サハラウィー人

ウィキペディアから、無料の百科事典
ナビゲーションにジャンプ 検索にジャンプ

サハラウィー人
  • صحراويون
  • ⵉⵙⴻⵃⵔⴰⵡⵉⵢⴻⵏ
  • サハラウィー
Sahrawi&camel.jpg
サハラウィー人
総人口
652,271(2020年推定)[1]
人口が多い地域
西サハラ〜160,000 [2]主にモロッコが管理するゾーン、人口の約30%を占めています
  アルジェリア21万人、[要出典]のうち9万人は「脆弱なサハラウィー難民[3] 、ティンドーフのサハラウィー難民キャンプ住んでいる[4]。
  モロッコ90,000 [5]
  モーリタニア人口も26,000人(難民)[6] [7] [8]
  スペイン3,000 [9] –12,000 [10]
言語
アラビア語ハッサニア語(ネイティブ)、ベルベル語(ネイティブ)、現代標準アラビア語(書かれたもののみ)、スペイン語lingua franca)、フランス語lingua franca
宗教
主にスンニ派イスラム教
関連する民族グループ
BerbersTuaregs [11]
西サハラの部族の地図

サハラウィーまたはサハラウィーアラビアصحراويون ṣaḥrāwīyūn ; BerberIseḥrawiyen ;モロッコアラビアصحراوة Ṣeḥrawa ;西サハラ砂漠;モロッコモーリタニアの大部分、そしてアルジェリアの最南西部

サハラに住むほとんどの人々と同様に、サハラウィー文化はベルベル人、サハラ以南のアフリカ人、アラブ人の要素が混ざり合っています。サハラウィー文化は、ベルベル人のコアとかなりのアラブの影響で構成されています。サハラウィー人の家母長制の伝統は、イスラム教とアラブ人の到来に先立つベルベル人の伝統であり[12] 、サヘルの他の民族グループと共有している特徴ですサハラウィー人は多くの部族で構成されており、主にアラビア語のハッサニア方言を話しますが、一部の部族はまだモロッコの一部でベルベル語を話します。[13]

語源

アラビアṢaḥrāwī صحراويは文字通り「砂漠の住民」を意味します。サハラウィー語は、砂漠を意味するアラビア語のṢaḥrā 'صحراء )に由来しています。男性は「サハラウィー」と呼ばれ、女性は「サハラウィー」と呼ばれます。他の言語では、同様または異なる方法で発音されます。

歴史

初期の歴史

主にSenhaja / Zenaga部族連合の遊牧民のベルベル人は、イスラム教が西暦8世紀に到着する前に、現在は西サハラ、モロッコ南部モーリタニア、アルジェリア南西部として知られている地域に住んでいました。新しい信仰はベルベル人自身によって広められ、イスラムの拡大の最初の数世紀におけるアラブ人の移民は最小限でした。ラクダがいつこの地域に導入されたのか(おそらく紀元前1千年または2千年紀)は不明ですが、北アフリカの伝統的な交易路に革命をもたらしました。ベルベルキャラバン 北アフリカと西アフリカの間で塩、金、奴隷を輸送し、交易路の管理は、さまざまな部族と定住者の間の絶え間ない権力闘争の主要な要素になりました。現在のモーリタニア、モロッコ、西サハラのベルベル族は、宗教指導者の背後で団結して周囲の政府を権力から一掃し、公国、王朝、さらには独自の広大な帝国を設立しました。これは、モロッコとアンダルシアのベルベルアルモラヴィッド王朝、およびモーリタニア のいくつかの首長国の場合でした。

11世紀には、ベニヒラルベニスライムのベドウィン族がエジプトからマグレブ地方に西に移住しました。13世紀初頭、イエメンのマキル族はアラビア全土と北アフリカを西に移動し、最終的に現在のモロッコに定住しました。彼らはメリニド王朝のゼナタ・ベルベルの子孫にひどく受け入れられ、領土から追い出された部族の中にはベニ・ハッサンがいました。

