セレール族の母方の氏族

ウィキペディアから、無料の百科事典
ナビゲーションにジャンプ 検索にジャンプ

Sererの母方の氏族またはSererのマトリクランSerer  :Tim [1]またはTiim ; Ndut  :Ciiɗim [2])は、セネガルガンビアモーリタニアのSererの人々母方の 氏族ですSererは、父系simanGol [3]またはSimangol [4])と母系の両方です。[5] [6]継承は、継承される資産の性質、つまり、それが母体の資産であるかどうかによって異なります。 これは、母方の継承(ƭeenyaay [5]またはdenyaay [1])または父方の継承を必要とする父方の資産(kucarla)を必要とします。[5] Sererの女性は、王室宗教の問題で重要な役割を果たしています。君主制が廃止されるまでの植民地時代以前には、セレール王は自分の戴冠式の後、母親、母方の叔母、または妹リンゲア(女王)として戴冠させる必要がありました。これは、彼らが両方とも属する母系を再確認します(ティム)。Lingeerは非常に強力で、彼女自身の軍隊と宮殿を持っていました。彼女はすべての女性の女王であり、女性の事件を主宰しました宗教的な観点から、セレール族の女性はセレール族の宗教において重要な役割を果たしています。セレールの司祭クラス(サルティーグ)のメンバーとして、彼らはセレールの宗教、科学、倫理、文化の守護者の一人です。いくつかのセレールマトリクランがあります。それらのすべてがここにリストされているわけではありません。共通の目標を達成するためのマトリクラン間の同盟は、今もなお非常に一般的です。同じ氏族は、セレール国のどの地域にいるのかによって、異なる名前で呼ばれることがあります。これらの氏族の一部は、セレール神話の一部を形成しています。と王朝の歴史。これらの氏族のいくつかに与えられた神話は、Sererの創造の物語と類似しています。それは次のように仮定しています。最初に創造された人間は女性でした。セレールの宗教の信条に固執する多くのセレールは、これらの物語が本質的に歴史的または先史時代の深遠な真実を含んでいると信じています。

用語

  • セレール語では、ティム(適切:o tim [4])はマトリクラン[7]または個人の母性の起源を意味します。[4] o tim ole(var:tim ola [4])という用語は、マトリクラン[8]または母親の家系による家族の名前を意味します。[4]父親の家系による家族の名前(つまり、名前)はSimangolと呼ばますこれは、たとえばセレール族が持っている名前です:Sain、Joof、Faye、Sarr、Ngom、Njie、Ndour、Senghorなど(スペルのバリエーションについては、 Sererの父称とSererの名前を参照してください。ガンビアセネガル)。Serersは双線形、つまり父系母系です。詳細については、これらの記事と家系の名前を参照してください。
  • マトリクランの頭はTokoor(またはTokor )と呼ばれます。Tokoorは通常、非常に老人(氏族の長男)であり、母方の家族の中でかなり重要な人物です。[9]
  • ƭeenyaay [5]またはdenyaay(var:den yay [7])—文脈に応じて母性継承[5]または母性[7]を意味します。
  • ndok ya —文字通り母親の家(またはキャビン)を意味します。[6]歴史的な意味で、それはまた、直接の母方の祖先からの子孫をたどるすべての人々を意味することができます。[6] 父方の選択肢はmbinです(Mbin SemouNjekehのように-SemouNjekeh Joofの王室を参照)。この母親の家のすべてのメンバーは、同じマトリクランに参加します。[6] [7]
  • Kalirvar:Kal)とも呼ばれるMaasir ( Sererproper )は、同じ民族グループのさまざまな父称の(たとえば、両方とも民族的にSerersであるFayeJoofの家族の間)、または父方と母方の従兄弟(すなわち誰かと彼/彼女の母方の叔父または父方の叔母の子孫の間)。[10]ガモという用語(セレール語のガマホウまたはガモホウから、セレールの宗教的意味を持つ[11])は、同じ目的で使用されますが、異なる民族グループ(たとえば、フラニ族とともにセレール族、ホラ族、トゥクロール族の間)。ガモは、これらの民族間の冗談関係を説明するための適切な用語ですが、maasirkalir 、またはkalという用語に置き換えられるのが一般的です。これらのグループ伝統では、彼らは彼らの祖先間の歴史的な同盟です、時々血で封印されました。これらの歴史的協定は、これらのグループが必要なときに互いに助け合う必要があることを示しています。別の人の血をこぼさないように禁反言。受信者が攻撃的になることなく、冗談を言ってアドバイスしたり、お互いを侮辱したりします。ほとんどの場合、彼らの子孫は、特に古代の関係を持っているホラとセレールの人々の間で、現在までこの古代のプロトコルを尊重しますセレール族のパトリクランセネガンビア文化に存在するこの伝統は、 セレール族のマトリクランにも存在します。彼らは彼らの子孫が今も守っている歴史的な同盟です。[10]これについての詳細は、Serer-Maasirを参照してください。

タイプ

セレールマトリクランは2つのタイプに分けることができます:

1.血統を通じて、起源によってセレール族である氏族。彼らは通常、セレールの宗教および/または伝説や神話で崇拝されており、セレールの古代および王朝の歴史の一部を形成しています(母方の王朝を確立した場合のみ)。彼らはかなり古い氏族である傾向があり、彼らの歴史的な物語の多くは歴史に失われています。[12]
2.結婚を通じてセレール文化に同化する人々(前述のように流用された)—通常はセレール王朝の歴史、特にセレール中世の歴史の一部であるが、セレールの宗教、伝説、神話、古代史とは無関係である。場合によっては、これらの氏族の一部は、プロトセレール族のマトリクランに所属したり、トーテムとして採用したりすることで、神話の正当性を高めようとします。これは、セレール神話に祀られているオブジェクトです。[13]

Serer matriclansは、グループに分割することでさらに分類できます。

1. Coofaanグループ(var:TiofaneまたはTiofan)—:すなわち、Coofaan(それ自体がマトリクラン)、SiañPediorTaa'boor(またはTabor)、およびJolax(var:Diolah)マトリクラン。[14]

歴史

セレール族のマトリクランとセレール族の女性の役割は、セレール族の宇宙宗教に複雑に関連しています。[15]彼らの宇宙進化論において、最高の超越神ルーグ(またはキャンガンの中でクークス)は、男性が同じ神聖な胎盤から作成される前に、最初に女性を作成しました。セレールの宗教的象徴と数では、女性はルーグと同じ数(数3 )を共有します。数字の3は、セレルの象徴と「数字」で天界を表しています。彼らの創造の物語は次のように述べています: 3つの世界、宇宙の3つの部分がありましたそして3つの重要な要素[16]女性はまた、神聖な女性の原則によって宇宙を創造した神聖なものと結びついています。[15]

海塩や魚などの海洋生物の儀式的管理、および(農地の目的での)を含むの儀式的管理は、最初のセレール族のマトリクランに起因します。[12]プロトセレールマトリクランの多くは、セレール国のプチコートの古い村あります[12] Faoye (var:Fa-oy 、ファティックの南約25 kmに位置するSine-Saloumの産地)も、Ñakharのよう伝統が急勾配です。(またはNiakhar)。Ñakharのように、FaoyeはFeejoor、Joofaan、Kare-Kare、Mengeeñ、Raaboor、Rik、Simala、Waale、Wagadu、Yiilなどを含む多くのセレール族のマトリクランを説明ます彼らの最初の役割は本質的に宗教的であったことが示唆されています。[12] Serer patriclans(Joofファミリーを参照)と同様に、各Serer matriclanには、自然または環境に根ざしたトーテムが関連付けられています。[18]セレール・ンドゥット、祖先を彼らのマトリクランが関連付けられている環境の要素と呼んでおり、それらは父称とは異なりますSererヒーラーとプリーストクラスによって個人に課せられた禁止とタブーに関連するトーテムこれらの信念は、特にこれらの「祖先」を明らかにすることが期待される葬儀や、トーテム種(動物)が保護を必要とする場合に、依然として普及しています。[18]

多くのSerer家族は、氏族の最年長の生きているメンバーから少なくとも10世代までさかのぼって、母親の系図を暗唱することができます。[6]

セレール族と母系

セレール族の民族グループは非常に多様で、次のものが含まれます:Seex(Seehと発音つまりSeereer Siin、Sererグループの中で最も多い)、NdutSaafiLaalaaPalorNoonNiominkaなど。これらの人々はすべて民族的にセレール人ですが、セレール語やセレール語ではなくカンギンを話す人もいます。キャンガン語はセレール語の方言ではありません。詳細については、セレール族を参照してくださいおよびその他の関連記事。これらの各グループには、母系システムを階層化する方法があります。セレールグループの地理的な広がりは、言語のバリエーションとともにセレールマトリクランを指すためにこれらのグループによって使用されるさまざまな名前も説明しています。ただし、民族グループと同じように、マトリクランはすべて相互に関連しており、多くの場合、差異はわずかです。Ndutマトリクランも長い間Palor国(Siliとも呼ばれ、彼らの言語でSererを意味する[19])に定住しており、彼らの母系は依然としてPalorとPalor国の先祖の墓地の間で土地の権利と遠い親戚を持っています。Sererグループ全体でも同じことが言えます。[20]レボウの人々もセレール族の祖先を持っており、セレール族の名前とセレール族のマトリクランの1つに属することの両方を持っているのが一般的です。Lebouの先祖の精霊の多くは、実際にはSerer PangoolですSaltigueを参照)。PalorsとNdutはCayorにあります; バオルのセレール、正午、レハル[20] SineSaloum (Lower Saloum-現代のガンビアとガンビアの内部を含む)およびモーリタニア、ガンビアとセネガルの国境周辺のニョミンカのシークス。

