ロシア

ウィキペディアから、無料の百科事典
ナビゲーションにジャンプ 検索にジャンプ

座標60° N90°E / 60°N 90°E / 60; 90

ロシア連邦
РоссийскаяФедерация
国歌: 
ГосударственныйгимнРоссийскойФедерации
(「ロシア連邦国歌」)
Land controlled by Russia shown in dark green; land controlled but unrecognised shown in light green.[a]
ロシアが管理する土地は濃い緑色で示されています。土地は管理されていますが、認識されていません。薄緑色で表示されます。[NS]
資本
そして最大の都市
モスクワ55°45′N37 °37′E
 / 55.750°N 37.617°E / 55.750; 37.617
公用語
と国語
ロシア語[2]
認識されている 国語ロシアの言語を見る
民族グループ
(2010)[3]
宗教
(2017)[4]
住民の呼称ロシア
政府連邦 半大統領 制憲共和制[5]
• 社長
ウラジーミル・プーチン
• 首相
ミハイル・ミシュスティン
ワレンチナ・マトビエンコ
ヴャチェスラフヴォロディン
ヴャチェスラフ・レベデフ
立法府連邦議会
フェデレーションカウンシル
下院
形成
862
879
1283
1547年1月16日
1721年11月2日
1917年3月15日
1922年12月30日
1991年12月12日
1993年12月12日
2014年3月18日
2020年7月4日
領域
• 合計
17,098,246 km 2(6,601,670平方マイル)[6] 17,125,191 km2 (クリミアを含む)[7]1番目
• 水 (%)
13 [8] (沼地を含む)
人口
•2021年の見積もり
9日
• 密度
8.4 / km 2(21.8 / sq mi)(181st
GDP  PPP2021年の見積もり
• 合計
Increase4.328兆ドル[10]6日
• 一人あたり
Increase29,485ドル[10]55
GDP  (名目)2021年の見積もり
• 合計
Increase1.710兆ドル[10]11日
• 一人あたり
Increase$ 11,654 [10]64
ジニ (2018)Negative increase 37.5 [11]
ミディアム ・ 98位
HDI  (2019)Increase 0.824 [12]
非常に高い ・ 52位
通貨ロシアルーブル)(RUB
タイムゾーンUTC + 2〜 + 12
運転側
市外局番+7
ISO3166コードRU
インターネットTLD

ロシア(ロシア語:РоссияRossiyaロシア語の発音:  [rɐˈsʲijə])、またはロシア連邦[b]は、東ヨーロッパ北アジアにまたがる大陸横断国です。これは、ある地域で世界最大の国1700万平方キロメートル(6.6上カバー、× 10 6 平方マイル)、そして地球の住んでいた土地の面積以上の8分の1を包み込みます。ロシアは11のタイムゾーンまたがっており、世界で最も国境があり^16の主権国家[c]人口は1億4,620万人です。そして、で最も人口の多い国で、ヨーロッパで、そして第9最も人口の多い国で、世界では。首都モスクワはヨーロッパ最大の都市でありサンクトペテルブルクは国内で2番目に大きな都市であり文化の中心地です。ロシア人スラブヨーロッパの最大のです。彼らはロシア語、最も話されているスラブ語、そしてヨーロッパで最も話されている母国語話します。

東スラヴ人は、第三及び第八世紀ADの間にヨーロッパで認識可能なグループとして登場しました。中世の状態ルーシは、 9世紀に生まれました。 988年には、ビザンチン帝国の正教会を採用し、次の千年紀のロシア文化定義するビザンチン文化とスラブ文化の統合を開始しました。 Rusは最終的に崩壊し、15世紀にモスクワ大公国によって最終的に再統一されました。 18世紀までに、国は征服、併合、探検を通じて大幅に拡大し3番目に大きな帝国であるロシア帝国になりました。歴史の中で。続いてロシア革命ロシアSFSRは最大となった主要な構成要素ソ連、世界初の憲法社会主義国家だった、一政党制をその存在のほとんど全域。ソビエト連邦は、第二次世界大戦での連合国の勝利において決定的な役割を果たし冷戦中に超大国および米国のライバルとして浮上しました。ソ連時代には、いくつかの見た最も重要な技術の成果の世界を含む20世紀のを、最初の人工衛星宇宙での最初の人間の打ち上げ1991年にソビエト連邦解散し、ロシアのSFSRはロシア連邦として再建されました。1993年憲政上の危機の余波で、新しい憲法が採択され、それ以来、ロシアは連邦 半大統領制共和国として統治されてきましたウラジーミルプチン2000年以来、ロシアの政治システムを支配しており彼の政府権威主義、多数の人権侵害、および汚職で非難されてきました

