louis City, Missouri – Population Finder – American FactFinder". United States Geological Survey. October 24, 1980. Retrieved December 23, 2008.
  7. ^ "Elevations and Distances in the United States". U.S. Geological Survey. U.S. Department of the Interior — U.S. Geological Survey. April 29, 2005. Archived from the original on November 9, 2013. Retrieved October 17, 2016.
  8. ^ a b "2020 Census Demographic Data Map Viewer". Retrieved August 13, 2021.
  9. ^ "Dictionary and Thesaurus - Merriam-Webster".
  10. ^ Cazorla, Frank, Baena, Rose, Polo, David, Reder Gadow, Marion (2019) The governor Louis de Unzaga (1717–1793) Pioneer in the Birth of the United States of America. Foundation, Malaga, pages 49, 57–65, 70–75, 150, 207
  11. ^ "Louisiana Purchase - United States history". Britannica.com. Archived from the original on May 1, 2015. Retrieved August 10, 2017.
  12. ^ "Regional Data - GDP & Personal Income". Bureau of Economic Analysis. Archived from the original on July 2, 2018. Retrieved July 5, 2017.
  13. ^ "St. Louis Zoo named 'Best Zoo' and wins 'Best Zoo Exhibit' in Readers' Choice Awards". FOX2now.com. May 4, 2018. Archived from the original on August 2, 2019. Retrieved August 2, 2019.
  14. ^ "Missouri Botanical Garden". www.missouribotanicalgarden.org. Archived from the original on August 2, 2019. Retrieved August 2, 2019.
  15. ^ "Bellefontaine Cemetery and Arboretum Level II Accreditation Listing". arbnet.org/morton-register/bellefontaine-cemetery-and-arboretum. Archived from the original on November 25, 2020. Retrieved December 8, 2021.
  16. ^ Hoffhaus. (1984). Chez Les Canses: Three Centuries at Kawsmouth, Kansas City: Lowell Press. ISBN 0-913504-91-2.
  17. ^ Pacte de Famille#The third Pacte de Famille
  18. ^ www.usgennet.org. Attack On St. Louis: May 26, 1780.
  19. ^ a b Wade, Richard C. (1959). The Urban Frontier: The Rise of Western Cities, 1790–1830 (1996 Illini Books ed.). Cambridge: Harvard University Press. pp. 3–4. ISBN 0-252-06422-4.
  20. ^ Van Ravenswaay, Charles (1991). St. Louis: An Informal History of the City and Its People, 1764-1865. Missouri History Museum. p. 26. ISBN 9780252019159.
  21. ^ Cooperman, Jeannette (March 8, 2019). "St. Louis' Great Divorce: A complete history of the city and county separation and attempts to get back together". St. Louis Magazine. Retrieved April 8, 2021.
  22. ^ Clymer, Floyd. Treasury of Early American Automobiles, 1877–1925 (New York: Bonanza Books, 1950), p. 32.
  23. ^ "1904 Summer Olympics". International Olympics Committee. Archived from the original on August 15, 2008. Retrieved April 20, 2007.
  24. ^ Primm, James. Lion of the Valley: St. Louis, Missouri, 1764-1980. St. Louis, Missouri: Missouri History Museum Press. 1998. Print
  25. ^ Smith, Jeffrey. “A Preservation Plan for St. Louis Part I: Historic Contexts” St. Louis, Missouri Cultural Resources Office. Web. Retrieved November 13, 2014.
  26. ^ NAACP. Papers of the NAACP Part 5. The Campaign against Residential Segregation. Frederick, MD: University Publications of America. 1986. Web
  27. ^ “Shelley House". We Shall Overcome: Historic Places of the Civil Rights Movement. National Park Service. Retrieved November 10, 2014.
  28. ^ Hemmings, American City Business Journals, accessed 1-22-2022 [1]
  29. ^ O'Neil, Tim (November 28, 2016). "Nov. 28 1939: The day 'Black Tuesday' rolled into St. Louis". Post-Dispatch. Archived from the original on December 2, 2016. Retrieved December 8, 2016.
  30. ^ "St. Louis: Desegregation and School Choice in the Land of Dred Scott" (PDF). Archived from the original (PDF) on June 21, 2004. Retrieved October 1, 2010.
  31. ^ "Physical Growth of the City of St. Louis". Archived from the original on July 26, 2010. Retrieved July 27, 2010.