次の表は、Palor、Ndut、Saafi、Lebou、およびSeexの間のマトリクランのバリエーションの一部を示しています

パロル氏族 Ndut氏族 サーフェン氏族 Lebou氏族 シークス氏族
Ƴuuɗ Ƴuuɗ Ƴuuɗ ユウア -
レム レム レム - -
Joofa - Joofa - Cofa(var:Coofaan)
Caagis - Caages - セガンダム
ユカム ユカム ヨカム ヨカム(ダンブール) バガドまたはバガドゥ(より一般的にはワガドとして知られている)[21]

Tokoorの役割

Tokoor (またはTokor [9])は、通常は老人である母方の氏族の長です彼は、母系全体の利益のために母系の資産を蓄積して保護し、母系の甥姪と姪との結婚に大きな役割を果たしています。[9] tokoorという単語は、母方のおじを意味するSererの単語tokoorfeeに由来します。[22] tokoor料金のもう1つの派生物は、 「Takor」です。これは、Sererの名であり、母方のおじの名前でもあります。[4]ほとんどのSererの家には、母方または父方の資産であるにもかかわらず、古代の遺物があります。[5] [23]これらのいくつかは本質的に宗教的であり、他は物質界のものです。[5] [23]氏族の富を増やすために宝物(セレルのハラール取得することは、すべての家族の責任です[6]これらの宝物または資産のいくつかは、宝飾品家畜、機械設備、土地、家具などである可能性があります。 [5] [6] [23] 父方の資産と同様に、特定のマトリクランの母方の資産は、結婚、命名式、または必要なときに利用される可能性のある「集合的な力」と富を決定します。すべてが利用されているわけではありません。これらの資産や宝物のいくつかは、マトリクランにとって非常に貴重であり、家族の歴史の一部、つまり宝飾品や土地を形成しています(ラマンラマンジェガンジョーフを参照)。[6] Tokoorの責任は、これらの資産が賢明かつ適切に使用されるようにすることです。蓄積された資産は、「生産手段を再現するために使用された」としても、めったにありません。代わりに、それらは母性継承の目的で総資産の一部を形成します(ƭeenyaay)。相続人は、共同相続人の利益のためにこれらの資産の管理者または管理者にすぎません。彼は、共同相続人に利益をもたらす可能性のある活動から母方の富を転用することを禁反言されています。[6]古いセラーの伝統では、今日でも、牛は花嫁の価格のかなりの部分を占めています。その結果、多くのセレール族のマトリクランは牛を通して富と権力を増やしてきました。[6]

[...]富は、最初はアグニの場合のように個人の蓄積によって達成されたか、セラーの場合のようにプーリングによって達成されたかにかかわらず、最終的には共同相続人のコミュニティの「力」を維持する集合的な蓄積をもたらします。長期的には、競争と差別化は個人ではなく母系間で起こり、「富」よりも「力」(人口動態の強さや象徴的な力を含む)の観点からより適切に表現できます。[6]

—  Jean-Marc Gastellu

Matriclans

セレール族の母方の氏族がいくつかあります。以下に示すクランのリストは網羅的ではありません。これらの多くは、セネガンビアに王朝を樹立するか、セネガンビア地域の王の何人かを提供しました。すべてのセレール族が王朝を樹立したわけではありません。他のものは本質的により神話的です。

Gareh Kareh、Rik&Gogol

マトリクランのガレカレ(バリエーション:ガレカレ、単数 カレカレまたはカレカレ)とリック(単数 ティック)は、セレールの伝説に祀られている古いセレールマトリクランの2つであり、特にガレカレは学術論文でより一般的に呼ばれています。 :カレカレ(セネガルでのフランス語の綴りに続く)。Gareh Karehマトリクランは、よく知られているSererマトリクランの1つです。これらの2つの氏族の伝説によると、彼らは両方とも同じ母親から来ましたが、災難の後に分岐しました。それらの相違は、「何が起こっているのか」ということわざによって解明されています。[24]1983年の時点で、ÑakharArrondissementのGareh Kareh氏族の総数は、1127、Rikの場合は1336と推定されています。バオルでは、ガレカレはゴーゴリと呼ばれています。[13]

Gareh Kareh&Rikの伝説

このマトリ一族トーテムは、オオトカゲの一種であるサバンナオオトカゲです[25] [26]

これらの2人のティムは同じ母親から来ました。[25]彼らの動物のトーテムは、サバンナオオトカゲ[ 25] [26]fasaax [26](および/またはイグアナ[25])です。リックはまた、ギエラセネガレンシスの木(神聖なNGuƭの木)に触れることも禁じられます[26]

彼らの先祖が喉の渇きから茂みの中で死ぬところだったとき、彼らはバオバブの木に登り、バオバブの木の中空の部屋に集まった雨水から喉の渇きを癒したイグアナに導かれました(mbudaay-baak [27]またはƥaak [28])。喉の渇きを癒すために彼らを水源に導いたのはこの動物であり、それ以降、この家族のトーテムになりました。伝説は、それ以来、この家族の祖先は、死に抵抗する並外れた力を持っていたと言い続けました[24]

彼らのコミュニティを荒廃させた飢饉と病気に続いて、ガレ・カレ・マトリクランの祖先は、彼らのマトリクランのメンバーが同じ運命に苦しむのを防ぐために、死すべき遺骨から立ち去りました。他のマトリクラン( tim )に属する親は、死者に最後の敬意を払いに行きました。死に抵抗する技術を持っていたGarehKarehmatriclanは、他の家族の死を防ぐために彼らの力を適用しました。ガレカレ家の長男たちは全員、死の侵入を阻止するために、家の入り口から埋葬室までの行列を組織しました。4回(数字4 — Sererの男性的な世界の象徴—数字と象徴性)男性の場合は3回、女性の場合は3回(数字3 — Sererの女性の世界の象徴—数字と象徴)、彼らはNduyの木の棒を手に持ってこの変位を実行しました(適切:Ndo'oy[ 29]バリアント:Ndooy [30]detarium senegalense [29] [30])同期して一緒に攻撃し始めた最後のラップで、彼らは別のマトリクランから父親を殺した病気が家族にさらなる大混乱をもたらすのを防ぐために、棒で埋葬室の屋根を打ちました。2つのマトリクランの分裂は飢饉の後に起こりました。飢饉の間、カレ・カレの女性が助け​​を求めましたが、それは認められましたが、軽蔑と屈辱を伴いました。[24]ある日、寄付者のカレ・カレがひょうたんを持った少女を送り、こう言った:[24]

Sererの場合 Retibisasaxalalé[aleh]orikolehneh」。
翻訳:「ひょうたんのささいなことを運ぶでしょう。」[24]

「ささいなこと」と呼ばれていたグループは、離脱し、彼らのマトリクランは今後リックとして知られることになると宣言しました。リックという用語は「ささいなこと」を意味します。[24]この発言は蔑称的な発言であり、他の家族を参照して行われたが、必ずしも他のマトリクラン(リックになった)の少女に向けられたわけではないNdutの古典的な教えでは、両方のマトリクランが批判されています。リックの貧困とガレ・カレの貪欲さを「譲歩のない1つの四行連句で」汚名を着せる特別な割礼の歌があります[13]。

セレール語:

"Rik a paanga naak
baa mbar o mbambe
Gare Kare [Gareh Kareh] mbaaxeer、
mbar o mbusu!」[13]

翻訳

リックは彼らの牛を終えました、
そして子供を殺す!
ガレカレは無価値です!
彼らは牛を殺します!

