撃ったり、雪かきしたり、黙ったり

このキツツキの生息地保護対策により、地主は 3-S 処理を採用するようになりました。

3-S 処置としても知られる「撃つ、シャベルを入れる、黙らせる」は、主に田舎で望ましくない動物や歓迎されない動物に対処する方法を指します。いたずらなペット絶滅危惧種、さらには病気の家畜を派遣するために、頻繁に違法な 3 段階の手順が使用されているとの報告があります個人は、特に動物を保護するための他の手段が実行不可能な場合に、法律で保護されている略奪的な種から財産やペットを守る手段としてこの行為に従事することがよくあります。たとえば、保護種であるワシは、牧場の若い家畜を時折攻撃して殺すことが知られています。[1]同様に、タカが小規模な農場の家禽やペットを攻撃して殺害する事件が複数発生しています[2] そのような動物を殺したとして捕まった農家やペットの飼い主は、その理由に関わらず起訴されている。

略奪犬に適用すると、加害犬は銃器で殺され、飼い主に関する限り、その方法を用いた人が寡黙であるため、明らかな手がかりもなく姿を消すという意味になります。このフレーズは、エドワード・H・ロムニー著『実質的に何もない状態でもうまく暮らす』の中でこの意味で使われており、田舎では3-Sの扱いで済むかもしれないが、郊外では異なる基準があると指摘した。この行為は、違法行為を目撃する人口が少ない田舎でより一般的です。

ピッツバーグ・トリビューン・レビューのコラムニスト、ラルフ・R・ライランドは、「撃て、シャベルして、黙れ」というエッセイを書き[3]、自分の敷地内でアカゲラを見つけたときの地主の反応を説明した絶滅の危機に瀕する種の保護に関する法律に基づき、所有地にそのような鳥類が生息している地主は、動物の生息地を妨げる可能性のある建物やその他の土地利用の制限を受ける可能性があります。したがって、政府が鳥の存在に気づく前に駆除することが賢明であると考えられました。シエラ シチズン2001 年秋号「『撃って、シャベルで、そして黙れ』というのは、いわゆる『財産権』運動の多くの人たちの合言葉だ…これは、脅迫されたり絶滅の危機に瀕している可能性のある動植物を殺して証拠を埋める行為を指す。 。」[4]財産権運動は、絶滅危惧種を所有者に財政的負担とするのではなく、絶滅危惧種の保護に対して財産所有者に補償を与えるために絶滅危惧種法を改正すべきであり、現行法は実際に一部の絶滅危惧種の減少を早めていると主張している。予想される損失を避けるために、不動産所有者に「撃って、シャベルを入れて、黙らせる」ようにさせることで、種をリストに掲載することになります。[5]

ジム・ロビンスは『国境を越えたオオカミ』の中で、モンタナ州畜産協会理事のモン・テイゲン氏が「連邦による迷路のような絶滅危惧種規制により、一部の牧場主がスリーS方式でオオカミを管理する可能性があると考えている」と書いている。[6] 2005年、裁判所が家畜を攻撃しているオオカミを牧場主が捕まえて撃つことはできないとの判決を下した後、AP通信は「オレゴン州東部の牧場主でオレゴン州牛飼い協会の元会長であるシャロン・ベックは、この判決は牧場主にほとんど救いようを残さないが、オオカミが自分たちの地域に侵入してきたときに、西洋では「撃って、シャベルで、黙って」として知られている法律を破ることです。」[7]

このフレーズは狂牛病に関しても使用されていますアルバータ州の農家マーウィン・ピースターさんの牛1頭が検査で陽性反応を示したことを受け、30カ国以上がカナダからの牛肉輸入を禁止した。アルバータ州のラルフ・クライン首相はこの状況に不満を抱き、「自尊心のある牧場主なら発砲し、シャベルを入れて黙っていただろう」と述べた。[8] [9]

参考文献

  1. ^ オガラ、バート W. (1994 年 8 月 3 日)。「イーグルス」。icwdm.org2012 年 6 月 15 日のオリジナルからアーカイブ2022 年1 月 11 日に取得
  2. ^ Craven、Scott E. Hygnstrom、Scott R. (1994 年 8 月 3 日)。「鷹とフクロウ」。icwdm.org2019年6月26日のオリジナルからアーカイブ2022 年1 月 11 日に取得
  3. ^ レイランド、ラルフ R. (2004 年 4 月 6 日)。「撃って、シャベルして、黙って」。lewrockwell.com2014 年 12 月 21 日のオリジナルからアーカイブ2022 年1 月 11 日に取得
  4. ^ “シエラシチズン 2001年秋号”. シエラシチズンいいえ、2001 年の秋です。[永久リンク切れ]
  5. ^ ロナルド、ベイリー (2003 年 12 月 31 日)。「撃って、シャベルして、黙って」。リーズンマガジン2006 年 10 月 30 日のオリジナルからアーカイブ。
  6. ^ ジム、ロビンス (1986)。「国境を越えたオオカミ」。自然史95 (5):6.
  7. ^ ジェフ、バーナード (2005 年 2 月 2 日)。「判決はオオカミの保護の格下げを停止する」。シアトル・タイムズ紙2019年5月9日のオリジナルからアーカイブ2022 年1 月 11 日に取得
  8. ^ “アルバータ州民、ラルフ・クライン氏の死を悼む:人民首相”. CTV ニュース カルガリー2013年3月29日。2020年12月19日のオリジナルからアーカイブ2022 年1 月 11 日に取得
  9. ^ ダーシー、ヘントン (2013 年 3 月 29 日)。「テフロン加工の第一人者ラルフ・クラインと彼の9つの人生」。カルガリーヘラルド2014 年 11 月 29 日のオリジナルからアーカイブ。