サントメ・プリンシペ

ウィキペディアから、無料の百科事典
ナビゲーションにジャンプ 検索にジャンプ

座標1°N7 °E / 1°N 7°E / 1; 7


サントメ・プリンシペ民主共和国

リパブリカDemocráticaデ
サントメプリンシペ
  ポルトガル語
モットー:  「Unidade、Disciplina、Trabalho」 (ポルトガル語)
「Unity、Discipline、Labour」
国歌: インデペン総
合計独立
Location of São Tomé and Príncipe (dark blue) – in Africa (light blue & dark grey) – in the African Union (light blue)
サントメ・プリンシペの場所(紺色)

アフリカ (水色と濃い灰色)
アフリカ連合 (水色)

資本
そして最大の都市
サントメ0°20′N 6°44′E
 / 0.333°N 6.733°E / 0.333; 6.733
公用語ポルトガル語
認識されている地域の言語
宗教
住民の呼称
  • サントメ・プリンシペ(SãoTomean)[2]
  • サントメ・プリンシペ
政府単一の 半大統領 制共和国[3]
• 社長
エバリスト・カルバリョ
• 首相
ホルヘ・ボム・ジーザス
立法府国民議会
独立
ポルトガルから
1975年7月12日
領域
• 合計
1,001 [4]  km 2(386平方マイル)(171番目
• 水 (%)
無視できる
人口
•2018年の見積もり
211,028 [5] [6]186番目
•2012年の国勢調査
178,739
• 密度
199.7 / km 2(517.2 / sq mi)(69番目
GDP  PPP2017年の見積もり
• 合計
6億8500万ドル[7]
• 一人あたり
3,220ドル[7]
GDP  (名目)2017年の見積もり
• 合計
3億5500万ドル[7]
• 一人あたり
1,668ドル[7]
ジニ (2017)Negative increase 56.3 [8]
HDI  (2019)Increase 0.625 [9]
ミディアム ・ 135位
通貨ドブラSTN
タイムゾーンUTC GMT
運転側
市外局番+239
ISO3166コードNS
インターネットTLD。NS

サントメプリンシペ/ ˌ S T ə M  ... P R ɪ N S ɪ P ə- P / ; [10] ポルトガル語:  [sɐwtumɛIpɾĩsɨpɨ] )、(英語:セントトーマスそして王子)正式サントメ・プリンシペ民主共和国ポルトガル語リパブリカDemocráticaデサントメプリンシペは)、ある島国ギニア湾中央アフリカの西部赤道沿岸沖サントメプリンシペの2つの主要な島の周りにある、2つの群島で構成されていますガボンの北西海岸から約140 km(87マイル)離れており、約250kmと225km(155マイルと140マイル)離れています

島々は、15世紀にポルトガルの探検家によって発見されるまで無人でした16世紀を通じてポルトガル人によって徐々に植民地化され、定住し、大西洋奴隷貿易の重要な商業および貿易の中心地として集合的に機能しました

豊かな火山性の土壌と赤道に近いため、サントメ・プリンシペは砂糖栽培に理想的であり、その後コーヒーカカオなどの換金作物が続きました儲かるプランテーション経済は、輸入されたアフリカの奴隷に大きく依存していました。

19世紀から20世紀にかけての社会不安と経済の不安定さのサイクルは、1975年に平和的な独立至りました。それ以来、サントメ・プリンシペはアフリカで最も安定した民主主義の1つであり続けています。

人口は201,800人(2018年の公式推定)であり、[11] [5]サントメ・プリンシペはセイシェル次ぐアフリカの主権国家でありポルトガル語を話す国としては最小です。

その人々は主にアフリカ系とメスチース系であり、最も実践的なカトリックキリスト教です。

ポルトガルの支配の遺産は、ヨーロッパとアフリカの影響を融合させた国の文化、習慣、音楽にも見られます。サントメ・プリンシペは、ポルトガル語諸国共同体の創設加盟です。

歴史

ヨハネス・フィングブーンによるサントメ・プリンシペの地図(1665)

地史

サントメ・プリンシペと呼ばれる2つの島はカメルーン火山列に沿った深海下の火山活動により漸新世の3,000万年前に形成されました火山性土壌玄武岩響岩は3万年にさかのぼるが、植民地時代からプランテーション作物のために使用されています。

ヨーロッパ人の到着

サントメ島とプリンシペ島は、ポルトガル人が1470年頃に到着したとき、無人島でした。最初に上陸したヨーロッパ人は、ジョアンデサンタレムペロエスコバルでした。ポルトガルの航海士は島々を探索し、本土と交易する基地として適した場所であると判断しました。

ヨーロッパの到着日は、サントメの場合、1471年12月21日(セントトーマスの日として示されることがあります。 1月17日(聖アントニーの日)1472年、プリンシペの場合。ただし、他の情報源はその時期の異なる年を引用しています。プリンシペは当初、サントアンタン(「聖アントニオ」)と名付けられ、島の砂糖作物の義務が支払われたポルトガル公にちなんで、1502年にその名前をイルハドプリンシペ(「王子の島」)に変更しました。

サントメの最初の成功した入植地は、1493年にアルヴァロカミーニャによって設立されました。アルヴァロカミーニャは、王冠から助成金として土地を受け取りました。[12]プリンシペは、同様の取り決めの下で1500年に解決されました。しかし、入植者を引き付けることは困難であることが判明し、初期の住民のほとんどはポルトガルから送られた「望ましくない」ものであり、ほとんどがユダヤ人でした。[13]やがて、これらの入植者は、この地域の火山性土壌が農業、特に砂糖の栽培に適していることに気づきました。

ポルトガル領サントメとプリンシペ

1515年までに、サントメ・プリンシペはエルミナを中心とした沿岸奴隷貿易の奴隷基地になりました[14]

砂糖の栽培は労働集約的なプロセスであり、ポルトガル人は本土から多くのアフリカ人を奴隷にし始めました。これらの奴隷は主にゴールドコースト、ニジェールデルタ、そしてコンゴで生まれました。[15]砂糖ブームの初期の段階では、島の資産はほとんど価値がなく、経済は主に奴隷の通過に依存していましたが、すでに多くの食料が輸入されていましたが、地元の消費のために農業を行っていました。[16]地元の地主であるアルバロ・ボルヘスが1504年に亡くなったとき、彼の開墾された土地と家畜はわずか13,000レイスで売られ、奴隷3人分の価格でした。[17] 1506年頃のValentimFernandesによると、サントメにはマデイラよりも多くのサトウキビ畑がありました。「彼らはすでに糖蜜を生産している」[18]が、島には工業用砂糖生産のための施設が不足していた。[16]

16世紀の経済発展

サントメは、1515年に水力の製糖工場が導入されて初めて経済的に注目に値するようになり、すぐに砂糖の大量栽培につながりました。[19]「畑が拡大し、製糖工場も拡大しています。現時点では、ここには2つの製糖工場があり、請負業者の製糖工場を数えて3つが建設されています。同様に、さらに多くの製糖工場を建設するには、小川や木材などの必要条件があります。[砂糖]杖人生で今まで見た中で最大のものです。」砂糖農園は奴隷労働で組織され、16世紀半ばまでに、ポルトガル人入植者は島々をアフリカで最も砂糖の輸出国に変えました。[20]

