スマートフォン

ウィキペディアから、無料の百科事典
ナビゲーションにジャンプ 検索にジャンプ

2つのスマートフォン:Samsung Galaxy J5(左)とiPhone 6S(右)

スマートフォンである携帯機器組み合わせ携帯電話およびコンピューティング一つのユニットに機能します。これらは区別され、フィーチャーフォン彼らの強力なハードウェア機能と豊富でモバイルオペレーティングシステムより広い促進、ソフトウェアインターネット(含むWebブラウジングを超えるモバイルブロードバンド)、およびマルチメディア(音楽、ビデオ、などの機能カメラ、およびゲームのコアの携帯電話と一緒に、)音声通話テキストメッセージングなどの機能。スマートフォンには通常、多数の金属酸化物半導体(MOS)集積回路(IC)チップが含まれており、付属のサードパーティソフトウェア(磁力計近接センサー気圧計ジャイロスコープなど)で利用できるさまざまなセンサーが含まれています加速度計より)、およびサポート無線などの通信プロトコル(ブルートゥースのWi-Fi、または衛星ナビゲーション)。

初期のスマートフォンは主にエンタープライズ市場向けに販売され、スタンドアロンの携帯情報端末(PDA)デバイスの機能と携帯電話のサポートを橋渡ししようとしましたが、そのかさばる形状、短いバッテリー寿命、遅いアナログセルラーネットワーク、および未熟さによって制限されていました。ワイヤレスデータサービスの。これらの問題はMOSトランジスタのサブミクロンレベル指数関数的スケーリング小型化ムーアの法則)、改良されたリチウムイオン電池、より高速なデジタルモバイルデータネットワークによって最終的に解決されました。 エドホルムの法則)、およびモバイルデバイスエコシステムデータプロバイダーから独立して開発できるようにする、より成熟したソフトウェア プラットフォーム

2000年代には、NTT DoCoMoiモードプラットフォーム、BlackBerryNokiaSymbianプラットフォーム、およびWindows Mobileが市場の牽引力を獲得し始め、モデルにはQWERTYキーボードまたは抵抗膜方式タッチスクリーン入力搭載され、プッシュ型電子メールやワイヤレスインターネットへのアクセスが強調されました。2000年代後半にiPhoneの人気が高まった後、スマートフォンの大部分はマルチタッチをサポートする大型の静電容量式画面を備えた薄くてスレートのようなフォームファクタを備えています。ジェスチャーではなく、物理的なキーボード、およびダウンロードへのユーザーのための機能を提供したり、追加購入したアプリケーションを集中管理から店舗、および使用のクラウドストレージと同期、仮想アシスタントだけでなく、モバイル決済サービスを提供しています。スマートフォンは、PDA、ハンドヘルド/パームサイズのPC、およびポータブルメディアプレーヤー(PMP)に大きく取って代わりました[1]

ハードウェアの改善とワイヤレス通信の高速化(LTEなどの標準による)は、スマートフォン業界の成長を後押ししました。2012年の第3四半期には、世界中で10億台のスマートフォンが使用されていました。[2]世界のスマートフォンの売上高は2013年初頭にフィーチャーフォンの売上高を上回りました。[3]

歴史

スマートフォンの開発は、いくつかの重要な技術的進歩によって可能になりました。指数関数のスケーリング小型化MOSFETのまで(MOSトランジスタ)サブミクロンレベル(によって予測されるように、1990年代、2000年代には、ムーアの法則)ポータブル構築することを可能にしたスマートデバイス、スマートフォンなどを[4] [5] [6]また、アナログからより高速なデジタルワイヤレス モバイルネットワークへの移行を可能にしますエドホルムの法則つながります)。[7] [8] [9]その他の重要な実現要因には、リチウムイオン電池が含まれます、必要不可欠なエネルギー源の長い可能バッテリ寿命を[10]は、1980年代に発明され、[11]と1991年に商品化、[12] より成熟の開発ソフトウェア プラットフォームのモバイルデバイスの許可生態系が独立しての開発にデータプロバイダ

フォアランナー

IBM Simonと課金ベース(1994)[13]

1990年代初頭、IBMのエンジニアであるFrank Canovaは、チップアンドワイヤレステクノロジーがハンドヘルドデバイスで使用できるほど小さくなっていることに気づきました[14]適切に「スマートフォン」と呼ばれる最初の市販のデバイスは、1992年にIBMでCanovaによって開発され、その年の11月にCOMDEXコンピューター業界の見本市でデモンストレーションされた「Angler」と呼ばれるプロトタイプとして始まりました[15] [16] [17]洗練されたバージョンは、1994年にBellSouthによってSimon PersonalCommunicatorという名前で消費者に販売されました携帯 電話の発信と受信に加えて、タッチスクリーンを装備したサイモンは、ファックス電子メールを送受信できます。これには、名簿、カレンダー、予定スケジューラ、電卓、世界の時計、メモ帳のほか、地図、株価レポート、ニュースなどの他の先見の明のあるモバイルアプリケーションが含まれていました。[18]

IBMサイモンを作製した三菱電機独自の無線からの機能を統合し、パーソナルデジタルアシスタント(PDA)、及びセルラー無線技術。[19]それは特色に液晶ディスプレイ(LCD)およびPCカードのサポートを。[20]サイモンがかさばるフォームファクタと限定に特に起因する、商業的に成功しなかったバッテリー寿命[21]使用ニッカド電池ではなく、ニッケル水素電池、一般的に1990年代に携帯電話で使用される、またはリチウムイオン電池を現代のスマートフォンで使用されています。[22]

「スマートフォン」という用語は、サイモンの登場から1年後まで造られておらず、AT&TのPhoneWriterCommunicatorを説明する1995年に印刷されました。[23] [非一次資料が必要] 「スマートフォン」という用語は、新しいデバイスの概念であるGS88を説明するために1997年にエリクソンによって最初に使用されました[24]

PDA /電話ハイブリッド

1990年代半ばから後半にかけて、携帯電話を持っていた多くの人々がPalm OSNewton OSSymbianWindows CE / PocketPCなどの初期バージョンのオペレーティングシステムを実行する別の専用PDAデバイスを携帯していました。これらのオペレーティングシステムは、後に初期のモバイルオペレーティングシステムに進化します。この時代の「スマートフォン」のほとんどは、これらの既存の使い慣れたPDAOSと基本的な電話ハードウェアを組み合わせたハイブリッドデバイスでした。その結果、専用の携帯電話やPDAよりもかさばるデバイスでしたが、セルラーインターネットアクセスの量は限られていました。 PDAと携帯電話メーカーは、デバイスのサイズを縮小するために競争しました。これらのスマートフォンの大部分は、高コストで高価なデータプランに加えて、個別のスタンドアロンデバイスと比較して拡張の制限やバッテリー寿命の低下などの他の欠点があり、一般に「アーリーアダプター」やポータブル接続を必要とするビジネスユーザーに人気を制限していました

1996年3月には、Hewlett-PackardがリリースさOmniGo 700LX、修正HP 200LXを持つパームトップPCのNokia 2110の携帯電話便乗それと上にROM、それをサポートするために、ベースのソフトウェアを。640×200の解像度のCGA互換の4シェードグレースケールLCD画面を備えており、電話の発着信、テキストメッセージ、電子メール、FAXの作成と受信に使用できます。また、100%DOS 5.0互換であり、初期バージョンのWindowsを含む、何千もの既存のソフトウェアタイトルを実行できました

Nokia 9000コミュニケーター(右)と更新された9110モデル(左)

1996年8月に、ノキアは、リリースノキア9000コミュニケータに基づいて、デジタル携帯PDAのNokia 2110に基づいて統合されたシステムでPEN / GEOS 3.0からオペレーティングシステムGeoworksを。 2つのコンポーネントは、クラムシェルデザインとして知られるようになったヒンジによって取り付けられ、上にディスプレイがあり、下に物理的なQWERTYキーボードがあります。 PDAは電子メールを提供しました。カレンダー、名簿、電卓、ノートブックアプリケーション。テキストベースのWebブラウジング。ファックスを送受信できます。閉じたとき、デバイスはデジタル携帯電話として使用できます。

1999年6月、クアルコムは、「PDQスマートフォン」をリリースし、CDMAデジタルPCSは一体化してスマートフォンのPalm PDAやインターネット接続。[25]

後続のランドマークデバイスは次のとおりです。

  • エリクソンR380(2000年12月)[26]により、エリクソン・モバイルコミュニケーションズ[27] 後に名前のオペレーティングシステム実行している最初の電話のSymbianは、(それが走ったEPOCリリース6でのSymbian OSと改名されたリリース5)。 PDA機能がありスタイラスを利用した抵抗膜方式タッチスクリーンでのWebブラウジングが制限されていました[28]「スマートフォン」として販売されていましたが、[29]ユーザーは自分のソフトウェアをデバイスにインストールできませんでした。
  • 京セラ6035(2001年2月)、[30]別デュアル性質装置のPalm OS PDAオペレーティングシステムおよびCDMA携帯電話のファームウェア。電話ハードウェアを接続されたモデムとして扱うPDAソフトウェアによる限定的なWebブラウジングをサポートしていました。[31] [32]
  • ノキア9210コミュニケータ(2001年6月)、[33]とシンビアン(リリース6)を実行している最初の電話のNokiaシリーズ80プラットフォーム(v1.0を)。これは、追加のアプリケーションのインストールを可能にする最初のSymbian電話プラットフォームでした。Nokia 9000 Communicatorと同様に、完全な物理QWERTYキーボードを内蔵した大型のクラムシェルデバイスです。
  • ハンドスプリングTreoの180(2002年の)、完全に統合された最初のスマートフォンのPalm OSをOSに組み込まれた電話、SMSメッセージング、インターネットアクセスを持つGSM携帯電話で。180モデルには親指タイプのキーボードがあり、180gバージョンには代わりにGraffiti手書き認識領域がありました。[34]

日本の携帯電話

日本の無線プロバイダーであるNTTドコモ1999年に、最大9.6キロビット/秒のデータ転送速度を提供し、オンラインショッピングなどのプラットフォームを通じて利用可能なWebサービスにアクセスする新しいモバイルインターネットプラットフォームであるiモードを発売しました。 NTTドコモのiモードはcHTMLを使用していました。これは、デバイスのデータ速度を上げるために、従来のHTMLのいくつかの側面を制限する言語です。制限された機能、小さな画面、および制限された帯域幅により、電話は利用可能なより遅いデータ速度を使用できます。 iモードの台頭により、NTTドコモは2001年末までに推定4000万人の加入者を獲得し、日本で時価総額で1位、世界で2位にランクされました。[35]日本の携帯電話は、世界の標準やトレンドからますます多様化し、モバイル決済やショッピング、モバイルウォレット機能を可能にする近距離無線通信(NFC)など日本市場に合わせて特別に調整された他の形式の高度なサービスやスマートフォンのような機能を提供しています。交換するスマートカードを輸送運賃、ポイントカード、IDカード、イベントチケット、クーポン、送金など、音楽などのダウンロード可能なコンテンツのための着メロゲーム、およびコミック、およびワンセグ携帯テレビ[36] [37] ただし、日本のメーカーが製造した電話はカスタムファームウェアを使用しており、サードパーティのアプリケーション開発に対応するように設計された標準化されたモバイルオペレーティングシステムをまだ備えていなかったため、ソフトウェアとエコシステムは非常に高度なフィーチャーフォンに似ていました。他のフィーチャーフォンと同様に、追加のソフトウェアとサービスには、プロバイダーとのパートナーシップと取引が必要でした。

電話と携帯電話会社の統合の度合い、独自の電話機能、標準化されていないプラットフォーム、および日本の文化に合わせた調整により、特に日本での需要が非常に高く、企業が感じなかった場合、日本のメーカーは電話を輸出することが困難でした。追加の利益を探すために他の場所を探す必要があります。[38] [39] [40]

他の市場での3Gテクノロジーの台頭と、強力な標準化されたスマートフォンオペレーティングシステムアプリストア、高度なワイヤレスネットワーク機能を備えた外国の電話により、外国の電話メーカーはついに日本市場に参入し、絵文字などの日本の電話機能を徐々に採用することができました。、モバイル決済、NFCなどを世界中に広めます。

初期のスマートフォン

2000年代半ばから後半に非常に人気があったいくつかのBlackBerryスマートフォン

重要なデータ接続を効果的に利用した電話は、2002年にDanger Hiptop導入されるまで、日本国外ではまだ珍しくT- MobileSidekickとして米国の消費者の間で中程度の成功を収めました。その後、2000年代半ばに、米国のビジネスユーザーは、MicrosoftのWindows Mobileをベースにしたデバイスを採用し始め、次にResearch InMotionのBlackBerryスマートフォンを採用し始めました。アメリカのユーザーは、BlackBerryの中毒性のため、2006年に「CrackBerry」という用語を広めました。[41]米国では、データプランのコストが高く、Wi-Fiを備えたデバイスは比較的希少ですセルラーデータネットワークの使用を回避できる機能により、主にビジネスプロフェッショナルや「アーリーアダプター」にスマートフォンが採用され続けました

米国と日本以外では、ノキアは、もともとPsionが個人の主催者のために開発したSymbianをベースにしたスマートフォンで成功を収めており、2000年代半ばから後半にかけてヨーロッパで最も人気のあるスマートフォンOSでした。当初は、NokiaのSymbianのスマートフォンはとのビジネスに焦点を当てたのEseries[42]時のWindows MobileやBlackBerryデバイスに似ています。 2006年以降、ノキアは、エンターテインメントに焦点を当てたNseriesによって普及した、消費者に焦点を当てたスマートフォンの製造を開始しました。 2010年まで、Symbianは世界で最も広く使用されているスマートフォンオペレーティングシステムでした。[43]

タッチスクリーン携帯情報端末(PDA)から派生したPalm OS後のWindows Mobileの「PocketPC」バージョン、SymbianOSデバイス上のペンベースのPDA用に設計されUIQインターフェイスなどの適応オペレーティングシステムの性質スタイラスベースのインターフェイスを備えた初期のスマートフォンの一部。これらにより、仮想キーボードや手書き入力が可能になり、アジアの文字を簡単に入力できるようになりました。[44]

2000年代半ばまでに、スマートフォンの大部分は物理的なQWERTYキーボードを備えていました。ほとんどの場合、BlackBerryライン、Windows Mobileスマートフォン、Palm Treos、一部のNokia Eseriesなど、「キーボードバー」フォームファクターが使用されていましたDanger Hiptopラインのように、完全な物理QWERTYキーボードをスライド式のフォームファクター隠したものもあります。一部では、唯一持っていたテンキー使用してT9テキスト入力を同様、NokiaのNseriesの中や他のモデルのNokiaのEseriesをスタイラス付き抵抗膜方式タッチスクリーンベースのインターフェースは、キーボードの代わりにGraffiti備えたバージョンで利用可能だったいくつかの初期モデルの後に手書き入力を落とした、PalmTreosのようないくつかのスマートフォンでまだ見られました

フォームファクターとオペレーティングシステムのシフト

LGプラダ2006年に導入された大容量タッチスクリーン付き
オリジナルのAppleiPhone ; その導入に続いて、一般的なスマートフォンのフォームファクターは、物理的なキーパッドのない大型のタッチスクリーンソフトウェアインターフェースに移行しました[45]。

2000年代後半から2010年代初頭にかけて、スマートフォンのインターフェイスは、物理的なキーボードとキーパッドを備えたデバイスから、指で操作する大型の静電容量式タッチスクリーンを備えたデバイスに移行しました[45]大型静電容量式タッチスクリーンを備えた最初の電話は、2006年12月にLG発表しLG Pradaでした[46]これは、3インチ240x400ピクセルの画面を備えたイタリアの高級デザイナーPrada共同で作成されたファッショナブルな機能電話でした。、144pビデオ録画機能、LEDフラッシュ、およびセルフポートレート用のミニチュアミラーを備えた2メガピクセルのデジタルカメラ。[47] [48]

2007年1月、AppleComputeriPhoneを発表しました[49] [50] [51]これは3.5"であった容量最もの二倍一般的分解能でタッチスクリーン時スマートフォン画面[52]を導入マルチタッチを電話機に、のようなジェスチャーを可能にした『ズームインする』挟持iPhoneは、大衆市場をターゲットにした、現代のスマートフォンに典型的なスタイラス、キーボード、またはキーパッドの使用をやめ、代わりに大型のデバイスを使用する、この種の最初のデバイスとして注目に値しました。対話の主な手段としての直接指入力用のタッチスクリーン。[44]

iPhoneのオペレーティングシステムも、PDA機能付き電話から採用されていた以前オペレーティングシステムからWMLcHTMLXHTMLなどのテクノロジーを使用して特別にフォーマットされたページを必要とする限定された簡素化されたWebブラウザの使用を回避するのに十分強力なものにシフトしました。以前の電話はサポートされており、代わりに、電話用に特別に設計されていない完全なWebサイト[53] [54] [55]を簡単にレンダリングできるバージョンのAppleのSafariブラウザを実行していました[56]

その後、Appleは、サードパーティソフトウェアの直接ワイヤレスダウンロードを可能にする組み込みのオンデバイスAppStoreをiPhoneに提供するソフトウェアアップデート出荷しました[57] [58]この種の一元化されたAppStoreと無料の開発者ツール[59] [60]、高価な開発者の代わりに、ソフトウェア開発配布、発見、インストール、支払いのためのすべてのスマートフォンプラットフォームの新しい主要パラダイムになりました。使用するには公式の承認が必要なツールと、複数のプラットフォームにアプリケーションを提供するサードパーティのソースへの依存[45]

高度なアプリケーションをサポートするのに十分強力なソフトウェアと大型の静電容量式タッチスクリーンを備えた設計の利点は、別のスマートフォンOSプラットフォームであるAndroidの開発に影響を与え、よりBlackBerryに似たプロトタイプデバイスが廃止され、スライド式の物理的なタッチスクリーンデバイスが採用されました。当時、Googleのエンジニアは、タッチスクリーンでは物理的なキーボードやボタンを完全に置き換えることはできないと考えていました。[61] [62] [63] Androidは、変更されたLinuxカーネルに基づいており、PDAやフィーチャーフォンを採用したモバイルオペレーティングシステムよりも強力です。最初のAndroidデバイスである水平スライドHTCDreamは、2008年9月にリリースされました。[64]

2012年、AsusPadFoneという名前のコンバーチブルドッキングシステムの実験を開始しました。このシステムでは、スタンドアロンの受話器を、必要に応じて、サポートバッテリーが統合されたタブレットサイズのスクリーンユニットに挿入して使用できます。

2013年2014年、サムスンのハイブリッドの組み合わせで実験コンパクトカメラ離、およびスマートフォンギャラクシーS4ズーム及びKズーム、各装備一体化10倍光学ズームであったこれらの前年(マニュアル露出とフォーカスを含む)レンズとマニュアルパラメータ設定スマートフォンに広く採用されています。S4ズームには、レンズの周りに回転ノブリングと三脚マウントが追加されています。