Jolax

Gareh Karehと同様に、Jolax(var:Diolahsingular  :Colax [24])は、古いセレール族のマトリクランの1つです。しかし、ガレカレとは異なり、このマトリクランは、オカルトに長く関与し、必要に応じて望ましくない魔法を使用する超自然的な力があるため、セレールの伝説によると最も恐れられているものの1つです。[24]

彼らのトーテムはアフリカのスズメです。[26]彼らが彼らの名前をとるのはこの動物からです— Jolax(スズメ)。[24] [26]このマトリクランには多くのメンバーがいないようだと報告されています。1983年の時点で、このマトリクランのメンバーであると報告されているのは375人だけであり、そのほとんどセネガルÑakhar地区集中しています。[24] Jolaxは、Siañ'、Pedior、およびTaa'boor氏族とともに、Coofaanグループの一部として分類されます(var:TiofaneまたはTiofan)。[14]

シマラ

Simalaは、3つの主要なセレールマトリクランの1つであり、他の2つはFatikKoyeh(var:Koyé)です。シマラは通常「の男」とも呼ばれます。このマトリクランについて知られていることは、セレールの口頭伝承に由来しています。伝統によれば、この氏族の祖先はカアブのセレール族でした。彼らの祖先は海でカーブから来ました。カーブの川を海に向けて交渉した後、彼らは北の大西洋岸を、ちょうどサロウムデルタに向かって走りました。そこから、彼らはシマルのマリゴット[31]に向かった—N'Dangane上流そこで彼らは定住することを決心し、リアスベンドにシマルの村を設立しまし[13] [32]彼らの最も初期の子孫は後に、植民地時代以前のシヌ王国に広がりファティック市のすぐ北にあるファティック周辺に住んでいたシマラとその同盟国(maasir )は、人口の広がりという点で、すべてのティムの中で最も密度の高いものを集合的に構成しています。セネガルのサーニュ周辺では、それらは総人口の43.29%を占めており、ÑakharArrondissementでは約20.81%(1983年の推定)です。ただし、Sineの北部ではSimalaはあまり表現されていません。バオル王国、彼らも存在する場合、彼らの一族はRadaRadaと呼ばれます。この家族のトーテムは黒いヘビ(Saamaand)です。[13]釣りで暮らすこの母系の家族は、との古い結びつきを持っています。彼らの先祖はかつて海を崇拝していましたが、彼らの多くは今でも海を崇拝しています。[32]伝統は、シマラの死は一般的な風邪をもたらすことを示しています。[4] [26] [32]

Fatik

シヌ王国からサルム川、さらにその先に広がるファティック(またはファティック)マトリクランにさまざまな枝があります(以下を参照—:Siañ、 Xuter、Siwaña、FataFata)。シマラのように、それは主要なセレールマトリクランの1つです。[13]セネガルのファティック市と同じ名前の地域セレール語の「ファティ・ウバディク」に由来しています。これは「まだまだ先がある」という意味です。[33]

Siañ、Xuter、Siwaña、FataFata

これらの4つのマトリクランは同じ家族です。それらは、セレール国のどの地域にいるのかによって異なる名前で呼ばれます。シヌ王国では、それらはシアニと呼ばれます。バオル王国では、彼らはXuterと呼ばれています。プチコートでは、シワーニャまたはファタファタと呼ばれています。ファタファタという名前は、学術作品によく見られます。グループとして、彼らの物語は、彼らの一族の動物のトーテムがペリカンであると主張するSiañの伝説の中に見られます[34]SiwañaとFataFataは、同じマトリクランに属していました。このマトリクランの分裂は、彼らの先祖が(正確にはセレール語で「カロックスと呼ばれるボラ)をめぐって喧嘩を始めたときに起こりました。魚を分けた後、彼らは永遠に離れたので、異なる名前になりました。彼らの習慣によれば、このマトリクランのメンバーは、ニェニェの木(erythrina senegalensis [35]erythrinaの一部)のいかなる部分も食べることを禁じられています。その葉は、この一族の間で神経衰弱を引き起こす可能性があります。 。[34]まとめると、1983年の時点でのナイアハールでの彼らの総数は1590年であると報告されており、数値的な強さの点で6番目に重要なセレールマトリクランとなっています。[34]トーテムに加えて、シワーニャはナイルオオトカゲcas)に触れることも禁じられています。[26]

Fata Fataは、Pata Fata(var:Patafata [32])、Pata Pata、またはPatikとも呼ばれます。[36] Patik matriclanは、セレールの植民地時代以前のサルーム王国に、現在は事実上無人の村であるÑirohmolの村を設立した。[37]一部のセレール族のマトリクランと同様に、パティックは地域に応じて異なる名前で呼ばれています。GandoulのSererNiominka ( Serersのサブグループ)の中で、このマトリクランはパタパタと呼ばれます。ボヤール、ディオフィオール、ファディアルなどのセレール族の他の地域では、マトリクランはファティックまたはファティックと呼ばれます[37]パタ・ファタは、ヒロインのバンデ・ナンボ(var:BandeÑambo)の神話を呼び起こします。彼女自身は、パタ・パタまたはパタ・ファタ(すなわち、ファタ・ファタ)のマトリクランに所属しています。これらは、Saloumのセレール族が( Sineの)Fatikmatriclanを指定するために使用する用語です[38]。

BandeÑamboは、Sererの父系Sarrと母系のPataFataのメンバーでした。[39]彼女はこのマトリクランの創設者ではなく、セレール族のマトリアーチの一人でした。彼女はガンドゥンの王女または創設者と見なされています。[40] Simala matriclanは海と関係がありますが、Pata Fataは生理食塩水の達人(fata)と見なされています。[32]

Koyeh

Koyeh(var:KoyéまたはKoyer)は、主要な3つのマトリクランの3番目を構成します。彼らは一般的に急いでいる人」と呼ばれています。[13] 1983年の時点で、コイエ、ファティック、シミラは、アロンディスマンの住民の20.81%を占めています。[13]

Cegandum&Kagaw

Cegandum(var:Tiégandoum[41] 複数形 Jegandum)とKagaw(複数形 Gagaw )の歴史的物語は、セレールの宗教伝統の解釈学中に見られます彼らは多くの人から、プロトセレール族のマトリクランの2人であると信じられています。[42] [43]これら2つの歴史的物語の主要な要素は、次のように要約されます

1.無意識のうちに共食いをしている[43] [44]
2.最高の超越的原理の実体(一部のCanginsはKooxであると信じている)であるRoogが介入します[43] [44]
3.セレールの宗教で最高の精神的名誉が与えられます。[43] [44]

Cegandum&Kagawの伝説

CegandummatriclanKagawと一緒に住んでいましたある日飢饉勃発した。これらのマトリクランの2人のメンバーは、食べ物を求めて長距離を移動しました(お互いに同行しました)。空腹と疲労のために、セガンダムは地面に倒れ、動くことができませんでした。カガウ氏族のメンバーは、近くに食べ物がなかったため、仲間を助ける力がありませんでした。彼は仲間を寝かせて、食べ物を探しに行く間待つように頼みました。仲間の視界から少し離れたところで、太ももの筋肉を切り、火をつけ、人間の肉を調理し、仲間(セガンダム)に持って行って食べました。セガンダムは彼が人間の肉を食べていることを知らずにそれを食べました。彼の力を取り戻した後、彼らは両方とも歩き始めた。少し歩いた後、カガウは血を失い始め、突然倒れました。

命を救うために食べた肉。私が歩くのを妨げるのはこの傷です。

セガンダムは彼の仲間を彼の状態から救うことができませんでした。この瞬間、セレール宗教の最高神であるルーグが介入し、ヒーヴ人を開いた大雨が降った。この聖水は彼らに栄養を与えるだけでなく、カガウの傷を癒しました。[43] [44]その日から、セレールの口承の伝統は、一般的にガガウのマトリクランをフォグ・ルーグと呼んでいる。これは、ルーグの親族や友人を意味する永続的な用語である。Roogにはいとこや両親がいませんがセレールの宗教と口頭の伝統は、Gagaw氏族とDivineの間の親密さをサポートしています。彼らは両方とも、「ガガウのマトリクランはルーグの最初の崇拝者であり、超自然的な力を持った最初の人でした。奇跡を起こすために。」彼らは続けガガウ一族全体が死ぬ日、降雨量はもはや豊富ではなくなるだろう」と述べ縞模様の雄牛Mbac)。[ 43]日曜日に働くことも禁止されているが、これは最近の追加であると考えられている。それぞれJegandumとKagawの氏族(1983年の数字)。[43]

セガンダムとカガウの物語はセレールの宗教と伝統によく祀られていますが、セレールのバガドゥまたはバガドとして知られ、より一般的にはワガドゥ(またはワガドゥ)と呼ばれる別のマトリクランは、確立された物語に異なる次元をもたらします。バガドマトリクランの支持者によると、飢饉後の歴史的な冒険は、カガウとバガドの間でした(セガンダムではありません)。ただし、これは一般的に受け入れられているビューではありません。バガドのマトリクランは、セレールセネガンビアの中世の王朝の歴史における母方の王朝でした(Wagadou&Jaafunを参照)下)。それらはセレールの宗教では重要ではありません。バガドをカガウと結びつけようとすることによって、それは単にバガドに宗教的正当性を授けようとしていると見なされます。ただし、カガウ、セガンダム、バガドの3つのマトリクランは同盟国であることが示唆されています。[43]

Joofaan

このマトリクランは、Joof家の初期の祖先と関係があり、Faoye(セネガル)では、このマトリクランの長であるのは、Joofの父系のメンバーです(2002年現在)。[45]セレールの聖人、すなわち正義のファンゴールと関係がある彼らのラマニア人の父方の祖先のように、[46]このマトリクランは、特にセレールのパンゴールを通じて、セレールの宗教でも崇拝さいるFangool [47] Ngolum Joof(この家族の別のFangool )は、血の犠牲を必要とする古代のパグールの1つです(つまり、)、このマトリクランのトーテムは血の犠牲を禁じています。[48]

Soos

この氏族の起源はマンデです。数世紀の間(すなわち中世から)、このマトリクランは結婚を通じて、可能な限り多くのセレールマトリクランと同盟を結んだ。[49]