ロシアはある偉大な力、そして考えられている潜在的な超大国国民皆保険制度無料の大学教育により人間開発指数52位にランクされています。ロシアの経済は、名目GDPで世界第11位、購買力平価で第6位です。それは認められた核兵器国であり、世界最大の核兵器の備蓄を有し、世界で2番目に強力な軍事力、そして4番目に高い軍事費を持っています。 ロシアの豊富な鉱物およびエネルギー資源は世界最大であり、世界有数の石油および天然ガスの生産国の1つですそれは永久的なメンバー国連安全保障理事会のメンバーG20SCO欧州評議会APECOSCEIIBおよびWTO、などの主要メンバーCISCSTO、およびEAEUロシアはまたユネスコの9番目に多い数本拠地です 世界遺産

語源

ロシアという名前、主に東スラヴ人が住む中世の州、ルーシ族に由来しています。[13]しかし、後の歴史で固有名詞がより目立つようになり、この国は通常、住民から「ロシアの土地」と訳される「Русскаяземля」(Russkayazemlyaと呼ばれていました[14]この州をそれから派生した他の州と区別するために、現代の歴史学ではキエフ大公国と呼ばれています。名前ルーシ自体は中世初期から来ている人ルーシ」向こうから移住した北欧の商人と戦士のグループバルト海ノヴゴロド中心とした州を設立し、後にキエフ大公国となった。[15]

中世ラテン名ルーシのバージョンはでしたルテニア東スラブとするためのいくつかの名称の一つとして使用された、東方正教会の地域、及び一般ルーシの土地の指定として。[16]国の現在の名前、Россия(Rossiya)は、ロシアビザンチンギリシャ語の呼称であるΡωσσίαRossía—綴られたΡωσία(Rosía 現代ギリシャ語[roˈsia]と発音 )に由来します。[17]

ロシア市民を指す標準的な方法は、英語で「ロシア人」です。[18]ロシア語には2つの単語があり、一般に「ロシア」として英語に翻訳されます。1つは「русские」(russkiye)で、ほとんどの場合ロシア人を指します。もう1つは「россияне」(rossiyane)です。民族に関係なく、ロシアの市民に。[19]

歴史

初期の歴史

ロシア南部ドン川のほとりにあるコステンキ村とボルシェヴォヴォ村で、40、000年以上前の最初の現代人骨の1つが発見されました[20] [21]

遊牧民は、銅器時代に始まっポントス・カスピ海草原で発達しました[23]これらの草原の文明の残骸は、以下のような場所で発見されたIpatovo[23] Sintashta[24] Arkaim[25]及びPazyryk[26]の最古の痕跡負担軍馬を[24]古典古代、ポントス・カスピ草原のように知られていたスキタイ[27]

紀元前8世紀後半、古代ギリシャの商人たちはタナイスファナゴリアの貿易大使館に古典文明もたらしました[28]

西暦3世紀から4世紀にかけて、ゴシック様式オイウム王国が南ロシアに存在し、後にフン族に侵略されました[13]西暦3世紀から6世紀の間に、ギリシャの植民地を継承したヘレニズムの政体であったボスポロス王国[29]も、フン族やユーラシアのアヴァール族などの好戦的な部族が率いる遊牧民の侵略に圧倒されました[30]チュルク系ハザール族は、10世紀までカスピ海と黒海の間のヴォルガ川下流域の草原を支配していた[31]