オペレーティングシステムの競争

iPhoneとその後のタッチスクリーンのみのAndroidデバイスは、相互作用の唯一の手段として大きな静電容量式タッチスクリーンに基づいて、スレートフォームファクターを一緒に普及させ、以前のキーボードおよびキーパッドに焦点を当てたプラットフォームの衰退につながりました。[45]その後、ホーム戻るメニュータスク検索ボタンなどのナビゲーションキーも、非物理的なタッチキー、次に仮想のシミュレートされた画面上のナビゲーションキーに置き換えられ、通常は長押しなどのアクセスの組み合わせが使用されます。検索するホームボタンと同様に、短いメニューキーの押下をシミュレートするタスクキー。[65] 最近の「ベゼルレス」タイプでは、ナビゲーションキーをシミュレートするために失われた表示領域を補うために、画面の表面スペースがユニットの前面下部まで拡張されています。仮想キーはより多くの潜在的なカスタマイズ性を提供しますが、それらの場所はシステム間で一貫性がない場合や、画面の回転や使用するソフトウェアによっては一貫性がない場合があります。

複数のベンダーが、AndroidやiPhoneとの競争力を高めるために、既存のスマートフォンプラットフォームとデバイスを更新または交換しようとしました。 Palmはとして知られている新プラットフォーム発表ウェブOSのためのPalm Preのを置き換えるために後期2009年にパームOSタスクベースの「カード」メタファーと様々なオンラインサービスとのシームレスな同期との統合に焦点を取り上げ、(then-とは対照的に、ユーザーデータの「正規の信頼できるリポジトリ」として機能するPCを必要とするスマートフォンの従来の概念)。[66] [67] HPは2010年にパームを買収し、他のいくつかのウェブOSデバイス、リリース前3HPタッチパッドをタブレット。提案された2011年8月の企業向けソフトウェア、将来のウェブOSデバイスのHP突然終了した開発に注力し、そのコンシューマ事業の売却、とに橋渡しする権利を売却の一環として、LG電子として使用するために、2013年にスマートテレビプラットフォーム。[68] [69]

モーションの研究は縦スライド導入ブラックベリートーチ再設計されたユーザー・インターフェースは、そのようなピンチ・ツー・ズームなどのジェスチャーのサポート、および同じに基づいて、新しいWebブラウザ機能を備えた2010年とBlackBerry OS 6、WebKitのが使用するレンダリングエンジンをiPhone。[70] [71]翌年、RIMはBlackBerry OS 7と、キーボードの横にタッチスクリーンを備えた新しいBoldを含むBoldとTorchの範囲の新しいモデル、およびTorch9860をリリースしました。物理キーボード。[72] 2013年に、それは改造とレガシーブラックベリーOSを置き換え、QNXは、として知られているプラットフォームベースのBlackBerry 10起動デバイスとしてオールタッチのBlackBerryZ10とキーボードを装備したQ10搭載[73]

2010年、Microsoftは、WindowsPhoneと呼ばれるWindowsMo​​bileの代替品を発表しました。これは、フラットなデザインとタイポグラフィを中心に構築された新しいタッチスクリーン中心のユーザーインターフェイス、アプリからの更新のフィードを含む「ライブタイル」を備えたホーム画面、および統合されたMicrosoftを備えています。 Officeアプリ。[74] 2011年2月、ノキアはマイクロソフトと主要なパートナーシップを締結したことを発表しました。このパートナーシップでは、将来のすべてのスマートフォンでWindows Phoneを独占的に使用し、マイクロソフトのBing検索エンジンとBing Maps(パートナーシップは、NokiaMapsのライセンスも取得しますデータ)将来のすべてのデバイスに。この発表により、Symbianと、Intelと共同開発していたLinuxベースのモバイルプラットフォームであるMeeGoの両方が放棄されました[75] [76] [77] NokiaのローエンドLumia520は強い需要があり、Windows Phoneが一部の市場でニッチな人気を獲得するのに役立ち、[78] 2013年に世界市場シェアでBlackBerryを追い抜いた。[79] [80]

2012年6月中旬、MeizuはモバイルオペレーティングシステムFlymeOSをリリースしました

AndroidやiPhoneと競争するこれらの試みの多くは短命でした。 10年の間に、2つのプラットフォームはスマートフォンの販売と市場シェアの明確な複占となり、BlackBerry、Windows Phone、および「その他の」オペレーティングシステムは、最終的には測定可能な市場シェアをほとんどまたはまったく失いました。[81] [82] 2015年、BlackBerryは、セキュリティが強化されたソフトウェアの配布に重点を置いて、Androidデバイスの製造を優先して社内のモバイルプラットフォームから離れ始めました。翌年、同社はハードウェア市場から撤退し、ソフトウェアとそのエンタープライズミドルウェアにさらに注力することを発表し[83]、BlackBerryブランドとそのAndroidディストリビューションを次のようなサードパーティOEMにライセンス供与し始めました。将来のデバイスのTCL[84] [85]

2013年9月、Microsoftは、Microsoftが「デバイスおよびサービス」企業になるためのCEO Steve Ballmerの下での戦略の一環として、Nokiaのモバイルデバイス事業を71億ドルで買収する意向を発表しました[86] Windows PhoneとLumiaシリーズ(販売されたすべてのWindows Phoneデバイスのほぼ90%を占める)の成長にもかかわらず[87]プラットフォームは、主要な米国市場で大きな市場シェアを獲得したことはなく[78]、Microsoftはその後の数年間はWindowsPhoneの勢いを維持できず、ユーザーやアプリ開発者の関心が薄れてきました。[88]バルマーがサティア・ナデラに引き継がれた後マイクロソフトの最高経営責任者(CEO)として、(誰がソフトウェアとクラウドコンピューティングに大きな焦点を置いている)、それは$ 7.6十億かかっ償却を2015年7月にNokiaの資産で、ほぼ全体解雇Microsoftモバイルの月2016の単位を[89] [90] [86]

ノキアは、マイクロソフトへの販売が完了する前に、ノキアXとして知られる新興市場向けの一連のAndroid派生スマートフォンをリリースしました。これは、AndroidベースのプラットフォームをWindows Phoneの要素と組み合わせ、ノキアの機能電話プラットフォームAshaをMicrosoftとNokiaを使用して組み合わせたものです。Googleではなくサービス。[91]

カメラの進歩

ノキア9 PureViewを有する5つのレンズカメラアレイ特徴ツァイスカラーとモノクロセンサの混合物を使用して、光学系。[92]
Huawei社のP30が持つ3後ろ向きカメラレンズ特長ライカ光学系を。

最初の商用カメラ付き携帯電話は、1999年5月に日本で発売され京セラ ビジュアルフォンVP-210でした[93]当時「モバイルビデオフォン」と呼ばれ[94]、11万ピクセルの 前面カメラを備えていました[93]日本のパーソナルハンディフォンシステム(PHS)セルラーネットワークを介して毎秒最大2つの画像を送信し、電子メールで送信できる最大20のJPEG デジタル画像を保存できます[93]最初の大衆市場向けカメラ付き携帯電話は、シャープのJ-PhoneであるJ-SH04でした 2000年11月に日本で販売されたモデル。[95] [96]携帯電話通信を介して即座に写真を送信することができた[97]

2000年代半ばまでに、ハイエンドの携帯電話には一般的にデジタルカメラが統合されていました。2003年には、カメラ付き携帯電話はスタンドアロンのデジタルカメラを上回り、2006年には、フィルムとデジタルのスタンドアロンカメラを上回りました。5年間で50億台のカメラ付き携帯電話が販売され、2007年までに全携帯電話の設置ベースの半分以上がカメラ付き携帯電話でした。個別のカメラの売上は2008年にピークに達した。[98]

初期のスマートフォンの多くはカメラをまったく備えていませんでした。また、カメラを備えた初期のモデルは、パフォーマンスが低く、画質とビデオの品質が不十分で、低価格のポケットカメラと競合してユーザーのニーズを満たすことができませんでした。[99] 2010年代の初めまでに、ほとんどすべてのスマートフォンにデジタルカメラが統合されていました。スマートフォンの使用が増え、カジュアルな写真撮影のためのカメラ技術が急速に向上し、画像操作が容易になりアプリやウェブベースのサービスを使用して写真を直接共有できるようになったため、スタンドアロンカメラの売上の減少が加速しました[100] [101] [102] [103]2011年までに、カメラが統合された携帯電話は年間数億台を売り上げていました。2015年のデジタルカメラの販売台数は3,539万5千台で、ピーク時のデジタルカメラ販売台数の3分の1未満であり、ピーク時のフィルムカメラ販売台数をわずかに下回っています。[104] [105]

小型のポケットカメラでは、撮影専用カメラよりもスマートフォンの人気が高まり、ボケ味を出しにくいスマートフォンもありますが、最近では、ボケ味を再現しやすく、レベルを調整できるデュアルレンズカメラを搭載しているスマートフォンもあります。撮影後のボケ味。これは、フォーカス設定が異なる複数の画像をキャプチャし、メイン画像の背景をマクロフォーカスショットと組み合わせることで機能します

2007年、Nokia N95は、5.0メガピクセル(MP)のカメラを搭載したスマートフォンとして注目されましたが、他のほとんどのスマートフォンは、約3MPまたは2MP未満のカメラを搭載していました。LG ViewtySamsung SGH-G800Sony Ericsson K850iなど、すべてその年の後半にリリースされた一部の特殊機能電話にも、5.0MPカメラが搭載されていました。2010年までに5.0MPカメラが一般的になりました。いくつかのスマートフォンは、8.0 MPカメラを持っていたし、ノキアN8ソニーエリクソンサティオ[106]サムスンM8910 Pixon12 [107]フィーチャーフォンは12 MPを持っていました。2009年のノキアN86のメインカメラは独自に3レベルの絞りを備えていますレンズ。[108]

3倍光学ズームレンズと720pHDビデオカメラを搭載した14メガピクセルのスマートフォンであるAltekLeoは、2010年後半にリリースされました。[109]

同じ年の2011年には、ニンテンドー3DSが発売された、HTCが発表エボ3D3Dの携帯電話を最古の間の空間的イメージングのためのデュアル5メガピクセルのリアカメラのセットアップ、と複数のリアカメラ付き携帯電話

2012 Samsung Galaxy S3では、音声コマンドを使用て写真をキャプチャする機能が導入されました[110]

2012年にノキアが発表したリリースのNokia 808 PureViewを41メガピクセルの1 / 1.2インチセンサーと高解像度F / 2.4フィーチャー、ツァイスすべて非球面1群レンズを。高解像度によりイメージセンサーのトリミングを使用して、1080pで4倍、720pで6倍のロスレスデジタルズームが可能になります[111] 2013 Nokia Lumia 1020は、同様の高解像度カメラセットアップを備えており、ハイエンド携帯電話で一般的な数年前光学式手ぶれ補正と手動カメラ設定が追加されていますが、それに応じて高解像度で使用できる拡張可能なストレージがありませんファイルサイズ

同じ年に、ノキアLumia 920モバイル光学式手ぶれ補正導入しました。これにより、暗い場所での写真撮影での長時間の露出が可能になりモニターテレビなどの大型ディスプレイで外観が拡大するハンドヘルドビデオの揺れが滑らかになります。視聴体験に悪影響を及ぼします。

2012年以降、スマートフォンは撮影中に写真をキャプチャできるようになりました。解像度は異なる場合があります。Samsungは、Galaxy S3で16:9の6メガピクセル(3264×1836)であるビデオのアスペクト比で最高のイメージセンサー解像度を使用します。Galaxy S4では9.6メガピクセル(4128×2322)[112] [113]このような機能を備えた初期のiPhoneであるiPhone5および5sは、撮影中に0.9メガピクセル(1280×720)で同時に写真を撮影しました。[114]

2013年にXperiaZ1で開始されたソニーは、フローティングテキスト、仮想植物、火山、恐竜などのリアルタイムの拡張現実カメラ効果を実験しました。[115] Appleは、後に2017年にも同様でしたiPhone X[116]

同じ年、iOS 7は、後に広く実装されたビューファインダーの直感を導入しました。この直感では、フォーカスと露出をタップして設定した後、少し押し続けた後でも、垂直スワイプ露出値を調整できます。[117]一部のデバイスでは、この直感は、ビデオ/スローモーションモードのソフトウェアおよびフロントカメラによって制限される場合があります。

2013年に、サムスンは発表ギャラクシーS4ズームのグリップ形状とスマートフォンをコンパクトカメラと10倍光学ズームハイエンドコンパクトカメラに使用されるように、レンズ、ならびにレンズの周りに回転ノブ環、及びISO 1222三脚マウント。フォーカスや露出など、手動のパラメータ設定が装備されています。後継の2014Samsung Galaxy K Zoomは、解像度とパフォーマンスの向上をもたらしましたが、回転ノブと三脚マウントがないため、レンズの突出が少なく、スマートフォンのような形状になっています。[118]

2014年のパナソニックLumixDMC-CM1は、携帯電話とコンパクトカメラを組み合わせるもう1つの試みであり、Lumixブランドを継承しました。光学ズームはありませんが、イメージセンサーのフォーマットは1インチで、LumixDMC -LX100SonyCyber​​Shot DSC-RX100シリーズなどのハイエンドコンパクトカメラで使用されており、一般的なモバイルカメラ画像の数倍の表面サイズを備えています。センサー、およびISO 25600までの光感度のサポートは、通常のモバイルカメラの光感度範囲をはるかに超えています。2021年現在、後継機はリリースされていません。[119] [120]

2013年と2014年に、HTCは実験的にOne M7M8のピクセル数をピクセル表面サイズと交換しました。どちらもUltraPixelとして販売されており、明るさが向上し暗い場所でのノイズが少ないことを理由に、どちらも4メガピクセルしかありませんが、最近のOneM8には光学系がありません。手ぶれ補正[121]

さらに、One M8は、デュアルカメラセットアップを搭載した最も初期のスマートフォンの1つでしたそのソフトウェアを使用すると、3Dパン、天気効果、焦点調整( "UFocus")などの視覚的な空間効果を生成し、ライトフィールドカメラによって生成された画像の写真撮影後の選択的焦点合わせ機能をシミュレートできます[122] HTC 2015上の高メガピクセルの単一のカメラ設定に戻す一つM9

一方、2014年、LG Mobileは距離を測定するリアレーザービームがオートフォーカスを加速する飛行時間型カメラ機能の実験を開始しまし

位相検出オートフォーカスは2010年代半ばを通じてますます適応され、コントラスト検出よりも迅速かつ正確な焦点合わせが可能になりました

2016年、Appleはデュアルカメラセットアップを普及させるための電話の1つであるiPhone 7Plusを発表しました。iPhone 7 Plusは12 MPの望遠カメラと一緒にメイン12 MPカメラが含まれています。[123] 2018年初頭、Huaweiは新しいフラッグシップフォンであるHuawei P20 Proをリリースしました。これはライカ光学系を備えた最初のトリプルカメラレンズセットアップの1つです[124] 2018年後半、Samsungは世界初のクアッドカメラセットアップを備えた新しいミッドレンジスマートフォン、Galaxy A9(2018)リリースしましたノキア9 PureViewは、ペンタレンズカメラシステムを搭載し2019年にリリースされました。[125]

2019年には、ピクセルビニング使用してより多くの光を取り込む高解像度センサーが商品化されましたソニーとサムスンが開発した48MPおよび64MPセンサーは、いくつかのメーカーで一般的に使用されています。108 MPセンサーは、2019年後半から2020年初頭に最初に実装されました。

ビデオ解像度

タイムライン(リアカメラ)
解像度 1年目
720p(HD) 2009年
60fpsで720p 2012年
1080p(フルHD) 2011
60fpsで1080p 2013年
2160p(4K) 2013年
60fpsで2160p 2017年
4320p(8K) 2020

より高いピクセルレートでコンピューティングワークロードの需要を処理するためのチップセットの強化により、モバイルビデオの解像度とフレームレートは、長年にわたって専用の民生用カメラに追いついてきました。

2009年にはサムスンオムニアHDが持つ最初の携帯電話になった720pのHDビデオの録画。同じ年に、Appleは最初に480pでiPhone 3GSビデオ録画をもたらしましたが、2007年のオリジナルのiPhoneと2008年のiPhone3Gは完全にビデオ録画を欠いていました。

720pは、2010年に、オリジナルのSamsung Galaxy SSony Ericsson Xperia X10iPhone 4HTC DesireHDなどのスマートフォンでより広く採用されました

2010年代初頭には、モバイルビデオの解像度が急激に向上しました。1080pモバイルビデオ録画は、Samsung Galaxy S2HTC Sensation、およびiPhone4sで2011年に達成されました

2012年と2013年に、毎秒60のフレームで720pの撮影でデバイスを選択するにはリリースされました:AsusのPadFone 2HTCワンM7を、サムスン、ソニー、アップルの主力とは異なり。ただし、2013 Samsung Galaxy S4Zoomはそれをサポートしています。

2013年、Samsung Galaxy Note 3、30フレーム/秒2160p(4K)のビデオ録画を導入し、スムーズさのために1080pを2倍にして60フレーム/秒にしました。

他のベンダーには、2014年に2160P記録を適応光学的に安定した LG G3Appleは、2015年後半にiPhone6sおよび6sPlusに最初に実装しました

2160pのフレームレートは、iPhone 8Galaxy S9LG G7OnePlus 6を皮切りに、2017年と2018年に大幅に倍増して60になりました

チップセットの十分なコンピューティングパフォーマンスと画像センサーの解像度およびその読み取り速度により、2020年にモバイル4320p(8K)の撮影が可能になりSamsung GalaxyS20およびRedmiK30 Pro導入されましたが、1440pを含む一部の高解像度レベルは開発全体で見過ごされていました(スキップされました)。2.5K)、2880p(5K)、および3240p(6K)、ただしSamsungGalaxyフロントカメラの1440pを除く

ミッドクラス

ミッドレンジのスマートフォンシリーズの中で、より高いビデオ解像度の導入は、最初はフラッグシップの対応物と比較して2〜3年遅れました。 720pは、Samsung Galaxy S3 MiniSony Xperia go、2013年のSamsung Galaxy S4MiniおよびHTCOne miniなど、2012年に広く採用されました

1080pを超えるビデオ解像度の急増は、数年延期されています。ミッドクラスのSonyXperia M5は2016年に2160pの撮影をサポートしていましたが、Galaxy JAシリーズなどのSamsungのミッドクラスシリーズは、2019年頃までの6年間、解像度が1080p、解像度が30フレーム/秒に厳密に制限されていました。技術的な理由でいくらかは不明です。

設定

スペースストレージと消費電力を削減することで録画時間を延長するには、ビデオ解像度の設定を低くすることが望ましい場合があります。

LG V10などの一部の高度なデバイスのカメラソフトウェアには、技術的にサポートされているピクセルレートの範囲内で、解像度、フレームレートビットレートを個別に制御できます[126]

スローモーションビデオ

異なるカメラソフトウェアの違いは、高フレームレートのビデオ映像を保存するために使用される方法です。最近の電話[a]は、イメージセンサーの元の出力フレームレートとオーディオの両方を保持しますが、以前の電話はオーディオを記録せず、ビデオを引き伸ばすため、デフォルトの速度でゆっくり再生できます。

