アメリカ合衆国南部

ウィキペディアから、無料の百科事典
ナビゲーションにジャンプ 検索にジャンプ

座標33°N88°W33°N 88°W /  / 33; -88

アメリカ合衆国南部

南部の州、アメリカ南部、南部
Map of USA South.svg
地域の定義はソースごとに異なります。この地図は、国勢調査局によって定義された米国南部を反映しています。[1]
サブリージョン
アメリカ
アラバマ
アーカンソー
デラウェア
フロリダ
ジョージア
ケンタッキー
ルイジアナ
メリーランド
ミシシッピ
ノースカロライナ
オクラホマ
サウスカロライナ
テネシー
テキサス
バージニア
ウェストバージニア
連邦地域コロンビア特別区
人口
 (2020 [2]
 • 合計126,266,107
住民の呼称サザンナー、サウスロン(歴史的に)
言語 ルイジアナフランス
語スペイン語

アメリカ南部とも呼ばれる、南アメリカ南米または単に南は、地理的、文化的である地域米国。これは、間にある大西洋米国西部と、米国中西部および米国北東部の北にとメキシコ湾メキシコの南に。また、米国東部の一部である主要な部分があります。

歴史的に、南部は18世紀のメイソン-ディクソン線オハイオ川、および36°30 '平行の南にあるすべての州として定義されていました[3]南部にはサウスイーストサウスセントラルアッパーサウスディープサウスなどのさまざまなサブリージョンがあります。 20世紀半ばから後半にかけての北部移植の流入以来、メリーランド州デラウェア州バージニア州北部ワシントンDCは、特定の側面で北東部のそれとより文化的、経済的、政治的に一致するようになりました。、および多くの居住者、企業、公的機関、および民間組織によって中部大西洋岸の小地域または北東部の一部として識別されることがよくあります[4]ただし、米国国勢調査局は、国勢調査地域に関しては引き続き南部と定義しています[5]地域全体の文化の違いにより、一部の学者は、州の境界とうまく一致しない南部の定義を提案しています。[6] [7]南部は、米国の地理的な南部全体に正確に対応しているわけではありませんが、主に中南部南東部を含みます。状態。たとえば、地理的に国の南西部にあるカリフォルニアは一部とは見なされませんが、地理的に南東のジョージア一部と見なされます。[8] [9] [10]

アメリカで最も人種的に多様な地域である南部は、その文化歴史知られており、独自の習慣、ファッション、建築音楽スタイル料理を開発しており、他の地域とは多くの点で区別されています。アメリカ。 1860年から1861年の間に、南部の11の州が北軍から脱退し、アメリカ連合国を形成しました。以下のアメリカ南北戦争、これらの州はその後連合に追加されました。社会学的研究によると、南部の集団的アイデンティティは、米国の他の地域との政治的、歴史的、人口統計学的、文化的な独自性に由来していることが示されています。南部の民族グループはアメリカの地域の中で最も多様であり、強いヨーロッパ人(特に英語スコットランド-アイルランド人スコットランド人アイルランド人フランス語スペイン語)、アフリカ人ネイティブアメリカンの構成要素が含まれます。[11]

南部の初期の歴史的および文化的発展の側面は、1600年代初頭から1800年代半ばにかけて、主にディープサウスと海岸平野地域内での奴隷労働の制度によって影響を受けました。これには、人口の中アフリカ系アメリカ人の大部分が存在すること、州の権限の教義を支持すること、南北戦争と復興の時代(1865–1877)によって拡大された人種差別の遺産が含まれます。その後の影響には、何千ものリンチ(主に1880年から1930年まで)、1960年代まで残ったジム・クロウ法から確立された別々の学校と公共施設の分離されたシステム、および人頭税やその他の方法で、黒人や貧しい人々が1960年代まで投票したり就任したりすることを拒否します。学者たちは、米国南部のポケットを、再建から1964年の公民権法までの「権威主義の飛び地」であると特徴づけています。[12] [13] [14] [15] 1970年代以降、この地域での人種関係の改善、経済基盤の拡大、雇用機会により、南部ではアフリカ系アメリカ人がニューグレートで他の米国地域から移動することが増えています。移行[16]

広く見ると、研究によると、南部人はほとんどの非南部人よりも保守的である傾向がありますが地域全体の多くの地域で自由主義も支配的です。[17] [18]南部は通常、ほとんどの州で確実に共和党であるが、共和党と民主党の両方が、スウィングステートとして知られる少数の南部州で競争している。この地域にはプロテスタント教会の出席率が高い地域であるバイブルベルトのほぼすべて、特に南部バプテスト連盟などの福音派の教会が含まれています。歴史的に、南部はその主要な経済基盤農業大きく依存しており第二次世界大戦後まで非常に田舎でした1940年代以降、この地域はより経済的に多様化して都市化し、多くの国内および国際的な移民を引き付けるのに役立っています。今日、それは米国で最も急速に成長している地域の1つであり、ヒューストンはこの地域で最大の都市です。[19]

地理

南部は多様な気象地域であり、温帯亜熱帯熱帯乾燥など、多くの気候帯があります が、南部は一般に高温多湿で、夏は長く、冬は短く穏やかであるという評判があります。標高の高い地域と西部、南部、および一部の北部のフリンジに近い地域を除いて、南部のほとんどは湿潤亜熱帯気候帯に分類されます。作物は、最初の霜が降りる前に少なくとも6か月の成長期を一貫して提供する気候のため、南部で容易に成長します。別の一般的な環境は、ガルフコーストのバイユーと沼地内で発生します特にルイジアナ州とテキサス州で。

バッファロー川沿いミスティブラフ、オザーク山脈アーカンソー州

南部の境界と小地域をどのように定義するかという問題は、何世紀にもわたって研究と議論の焦点となってきました。[20] [21]米国国勢調査局によって定義されているように[1]米国の南部地域には16の州が含まれています。 2010年の時点で、推定114,555,744人、つまり全米国居住者の37%が、米国で最も人口の多い地域である南部に住んでいました。[22]国勢調査局は、3つの小さな区分を定義しました。

州政府の審議会、状態間のコミュニケーションと協調のための組織は、その南地域事務所ではアラバマ、アーカンソー、フロリダ、ジョージア、ケンタッキー、ルイジアナ州、ミシシッピ州、ミズーリ州、ノースカロライナ州、オクラホマ州、サウスカロライナ、テネシー州の状態を含みます、テキサス、バージニア、ウェストバージニア。[23]

南に関連する他の用語は次のとおりです。

歴史的に、南部は18世紀のメイソン-ディクソン線オハイオ川、および36°30 '平行の南にあるすべての州として定義されていました[38]今日の南部の新しい定義は、地域全体の文化的および準地域的な違いのために定義するのが難しいが、定義は通常、米国の南東および南中央の地理的地域にある州を指す。[39]

国勢調査の定義には含まれていませんが、フロリダの南東に位置する2つの米国領土プエルトリコ米領バージン諸島)が米国南部の一部として含まれる場合があります。連邦航空局は、南の一環として、プエルトリコ、米領バージン諸島が含まれる[40]同じように農業研究サービスおよび米国国立公園局は[41] [42]

歴史

ネイティブアメリカンの文化

アメリカ合衆国南部での人間の占領の最初の古くからの証拠は、紀元前9500年頃に発生し、現在は古インド人と呼ばれている最も初期の文書化されたアメリカ人の出現があります。[43]古インディアンは、バンドで歩き回り、頻繁にメガファウナを狩る狩猟採集民でした。古語法(紀元前8000年から1000年頃)やウッドランド(紀元前1000年から西暦1000年頃)などのいくつかの文化的段階は、15世紀の終わりにヨーロッパ人が見つけたミシシッピ文化に先行していました[43]

ミシシッピ文化は、西暦800年から1500年にかけて現在の米国南東部で栄えた、複雑で塚を築くネイティブアメリカンの文化でした。原住民は、川の谷を通り、東海岸から五大湖に伸びる彼らの主要な住宅と儀式の中心を結ぶ精巧で長い交易路を持っていました。[43]ミシシッピ文化に出会い、それを説明した著名な探検家の中には、パンフィロ・デ・ナルバエス(1528)、エルナンド・デ・ソト(1540)、ピエール・ル・モワ・ディベルヴィル(1699)などが含まれていました。

マウンドビルダーのネイティブアメリカンの子孫には、アラバマアパラチーカドチェロキーチカソーチョクトークリークグアレヒッチティホーマセミノールの人々が含まれ、そのすべてがまだ南部に住んでいます。

ミシシッピ文化との先祖のつながりはあまり明確ではありませんが、ヨーロッパの侵略前は明らかにこの地域にいた他の人々には、カトーバ族ポウハタン族が含まれます

ヨーロッパの植民地化

ヨーロッパ人の移民はネイティブアメリカンの死を引き起こしました、彼らの免疫システムはヨーロッパ人が無意識のうちに導入した病気から彼らを保護することができませんでした[44]

元々の南部の州の主な文化は英語でした。17世紀には、ほとんどの自発的移民は英国出身で、主に東海岸に沿って定住しましたが、18世紀までにアパラチア山脈まで内陸に押しやられていました。初期のイギリス人入植者の大多数は年季奉公であり、彼らは彼らの通過を終えた後に自由を得ました。自分たちの道を支払った裕福な男性は、定住を奨励するために、ヘッドライトとして知られる土地の助成金を受け取りました。[45]

スペイン人とフランス人はフロリダテキサスルイジアナに集落を設立しました。スペイン人は16世紀にフロリダに定住し、17世紀後半にピークに達しましたが、スペイン人は農業に比較的関心がなく、フロリダには鉱物資源がなかったため、人口は少なかったです。

イギリスの植民地では、移民は1607年に始まり、1775年に革命が勃発するまで続きました。入植者は土地を開拓し、家や別棟を建て、自分たちの農場に住みました。南部の金持ちは、輸出農業を支配し、奴隷を使用した大規模なプランテーション所有していました。多くの人が、バージニア州で最初の換金作物であるタバコの労働集約的な栽培に携わっていました。タバコはすぐに土壌を使い果たし、農民は定期的に新しい畑を掃除する必要がありました。彼らは古い畑を牧草地として、そしてトウモロコシ小麦などの作物のために使用したり、それらを森林地帯に成長させたりしました。[46]

18世紀半ばから後半にかけて、アルスタースコットランド人(後にスコットランド-アイルランド人と呼ばれる)の大規模なグループとアングロスコティッシュボーダー地域の人々が移住し、アパラチアピエモンテの奥地に定住しました。彼らはアメリカ独立戦争以前のイギリス諸島からの非英語移民の最大のグループでした[47]1980年の国勢調査、南部の34%は、彼らが英語の祖先であったことを報告しました。英語は、南部のすべての州で報告されているヨーロッパの祖先の中で最大のものでした。[48]

初期の入植者たちは、戦争貿易、文化交流に従事していました。バックカントリーに住む人々は、クリークインディアンチェロキーチョクトー、その他の地域の先住民グループに遭遇する可能性が高かった

南部で最も古い大学であるウィリアム&メアリーカレッジは、1693年にバージニア州に設立されました。それは政治経済学の教育の先駆者であり、すべてバージニア州出身の将来の米国大統領ジェファーソンモンロータイラーを教育しました。実際、全域支配の政治まず政党システムの時代は:例えば、最初の5人の4大統領 - ワシントンジェファーソンマディソンおよびモンロー -バージニア州からのものでした。 2つの最も古い公立大学も南部にあります:ノースカロライナ大学(1789)とジョージア大学(1785)。

アメリカ独立戦争

でラインを保持している第一連隊メリーランド州ギルフォード裁判所の戦いノースカロライナ州、1781
ヨークタウン包囲は、1781年のアメリカ独立戦争中にイギリスが北アメリカに降伏するきっかけとなりました。

アメリカ独立戦争の間、南部植民地は愛国者の大義を受け入れるのを助けました。バージニア州は、最高司令官のジョージ・ワシントンや独立宣言の著者であるトーマス・ジェファーソンなどの指導者を提供します

1780年と1781年に、イギリス軍は北部の州の再征服を大幅に停止し、南部に集中しました。そこでは、王立軍が到着すると、大勢のロイヤリストの人口が武装する準備ができていると言われました。イギリス軍はサバンナとチャールストンを支配し、その過程で大規模なアメリカ軍を占領し、内陸に基地のネットワークを構築しました。南部植民地内にはロイヤリストがいたが[49]、彼らはより大きな沿岸都市に集中しており、革命家を克服するのに十分な数ではなかった。モンクスコーナー戦いとレヌドのフェリーの戦いでのイギリス軍は、指揮官(バナスタータールトン)を除いて、完全にロイヤリストで構成されていました。)。[50]白と黒のロイヤリストは、バージニアでのケンプスランディングの戦いでイギリス軍のために戦った[51] [52]ナサニエル・グリーンと他の将軍に率いられて、アメリカ人はイギリスの侵略軍をすり減らし、その長所を一つずつ中和するように設計されたファビアン戦術に従事した。大小さまざまな戦いがあり、それぞれの側がいくつかの勝利を主張しました。

しかし、1781年までに、イギリス軍のコーンウォリス将軍は北にバージニアに移動し、近づいてくる軍隊が彼を強化し、イギリス海軍による救助を待つことを余儀なくされました。イギリス海軍は到着しましたが、より強力なフランス艦隊も到着し、コーンウォリスは閉じ込められました。ジョージ・ワシントンが率いるアメリカ軍とフランス軍は、1781年10月にバージニア州ヨークタウンでコーンウォリスに全軍を降伏させ、北アメリカの戦争の一部を効果的に勝利させた。[53]

革命は、新しい国の南部と他の地域の奴隷制に衝撃を与えました。何千人もの奴隷が戦時中の混乱を利用して自分たちの自由を見つけ、バージニア州の英国知事ダンモアが奉仕の自由を約束したことをきっかけにした。他の多くはロイヤリストの所有者によって連れ去られ、大英帝国の他の場所で奴隷になりました。 1770年から1790年の間に、黒人の割合が急激に減少しました。サウスカロライナでは61%から44%に、ジョージアでは45%から36%になりました。[54]さらに、一部の奴隷所有者は、革命後に奴隷を解放するように促されました。彼らは、奴隷所有者が奴隷を解放することを奨励するために働いたクエーカー教徒とメソジスト教徒の説教者とともに、革命の原則に感動しました。ジョージワシントンのようなプランターはしばしば彼らの意志によって奴隷を解放しました。ではアッパー南、すべての黒人の10%以上は、1810年で1%未満の自由の戦前の比率から大幅に拡大していませんでした。[55]

前庭年

奴隷サウスカロライナ州のプランテーション(旧プランテーション、年頃1790)

コットンの発明した後1800年後に下の南に支配的になった綿繰り、短い繊維綿がより広く成長させることができました。これは、特にジョージア、アラバマ、その他のディープサウスのフロンティア高地、およびミシシッピデルタのリバーフロントエリアで綿花栽培の爆発を引き起こしました。19世紀初頭、人々のうねりが西に移動し続けるにつれて郡の人口が増減したときに、移民がこれらの地域に流入しました。綿花栽培の拡大はより多くの奴隷労働を必要とし、その制度は南部経済のさらに深く不可欠な部分となった。[56]

