セルビア

ウィキペディアから、無料の百科事典
ナビゲーションにジャンプ 検索にジャンプ

座標44°N21 °E / 44°N 21°E / 44; 21

セルビア共和国
РепубликаСрбија   セルビア語
Republika Srbija   セルビア語
国歌: Божеправде
正義の神

(英語:「正義の神」
Serbia (orthographic projection).svg
Europe-Serbia.svg
セルビア(緑)の場所とヨーロッパ(濃い灰色)コソボ[a](薄緑)の係争中の領土
資本
そして最大の都市
ベオグラード44°48'N20 °28'E
 / 44.800°N 20.467°E / 44.800; 20.467
公用語セルビア語[b]
民族グループ
(2011)
宗教
(2011)
住民の呼称セルビア人
政府単一 議会
立憲共和制
• 大統領
アレクサンダル・ヴチッチ
• 首相
AnaBrnabić
IvicaDačić
立法府国民議会
設立履歴
• 公国
780
1217
• 帝国
1346
1459〜1556
1804
1878年
1882年
1918年
1992
•独立性が回復した
2006年
領域
•コソボを含む[a]
88,361 km 2(34,116平方マイル)(111番目
•コソボを除く[a]
77,474 km 2(29,913平方マイル)[1]
人口
•2021年の見積もり
Neutral decrease6,871,547 (コソボを除く)[2]106
• 密度
89 / km 2(230.5 / sq mi)(95日
GDP  PPP2020年の見積もり
• 合計
Decrease1,306億ドル(コソボを除く)[a] [3]78
• 一人あたり
Increase$ 18,840 (コソボを除く)[a] [3]66
GDP  (名目)2020年の見積もり
• 合計
Increase520億ドル(コソボを除く)[a] [3]84位
• 一人あたり
Increase$ 7,497 (コソボを除く)[a] [3]75
ジニ (2019)Positive decrease 33.3 [4]
HDI  (2019)Increase 0.806 [5]
非常に高い ・ 64位
通貨セルビアディナールRSD
タイムゾーンUTC +1 CET
•夏(DST
UTC +2 CEST
運転側
市外局番+381
ISO3166コードRS
インターネットTLD

セルビア/ sのɜːr bは、私がə / 聞くAbout this soundSURの-bee-əをセルビア語Србијаセルビア発音 [SRBIJA] 聞くAbout this sound)、正式にセルビア共和国セルビアРепубликаСрбија共和国セルビア顕著 [repǔblikasř̩bija] 聞くAbout this sound)、中央の内陸国ですおよび東南ヨーロッパこれは、の交差点に位置しているパンノニア平原バルカン半島国境を接する、ハンガリーを北へ、ルーマニア北東に、ブルガリア南東へ、北マケドニア南部にクロアチアボスニア・ヘルツェゴビナ西へ、そしてモンテネグロ南西へ; コソボの紛争地域を通じてアルバニアとの国境を主張しながら[a]セルビアの人口は約700万人で、ベオグラードを首都とし、最大の都市

旧石器時代から継続的に居住していた現代のセルビアの領土は、6世紀スラブの移住直面し、中世初期にビザンチンフランクハンガリーの王国への支流として認識されることもあるいくつかの地域の設立しましたセルビア王国はによって認識を得た教皇庁コンスタンティノープルとして、1346年にその領土頂点に達し、1217年にセルビア帝国。 16世紀半ばまでに、オスマン帝国は現代のセルビア全体を併合しました。彼らのルールは時々中断されましたヴォイヴォディナに足場を築きながら、17世紀の終わりから中央セルビアに向かって拡大し始めハプスブルク帝国によって。 19世紀初頭、セルビア蜂起国民国家をこの地域で最初の立憲君主制として確立し、その後その領土を拡大しました。[6]第一次世界大戦での死傷者と、それに続くヴォイヴォディナの旧ハプスブルク王領セルビアの統一に続いて、国はユーゴスラビアを共同設立しました。1990年代のユーゴスラビア戦争までさまざまな政治的形成に存在していた他の南スラブ諸国とユーゴスラビア崩壊の間に、セルビアはモンテネグロとの連合を形成し[7]、2006年に平和的に解散し、1918年以来初めて主権国家としてのセルビアの独立を回復した。[8] 2008年、コソボ議会の代表は一方的にセルビアがそれ自身の主権領土の一部としてそれを主張し続けている間、国際社会からの混合された反応で、独立を宣言しまし

セルビアは中所得層の経済であり、人間開発指数の領域で64位で「非常に高い」ランクにあります。これは、統一 議会 制憲共和制であり、国連CoEOSCEPfPBSECCEFTAAIIB加盟国でありWTOに加盟しています。 2014年以来、同国は2025年までに欧州連合に加盟することを目指してEU加盟を交渉てきました。[9]セルビアは正式に軍事中立政策を順守してきました。国は国民に国民皆保険と無料の初等中等教育提供しています

語源

セルビアという名前の由来は不明です。歴史的に、著者が述べてきたセルビア人セルビアSRBI /Срби)および収着(東部ドイツの上ソルビア語Serbja ;低ソルビア語Serbyの)様々な方法で:CervetiisServetiis)、gentis(S)urbiorumSuurbiSorabiSoraborumSorabosSurpeSorabiciSorabietSarbinSwrbjnServiansSorbiSirbia、Sribia、Zirbia、ZribiaSuurbelantSurbiaSerbulia / Sorbulia他の中。[10] [11] [12]これらの著者は、彼らの過去と現在のプレゼンスは(特ににおいて議論の余地はない地域でセルビア人と収着を参照するためにこれらの名前を使用バルカンラウジッツ)。ただし、世界の他の地域(特にコーカサスのアジアのサルマティア)同じまたは類似の名前に言及している情報源もあります

民族名*Sŕbъ(plur。*Sŕbyの起源については、2つの一般的な理論があります。1つは「家族の親族」と「同盟」の魅力的な意味を持つスラヴ祖語からのもので、もう1つイラン-サルマタイ からのものです。さまざまな意味で。[11] [13]彼の作品、De Administrando ImperioConstantine VII Porphyrogenitusは、セルビア人がフランシア近くの白セルビア由来することを示唆しています。記録された伝統によると、白セルビア人2つに分割され、セルビア人として知られるようになった半分がビザンチンの土地を定住させるために降りてきました。1815年から1882年まで、セルビアの正式名称はセルビア公国でした。 1882年から1918年まではセルビア王国に改名され、1945年から1963年まではセルビアの正式名称はセルビア人民共和国であり、後に社会主義者と改名されました。1963年から1990年までのセルビア共和国。1990年以来、国の正式名称はセルビア共和国です。

歴史

先史時代と古代

レペンスキビールのアイドル、紀元前7000年。
ヴィンチャ文化の置物、紀元前4000年から4500年。

現在のセルビアの領土にある旧石器時代の集落の考古学的証拠はほとんどありません。人間の顎の断片がシチェボ(マラバラニカ)で発見され、525,000〜397,000歳までと考えられています。[14]

約周りの6500年にはBC、中に新石器時代Starčevo、およびビンカの文化現代のベオグラードの領域内に存在していました。それらは南東ヨーロッパの大部分(および中央ヨーロッパ小アジアの一部)を支配していましたレペンスキビールヴィンチャベロブルドなど、この時代のいくつかの重要な遺跡は、ドナウ川のほとりの近くにまだ存在しています[15] [16]

中に鉄器時代の地元部族TriballiDardani、およびAutariataeがで遭遇した古代ギリシャ人紀元前2世紀に5日までに、地域へのそれらの文化的、政治的な拡張中。ケルト部族スコルディスキは、紀元前3世紀における地域全体で解決しました。それは部族国家を形成し、シンギドゥヌム(現在のベオグラード)とナイソス(現在のニシュ)の首都を含むいくつかの要塞を建設しました

ローマ人は紀元前2世紀に領土の多くを征服しました。紀元前167年イリュリクムローマの州が設立されました。残りは紀元前75年頃に征服され、ローマの属州モエシアスーペリアを形成しました。現代のスレム地域は紀元前9年に征服されました。ダキア戦争後の西暦106年のバチュカとバナト。この結果、現代のセルビアは、モエシアパンノニアプレバリタナダルマチアダチアマケドニアなど、いくつかの旧属州に完全にまたは部分的に広がっています。

チーフの町アッパーモエシア(より広い)となりました:Singidunum(ベオグラード)、Viminacium(今旧Kostolac)、Remesiana(今ベラPalanka)、Naissos(NIS)、およびシルミウム(今スレムスカ・ミトロヴィツァを務め後者は)、テトラルキア時代のローマの首都[19] 17人のローマ皇帝は、現代のイタリアに次ぐ現代のセルビアの地域で生まれました。[20]これらの中で最も有名なのは、帝国全体に宗教的寛容を命じる勅令を出した最初のキリスト教皇帝であるコンスタンティヌス大帝でした。


395年にローマ帝国が分割されたとき、セルビアのほとんどは東ローマ帝国の下にとどまりました同時に、その北西部は西ローマ帝国に含まれていました6世紀までに、南スラヴ人ビザンチン帝国のヨーロッパの州に多数移住しました[21]彼らは徐々に同化された地元のローマ字化された人口と合併した[22] [23] [24]

中世

ホワイトセルビア人、早期のスラブから部族ホワイトセルビア結局の間の領域に定住サヴァの川とディナル・アルプス山脈[25] [26] [27] 9世紀の初めまでに、セルビアはあるレベルの国家としての地位を獲得しました。[28] セルビアのキリスト教化は段階的なプロセスであり、9世紀半ばまでに完成した。[29]半ば10世紀において、セルビア状態間延伸アドリア海ネレトヴァサバモラバ、およびSkadar。 11世紀から12世紀にかけて、セルビアの州は隣接するビザンチン帝国と頻繁に戦いました[30]セルビア1166乃至1371によって支配されたNemanjić王朝状態に上昇した人の下(そのレガシー特に大事にされ)、王国1217において、[31]帝国、1346年に[32]ステファン斗山セルビア正教会、1219年に独立教会の大司教として組織され[33]、国の守護聖人であるサヴァの努力により、1346年に独立教会昇格しました。総主教区。ネマニッチ時代の記念碑は、多くの修道院(いくつかは世界遺産に登録されています)や要塞に残っています

これらの世紀の間に、セルビアの国家(そして影響力)は大幅に拡大しました。北部(現代のヴォイヴォディナ)は、ハンガリー王国によって統治されていましセルビア帝国の崩壊として知られる1371年以降の期間は、かつて強力だった国家がいくつかの公国に細分化され、オスマン帝国の台頭に対するコソボ戦い(1389)で最高潮に達しました[34]オスマン帝国は、1459年にセルビア専制公国をついに征服した。オスマン帝国の脅威と最終的な征服により、セルビア人が西と北に大規模に移動した。[35]

オスマン帝国とハプスブルク家の支配

コソボ戦い(1389)は、セルビアの歴史、伝統、国民性にとって特に重要です。[36]

オスマン帝国によって征服されたすべてのセルビアの土地で、先住民の貴族は排除され、農民はオスマン帝国の支配者集められましたが、聖職者の多くは逃げるか、孤立した修道院に閉じ込められました。オスマン帝国の制度の下では、セルビア人とキリスト教徒は劣った階級の人々と見なされ、重い税金が課せられ、セルビア人の一部はイスラム化を経験しました。多くのセルビア人は、オスマン帝国の奴隷制の一形態であるdevshirmeシステムの間に採用されました。このシステムでは、バルカン半島のキリスト教徒の家族の少年が強制的イスラム教に改宗オスマン帝国軍の歩兵部隊のために訓練されました。イェニチェリとして知られています。[37] [38] [39] [40]ペッチセルビア総主教区は、1463年に消滅した[41]が、1557年に再建された[42] [43] [44]オスマン帝国内でのセルビアの文化的伝統の、限られた継続を提供した。ミレット制の下での帝国[45] [46]

オスマン帝国への国家権の喪失後、セルビアの抵抗は北部地域(現代のボイボディナ)、名目上の専制君主(1537年まで)、およびヨヴァン・ネナド(1526–1527)のような人気のある指導者の下で続いた。 1521年から1552年まで、オスマン帝国はベオグラードとシルミア、バチュカ、バナトの各地域を征服しました。[47]継続的な戦争とさまざまな反乱は、オスマン帝国の支配に絶えず挑戦した。最も重要なものの1つは、1594年と1595年バナト蜂起でした。これは、ハプスブルク家とオスマン帝国の間の長い戦争(1593〜1606)の一部でした[48] [49]現代のヴォイヴォディナの地域は、ハプスブルク帝国に部分的に譲渡される前に、1世紀にわたるオスマン帝国の占領に耐えた。カルロフチ条約(1699)、[50]そして完全にポジャレバツ条約(1718)による。[51]

大セルビアの移行は、南部セルビアのほとんどを過疎、セルビア人はでドナウ川を渡る避難を求めヴォイヴォディナ北に軍事フロンティア彼らのような措置の下オーストリアの王冠で権利を付与された西の、Statuta Wallachorum 1630 。セルビア中央部の多くはハプスブルク-オスマン戦争(1683-1699)の間に、オスマン帝国の支配からハプスブルク支配(1686–91)切り替わりました。いくつかの請願に続いて、レオポルト1世は、北部地域に定住することを希望するセルビア人に、自治領の権利正式に付与しました[52]セルビア人も移動に北方の教会中心KarlovciのMetropolitanate[53]およびPECのセルビア主教は再び-1766にオットマンによって廃止された[54] [55]

1718年から1739年には、ハプスブルク家は、はるかに占有中央セルビアを、確立されたセルビア王国をとしてcrownland[51]これらの利益は、オスマン帝国がこの地域を取り戻した1739年のベオグラード条約によって失われた[56]ハプスブルク帝国の下に残った現代のヴォイヴォディナの領土は別として、セルビアの中央地域は1788年から1792年に再びハプスブルク家によって占領された

革命と独立

オスマン帝国からの独立のためセルビア蜂起は、1804年から1815年までの11年間続いた。[57] [58] [59] [60]革命は、オスマン帝国(1830)から自治権を獲得し、最終的に完全な独立(1878年)。中はまずセルビア蜂起(1804-1813)、vožd率いるKarađorđeペトロビッチオスマン帝国軍が国をreoccupyすることができたの前に、セルビアは、ほぼ十年のために独立していました。[61]この直後、1815年に第二次セルビア蜂起が始まった。ミロシュ・オブレノヴィッチが率いる、それはセルビアの革命家とオスマン帝国当局の間の妥協で終わった。[62]同様に、セルビアは封建制を廃止したバルカン半島で最初の国の1つでした[63] 1826年アッケルマン条約1829年のアドリアノープル条約、そして最後にハッティ・シャリフはセルビア宗主国認めた。第一次セルビア憲法は1835年2月15日(第一次セルビア蜂起の勃発の記念日)に採択され、ヨーロッパで最初に民主主義憲法を採択した国の1つになりました。[64] [65] 2月15日は現在州の日として記念されています祝日[66]

1862年にオスマン帝国軍とベオグラードでセルビアが衝突した後[67]大国からの圧力を受けて、1867年までに最後のトルコ兵が公国を去り、国を事実上独立させた。[68] 1869年に新憲法を制定することにより[69]、ポルトに相談することなく、セルビアの外交官は国の事実上の独立を確認した。 1876年、セルビアはオスマン帝国との宣戦布告を行い、ボスニア・ヘルツェゴビナブルガリアで進行中のキリスト教徒の反乱を支持しました[70] [71]

国の正式な独立は、1878年のベルリン会議で国際的に認められ露土戦争は終結しました。しかし、この条約は、ボスニア・ヘルツェゴビナをオーストリア・ハンガリー占領下に置きラシュカ地域の占領と並行して、セルビアが他のセルビア地域と統合することを禁じました[72] 1815年から1903年まで、セルビア公国は、1842年から1858年までのアレクサンダル・カラオレビッチ王子の統治を除いて、オブレノヴィッチ家によって統治された。1882年、セルビア公国はミラノ1世によって統治されたセルビア王国となった。[73]革命指導者カラジョルジェペトロヴィッチの子孫であるカラジョルジェヴィッチ家は5月の転覆に続いて1903年に権力を握った[74] 北部では、オーストリア1848年革命により、セルビア・ヴォイヴォディナの自治領が設立された1849年までに、この地域はセルビアのヴォイヴォイデシップとテメシュワルのバナトに変貌しました[75]

バルカン戦争と第一次世界大戦

In the course of the First Balkan War in 1912, the Balkan League defeated the Ottoman Empire and captured its European territories, which enabled territorial expansion of the Kingdom of Serbia into regions of Raška, Kosovo, Metohija, and Vardarian Macedonia. The Second Balkan War soon ensued when Bulgaria turned on its former allies, but was defeated, resulting in the Treaty of Bucharest. In two years, Serbia enlarged its territory by 80% and its population by 50%,[76] it also suffered high casualties on the eve of World War I, with more than 36,000 dead.[77]オーストリア・ハンガリー帝国は、国境で​​の地域大国の台頭と、セルビア人と他の南スラヴ人の統一のアンカーになる可能性に警戒し、両国の関係は緊迫した。

セルビアのペータル1世が率いる1915年の大セルビアの隠れ家第一次世界大戦中の中央同盟国との戦いにおけるエンテンテパワーズの一部としてセルビアは戦前の人口の4分の1である約85万人を失いました。[78]

暗殺オーストリアの大公フランツ・フェルディナンドで1914年6月28日にサラエボによってガヴリロ・プリンツィプ、のメンバーヤングボスニアの組織は、セルビアのオーストリア=ハンガリー帝国宣言戦争につながった、1914年7月28日に[79]ときに、ローカル戦争エスカレートドイツが宣言しました戦争、ロシアと侵略フランスベルギーのように描く、英国をなった紛争に第一次世界大戦。セルビアには、第一次世界大戦の最初の主要な戦いに勝ったCerをの戦い[80]第一次世界大戦における中央同盟国に対する最初の連合国の勝利を示すコルバラの戦い[81]

最初の成功にもかかわらず、1915年に中央同盟国に圧倒され、オーストリア・ハンガリー占領下のセルビアがそれに続きました。その軍隊のほとんどと何人かの人々アルバニア通っギリシャコルフ撤退し、途中で莫大な損失を被りました。セルビアは中央同盟国に占領されていました。他の戦線での中央同盟国の軍事状況が悪化した後、セルビア軍の残骸は東に戻り、1918年9月15日に敵の戦線を突破し、セルビアを解放し、ブルガリアとオーストリア-ハンガリーを破った。[82]セルビアは、そのキャンペーンで、主要なバルカンエンテンテパワーでした[83]。これは、特にフランスがブルガリアの降伏を強制するのを助けることによって、1918年11月のバルカン半島での連合国の勝利に大きく貢献しました[84]