サントメの奴隷は、西アフリカ奴隷海岸、ニジェールデルタ、フェルナンドポー島から購入され、後にコンゴとアンゴラから購入されました[21] 16世紀、奴隷はポルトガル、エルミナコンゴ王国、アンゴラ、スペインアメリカ大陸から輸入され、輸出された。 1510年に、伝えられるところによると10,000から12,000人の奴隷がポルトガルによって輸入されました。[22] 1516年、サントメは再輸出を目的として4,072人の奴隷を受け取った。[22] 1519年から1540年まで、島はエルミナとニジェールデルタの間の奴隷貿易の中心地でした。[23]16世紀初頭から中期にかけて、サントメはアンゴラやコンゴ王国と断続的に奴隷を取引していました。[24] 1525年、サントメはスペイン系アメリカ人、主にカリブ海とブラジルに奴隷を人身売買し始めた。[25] 1532年から1536年まで、サントメは年間平均342人の奴隷をアンティル諸島に送った[26] 1580年以前は、島はブラジルの輸入の75%を占め、主に奴隷でした。[26]奴隷貿易は、1600年以降までサントメの経済の基礎であり続けた。

16世紀のサントメの権力のダイナミクスは、自由なムラートと黒人市民の統治への参加により、驚くほど多様でした。自発的な入植者たちは、サントメの病気と食糧不足を避けたため、ポルトガルの王冠は囚人を島に強制送還し、植民地を確保するために異人種間の関係を奨励しました。奴隷制も恒久的なものではありませんでした。これは、白人入植者のアフリカ人の妻とその混血の子供たちの解放を認めた1515年の王政令で示されています。[27] 1517年、別の法令により、最初の入植者と共に島に最初に到着した男性の奴隷が解放された。[27] 1520年以降、勅許状により、財産を所有し、結婚し、無料のムラートが公職に就くことが許可された。[27]これに続いて、1546年に、これらの資格のあるムラートと白人入植者の間に市民的平等を確立する法令が制定され[27]、自由なムラートと黒人市民に上向きの流動性と地元の政治やビジネスへの参加の機会が与えられました。社会的分裂は、植民地の町議会内で、そして知事や司教との頻繁な論争を引き起こし[28]、絶え間ない政治的不安定を伴った。

よるサントメのキャプチャコルネリス・ジョルオランダ西インド会社1641インチ

当初、サントメの奴隷制はそれほど厳しくありませんでした。 16世紀半ば、匿名のポルトガル人パイロットは、奴隷が夫婦として雇われ、自分たちの宿泊施設を建設し、週に1回自主的に自分たちの食糧の栽培に取り組んだと述べました。[29]しかしながら、このよりリラックスした奴隷制度は、プランテーションの導入後長くは続かなかった。全体を通して、奴隷は島の内部の手に負えない山の森に頻繁に逃げました。[30] 1514年から1527年の間に、サントメに輸入された奴隷の5%が逃げ出し、しばしば飢えた[30] [31]が、1531-1535は農園でさえ大きな食糧不足を見た。[31]最終的に、マルーンの人々マカンボスとして知られている内部の開発された集落[31]

奴隷反乱

奴隷反乱の最初の兆候は1530年代に始まり、あずき色のギャングがプランテーションを攻撃するために組織し、その一部は放棄されました。[31] 1531年に地元のポルトガル当局から正式な苦情が提出され、攻撃で殺された入植者と黒人市民が多すぎ、問題が解決されないままでいると島が失われると嘆いた。[31] 1533年の「ブッシュ戦争」では、「ブッシュキャプテン」が民兵部隊を率いてえび茶色を抑圧した。[31]自由のための栗色の戦いの重要な出来事は、1549年に、自由生まれであると主張する2人の男性が、アナ・デ・シャベスという名の裕福なムラート農園によってマカンボから連れてられたときに起こった。[31]de Chavesの支援を受けて、2人の男性は王に自由を宣言するように請願し、要求は承認されました。プランテーションが奴隷でいっぱいだったので、マロンの最大の人口は16世紀半ばの砂糖ブームと一致しました。[31] 1587年から1590年の間に、暴走した奴隷の多くは別のブッシュ戦争で敗北した。[32] 1593年までに、知事はえび茶色の軍隊がほぼ完全に消滅したと宣言した。[33]それにもかかわらず、あずき色の人口は入植者を南部と西部の地域から遠ざけた。

最大の奴隷反乱は、司教と知事の間の論争によって政府が弱体化した1595年7月に発生しました。アマドールという名のネイティブ奴隷は、プランテーション、製糖工場、入植者の家を襲撃して破壊するために5000人の奴隷を募集しました。[32]アマドールの反乱は、町の3人の襲撃を行い、島の85製糖工場の60を破壊したが、3週間後に民兵によって敗北しました。 200人の奴隷が戦闘で殺され、アマドールと他の反乱軍の指導者が処刑され、残りの奴隷は恩赦を与えられて農園に戻った。それで、その時までの最大の奴隷蜂起の1つを終わらせました。[32] 17世紀と18世紀には、より小さな奴隷反乱が続いた。

18世紀、19世紀、20世紀のサントメプリンシペ

やがて、西半球の砂糖生産コロニーとの競争が島々を傷つけ始めました。奴隷化された大規模な人口も管理が困難であり、ポルトガルはその努力に多くの資源を投資することができませんでした。このように砂糖の栽培は次の100年間で衰退し、17世紀半ばまでに、サントメは主にアフリカ大陸と南北アメリカの間奴隷貿易に従事する船の通過点になりました。

19世紀初頭、コーヒーとカカオの2つの新しい換金作物が導入されました。豊かな火山性の土壌は新しい作物によく適していることが証明され、すぐにポルトガルの企業や不在地主が所有する大規模なプランテーション(roçasとして知られる)が、良好な農地のほぼすべてを占めました。[要出典] 1908年までに、サントメは世界最大のカカオ生産国になりました。カカオ豆は今でも国内で最も重要な作物です。

ロカスのプランテーション経営者に権威の高い学位を与えたシステムは、アフリカの農場労働者に対する虐待につながりました。ポルトガルは1876年に奴隷制を公式に廃止しましたが、強制的な有給労働の慣行は続いていました。Scientific Americanは、1897年3月13日号で、サントメでの奴隷の継続的な使用を言葉と写真で記録しました。

アーサー・エディントン卿によるプリンシペ島での1919年5月29日の日食の観測は、アルバート・アインシュタイン一般相対性理論最初の成功したテストの1つを提供しました

20世紀初頭、アンゴラの契約労働者が強制労働と不満足な労働条件にさらされていたという告発をめぐって、国際的に公表された論争が起こった散発的な労働不安と不満は20世紀まで続き、1953年に暴動が発生し、ポルトガルの支配者との衝突で数百人のアフリカ人労働者が殺害されました。この「バテパ虐殺の記念日は、政府によって公式に監視されたままです。

