セッションアナウンスプロトコル

ウィキペディアから、無料の百科事典
ナビゲーションにジャンプ 検索にジャンプ

Session Announcement ProtocolSAP )は、マルチキャストセッション情報をアドバタイズするため実験的なプロトコルです。SAPは通常、 Real-time Transport Protocol(RTP)セッション記述の形式としてSession Description Protocol (SDP)を使用します。アナウンスデータは、IPマルチキャストユーザーデータグラムプロトコル(UDP)を使用して送信されます。

SAPでは、送信者はSDPの説明を既知のマルチキャストアドレスポート番号(9875)に定期的に送信します。[1]リスニングアプリケーションは、アドバタイズされたすべてのマルチキャストセッションのガイドを作成します。

SAPはIETFによってRFC2974として公開されました。 [2]

アナウンス間隔

アナウンス間隔は、マルチキャスト配信スコープ内のすべてのSAPアナウンスがデフォルトで4000ビット/秒を消費するように協調的に変調されます。とにかく、最大アナウンス間隔は300秒(5分)です。アナウンスは、アナウンス間隔の10倍または1時間のいずれか長い方の後に自動的に期限切れになります。アナウンスは、元の発行者によって明示的に取り消される場合もあります。

認証、暗号化、圧縮

SAPはアナウンス認証および暗号化するための個別の方法を備えています暗号化の使用はお勧めしません。認証は、不正な変更やその他のDoS攻撃を防ぎます。認証はオプションです。2つの認証スキームがサポートされています。

メッセージ本文は、RFC1950で定義されているzlib形式 を使用してオプションで圧縮できます。

アプリケーションと実装

VLCメディアプレーヤーはSAPアナウンスを監視し、利用可能なストリームのリストをユーザーに提示します。[3]

SAPは、 AES67オーディオオーバーイーサネット相互運用性標準で説明されているオプションの検出および接続管理手法の1つです。[4]

参考文献

  1. ^ 「SAP(v1&v2):セッションアナウンスプロトコル」2013-01-26にオリジナルからアーカイブされました2012年4月6日取得
  2. ^ M.Handley; C.パーキンス; E. Whelan(2000年10月)。セッションアナウンスプロトコルRFC2974_ 
  3. ^ Session Announcement Protocol(SAP)で表示、 2019-03-02を取得
  4. ^ 「AES67-2013:ネットワークのオーディオアプリケーションのためのAES標準-高性能ストリーミングaudio-over-IP相互運用性」オーディオエンジニアリングソサエティ2013-09-11 2014年2月11日取得

外部リンク