ソリッドステートドライブ

ウィキペディアから、無料の百科事典
ナビゲーションにジャンプ 検索にジャンプ
ソリッドステートドライブ
Super Talent 2.5in SATA SSD SAM64GM25S.jpg
2.5インチシリアルATAソリッドステートドライブ
フラッシュメモリの使用
に紹介される:SanDisk
導入日:1991 ; 30年前 (1991)
容量:20 MB(2.5インチフォームファクター)
オリジナルコンセプト
に:Storage Technology Corporation
考案:1978 ; 43年前 (1978)
容量:45 MB
2019年現在
容量:最大250GB〜100TB 
アンmSATA外部筐体を持つSSD
512 GB Samsung 960 PRO NVMe M.2 SSD

ソリッドステートドライブSSDは)は、ソリッドステートストレージ用途は、そのデバイスの回路の集積データを格納するのにアセンブリを持続的に典型的に使用して、フラッシュメモリなどとして機能する二次記憶装置内のコンピュータ記憶の階層。また時々呼ばれる固体デバイスまたはソリッドステートディスク[1] SSDは物理紡糸欠如にもかかわらず、ディスクと可動読み書きヘッドに使用されるハードディスクドライブ(ハードディスクドライブ)及びフロッピーディスク[2]

電気ドライブと比較して、SSDは、典型的にはサイレント物理的ショックに対してより耐性であり、かつ迅速有するアクセス時間と低いレイテンシ[3] SSDはデータを半導体セルに保存します。 2019年の時点で、セルには1〜4ビットを含めることができますデータの。 SSDストレージデバイスは、各セルに格納されているビット数に応じてプロパティが異なります。シングルビットセル(「シングルレベルセル」または「SLC」)は、一般に、 2ビットおよび3ビットセル(「マルチレベルセル/ MLC」および「トリプルレベルセル/ TLC」)、そして最後に、このような極端なプロパティを必要としない消費者向けデバイスに使用されるクアッドビットセル(「QLC」)そして、4つのギガバイトあたりで最も安いです。さらに、3D XPointメモリ(IntelがOptaneブランドで販売)は、セルに電荷を保存する代わりにセルの電気抵抗を変更してデータを保存し、RAMから作成されたSSD停電後のデータの永続性が不要な場合に高速で使用できます。また、通常の電源が使用できない場合にバッテリー電源を使用してデータを保持することもできます。[4] ハイブリッドドライブまたはソリッドステートハイブリッドドライブなど(SSHDs)、Appleの フュージョンドライブ、両方とも使用して、同じユニット内のSSDとHDDの機能を組み合わせたフラッシュメモリ頻繁にアクセスされるデータのパフォーマンスを向上させるために、及びHDDを。[5] [6] [7] Bcacheは、専用の通常のSSDとHDDの組み合わせを使用して、純粋にソフトウェアで同様の効果を実現できます。

NANDフラッシュベースにしたSSDは、電源を入れずに長期間放置すると、時間の経過とともにゆっくりと電荷が漏れます。これにより、(耐久性の評価を超えた)使い古されたドライブは、通常1年(30°Cで保存されている場合)から2年(25°Cで)の保存後にデータを失い始めます。新しいドライブの場合は時間がかかります。[8]したがって、SSDはアーカイブストレージには適していません3D XPointは、このルールの例外の可能性があります。これは、長期的なデータ保持特性が不明な比較的新しいテクノロジーです。

SSDは、従来のHDDインターフェイスとフォームファクター、またはSSDのフラッシュメモリの特定の利点を活用する新しいインターフェイスとフォームファクターを使用できます。従来のインターフェース(SATASASなど)と標準のHDDフォームファクターにより、このようなSSDをコンピューターやその他のデバイスのHDDのドロップイン代替品として使用できます。などの新しいフォームファクタmSATAM.2U.2、NF1、[9] [10] XFMEXPRESS [11]EDSFF(旧称ルーラーSSD[12] [13]などと高速インターフェースNVMエクスプレス(NVMe)以上PCI Express(PCIe)は、HDDのパフォーマンスよりもパフォーマンスをさらに向上させることができます。[4]

SSDの書き込みの有効期間は限られており、ストレージ容量がいっぱいになると速度が低下します。

開発と歴史

RAMおよび同様のテクノロジーを使用する初期のSSD

初期でない場合は、ハードドライブインターフェースと互換性のある第1の半導体記憶装置(例えば、SSD定義されるような)は1978であったStorageTekのSTC 4305ザSTC 4305用プラグ互換置換IBM 2305最初に、固定されたヘッド・ディスク・ドライブストレージに電荷結合デバイス(CCD)を使用したため、IBM製品の約半分の価格(45MBの容量で$ 400,000)で7倍高速であると報告されました[14]後でDRAMに切り替えました。 StorageTek SSDの前は、HDDの代替として多くのDRAMおよびコア(DATARAM BULK Core、1976など)[15]製品が販売されていましたが、これらの製品は通常、メモリインターフェイスを備えており、定義されたSSDではありませんでした。

1980年代後半、Zitelは、UNIVACやPerkin-Elmerなどのシステムで使用するために、DRAMベースのSSD製品ファミリーを「RAMDisk」という商品名で提供しました。

フラッシュベースのSSD

SSDの進化
パラメータ で始まった に開発された 改善
容量 20 MB(Sandisk、1991) 100 TB(Enterprise Nimbus Data DC100、2018)
(2020年現在、消費者は最大8 TBを利用可能)[16]
500万対1 [17]
(400,000対1 [17]
シーケンシャル読み取り速度 49.3 MB / s(Samsung MCAQE32G5APP-0XA、2007)[18] 15 GB / s(ギガバイトのデモンストレーション、2019)
(2020年の時点で最大6.795 GB / sが消費者に利用可能)[19]
304.25対1 [20](138対1)[21]
シーケンシャル書き込み速度 80 MB /秒(SamsungエンタープライズSSD、2008年)[22] [23] 15.200 GB / s(ギガバイトのデモンストレーション、2019)
(2020年現在、消費者は最大4.397 GB / sを利用可能)[19]
190対1 [24](55対1)[25]
IOPS 79(Samsung MCAQE32G5APP-0XA、2007)[18] 2,500,000(Enterprise Micron
X100、2019 (2020年現在、消費者は最大736,270の読み取りIOPSと702,210の書き込みIOPSを利用できます)[19]
31,645.56対1 [26](コンシューマー:読み取りIOPS:9,319.87対1、[27]書き込みIOPS:8,888.73対1)[28]
アクセス時間(ミリ秒、ミリ秒) 0.5(Samsung MCAQE32G5APP-0XA、2007)[18] 0.045読み取り、0.013書き込み(最低値、WD Black SN850 1TB、2020)[29] [19] 読み取り:11対1、[30]書き込み:38対1 [31]
価格 ギガバイトあたり50,000米ドル(Sandisk、1991)[32] ギガバイトあたり0.10米ドル(Crucial MX500、2020年7月)[33] 555,555対1 [34]

フラッシュベースのSSD、フラッシュメモリ、のための基礎をすることによって発明された舛岡富士雄東芝1980年[35]と1987年に東芝によって商品化[36] [37] サンディスクコーポレーション(その後サンディスク)ファウンダーイーライ・ハラリとサンジェイ・メイロトラに沿って、 Robert D. Normanとともに、既存のハードドライブの代替としてフラッシュメモリの可能性を認識し、1989年にフラッシュベースのSSDの特許を申請しました。[38]最初の商用フラッシュベースのSSDは1991年にSanDiskによって出荷されました。[35]これはPCMCIA構成の20MB SSDであり、OEMを約1,000ドルで販売し、IBMはThinkPadラップトップで使用していました。[39] 1998年、SanDiskPATAインターフェイスを備えた2½および3½フォームファクタのSSDを発表しました[40]

1995年、STEC、Inc。は家庭用電化製品のフラッシュメモリ事業に参入しました。[41]

1995年、M-Systemsは、フラッシュベースのソリッドステートドライブ[42]を、軍事および航空宇宙産業やその他のミッションクリティカルなアプリケーションのHDD代替品として発表しました。これらのアプリケーションには、極端な衝撃、振動、温度範囲に耐えるSSDの機能が必要です。[43]

1999年、BiTMICROは、18 GB [44] 3.5インチSSDを含む、フラッシュベースのSSDについて多くの紹介と発表を行いました [45] 2007年、Fusion-ioは、最大320 GBの容量を備えた1枚のカードで毎秒100,000の入出力操作(IOPS)を実現するPCIeベースのソリッドステートドライブを発表しました [46]

Cebit 2009で、OCZ Technologyは、PCIExpress ×8インターフェイスを使用した1TB [47]フラッシュSSDのデモを行いました 。最大書き込み速度は0.654ギガバイト/秒(GB / s)、最大読み取り速度は0.712 GB / sを達成しました[48] 2009年12月、Micron Technologyは、6ギガビット/秒(Gbit / s)のSATAインターフェイスを使用するSSDを発表しました [49]

2016年、Seagateは、16レーンのPCIe 3.0SSDからの10GB / sのシーケンシャル読み取りおよび書き込み速度を実証し、3.5インチフォームファクターで60 TBSSDも実証しました。サムスンはまた、SASインターフェースを使用し、2.5インチのフォームファクターを使用し、3.5インチのドライブの厚さを備えた15.36 TBSSDの販売を開始しました。市販のSSDが現在入手可能な最大のHDDよりも容量が大きいのはこれが初めてでした。[50] [51] [52] [53] [54]

2018年、SamsungとToshibaの両方が、同じ2.5インチのフォームファクタを使用し、SASインターフェイスを使用して3.5インチのドライブ厚さを備えた30.72 TBSSDを市場に投入しました。 Nimbus Dataは、SATAインターフェイスを使用して100 TBドライブを発表し、出荷したと報告されています。HDDの容量は2025年まで到達しないと予想されます。Samsungは、読み取り速度3.5 GB / sおよび書き込み速度3.3GB / sのM.2NVMeSSDを発表しました。[55] [56] [57] [58] [59] [60] [61] 100 TB SSDの新しいバージョンが2020年に、40,000米ドルの価格で発売され、50TBバージョンの価格は12,500米ドルでした。[62] [63]

2019年、Gigabyte Technologyは、Computex201915.0GB / sのシーケンシャル読み取り速度と15.2GB / sのシーケンシャル書き込み速度を備えた8TB16レーンPCIe4.0 SSDを実証しました新しい高速SSDは高温動作するため、ファンが含まれていました[64]また、2019年には、PCIe4.0インターフェースを使用するNVMeM.2SSDが発売されました。これらのSSDの読み取り速度は最大5.0GB / s、書き込み速度は最大4.4 GB / sです。これらのSSDは高速動作のため、大きなヒートシンクを使用し、十分な冷却空気の流れがない場合、通常、フルスピードで約15分間連続動作した後、熱的にスロットルダウンします。[65]サムスンはまた、8 GB / sのシーケンシャル読み取りおよび書き込み速度と150万IOPSが可能で、損傷したチップから損傷していないチップにデータを移動できるSSDを導入しました。これにより、SSDは、容量は少なくても正常に動作し続けることができます。[66] [67] [68]

エンタープライズフラッシュドライブ

Intel DCS3700シリーズの2.5インチ100GB SATA 3.0(6 Gbit / s)モデルの上面図と底面図

エンタープライズフラッシュドライブEFD)は、高いI / Oパフォーマンス(IOPS)、信頼性、エネルギー効率、そして最近では一貫したパフォーマンスを必要とするアプリケーション向けに設計されています。ほとんどの場合、EFDは、ノートブックコンピューターで通常使用されるSSDと比較して、より高い仕様のセットを備えたSSDです。この用語は、2008年1月にEMCによって最初に使用され、これらのより高い基準を満たす製品を提供するSSDメーカーを特定するのに役立ちました。[69] EFDの定義を管理する標準化団体は存在しないため、実際には製品が特定の要件を満たしていない場合でも、SSDメーカーはEFDの製造を主張する可能性があります。[70]

例としては、2012年の第4四半期に導入されたIntel DC S3700シリーズのドライブがあります。これは、以前はあまり注目されていなかったが、エンタープライズ市場にとって重要であるとIntelが主張した領域である一貫したパフォーマンスの達成に焦点を当てています。特に、Intelは、定常状態では、S3700ドライブのIOPSが10〜15%を超えて変化することはなく、4 KBのランダムI / Oすべての99.9%が500 µs未満で処理されると主張しています。[71]

もう1つの例は、2016年に発表されたToshiba PX02SSエンタープライズSSDシリーズです。これは、書き込みキャッシュ、I / Oアクセラレーション、オンライントランザクション処理(OLTP)などの書き込み集約型アプリケーションからの高い耐久性を必要とするサーバーおよびストレージプラットフォームでの使用に最適化されていますPX02SSシリーズは12Gbit / s SASインターフェイスを使用し、MLC NANDフラッシュメモリを搭載し、最大42,000 IOPSのランダム書き込み速度、最大130,000 IOPSのランダム読み取り速度、および1日あたり30ドライブ書き込み(DWPD)の耐久性評価を実現します。[72]

3D XPointに基づくSSDは、ランダム(IOPSが高い)が高くなりますが、NANDフラッシュの対応するSSDよりもシーケンシャルな読み取り/書き込み速度が遅くなります。最大250万IOPSを実現できます。[73] [74]

他の永続メモリテクノロジーを使用するドライブ

2017年、3DXPointメモリ搭載した最初の製品がIntelのOptaneブランドでリリースされました3D XpointはNANDフラッシュとはまったく異なり、さまざまな原理を使用してデータを保存します。

アーキテクチャと機能

SSDの主要なコンポーネントは、データを格納するためのコントローラーとメモリです。SSDのプライマリメモリコンポーネントは、従来はDRAM 揮発性メモリでしたが、2009年以降、より一般的にはNANDフラッシュ 不揮発性メモリになりました[75] [4]

コントローラー

すべてのSSDには、NANDメモリコンポーネントをホストコンピューターにブリッジする電子機器を組み込んだコントローラー含まれていますコントローラは、ファームウェアレベルのコードを実行する組み込みプロセッサであり、SSDパフォーマンスの最も重要な要素の1つです。[76]コントローラーによって実行される機能のいくつかは次のとおりです。[77] [78]

SSDのパフォーマンスは、デバイスで使用される並列NANDフラッシュチップの数に応じて拡張できます。単一のNANDチップは、比較的遅い狭い(8/16ビット)に起因する非同期I / Oのインターフェース、およびSLC NANDのための典型的な基本的なI / O操作(〜25個の追加の高レイテンシ マイクロ秒4フェッチする KiBののからページを読み取り時にアレイをI / Oバッファーに、書き込み時にIOバッファーからアレイに4 KiBページをコミットする場合は約250μs、256 KiBブロックを消去する場合は約2ミリ秒)。複数のNANDデバイスがSSD内で並列に動作する場合、十分な未処理の操作が保留され、負荷がデバイス間で均等に分散されている限り、帯域幅が拡大し、高遅延を隠すことができます。[80]

マイクロンとインテルは、最初に実装することにより、より高速なSSDを作っストライピングデータを(と同様RAID 0)とインターリーブそのアーキテクチャに。これにより、2009年にSATA 3 Gbit / sインターフェイスで250MB / sの有効読み取り/書き込み速度のSSDを作成できるようになりました。[81] 2年後、SandForceはこの並列フラッシュ接続を引き続き活用し、コンシューマーグレードのSATA 6Gbitをリリースしました。 / s 500 MB / sの読み取り/書き込み速度をサポートするSSDコントローラー。[82] SandForceコントローラーは、データをフラッシュメモリに送信する前に圧縮します。このプロセスにより、データの圧縮性によっては、書き込みが少なくなり、論理スループットが高くなる可能性があります。[83]

ウェアレベリング

特定のブロックが他のブロックに書き込まずに繰り返しプログラムおよび消去されると、そのブロックは他のすべてのブロックよりも先に摩耗し、SSDの寿命が早まって終了します。このため、SSDコントローラーはウェアレベリングと呼ばれる手法を使用して、SSD内のすべてのフラッシュブロックに書き込みを可能な限り均等に分散します。

完璧なシナリオでは、これにより、すべてのブロックを最大寿命まで書き込むことができるため、すべてのブロックが同時に失敗します。書き込みを均等に分散するプロセスでは、以前に書き込まれた変更されていないデータ(コールドデータ)を移動する必要があります。これにより、より頻繁に変更されるデータ(ホットデータ)をこれらのブロックに書き込むことができます。データを再配置すると、書き込みの増幅が増加し、フラッシュメモリの消耗が増加します。設計者は両方を最小限に抑えようとします。[84] [85]