独立(1975)

1950年代後半までに、アフリカ大陸の他の新興国が独立を要求したとき、サントメ・プリンシペ解放運動(MLSTP)がサントメ・プリンシペ解放運動を結成し、最終的には近くのガボンに拠点を設立しました。 1960年代に勢いを増し、1974年4月にポルトガルでカエターノ独裁政権が打倒された後、出来事は急速に進みました。

新しいポルトガルの政権は、その海外の植民地の解散にコミットしました。 1974年11月、彼らの代表はアルジェでMLSTPと会い、主権の移転に関する合意を作成しました。暫定政府の期間の後、サントメ・プリンシペは1975年7月12日に独立を達成し、初代大統領としてMLSTP事務局長のマヌエルピントダコスタを選びました

1990年、サントメ・プリンシペは民主的な改革を行った最初のアフリカ諸国の1つになり、憲法の変更(野党政党の合法化)により、1991年に非暴力、自由、透明性のある選挙が行われました。1986年から亡命していた元首相のミゲル・トロボアダが無所属候補として復帰し、大統領に選出された。 Trovoadaは、1996年のサントメの2回目の複数政党制大統領選挙で再選されました。

民主党コンバージェンスの党が議席の過半数獲得した国会をMLSTPが重要とボーカル少数党になることで、。その後、1992年後半に市議会選挙が行われ、MLSTPが7つの地方議会のうち5つの議席の過半数を獲得しました。 1994年10月の初期の立法選挙で、MLSTPは議会で複数の議席を獲得しました。 1998年11月の選挙で、議席の過半数を取り戻しました。

2001年7月に大統領選挙が行われた。独立民主行動党の支持を受けた候補者フラディケ・デ・メネゼスが第1ラウンドで選出され、9月3日に発足した。 2002年3月に議会選挙が行われた。次の4年間、一連の短期間の野党主導の政府が結成された。

軍は2003年7月に1週間権力を掌握し、汚職と今後の石油収入が公平に分配されないことを訴えた。メネゼス大統領が就任するという合意が交渉された。[要出典]同棲propresidential連立政権が新政府を形成するために、国民議会選挙に十分な議席を獲得した2006年3月に終了した期間を。[34]

2006年7月30日の大統領選挙では、フラディケ・デ・メネゼスは、簡単に他の二つの候補敗北、オフィスで二五年の任期を獲得したパトリセ・トロボアダ(元大統領ミゲル・トロボアーダの息子)と独立したニロギマランイスを。 1992年以来初めての地方選挙は、2006年8月27日に行われ、与党連立のメンバーによって支配されました。[要出典] 2009年2月12日、クーデターがフラディケ・デ・メネゼス大統領を転覆させようとした。プロッターは投獄されましたが、後にメネゼス大統領から恩赦を受けました。[35]

エバリストカルバリョ、現職のマヌエルピントダコスタ大統領を獲得した後2016年の選挙以来サントメプリンシペの大統領を務めています。カルヴァリョ大統領は、独立民主行動党(ADI)の副大統領でもあります。パトリセ・エメリー・トロボアダは2014年から首相を務め、独立民主行動党(ADI)のリーダーです。[36] 2018年12月、サントメ・プリンシペ党派社会民主党(MLSTP-PSD)のリーダーであるホルヘボムジーザスが新首相に就任した。[37]

政治

共和国大統領は、直接普通選挙秘密投票によって5年の任期で選出され、選出されるには完全に過半数を獲得する必要があります。大統領は2期連続で任期を務めることができます。首相は大統領によって任命され、内閣の14人のメンバーは首相によって選ばれます。

国会、州および最高立法機関の最高機関は、4年の任期で選出され、半年ごと満たしている55人のメンバー、で構成されています。正義は最高裁判所によって最高レベルで管理されます。司法は現在の憲法の下で独立しています。

政治文化

サントメ・プリンシペは1990年以来、複数政党制の下で機能してきました。人権に関しては、言論の自由と野党政党を結成する自由が保証されています。

サントメ・プリンシペは、2010年にイブラヒムアフリカガバナンス指数で測定されたアフリカ諸国のうち11位で終了しました。これは、アフリカのガバナンスレベルを包括的に反映したものです。[38]

サントメ・プリンシペは、言論の自由が非常に高く、政治的自由が高く、経済的自由が平均な自由な国と見なされています。汚職に関しては、サントメ・プリンシペは平均的な汚職を抱える国ですが、近年、このレベルは低下しています。[39]観光の面では、リスクは低く、フランスを訪れるリスクと同等です[40]

外交

サントメ・プリンシペには、アンゴラ、ベルギー、ガボン、ポルトガル、米国に大使館があります。それは認識し、中国の人民共和国をまた、国連への永続的な使命がある2016年にニューヨーク市と国際外交特派オフィスを。

サントメ・プリンシペは、ルゾフォニア連邦としても知られるポルトガル語諸国共同体の創設メンバーであり、ポルトガル語が公用語である4大陸のルゾフォニア諸国の国際組織および政治団体です。

サントメ・プリンシペとの関係が最も良い国は、ポルトガルアンゴラです。

ポルトガル

ポルトガルは、ポルトガル人による植民地化の時代から、サントメ・プリンシペと歴史的なつながりがあります。ポルトガルはサントメ・プリンシペへの最大の投資家であり、サントメ・プリンシペの経済に数百万ユーロを投資しています。サントメ・プリンシペは、リスボン大使館ポルトに領事館コインブラに1つの大使館を置いています。ポルトガルはサントメに大使館を置いています[41]ポルトガルとサントメ・プリンシペは、ポルトガルがサントメ・プリンシペの沿岸地域を主に海賊から保護することを約束する協定に署名した。ポルトガル軍艦NRPザイールポルトガルの巡視船の中には、サントメ・プリンシペの海岸に常設されているものもあります。[42] [41]サントメ・プリンシペの経済はポルトガルの経済と密接に関連しており、ポルトガルはサントメ・プリンシペからの輸入の50%以上を占めています。ポルトガルはまた、サントメ・プリンシペの教育の発展を支援し、サントメ・プリンシペの公立大学の建設と維持を財政的に支援してきました。[43] [42]ポルトガルのマルセロ・レベロ・デ・スーザ大統領は、2018年にサントメ・プリンシペを訪れ、ポルトガルとサントメ・プリンシペの強力な経済的および文化的つながりを示しました[44]

アンゴラ

アンゴラは主に自然エネルギー資源の分野における主要なビジネスパートナーです。アンゴラは、サントメ・プリンシペへの石油天然ガスの主要サプライヤーですさらに、毎年何百人ものアンゴラ人観光客がサントメ・プリンシペを訪れ、地域経済に貢献しています。サントメ・プリンシペには比較的大きなアンゴラのコミュニティがあります。サントメ・プリンシペはルアンダに大使館を、アンゴラはサントメに大使館を置いています[45]