フロリダ州タラハシーのグローブプランテーション。正式には、グローブのコール/コリンズハウスとして知られています。1840年頃に建てられました。

政府がほとんどのネイティブアメリカンにミシシッピの西への移動を強制した後、フロンティアの土地が開放されたことで、白人と黒人の両方がそれらの領土に大規模に移住しました。 1820年代から1850年代にかけて、100万人以上の奴隷化されたアフリカ人が強制移住でディープサウスに移送され、その3分の2は奴隷貿易業者によって、残りはそこに移住したマスターによって運ばれました。アップランドサウスのプランターは、タバコから混合農業に移行するにつれて、奴隷を彼らのニーズに過剰に売りました。プランターがフィールドワークのために主に強い男性を好んだので、多くの奴隷にされた家族は解散しました。[57]

19世紀前半に窮地に立たされた2つの主要な政治問題は、区分線に沿った政治的整合を引き起こし、特定の強く反対の利益を持つ別個の地域としての北と南のアイデンティティを強化し、分離と最高潮に達した州の権限に関する議論をもたらしました。南北戦争。これらの問題の1つは、主に北部の製造業の成長を支援するために制定された保護関税に関するものでした。 1832年、連邦法の関税引き上げに抵抗して、サウスカロライナ州は無効化の条例を可決しました。これは、州が事実上連邦法を廃止する手続きです。すぐに海軍の艦隊がチャールストンに送られました港、そして陸軍の着陸の脅威は関税の徴収を強制するために使用されました。関税が徐々に引き下げられるという妥協点に達したが、州の権限をめぐる根底にある議論はその後数十年にわたってエスカレートし続けた。

2番目の問題は奴隷制に関するもので、主に新たに認められた州で奴隷制が許可されるかどうかの問題でした。この問題は当初、「自由」州と「奴隷」州の数のバランスをとるように設計された政治的妥協によって解決されました。しかし、この問題は、米墨戦争の頃に、より有毒な形で再浮上しました。米墨戦争は、主に架空の地理的境界の南側に新しい領土を追加することによって、賭け金を引き上げました。議会は、これらの地域での奴隷制の許可に反対しました。

南北戦争の前に、北が最も多くの移民を受け入れ続けたけれども、南の港に到着する移民の数は増加し始めました。ユグノー、ニューヨーク市以外で最も多くの正統派ユダヤ人とともに、チャールストンで最初の開拓者の1人でした。[要出典]多数のアイルランド人移民がニューオーリンズに定住し、現在はアイリッシュチャンネルとして知られている独特の民族の飛び地を確立しました。ドイツ人はニューオーリンズとその周辺にも行き、その結果、都市の北(ミシシッピ川沿い)の広い地域がジャーマンコーストとして知られるようになりました。さらに多くの人々がテキサスに移住し(特に1848年以降)、そこでは多くの人々が土地を購入し、農民でした。南北戦争後、さらに多くのドイツ人移民がテキサスに到着し、ヒューストンやその他の場所で醸造業を生み出し、多くの都市で食料雑貨店になり、幅広い農業地域を確立しました。

1840年までに、ニューオーリンズは国内で最も裕福な都市であり、人口が3番目に多い都市でした。市の成功は、ミシシッピ川を下って国内との間で出荷される製品に関連する国際貿易の成長に基づいていました。ニューオーリンズはまた、トレーダーが深南部のプランターに売るために船と陸路で奴隷を連れてきたので、国内で最大の奴隷市場を持っていました。この都市は、南部の他の地域よりも多くの移民を引き付けたさまざまな仕事のある国際的な港でした。[58]しかしながら、投資不足のため、この地域にまたがる鉄道の建設は北に遅れをとっていた。人々は、作物を市場に出したり輸送したりするために、川の交通に最も大きく依存していました。

内戦

map of United States with southeastern states highlighted in shades of red
歴史的な米国南部。明るい赤の州は「境界州と見なされ、北軍にとどまっているにもかかわらず、南部の大義にさまざまな程度の支援を与えました。この図は、バージニア州の元のトランスアレゲニー国境を示しているため、ウェストバージニア州(1863年にバージニア州から分離された)[59]を個別に示していませんインディアン準州(現在のオクラホマの一部)の5部族のメンバーは南軍と一致していましたが、当時は州ではなく領土であったため、この地域は日陰になっていません。

1856年までに、南部は議会の支配を失い、奴隷制の廃止を求める声を沈黙させることができなくなりました。奴隷制は、主に北部の人口の多い自由な州から来ました。 1854年に設立された共和党は、奴隷制がすでに存在していた州を超えて奴隷制が広まるのを阻止することを約束しました。 1860年にエイブラハムリンカーンが最初の共和党大統領に選出された後、リンカーンが発足する前に、7つの綿花州が脱退を宣言し、アメリカ連合国を結成しました。合衆国政府は、出入りの両方で、南軍の承認を拒否し、新しい南軍のジェファーソン・デイビス大統領が彼の軍隊にサムター要塞に発砲するよう命じた。1861年4月、戦争が勃発しました。ケンタッキー州だけが中立を維持しようとしました、そしてそれはほんの少しだけそうすることができました。リンカーンが「通常の司法または武力の手段では抑制できないほど強力な組み合わせ」と呼んだものを抑圧するよう軍隊に要求したとき[60]さらに4つの州が南軍から脱退して参加することを決定した(その後、首都をリッチモンドに移した。バージニア)。南軍には捕獲された弾薬と多くの志願兵が大量に供給されていたが、国境州との取引は北軍よりも遅かった。アップランドの間の境界状態ケンタッキー州ミズーリ州ウェストバージニア州メリーランド州、およびデラウェア州コロンビア特別区と同様に、南北戦争中も奴隷制を許可し続け、彼らは北軍に留まった。 1862年3月までに、北軍はすべての境界州地域を大部分支配し、すべての南軍の港からのすべての商業交通を遮断し、南軍政府のヨーロッパの承認を妨げ、ニューオーリンズを占領する準備ができていた。

1861年から65年の4年間の戦争では、南部が主要な戦場であり、2つを除くすべての主要な戦闘が南部の土壌で行われました。北軍は、1861年に境界州、1862年にテネシー川、カンバーランド川とニューオーリンズ、1863年にミシシッピ川を支配し、多くのキャンペーンを西部連邦に導きました。しかし、東部では、ロバートEの下の連邦軍。リーはリッチモンドでの首都の防衛で攻撃の後に攻撃を打ち負かした。しかし、リーが北に移動しようとしたとき、彼はシャープスバーグ(1862)とゲティスバーグ(1863)で撃退された(そしてほとんど捕らえられた)。

南北戦争の終結直後に廃墟となったアトランタの鉄道ラウンドハウス

南軍は短い戦争のための資源を持っていたが、より長い戦争に資金を提供したり供給したりすることができなかった。それは、連合からのすべての輸入品に新たに15%の税金を課すことにより、南部の伝統的な低関税政策を覆した。北軍の封鎖は、南に入ることから、ほとんどの商取引を停止し、同盟の関税が戦争の資金調達のためにあまりにも少ない収入を生成するので、密輸業者は、税を避けます。膨らんだ通貨が解決策でしたが、それはリッチモンド政府の不信を生み出しました。鉄道への投資が少ないため、南部の輸送システムは主にボートによる川と沿岸の交通に依存していました。どちらも連合海軍によって閉鎖されました。小さな鉄道システムは事実上崩壊したため、1864年までに内部旅行は非常に困難になり、南軍の経済は機能不全に陥りました。

アトランタが陥落し、ウィリアムT.シャーマンが1864年後半にジョージアを行進するまで、南軍の大義は絶望的でしたが、反乱軍は1865年4月にリー軍が降伏するまで戦いました。南軍が降伏すると、この地域は再建時代(1865)に移行しました。–1877)、破壊された地域を再建し、解放された奴隷に市民権を与えるという部分的に成功した試みで。

南北戦争中に南軍の大義に反対した南部人は、南部ユニオニストとして知られていました。彼らはユニオンロイヤリストまたはリンカーンのロイヤリストとしても知られていました。 11の南軍の州の中で、テネシー(特に東テネシー)、バージニア(当時はウェストバージニアを含む)、ノースカロライナなどの州は、ユニオニストの最大の人口の故郷でした。アパラチア南部の多くの地域にも、組合賛成の感情が抱かれていました。南軍の支配下にある州に住む10万人もの男性が北軍に仕えるだろうまたは親組合ゲリラグループ。南部ユニオニストはすべての階級から来ましたが、ほとんどは戦前のプランター階級が支配的な地域とは社会的、文化的、経済的に異なっていました[61]

消耗戦の北軍戦略はリーが彼の死傷者を置き換えることができなかったことを意味し、シャーマン、シェリダンおよび他の北軍によって行われた総力戦がインフラを破壊し、広範な貧困と苦痛を引き起こしたので、南は北全体よりも苦しんだ。南軍は、約550万人の当時の南部の白人人口のうち、95,000人が戦死し、165,000人が病気で死亡し、合計26万人の軍事的損失を被った[62][63] 1860年の国勢調査の数値に基づくと、13歳から43歳の白人男性の8%が戦争で亡くなり、そのうち6%が北部で、約18%が南部で死亡した。[64] 北部の軍の死傷者は絶対数で南部の死傷者を上回ったが、影響を受けた人口の割合に関しては3分の2少なかった。

復興とジムクロウ時代

1868年頃、オピエールヘブンスが撮影しアフリカ系アメリカ人の家族

南北戦争後、南の面で大きな被害を受けたインフラと経済。解放奴隷に投票権を与えることに州が消極的だったため、議会は復興政府を設立した。それは、新しい政府が設立されるまで南部を統治するために軍事地区と知事を設立しました。南軍を積極的に支援していた多くの白人南部人は一時的に権利を剥奪された。農業恐慌が蔓延する中、自由市場の新たな労働経済の影響に人々が取り組んだため、再建は困難でした。さらに、南部が持っていた限られたインフラストラクチャは、戦争によってほとんど破壊されました。同時に、北朝鮮は急速に工業化していた。戦争の社会的影響を回避するために、南部の州のほとんどは最初に黒人法を可決しました。再建中、これらは、再建中に短期間存在した連邦法および反南軍の立法府によってほとんど法的に無効にされました。[65]

アフリカ系アメリカ人が奴隷販売によって隔てられた家族を再会させようとし、時には町や他の州でより良い機会を得るために移住したため、何千人もの人々が移動していました。他の解放された人々は、別の仕事を得る機会を得るためにプランテーションエリアから都市や町に移動しました。同時に、白人は避難所からプランテーションや町の住居を取り戻すために戻ってきました。一部の地域では、多くの白人がしばらくの間農地に戻ってきました。一部の解放された人々は、オハイオやインディアナ、そして後にカンザスなどの州に向けて南部を完全に去りました。他の何千人もがミシシッピ川とアーカンソーデルタの底地、そしてテキサスの新しい機会への移住に加わった。

経過とともに13日の改正への米国の憲法(非合法奴隷)、14日改正(に完全な米国の市民権を付与されたアフリカ系アメリカ人)と15日の改正(に投票権を拡張し、アフリカ系アメリカ人、アフリカ人男性)南部のアメリカ人は自由な市民にされ、選挙権を与えられました。連邦の保護の下で、白人と黒人の共和党員が憲法上の慣習と州政府を結成しました。彼らの業績の中には、南部の州で最初の公教育システムを構築し、孤児院、病院、および同様の機関を通じて福祉を提供することが含まれていました。

北部の人々は政治とビジネスに参加するために南にやって来ました。何人かは自由人局と他の復興機関代表でした。一部は黒人を助けることを意図した人道主義者でした。疑わしい方法で自分たちに利益をもたらすことを望んでいた冒険家もいました。彼らは皆、カーペットバッガーという蔑称で非難されました。一部の南部人はまた、混乱した環境を利用し、債券や鉄道への融資など、さまざまな計画からお金を稼ぎました。[66]

秘密の自警団などの団体クー・クラックス・クラン -永続させる宣誓組織白人至上主義は - 1860年代の戦争の終了後すぐに発生し、かつ使用していたリンチ自分の行使からアフリカ系アメリカ人を維持するために、物理的な攻撃、家の焼き討ちや脅迫の他の形態政治的権利。最初のクランは1870年代初頭に連邦政府による起訴によって混乱させられましたが、他のグループは存続しました。 1870年代半ばから後半までに、一部の上流階級の南部人は、変化した社会構造に対する抵抗を強めました。準軍事組織のようなホワイトリーグルイジアナ(1874)、赤シャツミシシッピ州(1875年)とライフルクラブ、すべての「ホワイトライン」の組織に対する使用に組織暴力共和党、黒と白の両方が、政治的なオフィス、抑圧から共和党を削除し、黒の投票をバー、復元する民主党を電源に。[67] 1876年、白人の民主党員はほとんどの州議会で権力を取り戻した。彼らは、アフリカ系アメリカ人と貧しい白人を有権者登録ロールから取り除くように設計された法律を可決し始めました。いくつかの州での19世紀後半の異人種間の連合の成功は、両方のグループが投票するのを防ぐために一生懸命働いた一部の白人民主党員の間で反応を引き起こしました。[68]

差別にもかかわらず、多くの黒人はまだ発展途上の地域で財産所有者になりました。たとえば、ミシシッピの底地の90%は、戦後もまだフロンティアであり、開発されていませんでした。世紀の終わりまでに、ミシシッピのデルタ底地の農民の3分の2は黒人でした。彼らは自分たちで土地を開墾し、早い時期に材木を売り払ってお金を稼ぐことがよくありました。何万人もの移民がデルタに行き、製材会社のために材木を伐採するための労働者として働き、多くは独自の農場を開発しました。[69]それにもかかわらず、長期にわたる農業恐慌は、公民権剥奪と信用へのアクセスの欠如とともに、1910年までにデルタの多くの黒人が財産を失い、その後の10年間で小作人または土地を持たない労働者になりました。2世代以上の自由なアフリカ系アメリカ人が財産への出資を失いました。[70]

南北戦争の結果、黒人と白人を問わず、ほぼすべての南部人が経済的に苦しんだ。数年以内に綿花の生産と収穫は戦前のレベルに戻りましたが、19世紀の大部分を通じて低価格が回復を妨げました。彼らは、中国人イタリア人の労働者によるミシシッピデルタへの移民を奨励した。最初の中国人はキューバから年季奉公として入国しましたが、大多数は20世紀初頭にやって来ました。どちらのグループも農村部の農場労働に長くとどまりませんでした。[71]中国人は商人になり、デルタ中の小さな町に店を設立し、白と黒の間に場所を確立した。[72]

黒人と白人の両方の間で、19世紀後半から20世紀初頭にかけて移住が続いた。 19世紀の最後の20年間で、約141,000人の黒人が南部を去り、1900年以降はさらに多く、合計537,000人の損失を出しました。その後、1910年から1940年にかけての大移住、1970年までの第二次大移住として知られるようになった運動が増加しました。さらに多くの白人が南部を離れ、機会を求めカリフォルニア行き、1900年以降は北部の工業都市に向かいました。 1880年と1910年には、白人の損失は合計1,243,000人でした。[73] 1940年から1970年の間にさらに500万人が残った。

