信号(通信)

ウィキペディアから、無料の百科事典
ナビゲーションにジャンプ 検索にジャンプ

電気通信では、シグナリング通信を制御するための信号の使用ですこれは、電気通信回路の確立と制御、およびネットワークの管理に関する情報交換を構成する場合があります。

分類

信号システムは、いくつかの主要な特性に基づいて分類できます。

帯域内および帯域外信号方式

公衆交換電話網(PSTN)では帯域内信号方式は、電話自体が使用しているのと同じ物理チャネル内、または同じ周波数帯域内での呼制御情報の交換です。例としては、顧客宅内へ のほとんどの電話回線で使用されるデュアルトーン多重周波数信号(DTMF)があります。

帯域外信号方式は、電話に使用されるものとは別の専用チャネルでの電気通信信号方式です。帯域外信号方式は、1970年代に信号方式No. 6(SS6)が導入されて以来、また1980年に信号方式No. 7(SS7)で使用され、それ以来、交換機間の信号方式の標準となりました。[1] [2]

ライン対レジスタシグナリング

ラインシグナリングは、オンフック、オフフック(応答監視と切断監視、まとめて監視と呼ばれる呼び出し音フックフラッシュなど、回線またはチャネルの状態に関する情報の伝達に関係します。20世紀半ばには、北米の遠距離幹線の監視信号は主に帯域内にあり、たとえば2600 Hzであったため、干渉を防ぐためにノッチフィルターが必要でした。世紀の終わりに、すべての監視信号は帯域外に移動されました。デジタルトランクの出現により、監視信号はE1キャリアの奪われたビットまたは他のビットによって伝送されます。シグナリング専用。

レジスタシグナリングは、発信者番号や着信者電話番号などのアドレス情報の伝達に関係しています。テレフォニーの初期にはオペレーターが電話を処理していましたが、アドレスの形成は「オペレーター、スミスさんに接続してください」という音声によるものでした。20世紀の前半では、アドレス指定の形成は回転式ダイヤルを使用して行われ、回転式ダイヤルはライン電流をパルスに急速に分割し、パルスの数がアドレスを伝達します。最後に、世紀の後半から、アドレスシグナリングはDTMFによって行われます。

チャネル関連信号と共通チャネル信号

チャネル関連シグナリング(CAS)は、特定のベアラチャネル専用のシグナリングチャネルを採用しています

Common-channel Signaling(CCS)は、複数のベアラチャネルに関連するシグナリング情報を伝達するシグナリングチャネルを採用しています。したがって、これらのベアラチャネルには、共通のシグナリングチャネルがあります。

強制シグナリング

強制シグナリングとは、次の信号を送信する前に、発信レジスタからの各信号の受信を明示的に確認する必要があるシグナリングを指します。[3]

R2レジスタシグナリングのほとんどの形式は強制されますが(R2シグナリングを参照)、R1マルチ周波数シグナリングは強制されません。

この用語は、各メッセージがメッセージ指向の信号システム(SS7やISDN Q.931など)とは対照的に、個別の信号(たとえば、1桁を表すトーンの組み合わせ)を使用する信号システムの場合にのみ関連します。複数のフォーメーションアイテム(たとえば、着信電話番号の複数の桁)を伝えることができます。

サブスクライバーとトランクシグナリング

加入者シグナリングとは、電話と電話交換機の間のシグナリングを指します。トランクシグナリングは、交換間のシグナリングです。

すべての信号システムは、上記の分類軸のそれぞれに沿って特徴付けることができます。いくつかの例:

  • DTMFは、インバンドのチャネル関連レジスタシグナリングシステムです。強制されていません。
  • SS7(TUPやISUPなど)は、回線とレジスタの両方の信号を組み込んだ帯域外の共通チャネル信号システムです。
  • メータリングパルス(国によって異なりますが、これらは交換機から公衆電話またはメータリングボックスに送信される50 Hz、12 kHz、または16 kHzのパルスです)は帯域外です(テレフォニー信号で使用される周波数範囲内にないため) 、300〜3400 Hz)およびチャネル関連。これらは一般に回線シグナリングと見なされますが、これについては議論の余地があります。
  • EおよびMシグナリング(E&M)は、帯域外チャネル関連のシグナリングシステムです。基本システムはラインシグナリングを目的としていますが、10進パルスを使用すると、レジスタ情報を伝達することもできます。ただし、E&Mラインシグナリングは通常、DTMFレジスタシグナリングとペアになっています。
  • 対照的に、L1信号システム(通常、さまざまな持続時間の2280 Hzトーンを使用)は、以前ベルシステムで使用されていたSF 2600ヘルツシステムと同様に、帯域内チャネル関連の信号システムです。
  • ループスタートグラウンドスタート、リバースバッテリー、およびリバーティブパルスシステムはすべてDCであるため帯域外であり、DC電流が通話ワイヤ上にあるため、すべてチャネルに関連付けられています。

コモンチャネル信号システムは定義上帯域外であり、帯域内信号システムも必然的にチャネル関連ですが、上記の計測パルスの例は、帯域外のチャネル関連信号システムが存在することを示しています。

も参照してください

参考文献

  1. ^ 「信号の帯域内/帯域外の定義」PCマガジン百科事典2012年4月11日取得
  2. ^ アナベルZ.ドッド(2002)。テレコミュニケーションのエッセンシャルガイド(第3版)。プレンティスホールPTRp。219. ISBN 0-13-064907-4
  3. ^ 「強制シグナリング」National Telecommunications and InformationAdministration 2012年4月11日取得