サントメの職員は、米海軍の衛生下士官と一緒に医療訓練を受けます

アメリカ合衆国

米国は1975年以来、サントメ・プリンシペとの関係があった、とサントメ・プリンシペへの財政援助パッケージで数百万ドルを提供してきました。財政援助パッケージは、国のインフラストラクチャを開発し、財政、税および税関の管理を改善するために設計されました。さらに、近年、いくつかの米国沿岸警備隊の船がサントメ・プリンシペを訪れ、サントメ・プリンシペの兵士に医療および軍事訓練を提供しています。 2002年、米国はサントメ島に小さな軍事基地を設立する計画を立てていました。サントメ・プリンシペは基地の建設を受け入れましたが、米国の政治的および財政的問題のために計画はキャンセルされました。 1992年、米国連邦政府の放送局、Voice of America、およびサントメ・プリンシペ州政府は、サントメに中継放送局を設立するための長期契約に署名しました。Voice of Americaは現在、この施設からアフリカの大部分に放送しています。[46] [47] [循環参照]

その他

カーボベルデからの何千人もの観光客がサントメ・プリンシペを訪れ、地元の経済を助けています。カーボベルデとサントメ・プリンシペの関係は、ここ数年で改善されてきました。[要出典]

近年、ポーランドドイツはサントメ・プリンシペとの商業的関係を強め、サントメ・プリンシペからますます多くのカカオやその他の製品を購入しています。[要出典]

インドはサントメ・プリンシペとも非常に良好な関係を築いており、農業部門に年間数千ユーロを投資しています。[要出典]

ブラジルはサントメ・プリンシペの健康と教育システムの改善に貢献してきました。ブラジルのテレビチャンネルと映画はサントメ・プリンシペで最も視聴されています。[43]

近隣のガボンカメルーンコンゴ共和国はサントメ・プリンシペの重要なパートナーであり、これらの国の多くの企業がサントメ・プリンシペに事業所や事業を展開しています。これらの国々はフランス語を話すため、サントメ・プリンシペのビジネス部門(ポルトガル語とともに)でこの言語が重要になっています。[45]

2013年以降、中国はいくつかの道路および海港プロジェクトに投資してきましたが、近年、投資は停滞しています。[要出典]

ミリタリー

サントメ・プリンシペの軍隊は小さく、陸軍(Exército)、沿岸警備隊(Guarda Costeiraは「海軍」とも呼ばれます)、大統領警備隊(Guarda Presidencial)、および州兵の4つの支部で構成されています。[要出典]

2017年、サントメ・プリンシペは核兵器禁止条約に署名しました[48]

行政区画

独立から2年後の1977年、国は2つの州(サントメ州とプリンシペ州)と6つの地区に分割されました。1990年に新憲法が採択されて以来、州は廃止され、地方は唯一の行政区画です。1995年4月29日以来、プリンシペ島は自治州であり、パゲ地区と隣接しています。サントメ島のより大きな島は6つの地区に分割され、プリンシペ島は1つに分割されます:[49]

サントメ島

プリンシペ島

地理

ガボンの北西海岸からそれぞれ約300kmと250km(190マイルと160マイル)の赤道大西洋とギニア湾に位置するサントメ島とプリンシペ島は、アフリカで2番目に小さい国です。どちらもカメルーン火山の山岳地帯の一部であり、南西アノボン、北東ビオコ(両方とも赤道ギニアの一部)、ギニア湾沿岸のカメルーン山も含まれています。

サントメ島は、長さ50 km(30マイル)、幅30 km(20マイル)で、2つの島の中でより山岳地帯です。そのピークは2,024m(6,640フィート)に達します–ピコデサントメ。プリンシペの長さは約30km(20 mi)、幅は6 km(4 mi)です。そのピークは948m(3,110フィート)に達します–ピコデプリンシペ。緑豊かな森と耕作地を通って海に向かって山を下って放射状に広がる速い流れが両方の島を横切っています。赤道はサントメ島のすぐ南にあり、イルヘウダスロラス島を通過します。

ピコCAOグランデ(大犬のピークは)ランドマークである火山プラグで、ピーク0°7'0 "N 6°34'00" E南部サントメインチ それは周囲の地形から300m(1,000フィート)以上上昇し、頂上は海抜663 m(2,175フィート)です。  / 0.11667°N 6.56667°E / 0.11667; 6.56667

IlhéudasRolas

気候

サントメ・プリンシペの気候は、基本的にその地理的位置によって条件付けられており、低い赤道気圧、南からのモンスーン風、暖かいギニア海流、および起伏の季節的な変化の影響を受けます。[50]

海面では、気候は熱帯気候で、高温多湿で、年間平均気温は約26°C(78.8°F)で、日ごとの変動はほとんどありません。温度が32°C(89.6°F)を超えることはめったにありません。内部のより高い標高では、年間平均気温は20°C(68°F)であり、夜は一般的に涼しいです。年間降雨量は、高​​地の雲霧林の7,000 mm(275.6インチ)から北部の低地の800 mm(31.5インチ)までさまざまです。梅雨は10月から5月です。[50]

生物多様性

国の領土は、サントメ・プリンシペ、アノボンの湿った低地の森林エコリージョンの一部です。[51] 2019年のForestLandscape IntegrityIndexの平均スコアは6.64 / 10で、172か国中68位にランクされています。[52]

(が、サントメ・プリンシペは、ネイティブの哺乳類の多数を持っていないサントメトガリネズミと、いくつかのコウモリ種がある風土病)。島々には、世界最小のトキ(サントメオナガ)、世界最大のタイヨウチョウ(巨大なタイヨウチョウ)、珍しいサントメオナガベゴニアのいくつかの巨大な種など、多くの固有の鳥​​や植物が生息しています。サントメ・プリンシペは、タイマイEretmochelys imbricataを含む重要なウミガメの営巣地です。

経済

サントメ・プリンシペの輸出の比例代表、2019年

農業

19世紀以来、サントメ・プリンシペの経済はプランテーション農業に基づいてきました。独立当時、ポルトガルが所有するプランテーションが耕作地の90%を占めていました。独立後、これらのプランテーションの管理はさまざまな国営農業企業に移りました。サントメ島の主な作物はカカオで、農業輸出の約95%を占めています。その他の輸出作物には、コプラ、パーム核、コーヒーなどがあります。

国内の食用作物の生産は地元の消費を満たすには不十分であるため、国はほとんどの食料を輸入しています。[53] 1997年の時点で、国の食糧需要の推定90%は輸入によって満たされていました。[53]近年、食糧生産を拡大するために政府によって努力がなされており、いくつかのプロジェクトが実施されており、その大部分は外国のドナーによって資金提供されている。[要出典]

Other than agriculture, the main economic activities are fishing and a small industrial sector engaged in processing local agricultural products and producing a few basic consumer goods. The scenic islands have potential for tourism, and the government is attempting to improve its rudimentary tourist industry infrastructure. The government sector accounts for about 11% of employment.

