感性

ウィキペディアから、無料の百科事典
ナビゲーションにジャンプ 検索にジャンプ

感性とは、感情や感覚を体験する能力です。[1]この言葉は、1630年代に哲学者によって最初に造られたもので、ラテン語の感覚(感情)[2]から派生した、感じる能力(理由)と区別する能力の概念があります[要出典]現代西洋哲学では、感性は感覚を体験する能力です。さまざまなアジアの宗教では、「感性」という言葉はさまざまな概念を翻訳するために使用されてきました。サイエンスフィクションでは、「感性」という言葉は「知性」、「」と同じ意味で使用されることがあります自己認識」または「意識」。[3]

一部の作家は、光や痛みなどの感覚を知覚する能力と、愛や苦しみなどの感情を知覚する能力を区別しています。意識のある個人による経験の主観的な認識は、西洋哲学ではクオリアとして知られています。[3]

哲学と感性

哲学では、著者が異なれば、意識と感性の区別も異なります。アントニオ・ダマシオによれば、感性は意識を定義する最小限の方法であり、そうでなければ一般的かつ集合的に、創造性知性知性自己認識志向性(思考を持つ能力など)などの心と意識のさらなる特徴を一般的かつ集合的に説明します何かについて)。意識のこれらのさらなる特徴は、感覚や感情を感じる能力である感性には必要ないかもしれません。[4]

意識

トーマス・ネーゲル論文「コウモリであるのはどのようなものですか?」によると、意識とは、主観的な知覚体験をするあらゆる実体の能力を指す場合があります。[5]一部の哲学者、特にコリン・マッギンは、意識を引き起こす物理的プロセスは決して理解されないと信じています。これは「新しいミステリアニズム」として知られいる立場です彼らは、意識の他のほとんどの側面が科学的調査の対象であることを否定していませんが、彼らはそのクオリアを主張しています説明されることはありません。[要出典]ダニエル・デネットなどの他の哲学者は、クオリアは意味のある概念ではないと主張しています。[6]

動物の意識に関しては、2012年7月7日にケンブリッジ大学で公に宣言されたケンブリッジ意識宣言によると、意識は特殊な神経構造、主に神経解剖学的、神経化学的、神経生理学的基質を必要とするものであり、より複雑な生物に中枢神経系意識を示すために。[a]したがって、すべて動物界にあるこれらの基質を持っている生物だけが意識していると言われています。[7]スポンジ平板動物門、および中生動物 シンプルなボディプランと神経系のない、意識を持たない動物界の唯一のメンバーです。[要出典]

現象的意識と感情的意識

デイヴィッド・チ​​ャーマーズは、感性は現象的意識の省略形として使用されることもあると主張します。これは、主観的な経験をする能力ですが、感情的な意識のより狭い概念、つまり感情的な感情価を持つ主観的な状態を経験する能力を指すこともあります。または否定的な性格)、痛みや喜びなど。[8]

認識のパラドックスと知性との関係

感性と知性は原則として互いに独立していると伝統的に想定されてきましたが、その想定に対する批判があります。そのような批判の1つは、認識のパラドックスに関するものです。その一例は、クモと非クモを区別できない実体はクモ恐怖症にはなれないということです。より一般的には、認識できない刺激に感情的な反応を付けることはできないため、認識できる認識とは独立して感情が存在することはできないと主張されています。のモジュール性の細部に特別な注意を払うことで正確な認識が存在するという主張は、モジュール内のシナプスを明確にする小さなシステムでは物理的に正確な区別ができないため、データ損失の両方に関して批判されています。脳全体を網羅するより大きなシナプスシステム、およびとにかく何かを認識するための組み込みの認知を必要とする動機付けのための1つのシステムと、戦略を立てるための別の認知システムを持つためのエネルギー損失は、すべてを使用する1つのシステムに統合するよりも多くのエネルギーを消費します同じシナプス。より正確なシステムからより正確でないシステムへのすべての情報転送に固有のデータ損失は、より正確でないシステムがより正確なシステムを「使者」として使用することを不可能にすることも主張されています。より正確なシステムからのアウトデータは、より正確でないシステムの利益になるかどうかに関係していました。[9] [10]

条件反射精度に関する経験的データ

Ivan Pavlovによる最初の研究では、人間の子供たちの条件反射は犬のそれよりも識別力があり、人間の子供たちは食べ物が提供された頻度に非常に近いダニの頻度でのみ唾液を分泌し、犬はより広い範囲の頻度でよだれを垂らします。近年、より多くの種に関する比較研究が行われた。感情と認知のための別々のシステムの理論ではなく、脳全体の知覚システムの理論によって予測されるように、脳のサイズと脳全体の接続性の両方が知覚をより識別可能にするのに寄与することが示されています。[11]

