シーモビー

フリー百科事典ウィキペディアより

Seamoby Candidate Access Router Discovery (CARD) は、RFC 4065 および RFC 4066 で概説されている 実験的プロトコルです。

このプロトコルは、ワイヤレスアクセス ルーター間のIPデバイスのハンドオーバーを高速化するように設計されていますこのプロトコルは、アクセス ルーターがモバイル デバイスの助けを借りて自動的に近隣を検出するために使用できるメカニズムを定義します。何らかのトリガーに基づいて、モバイル デバイスは近隣のアクセス ポイントをスキャンし、新しく見つかったアクセス ポイント識別子のリストを接続されたアクセス ルーターに報告します。接続されたアクセス ルーターは、AP ID を使用して逆ルックアップを実行し、新しく見つかったアクセス ポイントに接続されている候補アクセス ルーターを識別します。接続されたアクセス ルータは、新しく見つかったアクセス ルータの IP アドレスと機能を使用してネイバー リストを更新します。近隣リストは、AR 間ハンドオーバーの意思決定に使用できます。

現在、3GPP SON プロトコル (別名 ANR) では、候補アクセス ポイントを検出するために、同様の考え方が使用されています。ただし、ANR プロトコルは RRC および X2 プロトコルを拡張して、L2 ネットワークの CARD のような機能をサポートします。