Following independence, the country had a centrally directed economy, with most means of production owned and controlled by the state. The original constitution guaranteed a mixed economy, with privately owned cooperatives combined with publicly owned property and means of production.

Government measures

In the 1980s and 1990s, the economy of São Tomé encountered major difficulties. Economic growth stagnated, and cocoa exports dropped in both value and volume, creating large balance-of-payments deficits. Plantation land was seized, resulting in the complete collapse of cocoa production. At the same time, the international price of cocoa slumped.

In response to its economic downturn, the government undertook a series of far-reaching economic reforms. In 1987, the government implemented an International Monetary Fund structural adjustment program, and invited greater private participation in management of the parastatals, as well as in the agricultural, commercial, banking, and tourism sectors. The focus of economic reform since the early 1990s has been widespread privatization, especially of the state-run agricultural and industrial sectors.

The São Toméan government has traditionally obtained foreign assistance from various donors, including the UN Development Programme, the World Bank, the European Union, Portugal, Taiwan, and the African Development Bank. In April 2000, in association with the Banco Central de São Tomé e Príncipe, the IMF approved a poverty-reduction and growth facility for São Tomé aimed at reducing inflation to 3% for 2001, raising ideal growth to 4%, and reducing the fiscal deficit.

In late 2000, São Tomé qualified for significant debt reduction under the IMF–World Bank's Heavily Indebted Poor Countries initiative. The reduction is being reevaluated by the IMF, due to the attempted coup d'état in July 2003 and subsequent emergency spending. Following the truce, the IMF decided to send a mission to São Tomé to evaluate the macroeconomic state of the country. This evaluation is ongoing, reportedly pending oil legislation to determine how the government will manage incoming oil revenues, which are still poorly defined, but in any case expected to change the economic situation dramatically.

In parallel, some efforts have been made to incentivize private tourism initiatives, but their scope remains limited.[54]

São Tomé also hosts a broadcasting station of the American International Broadcasting Bureau for the Voice of America[55] at Pinheira.[56]

Portugal remains one of São Tomé's major trading partners, particularly as a source of imports. Food, manufactured articles, machinery, and transportation equipment are imported primarily from the EU.

Economic challenges

In the past few years, the economy of São Tomé and Príncipe has grown, driven by agriculture, tourism and foreign investments, but mainly grew due to government spending driven by foreign loans. Gross domestic product (GDP) grew at an average rate of 5.5% between 2009 and 2017, but has slowed since 2014. The slowdown in economic growth was caused by lower government spending due to decreased foreign loans and decreased revenue government tax.[57]

The biggest challenges for the economy of São Tomé and Príncipe are limited workforce, the fact that São Tomé and Príncipe is an archipelago, small domestic market, climatic fluctuations, global warming, scarce diplomatic resources and reducing poverty.[57]

For long-term economic growth, the government is trying to stimulate various sectors of the economy, diversify the economy, cut government spending and encourage private sector and foreign investment.[58]

Positive aspects

São Tomé and Príncipe outperforms the sub-Saharan Africa average on the Human Development Index and has made great progress on most social indicators. All children in São Tomé and Príncipe are enrolled in the education system, life expectancy has increased to 70 years, the infant mortality rate has decreased dramatically and the vast majority of the population already has access to piped water and access to electricity.[59]

In terms of business, the government of São Tomé and Príncipe has passed several laws that facilitate the creation of private businesses and foreign investments. Between 2015 and 2019 the number of businesses and small businesses increased a lot. This increase led to a decrease in unemployment, an increase in exports and the creation of several manufactures. In the coming years a significant economic increase is expected.[58]

Tourism

The tourism sector has great potential to be a way of diversifying the country's economy. This sector has been expanding with the increase of foreign investment. Large resorts have been built on the beaches of São Tomé and Príncipe.[59]

Transports

The main ports in the country are in the city of São Tomé and Neves, both on the island of São Tomé, which were very degraded were modernized in 2014. Close to the city of São Tomé, the international airport was expanded and modernized. The telephone system and the road network are good by African standards. The use of the cell phone is widely used and has been improved in recent years. The Internet service is available and has been widely installed in urban areas.[59][58]

Petroleum exploration

In 2001, São Tomé and Nigeria reached agreement on joint exploration for petroleum in waters claimed by the two countries of the Niger Delta geologic province. After a lengthy series of negotiations, in April 2003, the joint development zone (JDZ) was opened for bids by international oil firms. The JDZ was divided into nine blocks; the winning bids for block one, ChevronTexaco, ExxonMobil, and the Norwegian firm, Equity Energy, were announced in April 2004, with São Tomé to take in 40% of the $123 million bid, and Nigeria the other 60%. Bids on other blocks were still under consideration in October 2004. São Tomé has received more than $2 million from the bank to develop its petroleum sector.[60]

Banking

Banco Central de Sāo Tomé e Príncipe is the central bank, responsible for monetary policy and bank supervision. Six banks are in the country; the largest and oldest is Banco Internacional de São Tomé e Príncipe, which is a subsidiary of Portugal's government-owned Caixa Geral de Depósitos. It had a monopoly on commercial banking until a change in the banking law in 2003 led to the entry of several other banks.

Business partners

Exports

In 2018, exports from São Tomé and Príncipe totaled 24 million euros, an increase of 118% in 5 years, as in 2013 exports from São Tomé and Príncipe totaled only 11 million euros. Half of São Tomé and Príncipe's exports are cocoa beans. One fifth of exports are electrical machines. Other considerable exports are parts of airplanes, cars, iron, plastics, agricultural products (pepper, oils, nuts and beef).[61][62]

The main destinations for exports from São Tomé and Príncipe are Europe, where the Netherlands (19%), Portugal (14%), Poland (13%), France (7%) and Germany (6%) stand out. Others important buyers are Singapore, Japan, Brazil and the United States.[61]

The most important import partners of Sao Tome and Principe (2018)
The most important import partners of Sao Tome and Principe (2018)

In the last 10 years, the countries in which the value of exports increased the most were Portugal, Poland, Brazil and the Netherlands. There was a sharp decrease in exports from São Tomé and Príncipe to Angola, Mexico and India.[61]

Imports

In 2018, imports from São Tomé and Príncipe totaled 161 million euros. Since 2013, imports have been decreasing, albeit at a slow pace, since in 2013 imports totaled 167 million euros. A fifth of imports from São Tomé and Príncipe corresponded to refined oil (mainly from Angola). Other important imports, in order of importance, were cars, rice, cereals, wine, electronic equipment, chemicals, clothing, meat, medical equipment, and wood.[61]

About 51%, more than half of the imports from São Tomé and Príncipe come from Portugal. A fifth of imports come from Angola, about 6% come from China, 4% from the USA, 4% from Brazil, 2% from Gabon and 2% from France.[61]

In the last 10 years, the countries in which the value of imports increased the most were Portugal, Angola and China. There was a sharp decrease in imports from Thailand, Italy and Nigeria.[61]

Portugal

From Portugal, what São Tomé and Príncipe imports most are machines, mainly electric generators, and computers, a lot of food, mainly wine, wheat, rice, milk, and soy oil. In addition, São Tomé and Príncipe also import in considerable quantities from Portugal, cars, soap, and iron. Portugal mainly buys scrap material, copper, cocoa, and clothing.[63][62]

Society

Demographics

Santomeans on the beach, Lobata District
São Tomé and Príncipe's population in thousands between 1961 and 2003
A scene of Santomean Tchioli, Auto de Floripes Festival

The total population is estimated at 201,800 in May 2018 by the government agency.[11] About 193,380 people live on São Tomé and 8,420 on Príncipe. Natural increase is about 4,000 people per year.