以前の電話で使用されていたストレッチエンコーディング方式では、手動の再生速度制御がないビデオプレーヤーソフトウェアスローモーション再生が可能ですが、これは通常、古いデバイスで見られますが、スローモーション効果を実現することを目的とした場合、最近ではリアルタイム方式で使用されていました。電話はビデオ編集の多様性を提供し、フッテージのスローモーション部分をユーザーが自由に選択して、別のビデオにエクスポートできます。この目的のための基本的なビデオ編集ソフトウェアは通常除外されます。オプションで、ビデオは通常の(リアルタイム)速度で再生でき、通常のビデオとして機能します。

発達

スローモーションモードを備えていることが知られている最も初期のスマートフォンは、2009年のSamsung i8000 Omnia IIで、QVGA(320×240)で120 fps(フレーム/秒)で記録できます。スローモーションは、2010年には利用できませんでしたギャラクシーS1、2011ギャラクシーS2、2011ギャラクシー注1、および2012ギャラクシーS3の旗艦。

2012年の初めに、HTC One Xは、文書化されていないフレームレートで768×432ピクセルのスローモーション撮影を許可しました。出力映像は、リアルタイム速度の3分の1として測定されています。[127]

2012年後半、Galaxy Note 2は、120 fpsのD1(720×480)でスローモーションを復活させました。初期の2013年、ギャラクシーS4HTCつM7は、続いて800×450でそのフレームレートで記録された(注3つの)iPhone 5Sをオーディオおよび原稿センサフレームをretaines後者は、後期2013年720P(1280×720)とそれ以降のすべてのiPhoneと同様に、レート。 2014年の初めに、Sony XperiaZ2HTCOneM8もこの解像度を採用しました。遅い2014年に、iPhone 6は、 240fpsのフレームレートを倍増し、後半2015年、iPhoneは、6S、毎秒120のフレームで1080のサポート(1920×1080)を加えました。 2015年の初めに、ギャラクシーS6は、センサーフレームレートとオーディオを保持するために、最初のサムスンの携帯電話になり、早期の2016年に、ギャラクシーS7はまた720で、240fps記録を持つ最初のサムスンの携帯電話になりました。

2015年の初めに、MediaTekMT6795チップセットは1080p @ 480fpsのビデオ録画を約束しました。プロジェクトのステータスは不定のままです。[128]

2017年初頭から、Sony Xperia XZを皮切りに、イメージセンサーの内部バーストメモリにフレームを一時的に保存することで、数倍のフレームレートで持続不可能な記録を行うスローモーションモードのスマートフォンがリリースされました。このような録音は、せいぜい数秒のリアルタイムに耐えます。

後半に2017年に、iPhone 8は早い2018年には半ば2018年にギャラクシーS9で、240fps、だけでなく、60fpsので2160Pで1080もたらし、その後、OnePlus 6は、 1分間、480fpsで持続可能な720Pもたらしました。

2021年の初めに、OnePlus 9Proは120fpsで2160pを備えた最初の電話になりました。

HDRビデオ

HDRビデオを録画した最初のスマートフォンは2013年初頭のSonyXperiaZと2013年半ばのXperiaZ Ultraで、続いて2014年初頭のGalaxyS5がすべて1080pでした。

録音

複数のマイクを備えた携帯電話では、通常、空間性のためにステレオオーディオ使用したビデオ録画が可能です。Samsung、Sony、HTCは、2012年にSamsung Galaxy S3Sony Xperia SHTC OneXに最初に実装しました[129] [130] [131] Appleが2018でステレオオーディオ始動を実現iPhoneのXS家族やiPhone XR[132]

フロントカメラ

写真

フロントカメラは2010年代半ばから重点が置かれており、フロントカメラは2015 LG G4(8メガピクセル)、Sony Xperia C5 Ultra(13メガピクセル)、2016ソニーなどの一般的なリアカメラと同じ高解像度に達しています。Xperia XA Ultra(16メガピクセル、光学的に安定化)。2015 LG V10は、デュアルフロントカメラシステムをもたらしました。2番目のカメラシステムは、グループ写真用に広角になっています。サムスンは、Galaxy Note 4以降、視野を拡大するためにフロントカメラスイープパノラマ(パノラマセルフィー)機能を実装しました

ビデオ

2012年、GalaxyS3iPhone5は、720p HDフロントビデオ録画(30 fps)をもたらしました2013年の初めに、Samsung Galaxy S4HTC One M7Sony Xperia Zがそのフレームレートで1080pフルHDをもたらし、2014年の終わりに、Galaxy Note4はフロントカメラに1440pのビデオ録画を導入しました。Appleは適応1080後半2016とフロントカメラの映像をiPhone 7

2019年、スマートフォンはフロントカメラで2160p 4Kビデオ録画の採用を開始しました。これは、リアカメラ2160pがGalaxy Note3で開始されてから6年後のことです。

進歩を表示する

AモトG7パワーそのディスプレイは高いアスペクト比を使用し、「ノッチ」を備えています。

2010年代初頭、「ファブレット」と呼ばれる、対角140ミリメートル(5.5インチ)以上の画面サイズの大型スマートフォンが人気を博し始め、2011年のSamsung GalaxyNoteシリーズが特に広く採用されました。[133] [134] 2013年、Huaweiは、当時かなり大きいと考えられていた155ミリメートル(6.1インチ)のHD(1280x720)IPS + LCDディスプレイを搭載したHuaweiMateシリーズを発売しました。[135]

一部の企業はSamsung GalaxyRoundLGG Flexなど、湾曲したフォームファクタを作成するためにフレキシブルディスプレイ組み込んだスマートフォンを2013年にリリースし始めました[136] [137] [138]

2014年までに、1440pディスプレイがハイエンドスマートフォンに登場し始めました。[139] 2015年、ソニー4K解像度のディスプレイを備えたXperia Z5 Premiumをリリースしましたが、実際にはその解像度でレンダリングできるのは画像とビデオのみでした(他のすべてのソフトウェアは1080pで表示されていました)。[140]

スマートフォンディスプレイの新しいトレンドは2017年に現れ始め、LGとSamsungの両方がフラッグシップスマートフォン(LGG6GalaxyS8)をリリースし、一般的な16:9の比率よりも高いアスペクト比と、画面と本体の比率が高いディスプレイを利用しました。、「ベゼルレスデザイン」としても知られています。これらの設計により、ディスプレイの対角線の測定値を大きくすることができますが、同等の画面サイズの16:9ディスプレイよりも幅が狭くなります。[141] [142] [143] 2017年に普及した別の傾向は、正面カメラと、場合によっては他のセンサーを含むために、上部中央にタブ状の切り欠き(通称「ノッチ」)を含むディスプレイでした。デバイスの上部ベゼルに沿って配置されています。[144] [145]これらの設計により、デバイスのほぼ全高を占める「端から端まで」のディスプレイが可能になり、上部にベゼルがほとんどまたはまったくなく、場合によっては下部ベゼルも最小限に抑えられます。この設計特性はアクオスS2とにほぼ同時に登場エッセンシャル電話 [146]でちょうど一ヶ月後に続く、彼らのカメラ用の小さな円形のタブを特色にしたiPhone Xカメラと顔のスキャンが含まれているために、より広いタブを使用し、 FaceIDとして知られるシステム [147] 2016 LG V10画面の一部が左上隅のカメラ領域に巻き付けられ、その結果得られた領域がさまざまな補足機能に使用できる「2番目の」ディスプレイとして販売されたというコンセプトの前身がありました。[148]

AサムスンギャラクシーS20プラス「ホールパンチ」のカメラを搭載し、

練習の他の変形は、後にそのような「として、登場穴パンチ(例えばのもののような」カメラ名誉表示20、およびサムスンのギャラクシーA8SギャラクシーS10円形または丸みを帯びた矩形カットするためのタブ「ノッチ」-eschewing) -代わりに画面内に出て[149]Oppoはノッチのない最初の「全画面」電話をリリースしました。[150]デバイスの上部からポップアップする機械式フロントカメラを備えた電話を含みます(Find X) 、[151]また、パネルの下のイメージセンサーに光が届くようにする特別な部分的に半透明の画面構造を使用して、ディスプレイの下に埋め込んだり隠したりできる前面カメラの2019プロトタイプ[152]最初の実装があったZTE 32 MPと、アクソン20 5GセンサVisionox製。[153]

60 Hzを超えるリフレッシュレート(90Hzや120Hzなど)をサポートするディスプレイも、2017年にスマートフォンに表示されるようになりました。当初はRazerPhone(2017)やAsus ROG Phone(2018)などの「ゲーム」スマートフォンに限定されていましたが、後にPixel 4(2019)やSamsung Galaxy S21シリーズ(2021)などの主力携帯電話でより一般的になりましたリフレッシュレートを高くすると、動きがスムーズになり、入力遅延が小さくなりますが、多くの場合、バッテリーの寿命が犠牲になります。そのため、デバイスは、高いリフレッシュレートを無効にする手段を提供するか、画面上の動きが少ないときにリフレッシュレートを自動的に下げるように構成されている場合があります。[154] [155]

マルチタスク

スマートフォンディスプレイでの複数の同時タスクの初期の実装は、ピクチャーインピクチャービデオ再生モード(「ポップアップ再生」)と、2012年のサムスンギャラクシーS3のビデオサムネイルを再生する「ライブビデオリスト」です。前者はその後、ソフトウェアアップデートを通じて2011年のSamsung GalaxyNoteに配信されました[156] [157]その年の後半に、分割画面モードがGalaxy Note 2に実装され、後に「プレミアムスイートのアップグレード」を通じてGalaxyS3に後付けされました。[158]

デスクトップおよびラップトップのようなウィンドウの最初の実装は、2013年のSamsung Galaxy Note3にありました[159]

折りたたみ式スマートフォン

フレキシブルディスプレイ利用したスマートフォンは、製造コストと製造プロセスが実現可能になった時点で、可能な限り理論化されました。[160] 2018年11月、スタートアップ企業のRoyoleは、最初の市販の折りたたみ式スマートフォンであるRoyoleFlexPaiを発表しました。また、その月、Samsungは開発者会議で「InfinityFlex Display」を搭載したプロトタイプの電話を発表しました。「カバー」には小さな外側のディスプレイがあり、開いたときは大きなタブレットサイズのディスプレイがあります。サムスンはまた、ガラスではなくディスプレイをコーティングするための新しいポリマー材料を開発する必要があると述べました。[161] [162] [163]サムスンが正式に発表された銀河は、折り、以前にデモンストレーションされたプロトタイプに基づいて、2019年2月に、当初予定されていた4月下旬のリリース。[164]初期のレビューアが遭遇したディスプレイとヒンジシステムのさまざまな耐久性の問題のため、Galaxy Foldのリリースは、設計変更を可能にするために9月に延期されました。[165]

2019年11月、モトローラはRazrを再考したコンセプトのバリエーションを発表しました。水平に折りたたむディスプレイを使用して、同じ名前の以前のフィーチャーフォンの範囲に触発されクラムシェルフォームファクタを作成しました[166]サムスンは次の2月にギャラクシーZフリップとして知られている同様のデバイスを発表するでしょう[167]

2010年代の他の開発

最初のスマートフォンの指紋リーダーがいたモトローラATRIX 4G 2011年には[168]で2013年9月、iPhone 5SはATRIXはこの技術を特徴とするため、米国の主要キャリアの最初のスマートフォンとして発表されました。[169]もう一度、iPhoneはこの概念を普及させた。消費者の間で指紋を読み取る際の障壁の1つはセキュリティ上の懸念でしたが、Appleはこの指紋データを電話内にあるA7プロセッサに暗号化することでこれらの懸念に対処し、サードパーティのアプリケーションがこの情報にアクセスできないようにすることができました。 iCloudまたはAppleサーバーには保存されません[170]

2012年、Samsungは、レトロフィット可能なワイヤレス充電、ポップアップビデオ再生、4G - LTEバリアント(GT-i9305)クアッドコアプロセッサを搭載しGalaxy S3(GT-i9300)を発表しました

2013年に、Fairphoneは、その最初の立ち上げ、「社会的倫理」のスマートフォンロンドン・デザイン・フェスティバル製造における材料の調達に関するアドレスの懸念への[171]が続いShiftphone 2015年[172]を2013年後半には、QSAlphaは、スマートフォンの生産を開始しました完全にセキュリティ、暗号化、ID保護を中心に設計されています。[173]

2013年10月には、モトローラ・モビリティが発表されたプロジェクトアラ、のコンセプトモジュラースマートフォンユーザーがアドオンフレームに磁気的に取り付けたモジュールを自分の携帯電話をカスタマイズしてアップグレードすることが可能になるプラットフォームを。[174] [175] Araは、Motorola MobilityをLenovoに売却した[176]Googleによって保持されましたが、2016年に棚上げされました。[177]その年、LGとMotorolaはどちらも、アクセサリのモジュール性が制限されたスマートフォンを発表しました。LG G5は、そのバッテリコンパートメントの除去を介してアクセサリーをインストールする許可[178]ながらモトZデバイスの背面に磁気的に取り付けられたアクセサリを利用します。[179]

Microsoftは、モトローラの短命の「Webtop」の概念を拡張し、サポートされているデバイスをドッキングしてPCスタイルのデスクトップ環境で使用できるようにする電話用のWindows10オペレーティングシステムの機能を発表しました[180] [181]

サムスンとLGは、ユーザーが交換可能なバッテリーを備えたフラッグシップデバイスを提供する「最後の」メーカーでした。しかし、2015年、SamsungはAppleが設定したミニマリズムのトレンドに屈し、ユーザーが交換可能なバッテリーなしでGalaxyS6を発表しました。さらに、Samsungは、MHL、Micro USB 3.0耐水性MicroSDカードのサポートなどの長年の機能を削除したこと批判されました。後者の2つは、2016年にGalaxyS7とS7Edgeで復活しました

2015年の時点で、スマートフォンの所有権の世界的な中央値は43%でした。[182] Statistaは、2020年には28.7億人がスマートフォンを所有すると予測しています。[183]

2016年にトレンドになり始めた主なテクノロジーには、スマートフォン向けの仮想現実拡張現実体験への焦点、新しく導入されたUSB-Cコネクタ、LTEテクノロジーの改善などがあります。[184]

2016年には、デスクトップオペレーティングシステムで知られている調整可能な画面解像度が省電力のためにスマートフォンに導入されましたが、2020年には可変画面リフレッシュレートが普及しました。[185] [186]

2018年には、OLEDディスプレイに指紋リーダーが組み込まれた最初のスマートフォンが発表され、2019年には、Samsung GalaxyS10に超音波センサーを使用して実装されました[187] [188]

2019年にリリースされたスマートフォンの大部分は、複数のカメラを搭載し、IP67およびIP68定格で防水性があり、顔認識または指紋スキャナーを使用してロックを解除します。[189]

2020年代の他の開発

2020年には、高速5Gネットワ​​ーク機能を備えた最初のスマートフォンが発表されました。[190]

2020年以降、スマートフォンには、電源アダプターヘッドホンなどの基本的なアクセサリが同梱されることが少なくなっています。これらのアクセサリは、歴史的にほぼ常に納品の範囲内にあります。この傾向は、Appleので開始したiPhone 12にサムスンと小米科技が続き、ギャラクシーS21およびミ11た後ヶ月間、それぞれ嘲笑広告を通じて同じ。引用された理由は、環境フットプリントの削減ですが、新しいモデルでサポートされる高い充電率に達するには、独自の環境フットプリントを備えた別のパッケージで出荷される新しい充電器が必要です。[191]

ハードウェア

リモコンとして使用するための上部に赤外線送信機を備えたスマートフォン

典型的なスマートフォンには、多数の金属-酸化物-半導体(MOS)集積回路(IC)チップ[192]が含まれており、そのチップには数十億の小さなMOS電界効果トランジスタ(MOSFET)が含まれています。[5]一般的なスマートフォンには次のMOSICチップが含まれています。[192]

一部には、FMラジオ受信機、ハードウェア通知LED、およびリモコンとして使用するための赤外線送信も装備されています。いくつかの追加の有するセンサなどの温度計の周囲温度を測定するため、湿度計湿度、およびセンサのための紫外線測定。

特定の目的は、プロジェクタなどの稀なハードウェア(装備されているの周りに設計されたいくつかのエキゾチックなスマートフォン三星ビームi8520サムスンギャラクシービームI8530)、光学ズームレンズ(サムスンギャラクシーS4ズームサムスンギャラクシーKズーム)、サーマルカメラ、さらにはPMR446トランシーバー-トーキーラジオ)トランシーバー[196] [197]

中央処理装置

スマートフォンには、コンピューターと同様の中央処理装置(CPU)がありますが、低電力環境で動作するように最適化されています。スマートフォンでは、CPUは通常、CMOS(相補型金属酸化物半導体システムオンチップ(SoC)アプリケーションプロセッサに統合されています[192]

モバイルCPUのパフォーマンスは、クロックレート(通常はヘルツの倍数で表される[198]だけでなく、メモリ階層に依存しますこれらの課題があるため、携帯電話のCPUのパフォーマンスは、一般的に使用されるアプリケーションで実際に有効なパフォーマンスを測定するためのさまざまな標準化されたテストから得られたスコアによって、より適切に与えられることがよくあります。

ボタン

2013年現在SamsungMobileTouchWizユーザーインターフェイス[デバイスオプション]メニュー。電源ボタンを1秒間押し続けるとアクセスできます。
HTCの欲望、と2010年のスマートフォンの光学トラックパッドと検索ボタン。

スマートフォンには通常、電源ボタンと音量ボタンが装備されています。音量ボタンのいくつかのペアが統合されています。一部には専用のカメラシャッターボタンが装備されています。屋外で使用するユニットには、「SOS」緊急通報と「PTT」(プッシュツートークボタン)が装備されている場合があります。ホームボタンやナビゲーションボタンなどの物理的な前面ボタンの存在は2010年代を通じて減少し、静電容量式タッチセンサーやシミュレートされた(画面上の)ボタンにますます置き換えられています。[199]

従来の携帯電話と同様に、Samsung Omnia IIなどの初期のスマートフォンには、通話を受け入れたり拒否したりするためのボタンが装備されていました。電話以外の機能の進歩により、これらは「メニュー」(「オプション」とも呼ばれます)、「戻る」、「タスク」などのナビゲーションボタンにますます置き換えられています。HTC Desireなどの2010年代初頭のスマートフォンには、ウェブ検索エンジンやアプリの内部検索機能にすばやくアクセスするための「検索」ボタン(🔍)が追加で装備されていました。[200]

2013年以降、スマートフォンのホームボタンはiPhone5sSamsungGalaxy S5から、指紋スキャナーの統合を開始しました

ボタンの組み合わせに機能を割り当てることができます。たとえば、スクリーンショットは通常、ホームボタンと電源ボタンを使用して撮影できます。iOSを短く押すと、最も人気のある2つのモバイルオペレーティングシステムであるAndroidOSを1秒間押し続けます。物理的なホームボタンがないスマートフォンでは、通常、代わりに音量小ボタンが電源ボタンで押されます。一部のスマートフォンでは、ナビゲーションボタンバーまたは電源ボタンメニューにスクリーンショットと、場合によってはスクリーンキャストショートカットがあります。[201] [202] [203]