Soos(またはSos)は非常に「セレライズド」になり、同化されたため、マンデ起源のほとんどの側面が失われました。Serer文化へのSoosの同化は、一部の学者によって強力なSerer文化の純粋な証拠と見なされています。しかし、スース族は結婚によってセレール族になった少数のマトリクランですが、特にセレール族の口承の伝統において高い評価を受けています。Soosは、最もよく知られているSererマトリクランの1つです。数世紀の間、彼らはセレルの文化と国で恒久的な備品を形成してきました。[49]彼らの伝統によれば、Soosはヤマウズラ( Sererのceбel[4] [26]またはナイルオオトカゲ(cas )に触れることを禁じられています。セレール語)。[26]

Peƴoor

Peƴoorマトリクランは、特に環境、特に海洋生物に対して神聖な力を持っていたと信じられている古いセレールマトリクランの1つです。このマトリクランは、ゲロワーズがサインに到着するまで(1335年[50])、大きな経済力を持っていたことが示唆されています。[32] Peƴoormatriclanは、セレール族、特にサイン族でかなりの財産を取得した。[32]地所(日またはラマナト)を取得するための森林燃焼は、この家族の間で非常に一般的でした。セレールの伝統によると、このマトリクランは火と雨の達人であると信じられており、その役割は主に古代のラマネスまたはラマニックのクラスのために予約されていますそれぞれSaltigues[51]これにより、彼らは、父系制を通じて受け継がれた、地球の支配者と見なされているラマネスに通常関連付けられている「火と土地の習得」に関連付けられている唯一のマトリクランではないにしても、数少ないものの1つになります。氏族のメンバーの存在は火を起こし、雨は彼の死を伴い、彼らの司祭(yaal pangol)だけが止めることができるという伝統が続いています。[32]

カクサノラ

Peƴoormatriclanとある程度関連している、原始Caxanora matriclan(バリエーション:Caxanoora [26]またはoTahanora [4])は、Sererの神話と伝説で超自然的な力を与えられています。彼らの神話によれば、彼らはかつて彼らがまだ存在しているファディウトとパルマランの南で海と魚を指揮する力を持っていると信じられていました。彼らの司祭たちは、ジョアルとファディウトの海の腕に住むファンゴール・ママ・ンゲックに供物をするために、川に飛び込む必要がありました。この習慣は今でもこの氏族の大祭司によって実践されています。超自然的な存在であるMamaNgecは、釣りを増やすため、または干ばつのときに儀式的に崇拝されます。[32] Gareh KarehとRik(上記を参照)のように、Caxanoraはサバンナモニターに触れることを禁じられています(トーテムです)。[4] [26]

Caxanorasは、PufunマトリクランおよびSaloumのCoofaan氏族と関係があります。彼らは同じ一族と見なされます。彼らは単に分岐し、異なる名前を採用しました。[4] Sererの神話によれば、Simalaの死は一般的な風邪をひきますが、Caxanoraの死は、海岸線に沿って広がる死にかけている魚につながります。[4] [26]

わがどう&じゃあふん

ワガドゥス(セレール:バガド、その他のバリエーションのワガドゥまたはウガドゥ)は、もともと中世初期のワガドゥ王国から来ており、その子孫がガーナ帝国を樹立したカヤ・マガン・シセ王に所属していましたソニンケ族を参照)。[52] [53]ワガドゥの王女は、ジョーフ家などのセレール族の貴族と結婚し、他のセレガンビアの植民地以前の州とともにバオル王国を共同で統治した[54] [55] 1350年までに、和賀堂母国王朝は、多くのセレール諸国、特にサインで崩壊しました。しかし、彼らはバオルやカジョールを含むセネガンビアの多くの地域で支配を続けました。最初の「真の」[56]カジョールのダメルの母—アマリー・ンゴネ・ソベル・ファール(またはアマリー・ンゴネ・ソベル・フォール)はワガドゥでした。彼女の名前はLingeerNgonehSobell Njie [57]Njie家から)でした。[58]ゲロワーズ(下記参照)のように、このマトリクランは結婚を通じてセレール文化に同化された。[54]

Wagadous of Sineは、 JoalのLokamマトリクランとSaloumのWagan(Sererproper:Waagaan [26])氏族に関連しています。Lokam氏族とWagan氏族はセレール語にちなんで名付けられていますが、通常は同じ氏族またはWagadousの親戚と見なされます。[4] Wagadousは、セレールの古代史神話、または宗教では重要ではありません(上記のCegandum&Kagawの伝説を参照)[43]が、セレールの中世および王朝の主要な部分を形成しています。歴史。Boulègueは、Jaafuns(セレール族:Jaafuñ、その他のバリエーション:Diafoune [59])はソニンケ族であり、したがってWagadousにリンクしていると仮定しています。[60]彼はさらに、彼ら(ジャアフン)は、中世のワガドゥの創設者の息子によって設立された、ワガドゥの南西に位置するソニンケ族のジャアフヌにちなんで名付けられたのではないかと推測した。[60]

どちらもセレールの宗教や神話の観点からは重要ではありませんが[43]、セレールの国では、セレールのコスモゴニーヌドゥットの古典的な教えに祀られている神聖な木の1つであるMbosまたはMbooséツリーを家族のトーテムとして採用しています。[61] Jaafunsは、彼らのWagadouの親戚のように、特にバオル王国[62]と強い王族の絆を持つ中世のセレール族のマトリクランの一人であり、セレール族の称号であるテインによって支配されたセレール族の愛国者と結婚した。[63]

Joos

Joos Maternal Dynastyは、セレールの植民地時代以前のシヌ王国に端を発しています。Joos氏族の最初の記録された祖先は、Lingeer Fatim Beye(c。1335)です。彼女の孫娘であるLingeerNdoyeDembaは、彼女がWaaloの王であるBrak Caaka Mbaarと結婚した後、14世紀(1367年頃)にこの王朝をWaaloに設立しました。ワーロのジョース王朝は600年近く続き、ワーロがフランスに転落した1855年に崩壊しました。マトリクランとしてのJoosはラマニック時代にさかのぼります。

Guelowar

GuelowarsはもともとKaabu王国から来ました彼らは、1335年のいわゆるエイグネバンの戦いで強力なアーアンコ母方王朝に敗北したとされており[50] 、ゲロワールとアーアンコの王家 の間の王朝戦争とされている。この伝統を報告する際に、ヘンリー・グラヴランドは、これが実際には1867年(または1865年)のカンサラの戦いの説明であることに気づきませんでしたが、ゲロワールの出発はおそらく戦争または継承の対立によって説明できます。[64]彼らの敗北の伝統が彼らが彼らの生まれた国であるカーブから脱出し、そして彼らが亡命を与えられたシネに行ったと言った後LamanesのSerer評議会[50] [65]ゲロワール族の女性はセレール族の貴族と結婚し、セレール族の文化と伝統に同化した。これらの王室の結婚は、600年間続いたシヌとサルームのゲロワール母性王朝を生み出しました(シヌでは1350 [50] — 1969 [66] [67]とサルームで1493 [68] — 1969 [67])。いくつかの情報源は、YembeKameGuélawareがこの家母長制の家長または最も早く知られている母方の祖先であることを示唆しています。[65] [69] Yembe KameGuélawareは、中世の王であるBala Diakhaの王妃Maisata )でした(ニャブーの州の1つであるマンサ)。BalaDiakhaとYembeKameGuélawareの治世の年は定かではありませんが、後にKaabuを征服したMansa Tiramakan Traore( 13世紀のSundiata Keitaの将軍の1人、1235年頃)に先行したと考えられています。[65] [69]他の情報源は、彼らがテネンバ王女の母方の子孫であったことを示唆している。[65] [70]現在までのセレールの中世の歴史において、ゲロワール族はセレール族の最後のマトリクランと見なされている。宗教的意義を持ち、セレールの伝説に祀られているプロトセレールのマトリクランとは異なり、ゲロワール族は単にセレール王国の最後の母方の王朝と見なされていますしかし、セレールの宗教や伝説には宗教的な意味はありません。[71]トルバンの戦いの前のセレール族とゲロワル族の間のいかなるつながりも、カアブ族のセレール族の祖先とゲロワル族の祖先の間でカアブで起こったことが示唆されている。[72] [73]

Mouïoy

Mouïoy [74](多くのバリエーション:Mooyoy [75]またはMoyoy [76])は、最も古いセレール族のマトリクランの1つです。[76]中世には、彼らはワガドゥスのライバルの一人でした。Mouïoyのプロミネンスは、特にカジョールとバオルで後に登場しました。カジョールの初期のダメルのいくつかはMouïoys(16世紀)でした。Deche Fou Njoogu(Amari Ngoneh Sobellの父)は最初のDamelとしてクレジットされていますが、彼の短い統治(1549年、同じ年に亡くなりました)はMouïoy [56]であり、Biram Yassin Boubou(var:Biram Yacine Boubou、統治:c。1664-1681 [ 77][78]およびMa Fali Gaye(統治:c。1683* [79] -1684 [78])1884年に暗殺された。[78] ダンキの戦い後の1549年からカジョールとバオルのギージ母方王朝の台頭後の1697年まで、ムイオイは支配的な母方の王朝の1つであった。少なくともこの期間中は、これら2つの国の [78]

