ソフトウェア構成管理

ウィキペディアから、無料の百科事典
ナビゲーションにジャンプ 検索にジャンプ

ソフトウェアエンジニアリングではソフトウェア構成管理SCMまたはS / W CM )は、ソフトウェアの変更を追跡および制御するタスクであり、構成管理のより大きな学際的な分野の一部です[1] SCMの実践には、改訂管理とベースラインの確立が含まれます。何か問題が発生した場合、SCMは何が変更されたのか誰が変更したのかを判断できます。構成が正常に機能している場合、SCMはそれを多くのホストに複製する方法を決定できます。

頭字語「SCM」は、ソース構成管理プロセスおよびソフトウェア変更と構成管理としても拡張されています。[2]ただし、「構成」は一般に、システム管理者 によって通常行われる変更をカバーすると理解されています

目的

SCMの目標は一般的に次のとおりです。[要出典]

  • 構成の識別-構成、構成アイテム、およびベースラインを識別します
  • 構成制御-制御された変更プロセスを実装します。これは通常、ベースラインに対して送信されるすべての変更要求を承認または拒否することを主な機能とする変更管理ボード設定することによって実現されます
  • 構成ステータスアカウンティング-開発プロセスのステータスに関するすべての必要な情報を記録および報告します。
  • 構成の監査-構成に意図されたすべての部分が含まれ、要件、アーキテクチャ仕様、ユーザーマニュアルなど、指定するドキュメントに関して適切であることを確認します。
  • ビルド管理-ビルドに使用されるプロセスとツールを管理します。
  • プロセス管理-組織の開発プロセスを確実に順守します。
  • 環境管理-システムをホストするソフトウェアとハ​​ードウェアを管理します。
  • チームワーク-プロセスに関連するチームの相互作用を促進します。
  • 欠陥の追跡-すべての欠陥にソースまでのトレーサビリティがあることを確認します。

クラウドコンピューティングDevOpsの導入により、SCMツールの目的が統合される場合があります。SCMツール自体は、仮想マシンとしてインスタンス化され、状態とバージョンとともに保存できる仮想アプライアンスになりました。ツールは、仮想アプライアンス、ストレージユニット、ソフトウェアバンドルなど、クラウドベースの仮想リソースをモデル化および管理できます。アクターの役割と責任も統合され、開発者は仮想サーバーと関連リソースを動的にインスタンス化できるようになりました。[3]

歴史

コンピューティングにおけるソフトウェア構成管理(SCM)の歴史は、もともとハードウェア開発と生産管理のためのCM(構成管理用)がソフトウェア開発に適用されていた1950年代にさかのぼることができます。初期のソフトウェアには、カードテープ、その他のメディアなどの物理的なフットプリントがありました。最初のソフトウェア構成管理は手動操作でした。言語と複雑さの進歩に伴い、構成管理やその他の方法を含むソフトウェアエンジニアリングは、スケジュール、予算、品質などの問題のために大きな懸念事項になりました。何年にもわたる実践的な教訓は、手順とツールの定義と確立につながりました。最終的に、ツールはソフトウェアの変更を管理するシステムになりました。[4]業界全体の慣行は、オープンな方法または独自の方法(リビジョン管理システムなど)のいずれかでソリューションとして提供されましたコンピュータの使用が増えるにつれ、要件管理、代替設計、品質管理など、より広い範囲を処理するシステムが登場しましたその後のツールは、 Software EngineeringInstituteのCapabilityMaturityModelなどの組織のガイドラインに従いました

も参照してください

参考文献

  1. ^ ロジャーS.プレスマン(2009)。ソフトウェアエンジニアリング:実践者のアプローチ(第7回国際版)。ニューヨーク:マグロウヒル。
  2. ^ Gartner and Forrester Research
  3. ^ Amies、A; ペドルS; パンTM; Zou PX(2012年6月5日)。「Rationalツールを使用してクラウドアプリケーションを開発する」IBMDeveloperWorksIBM。
  4. ^ 「1988年「信頼できるシステムの構成管理を理解するためのガイド」NationalComputer Security System( Google経由)

さらに読む

  • 828-2012システムおよびソフトウェアエンジニアリングにおける構成管理のためのIEEE標準2012. doi10.1109 /IEEESTD.2012.6170935ISBN 978-0-7381-7232-3
  • Aiello、R。(2010)。構成管理のベストプラクティス:実世界で機能する実用的な方法(第1版)。アディソン-ウェスリー。ISBN0-321-68586-5_ 
  • バビッチ、WA(1986)。ソフトウェア構成管理、チームの生産性のための調整初版。ボストン:アディソン-ウェスリー
  • Berczuk、アップルトン; (2003)。ソフトウェア構成管理パターン:効果的なチームワーク、実用的な統合(第1版)。アディソン-ウェスリー。ISBN0-201-74117-2_ 
  • ベルソフ、EH(1997)。ソフトウェア構成管理の要素。IEEE Computer Society Press、カリフォルニア州ロスアラミトス、 1-32
  • Dennis、A.、Wixom、BH&Tegarden、D。(2002)システム分析と設計:UMLを使用したオブジェクト指向アプローチ。ニューヨーク州ホーボーケン:John Wiley&Sons、Inc。
  • 米国国防総省(2001)。ミリタリーハンドブック:構成管理ガイダンス(リビジョンA)(MIL-HDBK-61A)2010年1月5日、http://www.everyspec.com/MIL-HDBK/MIL-HDBK-0001-0099/MIL-HDBK-61_11531/から取得
  • Futrell、RT etal。(2002)。高品質のソフトウェアプロジェクト管理。初版。プレンティスホール。
  • 国際標準化機構(2003)。ISO 10007:品質マネジメントシステム–構成管理のガイドライン
  • 佐伯正明(2003)。情報システム開発手法へのメトリクスの埋め込み:手法工学技術の応用。CAiSE 2003、374–389。
  • Scott、JA&Nisse、D。(2001)ソフトウェア構成管理。で:ソフトウェア工学知識体系へのガイド2010年1月5日、 http://www.computer.org/portal/web/swebok/htmlformatから取得
  • Paul M. Duvall、Steve Matyas、Andrew Glover(2007)。継続的な統合:ソフトウェアの品質を向上させ、リスクを軽減します。(第1版)。アディソン-ウェスリープロフェッショナル。ISBN0-321-33638-0_ 

外部リンク