メモリ

フラッシュメモリ

アーキテクチャの比較[86]
比較特性 MLC  :SLC NAND  :NOR
持続率 1:10 1:10
シーケンシャル書き込み比率 1:3 1:4
シーケンシャル読み取り率 1:1 1:5
株価収益率 1:1.3 1:0.7

ほとんどのSSDメーカーは、SSDの構築に不揮発性NANDフラッシュメモリ使用しています。これは、DRAM比較してコストが低く、一定の電源なしでデータを保持できるため、突然の停電後もデータの永続性を確保できるためです。[87]フラッシュメモリSSDは当初DRAMソリューションよりも低速であり、一部の初期の設計は継続使用後はHDDよりもさらに低速でした。この問題は、2009年以降に発売されたコントローラーによって解決されました。[88]

フラッシュベースのSSD、不揮発性フローティングゲートメモリセルを含む金属酸化膜半導体(MOS)集積回路チップにデータを格納します[89]フラッシュメモリベースのソリューションは、通常、標準のディスクドライブフォームファクタ(1.8、2.5、および3.5インチ)にパッケージ化されていますが、M.2フォームファクタなどのより小型でコンパクトなフォームファクタにもパッケージ化されています。フラッシュメモリのサイズが小さいため。

低価格のドライブは通常、ペンタレベルセル(PLC)、クアッドレベルセル(QLC)、トリプルレベルセル(TLC)、またはマルチレベルセル(MLC)フラッシュメモリを使用します。これらはシングルレベルよりも低速で信頼性が低くなります。セル(SLC)フラッシュメモリ。[90] [91]これは、インターリーブ、書き込みアルゴリズムの変更[91]、ウェアレベリングを使用したより高いオーバープロビジョニング(より多くの過剰容量)など、SSDの内部設計構造によって軽減または逆転させることができます。アルゴリズムは機能します。[92] [93] [94]

セルの層が垂直に積み重ねられるV-NANDテクノロジーに依存するソリッドステートドライブが導入されました。[95]


DRAM

DRAMなどの揮発性メモリに基づくSSDは、一般に10マイクロ秒未満の非常に高速なデータアクセスを特徴とし 、主にフラッシュSSDまたは従来のHDDの遅延によって抑制されるアプリケーションを高速化するために使用されます

DRAMベースのSSDは通常、内部バッテリーまたは外部AC / DCアダプターとバックアップストレージシステムのいずれかを組み込んで、外部ソースからドライブに電力が供給されていないときにデータの永続性を確保します。電力が失われると、すべての情報がランダムアクセスメモリ(RAM)からバックアップストレージにコピーされている間、バッテリーが電力を供給します。電源が復旧すると、情報はバックアップストレージからRAMにコピーされ、SSDは通常の動作を再開します(最新のオペレーティングシステムで使用されている休止状態の機能と同様)。[96] [97]

このタイプのSSDには通常、通常のPCやサーバーで使用されているのと同じタイプのDRAMモジュールが取り付けられており、交換してより大きなモジュールに交換することができます。[98] などのI-RAMHyperOsハイパードライブドライブに直接DRAMチップ半田等、DDRdrive X1、DRAM SSDのいくつかのメーカー、及びチップは、アウトそのようなスワップするなどZeusRAM、イーオンドライブとして意図していません。[99]

リモート、間接メモリ・アクセスのディスク(RIndMAディスク)は、高速ネットワークまたは(直接)とセカンダリコンピュータ使用のInfiniband RAMベースのSSDのように動作するように接続しますが、新しい、より速く、フラッシュメモリベース、SSDはすでに利用可能でを2009年は、このオプションの費用対効果が低くなっています。[100]

DRAMの価格は下がり続けていますが、フラッシュメモリの価格はさらに速く下がります。「フラッシュはDRAMよりも安くなる」クロスオーバーポイントは2004年頃に発生しました。[101] [102]

3D XPoint

2015年、IntelMicron、新しい不揮発性メモリテクノロジとして3DXPoint発表しました。[103] Intelは、データセンター製品であるIntel®Optane™SSD DC P4800Xシリーズから始まり、クライアントバージョンであるIntel®Optaneに続いて、2017年3月に最初の3D XPointベースのドライブ(Intel®Optane™SSDとしてブランド化)をリリースしました。 ™SSD900Pシリーズ、2017年10月。どちら​​の製品もNANDベースのSSDよりも高速で耐久性が高く、面積密度はチップあたり128ギガビットに匹敵します。[104] [105] [106] [107]ビットあたりの価格については、3D XPointはNANDよりも高価ですが、DRAMよりも安価です。[108] [自費出版の情報源?]

その他

呼ばれるいくつかのSSD、NVDIMMまたはハイパーDIMMデバイスは、DRAMとフラッシュメモリの両方を使用します。電源がダウンすると、SSDはすべてのデータをDRAMからフラッシュにコピーします。電源が復旧すると、SSDはすべてのデータをフラッシュからDRAMにコピーします。[109]やや似た方法で、一部のSSDは、実際にはDIMMモジュール用に設計されたフォームファクタとバスを使用しますが、フラッシュメモリのみを使用し、DRAMであるかのように見せます。このようなSSDは通常、ULLtraDIMMデバイスとして知られてます。[110]

ハイブリッドドライブまたはソリッドステートハイブリッドドライブ(SSHD)と呼ばれるドライブは、回転するディスクとフラッシュメモリのハイブリッドを使用します。[111] [112]一部のSSDは、データの保存に磁気抵抗ランダムアクセスメモリ(MRAM)を使用します。[113] [114]

キャッシュまたはバッファ

フラッシュベースのSSDは通常、ハードディスクドライブのバッファと同様に、揮発性キャッシュとして少量のDRAMを使用します。ドライブの動作中は、ブロック配置とウェアレベリングデータのディレクトリもキャッシュに保持されます。[80]あるSSDコントローラーメーカーであるSandForceは、設計に外部DRAMキャッシュを使用していませんが、それでも高性能を実現しています。このように外部DRAMを排除することで、消費電力を削減し、SSDのさらなるサイズ削減を可能にします。[115]

バッテリーまたはスーパーキャパシター

高性能SSDのもう1つのコンポーネントは、コンデンサまたは何らかの形式のバッテリーです。これらは、電力が失われたときにキャッシュ内のデータをドライブにフラッシュできるように、データの整合性を維持するために必要です。電力が再開されるまでキャッシュ内のデータを維持するのに十分な時間、電力を保持する場合もあります。[115] [116] MLCフラッシュメモリの場合、上位ページのプログラミング中にMLCフラッシュメモリの電力が失われると、下位ページの破損と呼ばれる問題が発生する可能性があります。その結果、突然の停電時にメモリがスーパーキャパシタでサポートされていない場合、以前に書き込まれ、安全であると推定されるデータが破損する可能性があります。この問題は、SLCフラッシュメモリには存在しません。[78]

ほとんどの民生用SSDには、バッテリーやコンデンサーが内蔵されていません。[117]例外には、Crucial M500およびMX100シリーズ、[118] Intel 320シリーズ、[119]、およびより高価なIntel710および730シリーズがあります。[120] Intel DC S3700シリーズなどのエンタープライズクラスのSSD [121]には、通常、バッテリーまたはコンデンサーが組み込まれています。

ホストインターフェース

ホストインターフェイスとしてPCIExpressを使用する1.2TBのMLCNANDを備えたSSD [122]

ホストインターフェイスは、物理的にはSSDのコントローラーによって管理されるシグナリングを備えたコネクタです。ほとんどの場合、HDDに見られるインターフェースの1つです。それらが含まれます:

SSDは、Advanced Host Controller Interface(AHCI)やNVMeなどのさまざまな論理デバイスインターフェイスをサポートします論理デバイスインターフェイスは、オペレーティングシステムがSSDおよびホストバスアダプタ(HBA)と通信するために使用するコマンドセットを定義します

構成

デバイスのサイズと形状は、そのデバイスの製造に使用されるコンポーネントのサイズと形状によって大きく左右されます。従来のHDDとオプティカルドライブは、回転するプラッターまたは光ディスク周りに、内部スピンドルモーターとともに設計されています。 SSDがさまざまな相互接続された集積回路(IC)とインターフェイスコネクタで構成されている場合、その形状は回転メディアドライブの形状に限定されなくなります。一部のソリッドステートストレージソリューションは、より大きなシャーシで提供され、内部に多数のSSDを備えたラックマウントフォームファクターである場合もあります。それらはすべて、シャーシ内の共通バスに接続し、単一のコネクタでボックスの外に接続します。[4]

一般的なコンピューターの使用では、2.5インチのフォームファクター(通常はラップトップに見られる)が最も一般的です。3.5インチハードディスクドライブスロットを備えたデスクトップコンピュータの場合、単純なアダプタプレートを使用してそのようなドライブを適合させることができます。他のタイプのフォームファクタは、エンタープライズアプリケーションでより一般的です。SSDは、Apple MacBook Air(2010年秋モデル以降)のように、デバイスの他の回路に完全に統合することもできます。[130] 2014年の時点でmSATAおよびM.2フォームファクターも、主にラップトップで人気を博しました。

標準のHDDフォームファクタ

ソリッドステート電子機器を展示するために開かれた、2.5インチHDDフォームファクターを備えたSSD。NANDチップの横の空のスペースは追加のNANDチップ用であり、同じ回路基板設計を異なる容量の複数のドライブモデルで使用できます。他のドライブは、代わりに、ドライブ容量とともにサイズが大きくなり、ドライブの残りの部分を空のままにする回路基板を使用する場合があります。

現在のHDDフォームファクタを使用する利点は、ドライブをホストシステムにマウントして接続するために、すでに配置されている広範なインフラストラクチャを利用できることです。[4] [131]これらの従来のフォームファクタは、ドライブケーシングの寸法ではなく、回転メディアのサイズ(つまり、5.25インチ、3.5インチ、2.5インチ、または1.8インチ)で知られています。[132]

標準のカードフォームファクタ

ウルトラブックやタブレットコンピューターのようにスペースが限られているアプリケーションでは、フラッシュベースのSSD用にいくつかのコンパクトなフォームファクターが標準化されました。

PCIExpressミニカードの物理レイアウトを使用するmSATAフォームファクタがあります。同じコネクタを介してSATAホストコントローラに追加接続する必要がありますが、PCIExpressミニカードインターフェイス仕様との電気的互換性は維持されます。

以前は次世代フォームファクター(NGFF)として知られていたM.2フォームファクターは、mSATAとそれが使用していた物理レイアウトから、より使いやすく、より高度なフォームファクターへの自然な移行です。mSATAは既存のフォームファクターとコネクターを利用しましたが、M.2は、フットプリントを最小限に抑えながら、カードスペースを最大限に活用するように設計されています。M.2規格では、SATAとPCI ExpressSSDの両方をM.2モジュールに取り付けることができます。[133]

Disk-on-a-moduleフォームファクタ

PATAインターフェイスを備えた2GBのディスクオンモジュール

ディスク・オン・モジュールDOMは)のいずれか44分の40ピンとフラッシュドライブであるパラレルATA(PATA)またはSATAのインターフェース、マザーボードに直接接続し、コンピュータとして使用するためのもので、ハードディスクドライブ(HDD) 。 DOMデバイスは従来のハードディスクドライブをエミュレートするため、特別なドライバーやその他の特定のオペレーティングシステムのサポートは必要ありません。 DOMは通常、組み込みシステム使用されます組み込みシステムは、機械式HDDが単純に故障する過酷な環境や、サイズが小さく、消費電力が少なく、サイレント動作のためシンクライアントに展開されることがよくあります

2016年の時点で、ストレージ容量は4MBから128GBの範囲であり、垂直方向または水平方向を含む物理レイアウトのさまざまなバリエーションがあります。[要出典]

ボックスフォームファクタ

DRAMベースのソリューションの多くは、ラックマウントシステムに適合するように設計されていることが多いボックスを使用しています。バックアップ電源とともにデータを保存するのに十分な容量を取得するために必要なDRAMコンポーネントの数は、従来のHDDフォームファクタよりも大きなスペースを必要とします。[134]

ベアボードフォームファクタ

SSDは、コンポーネントのレイアウトにおける柔軟性を活用するために、メモリモジュールでより一般的なフォームファクタを使用しています。これらの一部には、PCIeミニPCIeミニDIMMMO-297などが含まれます。[135] Viking TechnologyのSATADIMMは、マザーボード上の空のDDR3 DIMMスロットを使用して、別のSATAコネクタでSSDに電力を供給し、コンピュータにデータ接続を提供します。その結果、通常は完全な2.5インチドライブベイを使用するドライブと同等の容量を備えた、インストールが簡単なSSDが実現します[136]少なくとも1つのメーカー、Innodiskは、電源ケーブルを必要とせずに、マザーボードのSATAコネクタ(SATADOM)に直接配置されるドライブを製造しました。[137]一部のSSDはPCIeフォームファクタに基づいており、データインターフェイスと電源の両方をPCIeコネクタを介してホストに接続します。これらのドライブは、直接PCIeフラッシュコントローラー[138]、またはSATAフラッシュコントローラーに接続するPCIe-to-SATAブリッジデバイスのいずれかを使用できます[139]

ボールグリッドアレイフォームファクター

2000年代初頭、M-Systems(現在はSanDisk)のDiskOnChip [140]SiliconStorageTechnologyのNANDrive [141] [142](現在は生産されているなど、いくつかの企業がボールグリッドアレイ(BGA)フォームファクタにSSDを導入しました。Greenliantシステム)、及びMemorightのM1000 [143]組み込みシステムで使用するため。 BGA SSDの主な利点は、低消費電力、コンパクトなサブシステムに収まる小さなチップパッケージサイズ、および振動や衝撃による悪影響を減らすためにシステムマザーボードに直接はんだ付けできることです。[144]

このような組み込みドライブは、多くの場合、eMMCおよびeUFS標準に準拠しています。

他の技術との比較

ハードディスクドライブ

SSDベンチマーク。アクセスされたディスクの場所に関係なく、約230 MB / sの読み取り速度(青)、210 MB / sの書き込み速度(赤)、および約0.1 msのシーク時間(緑)を示しています。

SSDと通常の(回転する)HDDを比較することは困難です。従来のHDDベンチマークは、回転待ち時間シーク時間など、HDDでは不十分なパフォーマンス特性に焦点を当てる傾向があります。 SSDはスピンしたり、データを検索したりする必要がないため、このようなテストではHDDよりもはるかに優れていることがわかります。ただし、SSDには読み取りと書き込みが混在するという課題があり、時間の経過とともにパフォーマンスが低下する可能性があります。 SSDテストは、(使用中の)フルドライブから開始する必要があります。新しい空の(新しい、すぐに使用できる)ドライブは、わずか数週間の使用後に表示されるよりもはるかに優れた書き込みパフォーマンスを発揮する可能性があるためです。[145]

従来のハードドライブに対するソリッドステートドライブの利点のほとんどは、電気機械的ではなく完全に電子的にデータにアクセスできるため、優れた転送速度と機械的堅牢性を実現します。[146]一方、ハードディスクドライブはその価格で大幅に高い容量を提供します。[3] [147]

一部のフィールド故障率は、SSDがHDDよりも大幅に信頼性が高いことを示しています[148] [149]が、そうでないものもあります。ただし、SSDは突然の停電に独自に敏感であるため、書き込みが中止されたり、ドライブが完全に失われたりすることもあります。[150] HDDとSSDの両方の信頼性はモデルによって大きく異なります。[151]

HDDと同様に、さまざまなSSDのコストとパフォーマンスの間にはトレードオフがあります。シングルレベルセル(SLC)SSDは、マルチレベル(MLC)SSDよりも大幅に高価ですが、速度が大幅に向上します。同時に、DRAMベースのソリッドステートストレージは現在、他のSSDの平均100マイクロ秒ではなく、10マイクロ秒の平均応答時間で、最速かつ最もコストがかかると考えられています。エンタープライズフラッシュデバイス(EFD)は、安価なSSDと同様のパフォーマンスと応答時間で、ティア1アプリケーションの要求を処理するように設計されています。[152]

従来のHDDでは、書き換えられたファイルは通常、ディスク表面の元のファイルと同じ場所を占めますが、SSDでは、ウェアレベリングの目的で新しいコピーが異なるNANDセルに書き込まれることがよくありますウェアレベリングアルゴリズムは複雑で、徹底的にテストするのは困難です。その結果、SSDでのデータ損失の主な原因の1つは、ファームウェアのバグです。[153] [154]