Mouïoy兄弟の伝説

Sererの口頭伝承によると、最初のMouïoysは高貴な誕生の2人の兄弟であり、その長男は王になる運命にありました。しかし、彼の若い頃、彼(長男)は外国人家族の男性を殺しました。その遠い過去において、セレールの宗教法は、殺人者が彼の行動のために血で支払うか、特定の場合には、それが殺人の犠牲者の家族の意志である場合、犠牲者の家族に奴隷として働くために彼自身または家族を引き渡さなければならないと定めています不法行為を目的としたヒアリング殺人者は悲しみに暮れる家族に身を任せることができませんでした。彼には弟以外に配達する人がいなかったので、その若者は犠牲者の家族に配達されました。犠牲者の家族が若い男を殺す代わりに、彼は兄の行為のために奴隷にされました。休むことなく、若い男は一日中働くことを要求され、夜には、彼は最も住みやすい小屋に鎖でつながれました。彼は若者のほとんどを奴隷状態で過ごしました。[76]

Sererの伝統は、この外国の家族が外国の王族であったかどうかについては沈黙しています。しかし、兄が国で権力を握って王になったとき、彼は弟を解放することを考え、それに応じて彼を奴隷状態から解放するために大軍を組織したと言い続けました。弟は首尾よく解放され、宮殿に戻されました。しかし、特に王子の奴隷の柱頭は、その時代のセラー共同体にとっては口に合わず、王族の血にもかかわらず、彼は解放された農奴に過ぎないと見なされていました。したがって、いつか王になるという野心はありそうにありませんでした。このように、弟は彼の王室の野心を王権から地方政府のメンバー、あるいは軍の司令官にさえ変えました。彼は、可能な限り憲法問題に参加するために、宮殿の近くに定住しました。知恵と超自然的な力を授けられた男は、2人のムイオイの父になりました。この男は、氏族のトコールは、死ぬ前に宮殿内の特別な場所に秘密のお守りを隠していたので、誰もそれにアクセスしてそこに含まれる力を明らかにすることはできません。宮殿への訪問者の流入により、兄は安全な保管のためにその魅力を弟に持っていきました。このように、弟は家族の秘密の守護者になりました。軍事作戦に行く前に、王(兄)は彼の弟の場合、神聖な洗浄と占いの相談のために秘密の魅力(オンドリ)を滑らせました。次第に有能な占い師になった弟は、占いの資料を解釈することができました。彼は乳棒を使いました彼は聖地の近くで平衡状態に置かれるだろうとそれが立ったままの場合、それは前兆が好意的だったことを意味します。一方、それが落ちた場合、それは王が戦争で深刻な敗北を被るだけでなく、戦いで殺されることを意味するので、悪い兆候を意味します。弟の新たに獲得した力は、少なくとも兄の目には大きな尊敬と好意をもたらしました。しかし、彼の兄によって彼に与えられた尊敬と尊敬は、彼を解放された農奴と見なしていたその時代のセラーコミュニティとは一致しませんでした。彼の兄が死んだとき、彼は彼の亡き兄弟の後を継ぐことを禁じられただけでなく、彼の子孫全員が王位に昇ることを禁じられました。彼は「悲しみに苦しみ」、後に亡くなりました。後に一部を支配したMouïoysセネガンビア地域は彼の直系からではありませんでした。[76]

Beye

Beye [80]セネガルでのフランス語の綴りに続くBeyまたはBèye)は、セレール語の名前であると同時にセレール語のマトリクランでもあります。このマトリクランは、特に17世紀後半に、カジョールとバオル(それぞれダメルとテインの称号で統治されていた)特に目立つようになりました。彼らはカジョールよりもバオルで成功し、デ・ティアラオという名前のダメルを1人提供しました。これは、身体障害を隠そうとしたが、後に発見されて証言録取された盲目の王です(統治:1693 — 1697 [80])。[81] [82]この母方の王朝の終焉は、デ・ティアラオの差別によるだけでなく、カジョールとバオルの新しい母方の王朝の導入(ギージ母方の王朝の設立)と同時に起こった。[83] [84]

Geej

Geej(多くのバリエーション:GuedjまたはGedj)マトリクランは、17世紀後半に有名になりました。セレールの王女—サルームのジェイ家のリンジャー・ンゴネ・ジェイ(var:NgonéDièye)は、ダメルの母でしたTeigne Latsoukabe Ngoneh Faal(カジョールとバオルの王)。[83]父方の異母兄弟やいとこと戦ったこの王(ラツカベ)は、ギージ氏族(彼自身のマトリクラン)を彼の領土に紹介し、カジョールとバオルの両方の王朝なっ[83]1697年から19世紀後半(両国がフランスに陥った時期)まで、Geejはこれらの国の主な王朝でした。このマトリクランは、19世紀のセネガンビア王族の有名な王の1人であるLat Jorr NgonehLatirJobeを含むいくつかのセネガンビア王を提供してきました。

カジョールとバオルのギージ家は、彼らの生まれた国であるシヌとサルームのスース家と関係があります。彼らは通常、拡張された親戚と見なされます。[4]

Gaanguuna

Gaanguuna(歌う :O Kaanguuna)はSineで最も多く、 NiakharArrondissementで5番目に大きいマトリクランを構成しています彼らの家族の伝説と歴史によると、彼らは古代の目に見えない力からの降下を主張しています—セレール宗教のパンゴール1つであるKangeerGaanguuna氏族は、血を注ぐことなく彼女の死の時に破裂したと報告されている古代の王室Lingeer (女王)へのKangeerの犠牲に責任があります。古代の女王であり、パンゴールとして列聖されたカンジールは、ディアカオで最も尊敬され尊敬されているパンゴールの1つです。Sineだけでなく、Fa Yil(Sineにもあります)などのより古い地域でも、この氏族も存在します。このマトリクランは、Kangeerのカルトへの宗教的な事柄と犠牲を高く評価しています。[13]

その他のマトリクラン

以下は、他の主要なマトリクランの一部です。

アライアンス(マーシル

自然界で歴史的なマトリクラン間の同盟(maasirは、今もなお普及しています。最もよく知られている母系同盟のいくつかを以下に示します。

1. Coofaanグループには、Coofaan、Siañ、Pedior(FeejoorまたはPeeĵoor)、Taa'boor、Jolax(またはDiolah)が含まれ、Gareh Kareh、Kogol、Haleh(またはHalé)、Rik、Lumel、 Saas(またはSass)、Tioka、Sasan。[14]
2. Kagawは、CegandumとWagadou(またはBagadou)の同盟国です。[43]
3. JoofaanはFeejoor(Peeĵoor [26]またはPedior)と同盟を結んでいます。ワーレはリックと親交の絆を持っており、シマラはワガドゥと同盟を結んでいる[17]。
4.GaanguunaはSimalaの主要な同盟国です。[13]
5. Soosは、Jegandum、Kagaw、Coofaan、Taa'boor、Jaxanora、Siañ、Wagadouの同盟国です。[49]

マトリクランの名前

セレールの人々は彼らのマトリクランの名前を持っていませんが、彼らは彼らを知っています。[87]次の表は、いくつかのマトリ氏族、それらのトーテムの遵守/神話および家系の名前を示してい ます。

マトリクラン トーテムの遵守/神話 氏族の名前
Peeĵoor [26](var:Pedor[87] singular:Feeĵoor ペドールの死は雨をもたらすでしょう[26] [87] Mbasor [87]
Leket カメハトに触れることは禁じられています[26] [87] スーカン[87]
Siwaña(またはSivana [ 87] ナイルオオトカゲに触れることは禁じられています(上記参照)[26] [87] ムバング[87]
シマラ シマラの死は風邪をひきます[26] [87] ダス[87]
カクサノラ[88] サバンナオオトカゲcas )に触れることを禁じられています(上記を参照)[26] [87] プハム[87]
パタファタ バム[87]
ワーガン[89] 彼らの遵守の1つは、日曜日には何もしないように指示していますが、これは新しい追加であると考えられています。[26] [87] ダブ[87]
Soos [26](またはSos ヤマウズラceбel )に触れることを禁じられています—(上記を参照)[26] [87] バンダ[87]

家長のリスト

Sererの王室および宗教的な称号
ユニール
ロイヤルタイトル
ラマーネ(また宗教的
Maad a Sinig
Maad Saloum
Teigne
Lingeer
継承のライン
ブウミ
ティラス
ルール
宗教的な称号
サルティーグ

以下は、既知のSererの家長または王朝の創設者のリストです女王、女王の母、または王女であることが知られている人には、王室の称号であるLingeerが接頭辞として付けられます。

  • Lingeer Fatim Beye 、 Sine c 1335の女王、JoosMaternalDynastyの家長
  • パタ・ファタ氏族の家長であるリンジャー・バンデ・アンボ・サール。[90]
  • Lingeer Ndoye Demba 、 Waaloの女王と女王の母、c。1367年、LingeerFatimBeyeの孫娘。Lingeer Ndoye Dembaは、ワーロにJoosMaternalDynastyを設立しました。
  • サルーム王国のLingeerNgonehJaye(var:Ngoneh Jaaye / JaayまたはNgonéDièye)、CayorandBaolのGuedjMaternalDynasty varGeejまたはGedj [91])の創設Latsoukabe Fallの母(CayorDamelとBaolのTeigne、CayorとBaolの王のそれぞれの称号、統治:1697-1719)。彼女はバオルのテインゲと結婚して与えられました— Che YassinDembaNoudj。[83] LatSoukabeが生まれたのはその結婚からです。[83]
  • Lingeer Bassine Soureh(var:BassineSouré)、カジョール王国とバオル王国のBeye母方王朝の家長、DéTialaoの母(統治:1693年)。[84]
  • LingeerNgonéDièye、17世紀の女王と女王カジョールとバオルの母、そしてダメル・ラット・スカベ・フォールの母