東洋の宗教

ヒンドゥー教仏教シーク教ジャイナ教などの東洋の宗教は、非人間を衆生として認識しています。[12]衆生という用語は、サンスクリット語のさまざまな用語(jantu、bahu jana、jagat、sattva)から翻訳され、「慣習的に、幻想、苦しみ、および再生(Saṃsāra)の対象となる生物の塊を指します」。[13]仏教の植物のいくつかの形態では、石や他の無生物は「感性」であると見なされます。[14] [15]ジャイナ教では、多くのことが魂、jīvaに恵まれています。これは時々「感性」と訳されます。[16] [17]椅子やスプーンなど、魂のないもの、 ajīvaがあります。[18] jīvaには、感覚の数に基づいてさまざまなランキングがありたとえば、水は触覚という1つの感覚しか持たないと考えられているため、一次の感覚的存在です。[19]

ジャイナ教とヒンドゥー教では、これはアヒンサーの概念、他の存在に対する非暴力に関連しています[要出典]

仏教の感性は感覚を持っている状態です。仏教には六つの感覚があり、六つ目は心の主観的な体験です。感性とは、五蘊が発生する前の気づきです。したがって、動物は衆生としての資格があります。仏教によれば、純粋な意識で作られた衆生は可能です。仏教とチベット仏教を含む大乗仏教では、その概念は菩薩に関連しており、悟りを開いて他人の解放に専念しています。菩薩の最初の誓いは、「衆生は無数です。私は彼らを解放することを誓います」と述べています。

動物福祉、権利、感性

感性は動物福祉運動の中心的な概念であり、道徳および立法の原則の紹介でジェレミー・ベンサム有名な著作にさかのぼります

問題はそうではありません、彼らは推論できますか?また、彼らは話すことができますか?しかし、彼らは苦しむことができますか?

リチャード・D・ライダーは、感覚主義を、それが感覚的である場合にのみ、実体が道徳的地位を有する立場として広く定義しています。[20]デビッド・チャルマーのより具体的な用語では、ベンサムは狭い感覚主義者です。なぜなら、彼の道徳的地位の基準は、現象的意識をまったく経験する能力だけでなく、特に負の感情的感情を伴う意識状態を経験する能力(すなわち、苦しんでいる)だからです。 )。[8]動物福祉と権利擁護者は、しばしば同様の能力を呼び起こします。たとえば、ドキュメンタリーのアースリングス動物は人間のように理解するためのすべての欲求と能力を持っているわけではありませんが、食物と水、避難所と交際、移動の自由と痛みの回避に対する欲求を共有していると主張します。[21] [b]

動物福祉の擁護者は通常、あらゆる衆生が不必要な苦痛からの保護を受ける権利があると主張します[引用が必要]が、動物の権利の擁護者は、単純なものによってどのような権利(例えば、生存権)が伴うかについて異なる場合があります感性。感覚中心主義は、感覚的な個人が道徳的関心の中心であるという理論を説明しています。

ゲイリー・フランシオンはまた、彼の奴隷制度廃止論者の動物の権利の理論に基づいていますが、これはシンガーのそれとは大きく異なり、感性に基づいています。彼は、「すべての衆生は、人間であろうと非人間であろうと、一つの権利を持っている:他人の財産として扱われないという基本的権利を持っている」と主張している。[22]

イギリスのオックスフォード動物倫理センターの創設者であるアンドリュー・リンゼイは、彼のキリスト教の側面として、動物を衆生として認識することを考えています。動物牧師の異教徒協会は、動物省グループが衆生を認識し、評価するという方針を採用することを奨励しています。[要出典]

1997年に、動物の感性の概念が欧州連合の基本法に組み込まれました。アムステルダム条約に付属する法的拘束力のある議定書は、動物が「衆生」であることを認めており、EUとその加盟国は「動物の福祉要件を十分に尊重する」ことを求めています。

人工知能

「感性」という用語は、主要な人工知能の教科書や研究者によって使用されていません。[23] AIの一般的な説明では、「人間レベル以上の知能」(または人工知能)を表すために使用されることがあります。

感性商

感性商の概念は、1970年代後半にRobert A. FreitasJr。によって導入されました。[24]感性は、個々の処理ユニット(ニューロン)の情報処理速度、単一ユニットの重量/サイズ、および処理ユニットの総数(質量として表される)の間の関係として定義されます。これは、単一のニューロンから、宇宙全体の理論的な計算限界にある仮想的な存在までのすべての生物とコンピューターの感性の尺度として提案されました。対数スケールでは、-70から+50まで実行されます。

も参照してください

メモ

a。 ^ 引用:「新皮質がないことは、生物が情動状態を経験することを妨げるようには見えません。収束する証拠は、非ヒト動物が意図的な行動を示す能力とともに、意識状態の神経解剖学的、神経化学的、および神経生理学的基質を持っていることを示しています。その結果、証拠の重みは、人間が意識を生成する神経基盤を持っているという点でユニークではないことを示しています。すべての哺乳類や鳥を含む人間以外の動物、およびタコを含む他の多くの生物もこれらの神経基質を持っています。」[7]

b。 ^ 引用:「確かに、これらの動物は私たち人間が持っているすべての欲求を持っているわけではありません。確かに、私たち人間が理解しているすべてを理解しているわけではありません。それにもかかわらず、私たちと彼らは同じ欲求のいくつかを持っており、同じことのいくつかを理解しています。食料と水、避難所と交際、移動の自由、痛みの回避への欲求。」[21]