セルビアの死傷者は、エンテンテの軍事死者総数の8%を占めました。セルビア軍の58%(243,600)人の兵士が戦争で亡くなりました。[85]死傷者の総数は約70万人であり、[86]セルビアの戦前の規模の16%以上、[87]そしてその男性人口全体の過半数(57%)である。[88] [89] [90]セルビアは第一次世界大戦で最大の犠牲者を出した[91]

ユーゴスラビア王国

1917年におけるコルフ島の宣言に署名した第1の共通南スラヴ状態のアイデアの始まり[92]コルフ宣言の中に、亡命政府の間で正式合意したセルビア王国ユーゴスラビア委員会統一することを約束していること(抗ハプスブルグ南スラブémigrés)セルビア王国モンテネグロの王国オーストリア=ハンガリー帝国の南スラブ自律冠地:クロアチア、スラヴォニアの王国ダルマチアの王国スロベニアヴォイヴォディナ(の後、一部ハンガリー王国)そして戦後のユーゴスラビア国家のボスニア・ヘルツェゴビナ1917年7月20日にコルフ島で署名されました

オーストリア・ハンガリー帝国が崩壊すると、1918年11月24日にセルビアの領土がセルビアと統一された。[76]ちょうど1日後の1918年11月25日、バナト、バチュカ、バランジャのセルビア人、ブンジェフチ、その他の奴隷の大国民議会が統一を宣言した。バナトBackaの、およびバラニャセルビア王国[93]

セルビア人ブニェヴァツおよび他のスラブ人の大集会、1918年にノヴィサドでセルビア王国とボイボディナ地域の統一を宣言しました

1918年11月26日、ポドゴリツァ議会はペトロヴィッチニェゴシュの家を解任し、モンテネグロとセルビアを統合しました。[94] 1918年12月1日、ベオグラードで、セルビアの摂政皇太子アレクサンダル・カラエビッチは、セルビアのペータル1世ので、セルビア、クロアチア、スロベネス王国を宣言した[95] [96]

ペータル王は1921年8月に息子のアレクサンダーに引き継がれました。セルビア人の中央主義者とクロアチア人の自治主義者が議会で衝突し、ほとんどの政府は脆弱で短命でした。保守的な首相であるニコラ・パシッチは、彼の死までほとんどの政府を率いるか支配していました。アレクサンダー王は、ユーゴスラビアのイデオロギーと単一のユーゴスラビア国家を確立することを目的として、1929年に独裁政権を樹立し、国の名前をユーゴスラビアに変更し、内部の区分を33のから9つの新しいバノビナに変更しました。アレクサンダーの独裁政権の効果は、ユーゴスラビアに住む非セルビア人を団結の考えからさらに遠ざけることでした。[97]

アレクサンダーは、1934年IMROのメンバーであるウラドチェルノゼムスキーが公式訪問した際に、マルセイユ暗殺されましアレクサンダーは彼の11歳の息子ピョートル2世に引き継がれ、摂政評議会は彼のいとこであるプリンスポールが率いていました1939年8月、Cvetković–Maček協定は、クロアチアの懸念に対する解決策として、クロアチアの自治バナーテを設立しました

第二次世界大戦

1941年、ユーゴスラビアは戦争で中立を維持しようとしたにもかかわらず、枢軸国はユーゴスラビアに侵攻しました。占有セルビアの残りの部分が下に置かれた一方で、現代セルビアの領土は、ハンガリー、ブルガリア、クロアチア、大アルバニアとモンテネグロの独立国との間で分割された軍事政権ナチスドイツと、セルビアの傀儡政府が主導ミラノAćimovićミラン・ネディッチは、ディミトリイェ・ジョティッチのファシスト組織であるユーゴスラビア国民運動(ズボール)の支援を受けました

ユーゴスラビアの領土は、ドラジャ・ミハイロヴィッチが指揮する王党派のチェトニックヨシップ・ブロズ・ティトが指揮する共産党派のパルチザンとの間の内戦の場面でしたセルビア義勇軍団セルビア国家警備隊の枢軸軍補助部隊は、これらの部隊の両方と戦った。クラリエボの包囲戦は、チェトニック軍がナチスに対して主導したセルビアでの蜂起の主要な戦いでした。戦闘が始まってから数日後、ドイツ軍は、攻撃の報復として、クラリエボ虐殺として知られる事件で約2,000人の民間人の虐殺を犯しました

DraginacとLoznica虐殺1941年に西セルビアの2950人の村人のは、によって占有セルビアの民間人の最初の大規模な実行したドイツ人で、Kragujevacの虐殺ノヴィ・サドレイドそれぞれに3,000人以上の犠牲者で、最も悪名高いものハンガリーファシストによってユダヤ人とセルビア人の場合。[98] [99] 1年間の占領後、この地域で約16,000人のセルビア系ユダヤ人が殺害された。これは、セルビアのホロコースト中に戦前のユダヤ人人口の約90%に相当する。地域全体に多くの強制収容所が設立されました。ベオグラード強制収容所は最大の強制収容所であり、ドイツ軍とネディッチ政権が共同で運営しており[100]、主な犠牲者はセルビアのユダヤ人、ローマ、セルビアの政治犯でした。[101]

この期間中、数十万人のセルビア人がクロアチア独立国として知られるアクシスの傀儡国家から逃げ出し、セルビア人、ユダヤ人、ローマの大規模な迫害と大量虐殺から逃れるために、ドイツ占領下のセルビアに避難を求めました。よるウスタシャの体制。[102]セルビア人の犠牲者の数は約30万人から35万人であった。[103] [104] [105]

Josip Broz Tito自身によると、セルビア人第二次世界大戦の全過程で反ファシスト戦闘機とパルチザンの大多数を占めていました[106] Uziceの共和国は、によって確立された短命に遊離の領土だったパルチザンの西の1941年の秋に存在し、軍事ミニ国家として組織化第二次世界大戦のヨーロッパで最初に遊離領土、占有セルビア。 1944年後半までに、ベオグラード攻勢は内戦のパルチザンを支持して動いた。その後、パルチザンはユーゴスラビアの支配権を獲得した。[107]ベオグラード攻勢に続いて、セルビア戦線はセルビアでの第二次世界大戦の最後の主要な軍事行動でした。ウラジミール・ゼルヤビッチの調査によると、ユーゴスラビアでの戦争関連の死者の総数は、セルビアでの273,000人を含む1,027,000と推定されています。[108]

社会主義ユーゴスラビア

共産党のパルチザンの勝利は、君主制の廃止とそれに続く憲法上の国民投票をもたらしました。一党状態はすぐにでユーゴスラビアに設立されたユーゴスラビア共産党1944年から45年にかけての共産主義者の乗っ取りと粛清の間に、セルビアで60,000人から70,000人が亡くなったと言われています。[109]すべての野党は抑圧され、社会主義への反対を促進している、または分離主義を促進していると思われる人々は扇動のために投獄または処刑された。セルビアは、セルビア社会主義共和国として知られるSFRY内の構成共和国となり、連邦共産党の共和国支部を持っていました。セルビアの共産主義者のリーグ

非同盟の原則は、ユーゴスラビア人とその後のセルビア外交の中核でした。最初の非同盟運動サミット会議は1961年9月ベオグラード開催されまし

ティト時代のユーゴスラビアでセルビアで最も強力で影響力のある政治家は、ティト、エドヴァルドカルデリミロヴァンジラスと並ぶ「ビッグ4」ユーゴスラビア指導者の1人であるアレクサンダルランコビッチでしたランコビッチはコソボのノーメンクラトゥーラとセルビアの統一に関する意見の不一致のため、後に事務所から除名されました。ランコビッチの解雇はセルビア人の間で非常に人気がなかった。ユーゴスラビアの地方分権化を推進する改革者は、1960年代後半に権力の実質的な地方分権化を達成し、コソボとボイボディナに実質的な自治権を生み出し、独特の「イスラム教徒」を認めることに成功しました。「国籍。これらの改革の結果、コソボのノーメンクラトゥーラと警察の大規模な見直しが行われ、セルビア人が大規模に発砲することで、セルビア人が支配するものからアルバニア人が支配するものに移行しました。作成を含む不安に応答して、コソボプリシュティナ大学としてアルバニア言語機関。これらの変更はとして処理されたセルビア人の間で広まっ恐れ作成第二級市民[110]

SFRユーゴスラビアとSRセルビアの首都であるベオグラードは、1961年9月に最初の非同盟運動サミットを主催し、欧州安全保障協力機構(OSCE)の最初の主要な集会を開催しました。ヘルシンキアコード月1978へ1977年10月から[111] [112]は1972年天然痘の流行SAPコソボとセルビアSRの他の部分では、最後の主要な流行だった天然痘ヨーロッパ第二次世界大戦以来。[113]

ユーゴスラビアの崩壊と政治的移行

1989年、スロボダンミロシェビッチはセルビアで権力を握りました。ミロシェビッチは、反官僚革命の際に、彼の同盟国がその後権力を掌握したコソボとヴォイヴォディナの自治州の権力の削減を約束した[114]の他の共和国の共産主義指導者との間のこの点火緊張ユーゴスラビア、およびユーゴスラビア全体で目が覚めた民族主義は最終的にその中にもたらしたことを解散して、スロベニアクロアチアボスニア・ヘルツェゴビナ、そしてマケドニア1991年と1992年の間に独立を宣言[115 ] [より良い情報源が必要]セルビアとモンテネグロはユーゴスラビア連邦共和国(FRY)として一緒に残った[7]しかし、バダンテル委員会によれば、この国は法的に旧SFRYの継続とは見なされず、新しい州と見なされていた。

連邦ユーゴスラビア共和国(セルビア・モンテネグロ)とセルビア人の離脱状態の領土(スルプスカ共和国スルプスカ共和国クライナ)中のユーゴスラビア紛争

民族間の緊張に後押しされて、ユーゴスラビア戦争(1991–2001)が勃発し、クロアチアボスニア最も深刻な紛争が発生しました。そこでは、大規模な民族セルブコミュニティがユーゴスラビアからの独立に反対しました。 FRYは紛争の外にとどまりましたが、戦争でセルビア軍に兵站、軍事、財政支援を提供しました。それに応じて、国連はセルビアに対して制裁を課し、それが政治的孤立と経済の崩壊につながりました(GDPは1990年の240億ドルから1993年には100億ドル未満に減少しました)。セルビアは2000年代に、隣接するボスニア・ヘルツェゴビナクロアチアによる大量虐殺の容疑で訴えられました。しかし、どちらの場合も、セルビアに対する主な告発は却下されました。[116] [117]

1990年にセルビアで複数政党制民主主義が導入され、一党制が正式に解体されました。ミロシェビッチの批評家は、ミロシェビッチが国営メディアと治安機関に対して強力な政治的影響力を維持していたため、憲法改正にもかかわらず政府は権威主義的であり続けたと述べた。[118] [119]セルビアの与党社会党が1996年の地方選挙での敗北を受け入れることを拒否したとき、セルビア人は政府に対して大規模な抗議を行った。

1998年、アルバニアのゲリラコソボ解放軍とユーゴスラビア治安部隊との継続的な衝突により、NATOが介入した短いコソボ戦争(1998〜99年)が発生し、セルビア軍の撤退と州内の国連政権の樹立につながりました[120]ユーゴスラビア戦争後、セルビアはヨーロッパで最も多くの難民国内避難民の故郷となった。[121] [122] [123]

2000年9月の大統領選挙、野党はミロシェビッチを不正選挙で非難した反ミロシェビッチ党の広範な連立であるセルビア民主的反対派(DOS)が主導する、市民的抵抗のキャンペーンが続いた。これは10月5日、ベオグラードに全国から50万人が集まり、ミロシェビッチに敗北を認めさせたときに最高潮に達しました。[124]ミロシェビッチ崩壊は、ユーゴスラビアの国際的孤立を終わらせた。ミロシェビッチは旧ユーゴスラビア国際刑事裁判所に送られました。 DOSは、FRユーゴスラビアが欧州連合への加盟を目指すと発表しました2003年、ユーゴスラビア連邦共和国はセルビアとモンテネグロに改名されました[125] EUは、安定化連合協定のために国との交渉を開始したセルビアの政治情勢は依然として緊張しており、2003年、組織犯罪のサークルと元治安当局者からの陰謀の結果、ゾラン・ジンジッチ首相暗殺されました。2004年にコソボで騒乱が起こり、19人が死亡し、多くのセルビア正教会と修道院が破壊または損傷した。[126] [127]

現代

2006年5月21日、モンテネグロはセルビアとの組合を終了するかどうかを決定する国民投票開催しました。その結果、投票者の55.4%が独立を支持しており、これは国民投票で要求された55%をわずかに上回っていました。これに続いて、2006年6月5日、セルビアの独立宣言が行われ、セルビアとモンテネグロの州連合が最終的に解散し、1918年以来初めてセルビアが独立国家として再出現しました。セルビアの国会は、元の状態の組合への法的な後継者であることをセルビアを宣言しました。[128]

コソボ議会は2008年2月17日に一方的にセルビアからの独立を宣言しました。セルビアは直ちに宣言を非難し、コソボに対するいかなる国家権も否定し続けています。宣言は国際社会からのさまざまな反応を引き起こし、それを歓迎する人もいれば、一方的な動きを非難する人もいました。[129] セルビアとコソボ-アルバニア当局の間のステータス中立の協議、EUによって仲介されてブリュッセル開催されます。

セルビアは2009年12月22日に正式に欧州連合への加盟を申請し[130]、2011年12月の遅れに続いて2012年3月1日に候補者の地位を獲得した。[131] [132]欧州委員会欧州評議会の積極的な勧告に続いて2013年6月、EU加盟の交渉が2014年1月に開始されました。[133]

アレクサンダル・ヴチッチが権力を握って以来、セルビアは権威主義への民主的な後退苦しんでおり[134] [135] [136]、その後メディアの自由と市民の自由が衰退した[137] [138] 2020年3月にCOVID-19のパンデミックセルビア蔓延した後、非常事態宣言が発令され、第二次世界大戦以来初めてセルビアに夜間外出禁止令が導入されました。[139] 2021年1月と2月、セルビアはヨーロッパで2番目に速いワクチンの展開を行った。[140] [141] [142]

地理

コソボを含むセルビアの地形図

中央[143] [144] [145]と南ヨーロッパの交差点に位置する内陸国であるセルビアは、バルカン半島パノニア平原に位置しています。セルビアは緯度41°から47°N、経度18°から23°Eの間にあります。国は合計88,361km 2(34,116平方マイル)(コソボを含む)をカバーし、世界113位に位置しています。コソボを除くと、総面積は77,474 km 2(29,913平方マイル)です[1]。これで117位になります。国境の全長は2,027km(1,260 mi)です。アルバニア115 km(71 mi)、ボスニアとヘルツェゴビナ302 km(188 mi)、ブルガリア318 km(198 mi)、クロアチア241 km(150 mi)、ハンガリー151 km (94マイル)、北マケドニア221 km(137マイル)、モンテネグロ203 km(126マイル)、ルーマニア476 km(296マイル)。[1]アルバニア(115 km(71 mi))、北マケドニア(159 km(99 mi))、モンテネグロ(79 km(49 mi))[146]とのコソボの国境はすべて、コソボ国境警察の管理下にあります。[147]セルビアは、コソボとセルビアの他の地域との間の352 km(219マイル)の長さの国境を「行政線」として扱っている。コソボ国境警備隊とセルビア警察の共同管理下にあり、11の交差点があります。[148]パノニア平野は国の北3分の1を覆い(VojvodinaMačva [149])、セルビアの最東端はワラキア平原に伸びています。シュマディヤ地方を中心とする国の中央部の地形は、主に川が流れる丘で構成されています。山はセルビアの南3分の1を支配します。ディナルアルプス山脈は、ドリナ川イバル川の流れに沿って西と南西に伸びています。カルパチア山脈バルカン山脈の東のセルビアで南北方向に伸びます。[150]

国の南東の隅にある古代の山々は、リロ-ロドピ山脈に属しています。標高は、2,169メートル(7,116フィート)のバルカン半島のミドルピーク(コソボを除くセルビアの最高ピーク)から、プラホボのドナウ川近くのわずか17メートル(56フィート)の最低ポイントまでの範囲です。[151]最大の湖はジェルダップ湖(163平方キロメートル(63平方マイル))であり、セルビアを通過する最長の川はドナウ川(587.35キロメートル(364.96マイル))です。

気候

セルビアの気候は、ユーラシア大陸、大西洋地中海の影響を受けています。1月の平均気温は約0°C(32°F)、7月の平均気温は22°C(72°F)で、湿潤大陸または湿潤亜熱帯気候に分類できます[152]北部では、気候はより大陸性であり、冬は寒く、夏は高温多湿で、降雨パターンはよく分布しています。南部では、夏と秋はより乾燥しており、冬は比較的寒く、山には内陸の大雪が降ります。

標高の違い、アドリア海と大きな河川流域への近さ、そして風への露出が気候変動の原因となっています。[153]セルビア南部は地中海の影響を受けやすい。[154]ディナルアルプスと他の山脈は、ほとんどの暖かい気団の冷却に貢献しています。ペシュテル高原は山々に囲まれているため、冬は非常に厳しいです。[155]セルビアの気候の特徴の一つであるコシャヴァ、寒さと非常にsquallyで開始南東風カルパティア山脈、以下ドナウを通して北西をアイアンゲートがAを得ますジェット効果ベオグラードに続きニシュまで南に広がることができます。[156]

高度300m(984フィート)までの地域の1961年から1990年までの期間の平均年間気温は、10.9°C(51.6°F)です。標高300〜500 m(984〜1,640フィート)の地域の年間平均気温は約10.0°C(50.0°F)で、標高1,000 m(3,281フィート)を超える地域は約6.0°C(42.8°F)です。 )。[157]セルビアで最低記録された温度は1985年1月13日-39.5℃(-39.1°F)であったKarajukićaBunariせがむでは、最高のに記録された2007年7月24で44.9℃(112.8°F)でしたSmederevskaPalanka[158]

セルビアは、自然災害(地震、暴風雨、洪水、干ばつ)に非常に高いリスクにさらされている数少ないヨーロッパ諸国の1つです[159]特に中央セルビアの地域での潜在的な洪水は、500以上のより大きな集落と16,000平方キロメートルの地域を脅かしていると推定されている。[160]最も悲惨なのは、2014年5月洪水で、57人が死亡し、15億ユーロを超える被害が発生した。[161]

水文学

セルビアのほとんどすべての川は、ドナウ川を経由して黒海に流れ込んでいます。ドナウ、二番目に大きい欧州川は、588キロでセルビアを通過[162] その全長の21%)及び淡水の主要な供給源を表します。[163] [164]最大の支流であるグレートモラヴァ(セルビアで最も長い川で、長さは493 km(306マイル)[165])、サヴァ川ティサ川が合流している。[166] 1つの注目すべき例外はエーゲ海に流れ込むPčinjaです。ドリナ川はボスニア・ヘルツェゴビナとセルビアの自然の境界を形成し、両国の主要なカヤックラフティングのアトラクションを表しています。

地形の構成により、自然の湖はまばらで小さいです。それらのほとんどは、エオリア湖のよう、ヴォイヴォディナの低地に位置しているPalicのか、多くの三日月湖(のような川の流れに沿ってZasavicaCarskaバラ)。しかし、主に水力発電ダムが原因で、多くの人工湖があります。最大のものは、セルビア側に163 km 2(63平方マイル)のドナウ川のエルダップ(鉄門)です[167](総面積253 km 2( 98平方マイル)はルーマニアと共有されています); Perućacドリナ上、およびVlasina。最大の滝、Jelovarnik, located in Kopaonik, is 71 m high.[168] Abundance of relatively unpolluted surface waters and numerous underground natural and mineral water sources of high water quality presents a chance for export and economy improvement; however, more extensive exploitation and production of bottled water began only recently.