この部族はサンハジャの領土に入り、その後何世紀にもわたって彼らに押し付けられ、その過程で人口と混ざり合いました。ベルベル人はアラブの戦士の部族の支配を振り払おうと散発的に起こったが、同化は徐々に勝ち、失敗したチャー・ブーバ蜂起(1644–74)の後、ベルベル人の部族は事実上例外なくアラブまたはイスラム文化を受け入れ、アラブの遺産を主張した。 [20] BeniḤassānアラビア語ハッサニア語、Hassaniyaは、モーリタニアとモロッコの支配下にある母国語のままです。今日まで西サハラであり、モロッコ南部とアルジェリア西部でも、所属する部族の間で話されています。今日のサハラウィー/ムーアの部族のすべてではないにしても多くがアラブの祖先を主張しているという事実にもかかわらず、ベルベル語の語彙と文化的特徴は依然として一般的です。いくつかは、ムハンマドの子孫、いわゆるシャリフィアン部族(pl。shorfa またはchorfa) であるとさえ主張しています。

現代のサハラウィー人は、バニ・ハッサンまたはベルベル人のアラブ人であり、その文化的量が遺伝的量よりも大きい追加の民族としてアラブ人がいます。人々は、現代のモーリタニア、モロッコ、西サハラ、およびアルジェリアの一部の地域で、最西端のサハラ砂漠に住んでいます。(一部の部族は、伝統的にマリ北部とニジェールに、またはサヘルの キャラバンルートに沿ってさらに移動します。)ほとんどのサヘルの人々と同様に、部族は、ベルベル、アラブ、および民族や文化を含む他の影響を組み合わせた、高度に混合された遺産を反映していますサヘルの多くの民族グループに見られる特徴後者は主にウォロフ族ソニンケ族、およびサヘル南部の他の人口、そして裕福な遊牧民の家族による奴隷の獲得を通じて。

植民地時代以前、サハラは一般に、モロッコの中央政府とフェズのモロッコのスルタン、およびアルジェのデイ当局によって、ブラッド・エッシバまたは「不和の地」と見なされていましたマリソンガイの植民地時代以前のサハラ以南の帝国の政府は、かつては無秩序な襲撃部族の本拠地であり、サハラのキャラバン貿易の主要な交易路であった部族の領土と同様の関係を持っていたようです。ハッサニア族は時折「ベヤ」を拡大したが、中央政府はこの地域をほとんど支配していなかった。「または権威ある統治者への忠誠、政治的支持を得るため、または場合によっては宗教儀式として。今日モーリタニア北部にあるムーア人は多くの首長国を設立し、いくつかの異なる部族の忠誠を主張し、それらを通じて半-伝統的な放牧地の主権これは、ハサニヤ族によってこれまでに達成された中央政府に最も近いものと見なすことができますが、これらの首長国でさえ、弱く、紛争に苦しんでおり、対象の部族の積極的な同意に依存していました忠誠を強制する能力。[21]

ヨーロッパの植民地主義

さまざまなハッサニア語を話すサハラウィー人のムーア人グループの間に描かれた現代の区別は主に政治的ですが、異なる植民地時代と植民地時代後の歴史に由来する文化の違いも明らかです。重要な仕切りは、部族連合がフランスまたはスペインの植民地支配下にあるかどうかです。フランスは主に19世紀後半にアフリカと西アフリカのほとんどを征服しました。これには、アルジェリアモーリタニア、そして1912年からモロッコが含まれます。しかし、西サハラとモロッコの散在するマイナーな部分スペイン、およびスペイン領サハラ(リオデオロサギアエルハムラに細分)とスペイン領モロッコとそれぞれ名付けられました。これらの植民地支配は、イスラム教徒のサハラ人を初めて キリスト教 ヨーロッパの支配下に置き、既存の人口の間および内部で永続的な文化的および政治的分裂を生み出し、さまざまな方法で伝統的な勢力均衡を混乱させました。

