シリアル動詞構文

ウィキペディアから、無料の百科事典
ナビゲーションにジャンプ 検索にジャンプ

シリアル動詞構文は、 (動詞)シリアル化または動詞スタッキングも呼ばれ、2つ以上の動詞または動詞句が1つのにまとめられる構文現象です。[1]これは、多くのアフリカアジア、およびニューギニアの言語に共通する機能です。連続動詞構文は、多くの場合、単一のイベントをコーディングするものとして説明されます。[2] [3]これらは、同時または因果関係のあるイベントを示すためにも使用できます。

を使用します

「シリアル動詞」、「シリアル化」などの用語は、多少異なる構造のセットを示すために、さまざまな作成者によって使用されます。構文セマンティクスの両方の観点から、構造の分析方法にも違いがあります

一般に、連続動詞構文として記述される構造は、2つ(または場合によってはそれ以上)の連続する動詞、または各動詞が独自の目的語と場合によっては他の修飾子を持つことができる2つ以上の連続する動詞句のいずれかで構成されます。通常、接辞または従属接続詞によって、一方の動詞が他方に依存していることを示すマークはなく、それらは調整接続詞によってリンクされません一部の言語学者は、連続動詞は相互に依存できないと主張しています。ただし、言語が従属動詞に接辞を付けていない場合、動詞が順番に表示されるときに従属関係が存在するかどうかを判断するのは難しい場合があります。[4]

シリアル動詞は通常、密接に関連し、同じイベントの一部と見なすことができるアクションを示します。それらは同時に行われる行動である場合もあれば、一方が他方の原因、目的、または結果を表す場合もあります。ほとんどの場合、シーケンス内の連続動詞は同じ主題を共有すると理解されます。

連続動詞構文に似た特定の表現が英語で見られます(初期近代英語から生き残っています)。たとえば、食べに行って私一緒に住んでみましょう[1]このような構文では、2番目の動詞は通常、裸の不定詞と見なされます(通常、その前にtoを挿入することで、「完全な」不定詞に置き換えることができます)。

動詞が連続する例

次のシリアル化の例は、ナイジェリアのヌペ語からのものです。 [1]

ムーサ

ムーサ

なれ

来た

かかった

èbi。

ナイフ

Musa bé lá èbi.

Musa came took knife

「ムサはナイフを取るようになりました。」

2つの動詞は連続して表示され、リンクする単語( "and"など)など、一方の動詞がもう一方の動詞に従属していることを示すものはありません。主語「Musa」は、両方の動詞に当てはまると理解されています。この例では、2番目の動詞にも直接目的語があります。与えられた英語版では、2番目の動詞は不定詞「totake」によって翻訳され、最初の動詞に従属するものとしてマークされていることに注意してください。

言語に応じて、共有サブジェクトは両方の動詞または1つだけにマークされる場合があります。ほとんどの例では、マークは1回だけです。ただし、次のバレの例では、アッパーアマゾンで、一人称単数主語( "I")が2回マークされています。[1]

nu-takasã

だまされた(1SG

nu-dúmaka。

sleep(1SG

nu-takasã nu-dúmaka.

deceived(1SG) sleep(1SG)

「私は眠っているふりをしました。」

同様の構造は、ほとんどの種類の方言アラビア語にも見られます。次の例は、レバノンアラビア語から のものです。

ṣurt

になった(1SG

jarrib

try(1SG

aḥki

話す(1SG

inglīzi

英語

ṣurt jarrib aḥki inglīzi

became(1SG) try(1SG) speak(1SG) English

「私は英語を話そうとし始めました。」

原則として、時制、法などのカテゴリに対して、連続動詞を個別にマークすることはできませすべての動詞に同じ機能のマークが付けられているか、1つのマーカーがすべての動詞で共有されています。[1]ヒンディー語फ़ोनउठा -करकहाfonuṭhā -karkahā(文字通り、電話ピックアップは(PAST))で、「電話を拾って言った」では、2番目の動詞だけが過去形としてマークされます過去を指すと理解されています。次の例では、西アフリカの雌羊から、両方の動詞が完全な形 で表示されます。

コフィ

コフィ

trɔ

turn(PFV

dzo

Leave(PFV

kpoo

静かに

Kofí trɔ dzo kpoo

Kofi turn(PFV) leave(PFV) quietly

「コフィは向きを変えて静かに去った。」

日本語では、2つの動詞が連用形の最初の動詞と一緒になることあります日本語連用形ローマ字: 連用形大須(「押す」)と徹(「通り抜ける」)は、現在形と直説法がオシに当てはまると理解されている有限形です同様に、トビが由来するトビコム飛び見る)(「ジャンプイン」)トブ(「ジャンプ」)、そしてコムは「入る」を意味します。dekiagaru完了する( "be complete")、ここでdekidekiru ( "be can be done")からであり、agaruは "rise、offered"を意味します。この構文では、2つの動詞の間に引数を入れることはできません(次のセクションで説明する動詞とは対照的です)。

否定の場合、次のバレの例のように、シリアル構造全体に適用できる否定子は1つだけです。[1]