次の表は、両方のテクノロジーの長所と短所の詳細な概要を示しています。比較は典型的な特性を反映しており、特定のデバイスには当てはまらない場合があります。

NANDベースのSSDとHDDの比較
属性または特性 ソリッドステートドライブ ハードディスクドライブ
容量あたりの価格 SSDは一般的にHDDよりも高価であり、次の10年までその状態が続くと予想されます[更新が必要][155]

2018年第1四半期のSSD価格は、4 TBモデルに基づいてギガバイトあたり約30セント(米国)です。[156]

価格は一般的に毎年下落しており、2018年現在も下落が続くと予想されます。


2018年第1四半期のHDDの価格は、1 TBモデルに基づいて1ギガバイトあたり約2〜3セント(米国)です。[156]

価格は一般的に毎年下落しており、2018年現在も下落が続くと予想されます。

ストレージ容量 2018年には、SSDは最大100 TBのサイズで利用可能でした[157]、より安価で、120〜512GBモデルがより一般的でした。 2018年には、最大16 TB [158]のHDDが利用可能になりました。
信頼性–データ保持 電源を入れずに放置すると、摩耗したSSDは通常、温度にもよりますが、約1〜2年の保管後にデータを失い始めます。新しいドライブは、約10年間データを保持することになっています。[8] MLCおよびTLCベースのデバイスは、SLCベースのデバイスよりも早くデータを失う傾向があります。SSDはアーカイブでの使用には適していません。 HDDは、低温の乾燥した環境に保管されている場合、電源がなくても非常に長期間データを保持できます。ただし、機械部品は時間の経過とともに凝固する傾向があり、ドライブは数年の保管後にスピンアップできません。
信頼性–寿命 SSDには機械的に故障する可動部品がないため、理論的にはHDDよりも信頼性が高いはずです。しかし、実際にはこれは不明確です[159]。

フラッシュベースのSSDの各ブロックは、失敗するまでに限られた回数だけ消去(したがって書き込み)できます。コントローラはこの制限を管理するため、ドライブは通常の使用で何年も使用できます。[160] [161] [162] [163] [164] DRAMベースのSSDには、書き込み回数に制限はありません。ただし、コントローラーに障害が発生すると、SSDが使用できなくなる可能性があります。信頼性はSSDのメーカーやモデルによって大きく異なり、特定のドライブの返品率は40%に達します。[149]多くのSSDは、停電時に重大な障害が発生します。多くのSSDを対象とした2013年12月の調査では、複数の停電に耐えられるのは一部のSSDのみであることがわかりました。[165] [更新が必要ですか? ] Facebookの調査によると、SSDの物理アドレス空間全体でのスパースデータレイアウト(例:非連続的に割り当てられたデータ)、高密度データレイアウト(例:連続データ)、およびより高い動作温度(データの送信に使用される電力と相関)が各リードSSD間の障害率の増加。[166]

ただし、SSDは多くの改訂が行われ、より信頼性が高く、長持ちします。今日の市場に出回っている新しいSSDは、電力損失保護回路、ウェアレベリング技術、および熱スロットリングを使用して、寿命を確保しています。[167] [168]

HDDには可動部品があり、結果として生じる摩耗による潜在的な機械的故障の影響を受けるため、理論的にはSSDよりも信頼性が低いはずです。しかし、実際にはこれは不明確です[159]。

記憶媒体自体(磁気プラッター)は、読み取りおよび書き込み操作によって本質的に劣化することはありません。

カーネギーメロン大学がコンシューマーグレードとエンタープライズグレードの両方のHDDについて行った調査によると、平均故障率は6年、平均寿命は9〜11年です。[169]ただし、HDDの場合、突然の壊滅的なデータ損失のリスクは低くなる可能性があります。[170]

HDDの磁気媒体は、オフラインで(棚に電源が入っていない状態で)長期間保管されると、SSDで使用されるフラッシュメモリよりもはるかに長いデータを保持します。

起動時間 ほぼ瞬時。準備する機械部品はありません。自動省電力モードを終了するには、数ミリ秒かかる場合があります。 ドライブのスピンアップには数秒かかる場合があります。多くのドライブを備えたシステムでは、消費されるピーク電力を制限するためにスピンアップをずらす必要がある場合があります。ピーク電力は、HDDが最初に起動されたときに一時的に高くなります。[171]
シーケンシャルアクセスパフォーマンス 民生用製品では、最大転送速度は通常、ドライブに応じて約200 MB / sから3500MB / sの範囲です[172] [173] [174]エンタープライズSSDは、1秒あたり数ギガバイトのスループットを持つことができます。 ヘッドが配置されると、連続トラックの読み取りまたは書き込み時に、最新のHDDは約200MB /秒でデータを転送できます。データ転送速度は、3,600〜15,000 rpm [175]の範囲の回転速度 と、トラックにも依存します(外側のトラックからの読み取りが高速です)。データ転送速度は最大480MB /秒(実験的)です。[176]
ランダムアクセスパフォーマンス[177] ランダムアクセス時間は通常0.1ミリ秒未満です。[178] [179]データはフラッシュメモリのさまざまな場所から直接取得できるため、アクセス時間は通常、パフォーマンスの大きなボトルネックにはなりません。読み取りパフォーマンスは、データの保存場所に基づいて変化しません。ハードディスクドライブのシークが制限要因であるアプリケーションでは、これにより起動時間とアプリケーションの起動時間が短縮されます(アムダールの法則を参照)。[180] [171]

SSDテクノロジーは、かなり一貫した読み取り/書き込み速度を提供できますが、多数の個別の小さなブロックにアクセスすると、パフォーマンスが低下します。フラッシュメモリは、書き換える前に消去する必要があります。これには、意図した以上の数の書き込み操作が必要であり(書き込み増幅と呼ばれる現象)、パフォーマンスに悪影響を及ぼします。[181] SSDは通常、寿命全体にわたって書き込みパフォーマンスがわずかに着実に低下しますが、一部のドライブの平均書き込み速度は経年変化によって向上する可能性があります。[182]

読み取り待ち時間はSSDよりもはるかに長くなります。[183] ヘッドを動かし、磁気ヘッドの下でデータが回転するのを待つ必要があるため、ランダムアクセス時間は2.9(ハイエンドサーバードライブ)から12ms(ラップトップHDD)の範囲です。[184]データの場所と頭の場所が異なる可能性があるため、読み取り時間はシークごとに異なります。フラグメント化されたファイルのように、プラッタのさまざまな領域からのデータにアクセスする必要がある場合、各フラグメントを探す必要があるため、応答時間が長くなります。[185]
ファイルシステムの断片化の影響 データを順番に読み取ることには限られた利点があり(通常のFSブロックサイズ、たとえば4 KiBを超えて )、SSDの断片化は無視できます。デフラグは、サイクル寿命が限られているNANDフラッシュセルに追加の書き込みを行うことで摩耗を引き起こします。[186] [187]ただし、SSDを使用しても、特定のファイルシステムが維持できる断片化の量には実際的な制限があります。その制限に達すると、後続のファイル割り当ては失敗します。[188]その結果、程度は低いものの、デフラグが必要になる場合があります。[188] NTFSなどの一部のファイルシステムは、頻繁に書き込まれると、時間の経過とともに断片化されます。最適なパフォーマンスを維持するには、定期的な最適化が必要です。[189] これは通常、最近のファイルシステムでは問題になりません。[要出典] [説明が必要]
ノイズ(音響)[190] SSDには可動部品がないため、サイレントですが、一部のSSDでは、高電圧ジェネレーター(ブロックを消去するため)から高ピッチノイズが発生する場合があります。 HDDには可動部品(ヘッドアクチュエータースピンドルモーター)があり回転やカチッという音が特徴的です。騒音レベルはRPMによって異なりますが、重大な場合があります(多くの場合、冷却ファンからの音よりはるかに低いです)。ラップトップのハードドライブは比較的静かです。
温度制御[191] A Facebookは研究は、40°C、温度とSSDの増加のうち故障率以上の動作温度でそれを発見しました。ただし、これは、パフォーマンスに潜在的なコストがかかるものの、熱スロットリングを採用する新しいドライブには当てはまりませんでした[166]実際には、SSDは通常、特別な冷却を必要とせず、HDDよりも高い温度に耐えることができます。アドオンカードまたは2.5インチベイデバイスとしてインストールされたハイエンドエンタープライズモデルには、発生した熱を放散するヒートシンクが付属している場合があり[192]、動作するには一定量の気流が必要です。[193] 35°C(95°F)を超える周囲温度はハードディスクの寿命を縮める可能性があり、55°C(131°F)を超えるドライブ温度では信頼性が損なわれます。温度がこれらの値を超える場合は、ファンの冷却が必要になることがあります。[194]実際には、最新のHDDは、冷却のための特別な配置なしで使用できます。
最低動作温度[195] SSDは-55°C(-67°F)で動作できます。 最新のHDDのほとんどは、0°C(32°F)で動作します。
操作時の最高高度[196] SSDにはこれに関する問題はありません。[197] HDDは、最大3,000メートル(10,000フィート)の高度で安全に動作できます。HDDは、12,000メートル(40,000フィート)を超える高度では動作しません。[198]ヘリウムを充填した[199] [200](密閉型)HDDの導入により、これはそれほど問題にならないことが期待されます。
寒い環境から暖かい環境への移行 SSDにはこれに関する問題はありません。熱スロットリングメカニズムにより、SSDは安全に保たれ、温度の不均衡が防止されます。 一部のHDDを操作する前に、低温環境から高温環境に移動する場合は、ある程度の順応時間が必要になる場合があります。湿度によっては、ヘッドやディスクに結露が発生する可能性があり、すぐに操作すると、そのようなコンポーネントが損傷する可能性があります。[201] 最新のヘリウムHDDは密閉されており、そのような問題はありません。
ブリーザーホール SSDにはブリーザーホールは必要ありません。 最近のほとんどのHDDは、正しく機能するためにブリーザーホールを必要とします。[198]ヘリウムを充填したデバイスは密閉されており、穴はありません。
環境要因に対する感受性[180] [202] [203] 可動部品がなく、衝撃、振動、動き、および汚染に対して非常に耐性があります。 急速に回転するプラッターの上を飛ぶヘッドは、衝撃、振動、動き、および汚染の影響を受けやすく、媒体に損傷を与える可能性があります。
設置と取り付け 向き、振動、衝撃に敏感ではありません。通常、露出した回路はありません。回路はカード形式のデバイスで露出する可能性があり、導電性材料によって短絡してはなりません。 回路が露出している可能性があり、導電性材料(コンピュータの金属シャーシなど)によって短絡してはなりません。振動や衝撃から保護するために取り付ける必要があります。一部のHDDは傾斜した位置に設置しないでください。[204]
磁界に対する感受性 フラッシュメモリへの影響は少ないですが、電磁パルスは電気システム、特に集積回路に損傷を与えます 一般に、磁石または磁気サージは、データの破損またはドライブ内部の機械的損傷を引き起こす可能性があります。ドライブの金属ケースは、磁気プラッターに低レベルのシールドを提供します。[205] [206] [207]
重量とサイズ[202] SSDは、本質的に回路基板に取り付けられた半導体メモリデバイスであり、小型で軽量です。多くの場合、HDD(2.5インチまたは1.8インチ)と同じフォームファクターに従うか、ベアPCB(M.2およびmSATA)です。ほとんどの主流モデルのエンクロージャーは、もしあれば、ほとんどがプラスチックまたは軽量金属でできています。高性能モデルでは、多くの場合、デバイスにヒートシンク取り付けられているか、ヒートシンクとして機能するかさばるケースがあり、重量が増加します。 HDDは、エンクロージャーがほとんど金属でできており、モーターや大きな磁石などの重い物体が含まれているため、一般的にSSDよりも重いです。3.5インチドライブの重量は通常約700グラム(約1.5ポンド)です。
安全な書き込み制限 NANDフラッシュメモリは上書きできませんが、以前に消去したブロックに書き換える必要があります。ソフトウェア暗号化プログラムがすでにSSDにあるデータを暗号化する場合、上書きされたデータは引き続き保護されておらず、暗号化されておらず、アクセス可能です(ドライブベースのハードウェア暗号化にはこの問題はありません)。また、ドライブに組み込まれている特別な「セキュア消去」手順がないと、元のファイルを上書きしてデータを安全に消去することはできません。[208] HDDは、特定のセクターのドライブ上のデータを直接上書きできます。ただし、ドライブのファームウェアが損傷したブロックをスペア領域と交換する可能性があるため、ビットやピースがまだ存在している可能性があります。一部のメーカーのHDDは、ATA Secure Erase Enhanced Eraseコマンドで、再配置されたセクターを含むドライブ全体をゼロで埋めます。[209]
読み取り/書き込みパフォーマンスの対称性 安価なSSDは通常、書き込み速度が読み取り速度よりも大幅に遅くなります。パフォーマンスの高いSSDは、同様の読み取り速度と書き込み速度を備えています。 HDDは一般に、読み取りよりも書き込みの方がわずかに長い(悪い)シーク時間を持っています。[210]
無料のブロックの可用性とTRIM SSDの書き込みパフォーマンスは、無料のプログラム可能なブロックの可用性によって大きく影響されます。以前に書き込まれた、使用されなくなったデータブロックは、TRIMで再利用できますただし、TRIMを使用しても、空きブロックが少ないとパフォーマンスが低下します。[80] [211] [212] HDDは空きブロックの影響を受けず、TRIMの恩恵を受けません。
消費電力 高性能フラッシュベースのSSDは、通常、HDDの半分から3分の1の電力を必要とします。高性能DRAMSSDは通常、HDDと同じ量の電力を必要とし、システムの他の部分がシャットダウンされている場合でも電源に接続する必要があります。[213] [214] DevSlpのような新しいテクノロジーは、アイドル状態のドライブの電力要件を最小限に抑えることができます。 最も電力の少ないHDD(1.8インチサイズ)は、アイドル時にわずか0.35ワットを使用できます。[215] 2.5インチドライブは通常2〜5ワットを使用します。最高性能の3.5インチドライブは、最大約20ワットを使用できます。
最大記録密度(1平方インチあたりのテラビット) 2.8 [216] 1.2 [216]

メモリーカード

SSDとして使用されるコンパクトフラッシュカード

メモリカードとほとんどのSSDはどちらもフラッシュメモリを使用していますが、市場と目的は大きく異なります。それぞれに、特定のユーザーのニーズに最適になるように最適化および調整されたさまざまな属性があります。これらの特性には、消費電力、パフォーマンス、サイズ、信頼性などがあります。[217]

SSDは元々、コンピューターシステムで使用するために設計されました。最初のユニットはハードディスクドライブを交換または拡張することを目的としていたため、オペレーティングシステムはそれらをハードディスクドライブとして認識しました。もともと、ソリッドステートドライブは、ハードドライブのように形作られ、コンピューターにマウントされていました。その後、SSDはより小さく、よりコンパクトになり、最終的にはM.2フォームファクターなどの独自のフォームファクターを開発しました。 SSDは、コンピューター内に恒久的にインストールされるように設計されています。[217]

対照的に、メモリカード(Secure Digital(SD)、CompactFlash(CF)など)は元々デジタルカメラ用に設計され、後に携帯電話、ゲーム機、GPSユニットなどに採用されました。ほとんどのメモリカードはSSDよりも物理的に小さく、繰り返し挿入および取り外しできるように設計されています。[217]

SSD障害

SSDの故障モードは、従来の磁気ハードドライブとは大きく異なります。ソリッドステートドライブには可動部品が含まれていないため、通常、機械的な故障の影響を受けません。代わりに、他の種類の障害が発生する可能性があります(たとえば、突然の電源障害による書き込みの不完全または失敗は、HDDの場合よりも問題になる可能性があり、チップに障害が発生すると、チップ上のすべてのデータが失われます。このシナリオは、磁気ドライブ)。ただし、全体として、SSDは一般的に信頼性が高く、製造元が述べている予想寿命をはるかに超えて動作し続けることが研究によって示されています。[218]

SSDの耐久性は、次の2つの形式のいずれかでデータシートに記載する必要があります。

  • いずれかのn DW / DNドライブは一日あたりの書き込み
  • またはmTBW最大テラバイトの書き込み)、短いTBW[219]

したがって、たとえば、1TBのSamsung970 EVO NVMe M.2 SSD(2018)の耐久性は600TBWです。[220]

SSDの信頼性と故障モード

2013年から2015年にかけて行われたTechreport.comによる初期の調査では、多くのフラッシュベースのSSDが破壊されるまでテストされ、どのように、どの時点で故障したかが特定されました。ウェブサイトは、すべてのドライブが「問題なく数百テラバイトを書き込むことにより、公式の耐久仕様を上回った」ことを発見しました。その注文の量は、一般的な消費者のニーズを超えています。[221]最初に故障したSSDはTLCベースで、ドライブは800TBを超える書き込みに成功しました。テストの3つのSSDは、失敗する前にその3倍(ほぼ2.5 PB)を書き込みました。[221]このテストは、消費者市場のSSDでさえも驚くべき信頼性を示しました。