サハラウィー-ムーア人の地域は、正確な領土の境界についてはまだ定義されていませんでしたが、前世紀の近隣の王朝と同じように、植民者にとって厄介でした。これらの集団の政治的忠誠心は、何よりもまずそれぞれの部族に対するものであり、超部族の忠誠と同盟は急速かつ予想外に変化するでしょう。彼らの遊牧民のライフスタイルは、一般的な無法状態、事前の中央権力の欠如、植民者がもたらしようとした種類の定住生活に対する広く行われている軽蔑と同様に、領土を直接支配することを困難にしました。何世紀にもわたる部族間の戦争と略奪品の襲撃(ghazzu)人口が十分に武装しており、ゲリラスタイルの戦争に精通していることを保証しました。敵対的なヨーロッパの勢力と同盟を結んだ部族は、フランススペインとの闘いを遊牧民の伝統的な権力 闘争に結びつけ、内部の闘争を悪化させた、これらの理由での牛泥棒の公正なゲームと見なされるようになりました。

したがって、ヨーロッパの侵略が増加するにつれて、蜂起と暴力的な部族の衝突が頻繁に発生し、時には、最初の数年間のマールアイナイン蜂起の場合のように、反植民地聖戦、またはジハードの形をとった。 20世紀。スペインが最終的に現在の西サハラの内部を征服することができたのは1930年代になってからであり、それからフランスの強力な軍事援助によってのみでした。モーリタニアの襲撃ムーア人は、フランス人による伝統的な対立と部族間の社会的分裂の巧みな搾取によって、過去数十年間に支配下に置かれていました。これらの出会いでは、大規模なルギバト部族新しい統治者に対して特に抵抗力があることが証明され、その戦闘機は定期的にフランスとスペインの領土から抜け出し、同様にヨーロッパの勢力間の競争を利用しました。最後の大規模なルギバト部族の襲撃は1934年に行われ、その後スペイン当局がスマラを占領し、最終的に最後のパトロールされていない国境地域を支配しました。

サハラウィー族とムーア人の部族は、20世紀初頭から中期にかけて、フランコスペインの対立(およびフランス植民地政権の異なる翼間の不一致)が以前は流動的だったサハラに厳格な国境を課すまで、ほとんど遊牧民でした。 。遊牧民の広大な放牧地は分割され、サハラ交易とサヘル 北部と南部の隣人の襲撃に基づく伝統的な経済は崩壊しました。サハラの内部を分割するとき、既存の部族連合と勢力圏にはほとんど注意が払われませんでした。

さまざまな植民地慣行

フランスとスペインの植民地政府は、徐々に、そしてさまざまな力で、これらの領土に独自の政府と教育のシステムを課し、先住民を異なる植民地の経験にさらしました。アルジェリアの人口は、フランスとヨーロッパの移民の大規模な定住を可能にするために組織された直接のフランスの支配を受けました。モーリタニアでは、彼らはフランスの非開拓者植民地政権を経験しました。遊牧民への要求が軽視された場合、既存の社会秩序も故意に覆し、ハサネの強力な戦士の一族に対して下位のマラブーゼナガの部族と同盟を結びました。アラブ人。モロッコ南部では、フランスが一部の地域でスルタンによる間接統治を支持し、スペインが他の地域で直接統治を行った。スペイン領サハラは、最初は植民地として扱われ、後に海外州として扱われ、徐々に政治情勢が厳しくなり、その後、スペイン人入植者が急速に流入しました(スペイン人を作る1975年の人口の約20%)。1950年代から1970年代の脱植民地化の時までに、これらすべての異なる地域のサハラウィー族は、およそ1世代以上の異なる経験を経験していました。しかし、多くの場合、彼らの遊牧民のライフスタイルは、同じ地域で座りがちな人々が経験したものよりも干渉を受けにくいことを保証していました。

植民地時代以前の忠誠についての討論

植民地化の時代は、既存の権力構造を根本的に変え、矛盾した政党の混乱した遺産、民族や部族の現実にほとんど似ていないヨーロッパが描いた国境、そして現代の政治紛争の基盤を残しました。