  32. ^ "St. Louis: From Carthage to Rising Phoenix" (PDF). Rental Car Tours (Demographia). Archived (PDF) from the original on February 16, 2008. Retrieved December 17, 2007.
  33. ^ Spence Jackson (December 8, 2006). "Steinhoff Congratulates St. Louis on Receiving Urban Renewal Award". Missouri Department of Economic Development. Archived from the original on April 19, 2008. Retrieved February 18, 2008.
  34. ^ "State & County QuickFacts". United States Census Bureau. Archived from the original on September 12, 2013. Retrieved September 14, 2013.
  35. ^ Lohraff, Kevin (2009). Hiking Missouri (2nd ed.). Champaign, IL: Human Kinetics. p. 73. ISBN 978-0-7360-7588-6. Archived from the original on January 2, 2017. Retrieved November 1, 2016.
  36. ^ a b c d e f Saldivar, Marcos. "26 Reasons St. Louis Is America's Hidden Gem". Huffington Post. Archived from the original on March 24, 2014. Retrieved March 24, 2014.
  37. ^ Neighborhoods of the City of St. Louis Archived May 12, 2012, at the Wayback Machine, StLouis-mo.gov
  38. ^ "2010 Census Gazetteer Files". United States Census Bureau. August 22, 2012. Archived from the original on October 21, 2013. Retrieved November 20, 2014.
  39. ^ St. Louis – News – A Sewer Runs Through It Archived March 11, 2007, at the Wayback Machine.
  40. ^ "Historical Weather for St. Louis, Missouri". Archived from the original on September 16, 2012. Retrieved October 15, 2009.
  41. ^ ThreadEx
  42. ^ "Station Name: MO ST LOUIS LAMBERT INTL AP". U.S. Climate Normals 2020: U.S. Monthly Climate Normals (1991-2020). National Oceanic and Atmospheric Administration. Retrieved July 22, 2021.
  43. ^ "NowData - NOAA Online Weather Data". National Oceanic and Atmospheric Administration. Retrieved July 22, 2021.
  44. ^ "WMO Climate Normals for ST. LOUIS/LAMBERT, MO 1961–1990". National Oceanic and Atmospheric Administration. Retrieved July 22, 2021.
  45. ^ "Warmer weather attracting Armadillos" Archived October 30, 2013, at archive.today, accessed October 28, 2013
  46. ^ "Census of Population and Housing". Census.gov. Retrieved June 4, 2016.
  47. ^ a b c d "Race and Hispanic Origin for Selected Cities and Other Places: Earliest Census to 1990". U.S. Census Bureau. Archived from the original on August 12, 2012. Retrieved April 21, 2012.
  48. ^ Gibson, Campbell (June 1998). "Population of the 100 largest cities and other urban places in the United States: 1790 to 1990". U.S. Census Bureau. Archived from the original on March 14, 2007. Retrieved December 12, 2007.
  49. ^ "Census". Dynamic.stlouis-mo.gov. Archived from the original on July 24, 2017. Retrieved August 10, 2017.
  50. ^ "U.S. Census website". United States Census. Retrieved October 5, 2018.
  51. ^ "Race and Hispanic or Latino Origin: 2010". United States Census. Retrieved October 8, 2013.[permanent dead link]
  52. ^ Druart, T. (February 2010). "Convio ranks most generous online cities". convio. Archived from the original on September 27, 2011. Retrieved August 21, 2011.
  53. ^ "St. Louis (city) County, Missouri". Modern Language Association. Archived from the original on August 15, 2013. Retrieved August 10, 2013.
  54. ^ "2020 Census Results". U.S. Census Bureau. Retrieved November 23, 2021.
  55. ^ "St. Louis (city), Missouri". State & County QuickFacts. U.S. Census Bureau. Archived from the original on December 3, 2012.
  56. ^ "2000 Census Summary". City of St. Louis. Archived from the original on April 3, 2015. Retrieved March 9, 2015.
  57. ^ "MCDC Demographic Profile". Mcdc.missouri.edu. Archived from the original on March 5, 2017. Retrieved August 10, 2017.
  58. ^ a b From 15% sample
  59. ^ Ellis, Stefanie (January 17, 2022). "St Louis: The US city transformed by heartbreak". BBC. Retrieved February 4, 2022.
  60. ^ "The Bosnian Community in St. Louis by Imam Muhamed Hasic". Stlbosnians.com. Archived from the original on September 12, 2018. Retrieved August 10, 2017.
