土壌層位

ウィキペディアから、無料の百科事典
ナビゲーションにジャンプ 検索にジャンプ

地平線を明らかにする土壌の断面

土壌層位は、土壌表面に平行な層あり、その物理的、化学的、生物学的特性は上下の層とは異なります。地平線は、多くの場合、主に色やテクスチャなどの明らかな物理的特徴によって定義されます。これらは、絶対的な用語(たとえば、テクスチャの粒子サイズ分布)と、周囲の材料に対する相対的な用語、つまり、上下の地平線よりも「粗い」または「砂の多い」の両方で説明できます。

識別された地平線は記号で示され、ほとんどの場合、階層的に使用されます。マスターホライズン(メインホライズン)は大文字で示されます。小文字と数字の形式の接尾辞は、マスターホライズンをさらに区別します。世界には、さまざまな地平線シンボルのシステムがあります。これほど正確なシステムはありません。人工的な構造であるため、その有用性は、一貫した方法で地域の状態を正確に記述する能力にあります。地平線記号の定義が異なるため、システムを混在させることはできません。

ほとんどの土壌分類システムでは、地平線を使用して土壌タイプを定義します。ドイツのシステムは、定義に地平線シーケンス全体を使用します。[1]他のシステムは、定義のために特定の範囲、「診断範囲」を選択します。例としては、世界土壌資源照合基準(WRB)、[2] USDA土壌分類[3]オーストラリア土壌分類があります。[4]診断期間は通常、「カンビックホライズン」や「スポディックホライズン」などの名前で示されます。WRBは37の診断範囲をリストしています。これらの診断範囲に加えて、土壌タイプを定義するために他のいくつかの土壌特性が必要になる場合があります。いくつかの土壌は地平線の明確な発達を持っていません。

土壌層位は、土壌形成プロセス(土壌生成)の結果です[5]このようなプロセスを経ていないレイヤーは、単に「レイヤー」と呼ばれることがあります。

ホライゾンシーケンス

多くの土壌には、大文字の「O」で表される有機的な表面層があります(文字はシステムによって異なる場合があります)。ミネラル土壌は通常、A層から始まります。土壌形成の結果として発達した下層土壌層位が存在する場合、それは一般にB層位と呼ばれます。根底にある緩いが発達が不十分な地平線は、C地平線と呼ばれます。硬い岩盤は主にRと呼ばれます。ほとんどの個々のシステムは、これら5つだけよりも多くの地平線と層を定義しました。以下では、地平線と層は、土壌プロファイル内の上部から下部への位置によって多かれ少なかれリストされています。それらのすべてがすべての土壌に存在するわけではありません。

たとえば、主要な土工や定期的な深層耕作による人間の干渉の歴史を持つ土壌は、明確な地平線をほぼ完全に欠いている可能性があります。現場の土壌を調べるときは、観察された地平線に適切な名前が付けられていることを確認するために 、地域の地形と土地が置かれた歴史的用途に注意を払う必要があります。

土壌プロファイルの例

Soil Horizo​​ns.svg O)有機表面層落葉落枝層。上部は比較的分解されていないことが多いが、下部は強く湿っている可能性がある。

A)表層土壌:有機物の蓄積と土壌生物が最も多い無機質土壌の層さらに、風化により、酸化物(主に酸化鉄)と粘土鉱物が形成され、蓄積されます。それは顕著な土壌構造を持っています。しかし、一部の土壌では、粘土鉱物、アルミニウム、有機化合物、およびその他の成分が溶解し、下に移動します。この溶脱が顕著になると、A層の基部に明るい色のE地下土壌層位が現れます。A層位は、土壌生物擾乱の組み合わせの結果である可能性もあります生物学的に盛り上がった表土から微粒子を選別する表面プロセスこの場合、A層位は「バイオマントル」と見なされます。

B)下層:この層は通常、A層よりも有機物が少ないため、その色は主に酸化鉄に由来します。風化の結果、酸化鉄と粘土鉱物が蓄積します。物質が表土から下に移動する土壌では、これがそれらが蓄積する層です。粘土鉱物、鉄、アルミニウム、および有機化合物の蓄積プロセスは、照明と呼ばれますB層位は一般的に土壌構造を持っています。

