社会選択理論

ウィキペディアから、無料の百科事典
ナビゲーションにジャンプ 検索にジャンプ

社会選択理論または社会選択 は、ある意味で集団的決定または社会福祉到達するために、個人の意見、好み、興味、または福祉を組み合わせて分析するための理論的枠組みです[1] 集団的決定の非理論的な例は、憲法の下で法律または一連の法律を制定することです。社会選択理論は、コンドルセ投票の逆理の定式化に端を発しています。ケネス・アロー社会的選択と個人的価値観(1951)とアローの不可能性定理その中で、現代の社会選択理論の基礎として一般的に認められています。[1]アローの定理投票の逆理に加えてギバード・サタースウェイトの定理コンドルセの陪審定理中位投票者定理メイの定理は、社会選択理論からのよりよく知られた結果の1つです。

社会的選択は、厚生経済学と投票理論の要素を融合させます。それは、社会の個々のメンバーの好みと行動を集約するという点で、方法論的に個人主義的です。一般性のため形式的論理の要素を使用して、分析は社会的選択の一連の一見合理的な公理から進み社会的厚生関数(または憲法)を形成します。[2]結果は、アローの定理のように、さまざまな公理の論理的な非互換性を明らかにし、集約の問題明らかにし、いくつかの公理を削除する際の再定式化または理論的トリアージを示唆しました[1]

その後、作業も考慮に近づき補償公正、自由と権利、公理ドメイン の制限上の好みエージェント、変数集団、戦略プルーフ社会選択メカニズムの天然資源[1] [3] 機能functionings[4]福祉[5] 正義[6]貧困[7]

社会選択理論公共選択理論は重複する可能性がありますが、狭義に解釈すると互いに素です。経済文学分類コードのジャーナルは、下の社会的選択を置くミクロ経済学JEL D71 ほとんどのに対し(クラブ、委員会、および団体との)公共選択:サブカテゴリJEL D72(政治プロセスの経済モデルであるレント・シーキング、選挙、議会、および投票行動)。

対人効用比較

社会選択理論は、個人の好みを集合的な社会福祉機能に集約または組み合わせるための理論的および実践的な方法の研究です。このフィールドは一般に、個人が好みを持っていることを前提としており、効用関数を使用してモデル化できることになります。しかし、この分野の研究の多くは、これらの効用関数が人間の内部にあり、意味のある測定単位がなく、異なる個人間で比較できないことを前提としています[8]このタイプの対人効用比較が可能かどうかは、利用可能な数学を大幅に変更します社会福祉機能と社会選択理論の構造。

ある見方では、ジェレミー・ベンサムに続いて功利主義者は、個人の選好と効用関数は対人的に比較可能であり、したがって、総効用の尺度に到達するために一緒に追加される可能性があると主張しました。功利主義の倫理は、この総計を最大化することを求めています。

これとは対照的に、多くの二十世紀の経済学者は、以下のライオネル・ロビンズ、精神状態、と彼らは反映ユーティリティかどうかを疑問視し、測定することができると、ましてや、対人比較有用性だけでなく、それがベースとなっている社会選択理論。たとえば、限界効用を減少させる法則を考えてみてください。これによれば、追加された量の財の効用は、すでに個人が所有している財の量とともに減少します。これは、前者が追加の収入単位から後者ほど多くの効用をもたらさないという前提で、「金持ち」から「貧乏人」への富の移転を擁護するために使用されてきました。ロビンズ(1935年、pp。138–40)は、この概念は前向きな科学を超えていると主張しています。つまり、他の誰かの効用の変化を測定することはできず、肯定的な理論によって要求されることもありません。

効用の対人比較の謝罪者は、ロビンズが主張しすぎていると主張しました。ジョン・ハーサニは、効用などの精神状態の完全な比較は不可能であることに同意しますが、人間はいくつかの共通の背景、文化的経験などを共有しているため、効用の対人比較を行うことができると信じています。アマルティアセンの例では(1970年、99ページ)、ローマを燃やすことによるネロ皇帝の利益は、残りのローマ人が被った損失よりも重要であったと言うことができるはずです。したがって、ハーサニとセンは、効用の少なくとも部分的な比較可能性が可能であり、社会選択理論はその仮定の下で進行すると主張している。

しかし、センは、対人効用の比較可能性は部分的である必要はないと提案している。センの情報拡大の理論の下では、効用の完全な対人比較でさえ、精神状態は順応性があるため、社会的に最適ではない選択につながるでしょう。飢えた農民は特に日当たりの良い性向を持っている可能性があり、それによって小さな収入から高い効用を引き出します。しかし、この事実は、社会的選択の領域における補償または平等に対する彼の主張を無効にするべきではありません。

したがって、社会的決定は、計り知れない要因に基づくべきです。センは、幅広いデータに基づいて対人効用の比較を提案しています。彼の理論は、基本的なニーズ(たとえば、食品)、自由(たとえば、労働市場)、および能力を満たす商品への個人のアクセスと見なされる、利点へのアクセスに関係しています。私たちは実際の変数に基づいて社会的選択を行うことを進めることができ、それによって実際の位置と利点へのアクセスに取り組むことができます。センの情報拡大の方法は、社会選択理論が社会選択理論に永久に害を及ぼすかのように見えたロビンズの異議を回避することを可能にします。

さらに、アローの不可能性定理とギバード・サタースウェイト定理の独創的な結果以来、個人の選好領域の制限に焦点を当てた多くの肯定的な結果が、最適な投票などのトピックを解明してきました。初期の結果は、最も一般的な設定独裁や非効率のない社会的選択機能を十分に提供することの不可能性を強調しましたその後の結果は、多くの望ましい特性に対応できる自然な制限を発見しました。[要出典]