Environment

Picea omorika is a species of coniferous tree endemic to the Tara mountain in western Serbia.

セルビアは生態系と種の多様性に富んだ国であり、ヨーロッパ全土の1.9%しかカバーしておらず、セルビアにはヨーロッパの血管植物相の39%、ヨーロッパの魚類の51%、ヨーロッパの爬虫類と両生類の動物相の40%、74%が生息しています。ヨーロッパの鳥類の動物相、およびヨーロッパの哺乳類の動物相の67%。[169]山や川が豊富なため、オオヤマネコ、オオヤマネコ、クマ、キツネ、クワガタなど、多くの動物が保護されているさまざまな動物にとって理想的な環境となっています。全国に17種のヘビが生息しており、そのうち8種は有毒です。[170]

セルビア西部タラ山は、クマがまだ絶対的な自由の中で生きることができるヨーロッパで最後の地域の1つです。[171] [より良い情報源が必要]セルビアには約380種の鳥が生息しています。でCarskaバラ、わずか数平方キロメートルに300以上の鳥種があります。[172] Uvac Gorge、ヨーロッパにおけるグリフォンハゲタカの最後の生息地の1つと見なされています。[173]国の最北端にあるキキンダ市周辺では、約145頭の絶滅危惧種のトラフズクが生息しており、これらの種の世界最大の集落となっています。[174]この国は、絶滅の危機に瀕しているコウモリや蝶も豊富に生息しています。[175]

セルビアには380の保護地域があり、4,947平方キロメートル、つまり国の6.4%を占めています。「セルビア共和国の空間計画」では、保護地域の合計を2021年までに12%に増やす必要があると述べています。[169]これらの保護地域には、5つの国立公園(ĐerdapTaraKopaonikFruškaGoraŠarMountain)が含まれます。自然公園、15の「傑出した特徴のある風景」、61の自然保護区、および281の自然記念碑。[168]

ヨーロッパで最後に残っているシロエリハゲワシの生息地の1つであるUvacGorge

領土の29.1%が森林に覆われているセルビアは、世界規模で世界の森林被覆率が30%、ヨーロッパの平均が35%であるのに対し、中森林国と見なされています。セルビアの総森林面積は2,252,000ヘクタール(1,194,000ヘクタールまたは53%が国有、1,058,387ヘクタールまたは47%が私有)または住民1人あたり0.3ヘクタールです。[176] 2019年の森林景観保全指数の平均スコアは5.2 / 10で、172か国中105位にランクされています。[177]最も一般的な木は、オーク、ブナ、マツ、モミです。

大気汚染は、大規模な銅の採掘と製錬の複合施設、および石油と石油化学産業が拠点を置くPančevoの作業のためにBor地域で重大な問題となっています。[178]いくつかの都市は汚染のように(不始末と低投資、過去に、ならびに水の汚染に起因する、水の供給問題に悩まさIBAR川からTrepča亜鉛-lead combinate、[179]の街影響クラリエボを、またはズレンジャニンの地下水における天然ヒ素の存在)。[180]

不十分な廃棄物管理はセルビアで最も重要な環境問題の1つとして認識されており、リサイクルはまだ始まったばかりの活動であり、廃棄物の15%だけが再利用のために返還されています。[181] 1999年NATOの空爆は、土壌と水の流域に放出された標的に工場や製油所に保存されている有毒化学物質の数千トンで、環境への深刻な被害をもたらしました。[182]

政治

セルビアは議会制共和国であり、政府は立法、行政、司法の各部門に分かれています。セルビアには、ヨーロッパで最初の近代憲法の1つである、1835年憲法(Sretenje憲法として知られています)がありました。これは、当時、ヨーロッパで最も進歩的でリベラルな憲法の1つと見なされていました。[183] [184]それ以来、10の異なる憲法を採用している。[185]現在の憲法は、モンテネグロの独立住民投票の余波で2006年に採択され、その結果、セルビア自体の独立が更新された。[186]憲法裁判所のに関する事項に関する規則憲法

共和国大統領Predsednik共和国は)ある状態のヘッド5年の任期に一般投票によって選出され、2つの用語の最大に憲法によって制限されています。大統領は、軍の最高司令官であることに加えて、議会の同意を得て首相を任命するという手続き上の義務を負っており、外交政策に何らかの影響を及ぼしている。[187] セルビア進歩党のアレクサンダル・ヴチッチ、2017年の大統領選挙後の現大統領である。[188]大統領の座はNoviDvorです。

政府Vladaが)で構成されている首相と閣僚。政府は、立法と予算を提案し、法律を執行し、外交および内政を指導する責任があります。現在の首相は、セルビア進歩党によって指名されたアナ・ブルナビッチです。[189]

国会Narodnaskupštinaは)ある一院制の立法機関。国会は、法律を制定し、予算を承認し、大統領選挙を予定し、首相と他の大臣を選任して解任し、戦争を宣言し、国際条約と協定を批准する権限を持っています。[190]それは、4年の任期を務める250人の比例的に選出されたメンバーで構成されています。

2021年以来、議会の議席でセルビアで最大の政党は、人気のセルビア進歩党セルビアの左派社会党です[191]

  コソボ州をセルビアの不可欠な部分として認めている国
  コソボを独立国として認める国
  コソボを承認し、後にその承認を撤回した国

2021年、セルビアは、高位の公務を行う女性の数でヨーロッパで5番目の国でした。[192]

法と刑事正義

セルビアは、フランスオーストリアオランダ次ぐ、成文化された法制度を持つ4番目の現代ヨーロッパの国です。[193]

この国には3層の司法制度があり、最後の手段としての最高裁判所、上訴裁判所としての控訴裁判所、および最初の一般管轄としての基本裁判所と高等裁判所で構成されています。[194] [195]

特別管轄裁判所は、行政裁判所、商業裁判所(第2の場合は商業控訴裁判所を含む)、および不正行為裁判所(第2の場合は高等裁判所を含む)です。[196]司法は法務省によって監督されている。セルビアには典型的な大陸法の法制度があります。

法執行機関は、内務省に従属するセルビア警察の責任ですセルビア警察は27,363人の制服を着た警官を擁護している。[197] 国家安全保障と防諜は、セキュリティインテリジェンスエージェンシー(BIA)の責任です[198]

外交関係

セルビアの アレクサンダル・ヴチッチ大統領米国務長官の マイク・ポンペオが、ワシントンでの二国間会合の前に記者団に演説する(2020年)

セルビアは、191の国連加盟国聖座マルタ騎士団、および欧州連合との外交関係を確立しています。[199]外交関係は、外務省を通じて行われている。セルビアには65の大使館と23の領事館のネットワークがあります。[200]セルビアには、69の外国大使館、5つの領事館、4つの連絡事務所があります。[201] [202] セルビアの外交政策は、欧州連合(EU)の加盟国になるという戦略的目標を達成することに焦点を当てています。セルビアは、署名することによってEUに参加するプロセスを開始しました2008年4月29日に安定化連合協定を締結し、2009年12月22日に欧州連合への加盟を正式に申請しました。[203] 2012年3月1日に完全な候補者ステータスを取得し2014年1月21日に加盟交渉を開始しました。[204] [205]欧州委員会は、2025年までに加盟が可能であると考えています。[206]

2008年2月17日、コソボはセルビアからの独立一方的に宣言しました。抗議して、セルビアは当初、コソボの独立を認めた国々からの大使を呼び戻しました。[207] 2007年12月26日の国民議会による決議はコソボの独立宣言といかなる国によるその承認も、国際法の重大な違反となると述べた。[208]

セルビアは、平和のためパートナーシッププログラムと欧州大西洋パートナーシップ理事会に参加した2006年にNATOとの協力と対話を開始しました。国の軍事中立は、2007年12月にセルビア議会によって採択された決議によって正式に宣言されました。これにより、国民投票を条件とする軍事同盟に参加することができます[209] [210][211] [212] [213]一方、セルビアとロシアとの関係は、マスメディアによって「何世紀にもわたる宗教的、民族的、政治的同盟」として習慣的に説明されており[214]、ロシアは固めようとしたと言われている。2014年にロシアに対して制裁が課されて以来のセルビアとの関係[215]

軍隊

セルビアの軍隊の例。左上から時計回りに:セルビア陸軍 第63落下傘大隊セルビア空軍および防空 ミコヤンMiG-29M-84主力戦車およびエアバスヘリコプターH145M

セルビア軍は国防省に従属しており陸軍空軍で構成されています。が内陸国、セルビアは動作川小艦隊のパトロールドナウ川サヴァ、およびティサの川を。セルビアの参謀総長は国防大臣に報告します。参謀長は最高司令官ある大統領によって任命されます。[187] 2019年の時点で、セルビアの国防予算は8億400万ドルにのぼります。[216]

伝統的に多数の徴兵制に依存してきたセルビア軍は、小型化、リストラ、専門化の時期を経験しました徴兵制は2011年に廃止された。[217]セルビア軍には28,000人の現役軍隊があり、[218] 20,000人のメンバーを擁する「能動的予備軍」と約17万人の「受動的予備軍」によって補完されている。[219] [220]

セルビアはNATO 個別パートナーシップ行動計画プログラムに参加している[211]、1999年のユーゴスラビアへNATO爆撃の遺産である大衆の拒絶により、NATOに参加するつもりはない[221]これはオブザーバーメンバーである。集団証券条約機構(CSTO)[222]この国は、南東ヨーロッパの安定協定にも署名しました。セルビア軍は、レバノンキプロスコートジボワールリベリアでの展開を含む、いくつかの多国籍平和維持ミッションに参加しています。[223]

セルビアは、この地域の軍事機器の主要な生産国および輸出国です。2018年の防衛産業の輸出総額は約6億ドルでした。[224]防衛産業は長年にわたって大幅な成長を遂げており、毎年成長を続けています。[225] [226]

セルビアは、世界の民間人の中で銃器の数が最も多い国の1つです。[227]

行政区画

セルビアは、市町村/、地区、および2つの自治州で構成される単一国家[228]です。コソボを除くセルビアには、地方自治の基本単位である145の市町村(opštine)と29の市町村(gradovi)があります。[229]自治体/都市とは別に、24の地区okruzi、以下にリストされている最も人口の多い10)があり、ベオグラード市が追加の地区を構成しています。地方自治体が選出されたベオグラードを除いて、地区は州当局の地域の中心地ですが、独自の権限はありません。それらは純粋に行政区画を提示します。[229]

セルビアの憲法2つの自律州を認識し、ヴォイヴォディナ北の、そして紛争の領土コソボとメトヒヤ南は、[229]の残りの領域間、中央セルビアは、独自の地域の権限を持っていませんでした。コソボ戦争後国連安保理決議1244に従い国連の平和維持者はコソボとメトヒヤに入りましたセルビア政府は、コソボの2008年2月の独立宣言を、違法かつ非合法であると見なして認めていません。[230]

Statistical regions of Serbia NUTS 2.svg

人口統計

2011年の国勢調査の時点で、セルビア(コソボを除く)の総人口は7,186,862人であり、1平方キロメートルあたりの人口は92.8人であるため、全体の人口密度は中程度です。[231]で行われていなかった国勢調査コソボ1739825にそれらの総人口番号独自センサスを、保持された[232]セルビア人、居住除くノースコソボとして、セルビア人その領域から(約50,000)の国勢調査をボイコット。

民族構成(2011)
セルビア人
83.3%
ハンガリー人
3.5%
ローマ
2.1%
ボシュニャク人
2%
クロアチア人
0.8%
スロバキア
0.7%
他の
4.7%
不明/不明
3.3%

セルビアは1990年代の初めから人口動態の危機に耐えており、死亡率出生率を継続的に上回っています。[233] [234] 1990年代に30万人がセルビアを去ったと推定されており、その20%が高等教育を受けていた。[235] [236]セルビアはその後、世界で最も古い人口の1つであり、平均年齢は42.9歳であり[2]、その人口は世界で最も速い速度の1つで減少しています。[237]全世帯の5分の1は1人だけで構成されており、4人以上の4分の1だけで構成されています。[238]セルビアの平均余命出生時は76。1年です。[239]

1990年代、セルビアはヨーロッパで最大の難民人口を抱えていました。[240] 難民国内避難民セルビア(国内避難民)は一度に7%、人口の7.5%との間に形成された-約半分万人の難民が、一連の以下の国に避難を求めたユーゴスラビア紛争主にクロアチアから(とし、ボスニアとヘルツェゴビナからの範囲は少ない)とコソボからの国内避難民。[241]

5,988,150人のセルビア人はセルビアで最大の民族グループであり、総人口の83%を占めています(コソボを除く)。セルビアは、登録された少数民族の数が最も多いヨーロッパの国の1つですが、ヴォイヴォディナ県は、その多民族および多文化のアイデンティティで知られています。[242] [243] [244] 253,899人の人口を抱えるハンガリー人セルビアで最大の少数民族であり、主にヴォイヴォディナ北部に集中しており、国の人口の3.5%(ヴォイヴォディナでは13%)を占めています。 2011年の国勢調査によると、ロマの人口は147,604人ですが、非公式の推定では、実際の数は40万人から50万人の間です。[245] 145,278人のボシュニャク人は南西部のラシュカ(サンジャク)に集中している。他の少数民族には、クロアチア人スロバキア人アルバニア人モンテネグロ人ヴラフ人ルーマニア人マケドニア人ブルガリア人が含まれます。中国語、15,000と推定される、唯一の重要な非ヨーロッパ移民のマイノリティです。[246] [247]

人口の大部分、つまり59.4%は都市部に居住し、ベオグラードだけで約16.1%が居住しています。ベオグラードは100万人以上の住民がいる唯一の都市であり、10万人以上の住民がいる都市はさらに4つあります。[248]

 
 
セルビア最大の都市または町
ランク 名前 区域 ポップ。 ランク 名前 区域 ポップ。
Belgrade
ベオグラードノヴィ悲しい
Novi Sad
1 ベオグラード ベルグレイド市 1,233,796 11 スメデレボ ポドゥナヴリェ地区 64,175 Niš
ニシュKragujevacの
Kragujevac
2 ノヴィ悲しい 南バチュカ 277,522 12 レスコバツ ヤブラニツァ地区 60,288
3 ニシュ ニシャバ地区 187,544 13 バリエボ コルバラ地区 58,932
4 クラグイエバツ シュマディヤ地区 150,835 14 クルシェバツ ラシナ地区 58,745
5 スボティツァ 北バチュカ 105,681 15 ブラニエ プチニャ地区 55,138
6 ズレニャニン 中央バナト 76,511 16 シャバツ マチュヴァ郡 53,919
7 パンチェボ 南バナト 76,203 17 ウジツェ ズラティボル地区 52,646
8 チャチャク モラヴィツァ地区 73,331 18 ソンボル 西バチュカ 47,623
9 ノビ・パザル ラシュカ地区 66,527 19 ポジャレバツ ブラニチェヴォ地区 44,183
10 クラリエボ ラシュカ地区 64,175 20 ピロト ピロト地区 38,785

宗教

聖サヴァ教会、ベオグラードではの一つである最大の正教会の教会世界インチ [249]

The Constitution of Serbia defines it as a secular state with guaranteed religious freedom. Orthodox Christians with 6,079,396 comprise 84.5% of country's population. The Serbian Orthodox Church is the largest and traditional church of the country, adherents of which are overwhelmingly Serbs. Other Orthodox Christian communities in Serbia include Montenegrins, Romanians, Vlachs, Macedonians and Bulgarians.