C)基層:風化していない、または風化していない岩の層。この層は、CaCO3のようなより溶解性の高い化合物を蓄積する可能性があります非硬化材料から その場で形成された土壌は、このC層との類似性を示します。

R)岩盤:R層位は、土壌プロファイルの基部にある部分的に風化または非風化した岩盤の層を示します。上記の層とは異なり、R層は主に、手で掘削できない硬岩の連続した塊(巨礫ではなく)で構成されています。岩盤からその場で形成された土壌は、この岩盤層と強い類似性を示します。

オーストラリアの土壌および土地調査フィールドハンドブック(2009)による地平線

出典:[6]

地平線

地平線

「O」は有機物の略です。それは表面層であり、分解のさまざまな段階で大量の有機物が存在することが支配的です。オーストラリアのシステムでは、Oの地平線は、風化した鉱物粒子を含まず、土壌自体の一部ではない、多くの植生の多い地域を覆う落葉落枝の層とは異なると見なす必要があります。O地平線は、O1とO2のカテゴリに分類できます。これにより、O1地平線には分解されていない物質が含まれ、その起源は一目で確認できます(たとえば、葉の断片)。O2地平線には、分解のさまざまな段階で有機物の破片が含まれます。すぐには見えません。O地平線には、20%以上の有機炭素が含まれています。

地平線

これらの地平線も非常に有機的ですが、水浸しの条件下で形成されるという点でO地平線とは異なります。「P」の指定は、それらの一般名である泥炭に由来します。それらは、O地平線と同じ方法でP1とP2に分けることができます。地平線には、粘土の含有量に応じて、12〜18%以上の有機炭素が含まれています。

地平線

暴風雨時のアイオワ州の農地からの非点源汚染の潜在的な経路である表面流出。

A層位は、「表土」と呼ばれることが多い鉱物土壌層位の最上層です。この層には、「腐植土」と呼ばれる暗く分解された有機物が含まれています。Aホライズンの技術的な定義はシステムによって異なる場合がありますが、最も一般的には、より深い層に関連する用語で説明されます。「A」層位は、より深い層よりも色が濃く、有機物が多く含まれている場合があります。または、明るいが粘土や土壌生成酸化物が少ない場合がありますAは表面の地平線であり、そのため、ほとんどの生物活性が発生するゾーンとしても知られています。ミミズポットワーム(ヒメミミズ)、節足動物などの土壌生物線虫菌類、および多くの種類の細菌古細菌がここに集中しており、多くの場合、植物の根と密接に関連していますしたがって、Aホライズンはバイオマントルと呼ばれることがあります[7] [8]しかし、生物活性は土壌の奥深くまで広がっているため、A層の主な特徴として使用することはできません。Aの地平線は、A1(暗く、最大の生物学的活動)、A2(淡い)、およびA3(Bの地平線に移行する)にさらに細分化できます。

Eホライズン(オーストラリアのシステムでは使用されていません)

アルビックルビソル–漂白された地下層位(アルビック層位)の暗い表面層位は、粘土の照明(Bt)​​層位に舌を出します。

「E」は、解明の略で、鉱物および/または有機物の含有量が大幅に浸出して、主にケイ酸塩またはシリカで構成される薄い層を残す地平線をラベル付けするために最も一般的に使用されます。これらは古くてよく発達した土壌にのみ存在し、一般的にA層とB層の間に発生します。(オーストラリアのシステムのように)この指定が採用されていないシステムでは、浸出層は最初に他の特性に従ってAまたはBに分類され、次に指定「e」が追加されます(地平線の接尾辞に関する以下のセクションを参照)。砂利を含む土壌では、動物の生物擾乱により、通常、E層の近くまたは基部に石層が形成されます