たとえば、西サハラ紛争の双方モロッコポリサリオ戦線)は、植民地時代の歴史を大いに利用して、彼らの現実のバージョンを証明しています。大モロッコのイデオロギーの支持者は、 1912年までこの地域の最後の独立したイスラム支配者であり続けたモロッコのスルタンにヨーロッパ人に対する支援を求めているサハラウィー族を指摘しています(マールアイナインを参照一方、独立派のサハラウィー人は、そのような忠誠の声明は、短期間の同盟を作るためにさまざまな部族の指導者によってほぼ日常的に行われ、他の部族の長も同様にスペインへの忠誠を宣言したと指摘しているフランスモーリタニア首長国、そして実際にお互いに。彼らは、そのような取り決めは常に一時的なものであり、部族連合は常に中央当局の事実上の独立を維持し、この独立を維持するために戦うだろうと主張している。

国際司法裁判所は1975年にこの問題に関する判決を下し当時のスペイン領サハラにはモロッコのスルタンと一部の(主にテクナ北部の)部族との間に関係あったが、これらの関係は西サハラの権利を無効にするのに十分ではなかったと述べた。自己決定モーリタニアに関しても同じ種類の判決が出され、裁判所は、一部のムーア人への歴史的忠誠を含め、サハラウィー人とモーリタニア人の間に確かに強い部族的および文化的つながりがあると認定しました。エミレーツ航空ですが、これらは州や政府の性格の結びつきではなく、主権の正式な絆を構成するものではありませんでした。したがって、裁判所は国連に対し、サハラウィー人の自己決定を引き続き追求し、スペイン領サハラを独立国家にするか、モロッコまたはモーリタニアに併合する かを自ら選択できるようにすることを勧告しました。

脱植民地化の試み

西サハラ紛争

国連によると、今日西サハラと呼ばれている地域は、世界で最後に残っている主要な非自治地域の1つです。モロッコは南部諸州として領土の大部分を支配していますが、この合法性はどの国でも国際的に認められておらず、サハラアラブ民主共和国(SADR)としての領土の独立を主張するアルジェリアが支援する運動であるポリサリオ戦線によって軍事的に争われています)。1991年以来、モロッコとポリサリオの間で停戦がありましたが、混乱がありましたモロッコが保有する領土で、またその領土の法的地位をめぐる進行中の論争は、この問題への継続的な国連の関与と時折の国際的な関心を保証します。

ポリサリオ戦線

ポリサリオ戦線が使用する、部分的に承認されたサハラウィー州であるサハラウィーアラブ民主共和国の旗

ポリサリオ戦線西サハラ国家解放運動であり、1973年以来、西サハラの独立を目指して戦っています。元々はスペインの支配に反対していました。1975年以降、モーリタニアとモロッコに対して。1979年以来、モロッコに対してのみ。組織はアルジェリアに拠点を置き、ティンドーフ難民キャンプを担当しています。組織は1991年以来モロッコとの停戦を維持しているが(和解計画を参照)、サハラ・アラブ民主共和国としての領土の独立に向けて努力を続けている。(SADR)平和的な交渉を通じて。ポリサリオ戦線は、植民地時代に定義された西サハラにその主張を制限し、たとえば、モロッコのサハラウィー人が住むタルファヤストリップ、またはモーリタニアの一部に対する主張を保持していません。1979年以来、ポリサリオ戦線は西サハラの人々の代表として国連によって認められてきました。[22]

人口統計

民族的背景:ベルベル人とアラブ人

サハラウィー女性のグループ。

上記のように、ハッサニア語を話す部族は、アラビア語ベニハッサン族であり、支配的なサンハジャベルベル族、および黒人アフリカ人や他の先住民族(たとえば、先住民族のソニンケ語族)と融合しましたベルベル人の文化的アラブ化は徹底的でしたが、ベルベル人のアイデンティティのいくつかの要素は残っています。

大規模なルギバト部族などの一部の部族は、ベルベル人の背景を持っていますが、その後徹底的にアラブ化されています。Oulad Delimのような他の部族は、他の部族や元奴隷との結婚が起こったとしても、 BeniHassanの子孫と見なされます。テクナ部族連合などのいくつかは、この地域のベルベル方言を保持しています。多くの場合、Teknaの場合はそうではありませんが、部族の文化遺産のBerber-Arab要素は社会的階層を反映しています。伝統的なムーア人-サハラウィー社会では、テクナ連合のアラブ部族は、タクナ連合の武装解除された弱いベルベル族の支配者および保護者としての役割を主張しました。したがって、戦士の部族と貴族はアラブ人になります。

