サマド・アル・シャン

座標:北緯22度48分40秒 東経58度9分0秒 / 北緯22.81111度 東経58.15000度 / 22.81111; 58.15000

北緯22度48分40秒 東経58度9分0秒 / 北緯22.81111度 東経58.15000度 / 22.81111; 58.15000

シャルキーヤ州サマド・アル・シャンとアル・モヤッサル近郊のワディ・サマドの遺跡の計画
サマド後期鉄器時代の石器。いくつかは旋盤加工されています。
このサマド鉄器時代後期の墓は垂直に見られます。北西端(左)では、胴体が頭から挿入されました。

サマド アル シャン(北緯 22 度 48 分、東経 58 度 09 分、標高 565 m) は、オマーンのシャルキーヤにある遺跡で後期鉄器時代の遺跡が最初に確認されたため、サマド時代または集合体と呼ばれています。[1]

剣と矢尻を持った男の骸骨、サマド・アル・シャン、オマーンのスルタン国、サマド鉄器時代後期。

このオアシスは、「アル メイサール」村 (1995 年頃からアル モヤッサール) の東 2 km に位置します。1976 年に、遺跡のごく一部が英国の考古学調査員によって発見されました。[2]考古学者のゲルト ヴァイガーバーは1981 年に地図作成を始めました。ブルクハルト フォークト、ゲルト ヴァイガーバーパウル ユールによるこの遺跡の発掘 (1981 ~ 82 年) は1987 ~ 98 年にボーフムのドイツ鉱山博物館で行われ、その後ハイデルベルク大学でもいくつかの記録が残されました。オマーン国特有の青銅器時代から後期鉄器時代にわたる 260 の墓Samad は、文字を書かない後期鉄器時代の活字サイトです。アラビア南東部、中央オマーンのこの文化的な集合体は、陶器の容器に引っ掻かれた文字の形をした原文の例が時折存在することを証明しています。2016年と2018年に、ユールはサマド集団の特徴づけとその住民の民族言語的アイデンティティに再び焦点を当てた。

オマーン中央部の地下石墓は、かなり単純なものから精巧なものまで多岐にわたり、長さは最大 9 m (フェグで) に達します。マンフレッド・クンターは、生物学的に定義された成熟した雄が通常右側に配置され、成熟した雌が左側に配置されることを最初に決定しました。男女を問わず故人の墓と副葬品は、低いものから高いものまでさまざまです(墓の大きさ、数、副葬品の種類)。[3]より頑丈な骨格(重い骨とより重い筋肉の付着痕)を持つ人は、より良い墓と副葬品を持つ傾向があります。男性はお墓を持っている人の数が女性の2倍以上であるにもかかわらず、明らかになった子供の墓はさらに少ない。しかし、子供たちは墓地の未発掘の別の部分に埋葬されている可能性があります。もしより多くの男性がより良い墓を持っていたとしたら、おそらく男性は生涯にわたって女性よりも多くの財産権を持っていたことになるでしょう。男性の墓には武器、特に矢じり、矢筒の残骸、短剣が納められているが、女性の墓には武器は全く出てこない。男性も女性もビーズを身に着けていました。地元の陶器は手作りで、釉薬をかけた「香水瓶」やバルサマリアは輸入品でろくろ挽きで作られています。いくつかの柔らかい石のボウルが旋盤で回転されます。発見物の中には現存していないものもあるが、特に有機物と貴金属のほとんどの物体。行方不明ではあるが、予想されているのは、衣服、靴などの革製品、液体容器や盾、矢の柄、弓、編んだかごなどである。あの世では水を汲む必要があるが、そのようなものは何も残っていない。何らかの理由で、いくつかの副葬品が破損しています。ボディペインティングもタトゥーも生き残らなかった。その人が誰にどのように埋葬されたか、そしてそのアイデンティティを構成する個々の部分がさまざまな方法で表現されました。ボディペインティングもタトゥーも生き残らなかった。その人が誰にどのように埋葬されたか、そしてそのアイデンティティを構成する個々の部分がさまざまな方法で表現されました。ボディペインティングもタトゥーも生き残らなかった。その人が誰にどのように埋葬されたか、そしてそのアイデンティティを構成する個々の部分がさまざまな方法で表現されました。[4]