Googleのデータセンターで6年間にわたって収集され、「数百万」のドライブ日数にわたるデータに基づく2016年のフィールド調査では、最初の4年間の使用で交換が必要なフラッシュベースのSSDの割合は4%から10%の範囲であることがわかりました。モデルによって異なります。著者らは、SSDの故障率はハードディスクドライブよりも大幅に低いと結論付けました。[218](対照的に、2016年の71,940台のHDDの評価では、GoogleのSSDと同等の故障率が見つかりました。HDDの年間故障率平均1.95%でした。)[222]この調査では、マイナス面も示されました。 、SSDでは、HDDよりも修正不可能なエラー(データ損失の原因となる)の発生率が大幅に高くなります。それはまた、いくつかの予期しない結果と影響をもたらしました:

  • 現実の世界では、MLCベースの設計(SLC設計よりも信頼性が低いと考えられています)は、多くの場合、SLCと同じくらい信頼性があります。(調査結果は、「SLCは一般的にMLCよりも信頼性が高いわけではない」と述べています。)しかし、一般的に、書き込み耐久性は次のように言われています。
    • SLC NAND:ブロックあたり100,000回の消去
    • MLC NAND:中容量のアプリケーションの場合はブロックあたり5,000〜10,000回の消去、大容量のアプリケーションの場合は1,000〜3,000回の消去
    • TLC NAND:ブロックあたり1,000回の消去
  • 使用日数で測定されるデバイスの使用年数は、SSDの信頼性の主な要因であり、1日あたりのテラバイトまたはドライブの書き込みで測定される読み取りまたは書き込みのデータ量ではありません。これは、「シリコンエージング」などの他のエージングメカニズムが機能していることを示唆しています。相関は有意です(約0.2〜0.4)。
  • 生のビット誤り率(RBER)は、摩耗とともにゆっくりと増加しますが、よく想定されるように指数関数的には増加しません。RBERは、他のエラーやSSD障害の適切な予測にはなりません。
  • 修正不可能なビットエラーレート(UBER)は広く使用されていますが、障害の予測にも適していません。ただし、SSD UBERレートはHDDのレートよりも高いため、障害を予測することはできませんが、HDDよりもSSDで読み取り不可能なブロックが一般的であるため、データが失われる可能性があります。結論は、全体的に信頼性は高いものの、ユーザーに影響を与える可能性のある修正不可能なエラーの割合が高いことを示しています。
  • 「新しいSSDの不良ブロックは一般的であり、不良ブロックが多数あるドライブは、フラッシュダイまたはチップの障害が原因で、他の何百ものブロックを失う可能性がはるかに高くなります。SSDの30〜80%で少なくとも1つの不良ブロックが発生します。ブロックし、2〜7%が、展開の最初の4年間に少なくとも1つの不良チップを開発します。」
  • 予想される寿命に達した後、エラーが急激に増加することはありません。
  • ほとんどのSSDは、数個の不良ブロック、おそらく2〜4個しか開発しません。多くの不良ブロックを開発するSSDは、多くの場合、はるかに多く(おそらく数百)開発を続け、障害が発生しやすい可能性があります。ただし、ほとんどのドライブ(99%以上)には、製造時の不良ブロックが付属しています。全体的な調査結果は、不良ブロックが一般的であり、ドライブの30〜80%が少なくとも1つは使用中に開発されるというものでしたが、少数の不良ブロック(2〜4)でさえ、後で最大数百の不良ブロックを予測します。製造時の不良ブロック数は、その後の不良ブロックの開発と相関しています。レポートの結論は、SSDには不良ブロックが「一握り未満」または「多数」ある傾向があることを追加し、これが最終的な障害を予測するための基礎になる可能性があることを示唆しました。
  • SSDの約2〜7%は、最初の4年間の使用で不良チップを開発します。これらのチップの3分の2以上がメーカーの許容範囲と仕様に違反しており、通常、チップ上のブロックの2%以下が予想される書き込み寿命内に故障することが保証されています。
  • 修理(保証サービス)が必要なSSDの96%は、一生に一度だけ修理が必要です。修理までの日数は、モデルによって「数千日」から「15、000日近く」までさまざまです。

データの回復と安全な削除

ソリッドステートドライブは、データの保存方法が非線形であり、ハードディスクドライブよりもはるかに複雑であるため、データリカバリ企業に新たな課題をもたらしました。ドライブが内部で動作する戦略はメーカーによって大きく異なる可能性があり、TRIMコマンドは削除されたファイルの全範囲をゼロにします。ウェアレベリングは、データの物理アドレスとオペレーティングシステムに公開されているアドレスが異なることも意味します。

データの安全な削除については、ATA SecureEraseコマンドを使用できます。この目的のためにhdparmなどのプログラムを使用できます。

信頼性メトリクス

JEDECソリッドステート技術協会(JEDEC)は、信頼性指標の基準を公開しました:[223]

  • 回復不能なビット誤り率(UBER)
  • 書き込みテラバイト(TBW)–保証期間内にドライブに書き込むことができるテラバイトの数
  • 1日あたりのドライブ書き込み(DWPD)–保証期間内に1日あたりにドライブの総容量が書き込まれる可能性のある回数

アプリケーション

当時のHDDと比較して一般的に法外なコストがかかるため、2009年まで、SSDは主に、ストレージシステムの速度を可能な限り高速にする必要があるミッションクリティカルなアプリケーションの側面で使用されていました。フラッシュメモリはSSDの一般的なコンポーネントになっているため、価格の下落と密度の増加により、他の多くのアプリケーションでより費用効果が高くなっています。たとえば、分散コンピューティング環境では、SSDを分散キャッシュの構成要素として使用できます。低速のHDDベースのバックエンドストレージシステムへの大量のユーザーリクエストを一時的に吸収するレイヤー。このレイヤーは、ストレージシステムよりもはるかに高い帯域幅と低い遅延を提供し、分散キー値データベースや分散ファイルシステムなどのさまざまな形式で管理できます。スーパーコンピューターでは、この層は通常バーストバッファーと呼ばれます。この高速レイヤーを使用すると、ユーザーは多くの場合、システムの応答時間が短くなります。システムデータへのより高速なアクセスの恩恵を受けることができる組織には、株式取引会社、電気通信会社、ストリーミングメディアおよびビデオ編集が含まれます。企業。より高速なストレージの恩恵を受ける可能性のあるアプリケーションのリストは膨大です。[4]

フラッシュベースのソリッドステートドライブを使用して、汎用のパーソナルコンピュータハードウェアからネットワークアプライアンスを作成できます書き込み保護されたオペレーティングシステムとアプリケーション・ソフトウェアを含むフラッシュドライブは、より大きな、信頼性の低いディスクドライブまたはCD-ROMのために置き換えることができます。この方法で構築されたアプライアンスは、高価なルーターおよびファイアウォールハードウェアの安価な代替手段を提供できます。[要出典]

ライブSDオペレーティングシステムを搭載したSDカードに基づくSSDは、簡単に書き込みロックされます。組み合わせることで、クラウドコンピューティングを維持するために、環境や他の書き込み可能なメディア持続性をOSが起動し、書き込みロックされたSDカードから、堅牢で頑丈、信頼性、および恒久的な腐敗を通しません。実行中のOSが劣化した場合は、マシンの電源をオフにしてからオンにするだけで、元の破損していない状態に戻るため、特に安定しています。SDカードがインストールされたOSは、書き込まれたメディアを復元する必要がある場合がありますが、書き込みロックされているため、破損したコンポーネントを削除する必要はありません。

ハードドライブキャッシュ

2011年、IntelSmart Response Technologyと呼ばれるZ68チップセット(およびモバイル派生製品)のキャッシュメカニズムを導入しました。これにより、SATA SSDを従来の磁気ハードのキャッシュ(ライトスルーまたはライトバックとして構成可能)として使用できます。ディスクドライブ。[224]同様の技術は上利用可能であるのHighPointのRocketHybridのPCIeカード。[225]

ソリッドステートハイブリッドドライブ(SSHD)は同じ原理に基づいていますが、個別のSSDを使用する代わりに、従来のドライブのボードにある程度のフラッシュメモリを統合します。これらのドライブのフラッシュレイヤーは、ホストがATA-8コマンドを使用して磁気ストレージから独立してアクセスできるため、オペレーティングシステムでフラッシュレイヤーを管理できます。たとえば、MicrosoftのReadyDriveテクノロジは、システムが休止状態になると、休止状態ファイルの一部をこれらのドライブのキャッシュに明示的に格納し、その後の再開を高速化します。[226]

デュアルドライブハイブリッドシステムは、同じコンピューターにインストールされた個別のSSDおよびHDDデバイスの使用と、コンピューターユーザーまたはコンピューターのオペレーティングシステムソフトウェアによって管理される全体的なパフォーマンスの最適化を組み合わせていますこのタイプのシステムの例は、bcacheDM-キャッシュのLinux[227]とAppleの融合ドライブ

SSDのファイルシステムサポート

通常、ハードディスクドライブで使用されているのと同じファイルシステムをソリッドステートドライブでも使用できます。通常、ファイルシステムはSSDが破棄されたデータをリサイクルするのに役立つTRIMコマンドをサポートすることが期待されます(TRIMのサポートはSSD自体の数年後に到着しましたが、現在はほぼ普遍的です)。これは、ファイルシステムがSSDによって内部的に処理されるため、ウェアレベリングやその他のフラッシュメモリ特性を管理する必要がないことを意味します。一部のログ構造化ファイルシステムF2FSJFFS2など)は、特にファイルシステムメタデータの更新時など、非常に少量のデータしか変更されない状況で、SSDでの書き込み増幅を減らすのに役立ちます

ファイルシステムのネイティブ機能ではありませんが、オペレーティングシステムはパーティションを正しく整列させることも目的とする必要があります。これにより、過度の読み取り-変更-書き込みサイクルが回避されます。パーソナルコンピュータの一般的な方法は、各パーティションを1 MiB(= 1,048,576バイト)マークで開始するように調整する ことです。これは、一般的に使用されるすべてのサイズ(1 MiB、512)で割り切れるため、すべての一般的なSSDページおよびブロックサイズのシナリオをカバーします。 KiB、128 KiB、4 KiB、および512B。最新のオペレーティングシステムインストールソフトウェアとディスクツールは、これを自動的に処理します。

Linux

Linuxカーネルメインラインのバージョン2.6.28に、TRIMコマンドの初期サポートが追加されました。

ext4ははBtrfsXFSJFS、およびF2FSのファイル・システムは、廃棄(TRIMまたはUNMAP)機能のサポートを含みます。

TRIM操作のカーネルサポートは、2010年2月24日にリリースされたLinuxカーネルメインラインのバージョン2.6.33で導入されました。[228]これを使用するには、discardパラメーターを使用してファイルシステムをマウントする必要があります。Linuxスワップパーティションは、基になるドライブがTRIMをサポートしている場合、デフォルトで破棄操作を実行し、それらをオフにするか、1回限りまたは継続的な破棄操作を選択する可能性があります。[229] [230] [231]キューに入れられたTRIMのサポートは、コマンドキューを中断しないTRIMコマンドをもたらすSATA 3.1機能であり、2013年11月2日にリリースされたLinuxカーネル3.12で導入されました。[232]

カーネルレベルのTRIM操作の代わりに、と呼ばれるユーザースペースユーティリティを使用することもできます。 fstrim これは、ファイルシステム内の未使用のブロックをすべて通過し、それらの領域にTRIMコマンドをディスパッチします。 fstrimユーティリティは通常、スケジュールされたタスクとしてcronによって実行されます。2013年11月の時点でUbuntu Linuxディストリビューション使用されており、信頼性の理由からIntelおよびSamsungソリッドステートドライブでのみ有効になっています。ファイルを編集することでベンダーチェックを無効にすることができます/etc/cron.weekly/fstrimファイル自体に含まれている命令を使用します。[233]

2010年以降、標準のLinuxドライブユーティリティがデフォルトで適切なパーティションの配置を処理しています。[234]

Linuxのパフォーマンスに関する考慮事項

PCI Express 3.0 ×4拡張カードの形式で、論理デバイスインターフェイスとしてNVMExpressを使用するSSD

インストール中、Linuxディストリビューションは通常、インストールされたシステムがTRIMを使用するように構成しないため、/etc/fstabファイルを手動で変更する必要があります。[235]これは、現在のLinuxTRIMコマンドの実装が最適ではない可能性があるという考えによるものです。[236]特定の状況下では、パフォーマンスの向上ではなく、パフォーマンスの低下を引き起こすことが証明されています。[237] [238] 2014年1月の時点で、Linuxは、TRIM仕様で推奨されているTRIM範囲を定義するベクトル化されたリストではなく、個々のTRIMコマンドを各セクターに送信します。[239]

パフォーマンス上の理由から、I / OスケジューラをデフォルトのCFQ(完全に公平なキューイング)からNOOPまたはDeadlineに切り替えることをお勧めします。 CFQは、従来の磁気メディア用に設計されており、最適化を求めているため、SSDで使用すると、これらのI / Oスケジューリング作業の多くが無駄になります。 SSDは、設計の一部として、I / O操作に対してはるかに高いレベルの並列処理を提供するため、特にハイエンドSSDの場合、スケジューリングの決定を内部ロジックに任せることが望ましいです。[240] [241]

知られている高性能なSSDストレージの拡張性のブロック層、BLK-マルチキューまたはBLK-MQとで主に開発したフュージョン・アイオーエンジニアが、にマージされたLinuxカーネルのメインラインカーネル1月2014年19日にリリースされたバージョン3.13で、これは活用SSDとNVMeが提供するパフォーマンス。これにより、はるかに高いI / O送信率が可能になります。 Linuxカーネルブロックレイヤーのこの新しい設計により、内部キューは2つのレベル(CPUごとのキューとハードウェア送信キュー)に分割されるため、ボトルネックが解消され、はるかに高いレベルのI / O並列化が可能になります。 2015年4月12日にリリースされたLinuxカーネルのバージョン4.0以降、VirtIOブロックドライバー、SCSIレイヤー(シリアルATAドライバーで使用)、デバイスマッパーフレームワーク、ループデバイスドライバー、ソートされていないブロックイメージ(UBI)ドライバー(フラッシュメモリデバイスの消去ブロック管理レイヤーを実装)、RBDドライバー(Ceph RADOSオブジェクトをブロックデバイスとしてエクスポート)この新しいインターフェイスを実際に使用するように変更されました。他のドライバーは、次のリリースで移植されます。[242] [243] [244] [245] [246]

macOS

Mac OS X 10.6.8(Snow Leopard)以降のバージョンはTRIMをサポートしていますが、Appleが購入したSSDで使用する場合のみです。[247] TRIMは、Trim Enablerなどのサードパーティユーティリティを使用して有効にできますが、サードパーティドライブに対して自動的に有効になることはありませんTRIMのステータスは、システム情報アプリケーションまたはsystem_profilerコマンドラインツールで確認できます。

OS X 10.10.4(Yosemite)以降のバージョンには、sudo trimforce enableApple以外のSSDでTRIMを有効にするターミナルコマンドが含まれています。[248] Mac OS X 10.6.8より前のバージョンでTRIMを有効にする手法もありますが、そのような場合にTRIMが実際に適切に使用されているかどうかは不明です。[249]

Microsoft Windows

バージョン7より前のバージョンでは、MicrosoftWindowsはソリッドステートドライブをサポートするための特別な対策を講じていませんでした。Windows 7以降、標準のNTFSファイルシステムがTRIMコマンドのサポートを提供します。(Windows上の他のファイルシステムはTRIMをサポートしていません。)[250]

デフォルトでは、Windows 7以降のバージョンでは、デバイスがソリッドステートドライブであることが検出された場合、TRIMコマンドが自動的に実行されます。ただし、TRIMはすべての空き領域を不可逆的にリセットするため、ウェアレベリングよりもデータ回復を有効にすることが望ましい場合は、サポートを無効にすることが望ましい場合があります。[251]動作を変更するには、レジストリキーでHKEY_LOCAL_MACHINE \ SYSTEM \ CurrentControlSet \ Control \ FileSystemDisableDeleteNotificationは次のように設定できます1これにより、大容量記憶装置ドライバーがTRIMコマンドを発行するのを防ぎます。