ヘナ

NEG

にひわわか

go(1SG

nu-tšereka

話す(1SG

nu-yaka-u

母(1SG

abi

hena nihiwawaka nu-tšereka nu-yaka-u abi

NEG go(1SG) speak(1SG) mother(1SG) with

「私は母と話すつもりはありません。」

中国語では東南アジア言語のように、他動詞の後に自動詞が続く場合、結合動詞の目的語は、最初の動詞の目的語と2番目の動詞の主語として理解できます。老虎機械死了張; lǎohǔyǎosǐleZhāng ; 'tiger bite-die PERF Zhang' "tiger bit Zhang to death"、ここでZhangyǎo( "bite")の直接の目的語として理解されていますが、 ( "die")の主題として理解されています。ヒンディー語の同等の構造では、死ぬのは張ではなく虎です。(詳細については、中国語の文法を参照してください。)

中国南西部で話されている言語である茂南の次の例では、単語のリンク、接続詞の調整、またはその他のマーキングなしで、単一のイベントをコード化する文で最大10個の動詞が共起します。[5]

ɦe2 _

1SG

sə:ŋ3

欲しいです

lət8 _

歩く

pa:i 1

行く

dzau 4

取る

バン6

戻る

ma 1

来て

ɕa5 _

試す

vɛ4 _

する

カウ5

見る

フィン1

達成

カム5

PCL:Q

ɦe2 sə:ŋ3 lət8 pa:i1 dzau4 van6 ma1 ɕa5 vɛ4 kau5 fin1 kam5

1SG want walk go take return come try do look accomplish PCL:Q

「そこを歩いて(それを)持ち帰って試してみてもいいですか?」

動詞の間に要素が介在する例

動詞のシリアル化がある一部の言語では、動詞は何も介在せずに連続して表示される必要があります。ただし、他の言語では、引数(通常は動詞の1つのオブジェクト)がシリアル化された動詞の間に入る可能性があります。結果として得られる構文は、単純な動詞ではなく、一連の動詞句です。次の例はナイジェリアのヨルバ語からのものです:[1]

ó

かかった

ìwé

来た

ó mú ìwé wá

he took book came

「彼はその本を持ってきた。」

最初の動詞の目的語が動詞の間に介在し、2つの連続した動詞句が生成されます。最初の意味は「本をとった」、2番目の意味は「来た」です。前と同じように、主語(この場合は「彼」)は両方の動詞に当てはまると理解されています。本を持って来るという複合的な行動は、本を「持ってくる」と翻訳することができます。

連続動詞構文を使用して、行為者(次の例では西アフリカのアカン人からの「お金」)を紹介することできます[出典]

Aémmaá

アンマ

de

取る

sikaá

お金

maá

与える

コファ

コフィ

Aémmaá de sikaá maá Kofä

Amma take money give Kofi

「アンマはコフィにお金を与えます。」

日本語でも、動詞句の文字列を作成できます。これは、多くの場合、因果関係または時間に関連するイベントを示しますこのような文字列は、「and」、「while」、「(in order)to」などの接続を使用して英語に翻訳できますが、次の例(宮崎駿もののけ姫から)のように、よりコンパクトに翻訳できるものもあります。 )「フォロー」と「カミング」のアクションが同時に行われる[要出典]

ashi-ato

フットプリント

o

OBJ

たどって

タドッテ

続く

来た

来た

足跡 を たどって 来た

ashi-ato o tadotte kita

footprint OBJ following came

「私はここで彼についてきました。」

北京語の次の文には、4つの動詞句が順番に含まれていると見なすことができます[要出典]

zuò

座る

飞机

fēijī

航空機

から

コング

出発

上海

上海

上海

到来

dào

到着

北京

北京

北京

旅行

我 坐 飞机 从 上海 到 北京 去

zuò fēijī cóng Shànghǎi dào Běijīng

I sit aircraft depart Shanghai arrive Beijing travel

「私は飛行機で上海から北京まで旅行します。」

ただし、中国語では、連続動詞句と前置詞句の明確な区別がないことがよくあります。上記の文の最初の3つの「動詞」は、前置詞と見なすこともできます(これは、通常は独立した動詞として表示されないcóngのような単語に特に当てはまります)。中国語や他のいくつかの言語でそのように使用される単語は、一般的にカバーブと呼ばれます。[要出典]

複合動詞と対比

連続動詞と複合動詞(複合動詞とも呼ばれます)が区別されることがあります。複合動詞では、最初の要素(動詞または名詞)は一般にほとんどの意味的負荷を担いますが、2番目の要素はしばしばベクトル動詞軽動詞)または説明動詞と呼ばれ、細かい区別(話者の態度や文法的側面など)を提供します)そして語尾変化緊張気分合意のマーカー)を運びます。最初の要素は、結合分詞の動詞、またはヒンディー語の動詞です。パンジャブ語、裸の動詞の語幹)。たとえば、ヒンディー語では、以下の2番目の例で、लिया(liyā)(動詞लेना lenā "to take"から)は、自分の利益のために行われる完了したアクションを示すベクトル動詞であり、खा(khā) " 「食べる」は主動詞または主動詞です。以下の3番目の例では、डाला(ḍālā)(動詞डालना ḍālnā「置く」または「挿入する」から)は、無謀、残酷、または不要なアクションを示すベクトル動詞です。खालिया(khāliyā)とखाडाला(khāḍālā )の両方が、対応する完全形の主動詞(この場合は、khāyā "ate")部分的に指定可能な意味論的および語用論的条件下で。