Bホライズン

B層位は一般に「下層土」と呼ばれ、土壌生成によって大幅に変化する鉱物層で構成され、主に酸化鉄と粘土鉱物が形成されます。酸化鉄のため、通常は茶色がかったまたは赤みがかっています。これにより、下層土の度が他の層と区別できる程度に増加します。風化は生物学的に媒介される可能性があります。さらに、Bの地平線は、上の地平線および下の地平線とは明らかに異なる構造または一貫性を持っていると定義されます。

B層位は、A層位とE層位から下向きに移動している鉱物や有機物も蓄積する可能性があります。もしそうなら、この層は、照らされたまたは照らされた地平線としても知られます

A地平線と同様に、B地平線は、オーストラリアのシステムではB1、B2、およびB3タイプに分割できます。B1は、A3とは反対の性質の過渡的な地平線であり、その下のB地平線の特性によって支配されますが、いくつかのA地平線の特性が含まれています。B2層には、高濃度の粘土鉱物または酸化物が含まれています。B3ホライズンは、CホライズンかDホライズンかに関係なく、上にあるBレイヤーとその下のマテリアルの間で遷移します。

A3、B1、およびB3の範囲は厳密に定義されておらず、それらの使用は通常、個々の作業者の裁量に委ねられています。

植物の根はこの層全体に浸透しますが、腐植土はほとんどありません。

バンガロールの道路の土壌プロファイル

A / E / B層位は、まとめて「ソラム」と呼ばれ、生物学的活動と気候の影響が土壌生成を促進する土壌の表面の深さです。土壌の下の層には総称はありませんが、表面の土壌形成プロセスによる影響が著しく少ないという点で明確です。

地平線

C層位は、土壌層位の下にあります。この層は土壌生成の影響をほとんど受けませ粘土の照明は、存在する場合、重要ではありません。ソラムタイプの発達(土壌生成)がないことは、明確な属性の1つです。C層位は、堆積物(黄土、洪水堆積物、地滑りなど)で形成されるか、残留岩盤の風化によって形成されますC層位は、浸出によって土壌の下に運ばれる炭酸塩で濃縮される可能性があります。土壌層位とC層位の間に岩相の不連続性がなく、基盤となる岩盤が存在しない場合、C層位は土壌層位の母材に似ています。

ケイスネス、サンドサイドベイ、岩盤を覆っている壊れた岩の破片のある土壌

Dホライズン

D層位は普遍的に区別されていませんが、オーストラリアのシステムでは、「土壌の一般的な性質とは異なり、C層位ではなく、信頼できる層位指定を与えることができない、土壌の下の土壌物質はすべて認識される可能性があります…それとその上にある地平線との間の土壌学的組織の対比によって」(土壌および地形に関する全国委員会、2009年、151ページ)。

Rホライズン

R層位は、土壌プロファイルの基部にある部分的に風化または非風化した岩盤の層を示します。上記の層とは異なり、R層は主に、手で掘削できない硬岩の連続した塊(巨礫ではなく)で構成されています。ソラムとRホライズンの間に岩相の不連続性がない場合、Rホライズンはソラムの母材に似ています。

L地平線(オーストラリアのシステムでは使用されていません)

L(湖水)の地平線または層は、降水または水生生物の作用によって水中に堆積した鉱物または有機物質を示します。含まれているのは、共生地球(堆積泥炭)、珪藻土、および泥灰土です。そして通常、立っている水の過去の遺体の残骸として発見されます。

過渡期

2つの地平線の特性を組み合わせた地平線は、両方の大文字で示され、支配的な文字が最初に書き込まれます。例:ABとBA。個別のパーツに2種類の地平線のプロパティがある場合、地平線記号はスラッシュ(/)を使用して結合されます。例:A/BおよびB/A。

Horizo​​nサフィックス

上記の主な記述子に加えて、各ホライズンに必要な詳細を追加するためのいくつかの修飾子が存在します。第一に、各主要な地平線は、深さが増すにつれて色や質感がわずかに変化することに基づいて、数値の下付き文字を追加することによってサブ地平線に分割できます(B21、B22、B23など)。これにより、フィールドの説明に必要な深さが追加される可能性がありますが、作業者は、土壌プロファイルを狭いサブホライズンに過度に分割することは避ける必要があることに留意する必要があります。あらゆる方向にわずか10メートル歩き、別の穴を掘ると、各地平線の深さと厚さに関して非常に異なるプロファイルが明らかになることがよくあります。過度に正確な説明は時間の無駄になる可能性があります。オーストラリアのシステムでは、経験則として、