画面

スマートフォンのタッチスクリーン

スマートフォンの主な特徴の1つは画面です。デバイスのデザインに応じて、画面はデバイスの前面のほとんどまたはほぼすべてのスペースを埋めます。多くのスマートフォンディスプレイのアスペクト比16:9ですが、2017年にはより高いアスペクト比が一般的になり、ディスプレイの表面をできるだけ端に近づけることでベゼルをなくすことを目的としています。

画面サイズ

画面サイズは対角インチで測定されます。画面が5.2インチを超える電話は、「ファブレットと呼ばれることがよくあります。画面のサイズが4.5インチを超えるスマートフォンは、ほとんどの親指が画面の表面全体に届かないため、片手だけで使用するのは一般的に困難です。それらは、手で動かしたり、片方の手で持ってもう一方の手で操作したり、両手で所定の位置で使用したりする必要がある場合があります。デザインの進歩により、大きな画面サイズと「エッジツーエッジ」デザインを備えた一部の最新のスマートフォンは、人間工学を改善するコンパクトなビルドを備えていますが、より高いアスペクト比への移行により、関連する人間工学を維持しながら、より大きな画面サイズの電話が生まれました。小さい16:9ディスプレイで。[204] [205] [206]

パネルタイプ

液晶ディスプレイ(LCD)と有機発光ダイオード(OLED)ディスプレイが最も一般的です。一部のディスプレイは、によって開発されたものとして、感圧デジタイザ、と統合されているワコムサムスン[207]とAppleのフォースタッチシステム。YotaPhoneプロトタイプなどのいくつかの電話には、電子書籍リーダーで使用されているように、低電力の電子ペーパーリアディスプレイが装備されています

代替入力方法

でツールチップキウイブラウザGoogleのクロムderirativeは、上にマウスを移動することによって、完全なURLを明らかにし、タブ上でスタイラスを使用して、リストサムスンギャラクシー(注)4
HTC Legendの光学式トラックパッドセンサー、2010年。

一部のデバイスには、より高精度の入力とホバリング検出用スタイラス、および/またはフローティングフィンガー検出用の自己容量性タッチスクリーンレイヤーなどの追加の入力方法が装備されています。後者は、Samsung Galaxy S4Note 3S5AlphaSony Xperia Solaなどのいくつかの電話に実装されており、Galaxy Note3はこれまでのところ両方を備えた唯一のスマートフォンとなっています。

ホバリングすると、ビデオプレーヤーのシークバー、テキストメッセージ、ダイヤルパッドのクイックコンタクトなどのプレビューツールチップロック画面のアニメーション、Webサイトでのホバリングマウスカーソルのシミュレーションを有効にできます。[208] [209] [210]

一部のスタイラスはホバリングもサポートしており、デジタルポストイットノートや、コンピューターのマウスを使用したドラッグ選択に似た、押したままドラッグしたときのテキストや要素の強調表示など、関連ツールにすばやくアクセスするためのボタンが装備されていますSamsung GalaxyNoteシリーズLGG Stylusシリーズなどの一部のシリーズには、スタイラスを収納するためのトレイが組み込まれています。[211]

ようないくつかのデバイスiPhoneは6SまでiPhoneのXHuawei社メイトSが装備されている感圧タッチスクリーン入力を制御し、圧力は、ビデオゲーム、プレビューウィンドウにアクセスして、ショートカットメニューのアクセルペダルをシミュレートするために使用されてもよいです、カーソル、およびからアップルによって拒否された最新そのうち体重計、App Storeで[212] [213]

HTC Desire(Bravo)HTC Legendなどの2010年代初頭のHTCスマートフォンには、スクロールと選択のための光学式トラックパッドが装備されています。[214]

通知灯

Apple iPhoneを除く多くのスマートフォンには、画面のほかに低電力の発光ダイオードが装備されており、着信メッセージ、不在着信、低バッテリーレベルについてユーザーに通知し、わずかな電力消費で暗闇の中で携帯電話を簡単に見つけることができます。

通知のソースを区別するために、色の組み合わせと点滅パターンを変えることができます。通常、赤、緑、青(RGB)の3つのダイオードは、多数の色の組み合わせを作成できます。

センサー

スマートフォンには、システム機能やサードパーティアプリケーションを有効にするための多数のセンサーが装備されています。

一般的なセンサー

加速度計ジャイロスコープにより、画面の回転を自動制御できます。サードパーティソフトウェアによる使用には、水準器シミュレーションが含まれます周囲光センサーは自動画面の明るさとコントラスト調整を可能にし、RGBセンサは、画面の色の適応を可能にします。

多くの携帯電話には、気圧を測定するための気圧センサーも装備されています。たとえば、Galaxy S3を搭載した2012年以降のSamsung iPhone6を搭載した2014年以降のAppleなどです。これにより、高度の変化を推定および検出できます。

磁力計は、として機能することができ、デジタルコンパス測定することにより、地球の磁場を

珍しいセンサー

サムスンは、2014年以降の主力スマートフォンであるGalaxyS5GalaxyNote 4心拍数センサーを装備して、フィットネス関連の使用を支援し、前面カメラのシャッターキーとして機能します。[215]

これまでのところ、唯一2013サムスンギャラクシーS4注3が装備された周囲温度センサ湿度センサ、およびのみ注4紫外線過剰暴露についてユーザに警告することができ、放射線センサ。[216] [217]

距離測定用のリア赤外線レーザービームはLGG3およびLGV10以降の一部のLG携帯電話に実装されているように、オートフォーカスを加速した飛行時間型カメラ機能を有効にすることができます

現在、スマートフォンではめったに発生しないため、これらのセンサーを利用するソフトウェアはまだ開発されていません。

ストレージ

ながらのeMMC埋め込まれたマルチメディアカードフラッシュストレージは、最も一般的に携帯電話で使用された、その後継者、UFSユニバーサルフラッシュストレージ高い転送レートとは)上位クラスのデバイスのために2010年代を通じて浮上しました。[218]

容量

携帯電話の内部ストレージ容量は2010年代前半はほぼ停滞していましたが、後半は急勾配になりました。たとえばSamsungは、主力クラスのユニットで利用可能な内部ストレージオプションを32GBから512に増やしました。2016年から2018年までのわずか212以内のGB [219] [220] [221] [222]

メモリーカード

挿入されたメモリとSIMカード

一部の携帯電話のデータストレージ用のスペースは、2010年代を通じて容量が増加したMicroSD メモリカードを使用して拡張できます(→ SDカード§2009–2018:SDXC)。USB on the Goストレージとクラウドストレージを超える利点には、オフラインの可用性とプライバシー、予約や充電ポートからの突出がない、接続の不安定性や遅延がない、大量のデータプランに依存しない、デバイスの永続的な内部の限られた書き換えサイクルが維持されるなどがあります。ストレージ。[223] [224]

技術の場合には、欠陥装置使用不能又は未作るブータブルを液体損傷の結果として、落下損傷、画面の損傷、損傷曲げマルウェア、または偽のシステムの更新を[225]など、メモリカードに記憶されたデータは、可能性がありますアクセスできない内部ストレージ上のデータは失われますが、外部からレスキュー可能です。通常、メモリカードは[b]すぐに別のメモリカード対応デバイスで再利用でき、事前のファイル転送は必要ありません

一部のデュアルSIM携帯電話にはハイブリッドスロットが装備されており、2つのスロットの1つをSIMカードまたはメモリカードのいずれかで占有できます一部のモデル(通常はハイエンド)には、デュアルSIMとメモリカードを同時に使用するために、1つの専用メモリカードスロットを含む3つのスロットが装備されています。[226]

物理的な位置

SIMスロットとメモリカードスロットの両方の場所はデバイスによって異なり、背面カバーの後ろまたはバッテリーの後ろにアクセスできるように配置されている可能性があり、後者はホットスワップを拒否します。[227] [228]

取り外し不可能な背面カバーを備えた携帯電話は、通常、SIMカードとメモリカードを受話器のフレームの小さなトレイに収納し、ピンホールに針ツールを挿入することで取り出します。[229]

2011年のSamsungGalaxy FitAceなどの一部の初期のミッドレンジ電話には、工具なしで開くことができるキャップで覆われたフレームに横向きのメモリカードスロットがあります。[230]

ファイル転送

もともと、大容量記憶装置へのアクセスは、一般的にUSBを介してコンピューターに有効でした。時間の経過とともに、マスストレージアクセスは削除され、メディア転送プロトコルはUSBファイル転送のプロトコルとして残されました。これは、コンピュータが携帯電話のソフトウェアからロックされることなくストレージにアクセスできる非排他的なアクセス機能のためです。通信は抽象化レイヤーを介して行われるため、接続の期間。一般的なファイルシステムのサポートは必要ありません

ただし、大容量記憶装置とは異なり、メディア転送プロトコルには並列処理がありません。つまり、一度に実行できる転送は1つだけであり、他の転送要求は終了するまで待機する必要があります。さらに、MTPを介したファイルへの直接アクセスはサポートされていません。すべてのファイルは、開く前にデバイスから完全にダウンロードされます。[231]

Voice overLTEHDVoiceなどの一部のオーディオ品質向上機能が登場し、新しいスマートフォンで利用できることがよくあります。電話の設計、セルラーネットワークの品質、および長距離電話で使用される圧縮アルゴリズムにより、音質は依然として問題となる可能性があります[232] [233] WiFi経由のVoIPアプリケーションを 使用すると、オーディオ品質を向上させることができます[234]携帯電話は、ユーザーがスピーカーフォンを使用できるように小さなスピーカーを備えています機能を備え、耳に当てずに電話で人と話します。小型スピーカーは、電話を耳に近づけることなく、音楽やスピーチのデジタルオーディオファイルを聴いたり、オーディオコンポーネントを使用してビデオを視聴したりするためにも使用できます。

HTC OneM8SonyXperia Z2などの一部の携帯電話には、水平方向のときに空間的な音を出すためのステレオスピーカーが装備されています。[235]

オーディオコネクタ

3.5ミリメートルヘッドフォンreceptibleコル。ヘッドフォンジャック」)受動の即時動作可能ヘッドホン、ならびに他の外部補助オーディオ機器への接続。コネクタを装備したデバイスの中で、コネクタはデバイスの上部よりも下部(充電ポート側)に配置されるのが一般的です。

すべての主要ベンダーで新たにリリースされた携帯電話でのコネクタの可用性の低下は、Apple iPhone7が不足している2016年に始まりました充電ポートを予約するアダプターは、プラグを後付けすることができます。

バッテリー駆動のワイヤレスBluetoothヘッドフォンが代替手段です。ただし、Bluetoothトランシーバーなどの内部ハードウェアが必要なため、コストがかかる傾向があり、各操作の前にBluetoothカップリングが必要です。 [236]

バッテリー

大容量のポータブル充電器パワーバンク)。

スマートフォンは、エネルギー密度が高いため、通常、リチウムイオン電池を使用します。[10] [11] [12]

バッテリーは、通常の使用中に充電と放電が繰り返される結果として化学的に摩耗し、エネルギー容量と出力電力の両方が失われ、その結果、処理速度が低下し、システムが停止します。[237]数百回の再充電後、バッテリー容量は80%に減少する可能性があり、パフォーマンスの低下は時間とともに加速します。[238] [239] 一部の携帯電話は、通常は背面カバーを開くことにより、エンドユーザーが期限切れになったときに交換できるバッテリーで設計されています。このようなデザインは当初、Apple iPhoneではないタッチスクリーンを備えた携帯電話を含め、ほとんどの携帯電話で使用されていました。、2010年代を通じて、恒久的に組み込まれた交換不可能なバッテリーによって大部分が奪われてきました。計画的陳腐化について批判された設計慣行[240] [241]

充電率は上昇しており、2014年には15ワット[242] 2016年には20ワット、[243]、2018年には45ワット、[244]デバイスの動作中に電力スループットが大幅に低下する可能性があります。[245] [c]

無線充電が広くと、頻繁に再接続を介して充電ポートを消耗することなく、間欠充電を可能にする、ように適合されたQiは、続いて、最も一般的な標準であるPowermatワイヤレス電力伝送の効率が低いため、充電率は有線充電よりも低く、同様の充電率でより多くの熱が発生します。

2017年の終わりまでに、スマートフォンのバッテリー寿命は概ね適切になりました。[246]しかしながら、初期のスマートフォンのバッテリー寿命は、スマートフォンのコンピューターシステムとカラースクリーンの重要な電力要件を処理できなかった弱いバッテリーのために貧弱でした。[247] [248] [249]

スマートフォンユーザーは、家の外、職場、車内で使用するために、またポータブル外部「バッテリーパック」を購入することにより、追加の充電器を購入します。外部バッテリーパックには、ケーブルでスマートフォンに接続される一般的なモデルと、スマートフォンのケースに「ピギーバック」するカスタムメイドのモデルが含まれます。2016年、Samsungは爆発的なバッテリーの問題のため、何百万ものGalaxy Note7スマートフォンをリコールする必要がありました[250] 消費者の便宜のために、ワイヤレス充電ステーションがいくつかのホテル、バー、およびその他の公共スペースに導入されました。[251]

カメラ

カメラはスマートフォンの標準機能になっています。2019年の時点で、電話カメラはモデル間の差別化の非常に競争の激しい分野であり、広告キャンペーンは通常、デバイスのメインカメラの品質または機能に焦点を当てています。

画像は通常、JPEGファイル形式で保存されます。2010年代半ば以降の一部のハイエンド電話には、RAWイメージング機能もあります。[252] [253]

スペースの制約

通常、スマートフォンには、「セルフィー」とビデオチャット用に、少なくとも1つのメインの背面カメラと低解像度の前面カメラがありますイメージセンサー光学機器用のスマートフォンで利用できる奥行きが限られているため、背面カメラは、電話の他の部分よりも厚い「バンプ」に収納されることがよくあります。ますます薄くなる携帯電話は、必要な深さよりも水平方向のスペースが豊富で、レンズを改善するために専用カメラで使用されるため、電話メーカーは、それぞれが異なる目的(望遠広角、 NS。)。

後ろから見ると、リアカメラは通常、上部中央または左上隅にあります。角を曲がった場所は、水平に保持されたときにレンズが覆われる可能性が低いため、人間工学を高めながら、カメラモジュールの周りに他のハードウェアを詰め込む必要がないという利点があります

最新の高度なスマートフォンには、光学式手ぶれ補正(OIS)、大型センサー、明るいレンズ、さらには光学ズームとRAW画像を備えたカメラが搭載されています。HDRマルチレンズとマルチショットナイトモードを備えたボケモードも今ではおなじみです。[254]可能な限りスリムにされている電話内で利用可能な限られたスペースのために、多くの新しいスマートフォンカメラ機能は、より大きなセンサーやレンズではなく、計算写真画像処理と複数の特殊レンズによって可能になっています。

専用カメラボタン

Samsung i8000 Omnia 2Nokia LumiasSony Xperiasなどの一部の携帯電話には、物理的なカメラシャッターボタンが装備されています。

二つの圧力レベルのものは似ているポイント・アンド・シュート専用の直感コンパクトカメラをカメラボタンは、電源ボタンよりもポケットの内側に簡単に配置できるため、カメラソフトウェアをすばやく人間工学的に起動するためのショートカットとして使用できます。

裏表紙素材

スマートフォンの裏表紙は通常、ポリカーボネート、アルミニウム、またはガラスでできています。上に点在するようなポリカーボネートバックカバーは、光沢又は艶消しであり、そしておそらくテクスチャできるギャラクシーS5又は上leatheredギャラクシー注3および注4

ポリカーボネート製の裏表紙は、ファッショントレンド志向のユーザーの間では「プレミアム」ではないと認識されるかもしれませんが、その強みと技術的利点には、耐久性と衝撃吸収、金属のような永久的な曲げに対する優れた弾力性、ガラスのように粉々にならないことなどがあります。取り外し可能; 製造コスト効率が向上し、無線信号や金属のようなワイヤレス電力の遮断がありません。[255] [256] [257] [258]

付属品

スマートフォン用には、ケースメモリカードスクリーンプロテクター充電ケーブルワイヤレスパワーステーション、USB On-The-Goアダプター(USBドライブや場合によってはHDMIケーブルを接続するため)など、さまざまなアクセサリが販売されています。外部モニター)、MHLアダプター、アドオンバッテリー、パワーバンクヘッドホン、ヘッドホンとマイクの組み合わせ(たとえば、デバイスを耳に当てずに個人的に通話できるようにする)、Bluetooth対応パワードスピーカー これにより、ユーザーはスマートフォンからワイヤレスでメディアを聞くことができます。

ケースは、バンプからの適度な保護と引っかき傷からの優れた保護を提供する比較的安価なゴム製または柔らかいプラスチック製のケースから、ゴム製のパッドと硬い外殻を組み合わせたより高価で頑丈なケースまでさまざまです。一部のケースには、ユーザーがデバイスを使用するために開くカバーが付いた「本」のようなフォームがあります。カバーを閉じると、画面が保護されます。一部の「本」のようなケースには、クレジットカード用の追加のポケットがあり、人々がそれらを財布として使用できるようになっています

付属品には、スマートフォンのメーカーが販売する製品と、他のメーカーが製造した互換性のある製品が含まれます。

しかし、アップルなど一部の企業は、「二酸化炭素排出量の削減」などのためにスマートフォンに充電器を含めることをやめ、多くの顧客がアダプターの充電に追加料金を支払うようになりました。

ソフトウェア

モバイルオペレーティングシステム

モバイルオペレーティングシステム(またはモバイルOS)は、電話、タブレットスマートウォッチ、またはその他のモバイルデバイス用のオペレーティングシステムです

モバイルオペレーティングシステムは、パーソナルコンピュータのオペレーティングシステムの機能を、モバイルまたはハンドヘルドでの使用に役立つ他の機能と組み合わせたものです。通常、以下を含み、以下のほとんどは、最新のモバイルシステムに不可欠であると考えられています。タッチスクリーン携帯ブルートゥースのWi-Fi保護アクセスのWi-Fi全地球測位システム(GPS)の携帯ナビゲーション、ビデオ-シングルフレーム画像カメラ音声認識ボイスレコーダー音楽プレーヤー近距離無線通信、および赤外線ブラスター。 2018年第1四半期までに、3億8,300万台を超えるスマートフォンが販売され、85.9%がAndroidを実行し、14.1%がiOS実行し、ごくわずかな数のスマートフォンが他のOSを実行しています。[259] Androidだけでも、人気のあるデスクトップオペレーティングシステムのWindowsよりも人気があり、一般に、スマートフォンの使用は(タブレットがなくても)デスクトップの使用を上回ります。他の周知のモバイルオペレーティングシステムがありFlyme OSハーモニーOS

モバイル通信機能を備えたモバイルデバイス(スマートフォンなど)には、2つのモバイルオペレーティングシステムが含まれています。メインのユーザー向けソフトウェアプラットフォームは、ラジオやその他のハードウェアを操作する2番目の低レベルの独自のリアルタイムオペレーティングシステムによって補完されます。調査によると、これらの低レベルのシステムには、悪意のある基地局がモバイルデバイスを高レベルで制御できるようにするさまざまなセキュリティの脆弱性が含まれている可能性があります。[260]