しかし、ほとんどの部族は、それらの混合された遺産に関係なく、これが社会的地位を達成するための鍵であったため、何らかの形のアラブの祖先を主張する傾向があります。多くの(いわゆるショルファ部族)も、預言者 ムハンマド自身の子孫であると主張します。いずれにせよ、部族のアイデンティティは石に刻まれておらず、何世紀にもわたって、以前の民族的/文化的境界線を曖昧にするために、多くの結婚と部族の再提携が起こってきました。グループは、元の支配者を打ち負かすための軍事力または経済力を達成した後、より高い地位のアイデンティティにシームレスに再識別されることがよくあります。これは、例えば、サハラウィー族の最大の部族であるルギバト部族の場合でした。ベルベル人の子孫ザウィヤ18世紀にラクダの遊牧民と戦士の伝統を取り入れた(学術的)部族は、同時にますますアラブ人としてのアイデンティティを獲得し、OuladDelimやテクナ連合のアラビア語を話す部族。

社会的および民族的階層

一般的に言って、ハッサニアの人口は、異なる社会的地位のいくつかのグループに分けられました(または分けられています)。[23]

サハラウィーの女性。

社会のピークには、貴族の「戦士」の血統または氏族ハサネ、ベニハッサンアラブ部族の子孫と思われるものがありました(Oulad Delimを参照)。それらの下には、「学者」または「事務」の血統が立っていました。これらはマラブーまたはザウィヤ族と呼ばれていました(Oulad Tidrarineを参照)。後者の指定は、西サハラを中心とする部族の中で好ましいものであり、彼らはまた、ほとんど常に、彼らの宗教的信頼性を高めるためにショルファの地位を主張するでしょう。ザウィヤ族は、宗教的奉仕とホルマの支払いと引き換えにハッサンの大君主によって保護されていました。または商品; それらはある意味で悪用されていましたが、関係は多かれ少なかれ共生的でした。これらのグループの両方の下で、しかしまだ西サハラ社会の一部であり、znaga部族、つまり漁師Imraguenを参照)などの卑劣な職業で働く部族グループ、および同じ分野で働く周辺の半部族グループ(それらは「プロの」カースト、マレミンイガウェン)。これらのグループはすべて、助産師または白人の中にいると見なされました。

それらの下には、元のサハラ集団の子孫であるが、より一般的にはアフリカ起源の解放奴隷の子孫であると見られる、黒人集団であるハラティンとして知られる奴隷グループがランク付けされた[要出典](「ハラティン」という用語は、モロッコのベルベル地方では異なる意味を持っていることに注意してください。)彼らはしばしば提携助産師に仕えていました(白)家族、そしてそれ自体が部族の一部を形成し、彼ら自身の部族ではありませんでした。その下には、個人または家族グループで所有されていた奴隷自身がいて、せいぜい解放されてハラティンの地位に上がることを望んでいました。遊牧民社会は座りがちな社会よりも奴隷労働の利用が少ないため、裕福な助産師の家族は通常、せいぜい数人の奴隷を所有します。しかし、場合によっては、奴隷はオアシスのプランテーション、農業の日付、井戸の掘り出しなどに使用されました。 [要出典]

サハラウィー人の民族誌に関する最良の参考資料は、1952年から53年にスペイン領サハラに沿って先住民族の間で数か月を過ごしたスペイン人類学者フリオカロバロハの作品です。彼は1955年にこの主題に関する記念碑的な本を出版しました[24]。その徹底性と深さはこれまで同等ではありませんでした[要出典]