と言う

最も古代セレール族の家長Mam o Kor)に対する畏敬の念のように、[ 92]セレール族のマトリクランに対する畏敬の念は、植民地時代以前の正弦の次のことわざにも保存されています 。

O lok yaa、10 fisuaSinig。[92]

[サインをトレースするのは母体のスティックです]。

1983年のÑakharプロジェクト

1983年のÑakharプロジェクトは、Charles Becker、LéonceCrétois、Henry Gravrand、Victor Martin、Centre National de la Recherche Scientifiqueなどのさまざまな学者や機関による共同作業であり、 NiakharまたはÑakhararrondissementのセレール族を調査および文書化しています。セネガル[93] Ñakharが選ばれたのは、セレール族の宗教が支配的であり、イスラム教やキリスト教が浸透していないセレール族の国の1つであるためです。[93]それ自体がセレールの聖地の多くを収容するファティック地方に位置し、セレールの伝統が豊富な場所でもあります。[93]プロジェクトの範囲には、このセレールの領土におけるティムの文書化、人口と人口統計の広がり、氏族に関連する神話などが含まれていました。 [93] [94]研究は長いプロセスでしたが、実際には1983年に文書化された。[93]同様のプロジェクトが以前にGravrand、Martin、Crétoisによって行われ[93] [94]、1873年にLamoiseがSerer文法("Grammaire de la langue Serer")の研究を行った。セレール族のパトリクランとマトリクラン、およびそれらに関連する神話のいくつかをリストしています。[4]

フィルモグラフィ

  • パリのフィリップ・カサードによるブーミ・エ・ロワ・ペリカン(1990)。[18]