  61. ^ Gilsinan, Kathy. "Why Are There So Many Bosnians in St. Louis?". The Atlantic Cities. Atlantic Media Company. Archived from the original on February 17, 2013. Retrieved February 15, 2013.
  62. ^ "Millennials really like St Louis". The Economist. April 12, 2017. Archived from the original on April 13, 2017. Retrieved April 14, 2017.
  63. ^ a b "Crime in the United States, 2015". FBI.gov (Uniform Crime Reports). Archived from the original on March 22, 2017. Retrieved April 5, 2017.
  64. ^ Bosman, Julie and Mitch Smith (December 28, 2016). Article comparing Chicago's annual homicide statistics to those of other American cities, including St. Louis, New York Times. Archived March 31, 2017, at the Wayback Machine
  65. ^ "NeighborhoodScout's Most Dangerous Cities - 2020". NeighborhoodScout. January 2, 2020. Retrieved June 8, 2020.
  66. ^ "Methodology". Morganquitno.com. Archived from the original on May 11, 2011. Retrieved March 14, 2011.
  67. ^ "2015". Ucr.fbi.gov. Archived from the original on August 30, 2017. Retrieved August 10, 2017.
  68. ^ "Archived copy" (PDF). Archived from the original (PDF) on October 19, 2016. Retrieved October 18, 2016.{{cite web}}: CS1 maint: archived copy as title (link)
  69. ^ Murphy, Doyle (January 3, 2017). "St. Louis Murder Toll Hit 188 in 2016--Tying 2015's Unusually High Number." Archived January 16, 2017, at the Wayback Machine Riverfront Times (RFT). Retrieved January 15, 2017.
  70. ^ a b "Focused police presence in north St. Louis, better relationships with protesters among new chief's goals". St. Louis Post-Dispatch. January 3, 2018. Archived from the original on February 6, 2018. Retrieved January 30, 2018.
  71. ^ St. Louis Crime tracker-City snapshot, https://graphics.stltoday.com/apps/crime/index.html Archived December 11, 2017, at the Wayback Machine Retrieved January 30, 2018
  72. ^ Asher, Jeff (December 17, 2019). "South Bend and St. Louis, Where Crime Statistics Can Mislead". The New York Times. Retrieved July 14, 2020.
  73. ^ "U.S. Cities With Bigger Economies Than Entire Countries". The Wall Street Journal. July 20, 2012. Archived from the original on July 22, 2012. Retrieved July 24, 2012.
  74. ^ 2007 Economic Census.
  75. ^ "List". www.bizjournals.com.
  76. ^ "Missouri Pacific Railroad". Up.com. Archived from the original on August 17, 2017. Retrieved August 10, 2017.
  77. ^ Stoller, Gary (March 24, 2003). "JDAM smart bombs prove to be accurate and a good buy". USA Today. Archived from the original on March 25, 2011. Retrieved March 14, 2011.
  78. ^ "Ratings and Rankings – Area Companies". Stlrcga.org. Archived from the original on November 29, 2010. Retrieved March 14, 2011.
  79. ^ "About Us | The Federal Reserve Bank of St. Louis". St. Louis Fed. Archived from the original on December 19, 2010. Retrieved March 14, 2011.
  80. ^ Kirn, Jacob; Acieri, Katie (April 30, 2014). "Triad bound? Heritage Home moving HQ to North Carolina". Triad Business Journal. Archived from the original on May 31, 2014. Retrieved May 30, 2014.
  81. ^ Arcieri, Katie (May 19, 2015). "Heritage Home Group names interim CEO". Triad Business Journal. Archived from the original on May 23, 2015. Retrieved December 4, 2015.
  82. ^ "St. Louis Health Care". RCGA St. Louis. Archived from the original on May 27, 2013. Retrieved May 24, 2013.
  83. ^ "Siteman Cancer Center, About Us". Siteman Cancer Center. Archived from the original on May 12, 2013. Retrieved May 24, 2013.
  84. ^ "Ratings and Rankings". RCGA St. Louis. Archived from the original on January 6, 2007. Retrieved May 24, 2013.
  85. ^ Home – The Genome Institute at Washington University Archived October 19, 2019, at the Wayback Machine. Genome.wustl.edu. Retrieved on August 16, 2013.
  86. ^ Wagner, Julie (May 5, 2016). "In St. Louis, a gateway to innovation and inclusion". Brookings. Archived from the original on September 19, 2018. Retrieved September 18, 2018.