人口

エスノローグデータベースによると、2006年には300万人以上のハッサニア語話者がおり、そのうち270万人がモーリタニアに居住していました。[25]現代の政治的意味でサハラウィー人と特定されているハッサニア語話者の数は不明であり、推定値は西サハラ紛争のパルチザンによって激しく争われている。ただし、ほとんどの見積もりは、約20万から40万を中心としています。[要出典]これらの人口は、モロッコ南部、西サハラ、および西サハラからの多数の難民がいるアルジェリアのティンドーフ州に集中しています。

言語

サハラウィー人の母国語は、西サハラのベニハッサンアラビア部族によって最初に話されたさまざまなアラビア語であるHassānīyaです。これは、この地域で最初に話されていたベルベル語にほぼ完全に取って代わりました。明らかに西洋の方言ですが、Hassānīyaは他の北アフリカのアラビア語の変種から比較的離れています。その地理的位置は、ゼナガ語とウォロフ語の影響を受けました。ハッサニア語にはいくつかの方言があります。それらの間の主な違いは音声学です。今日、ハッサニア語はアルジェリア南西部、マリ北部、モーリタニア、モロッコ南部、西サハラで話されています。(モーリタニアはスピーカーが最も集中しています)[要出典]一部のサハラウィー人は、近隣の人々との交流のために、第二言語として タシェルヒト語および/またはモロッコアラビア語を話します。

現代の標準アラビア語とベルベル(モロッコのベルベル語の標準化されたバージョン)は、西サハラの一部で管理されているモロッコの公用語です。標準アラビア語モーリタニアアルジェリアサハラアラブ民主共和国で唯一の公用語です。

現在のモロッコ憲法(2011年7月に採択)は、その5番目の記事で、ハッサニア語に言及し、モロッコの文化遺産としての保存を推奨しています。[26]

スペインによる西サハラケープジュビーの過去の植民地化により、スペイン語はサハラウィー人のほとんど、特にサハラウィー人のディアスポラの間で、サハラウィーアラブ民主共和国の公式ニュースサービスであるサハラウィープレスサービスで言語として話されています。 2001年からスペイン語で利用可能[27]、西サハラで唯一の映画祭[引用が必要]であるサハラ映画祭は、主にスペイン語の映画を上映しています。

難民

1976年にスペイン領サハラの政権をモーリタニアとモロッコに移管したマドリッド協定の後、難民の流出はその後の暴力から逃れ、かなりの数が難民キャンプが設置されたアルジェリアサハラのポリサリオ戦線運動の基地地域に行き着きました。ティンドーフ州では増加し、モーリタニアのキャンプでは少数です。ティンドーフのキャンプは、西サハラの町(アウセルー、ラーユーヌ、スマラ、ダフラ)にちなんで名付けられました。[28]

アルジェリア、ティンドーフ州サハラウィー難民キャンプ

アルジェリア当局は、アルジェリアのサフラウィ難民の数を165,000人と推定しています。長年、この数字はUNCHRによって参照されていましたが、2005年に、キャンプ内の難民の正確な数を決定する国勢調査が行われるまで、組織は「脆弱な難民」の数を90,000人に減らしました。[29]モロッコ政府は、この数字ははるかに低く、約45,000から50,000であり、これらの人々はポリサリオ戦線の意志に反して難民キャンプに収容されていると主張している。[30]

モーリタニアには約26,000人のサフラウィ難民が住んでおり[6]、UNHCRによって「難民のような状況にある人々」として分類されています。[7]この人口は、領土への最初の難民と、その後モーリタニアに移住した元ティンドーフ居住者の両方で構成されています。

さらに、かつての植民者であったスペインには、3,000人から12,000人のサハラウィー人[要出典]が住んでいます。[9] [10]

2018年、30人のサーラウィ難民がアルジェリア空軍Il-76の航空事故で亡くなりました。彼らはさまざまな医学的および官僚的な理由でアルジェを訪れていました。難民キャンプのサハラウィー人には、アルジェリアの軍用輸送機で定期的に無料のフライトが提供されています。[31]