地平線の特定の機能を説明する接尾辞も追加できます。オーストラリアのシステムは、次の接尾辞を提供します。

  • b:埋もれた地平線。
  • c :おそらく鉄、アルミニウム、またはマンガンの鉱物の結節または団塊の存在。
  • d:ルート制限レイヤー。
  • e:著しく漂白された。
  • f:A地平線における動物相の蓄積。
  • g灰色の地平線。
  • h:有機物の蓄積。
  • j:散発的に漂白された。
  • k:炭酸塩の蓄積、通常は炭酸カルシウム。
  • m:強いセメンテーションまたは硬結。
  • p:耕作または他の耕作慣行によって妨害された(地平線のみ)。
  • q :二次シリカの蓄積
  • r:風化した掘り出し可能な岩。
  • s三二酸化物の蓄積。
  • t :粘土鉱物の蓄積。
  • w:開発が弱い。
  • xフラジパン
  • y:硫酸カルシウム(石膏)の蓄積。
  • z:硫酸カルシウムよりも溶けやすい塩の蓄積。

埋められた土

土壌の形成は、その場で発生するものとして説明されることがよくあります。岩石が崩壊し、風化して他の物質と混合したり、風化によって緩い堆積物が変化したりします。しかし、プロセスはしばしばはるかに複雑です。たとえば、完全に形成されたプロファイルは、風または水が堆積した堆積物によって埋められるだけの領域で発達し、後で別の土壌プロファイルに形成された可能性があります。この種の発生は沿岸地域で最も一般的であり、説明は数字の接頭辞によって変更されます。したがって、埋め込みシーケンスを含むプロファイルは、2A2で始まる埋め込みプロファイルで構造化されたO、A1、A2、B2、2A2、2B21、2B22、2Cである可能性があります。

土壌の記述とサンプリングのためのUSDAフィールドブックによる地平線と層

出典:[9]

マスターホライズンとレイヤー

O:有機質土壌材料(湖水ではない)。

A:ミネラル; 有機物(腐植)の蓄積。

E:ミネラル; Fe、Al、粘土、または有機物のいくらかの損失。

B:粘土、Fe、Al、Si、腐植土、CaCO 3 CaSO4の地下蓄積; またはCaCO3の喪失; または三二酸化物の蓄積; または地下の土壌構造。

C:土壌生成の変化がほとんどまたはまったくない、未固結の土の物質、柔らかい岩盤。

L:湖水土壌材料。

W:土壌内または土壌下の液体水(W)または恒久的に凍結した水(Wf)の層(土壌上の水/氷を除く)。

M:人間が製造した材料の根を制限する下層土層。

R:岩盤、硬化に強く接着。

過渡的な地平線と層

2つのマスターホライズンの特性を組み合わせたホライズンは、両方の大文字で示され、支配的なものが最初に書き込まれます。例:ABとBA。2つのマスターホライズンの離散的で混ざり合ったボディが一緒に発生する場合、ホライズンシンボルはスラッシュ(/)を使用して結合されます。例:A/BおよびB/A。