も参照してください

参照

  1. ^ a b (フランス語) Dupire 、Marguerite、 "Sagesse sereer:Essaissurlapenséesereerndut、KARTHALA Editions(1994)。tim and den yaay(p。116を参照)。この本は、Sererの母系についても詳しく扱っています。また、38、95-99、104、119-20、123、160、172-74ページ[1] ISBN  2865374874(取得日:2012年7月31日)も参照してください。
  2. ^ Dupire、「Totemssereeretcontrôleritueldel'environnement」、p 40
  3. ^ Kalis、299ページ
  4. ^ a b c d e f g h i j k l m n o (フランス語) Lamoise、LE P.、 "Grammaire de la langue Serer"(1873)
  5. ^ a b c d e f g h (フランス語)ベッカー、チャールズ:「Vestigeshistoriques、trémoinsmatérielsdupasséclansles pays sereer」、Dakar(1993)、CNRS-ORS TO M. [2](取得日:7月31日) 2012)
  6. ^ a b c d e f g h i j k (フランス語) Gastellu、Jean-Marc、「Petittraitédematrilinarité。L'accumulationdansdeuxsociétésruralesd'Afriquede l'Ouest」、Cahiers ORSTOM、sérieSciences Humaines 4(1985)[in] (in English) Gastellu、Jean-Marc、 "Matrilineages、Economic Groups and Differentiation in West Africa:A Note"、ORSTOM Fonds Documentaire(1988)、pp 1、2-4(pp 272-4 )、7(p 277) [3]
  7. ^ a b c d Gastellu、Jean-Marc、 "L'EgalitarismeéconomiquedesSererduSénégal"、IRD Editions(1981)、p 97、ISBN 2709905914 
  8. ^ Kalis、Simone、「Médecinetraditionnellereligion et divination chez les Seereer Sine du Senegal」、La connaissance de la nuit、L'Harmattan(1997)、p 300、 ISBN 2-7384-5196-9 
  9. ^ a b c Gravrand、 "Cosaan"、pp 210-12
  10. ^ a b (フランス語) Faye、Ousmane、Diop、Adama、 "Contributional'étudedel'histoiredeFa-oy des origines aux grandes Migrations(XIIIe-XXesiècle):approche historique et ethnographique"、UniversitéCheikh Anta Diop de Dakar(2002)、64〜70ページ
  11. ^ Diouf、Niokhobaye、«Chronique du royaume du Sine、suivie de Notes surlestraditions経口およびlessourcesécrites関係するleroyaumedu Sine par Charles Becker et Victor Martin(1972)»、。(1972)。Bulletin de l'IFAN、tome 34、sérieB、no 4、1972、pp 706-7(pp 4-5)、pp 713-14(pp 9-10)
  12. ^ a b c d Dupire、 "Sagesse sereer:Essaissurlapenséesereerndut"、p 118(Henry Gravrand、 "La Civilization Sereer" -Cosaan、1983、pp 154-155 [in] Dupire)
  13. ^ a b c d e f g h i j k Gravran、 "Cosaan"、p 202
  14. ^ a b c d BIFAN(1983)、p 359
  15. ^ a b (英語) UniversitätFrankfurtam Main、Frobenius-Institut、DeutscheGesellschaftfürKulturmorphologie、Frobenius Gesellschaft、 "Paideuma:Mitteilungen zur Kulturkunde、Volumes 43-44"、F. Steiner(1997)、pp 144-5、IS 3515028420(Henry Gravrand、 "La Civilization Sereer-Pangool" [in] "Paideuma:Mitteilungen zur Kulturkunde、Volumes 43-44") 
  16. ^ (フランス語) Gravrand、Henry、 "La Civilization Sereer- Pangool "、vol。2、Les Nouvelles EditionsAfricainesduSénégal(1990)、pp 194-195、 ISBN 2-7236-1055-1 
  17. ^ a b (フランス語) Faye、Ousmane、Diop、Adama、 "Contributional'étudedel'histoiredeFa-oy des origines aux grandesmigrations(XIII e - XXesiècle):approche historique et ethnographique"、pp 64-8、シェイク・アンタ・ディオプ・デ・ダカール大学(2002)
  18. ^ a b c Dupire、「Sagesse sereer:Essaissurlapenséesereerndut」、98〜9ページ
  19. ^ エスノローグパラー(2007):ルイス、M。ポール(編)、2009年。「エスノローグ:世界の言語」、第16版。テキサス州ダラス:SILインターナショナル。[4]
  20. ^ a b Dupire、「Totemssereeretcontrôleritueldel'environnement」、40〜4ページ
  21. ^ Dupire「Totemssereeretcontrôleritueldel'environnement」、42ページから引用
  22. ^ Kalis、p 300
  23. ^ a b c Gravrand、 "Pangool"、pp 208-9
  24. ^ a b c d e f g h ij« GarehKareh &Rikの神話»&«Jolaxの神話»[in] Gravrand、Henry、 "La Civilization Sereer- Cosaan "、Nouvelles Editions africaines(1983)、pp 201- 202、ISBN 2723608778 
  25. ^ a b c d Gravrand、 "Cosaan"、p 201
  26. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x y (フランス語) Crétois、Léonce、Becker、Charles "Le vocabulaire sereer de la faune"、(編集者:Charles Becker)、Center delinguistiqueappliquéedeDakar(1983)、pv
  27. ^ (フランス語) Thiaw、Issa laye、 "Mythedelacréationdumondeselonles sages sereer"、pp 45-50、59-61 [in] "Enracinement et Ouverture" – "Plaidoyer pour le dialog interreligieux"、 Konrad Adenauer Stiftung(2009年6月23日および24日)、ダカール[5](取得日:2012年8月3日)
  28. ^ Kalis、p 292
  29. ^ a b Kalis、Simone、「Médecinetraditionnellereligion et divination chez les Seereer Sine du Senegal」、La connaissance de la nuit、L'Harmattan(1997)、p 291、ISBN 2-7384-5196-9 
  30. ^ a b (フランス語) Lericollais、André、«La gestion du paysage?Sahélisation、surexploitationetdélaissementdesterroirs sereerauSénégal»、Afrique de l'ouest、Dakar(1988年11月21〜26日)、ORSTOM、[6]セレールの薬用植物の名前とそれに対応するラテン語の名前については、Ndooyの9ページ[7](2012年8月3日閲覧)を参照してください。
  31. ^ 小さな流れ
  32. ^ a b c d e f g h i Dupire、 "Sagesse sereer:Essaissurlapenséesereerndut"、p 119
  33. ^ (フランス語) UniversitéCheikhAnta Diop、Facultédes Lettres et Sciences Humaines、Départementd'Histoire、 "Ñirohmol、unvillagedésertéduDiokoul(Saloum)(XIV e -XXesiècle:histoireetarchéologie"、p 24
  34. ^ a bc« Siañの神話»[in] Gravrand 、 "Cosaan"、p 200
  35. ^ (フランス語) Njenje [in] ALFOUTIYOU PLANTES MEDECINALES(スペルミスに注意)—(取得日:2012年8月3日)
  36. ^ UniversitéCheikhAntaDiop、Facultédes Lettres et Sciences Humaines、Départementd'Histoire、 " Ñirohmol unvillagedésertéduDiokoul Saloum(XIV e -XXesiècle):histoireetarchéologie"、(2001)、p 110
  37. ^ abUniversitéCheikhAntaDiop Facultédes Lettres et Sciences Humaines、Départementd'Histoire、 " Ñirohmol、unvillagedésertéduDiokoul(Saloum)(XIV e -XXesiècle ):histoireetarchéologie"、(2001)、p 26
  38. ^ UniversitéCheikhAntaDiop、Facultédes Lettres et Sciences Humaines、Départementd'Histoire、 "Ñirohmol、unvillagedésertéduDiokoul(Saloum)(XIV e -XXesiècle:histoireetarchéologie"、(2001)、p 30
  39. ^ 「Bulletin.serieB:Sciences humaines、Volume 41」(1979)、745ページ
  40. ^ Gravrand、「Cosaan」、p 181
  41. ^ (フランス語) "Bulletin de l'Institut fondamental d'Afrique noire:Sciences humaines、Volume 45"、 Institut fondamental d'Afrique noire、IFAN(1983)、pp 387、398、401
  42. ^ BIFAN(1983)、pp 387-401
  43. ^ a b c d e f g h i j k l Gravrand、 "Cosaan"、p 200
  44. ^ a b cde « Cegandum とKawの神話»[in]HenryGravrand、 "La Civilization Sereer- Cosaan " p 200 [in] Diouf、Léon、 "Eglise locale et crise africaine:lediocèsedeDakar"、KARTHALA Editions(2001)、p 147、ISBN 2845861710 (フランス語)[8](取得日:2012年8月3日) 
  45. ^ Faye&Diop、「Fa-oy des origines aux grandesの移行(XIIIe-XXesiècle)の貢献:歴史と民族誌の承認」、66-8、134ページ
  46. ^ Gravrand、 "Pangool"、pp 342-3、349
  47. ^ FangoolはPangoolの単数です
  48. ^ (フランス語) Faye、Amade。、&Agencedecoopérationculturelleettechnique、"Lethèmedelamort dans lalittératureSeereer:Essai"、NouvelleséditionsafricainesduSénégal(1997)、p 28、 ISBN 2723611078 
  49. ^ a b c Gravrand、 "Cosaan"、p 199
  50. ^ a b c d Sarr、Alioune、 "Histoire du Sine-Saloum(Sénégal)、Introduction、bibliographie et notes parCharlesBecker。Versionlégèrementremaniéeparrapportàcellequiestparueen1986-87。p19"
  51. ^ 参照:ガルバン、「国家は私たちの火の達人でなければならない」
  52. ^ Gravrand、 "Cosaan"、pp 75-6、155
  53. ^ Boulègue、39〜40ページ
  54. ^ a b (英語) Phillips、Lucie Colvin、 "Historical dictionary of Senegal"、Scarecrow Press(1981)、pp 52-71 ISBN 0-8108-1369-6 
  55. ^ (フランス語) Institut fondamental d'Afrique noire、Bulletin de l'Institut fondamental d'Afrique noire、Volume 38、IFAN(1976)、pp 557-504
  56. ^ a b Deche Fou Njoogu(var:DétiéFouNdiogou)-AmariNgonehの父は長く支配していませんでした。彼は早すぎた。彼はワガドゥ(var:Ouagadou)でした。Brigaud(1964)、pp22-3を参照してください。
  57. ^ バリエーション:Amari Sobellの母親(Ngoneh Sobell Njie- NgonéNdiayeとも綴られています)およびWagadouはOuagadouと綴られています。参照:Brigaud、1964、pp 22-3
  58. ^ (フランス語) Brigaud、Félix、 "HistoireduSénégal:Des originesauxtraitésdeprotectorat"、Clair-afrique(1964)、pp 22-3
  59. ^ a b BIFAN(1983)、pp 385-6
  60. ^ a bBoulègue 、Jean、 "Le Grand Jolof、(XVIII e - XVIeSiècle)"、(Paris、EditionFaçades)、Karthala(1987)、p 40
  61. ^ (フランス語) Kesteloot、Lilyan、Veirman、Anja、「Lembousé:mythe de fondationetgénieprotecteurdeKaolack」、IFAN(2006)、p 36
  62. ^ Kesteloot、Lilyan、およびVeirman、Anja、p 57
  63. ^ Boulègue、39ページ
  64. ^ Sarr、Alioune Histoire du Sine-Saloum(セネガル)はじめに、チャールズ・ベッカーの参考文献とメモ。1986-87、19ページ
  65. ^ a b c d (フランス語) Ngom、Biram: "La question Gelwaar et l'histoire du Siin"、DakarUniversitédeDakar、(1987)[9](2012年8月1日閲覧)
  66. ^ Sineの最後の王は、1969年に亡くなったMaad a Sinig Mahecor Joofでした。 (フランス語で) Faye、LouisDièneを参照してください。Mort et Naissance lemondeSereer。Les Nouvelles Editions Africaines、1983。ISBN2-7236-0868-9p 59 
  67. ^ a b (英語) Klein、Martin A、「Senegal Sine-Saloumのイスラム教と帝国主義、1847-1914」。エディンバラ大学出版(1968)、p XV "
  68. ^ (フランス語) Ba、AbdouBouri。Essai sur l'histoire du Saloum etduRip。チャールズベッカーとビクターマーティンの前衛。PubliédansleBulletinde l'Institut Fondamentald'AfriqueNoire。pp 10-27
  69. ^ a b (フランス語) Center IFANSénégal)。国民教育省、CRDS(セネガル)、「ConnaissanceduSénégal」、パート1、Center IFAN(セネガル)(1962)、p 268
  70. ^ (フランス語) Girard、Jean、 "L'or du Bambouk:une dynamique de Civilization ouest-africaine"、Georg(1992)、pp 206-8、 ISBN 2825704512 ( Guelowarという単語をウォロフ語と呼ぶ際の誤りに注意してください。ウォロフではありません。) 
  71. ^ Dupire、「Sagesse sereer:Essaissurlapenséesereerndut」、110、119、121ページ
  72. ^ Dupire、「Sagesse sereer:Essaissurlapenséesereerndut」、p 118
  73. ^ Gravrand、Henry、「La Civilization Sereer、Pangool」、p 10
  74. ^ Brigaud(1964)、pp 22-3、64
  75. ^ BIFAN(1983)、p 401
  76. ^ a b cd«Mouïoy[またはMoyoy ]の神話» [in]Henry Gravrand、「La Civilization Sereer:Cosaan」、205-6ページ
  77. ^ Brigaud(1964)、p 64
  78. ^ a b c d Brigaud(1964)、pp 23、24、63-64
  79. ^ とりわけブリゴーによれば、Ma Fali Gaye(バリエーション:Mafaly Faly Gueye)は1683年から1684年に君臨し、1684年にマラバウトの信者であるNasirAlDinの宗教運動のメンバーであるNdiayeSallによって暗殺されたと報告されています。イスラム教徒であると主張した後、コーランを尊重しなかったため。ブリゴーを含むこれらの情報源は、彼が1683-4年から統治したと述べていますが、彼がDamelとしてDece Maram(バリエーション:DéthiaoMaramNgalgou)を引き継いだことに同意しています。しかし、これらの戦争をマラブーの戦争と名付けたシャンボノーなどの当時のヨーロッパの作家によると、デセ・マラムは1673年にケレレで殺され、1683年には殺されませんでしたその出来事はカジョールでとても重要でしたセネガルのこれらの初期の作家によって報告されたというの歴史。そのため、MaFaliはcで君臨したに違いありません。王位が10年間空いていた場合を除いて、1683年ではなく1673年(非常にありそうもない)。秋を参照してください。また、Fall [in] Glinga、Werner、 "Literatur in Senegal:Geschichte、Mythos und gesellschaftliches Ideal in der Oralen und schriftlichen Literatur"、D. Reimer(1990)、p 178、ISBN3496004606も参照してください。 
  80. ^ a b Brigaud(1964)、p 63
  81. ^ ブリゴー(1964)、24ページ
  82. ^ (フランス語)秋、TanorLatsoukabé、「Recueil sur la Vie des Damel」、IntroduitetcommentéparC.Becker et V. Martin、BIFAN、Tome 36、SérieB、n°1、1974年1月
  83. ^ a b c d e Che Yassin DembaNoudjのスペルはTègneThiéYasinDembaNoudjです。参照:«Fall»[in]Bulletin。セリエB:Sciences humaines、Volume 36、IFAN(1974)、p 111
  84. ^ a b ブリゴー、22ページ
  85. ^ Gravrand、「Pangool」、p 352
  86. ^ a b c d e f Dupire、 "L'EgalitarismeéconomiquedesSererduSénégal"、pp 519、520&535
  87. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r Lamoise(1873)
  88. ^ バリエーション: CaxaanooraまたはTahanora
  89. ^ 正しいつづりはWaagaanです。その他のバリエーションには、 WaganまたはVagan
  90. ^ 参照:
    (フランス語)「Bulletin.serie B:Sciences humaines、Volume 41」(1979)、pp 740-745
    (フランス語) Gravrand、 "Cosaan"、p 181
  91. ^ Dupire、「Sagesse sereer:Essaissurlapenséesereerndut」、p 104
  92. ^ a b Gravrand、 "Cosaan"、p 210
  93. ^ a b c d e f (フランス語) Crétois、Léonce、Becker、Charles "Le vocabulaire sereer de la faune"、(編集者:Charles Becker)、Center delinguistiqueappliquéedeDakar(1983)、p 24
  94. ^ a b Dupire、「Sagesse sereer:Essaissurlapenséesereerndut」、7、91、111ページ