Windowsは、ファイルの削除操作だけでなく、TRIMコマンドを実装しています。TRIM操作は、フォーマット削除などのパーティションレベルおよびボリュームレベルのコマンド、切り捨てと圧縮に関連するファイルシステムコマンド、およびシステム復元(ボリュームスナップショットとも呼ばれます)機能と完全に統合されています。[252]

Windows Vista

Windows Vistaは通常、SSDではなくハードディスクドライブを想定しています。[253] [254] Windows Vistaに、USB接続フラッシュデバイスの特性を活用するReadyBoost含まれていますが、SSDの場合、SSDの速度を低下させる読み取り-変更-書き込み操作を防ぐために、デフォルトのパーティション配置を改善するだけです。ほとんどのSSDは通常4KiBセクターに分割されますが、ほとんどのシステムは512バイトセクターに基づいており、デフォルトのパーティション設定は4KiB境界に合わせられていません。[255]

SSDデフラグ

SSD上のファイルコンポーネントの場所はパフォーマンスに大きな影響を与えないため、SSDの最適化を無効にする必要がありますが、Windows Defragルーチンを使用してファイルを移動して連続させると、限られた数のP / Eサイクルで不要な書き込み摩耗が発生します。 SSD上。SuperFetchはのそれは摩耗が発生することはありませんが、機能が著しく、パフォーマンスを向上させ、システムやSSDに追加のオーバーヘッドが発生しません。[256] Windows VistaはTRIMコマンドをソリッドステートドライブに送信しませんが、SSD Doctorなどの一部のサードパーティユーティリティは定期的にドライブをスキャンし、適切なエントリをTRIMします。[257]

Windows 7

Windows 7以降のバージョンでは、SSDがネイティブでサポートされています。[252] [258]オペレーティングシステムはSSDの存在を検出し、それに応じて操作を最適化します。 SSDデバイスの場合、WindowsはSuperFetchReadyBoost、起動時、およびアプリケーションのプリフェッチ操作を無効にします[要出典] Windows7のリリース前のStevenSinofskyによる最初の声明[252]にも関わらず、SSDでの動作が異なっていても、デフラグは無効になりません。[188] 1つの理由は、断片化されたSSDでのボリュームシャドウコピーサービスのパフォーマンスが低いことです[188]2番目の理由は、ボリュームが処理できるファイルフラグメントの実際的な最大数に達しないようにするためです。この最大値に達すると、それ以降のドライブへの書き込みは失敗し、エラーメッセージが表示されます。[188]

Windows 7には、オペレーティングシステムがすでに無効であると判断したデータのガベージコレクションを減らすためのTRIMコマンドのサポートも含まれています。TRIMのサポートがないと、SSDはこのデータが無効であることを認識せず、ガベージコレクション中に不必要にデータを書き換え続け、SSDがさらに摩耗します。SSDがHDDのように扱われないように変更を加えると、デフラグをキャンセルしたり、容量の約75%を超えないようにしたり、ログや一時ファイルなどの頻繁に書き込まれるファイルを保存したりしないようにすることができます。ハードドライブが利用可能であり、TRIMプロセスを有効にします。[259] [260]

Windows8.1以降

Windows8.1以降Windows10などのWindowsシステムは、NVMeに基づくPCI ExpressSSDの自動TRIMもサポートしています。 Windows 7の場合、この機能にはKB2990941更新が必要であり、Windows7をNVMeSSDにインストールする必要がある場合は、DISMを使用してWindowsセットアップに統合する必要があります。 Windows 8 / 8.1は、USB接続SSDまたはSATA-to-USBエンクロージャーのSCSIunmapコマンドもサポートしています。 SCSI Unmapは、SATATRIMコマンドの完全なアナログです。USB Attached SCSI Protocol(UASP)でもサポートされています

Windows8.1のグラフィカルなWindowsDisk Defagmenterは、別の[メディアタイプ]列でハードディスクドライブとは異なるSSDも認識します。Windows7は内部SATASSDの自動TRIMをサポートしていましたが、Windows8.1およびWindows10は手動TRIM(Disk Defragmenterの「最適化」機能を介して)およびSATA、NVMe、およびUSB接続SSDの自動TRIMをサポートしています。

ZFS

バージョン10アップデート6(2008年10月にリリース)以降のSolaris、および最近の[いつ? ]のバージョンのOpenSolarisSolaris 10 8/07リリースIllumosLinuxの持つLinux上でZFS、およびFreeBSDのすべてがのパフォーマンスブースターとしてSSDを使用することができZFS。低遅延SSDは、SLOGという名前のZFSインテントログ(ZIL)に使用できます。これは、ドライブへの同期書き込みが発生するたびに使用されます。 SSD(必ずしも低遅延である必要はありません)をレベル2の適応型置換キャッシュに使用することもできます(L2ARC)、読み取り用にデータをキャッシュするために使用されます。単独または組み合わせて使用​​すると、一般的にパフォーマンスの大幅な向上が見られます。[261]

FreeBSD

ZFS for FreeBSDは、2012年9月23日にTRIMのサポートを導入しました。[262]このコードは、解放されたデータの領域のマップを作成します。書き込むたびに、コードはマップを参照し、最終的には以前は解放されていたが現在は上書きされている範囲を削除します。時が来たときにTRIMが範囲を定める優先度の低いスレッドがあります。

また、Unixファイルシステム(UFS)はTRIMコマンドをサポートしています。[263]

パーティションを交換する

  • Microsoftの元Windows部門社長であるStevenSinofskyよると、「SSDに配置するのにページファイルよりも優れたファイルはほとんどありません」。[264]収集されたテレメトリデータによると、Microsoftはpagefile.sysがSSDストレージに理想的に一致することを発見しました[264]
  • Linuxスワップパーティションは、基盤となるブロックデバイスがTRIMをサポートしている場合、デフォルトでTRIM操作を実行し、それらをオフにするか、1回限りまたは継続的なTRIM操作を選択することができます。[229] [230] [231]
  • オペレーティングシステムがディスクリートスワップパーティションでのTRIMの使用をサポートしていない場合は、代わりに通常のファイルシステム内でスワップファイルを使用できる可能性があります。たとえば、OSXはスワップパーティションをサポートしていません。ファイルシステム内のファイルにのみスワップするため、たとえばスワップファイルが削除された場合にTRIMを使用できます。[要出典]
  • DragonFly BSDでは、SSDで構成されたスワップをファイルシステムキャッシュとしても使用できます。[265]これは、デスクトップとサーバーの両方のワークロードのパフォーマンスを向上させるために使用できます。bcacheDM-キャッシュ、およびFlashcacheのプロジェクトは、Linuxカーネルのための同様の概念を提供しています。[266]

標準化団体

以下は、ソリッドステートドライブ(およびその他のコンピューターストレージデバイス)の標準を作成するために活動している標準化団体および団体です。以下の表には、ソリッドステートドライブの使用を促進する組織も含まれています。これは必ずしも網羅的なリストではありません。

組織または委員会 小委員会: 目的
INCITS 該当なし 米国のANSIと世界中の合同ISO / IEC委員会の間の技術標準活動を調整します
T10 INCITS SCSI
T11 INCITS FC
T13 INCITS ATA
JEDEC 該当なし マイクロエレクトロニクス業界向けのオープンスタンダードと出版物を開発
JC-64.8 JEDEC ソリッドステートドライブの標準と出版物に焦点を当てています
NVMHCI 該当なし 不揮発性メモリサブシステム用の標準ソフトウェアおよびハードウェアプログラミングインターフェイスを提供します
SATA-IO 該当なし SATA仕様を実装するためのガイダンスとサポートを業界に提供します
SFF委員会 該当なし 他の標準化委員会によって対処されていない場合、注意が必要なストレージ業界標準に取り組んでいます
SNIA 該当なし 情報管理における標準、テクノロジー、および教育サービスを開発および促進します
SSSI SNIA ソリッドステートストレージの成長と成功を促進します

商業化

可用性

ソリッドステートドライブテクノロジーは、1990年代半ば以降、軍事およびニッチ産業市場に販売されてきました。[267]

新興のエンタープライズ市場に加えて、SSDはウルトラモバイルPCといくつかの軽量ラップトップシステムに登場しており、容量、フォームファクター、転送速度に応じて、ラップトップの価格が大幅に上昇しています。ローエンドアプリケーションの場合、USBフラッシュドライブは、容量と速度に応じて、10ドルから100ドル程度で入手できる可能性があります。あるいは、コンパクトフラッシュカードをCF-to-IDEまたはCF-to-SATAコンバータと同様のコストでペアリングすることもできます。これらのいずれかでは、頻繁に書き込まれるファイルをドライブに保存しないか、フラッシュファイルシステムを使用して、書き込みサイクルの耐久性の問題を管理する必要があります。標準のコンパクトフラッシュカードの書き込み速度は通常7〜15 MB / sですが、より高価な高級カードの書き込み速度は最大60 MB / sです。

利用可能になった最初のフラッシュメモリSSDベースのPCはSonyVaio UX90で、2006年6月27日に予約注文が発表され、2006年7月3日に16GBのフラッシュメモリハードドライブを搭載して日本で出荷を開始しました。[268] 2006年9月下旬、ソニーはVaioUX90のSSDを32GBにアップグレードしました。[269]

SSDの最初の主流リリースの1つは、One Laptop PerChildプロジェクトの一部として構築されXOラップトップでした。発展途上国の子供向けに製造されたこれらのコンピューターの量産は2007年12月に開始されました。これらのマシンは、通常の使用条件よりも過酷な条件に適していると考えられるプライマリストレージとして1,024 MiB SLCNANDフラッシュを使用します。デルは、2007年4月26日にSanDiskSSDを搭載したウルトラポータブルノートパソコンの出荷を開始しました。[270] Asusは、2、4、または8ギガバイトのフラッシュメモリを搭載したEeePCネットブックを2007年10月16日にリリースしました[271] 2008年に、2つのメーカーが珍しい1.8インチHDDの代わりにSSDオプションを備えた超薄型ラップトップをリリースしました。これは MacBook Airで、1月31日にAppleからリリースされました。オプションの64 GB SSDが搭載されています(AppleStoreのコストはこのオプションで999ドル多くなりました) 、80 GB 4200 RPM HDDと比較して)、[272]そして同様の64ギガバイトSSDを搭載したLenovo ThinkPad X300は、2008年2月に発表され[273]、2008年8月26日に128 GBSSDオプションにアップグレードされました。ThinkPad X301モデルのリリース(約200米ドルを追加するアップグレード)[274]

2008年には、ローエンドのネットブックがSSDとともに登場しました。2009年、SSDはラップトップに登場し始めました。[270] [272]

2008年1月14日、EMC Corporation(EMC)は、Symmetrix DMXシステムにSTEC、Inc。のZeus-IOPS SSDを選択したことを発表したときに、フラッシュベースのSSDを製品ポートフォリオに出荷した最初のエンタープライズストレージベンダーになりました[275] 2008年、SunSun Storage 7000ユニファイドストレージシステム(コード名Amber Road)をリリースしました。これは、ソリッドステートドライブと従来のハードドライブの両方を使用して、SSDが提供する速度と、従来のHDDが提供する経済性と容量を活用します。[276]

デルは、2009年1月に一部のノートブックモデルでオプションの256GBソリッドステートドライブの提供を開始しました。[277] [278] 2009年5月、東芝は512 GBSSDを搭載したラップトップを発売しました。[279] [280]

2010年10月以降、AppleのMacBookAirラインはソリッドステートドライブを標準で使用しています。[281] 2010年12月、OCZ RevoDrive X2 PCIeSSDは100GBから960GBの容量で利用可能で、740 MB / sのシーケンシャル速度を超える速度と、最大120,000IOPSのランダムな小さなファイルの書き込みを実現しました。[282] 2010年11月、Fusion-ioは、ストレージスペース5.12 TB、読み取り速度6.0 GB / s、書き込み速度4.4 GB / sのPCI-Expressx16 Gen2.0インターフェイスを利用したioDriveOctalという名前の最高性能のSSDドライブをリリースしました。 30マイクロ秒の低遅延。 1.19Mの読み取り512バイトIOPSと1.18Mの書き込み512バイトIOPSがあります。[283]

2011年に、IntelのUltrabook仕様に基づくコンピューターが利用可能になりました。これらの仕様は、UltrabookがSSDを使用することを規定しています。これらはコンシューマーレベルのデバイスであり(エンタープライズユーザーを対象とした以前の多くのフラッシュ製品とは異なり)、MacBookAir以外でSSDを使用する最初の広く利用可能なコンシューマーコンピューターを表しています。[284] CES 2012で、OCZ Technologyは、6.5 GB / sおよび140万IOPSの転送速度に到達できるR4CloudServ PCIeSSDを実証しました。[285]また、PCI Express x16 Gen3.0を使用して7.2GB / sおよび252万IOPSの転送速度に到達できる最大12TBの容量で利用可能なZ-DriveR5も発表されました。[286]

2013年12月、Samsungは業界初の1 TB mSATASSDを発表して発売しました[287] 2015年8月、Samsungは16 TB SSDを発表しました。当時、あらゆるタイプの世界最大容量のシングルストレージデバイスでした。[288]

2018年現在多くの企業がSSDデバイスを提供していますが、SSDのストレージ要素であるNandフラッシュデバイス[289]実際に製造しているのは5社のみです。

品質とパフォーマンス

一般に、特定のデバイスのパフォーマンスは、さまざまな動作条件で大幅に異なる可能性があります。たとえば、ストレージデバイスにアクセスする並列スレッドの数、I / Oブロックサイズ、および残りの空き領域の量はすべて、デバイスのパフォーマンス(つまり転送速度)を劇的に変える可能性があります。[290]

SSDテクノロジーは急速に発展しています。回転メディアを備えたディスクドライブで使用されるパフォーマンス測定のほとんどは、SSDでも使用されます。フラッシュベースのSSDのパフォーマンスは、考えられる条件が広範囲にわたるため、ベンチマークが困難です。 Xssistが2010年に実施したテストでは、IOmeter、4kBランダム70%読み取り/ 30%書き込み、キュー深度4を使用して、Intel X25-E 64 GBG1によって提供されるIOPSは約10,000IOPで開始され、8分後に急激に低下しました。 4,000 IOPSになり、次の42分間は徐々に減少し続けました。 IOPSは、残りの8時間以上のテスト実行で、約50分以降から3,000から4,000の間で変化します。[291]

エンタープライズグレードのフラッシュドライブの設計者は、オーバープロビジョニング増やしウェアレベリングを採用することで、寿命を延ばそうとします[292]

販売

SSDの出荷台数は2009年に1,100万台、[293] 2011年に1,730万台[294]、合計50億米ドル、[295] 2012年に3,900万台、2013年には8,300万台に増加すると予想されていました[296 ] 2016年には2億140万台[294]、2017年には2億2700万台に。[297]

世界のSSD市場(低コストのPCソリューションを含む)の収益は、2008年には合計5億8500万ドルで、2007年の2億5900万ドルから100%以上増加しました。[298]