Horizo​​nサフィックス

  • a:高度に分解された有機物(Oでのみ使用)。
  • aa :(提案された)無水石膏(CaSO 4)の蓄積。
  • b:埋もれた遺伝的地平線(C地平線では使用されません)。
  • c結節または結節
  • co:共生地球(Lでのみ使用)。
  • d:デンシックレイヤー(物理的にルート制限)。
  • di珪藻土(Lでのみ使用)。
  • e:中程度に分解された有機物(Oでのみ使用)。
  • f:永久凍土または氷(永久凍土); 連続的な地下氷; 季節の氷ではありません。
  • ff:永久凍土(「乾燥した」永久凍土)。継続的な氷はありません。季節の氷ではありません。
  • g:強いグレイ。
  • h:イルビアル有機物の蓄積。
  • i:わずかに分解された有機物(Oでのみ使用)。
  • jジャロサイトの蓄積。
  • jj:クリオタベーションの証拠
  • k:土壌生成CaCO 3の蓄積(<50体積%)。
  • kk:主要な土壌生成CaCO 3蓄積(体積で50%以上)。
  • m:連続的なセメンテーション(土壌生成)。
  • maマール(Lでのみ使用)。
  • n:土壌生成、交換可能なナトリウムの蓄積。
  • o:残留三二酸化物の蓄積(土壌生成)。
  • p:すき層またはその他の人工的な擾乱。
  • q:二次(土壌生成)シリカの蓄積。
  • r:風化または柔らかい岩盤
  • s:イルビアル三二酸化物と有機物の蓄積。
  • se硫化物の存在(鉱物または有機層)。
  • ssSlickensides
  • t :ケイ酸塩粘土の不規則な蓄積
  • u:人間が製造した材料(アーティファクト)の存在。
  • vプリンサイト
  • w:B内の弱い色または構造(Bでのみ使用)。
  • xフラジパンの特徴。
  • y :石膏の蓄積
  • yy:石膏の優勢(体積で約50%以上)。
  • z:石膏よりも溶解性の高い塩の土壌生成蓄積。

その他の地平線修飾子

数値の接頭辞は、岩相の不連続性を示すために使用されます。慣例により、1は表示されません。数値の接尾辞は、マスターホライズン内の細分化を示すために使用されます。例:A、E、Bt1、2Bt2、2BC、3C1、3C2。

土壌記述に関するFAOガイドライン(2006)に従った地平線と層

出典:[10]

世界土壌資源照合基準(WRB)は、これらの地平線の宗派の使用を推奨しています。

マスターホライズンとレイヤー

H地平線または層:これらは有機材料の層です。有機物は、土壌有機炭素の特定の最小含有量を持つことによって定義されます。WRBでは、これは20%(重量)です。H層位は、無機質土壌に組み込まれていない有機残留物から形成されます。残留物は分解によって部分的に変化する可能性があります。O層とは異なり、H層は長期間水で飽和しているか、一度飽和していたが現在は人工的に排水されています。多くのH層では、残留物は主にコケです。これらの地平線は無機質土壌表面の上に形成されますが、それらは無機質土壌に埋もれている可能性があるため、より深いところに見られます。H層は、特に排水後に形成されるO層によって覆われる場合があります。

O層位または層:これらは有機物の層です。有機物は、土壌有機炭素の特定の最小含有量を持つことによって定義されます。WRBでは、これは20%(重量)です。O層位は、無機質土壌に組み込まれていない有機残留物から形成されます。残留物は分解によって部分的に変化する可能性があります。H層とは異なり、O層は長期間水で飽和せず、人為的に排水されません。多くのO層では、残留物は葉、針、小枝、苔、地衣類です。これらの地平線は無機質土壌表面の上に形成されますが、それらは無機質土壌に埋もれている可能性があるため、より深いところに見られます。

地平線:これらは、O地平線の表面または下に形成された鉱物の地平線です。元の岩の構造のすべてまたは多くが抹消されました。さらに、それらは次の1つ以上によって特徴付けられます。

  • 湿った 有機物の蓄積、鉱物画分と密接に混合され、EまたはB層に特徴的な特性を示さない(以下を参照)。
  • 耕作、放牧、または同様の種類の妨害から生じる特性。
  • 表面に関連するプロセスに起因する、下にあるBまたはCの地平線とは異なる形態。