参考文献

  1. ^ 「感性の定義」メリアム・ウェブスター辞書2019年7月1日取得
  2. ^ ハーパー、ダグラス。「感性」語源オンラインダグラスハーパー2021年1月31日取得
  3. ^ a b Scerri、Mariella; グレッチ、ビクターE.(2016)。「サイエンスフィクション101の感性」SFRAレビュー315:14–18 2021年1月31日取得
  4. ^ ダマシオ、アントニオ(2001年10月)。「基本的な気持ち」ネイチャー413(6858) : 781。Bibcode2001Natur.413..781D土井10.1038 / 35101669ISSN1476-4687_ PMID11677584_ S2CID226085_   
  5. ^ ネーゲル、トーマス(1974)。「コウモリになるのはどんな感じ?」哲学的レビュー83(4):435–450。土井10.2307 / 2183914JSTOR2183914_ 
  6. ^ ラムジー、ウィリアム(2013)。「消去主義的唯物論」ザルタでは、エドワードN.(編)。スタンフォード哲学百科事典(2013年夏版)。スタンフォード大学2014年6月19日取得
  7. ^ a b Low、Philip(2012年7月7日)。「意識に関するケンブリッジ宣言」(PDF)FCM会議ケンブリッジ大学2020年8月5日取得
  8. ^ a b マッシモ・ピグリウッチ、デイヴィッド・チ​​ャーマーズ(2020年12月18日)。2020年哲学の日:David Chalmers-意識と道徳的地位(YouTube)。冬のイチジク。2021-10-31にオリジナルからアーカイブされました2021年9月12日取得
  9. ^ ADミルナー、MDラグ(2013)。「意識の神経心理学」
  10. ^ ET Mullin(2007)。「感覚の創造と意識の進化」
  11. ^ カターニア、AC(1994年6月7日)。「クエリ:パブロフの研究は鐘を鳴らしましたか?」Psycoloquyニュースレター
  12. ^ シャンタ、バクティニスカマ(2015年9月〜10月)。「人生と意識–ヴェーダーンタ派の見解」コミュニケーション&統合生物学8(5):e1085138。土井10.1080 /19420889.2015.1085138PMC4802748_ PMID27066168_ 27066168。  
  13. ^ Getz、Daniel A.(2004)。"衆生"; Buswell、Robert E.(2004)に引用されています。仏教百科事典ボリューム2。ニューヨーク、米国:マクミランリファレンス米国。ISBN 0-02-865720-9(第2巻):pp.760 
  14. ^ 西谷啓治(編)(1976)。東仏教徒9.2:p.72。京都:東仏教協会; Dumoulin、Henrich(著者)に引用されています。ハイジグ、ジェームズ(翻訳者); and Knitter、Paul(translator)(2005)。禅仏教:歴史〜第2巻:日本。ビクター・ソーゲン・ホリによる紹介付き。米国インディアナ州ブルーミントン:World Wisdom、 Inc。ISBN 978-0-941532-90-7 
  15. ^ レイ、レジナルドA.(2000)。不滅の真実:チベット仏教の生きた精神性チベット仏教の世界。1.ボストン:Shambhala Publications、Inc。pp。26–27。ISBN 1-57062-910-22008年10月21日取得
  16. ^ ネミカンドラ、阿闍梨; Balbir、Nalini(2010)、Dravyasamgrha:Exposition of the Six Substances、(in Prakrit and English)Pandit Nathuram Premi Research Series(vol-19)、Mumbai:Hindi Granth Karyalay、pp。1of Introduction、ISBN 978-81-88769-30-8
  17. ^ グライムス、ジョン(1996)、インド哲学の簡潔な辞書:英語で定義されたサンスクリット用語、ニューヨーク:SUNY Press、pp。118–119、ISBN 0-7914-3068-5
  18. ^ Shah、Natubhai(1998年11月)、Jainism:The World of Conquerors、Sussex Academic Press、p。50、ISBN 1-898723-30-3
  19. ^ ドニガー、ウェンディ、編 (1993)、Purana Perennis:Hindu and Jaina Textsの相互性と変換、ニューヨーク州立大学出版ISBN 0-7914-1381-0
  20. ^ ライダー、リチャードD.(1991)。「魂と感覚」種間7(1):第3条。doi10.15368 /bts.1991v7n1.1
  21. ^ a b Monson S(2005)、「アースリングス」。
  22. ^ フランシオン、ゲイリー。公式ブログ
  23. ^ 最も人気のある4つのAI教科書(またはウィキペディアによるその内容の調査)を参照してください。いずれも「感性」についてはまったく言及していません。
  24. ^ Freitas、RA Jr.(1984年4月)。「異種心理学」。アナログサイエンスフィクション/サイエンスファクト104:41–53。

さらに読む