Nearly all are descended from people from different countries taken to the islands by the Portuguese from 1470 onwards. In the 1970s, two significant population movements occurred — the exodus of most of the 4,000 Portuguese residents and the influx of several hundred São Tomé refugees from Angola.

Ethnic groups

Distinct ethnic groups on São Tomé and Príncipe include:

  • Mestiços, or mixed-blood, are descendants of Portuguese colonists and African slaves brought to the islands during the early years of settlement from Benin, Gabon, the Republic of the Congo, the Democratic Republic of the Congo, and Angola (these people also are known as filhos da terra or "children of the land").
  • Angolares are reputedly descendants of Angolan slaves who survived a 1540 shipwreck and now earn their livelihood fishing.
  • Forros are descendants of freed slaves when slavery was abolished.
  • Serviçais are contract laborers from Angola, Mozambique, and Cape Verde, living temporarily on the islands.
  • Tongas are children of serviçais born on the islands.
  • Europeans, primarily Portuguese
  • Asians, mostly Chinese, including Macanese people of mixed Portuguese and Chinese descent from Macau

Languages

Languages in São Tomé and Príncipe
Languages percent
Portuguese
98.4%
Forro
36.2%
Angolar
6.6%
Lunguié
1%
Cabo Verdean Creole
8.5%
French
6.8%
English
4.9%
Other
2.4%

Portuguese is the official and the de facto national language of São Tomé and Príncipe, with about 98.4% speaking it, a significant share as their native language, and it has been spoken in the islands since the end of the 15th century. Restructured variants of Portuguese or Portuguese creoles are also spoken: Forro, a creole language (36.2%), Cape Verdean Creole (8.5%), Angolar (6.6%), and Principense (1%). French (6.8%) and English (4.9%) are foreign languages taught in schools.

Religion

Religion in São Tomé and Príncipe [64]

  Catholic Church (71.9%)
  Other Christian (10.2%)
  Other or Non Religious (17.9%)

The majority of residents belongs to the local branch of the Roman Catholic Church, which in turn retains close ties with the church in Portugal. Sizeable Protestant minorities of Seventh-day Adventists and other Evangelical Protestants exist, as well as a small but growing Muslim population.

Nossa Senhora do Rosário Church, in Santo António
Casa da Cultura, São Tomé and Príncipe

Health

See Health in São Tomé and Príncipe

Education

Education in São Tomé and Príncipe is compulsory for four years.[65] Primary school enrollment and attendance rates were unavailable for São Tomé and Príncipe as of 2001.[65]

The educational system has a shortage of classrooms, insufficiently trained and underpaid teachers, inadequate textbooks and materials, high rates of repetition, poor educational planning and management, and a lack of community involvement in school management.[65] Domestic financing of the school system is lacking, leaving the system highly dependent on foreign financing.[65]

Tertiary institutions are the National Lyceum and the University of São Tomé and Príncipe.

Culture

São Toméan culture is a mixture of African and Portuguese influences.

Music

São Toméans are known for ússua and socopé rhythms, while Príncipe is home to the dêxa beat. Portuguese ballroom may have played an integral part in the development of these rhythms and their associated dances.

Tchiloli is a musical dance performance that tells a dramatic story. The danço-Congo is similarly a combination of music, dance, and theatre. Morna is a music genre from the islands and Cesária Évora was known as the Queen of Morna.

Literature

São Tomé and Príncipe's Portuguese-language literature and poetry is considered some of the richest in Lusophone Africa. Other literature from the country has been written in Forro Creole, English and Caué Creole. Francisco José Tenreiro is considered one of the country's most influential writers. Other notable literary figures include Manuela Margarido, Alda Espirito Santo, Olinda Beja and Conceição Lima.

Cuisine

Staple foods include fish, seafood, beans, maize, and cooked banana.[66][67] Tropical fruits, such as pineapple, avocado, and bananas, are significant components of the cuisine. The use of hot spices is prominent in São Tomése cuisine.[66] Coffee is used in various dishes as a spice or seasoning.[66] Breakfast dishes are often reheated leftovers from the previous evening's meal, and omelettes are popular.[67]

Sports

Football (soccer) is the most famous sport in São Tomé and Principe, the São Tomé and Príncipe national football team is the national association football team of São Tomé and Príncipe and is controlled by the São Toméan Football Federation. It is a member of the Confederation of African Football (CAF) and FIFA.[68]