  87. ^ "Cortex Official Website". Archived from the original on April 11, 2019. Retrieved September 18, 2018.
  88. ^ "Boeing to shed 1,500 IT jobs here over next three years". The Seattle Times. May 10, 2013. Archived from the original on May 13, 2013. Retrieved May 13, 2013.
  89. ^ "Boeing's shift to St. Louis reflects broader shifts in local economy". St. Louis Post-Dispatch. May 13, 2013. Archived from the original on January 5, 2018. Retrieved October 8, 2013.
  90. ^ "Launch Code: How 42 "Unqualified" People Landed Dream Tech Jobs in St. Louis". Blogs.riverfronttimes.com. Archived from the original on June 13, 2015. Retrieved August 10, 2017.
  91. ^ Empson, Rip. "Arch Grants Raises $2.5M To Turn St. Louis Into A Startup Hub; Square Co-founder Signs On". Social.techcrunch.com. Archived from the original on July 9, 2017. Retrieved August 10, 2017.
  92. ^ "St. Louis's Largest Employers". St. Louis Business Journal. July 18, 2017. Archived from the original on July 1, 2017. Retrieved March 1, 2018.
  93. ^ "FY 2020 Comprehensive Annual Financial Report (CAFR)". December 23, 2020. Retrieved January 6, 2022.{{cite web}}: CS1 maint: url-status (link)
  94. ^ "Current Year Comprehensive Annual Financial Report (CAFR)". City of St. Louis (Comptroller's Office). December 27, 2017. p. 219. Archived from the original on March 2, 2018. Retrieved March 1, 2018.
  95. ^ "City of St. Louis CAFR (FY June 30, 2016)" (PDF). City of St. Louis. January 20, 2017. p. 212. Archived (PDF) from the original on February 16, 2017. Retrieved February 15, 2017.
  96. ^ "Charity Navigator - 2015 Metro Market Study". Charitynavigator.org. Archived from the original on August 29, 2017. Retrieved August 10, 2017.
  97. ^ "25 Things to Do in St. Louis". Archived from the original on February 13, 2012. Retrieved February 17, 2012.
  98. ^ The station was sold by the Lutheran Church–Missouri Synod for $18 million, funded in part through a donation by then-St. Louis Cardinals star Albert Pujols, and converted to contemporary Christian music.Deidre Pujols sounds off on Christian radio, STLtoday.com Archived August 22, 2014, at the Wayback Machine, December 12, 2011
  99. ^ "Archived copy". The Washington Post. Archived from the original on October 22, 2018. Retrieved October 21, 2018.{{cite news}}: CS1 maint: archived copy as title (link)
  100. ^ "Imo's Pizza - The Square Beyond Compare". Imospizza.com. Archived from the original on August 25, 2017. Retrieved August 10, 2017.
  101. ^ "Archived copy". Archived from the original on February 8, 2014. Retrieved March 4, 2014.{{cite web}}: CS1 maint: archived copy as title (link)
  102. ^ Tim Bryant, "Citygarden an immediate hit with visitors." St. Louis Post-Dispatch. July 1, 2009.
  103. ^ David Bonetti, "Spectacular Citygarden is opening on schedule in St. Louis Archived July 1, 2009, at the Wayback Machine", St. Louis Post-Dispatch, June 28, 2009.
  104. ^ [2] Archived June 23, 2011, at the Wayback Machine
  105. ^ "Counties and Equivalent Entities of the United States, Its Possessions, and Associated Areas; Change Notice No. 7". 2001. Archived from the original on September 29, 2013. Retrieved May 27, 2006.
  106. ^ "City of St. Louis Elected Officials". Stlouis-mo.gov. July 8, 2010. Archived from the original on April 6, 2012. Retrieved March 24, 2012.
  107. ^ Guide to the Board of Aldermen Archived October 28, 2013, at the Wayback Machine, StLouis-mo.gov
  108. ^ "City's budget tops $1 billion for first time". Business Journal. July 1, 2014. Archived from the original on July 14, 2014. Retrieved July 1, 2014.
  109. ^ "SoS, Missouri – Elections: Registered Voters in Missouri 2012". Sos.mo.gov. Archived from the original on October 25, 2012. Retrieved November 10, 2012.
  110. ^ "SoS, Missouri – Elections: Registered Voters in Missouri 2008". Sos.mo.gov. Archived from the original on November 16, 2011. Retrieved April 1, 2012.