表面層位がA層位とE層位の両方の特性を持っているが、支配的な特徴が湿った有機物の蓄積である場合、それはA層位と呼ばれます。

E地平線:これらは、主な特徴が粘土鉱物、アルミニウム有機物、またはこれらのいくつかの組み合わせの喪失であり、シルト粒子の集中を残す鉱物地平線です。しかし、失われた物質が最初にそこに形成または蓄積されているため、土壌生成は進んでいます元の岩の構造のすべてまたは多くが消滅します。E地平線は通常、必ずしもそうとは限りませんが、下にあるB地平線よりも色が薄くなります。一部の土壌では、色は砂やシルト粒子の色です。Eの地平線は、最も一般的には、基礎となるBの地平線と区別されます。つまり、より高い値の色によって区別されます。またはより低い彩度、またはその両方。より粗いテクスチャーによる; またはこれらのプロパティの組み合わせによって。E地平線は通常、地表に近く、OまたはA地平線の下、およびB地平線の上にあります。ただし、記号Eは、要件を満たし、土壌の生成に起因する地平線のプロファイル内の位置に関係なく使用できます。

B地平線:これらは、A、E、H、またはO地平線の下に形成された地平線であり、主な特徴は、次の1つまたは組み合わせとともに、元の岩石構造のすべてまたは多くの消滅です。

すべての種類のB地平線は、元々は地下の地平線でした。

B層位ではない層の例は、次のとおりです。粘土膜が岩片を覆っている層、または膜が所定の位置に形成されたか照明によって形成されたかにかかわらず、細かく成層した未固結堆積物に見られる層。炭酸塩が照らされているが、上にある遺伝的地平線に隣接していない層。層状になりますが、他の土壌生成の変化はありません。

C層または層:これらは、硬い岩盤を除いて、土壌生成プロセスの影響をほとんど受けない層または層です。そして、H、O、A、EまたはBの地平線の特性を欠いています。ほとんどが鉱物層ですが、貝殻、珊瑚、珪藻土などの珪質および石灰質の層が含まれています。C層の材料は、上にあるソラムがおそらく形成されたものと類似しているか、または異なっていてもよい。植物の根は、重要な成長媒体を提供するC層に浸透する可能性があります。C層として含まれるのは、堆積物、サプロライト、硬化していない岩盤、およびその他の地質学的物質で、通常、風乾または乾燥した塊を水中に置くと24時間以内に溶け、湿った場合はスペードで掘ることができます。一部の土壌は、すでに高度に風化した材料で形成され、そのような材料がA、E、またはB層の要件を満たさない場合、Cと指定されます。土壌生成と見なされない変化は、上にある層に関連しないものです。シリカ、炭酸塩、または石膏の蓄積がある層は、たとえ硬化したとしても、層が明らかに土壌生成プロセスの影響を受けない限り、C層に含まれる可能性があります。それからそれはBの地平線です。

R層:これらは土の下にある硬い岩盤で構成されています。花崗岩、玄武岩、珪岩、硬化した石灰岩または砂岩は、Rと呼ばれる岩盤の例です。R層の風乾または乾燥した塊は、水中に置いた場合、24時間以内に溶けません。R層は、湿っているときに十分にコヒーレントであるため、スペードを使った手掘りは実用的ではありません。岩盤には亀裂が含まれている可能性がありますが、これらは非常に少なく、非常に小さいため、根がほとんど貫通できません。亀裂は、土壌材料でコーティングまたは充填されている可能性があります。

I層:これらは、少なくとも75%の氷(体積)を含み、土壌中の層(有機または鉱物)を明確に分離するアイスレンズとウェッジです。

L層:これらは水域に堆積した堆積物です。それらは有機または鉱物であるかもしれません。湖水物質は次のいずれかです。(i)沈殿によって、または藻類、特に珪藻などの水生生物の作用によって堆積します。または(ii)水中および浮遊水生植物に由来し、その後水生動物によって改変された。L層には、共生土または堆積泥炭(主に有​​機物)、珪藻土(主に珪藻土)、および泥灰土(主に石灰質)が含まれます。

W層:これらは、土壌中の水層または土壌を沈める水層のいずれかです。水は24時間の時間枠内に恒久的または周期的に存在します。一部の有機質土壌は水に浮かんでいます。他の場合には、浅い水(すなわち、1m以下の水)が浅い湖の場合のように恒久的に土壌を覆ったり、干潟のように循環したりすることがあります。潮汐水の発生は、括弧内の文字Wで示すことができます:(W)。