モバイルアプリ

モバイルアプリは、スマートフォンなどのモバイルデバイスで実行するように設計されたコンピュータープログラムです。「アプリ」という用語は、「ソフトウェアアプリケーション」という用語の短縮形です。[261]

アプリケーションストア

2008年7月のiPhoneおよびiPodTouch向けのAppleのAppStoreの導入により、単一のプラットフォームに焦点を当てたサードパーティアプリケーション(ソフトウェアおよびコンピュータプログラム)向けに、メーカーがホストするオンライン配信が普及しました。ビデオゲーム、音楽製品、ビジネスツールなど、多種多様なアプリがあります。それまで、スマートフォンのアプリケーションの配布は依存サード・パーティーのソースのような複数のプラットフォーム用のアプリケーションを提供ゲットジャーHandangoHandmark、およびPocketGearをApp Storeの成功を受けて、他のスマートフォンメーカーは、GoogleのAndroid Market(後にGoogle Play Storeに名前が変更されました)やRIMのBlackBerry App WorldAptoideCafe BazaarF-DroidなどのAndroid関連のアプリストアなどのアプリケーションストアを立ち上げましたGetJar、およびOpera MobileStore2014年2月、モバイル開発者の93%が、モバイルアプリ開発の最初のスマートフォンをターゲットにしていました。[262]

販売

1996年以来、スマートフォンの出荷はプラス成長を遂げています。 2011年11月、作成されたすべての写真の27%は、カメラ付きのスマートフォンで撮影されました。[263] 2012年9月の調査によると、スマートフォンの所有者の5人に4人がこのデバイスを使用してオンラインで買い物をしています。[264]世界のスマートフォンの売上高は2013年初頭にフィーチャーフォンの売上高を上回りました。[3]スマートフォンの世界的な出荷台数は2013年に10億台を超え、2012年の7億2500万台から38%増加し、携帯電話市場の55%のシェアを占めています。 2013年には、2012年の42%から増加しました。2013年には、スマートフォンの売上が初めて減少し始めました。[265] [266] 2016年第1四半期に初めて、出荷量が前年比で3%減少しました。この状況は、成熟した中国市場が原因でした。[267] NPDのレポートによると、特に革新的な機能を導入せずに、ほとんどの人にとって高すぎるため、米国市民の10%未満が1,000ドル以上のスマートフォンを購入し、HuaweiOppoXiaomiが同様の機能セットを備えた製品を導入している低価格で。[268] [269] [270] 2019年、スマートフォンの売上は3.2%減少し、スマートフォンの歴史上最大でした。一方、中国とインドは、世界中で最も多くのスマートフォンの売上を牽引したとされています。[271] 5Gの普及は、新しいスマートフォンの販売促進に役立つと予測されています。[272] [273]

メーカー別

世界のスマートフォン生産者の市場シェア
ソース 日にち アップル社。 サムスン Xiaomi Oppo Huawei その他 リファレンス
ガートナー 2020年第4四半期 20.8% 16.2% 11.3% 8.9% 8.9% 33.9% [274]
IDC 2020年第4四半期 23.4% 17.0% 11.6% 9.0% 8.6% 30.3% [275]
対位法研究 2020年第4四半期 21% 16% 11% 9% 8% 35% [276]

2011年には、Samsungが世界で最も高い出荷市場シェアを占め、Appleがそれに続きました。 2013年のSamsungの市場シェアは31.3%で、2012年の30.3%からわずかに増加しました。Appleは15.3%で、2012年の18.7%から減少しました。Huawei、LG、Lenovoはそれぞれ約5%で、2012年よりも大幅に優れています。他の人が約40%を持っていた間、数字は、前の年の数字と同じです。 Appleだけが市場シェアを失ったが、その出荷量は依然として12.9%増加した。残りは36〜92%の出荷量の大幅な増加がありました。[277] 2014年第1四半期には、Samsungが31%、Appleが16%のシェアを占めていました。[278] 2014年第4四半期には、Appleのシェアは20.4%、Samsungのシェアは19.9%でした。[279] 2016年第2四半期には、Samsungのシェアは22.3%、Appleのシェアは12.9%でした。[274]2017年第1四半期に、IDCは、Samsungが8000万台で最初に配置され、次にAppleが50.8百万台、Huaweiが3460万台、Oppoが2550万台、Vivoが2270万台であると報告しました[280]

サムスンのモバイル事業は、収益でアップルの半分の規模です。 Appleのビジネスは2013年から2017年にかけて非常に急速に増加しました。[281] Oppoが所有するブランドであるRealmeは、2019年第2四半期以来世界で最も急成長している電話ブランドです。中国のナショナリズムが高まる中、2019年の時点で市場シェアの%が合算され、年間66%の成長を記録しました。[282] [283] 2019年、Samsungは5Gスマートフォンで74%の市場シェアを獲得しましたが、5Gスマートフォンは中国で1%の市場シェアを獲得しました。[284] [285]

調査によると、iPhoneは一般的に富と関連しており、平均的なiPhoneユーザーの年収は平均的なAndroidユーザーよりも40%多いことがわかっています。[286] [287]女性は男性よりもiPhoneを所有している可能性が高い。[288] TrendForceは、折りたたみ式電話が2021年に普及し始めると予測しています。[289]

オペレーティングシステム別

使用する

現代的な使用と収束

sdas
スマートフォンの人気により市場が衰退している一部の技術デバイス:(左上から) ポータブルメディアプレーヤー(「MP3プレーヤー」を含む)。コンパクトデジタルカメラ;車載衛星ナビゲーションシステム;携帯情報端末電子手帳を含む

急速に進むとともに、アプリストアを介してタッチスクリーンスマートフォン及び分散モバイルアプリケーションの人気が上昇ネットワークモバイルプロセッサ、およびストレージにつながった技術収束の携帯電話オーガナイザー、およびポータブルメディアプレーヤーは、単一のデバイスとしてスマートフォンに置き換えましたほとんどの人が運びました。[290] [291] [292] [293] [294] [295]デジタルカメラセンサーとデバイス上の画像処理ソフトウェアの進歩により、スマートフォンがよりシンプルなカメラに取って代わりました。写真やビデオ録画用。[100]スマートフォンに組み込まれているGPS機能とマッピングアプリは、スタンドアロンの衛星ナビゲーション デバイス大きく取って代わり、紙の地図はあまり一般的ではなくなりました。[98] スマートフォンでのモバイルゲームの人気は大幅に高まり[296]、多くの人が携帯ゲーム機の代わりにそれらを使用できるようになり、一部の企業は電話のハードウェアとソフトウェアに基づいてゲーム機と電話のハイブリッドを作成しようとしました。[297] [298]人々はしばしば、スマートフォンを支持して固定電話サービスを受けないことを選択しました[299] [300] 音楽ストリーミングアプリとサービスの人気は急速に高まっており、地上波ラジオや衛星ラジオで音楽ステーションを聴くのと同じ用途に使用されています。ストリーミングビデオサービスはスマートフォンアプリから簡単にアクセスでき、テレビを見る代わりに使用できますスマートフォンで時刻を確認するために腕時計の着用をやめる人も多く目覚まし時計の代わりに携帯電話の時計機能を使用している人も少なくありません [301]携帯電話は、デジタルメモ取りテキスト編集メモデバイスとしても使用できます。コンピュータ化により、エントリの検索が容易になります。

さらに、技術的に発展していない多くの地域では、スマートフォンは携帯性のために人々の最初で唯一のインターネットアクセス手段であり[302]パソコンはビジネス以外では比較的一般的ではありません。スマートフォンのカメラを使用すると、FAX(FAX)マシンを使用する代わりに、ドキュメントを撮影して電子メールまたはメッセージング送信できますスマートフォンの支払いアプリとサービスにより、人々は財布、財布、クレジットカードとデビットカード、そして現金をあまり利用できなくなります。モバイルバンキングアプリを使用すると、写真を撮るだけで小切手を預けることができ、ATMやテラーに小切手を渡す必要がなくなります。ガイドブックアプリは、紙の旅行やレストラン/ビジネスガイド、美術館のパンフレット、専用の音声ガイド機器の代わりに使用できます

モバイルバンキングと支払い

モバイル決済システム。

多くの国では、携帯電話がモバイルバンキングサービスの提供に使用されています。これには、安全なSMSテキストメッセージによる現金支払いの転送機能が含まれる場合があります。たとえば、ケニアのM-PESAモバイルバンキングサービスでは、携帯電話事業者のSafaricomの顧客は、SIMカードに記録されている現金残高を保持できます。現金は、全国にあるSafaricom小売店のM-PESAアカウントに預け入れたり引き出したりすることができ、個人間で電子的に送金したり、企業への請求書の支払いに使用したりできます。

ブランチレスバンキングは、南アフリカとフィリピンで成功を収めています。バリでのパイロットプロジェクトは国際金融公社インドネシアの銀行であるマンディリ銀行によって2011年に開始されました[303]

モバイルバンキングテクノロジーのもう1つのアプリケーションは、開発途上国の居住者が世界中のWebユーザーから中小企業向け融資を調達できるようにする米国を拠点とする非営利のマイクロ融資プラットフォームであるZidishaです。Zidishaは、ローンの支払いと返済にモバイルバンキングを使用し、米国の貸し手から、携帯電話を持っていてインターネットを使用できるアフリカの農村部の借り手に資金を送金しています。[304]

モバイル決済は、エスポーの2台のコカコーラ自動販売機がSMS決済で機能するようになった1998年にフィンランドで最初に試行されました。最終的に、このアイデアは広まり、1999年に、フィリピンは、モバイル事業者のGlobeSmartを使用して国内初の商用モバイル決済システムを立ち上げました

一部の携帯電話は、直接モバイル課金スキームを介して、または電話と販売拠点が近距離無線通信(NFC)をサポートしている場合は非接触型決済を介して、モバイル決済行うことができます。[305] NFCを搭載した携帯電話を介した非接触型決済を可能にするには、メーカー、ネットワークオペレーター、小売業者の協力が必要です。[306] [307]

ファクシミリ

一部のアプリで、スマートフォンを介しファクシミリ(Fax)を送受信できます。これにはドキュメントおよび画像ファイル形式から直接およびデジタルで生成されたファクシミリデータ(ラスター2レベルグラフィックで構成)が含まれます。

批判と問題

社会的影響

2012年、南カリフォルニア大学の調査では、保護 されていない思春期の性行為がスマートフォンの所有者の間でより一般的であることがわかりました[308]レンセラー工科大学(RPI)の照明研究センター(LRC)が実施した調査では、スマートフォンやバックライト付きデバイスが睡眠サイクルに深刻な影響を与える可能性があると結論付けています。[309]一部の人は、スマートフォンに心理的に執着し、デバイスから離れると不安になる可能性があります。[310]スマホ」(「スマートフォン」と「ゾンビ」の組み合わせ") is a walking person using a smartphone and not paying attention as they walk, possibly risking an accident in the process, an increasing social phenomenon.[311] The issue of slow-moving smartphone users led to the temporary creation of a "mobile lane" for walking in Chongqing, China.[312] The issue of distracted smartphone users led the city of Augsburg, Germany to embed pedestrian traffic lights in the pavement.[313]

While driving

A New York City driver holding two phones
A user consulting a mapping app on a phone

Mobile phone use while driving—including calling, text messaging, playing media, web browsing, gaming, using mapping apps or operating other phone features—is common but controversial, since it is widely considered dangerous due to what is known as distracted driving. Being distracted while operating a motor vehicle has been shown to increase the risk of accidents. In September 2010, the US National Highway Traffic Safety Administration (NHTSA) reported that 995 people were killed by drivers distracted by phones. In March 2011 a US insurance company, State Farm Insurance, announced the results of a study which showed 19% of drivers surveyed accessed the Internet on a smartphone while driving.[314] Many jurisdictions prohibit the use of mobile phones while driving. In Egypt, Israel, Japan, Portugal and Singapore, both handheld and hands-free calling on a mobile phone (which uses a speakerphone) is banned. In other countries, including the UK and France, and in many US states, calling is only banned on handheld phones, while hands-free calling is permitted.

A 2011 study reported that over 90% of college students surveyed text (initiate, reply or read) while driving.[315] The scientific literature on the danger of driving while sending a text message from a mobile phone, or texting while driving, is limited. A simulation study at the University of Utah found a sixfold increase in distraction-related accidents when texting.[316] Due to the complexity of smartphones that began to grow more after, this has introduced additional difficulties for law enforcement officials when attempting to distinguish one usage from another in drivers using their devices. This is more apparent in countries which ban both handheld and hands-free usage, rather than those which ban handheld use only, as officials cannot easily tell which function of the phone is being used simply by looking at the driver. This can lead to drivers being stopped for using their device illegally for a call when, in fact, they were using the device legally, for example, when using the phone's incorporated controls for car stereo, GPS or satnav.

A sign along Bellaire Boulevard in Southside Place, Texas (Greater Houston) states that using mobile phones while driving is prohibited from 7:30 am to 9:00 am and from 2:00 pm to 4:15 pm

A 2010 study reviewed the incidence of phone use while cycling and its effects on behavior and safety.[317] In 2013 a national survey in the US reported the number of drivers who reported using their phones to access the Internet while driving had risen to nearly one of four.[318] A study conducted by the University of Vienna examined approaches for reducing inappropriate and problematic use of mobile phones, such as using phones while driving.[319]

Accidents involving a driver being distracted by being in a call on a phone have begun to be prosecuted as negligence similar to speeding. In the United Kingdom, from 27 February 2007, motorists who are caught using a handheld phone while driving will have three penalty points added to their license in addition to the fine of £60.[320] This increase was introduced to try to stem the increase in drivers ignoring the law.[321] Japan prohibits all use of phones while driving, including use of hands-free devices. New Zealand has banned handheld phone use since 1 November 2009. Many states in the United States have banned text messaging on phones while driving. Illinois became the 17th American state to enforce this law.[322] As of July 2010, 30 states had banned texting while driving, with Kentucky becoming the most recent addition on July 15.[323]

Public Health Law Research maintains a list of distracted driving laws in the United States. This database of laws provides a comprehensive view of the provisions of laws that restrict the use of mobile devices while driving for all 50 states and the District of Columbia between 1992, when first law was passed through December 1, 2010. The dataset contains information on 22 dichotomous, continuous or categorical variables including, for example, activities regulated (e.g., texting versus talking, hands-free versus handheld calls, web browsing, gaming), targeted populations, and exemptions.[324]

Legal

A "patent war" between Samsung and Apple started when the latter claimed that the original Galaxy S Android phone copied the interface‍—‌and possibly the hardware‍—‌of Apple's iOS for the iPhone 3GS. There was also smartphone patents licensing and litigation involving Sony Mobile, Google, Apple Inc., Samsung, Microsoft, Nokia, Motorola, HTC, Huawei and ZTE, among others. The conflict is part of the wider "patent wars" between multinational technology and software corporations. To secure and increase market share, companies granted a patent can sue to prevent competitors from using the methods the patent covers. Since the 2010s the number of lawsuits, counter-suits, and trade complaints based on patents and designs in the market for smartphones, and devices based on smartphone OSes such as Android and iOS, has increased significantly. Initial suits, countersuits, rulings, license agreements, and other major events began in 2009 as the smartphone market stated to grow more rapidly by 2012.

Medical

With the rise in number of mobile medical apps in the market place, government regulatory agencies raised concerns on the safety of the use of such applications. These concerns were transformed into regulation initiatives worldwide with the aim of safeguarding users from untrusted medical advice.[325] According to the findings of these medical experts in recent years, excessive smartphone use in society may lead to headaches, sleep disorders and insufficient sleep, while severe smartphone addiction may lead to physical health problems, such as hunchback, muscle relaxation and uneven nutrition.[326]

Impacts on cognition and mental health

There is a debate about beneficial and detrimental impacts of smartphones or smartphone-uses on cognition and mental health.

Security

Smartphone malware is easily distributed through an insecure app store.[327][328] Often, malware is hidden in pirated versions of legitimate apps, which are then distributed through third-party app stores.[329][330] Malware risk also comes from what is known as an "update attack", where a legitimate application is later changed to include a malware component, which users then install when they are notified that the app has been updated.[331] As well, one out of three robberies in 2012 in the United States involved the theft of a mobile phone. An online petition has urged smartphone makers to install kill switches in their devices.[332] In 2014, Apple's "Find my iPhone" and Google's "Android Device Manager" can locate, disable, and wipe the data from phones that have been lost or stolen. With BlackBerry Protect in OS version 10.3.2, devices can be rendered unrecoverable to even BlackBerry's own Operating System recovery tools if incorrectly authenticated or dissociated from their account.[333]

Leaked documents published by WikiLeaks, codenamed Vault 7 and dated from 2013 to 2016, detail the capabilities of the United States Central Intelligence Agency (CIA) to perform electronic surveillance and cyber warfare, including the ability to compromise the operating systems of most smartphones (including iOS and Android).[334][335] In 2021, journalists and researchers reported the discovery of spyware, called Pegasus, developed and distributed by a private company which can and has been used to infect iOS and Android smartphones often – partly via use of 0-day exploits – without the need for any user-interaction or significant clues to the user and then be used to exfiltrate data, track user locations, capture film through its camera, and activate the microphone at any time.[336] Analysis of data traffic by popular smartphones running variants of Android found substantial by-default data collection and sharing with no opt-out by this pre-installed software.[337][338]

Guidelines for mobile device security were issued by NIST[339] and many other organizations. For conducting a private, in-person meeting, at least one site recommends that the user switch the smartphone off and disconnect the battery.[340]

Sleep

Using smartphones late at night can disturb sleep, due to the blue light and brightly lit screen, which affects melatonin levels and sleep cycles. In an effort to alleviate these issues, "Night Mode" functionality to change the color temperature of a screen to a warmer hue based on the time of day to reduce the amount of blue light generated became available through several apps for Android and the f.lux software for jailbroken iPhones.[341] iOS 9.3 integrated a similar, system-level feature known as "Night Shift." Several Android device manufacturers bypassed Google's initial reluctance to make Night Mode a standard feature in Android and included software for it on their hardware under varying names, before Android Oreo added it to the OS for compatible devices.[342]

It has also been theorized that for some users, addiction to use of their phones, especially before they go to bed, can result in "ego depletion." Many people also use their phones as alarm clocks, which can also lead to loss of sleep.[343][344][345][346][347]

Lifespan

E-waste in Agbogloshie

In mobile phones released since the second half of the 2010s, operational life span commonly is limited by built-in batteries which are not designed to be interchangeable. The life expectancy of batteries depends on usage intensity of the powered device, where activity (longer usage) and tasks demanding more energy expire the battery earlier.

Lithium-ion and Lithium-polymer batteries, those commonly powering portable electronics, additionally wear down more from fuller charge and deeper discharge cycles, and when unused for an extended amount of time while depleted, where self-discharging may lead to a harmful depth of discharge.[348][349][350]

The functional life span of mobile phones may be limited by lack of software update support, such as deprecation of TLS cipher suites by certificate authority with no official patches provided for earlier devices.[351]

See also

Notes

  1. ^ For example, Samsung starting with the Galaxy S6
  2. ^ Presuming common file system support, which is usually given. Some software-specific data left over from a previous device might not be relevant on the new device.
  3. ^ I.e. while the device is not in stand-by mode or charging while the main operating system is powered off.