उसने

usne

彼彼女。ERG

आम

午前

マンゴー。NOMM

खाया

khāyā

食べる。PFVM

उसने आम खाया

usne ām khāyā

he/she.ERG mango.NOM.M eat.PFV.M

「彼/彼女はマンゴーを食べました

उसने

usne

彼彼女。ERG

आम

午前

マンゴー。NOMM

खा

カー

食べる。NF

लिया

liyā

取る。PFVM

उसने आम खा लिया

usne ām khā liyā

he/she.ERG mango.NOM.M eat.NF take.PFV.M

「マンゴーを食べ終わった」

उसने

usne

彼彼女。ERG

आम

午前

マンゴー。OBLM

को

ACC

खा

カー

食べる。NF

डाला

ḍālā

置く。PFVM

उसने आम को खा डाला

usne ām ko khā ḍālā

he/she.ERG mango.OBL.M ACC eat.NF put.PFV.M

「彼/彼女はマンゴーをむさぼり食った」

直説法で複合動詞を否定すると、通常、ベクトル動詞が抑制され、非複合動詞が優先されます。この次の文は、ネガティブにドロップされる「取る」 というベクトル動詞लेना(lenā )を使用しています。

*उसने

* usne

彼彼女。ERG

आम

午前

マンゴー。NOMM

नहीं

nahī̃

NEGIND

खा

khāyā

食べる。NF

लिया

liyā

取る。PFVM

*उसने आम नहीं खा लिया

*usne ām nahī̃ khāyā liyā

he/she.ERG mango.NOM.M NEG.IND eat.NF take.PFV.M

意図したː「彼/彼女はマンゴーを食べなかった」

उसने

usne

彼彼女。ERG

आम

午前

マンゴー。NOMM

नहीं

nahī̃

NEGIND

खाया

khāyā

食べる。PFVM

उसने आम नहीं खाया

usne ām nahī̃ khāyā

he/she.ERG mango.NOM.M NEG.IND eat.PFV.M

「マンゴーを食べなかった

ただし、接続法の複合動詞は、否定されたときにベクトル動詞を保持します。

उसने

usne

彼彼女。ERG

आम

午前

マンゴー。NOMM

खा

カー

食べる。NF

ना

NEGSUBJ

लिया

liyā

取る。PFV

हो

ホー

なれ。3SSUBJPRS

उसने आम खा ना लिया हो

usne ām khā nā liyā ho

he/she.ERG mango.NOM.M eat.NF NEG.SUBJ take.PFV be.3S.SUBJ.PRS

「(願わくば)マンゴーを食べていない」

उसने

usne

彼彼女。ERG

आम

午前

マンゴー。NOMM

खा

カー

食べる。NF

ना

NEGSUBJ

डाला

ḍālā

置く。PFV

हो

ホー

なれ。3SSUBJPRS

उसने आम खा ना डाला हो

usne ām khā nā ḍālā ho

he/she.ERG mango.NOM.M eat.NF NEG.SUBJ put.PFV be.3S.SUBJ.PRS

「(私はそれを願っています)彼/彼女はマンゴーをむさぼり食っていません」

も参照してください

参考文献

  1. ^ a b c d e f g Tallerman、M。(1998)。構文を理解するロンドン:アーノルド、pp.79–81。
  2. ^ Aikhenvald、A。およびDixon、RMW(2005)。シリアル動詞構造:言語間類型論オックスフォード:オックスフォード大学出版局
  3. ^ 主、C。(1991)。シリアル動詞構造の歴史的変化アムステルダム:ジョン・ベンジャミンズ
  4. ^ Sebba、Mark(1987)。シリアル動詞の構文:スラナン語およびその他の言語でのシリアル化の調査ジョンベンジャミン出版。pp。3–4。ISBN 902725222X
  5. ^ Lu、Tian Qiao(2008)。マオナン語の文法フロリダ州ボカラトン:ユニバーサルパブリッシャー。ISBN978-1-59942-971-7 _ p246。 

ソース

  • Aikhenvald、Alexandra Y.、RMWDixon。2006.シリアル動詞構造:言語間類型論。(言語類型論の探求、2。)オックスフォード:オックスフォード大学出版局。
  • クロウリー、テリー。2002. Oceanicの連続動詞:記述的な類型学。オックスフォード:オックスフォード大学出版局。
  • ハスペルマス、マーティン。2016.連続動詞構文:比較概念と言語間一般化言語と言語学17(3)。291〜319。DOI:http ://doi.org/10.1177/2397002215626895 。

外部リンク