In 2011, Roman Catholics numbered 356,957 in Serbia, or roughly 6% of the population, mostly in northern Vojvodina which is home to ethnic minority groups such as Hungarians, Croats, and Bunjevci, as well as to some Slovaks and Czechs.[250]

プロテスタントは、国の人口の約1%を占め、主にルターの中ヴォイヴォディナでスロバキアだけでなく、カルヴァン主義の中で改革ハンガリー人ギリシャのカトリック教会は、約25,000人の市民(人口の0.37%)、主にヴォイヴォディナのルシン人によって守られています。[251]

前面の碑文スボティツァの国立劇場公式でセルビア語と3つの少数民族の言語、ハンガリー語Bunjevacの方言とクロアチア。
セルビア語の地図-公式(紺色)または少数言語(水色)として認識されています。

イスラム教徒は、222,282人、つまり人口の3%を占め、3番目に大きな宗教グループを形成しています。イスラム教は、セルビアの南部地域、主にラシュカ南部で強い歴史的支持を持っています。ボシュニャク人はセルビアで最大のイスラム教コミュニティであり、アルバニア人がそれに続きます。国のロマ人の約3分の1がイスラム教徒であると推定されています。[要出典]

2011年には、セルビアに578人のユダヤ人しかいませんでした[252]第二次世界大戦前の3万人以上と比較して無神論者は80,053人、つまり人口の1.1%を数え、さらに4,070人が不可知論者であると宣言しました[252]

言語

公用語はセルビア語で、人口の88%が母国語です[252]セルビア語は、キリル文字ラテン文字の両方を使用した、アクティブなダイグラフィアを備えた唯一のヨーロッパ言語です。セルビア語キリル文字は、憲法で「公式の台本」として指定されており、1814年に、音素の原則に基づいてセルビアの言語学者VukKaradžićによって考案されました[253] 2014年の調査によると、セルビア人の47%がラテンアルファベットを好み、36%がキリル文字を好み、17%が好みを持っていません。[254]

標準セルビア語は、最も普及しているシュト方言に基づいています(より具体的には、Šumadija-VojvodinaおよびEastern Herzegovina [255]の方言に基づいています)。

認識された少数民族の言語は以下のとおりです。ハンガリー語ボスニア語スロバキア語クロアチア語アルバニア語ルーマニア語ブルガリア語Rusyn、およびマケドニアこれらの言語はすべて、少数民族が総人口の15%を超える自治体や都市で公式に使用されています。[256]ヴォイヴォディナでは、州政府はセルビアの他に5つの言語(スロバキア語、ハンガリー語、クロアチア語、ルーマニア語、ルシン語)を使用しています。

健康管理

The healthcare system in Serbia is organized and managed by the three primary institutions: The Ministry of Health, The Institute of Public Health of Serbia "Dr Milan Jovanović Batut" and the Military Medical Academy. The right to healthcare protections is defined as a constitutional right in Serbia.[257] The Serbian public health system is based on the principles of equity and solidarity, organized on the model of compulsory health insurance contributions.[258] Private health care is not integrated into the public health system, but certain services may be included by contracting.[258]

Building of the Military Medical Academy in Belgrade

保健省は医療政策を決定し、医療サービスの仕事の基準を採用しています。同省はまた、医療制度、健康保険、市民の健康の維持と改善、健康検査、医療サービスの業務の監督、および医療分野におけるその他の業務を担当しています。

セルビア公衆衛生研究所「DrMilanJovanovićBatut」は、医学統計疫学衛生学を担当しています。この中央の高等教育機関は、全国に広がる地方自治体および地域の公衆衛生センターの密なネットワークを管理および調整し、一次および二次レベル疫学および衛生の領域でサービスを提供します[259]共和国健康保険研究所は、すべてのレベルで医療の機能に資金を提供しています。[260]

セルビアで最も重要な医療機関の1つは、ベオグラードの軍事医療アカデミーです。[261]それは年間約30,000人の患者の世話をします(軍と民間の被保険者)。アカデミーは約30,000件の外科的介入と500,000件以上の専門家による検査を行っています。[262]

セルビア臨床センターはベオグラードの34ヘクタールに広がり、約50の建物で構成されています。また、3,150のベッドがあり、ヨーロッパで最も多く[263]、世界最も高い考えられています[264]

その他の重要な保健機関は、次のとおりKBC博士DragišaMišović、心血管研究所Detinje、[265] Kragujevacの臨床センターニシュの臨床センターヴォイヴォディナの臨床センターなどを。

セルビアの医療専門家は、「先駆的な仕事」と呼ばれる多くの手術を行ってきました。[266] [267]

経済

セルビア製品輸出マップ2019

セルビアは、中所得層の新興市場経済を持っています。[268]国際通貨基金によると、2018年のセルビアの名目GDPは公式には506.51億ドルまたは一人当たり7,243ドルと推定され、購買力平価のGDPは1,227.59億ドルまたは一人当たり17,555ドルでした。[269]経済は、GDPの67.9%を占めるサービスによって支配されおり、GDPの26.1%を占める産業、GDPの6%を占める農業がそれに続く。[270]セルビアの公式通貨はセルビアディナールISOコード:RSD)であり、中央銀行はセルビア国立銀行です。ベオグラード証券取引所は、市場の$ 8.65億時価総額とを持つ国で唯一の証券取引所、あるBELEX15 15ほとんどの液体銘柄を代表する主要な指標として。[271]この国は、社会進歩指数[272]で52位世界平和度指数で51位にランクされています[273]

経済は世界的な経済危機の影響を受けています。ほぼ10年間の力強い経済成長(年間平均4.45%)の後、セルビアは2009年にマイナス成長で-3%、2012年と2014年にそれぞれ-1%と-1.8%で不況に突入しました。[274]政府が危機の影響と戦っていたため、公的債務は2倍以上になりました。危機前のレベルはGDPの30%弱から約70%になり、最近は約50%に減少する傾向にあります。[275] [276]労働力は320万人で、56%がサービス部門、28.1%が産業、15.9%が農業に従事しています。[277] 2019年5月の平均月収は47,575ディナール、つまり525ドルでした。[278]失業率は依然として深刻な問題であり、2018年の時点で12.7%の割合です[277]

Since 2000, Serbia has attracted over $40 billion in foreign direct investment (FDI).[279] Blue-chip corporations making investments include: Fiat Chrysler Automobiles, Siemens, Bosch, Philip Morris, Michelin, Coca-Cola, Carlsberg and others.[280] In the energy sector, Russian energy giants, Gazprom and Lukoil have made large investments.[281] In metallurgy sector, Chinese steel and copper giants, Hesteel and Zijin Mining have acquired key complexes.[282]

セルビアの貿易収支は不利です。輸入は輸出を25%上回っています。セルビアの輸出、しかし、2018年に$ 19.2億ドルに達した年の最後のカップルで着実な成長を記録した[283]国が持っている自由貿易協定EFTACEFTA、欧州連合(EU)との特恵貿易体制を、環境設定の一般システムと米国、およびロシア、ベラルーシ、カザフスタン、トルコとの個別の自由貿易協定。[284]

農業

セルビアは2018年現在、世界最大のプラム生産国の1つです。プラムはセルビア国の果物と考えられています。[285]

セルビアは、さまざまな農業生産にとって非常に好ましい自然条件(土地と気候)を持っています。そこには5,056,000ヘクタールの農地(一人当たり0.7ヘクタール)があり、そのうち3,294,000ヘクタールが耕作可能な土地(一人当たり0.45ヘクタール)です。[286] 2016年、セルビアは32億ドル相当の農産物と食品を輸出し、輸出入比率は178%でした。[287]農業輸出は、世界市場でのセルビアの全売上高の5分の1以上を占めています。セルビアは、EUへの冷凍果物の最大のプロバイダーの1つです(フランス市場で最大、ドイツ市場で2番目に大きい)。[288]

農業生産は、肥沃なパノニア平原のヴォイヴォディナ最も顕著です。他の農業地域には、マチュヴァポモラヴリェタムナヴァラシーナヤブラニツァが含まれます。[289]

農業生産の構造では、70%が畑作であり、30%が家畜生産である。[289]セルビアは、世界で2番目に大きいプラムの生産者(582,485トン、中国に次ぐ)、2番目に大きいラズベリー(89,602トン、ポーランドに次ぐ)であり、トウモロコシの重要な生産者でもあります(648万トン、32位にランクされています。世界)と小麦(207万トン、世界で35位)。[168] [290]その他の重要な農産物はヒマワリテンサイ大豆、ジャガイモ、リンゴ、豚肉、牛肉、鶏肉、乳製品です。[291]

セルビアは56,000ヘクタールのブドウ園があり、年間約2億3,000万リットルのワインを生産しています。[168] [286]最も有名なブドウ栽培地域は、ヴォイヴォディナとシュマディヤにあります。[292]

業界

この業界は、1990年代国連制裁と貿易禁止およびNATO爆撃、そして2000年代の市場経済への移行によって最も大きな打撃を受けた経済部門でした[293]産業生産高は劇的な縮小を見せた:2013年には1989年の半分に過ぎないと予想された。[294]主な産業部門には、自動車、鉱業、非鉄金属、食品加工、電子機器、医薬品、服。セルビアには2017年9月の時点で14の経済自由区域があり[295]、そこでは多くの外国直接投資が実現されています。

自動車産業(フィアットクライスラーオートモービルズを先駆者とする)は、クラグイエバツとその周辺に位置するクラスターによって支配されており、約20億ドルの輸出に貢献しています。[296]国は東南ヨーロッパのより広い地域で有数の鉄鋼生産者であり、2018年には中国の河北鋼鉄が所有するスメデレボ製鉄所から完全に200万トン近くの生鋼を生産しました[297]セルビアの鉱業は比較的強力です。セルビアは、コルバラコストラツの大規模な鉱床から抽出された石炭の18番目に大きい生産者(ヨーロッパで7番目)です。盆地;また、2018年に中国のZijinMiningに買収された大手銅鉱山会社ZijinBor Copperによって抽出された、世界で23番目に大きい(ヨーロッパで3番目)銅の生産者です。Majdanpek周辺で重要な金の採掘が行われてます。セルビアは特にTeslaスマートフォンという名前のIntelスマートフォンを製造しています。[298]

食品産業は地域的にも国際的にもよく知られており、経済の強みのひとつです。[299]セルビアで生産を確立した国際的なブランド名のいくつか:食品加工部門のペプシコネスレ飲料業界のコカ・コーラ(ベオグラード)、ハイネケン(ノヴィ・サッド)、カールスバーグ(バチュカ・パランカ)。砂糖産業におけるノルトツッカー。[288]セルビアの電子産業は1980年代にピークを迎え、今日の産業は当時の3分の1に過ぎませんが、スボティツァにシーメンス(風力タービン)などの企業が投資することで、過去10年間に何らかの復活を遂げました。 、パナソニックSvilajnacの(照明器具)、ValjevoのGorenje(電気家電)。[300]セルビアの製薬業界は、ジェネリック医薬品のダースメーカーを含むのHemofarm VrsacのとでGalenika生産量の80%ベオグラードで、アカウント。国内生産は国内需要の60%以上を満たしています。[301]

エネルギー

Đerdap1水力発電所、ドナウ川で最大のダムであり、ヨーロッパで最大の水力発電所の1つ[302]

エネルギー部門は、国の経済にとって最大かつ最も重要な部門の1つです。セルビアは電力の純輸出国であり、主要な燃料(石油やガスなど)の輸入国です。

セルビアには豊富な石炭があり、石油とガスのかなりの埋蔵量があります。セルビアの確認埋蔵量55億トンの石炭亜炭は、世界で5番目に大きい(ヨーロッパでドイツに次ぐ2番目)。[303] [304]石炭は、コルバラ(40億トンの埋蔵量)とコストラツ(15億トン)の2つの大きな鉱床で発見されています。[303]世界規模で小さいにもかかわらず、セルビアの石油およびガス資源(それぞれ7,740万トンの石油換算および481億立方メートル)は、旧ユーゴスラビアおよびバルカン半島(ルーマニアを除く)。[305]発見された石油とガスのほぼ90%はバナトで発見され、それらの油田とガス田は、パノニア盆地で最大のサイズの1つですが、ヨーロッパ規模では平均的です。[306]

2015年のセルビアの発電量は365億キロワット時(KWh)でしたが、最終的な電力消費量は355億キロワット時(KWh)でした。[307]生産される電力の大部分は火力発電所(全電力の72.7%)から供給され、水力発電所(27.3%)からはそれほどではありません[308] 3,936MWの設備電力を備えた6つの褐炭火力発電所があります。最大のものは、両方ともObrenovacにある1,502 MW- Nikola Tesla1と1,160MW- Nikola Tesla2です。[309] 9つの水力発電所の総設置電力は2,831MWであり、そのうち最大のものはĐerdap1です。容量は1,026MWです。[310]これに加えて、設置電力が353MWのマズートおよびガス式火力発電所があります。[311]電力の生産全体は、公益事業の電力会社であるElektroprivreda Srbije(EPS)集中しています。

セルビアの現在の石油生産量は石油換算で110万トンを超え[312]、残りは輸入されている間、国のニーズの約43%を満たしています。[313]全国のガソリン会社、Naftna Industrija Srbije(NIS)は、によって2008年に買収されたガスプロムネフチパンチェボにある同社の製油所(容量480万トン)は、ヨーロッパで最も近代的な石油製油所の1つです。また、セルビアで334のガソリンスタンド(国内市場の74%)、ボスニア・ヘルツェゴビナ36のガソリンスタンドブルガリア31のガソリンスタンドルーマニアで28のガソリンスタンドのネットワークを運営しています[314] [315]国境を越えたアドリア石油パイプラインの一部として、パンチェボとノヴィサド製油所を結ぶ155キロメートルの原油パイプラインがあります。[316]

セルビアは外国の天然ガス源に大きく依存しており、国内生産からの生産はわずか17%(2012年には合計4億9,100万立方メートル)で、残りは主にロシアから(ウクライナとハンガリーを通るガスパイプライン経由で)輸入されています。[313] 公営企業のセルビアガスは、3,177キロメートルの幹線および地域の天然ガスパイプラインと、4億5,000万立方メートルの地下ガス貯蔵施設を含む天然ガス輸送システムをBanatskiDvorで運営しています。[317]

2020年11月、セルビアとスルプスカの政府は、ドリナ川に5億2000万ユーロと推定される3つの水力発電所の建設を発表しました。[318] [319] 2021年1月、セルビアを経由してバルカンストリームのガスパイプラインが開通した。[320]

輸送

セルビアは、国のバックボーンであるモラババレーがヨーロッパ大陸から小アジアおよび近東への最も簡単な陸路であるため、戦略的な輸送場所を持っています。[321]

セルビアの道路網は、国内の交通の大部分を運んでいます。道路の全長は45,419kmで、そのうち962 kmは「クラスIA州道」(つまり高速道路)です。4,517 kmは「クラスIB州道」(国道)です。10,941 kmは「クラスII州道」(地方道路)であり、23,780kmは「市道」です。[322] [323] [324]道路網は、ほとんどのクラスIA道路を除いて、過去20年間の維持管理のための財源が不足しているため、西ヨーロッパの基準よりも比較的質が低い。

新しい高速道路の300キロ以上は最後の十年に建設されており、追加の154キロは、現在建設中である:A5高速道路(の北からKrusevacのチャチャク)との31キロ、長いセグメントA2(間チャチャクポジェガ)。[325] [326] コーチの輸送は非常に広範囲です。大都市から村まで、国内のほぼすべての場所がバスで接続されています。さらに、国際ルートがあります(主に西ヨーロッパの国々への大きなセルブディアスポラがあります)。国内線と国際線の両方のルートは、100以上の都市間バスサービスによって提供されており、その最大のものはLastaNiš-Ekspres2018年現在、3.5人あたり1,999,771台の登録乗用車または1台の乗用車があります。[327]

高速道路ネットワーク
  稼働中
  工事中
  計画

セルビアには3,819キロメートルの線路があり、そのうち1,279キロメートルは電化されており、283キロメートルは複線鉄道です。[168]主要な鉄道ハブはベオグラード(および程度は低いがニシュ)であるが、最も重要な鉄道には、ベオグラード-スボチカ-ブダペスト(ハンガリー)(現在高速状態にアップグレードされている)、ベオグラード-バー(モンテネグロ)ベオグラード–シッド–ザグレブ(クロアチア)/ベオグラード–ニシュ–ソフィア(ブルガリア)汎ヨーロッパ回廊Xの一部)、およびニシュ–テッサロニキ(ギリシャ)。依然として貨物輸送の主要なモードですが、鉄道はインフラストラクチャの維持と速度の低下に関してますます問題に直面しています。鉄道サービスはSrbijaVoz(旅客輸送)とSrbijaKargoによって運営されています (freight transport).[328]

There are three airports with regular passenger traffic. Belgrade Nikola Tesla Airport served 6.2 million passengers in 2019 and is a hub of flagship carrier Air Serbia which flies to 59 destinations in 32 countries and carried some 2.8 million passengers in 2019.[329][330] Niš Constantine the Great Airport and Morava Airport are mainly catering low-cost airlines but also serving as secondary Air Serbia hubs.[331]

Serbia has a developed inland water transport since there are 1,716 kilometres of navigable inland waterways (1,043 km of navigable rivers and 673 km of navigable canals), which are almost all located in northern third of the country.[168] The most important inland waterway is the Danube (part of Pan-European Corridor VII). Other navigable rivers include Sava, Tisza, Begej and Timiş River, all of which connect Serbia with Northern and Western Europe through the Rhine–Main–Danube Canal and North Sea route, to Eastern Europe via the Tisza, Begej and Danube Black Sea routes, and to Southern Europe via the Sava river. More than 8 million tonnes of cargo were transported on Serbian rivers and canals in 2018 while the largest river ports are: Novi Sad, Belgrade, Pančevo, Smederevo, Prahovo and Šabac.[332][333]

Telecommunications

Fixed telephone lines connect 81% of households in Serbia, and with about 9.1 million users the number of cellphones surpasses the total population of by 28%.[334] The largest mobile operator is Telekom Srbija with 4.2 million subscribers, followed by Telenor with 2.8 million users and A1 with about 2 million.[334] Some 58% of households have fixed-line (non-mobile) broadband Internet connection while 67% are provided with pay television services (i.e. 38% cable television, 17% IPTV, and 10% satellite).[334] Digital television transition has been completed in 2015 with DVB-T2 standard for signal transmission.[335][336]

Tourism

Clockwise from left: 1. Đavolja Varoš natural monument 2. Golubac Fortress. 3. Studenica Monastery, a UNESCO World Heritage Site. 4. Subotica, a city built in Art Nouveau style.

