ソン・ハローチョ

ウィキペディアから、無料の百科事典
ナビゲーションにジャンプ 検索にジャンプ

ソンハローチョ(「ベラクルスサウンド」)は、メキシコ沿いのメキシコのベラクルス出身メキシコの息子の地域のフォークミュージックスタイルです。タマウリパス南部とベラクルス州の沿岸部に沿って過去2世紀半にわたって発展しました。したがって、ジャロチョという用語は、港湾都市ベラクルスの人々や物の口語的な用語です

特徴

ソンハローチョグループ

これは、スペイン(アンダルシアとカナリアの島民)とアフリカの音楽要素の融合を表しており、スペインの植民地時代からこの地域で進化した人口を反映しています。歌詞には、ユーモラスな詩や、愛、自然、船乗り、牛の飼育など、植民地時代や19世紀のメキシコでの生活を今でも反映している主題が含まれています。詩は、より広いメキシコとヒスパニックのカリブ海のレパートリーと共有されることが多く、スペインの「シグロデオロ」の作家による有名な作品から借りたものもあります。それは通常、まとめて「コンジュントジャロチョ」と呼ばれるミュージシャンと楽器のアンサンブルによって実行されます。[1] ソン・ハローチョはしばしばハラナでのみ演奏され、数人の歌手が呼ばれる即興の詩を交換するスタイルで歌われますdécimas、多くの場合、ユーモラスなコンテンツや派手なコンテンツが含まれます。甲高いファルセットの歌は、メキシコ先住民の起源である可能性があります。

楽器

ソン・ハローチョに最もよく関連する楽器は、ハラナ・ハローチャです。これは、ハーモニック・ベースを提供するために使用される小さなギターのような楽器で、いくつかの二重弦がさまざまな構成で配置されています。レキント・ハローチョは、伝統的に牛の角から作られた長いピックで弾かれた別の小さなギターのような楽器で、通常はより高いピッチに調整され、4〜5本の太いナイロン弦が付いています。ダイアトニックアルパハローチャ; アコースティックベースギターの一種であるレオナ、そして時にはパンデロ(特にトラコタルパンのスタイルキハーダ(ロバや馬で作られた楽器)などの打楽器のマイナーな補完顎骨)またはgüiro[2]一部のグループは、マリンブラ、引き抜かれたキーボックスベース、およびカホンを追加します(ただし、メキシコのカホンデタペオではなく、ペルーのバージョンです

トーンとグループ

ソン・ハローチョグループのザラワトがポピュラー美術館で演奏。
伝統舞踊の表現

最も広く知られているソン・ハローチョは「ラ★バンバ」で、リッチー・ヴァレンスのバージョンと同名のアメリカ映画で人気を博しています。他の有名なソネスジャロチョスは、「ElCoco」と「LaIguana」と「ElCascabel」であり、これらはすべてコールアンドレスポンスフォームがあり、「ElChuchumbé」、「LaBruja」です。

フェルミン・エレーラ(ジャロチョのハーピスト)は、ジョン・ロブレスやアントニオ・モラザなど、多くの人々に遊び方を教えてきました。彼のおかげで、米国の多くのグループがソン・ハローチョを演じたり、知ったりしています。最近では、ソン・ハローチョの楽器やリズムが、カフェ・タクーバケツァル、22ペソス、オゾマトリザック・デ・ラ・ロシャなどのロックグループによって使用されています。イーストLAのロッカーであるロスロボスも、メキシコ系アメリカ人のアーティスト、リラダウンズと同様に、ジャロチョのジャンルでレコーディングを行っています。最近では、ソン・ハローチョの音楽が米国で復活しました。現在(2012年現在)演奏している、またはこのジャンルの要素を使用している米国を拠点とするバンドには、Radio JarochoDavidWaxMuseumが含まれます。、Son del Centro、Las Cafeteras、Son del Viento、Los CenzontlesJaranaBeat[3]

関連するジャンルには、son huastecohuapangoson jaliscience sonchiapanecoなどがあります。

このジャンルを演じる有名なアーティストには、Conjunto HueyapanMono BlancoSiquisiríTlen HuicaniChuchumbé、Chucumite、Son de MaderaLos Cojolitesなどがあります。これらは、グラミー賞にノミネートされた最初のソンハローチョグループです。

参照

  1. ^ ソン・ハローチョ:変化するメキシコの音楽の伝統の歴史、スタイル、レパートリー。DESheehy-1979-カリフォルニア大学ロサンゼルス校
  2. ^ ラテンアメリカ音楽のガーランドハンドブック、第1巻デールアランオルセン、ダニエルエドワードシーp。191-92
  3. ^ アルコス、ベット。「ベラクルスの音」ベラクルスの音

外部リンク