See also

References

  1. ^ http://www.globalreligiousfutures.org/countries/sao-tome-and-principe#/?affiliations_religion_id=0&affiliations_year=2010&region_name=All%20Countries&restrictions_year=2016. Missing or empty |title= (help)
  2. ^ "Nationality". The World Factbook. Archived from the original on June 26, 2015. Retrieved July 17, 2012.
  3. ^ Octávio Amorim Neto; Marina Costa Lobo (2010). "Between Constitutional Diffusion and Local Politics: Semi-Presidentialism in Portuguese-Speaking Countries". Social Science Research Network. SSRN 1644026. Cite journal requires |journal= (help)CS1 maint: multiple names: authors list (link)
  4. ^ "Ministério Dos Negócios Estrangeiros e Comunidades da República Democrática de São Tomé e Príncipe". Archived from the original on 2019-03-08. Retrieved 2017-11-10.
  5. ^ a b ""World Population prospects – Population division"". population.un.org. United Nations Department of Economic and Social Affairs, Population Division. Retrieved November 9, 2019.
  6. ^ ""Overall total population" – World Population Prospects: The 2019 Revision" (xslx). population.un.org (custom data acquired via website). United Nations Department of Economic and Social Affairs, Population Division. Retrieved November 9, 2019.
  7. ^ a b c d "São Tomé and Príncipe". International Monetary Fund. Retrieved 2013-04-17.
  8. ^ "GINI index coefficient". CIA Factbook. Retrieved 17 July 2021.
  9. ^ Human Development Report 2020 The Next Frontier: Human Development and the Anthropocene (PDF). United Nations Development Programme. 15 December 2020. pp. 343–346. ISBN 978-92-1-126442-5. Retrieved 16 December 2020.
  10. ^ "São Tomé – Definition of São Tomé". Yourdictionary.com. 2013-09-25. Archived from the original on 2013-10-03. Retrieved 2013-09-29.
  11. ^ a b Instituto Nacional de Estadística de São Tomé e Príncipe, as at 13 May 2018.
  12. ^ Stojković, Dragan (November 2020). "Najmanje države na svijetu: Sv. Toma i Princip (džepni globus)" [Smallest Countries in the World: São Tomé and Príncipe (The Pocket Globe)]. Bijela pčela: List za svu djecu (in Serbian). Rijeka: Prosvjeta (261): 20–31.
  13. ^ "The Expulsion 1492 Chronicles, section XI: "The Vale of Tears", quoting Joseph Hacohen (1496–1577); also, section XVII, quoting 16th century author Samuel Usque". Aish.com. 2009-08-04. Archived from the original on 2013-10-03. Retrieved 2013-09-29.
  14. ^ Ivor Wilks and Akan Wangara (January 1997). "Portuguese in the Fifteenth and Sixteenth Centuries". In Peter John Bakewell (ed.). Mines of Silver and Gold in the Americas. Aldershot: Variorum. p. 24. ISBN 978-0-86078-513-2.
  15. ^ Vogt, John L. "The Early Sao Tome-Principe Slave Trade with Mina, 1500-1540." The International Journal of African Historical Studies 6, no. 3 (1973): 453-67. doi:10.2307/216611.
  16. ^ a b Caldeira, Arlindo Manuel. "LEARNING THE ROPES IN THE TROPICS: SLAVERY AND THE PLANTATION SYSTEM ON THE ISLAND OF SÃO TOMÉ." African Economic History 39 (2011): 41. JSTOR 23718978.
  17. ^ Arquivo Nacional da Torre do Tombo (hereinafter cited as TT), Corpo Cronológico, II, 15-77, inventory of the assets belonging to Álvaro Borges, 4 November 1507, a published copy of which is found in PMA, vol. V, 221-243.
  18. ^ Th. Monod, A. Teixeira da Mota, and R. Mauny, eds., Description de la Côte Occidentale d'Afrique par Valentim Fernandes (Bissau: Centro de Estudos da Guiñé Portuguesa, 1951), 11
  19. ^ Caldeira, Arlindo Manuel. "LEARNING THE ROPES IN THE TROPICS: SLAVERY AND THE PLANTATION SYSTEM ON THE ISLAND OF SÃO TOMÉ." African Economic History 39 (2011): 43. JSTOR 23718978.
  20. ^ "As roças vâo em crescimento e os engenhos de açticaragora somente dois e fazem-se très com o dos tratadores [conassi há grande aparelho, assi de ribeiras como de lenha, par canas, as mais façanhosas que em minha vida vi": Letter from Segura to the monarch, 15 March 1517, in Antonio Brásio, édAfricana (hereinafter referred to as
  21. ^ Vogt, John L. "The Early Sao Tome-Principe Slave Trade with Mina, 1500-1540." The International Journal of African Historical Studies 6, no. 3 (1973): 462. doi:10.2307/216611.
  22. ^ a b SEIBERT, GERHARD. "São Tomé & Príncipe: The First Plantation Economy in the Tropics." In Commercial Agriculture, the Slave Trade and Slavery in Atlantic Africa, edited by Law Robin, Schwarz Suzanne, and Strickrodt Silke, 66. Boydell and Brewer, 2013. JSTOR 10.7722/j.ctt31nj49.10.
  23. ^ Vogt, John L. "The Early Sao Tome-Principe Slave Trade with Mina, 1500-1540." The International Journal of African Historical Studies 6, no. 3 (1973): 467. doi:10.2307/216611.
  24. ^ SEIBERT, GERHARD. "São Tomé & Príncipe: The First Plantation Economy in the Tropics." In Commercial Agriculture, the Slave Trade and Slavery in Atlantic Africa, edited by Law Robin, Schwarz Suzanne, and Strickrodt Silke, 67. Boydell and Brewer, 2013. JSTOR 10.7722/j.ctt31nj49.10.
  25. ^ Vogt, John L. "The Early Sao Tome-Principe Slave Trade with Mina, 1500-1540." The International Journal of African Historical Studies 6, no. 3 (1973): 466. doi:10.2307/216611.
  26. ^ a b SEIBERT, GERHARD. "São Tomé & Príncipe: The First Plantation Economy in the Tropics." In Commercial Agriculture, the Slave Trade and Slavery in Atlantic Africa, edited by Law Robin, Schwarz Suzanne, and Strickrodt Silke, 68. Boydell and Brewer, 2013. JSTOR 10.7722/j.ctt31nj49.10.
  27. ^ a b c d SEIBERT, GERHARD. "São Tomé & Príncipe: The First Plantation Economy in the Tropics." In Commercial Agriculture, the Slave Trade and Slavery in Atlantic Africa, edited by Law Robin, Schwarz Suzanne, and Strickrodt Silke, 59. Boydell and Brewer, 2013. JSTOR 10.7722/j.ctt31nj49.10.
  28. ^ Seibert, Gerhard. "São Tomé & Príncipe: The First Plantation Economy in the Tropics." In Commercial Agriculture, the Slave Trade and Slavery in Atlantic Africa, edited by Law Robin, Schwarz Suzanne, and Strickrodt Silke, 60. Boydell and Brewer, 2013. JSTOR 10.7722/j.ctt31nj49.10.
  29. ^ For an English translation, see John William Blake, trans., ed., Europeans in West Africa, 1450–1560 (London, 1942), 145ff.
  30. ^ a b SEIBERT, GERHARD. "São Tomé & Príncipe: The First Plantation Economy in the Tropics." In Commercial Agriculture, the Slave Trade and Slavery in Atlantic Africa, edited by Law Robin, Schwarz Suzanne, and Strickrodt Silke, 63. Boydell and Brewer, 2013. JSTOR 10.7722/j.ctt31nj49.10.
  31. ^ a b c d e f g h SEIBERT, GERHARD. "São Tomé & Príncipe: The First Plantation Economy in the Tropics." In Commercial Agriculture, the Slave Trade and Slavery in Atlantic Africa, edited by Law Robin, Schwarz Suzanne, and Strickrodt Silke, 64. Boydell and Brewer, 2013. JSTOR stable/10.7722/j.ctt31nj49.10.
  32. ^ a b c SEIBERT, GERHARD. "São Tomé & Príncipe: The First Plantation Economy in the Tropics." In Commercial Agriculture, the Slave Trade and Slavery in Atlantic Africa, edited by Law Robin, Schwarz Suzanne, and Strickrodt Silke, 65. Boydell and Brewer, 2013. JSTOR stable/10.7722/j.ctt31nj49.10.
  33. ^ Caldeira,‘Rebelião e Outras Formas de Resistência’, 111.
  34. ^ Gerhard Seibert (2006), Comrades, Clients and Cousins: Colonialism, Socialism and Democratization in São Tomé and Príncipe, Leiden: Brill.
  35. ^ Sao Tome president pardons coup plotter. Orange Botswana Portal. January 7, 2010.
  36. ^ https://www.bbc.com/news/world-africa-14093493. Missing or empty |title= (help)
  37. ^ http://country.eiu.com/article.aspx?articleid=197423203&Country=S%C3%A3o%20Tom%C3%A9%20and%20Pr%C_4. Missing or empty |title= (help)
  38. ^ 2010 Ibrahim Index of African Governance (PDF), archived from the original (PDF) on October 19, 2011, retrieved 2012-03-04
  39. ^ "Sao Tome and Principe". Transparency.org. Retrieved 2020-06-17.
  40. ^ "Travel Risk Map — International SOS". www.travelriskmap.com. Retrieved 2020-06-17.
  41. ^ a b "Portugiesisch-são-toméische Beziehungen", Wikipedia (in German), 2020-05-15, retrieved 2020-06-29
  42. ^ a b Portugal, Rádio e Televisão de. "Portugueses em São Tomé". Portugueses em São Tomé (in Portuguese). Retrieved 2020-06-29.
  43. ^ a b "São Tomé e Príncipe cria 1ª Universidade Pública - AULP". 2017-05-07. Archived from the original on 2017-05-07. Retrieved 2020-06-29.
  44. ^ News, Vivências Press (2018-02-10). "Marcelo faz visita de Estado a S.Tomé e Príncipe entre 20 e 22 de fevereiro". Vivências Press News (in Portuguese). Retrieved 2020-06-29.
  45. ^ a b "Geography Now - Official Site". Geography Now. Retrieved 2020-06-29.
  46. ^ "Africa :: Sao Tome and Principe — The World Factbook - Central Intelligence Agency". www.cia.gov. Retrieved 2020-06-29.
  47. ^ "São Tomé and Príncipe–United States relations", Wikipedia, 2019-11-22, retrieved 2020-06-29
  48. ^ "Chapter XXVI: Disarmament – No. 9 Treaty on the Prohibition of Nuclear Weapons". United Nations Treaty Collection. 7 July 2017. Archived from the original on 6 August 2019. Retrieved 16 September 2019.
  49. ^ Nunes Silva, Carlos (2016). "São Tomé and Príncipe". Governing Urban Africa. Springer Nature. pp. 35–39. ISBN 9781349951093 – via Google Books.
  50. ^ a b Barros, PLNL. "Dissertação" (PDF). pp. 22–24.
  51. ^ Dinerstein, Eric; et al. (2017). "An Ecoregion-Based Approach to Protecting Half the Terrestrial Realm". BioScience. 67 (6): 534–545. doi:10.1093/biosci/bix014. ISSN 0006-3568. PMC 5451287. PMID 28608869.
  52. ^ Grantham, H. S.; et al. (2020). "Anthropogenic modification of forests means only 40% of remaining forests have high ecosystem integrity - Supplementary Material". Nature Communications. 11 (1): 5978. doi:10.1038/s41467-020-19493-3. ISSN 2041-1723. PMC 7723057. PMID 33293507.
  53. ^ a b Mary E. Lassanyi; Wayne Olson (1 July 1997). Agricultural Marketing Directory for U.S. & Africa Trade. DIANE Publishing. p. 206. ISBN 978-0-7881-4479-0. Archived from the original on 25 January 2016. Retrieved 14 October 2015.
  54. ^ Brígida Rocha Brito and others, Turismo em Meio Insular Africano: Potencialidades, constrangimentos e impactos, Lisbon: Gerpress, 2010 (in Portuguese)
  55. ^ World Radio TV Handbook (WRTH) Vol. 49 • 1995, p. 162; Billboard Publications Archived 2013-10-24 at the Wayback Machine, Amsterdam 1995. ISBN 0-8230-5926-X
  56. ^ WRTH 1997, p. 514, ISBN 0-8230-7797-7
  57. ^ a b "Overview". World Bank. Retrieved 2020-06-29.
  58. ^ a b c Mendes, Xavier (2019). São Tomé e Príncipe, a colónia esquecida (in Portuguese). Lisbon: Editorial Estampa. pp. 22 23 24 26.
  59. ^ a b c "Sao Tome and Principe | Culture, History, & People". Encyclopedia Britannica. Retrieved 2020-06-29.
  60. ^ Phuong Tran (1 February 2007). "São Tomé & Príncipe Still Waiting for Oil Boom". VOA News. Voice of America. Archived from the original on 21 December 2016. Retrieved 25 December 2008.
  61. ^ a b c d e f "Sao Tome and Principe (STP) Exports, Imports, and Trade Partners". oec.world. Retrieved 2020-06-29.
  62. ^ a b Sousa, António (2019). A Economia das Colónias Portuguesas (in Portuguese). 2. Lisbon: Edições Gailivro. pp. 45 46.
  63. ^ "Portugal (PRT) and Sao Tome and Principe (STP) Trade". oec.world. Retrieved 2020-06-29.
  64. ^ São Tomé and Principe Archived 2014-07-19 at the Wayback Machine. pewforum.org.
  65. ^ a b c d "São Tomé and Príncipe" Archived 2010-11-11 at the Wayback Machine. 2001 Findings on the Worst Forms of Child Labor. Bureau of International Labor Affairs, U.S. Department of Labor (2002). This article incorporates text from this source, which is in the public domain.
  66. ^ a b c The Recipes of Africa. Dyfed Lloyd Evans. pp. 174–176. Archived from the original on 2016-01-25. Retrieved 2015-10-14.
  67. ^ a b Kathleen Becker (23 July 2008). Sao Tome and Principe. Bradt Travel Guides. pp. 74–79. ISBN 978-1-84162-216-3. Archived from the original on 4 May 2016. Retrieved 14 October 2015.
  68. ^ "BBC Sport – Sao Tome e Principe rocket up Fifa rankings". Bbc.co.uk. 2012-03-07. Archived from the original on 2013-10-17. Retrieved 2013-12-03.

