ソフトウェア品質管理

ウィキペディアから、無料の百科事典
ナビゲーションにジャンプ 検索にジャンプ

ソフトウェア品質管理SQM )は、製品が顧客が期待する品質基準を満たし、必要な規制および開発者の要件も満たすように、ソフトウェアの品質を開発および管理することを目的とした管理プロセスです。もしあれば。[1] [2] [3]ソフトウェア品質管理者は、ソフトウェアを市場にリリースする前にテストする必要があり、リリース前にバグを明らかにして修正するために、循環プロセスベースの品質評価を使用してこれを行います。彼らの仕事は、ソフトウェアが消費者にとって良好な状態であることを保証するだけでなく、企業全体に品質の文化を奨励することでもあります。[1] [2] [3]

品質管理活動

ソフトウェア品質管理活動は、一般に、品質保証、品質計画、および品質管理の3つのコアコンポーネントに分割されます。[1] [2]ソフトウェアエンジニアや著者のIanSommervilleのような人は、「品質管理」という用語を使用せず(品質管理はソフトウェア開発用語よりも製造用語と見なされることが多いため)、関連する概念を品質保証の概念。[3]ただし、それ以外の点では3つのコアコンポーネントは同じままです。

品質保証

ソフトウェア品質保証は、組織化された論理的な一連の組織プロセスを設定し、業界のベストプラクティスに基づいて、それらの組織プロセスと組み合わせる必要があるソフトウェア開発標準を決定します。ソフトウェア開発者は、より高品質のソフトウェアを作成する可能性が高くなります。ただし、「保守性」や「信頼性」などの品質属性をプロセスにリンクすることは、製造の機械的プロセスと比較して、その創造的な設計要素のために、ソフトウェア開発ではより困難です。[1] [2] [3]さらに、「プロセスの標準化は創造性を阻害することがあり、その結果、ソフトウェアの品質が向上するのではなく、低下する可能性があります。」[3]

この段階には、次のものが含まれます。

  • 標準テンプレートを使用した明確に定義されたエンジニアリングドキュメントの作成など、ドキュメントプロセス標準の奨励
  • 品質レビューなどの標準的なプロセスを実施する方法を指導する
  • インプロセステストデータ記録手順の実行
  • ソフトウェア開発プロセスで使用する必要がある標準を特定する

品質計画

品質計画は、より詳細なプロジェクトベースのレベルで機能し、プロジェクトの出力に関連付けられる品質属性と、それらの属性を評価する方法を定義します。さらに、このフェーズでは、既存の組織標準をプロジェクトに割り当てることもできます。ソフトウェア開発プロジェクトには、「堅牢性」、「アクセシビリティ」、「モジュール性」などの属性を割り当てることができます。[1] [2]これはより形式化された統合的なプロセスかもしれませんが、より機敏な品質管理方法を使用するプロセスでは、厳密な計画構造をあまり重視しない場合があります。[3]品質計画は、意図された市場、重要なリリース日、品質目標、予想されるリスク、およびリスク管理ポリシーにも対応する場合があります。[2] [3]

品質管理

品質管理チームは、さまざまな段階でソフトウェアをテストおよびレビューして、組織レベルとプロジェクトレベルの両方で品質保証プロセスと標準が遵守されていることを確認します。[1] [2](Sommervilleのようなものは、これらの責任を品質管理と呼ぶのではなく、品質保証に関連付けます。[3])これらのチェックは、製品の客観的な見方をより多く提供するために、開発チームから最適に分離されています。テスト済み。[2] [3]ただし、開発側のプロジェクトマネージャーも支援する必要があり、このフェーズの一部として、「エラーが発見されたときに責任を負わずにサポートを提供する文化」を促進するのに役立ちます。[3]よりアジャイルな品質アプローチを実装しているソフトウェア開発会社では、これらの活動はあまり正式ではないかもしれません。ただし、管理手順が適切に適合されていない場合、より正式な品質管理構造からアジャイル手法に切り替えると問題が発生する可能性があります。[3]

活動は次のとおりです。

  • テストプロセスの適切なドキュメントを含む、ソフトウェアのリリーステスト
  • ソフトウェアおよび関連ドキュメントの標準への不適合の検査
  • 以前のテストで詳述された必要な変更が対処されていることを確認するためのソフトウェアのフォローアップレビュー
  • ソフトウェア測定と評価のための測定基準の適用

ソフトウェアの品質とソフトウェアのライフサイクル

ソフトウェア品質の測定は製造とは異なります。許容範囲は適用できず(少なくとも同じように)、ソフトウェアが仕様を満たしているかどうかに関する客観的な結論を達成することは不可能ではないにしても困難です。[3]ただし、ソフトウェアの品質と目的適合性のステータスは、実現するプロジェクトの組織とタイプに応じて、さまざまな方法で実現できます。[4]これは、ソフトウェア開発ライフサイクル全体のサポートを通じて行われます。つまり、次のことを意味します。