Serbia is not a mass-tourism destination but nevertheless has a diverse range of touristic products.[337] In 2019, total of over 3.6 million tourists were recorded in accommodations, of which half were foreign.[338] Foreign exchange earnings from tourism were estimated at $1.5 billion.[339]

Tourism is mainly focused on the mountains and spas of the country, which are mostly visited by domestic tourists, as well as Belgrade and, to a lesser degree, Novi Sad, which are preferred choices of foreign tourists (almost two-thirds of all foreign visits are made to these two cities).[340][341] The most famous mountain resorts are Kopaonik, Stara Planina and Zlatibor. There are also many spas in Serbia, the biggest of which are Vrnjačka Banja, Soko Banja, and Banja Koviljača. City-break and conference tourism is developed in Belgrade and Novi Sad.[342] Other touristic products that Serbia offer are natural wonders like Đavolja varoš,[343] Christian pilgrimage to the many Orthodox monasteries across the country and the river cruising along the Danube. There are several internationally popular music festivals held in Serbia, such as EXIT (with 25–30,000 foreign visitors coming from 60 different countries) and the Guča trumpet festival.[344]

Education and science

Astrophysicist Milutin Milanković was an important climate science theorist[345]
Nikola Tesla contributed to the design of the modern AC electricity supply system.[346]

According to 2011 census, literacy in Serbia stands at 98% of population while computer literacy is at 49% (complete computer literacy is at 34.2%).[347] Same census showed the following levels of education: 16.2% of inhabitants have higher education (10.6% have bachelors or master's degrees, 5.6% have an associate degree), 49% have a secondary education, 20.7% have an elementary education, and 13.7% have not completed elementary education.[348]

Education in Serbia is regulated by the Ministry of Education and Science. Education starts in either preschools or elementary schools. Children enroll in elementary schools at the age of seven. Compulsory education consists of eight grades of elementary school. Students have the opportunity to attend gymnasiums and vocational schools for another four years, or to enroll in vocational training for 2 to 3 years. Following the completion of gymnasiums or vocational schools, students have the opportunity to attend university.[349] Elementary and secondary education are also available in languages of recognised minorities in Serbia, where classes are held in Hungarian, Slovak, Albanian, Romanian, Rusyn, Bulgarian as well as Bosnian and Croatian languages. Petnica Science Center is a notable institution for extracurricular science education focusing on gifted students.[350]

There are 19 universities in Serbia (nine public universities with a total number of 86 faculties and ten private universities with 51 faculties).[351] In 2018/2019 academic year, 210,480 students attended 19 universities (181,310 at public universities and some 29,170 at private universities) while 47,169 attended 81 "higher schools".[168][352] Public universities in Serbia are: the University of Belgrade (oldest, founded in 1808, and largest university with 97,696 undergraduates and graduates[352]), University of Novi Sad (founded in 1960 and with student body of 42,489),[352] University of Niš (founded in 1965; 20,559 students),[352] University of Kragujevac (founded in 1976; 14,053 students), University of Priština (located in North Mitrovica), Public University of Novi Pazar as well as three specialist universities – University of Arts, University of Defence and University of Criminal Investigation and Police Studies. Largest private universities include Megatrend University and Singidunum University, both in Belgrade, and Educons University in Novi Sad. The University of Belgrade (placed in 301–400 bracket on 2013 Shanghai Ranking of World Universities, being best-placed university in Southeast Europe after those in Athens and Thessaloniki) and University of Novi Sad are generally considered the best institutions of higher learning in the country.[353]

The Serbian Academy of Sciences and Arts, founded in 1841, is the oldest Balkan national learned society

Serbia spent 0.9% of GDP on scientific research in 2017, which is slightly below the European average.[354] Serbia was ranked 53rd in the Global Innovation Index in 2020, up from 57th in 2019.[355][356][357][358] Since 2018, Serbia is a full member of CERN.[359][360] Serbia has a long history of excellence in maths and computer sciences which has created a strong pool of engineering talent, although economic sanctions during the 1990s and chronic underinvestment in research forced many scientific professionals to leave the country.[361] Nevertheless, there are several areas in which Serbia still excels such as growing information technology sector, which includes software development as well as outsourcing. It generated over $1.2 billion in exports in 2018, both from international investors and a significant number of dynamic homegrown enterprises.[362] Serbia is one of the countries with the highest proportion of women in science.[363] Among the scientific institutes operating in Serbia, the largest are the Mihajlo Pupin Institute and Vinča Nuclear Institute, both in Belgrade. The Serbian Academy of Sciences and Arts is a learned society promoting science and arts from its inception in 1841.[364]

Culture

For centuries straddling the boundaries between East and West, the territory of Serbia had been divided among the Eastern and Western halves of the Roman Empire; then between Byzantium and the Kingdom of Hungary; and in the early modern period between the Ottoman Empire and the Habsburg Empire. These overlapping influences have resulted in cultural varieties throughout Serbia; its north leans to the profile of Central Europe, while the south is characteristic of the wider Balkans and even the Mediterranean. The Byzantine influence on Serbia was profound, first through the introduction of Eastern Christianity in the Early Middle Ages. The Serbian Orthodox Church has [[List of Serb Orthodox monasteries|many monasteries built in the Serbian Middle Ages. Serbia was influenced by the Republic of Venice as well, mainly though trade, literature and romanesque architecture.[365][366]

Serbia has five cultural monuments inscribed in the list of UNESCO World Heritage: the early medieval capital Stari Ras and the 13th-century monastery Sopoćani; the 12th-century Studenica monastery; the Roman complex of Gamzigrad–Felix Romuliana; medieval tombstones Stećci; and finally the endangered Medieval Monuments in Kosovo (the monasteries of Visoki Dečani, Our Lady of Ljeviš, Gračanica and Patriarchal Monastery of Peć).[367]

There are two literary works on UNESCO's Memory of the World Programme: the 12th-century Miroslav Gospel, and scientist Nikola Tesla's archive. The slava (patron saint veneration), kolo (traditional folk dance), singing to the accompaniment of the gusle and Zlakusa pottery[368] are inscribed on UNESCO Intangible Cultural Heritage Lists. The Ministry of Culture and Information is tasked with preserving the nation's cultural heritage and overseeing its development, with further activities undertaken by local governments.

Art and architecture

Mileševa monastery's White Angel fresco (1235) was in the first Europe-to-America satellite broadcast.[369]

Traces of Roman and early Byzantine Empire architectural heritage are found in many royal cities and palaces in Serbia, such as Sirmium, Felix Romuliana and Justiniana Prima, since 535 the seat of the Archbishopric of Justiniana Prima.[370]

Serbian monasteries were under the influence of Byzantine Art, particularly after the fall of Constantinople in 1204 when many Byzantine artists fled to Serbia.[371] The monasteries include Studenica (built around 1190), which was a model for such later monasteries as Mileševa, Sopoćani, Žiča, Gračanica and Visoki Dečani. Numerous monuments and cultural sites were destroyed at various stages of Serbian history, including destruction in Kosovo. In the late 14th and the 15th centuries, an autochthonous architectural style known as Morava style evolved in the area around Morava Valley. A characteristic of this style was the wealthy decoration of the frontal church walls. Examples of this include Manasija, Ravanica and Kalenić monasteries.

Frescos include White Angel (Mileševa monastery), Crucifixion (Studenica monastery) and Dormition of the Virgin (Sopoćani).[372]

The country is dotted with many well-preserved medieval fortifications and castles such as Smederevo Fortress (largest lowland fortress in Europe),[373] Golubac, Maglič, Soko grad, Belgrade Fortress, Ostrvica and Ram.

Under Ottoman occupation, Serbian art was virtually non-existent outside the lands ruled by the Habsburg Monarchy. Traditional Serbian art showed Baroque influences at the end of the 18th century as shown in the works of Nikola Nešković, Teodor Kračun, Zaharije Orfelin and Jakov Orfelin.[374]

Performance artist Marina Abramović

Serbian painting showed the influence of Biedermeier and Neoclassicism as seen in works by Konstantin Danil,[375] Arsenije Teodorović and Pavel Đurković.[376] Many painters followed the artistic trends set in the 19th century Romanticism, notably Đura Jakšić, Stevan Todorović, Katarina Ivanović and Novak Radonić.[377][378]

Serbian painters of the first half of the 20th century include Paja Jovanović and Uroš Predić of Realism, Cubist Sava Šumanović, Milena Pavlović-Barili and Nadežda Petrović of Impressionism, Expressionist Milan Konjović. Painters of the second half of 20th century include Marko Čelebonović, Petar Lubarda, Milo Milunović, Ljubomir Popović and Vladimir Veličković.[379]

Anastas Jovanović was one of the earliest photographers in the world. Marina Abramović is a performance artist. Pirot carpet is a traditional handicraft in Serbia.[380][381]

There are around 180 museums in Serbia,[382] including the National Museum of Serbia, founded in 1844, houses one of the largest art collections in the Balkans, including many foreign pieces.[383] Other art museums include the Museum of Contemporary Art in Belgrade, the Museum of Vojvodina and the Gallery of Matica Srpska in Novi Sad.

Literature

Serbian uses the Cyrillic alphabet created by the brothers Cyril and Methodius in the Balkans.[384] Serbian works from the early 11th century are written in Glagolitic. Starting in the 12th century, books were written in Cyrillic. The Miroslav Gospels from 1186 are considered to be the oldest book of Serbian medieval history and are listed in UNESCO's Memory of the World Register.[385]

Medieval authors include Saint Sava, Jefimija, Stefan Lazarević, Constantine of Kostenets and others.[386] Under Ottoman occupation, when Serbia was not part of the European Renaissance, the tradition of oral story-telling through epic poetry was inspired by the Kosovo battle and folk tales rooted in Slavic mythology. Serbian epic poetry in those times was seen as the most effective way in preserving the national identity.[387][388] The oldest known, entirely fictional poems, make up the Non-historic cycle, which is followed by poems inspired by events before, during and after the Battle of Kosovo. Some cycles are dedicated to Serbian legendary hero, Marko Kraljević, others are about hajduks and uskoks, and the last one is dedicated to the liberation of Serbia in the 19th century. Folk ballads include The Death of the Mother of the Jugović Family and The Mourning Song of the Noble Wife of the Asan Aga (1646), translated into European languages by Goethe, Walter Scott, Pushkin and Mérimée. A tale from Serbian folklore is The Nine Peahens and the Golden Apples.[389]

Miroslav's Gospel (1186) is a 362-page illuminated manuscript on parchment listed in UNESCO's Memory of the World Register.
Ivo Andrić, Yugoslav writer and the 1961 winner of the Nobel Prize in Literature, in his home in Belgrade

Baroque trends in Serbian literature emerged in the late 17th ccentury. Baroque-influenced authors include Gavril Stefanović Venclović, Jovan Rajić, Zaharije Orfelin, and Andrija Zmajević.[390] Dositej Obradović was a prominent figure of the Age of Enlightenment, while Jovan Sterija Popović was a Classicist writer whose works also contained elements of Romanticism.[391] In the era of national revival, in the first half of the 19th century, Vuk Stefanović Karadžić collected Serbian folk literature, and reformed the Serbian language and spelling,[392] paving the way for Serbian Romanticism. The first half of the 19th century was dominated by Romanticist writers, including Petar II Petrović-Njegoš, Branko Radičević, Đura Jakšić, Jovan Jovanović Zmaj and Laza Kostić, while the second half of the century was marked by Realist writers such as Milovan Glišić, Laza Lazarević, Simo Matavulj, Stevan Sremac, Vojislav Ilić, Branislav Nušić, Radoje Domanović and Borisav Stanković.

The 20th century was dominated by the prose writers Meša Selimović (Death and the Dervish), Miloš Crnjanski (Migrations), Isidora Sekulić (The Chronicle of a Small Town Cemetery), Branko Ćopić (Eagles Fly Early), Borislav Pekić (The Time of Miracles), Danilo Kiš (The Encyclopedia of the Dead), Dobrica Ćosić (The Roots), Aleksandar Tišma (The Use of Man), Milorad Pavić and others.[393][394] Notable poets include Milan Rakić, Jovan Dučić, Vladislav Petković Dis, Rastko Petrović, Stanislav Vinaver, Dušan Matić, Branko Miljković, Vasko Popa, Oskar Davičo, Miodrag Pavlović, and Stevan Raičković.[395]

Pavić is a 21st century Serbian author whose Dictionary of the Khazars has been translated into 38 languages.[396] Contemporary authors include David Albahari, Svetislav Basara, Goran Petrović, Gordana Kuić, Vuk Drašković and Vladislav Bajac. Serbian comics emerged in the 1930s and the medium remains popular today.

Ivo Andrić (The Bridge on the Drina) is a Serbian author [397] who won the Nobel Prize in Literature in 1961. Another writer was Desanka Maksimović, who for seven decades was the leading lady of Yugoslav poetry.[398][399][400][401][402] She is honoured with statues, postage stamps, and the names of streets across Serbia.[403][404][405]

There are 551 public libraries, the largest of which are: the National Library of Serbia in Belgrade with about 6 million items,[406] and Matica Srpska (the oldest matica and Serbian cultural institution, founded in 1826) in Novi Sad with nearly 3.5 million volumes.[407][408] In 2010, there were 10,989 books and brochures published.[168] The book publishing market is dominated by several major publishers such as Laguna and Vulkan (both of which operate their own bookstore chains) and the industry's centrepiece event, annual Belgrade Book Fair, is the most visited cultural event in Serbia with 158,128 visitors in 2013.[409] The highlight of the literary scene is awarding of NIN Prize, given every January since 1954 for the best newly published novel in Serbian.[410][411]

Music

Composer and musicologist Stevan Stojanović Mokranjac is considered the founder of modern Serbian music.[412][413] The Serbian composers of the first generation Petar Konjović, Stevan Hristić, and Miloje Milojević maintained the national expression and modernised the romanticism into the direction of impressionism.[414][415] Other famous classical Serbian composers include Isidor Bajić, Stanislav Binički and Josif Marinković.[416][417] There are three opera houses in Serbia: Opera of the National Theatre and Madlenianum Opera, both in Belgrade, and Opera of the Serbian National Theatre in Novi Sad. Four symphonic orchestra operate in the country: Belgrade Philharmonic Orchestra, Niš Symphony Orchestra, Novi Sad Philharmonic Orchestra and Symphonic Orchestra of Radio Television of Serbia. The Choir of Radio Television of Serbia is a leading vocal ensemble in the country.[418] The BEMUS is one of the most prominent classical music festivals in the Southeastern Europe.

Traditional Serbian music includes various kinds of bagpipes, flutes, horns, trumpets, lutes, psalteries, drums and cymbals. The kolo is the traditional collective folk dance, which has a number of varieties throughout the regions. The most popular are those from Užice and Morava region. Sung epic poetry has been an integral part of Serbian and Balkan music for centuries. In the highlands of Serbia these long poems are typically accompanied on a one-string fiddle called the gusle, and concern themselves with themes from history and mythology. There are records of gusle being played at the court of the 13th-century King Stefan Nemanjić.[419]

Pop music artist Željko Joksimović won second place at the 2004 Eurovision Song Contest and Marija Šerifović won the 2007 Eurovision Song Contest with the song "Molitva", and Serbia was the host of the 2008 edition of the contest. Pop singers include Zdravko Čolić, Vlado Georgiev, Aleksandra Radović, Jelena Tomašević and Nataša Bekvalac, among others.

Exit Festival in Novi Sad, proclaimed as the Best Major European festival at the EU Festival Awards[420]

Serbian rock was part of the former Yugoslav rock scene during the 1960s, 1970s and 1980s. During the 1990s and 2000s, the popularity of rock music declined in Serbia,[421] and although several major mainstream acts managed to sustain their popularity, an underground and independent music scene developed.[422] The 2000s saw a revival of the mainstream scene and the appearance of a large number of notable acts. Serbian rock acts include Atheist Rap, Bajaga i Instruktori, Đorđe Balašević, Bjesovi, Block Out, Crni Biseri, Disciplina Kičme, Elipse, Ekatarina Velika, Električni Orgazam, Eva Braun, Galija, Generacija 5, Goblini, Idoli, Kanda, Kodža i Nebojša, Kerber, Korni Grupa, Laboratorija Zvuka, Slađana Milošević, Neverne Bebe, Obojeni Program, Orthodox Celts, Partibrejkers, Pekinška Patka, Piloti, Riblja Čorba, Ritam Nereda, Rambo Amadeus, S.A.R.S., Siluete, S Vremena Na Vreme, Šarlo Akrobata, Pop Mašina, Smak, U Škripcu, Van Gogh, YU Grupa, Zana and others.

Folk music in its original form has been a prominent music style since World War I following the early success of Sofka Nikolić. The music has been further promoted by Danica Obrenić, Anđelija Milić, Nada Mamula, and during the 60s and 70s with performers like Silvana Armenulić, Toma Zdravković, Lepa Lukić, Vasilija Radojčić, Vida Pavlović and Gordana Stojićević.

Turbo-folk music is a subgenre that was developed in Serbia in the late 1980s and the beginning of the 1990s[424] and has since enjoyed an immense popularity[425] through acts of Dragana Mirković, Zorica Brunclik, Šaban Šaulić, Ana Bekuta, Sinan Sakić, Vesna Zmijanac, Mile Kitić, Snežana Đurišić, Šemsa Suljaković, and Nada Topčagić. It is a blend of folk music with pop and/or dance elements and can be seen as a result of the urbanisation of folk music. In recent years, turbo-folk has featured even more pop music elements, and some of the performers have been labeled as pop-folk. The most famous among them are Ceca (often considered to be the biggest music star of Serbia[426]), Jelena Karleuša,[427] Aca Lukas, Seka Aleksić, Dara Bubamara, Indira Radić, Saša Matić, Viki Miljković, Stoja and Lepa Brena, arguably the most prominent performer of former Yugoslavia.[428]

Balkan Brass, or truba ("trumpet") is a popular genre, especially in Central and Southern Serbia where Balkan Brass originated. The music has its tradition from the First Serbian Uprising. The trumpet was used as a military instrument to wake and gather soldiers and announce battles, and it took on the role of entertainment during downtime, as soldiers used it to transpose popular folk songs. When the war ended and the soldiers returned to the rural life, the music entered civilian life and eventually became a music style, accompanying births, baptisms, weddings, and funerals. There are two main varieties of this genre, one from Western Serbia and the other from Southern Serbia, with brass musician Boban Marković being one of the most respected names in the world of modern brass band bandleaders.[429]

The most popular music festivals are Guča Trumpet Festival, with over 300,000 annual visitors, and EXIT in Novi Sad (won the Best Major Festival award at the European Festivals Awards for 2013 and 2017.), with 200,000 visitors in 2013.[430][431] Other festivals include Nišville Jazz Festival in Niš and Gitarijada rock festival in Zaječar.

Theatre and cinema

Serbia has a well-established theatrical tradition with Joakim Vujić considered the founder of modern Serbian theatre.[432] Serbia has 38 professional theatres and 11 theatres for children,[433] the most important of which are National Theatre in Belgrade, Serbian National Theatre in Novi Sad, National Theatre in Subotica, National Theatre in Niš and Knjaževsko-srpski teatar in Kragujevac (the oldest theatre in Serbia, established in 1835). The Belgrade International Theatre Festival – BITEF, founded in 1967, is one of the oldest theatre festivals in the world, and it has become one of the five biggest European festivals.[434][435] Sterijino pozorje is, on the other hand, a festival showcasing national drama plays. The most important Serbian playwrights were Jovan Sterija Popović and Branislav Nušić, while recent renowned names are Dušan Kovačević and Biljana Srbljanović.[436]

The foundation of Serbian cinema dates back to 1896 with the release of the oldest movie in the Balkans, The Life and Deeds of the Immortal Vožd Karađorđe, a biopic about Serbian revolutionary leader Karađorđe.[437][438]

Serbian cinema is one of the most dynamic smaller European cinematographies. Serbia's film industry is heavily subsidised by the government, mainly through grants approved by the Film Centre of Serbia.[439] As of 2019, there were 26 feature films produced in Serbia, of which 14 were domestic films.[440] There are 23 operating cinemas in the country, of which 13 are multiplexes (all but two belonging to either Cineplexx or CineStar chains), with total attendance reaching 4.8 million. A comparatively high percentage of 20% of total tickets sold were for domestic films.[441] Modern PFI Studios located in Šimanovci is nowadays Serbia's only major film studio complex; it consists of 9 sound stages and attracts mainly international productions, primarily American and West European.[442] The Yugoslav Film Archive used to be former Yugoslavia's and now is Serbia's national film archive – with over 100 thousand film prints, it is among the five largest film archives in the world.[443][444]

Famous Serbian filmmaker Emir Kusturica won two Palmes d'Or for Best Feature Film at the Cannes Film Festival, for When Father Was Away on Business in 1985 and then again for Underground in 1995; he has also won a Silver Bear at the Berlin Film Festival for Arizona Dream and a Silver Lion at the Venice Film Festival for Black Cat, White Cat.[445] Other renowned directors include Dušan Makavejev, Želimir Žilnik (Golden Berlin Bear winner), Aleksandar Petrović, Živojin Pavlović, Goran Paskaljević, Goran Marković, Srđan Dragojević, Srdan Golubović and Mila Turajlić among others. Serbian-American screenwriter Steve Tesich won the Academy Award for Best Original Screenplay in 1979 for the movie Breaking Away.