文化

宗教

宗教的には、サハラウィー人マリキの儀式または学校のスンニ派 イスラム教徒です。歴史的に、宗教的慣習は遊牧民の生活と地元の伝統に実際的に適応してきました。また、中世後期以降、さまざまなスーフィー教徒(兄弟愛または秩序)が人気のある宗教的慣習において重要な役割を果たしてきました。これらの中で最も重要なのは、カーディリー教団とティジャーニーヤ教団です。さらに、ハッサニア族の中で、預言者モハメッドの子孫であると言われている特定の系統、ショルファは、部族間の宗教社会において重要な役割を果たしてきました。[32]

トライバリズム

部族主義に関する記事とサハラウィー族のリストを参照してください

部族は、サハラのハッサニア語を話す部族の間の社会的および政治的組織の歴史的基盤であり、植民地時代およびおそらく植民地時代後の時代にまでさかのぼります。伝統的に、ハッサニア・サハラウィー社会は完全に部族であり、変化する同盟と部族連合の複雑な網で組織され、安定した中央集権的な統治権はありませんでした。

部族内での立法、紛争解決、中央意思決定は、選出された長老(シャイフ)と宗教学者の集まりであるジェマア(アラビア語、集まり)によって行わ時折、より大きな部族の集まりがAit Arbein(Group of 40)[要出典]の形で開催されることがあります。これは、領土の共通の防衛や共通の外交などの部族を超えた問題を処理します。植民地時代、スペインは、領土に対する主張を支持する国営の政治団体である独自のジェマアを創設することにより、これらの伝統的な制度の正当性の一部を引き受けようとしました。