  • 要件を収集し、ITプロジェクトの範囲を定義し、定義された要件がテスト可能かどうかの検証に焦点を当てます。
  • テストプロセスの計画に焦点を当てたソリューションの設計。たとえば、どのタイプのテストが実行され、テスト環境とテストデータのコンテキストでどのように実行されるか。
  • テストケースとシナリオによってサポートされるソリューションを実装し、それらを実行し、欠陥を登録します。これには、欠陥の解決の調整が含まれます。
  • 計画された変更が作成されたソリューションの品質とテスト計画の最終的な変更にどのように影響するかを検証することでサポートされる、変更管理の実装。
  • 作成されたソリューションの全体的な品質の複雑な検証に焦点を当てたテストの実現に支えられて、プロジェクトを終了します。

ITメソッドへのリンク

ソフトウェア品質管理は、次のようなさまざまなプロジェクト管理、開発、およびIT運用方法と強く関連しているトピックです。

RUPとV-Modelを使用したプロジェクトのソフトウェア品質管理実装サンプル
  • プロジェクト管理方法PRINCE2 [5]は、次のことを定義しています。
  • コンポーネント「プロジェクト環境の品質」。作成された製品のダブルチェックと客観的な管理の必要性について説明しています。品質マネジメントシステム、品質管理機能、品質計画、品質管理の4つの要素を使用することを提案しています。
  • 作成された製品が定義された品質基準を満たしているかどうかの検証に焦点を当てた「品質レビュー手法」。
  • プロジェクト管理方法PMBOK第4版[6]は、知識領域のプロジェクト品質管理と以下のプロセスを定義しています。
  • 3.4.12計画の品質、
  • 3.5.2。品質保証を実行し、
  • 3.6.7。品質管理を行う
  • 開発方法RUPは、開始から移行までのすべてのフェーズに関与する規律テストを定義します。
  • 開発方法MSFは、主にソリューションのテストに焦点を当てたテスターの役割と安定化フェーズを定義します。[7]
  • アジャイル手法は、ソフトウェア品質管理に関連するテスターの役割やメカニズムを正確に定義するものではありません。これらのメソッドは、継続的インテグレーションテスト駆動開発などの手法のみを定義しますそれにもかかわらず、最後にアジャイルテストに関する出版物があります。
  • 運用方法CMMIは、とりわけ、CMMIレベル2ですでに必要とされているプロセス領域PPQA「プロセスおよび製品品質保証」を定義しています。
  • 運用方法COBITは、とりわけプロセスP08品質管理を定義します。
  • 運用方法ITILは、とりわけ、継続的なサービスの改善によって定義されています。
  • Vモデル–ソフトウェア開発ライフサイクルとテストプロセスを定義するモデル。
  • ISO 9000 –規格ファミリーは品質管理システムに関連しており、組織が製品に関連する法定および規制要件を満たしながら、顧客やその他の利害関係者のニーズを確実に満たすように設計されています[1]。

協会や組織

  • American Society for Quality (ASQ)は、品質管理、継続的改善、および製品の安全性に関連する認証、トレーニング、出版物、会議、およびその他のサービスをメンバーに提供する専門組織です。
  • International Software Testing Qualifications Board(ISTQBPは、ベルギーで登録された非営利の国際協会です。ソフトウェアテスターの認証プロセスを管理し、120か国以上で535,000を超える証明書の発行を誇っています。[ 8]

も参照してください

参考文献

  1. ^ a b c d e f Zsolt、U。(2014年2月)。「ソフトウェア品質管理」 (PDF)ソフトウェア開発プロセスとソフトウェア品質保証ヴェスプレーム大学。pp。117–121 2017年12月7日取得
  2. ^ a b c d e f g h マキシム、BR(2014)。「ソフトウェア品質管理」(PPT)ミシガン大学-ディアボーン2017年12月7日取得
  3. ^ a b c d e f g h i j k l Sommerville、I。(2011)。「第24章:品質管理」。ソフトウェア工学(第9版)。アディソン-ウェスリー。pp。651–680。ISBN 9780137035151
  4. ^ Kelemen、ZD(2013)。マルチモデルソフトウェアプロセス改善のためのプロセスベースの統合アイントホーフェン:アイントホーフェン工科大学。ISBN 978-90-386-3313-8 
  5. ^ OGC(Office of Government Commerce)(2009)。PRINCE2(2009年版)で成功したプロジェクトを管理する。TSO(文房具事務所)。ISBN 978-0-11-331059-3 
  6. ^ プロジェクトマネジメント知識体系ガイド、第4版、PMI、米国、2008年
  7. ^ Microsoft Solution Framework-第18章安定化フェーズ、公開日:2005年4月27日[1]
  8. ^ 「世界中のソフトウェアテスターの認定」国際ソフトウェアテスト資格委員会2017年12月7日取得