Prominent movie stars in Serbia have left a celebrated heritage in the cinematography of Yugoslavia as well. Notable mentions are Zoran Radmilović, Pavle Vuisić, Ljubiša Samardžić, Olivera Marković, Mija Aleksić, Miodrag Petrović Čkalja, Ružica Sokić, Velimir Bata Živojinović, Danilo Bata Stojković, Seka Sablić, Olivera Katarina, Dragan Nikolić, Mira Stupica, Nikola Simić, Bora Todorović and others. Milena Dravić was one of the most celebrated actresses in Serbian cinematography, winning the Best Actress Award at the Cannes Film Festival in 1980.[446][447]

Media

Freedom of the press and freedom of speech are guaranteed by the constitution of Serbia.[448] Serbia is ranked 90th out of 180 countries in the 2019 Press Freedom Index report compiled by Reporters Without Borders.[449] The report noted that media outlets and journalists continue to face partisan and government pressure over editorial policies. Also, the media are now more heavily dependent on advertising contracts and government subsidies to survive financially.[450][451][452]

According to EBU research in 2018, Serbs on average watch five and a half hours of television per day, making it the second highest average in Europe.[453] There are seven nationwide free-to-air television channels, with public broadcaster Radio Television of Serbia (RTS) operating three (RTS1, RTS2 and RTS3) and private broadcasters operating four (Pink, Prva, Happy, and O2). In 2019, preferred usage of these channels was as follows: 19.3% for RTS1, 17.6% for Pink, 10.5% for Prva, 6.9% for Happy, 4.1% for O2, and 1.6% for RTS2.[454] There are 28 regional television channels and 74 local television channels.[168] Besides terrestrial channels there are dozens of Serbian television channels available only on cable or satellite. These include regional news N1, commercial channel Nova S, and regional sports channels Sport Klub and Arena Sport, among others.

There are 247 radio stations in Serbia.[168] Out of these, six are radio stations with national coverage, including two of public broadcaster Radio Television of Serbia (Radio Belgrade 1 and Radio Belgrade 2/Radio Belgrade 3) and four private ones (Radio S1, Radio S2, Play Radio, and Radio Hit FM). Also, there are 34 regional stations and 207 local stations.[455]

There are 305 newspapers published in Serbia[456] of which 12 are daily newspapers. Dailies Politika and Danas are Serbia's papers of record, the former being the oldest newspaper in the Balkans, founded in 1904.[457] Highest circulation newspapers are tabloids Večernje Novosti, Blic, Kurir, and Informer, all with more than 100,000 copies sold.[458] There is one daily newspaper devoted to sports (Sportski žurnal), one business daily (Privredni pregled), two regional newspapers (Dnevnik published in Novi Sad and Narodne novine from Niš), and one minority-language daily (Magyar Szo in Hungarian, published in Subotica).

There are 1,351 magazines published in the country.[456] These include: weekly news magazines NIN, Vreme and Nedeljnik; popular science magazine Politikin Zabavnik; women's magazine Lepota & Zdravlje; auto magazine SAT revija; and IT magazine Svet kompjutera. In addition, there is a wide selection of Serbian editions of international magazines, such as Cosmopolitan, Elle, Men's Health, National Geographic, Le Monde diplomatique, Playboy, and Hello!, among others.

The main news agencies are Tanjug, Beta and Fonet.

As of 2017, out of 432 web-portals (mainly on the .rs domain)[459] the most visited are online editions of printed dailies Blic and Kurir, news web-portal B92, and classifieds KupujemProdajem.[460]

Cuisine

A Serbian Christmas meal with roast pork, Russian salad and red wine.
Gibanica, a Serbian pastry usually made with cottage cheese and eggs.

Serbian cuisine is largely heterogeneous in a way characteristic of the Balkans and, especially, the former Yugoslavia. It features foods characteristic of lands formerly under Turkish suzerainty as well as cuisine originating from other parts of Central Europe (especially Austria and Hungary). Food is very important in Serbian social life, particularly during religious holidays such as Christmas, Easter and feast days i.e. slava.[461]

Staples of the Serbian diet include bread, meat, fruits, vegetables, and dairy products. Bread plays an important role in Serbian cuisine and can be found in religious rituals. A traditional Serbian welcome is to offer bread and salt to guests. Meat is widely consumed, as is fish. The southern Serbian city of Leskovac is host to Roštiljijada, a yearly grilled meat barbecue-based festival that is considered the biggest barbecue festival in the Balkans.[462]

Other Serbian specialties include ćevapčići (grilled and seasoned caseless sausages made from minced meat), pljeskavica (grilled spiced meat patty made from a mixture of pork, beef and lamb), gibanica (cheese pie), burek (baked pastry made from a thin flaky dough that is stuffed with meat, cheese or vegetables), sarma (stuffed cabbage), punjena paprika (stuffed pepper), moussaka (casserole made from minced meat, eggs, and potatoes), Karađorđeva šnicla (veal or pork schnitzel that is stuffed with kajmak), đuveč (meat and vegetable stew), pasulj (bean soup), podvarak (roast meat with sauerkraut), ajvar (roasted red pepper spread), kajmak (dairy product similar to clotted cream), čvarci (variant of pork rinds), proja (cornbread) and kačamak (corn-flour porridge).[463]

Serbians claim their country as the birthplace of rakia (rakija), a highly alcoholic drink primarily distilled from fruit. Rakia in various forms is found throughout the Balkans, notably in Bulgaria, Croatia, Slovenia, Montenegro, Hungary and Turkey. Slivovitz (šljivovica), a plum brandy, is a type of rakia which is considered the national drink of Serbia.[464]

Winemaking traditions in Serbia dates back to Roman times.[465] Serbian wines are produced in 22 different geographical regions, with white wine dominating the total amount.[466] Besides rakia and wine, beer is a very popular alcoholic beverage in the country.[467] Pale lagers are currently and have been the traditional beer choice for Serbians. Meanwhile, dark lagers, while still being popular, are produced and consumed in much smaller quantities.[468] The most popular domestic brands of beer are Jelen, followed by Lav, which are both pale lagers.[469][470][471]

As in the rest of the former Yugoslavia, coffee drinking is an important cultural and social practice and Serbian coffee (a local variant of Turkish coffee) is the most commonly consumed non-alcoholic beverage in Serbia.[472]

Sports

Sports play an important role in Serbian society, and the country has a strong sporting history. The most popular sports in Serbia are football, basketball, tennis, volleyball, water polo and handball.

Tennis player Novak Djokovic

Professional sports in Serbia are organised by sporting federations and leagues (in the case of team sports). One of the particularities of Serbian professional sports is the existence of many multi-sport clubs (called "sports societies"), the biggest and most successful of which are Red Star, Partizan, and Beograd in Belgrade; Vojvodina in Novi Sad; Radnički in Kragujevac; and Spartak in Subotica.

Football is the most popular sport in Serbia, and the Football Association of Serbia with 146,845 registered players, is the largest sporting association in the country.[473] Dragan Džajić was officially recognised as "the best Serbian player of all time" by the Football Association of Serbia, and more recently the likes of Nemanja Vidić, Dejan Stanković, Branislav Ivanović, Aleksandar Kolarov and Nemanja Matić play for the elite European clubs, developing the nation's reputation as one of the world's biggest exporters of footballers.[474][475] The Serbia national football team lacks relative success although it qualified for three of the last four FIFA World Cups. The two main football clubs in Serbia are Red Star (winner of the 1991 European Cup) and Partizan (a finalist at the 1966 European Cup), both from Belgrade. The rivalry between the two clubs is known as the "Eternal Derby", and is often cited as one of the most exciting sports rivalries in the world.[476]

Nikola Jokić, 2020–21 NBA MVP and three-time NBA All-Star. Serbia is one of the countries with the largest number of NBA players and with the greatest success in FIBA international competitions.

Serbia is one of the traditional powerhouses of world basketball,[477][478] as Serbia men's national basketball team have won two World Championships (in 1998 and 2002), three European Championships (1995, 1997, and 2001) and two Olympic silver medals (in 1996 and 2016) as well. The women's national basketball team have won two European Championships (2015, 2021) and an Olympic bronze medal in 2016. A total of 31 Serbian players have played in the NBA in the last three decades, including Nikola Jokić (2020-21 NBA MVP and three-time NBA All-Star), Predrag "Peja" Stojaković (2011 NBA champion and three-time NBA All-Star), and Vlade Divac (2001 NBA All-Star and Basketball Hall of Famer).[479] The renowned "Serbian coaching school" produced many of the most successful European basketball coaches of all time, such as Željko Obradović (who won a record 9 Euroleague titles as a coach), Dušan Ivković, Svetislav Pešić, and Igor Kokoškov (the first coach born and raised outside of North America to be hired as a head coach in the NBA). KK Partizan basketball club was the 1992 European champion.

The Serbia men's national water polo team is one of the most successful national teams, having won an Olympic gold medal in 2016 and 2020, three World Championships (2005, 2009 and 2015), and seven European Championships (2001, 2003, 2006, 2012, 2014, 2016 and 2018).[480] VK Partizan has won a joint-record seven European champion titles.

The recent success of Serbian tennis players has led to an immense growth in the popularity of tennis in the country. Novak Djokovic has won a joint-record 20 Grand Slam singles titles and has held the No. 1 spot in the ATP rankings for a record total of 350 weeks. He became the eighth player in history to achieve the Career Grand Slam, the third man to hold all four major titles at once, the first ever to do so on three different surfaces,[481] and the first in the Open Era to achieve a double Career Grand Slam. Ana Ivanovic (champion of 2008 French Open) and Jelena Janković were both ranked No. 1 in the WTA Rankings. There were two No. 1 ranked-tennis double players as well: Nenad Zimonjić (three-time men's double and four-time mixed double Grand Slam champion) and Slobodan Živojinović. The Serbia men's tennis national team won the 2010 Davis Cup and 2020 ATP Cup, while Serbia women's tennis national team reached the final at 2012 Fed Cup.[482]

Serbia is one of the leading volleyball countries in the world. Its men's national team won the gold medal at the 2000 Olympics, the European Championship three times, as well as the 2016 FIVB World League. The women's national volleyball team are current world Champions, have won European Championship three times (2011, 2017 and 2019), as well as an Olympic silver medal in 2016.

Jasna Šekarić, sport shooter, is one of the athletes with the most appearances at the Olympic Games. She has won a total of five Olympic medals and three World Championship gold medals. Other noted Serbian athletes include: swimmers Milorad Čavić (2009 World championships gold and silver medalist as well as 2008 Olympic silver medalist on 100-metre butterfly in historic race with American swimmer Michael Phelps) and Nađa Higl (2009 World champion in 200-metre breaststroke); track and field athletes Vera Nikolić (former world record holder in 800 metres) and Ivana Španović (long-jumper; four-time European champion, World indoor champion and bronze medalist at the 2016 Olympics); wrestler Davor Štefanek (2016 Olympic gold medalist and 2014 World champion), and taekwondoist Milica Mandić (2012 Olympic gold medalist and 2017 world champion).

Serbia has hosted several major sport competitions, including the 2005 Men's European Basketball Championship, 2005 Men's European Volleyball Championship, 2006 and 2016 Men's European Water Polo Championships, 2009 Summer Universiade, 2012 European Men's Handball Championship, and 2013 World Women's Handball Championship. The most important annual sporting events held in the country are the Belgrade Marathon and the Tour de Serbie cycling race.

See also

Notes

  1. ^ a b c d e f g h i j Kosovo is the subject of a territorial dispute between the Republic of Kosovo and the Republic of Serbia. The Republic of Kosovo unilaterally declared independence on 17 February 2008. Serbia continues to claim it as part of its own sovereign territory. The two governments began to normalise relations in 2013, as part of the 2013 Brussels Agreement. Kosovo is currently recognised as an independent state by 97 out of the 193 United Nations member states. In total, 112 UN member states have recognised Kosovo at some point, of which 15 later withdrew their recognition.
  2. ^ Recognised as minority languages:
    Hungarian, Bosnian, Albanian, Croatian, Slovak, Romanian, Bulgarian, Rusyn and Macedonian