Further reading

  • Chabal, Patrick (ed.) 2002. A history of postcolonial Lusophone Africa. London: C. Hurst. ISBN 1-85065-589-8 – Overview of the decolonization of Portugal's African colonies, and a chapter specifically about São Tomé and Príncipe's experience since the 1970s.
  • Eyzaguirre, Pablo B. "The independence of São Tomé e Príncipe and agrarian reform." Journal of Modern African Studies 27.4 (1989): 671–678.
  • Frynas, Jędrzej George, Geoffrey Wood, and Ricardo MS Soares de Oliveira. "Business and politics in São Tomé e Príncipe: from cocoa monoculture to petro‐state." African Affairs 102.406 (2003): 51–80. online
  • Hodges, Tony, and Malyn Dudley Dunn Newitt. São Tomé and Príncipe: from plantation colony to microstate (Westview Press, 1988).
  • Keese, Alexander. "Forced labour in the 'Gorgulho Years': Understanding reform and repression in Rural São Tomé e Príncipe, 1945–1953." Itinerario 38.1 (2014): 103–124.
  • Tomás, Gil, et al. "The peopling of Sao Tome (Gulf of Guinea): origins of slave settlers and admixture with the Portuguese." Human biology 74.3 (2002): 397–411.
  • Weszkalnys, Gisa. "Hope & oil: expectations in São Tomé e Príncipe." Review of African Political Economy 35.117 (2008): 473–482. online

External links

Government