1890年から1908年にかけて、旧南軍の11州のうち10州が、州のオクラホマ州とともに、人頭、居住要件、識字率テストなど 、少数派が満たすのが困難な有権者登録の障壁を導入した公民権剥奪憲法または改正案を可決しました。ほとんどのアフリカ系アメリカ人、ほとんどのメキシコ系アメリカ人、そして何万人もの貧しい白人が権利を剥奪され、何十年もの間投票を失いました。一部の州では、既得権条項により、白人の非識字者が識字能力テストから一時的に免除されました。その結果、有権者の数は旧南軍全体で大幅に減少しました。これは、テキサス大学の「大統領選挙と中間選挙の投票率」という機能で見ることができます。政治:投票への障壁。 1819年に州になったときに普遍的な白人参政権を確立したアラバマ州も、貧しい白人による投票を大幅に減らしました。[74] [75] 民主党が管理する立法府は、交通機関を含む公共施設とサービスを分離するためにジムクロウ法可決した

アフリカ系アメリカ人は、貧しい白人と人権グループは早い20世紀では、このような条項に対する訴訟を開始したが、数十年のための最高裁判所、このような規定を覆す決定は急速に投票を制限する新しいデバイスを使用して新しい州法が続きました。旧南軍とオクラホマのほとんどの黒人は、投票権法と連邦執行機関が通過して人々が登録できるようにした後、1965年まで投票できませんでした。この期間を通じて、女性、黒人、および18歳以上の投票率が増加したにもかかわらず、元南軍の投票率は20世紀を通じて全国平均を下回ったままでした。[76]1960年代後半まで、すべてのアメリカ市民はのリーダーシップ以下の法案の通過によって市民権を保護し回復しなかったアメリカの公民権運動

歴史家のウィリアム・チェイフは、法制度、不均衡な経済力、脅迫と心理的圧力で表現されるジム・クロウの最悪の特徴を回避するために、アフリカ系アメリカ人コミュニティ内で開発された防御技術を調査しました。 Chafeは、「黒人自身による保護的社会化」は、白人による制裁に対応すると同時に、それらの制裁への挑戦を微妙に奨励するために、コミュニティ内で作成されたと述べています。 「綱渡り」として知られるこのような変化をもたらす取り組みは、1920年代以前はわずかに効果的でしたが、1950年代と1960年代の市民権運動中に、若いアフリカ系アメリカ人が積極的で大規模な活動に展開した基盤を築きました。 。[77]

1880年代から1930年代までの経済

ヒューストンからのイラスト:17の鉄道が海出会う場所、1913年

19世紀の終わりに、南部の白人民主党員は、1890年代に新しい憲法が採択されたときから広範な反産業法を用いて、産業および事業開発に敵対する州憲法を作成しました。[78]銀行は少なく、小さかった。クレジットへのアクセスはほとんどありませんでした。伝統的な農業は地域全体で存続しました。特にアラバマ州とフロリダ州では、人口が工業都市に移った後も地方の少数派が多くの州議会を支配し、立法府はビジネスと近代化の利益に抵抗しました。アラバマ州は、主要な人口と経済が都市に移った後、1901年から1972年の間に再選挙を拒否しました。たとえば、何十年もの間、バーミンガムは州の収入の大部分を生み出しましたが、サービスやインフラストラクチャーにはほとんど戻ってきませんでした。[79]

19世紀後半、テキサスは鉄道網を急速に拡大し、放射状の計画で接続され、ガルベストンの港に接続された都市のネットワークを作成しました。これは、最初の状態だった[要出典]都市と経済発展は、独立して川の過去の主要な輸送網を進めています。産業の増加を反映して、ストライキと労働争議が起こった。「1885年、テキサスはストライキに関与した労働者の数(4,000)で40州の中で9位にランクされ、6年間で15位にランクされた。主に通信士と鉄道労働者の州間高速道路のストライキは、1886年に発生しました。」[80]

1890年までに、ダラスはテキサスで最大の都市になり、1900年までに人口は42,000人を超え、10年後には2倍以上の92,000人を超えました。ダラスは世界のハーネス製造の中心地であり、他の製造の中心地でした。その野心の例として、1907年にダラスは高さ15階建てで、ミシシッピ川の西に最初の超高層ビルがあり、すぐに他の超高層ビルが続くプレトリアンビルを建設しました。[81]テキサスは、ヒューストンとその近くのガルベストン、ダラス、フォートワース、サンアントニオ、エルパソの港を含む5つの重要な都市を結ぶ鉄道網によって変貌した。 1920年までにそれぞれの人口は5万人を超え、主要都市の人口はその3倍でした。[82]

南部民主党の支配階級はビジネス上の利益を無視した。それにもかかわらず、主要な新産業はジョージア州アトランタなどの都市で発展し始めました。アラバマ州バーミンガム;ダラス、フォートワース、ヒューストン、テキサス。成長は幾何学的な速度で起こり始めました。バーミンガムは、20世紀初頭に人口が大幅に増加し、主要な鉄鋼生産者および鉱業の町になりました。

南部で最初の主要な油井は、1901年1月10日の朝、テキサス州ボーモント近くのスピンドルトップで掘削されました。他の油田は、後にオクラホマ州アーカンサスの近くとメキシコ湾の下で発見されました。結果として生じた「オイルブーム」は、中南部西部の州の経済を恒久的に変革し、南北戦争後に最も豊かな経済成長をもたらしました。[83] [84]

20世紀初頭、ワタミゾウムシの侵入により南部の綿花が荒廃し、アフリカ系アメリカ人が南部を離れることを決定するきっかけとなりました。 1910年から1970年にかけて、650万人以上のアフリカ系アメリカ人が南部を離れ、北部と西部の都市へ大移動を行い、持続的なリンチ、暴力、人種差別から亡命しました。、貧しい教育、そして投票できない。黒人の移住は多くの北部と西部の都市を変え、新しい文化と音楽を生み出しました。多くのアフリカ系アメリカ人は、他のグループと同様に、産業労働者になりました。他の人はコミュニティ内で独自のビジネスを始めました。南部の白人はまた、シカゴ、デトロイト、オークランド、ロサンゼルスなどの工業都市に移住し、活況を呈している新しい自動車および防衛産業に就職しました。

その後、南部経済は大恐慌ダストボウルによってさらなる打撃を受けました1929年のウォール街大暴落後、経済は大幅な逆転に見舞われ、数百万人が失業したままになりました。 1934年に始まり、1939年まで持続し、激しい風との生態学的災害干ばつは、テキサス州とアーカンソーからの脱出、原因オクラホマ州パンハンドルの地域、および50万した周囲の平野、アメリカ人は、ホームレス空腹や失業したが。[85]数千人がこの地域を離れ、西海岸に沿った経済的機会を模索するだろう

大統領のフランクリン・D・ルーズベルトは大恐慌時の支援の必要性の観点から「最優先事項」として韓国を指摘しました。彼の政権は、1933年にテネシー川流域公社などのプログラムを作成し、農村電化を提供し、開発を刺激しました。生産性の低い農業に閉じ込められたこの地域の成長は、限られた工業開発、低水準の起業家精神、および設備投資の欠如によって鈍化した。

1940年代から20世紀までの経済

マイアミ海軍航空基地、1942年から43年頃

第二次世界大戦は、新しい産業と軍事基地が連邦政府によって開発され、多くの地域で非常に必要な資本とインフラストラクチャを提供したため、経済的観点から南部内で劇的な変化の時期を迎えました。米国各地からの人々が軍事訓練のために南部にやって来て、この地域の多くの基地や新しい産業で働いています。戦時中および戦後、白と黒の両方の何百万ものハードスクラブル農民が農業を離れ、他の職業や都市の仕事に就きました。[86] [87] [88]

米国は1940年の春に主要な方法で戦争のために動員し始めました。南部の暖かい天候は、陸軍の新しい訓練キャンプの60%と新しい飛行場のほぼ半分を建設するのに理想的であることが証明されました。全体として、新しい軍事施設への支出の40%は南部に向けられました。たとえば、1940年、フロリダ州スタークにある1500人の小さな町がキャンプブランディングの拠点になりました。。 1941年3月までに、2万人の男性が6万人の兵士のための恒久的な収容所を建設していました。 40億ドル以上が南部の軍事施設に、さらに50億ドルが防衛施設に投入されたため、戦争努力のために資金が自由に流れました。主要な造船所は、バージニア州、サウスカロライナ州チャールストン、およびガルフコースト沿いに建設されました。ダラスフォートワースとジョージアに巨大な戦闘機工場が開設されました。最も秘密で費用のかかる作業はテネシー州オークリッジで行われ、そこでは原子爆弾用のウランを準備するために無制限の量の地元で生成された電気が使用されました。[89]戦争中に生産労働者の数は2倍になりました。ほとんどの訓練センター、工場、造船所は1945年に閉鎖されましたが、すべてではありませんでした。ハードスクラブブル農場を去った家族は、成長する南部の都市で仕事を見つけるために残っていました。この地域は、所得と賃金の水準が全国平均を大きく下回っていたものの、ようやく産業と商業の成長への離陸段階に達しました。それにもかかわらず、George B. Tindallが指摘するように、変革は「産業の可能性の実証、新しい精神の習慣、そして工業化にはコミュニティサービスが必要であるという認識」でした。[90] [91]

一人当たりの収入は、1940年から1945年にかけて140%増加しましたが、米国の他の地域では100%増加しました。南部の収入は59%から65%に上昇しました。デューイ・グランサムは、戦争は「この地域が国民の経済的および社会的生活の主流に知覚的に近づいたため、南部の経済的後進性、貧困、および独特の農村生活からの突然の逸脱をもたらした」と述べています。[92]

農業は綿花とタバコから、牛、米、大豆トウモロコシを含むようにシフトしました、およびその他の食品。産業の成長は1960年代に増加し、1980年代と1990年代に大幅に加速しました。テキサス、ジョージア、フロリダのいくつかの大都市圏は、400万人を超える人々に成長しました。自動車、電気通信、繊維、テクノロジー、銀行、航空などの産業の急速な拡大により、南部の一部の州は、国内の他の大規模な州に匹敵する産業力を獲得しました。2000年の国勢調査までに、南部(および西部)は人口増加で国をリードしていました。しかし、この成長に伴い、ダラス、ヒューストン、アトランタ、オースティン、シャーロットなど、広大な開発と高速道路ネットワークに依存する都市では、通勤時間が長くなり、大気汚染の問題が発生しています。[93]

現代経済

20世紀後半、南部は劇的に変化しました。サービス経済、製造拠点、ハイテク産業、金融セクターにブームが見られました。特にテキサスはサンアントニオのアラモ伝道所などのエネルギー産業と観光産業の支配により、劇的な成長と人口の変化を目撃しました。フロリダとガルフコースト沿いの観光も、20世紀の最後の数十年を通して着実に成長しました。

多くの新しい自動車生産工場のような、地域に開かれた、またはまもなくオープンにされているメルセデス・ベンツタスカルーサ、アラバマ州現代ではモンゴメリー、アラバマ州BMWの生産工場スパータンバーグ、サウスカロライナ州ジョージタウン、ケンタッキーブルースプリングス、ミシシッピサンアントニオにトヨタ工場テネシー州スプリングヒルにあるGM製造工場アラバマ州リンカーンにあるホンダの工場日産の北米本社でテネシー州フランクリンとテネシー州スマーナミシシッピ州カントンの工場ジョージア州ウェストポイントにある起亜工場そしてフォルクスワーゲンチャタヌーガ組立工場テネシーインチ

:国の二大研究パークは、南に位置しているリサーチ・トライアングル・パークノースカロライナ州(世界最大)とカミングスリサーチパークではアラバマ州ハンツビル(世界最大の第四)。

医学では、ヒューストンのテキサス医療センターは、特に心臓病、癌、およびリハビリテーションの分野で、教育、研究、および患者ケアにおいて国際的な認知を獲得しています。 1994年、テキサス医療センターは、14の病院、2つの医学部、4つの看護大学、6つの大学システムを含む世界最大の医療センターでした。[94]テキサス大学MDアンダーソンがんセンターは、一貫して米国で第1位のがん研究および治療センターにランクされています。[95]

多くの大手銀行会社がこの地域に本社を置いています。バンクオブアメリカノースカロライナ州シャーロットにあります。ワコビアは、ウェルズファーゴが購入する前に本社を置いていましたRegions Financial Corporationは、AmSouth BancorporationBBVA Compass同様にバーミンガムにあります。サントラストバンクスは、アトランタ連邦準備銀行の地区本部と同様にアトランタにあります。BB&Tウィンストンセーラムに本社を置いています。

コカ・コーラカンパニーデルタエアラインズホームデポなど、多くの企業がアトランタとその周辺地域に本社を置いています。また、ターナーブロードキャスティングシステムCNNTBSTNTターナー)などの多くのケーブルテレビネットワークにも本社を置いています。カートゥーンネットワーク)とウェザーチャンネル。近年、一部の南部の州、特にテキサス州は、税負担が少なく、労働力の生活費が低い企業を誘惑しています。 2019年、南部の州に本社を置くフォーチュン500企業には、テキサスが50、バージニアが21、フロリダが18、ジョージアが17、ノースカロライナが11、テネシーが10でした[96]この経済拡大により、南部の一部が可能になりました。米国で最も低い失業率のいくつかを報告します。[97]

特定の南部の州や地域が経済的に好調であるにもかかわらず、多くの南部の州や地域は、米国全体と比較した場合、依然として高い貧困率を持っています。2010年の米国の最貧大都市トップ10では、南部はフロリダ州マイアミテネシー州メンフィスの2つの都市によってランキングに表されました[98] 2011年には、最貧州の10州のうち9州が南部地域にあった。[99]

教育

過去の南部の公立学校は、いくつかの全国調査の下半分にランクされています。[100]人種の許容量を考慮すると、2007年の米国政府のテストスコアのリストには、白人の4年生と8年生が読書と数学で平均よりも成績が良いことがよく示されています。一方、黒人の4年生と8年生も平均よりも成績が良かった。[101]この比較は全面的に当てはまるわけではありません。ミシシッピ州は、統計をどのように比較しても、全国平均よりもスコアが低いことがよくあります。2009年の新しいデータによると、南部の中等学校の教育は全国的に同等であり、高校生の72%が卒業しているのに対し、全国では73%です。[102]

文化

南部のいくつかの州(メリーランド、バージニア、ノースカロライナ、サウスカロライナ、ジョージア)はイギリスの植民地であり、独立宣言に署名するために代議員を派遣し、独立戦争中に北部の植民地とともに政府と戦った[103]元の間であることこれらの状態に誇りからずっと南文化の派生の基礎13植民地、南の人口の多くが西に移住入植に強い先祖のリンクを持っているという事実から。南部のマナーや習慣は、初期の人口によって保持されていたイングランドとの関係を反映しています。

全体として、南部は米国の他の地域よりも住宅価格が低く、世帯収入が低く、生活費が低くなっています。[104]これらの要因は、南部人が家族の絆への強い忠誠を維持し続けているという事実と相まって、一部の社会学者は白人の南部人を民族的または準民族的グループと分類するようになった[105] [106]が、この解釈は対象となっている。見解の支持者が南部人が民族性の基準をどのように満たしているかを十分に示していないという理由での批判に。[107]