References

Citations

  1. ^ a b c "The World Factbook: Serbia". Central Intelligence Agency. 20 June 2014. Retrieved 18 December 2014.
  2. ^ a b "PBC stats". stat.gov.rs. 2020.
  3. ^ a b c d "World Economic Outlook Database, October 2020". IMF.org. International Monetary Fund. Retrieved 16 December 2020.
  4. ^ "Gini coefficient of equivalised disposable income – EU-SILC survey". ec.europa.eu. Eurostat. Retrieved 16 December 2020.
  5. ^ "2019 Human Development Report" (PDF). United Nations Development Programme. 2019. Retrieved 9 December 2019.
  6. ^ "The Serbian Revolution and the Serbian State". Steven W. Sowards, Michigan State University Libraries. 11 June 2009. Retrieved 28 April 2010.
  7. ^ a b "Yugoslav Agreement on Succession Issues (2001)". 3 October 2010. Archived from the original on 26 May 2012. Retrieved 14 June 2012.
  8. ^ "FR Yugoslavia Investment Profile 2001" (PDF). EBRD Country Promotion Programme. p. 3. Archived from the original (PDF) on 28 September 2011.
  9. ^ "A credible enlargement perspective for and enhanced EU engagement with the Western Balkans" (PDF). European Commission. 9 February 2018. Retrieved 9 February 2018.
  10. ^ Petković 1926, p. 9.
  11. ^ a b Łuczyński, Michal (2017). ""Geograf Bawarski" — nowe odczytania" ["Bavarian Geographer" — New readings]. Polonica (in Polish). XXXVII (37): 71. doi:10.17651/POLON.37.9. Retrieved 4 August 2020.
  12. ^ Schuster-Šewc, Heinz. "Порекло и историја етнонима Serb "Лужички Србин"". rastko.rs (in Serbian). Translated by Petrović, Tanja. Пројекат Растко - Будишин.
  13. ^ Rudnicki, Mikołaj (1959). Prasłowiańszczyzna, Lechia-Polska (in Polish). Państwowe wydawn. naukowe, Oddzia ︢w Poznaniu. p. 182.
  14. ^ Roksandic 2011, p. 186–196.
  15. ^ Chapman 1981.
  16. ^ Srejović 1988.
  17. ^ "Serbia's rich and hidden Roman history". BBC News. Retrieved 2 February 2020.
  18. ^ "Traces of Empire: Serbia's Roman Heritage". Balkan Insight. 24 October 2016. Retrieved 2 February 2020.
  19. ^ Mirković 2017, p. 79.
  20. ^ Kuzmanović & Mihajlović 2015, p. 416-432.
  21. ^ Ostrogorsky 1956, p. 84.
  22. ^ Stipčević 1977, p. 76.
  23. ^ Fine 1991, p. 38, 41.
  24. ^ Miller 2005, p. 533.
  25. ^ Fine 1991, p. 52-53.
  26. ^ Ivić 1995, p. 9.
  27. ^ Ćirković 2004, p. 11.
  28. ^ Fine 1991, p. 141.
  29. ^ Ćirković 2004, p. 15-17.
  30. ^ Ćirković 2004, p. 23-24.
  31. ^ Ćirković 2004, p. 38.
  32. ^ Ćirković 2004, p. 64.
  33. ^ Ćirković 2004, p. 28.
  34. ^ Ćirković 2004, p. 84-85.
  35. ^ Ćirković 2004, p. 107-108.
  36. ^ Dierauer, Isabelle (16 May 2013). Disequilibrium, Polarization, and Crisis Model: An International Relations Theory Explaining Conflict. University Press of America. p. 88. ISBN 978-0-7618-6106-5.
  37. ^ A ́goston & Masters 2010, p. 383.
  38. ^ Riley-Smith 2001, p. 251.
  39. ^ Rodriguez 1997, p. 6.
  40. ^ Kia 2011, p. 62.
  41. ^ Ćirković 2004, p. 134.
  42. ^ Ćirković 2004, p. 135-136.
  43. ^ Fotić 2008, p. 519–520.
  44. ^ Sotirović 2011, p. 143–169.
  45. ^ Runciman 1968, p. 204.
  46. ^ Kia 2011, p. 115.
  47. ^ Ćirković 2004, p. 115, 119.
  48. ^ Ćirković 2004, p. 141–142.
  49. ^ Sotirović 2011, p. 163–164.
  50. ^ Pešalj 2010, p. 29-42.
  51. ^ a b Ćirković 2004, p. 151.
  52. ^ Todorović 2006, p. 7–8.
  53. ^ Ćirković 2004, p. 150.
  54. ^ Jelavich 1983a, p. 94.
  55. ^ Ćirković 2004, p. 177.
  56. ^ Ćirković 2004, p. 176.
  57. ^ Jelavich 1983a, p. 193-204.
  58. ^ Pavlowitch 2002, p. 29-32.
  59. ^ Radosavljević 2010, p. 171-178.
  60. ^ Rajić 2010, p. 143-148.
  61. ^ Ćirković 2004, p. 179-183.
  62. ^ Ćirković 2004, p. 190-196.
  63. ^ Ćirković 2004, p. 191.
  64. ^ Stavrianos 2000, p. 248–250.
  65. ^ Ćirković 2004, p. 195.
  66. ^ "Statehood Day of the Republic of Serbia 2019". School of Engineering Management (Belgrade). Retrieved 12 February 2020.
  67. ^ Ćirković 2004, p. 214-215.
  68. ^ Jelavich 1983a, p. 246.
  69. ^ Pavlowitch 2002, p. 58.
  70. ^ Pavlowitch 2002, p. 63-64.
  71. ^ Ćirković 2004, p. 224.
  72. ^ Ćirković 2004, p. 225.
  73. ^ Pavlowitch 2002, p. 70.
  74. ^ Pavlowitch 2002, p. 73.
  75. ^ Ćirković 2004, p. 203.
  76. ^ a b "Serbia - Countries". Collection of Cooper Hewitt, Smithsonian Design Museum. 28 June 1914. Retrieved 20 June 2021.
  77. ^ Hall 2000, p. 135.
  78. ^ Curtis 1992, p. 28.
  79. ^ Ćirković 2004, p. 246-247.
  80. ^ Mitrović 2007, p. 69.
  81. ^ Mitrović 2007, p. 104.
  82. ^ Ćirković 2004, p. 250-251.
  83. ^ Duffy, Michael (22 August 2009). "First World War.com – Primary Documents – Vasil Radoslavov on Bulgaria's Entry into the War, 11 October 1915". firstworldwar.com. Retrieved 28 April 2010.
  84. ^ Највећа српска победа: Фронт који за савезнике није био битан (in Serbian)
  85. ^ "Serbian army, August 1914". Vojska.net. Retrieved 28 April 2010.
  86. ^ "Tema nedelje: Najveća srpska pobeda: Sudnji rat: POLITIKA". Politika. 14 September 2008. Retrieved 28 April 2010.
  87. ^ Sudetic, Charles (1992). "The Balkan Wars and World War I". In Curtis, Glenn E. (ed.). Yugoslavia: a country study (3rd ed.). Washington, D.C.: Federal Research Division, Library of Congress. pp. 27–28. ISBN 0-8444-0735-6. OCLC 24792849.
  88. ^ Тема недеље : Највећа српска победа : Сви српски тријумфи : ПОЛИТИКА (in Serbian)
  89. ^ Loti, Pierre (30 June 1918). "Fourth of Serbia's population dead". Los Angeles Times. Retrieved 28 April 2010.
  90. ^ "Asserts Serbians face extinction" (PDF). The New York Times. 5 April 1918. Retrieved 14 November 2010.
  91. ^ Radivojević, Biljana; Penev, Goran (2014). "Demographic losses of Serbia in the first world war and their long-term consequences". Economic Annals. 59 (203): 29–54. doi:10.2298/EKA1403029R.
  92. ^ "20/7/1917 the Corfu Declaration: Plans for a future Yugoslavia". 20 July 2017.
  93. ^ Arhiv Jugoslavije – 1 December Act, 1 December 1918
  94. ^ Bojovi, Jovan,Zakonik knjza Danila,Titograd: Istorijski institut Crne Gore, 1982.––––––, Podgorič ka skupština 1918: dokumenta, Gornji Milanovac: Dečje novine, 1989.
  95. ^ Pavlowitch 2002, p. 108-109.
  96. ^ Ćirković 2004, p. 251-252.
  97. ^ Stavrianos 2000, p. 624.
  98. ^ Pavlowitch 2008, p. 62.
  99. ^ Savich, Karl. "The Kragujevac massacre". Archived from the original on 17 December 2012.
  100. ^ Israeli, Raphael (4 March 2013). The Death Camps of Croatia: Visions and Revisions, 1941–1945. Transaction Publishers. p. 31. ISBN 978-1-4128-4930-2. Retrieved 12 May 2013.
  101. ^ "Jewish Heritage Europe – Serbia 2 – Jewish Heritage in Belgrade". Jewish Heritage Europe. Archived from the original on 30 June 2010. Retrieved 28 April 2010.
  102. ^ "Ustaša". Britannica OnlineEncyclopedia. Britannica.com. Retrieved 28 April 2010.
  103. ^ Yeomans, Rory (2015). The Utopia of Terror: Life and Death in Wartime Croatia. Boydell & Brewer. p. 18. ISBN 978-1-58046-545-8.
  104. ^ "Ustasa" (PDF). yadvashem.org. Retrieved 25 June 2018.
  105. ^ "Genocide of the Serbs". The Combat Genocide Association.
  106. ^ Tito, Josip Broz (1945). Nacionalno pitanje u Jugoslaviji: u svjetlosti narodnooslobodilačke borbe (in Croatian). Zagreb: Naprijed. p. 11. Moram ovdje podvući činjenicu da su u redovima naše Narodno-oslbodilačke vojske i partizanskih odreda u Jugoslaviji, od samog početka pa do danas, nalaze u ogromnoj većini baš Srbi, umjesto da to bude obratno.
  107. ^ PM. "Storia del movimento partigiano bulgaro (1941–1944)". Bulgaria – Italia. Retrieved 28 April 2010.
  108. ^ Žerjavić, Vladimir (1993). Yugoslavia: Manipulations with the Number of Second World War Victims. Croatian Information Centre. ISBN 978-0-919817-32-6.
  109. ^ Tanjug. "Posle rata u Srbiji streljano preko 60.000 civila". Mondo.rs.
  110. ^ Bokovoy, Melissa Katherine; Irvine, Jill A.; Lilly, Carol S. (1997). State-society relations in Yugoslavia, 1945–1992. Scranton, Pennsylvania: Palgrave Macmillan. pp. 295–296, 301.
  111. ^ Norris, David A (2008). Belgrade A Cultural History. Oxford University Press. p. 134. ISBN 978-0-19-988849-8.
  112. ^ Bilandžić, Vladimir; Dahlmann, Dittmar; Kosanović, Milan (2012). From Helsinki to Belgrade: The First CSCE Follow-up Meeting and the Crisis of Détente. Vandenhoeck & Ruprecht. pp. 163–184. ISBN 978-3-89971-938-3.
  113. ^ Trifunović, Vesna (July 2018). "Patterns of competitive authoritarianism in the Western Balkans". Glasnik Etnografskog instituta SANU. 65 (1): 127–145. doi:10.2298/GEI1701127T.
  114. ^ Magaš, Branka (1993). The Destruction of Yugoslavia: tracking the break-up 1980–92 (pp 165–170). Verso. ISBN 978-0-86091-593-5.
  115. ^ Engelberg, Stephen (16 January 1992). "Breakup of Yugoslavia Leaves Slovenia Secure, Croatia Shaky". The New York Times. Retrieved 6 April 2010.
  116. ^ "Serbia not guilty of genocide". Human Rights House Foundation. 26 February 2007. Retrieved 21 July 2021.
  117. ^ "UN court dismisses Croatia and Serbia genocide claims". BBC News. 3 February 2015. Retrieved 21 July 2021.
  118. ^ "Political Propaganda and the Plan to Create a "State for all Serbs"" (PDF). Retrieved 14 November 2010.
  119. ^ Wide Angle, Milosevic and the Media. "Part 3: Dictatorship on the Airwaves." PBS. Quotation from film: "... the things that happened at state TV, warmongering, things we can admit to now: false information, biased reporting. That went directly from Milošević to the head of TV".
  120. ^ "History, bloody history". BBC News. 24 March 1999. Retrieved 27 July 2012.
  121. ^ "Serbia home to highest number of refugees and IDPs in Europe". B92. Retrieved 5 May 2020.
  122. ^ "Serbia: Europe's largest proctracted refugee situation". OSCE. Retrieved 5 May 2020.
  123. ^ Cross, S.; Kentera, S.; Vukadinovic, R.; Nation, R. (7 May 2013). Shaping South East Europe's Security Community for the Twenty-First Century: Trust, Partnership, Integration. Springer. p. 169. ISBN 978-1-137-01020-9. Retrieved 5 May 2020.
  124. ^ Ivan Vejvoda, 'Civil Society versus Slobodan Milošević: Serbia 1991–2000', in Adam Roberts and Timothy Garton Ash (eds.), Civil Resistance and Power Politics: The Experience of Non-violent Action from Gandhi to the Present. Oxford & New York: Oxford University Press, 2009, pp. 295–316. ISBN 978-0-19-955201-6.
  125. ^ Miller 2005, p. 529–581.
  126. ^ "Bitter Memories of Kosovo's Deadly March Riots". Balkan Insight. 17 March 2015. Retrieved 2 December 2020.
  127. ^ Online/Beta, Piše: Danas (17 March 2020). "Navršeno 16 godina od Martovskog pogroma na Kosovu i Metohiji". Dnevni list Danas (in Serbian). Retrieved 2 December 2020.
  128. ^ "Montenegro gets Serb recognition". BBC. 15 June 2006.
  129. ^ "Rift Emerges at the United Nations Over Kosovo". New York Sun. 19 February 2008.
  130. ^ "Republic of Serbia – European Union". Ministry of Foreign Affairs. Archived from the original on 6 May 2013. Retrieved 24 June 2013.
  131. ^ "EU leaders grant Serbia candidate status". BBC News. 1 March 2012. Retrieved 2 March 2012.
  132. ^ "Serbia gets EU candidate status, Romania gets nothing". EUobserver. 2 March 2012. Retrieved 24 June 2013.
  133. ^ "conclusions of the European Council (27/28 June 2013)" (PDF). European Council. Archived from the original (PDF) on 5 July 2013. Retrieved 19 November 2021.
  134. ^ "Freedom House ranks Serbia as Partly Free in latest report". N1. 5 February 2019. Retrieved 5 February 2019.
  135. ^ Voltmer, Katrin (2019). Media, Communication and the Struggle for Democratic Change: Case Studies on Contested Transitions. Springer Nature. p. 6. ISBN 978-3-030-16747-9.
  136. ^ Bieber, Florian (July 2018). "Patterns of competitive authoritarianism in the Western Balkans". East European Politics. 38 (3): 337–54. doi:10.1080/21599165.2018.1490272.
  137. ^ Maerz, Seraphine F; et al. (April 2020). "State of the world 2019: autocratization surges – resistance grows". Democratization. 27 (6): 909–927. doi:10.1080/13510347.2020.1758670.
  138. ^ Castaldo, Antonino; Pinna, Alessandra (2017). "De-Europeanization in the Balkans. Media freedom in post-Milošević Serbia". European Politics and Society. 19 (3): 264–281. doi:10.1080/23745118.2017.1419599. hdl:10451/30737. S2CID 159002076.
  139. ^ "Prvi put policijski čas od Drugog svetskog rata, građani uglavnom poslušni". N1. 19 March 2020.
  140. ^ "Serbia carrying out Europe's second-fastest vaccine rollout". intellinews.com. 29 January 2021. Retrieved 30 January 2021.
  141. ^ "Франкфуртер алгемајне цајтунг: Зашто Србија успешно вакцинише". Politika Online. Retrieved 30 January 2021.
  142. ^ "Srbija prva u Evropi po broju onih koji su dobili drugu dozu na milion građana". N1 (in Serbian). 3 March 2021. Retrieved 19 March 2021.
  143. ^ "Serbia: On the Way to EU Accession". World Bank Group. Retrieved 21 October 2014.
  144. ^ "Serbia: Introduction". Michigan State University. Retrieved 3 October 2014.
  145. ^ "Serbia". Southeastern Europe Travel Guide. Balkans 360. Archived from the original on 6 October 2014. Retrieved 3 October 2014.
  146. ^ "The World Factbook: Kosovo". Central Intelligence Agency. 19 June 2014. Retrieved 8 January 2015.
  147. ^ "Border Police Department". Kosovo Police. Retrieved 8 January 2015.
  148. ^ "Uredba o kontroli prelaska administrativne linije prema Autonomnoj pokrajini Kosovo i Metohija" (in Serbian). Official gazette of the Republic of Serbia. Archived from the original on 8 January 2015. Retrieved 8 January 2015.
  149. ^ Carevic, Ivana; Jovanovic, Velimir. STRATIGRAPHIC-STRUCTURAL CHARACTERISTICS OF MAČVA BASIN (PDF) (Report). p. 1. UDC 911.2:551.7(497.11). Archived from the original (PDF) on 30 August 2016.
  150. ^ "About the Carpathians – Carpathian Heritage Society". Carpathian Heritage Society. Archived from the original on 6 April 2010. Retrieved 28 April 2010.
  151. ^ "O Srbiji". Turistickimagazin.com. Archived from the original on 21 October 2013.
  152. ^ The Times Atlas of the World (1993). Times Books ISBN 0-7230-0492-7.
  153. ^ "Serbia :: Climate". Encyclopædia Britannica Online. 2007. pp. 5 of 71.
  154. ^ "CIA – The World Factbook". Cia.gov. Retrieved 24 May 2012.
  155. ^ Radovanović, M and Dučić, V, 2002, Variability of Climate in Serbia in the Second Half of the 20th century, EGS XXVII General Assembly, Nice, 21 to 26 April 2002, abstract #2283, 27:2283–, provided by the Smithsonian / NASA Astrophysics Data System
  156. ^ "Kossava". Glossary of Meteorology, Second Edition. American Meteorological Society. June 2000. Archived from the original on 30 September 2007. Retrieved 11 March 2007.
  157. ^ "Basic Climate Characteristics for the Territory of Serbia". Hydrometeorological Service of Serbia.
  158. ^ "Past temperature extremes since the beginning of the measurement" (PDF). Hydrometeorological Service of Serbia. Archived from the original (PDF) on 11 May 2011. Retrieved 5 November 2010.
  159. ^ "World Risk Report 2013 – Exposure to natural hazards" (PDF). Alliance Development Works. 2013. pp. 3–4. Archived from the original (PDF) on 16 August 2014.
  160. ^ "River floods Serbia". European Centre for Climate Adaptation. Retrieved 18 December 2014.
  161. ^ "Serbia gets $300 million from World Bank to aid floods recovery". Reuters. 4 October 2014. Retrieved 18 December 2014.
  162. ^ "The Danube | National Tourism Organisation of Serbia". www.serbia.travel. Retrieved 27 April 2019.
  163. ^ Jolović, Dejan (19 August 2016). "Ten economic benefits of the Danube for Serbia". Danubius. Retrieved 27 April 2019.
  164. ^ Takić, Ljiljana M.; Mladenović-Ranisavljević, Ivana I.; Nikolić, Vesna D.; Nikolić, Ljubiša B.; Vuković, Milovan V.; Živković, Nenad V. (2012). "The assessment of the Danube water quality in Serbia" (PDF). Advanced Technologies: 59.
  165. ^ "Morava River -". 9 October 2015. Retrieved 27 April 2019.
  166. ^ "Navigation and Transportation: Waterways". Danube Strategy in Serbia. Retrieved 18 December 2014.
  167. ^ "Serbia Visit – Nature & Outdoors – Stema Guide". www.serbia-visit.com. Archived from the original on 28 April 2019. Retrieved 28 April 2019.
  168. ^ a b c d e f g h i j "Statistical Yearbook of the Republic of Serbia" (PDF). Statistical Office of the Republic of Serbia. 2012.
  169. ^ a b "Serbian biodiversity". IUCN. 7 August 2012. Archived from the original on 26 April 2016. Retrieved 22 August 2019.
  170. ^ "Reptiles in Serbia" (PDF). Glasnik. 9 June 2017. Archived from the original (PDF) on 10 October 2017. Retrieved 6 September 2017.
  171. ^ "Serbian Brown Bear". Discoverserbia.org.
  172. ^ "CARSKA BARA – Fauna ptica". Carskabara.rs. Archived from the original on 23 October 2013. Retrieved 22 October 2013.
  173. ^ "Uvac Special Nature Reserve". Uvac.org.rs. Archived from the original on 22 October 2013.
  174. ^ "The largest stationary of longeared owls". serbia.com. 9 June 2017.
  175. ^ "Earths's Endangered Species". earthsendangered. 9 June 2017.
  176. ^ "::SE "Srbijašume" Belgrade". Srbijasume.rs. 31 December 2010. Archived from the original on 22 October 2013. Retrieved 21 October 2013.
  177. ^ Grantham, H. S.; et al. (2020). "Anthropogenic modification of forests means only 40% of remaining forests have high ecosystem integrity – Supplementary Material". Nature Communications. 11 (1): 5978. doi:10.1038/s41467-020-19493-3. ISSN 2041-1723. PMC 7723057. PMID 33293507.
  178. ^ "Serbia – European Environment Agency (EEA)". Eea.europa.eu.
  179. ^ Elezović, Nataša; Stefanov Ketin, Sonja; Dašić, Predrag; Dervišević, Irma (April 2018). "Analysis of SWQI index of the River Ibar (Serbia)". Fresenius Environmental Bulletin.
  180. ^ "Toxic Taps: Arsenic in Water Stirs Cancer Fears". Balkan Insight. 20 March 2018. Retrieved 28 April 2019.
  181. ^ "Serbia recycling 15% of waste". Blic. Archived from the original on 29 June 2012. Retrieved 28 April 2010.
  182. ^ "Environmental impact of the war in Yugoslavia on south-east Europe". assembly.coe.int. Retrieved 20 September 2019.
  183. ^ "Svi Ustavi moderne države Srbije od 1835 do 2006 – Sretenjski, Turski, Radikalski ustav i Srpska ustavnost". Bašta Balkana Magazin (in Serbian). 29 October 2012. Retrieved 15 August 2019.
  184. ^ "Sretenjski ustav iz 1835.: Kako je Srbija u 19. stoljeću postala "država slobode" – Liberalni Forum" (in Bosnian). 15 February 2017. Retrieved 15 August 2019.
  185. ^ "Serbian Constitutional History Part I". Belgraded.com. Archived from the original on 16 March 2012.
