スパシメの動き

#Spasime運動( #SaveMe 運動と訳される) は、家庭内暴力と闘う 2019 年のクロアチアの 社会運動であり、MeToo 効果の一例です。[1] [2]

背景と由来

#Spasime 運動は2019 年 3 月にFacebook上で開始され、2 週間でオンラインで 46,000 人以上の支持者を集めました。この運動は多くのクロアチアの有名人によって支援されており、特に女優で脚本家のエレナ・ヴェリャチャは、その後の運動主催の抗議活動の主要な主催者の一人であった。ヴェリャチャさんは、「クロアチア全土に広がる信じられないほどの暴力の波に駆られて」#Spasime ハッシュタグを始めたと述べ、特にパグ州の父親が子供たちをバルコニーから投げ落としたというニュースにショックを受けたと語った[3] [4]

クロアチアのニュースサイトVijesti.hrのジャーナリスト、ヴァンヤ・デジェリッチ氏は、#Spasime 運動を、#Spasime 運動の 2 か月後の 2019 年 5 月に始まった、中絶と闘う中絶の権利擁護者による運動であるYou Know Me 運動と比較しました。汚名[5] [6] [7]デジェリッチは、クロアチアで反中絶運動がより活発化しており、アラバマ州で可決された2019年のハートビート法案のような同様の法改正を目指していると書いた。[8]デジェリッチは、#YouKnowMe 運動と以下のおかげで、これらの反中絶運動に対する抵抗がクロアチアでも起こる可能性があると述べた。 忙しいフィリップス[9]

抗議活動

2019年3月16日、#Spasime運動が主催した抗議活動で、数千人のクロアチア人がザグレブスプリトシベニクドゥブロヴニクで家庭内暴力に反対するデモを行った。クロアチアのアンドレイ・プレンコヴィッチ首相も デモの一つに参加し、「私は首相としてというよりも、関係する国民としてここにいる」と述べた。[10] [11] [12]

こちらも参照

参考文献

  1. ^ “Jelena Veljača dosad je na Facebooku okupila 40 tisuća ljudi: #spasime za sve koje nismo uspjeli spasiti”. 2019年3月12日。2019年5月29日のオリジナルからアーカイブ。
  2. ^ “Predstavnice inicijative #spasime točno u podne kod premijera, evo što očekuju”. 2019年3月12日。2019年3月19日のオリジナルからアーカイブ。
  3. ^ “クロアチア人が家庭内暴力に抗議”. 2019年3月16日。2019年5月29日のオリジナルからアーカイブ。
  4. ^ “クロアチア、父親が上階の窓から4人の子供を投げ落とす”. 2019年3月16日。2019年3月1日のオリジナルからアーカイブ。
  5. ^ “#YouKnowMe: 女性たちが中絶の話を共有する理由”. 2019年5月16日。2019年5月17日のオリジナルからアーカイブ。
  6. ^ “「ハンドメイズ・テイルの実写版」: 誰もが米国の中絶法について話している理由”. 2019年5月16日。2019年5月18日のオリジナルからアーカイブ。
  7. ^ “#youknowme – 米国の中絶取り締まりに対して女性たちが結集”. 2019年5月16日。2019年5月18日のオリジナルからアーカイブ。
  8. ^ “Najbrojniji Hod za život dosad, no i dalje ne odgovaraju jesu li za zabranu pobačaja: 'Mi smo za zaštitu života'". 2019年5月25日。2019年5月25日のオリジナルからアーカイブ。
  9. ^ “Potresni i iskreni istupi žena koje su bile na pobačaju: 'Nisam željela to dijete, ali nisam čudovište'". 2019年5月28日。2019年5月28日のオリジナルからアーカイブ。
  10. ^ “ロイター:クロアチア人が家庭内暴力に抗議”. 2019年3月16日。2019年5月29日のオリジナルからアーカイブ。
  11. ^ 「家庭内暴力に対する抗議デモ、クロアチアの路上で数千人が参加」. 2019年3月17日。2019年3月19日のオリジナルからアーカイブ。
  12. ^ “クロアチア人は家庭内暴力に対するさらなる措置を要求している”. 2019年3月16日。2019年4月4日のオリジナルからアーカイブ。