も参照してください

参考文献

  1. ^ Whittaker、Zack。「ソリッドステートディスクの価格は下落しているが、ハードディスクよりもさらにコストがかかる」線の間ZDNet。2012年12月2日にオリジナルからアーカイブされました取得した14年12月2012
  2. ^ 「SSD省電力はTCOの大幅な削減をもたらします」(PDF)STEC2010年7月4日にオリジナル(PDF)からアーカイブされました2010年10月25日取得
  3. ^ a b Kasavajhala、Vamsee(2011年5月)。「SSDとHDDの価格とパフォーマンスの調査、デルのテクニカルホワイトペーパー」(PDF)デルPowerVaultテクニカルマーケティング。2012年5月12日にオリジナルからアーカイブ(PDF)検索された15年6月2012
  4. ^ a b c d e f 「ソリッドステートストレージ101:ソリッドステートストレージの概要」(PDF)SNIA2009年1月。2019年6月10日のオリジナル(PDF)からアーカイブ取り出さ年8月9 2010年
  5. ^ 「WDは最初のハイブリッドドライブであるWDBlackSSHDを披露します」Cnet。2013年3月29日にオリジナルからアーカイブされました取得した3月26日に2013
  6. ^ PatrickSchmidおよびAchimRoos(2012-02-08)。「MomentusXT750 GBレビュー:第2世代ハイブリッドハードドライブ」2013年11月7取得
  7. ^ Anand Lal Shimpi(2011-12-13)。「Seagate第2世代MomentusXT(750GB)ハイブリッドHDDレビュー」2013-11-01にオリジナルからアーカイブされました2013年11月7取得
  8. ^ B 「SSDデータ保持についての真実」2017-03-18にオリジナルからアーカイブされました2017115日取得
  9. ^ 「NF1SSD |サムスンセミコンダクター」Samsung.com
  10. ^ 「オールフラッシュNVMeサーバー| Supermicro」SuperMicro.com
  11. ^ Liu 2019-08-06T17:04:02Z、Zhiye(2019年8月6日)。「東芝がNVMeSSD用のXFMEXPRESSフォームファクターを発表」トムスハードウェア
  12. ^ PDF、EDSFF *に基づくIntelデータセンターSSD; 完璧にフィットするダウンロード。「EDSFFベースのインテルデータセンターSSD(以前の「ルーラー」フォームファクター)」インテル
  13. ^ 「Intelの最初の「定規」SSDは32TBを保持します」Engadget
  14. ^ 「StorageTek-2004年頃」storagesearch.com 2017年12月11日取得
  15. ^ 「DataramCorp:1977年次報告書」(PDF)2011年9月27日のオリジナルからアーカイブ(PDF)20116月19日取得
  16. ^ 「主流のPCSのためのサムスンの最初の8TBSSDは870QVOです」
  17. ^ B 20,000,000で割っ100,000,000,000,000。
  18. ^ a b c "Samsung32GBソリッドステートドライブ| bit-tech.net"bit-tech.net
  19. ^ a b c d Tokar、Les(2020年9月23日)。「Samsung980Pro Gen 4 NVMe SSDレビュー(1TB / 250GB)–クーラー温度で7GB /秒の速度」
  20. ^ 15,000÷49.3)
  21. ^ 6,795÷49.3、四捨五入
  22. ^ 「企業を爆破する準備ができているシーゲイトの最初のパルサーSSD」Engadget
  23. ^ 「Samsungの25GB / 50GBエンタープライズSSDは停止できず、高負荷でも停止しません」Engadget
  24. ^ 15,200÷80
  25. ^ 4,397÷80、四捨五入
  26. ^ 2,500,000÷79
  27. ^ 736,270÷79
  28. ^ 702,210÷79
  29. ^ 「WDBlackSN850 1TB NVMe M.2SSDレビュー」2020年11月9日。
  30. ^ 0.5÷0.045
  31. ^ 0.5÷0.013
  32. ^ は$ 1000で20MBだったので、20÷1000 = 50なので、MBあたり$ 50、GBは1000 MBなので、50×1000 = 50,000
  33. ^ https://web.archive.org/web/20200716072857/https://www.techradar.com/amp/news/cheap-ssd-deals CrucialMX500の価格は500GBで49.99ドルなので、49.99÷500 = 0.09998で四捨五入されています。 2つの有効数字に0.10を与えます
  34. ^ 50,000を0.25で割った値。
  35. ^ a b "1991:ソリッドステートドライブモジュールのデモ"コンピュータ歴史博物館2019年5月31日取得
  36. ^ 「1987年:東芝はNANDフラッシュを発表しますeWeek2012年4月11日2019年6月20日取得
  37. ^ 「1971年:再利用可能な半導体ROMが導入されました」コンピュータ歴史博物館2019年6月19日取得
  38. ^ 米国特許5,297,148
  39. ^ 「サンディスクブランドの歴史。1991年のニュース」sandisk.comSanDisk Corp.1991 2017年12月12日取得
  40. ^ 1998年10月付けのSanDisk製品パンフレット
  41. ^ メラー、クリス。「このSTECにはたくさんのシズルがあります」theregister.co.uk2013年11月11日にオリジナルからアーカイブされました取得した24年11月2014
  42. ^ 小田切、ひろゆき; 後藤晃; 角南、敦; ネルソン、リチャードR.(2010)。知的財産権、開発、およびキャッチアップ:国際比較研究オックスフォード大学出版局pp。224–227。ISBN 978-0-19-957475-9
  43. ^ Drossel、Gary(2007年2月)。「ソリッドステートドライブは軍事用ストレージのセキュリティ要件を満たしています」(PDF)ミリタリーエンベデッドシステム。2011-07-14のオリジナルからアーカイブ(PDF)2010年6月13日取得
  44. ^ 1ギガバイト(1 GB)は、10億バイト(1000 3 B)に相当します
  45. ^ 「BiTMICRO1999ニュースリリース」BiTMICRO。1999年からアーカイブ2010-05-01に2010年6月13日取得
  46. ^ 「Fusion-ioがioDriveを発表し、SANのパワーを手のひらに乗せます」(PDF)Fusion-io。2007-09-25。2010-05-09にオリジナル(PDF)からアーカイブされまし2010年6月13日取得
  47. ^ 1テラバイト(1 TB)は、1兆バイト(1000 4 B)に相当します
  48. ^ 「OCZの新しいBlazingFast 1TB ZSSDドライブ」トムのハードウェア。2009-03-04 2009年1021日取得
  49. ^ Jansen、Ng(2009-12-02)。「Micronが世界初のネイティブ6GbpsSATAソリッドステートドライブを発表」DailyTech2009年12月5日にオリジナルからアーカイブされまし2009年12月2取得
  50. ^ アンソニー、セバスチャン(2016年8月11日)。「シーゲイトの新しい60TBSSDは世界最大です」ArsTechnica
  51. ^ 「Seagateは10GB /秒で最速のSSDフラッシュドライブを誇っています」SlashGear2016年3月9日。
  52. ^ タリス、ビリー。「Seagateは10GB / s PCIeSSDと60TBSASSSDを発表しました」AnandTech.com
  53. ^ 「Samsungの巨大な15TBSSDはあなたのものになることができます-約1万ドルで-Computerworld」ComputerWorld.com
  54. ^ "サムスン15.36TB MZ-ILS15T0 PM1633a 15TBエンタープライズクラスSAS 2.5" SSD」Scan.co.uk
  55. ^ 「「無制限」のドライブをテストしたい人は誰でもNimbusDataの100TBワッパーSSDにクレームを書き込みますか?•レジスター」TheRegister.co.uk
  56. ^ シロフ、アントン。「Samsung30.72TB SSD:PM1643の量産開始」AnandTech.com
  57. ^ 「SamsungSSD970 EVO Plus | SamsungV-NANDコンシューマーSSD」サムスンセミコンダクター
  58. ^ ガイゼル、ジーナ(2016年8月13日)。「フラッシュメモリサミットで「ベストオブショー」に選ばれたSeagate60TBSSD」
  59. ^ フィンガス、ジョン; 03.19.18。「世界最大のSSD容量は現在100TBです」EngadgetCS1 maint: numeric names: authors list (link)
  60. ^ 「ニンバスデータ100TBSSD-世界最大のSSD」2018年3月29日。
  61. ^ ストレージ、Darren Allan 2018-03-19T16:27:07 77Z(2018年3月19日)。「この100TBSSDは世界最大であり、現在入手可能です」TechRadar
  62. ^ 「NimbusDataの100TBSSDは、たった40,000ドルであなたのものになります」www.techspot.com
  63. ^ 「100TBで、世界最大のSSDは(目を見張るような)値札を取得します| TechRadar」www.techradar.com2020年7月7日。
  64. ^ 世界最速かつ最大の「Gigabyteの15.0ギガバイト/秒のPCIe 4.0 SSDは、 『PCGamesN
  65. ^ 「PCIe4.0とPCIe3.0SSDのベンチマーク」TechSpot.com
  66. ^ ロビンソン、クリフ(2019年8月10日)。「PRE用のSamsungPM1733 PCIe Gen4 NVMeSSD」
  67. ^ シロフ、アントン。「AMDSの「ローマ」EPYCプロセッサ用のSamsungPreps PM1733 PCIe4.0エンタープライズSSD」AnandTech.com
  68. ^ Liu 2019-08-09T14:54:02Z、Zhiye(2019年8月9日)。「SamsungがPM1733PCIe 4.0 SSDを発表:最大8GB /秒および30TB」トムスハードウェア
  69. ^ メラー、クリス。「EMCはエンタープライズディスクストレージを永遠に変えました:最初にエンタープライズフラッシュブリーチに」Techworld。アーカイブされたオリジナルの2010年7月15日に2010年6月12日取得
  70. ^ バーク、バリーA.(2009-02-18)。「1.040:efd-名前には何が含まれていますか?」ストレージアナキスト。2010年6月12日にオリジナルからアーカイブされまし2010年6月12日取得
  71. ^ Anand Lal Shimpi(2012-11-09)。「インテルSSDDC S3700(200GB)レビュー?」AnandTech。2014-10-25にオリジナルからアーカイブされました。
  72. ^ 「PX02SSB080 / PX02SSF040 / PX02SSF020 / PX02SSF010」東芝株式会社。2016-02-15にオリジナルからアーカイブされました。
  73. ^ 「MicronのX100SSDは、最初の3DXPoint製品です| TechRadar」TechRadar.com2019年10月24日。
  74. ^ 「PCIe4.0とPCIe3.0SSDのベンチマーク」TechSpot
  75. ^ 「ソリッドステートディスクとは何ですか?」Ramsan.comテキサスメモリシステム2008年2月4日にオリジナルからアーカイブされまし
  76. ^ 家賃、トーマスM.(2010-04-09)。「SSDコントローラーの詳細」StorageReview.com2010-10-15にオリジナルからアーカイブされまし取り出さ2010-04-09に
  77. ^ Bechtolsheim、Andy(2008)。「ソリッドステートストレージ革命」(PDF)SNIA.org 取り出さ2010-11-07に [リンク切れ]
  78. ^ a b Werner、Jeremy(2010-08-17)。「東芝ハードドライブデータリカバリ」SandForce.com。2011年12月6日にオリジナルからアーカイブ(PDF)2012年828日取得
  79. ^ 「SandforceSF-2500 / 2600製品概要」取得した25年2月2012
  80. ^ a b c 「SSDアンソロジー:OCZからのSSDと新しいドライブの理解」AnandTech.com。2009-03-18。2009年3月28日にオリジナルからアーカイブされました。
  81. ^ 「250MB /秒の書き込み速度のフラッシュSSD」Micron.com。2009年6月26日にオリジナルからアーカイブされまし2009年1021日取得
  82. ^ シンピ、アナンドラル(2011-02-24)。「OCZVertex3プレビュー:Vertex 3Proよりも高速で安価」Anandtech.com。2011年5月29日にオリジナルからアーカイブされました20116月30日取得
  83. ^ シンピ、アナンドラル(2009年12月31日)。「OCZのVertex2 Proプレビュー:これまでにテストした中で最速のMLCSSD」AnandTech。2013年5月12日にオリジナルからアーカイブされました検索された16年6月2013年
  84. ^ Arnd Bergmann(2011-02-18)。「安価なフラッシュドライブでLinuxを最適化する」LWN.net2013-10-07にオリジナルからアーカイブされました2013年10月3取得
  85. ^ ジョナサン・コアベット(2007-05-15)。「LogFS」LWN.net2013-10-04にオリジナルからアーカイブされました2013年10月3取得
  86. ^ SLCおよびMLC は、 Wayback Machine SSDFestplatten2013年4月5日にアーカイブされました2013年4月10日取得。
  87. ^ 「SSDについて知っておくべきトップ20の事柄」(PDF)seagate.com2011. 2016-05-27のオリジナルからアーカイブ(PDF)2015年926日取得
  88. ^ ライ、エリック(2008-11-07)。"SSDラップトップドライブ 'ハードディスクより遅い' "Computerworld2011年6月29日にオリジナルからアーカイブされました20116月19日取得
  89. ^ ハッチンソン、リー(2012年6月4日)。「ソリッドステート革命:SSDが実際にどのように機能するかについての詳細」ArsTechnica2019年9月27日取得
  90. ^ Mearian、Lucas(2008-08-27)。「ラップトップ、PC用のソリッドステートディスクの光沢がない」Computerworld.com2016-10-23にオリジナルからアーカイブされました201756日取得
  91. ^ B 「エンタープライズアプリにあるMLC SSDはこれまで安全?」Storagesearch.comACSL。2008年9月19日にオリジナルからアーカイブされました。
  92. ^ Lucchesi、Ray(2008年9月)。「SSDフラッシュドライブが企業に参入」(PDF)シルバートンコンサルティング。2015年12月10日にオリジナルからアーカイブ(PDF)2010年6月18日取得
  93. ^ Bagley、ジム(2009-07-01)。「オーバープロビジョニング:勝利戦略または撤退?」(PDF)StorageStrategiesNow。NS。2. 2010-01-04のオリジナル(PDF)からアーカイブ2010年6月19日取得
  94. ^ Drossel、Gary(2009-09-14)。「SSDの使用可能寿命を計算するための方法論」(PDF)ストレージ開発者会議、2009年。2015128日のオリジナルからアーカイブ(PDF)2010年6月20日取得
  95. ^ 「サムスンはエンタープライズアプリケーションのための世界初の3DV-NANDベースのSSDを紹介します」サムスン2013年8月13日2020年3月10日取得
  96. ^ 現金、ケリー。「フラッシュSSD-劣ったテクノロジーまたはクローゼットスーパースター?」BiTMICRO。2011年7月19日にオリジナルからアーカイブされまし2010年8月14日取得
  97. ^ Kerekes、Zsolt。「RAMSSD」storagesearch.comACSL。2010年8月22日にオリジナルからアーカイブされました取得した14年8月2010
  98. ^ ロイド、クリス(2010年1月28日)。「SSDの外観を遅くする次世代ストレージRAMドライブを使用して究極のパフォーマンスを実現」techradar.com2014年12月4日にオリジナルからアーカイブされました取得した27年11月2014
  99. ^ アリンマルヴェンターノ。"2012 CES:OCZは、DDRベースのSATA 6Gbit / sのaeonDrive示し、" アーカイブで2013年7月19日ウェイバックマシン2012年。
  100. ^ 「RIndMAディスク」Hardwareforall.com。2010-01-04にオリジナルからアーカイブされまし2010年8月13日取得
  101. ^ Kerekes、Zsolt(2007)。「フラッシュSSDとRAMSSDの価格」StorageSearch.comACSL。2013年8月23日にオリジナルからアーカイブされました。
  102. ^ 「SSDがまだそれほど高価なのはなぜですか?」aGigaTech.com12月12日、2009年のアーカイブ2012年11月3日に取得した2013年6月11日を
  103. ^ 「Intel、Micronは、DDR4およびNANDを凌駕する可能性のある新しいメモリアーキテクチャであるXpointを明らかにしました-ExtremeTech」ExtremeTech2015年8月20日にオリジナルからアーカイブされました。
  104. ^ スミス、ライアン(2015年8月18日)。「Intelが3DXPoint製品のOptaneストレージブランドを発表」2015年8月19日にオリジナルからアーカイブされました。製品は、Ultrabookからサーバーまですべての標準SSD(PCIe)フォームファクターと、さらに広い帯域幅と低いレイテンシーのためのXeonシステム用のDIMMフォームファクターの両方で2016年に利用可能になります。予想通り、Intelは3DXPointメモリ用に最適化されたストレージコントローラーを提供します
  105. ^ 「Intel、Micronは、現在のSSDよりも1,000倍高速な3DXPointストレージテクノロジーを発表しました」CNETCBSインタラクティブ。2015年7月29日にオリジナルからアーカイブされました。
  106. ^ ケリオン、レオ(2015-07-28)。「3DXpointメモリ:フラッシュよりも高速なストレージが発表されました」BBCニュース2015年7月30日にオリジナルからアーカイブされました。
  107. ^ スティーブンローソン(2015年7月28日)。「IntelとMicronが3DXPointを発表-新しいクラスのメモリ」Computerworld2015年7月30日にオリジナルからアーカイブされました。
  108. ^ 「IntelとMicronが3DXPointメモリ、1000倍の速度とフラッシュでの耐久性を発表」2015-07-28 –スラッシュドット経由。IntelのRobCrookeは、「コストはNANDとDRAMの間のどこかに置くことができます」と説明しました。
  109. ^ ジムハンディ。「バイキング:なぜ不揮発性DRAMを待つのか?」 ウェイバックマシン2013年6月24日にアーカイブされました2013年。
  110. ^ 「ハイブリッドDIMMとスピードの探求」ネットワークコンピューティング2014-03-12。2014年12月20日にオリジナルからアーカイブされました取得した20年12月2014
  111. ^ SSD Guy(2013-03-30)。「シーゲイトはハイブリッドをアップグレードし、7,200RPMHDDを段階的に廃止します」SSDガイ。2013年12月16日にオリジナルからアーカイブされました取得した2014年1月20日を
  112. ^ 「ハイブリッドストレージドライブ」2013年6月6日にオリジナルからアーカイブされました。
  113. ^ ダグラスペリー。「バッファローはMRAMキャッシュを備えたSSDを示しています」 ウェイバックマシン2013年12月16日にアーカイブされました2012年。
  114. ^ リックバージェス。「Everspin最初のST-MRAMを出荷するには、より高速のSSDよりも500Xを主張する」 アーカイブで2013年4月3日ウェイバックマシン2012年。
  115. ^ a b Demerjian、Charlie(2010-05-03)。「SandForceSSDはTPC-Cレコードを破る」SemiAccurate.com。2010-11-27にオリジナルからアーカイブされました取り出さ2010-11-07に
  116. ^ Kerekes、Zsolt。「SSDの突然の停電に耐える」storagesearch.com2014年11月22日にオリジナルからアーカイブされました取得した28年11月2014
  117. ^ 「IntelSSD、sh..err、恥ずべきリストから外れました」2011-04-09。2012年2月3日にオリジナルからアーカイブされまし
  118. ^ 「CrucialのM500SSDのレビュー」2013-04-18。2013年4月20日にオリジナルからアーカイブされました。
  119. ^ 「IntelSSD320シリーズによるより多くの電力損失データ保護」(PDF)インテル2011. 2014-02-07のオリジナル(PDF)からアーカイブ取得した2015年4月10日を
  120. ^ 「Intelソリッドステートドライブ710:耐久性。パフォーマンス。保護」2012年4月6日にオリジナルからアーカイブされました。
  121. ^ Anand Lal Shimpi(2012-11-09)。「インテルSSDDC S3700(200GB)レビュー」AnandTech2014-09-23にオリジナルからアーカイブされました2014年9月24日取得
  122. ^ ポールアルコーン。「HuaweiTecalES3000PCIeエンタープライズSSD内部」トムのITプロ2015年6月19日にオリジナルからアーカイブされました。
  123. ^ 「シリアル接続SCSIマスターロードマップ」SCSITradeAssociation。2015-10-14。2016年3月7日にオリジナルからアーカイブされまし2016年2月26日取得
  124. ^ 「SATA-IOがSATAリビジョン3.0仕様をリリース」(PDF)(プレスリリース)。シリアルATA国際組織。2009年5月27日。2009年6月11日のオリジナルからアーカイブ(PDF)取り出さ年7月3 2009年
  125. ^ 「PCIExpress3.0のよくある質問」pcisig.comPCI-SIG。2014-02-01にオリジナルからアーカイブされまし2014年5月1日取得
  126. ^ 「SuperSpeedUSB10Gbps-開発の準備ができました」ロックヒルヘラルド。2014年10月11日にオリジナルからアーカイブされまし2013年731日取得
  127. ^ 「PATASSD」トランセンド。2011年7月17日にオリジナルからアーカイブされまし
  128. ^ 「ネットブックSSD」スーパータレント。アーカイブされたオリジナルの2010年11月23日に。
  129. ^ Kerekes, Zsolt (July 2010). "The (parallel) SCSI SSD market". StorageSearch.com. ACSL. Archived from the original on 2011-05-27. Retrieved 2011-06-20.
  130. ^ Kristian, Vättö. "Apple Is Now Using SanDisk SSDs in the Retina MacBook Pro As Well". anandtech.com. Archived from the original on 29 November 2014. Retrieved 27 November 2014.
  131. ^ Ruth, Gene (2010-01-27). "SSD: Dump the hard disk form factor". Burton Group. Archived from the original on 2010-02-09. Retrieved 2010-06-13.
  132. ^ Kerekes, Zsolt. "SSD Buyers Guide". StorageSearch.com. ACSL. Archived from the original on 2010-06-14. Retrieved 2010-06-13.
  133. ^ "SATA M.2 Card". The Serial ATA International Organization. Archived from the original on 2013-10-03. Retrieved 2013-09-14.
  134. ^ Hachman, Mark (2014-01-17). "SSD prices face uncertain future in 2014". pcworld.com. Archived from the original on 2 December 2014. Retrieved 24 November 2014.
  135. ^ Beard, Brian (2009). "SSD Moving into the Mainstream as PCs Go 100% Solid State" (PDF). Samsung Semiconductor, Inc. Archived (PDF) from the original on 2011-07-16. Retrieved 2010-06-13.
  136. ^ "Enterprise SATADIMM". Viking Technology. Archived from the original on 2011-11-04. Retrieved 2010-11-07.
  137. ^ "SATADOM". Innodisk. Archived from the original on 2011-07-07. Retrieved 2011-07-07.
  138. ^ Pop, Sebastian. "PCI Express SSD from Fusion-io ioXtreme Is Aimed at the Consumer Market". Softpedia. Archived from the original on 16 July 2011. Retrieved 9 August 2010.