著名人

も参照してください

参考文献

  1. ^ 「アフリカ::西サハラ-ワールドファクトブック-中央情報局」cia.gov2020年11月17日。 2020年11月17日のオリジナルからアーカイブ2021年5月25日取得
  2. ^ シェフテ、ホイットニー(2015年1月6日)。「西サハラの立ち往生した難民は、モロッコの紛争の更新を検討している」ガーディアン
  3. ^ 「アルジェリアのファクトシート」
  4. ^ 「2012年UNHCR国別事業プロファイル–アルジェリア」UNHCR 2012年8月21日取得
  5. ^ モロッコの概要-マイノリティ-サハラウィー人 2013年1月19日、ウェイバックマシンのマイノリティと先住民の世界ディレクトリに
  6. ^ a b 「2009年世界難民調査:モーリタニア」USCRI2012年5月8日にオリジナルからアーカイブされました2012年8月21日取得
  7. ^ a b "UNHCRグローバルレポート2009–モーリタニア、UNHCR資金調達レポート"2010年6月1日2012年8月21日取得
  8. ^ 「ワールドファクトブック–アフリカ–モーリタニア」CIA 2020年12月24日取得
  9. ^ a b "LapolicíadetuvoasaharauisenJaénalpedirlaresidencia"エル・パイス2010年6月16日2010年7月3日取得
  10. ^ abCarmenGómezMartín _ La migracion saharauienEspana。Estrategias de visibilidad en el tercer tiempo delexilio2012年8月21日取得52ページ、注88:「実際には不可能なaportarcifrasexactassobreelnúmerodesaharauisinstaladosenelpaís、ya que no presenten datos oficiales elaboradosporlaadministraciónespañolaoporlasautoridadessaharauis。 campo de la tesissecalculósunúmeroentre10.000–12.000ペルソナ、インスタラダスデプリファーデンシアエンラコスタメディテラネア(カタルーニャ、バレンシアコムニダード、ムルシアイアンダルシア)、カナリアス島、パイスバスコイエクストレマドゥラ」(スペイン語)
  11. ^ 「西サハラ:ダフラ危険地帯でのカイトサーフィン」BBC。2016年12月25日。
  12. ^ モリス、ラブデイ(2013年7月16日)。「西サハラ闘争の最前線にいる女性たち」ガーディアン2016年10月17日取得
  13. ^ Julio、Javi(2015年11月21日)。「サハラウィー難民キャンプに砂漠の学校が咲く–写真で」ガーディアン2017年6月4日取得
  14. ^ "Ufficio delle pubblicazioni — Manuale interistituzionale di convenzioni redazionali — Allegato A5 — Elenco degli Stati、dei territori e dellemonete"europa.eu
  15. ^ SA、PriberamInformática。"Significado /definiçãodesaarauínoDicionárioPriberamdaLínguaPortuguesa"Priberam.pt 2017年6月5日取得
  16. ^ 「Rajoyviajapara RabatparamanterboasrelaçõescomMarrocos| VEJA.com」Veja.abril.com.br2012年1月17日2017年6月5日取得
  17. ^ "No meio do caminho havia a Venezuela – Internacional –Estadão"Internacional.estadao.com.br 2017年6月5日取得
  18. ^ 「UniãoAfricana—」2015年5月26日。2015年5月26日のオリジナルからアーカイブ2018年4月2日取得{{cite web}}: CS1 maint: bot: original URL status unknown (link)
  19. ^ 「アンゴラ:Luandareafirmaapoioàcausadopovosaarauí– Inforpress –SapoNotícias」Noticias.sapo.cv2017年8月10日にオリジナルからアーカイブされました2017年6月5日取得
  20. ^ 「アーカイブされたコピー」lcweb2.loc.gov2009年1月10日にオリジナルからアーカイブされました2022年1月15日取得{{cite web}}: CS1 maint: archived copy as title (link)
  21. ^ [1] 2006年8月7日にウェイバックマシンでアーカイブ
  22. ^ ODSチーム。「ODSホームページ」(PDF)un.org2012年9月21日にオリジナル(PDF)からアーカイブされました。
  23. ^ 「このコレクションについて–国の研究|デジタルコレクション|米国議会図書館」アメリカ議会図書館2017年6月5日取得
  24. ^ Julio Caro Baroja、 Estudios Saharianos、Instituto de Estudios Africanos、マドリード、1955年。1990年に再編集:EdicionesJúcar。ISBN84-334-7027-2 _ 2009年に再編集:EdicionesCalamar。ISBN978-84-96235-28-1 _  
  25. ^ ルイス、M。ポール(編)、2009年。エスノローグ:世界の言語、第16版。テキサス州ダラス:SILインターナショナル。
  26. ^ 2011年モロッコ憲法第5条
  27. ^ 「Quienessomos?」spsrasd.info2011年9月25日にオリジナルからアーカイブされました。
  28. ^ ナショナルジオグラフィック誌、2008年12月
  29. ^ 国連難民高等弁務官。「UNHCR– UNHCRアルジェリアファクトシート(2010年8月)」UNHCR
  30. ^ 「原産国情報レポート:アルジェリア」(PDF)Ecoi.net 2017年6月5日取得
  31. ^ 「アルジェリア:Mueren al menos 257 personasalestrellarseunaviónmilitarenBoufarik」RTVE.es(ヨーロッパスペイン語)。2018年4月11日2018年4月12日取得
  32. ^ 西サハラ?30-days.net

西サハラ紛争

  • Hodges、Tony(1983)、Western Sahara:The Roots of a Desert War、Lawrence Hill Books(ISBN 0-88208-152-7 
  • Jensen、Erik(2005)、Western Sahara:Anatomy of a Stalemate 、International Peace Studies(ISBN 1-58826-305-3 
  • Mercer、John(1976)、Spanish Sahara、George Allen&Unwid Ltd(ISBN 0-04-966013-6 
  • Norris、HT(1986)、西サハラのアラブ征服、Longman Publishing Group(ISBN 0-582-75643-X 
  • Pazzanita、Anthony G. and Hodges、Tony(1994)、Historical Dictionary of Western Sahara、Scarecrow Press(ISBN 0-8108-2661-5 
  • シェリー、トビー(2004)、サハラ西部の終盤:アフリカの最後の植民地の将来は?、Zed Books(ISBN 1-84277-341-0 
  • Thobhani、Akbarali(2002)、1975年以来の西サハラモロッコ政権下:社会的、経済的、政治的変革、Edwin Mellen Press(ISBN 0-7734-7173-1 
  • ヴァージニアトンプソンとアドロフ、リチャード(1980)、西サハラ人。紛争の背景、バーンズ&ノーブルブックス(ISBN 0-389-20148-0 

外部リンク