参考文献

  • Dupire 、Marguerite、「Sagesse sereer:Essaissurlapenséesereerndut」、KARTHALA Editions(1994)、ISBN 2865374874 (フランス語)[10](取得日:2012年7月31日) 
  • Dupire、Marguerite、 "Totemssereeretcontrôleritueldel'environnement"、[in] Persee (フランス語) [11](取得日:2012年8月9日)
  • Kalis、Simone、「Médecinetraditionnellereligion et divination chez les Seereer Sine du Senegal」、La connaissance de la nuit、L'Harmattan(1997)、ISBN 2-7384-5196-9 
  • ベッカー、チャールズ:「Vestigeshistoriques、trémoinsmatérielsdupasséclansles pays sereer」、Dakar(1993)、CNRS-ORS TO M. (フランス語) 抜粋(取得日:2012年7月31日)
  • フェイ、ルイ・ジエン「MortetNaissancele monde Sereer」、Les Nouvelles Editions Africaines(1983)、59ページ、ISBN 2-7236-0868-9 
  • Faye、Amade。、&Agencedecoopérationculturelleettechnique、"Lethèmedelamort danslalittératureSeereer:Essai"、NouvelleséditionsafricainesduSénégal(1997)、ISBN 2723611078 
  • Faye、Ousmane、Diop、Adama、 "Contributional'étudedel'histoiredeFa-oy des origines aux grandesmigrations(XIII e - XXesiècle):approche historique et ethnographique"、UniversitéCheikh Anta Diop de Dakar(2002 )。
  • Crétois、Léonce、Becker、Charles "Le vocabulaire sereer de la faune"、(編集者:Charles Becker)、Center delinguistiqueappliquéedeDakar(1983)
  • Sarr、Alioune、 "Histoire du Sine-Saloum(Sénégal)、Introduction、bibliographie et notes parCharlesBecker。Versionlégèrementremaniéeparrapportàcellequiestparue en 1986-87
  • Lericollais、André、«La gestion du paysage?Sahélisation、surexploitationetdélaissementdesterroirs sereerauSénégal»、Afrique de l'ouest、Dakar(1988年11月21〜26日)、ORSTOM、[12](フランス語) [13](2012年8月3日閲覧)
  • Gravrand、Henry、「La Civilization Sereer- Pangool」、vol。2、Les Nouvelles EditionsAfricainesduSénégal(1990)、ISBN 2-7236-1055-1 
  • Gravrand、Henry、「La Civilization Sereer- Cosaan」、Nouvelles Editions africaines(1983)、ISBN 2723608778 
  • UniversitätFrankfurtamMain、Frobenius-Institut、DeutscheGesellschaftfürKulturmorphologie、Frobenius Gesellschaft、 "Paideuma:Mitteilungen zur Kulturkunde、Volumes 43-44"、F. Steiner(1997)、pp 144–5、ISBN 3515028420 
  • センターIFANセネガル)。国民教育省、CRDS(セネガル)、「ConnaissanceduSénégal」、パート1、Center IFAN(セネガル)(1962)、p 268
  • ジラード、ジャン、「L'or du Bambouk:une dynamique de Civilization ouest-africaine」、Georg(1992)、pp 206–8、ISBN 2825704512 
  • Ngom、Biram: "La question Gelwaar et l'histoire du Siin"、DakarUniversitédeDakar、(1987) (フランス語) [14](2012年8月1日閲覧)
  • Gastellu、Jean-Marc、「Petittraitédematrilinarité.L'accumulationdansdeuxsociétésruralesd'Afriquede l'Ouest」、Cahiers ORSTOM、sérieSciences Humaines 4(1985)
  • Gastellu、Jean-Marc、「西アフリカの母性、経済グループおよび差別化:注記」、ORSTOM Fonds Documentaire(1988)、pp 1、2-4(pp 272–4)、7(p 277) (英語) [15](フランス語の元の出版物: "Petittraitédematrilinarité")—(取得日:2012年7月31日)
  • Gastellu、Jean-Marc、「L'EgalitarismeéconomiquedesSererduSénégal」、IRD Editions(1981)、ISBN 2709905914 (フランス語)[16](取得日:2012年7月31日) 
  • 失われた中世の村、失われた中世の村、ディオクル(Saloum)(XIV e -XXesiècle ):histoire etarchéologie"、présentéparMamadou(2001)
  • BIFAN、「Bulletin。serie B:Sciences humaines、Volume 41」(1979)
  • Institut fondamental d'Afrique noire、 "Bulletin:Sciences humaines、Volume 28"、(1966)、pp 610、602(BIFAN 1966)
  • Thiaw、Issa laye、 "Mythedelacréationdumondeselonles sages sereer"、pp 45–50、59-61 [in] "Enracinement et Ouverture" – "Plaidoyer pour le dialog interreligieux"、Konrad Adenauer Stiftung(23 and 24 2009年6月)、ダカール(フランス語) [17](取得日:2012年8月3日)
  • 「Bulletindel'Institutfondamental d'Afrique noire:Sciences humaines、Volume 45」、Institut fondamental d'Afrique noire、IFAN(1983)、pp 387–401
  • Diouf、Léon、 "Eglise locale et crise africaine:lediocèsedeDakar"、KARTHALA Editions(2001)、p 147、ISBN 2845861710 (フランス語)[18](Henry Gravrand、 "Cosaan" [in] Diouf)—(取得:2012年8月3日) 
  • バ、アブドゥ・ボウリ。Essai sur l'histoire du Saloum etduRip。チャールズベッカーとビクターマーティンの前衛。PubliédansleBulletinde l'Institut Fondamentald'AfriqueNoire。pp 10–27
  • クライン、マーティンA、「セネガルシネサロウムのイスラム教と帝国主義、1847-1914」。エディンバラ大学出版(1968)、p XV
  • ヴァンサン・マンステル、「Le Dyolof et Al-Bouri Ndiaye」、Esquisses senegalaises(Dakar、1966)
  • Lamoise、LE P。、「Grammairedelalanguesérèreavecdesexempleset desexercises renfermant desdocumentstrèsutiles」、Imprimerie de la Mission(1873)
  • Kesteloot、Lilyan、Veirman、Anja、「Lembousé  :mythe de fondationetgénieprotecteurdeKaolack 、IFAN(2006)
  • Boulègue、Jean、「Le Grand Jolof、(XVIII e - XVIeSiècle)」、(パリ、エディションファサード)、Karthala(1987)
  • フィリップス、ルーシーコルヴィン、「セネガルの歴史的辞書」、Scarecrow Press(1981)ISBN 0-8108-1369-6 
  • Institut fondamental d'Afrique noire、Bulletin de l'Institut fondamental d'Afrique noire、Volume 38、IFAN(1976)
  • Brigaud、Félix、「HistoireduSénégal:Des originesauxtraitésdeprotectorat」、Clair-afrique(1964)
  • Glinga、Werner、「セネガルの文学:Geschichte、Mythos und gesellschaftliches Ideal in der Oralen und schriftlichen Literatur」、D。Reimer(1990)、 ISBN 3496004606 

さらに読む

  • Dupire 、Marguerite、 "Totemssereeretcontrôleritueldel'environnement"、[in] Persee (フランス語) [19]
  • Thiaw、Issa LayeLa femme Seereer(Sénégal)、L'Harmattan、パリ、2005年9月、ISBN 2-7475-8907-2 
  • Camara、FatouKiné(PhD)&Seck、Abdourahmane(PhD)、 "Secularity and Freedom of Religion in Senegal:Between a Constitutional Rock and a Hard Reality"、(11/26/2010)[20](検索日:2012年8月9日)。
  • Zewde、Bahru、「アフリカの歴史における社会、国家、アイデンティティ」、African Books Collective(2008)、ISBN 9994450255 (フランス語)[21] «Traitenégrièreetrepli identitaire dansl'espacesénégambien:L'exemple des Sereer du Nord-ouest(Sénégal)by Ismaila Ciss、23ページから»(取得日:2012年8月10日) 
  • Niang、Mor Sadio、「CEREMONIESETFÊTESTRADITIONNELLES」、[in] Ethiopiques no31révuesocialistedeculturenégro-africaine3etrimestre 1982)(フランス語) [22](取得日:2012年8月10日)
  • マーティン、ビクター&ベッカー、チャールズ、「Lieux de culteetemplacementscélèbresdanslespayssereer」(セネガル)、Publiédans le Bulletin de l' Institut Fondamental d'Afrique Noire、Tome 41、SérieB、n°1、1979年1月、(フランス語) [23](取得日:2012年8月10日)