ソフトウェア工学知識体系

ウィキペディアから、無料の百科事典
ナビゲーションにジャンプ 検索にジャンプ

ソフトウェア工学知識体系 SWEBOK / ˈswiːˌbɒk / SWEE -bok [ 1 ] は、一般に受け入れられているソフトウェア工学のガイドを指定する国際標準ISO / IEC TR 19759:2005 [ 2]です知識のボディ。

ソフトウェア工学知識体系ガイド(SWEBOKガイド)は、いくつかの専門家団体と業界のメンバーの協力により作成され、IEEE Computer SocietyIEEE)によって発行されています。[3]この規格は、 IEEE ComputerSocietyから自由にアクセスできます[4] 2013年後半、SWEBOK V3の公開が承認され、リリースされました。[5] 2016年、IEEE Computer Societyは、知識体系の将来の反復を開発するためのSWEBoKEvolutionの取り組みを開始しました。[6]

SWEBOKバージョン3

SWEBOK V3の公開バージョンには、ソフトウェアエンジニアリングの分野で次の15の知識領域(KA)があります

また、これらの関連分野を認識しましたが、定義しませんでした。

SWEBOKの2004年版

SWEBOKガイドの2004年版では、ソフトウェアエンジニアリングの分野で10の知識領域(KA)が定義されています。

SWEBOKは、ソフトウェアエンジニアリングに関連する分野も定義しています。

同様の取り組み

ソフトウェアエンジニアリングの一連の知識を定義するための同様の取り組みは、正式にソフトウェアエンジニアリング2004 ( SE2004)と名付けられた「コンピューティングカリキュラムソフトウェアエンジニアリング(CCSE)」です。SWEBOKがそのソースの1つとして使用されているため、カリキュラムは2004 SWEBOKV2とほぼ重複しています。しかし、それはより学界に向けられています。SWEBOKガイドは、実践者が4年間の練習後に持つべきソフトウェア工学の知識を定義しますが、SE2004は、学部ソフトウェア工学の学生が卒業時に持つべき知識(数学、一般的な工学原理、およびその他の関連分野の知識を含む)を定義します。SWEBOK V3は、これらの交差点に対処することを目的としています。

も参照してください

参考文献

  1. ^ 「学生のためのIEEEComputer Society SWEBOK証明書プログラム(SCP)の利点」2021年12月11日にオリジナルからアーカイブされました2021年1月22日取得
  2. ^ 「ISO / IECTR 19759:2005」2013年4月1日取得
  3. ^ 「ソフトウェア工学知識体系へのガイド:2004年版」、米国議会図書館オンラインカタログ、2005年、 http://lccn.loc.gov/20059217292013年7月16日取得。
  4. ^ 「SWEBOK」Computer.org。
  5. ^ 「SWEBOKガイドV3.0」
  6. ^ 「SWEBoKの進化」

外部リンク