南部の支配的な文化は、サセックスケントウェストカントリーイーストアングリアなどのイングランド南部の大勢の人々タイドウォーターディープの東部に移住したことでこの地域が定住したことに端を発しています。17世紀と18世紀初頭、中北部英語スコットランド低地アルスター・スコットランド(後で呼ばれるスコッチ・アイリッシュに定住)アパラチア畑地南後半18世紀半ばには、[108]そして南部経済の一部であった多くのアフリカの奴隷。南部に連れてこられた奴隷のアフリカ系アメリカ人の子孫は、2000年の国勢調査によると、全人口の12.1%を占める、米国で2番目に大きい人種的少数派を構成しています。ジムクロウ時代の北への流出にもかかわらず、黒人人口の大部分は依然として南部の州に集中しており、宗教、食べ物、芸術、音楽の文化的融合に大きく貢献しています(スピリチュアルブルースジャズR&Bソウルミュージックを参照)カントリーミュージックザイデコブルーグラスロックンロール)今日の南部文化を特徴づける。

以前の国勢調査では、南部人によって特定された最大の祖先グループは英語またはほとんどが英語であり[48] [109] [110]、1980年の国勢調査の祖先として19,618,370人の自己申告「英語」が続き、12,709,872人がアイルランド語」と11,054,127「アフリカ系アメリカ人」。[48] [109] [110]イギリス人の祖先を主張するすべてのアメリカ人のほぼ3分の1はアメリカ南部で見つけることができ、すべての南部人の4分の1以上がイギリス人の子孫も同様に主張している。[111]

宗教

南はに付着し、その人口の大多数持っていた福音派 プロテスタントて以来、第二次大覚醒を[112] 上のクラスはしばしば滞在したが、英国国教会/聖公会長老を1742年頃から第一次大覚醒第二次大覚醒は約1850年に多数のメソジストとバプテストを生み出し、それらは南部の2つの主要なキリスト教の告白のままです。[113] 1900年までに、南部バプテスト連盟は全米で最大のプロテスタント宗派になり、そのメンバーは南部の農村地域に集中した。[114] [115]バプテストは最も一般的な宗教グループであり、メソジストペンテコステ派、その他の宗派がそれに続くローマカトリック教徒は歴史的に、メリーランド州、ルイジアナ州、およびテキサス州南部やフロリダ州南部などのヒスパニック地域、およびガルフコースト沿いに集中していました。黒人の南部人の大多数はバプテストかメソジストのどちらかです。 [116]統計によると、南部の州は、いわゆるバイブルベルトを構成する、米国のどの地域よりも宗教的出席者数が最も多い [117] ペンテコステ派は、19世紀後半から南部全体で強くなっています。 [118]

国内および国際的な影響

その気候は別として、南部での生活体験はますます国の他の地域に似ています。数百万人の到着北部西洋では、主に20世紀後半以降、大都市圏や沿岸地域の文化を再形成しています。[119]オブザーバーは、特に「より本物で、本物で、より統一され、明確であった初期の南部」に対して定義された場合、集団的アイデンティティと南部の独自性は低下していると結論付けている。[120]

テキサスではヒスパニックが長い間主要な要因でしたが、1990年代から2000年代初頭にかけて、他の南部の州にさらに数百万人が到着し、地元の伝統に根ざしていない価値をもたらしました。[121] [122] [123]歴史家のレイモンド・モールは、貿易障壁を下げ、大規模な人口移動を促進する上でのNAFTAの役割を強調しています。彼は、メキシコで進行中の経済危機、米国での新しいよりリベラルな移民政策、労働者の採用と密輸など、南東へのメキシコとヒスパニックの移民の主要な流れを生み出した他の要因を追加します。その地域の低賃金、低スキルの経済は、申請者に法的地位についてあまり多くの質問をすることなく、安価で信頼できる非組合労働者を容易に雇用しました。[124] [125]リチャードJ.ゴンザレスは、政治、教育、言語および文化的権利における数と影響力の観点からのララザ(メキシコ系アメリカ人コミュニティ)の台頭は、人口統計学者がヒスパニックがテキサスのアングロを上回ると予測する2030年までにテキサスで急速に成長すると主張します。[126]しかしながら、これまでのところ彼らの政治参加とラテンアメリカ人の投票は低かったので、潜在的な政治的影響はこれまでのところ実際のものよりはるかに高い。[127] [128]

学者たちは、ディープサウスでは集団的アイデンティティと南部の独自性が低下していることを示唆しています。特に「以前の南部では、より本物で、現実的で、より統一され、明確であった」と定義された場合はなおさらです。[120]一方、南部人は多くの西部、特にカリフォルニアと中西部に移動した。したがって、ジャーナリストのマイケル・ハーシュは、南部文化の側面が「南部化と呼ばれるプロセスで米国の他の地域の大部分に広がっていると提案した[129]

スポーツ

人種統合

1950年代から1960年代にかけて、真っ白な大学スポーツチームの人種的統合が地域の議題の上位にありました。それに関与したのは、人種平等人種差別、そして有名なゲームに勝つために必要なトッププレーヤーに対する卒業生の要求の問題でしたアトランティック・コースト・カンファレンス(ACC)は、リードを取るだろう。最初に彼らは北から統合されたチームをスケジュールし始めました。モーニングコールは1966年に行われ、ドンハスキンステキサスウエスタンカレッジチームが5人の黒人スターターを擁し、真っ白なケンタッキー大学チームを動揺させてNCAA全国バスケットボール選手権に勝ちました。[130]それは、サウスイースタンカンファレンスにもサウスウェストカンファレンスにもブラックバーシティバスケットボールチームがいなかったときに起こりました。最後に、ACCの学校は、通常、ブースターや公民権団体からの圧力を受けて、スポーツチームを統合しました。[131] [132]地方および州の政治、社会、ビジネスを支配する卒業生の基盤により、ACCの旗艦校はその努力に成功しました。歴史家のパメラ・グランディーが主張するように、彼らは勝つ方法を学びました。

運動能力が刺激した広範な賞賛は、運動場を象徴的な遊びの場から社会変革の力へと変えるのに役立ちます。そこでは、幅広い市民が公にそして時には効果的に、米国社会への完全な参加に値しないと彼らを投げかける仮定に挑戦することができます。 。運動の成功は社会の偏見や固定観念を取り除くことはありませんが、黒人アスリートは人種的なスラーに立ち向かい続けます... [マイノリティスターの選手が示した]規律、知性、そして国民生活のあらゆる分野での地位や影響力を争う態勢。[133]

アメリカンフットボール

アラバマ2010BCSナショナルチャンピオンシップゲームでアメリカンフットボールでテキサス演じます

アメリカンフットボールは、米国南部のほとんどの地域で最も人気のあるチームスポーツと見なされています。

この地域には、特にサウスイースタンカンファレンス(「SEC」として知られる)、アトランティックコーストカンファレンス(「ACC」として知られる)、ビッグ12カンファレンスなど、数多くの装飾された歴史的な大学フットボールプログラムがあります。完全に南部の州に拠点を置くチームで構成されるSECは、現代の大学フットボールで最強のリーグであると広く考えられており、スポーツの近代史で最も全国的なチャンピオンシップを持つプログラムであるアラバマクリムゾンタイドが含まれています。このスポーツはまた非常に競争が激しく、高校レベルで、特に高校のサッカーの試合がしばしば著名なコミュニティの集まりとして機能する地方で、観客をフォローしています。

大学の試合ほど広くは人気がありませんが、プロサッカーは米国南部で成長している伝統があります。リーグの拡大が始まる前は、南部に拠点を置く唯一の確立されたプロチームは、現在はワシントンフットボールチームと呼ばれているワシントンレッドスキンズでした。彼らはまだバージニア州の大部分とメリーランド州の一部で多くの支持者を保持しています。[134]その後、ナショナルフットボールリーグは1960年代に米国南部で多くのチームを拡大し始め、アトランタファルコンズニューオーリンズセインツヒューストンオイラーズマイアミドルフィンズ、そして最も有名なのはダラスカウボーイズなどのフランチャイズでした。、この地域で最も人気のあるチームとしてワシントンを追い抜き、最終的には米国で最も人気のあるチームと広く見なされるようになりました。後の数十年で、南部の州へのNFLの拡大が続き、1970年代にタンパベイバッカニアーズ、1990年代にカロライナパンサーズジャクソンビルジャガーズが登場しました。オイラーズがテネシータイタンズになるためにナッシュビル移転した後、ヒューストンオイラーズは最終的にヒューストンテキサンズに置き換えられました

大学フットボールチーム
ランク チーム スポーツ 同盟 出席
(平均/ゲーム)[135]
1 アラバマクリムゾンタイド フットボール NCAA(SEC) 101,562
2 LSUタイガース フットボール NCAA(SEC) 100,819
3 テキサスA&Mアギーズ フットボール NCAASEC 99,844
4 テキサスロングホーンズ フットボール NCAA(ビッグ12 97,713
5 テネシーボランティア フットボール NCAA(SEC) 92,984
6 ジョージアブルドッグス フットボール NCAA(SEC) 92,746
7 オクラホマスーナーズ フットボール NCAA(ビッグ12) 86,735
8 オーバーンタイガース フットボール NCAA(SEC) 84,462
9 フロリダゲーターズ フットボール NCAA(SEC) 82,328
10 クレムソンタイガース フットボール NCAA(ACC) 80,400
11 サウスカロライナゲームコック フットボール NCAA(SEC) 73,628
12 フロリダ州立セミノール フットボール NCAA(ACC 68,288
13 マイアミハリケーンズ フットボール NCAA(ACC) 61,469
14 ルイビル枢機卿 フットボール NCAA(ACC) 61,290
15 オクラホマ州立カウボーイズ フットボール NCAA(ビッグ12) 60,218
16 アーカンソーレイザーバックス フットボール NCAA(SEC) 59,884
17 バージニア工科大学 フットボール NCAA(ACC) 59,574
18 ウエストバージニアマウンテニアーズ フットボール NCAA(ビッグ12) 58,158
19 ミシシッピ州立ブルドッグ フットボール NCAA(SEC) 58,057
20 ケンタッキーワイルドキャッツ フットボール NCAA(SEC) 57,572
21 NCステートウルフパック フットボール NCAA(ACC) 56,855
22 テキサステックレッドレイダーズ フットボール NCAA(ビッグ12) 56,034
23 オレミス反乱軍 フットボール NCAA(SEC) 55,685
24 ベイラーベアーズ フットボール NCAA(ビッグ12) 44,915

野球

野球は19世紀半ばにさかのぼる米国南部で行われてきました。 1980年代までは、伝統的にアメリカンフットボールよりも人気があり、今でも南部で行われるスポーツの中で最大の年間参加者数を占めています。ヒューストンでの野球チームの最初の言及は1861年4月11日でした。[136] [137] 19世紀後半から20世紀初頭にかけて、特にテキサスリーグディキシーリーグなどのプロリーグでは、ゲームが一般的でした。そしてサザンリーグが組織されました。

短命のルイビル大佐は初期のナショナルリーグアメリカンアソシエーションの一部でしたが、1899年に存在しなくなりました。大佐の後の最初のサザンメジャーリーグ野球チームは、ヒューストンコルト.45s(今日はヒューストンアストロズ)が権利を与えられました。その後、1966年にアトランタブレーブス、1972年にテキサスレンジャーズ、そして1990年代にマイアミマーリンズタンパベイレイズ続きました

フロリダ州アーカンソーLSUバージニアミシシッピ州オレミスサウスカロライナフロリダテキサスなどのチームが一般的にNCAAの出席者のトップにいるため、カレッジベースボールは他の場所よりも米国南部で多くの人が参加しているようです[138]南部は一般的に、バージニア、ヴァンダービルト、LSU、サウスカロライナ、フロリダ、コースタルカロライナが最近のカレッジワールドシリーズのタイトルを獲得し、非常に成功した大学野球チームを生み出しています。

以下は、米国南部の各MLBチームと2019年のファンの総参加者数のリストです。

ランク チーム 同盟 2019年の全体的な
年間出席[139]
1 ヒューストンアストロズ アメリカンリーグ 2,857,367
2 アトランタブレーブス ナショナルリーグ 2,654,920
3 ワシントンナショナルズ ナショナルリーグ 2,259,781
4 テキサスレンジャーズ アメリカンリーグ 2,133,004
5 ボルチモアオリオールズ アメリカンリーグ 1,307,807
6 タンパベイレイズ アメリカンリーグ 1,178,735
7 マイアミマーリンズ ナショナルリーグ 811,302

オートレース

南部の州は一般に、ノースカロライナ州シャーロットフロリダ州デイトナビーチに本社を置くストックカーレースとその最も著名な競争レベルのNASCARに関連しています。このスポーツは20世紀初頭に南部で開発され、ストックカーレースの歴史的なメッカはデイトナビーチでした。デイトナインターナショナルスピードウェイが建設される前は、広く平らなビーチフロントで車が最初にレースをしていましたこのスポーツは全米で支持されていますが、NASCARレースの大部分は引き続き南部のトラックで開催されています。

バスケットボール

バスケットボールは、特にケンタッキー州ノースカロライナ州で、レクリエーションと観戦の両方のスポーツとして米国南部全体で非常に人気があります。どちらの州にも、ケンタッキーワイルドキャッツルイビルカーディナルズデュークブルーデビルズノースカロライナタールヒールズなど、いくつかの著名な大学バスケットボールプログラムがあります。

南に拠点を置くNBAチームには、サンアントニオスパーズヒューストンロケッツオクラホマシティサンダーダラスマーベリックスワシントンウィザーズシャーロットホーネッツアトランタホークスオーランドマジックメンフィスグリズリーズニューオーリンズペリカンマイアミヒートが含まれます。特にスパーズとヒートはNBA内で目立つようになり、1999年から2013年の間に2回の優勝で8回のチャンピオンシップを獲得しました。

ゴルフ

ゴルフは南部のほとんどの地域で人気のあるレクリエーションスポーツであり、この地域の温暖な気候により、特にフロリダ州では、多くのプロのトーナメントや多くの目的地のゴルフリゾートを開催できます。この地域にはプロゴルフの4つの主要な選手権の1つであるマスターズがあります。マスターズはジョージア州オーガスタのオーガスタナショナルゴルフクラブプレーされ、プロゲームの最も重要なトーナメントの1つになりました。

サッカー

ここ数十年で、米国の他の地域と同様に「サッカー」として南部で知られているアソシエーションフットボールは、地域全体で若者や大学レベルで人気のあるスポーツになりました。このゲームは、歴史的に、メリーランド州、バージニア州、およびカロライナ州の大西洋岸の州の大学レベルで広まっています。これには、米国で最も成功した大学サッカープログラムの多くが含まれています。

メジャーリーグサッカーの設立はFCダラスヒューストンダイナモDCユナイテッドオーランドシティインテルマイアミCFナッシュビルSCアトランタユナイテッド、そして将来のオースティンFCシャーロットFCを含む南部の都市にプロサッカークラブをもたらしました。現在の米国の第2ディビジョンサッカーリーグであるUSLチャンピオンシップは、当初、チャールストン、リッチモンド、シャーロット、ウィルミントン、ローリー、バージニアビーチ、アトランタのクラブ周辺の南東部沿岸に地理的に拠点を置いていました