References

  1. ^ "Smartphones Heavily Decrease Sales of iPod, MP3 Players". Tom's Hardware. December 30, 2012.
  2. ^ Reisinger, Don (October 17, 2012). "Worldwide smartphone user base hits 1 billion". CNet. Retrieved July 26, 2013.
  3. ^ a b "Smartphones now outsell 'dumb' phones". 3 News NZ. April 29, 2013. Archived from the original on August 1, 2013. Retrieved April 29, 2013.
  4. ^ Sahay, Shubham; Kumar, Mamidala Jagadesh (2019). Junctionless Field-Effect Transistors: Design, Modeling, and Simulation. John Wiley & Sons. ISBN 9781119523536.
  5. ^ a b "Remarks by Director Iancu at the 2019 International Intellectual Property Conference". United States Patent and Trademark Office. June 10, 2019. Retrieved July 20, 2019.
  6. ^ Sridharan, K.; Pudi, Vikramkumar (2015). Design of Arithmetic Circuits in Quantum Dot Cellular Automata Nanotechnology. Springer. p. 1. ISBN 9783319166889.
  7. ^ a b Baliga, B. Jayant (2005). Silicon RF Power MOSFETS. World Scientific. ISBN 9789812561213.
  8. ^ a b Asif, Saad (2018). 5G Mobile Communications: Concepts and Technologies. CRC Press. pp. 128–134. ISBN 9780429881343.
  9. ^ O'Neill, A. (2008). "Asad Abidi Recognized for Work in RF-CMOS". IEEE Solid-State Circuits Society Newsletter. 13 (1): 57–58. doi:10.1109/N-SSC.2008.4785694. ISSN 1098-4232.
  10. ^ a b Williams, R. K.; Darwish, M. N.; Blanchard, R. A.; Siemieniec, R.; Rutter, P.; Kawaguchi, Y. (2017). "The Trench Power MOSFET—Part II: Application Specific VDMOS, LDMOS, Packaging, and Reliability". IEEE Transactions on Electron Devices. 64 (3): 692–712. Bibcode:2017ITED...64..692W. doi:10.1109/TED.2017.2655149. ISSN 0018-9383. S2CID 38550249.
  11. ^ a b "IEEE Medal for Environmental and Safety Technologies Recipients". IEEE Medal for Environmental and Safety Technologies. Institute of Electrical and Electronics Engineers. Retrieved July 29, 2019.
  12. ^ a b "Keywords to understanding Sony Energy Devices – keyword 1991". Sony Energy Devices Corporation. Sony. Archived from the original on 4 March 2016.
  13. ^ "Watch The Incredible 70-Year Evolution Of The Cell Phone". Wonder How To. Retrieved March 5, 2015.
  14. ^ Sager, Ira (June 29, 2012). "Before IPhone and Android Came Simon, the First Smartphone". Bloomberg.com. Bloomberg News. Retrieved August 18, 2019.
  15. ^ Sager, Ira (June 29, 2012). "Before IPhone and Android Came Simon, the First Smartphones". Bloomberg Businessweek. Bloomberg L.P. Retrieved June 30, 2012. Simon was the first smartphone. Twenty years ago, it envisioned our app-happy mobile lives, squeezing the features of a cell phone, pager, fax machine, and computer into an 18-ounce black brick.
  16. ^ Schneidawind, John (November 23, 1992). "Poindexter putting finger on PC bugs; Big Blue unveiling". USA Today. p. 2B.
  17. ^ Connelly, Charlotte. "World's first 'smartphone' celebrates 20 years". BBC News. BBC News. Retrieved August 16, 2014.
  18. ^ History of first touchscreen smartphone Archived May 1, 2016, at the Wayback Machine Spinfold.com
  19. ^ Jin, Dal Yong (2017). Smartland Korea: Mobile Communication, Culture, and Society. University of Michigan Press. pp. 34–35. ISBN 9780472053377.
  20. ^ Nochkin, Alexandr (July 10, 2013). "IBM Simon. The first smartphone in the World. What's inside". IBM blog (in Russian). Habrahabr.ru. Retrieved June 5, 2017.
  21. ^ "First Smartphone Turns 20: Fun Facts About Simon". Time. August 18, 2014. Retrieved August 18, 2019.
  22. ^ Mostefaoui, Ghita K.; Tariq, Faisal (2018). Mobile Apps Engineering: Design, Development, Security, and Testing. CRC Press. p. 16. ISBN 9781351681438.
  23. ^ Savage, Pamela (January 1995). "Designing a GUI for Business Telephone users". Association of Computing Machinery. Retrieved September 13, 2014. ...It is at this point that early usability test participants met impasse. The switch connected to our "smart phone" is expecting the typical "dumb end-point"... AT&T's PhoneWriter was demonstrated at the 1993 Comdex Computer Show...
  24. ^ Andersen, Kim Normann; Francesconi, Enrico; Grönlund, Ake; Engers, Tom M. van (August 19, 2011). Electronic Government and the Information Systems Perspective: Second International Conference, EGOVIS 2011, Toulouse, France, August 29 -- September 2, 2011, Proceedings. Springer Science & Business Media. ISBN 978-3-642-22960-2.
  25. ^ "Qualcomm's pdQ Smartphone" (Press release). Qualcomm.
  26. ^ "Ericsson R380 / R380s | Device Specs". PhoneDB. January 25, 2008. Retrieved September 29, 2019.
  27. ^ "PDA Review: Ericsson R380 Smartphone". Geek.com. Archived from the original on July 12, 2011. Retrieved April 27, 2011.
  28. ^ Brown, Bruce (April 24, 2001). "Ericsson R380 World Review & Rating". PC Magazine.
  29. ^ "Ericsson Introduces The New R380e". Mobile Magazine. Archived from the original on March 25, 2012. Retrieved April 27, 2011.
  30. ^ "Kyocera QCP 6035 | Device Specs". PhoneDB. February 29, 2008. Retrieved September 29, 2019.
  31. ^ "Kyocera QCP 6035 Smartphone Review". Palminfocenter.com. March 16, 2001. Retrieved September 7, 2011.
  32. ^ Segan, Sascha (March 23, 2010). "Kyocera Launches First Smartphone In Years | News & Opinion". PCmag.com. Retrieved September 7, 2011.
  33. ^ "Nokia 9210 Communicator Device Specs". PhoneDB. October 16, 2007. Retrieved September 28, 2019.
  34. ^ "Handspring Treo Communicator 180". mobiletechreview.com. Archived from the original on June 17, 2016. Retrieved February 1, 2016.
  35. ^ Rose, Frank (September 2001). "Pocket Monster: How DoCoMo's wireless Internet service went from fad to phenom - and turned Japan into the first post-PC nation". Wired. Vol. 9 no. 9. Retrieved January 24, 2014.
  36. ^ Barnes, Stuart J, Huff, Sid L. (November 1, 2003). Rising Sun: iMode and the Wireless Internet, Vol. 46, No. 1. Communications of the ACM. pp. 79–84.
  37. ^ Anwar, Sayid Tariq. "NTT DoCoMo and M-Commerce: A Case Study in Market Expansion and Global Strategy" (PDF). The American Graduate School of International Management. Retrieved February 16, 2014.
  38. ^ Tabuchi, Hiroko. "Why Japan's Smartphones Haven't Gone Global". The New York Times. Retrieved October 6, 2018.
  39. ^ Budmar, Patrick (July 11, 2012). "Why Japanese smartphones never went global". PC World AU. Retrieved October 6, 2018.
  40. ^ Stewart, Devin (April 29, 2010). "Slowing Japan's Galapagos Syndrome". Huffington Post. Retrieved June 24, 2010. 'Galapagos syndrome', a phrase originally coined to describe Japanese cell phones that were so advanced they had little in common with devices used in the rest of the world, could potentially spread to other parts of society. Indeed signs suggest it is happening already.
  41. ^ "Info Addicts Are All Thumbs: Crackberry Is the 2006 Word of the Year". PR Newswire. November 1, 2006. Retrieved January 24, 2014.
  42. ^ "The Nokia E Series Range of Smartphones". Brighthub.com. September 27, 2010. Retrieved September 6, 2017.
  43. ^ Schroeder, Stan (February 23, 2010). "Smartphones in 2009: Symbian Dominates, iPhone, RIM and Android Rising Fast". Mashable. Retrieved September 3, 2013.
  44. ^ a b Whitwam, Ryan. "How Steve Jobs killed the stylus and made smartphones usable". ExtremeTech. Retrieved April 4, 2018.
  45. ^ a b c d Elgan, Mike (July 2, 2011). "How iPhone Changed the World". Cult of Mac. Retrieved October 17, 2019.
  46. ^ "LG, Prada to Start Selling Mobile Phone at Start of Next Year" (Press release). December 11, 2006. Archived from the original on January 8, 2007.
  47. ^ Temple, Stephen. "Vintage Mobiles: LG Prada - First mobile with a capacitive touchscreen (May 2007)". History of GMS: Birth of the mobile revolution.
  48. ^ "LG KE850 Prada review: Sophistication made simple". May 27, 2007. p. 4. Retrieved June 23, 2021.
  49. ^ Jobs, Steve (January 19, 2007). Macworld San Francisco 2007 Keynote Address. San Francisco: Apple, Inc. Archived from the original on December 22, 2010.
  50. ^ Cohen, Peter (March 13, 2007). "Macworld Expo Keynote Live Update". Macworld. Archived from the original on July 24, 2010. Retrieved July 21, 2010.
  51. ^ "Apple Reinvents the Phone with iPhone" (Press release). Apple Inc. January 9, 2007. Retrieved October 16, 2019.
  52. ^ Louis, Tristan (January 9, 2007). "The iPhone is here". TNL.net. Retrieved October 16, 2019.
  53. ^ Mossberg, Walter S.; Boehret, Katherine (June 26, 2007). "The iPhone Is a Breakthrough Handheld Computer". The Mossberg Solution. The iPhone is the first smart phone we've tested with a real, computer-grade Web browser, a version of Apple's Safari. It displays entire Web pages, in their real layouts, and allows you to zoom in quickly by either tapping or pinching with your finger.
  54. ^ Levy, Steven (June 25, 2007). "First Look: Test Driving the iPhone". Newsweek. Retrieved October 16, 2019. Web-browsing is where the iPhone leaves competitors in the dust. It does the best job yet of compressing the World Wide Web on a palm-size device. The screen can nicely display an entire Web page, and by dragging, tapping, pinching and stretching your fingers you can zero in on the part of the page you want to read. Web pages you wouldn't dare go to on other phones are suddenly accessible
  55. ^ Baig, Ed (June 26, 2007). "iPhone Review". USA Today. Retrieved October 16, 2019. This is the closest thing to the real-deal Internet that I've seen on a pocket-size device ... IPhone runs Apple's Safari browser. You can view full Web pages, then double-tap the screen to zoom in. Or pinch to make text larger. Sliding your finger moves the page around. Rotating iPhone lets you view a page widescreen.
  56. ^ Shea, Dave (January 9, 2007). "iMobile". mezzoblue.com. Archived from the original on October 17, 2019. Retrieved October 16, 2019. It doesn't run a stripped-down mobile browser that delivers a sub-par experience, it runs Safari - a customized version with special UI tweaks, but that's still WebKit under the hood. It will render your site the same way your desktop does.
  57. ^ Duncan, Geoff (October 17, 2007). "Apple confirms iPhone SDK coming next year". Digital Trends. Retrieved June 11, 2017.
  58. ^ "Steve Jobs confirms native iPhone SDK by February". AppleInsider. October 17, 2007. Retrieved June 11, 2017.
  59. ^ Dalrymple, Jim (March 6, 2008). "Apple unveils iPhone SDK". Macworld. International Data Group. Retrieved June 11, 2017.
  60. ^ Block, Ryan (March 6, 2008). "Live from Apple's iPhone SDK press conference". Engadget. AOL. Retrieved June 11, 2017.
  61. ^ "The Day Google Had to 'Start Over' on Android". The Atlantic. December 18, 2013. Retrieved December 20, 2013.
  62. ^ Elgin, Ben (August 17, 2005). "Google Buys Android for Its Mobile Arsenal". Bloomberg Businessweek. Bloomberg. Archived from the original on February 5, 2011. Retrieved February 20, 2012.
  63. ^ Block, Ryan (August 28, 2007). "Google is working on a mobile OS, and it's due out shortly". Engadget. Retrieved February 17, 2012.
  64. ^ "All T-Mobile retail stores to carry G1". CNET. CBS Interactive. Retrieved June 17, 2013.
  65. ^ "How to access the hardware menu button on Samsung Galaxy S5?". Samsung Galaxy S5 Guide. May 7, 2014.
  66. ^ Stokes, Jon (January 8, 2009). "Palm strikes back with new OS, pre handset at CES". Ars Technica. Retrieved February 25, 2020.
  67. ^ Stokes, Jon (January 12, 2009). ""Synergy" means no need to "save" or "sync" on Palm's pre". Ars Technica. Retrieved February 25, 2020.
  68. ^ Iwatani, Yukari (August 19, 2011). "Pioneering Firm Bows to 'Post-PC World'". The Wall Street Journal. Retrieved November 30, 2011.
  69. ^ "HP sells Palm WebOS assets to LG". BBC News. February 26, 2013. Retrieved March 2, 2020.
  70. ^ Cha, Bonnie. "BlackBerry Torch 9800 review: BlackBerry Torch 9800". CNET. Retrieved February 25, 2020.
  71. ^ "Can Blackerry Torch compete with iPhone?". Orange County Register. September 21, 2010. Retrieved February 25, 2020.
  72. ^ "RIM launches BlackBerry Torch 9810, Torch 9860 and Bold 9900, we go hands-on!". Engadget. Retrieved February 25, 2020.
  73. ^ Topolsky, Joshua (January 30, 2013). "BlackBerry Z10 review: a new life, or life support?". The Verge. Retrieved February 25, 2020.
  74. ^ "Windows Phone 7: An In-depth Look at the Features and Interface". PCWorld. February 15, 2010. Retrieved February 25, 2020.
  75. ^ "Nokia and Microsoft form partnership". BBC News. February 11, 2011. Retrieved December 16, 2018.
  76. ^ Weintraub, Seth (February 8, 2011). "Nokia's Elop drops bomb: the platform is on fire". CNN. Archived from the original on June 27, 2013. Retrieved June 14, 2013.
  77. ^ ben-Aaron, Diana (February 11, 2011). "Nokia Falls Most Since July 2009 After Microsoft Deal". Bloomberg. Retrieved February 26, 2020.
  78. ^ a b Bright, Peter (October 9, 2017). "Windows Phone is now officially dead: A sad tale of what might have been". Ars Technica. Retrieved February 26, 2020.
  79. ^ Tung, Liam. "Lumia 520 extends lead as most popular Windows Phone, as Nokia takes 90 percent of the market". ZDNet. Retrieved February 26, 2020.
  80. ^ Miller, Matthew. "IDC: Windows Phone sees largest year-over-year increase, Android still dominates". ZDNet. Retrieved February 26, 2020.
  81. ^ Vincent, James (February 16, 2017). "99.6 percent of new smartphones run Android or iOS". The Verge. Retrieved February 25, 2020.
  82. ^ Savov, Vlad (August 20, 2015). "96.8 percent of new smartphones sold are either iPhone or Android devices". The Verge. Retrieved March 2, 2020.
  83. ^ "BlackBerry bails on building its own phones". CNET. Retrieved June 21, 2017.
  84. ^ "TCL signs an exclusive deal to build BlackBerry-branded phones". TechCrunch. Retrieved December 15, 2016.
  85. ^ "BlackBerry bets on Android's apps to buoy new Priv". The Globe & Mail. Retrieved September 26, 2015.
  86. ^ a b Warren, Tom (July 8, 2015). "Microsoft writes off $7.6 billion from Nokia deal, announces 7,800 job cuts". The Verge. Retrieved February 26, 2020.
  87. ^ Rivera, Jaime (October 18, 2013). "Nokia owns 90% of the Windows Phone market share". PocketNow.
  88. ^ Warren, Tom (October 23, 2015). "Windows Phone has a new app problem". The Verge. Retrieved February 26, 2020.
  89. ^ Warren, Tom (May 25, 2016). "Microsoft lays off hundreds as it guts its phone business". The Verge. Retrieved February 26, 2020.
  90. ^ Savov, Vlad (October 10, 2017). "Windows Phone was a glorious failure". The Verge. Retrieved February 26, 2020.
  91. ^ Warren, Tom (February 24, 2014). "This is Nokia X: Android and Windows Phone collide". The Verge. Retrieved March 2, 2020.
  92. ^ "Updated: Nokia 9 PureView camera review". DXOMARK. September 18, 2019. Retrieved February 25, 2020.
  93. ^ a b c Yegulalp, Serdar (May 11, 2012). "Camera phones: A look back and forward". Computerworld. Retrieved September 15, 2019.
  94. ^ "First mobile videophone introduced". CNN. May 18, 1999. Retrieved September 15, 2019.
  95. ^ Wan, Hoi (February 28, 2012). "Evolution of the Camera phone: From Sharp J-SH04 to Nokia 808 Pureview". Hoista.net. Archived from the original on July 31, 2013. Retrieved June 21, 2013.
  96. ^ "From J-Phone to Lumia 1020: A complete history of the camera phone". Digital Trends. August 11, 2013. Retrieved September 15, 2019.
  97. ^ "Taking pictures with your phone". BBC News. BBC. September 18, 2001. Retrieved September 15, 2019.
  98. ^ a b O'Brien, Kevin J. (November 15, 2010). "Smartphone Sales Taking Toll on G.P.S. Devices". The New York Times.
  99. ^ "Nokia 6111 review: Venus and maybe Mars too". GSMArena.com.
  100. ^ a b Ogg, Erica (December 22, 2011). "Smartphones killing point-and-shoots, now take almost 1/3 of photos". Gigaom. Retrieved October 22, 2019.
  101. ^ Siegler, MG (April 17, 2011). "iPhone 4 About To Be Flickr's Top Camera. Point & Shoots? Pretty Much The Opposite". TechCrunch. Retrieved November 4, 2019.
  102. ^ Cooke, Alex (October 30, 2017). "Nikon Closes China Camera Factory, Cites Smartphones as Cause". Fstoppers. Retrieved August 23, 2019.
  103. ^ "Smile, and Say 'Android'". The New York Times. December 20, 2012. Retrieved August 22, 2013.
  104. ^ Stirr, Thomas (April 2, 2016). "Digital Camera Sales Continued To Decline In 2015". Retrieved October 31, 2016.
  105. ^ "Worldwide unit sales of digital cameras from 2011 to 2016 (in millions)". Retrieved March 28, 2017.