  186. ^ "Serbia: Constitution of The Republic of Serbia". Wipo.int.
  187. ^ a b "Responsibilities". predsednik.rs. Archived from the original on 5 June 2013. Retrieved 20 March 2013.
  188. ^ "Serbia elects Prime Minister Aleksandar Vucic as president". BBC News. 3 April 2017. Retrieved 16 January 2018.
  189. ^ "Izbori 2012 – Nova vlada položila zakletvu". B92.
  190. ^ "National Assembly of the Republic of Serbia | Jurisdiction, competences and duties of the National Assembly". Parlament.gov.rs. 11 June 2008.
  191. ^ "Izveštaj o ukupnim rezultatima izbora 2020. godine" (in Serbian). RIK.
  192. ^ "Србија пета у Европи по броју жена на јавним функцијама". Politika Online. Retrieved 18 January 2021.
  193. ^ Avramović, Sima (2014). "Srpski građanski zakonik (1844) i pravni transplanti – kopija austrijskog uzora ili više od toga?" (PDF). Srpski Građanski Zakonik – 170 Godina.
  194. ^ Mrežni Sistemi (5 June 2014). "History of judiciary in Serbia". mreznisistemi.rs. Supreme Court of Cassation. Archived from the original on 27 April 2019. Retrieved 27 April 2019.
  195. ^ "Ninkovic Law Office :: News and Publications :: Legal system of Serbia". www.ninkovic.rs. Retrieved 27 April 2019.
  196. ^ "Zakon o uređenju sudova". Paragraf.rs.
  197. ^ "Policing in Serbia". POINTPULSE. Retrieved 27 January 2020.
  198. ^ "About Agency / Security Information Agency". Bia.gov.rs. 27 July 2002. Archived from the original on 20 October 2013. Retrieved 19 October 2013.
  199. ^ "Serbia Diplomatic List 2012" (PDF). Archived from the original (PDF) on 23 October 2013. Retrieved 27 October 2014.
  200. ^ "Diplomatic Missions". Ministry of Foreign Affairs of Serbia. Archived from the original on 5 May 2012. Retrieved 24 May 2012.
  201. ^ "Diplomatic Missions in Serbia". Ministry of Foreign Affairs of Serbia. Archived from the original on 20 February 2012. Retrieved 15 September 2012.
  202. ^ "Archived copy". Archived from the original on 1 November 2018. Retrieved 2 February 2020.CS1 maint: archived copy as title (link)
  203. ^ "Serbia applies for EU membership". Swedish Presidency of the European Union. Archived from the original on 27 January 2010. Retrieved 25 December 2009.
  204. ^ "EUROPEAN COUNCIL 27/28 JUNE 2013 CONCLUSIONS" (PDF). Council of the European Union. 27 June 2013. Archived from the original (PDF) on 10 October 2017. Retrieved 28 June 2013.
  205. ^ "EU grants Serbia candidate status". Times of India. 2 March 2012. Archived from the original on 17 April 2012. Retrieved 24 May 2012.
  206. ^ EU to map out membership for 6 western Balkan states, Michael Peel and Neil Buckley, Financial Times, 1 February 2018
  207. ^ Protest conveyed to France, Britain, Costa Rica, Australia, Albania at the Wayback Machine (archive index)
  208. ^ Резолуција Народне скупштине о заштити суверенитета, територијалног интегритета и уставног поретка Републике Србије // See Article 4.
  209. ^ Резолуција Народне скупштине о заштити суверенитета, територијалног интегритета и уставног поретка Републике Србије // See Article 6.
  210. ^ Како је утврђена војна неутралност politika.rs, 12 January 2010.
  211. ^ a b "Relations with Serbia".
  212. ^ NATO "accepts Serbia's determination to be neutral" b92.net, 13 October 2017.
  213. ^ В зависимости от независимости: Сербия готова разорвать отношения с Западом из-за Косово Archived 3 January 2018 at the Wayback Machine Kommersant, 27 December 2007.
  214. ^ With Russia as an ally, Serbia edges toward NATO Reuters, 3 July 2016.
  215. ^ Ramani, Samuel (15 February 2016). "Why Serbia is Strengthening its Alliance with Russia". HuffPost.
  216. ^ "Više novca za naoružanje". Radio Slobodna Evropa (in Serbo-Croatian). Retrieved 18 January 2019.
  217. ^ "Vojska Srbije od sutra i zvanično profesionalna". Politika. 31 December 2010. Retrieved 24 May 2012.
  218. ^ "Blic Online | Sa 28.000 vojnika Vojska Srbije među najbrojnijim u regionu". Blic.rs.
  219. ^ [1] – Latest information published in Serbia Defense Ministry monthly press "Odbrana" in 1. November 2011 about reserves according to law passed in Serbian parliament. Document contains 20 pages and have information about obligation regarding defending country use of reserve forces and division into active and passive reserve
  220. ^ "Obveznici postali "pasivna rezerva"" (in Serbian). B92. 4 January 2011. Retrieved 21 June 2013.
  221. ^ Amnistía Internacional. No hay justicia para las víctimas de los bombardeos de la OTAN. Archived 24 July 2009 at the Wayback Machine Consultado el 10 de noviembre de 2009.
  222. ^ Pike, John. "CSTO members". Global Security. Retrieved 21 October 2014.
  223. ^ "Current multinational operations". www.mod.gov.rs. Retrieved 26 April 2013.
  224. ^ "Vulin: Izvoz odbrambene industrije 600 miliona dolara u 2018". N1 Srbija (in Serbian). 26 December 2018. Retrieved 1 August 2019.
  225. ^ "Srpska vojna industrija u usponu". Glas-javnosti. Archived from the original on 29 June 2012. Retrieved 24 May 2012.
  226. ^ "Povratak vojne industrije Srbije na svetsku scenu". Blic. Retrieved 24 May 2012.
  227. ^ "Gun Ownership By Country 2021". worldpopulationreview.com. Retrieved 24 July 2021.
  228. ^ "CCRE: Serbia". Archived from the original on 4 June 2012.
  229. ^ a b c "Law on Territorial Organization" (in Serbian). National Assembly of the Republic of Serbia. 29 December 2007. Archived from the original on 12 October 2013. Retrieved 6 October 2013.
  230. ^ Decision on the annulment of the illegitimate acts of the provisional institutions of self-government in Kosovo and Metohija on their declaration of unilateral independence Government of Serbia, 2008
  231. ^ "Попис у Србији 2011". Popis2011.stat.rs.
  232. ^ "REKOS2011". Esk.rks-gov.net. Archived from the original on 10 November 2013. Retrieved 18 January 2013.
  233. ^ "Sebičnost žena u Srbiji nije uzrok bele kuge | EurActiv Srbija". Euractiv.rs. 26 July 2013.
  234. ^ Roser, Max (2014), "Total Fertility Rate around the world over the last centuries", Our World In Data, Gapminder Foundation, archived from the original on 8 July 2019, retrieved 8 May 2019
  235. ^ "Serbia seeks to fill the '90s brain-drainage gap". EMG.rs. 5 September 2008.
  236. ^ "Survey S&M 1/2003". Yugoslav Survey.
  237. ^ "Country Comparison : Population growth rate". The World Factbook, CIA. 2002.
  238. ^ "Household numbers" (PDF). pod2.stat.gov.rs.
  239. ^ Bank, World (9 April 2020). "Europe Central Asia Economic Update, Spring 2020 : Fighting COVID-19". openknowledge.worldbank.org. World Bank: 71, 72. Retrieved 9 April 2020.
  240. ^ Tanjug (22 October 2007). "Serbia's refugee population largest in Europe". B92.
  241. ^ "Serbia currently hosts over 260K refugees and IDPs". B92. 20 June 2013. Retrieved 21 June 2013.
  242. ^ "Slovakia's national minority makes Serbia nicer, richer". srbija.gov.rs. 11 December 2018.
  243. ^ Lux, Gábor; Horváth, Gyula (2017). The Routledge Handbook to Regional Development in Central and Eastern Europe. Taylor & Francis. p. 190.
  244. ^ Filep, Béla (2016). The Politics of Good Neighbourhood: State, civil society and the enhancement of cultural capital in East Central Europe. Taylor & Francis. p. 71.
  245. ^ "Vesti – Zvaničan broj Roma u Srbiji". B92. 7 April 2009.
  246. ^ Chinese Migrants Use Serbia as Gate to Europe, ABC News, 13 July 2010.
  247. ^ V. Mijatović – B. Hadžić. "I Kinezi napuštaju Srbiju". Novosti.rs.
  248. ^ a b "2011 Census of Population, Households and Dwellings in the Republic of Serbia: Comparative Overview of the Number of Population in 1948, 1953, 1961, 1971, 1981, 1991, 2002 and 2011, Data by settlements" (PDF). Statistical Office of Republic Of Serbia, Belgrade. 2014. ISBN 978-86-6161-109-4. Retrieved 27 June 2014.
  249. ^ J. Gordon Melton; Baumann, Martin (2010). Religions of the World, Second Edition: A Comprehensive Encyclopedia of Beliefs and Practices. ABC-CLIO. pp. 511–12. ISBN 978-1-59884-204-3. Retrieved 10 October 2016.
  250. ^ "Становништво, домаћинства и породице – база : Попис у Србији 2011". Popis2011.stat.rs.
  251. ^ "GRKOKATOLICI U VOJVODINI". Žumberacki Vikarijat. August 2014.
  252. ^ a b c "Municipality data" (PDF). pod2.stat.gov.rs. PBC.
  253. ^ Alexander, Ronelle (15 August 2006). Bosnian, Croatian, Serbian, a Grammar: With Sociolinguistic Commentary. Univ of Wisconsin Press. pp. 1–2. ISBN 978-0-299-21193-6.
  254. ^ "Ivan Klajn: Ćirilica će postati arhaično pismo".
  255. ^ Subotić, Ljiljana; Sredojević, Dejan; Bjelaković, Isidora (2012), Fonetika i fonologija: Ortoepska i ortografska norma standardnog srpskog jezika (in Serbo-Croatian), FILOZOFSKI FAKULTET NOVI SAD, archived from the original on 3 January 2014
  256. ^ "Application of the Charter in Serbia" (PDF). European Charter for Regional or Minority Languages. 11 June 2013. pp. 4–5, 9.
  257. ^ Ivanović, Aleksandar (2019). "The right to social security in the constitution of the republic of Serbia". Studia z Zakresu Prawa Pracy i Polityki Społecznej. 26 (1): 47–65. doi:10.4467/25444654SPP.19.004.10147.
  258. ^ a b Stosić, Sanja; Karanović, Nevena (2014). "Health care economics in Serbia: current problems and changes". Vojnosanit Pregl. 71 (11): 1055–61. doi:10.2298/vsp120205002s. PMID 25536810.
  259. ^ "IZJZS – Batut ::". www.batut.org.rs. Retrieved 25 January 2021.
  260. ^ Bjegović Mikanović, Vesna (2016). "Governance and management of health care institutions in Serbia: An overview of recent developments". SEEJPH.
  261. ^ Пешикан, Митар; Јерковић, Јован; Пижурица, Мато (2010). "Речник". Правопис српскога језика. Нови Сад: Матица српска. pp. 282–. ISBN 978-86-7946-079-0.
  262. ^ "Vojnomedicinska akademija: 165 godina tradicije i napretka" (PDF). Retrieved 20 September 2017.
  263. ^ Mišković, Ivan (4 February 2009). "Za godinu dana više od 50.000 operacija". blic.rs (in Serbian). Retrieved 28 January 2021.
  264. ^ "The Largest Hospitals In The World". worldatlas.com. 5 October 2017. Retrieved 28 January 2021.
  265. ^ "Institut "Dedinje" prvi u Evropi po broju operacija na otvorenom srcu u 2019". N1 (in Serbian). 8 January 2020. Retrieved 25 January 2021.
  266. ^ Поповић, Рајна. "Кардиолози уградили "кишобранчић" који регулише притисак". Politika Online. Retrieved 25 January 2021.
  267. ^ Janković, Andriana. "EKSKLUZIVNO Srpski lekari će prvi na svetu ŽENI TRANSPLANTIRATI PENIS". Blic.rs (in Serbian). Retrieved 25 January 2021.
  268. ^ "Upper-middle-income economies". The World Bank.
  269. ^ "World Economic Outlook Database, April 2019". IMF.org. International Monetary Fund. Retrieved 11 April 2019.
  270. ^ "Gross Domestic Product (GDP) 2005–2017 - Revised Data Series" (PDF). Statistical Office of the Republic of Serbia. 10 January 2018. Retrieved 1 November 2021.
  271. ^ "Belgrade Stock Exchange jsc, Belgrade". belex.rs. Retrieved 5 August 2014.
  272. ^ "Global Index: Results".
  273. ^ "Global Peace Index 2020: Measuring Peace in a Complex World" (PDF). Institute for Economics and Peace. June 2020. Retrieved 1 November 2021.
  274. ^ "Report for Selected Countries and Subjects: Serbia GDP growth rate". imf.org. Retrieved 5 August 2014.
  275. ^ "Kako je Srbija došla do javnog duga od 24,8 milijardi evra". 21 February 2016.
  276. ^ "Public Debt Administration – Public Debt Stock and Structure".
  277. ^ a b http://publikacije.stat.gov.rs/G2019/PdfE/G20195646.pdf[bare URL]
  278. ^ "Average salaries and wages per employee, May 2019 | Statistical Office of the Republic of Serbia".
  279. ^ "Europe :: Serbia — the World Factbook – Central Intelligence Agency". 26 October 2021.
  280. ^ "US embassy: private sector investments". Archived from the original on 27 May 2010.
  281. ^ "Ministry of economic relations, Russian Federation".
  282. ^ "Mining, a new "ace up the sleeve" for Serbia?".
  283. ^ http://publikacije.stat.gov.rs/G2019/pdfE/G20191198.pdf[bare URL]
  284. ^ "LIBERALIZED TRADE". siepa.gov.rs. Archived from the original on 29 April 2012. Retrieved 3 August 2014.
  285. ^ "Serbia the third biggest producer of plum in the world". Serbian Monitor. 9 August 2018. Retrieved 20 June 2021.
  286. ^ a b "Privreda u Srbiji". Retrieved 27 October 2014.
  287. ^ "Izvoz poljoprivrednih proizvoda – 3,2 milijarde dolara". Ekonomski Online.
  288. ^ a b "Food". Archived from the original on 9 October 2014. Retrieved 27 October 2014.
  289. ^ a b "Agriculture". Government of Serbia. Archived from the original on 16 June 2013. Retrieved 19 March 2013.
  290. ^ "Serbia Overview". Food and Agriculture Organization of the United Nations. Retrieved 14 June 2013.
  291. ^ "export.gov". Export Solutions. 1 January 2014. Retrieved 20 June 2021.
  292. ^ "Vinski regioni". vinsekture.rs (in Serbian). Vinske Ture.
  293. ^ "NATO's Latest Target: Yugoslavia's Economy".
  294. ^ "Deindustrijalizacija Srbije – Kolumne". AKTER. 28 April 2013. Archived from the original on 29 October 2013.
  295. ^ Mikavica, A. (3 September 2017). "Slobodne zone mamac za investitore". politika.rs (in Serbian). Retrieved 17 March 2019.
  296. ^ "Biz – Vesti – Auto-industrija za Srbiju kao IT". B92. 4 October 2013.
  297. ^ Incredible rise of Serbian steel industry | | Central European Financial Observer
  298. ^ "All about the Tesla Telephone". telegraf.rs.
  299. ^ "Serbian Development Agency – RAS" (PDF). siepa.gov.rs.
  300. ^ "Electronics". Siepa.gov.rs.
  301. ^ "Pharmaceutical". Siepa.gov.rs.
  302. ^ "Monitoring of the Iron Gate Hydropower and Navigation System on the Danube River". www.wrmjournal.com. Retrieved 28 April 2019.
  303. ^ a b "Biz – Vesti – Srbija ima uglja za još jedan vek". B92.
  304. ^ "Archived copy" (PDF). Archived from the original (PDF) on 24 August 2013. Retrieved 20 August 2013.CS1 maint: archived copy as title (link)
  305. ^ [2] Archived 9 March 2013 at the Wayback Machine
  306. ^ "Exploration, production pace faster in Serbia, Bosnia and Herzegovina – Oil & Gas Journal". Ogj.com.
  307. ^ "Archived copy". Archived from the original on 24 September 2017. Retrieved 8 May 2017.CS1 maint: archived copy as title (link)
  308. ^ "Sectors >> Energy Sector .:: Italy-Serbia: Enhancing Entrepreneurial Development" (in Italian). Forumserbia.eu. 6 March 2012. Archived from the original on 29 October 2013.
  309. ^ "TENT – Responsibility and Privilege". Tent.rs. Archived from the original on 29 October 2013. Retrieved 25 October 2013.
  310. ^ "HE Đerdap 1 – Tehničke karakteristike". Djerdap.rs. Archived from the original on 25 October 2013.
  311. ^ "Serbia Energy Business Magazine – Energy Sector Serbia". Serbia-energy.eu.
  312. ^ "НИС у бројкама | НИС". Nis.rs. Archived from the original on 29 October 2013. Retrieved 25 October 2013.
  313. ^ a b "Practical Law". Uk.practicallaw.com. 1 February 2013.
  314. ^ "Biz – Vesti – Kravčenko: NIS je već sada broj 1". B92.
  315. ^ "НИС данас | НИС". Nis.rs. Archived from the original on 29 October 2013.
  316. ^ "Transnafta – Home – About us – Company's activity". Transnafta.rs. Archived from the original on 29 October 2013. Retrieved 24 September 2017.
  317. ^ "Transport prirodnog gasa". Srbijagas. 31 July 2013.
  318. ^ "Serbia, Republic of Srpska sign joint statement on Gornja Drina hydropower project". Balkan Green Energy News. 18 November 2020. Retrieved 4 December 2020.
  319. ^ "Serbian, RS PMs sign document to build hydropower plants". N1 Srbija (in Serbian). 13 November 2020. Retrieved 4 December 2020.
  320. ^ "Balkan Stream gas pipeline opens through Serbia". N1 (in Serbian). 1 January 2021. Retrieved 2 January 2021.
  321. ^ "Serbia". International Trade Administration | Trade.gov. 8 March 2021. Retrieved 20 June 2021.
  322. ^ "Archived copy" (PDF). Archived from the original (PDF) on 19 April 2013. Retrieved 26 October 2013.CS1 maint: archived copy as title (link)
  323. ^ [3] Archived 17 December 2011 at the Wayback Machine
  324. ^ "About Us". Archived from the original on 30 December 2017.
  325. ^ "Potpisan komercijalni ugovor za auto-put Preljina–Požega". Radio Television of Serbia (in Serbian). 27 November 2017. Retrieved 26 June 2018.
  326. ^ Serbia to invest 800 mln euro in Morava Corridor motorway project
  327. ^ http://publikacije.stat.gov.rs/G2019/PdfE/G20191062.pdf[bare URL]
  328. ^ "General Information". Serbian Railways. Archived from the original on 18 May 2016.
  329. ^ Air Serbia – ch-aviation
  330. ^ "Air Serbia passenger traffic grows 9.5% in 2019". SeeNews.
  331. ^ "Niš Airport to expand". EX-YU Aviation News. 25 July 2015.
  332. ^ https://publikacije.stat.gov.rs/G2019/Pdf/G20192052.pdf[bare URL]
  333. ^ "Investing in Serbia: Modern Infrastructure, Transport". SIEPA. Archived from the original on 6 November 2009. Retrieved 28 April 2010.
  334. ^ a b c "Pregled trzista" (PDF). ratel.rs. 2017.
  335. ^ Jovanka Matic and Larisa Rankovic, "Serbia Archived 13 January 2016 at the Wayback Machine", EJC Media Landscapes; accessed 11 March 2016
  336. ^ "ZAVRŠENA DIGITALIZACIJA!". Archived from the original on 4 March 2016.
  337. ^ "Serbia Times Daily News – Dacic: Tourism records positive growth rates". Serbia-times.com. 28 May 2013. Archived from the original on 1 November 2013.
  338. ^ "Office of the Republic of Serbia, data for 2019" (PDF).
  339. ^ Ljajić: Cilj je 1,7 milijardi dolara od turizma u 2019. godini
  340. ^ "Serbia". au.totaltravel.yahoo.com. Archived from the original on 2 November 2013. Retrieved 20 March 2013.
  341. ^ "Tourism" (PDF). stat.gov.rs.
  342. ^ "Putovanja – Porast broja turista u Beogradu u 2013. – B92 Putovanja". B92. Retrieved 27 October 2014.
  343. ^ "Đavolja varoš". serbia.travel. Archived from the original on 8 May 2013. Retrieved 20 March 2013.
  344. ^ "Kultura – Vesti – Na Exitu oko 25 hiljada stranaca". B92.
  345. ^ "Milutin Milankovitch : Feature Articles". Earthobservatory.nasa.gov. 24 March 2000 "The Serbian astrophysicist Milutin Milankovitch is best known for developing one of the most significant theories relating Earth motions and long-term climate change.". Retrieved 15 August 2012. Check date values in: |date= (help)
  346. ^ Laplante, Phillip A. (1999). Comprehensive Dictionary of Electrical Engineering 1999. Springer. p. 635. ISBN 978-3-540-64835-2.