南部の主要なスポーツチーム

南部地域には、「ビッグフォー」リーグ(NFL、NBA、NHL、MLB)のプロスポーツフランチャイズが数多くあり、その中には多くのチャンピオンシップがあります。

健康

南部の9つの州では、肥満率が人口の30%を超えており、国内で最も高くなっています。これらの州には、ミシシッピ、ルイジアナ、ウェストバージニア、アラバマ、オクラホマ、アーカンソー、サウスカロライナ、ケンタッキー、テキサスが含まれます。[140] [141]これらの州の高血圧と糖尿病の発生も、全国で最も高い。[141]ある研究によると、南部の6つの州では、睡眠障害の発生率が国内で最も低く、肥満と喫煙の割合が高いことが原因であると報告されています。[142]南部は、全国の地域平均と比較した場合、肥満者[143]および糖尿病患者の割合が高い[144]この地域はまた、脳卒中の合併症で死亡する人の数が最も多く[145]認知機能の低下率が最も高い地域です。[146]米国の他の地域の全国平均と比較すると、平均余命は短く、死亡率は高い。[147] [148]この格差は、20世紀半ば以降の南部と他の地域との間の実質的な相違を反映している。[149]

米国の東南中央国勢調査部門(ケンタッキー、テネシー、ミシシッピ、アラバマで構成)は、2012年に入院入院率が最も高かった。他の部門、西南中央(テキサス、オクラホマ、アーカンソー、ルイジアナ)南大西洋(ウェストバージニア、デラウェア、メリーランド、バージニア、ノースカロライナ、サウスカロライナ、ジョージア、フロリダ)は7位と5位でした。[150]南部では、2005年の退院率が米国の他の地域よりも大幅に高かったが、2011年までに全国全体の退院率に近づくように低下​​していた。[151]

癌の原因については、南部、特にウェストバージニアからテキサスまでの軸が、成人の肥満、成人の喫煙、運動不足、果物の消費量の減少、野菜の消費量の減少、すべての既知の癌の危険因子[152]全国をリードしています。高リスクから「州、2011年までに死亡率、結合されたすべての癌」を軸疾病管理予防センター[153]

政治

再建後の最初の数十年で(1880年代から1890年代)、白人の民主党員は州議会で権力を取り戻し、黒人の投票を減らすために有権者登録をより複雑にし始めました。準軍組織による脅迫、詐欺、暴力の組み合わせにより、彼らは黒人投票を抑制し、共和党員を不在にした。 1890年から1908年にかけて、11州のうち10州が、ほとんどの黒人有権者と多くの貧しい白人有権者の権利を事実上奪う新しい憲法または改正案を批准しました。この公民権剥奪は20世紀まで60年間続き、黒人と貧しい白人からすべての政治的代表を奪いました。彼らは投票できなかったので、陪審員に座ることができませんでした。彼らには彼らの利益を代表する人がいなかったため、州議会は黒人と貧しい白人のために学校などのプログラムやサービスに一貫して資金を提供していませんでした。[154]学者たちは、米国南部のポケットを、復興から公民権法までの「権威主義の飛び地」であると特徴づけています。[12] [13] [14] [15]

南部のほぼすべての地域で共和党が崩壊すると、この地域は「ソリッドサウスとして知られるようになり、1900年以降、民主党は予備選挙のシステムに移行して候補者を選出しました。予備選挙での勝利は選挙と同等でした。 1870年代後半から1960年代にかけて、アパラチア山脈内の南部共和党の本拠地の外で、州または全国の南部の政治家が共和党員になることはめったにありませんでした。[155] [156]この期間中、南部共和党員はアパラチア山脈地域の一部を支配し続け、旧国境州で権力を争うことになる。いくつかの州(バージニア州バードマシンクランプなど)は別として メンフィスの機械)、および他のいくつかの地元の組織、民主党自体は非常に軽く組織されました。予備選挙を管理しましたが、党の役人には他の役割はほとんどありませんでした。成功するために、政治家は友人、隣人、同盟国の独自のネットワークを構築しました。再選が当たり前であり、1910年から20世紀後半にかけて、議会の南部民主党員が年功序列を積み、すべての委員会の議長を自動的に引き継いだ。[157]1940年代までに、最高裁判所は「既得権条項」や白人予備選挙のような公民権剥奪措置を違憲と認定し始めました。南部の立法府は、参政権がより広く貧しい白人に拡大された後でも、黒人の権利を剥奪され続けるための他の措置をすぐに可決した。白人の民主党員が米国議会のすべての南部議席を支配していたため、彼らは特大の権力を持ち、同意しなかった法案を可決するための努力を回避または議事妨害する可能性がありました。

リトルロックでの学校統合に反対する集会、1959年。

1948年に始まった国民民主党による公民権法への支持の高まりにより、人種差別主義者の南部民主党員は1948年に第三者の「州権民主党」チケットでストロムサーモンドを指名しました。郊外では、彼らだけが北部の自由主義者の猛攻撃と公民権運動からこの地域を守ることができると主張することによってブラウン対教育委員会に応えて1954年の判決では、1956年に101人の南部下院議員(19人の上院議員、82人の議員のうち99人が南部民主党員、2人が共和党員)がブラウンの決定を「司法権の明らかな乱用が連邦司法事業の傾向を盛り上げる」と非難した。議会の権威を損なうことを法制化し、州と国民の留保された権利を侵害すること。」マニフェストは、「...合法的な手段による強制的な統合に抵抗する意図を宣言した国々」を称賛した。これは、マジョリティリーダーのリンドンB.ジョンソン、テネシー州の上院議員のアルバートゴアシニアエステスキーフォーバーを除くすべての南部上院議員によって署名されました。バージニア州プリンスエドワード郡ウォーレン郡の学校を閉鎖シャーロッツビルノーフォークは統合するのではなく、他の州はそれに続きませんでした。民主党知事オーバル・フォーバスアーカンソー、ロス・バーネットミシシッピの、ジョン・コナリーテキサス、レスター・マドックスグルジアの、とは、特に、ジョージ・ウォレスアラバマのは、統合に抵抗し、農村部とに訴えたブルーカラー有権者。[158]

米国大統領リンドンB.ジョンソンは、1964年の歴史的な公民権法に署名します。

民主党の大統領の時に市民権の問題の北部民主党のサポートが絶頂に達したリンドン・ジョンソンは、法律に署名1964年の公民権法1965年の投票権法の法的分離を終了し、黒人のための議決権の連邦執行を提供し、。1964年の大統領選挙ではバリーゴールドウォーターが故郷のアリゾナ州以外で選挙で勝利したのは、1965年の投票権法以前に投票できた黒人がほとんどいなかっディープサウス州だけでした[159]公共の場所での統合に対する抵抗のポケットは、1960年代に影のあるクークラックスクランによって暴力で勃発した。、穏健派の間で反発を引き起こした。[160]学校のバスへの大きな抵抗は1970年代にまで及んだ。[161]

以下のような国立共和党のリチャード・ニクソンは、彼らの開発を始めた南部の戦略を北とアパラチア地方の伝統的なGOPポケットから移民に加えて、保守的な白い南部を誘致するために、特に中産階級と郊外の有権者を。南部の共和党の拠点への移行には数十年かかりました。最初に、州は大統領選挙で共和党の投票を開始しました。ただし、1976年の南部出身のジミーカーター1992年と1996年のビルクリントンを除きます。その後、州は共和党の上院議員、そして最終的に知事の選出を開始しました。ジョージアはそうする最後の州であり、2002年にソニー・パーデューが知事に就任した。[162]そのミドルクラスとビジネス拠点に加え、共和党は宗教的権利を栽培し、福音派や原理主義の投票からの強い多数派を集め、前1980年に明確な政治力となってきていなかったほとんど南部バプテスト、[163]

20世紀の南部自由主義の衰退

南部の自由主義者はニューディール連合の本質的な部分でした–彼らなしでは、ルーズベルトは議会で多数派を欠いていました。典型的な指導者であったリンドン・ジョンソンテキサス州、ジム・フォルサムジョン・スパークマンアラバマ州、クロード・ペッパーフロリダでは、アール・ロングヘイル・ボッグズルイジアナ州、ルーサーH.ホッジスノースカロライナ州、およびエステス・キーフォーヴァーテネシーで。彼らは小規模農家への補助金を促進し、初期の労働組合運動を支援した。この南北連合の本質的な条件は、北の自由主義者が南部全体および国内の他の場所での人種差別の問題を無視することでした。しかし、1945年以降、特にミネソタ州の若いヒューバート・ハンフリー率いる北部の自由主義者は、ますます公民権を中心的な問題にしました。 -彼らは、保守的な南部の民主党トルーマンは1948年にそれらを結合するために確信し州権民主党は -半分の領域に締約国の制御を取り、走ったストロム・サーモンドをトルーマンに対する大統領のために。サーモンドはディープサウスしか運ばなかったが、その脅威は、1952年と1956年の民主党が公民権を大きな問題にしないことを保証するのに十分だった。 1956年、128人の南部議員と上院議員のうち101人が、強制的な人種差別撤廃を非難する南部マニフェストに署名しました[164]南部の労働運動は分裂し、その政治的影響力を失った。南部のリベラル派は苦境に立たされていた–彼らのほとんどは彼らのリベラリズムを静かに保つか緩和し、他のリベラル派は側を変え、残りはリベラルな道を続けた。一つずつ、最後のグループは敗北しました。歴史家のヌーマン・V・バートリーは、「確かに、「リベラル」という言葉そのものが、問題の用語を除いて、南部の政治用語集から徐々に消えていった」と述べています。[165]

南部の大統領

1978年にジミー・カーター話しているアーカンソー州知事に新しく選出されたビル・クリントン。カーターとクリントンはどちらも南部民主党員であり、1976年1992年に大統領に選出された

南部は国の最初の12人の大統領のうちの9人を生み出したザカリーテイラーが1848年の大統領選挙に勝利した、1912年のウッドロウウィルソンまで南部の政治家は大統領に選出されませんでした。1865年副大統領だったアンドリュージョンソンテネシー州)はアブラハムリンカーンの死後大統領になりました。最後の11人の米国の大統領のうち、6南地域の絆を持っている:リンドン・ジョンソン(のテキサス、1963年から1969年)、ジミー・カーター(のジョージア州; 1977年から1981年)、ジョージHWブッシュ(のテキサス、1989年から1993年)、ビルクリントンアーカンソー州; 1993–2001)、ジョージW.ブッシュテキサス州; 2001–2009)、ジョーバイデンデラウェア州; 2021–現在)。ジョンソンはのネイティブだったテキサス・カーターはありながら、ジョージア州、およびからクリントンアーカンソー。ジョージHWブッシュとジョージW.ブッシュはテキサスで政治的キャリアを開始しましたが、どちらもニューイングランドで生まれ、その地域に祖先のルーツを持っています。同様に、ジョー・バイデンはペンシルベニア州生まれましたが、主にデラウェア州(米国国勢調査局によって南部州に分類されています)で育ち、政治的キャリア全体をそこで過ごしました。

他の政治家と政治運動

南部は、全国的に知られているさまざまな政治家や政治運動を生み出してきました。1948年、知事が率いる民主党議員のグループ、ストロム・サーモンドサウスカロライナ州、によって与えられた抗分離音声に反応して民主党から分裂のミネアポリス市長と今後の上院議員ヒューバート・ハンフリーミネソタ州彼らは、米国著作権民主または設立州権民主党党。その年の大統領選挙の間、党はその候補者としてサーモンドを走らせ、彼は4つのディープサウス州を運んだ。

では1968年の大統領選挙、アラバマ州知事ジョージ・C.ウォレスは、上の会長に立候補したアメリカ独立党のチケット。ウォレスは、共和党候補のリチャード・ニクソンと同様の「法と秩序」キャンペーンを実施した。ニクソンの南戦略選挙の票を獲得するのは、人種の問題を軽視して、このような家族の問題、愛国心、とに訴えた文化的な問題として、文化的に保守的な値、に焦点を当てた南部バプテスト

では1994年中間選挙、別の南政治家、ニュート・ギングリッチは、主導共和党革命家のGOP制御の12年間に先駆け、。ギングリッチになったアメリカ合衆国下院議長1995年と1999年に辞任するまで務めたトム・ディレイは、議会の中で最も強力な共和党のリーダーだった[要出典]を彼は2005年に刑事責任の下で起訴されたとによってさておきステップを余儀なくされるまで共和党のルール。[要出典]別にボブ・ドールカンザス(1985年から1996年)から、最近の共和党上院のリーダーは、南部となっています。テネシー州のハワード・ベイカー(1981–1985)、ミシシッピ州のトレント・ロット(1996–2003 )、テネシー州のビル・フリスト(2003–2006 )、ケンタッキー州のミッチ・マコーネル(2007–現在)。

共和党の大統領候補は1976を除いて1972年以来の選挙で南部を勝ち取ったしかし、この地域は完全に一枚岩ではなく、1976年以来成功した民主党の候補者はすべて、少なくとも3つの南部の州を主張しています。バラクオバマは2008年にフロリダ、メリーランド、デラウェア、ノースカロライナ、バージニアで優勝しましたが、2012年の再選キャンペーンではノースカロライナでの勝利を繰り返しませんでした。[166]ジョー・バイデンはまた、2020年のアメリカ合衆国大統領選挙でメリーランド、デラウェア、バージニア、ジョージアを獲得し、南部の現代民主党員のために好成績を収めた

人種関係

ネイティブアメリカン

ネイティブアメリカンは、12、000年近くアメリカ南部に住んでいました。彼らは1812年戦争セミノール戦争で終わる一連の戦争で開拓者に敗北し、ほとんどがインディアン準州(現在のオクラホマとカンザス)に西に移されましたが、多くのネイティブアメリカンはに溶け込んで遅れをとることができました周囲の社会。これは特にヨーロッパ系アメリカ人の商人や鉱夫の妻に当てはまりました。[要出典]

公民権運動

南は、20世紀のアフリカ系アメリカ人の生活の中で、大移動アメリカ公民権運動という2つの主要な出来事を目撃しました。大移動は第一次世界大戦中に始まり、第二次世界大戦中にその最高点に達しました。この移住の間、黒人は南部を離れ、北部の工場や経済の他の部門で仕事を見つけました。[167]

移住はまた、成長する公民権運動に力を与えました。この運動は米国のすべての地域に存在していましたが、その焦点は公民権剥奪と南部のジムクロウ法に反対していました。運動の主要なイベントのほとんどには、南部で発生したモンゴメリーバスボイコット、ミシシッピフリーダム夏、3月セルマ、アラバマ州、そしてマーティン・ルーサー・キング・ジュニアの暗殺に加えて、最も重要な著作の一部にキングの「バーミンガム刑務所からの手紙」のように、運動から出てきたのは南部で書かれた。公民権のランドマークのほとんどは南部周辺にあります。バーミンガム公民権国定公園バーミンガムには、公民権運動の中心としてのバーミンガムの役割を詳述するバーミンガム公民権研究所含まれています。ストリートバプテスト教会は、16日の調整および実行するための結集ポイントを務めバーミングハム運動をだけでなく、隣接するケリー・イングラムパーク結局の通路につながったという悪名高い子どもたちの抗議のグランドゼロを務めた1964年の公民権法があり「革命と和解」の場として再献身され、現在は市内の公民権闘争に関連する動く彫刻の舞台となっています。どちらもバーミングハム公民権地区の中心的存在です。 NSアトランタのマーティンルーサーキングジュニア国立歴史公園には、アメリカ公民権運動を記録した博物館と、オーバーンアベニューにあるマーティンルーサーキングジュニアの少年時代の家があります。さらに、エベニーザーバプテスト教会は、マルティンルターとコレッタスコットキングの墓地であるキングセンターと同様に、スウィートオーバーン地区にあります。