過渡的な地平線と層

2つのマスターホライズンの特性を組み合わせたホライズンは、両方の大文字で示され、支配的なものが最初に書き込まれます。例:ABとBA。2つのマスターホライズンの離散的で混ざり合ったボディが一緒に発生する場合、ホライズンシンボルはスラッシュ(/)を使用して結合されます。例:A/BおよびB/A。マスターホライズンシンボルの後には、従属特性を示す小文字を続けることができます(以下を参照)。例:AhBw。I、L、およびW記号は、移行期間の指定では使用されません。

従属特性

これは、マスターホライズンのサフィックスのリストです。ハイフンの後に、サフィックスを追加できるマスターホライズンが示されます。

  • a:高度に分解された有機物質-HおよびO層。
  • b:埋もれた遺伝的地平線-低温撹乱されていない鉱物の地平線。
  • c結節または結節—鉱物の地平線。
  • c:共生地球-L地平線。
  • d:密な層(物理的に根を制限する)-mではなく鉱物の地平線。
  • d珪藻土-L地平線。
  • e:中程度に分解された有機物-HおよびO層。
  • f:凍土—I層とR層ではありません。
  • g:停滞状態-制限なし。
  • h有機物の蓄積—鉱物の地平線。
  • iSlickensides —鉱物の地平線。
  • i:わずかに分解された有機物-HおよびO層。
  • jジャロサイトの蓄積-制限なし。
  • k :土壌生成炭酸塩の蓄積—制限なし。
  • l:地下水が上昇することによる斑毛(グリーイング)-制限なし。
  • m:強力な膠結または硬結(土壌生成、大規模)-鉱物の地平線。
  • m泥灰土—Lの地平線。
  • n:交換可能なナトリウムの土壌生成蓄積—制限なし。
  • o:セスキオキシドの残留蓄積(土壌生成)-制限なし。
  • p:耕作またはその他の人間の妨害-制限なし。耕されたE、B、またはCの地平線はApと呼ばれます。
  • q :土壌生成シリカの蓄積—制限なし。
  • r:大幅な削減—制限なし。
  • s:三二酸化物のイルビアル蓄積—B層位。
  • t :粘土鉱物のイルビアル蓄積—BおよびC層。
  • u:都市およびその他の人工材料(遺物-H、O、A、E、B、およびCの地平線。
  • vプリンサイトの発生—制限なし。
  • w:色または構造の発達—Bの地平線。
  • xFragipanの特性-制限なし。
  • y :石膏の土壌生成蓄積—制限なし。
  • z:石膏よりも溶解性の高い塩の土壌生成蓄積-制限なし。
  • @クリオタベーションの証拠—制限なし。

不連続性と垂直方向の細分化

数字の接頭辞は、石の不連続性を示すために使用されます。慣例により、1は表示されません。数値の接尾辞は、地平線内の細分化を示すために使用されます。プロファイル内の地平線は、ハイフン(-)を使用して結合されます。例:Ah-E-Bt1-2Bt2-2BwC-3C1-3C2。

診断土壌層位

多くの土壌分類システムには診断範囲があります。診断期間は、土壌分類単位を定義するために使用される期間です(たとえば、土壌タイプを定義するために使用されます)。)。分類単位の定義には、必要な深さの1つ以上の診断範囲の有無が使用されます。さらに、ほとんどの分類システムは、分類学的単位の定義に他のいくつかの土壌特性を使用します。診断範囲は、一連の基準によって完全に定義する必要があります。土壌(ペドン、土壌プロファイル)を分類単位に割り当てる場合、この土壌のすべての地平線をチェックし、地平線が診断地平線の基準を満たしているかどうかを判断する必要があります。識別された診断範囲に基づいて、分類学的単位への土壌の割り当てを進めることができます。以下に、2つの土壌分類システムの診断範囲を示します。

世界土壌資源照合基準(WRB)の診断範囲

出典:[2]

