ソーシャル ソフトウェア エンジニアリング

ソーシャル ソフトウェア エンジニアリング( SSE )は、ソフトウェア開発および開発されたソフトウェアの社会的側面に関係する ソフトウェア エンジニアリングの一分野です。

SSE は、ソフトウェア エンジニアリングと開発されたソフトウェアの両方の社会性に焦点を当てています。一方で、ソフトウェアエンジニアリング活動、プロセス、CASEツールにおける社会的要因の考慮は、開発プロセスと生成されるソフトウェアの両方の品質を向上させるのに役立つと考えられています。例としては、共同ソフトウェア開発における状況認識と多文化要因の役割が挙げられます。一方で、ソフトウェアが動作する社会的コンテキストの動的な性質(クラウド環境など)では、実行時の反復アクティビティとして社会的適応性をエンジニアリングする必要があります。例には、ソフトウェアがユーザーの質の高いフィードバックを収集し、それを使用して自律的または半自律的に適応できるようにするアプローチが含まれます。

SSE は、ソフトウェア エンジニアリングにおけるコラボレーションと知識の共有をサポートするソーシャル指向のツールを研究および構築します。SSE はまた、ソフトウェアが動作する可能性のある動的な社会的コンテキストへのソフトウェアの適応性、および実行時のソフトウェア適応決定の形成におけるクライアントとエンドユーザーの関与についても調査します。社会的背景には、規範、文化、役割と責任、利害関係者の目標と相互依存関係、各ソフトウェアの動作の品質と適切性に対するエンドユーザーの認識などが含まれます。

ソーシャル ソフトウェア エンジニアリングとアプリケーションに関する第 1 回国際ワークショップ (SoSEA 2008) [1]の参加者は、次の特徴付けを提案しました。

したがって、SSE は、「オンライン環境におけるコミュニティ主導のソフトウェアの作成、管理、展開、使用を可能にするプロセス、方法、ツールのアプリケーション」と定義できます。[2]

SSE の分野における主な観察の 1 つは、ソフトウェア エンジニアリングは本質的にソーシャルな活動であるため、ソーシャル ソフトウェアアプリケーション用に作られた概念、原理、テクノロジがソフトウェア開発自体に適用できるということです。SSE は、ソフトウェア開発の特定の活動に限定されません。したがって、社会システム設計や社会要件エンジニアリングなど、SSE のさまざまな部分をサポートするツールが提案されています[3] したがって、ソフトウェア開発ツール、エンジニアリング ツール、マーケティング ツール、またはユーザーの意思決定プロセスを支援するソフトウェアなどの垂直市場ソフトウェアは、ソーシャル コンポーネントから利益を得ることができます。[4] [5]このような垂直型ソーシャル ソフトウェアは、ユーザー ベースにおいてYammerなどの従来のソーシャル ソフトウェアとは大きく異なります。

参考文献

  1. ^ ソーシャル ソフトウェア エンジニアリングとアプリケーションに関する第 1 回国際ワークショップ (SoSEA 2008)
  2. ^ Imed Hammouda、Jan Bosch、Mehdi Jazayeri、Tommi Mikkonen: ソーシャル ソフトウェア エンジニアリングとアプリケーションに関する第 1 回国際ワークショップ (SoSEA 2008)。掲載: 第 23 回 IEEE/ACM 自動ソフトウェア エンジニアリング国際会議 (ASE 2008) の議事録。IEEE、2008 年、531 ~ 532 ページ。
  3. ^ Steffen Lohmann、Sebastian Dietzold、Philipp Heim、Norman Heino: 社会要件エンジニアリングのための Web プラットフォーム。参加: ソフトウェア エンジニアリング 2009 (ワークショップ)。GI、2009、309-315 ページ。
  4. ^ ミュンヘン工科大学、セビス: (垂直) ソーシャル ソフトウェアに関する研究プロジェクトを完了
  5. ^ “ソーシャルネットワークの未来は垂直型”. 2015-05-17 のオリジナルからアーカイブ2014 年 9 月 15 日に取得