議会は人種差別を終了し(1964)、投票権を保証し(1965)

人種差別は、1964年まで南部およびその他の米国の州の州法によって義務付けられていました。

議会が超党派の形で渡す南filibustersを乗り越えたときに分離を終了断固とした行動が来た1964年の公民権法1965年の投票権法を。要因の複雑な相互作用は、1954年から1965年の期間に予期せずに集まり、重大な変化を可能にしました。最高裁判所は、ブラウン対教育委員会(1954)最初のイニシアチブを取り、公立学校の人種差別を違憲にしました。施行は北部と国境州で急速でしたが、南部ではマッシブレジスタンスと呼ばれる運動によって故意に停止されました、州議会を主に管理していた地方の分離主義者によって後援されています。節度をカウンセリングした南部のリベラル派は、双方から怒鳴られ、影響は限定的でした。はるかに重要なのは、公民権運動、特にマーティンルーサーキングジュニアが率いる南部キリスト教指導会議(SCLC)でした。それは、リーダーシップの役割を担うことにおいて、古い、はるかに穏健なNAACPに大きく取って代わった。キングは大規模なデモンストレーションを組織し、ネットワークテレビのニュースが革新的で世界中で注目されていた時代に大規模なメディアの注目を集めました。[168]SCLC、学生活動家、および小規模な地元組織が南部全域でデモを行いました。ナショナル注意が抗議者が意図的に挑発バーミンガム、アラバマ州、に焦点を当てブル・コナーをそして彼の警察は若いティーンエイジャーをデモンストレーターとして使用することによって–そしてコナーは1日だけで900人を逮捕しました。翌日、コナーは警棒、警察犬、高圧水ホースを解き放ち、国を恐怖に陥れた残虐行為で若いデモ参加者を解散させ、罰した。それはビジネスにとって、そして近代化する進歩的な都市南部のイメージにとって非常に悪かった。節度を求めていたジョン・F・ケネディ大統領は、バーミンガムの秩序を回復するために連邦軍を利用すると脅迫した。バーミンガムでの結果は、教会の爆撃と暗殺を背景に、新市長が図書館、ゴルフコース、その他の都市施設を両方のレースに開放するという妥協案でした。[169] [170]

対立はエスカレートし続けた。 1963年の夏、南部の200の市と町で800のデモが行われ、10万人以上が参加し、15,000人が逮捕されました。 1963年6月にアラバマ州で、ジョージウォレス知事は、最初の2人の黒人学生をアラバマ大学に入学させるという裁判所の命令に反対することで危機をエスカレートさせました。[171]ケネディは議会に包括的な公民権法案を送ることで対応し、ロバート・ケネディ司法長官に、隔離された学校に対して連邦訴訟を起こし、差別的プログラムへの資金を拒否するよう命じました。キング博士は1963年8月にワシントンで大規模な行進を開始し、米国史上最大の政治集会であるリンカーン記念館の前に20万人のデモ参加者を招きました。ケネディ政権は現在、公民権運動を全面的に支援しましたが、強力な南部の国会議員がいかなる立法も阻止しました。[172]ケネディが暗殺された後、リンドンジョンソン大統領は、殉教した大統領の記念としてケネディ公民権法の即時可決を求めた。ジョンソンはハウスの通路につながった、と共和党の上院リーダーの助けを借りていることを北共和党との連立政権を形成エヴァレット・ダークセンついに歴史の中で初めて、早い1964年の上院での経過とともに、南部の議事妨害が壊れていたと上院6月19日に73対27の投票でそのバージョンを可決した。[173]1964年の公民権法は、議会がこれまでに行った平等な権利の最も強力な確認でした。それはレストランや娯楽施設などの公共施設へのアクセスを保証し、司法省に訴訟を起こすことを許可し、学校の施設を人種差別化し、公民権委員会に新しい権限を与えました。差別の場合には連邦資金を遮断することを許可した。さらに、25人以上の従業員を抱える企業や集合住宅では、人種、宗教、性別による差別が禁止されました。南部は最後の瞬間まで抵抗したが、1964年7月2日にジョンソン大統領が新法に署名するとすぐに、それは全国的に広く受け入れられた。レストランのオーナーに代表される頑固な反対の散乱のみ、ありましたレスター・マドックスは、ジョージア州では知事になりましたが、ジョージア州のレストランやホテルの大多数は、平和的な統合が前進する唯一の方法であると経済界が認識したため、新しい法律に従いました。[174] [175] [176] [177]

1964年の公民権法との制定以来1965年の投票権法、黒い人は南部の州内の多くのオフィスを保持するために行っています。黒人は、アトランタボルチモアバーミンガムシャーロットコロンビアドーバーヒューストンジャクソンジャクソンビルメンフィスモンゴメリーナッシュビルニューオーリンズローリーリッチモンドワシントンの各都市で市長または警察署長に選出または任命されています。彼らはまた、米国議会と南部州の州議会の両方で奉仕し続けています。[178]

新しい大移動

1950年代と1960年代の公民権運動は、米国南部およびその他の地域でのジムクロウ法を終結させました。ここ数十年で、2回目の移住が進行中であるように見えます。今回は、北から南に記録的な数のアフリカ系アメリカ人が移動しています。[179]人種関係は依然として南部と米国の大部分で論争の的となっているが、この地域は統合と人種平等の多くの分野で国の他の地域を上回っている。ウィスコンシン大学ミルウォーキー校バージニアビーチシャーロットナッシュビル-デイヴィッドソンジャクソンビル校の研究者による2003年の報告によるとメンフィスが6位で、米国の50大都市の中で最も統合された5つの都市でした。[180]南部の州は、国の他の地域と比較して、黒人と白人の間の投獄率の格差が小さい傾向がある。[181]

象徴

一部の南部人は、南部、州の権限、南部の伝統を身に付けるために連邦旗を使用しています。以下のようなグループ、南のリーグでは、南部の遺産を保護し、守るために意欲を引用する、1860年の離脱の動きを高く評価しています。[182]州議会議事堂の上に南軍の旗を掲げ、南軍の指導者にちなんで公共の建物や高速道路に名前を付け、特定の彫像や記念碑を目立たせ、南軍の記章を毎日表示することをめぐって、数多くの政治的戦いが勃発した。[183]

南の他のシンボルには、ボニーブルーフラッグマグノリアの木、そして歌「ディキシー」が含まれます。[184]

主要都市

南部は1940年代まではかなり田舎でしたが、現在では人口はますます大都市圏に集中しています。次の表は、南部の20の最大の都市、大都市圏、および広域都市圏を示しています。ヒューストンは南部で最大の都市です。

ランク 人口(2021年推定)[185] 全国ランク
1 ヒューストン TX 2,323,660 4
2 サンアントニオ TX 1,581,730 7
3 ダラス TX 1,347,120 9
4 オースティン TX 1,011,790 11
5 フォートワース TX 942,323 12
6 ジャクソンビル FL 929,647 13
7 シャーロット NC 912,096 15
8 ワシントンDC - 714,153 20
9 エルパソ TX 685,434 22
10 ナッシュビル TN 678,448 23
11 オクラホマシティ わかった 669,347 24
12 メンフィス TN 651,011 28
13 ルイビル KY 615,924 29
14 ボルチモア MD 575,584 31
15 アトランタ GA 524,067 37
16 ローリー NC 483,579 40
17 マイアミ FL 478,251 42
18 バージニアビーチ VA 450,224 44
19 タンパ FL 404,636 47
20 タルサ わかった 402,742 48

主要な郡

ランク シート 人口(2021年推定)[186]
1 ハリス郡 ヒューストン TX 4,779,880
2 マイアミデイド郡 マイアミ FL 2,721,110
3 ダラス郡 ダラス TX 2,647,850
4 タラント郡 フォートワース TX 2,144,650
5 ベクサー郡 サンアントニオ TX 2,048,290
6 ブロワード郡 フォートローダーデール FL 1,966,120
7 パームビーチ郡 ウェストパームビーチ FL 1,524,560
8 ヒルズボロ郡 タンパ FL 1,512,070
9 オレンジカウンティ オーランド FL 1,417,280
10 トラビス郡 オースティン TX 1,328,720
11 ウェイク郡 ローリー NC 1,152,740
12 フェアファックス郡 Fairfax VA 1,145,670
13 メクレンバーグ郡 シャーロット NC 1,143,570
14 コリン郡 マッキニー TX 1,095,580
15 フルトン郡 アトランタ GA 1,091,550
16 モンゴメリー郡 ロックビル MD 1,055,110
17 ピネラス郡 清水 FL 978,872
18 デュバル郡 ジャクソンビル FL 975,961
19 グイネット郡 ローレンスビル GA 954,076
20 デントン郡 デントン TX 944,139

主要大都市圏

ランク 大都市統計地域 人口
(2018年推定)[187]
全国ランク
1 ダラス-フォートワース-アーリントン TX 7,573,136 4
2 ヒューストン-ウッドランズ-シュガーランド TX 6,997,384 5
3 ワシントン-アーリントン-アレクサンドリア VA - MD - WV - DC 6,280,487 6
4 マイアミ-フォートローダーデール-ウェストパームビーチ FL 6,166,488 7
5 アトランタ-サンディスプリングス-ロズウェル GA 6,020,364 9
6 タンパ-セント ピーターズバーグ-クリアウォーター FL 3,194,831 18
7 ボルティモア-コロンビア-トウソン MD 2,800,053 21
9 オーランド-キシミー-サンフォード FL 2,608,147 23
8 シャーロット-コンコード-ガストニア NC - SC 2,636,883 22
10 サンアントニオ-ニューブラウンフェルズ TX 2,518,036 24
11 シンシナティ-ケンタッキー州北部* [188] OH - IN - KY 2,190,209 29
12 オースティン-ラウンドロック-サンマルコス TX 2,168,316 30
サンファン–カグアス–グアイナボ* PR 2,020,000 [189]
13 ナッシュビル-デビッドソン-マーフリーズボロ-フランクリン TN 1,930,961 36
14 バージニアビーチ-ノーフォーク-ニューポートニューズ VA - NC 1,676,822 37
15 ジャクソンビル FL 1,559,514 40
16 オクラホマシティ-ノーマン わかった 1,396,445 41
17 ローリー-ケアリー NC 1,362,540 42
18 メンフィス-フォレストシティ TN - MS - AR 1,350,620 43
19 リッチモンド-ピーターズバーグ VA 1,291,900 44
20 ルイビル-ジェファーソン郡* [190] KY - 、IN 1,297,310 45

*アスタリスクは、大都市圏の一部が米国国勢調査局によって南部に分類された州の外にあることを示します。

主要な広域都市圏

ランク 広域都市圏 人口(2017年推定)[191]
1 ワシントン-ボルチモア-アーリントン DC - MD - VA - WV - PA 9,764,315
2 ダラスフォートワース TX 7,846,293
3 ヒューストン-ザウッドランズ-ベイタウン TX 7,093,190
4 マイアミ-フォートローダーデール-ポートセントルーシー FL 6,828,241
5 アトランタ-アセンズ-クラーク郡-サンディスプリングス GA 6,555,956
6 オーランド-デルトナ-デイトナビーチ FL 3,284,198
7 シャーロット-コンコード NC - SC 2,684,121
8 シンシナティ-ウィルミントン-メイズビル OH - KY - IN 2,238,265
9 ローリー-ダーラム-チャペルヒル NC 2,199,459
10 ナッシュビル-デイヴィッドソン-マーフリーズボロ TN 2,027,489
11 バージニアビーチ-ノーフォーク VA - NC 1,829,195
12 グリーンズボロ-ウィンストンセーラム-ハイポイント NC 1,663,532
13 ジャクソンビル-セント メアリーズ-パラトカ FL - GA 1,631,488
14 ルイビル/ジェファーソン郡-エリザベスタウン-マディソン KY - 、IN 1,522,112
15 ニューオーリンズ-メタリー-ハモンド LA - MS 1,510,162
16 オクラホマシティ-ショーニー わかった 1,455,935
17 グリーンビル-スパルタンバーグ-アンダーソン SC 1,460,036
18 メンフィス-フォレストシティ TN - MS - AR 1,374,190
19 バーミンガム-フーバー-タラデガ AL 1,364,062
20 タルサ-マスコギー-バートルズビル わかった 1,160,612

南部の州と準州

ランク 資本 全国ランク 人口(2020)[2]
1 テキサス オースティン 2 29,145,505
2 フロリダ タラハシー 3 21,538,187
3 ジョージア アトランタ 8 10,711,908
4 ノースカロライナ州 ローリー 9 10,439,388
5 バージニア リッチモンド 12 8,631,393
6 テネシー ナッシュビル 16 6,910,840
7 メリーランド アナポリス 18 6,177,224
8 サウスカロライナ コロンビア 23 5,118,425
9 アラバマ モンゴメリー 24 5,024,279
10 ルイジアナ バトンルージュ 25 4,657,757
11 ケンタッキー フランクフォート 26 4,505,836
12 オクラホマ オクラホマシティ 28 3,959,353
13 アーカンソー 小さな岩 33 3,011,524
14 ミシシッピ ジャクソン 34 2,961,279
15 ウェストバージニア チャールストン 39 1,793,716
16 デラウェア ドーバー 45 989,948