  139. ^ Pariseau, Beth (16 March 2010). "LSI delivers Flash-based PCIe card with 6 Gbit/s SAS interface". Archived from the original on 6 November 2010. Retrieved 9 August 2010.
  140. ^ Kerekes, Zsolt. "SSDs". StorageSearch.com. ACSL. Archived from the original on 27 May 2011. Retrieved 27 June 2011.
  141. ^ "New From SST: SST85LD0128 NANDrive - Single Package Flash Based 128MB Solid State Hard Disk Drive with ATA / IDE Interface". Memec Newsletter. Dec 2006. Retrieved 27 June 2011.[permanent dead link]
  142. ^ "SST announces small ATA solid-state storage devices". Computer Technology Review. 26 Oct 2006. Archived from the original on 1 October 2011. Retrieved 27 June 2011.
  143. ^ "M1000 Specifications". Memoright. Archived from the original on 2011-11-25. Retrieved 2011-07-07.
  144. ^ Chung, Yuping (19 Nov 2008). "Compact, shock- and error-tolerant SSDs offer auto infotainment storage options". EE Times. Archived from the original on 17 May 2012. Retrieved 27 June 2011.
  145. ^ "Benchmarking Enterprise SSDs" (PDF). Archived from the original (PDF) on 2012-05-07. Retrieved 2012-05-06.
  146. ^ "SSD vs HDD - Why Solid State Drive". SSD Guide. OCZ Technology. Archived from the original on 10 May 2013. Retrieved 17 June 2013.
  147. ^ "Price Comparison SSDs" (PDF). Archived (PDF) from the original on 2012-05-12. Retrieved 2012-05-06.
  148. ^ A 2011 study by Intel on the use of 45,000 SSDs reported an annualized failure rate of 0.61% for SSDs, compared with 4.85% for HDDs. "Validating the Reliability of Intel® Solid-State Drives". Intel. July 2011. Archived from the original on 18 January 2012. Retrieved 10 February 2012.
  149. ^ a b Prieur, Marc (16 November 2012). "Components returns rates (7)". BeHardware. Archived from the original on 9 August 2013. Retrieved 25 August 2013.
  150. ^ Harris, Robin (2013-03-01). "How SSD power faults scramble your data". ZDNet. CBS Interactive. Archived from the original on 2013-03-04.
  151. ^ Paul, Ian (14 January 2014). "Three-year, 27,000 drive study reveals the most reliable hard drive makers". PC World. Archived from the original on 15 May 2014. Retrieved 17 May 2014.
  152. ^ Schoeb, Leah (January 2013). "Should you believe vendors' jaw-dropping solid-state performance specs?". Storage Magazine. Archived from the original on 9 April 2013. Retrieved 1 April 2013.
  153. ^ Mearian, Lucas (3 August 2009). "Intel confirms data corruption bug in new SSDs, halts shipments". ComputerWorld. Archived from the original on 25 January 2013. Retrieved 17 June 2013.
  154. ^ "More hard drive firmware bugs cause data loss". Defcon-5.com. 5 September 2009. Archived from the original on 18 May 2014. Retrieved 17 June 2013.
  155. ^ "Digital Storage Projections For 2018, Part 1". Forbes Magazine. December 20, 2017. Flash memory should continue price decreases again starting in 2018, but HDDs should be able to continue to maintain something like a 10X difference in raw capacity prices out into the next decade ...
  156. ^ a b "HDD vs SSD: What Does the Future for Storage Hold? – Part 2". Backblaze. March 13, 2018.
  157. ^ "Nimbus Data Launches the World's Largest Solid State Drive - 100 Terabytes - to Power Data-driven Innovation".
  158. ^ Computing, Anthony Spadafora 2018-12-03T23:21:28Z. "Seagate reveals world's largest HDD". TechRadar. Retrieved 2019-09-17.
  159. ^ a b "SSD reliability in the real world: Google's experience". ZD Net. February 25, 2016. Retrieved September 20, 2019. Surprise! SSDs fail differently than disks - and in a dangerous way.
  160. ^ Lucas Mearian (2008-08-27). "Solid-state disk lackluster for laptops, PCs". Archived from the original on 2008-12-02. Retrieved 2008-09-12. Corporate-grade SSD uses single-level cell (SLC) NAND memory and multiple channels to increase data throughput and wear-leveling software to ensure data is distributed evenly in the drive rather than wearing out one group of cells over another. And, while some consumer-grade SSD is just now beginning to incorporate the latter features (p. 1). It matters whether the SSD drive uses SLC or MLC memory. SLC generally endures up to 100,000 write cycles or writes per cell, while MLC can endure anywhere from 1,000 to 10,000 writes before it begins to fail, [according to Fujitsu's vice president of business development Joel Hagberg] (p. 4).
  161. ^ Kerekes, Zsolt. "SSD Myths and Legends - "write endurance"". StorageSearch.com. ACSL. Archived from the original on 2008-06-25.
  162. ^ "No SWAP Partition, Journaling Filesystems, …on an SSD?". Robert.penz.name. 2008-12-07. Archived from the original on 2009-11-02. Retrieved 2009-10-21.
  163. ^ "SSDs, Journaling, and noatime/relatime". 2009-03-01. Archived from the original on 2011-08-08. Retrieved 2011-09-27.
  164. ^ Tests by Tom's Hardware on the 60 GB Intel 520 SSD calculated a worst-case lifetime of just over five years for incompressible data, and a lifetime of 75 years for compressible data. Ku, Andrew (6 February 2012). "Intel SSD 520 Review: SandForce's Technology: Very Low Write Amplification". Tom's Hardware. Retrieved 10 February 2012.
  165. ^ Analysis of SSD Reliability during power-outages Archived 2014-01-01 at the Wayback Machine, December 2013
  166. ^ a b Meza, Justin; Wu, Qiang; Kumar, Sanjeev; Mutlu, Onur (2015). "A Large-Scale Study of Flash Memory Failures in the Field" (PDF). Sigmetrics: 177–190. doi:10.1145/2745844.2745848. ISBN 9781450334860. S2CID 1520864. Archived (PDF) from the original on 2017-08-08.
  167. ^ Nuncic, Michael (7 February 2018). "SSD Lifespan: How Long do SSDs Really Last?". Retrieved 20 November 2019.
  168. ^ CRIDER, MICHAEL (6 September 2017). "How Long Do Solid State Drives Really Last?". Retrieved 20 November 2019.
  169. ^ A study performed by Carnegie Mellon University on manufacturers' published MTBF "Archived copy". Archived from the original on 2013-01-18. Retrieved 2013-02-23.CS1 maint: archived copy as title (link)
  170. ^ Ku, Andrew (29 July 2011). "Tom's Hardware, Data center feedback". Tom's Hardware. Retrieved 10 February 2012.
  171. ^ a b "HDD vs. SSD". diffen.com. Archived from the original on 5 December 2014. Retrieved 29 November 2014.
  172. ^ "Samsung SSD 960 Pro Has 3,500 MB/s Read and 2,100 MB/s Write Speeds". Legit Reviews. September 21, 2016.
  173. ^ FM, Yúbal (April 25, 2018). "Samsung 970 PRO y EVO: 3500 MB/s de lectura y 2700 MB/s de escritura para las nuevas SSD de Samsung". Xataka.
  174. ^ Storage, Kevin Lee 2018-10-24T15:23:10Z. "Adata's newest NVMe SSD promises 3,500MB/s read speeds for less". TechRadar.
  175. ^ "The PC Guide: Spindle Speed". Archived from the original on 2000-08-17.
  176. ^ Hagedoorn, Hilbert. "Seagate MACH.2 Multi Actuator Tech Reaches 480MB/s HDDs". Guru3D.com.
  177. ^ "Super Talent SSD: 16GB of Solid State Goodness". AnandTech. 2007-05-07. Archived from the original on 2009-06-26. Retrieved 2009-10-21.
  178. ^ Markoff, John (2008-12-11). "Computing Without a Whirring Drive". The New York Times. p. B9. Archived from the original on 2017-03-12. Using a standard Macintosh performance measurement utility called Xbench, the Intel solid-state drive increased the computer's overall performance by almost half. Drive performance increased fivefold.
  179. ^ "HP Solid State Drives (SSDs) for Workstations". Archived from the original on 2013-01-26.
  180. ^ a b Holmes, David (2008-04-23). "SSD, i-RAM and Traditional Hard Disk drives". PL. Retrieved 2019-10-05.
  181. ^ Rouse, Margaret Rouse. "write amplification". searchsolidstatestorage. Archived from the original on 6 December 2014. Retrieved 29 November 2014.
  182. ^ Gasior, Geoff (12 March 2015). "The SSD Endurance Experiment: They're All Dead". The Tech Report. Retrieved 30 November 2020.
  183. ^ Radding, Alan. "Solid-state storage finds its niche". StorageSearch.com. ACSL. Archived from the original on 2008-01-03. Retrieved 2007-12-29. Registration required.
  184. ^ "Hard Drive Data Recovery Glossary". New York Data Recovery. Archived from the original on 2011-07-15. Retrieved 2011-07-14.
  185. ^ "The Effects of Disk Fragmentation on System Reliability" (PDF). files.diskeeper.com. Archived (PDF) from the original on 5 December 2014. Retrieved 29 November 2014.
  186. ^ "Intel High Performance Solid State Drive - Solid State Drive Frequently Asked Questions". Archived from the original on 2010-03-06. Retrieved 2010-03-04.
  187. ^ "Windows Defragmenter". TechNet. Microsoft. 2010-04-23. Archived from the original on 2017-08-26.
  188. ^ a b c d e Hanselman, Scott (3 December 2014). "The real and complete story - Does Windows defragment your SSD?". Scott Hanselman's blog. Microsoft. Archived from the original on 22 December 2014.
  189. ^ "How NTFS reserves space for its Master File Table (MFT)". Microsoft. 2008-10-16. Retrieved 2012-05-06.
  190. ^ "How do SSD's function & do they hold up to HDD's?". Hardware. David Berndtsson. Retrieved 18 July 2019.
  191. ^ "Do SSDs heat up?". Tom's Hardware. Retrieved 2012-05-06.
  192. ^ Rana, Anshul (2021-01-24). "Do SSDs Overheat? 4 Fixes If They Do". SSD Sphere. Retrieved 2021-02-05.
  193. ^ "Intel Solid-State Drive DC P3500 Series" (PDF). Intel. 2015-05-13. Archived (PDF) from the original on 2015-07-01. Retrieved 2015-09-14.
  194. ^ "Poorly ventilated system cases can shorten the life of the hard drive". Seagate. Archived from the original on 9 December 2013. Retrieved 2012-05-06.
  195. ^ "Professional Data Recovery - The Data Rescue Center". The Data Rescue Center. Archived from the original on 2015-11-27. Retrieved 2015-09-12.
  196. ^ Lonely Planet. "Hard drives at high altitude". Archived from the original on 2016-01-17.
  197. ^ "Dot Hill - Solid State Disks (SSDs)". Archived from the original on 2015-09-08. Retrieved 2015-09-13.
  198. ^ a b Kaushik Patowary. "Interesting hard drive facts you probably didn't know - Instant Fundas". Archived from the original on 2015-12-23.
  199. ^ Mearian, =Lucas (2 December 2015). "WD ships world's first 10TB helium-filled hard drive". Computerworld.
  200. ^ Gabe Carey (14 January 2016). "Seagate is finally joining HGST in its helium-filled hard drive efforts". Digital Trends.
  201. ^ "External USB hard drive and risk of internal condensation?". Archived from the original on 2015-09-12.
  202. ^ a b "SSD vs HDD". SAMSUNG Semiconductor. Archived from the original on 2008-01-06.
  203. ^ "Memoright SSDs: The End of Hard drives?". Tom's Hardware. Retrieved 2008-08-05.
  204. ^ "Simple Installation Guide for Hitachi Deskstar 3.5-inch Hard Disk Drives" (PDF). HGST. May 21, 2004. p. 2. Archived (PDF) from the original on December 21, 2014. Retrieved December 4, 2014. Hitachi Deskstar drive can be mounted with any side or end vertical or horizontal. Do not mount the drive in a tilted position.
  205. ^ Peter Gutmann (2016-03-02). "Secure Deletion of Data from Magnetic and Solid-State Memory". cs.auckland.ac.nz. Archived from the original on 2016-06-06. Retrieved 2016-06-21.
  206. ^ "Hard Drive Destruction: Can I erase sensitive data on an old hard drive with Neodymium Magnets?". kjmagnetics.com. Archived from the original on 2016-06-30. Retrieved 2016-06-21.
  207. ^ "Myth #42: You can quickly degauss or erase a hard disk drive by sweeping a magnet over it". techarp.com. 2015-12-17. Archived from the original on 2016-07-03. Retrieved 2016-06-21.
  208. ^ "SSDs are hot, but not without security risks". IDG Communications. 2010-08-01. Archived from the original on 2010-12-27.
  209. ^ "Seagate Media Sanitization Proctices" (PDF). Seagate.com. Seagate. 2011. Retrieved 2020-02-27.
  210. ^ "Archived copy" (PDF). Archived (PDF) from the original on 2014-01-23. Retrieved 2014-05-30.CS1 maint: archived copy as title (link)
  211. ^ "The SSD Improv: Intel & Indilinx get TRIM, Kingston Brings Intel Down to $115". Anandtech. Archived from the original on 2009-11-08.
  212. ^ "Long-term performance analysis of Intel Mainstream SSDs". PC Perspective. 2009-02-13. Archived from the original on 2011-05-02.
  213. ^ Schmid, Patrick (2007-11-07). "HyperDrive 4 Redefines Solid State Storage: HyperDrive 4 - The Fastest Hard Disk In The World?". Tom's Hardware.|-