  111. ^ "City of St. Louis Departments". Stlouis-mo.gov. Archived from the original on August 11, 2017. Retrieved August 10, 2017.
  112. ^ "First Time All 28 Aldermen Are Democrats – UrbanReview - ST LOUIS". webcache.googleusercontent.com. Archived from the original on June 16, 2019. Retrieved December 5, 2019.
  113. ^ a b c "Missouri's New Congressional District Maps". Missouri Digital News. Archived from the original on December 26, 2012. Retrieved January 14, 2013.
  114. ^ "Who We Are". National Geospatial-Intelligence Agency. August 4, 2008. Archived from the original on February 26, 2009. Retrieved January 22, 2010.
  115. ^ "Veterans' Service Records". Archives.gov. August 15, 2016. Archived from the original on July 29, 2017. Retrieved August 10, 2017.
  116. ^ "Overview of Washington University in St. Louis". U.S. News & World Report. Retrieved December 19, 2019.
  117. ^ "Slps.org". Slps.org. Archived from the original on May 1, 2009. Retrieved March 14, 2011.
  118. ^ "Private Catholic School - Chesterfield - History". Sluh.org. Archived from the original on January 18, 2017. Retrieved January 15, 2017.
  119. ^ "Nielsen Media 2010–2011 Local Market Estimates". Nielsen Media Research. Broadcast Employment Services. October 1, 2010. Archived from the original on August 28, 2008. Retrieved July 20, 2011.
  120. ^ Arbitron (June 2011).
  121. ^ [3] Archived July 20, 2013, at the Wayback Machine
  122. ^ Tucker, Justin. "Top 10 Films Set (or Partially Set) in St. Louis". Inside St. Louis. Archived from the original on May 8, 2016. Retrieved April 25, 2016.
  123. ^ "Metro – Inside MetroLink". Metro. Archived from the original on September 11, 2008. Retrieved October 29, 2008.
  124. ^ a b "Lambert – St. Louis International Airport > Home - View_Blog". Flystl.com. Archived from the original on August 11, 2017. Retrieved August 10, 2017.
  125. ^ "St. Louis Airport Reopens, One Concourse Remains Closed". Travelpulse.com. April 25, 2011. Archived from the original on March 24, 2012. Retrieved November 22, 2011.
  126. ^ "St. Louis Port Authority". Stlouis-mo.gov. April 16, 2013. Archived from the original on February 21, 2014. Retrieved February 7, 2014.
  127. ^ amtrak.com
  128. ^ "Archived copy" (PDF). Archived from the original (PDF) on June 29, 2014. Retrieved January 28, 2014.{{cite web}}: CS1 maint: archived copy as title (link)
  129. ^ "Affton Trucking". Afftontrucking.com. Archived from the original on August 2, 2017. Retrieved August 10, 2017.
  130. ^ "TRRA History". Terminalrailroad.com. Archived from the original on February 2, 2014. Retrieved February 7, 2014.
  131. ^ "TRRA Home". Terminalrailroad.com. Archived from the original on February 1, 2014. Retrieved February 7, 2014.
  132. ^ "Archived copy" (PDF). Archived from the original (PDF) on March 27, 2012. Retrieved July 17, 2011.{{cite web}}: CS1 maint: archived copy as title (link)
  133. ^ "St. Louis Sister Cities". St. Louis Center for International Relations. Archived from the original on December 15, 2014. Retrieved March 20, 2011.
  134. ^ "Stuttgart Städtepartnerschaften". Landeshauptstadt Stuttgart, Abteilung Außenbeziehungen (in German). Archived from the original on August 8, 2013. Retrieved July 27, 2013.
  135. ^ "Kontakty partnerskie Miasta Szczecin". Urząd Miasta Szczecin (in Polish). Archived from the original on August 18, 2012. Retrieved July 29, 2013.

Further reading

  • Henry W. Berger, St. Louis and Empire: 250 Years of Imperial Quest and Urban Crisis. Carbondale, IL: Southern Illinois University Press, 2015.
  • Carl J. Ekberg and Sharon K. Person, St. Louis Rising: The French Regime of Louis St. Ange de Bellerive. Urbana, IL: University of Illinois Press, 2015.
  • Gordon, Colin. Mapping Decline: St. Louis and the Fate of the American City. Philadelphia: University of Pennsylvania Press, 2008. ISBN 9780812220940

External links