も参照してください

参考文献

  1. ^ a b 「米国の国勢調査地域および部門」 (PDF)米国国勢調査局。2016年6月17日にオリジナル (PDF)からアーカイブされまし2016年6月9日取得
  2. ^ a b 「50州、コロンビア特別区、プエルトリコの居住者人口の変化:1910年から2020年」(PDF)Census.govアメリカ合衆国国勢調査局。2021年4月26日のオリジナルからアーカイブ(PDF)2021年4月27日取得
  3. ^ Britannica.com2021年6月5日取得。
  4. ^ メリーランド州とデラウェア州は、北東部などの一部のソースに識別されます。
  5. ^ 米国国勢調査局。「米国の国勢調査地域および部門」(PDF)米国国勢調査局米国国勢調査局2020年4月26日取得
  6. ^ Garreau、Joel(1982)。北米の九カ国エイボンブックス。ISBN 978-0-380-57885-6
  7. ^ Woodard, Colin (2012). American Nations: A History of the Eleven Rival Regional Cultures of North America. Penguin Books. ISBN 978-0-14-312202-9.
  8. ^ "Southeastern Division of the Association of American Geographers". Archived from the original on January 1, 2015.
  9. ^ "Geological Society of America – Southeastern Section". geosociety.org. Retrieved June 29, 2016.
  10. ^ "Southern Legislative Conference – Serving the South". slcatlanta.org. Archived from the original on October 6, 2014.
  11. ^ Bethune, Lawrence E. "Scots to Colonial North Carolina Before 1775". Lawrence E. Bethune's M.U.S.I.C.s Project.
  12. ^ a b Mickey, Robert (2015). Paths Out of Dixie. Princeton University Press. ISBN 978-0-691-13338-6.
  13. ^ a b How to Save a Constitutional Democracy. University of Chicago Press. 2018. p. 22.
  14. ^ a b Kuo, Didi (2019). "Comparing America: Reflections on Democracy across Subfields" (PDF). Perspectives on Politics. 17 (3): 788–800. doi:10.1017/S1537592719001014. ISSN 1537-5927. S2CID 202249318. Archived from the original (PDF) on February 27, 2020.
  15. ^ a b Gibson, Edward L. (2013). "Subnational Authoritarianism in the United States". Boundary Control: Subnational Authoritarianism in Federal Democracies. Retrieved December 26, 2019.
  16. ^ Sisson, Patrick. (July 31, 2018). How a 'reverse Great Migration' is reshaping U.S. cities. Curbed. Retrieved June 3, 2021.
  17. ^ Cooper, Christopher A.; Knotts, H. Gibbs (2010). "Declining Dixie: Regional Identification in the Modern American South". Social Forces. 88 (3): 1083–1101. doi:10.1353/sof.0.0284. S2CID 53573849.
  18. ^ Rice, Tom W.; McLean, William P.; Larsen, Amy J. (2002). "Southern Distinctiveness over Time: 1972–2000". American Review of Politics. 23: 193–220. doi:10.15763/issn.2374-7781.2002.23.0.193-220.
  19. ^ "Census Bureau Regions and Divisions with State FIPS Codes" (PDF). US Census. December 2008. Archived from the original (PDF) on September 21, 2013. Retrieved December 24, 2014.
  20. ^ Howard W. Odum, Southern regions of the United States (1936)
  21. ^ Rebecca Mark, and Rob Vaughan, The South: The Greenwood Encyclopedia of American Regional Cultures (2004).
  22. ^ "Population Distribution and Change: 2000 to 2010" (PDF). United States Census Bureau. March 2011. Archived (PDF) from the original on February 28, 2017. Retrieved February 28, 2017.
  23. ^ "CSG Regional Offices". Council of State Governments. 2012. Archived from the original on February 20, 2014. Retrieved February 13, 2014.
  24. ^ James Oakes, Slavery and Freedom : An Interpretation of the Old South (1998)
  25. ^ New South | Definition of New South by Merriam-Webster. Retrieved February 12, 2021.
  26. ^ "SouthEastern Division of the American Association of Geographers". SouthEastern Division of the American Association of Geographers.
  27. ^ Rudy Abramson and Jean Haskell, eds. (2006)
  28. ^ "United States: The Upper South". Encyclopædia Britannica, Inc.
  29. ^ Trende, Sean (2012). The Lost Majority: Why the Future of Government Is Up for Grabs – and Who Will Take It. St. Martin's Press. pp. xxii–xxviii. ISBN 978-0230116467.
  30. ^ Neal R. Peirce, The Deep South States of America;: People, politics and power in the seven Deep South States (1974)
  31. ^ "The Civil War in West Virginia". wvculture.org. Archived from the original on November 30, 2013.
  32. ^ McConarty, Colin. (October 21, 2015). The Process of Disfranchisment. werehistory.org. Retrieved February 13, 2021.
  33. ^ Archived copy at the Library of Congress (November 27, 2001).
  34. ^ "GOP eyes potential for picking up U.S. House seats in Mid-South" Archived January 13, 2014, at the Wayback Machine, Memphis Commercial Appeal
  35. ^ VA health care resource allocations to medical centers in the Mid South ... ISBN 9781428938656.
  36. ^ Thomas, Richard K.; Jones, Virginia Anne (1977). "The Mid-South". google.com.
  37. ^ Dye, David H.; Brister, Ronald C. (1986). The Tchula Period in the Mid-South and Lower Mississippi Valley. ISBN 9780938896487.
  38. ^ The South. Britannica.com. Retrieved June 5, 2021.
  39. ^ Abadi, Mark. (May 3, 2018). Why No One Can Agree Where The South Really Is. Business Insider. Retrieved May 28, 2021.
  40. ^ https://www.faa.gov/about/office_org/headquarters_offices/arc/southern_region/ Federal Aviation Administration. Southern Region. Retrieved June 30, 2020.
  41. ^ https://www.ars.usda.gov/southeast-area/ Agricultural Research Service. Southeast Area. Retrieved June 30, 2020.
  42. ^ https://web.archive.org/web/20190705075545/https://www.nps.gov/orgs/rtca/contactus.htm U.S. National Park Service. Rivers, Trails, and Conservation Assistance Program. Contact Us (archived). Retrieved June 30, 2020.
  43. ^ a b c Prentice, Guy. "Native american archeology and culture history". Retrieved February 11, 2008.
  44. ^ Cook, Noble David. Born To Die, pp. 1–11.
  45. ^ Barker, Deanna. "Indentured Servitude in Colonial America". National Association for Interpretation's Cultural Interpretation and Living History Section. Archived from the original on October 24, 2009. Retrieved November 3, 2016.
  46. ^ Isaac, Rhys (1982). The Transformation of Virginia 1740–1790. University of North Carolina Press. pp. 22–23. ISBN 978-0-8078-4814-2.
  47. ^ David Hackett Fischer, Albion's Seed: Four British Folkways in America, New York: Oxford University Press, 1989, pp. 361–368
  48. ^ a b c "Ancestry of the Population by State: 1980 – Table 3" (PDF). census.gov.
  49. ^ The World Book: Organized Knowledge in Story and Picture, Volume 6 edited by Michael Vincent O'Shea, Ellsworth Decatur Foster, George Herbert Locke p. 4989
  50. ^ Wilson, David. The Southern Strategy. University of South Carolina Press. 2005.
  51. ^ Selby, John E; Higginbotham, Don (2007)
  52. ^ Wilson, David K (2005). The Southern Strategy: Britain's conquest of South Carolina and Georgia, 1775–1780. Columbia, SC: University of South Carolina Press. p. 9
  53. ^ Henry Lumpkin, From Savannah to Yorktown: The American Revolution in the South (2000)
  54. ^ Peter Kolchin, American Slavery: 1619–1877, (Hill and Wang, 1994), p. 73.
  55. ^ Kolchin, American Slavery: 1619–1877, p. 81.
  56. ^ "The Peculiar Institution of American Slavery". Archived from the original on November 3, 2007. Retrieved June 11, 2008.
  57. ^ Walter Johnson, Soul by Soul: Life Inside the Antebellum Slave Market, Cambridge: Harvard University Press, 1999, pp. 5, 215.
  58. ^ Walter Johnson, Soul by Soul: Life Inside the Antebellum Slave , Cambridge: Harvard University Press, 1999, pp. 2–7
  59. ^ McPherson, James M., Battle Cry of Freedom. the Civil War Era, Oxford Univ. Press, 1998, p. 304
  60. ^ "Commentary: Lincoln's Proclamation". Archived from the original on September 6, 2014. Retrieved September 30, 2014.
  61. ^ Scott, E. Carele. Southerner vs. Southerner: Union Supporters Below the Mason-Dixon Line. Warfare History Network. Retrieved August 14, 2021.
  62. ^ "Nineteenth Century Death Tolls: American Civil War". Retrieved August 22, 2006.
  63. ^ "American Civil War, Those Confederate States". Archived from the original on September 28, 2006. Retrieved July 30, 2007.CS1 maint: bot: original URL status unknown (link)
  64. ^ "Toward a social history of the American Civil War: exploratory essays Archived November 6, 2011, at the Wayback Machine". Maris Vinovskis (1990). Cambridge University Press. p. 7.
  65. ^ "Chapter 3: An Easy Adjustment to the Post War Nation: Pensacola Between 1865 and 1870" (PDF). fsu.edu. December 4, 2010. Archived from the original (PDF) on September 10, 2006.
  66. ^ Richard Nelson Current, Those Terrible Carpetbaggers: A Reinterpretation (1989)
  67. ^ Nicholas Lemann, Redemption: The Last Battle of the Civil War, New York: Farrar Straus & Giroux, 2002, pp. 70–75
  68. ^ Richard H. Pildes, "Democracy, Anti-Democracy, and the Canon", Constitutional Commentary, Vol.17, 2000, p. 27 Archived May 25, 2017, at Archive-It, accessed March 10, 2008
  69. ^ John Solomon Otto, The Final Frontiers, 1880–1930: Settling the Southern Bottomlands, Westport, Connecticut: Greenwood Press, 1999
  70. ^ John C. Willis, Forgotten Time: The Yazoo-Mississippi Delta after the Civil War, Charlottesville: University of Virginia Press, 2000.
  71. ^ "Italians in Mississippi", Mississippi History Now Archived October 26, 2016, at the Wayback Machine, accessed November 28, 2007
  72. ^ "Vivian Wong, "Somewhere Between White and Black: The Chinese in Mississippi", Organization of American Historians Magazine of History". Archived from the original on October 24, 2005. Retrieved October 8, 2007.CS1 maint: bot: original URL status unknown (link), accessed November 15, 2007
  73. ^ Edward L. Ayers, The Promise of the New South: Life after Reconstruction, New York: Oxford University Press, 1992; 15th Anniversary Edition (pbk), 2007, p. 24
  74. ^ Richard H. Pildes, "Democracy, Anti-Democracy, and the Canon", Constitutional Commentary, Vol. 17, 2000, pp. 12–13 Archived May 25, 2017, at Archive-It, accessed March 10, 2008
  75. ^ Glenn Feldman, The Disenfranchisement Myth: Poor Whites and Suffrage Restriction in Alabama, Athens: University of Georgia Press, 2004
  76. ^ Springer, Melanie (2014). How the States Shaped the Nation. The University of Chicago: The University of Chicago Press. p. 145.
  77. ^ William H. Chafe, "Presidential Address: 'The Gods Bring Threads to Webs Begun'." Journal of American History 86.4 (2000): 1531-1551. Online
  78. ^ Busbee, Wesley F.; Mississippi: A History; p. 185 ISBN 0882952277
  79. ^ "Dr. Michael McDonald, US Elections Project: Alabama Redistricting Summary, George Mason University". Archived from the original on April 6, 2005. Retrieved March 11, 2017., accessed April 6, 2008
  80. ^ "Strikes", Texas Handbook On-Line Archived May 27, 2016, at the Wayback Machine, accessed April 6, 2008
  81. ^ Jackie McElhaney and Michael V. Hazel, "Dallas", Handbook of Texas Online Archived October 29, 2016, at the Wayback Machine, accessed April 6, 2008
  82. ^ David G. McComb, "Urbanization", Handbook of Texas Online Archived April 3, 2016, at the Wayback Machine, accessed April 6, 2008
  83. ^ Paul N. Spellman, Spindletop Boom Days (Texas A & M University Press, 2001).
  84. ^ John S. Spratt, The Road to Spindletop: Economic Change in Texas, 1875–1901 (U of Texas Press, 1955).
  85. ^ "First Measured Century: Interview: James Gregory". Retrieved August 22, 2006.
  86. ^ Morton Sosna, and James C. Cobb, Remaking Dixie: The Impact of World War II on the American South (UP of Mississippi, 1997).
  87. ^ Ralph C. Hon, "The South in a War Economy" Southern Economic Journal8#3 (1942), pp. 291-308 online
  88. ^ For comprehensive coverage see Dwight C. Hoover and B.U. Ratchford, Economic Resources and Policies of the South (1951).
  89. ^ Russell B. Olwell, At Work in the Atomic City: A Labor and Social History of Oak Ridge, Tennessee (2004.
  90. ^ George B. Tindall, The Emergence of the New South pp.694-701, quoting p. 701.
  91. ^ Dewey W. Grantham, The South in modern America (1994) pp 172-183.
  92. ^ Grantham, The South in modern America (1994) p 179.
  93. ^ Numan V. Bartley, The new south, 1945-1980 (LSU Press, 1995) pp 105-46.
  94. ^ "Texas Medical Center". tshaonline.org. June 15, 2010.
  95. ^ "U.S. News Best Hospitals: Cancer". usnews.com. Archived from the original on April 6, 2012.
  96. ^ Top 20 States with the Most Fortune 500 Company Headquarters. The Boss Magazine. Retrieved February 16, 2021.
  97. ^ "State jobless rate below US average". The Decatur Daily. August 19, 2005. Archived from the original on September 28, 2007. Retrieved February 12, 2007.
  98. ^ Milwaukee now fourth poorest city in nation[permanent dead link] JSOnline, September 28, 2010
  99. ^ America's Poorest States Archived May 21, 2013, at the Wayback Machine, 24/7 Wall St
  100. ^ Matus, Ron (March 6, 2005). "Schools still rank near the bottom". St. Petersburg Times. Retrieved September 5, 2007.
  101. ^ US Department of Education Archived August 25, 2009, at the Wayback Machine retrieved June 14, 2008
  102. ^ "Graduation Rates Rise in South, Study Finds". Education Week. October 14, 2009. Retrieved January 12, 2013.
  103. ^ Russell, David Lee (January 30, 2013). "Life in the Southern Colonies (part 2 of 3)". Journal of the American Revolution.
  104. ^ Cooper, Christopher A.; Knotts, H. Gibbs (2004). "Defining Dixie: A State-Level Measure of the Modern Political South". American Review of Politics. 25: 25–39. doi:10.15763/issn.2374-7781.2004.25.0.25-39.
  105. ^ Reed, John Shelton (1982). One South: An Ethnic Approach to Regional Culture. Baton Rouge: Louisiana State University Press. p. 3. ISBN 978-0-8071-1003-4.
  106. ^ Smith, William L. (2009). "Southerner and Irish? Regional and Ethnic Consciousness in Savannah, Georgia" (PDF). Southern Rural Sociology. 24 (1): 223–239.
  107. ^ Smith, M. G. (1982). "Ethnicity and ethnic groups in America: the view from Harvard" (PDF). Ethnic and Racial Studies. 5 (1): 1–22. doi:10.1080/01419870.1982.9993357. Archived from the original (PDF) on July 21, 2015.
  108. ^ David Hackett Fischer, Albion's Seed: Four British Folkways in America, New York: Oxford University Press, 1989, pp. 633–639
  109. ^ a b [[1] "Table 3a. Persons Who Reported a Single Ancestry Group for Regions, Divisions and States: 1980"] Check |url= value (help). census.gov.
  110. ^ a b "Table 1. Type of Ancestry Response for Regions, Divisions and States: 1980" (PDF). census.gov.
  111. ^ Wilson, Charles Reagan. Ferris, William R. Encyclopedia of Southern culture, p. 556
  112. ^ Christine Leigh Heyrman, Southern Cross: The Beginnings of the Bible Belt (1998)
  113. ^ Donald G. Mathews, Religion in the Old South (1979)
  114. ^ Edward L. Queen, In the South the Baptists Are the Center of Gravity: Southern Baptists and Social Change, 1930–1980 (1991)
  115. ^ "Baptists as a Percentage of all Residents". Department of Geography and Meteorology, Valparaiso University. 2000. Archived from the original on May 22, 2010.
  116. ^ Samuel S. Hill, Charles H. Lippy, and Charles Reagan Wilson, eds. Encyclopedia of Religion in the South (2005)
  117. ^ "The most and least religious states in the US – Mississippi comes out top, Vermont is bottom – Christian News on Christian Today". christiantoday.com.
  118. ^ Blanton, Anderson, Hittin' the Prayer Bones: Materiality of Spirit in the Pentecostal South. (University of North Carolina Press, 2015)
  119. ^ Marc Egnal, Divergent paths: how culture and institutions have shaped North American growth (1996) p 170
  120. ^ a b Edward L. Ayers, What Caused the Civil War? Reflections on the South and Southern History (2005) p. 46
  121. ^ Rebecca Mark and Robert C. Vaughan, The South (2004) p. 147
  122. ^ Cooper and Knotts, "Declining Dixie: Regional Identification in the Modern American South", p. 1084
  123. ^ Christopher A. Cooper and H. Gibbs Knotts, eds. The New Politics of North Carolina (2008)
  124. ^ Raymond A. Mohl, "Globalization, Latinization, and the Nuevo New South." Journal of American Ethnic History (2003) 22#4: 31-66. online
  125. ^ Jaycie Vos, et al. "Voices from the Southern Oral History Program: New Roots/Nuevas Raíces: Stories from Carolina del Norte." Southern Cultures 22.4 (2016): 31-49 online.
  126. ^ Richard J. Gonzales (2016). Raza Rising: Chicanos in North Texas. University of North Texas Press. p. 111. ISBN 9781574416329.
  127. ^ Charles S. Bullock, and M. V. Hood, "A Mile‐Wide Gap: The Evolution of Hispanic Political Emergence in the Deep South." Social Science Quarterly 87.5 (2006): 1117-1135. online
  128. ^ Mary E. Odem and Elaine Lacy, eds. Latino Immigrants and the Transformation of the U.S. South (U of Georgia Press, 2009).
  129. ^ Michael Hirsh (April 25, 2008). "How the South Won (This) Civil War" Archived December 11, 2008, at the Wayback Machine, Newsweek, accessed November 22, 2008
  130. ^ Don Haskins and Dan Wetzel, My Story of the 1966 NCAA Basketball Championship and How One Team Triumphed Against the Odds and Changed America Forever (2006).
  131. ^ Charles H. Martin, "The Rise and Fall of Jim Crow in Southern College Sports: The Case of the Atlantic Coast Conference." North Carolina Historical Review 76.3 (1999): 253-284. online
  132. ^ Richard Pennington, Breaking the Ice: The Racial Integration of Southwest Conference Football (McFarland , 1987).
  133. ^ Pamela Grundy, Learning to win: Sports, education, and social change in twentieth-century North Carolina (U of North Carolina Press, 2003) p 297 online.
  134. ^ Meyer, Robinson (September 5, 2014). "Here Is Every U.S. County's Favorite Football Team (According to Facebook)". The Atlantic.
  135. ^ "2018 National College Football Attendance" (PDF).
  136. ^ Writers' Program of the Work Projects Administration on the State of Texas (1942). Houston: A History and Guide. American Guide Series. The Anson Jones Press. p. 215. LCCN 87890145. OL 2507140M.
  137. ^ "Base Ball Club". The Weekly Telegraph. April 16, 1861. Retrieved December 10, 2012.
  138. ^ Cutler, Tami (March 31, 2014). "2014 Division I Baseball Attendance" (PDF). National Collegiate Baseball Writers Association. Retrieved January 20, 2015.
  139. ^ "MLB Attendance". ESPN. Retrieved March 19, 2020.
  140. ^ "Adult Obesity Facts". Overweight and Obesity. Centers for Disease Control and Prevention. August 13, 2012.
  141. ^ a b Baird, Joel Banner (June 30, 2010). "Study: Vermont among least obese states". The Burlington Free Press. Burlington, VT. pp. 1A, 4A. Retrieved May 12, 2013.
  142. ^ "The Six Worst States for Sleep". 247wallst.com. Retrieved June 29, 2016.
  143. ^ Rachel Pomerance, "Most and Least Obese U.S. States", U.S. News & World Report, August 16, 2012.
  144. ^ "Diabetes Most Prevalent In Southern United States, Study Finds", Science Daily, September 25, 2009
  145. ^ "Southern Diet Might Explain the 'stroke Belt'", HealthDay, February 7, 2013
  146. ^ Rick Nauert, "U.S. South Has Higher Risk of Cognitive Decline", Psych Central, May 27, 2011
  147. ^ Cullen, Mark R.; Cummins, Clint; Fuchs, Victor R. (2012). "Geographic and Racial Variation in Premature Mortality in the U.S.: Analyzing the Disparities". PLOS ONE. 7 (4): e32930. Bibcode:2012PLoSO...732930C. doi:10.1371/journal.pone.0032930. PMC 3328498. PMID 22529892.
  148. ^ CDC. "Death in the United States".
  149. ^ Fenelon, A. (2013). "Geographic Divergence in Mortality in the United States". Population and Development Review. 39 (4): 611–634. doi:10.1111/j.1728-4457.2013.00630.x. PMC 4109895. PMID 25067863.
  150. ^ Wiess, AJ and Elixhauser A (October 2014). "Overview of Hospital Utilization, 2012". HCUP Statistical Brief #180. Rockville, MD: Agency for Healthcare Research and Quality.
  151. ^ Torio CM, Andrews RM (September 2014). "Geographic Variation in Potentially Preventable Hospitalizations for Acute and Chronic Conditions, 2005–2011". HCUP Statistical Brief #178. Rockville, MD: Agency for Healthcare Research and Quality.
  152. ^ Matt Stiles, "The State of the Cancer Nation", NPR, April 17, 2015.
  153. ^ 2nd map in "Cancer Prevention and Control, Cancer Rates by State", Centers for Disease Control and Prevention, August 25, 2014.
  154. ^ Michael Perman, Pursuit of Unity: A Political History of the American South (2009)
  155. ^ Key; Southern Politics State and Nation (1984)
  156. ^ Gordon B. McKinney (2010); Southern Mountain Republicans 1865–1900. University of North Carolina Press. ISBN 978-0-8078-9724-9
  157. ^ The classic study is V.O. Key, Southern politics in State and Nation (1949)
  158. ^ Numan V. Bartley, The New South, 1945–1980 (1995) pp 455–70
  159. ^ Bernard Cosman, Five States for Goldwater Continuity and Change in Southern Presidential Voting Patterns (1966)
  160. ^ David M. Chalmers, Backfire: how the Ku Klux Klan helped the civil rights movement (2003)
  161. ^ Bartley, The New South pp 408–11
  162. ^ Earl Black and Merle Black, The Rise of Southern Republicans (2003)
  163. ^ William C. Martin, With God On Our Side: The Rise of the Religious Right in America (2005)
  164. ^ Brent J. Aucoin, "The Southern Manifesto and Southern Opposition to Desegregation." Arkansas Historical Quarterly 55.2 (1996): 173-193 Online.
  165. ^ Numan V. Bartley, The New South, 1945-1980: the story of the South's modernization (1995) pp 61, 67-73, 92, 101; quoting p. 71.
  166. ^ Romney Bus Tour Charts Course for Battlegrounds Obama Won”. Businessweek. August 10, 2012.
  167. ^ Katzman, 1996
  168. ^ Graham Allison, Framing the South: Hollywood, television, and race during the Civil Rights Struggle (2001).
  169. ^ Diane McWhorter, Carry Me Home: Birmingham, Alabama: The Climactic Battle of the Civil Rights Revolution (2001)
  170. ^ Dewey W. Grantham, The South in Modern America (1994) 228-234.
  171. ^ Dan T. Carter,The politics of rage: George Wallace, the origins of the new conservatism, and the transformation of American politics (LSU Press, 2000).
  172. ^ Robert E. Gilbert, "John F. Kennedy and civil rights for black Americans." Presidential Studies Quarterly 12.3 (1982): 386-399. Online
  173. ^ Garth E. Pauley, "Presidential rhetoric and interest group politics: Lyndon B. Johnson and the Civil Rights Act of 1964." Southern Journal of Communication 63.1 (1997): 1-19.
  174. ^ Grantham, The South in Modern America (1994) 234-245.
  175. ^ David Garrow, Bearing the Cross: Martin Luther King Jr. and the Southern Christian Leadership Conference (1989).
  176. ^ Jeanne Theoharis, A More Beautiful and Terrible History: The Uses and Misuses of Civil Rights History (2018).
  177. ^ For primary sources see John A. Kirk, ed., The Civil Rights Movement: A Documentary Reader (2020).
  178. ^ "Gallup Poll: U.S. race relations by region; The South" Archived May 27, 2016, at the Wayback Machine. November 19, 2002.
  179. ^ "Tracking New Trends in Race Migration". News & Notes. National Public Radio. March 14, 2006. Retrieved April 4, 2008.
  180. ^ "Study shows Memphis among most integrated cities". Memphis Business Journal. January 13, 2003.
  181. ^ Mauer, Marc; Ryan S. King (July 2007). "Uneven Justice: State Rates of Incarceration By Race and Ethnicity" (PDF). Washington, D.C.: The Sentencing Project. p. 16. Retrieved April 20, 2010. (Report.)
  182. ^ "Core Beliefs Statement of The League of the South". League of the South. June 1994. Retrieved January 23, 2020.
  183. ^ Tony Horowitz, Confederates in the Attic (1998)
  184. ^ Martinez, James Michael; Richardson, William Donald; McNinch-Su, Ron, eds. (2000). Confederate Symbols. University Press of Florida. ISBN 9780813017587.
  185. ^ "The 200 Largest Cities in the United States by Population 2021". WorldPopulationReview. Retrieved February 13, 2021.
  186. ^ "US County Populations 2021". WorldPopulationReview. Retrieved February 13, 2021.
  187. ^ "Table 4. Annual Estimates of the Population of Metropolitan and Micropolitan Statistical (CBSA-EST2012-01)". March 2018 United States Census. United States Census Bureau, Population Division.
  188. ^ The 2012 Census population estimate for the part within the South (Kentucky) is 431,997.
  189. ^ https://datausa.io/profile/geo/san-juan-caguas-guaynabo-pr-metro-area/ San Juan–Caguas–Guaynabo, PR. Datausa.io. Retrieved June 30, 2020.
  190. ^ The 2010 Census population for the part within the South (Kentucky) is 973,271.
  191. ^ "Annual Estimates of the Resident Population: April 1, 2010 to July 1, 2017 - United States -- Combined Statistical Area; and for Puerto Rico". United States Census Bureau, Population Division. March 2018. Retrieved March 31, 2018.[permanent dead link]