  214. ^ Prigge, Matt (2010-06-07). "An SSD crash course: What you need to know". InfoWorld. Archived from the original on 2010-06-10. Retrieved 2010-08-29.
  215. ^ "Toshiba Announces 1.8-inch HDD for Tablets, Media Devices". eWEEK.
  216. ^ a b Fontana, R.; Decad, G. "A Ten Year (2008-2017) Storage Landscape: LTO Tape Media, HDD, NAND" (PDF). IBM. Archived (PDF) from the original on 2018-05-17. Retrieved 2010-10-01.
  217. ^ a b c "The Differences Between an SSD and a Memory Card". SanDisk.com. Archived from the original on 2015-01-16. Retrieved 2020-10-08.
  218. ^ a b Flash Reliability in Production: The Expected and the Unexpected - Schroeder, Lagisetty & Merchant, 2016.
  219. ^ "Tech Brief - Matching SSD Endurance to Common Enterprise Applications" (PDF). Documents.WesternDigital.com. Retrieved 2020-06-13.
  220. ^ "Product: Samsung 970 EVO NVMe M.2 SSD 1TB". Samsung.com. Retrieved 2020-06-13.
  221. ^ a b Gasior, Geoff. "The SSD Endurance Experiment: They're All Dead". The Tech Report.
  222. ^ Klein, Andy (January 19, 2019). "Backblaze Hard Drive Stats for 2018". Backblaze. Retrieved February 13, 2019.
  223. ^ Null, Linda; Lobur, Julia (14 February 2014). The Essentials of Computer Organization and Architecture. Jones & Bartlett Learning. pp. 499–500. ISBN 978-1-284-15077-3.
  224. ^ "Intel Z68 Chipset & Smart Response Technology (SSD Caching) Review". AnandTech. Archived from the original on 2012-05-05. Retrieved 2012-05-06.
  225. ^ "SSD Caching (Without Z68): HighPoint's RocketHybrid 1220". Tom's Hardware. 2011-05-10. Retrieved 2012-05-06.
  226. ^ Russinovich, Mark E.; Solomon, David A.; Ionescu, Alex (2009). Windows internals (5th ed.). Microsoft Press. pp. 772–774. ISBN 978-0-7356-2530-3.
  227. ^ Petros Koutoupis (2013-11-25). "Advanced Hard Drive Caching Techniques". linuxjournal.com. Archived from the original on 2013-12-02. Retrieved 2013-12-02.
  228. ^ "Linux kernel 2.6.33". kernelnewbies.org. 2010-02-24. Archived from the original on 2012-06-16. Retrieved 2013-11-05.
  229. ^ a b "swapon(8) – Linux manual page". man7.org. 2013-09-17. Archived from the original on 2013-07-14. Retrieved 2013-12-12.
  230. ^ a b "SSD Optimization". debian.org. 2013-11-22. Archived from the original on 2013-07-05. Retrieved 2013-12-11.
  231. ^ a b "kernel/git/stable/linux-stable.git: mm/swapfile.c, line 2507 (Linux kernel stable tree, version 3.12.5)". kernel.org. Retrieved 2013-12-12.
  232. ^ Tejun Heo. "LKML: Tejun Heo: [GIT PULL] libata changes for v3.12-rc1". lkml.org. Archived from the original on 2016-01-17.
  233. ^ Michael Larabel (2013-11-19). "Ubuntu Aims To TRIM SSDs By Default". Phoronix.com. Archived from the original on 2014-08-09. Retrieved 2014-06-29.
  234. ^ Karel Zak (2010-02-04). "Changes between v2.17 and v2.17.1-rc1, commit 1a2416c6ed10fcbfb48283cae7e68ee7c7f1c43d". kernel.org. Archived from the original on 2013-05-25. Retrieved 2014-04-13.
  235. ^ "Enabling and Testing SSD TRIM Support Under Linux". Techgage. 2011-05-06. Archived from the original on 2012-05-07. Retrieved 2012-05-06.
  236. ^ "openSUSE mailing list: SSD detection when creating first time fstab ?". Lists.OpenSuse.org. 2011-06-02. Archived from the original on 2011-06-17. Retrieved 2012-05-06.
  237. ^ "SSD discard (trim) support". openSUSE. Archived from the original on 2012-11-14.
  238. ^ "Patrick Nagel: Impact of ext4's discard option on my SSD". Archived from the original on 2013-04-29.
  239. ^ "block/blk-lib.c, line 29". kernel.org. Retrieved 2014-01-09.
  240. ^ "Linux I/O Scheduler Comparison On The Linux 3.4 Desktop". Phoronix. 2012-05-11. Archived from the original on 2013-10-04. Retrieved 2013-10-03.
  241. ^ "SSD benchmark of I/O schedulers". ubuntuforums.org. 2010. Archived from the original on 2013-10-05. Retrieved 2013-10-03.
  242. ^ "Linux kernel 3.13, Section 1.1 A scalable block layer for high-performance SSD storage". kernelnewbies.org. 2014-01-19. Archived from the original on 2014-01-25. Retrieved 2014-01-25.
  243. ^ "Linux kernel 3.18, Section 1.8. Optional multiqueue SCSI support". kernelnewbies.org. 2014-12-07. Archived from the original on 2014-12-18. Retrieved 2014-12-18.
  244. ^ Jonathan Corbet (2013-06-05). "The multiqueue block layer". LWN.net. Archived from the original on 2014-01-25. Retrieved 2014-01-25.
  245. ^ Matias Bjørling; Jens Axboe; David Nellans; Philippe Bonnet (2013). "Linux Block IO: Introducing Multi-queue SSD Access on Multi-core Systems" (PDF). kernel.dk. ACM. Archived (PDF) from the original on 2014-02-02. Retrieved 2014-01-25.
  246. ^ "Linux kernel 4.0, Section 3. Block". kernelnewbies.org. 2015-05-01. Archived from the original on 2015-05-04. Retrieved 2015-05-02.
  247. ^ "Mac OS X Lion has TRIM support for SSDs, HiDPI resolutions for improved pixel density?". Engadget. Archived from the original on 2011-06-29. Retrieved 2011-06-12.
  248. ^ "Yosemite 10.10.4 and El Capitan Third-Party SSD Support". MacRumors. Archived from the original on 2015-09-26. Retrieved 2015-09-29.
  249. ^ "MacRumors Forum". MacRumors. Archived from the original on 2011-09-27. Retrieved 2011-06-12.[unreliable source?]
  250. ^ "ATA Trim/Delete Notification Support in Windows 7" (PDF). Archived from the original (PDF) on July 28, 2013.
  251. ^ Yuri Gubanov; Oleg Afonin (2014). "Recovering Evidence from SSD Drives: Understanding TRIM, Garbage Collection and Exclusions". belkasoft.com. Archived from the original on January 22, 2015. Retrieved January 22, 2015.
  252. ^ a b c Sinofsky, Steven (5 May 2009). "Support and Q&A for Solid-State Drives". Engineering Windows 7. Microsoft. Archived from the original on 20 May 2012.
  253. ^ Smith, Tony. "If your SSD sucks, blame Vista, says SSD vendor". Archived from the original on 2008-10-14. Retrieved 2008-10-11.
  254. ^ "Samsung, Microsoft in talks to speed up SSDs on Vista". Archived from the original on 2009-02-05. Retrieved 2008-09-22.
  255. ^ Sexton, Koka (29 June 2010). "SSD Storage Demands Proper Partition Alignment". WWPI.com. Archived from the original on 23 July 2010. Retrieved 9 August 2010.
  256. ^ Butler, Harry (27 Aug 2009). "SSD performance tweaks for Vista". Bit-Tech.net. Archived from the original on 27 July 2010. Retrieved 9 August 2010.
  257. ^ "Solid State Doctor - Solid State Drive Utility for SSD's". Archived from the original on 2016-03-03. Retrieved 2016-02-23. Link to information
  258. ^ Flynn, David (10 November 2008). "Windows 7 gets SSD-friendly". APC. Future Publishing. Archived from the original on 1 February 2009.
  259. ^ Yam, Marcus (May 5, 2009). "Windows 7 and Optimization for Solid State Drives". Tom's Hardware. Retrieved 9 August 2010.
  260. ^ "6 Things You Shouldn't Do with Solid-State Drives". Howtogeek.com. Archived from the original on 13 March 2016. Retrieved 12 March 2016.
  261. ^ "ZFS L2ARC and SSD drives by Brendan Gregg". brendan_entry_test. Sun Microsystem blog. 2008-07-12. Archived from the original on 2009-08-30. Retrieved 2009-11-12.
  262. ^ "[base] Revision 240868". Svnweb.freebsd.org. Archived from the original on 2013-01-20. Retrieved 2014-01-20.
  263. ^ Nemeth, Evi (2011). UNIX and Linux System Administration Handbook, 4/e. ISBN 978-8131761779. Retrieved 25 November 2014.
  264. ^ a b "Support and Q&A for Solid-State Drives". Engineering Windows 7. Microsoft.
  265. ^ "features". DragonFlyBSD. Archived from the original on 2012-05-09. Retrieved 2012-05-06.
  266. ^ "[Phoronix] EnhanceIO, Bcache & DM-Cache Benchmarked". Phoronix.com. 2013-06-11. Archived from the original on 2013-12-20. Retrieved 2014-01-22.
  267. ^ Peters, Lavon. "Solid State Storage For SQL Server". sqlmag.com. Archived from the original on 28 March 2015. Retrieved 25 November 2014.
  268. ^ "文庫本サイズのVAIO「type U」 フラッシュメモリー搭載モデル発売". ソニー製品情報・ソニーストア - ソニー (in Japanese). Retrieved 2019-01-11.
  269. ^ "Sony Vaio UX UMPC – now with 32 GB Flash memory - NBnews.info. Laptop and notebook news, reviews, test, specs, price - Каталог ноутбуков, ультрабуков и планшетов, новости, обзоры". nbnews.info.
  270. ^ a b Aughton, Simon (2007-04-25). "Dell Gets Flash With SSD Option for Laptops". IT PRO. Archived from the original on 2008-09-17.
  271. ^ Chen, Shu-Ching Jean (2007-06-07). "$199 Laptop Is No Child's Play". Forbes. Archived from the original on 2007-06-15. Retrieved 2007-06-28.
  272. ^ a b "Macbook Air Specifications". Apple Inc. Archived from the original on 2009-10-01. Retrieved 2009-10-21.[verification needed]
  273. ^ "Road Warriors Get Ready – Lenovo Delivers "No Compromises" Ultraportable ThinkPad X300 Notebook PC" (Press release). Lenovo. 2008-02-26. Archived from the original on 2008-04-16. Retrieved 2008-04-04.
  274. ^ Joshua Topolsky (2008-08-15). "Lenovo slips out the new ThinkPad X301: new CPUs, 128GB SSD, still thin as hell". engadget.com. Archived from the original on 2013-12-12. Retrieved 2013-12-09.
  275. ^ "EMC With STEC for Enterprise Flash Drives". StorageNewsletter.com. 2008-01-14. Archived from the original on 2012-12-30. Retrieved 2013-02-11.
  276. ^ "Solaris ZFS Enables Hybrid Storage Pools: Shatters Economic and Performance Barriers" (PDF). Sun Microsystems. Archived (PDF) from the original on 2009-02-19. Retrieved 2009-04-09.
  277. ^ Miller, Paul. "Dell adds 256GB SSD option to XPS M1330 and M1730 laptops". engadget.com. Archived from the original on 24 September 2015. Retrieved 25 November 2014.
  278. ^ Crothers, Brooke. "Dell first: 256GB solid-state drive on laptops". CNet.com. Archived from the original on 2 September 2015. Retrieved 25 November 2014.
  279. ^ "Toshiba Ships First Laptop With a 512 GB SSD". Tom's Hardware. 2009-04-14.[permanent dead link]
  280. ^ "Toshiba announces world's first 512GB SSD laptop". CNET News. 2009-04-14. Archived from the original on 2011-03-29.
  281. ^ "MacBook Air". Apple, Inc. 2010-10-20. Archived from the original on 2011-12-22.[verification needed]
  282. ^ "OCZ's RevoDrive X2: When A Fast PCIe SSD Isn't Fast Enough". Tom's Hardware. 2011-01-12.
  283. ^ "ioDrive Octal". Fusion-io. Archived from the original on 2012-11-01. Retrieved 2012-05-06.
  284. ^ Simms, Craig. "MacBook Air vs. the ultrabook alternatives". CNet.com. Archived from the original on 24 September 2015. Retrieved 25 November 2014.
  285. ^ "OCZ R4 PCIe SSD Packs 16 SandForce SF-2200 Series Subunits". techPowerUp. Archived from the original on 2012-05-18. Retrieved 2012-05-06.
  286. ^ Carl, Jack. "OCZ Launches New Z-Drive R4 and R5 PCIe SSD – CES 2012". Lenzfire. Archived from the original on 2012-05-10. Retrieved 2012-05-06.
  287. ^ "Samsung Introduces Industry's First 1 Terabyte mSATA SSD". global.samsungtomorrow.com, Samsung. 2013-12-09. Archived from the original on 2014-12-19.
  288. ^ "Samsung announces 16TB SSD". ZDnet. ZDnet. Archived from the original on 13 August 2015. Retrieved 13 August 2015.
  289. ^ "NAND Flash manufacturers' market share 2018". Statista.
  290. ^ Master, Neal; Andrews, Mathew; Hick, Jason; Canon, Shane; Wright, Nicholas (2010). "Performance analysis of commodity and enterprise class flash devices". IEEE Petascale Data Storage Workshop.
  291. ^ "Intel X25-E 64GB G1, 4KB Random IOPS, iometer benchmark". March 27, 2010. Archived from the original on May 3, 2010. Retrieved 2010-04-01.
  292. ^ "SSDs vs. hard drives". Network World. 2010-04-19. Archived from the original on 2010-04-23.
  293. ^ SSD Sales up 14% in 2009 Archived 2013-06-15 at the Wayback Machine, January 20th, 2010, Brian Beeler, storagereview.com
  294. ^ a b Solid State Drives to Score Big This Year with Huge Shipment Growth Archived 2013-04-16 at the Wayback Machine, April 2, 2012, Fang Zhang, iSupply
  295. ^ SSDs sales rise, prices drop below $1 per GB in 2012 Archived 2013-12-16 at the Wayback Machine, January 10, 2012, Pedro Hernandez, ecoinsite.com
  296. ^ 39 Million SSDs Shipped WW in 2012, Up 129% From 2011 - IHS iSuppli Archived 2013-05-28 at the Wayback Machine, January 24th, 2013, storagenewsletter.com
  297. ^ SSDs weather the PC storm Archived 2013-12-16 at the Wayback Machine, May 8, 2013, Nermin Hajdarbegovic, TG Daily, accesat la 9 mai 2013
  298. ^ Samsung leads in 2008 SSD market with over 30% share, says Gartner Archived 2013-06-03 at the Wayback Machine, 10 June 2009, Josephine Lien, Taipei; Jessie Shen, DIGITIMES

Further reading

External links

Background and general

Other