起源に関係なく、今日知られているように、サマド後期鉄器時代の人々は、冬と夏の牧草地の間を移動する牧畜民ではなくナツメヤシ農家です。しかし、遊牧民から定住者へ、牧畜民から遊牧民への移行にはいくつかの段階があり、牧畜生活は農業にとって不可欠な部分です。[5]壊滅的な歯列と[6]彼らの食生活の結果を除けば、墓の中には農民や牧畜民としての経済状況を明らかにするものは何もありません。紀元前 1 千年紀後半、この住民をベドウィンと呼んだことには疑問があります。[7]人口における社会的地位の違いは、ベドウィンの部族集団内での通常の地位の欠如と矛盾しています。[8]このような富の蓄積は、牧歌的な環境よりも座りがちな環境でより容易に生じます。テントのコピーではなく、家のコピーであるこの重い石の墓は、死後の世界の座りがちな住居としての製作者の価値を示しています。男性に武器が供給されることを除けば、副葬品には男女の職業についてはほとんど記載されていない。どうやら男性も女性も糸を紡いでいたようです。

この人口は、何世紀も後に書き記された口述歴史的記述(アラビア語のカシュフ・アル・グンマ)に基づいて、南アラビアからオマーンへの移民として理解されるかもしれない。しかし、カシュフには、ペルシアの支配と「オマーン」の独立に関する漠然とした陰謀を除けば、本当の情報は含まれていない。新たに到着した人口を信じるもう 1 つの理由は、後期鉄器時代の物質文化と初期鉄器時代の先住民族の物質文化の対比です後期鉄器時代は、陶器の点でオマーン中央部や隣接する現在のアラブ首長国連邦に分布する陶器とは異なります。重要なことに、カミソリは鉄器時代の初期に発生しましたただし、後続のコンテキストではそうではありません。「イスラム教到来の 2000 年前、神がサブアーに洪水を起こした後」というディアスポラの伝統的な説明は誤りである。[9]

証拠はcから絶対的に現れます。紀元前 100 年から c. 西暦 300 年からの相対的な年代のサマド後期鉄器時代研究量が比較的少ないため、紀元前 300 年頃に終わると考えられている初期鉄器時代からの移行を絶対的に証明することはできません。いくつかの不完全な放射性炭素分析に基づいて、2009年にユールは、2001年の最終報告書で発表された彼の下位年代記を拒否した。男性の墓からの一連の発見物を除けば、この期間内の社会的または人為的な年代記の発展についての証拠はほとんど存在しない。オマーンとアラブ首長国連邦の両方には、他の工芸品の集合体がこれと並行して存在しています。サマド時代の終わりは、始まりよりもさらに曖昧です。一連の大干ばつは西暦 500 年頃にアラビアで始まり、[10]消滅から約200年後。

サマド後期鉄器時代についてはほとんど研究されておらず、後の再解釈にもかかわらず、主に活字現場の 250 を超える墓に関する 1 件の発掘報告に基づいています。[11]サマド後期鉄器時代の批判は信頼性が低いことで有名であり、発見の定量化に無関心であることが示されています。新しい研究により、年代、分布地域、その他の基本的な側面が簡単に変更される可能性があります。現在の知識によれば、サマドの人工物群の定義の完全性に疑問を呈するのは簡単です。2016 年[12]この集団の定義は、サムドとアルメイサールの発見物に再び焦点が当てられ、分布地域は北はマスカットまで、南はアダム近くのムフマル東まで、東はリウィーまでの約 14,000 km2 に縮小されました。西はムフマルへ。

サマド後期鉄器時代についてはほとんどコメントされていません。中央オマーンの考古学に関するいくつかの言及は、隣接するアラブ首長国連邦の考古学の観点から逸脱しています。D. Kennet [13]は、単純にクシュ (UAE) での発掘をバレインおよびペリオード プレイスラムクの最近の遺跡と結び付けており、[14] 3 世紀以降のアラビア東部全体を表しています。紀元前から8世紀まで。CE、中央オマーンの LIA の特徴との類似性がないにもかかわらず。サマード集団に関する文書の増加により、この見方は時代遅れになります。