Further reading

  • Allen, John O. and Clayton E. Jewett (2004). Slavery in the South: A State-by-State History. Greenwood Press. ISBN 978-0-313-32019-4.
  • Ayers, Edward L. What Caused the Civil War? Reflections on the South and Southern History (2005)
  • Ayers, Edward L. (1993). The Promise of the New South: Life after Reconstruction. Oxford University Press. ISBN 978-0-19-508548-8.
  • Billington, Monroe Lee (1975). The Political South in the 20th Century. Scribner. ISBN 978-0-684-13983-8.
  • Black, Earl, and Merle Black (2002). The Rise of Southern Republicans. Belknap press. ISBN 978-0-674-01248-6.CS1 maint: multiple names: authors list (link)
  • Cash, Wilbur J. The Mind of the South (1941),
  • Cooper, Christopher A. and H. Gibbs Knotts, eds. The New Politics of North Carolina (U. of North Carolina Press, 2008) ISBN 978-0-8078-5876-9
  • Davis, Donald, and Mark R. Stoll. Southern United States: An Environmental History (2006)
  • Edwards, Laura F. "Southern History as U.S. History," Journal of Southern History, 75 (Aug. 2009), 533–64.
  • Flynt, J. Wayne Dixie's Forgotten People: The South's Poor Whites (1979). deals with 20th century.
  • Frederickson, Kari. (2013). Cold War Dixie: Militarization and Modernization in the American South. Athens, GA: University of Georgia Press.
  • Eugene D. Genovese (1976). Roll, Jordan, Roll: The World the Slaves Made. New York: Vintage Books. p. 41. ISBN 978-0-394-71652-7.
  • Grantham, Dewey W. The South in modern America (2001) survey covers 1877–2000.
  • Grantham, Dewey W. The life and death of the Solid South: A political history (1992).
  • Johnson, Charles S. Statistical atlas of southern counties: listing and analysis of socio-economic indices of 1104 southern counties (1941). excerpt
  • David M. Katzman (1996). "Black Migration". The Reader's Companion to American History. Houghton Mifflin Company.
  • Key, V.O. Southern Politics in State and Nation (1951) classic political analysis, state by state. online free to borrow
  • Kirby, Jack Temple. Rural Worlds Lost: The American South, 1920-1960 (LSU Press, 1986) major scholarly survey with detailed bibliography; online free to borrow.
  • Michael Kreyling (1998). Inventing Southern Literature. University Press of Mississippi. p. 66. ISBN 978-1-57806-045-0.
  • Rayford Logan (1997). The Betrayal of the Negro from Rutherford B. Hayes to Woodrow Wilson. New York: Da Capo Press. ISBN 978-0-306-80758-9.
  • McWhiney, Grady. In Cracker Culture: Celtic Ways in the Old South (1988)
  • Mark, Rebecca, and Rob Vaughan. The South: The Greenwood Encyclopedia of American Regional Cultures (2004)
  • Morris, Christopher (2009). "A More Southern Environmental History". Journal of Southern History. 75 (3): 581–598.
  • Odem, Mary E. and Elaine Lacy, eds. Latino Immigrants and the Transformation of the U.S. South (U of Georgia Press, 2009).
  • Rabinowitz, Howard N. (September 1976). "From Exclusion to Segregation: Southern Race Relations, 1865–1890". Journal of American History. 43 (2): 325–350. doi:10.2307/1899640. JSTOR 1899640.
  • Nicol C. Rae (1994). Southern Democrats. Oxford University Press. ISBN 978-0-19-508709-3.
  • Jeffrey A. Raffel (1998). Historical Dictionary of School Segregation and Desegregation: The American Experience. Greenwood Press. ISBN 978-0-313-29502-7.
  • Rivers, Larry E., and Canter Brown, eds. The Varieties of Women's Experiences: Portraits of Southern Women in the Post-Civil War Century (UP of Florida, 2010).
  • Thornton III, J. Mills. Archipelagoes of My South: Episodes in the Shaping of a Region, 1830–1965 (2016) online
  • Tindall, George B. The emergence of the new South, 1913-1945 (1967) online free to borrow
  • Robert W. Twyman.; David C. Roller, eds. (1979). Encyclopedia of Southern History. LSU Press. ISBN 978-0-8071-0575-7.
  • Virts, Nancy (2006). "Change in the Plantation System: American South, 1910–1945". Explorations in Economic History. 43 (1): 153–176. doi:10.1016/j.eeh.2005.04.003.
  • Wells, Jonathan Daniel (2009). "The Southern Middle Class". Journal of Southern History. 75 (3): 651–.
  • Charles Reagan Wilson; William Ferris, eds. (1989). Encyclopedia of Southern Culture. University of North Carolina Press. ISBN 978-0-8078-1823-7.
  • Woodward, C. Vann (1955). The Strange Career of Jim Crow. Oxford University Press. ISBN 978-0-19-514690-5.
  • Woodward, C. Vann. Origins of the New South, 1877–1913: A History of the South (1951)
  • Gavin Wright (1996). Old South, New South: Revolutions in the Southern Economy Since the Civil War. LSU Press. ISBN 978-0-8071-2098-9.

External links

0.25975489616394