経験的社会選択研究

アローの社会的選択分析は、主に非常に理論的で形式的な性格を持っていることを特徴としています。しかし、約以来。1960年、アメリカの政治学者ウィリアムH.ライカーが、社会選択理論的洞察の経験的応用に何よりも注意を向け始めました

そのような研究の大部分は、コンドルセのパラドックスの経験的な例を見つけることに焦点を合わせてきました[9] [10]

大小を問わず、合計265の実世界選挙をカバーする、37の個別研究の要約では、コンドルセのパラドックスの25の事例が見つかり、合計の可能性は9.4%[10]325です(これは高い推定値である可能性があります。パラドックスのケースは、そうでないケースよりも報告される可能性が高いため)。一方、コンドルセのパラドックスの経験的特定は、すべての選択肢に対する意思決定者の好みに関する広範なデータを前提としています。これは、ごくまれにしか利用できないものです。

パラドックスの例は、小さな設定(議会など)で時折発生するように見えますが、一部は特定されていますが、より大きなグループ(選挙人など)ではほとんど例が見つかりませんでした。[11]

社会的選択ルール

させて 可能な「世界の状態」または「代替」のセットである。社会はから単一の州を選択したいたとえば、小選挙では候補のセットを表す場合があります。リソース割り当ての設定、 可能なすべての割り当てを表す場合があります。

させて 個人のコレクションを表す有限集合である。それぞれについて、 させて である効用関数幸福の量個々記述、Iの各可能な状態に由来します。

社会的選択ルールは、データを使用するメカニズムです からいくつかの要素を選択するには これは社会にとって「最良」です。「最良」が何を意味するのかという問題は、社会選択理論の基本的な問題です。次のルールが最も一般的です。

  • 功利主義のルールは-とも呼ばれる最大和ルール-ユーティリティの総和を最大化することを目指し、これ効率を最大化することができます。
  • 平等主義のルールは-とも呼ばれる最大-最小のルール-最小の効用を最大化することを目指し、これ公平性を最大化。
  • 比例公平ルールとも呼ばれる- MAX-製品のルール-効率と公平性との間のバランスを達成する前の二つのルールの間のバランスを目指し、。

も参照してください

注意事項

  1. ^ a b c d Amartya Sen(2008)。「社会的選択」。経済学の新しいパルグレイブ辞書、第2版、要約および目次。
  2. ^ たとえば、Kenneth J. Arrow(1951)で。社会的選択と個人の価値観、ニューヨーク:Wiley、ch。II、セクション2、設定と選択の表記法、およびch。III、「社会福祉機能」。
  3. ^ WalterBossertおよびJohnA。Weymark(2008)。「社会的選択(新展開)」、経済学の新しいパルグレイブ辞書、第2版、要約および目次。
  4. ^ カウシック、バスー; Lòpez-Calva、Luis F.(2011)。機能と機能社会的選択と福祉のハンドブック。2pp。153–187。土井10.1016 / S0169-7218(10)00016-XISBN 9780444508942
  5. ^ d 'アスプルモン、クロード; Gevers、Louis(2002)。第10章社会福祉の機能と対人比較可能性社会的選択と福祉のハンドブック。1pp。459–541。土井10.1016 / S1574-0110(02)80014-5ISBN 9780444829146
  6. ^ アマルティアセン([1987] 2008)。 「正義」、経済学の新しいパルグレイブ辞書、第2版​​。アブストラクト&目次。
      Bertil Tungodden(2008)。 「正義(新しい視点)」、経済学の新しいパルグレイブ辞書、第2版​​。概要。
      ルイスカプロフ(2008)。 「パレートの法則と競合する原則」 、新しいパルグレイブ経済学辞典、第2版。概要。
      アマルティアセン(1979 [1984])。集団的選択と社会福祉、ニューヨーク:エルゼビア、(説明)
        ch。 9、「公平と正義」、pp.131-51。
        ch。 9 *、「非人格性と集合的な準順序付け」、pp。
      ケネス・J・アロー(1983)。収集された論文v。1社会的選択と正義、マサチューセッツ州ケンブリッジ:Belknap Press、 説明内容、および章-プレビューリンク。
      Charles Blackorby、Walter Bossert、およびDavid Donaldson、2002年。「功利主義と正義論」、 『社会的選択と福祉のハンドブック』、ケネスJ.アロー、アマルティアK.セン、鈴村興太郎編、v。1、ch。 。 11、pp。543–596。概要。
  7. ^ Dutta、Bhaskar(2002)。第12章不平等、貧困、福祉社会的選択と福祉のハンドブック。1pp。597–633。土井10.1016 / S1574-0110(02)80016-9ISBN 9780444829146
  8. ^ ライオネルロビンズ(1932年、1935年、第2版)。 経済科学の性質と重要性に関するエッセイ、ロンドン:マクミラン。以下のためのリンク1932 HTMLおよび1935ファクシミリ
  9. ^ Kurrild-Klitgaard、Peter(2014)。「経験的社会的選択:序論」。公共選択158(3–4):297–310。土井10.1007 / s11127-014-0164-4ISSN 0048から5829までS2CID 148982833  
  10. ^ a b ヴァン・ディーメンズ、エイドリアン(2014)。「コンドルセのパラドックスの経験的関連性について」。公共選択158(3–4):311–330。土井10.1007 / s11127-013-0133-3ISSN 0048から5829までS2CID 154862595  
  11. ^ Kurrild-Klitgaard、Peter(2014)。「大選挙区での投票のコンドルセ逆理の経験的例」。公共選択107:135–145。土井10.1023 / A:1010304729545ISSN 0048から5829までS2CID 152300013  

参考文献

外部リンク