何人かのヨーロッパの歴史家がオマーンをペルシャの植民地であると宣言してから数十年後、おそらく紀元前 6 世紀、サマド後期鉄器時代の集団の出現と、いわゆるイスラム以前の最近の時代[15]現在、アラビア南東部にはペルシャ出土の遺跡が少ないのとは対照的に、80以上の遺跡で発見されている。今日、私たちはアラビア南東部について、何世紀にもわたる単なる古代ペルシアの植民地としてではなく、より洗練された歴史モデルを持っていますが、考古学的発見に照らしてそれは信じがたいことです。この問題では、紀元前 1 千年紀後半には、中央オマーンの古代の弱い経済基盤と人口の少なさが、古代植民地大国にとって中央オマーンを魅力のないものにしていただろう。中央オマーンの主な重要性は、自国の海上貿易を確保し、競合国の海上貿易を妨害することに関心のある外国勢力にとって戦略的なものであったようです。

言語学の使用により、考古学的記録の限界を超えて、遺物を使用した人々が誰であるかについて何かを学ぶことが可能です。サマドの遺跡は、預言者の時代にはアラビア語の圏外にありましたが[16]、いわゆる現代南アラビア語が話されている地域内にありました。[17]しかし最近、アラブ首長国連邦やさらに北の他の場所で、北アラビア型のいくつかのハサイ族の碑文が発見された。[18]サマドの墓と副葬品は、通常この人口が由来すると考えられている現代のアラビア中央部や南西部の人々とは関連がありません。これを説明するには、移民の元の物質文化から私たちが知っているサマド集団への変化を想定する必要があり、おそらく数世代かかったと考えられます。共通のバルサマリア船を除いて、墓と副葬品は PIR の墓とあまり関連性がありません。

埋葬の習慣は、おそらくマハラ部族のような、一夫一婦制の中核家族構造を示す弱い証拠を墓に示しています。[19] [20]ある墓には年配の夫婦が埋葬されている。男性 1 人、女性 2 人以上の埋葬はありません。

こちらも参照

情報源

  • Paul YuleDie Gräberfelder in Samad al-Shan (Sultanat Oman): Materialsien zu einer Kulturgeschichte、Rahden、2001、ISBN  3-89646-634-8 [2]。
  • Paul Yule、後期イスラム以前のオマーン: 内なる証拠 – 外側の視点、ホフマン・ルーフ、M.–アル・サラミ、A. (編)、イバード教とオマーンの研究、オマーンと海外、vol. 2、ヒルデスハイム、2013、13–33、ISBN 978-3-487-14798-7 
  • Paul YuleCrossroads – Early and Late Iron Age South east Arabia、Abhandlungen Deutsche Orient-Gesellschaft、vol. 30、ヴィースバーデン、2014、ISBN 978-3-447-10127-1 ; 電子書籍: ISBN 978-3-447-19287-3  
  • ポール・ユール、サマドの勇敢化 後期鉄器時代、アラビアの考古学。エピグラフィー27、2016、31–71、ISSN  0905-7196。
  • ポール・ユールとクリスティーン・パリセル、アル・ジュバ(アル・ウシュタ県)産と言われている銀のフィエール - 考古学パズル、アラビアの考古学。エピグラフィー27、2016、153‒65、ISSN  0905-7196
  • Paul Yule、サマド時代の人口のアイデンティティに向けて (オマーンのスルタン国)、東洋考古学の時代11、2018、438–86、ISBN 978-3-7861-2829-8ISSN  1868-9078。 

