サービス指向ソフトウェアエンジニアリング

サービス指向ソフトウェア エンジニアリング(SOSE) は、サービス エンジニアリングとも呼ばれます[1]は、他のサービス プロバイダーによって提供されることが多い再利用可能なサービス (サービス指向)の構成によるソフトウェア システムの開発に焦点を当てたソフトウェア エンジニアリング方法論です。これには構成が含まれるため、再利用可能なコンポーネントからソフトウェア システムを構成するコンポーネント ベースのソフトウェア エンジニアリングの多くの特徴を共有しますが、実行時に必要なサービスを動的に見つける機能が追加されます。これらのサービスは、 Web サービスとして他者によって提供される場合があります。しかし、重要な要素は、サービス ユーザーとサービス プロバイダーの間の接続の動的な性質です。[2]

サービス指向の対話パターン

サービス指向の対話には、サービス プロバイダー、サービス ユーザー、サービス レジストリの 3 種類のアクターが存在します。彼らは、時々変化するダイナミックなコラボレーションに参加しています。サービス プロバイダーは、その機能と可用性をサービス レジストリで公開するソフトウェア サービスです。サービス ユーザーは、サービス プロバイダーが提供するサービスを使用して何らかのタスクを達成するソフトウェア システム (サービス自体である場合もあります) です。サービス ユーザーは、サービス レジストリを使用して、使用できるサービス プロバイダーを見つけて見つけます。この検出と位置特定は、サービス ユーザーがサービス レジストリから要求したときに動的に行われます。[2]

こちらも参照

参考文献

  1. ^ サービス エンジニアリング: 定義とプロセス、 Study.com (2021 年 11 月 10 日にアクセス)。
  2. ^ ab セルバンテス、ウンベルト、ホール、リチャード S.、「サービス指向の技術概念」。第 1 章、1 ~ 26 ページ、Stojanović、Zoran および Dahanayake、Ajanthap。サービス指向のソフトウェア システム エンジニアリング: 課題と実践。Idea Group Inc. (IGI)、2004 年。ISBN  978-1-59140-428-6

参考文献

  • Breivold, HP および Larsson, M. 「コンポーネントベースおよびサービス指向のソフトウェア エンジニアリング: 主要な概念と原則」、ソフトウェア エンジニアリングと高度なアプリケーション、2007 年。第 33 回 EUROMICRO カンファレンスISBN 978-0-7695-2977-6 
  • Stojanović、Zoran、コンポーネントベースおよびサービス指向のソフトウェア システム エンジニアリングの手法オランダのデルフト工科大学で博士論文。ISBN 90-901910-0-3 

外部リンク

  • ノートルダム大学サービス指向ソフトウェアエンジニアリンググループのホームページ
  • ランカスター大学コンポーネントおよびサービス指向ソフトウェア エンジニアリング プロジェクトのホームページ