  106. ^ "Sony Ericsson Satio – A Phone with Ultimate multimedia experience". Newtechnology.co.in. Archived from the original on July 14, 2012. Retrieved June 21, 2013.
  107. ^ "Samsung Pixon12 M8910 Price in India - 12 megapixel camera-phone". Newtechnology.co.in. Archived from the original on April 24, 2012. Retrieved June 21, 2013.
  108. ^ "Nokia N86 8MP review: Lens wide open". GSMArena.com. June 24, 2009. p. 7.
  109. ^ Chan, John (June 15, 2010). "Hands-on with the 14-megapixel Altek Leo". CNET. CBS Interactive. Archived from the original on April 3, 2012.
  110. ^ Cozma, Nicole. "Use your voice to take pictures with the Samsung Galaxy S III". CNET. Retrieved May 29, 2021.
  111. ^ "Nokia 808 PureView review: Photo Finnish". GSMArena.com. June 22, 2012. p. 7.
  112. ^ "Samsung I9300 Galaxy S III review: S to the third". GSMArena.com. May 20, 2012. p. 9.
  113. ^ "Samsung Galaxy S4 review: Supernova". GSMArena.com. March 28, 2013. p. 9.
  114. ^ Costello, sam (January 22, 2020). "Snap Photos and Record Video on an iPhone at the Same Time". Lifewire.
  115. ^ "Sony Xperia Z1 review: A smartphone with a camera-sized sensor". DPReview. November 1, 2013.
  116. ^ Carson, Biz (September 12, 2017). "Tim Cook Isn't Wrong: Why The iPhone X Could Change How We Use Phones Forever". Forbes.
  117. ^ "How to control focus and depth of field on your iPhone camera". Macworld. January 5, 2014.
  118. ^ "Samsung Galaxy K Zoom vs Galaxy S4 Zoom: What's the difference?". www.pocket-lint.com. April 29, 2014. Retrieved April 20, 2021.
  119. ^ "Panasonic Lumix DMC-CM1 camera review". DPReview. May 27, 2015. p. 10. Retrieved April 20, 2021.
  120. ^ Brawley, William (April 27, 2015). "Panasonic CM1 Review". Imaging Resource. Retrieved April 20, 2021.
  121. ^ "UltraPixel Camera Image Quality Review". Trusted Reviews. November 18, 2016. p. 7.
  122. ^ Savvides, Lexy (April 10, 2014). "HTC One M8: the camera review". CNET.
  123. ^ Cade, DL (October 24, 2016). "Apple Just Released Their Fake Bokeh Portrait Mode to Everyone". PetaPixel. Retrieved November 5, 2019.
  124. ^ Boxall, Andy (June 4, 2018). "Huawei P20 Pro review".
  125. ^ "Nokia 9 PureView - Full phone specifications". GSMarena.com. Retrieved May 20, 2019.
  126. ^ La, Lynn. "The dual-display LG V10 offers ultimate camera and video control (review)". CNET.
  127. ^ "HTC One X review: eXtra special". GSMArena.com. April 12, 2012.
  128. ^ "MediaTek shows off 480fps super slow-motion 1080p video recording on the MT6795". Neowin. February 17, 2015.
  129. ^ "Samsung I9300 Galaxy S III review: S to the third". GSMArena.com. p. 9.
  130. ^ "Sony Xperia S review: NXT of kin". GSMArena.com. p. 6.
  131. ^ "HTC One X review: eXtra special". GSMArena.com. Retrieved April 2, 2021.
  132. ^ "Apple iPhone XS review". GSMArena.com. p. 7.
  133. ^ Smith, Mat (December 29, 2011). "1 million Galaxy Notes shipped worldwide, US fans throw money at their screens". Engadget.
  134. ^ "Samsung: 10M Galaxy Notes sold in nine months". CNET. Retrieved January 18, 2013.
  135. ^ History Of The Huawei Mate Flagships 2 May 2019.
  136. ^ "Samsung's Galaxy Round is the first phone with a curved display". The Verge. Vox Media. October 8, 2013. Retrieved March 21, 2017.
  137. ^ "LG G Flex appears on the FCC with AT&T-friendly LTE". Engadget. Retrieved March 9, 2014.
  138. ^ "LG G Flex announced with vertically curved 6-inch 720p screen, 'self-repairing' back cover". Engadget. Verizon Media. Retrieved March 9, 2014.
  139. ^ Dent, Steve (February 18, 2014). "Do you really need a 4K smartphone screen?".
  140. ^ "Sony's 4K smartphone shows most content in 1080p". Engadget. Retrieved March 21, 2017.
  141. ^ "LG G6 With 5.7-Inch FullVision Display, Google Assistant Launched at MWC 2017". Gadgets360. NDTV. Retrieved February 26, 2017.
  142. ^ "The LG G6 is sleek, solid, and surprisingly sensible". The Verge. Vox Media. February 26, 2017. Retrieved February 26, 2017.
  143. ^ "This is the Samsung Galaxy S8, coming April 21st". The Verge. Retrieved October 4, 2018.
  144. ^ Mathur, Vishal (April 29, 2018). "Why do Android phones want a notch?". Livemint. Retrieved October 4, 2018.
  145. ^ "Google thankfully bans Android phones with three notches or other exotic configurations". PCWorld. Retrieved October 4, 2018.
  146. ^ Petrov, Daniel. "What was the first phone with a notch? Answer may surprise you". Phone Arena. Retrieved October 4, 2018.
  147. ^ Axon, Samuel (November 25, 2017). "How app developers and designers feel about the iPhone X—and the notch". Ars Technica. Condé Nast. Retrieved December 4, 2017.
  148. ^ Andrew, Williams (November 14, 2018). "Cut it out: how the smartphone notch became 'a thing'". TechRadar. Retrieved February 25, 2020.
  149. ^ Pocket-lint (February 11, 2020). "Is the hole-punch camera here to stay? We look at the pros and cons of the front camera design". Pocket-lint. Retrieved February 25, 2020.
  150. ^ Low, Aloysius (August 20, 2019). "Oppo Find X review: Sexier and more innovative than the Galaxy S9". CNET. Retrieved February 26, 2020.
  151. ^ Seifert, Dan (June 19, 2018). "Oppo's Find X ditches the notch for pop-up cameras". The Verge. Retrieved February 25, 2020.
  152. ^ Byford, Sam (June 26, 2019). "Oppo unveils the world's first under-screen selfie camera". The Verge. Retrieved February 25, 2020.
  153. ^ Peters, Jay (August 19, 2020). "Here's your best look yet at ZTE's first smartphone with an under-display camera". The Verge. Retrieved September 1, 2020.
  154. ^ Jansen, Mark (July 19, 2020). "What does a 90Hz or 120Hz refresh rate mean for your smartphone screen?". Digital Trends. Retrieved July 23, 2020.
  155. ^ Savov, Vlad (June 7, 2018). "Android gaming phones have a lot of growing up to do". The Verge. Retrieved May 26, 2021.
  156. ^ "Samsung I9300 Galaxy S III review: S to the third". GSMArena.com. May 20, 2012. p. 8. Retrieved May 29, 2021.
  157. ^ "N7000UBLS4 – Galaxy Note Android 4.1.2 Jelly Bean TEST firmware From Tel Cel Mexico". SamMobile. February 17, 2013.
  158. ^ Reisinger, Don (December 7, 2012). "Samsung's Galaxy S3 to get Premium Suite upgrade". CNET.
  159. ^ "Samsung Galaxy Note 3 User Guide". Tom's Guide. September 7, 2013.
  160. ^ King, Ian (December 15, 2013). "Bendable smartphones aren't coming anytime soon". The Sydney Morning Herald. Retrieved February 5, 2019.
  161. ^ Warren, Tom (November 8, 2018). "The foldable phones are coming". The Verge. Retrieved February 5, 2019.
  162. ^ Statt, Nick (November 5, 2018). "We tried the world's first folding phone, and it actually works". The Verge. Retrieved February 5, 2019.
  163. ^ Warren, Tom (November 7, 2018). "This is Samsung's foldable smartphone". The Verge. Retrieved February 5, 2019.
  164. ^ Dunn, Jeff (February 20, 2019). "Samsung's foldable phone is finally official—meet the Galaxy Fold". Ars Technica. Retrieved February 23, 2019.
  165. ^ Warren, Tom (September 5, 2019). "How Samsung fixed the Galaxy Fold". The Verge. Retrieved February 25, 2020.
  166. ^ Gartenberg, Chaim (November 13, 2019). "Motorola resurrects the Razr as a foldable Android smartphone". The Verge. Retrieved February 25, 2020.
  167. ^ Dolcourt, Jessica. "Samsung Galaxy Z Flip's foldable glass screen: Already more impressive than the Razr". CNET. Retrieved May 26, 2021.
  168. ^ "Fingerprint Scanner On Phones: History & Evolution, But Do We Really Need That?". Web cusp. April 17, 2016.
  169. ^ Newton, Casey (September 10, 2013). "Apple's new iPhone will read your fingerprint". The Verge. Retrieved September 11, 2013.
  170. ^ NDTV. "Touch ID: Inside the fingerprint scanner on Apple's iPhone 5s". NDTV Gadgets 360. NDTV Gadgets 360. Retrieved January 25, 2021.
  171. ^ Monbiot, George (September 23, 2013). "Why is Apple so shifty about how it makes the iPhone?". The Guardian. Retrieved September 24, 2013.
  172. ^ Schröder, Horst (April 4, 2016). "So gut ist das erste Fairphone aus Deutschland". www.gruenderszene.de. Retrieved September 5, 2018.
  173. ^ Etherington, Darrell (October 10, 2013). "Quasar IV Encrypted Ninja Smartphone Goes Into Production, Despite Indiegogo Failure". TechCrunch. Verizon Media. Retrieved October 10, 2013.
  174. ^ Byford, Sam (October 29, 2013). "Motorola reveals ambitious plan to build modular smartphones". The Verge. Vox Media. Retrieved October 29, 2013.
  175. ^ Musil, Steven (October 29, 2013). "Motorola unveils Project Ara for custom smartphones". CNET. CBS Interactive. Retrieved October 29, 2013.
  176. ^ Pierce, David. "Project Ara Lives: Google's Modular Phone Is Ready for You Now". Wired. Retrieved May 20, 2016.
  177. ^ "Google confirms the end of its modular Project Ara smartphone". The Verge. Vox Media. September 2, 2016. Retrieved September 2, 2016.
  178. ^ "LG G5 hands-on—LG may have made the most innovative phone of MWC". Ars Technica. February 21, 2016. Retrieved February 21, 2016.
  179. ^ "Motorola's new Moto Z ditches the headphone jack, adds hot-swapping magnetic modular accessories". CNET. CBS Interactive. Retrieved June 9, 2016.
  180. ^ "Inside Microsoft's Plan to Unlock the Full Power of Your Phone". Time.com. Retrieved March 21, 2017.
  181. ^ Miller, Ross (October 6, 2015). "Microsoft's new Display Dock transforms your Windows 10 mobile into a PC". The Verge. Vox Media. Retrieved October 6, 2015.
  182. ^ "This map shows the percentage of people around the world who own smartphones". Business Insider.
  183. ^ "Number of smartphone users worldwide 2014-2020 | Statista". Statista. Retrieved May 23, 2017.
  184. ^ "7 exciting smartphone trends to watch in 2016: VR, super-fast LTE, and more". PC World. February 5, 2016. Retrieved March 21, 2017.
  185. ^ "Galaxy Note 7 power saving mode lowers resolution to save battery". SlashGear. August 3, 2016. Retrieved October 31, 2021.
  186. ^ "Samsung's adaptive refresh rate tech could be coming to a phone near you". Android Authority. August 11, 2020. Retrieved October 31, 2021.
  187. ^ "I tried the first phone with an in-display fingerprint sensor". The Verge. Retrieved October 4, 2018.
  188. ^ Seifert, Dan (February 20, 2019). "Samsung officially announces the Galaxy S10 and S10 Plus, starting at $899". The Verge. Retrieved February 20, 2019.
  189. ^ "Seven New Smartphone Features For 2019 - TelcoWorld Corp. Melbourne Mobile Phone Repairs".
  190. ^ Alspach, Kyle (October 17, 2019). "10 Mobile Trends To Watch Out For In 2020". CRN. CRN. Retrieved February 10, 2021.
  191. ^ Tranate, Jess (December 28, 2020). "Samsung, Xiaomi Remove Charger From Smartphones After Mocking Apple". HNGN - Headlines & Global News. Retrieved September 27, 2021.
  192. ^ a b c d Kim, Woonyun (2015). "CMOS power amplifier design for cellular applications: an EDGE/GSM dual-mode quad-band PA in 0.18 μm CMOS". In Wang, Hua; Sengupta, Kaushik (eds.). RF and mm-Wave Power Generation in Silicon. Academic Press. pp. 89–90. ISBN 978-0-12-409522-9.
  193. ^ Kent, Joel (May 2010). "Touchscreen technology basics & a new development". CMOS Emerging Technologies Conference. CMOS Emerging Technologies Research. 6: 1–13. ISBN 9781927500057.
  194. ^ Ganapati, Priya (March 5, 2010). "Finger Fail: Why Most Touchscreens Miss the Point". Wired. Archived from the original on May 11, 2014. Retrieved November 9, 2019.
  195. ^ "LDMOS Products and Solutions". NXP Semiconductors. Retrieved December 4, 2019.
  196. ^ "Camera and thermal imaging Review". Trusted Reviews. November 11, 2016. Retrieved April 19, 2021.
  197. ^ Chopra, Purvi (November 19, 2018). "Ulefone Armor 3T Review: A Digital Walkie-Talkie Smartphone". Veditto. Retrieved April 19, 2021.
  198. ^ "CPU Frequency". CPU World Glossary. CPU World. March 25, 2008. Retrieved January 1, 2010.
  199. ^ Athow, Desire (March 9, 2021). "Best rugged smartphones of 2021: waterproof, shockproof and IP68 mobiles". TechRadar. Retrieved June 18, 2021.
  200. ^ Corbin Davenport (November 13, 2019). "The menu navigation button has finally been retired in Android 10". Retrieved June 20, 2021.
  201. ^ Krasnoff, Barbara (July 27, 2020). "How to take screenshots on your iPhone". The Verge. Retrieved June 21, 2021.
  202. ^ "How to Take Screenshot on LG G3 (3 Methods)". DroidViews. August 14, 2014. Retrieved June 21, 2021.
  203. ^ "4 Ways To Take a Screenshot on the Samsung Galaxy Note 20 and Note 20 Ultra - NaldoTech". August 20, 2020. Retrieved June 21, 2021.
  204. ^ "Don't call it a phablet: the 5.5" Samsung Galaxy S7 Edge is narrower than many 5.2" devices". PhoneArena. Retrieved April 3, 2017.
  205. ^ "We're gonna need Pythagoras' help to compare screen sizes in 2017". The Verge. March 30, 2017. Retrieved April 3, 2017.
  206. ^ "The Samsung Galaxy S8 will change the way we think about display sizes". The Verge. Vox Media. March 30, 2017. Retrieved April 3, 2017.
  207. ^ Ward, J. R.; Phillips, M. J. (April 1, 1987). "Digitizer Technology: Performance Characteristics and the Effects on the User Interface". IEEE Computer Graphics and Applications. 7 (4): 31–44. doi:10.1109/MCG.1987.276869. ISSN 0272-1716. S2CID 16707568.
  208. ^ "How does Air view work?". Samsung Galaxy site.
  209. ^ "Floating touch™ – Developer World". September 17, 2012. Archived from the original on September 17, 2012.
  210. ^ "How to Change Unlock Effect on Galaxy S4 Lock Screen". Android Widget Center. May 13, 2013.
  211. ^ "S Pen on the Note 4 is better than ever: Feature Focus". Android Authority. October 2, 2014.
  212. ^ Jul 2019, Lance Whitney 8; P.m, 2:55 (July 8, 2019). "How to Use and Control 3D Touch on Your iPhone". PCMag UK. Retrieved April 2, 2021.CS1 maint: numeric names: authors list (link)
  213. ^ Zibreg, Christian (October 28, 2015). "Apple rejects Gravity, a 3D Touch-based iPhone 6s digital scale app". iDownloadBlog.com. Retrieved April 2, 2021.
  214. ^ "HTC Bravo: TMO UK Nexus One Plus Optical Trackpad – Phandroid". phandroid.com. January 21, 2010. Retrieved July 20, 2021.
  215. ^ hamid (December 25, 2014). "How to Use Heart Rate Sensor on Note 4 as a Shutter Button". Android Widget Center. Retrieved April 2, 2021.
  216. ^ "Hidden innovation in the Galaxy S4". SamMobile. April 10, 2013.
  217. ^ S, Ray. "Playing with the Note 4's UV and SpO2 sensors". Phone Arena. Retrieved April 2, 2021.
  218. ^ Ezekiel, Odunayo (November 18, 2019). "eMMC or UFS: Understanding new generation of mobile phone storage". Dignited.
  219. ^ Ware, Russell (November 13, 2019). "Understanding Smartphone Storage – How much storage does your phone need?". Lifewire.
  220. ^ "Samsung Starts Producing First 512-Gigabyte Universal Flash Storage for Next-Generation Mobile Devices". www.businesswire.com. December 5, 2017.
  221. ^ Gottsegen, Gordon (December 5, 2017). "Samsung is bringing a huge 512GB memory chip to its phones". CNET.
  222. ^ "US will only receive 32GB Galaxy S7 and Galaxy S7 edge". Android Authority. February 21, 2016.
  223. ^ "MicroSD vs. cloud storage: Which do you prefer?". phonedog.com. May 31, 2013.
  224. ^ "Understanding Life Expectancy of Flash Storage". www.ni.com. July 23, 2020.
  225. ^ Popa, Bogdan (December 31, 2019). "Xiaomi Ships Android 11 Update, Completely Bricks Devices". softpedia.
  226. ^ "Kaufberatung: Smartphones mit Dual-SIM und Micro-SD". TechStage (in German). January 29, 2019. Retrieved June 13, 2021.
  227. ^ "How to increase internal memory on the Galaxy Note 4". NextPit.
  228. ^ Thorn, Thomas (August 9, 2013). "Samsung Galaxy S4 Mini review". TechRadar.
  229. ^ Hidalgo, Jason. "Replace the SIM & Memory Card in a Samsung Galaxy S7 or S7 Edge". Lifewire.
  230. ^ "Samsung Galaxy Ace S5830 review: Ace in the hole". GSMArena.com. February 23, 2011. p. 1.
  231. ^ "What Happened To Mass Storage & File Management? [Updated] - Mobility Arena - Mobile Phone, Smartphone, Cell Phone Reviews". mobilityarena.com. November 18, 2011.
  232. ^ Hecht, Jeff (September 30, 2014). "Why Mobile Voice Quality Still Stinks—and How to Fix It". ieee.org.
  233. ^ Malykhina, Elena. "Why Is Cell Phone Call Quality So Terrible?". scientificamerican.com.
  234. ^ Henry, Alan. "What's the Best Mobile VoIP App?". Lifehacker. Gawker Media.
  235. ^ Hoyle, Andrew (March 25, 2014). "HTC One M8 BoomSound speakers are loud and proud". CNET.
  236. ^ "Was ditching the headphone jack a good idea?". SoundGuys. August 9, 2019.
  237. ^ "Causes and Fixes of Unexpected Phone Shutoffs - RTCL ... rtcl.eecs.umich.edu › assets › 2020" (PDF). June 15, 2020.