参考文献

  1. ^ Paul YuleDie Gräberfelder、Samad al-Shan (Sultanat Oman) Materialsien zu einer KulturgeschichteOrient-Archäologie 4、ラーデン、2001、ISBN 3-89646-634-8[1]; Paul YuleCrossroads – Early and Late Iron Age South east Arabia、Abhandlungen Deutsche Orient-Gesellschaft、vol. 30、ヴィースバーデン、2014 年、ISBN 978-3-447-10127-1、62~ 66 ページ。ポール・ユール、サマドの勇敢化 後期鉄器時代、アラビアの考古学。エピグラフィー、2016 年 1 月 27 日、31 ~ 71 ページ、ISSN  0905-7196  
  2. ^ DB Doe、Gazetteer、Journal Oman Studies 2、1976、46、pl。IX(マップ)。
  3. ^ Manfred Kunter、Bronze und eisenzeitliche Skelettfunde aus Oman: Bemerkungen zur Bevölkerungsgeschichte Ostarabiens、Homo 32、1981、197–210 ISSN  1618-1301。
  4. ^ マイク・パーカー・ピアソン死と埋葬の考古学、サットン:ストラウド、1999年、29ページ、ISBN 0-7509-1777-6 
  5. ^ ヘルマン・フォン・ヴィスマンとフリードリヒ・クスマウル、Badw、イスラム百科事典vol. 1、ライデン、874 ページ、ISBN 978-90-04-33570-7 
  6. ^ M. Kunter、Chronologische und Regionale Unterschiede bei pathologischen Zahnbefunden auf der Arabischen Halbinsel、Archäologisches Korespondenzblatt 13、1983、339–43 ISSN  0342-734X、ISSN  2364-4729
  7. ^ Jan Retsö、『古代のアラブ人』、ロンドン、2003 年、82–3 ページ、ISBN 0700716793 
  8. ^ ルイーズ・スイート、ラクダによる北アラビアのベドウィンの襲撃: 生態学的適応のメカニズム、アメリカ人類学者、 ns 67,5,1、1965 年 10 月、1134 ページ。
  9. ^ ヌール アドディン ʿアブドゥッラー b. フマイド・アル・サーリミー、トゥハファト・アル・アヤン・ビ・シーラット・アール・ウマーン、カイロ 1347 年から 1350 年、20 年。
  10. ^ ドミニク・フライトマン、オマーンの石筍に記録されたイスラム黎明期の巨大干ばつ、2011年11月1日講演、AGU秋季会合。
  11. ^ ユルゲン・シュライバー、オマーンのオアセンジードルンゲンにおけるTransformationsprozesse。Die vorislamische Zeit am Beispiel von Izki、Nizwa und dem Jebel Akhdar論文、ミュンヘン、2007 年、URL http://edoc.ub.uni-muenchen.de/7548/1/Schreiber_Juergen.pdf。Ali Tigani Elmahi‒Nasser al-Jahwari、オマーンのワディ アンダム スルタン国のマーレヤの墓、後期鉄器時代とサマド時代の死の文化の眺め、Proc . セム。アラブ。スタッド。35、2005、57–69。
  12. ^ ( Paul Yule & Christine Pariselle、アル・ジュバ (アル・ウシュタ県) 産と言われる銀のフィエール – 考古学パズル、アラビアの考古学。エピグラフィー27、2016、153‒65)
  13. ^ イスラム教の前夜、アラビア東部からの考古学的証拠、古代、79、2005、114‒11; 同上、サーサン朝時代のアラビア東部の衰退、アラビア考古学の碑文、18、2007、86–122
  14. ^ (PIR、主な情報源: M. Mouton、La péninsule d'Oman de la fin de l'âge du fer au début de la période sasanide (250 av. – 350 ap. Jésus Christ)、BAR International Series 1776、(印刷2008)
  15. ^ Michel MoutonLa péninsule d'Oman de la fin de l'âge du fer au début de la période sasanide (250 av. – 350 ap. Jésus Christ) 、 BAR International Series 1776、1992 (2008 年印刷)。
  16. ^ Peter Behnstedt および Manfred Woidich、『アラビッシュ ダイアレクト地理』、ブリル、ライデン、27 ページ Karte 1、ISBN 90-04-14130-8 
  17. ^ Marie-Claude Simeone-Sennelle、現代南アラビア語、Stefan Weniger (ed.)、The Semitic Languages、De Gruyter: ベルリン、1078 ページの図。64.1、ISBN 978-3-11-018613-0 
  18. ^ B. Overlaet、P. Stein、M. Macdonald、アラブ首長国連邦、シャルジャのムレイハにある記念碑的な墓からのアラム語とハサイ語のバイリンガル碑文アーキオール。エピグラフィー27、2016 年、127 ~ 142 ページ。
  19. ^ ウォルター、ドスタル (1967)。Die Beduinen in Südarabien: Eine ethnologische Studie zur Entwicklung der Camelhirtenkultur in Arabianウィーン。70-71ページ。{{cite book}}: CS1 メイン: 発行元の場所がありません (リンク)
  20. ^ ウォルター・ミュラー、マーラ、イスラム百科事典、vol. 6、ライデン、1991 年、83 ページ。