  • Anthraquicの地平線
  • 航海の地平線
  • カルシウムの地平線
  • カンビックホライズン
  • チェルニックホライズン
  • クリイックホライズン
  • デュリックホライズン
  • フェラリックホライズン
  • 第二鉄の地平線
  • 葉酸の地平線
  • 悲劇的な地平線
  • フルビックホライズン
  • ジプシーの地平線
  • 歴史的な地平線
  • 園芸の地平線
  • Hydragricの地平線
  • 不規則な地平線
  • メラニックホライズン
  • モリックの地平線
  • 海の地平線
  • ニティックホライズン
  • 石油石灰質の地平線
  • 石油の地平線
  • 石油の地平線
  • ペトロプリンスの地平線
  • ピソプリンスの地平線
  • 悲惨な地平線
  • プリンシックホライズン
  • プレティックホライズン
  • Protovertic horzon
  • サリカの地平線
  • ソンブリックホライズン
  • スポディックホライズン
  • テリックホライズン
  • チオニックホライズン
  • アンブリックホライズン
  • 垂直の地平線

USDA土壌分類(ST)の診断範囲

出典:[3]

診断面の地平線
  • 人間原理のエピペドン
  • フォリスティックエピペドン
  • 歴史的なエピペドン
  • メラニンエピペドン
  • モリックエピペドン(モリソルを参照
  • オクリックエピペドン
  • Plaggenエピペドン
  • アンブリックエピペドン
診断地下の地平線
  • 農業の地平線
  • アルビック層位
  • 無水酢酸の地平線
  • アーギリックホライズン
  • カルシウムの地平線
  • カンビックホライズン
  • ドゥリパン
  • フラジパン
  • 光沢のある地平線
  • ジプシーの地平線
  • カンディックホライズン
  • 海の地平線
  • ニティックホライズン
  • Ortsteinレイヤー
  • 有酸素地平線
  • 石油石灰質の地平線
  • 石油の地平線
  • ペトロプリンスの地平線
  • プラシックホライズン
  • サリカの地平線
  • ソンブリックホライズン
  • スポディックホライズン

も参照してください

参照

引用

  1. ^ アドホック-AGボーデン(2005)。Bodenkundliche Kartieranleitung、5。Auflageシュトゥットガルト:シュバイツァーバート。
  2. ^ a b IUSSワーキンググループWRB(2015)。「世界土壌資源照合基準2014、アップデート2015」(PDF)World Soil Resources Reports 106、FAO、ローマ。
  3. ^ a b 土壌調査スタッフ(2014)。「土壌分類の鍵」(第12版)。米国農務省の天然資源保護サービス。
  4. ^ RF Isbell; etal。(土壌と地形に関する全国委員会)(2016)。「オーストラリアの土壌分類」(第2版)。CSIRO。2019-04-16にオリジナルからアーカイブされました2016年2月11日取得
  5. ^ WEHブルーム; P.シャッド; S.ノートクリフ(2018)。土壌学の要点Stuttgart:BorntraegerSciencePublishers。
  6. ^ 土壌および地形に関する全国委員会(2009年)。オーストラリアの土壌および土地調査フィールドハンドブック。第3版CSIRO、メルボルン。
  7. ^ Johnson、DL、JEJ Domier、およびDNJohnson。2005年。土壌とそのバイオマントルの性質に関する考察。Annals、Association of American Geographers、v。95(1)、pp.11-31。
  8. ^ ウィルキンソン、MTおよびGSハンフリー。2005.核種ベースの土壌生成率とOSLベースの生物擾乱率による土壌生成の調査。オーストラリアンジャーナルオブソイルリサーチ、v。43、pp.767-779。
  9. ^ PJ Schoeneberger; DA Wysocki; ECベンハム; 土壌調査スタッフ(2012)。「土壌の説明とサンプリングのためのフィールドブック。バージョン3.0」(PDF)ネブラスカ州リンカーン:NRCS、NSSC。
  10. ^ FAO(2006)。「土壌記述のガイドライン。第4版」(PDF)FAO、ローマ。

一般的な情報源