  238. ^ Jasieniak, Jacek. "Explainer: how to extend your phone's battery life". The Conversation.
  239. ^ https://www.ukm.my/jqma/v10_1/jqma-10-1-paper4.pdf
  240. ^ RAVPower, Team (November 9, 2018). "Planning for Obsolescence: When to Buy a New Phone". RAVPower.
  241. ^ "Planned obsolescence: the outrage of our electronic waste mountain". the Guardian. April 15, 2020.
  242. ^ Ho, Joshua (2014). "The Samsung Galaxy Note 4 Review". www.anandtech.com.
  243. ^ T, Nick (June 30, 2016). "How it works: Dash Charge fast charging on the OnePlus 3". Phone Arena.
  244. ^ Byford, Sam (October 10, 2018). "Oppo has the fastest fast charging we've ever seen". The Verge.
  245. ^ "PSA: The Galaxy S8 and S8+ doesn't actually Fast Charge while you're using it – Phandroid". phandroid.com. May 11, 2017.
  246. ^ "6 phones with the best battery life". Retrieved October 31, 2017.
  247. ^ "J.D. Power and Associates Reports: Smartphone Battery Life has Become a Significant Drain on Customer Satisfaction and Loyalty". Retrieved September 11, 2014.
  248. ^ Kendrick, James (August 4, 2014). "The secret behind poor smartphone battery life". ZDNet. Retrieved November 2, 2017.
  249. ^ "Peak Battery: Why Smartphone Battery Life Still Stinks, and Will for Years". TIME.com. April 1, 2013.
  250. ^ "Refurbished version of ill-fated Galaxy Note 7 will soon be available overseas". May 5, 2017.
  251. ^ "The Most Impactful New iPhone Feature May Be the Most Boring". WIRED. Retrieved September 22, 2017.
  252. ^ "How to Shoot Photos in DNG/RAW on Samsung Galaxy S7". Android Beat | Android News, Hacks, Apps, Tips & Reviews Blog. April 24, 2016. Retrieved August 19, 2021.
  253. ^ Nikam, Sohil (May 8, 2015). "Samsung Dropping RAW Image Support Into Galaxy S6 And S6 Edge Via Android 5.1.1 Update - TechShout". www.techshout.com. Retrieved August 19, 2021.
  254. ^ "Top 16 Best Camera Phones For Photography 2019". April 4, 2019.
  255. ^ Ho, Joshua (May 5, 2014). "A Discussion on Material Choices in Mobile". www.anandtech.com. Retrieved April 11, 2021.
  256. ^ "Bring back plastic phones". Android Authority. July 5, 2019.
  257. ^ "Benefits And Applications Of Polycarbonates". Tuflite. June 17, 2020.
  258. ^ "Build materials: metal vs glass vs plastic". Android Authority. July 19, 2018.
  259. ^ "Gartner Says Worldwide Sales of Smartphones Returned to Growth in First Quarter of 2018". Gartner, Inc. Gartner. May 29, 2018. Retrieved August 25, 2018.
  260. ^ Thom Holwerda, OSNews, November 12, 2013, The second operating system hiding in every mobile phone Archived November 13, 2013, at the Wayback Machine
  261. ^ Trends, Small Business. "What The Heck Is An "App"?". Business Insider.
  262. ^ W3C Interview: Vision Mobile on the App Developer Economy with Matos Kapetanakis and Dimitris Michalakos Archived June 29, 2016, at the Wayback Machine. February 18, 2014. Retrieved February 24, 2015.
  263. ^ Ogg, Erica (December 22, 2011). "Smartphones killing point-and-shoots, now take almost 1/3 of photos". GIGAOM. GIGAOM. Retrieved June 27, 2013.
  264. ^ Rao, Leena (September 19, 2012). "comScore: 4 Out Of 5 Smartphone Owners Use Device To Shop; Amazon Is The Most Popular Mobile Retailer". TechCrunch. AOL Inc. Retrieved June 27, 2013.
  265. ^ Swearingen, Jake (December 4, 2018). "We're No Longer in Smartphone Plateau. We're in the Smartphone Decline". New York Magazine.
  266. ^ "Worldwide Smartphone Shipments Top One Billion Units for the First Time, According to IDC". IDC. January 2014. Archived from the original on January 31, 2014. Retrieved January 27, 2014.
  267. ^ Daniel van Boom (April 27, 2016). "It's not just Apple: Global smartphone market shrinks for the first time ever".
  268. ^ Leprince-Ringuet, Daphne (November 26, 2019). "As smartphone sales decline again, Apple may have a few lessons to learn from Samsung and Huawei". ZDNet.
  269. ^ Axon, Samuel (December 11, 2019). "Fewer than 10% of Americans are buying $1,000 smartphones, report says". Ars Technica.
  270. ^ Eadicicco, Lisa (December 12, 2019). "Evidence is mounting that people are fed up with the sky-high cost of smartphones, and it's sparking a massive change in the industry". Business Insider.
  271. ^ "Counterpoint: Global smartphone market is alive thanks to China and India". GSMArena.com.
  272. ^ Weissberger, Alan (November 8, 2019). "Counterpoint Research: Smartphone Market Decline Ends, What Might Help it Grow?". IEEE Communications Society Technology Blog.
  273. ^ McCaskill, Steve (September 26, 2019). "Smartphone market set for 'biggest ever decline'". TechRadar.
  274. ^ a b "Gartner Says Worldwide Smartphone Sales Declined 5% in Fourth Quarter of 2020". Gartner. Retrieved February 22, 2021.
  275. ^ "Top Five Smartphone Vendors, Shipments, Market Share, and Year-Over-Year Growth, Q4 2020". International Data Corporation. Retrieved April 28, 2021.
  276. ^ "Global Smartphone Market Share: By Quarter". April 30, 2021.
  277. ^ Fingas, Jon (January 28, 2014). "Smartphone sales may have topped 1 billion in 2013, depending on who you ask". Engadget.
  278. ^ Millward, Steven (May 13, 2014). "Xiaomi breaks into global top 10 for smartphone shipments, kicks out HTC". Tech In Asia. Retrieved September 9, 2014.
  279. ^ Brett Molina and Marco della Cava, USA TODAY (March 3, 2015). "Apple beats Samsung in Q4 smartphone sales". USA TODAY.
  280. ^ Hersey, Frank (July 4, 2017). "6 of the world's top 10 smartphone brands are Chinese". technode. Retrieved July 7, 2017.
  281. ^ Dunn, Jeff (February 28, 2017). "Samsung introduced 10 times as many phones as Apple last year, but its mobile division made half as much revenue". Business Insider.
  282. ^ Doffman, Zak. "Huawei Shoots Up 66% As Apple Plummets: China Has Given Its Blacklist Verdict". Forbes.
  283. ^ ‌Argam Artashyan (December 12, 2019). "Huawei And Honor Account For Half Of Chinese Smartphone Market". GizChina.
  284. ^ "Samsung dominates early market for 5G smartphones | TechRadar". www.techradar.com. December 11, 2019.
  285. ^ Lee, Cyrus. "5G phones account for less than 1% of sales in China". ZDNet.
  286. ^ "iPhone Users Earn Higher Income, Engage More on Apps than Android Users". Comscore, Inc.
  287. ^ "Want to Appear Rich? Buy an iPhone". Gizmodo.
  288. ^ Williams, Rhiannon (January 9, 2015). "Women more likely to own an iPhone than men". The Daily Telegraph.
  289. ^ "Breakthrough in Foldable Phone Penetration Rate Begins in 2021; Flexible AMOLED Panels are Key, Says TrendForce". press.trendforce.com.
  290. ^ Reisinger, Don (August 15, 2013). "Smartphones Sales Finally Overtake Feature Phones: 10 Reasons Why". eWeek.
  291. ^ Rob van der Meulen & Janessa Rivera (August 14, 2013). "Gartner Says Smartphone Sales Grew 46.5 Percent in Second Quarter of 2013 and Exceeded Feature Phone Sales for First Time".
  292. ^ Farivar, Cyrus (August 14, 2013). "Smartphones Outsell Feature Phones, for the First Time".
  293. ^ Andrew Smith, Faithe Wempen (2011). CompTIA Strata Study Guide. John Wiley & Sons. p. 140. ISBN 978-0-470-97742-2. Retrieved July 5, 2012.
  294. ^ "Smartphones Heavily Decrease Sales of iPod, MP3 Players". Tom's Hardware. December 30, 2012.
  295. ^ Yu, Emily. "PMP needs to merge with cellphone, says Smartwork exec". EE Times Asia. Archived from the original on 23 April 2008. Retrieved 3 October 2007.
  296. ^ Wijman, Tom (April 30, 2018). "Mobile Revenues Account for More Than 50% of the Global Games Market as It Reaches $137.9 Billion in 2018". newzoo.com. Newzoo. Retrieved July 12, 2018.
  297. ^ "Xperia Play | PlayStation certified Android mobile". Sony Ericsson. Archived from the original on August 8, 2011. Retrieved February 14, 2011.
  298. ^ Lowe, Scott (July 30, 2013). "Android handheld of the future. Not today". IGN. Retrieved July 31, 2013.
  299. ^ "Milestone for cellphones vs. landline phones". CBS News. May 4, 2017. Archived from the original on June 16, 2017. Retrieved May 30, 2017.
  300. ^ "The Daily — Residential Telephone Service Survey, 2013". Statistics Canada. June 23, 2014. Archived from the original on October 23, 2014.
  301. ^ "Why Are Alarm Clocks Still a Thing?". Motherboard.vice.com. Motherboard. April 10, 2015. Retrieved August 16, 2018.
  302. ^ "ICT Facts and Figures 2005, 2010, 2016". Telecommunication Development Bureau, International Telecommunication Union (ITU). Retrieved May 24, 2015.
  303. ^ "Branchless banking to start in Bali". The Jakarta Post. April 13, 2012. Retrieved June 4, 2012.
  304. ^ ""Zidisha Set to "Expand" in Peer-to-Peer Microfinance", Microfinance Focus, Feb 2010". Microfinancefocus.com. February 7, 2010. Archived from the original on September 21, 2012. Retrieved June 4, 2012.
  305. ^ Feig, Nancy (June 25, 2007). "Mobile Payments: Look to Korea". banktech.com. Archived from the original on March 26, 2010. Retrieved January 29, 2011.
  306. ^ Ready, Sarah (November 10, 2009). "NFC mobile phone set to explode". connectedplanetonline.com. Archived from the original on January 24, 2010. Retrieved January 29, 2011.
  307. ^ Tofel, Kevin C. (August 20, 2010). "VISA Testing NFC Memory Cards for Wireless Payments". gigaom.com. Retrieved January 21, 2011.
  308. ^ "SMARTPHONES make TEENS have SEX with STRANGERS". theregister.co.uk. Retrieved January 18, 2016.
  309. ^ Colaner, Seth (August 27, 2012). "Your Tablet and Smartphone Could Be Ruining Your Sleep". Retrieved January 22, 2014.
  310. ^ Cheever, N. A.; Rosen, L. D.; Carrier, L. M.; Chavez, A. (2014). "Out of sight is not out of mind: The impact of restricting wireless mobile device use on anxiety levels among low, moderate and high users". Computers in Human Behavior. 37: 290–297. doi:10.1016/j.chb.2014.05.002.
  311. ^ Hookham, Mark; Togoh, Isabel; Yeates, Alex (February 21, 2016). "Walkers hit by curse of the smombie". The Sunday Times. UK. Retrieved February 23, 2016.
  312. ^ Hatton, Celia (September 15, 2014). "Chongqing's 'mobile lane'". BBC News. UK: BBC. Retrieved February 23, 2016.
  313. ^ Rick Noack (April 25, 2016) This city embedded traffic lights in the sidewalks so that smartphone users don’t have to look up The Washington Post. Retrieved 5 May 2016.
  314. ^ "Quit Googling yourself and drive: About 20% of drivers using Web behind the wheel, study says". Los Angeles Times. March 4, 2011.
  315. ^ Atchley, Paul; Atwood, Stephanie; Boulton, Aaron (January 2011). "The Choice to Text and Drive in Younger Drivers: Behaviour May Shape Attitude". Accident Analysis and Prevention. 43 (1): 134–142. doi:10.1016/j.aap.2010.08.003. PMID 21094307.
  316. ^ "Text messaging not illegal but data clear on its peril". Democrat and Chronicle. Archived from the original on February 2, 2016. Retrieved February 7, 2021.
  317. ^ de Waard, Dick; Schepers, Paul; Ormel, Wieke; Brookhuis, Karel (January 2010). "Mobile phone use while cycling: Incidence and effects on behaviour and safety". Ergonomics. 53 (1): 30–42. doi:10.1080/00140130903381180. hdl:11370/1ad6e9a1-37c9-44fb-8978-65dbdce42456. PMID 20069479. S2CID 205403680.
  318. ^ Copeland, Larry. "Drivers still Web surfing while driving, survey finds". USA TODAY.
  319. ^ Burger, Christoph; Riemer, Valentin; Grafeneder, Jürgen; Woisetschläger, Bianca; Vidovic, Dragana; Hergovich, Andreas (2010). "Reaching the Mobile Respondent: Determinants of High-Level Mobile Phone Use Among a High-Coverage Group" (PDF). Social Science Computer Review. 28: 336–349. doi:10.1177/0894439309353099. S2CID 61640965.
  320. ^ "BBC NEWS - UK - UK Politics - Drivers face new phone penalties". news.bbc.co.uk. January 22, 2007.
  321. ^ "BBC NEWS - UK - Magazine - Careless talk". news.bbc.co.uk. February 22, 2007.
  322. ^ "Illinois to ban texting while driving - CNN.com". CNN. August 6, 2009. Retrieved May 12, 2010.
  323. ^ Steitzer, Stephanie (July 14, 2010). "Texting while driving ban, other new Kentucky laws take effect today". The Courier-Journal. Archived from the original on January 19, 2013. Retrieved July 15, 2010.
  324. ^ "Distracted Driving Laws". Public Health Law Research. July 15, 2011. Retrieved June 27, 2014.
  325. ^ Yetisen, A. K.; Martinez-Hurtado, J. L.; et al. (2014). "The regulation of mobile medical applications". Lab on a Chip. 14 (5): 833–840. doi:10.1039/C3LC51235E. PMID 24425070. S2CID 16910239.
  326. ^ Shankar, S Barani; Rani, S Leslie; Brundha, M P (July 2020). "Comparison study of factors associated with smartphone addiction among college students". Drug Invention Today. 14 (7): 1165–1168. ISSN 0975-7619 – via Academic Search Complete.
  327. ^ Mobile Malware Development Continues To Rise, Android Leads The Way.
  328. ^ Alexios, Mylonas; Bill, Tsoumas; Stelios, Dritsas; Dimitris, Gritzalis (2011). 8th International Conference on Trust, Privacy & Security in Digital Business (TRUSTBUS-2011). Springer Berlin / Heidelberg. pp. 49–61.
  329. ^ "The Mother Of All Android Malware Has Arrived". Android Police. March 6, 2011.
  330. ^ Perez, Sarah (February 12, 2009). "Android Vulnerability So Dangerous, Owners Warned Not to Use Phone's Web Browser". Readwriteweb.com. Archived from the original on August 10, 2011. Retrieved August 8, 2011.
  331. ^ "Lookout, Retrevo warn of growing Android malware epidemic, note Apple's iOS is far safer". Appleinsider.com. August 3, 2011. Retrieved January 5, 2012.
  332. ^ "Plea urges anti-theft phone tech". The San Francisco Examiner. June 7, 2013.
  333. ^ "Getting started with Anti-Theft Protection in BlackBerry 10 OS version 10. - Inside BlackBerry Help Blog". blackberry.com. Retrieved January 18, 2016.
  334. ^ "Vault 7: Wikileaks reveals details of CIA's hacks of Android, iPhone Windows, Linux, MacOS, and even Samsung TVs". Computing. March 7, 2017.
  335. ^ Greenberg, Andy (March 7, 2017). "How the CIA Can Hack Your Phone, PC, and TV (Says WikiLeaks)". WIRED.
  336. ^ "What is Pegasus spyware and how does it hack phones?". The Guardian. July 18, 2021. Retrieved August 13, 2021.
  337. ^ "Study reveals scale of data-sharing from Android mobile phones". Trinity College Dublin. Retrieved November 16, 2021.
  338. ^ Liu, Haoyu; Patras, Paul; Leith, Douglas J. (October 6, 2021). "Android Mobile OS Snooping By Samsung, Xiaomi, Huawei and Realme Handsets" (PDF). Retrieved November 16, 2021.
  339. ^ Souppaya, Murugiah P.; Scarfone, Karen A. (June 21, 2013). "Guidelines for Managing the Security of Mobile Devices in the Enterprise". National Institute of Standards and Technology. doi:10.6028/NIST.SP.800-124r1. Special Publication (NIST SP) - 800-124 Rev 1. Cite journal requires |journal= (help)
  340. ^ "Use Your Smartphone As Securely As Possible". Security in-a-box.
  341. ^ Hoffman, Chris (October 23, 2014). "Reduce Eye Strain and Get Better Sleep by Using f.lux on Your Computer". How-To Geek. Retrieved January 15, 2016.
  342. ^ Blichert, Frederick (July 17, 2019). "How to enable Night Mode on Android to reduce eye strain". Retrieved November 8, 2019.
  343. ^ "Stop your gadgets from keeping you awake at night". CNET. Retrieved June 1, 2016.
  344. ^ Kalsbeek, Andries (2012). The Neurobiology of Circadian Timing Elsevier. pp. 382.
  345. ^ Dillner, Luisa (June 9, 2013). "Should I keep my smartphone and tablet out of my bedroom?". The Guardian. Retrieved June 17, 2014.
  346. ^ "Are smartphones disrupting your sleep?". ScienceDaily. Retrieved June 17, 2014.
  347. ^ Sharma, Mahesh. "Switching off your smartphone at night makes you more productive". Sydney Morning Herald. Retrieved June 17, 2014.
  348. ^ Wang, J.; Liu, P.; Hicks-Garner, J.; Sherman, E.; Soukiazian, S.; Verbrugge, M.; Tataria, H.; Musser, J.; Finamore, P. (2011). "Cycle-life model for graphite-LiFePO4 cells". Journal of Power Sources. 196 (8): 3942–3948. Bibcode:2011JPS...196.3942W. doi:10.1016/j.jpowsour.2010.11.134.
  349. ^ Saxena, S.; Hendricks, C.; Pecht, M. (2016). "Cycle life testing and modeling of graphite/LiCoO2 cells under different state of charge ranges". Journal of Power Sources. 327: 394–400. Bibcode:2016JPS...327..394S. doi:10.1016/j.jpowsour.2016.07.057.
  350. ^ "Questions and answers related to lithium - ion rechargeable b attery care" (PDF). PLARAD Torque & Tension Systems.
  351. ^ Winder, Davey (November 8, 2020). "Let's Encrypt Android Alert—220 Million Websites Could Break In 2021". Forbes.

External links