現代の祖先ロシア人はあるスラヴ部族その元のホームの樹木が茂った区域となっているために、一部の学者によって考えられている、ピンスク沼地、最大級の湿地ヨーロッパインチ[32]東スラヴ人は徐々に2つの波で西ロシアに定住した。1つはキエフから現在のスーズダリムーロムに向かって移動し、もう1つはポラツクからノヴゴロドロストフに向かって移動し[31] 7世紀以降、東スラヴ人はロシア西部の人口の大部分を占めていた[31]。そしてゆっくりと、しかし平和ネイティブ同化Finnic民族を含め、Merya[33] Muromians[34]及びMeshcheraを[35]

キエフ大公国

9世紀に最初の東スラブ国家が設立されたのは、バルト海東部から黒海カスピ海に伸びる水路に沿って冒険しヴァイキングであるヴァリャーグの到着と一致していました[36]によると原初年代記からVarangianルーシ族の名前、リューリクは、定規の選出されたノヴゴロド862に[13]彼の後継者、882でオレグは南進出と征服キエフ[37]以前にされていましたハザールに敬意を表して[31]リューリクの息子イゴールとイゴールの息子スヴャトスラフその後、すべてのローカル征服東スラヴキエフルールに部族は、破壊されたカザールKhaganate [38]とするいくつかの軍事遠征を開始しましたビザンチンペルシャ [39] [40]

10世紀から11世紀にかけて、キエフ大公国はヨーロッパで最大かつ最も繁栄した州の1つになりました。[41]ウラジーミル大王(980-1015)とその息子ヤロスラフ1世(1019-1054)の治世は、キエフ黄金時代構成し、ビザンチウムから正教会のキリスト教が受け入れられ、最初の東スラブが誕生した。書かれた法的コードRusskayaPravda[13]

11世紀から12世紀にかけて、キプチャクペチェネグなどの遊牧民のチュルク族による絶え間ない侵入により、東スラブ人は北部のより安全で森林の多い地域、特にザレシエとして知られる地域に大規模に移住しました[42]

封建制と地方分権化の時代が到来し、キエフ大公国を統治しリューリク朝のメンバー間の絶え間ない争いが特徴でした。キエフの支配は衰退し、北東のウラジミール・スズダル、北西のノヴゴロド共和国、南西のガリシア・ヴォルヒニアの利益になりました。[13]

最終的にキエフ大公国は崩壊し、最後の打撃は1237年から40年のモンゴルの侵略であり、その結果キエフが破壊され、ロシアの人口の約半分が死亡した。[43]後にタタール人として知られる侵略者は、ロシアの公国を略奪し、2世紀以上にわたってロシアの南部と中央部を支配し黄金の大群の州を形成した[44]

ガリシア・ヴォルヒニアは最終的にポーランド王国に同化され、ノヴゴロド共和国とモンゴルが支配するウラジーミル・スズダルは、キエフ周辺の2つの地域であり、現代ロシア国家の基盤を確立しました。[13]ノヴゴロド共和国はモンゴルの占領を免れ、プスコフと共にモンゴルのヨークの時代にある程度の自治権を保持した。彼らは国の残りの部分に影響を与えた残虐行為を大部分免れた。アレクサンドル・ネフスキー王子が率いるノヴゴロディアンは、1240年のネヴァ川戦いで侵略したスウェーデン人撃退し[45]ゲルマンの十字軍撃退した。1242年の氷上の戦い[46]

モスクワ大公国

キエフ大公国の破壊後に最終的に発生する最も強力な州は、当初はウラジーミル・スズダルの一部であったモスクワ大公国でし[47]まだモンゴルタタール人の領土の下にあり、彼らの共感をもって、モスクワは14世紀初頭に中央ルーシでその影響力を主張し始め、徐々にルーシの土地の統一の過程で主導的な力となった。そしてロシアの拡大。[48]モスクワの最後のライバルであるノヴゴロド共和国は毛皮貿易の中心地であり、ハンザ同盟の最東端の港として栄えた[49]

モンゴル・タタール人の襲撃が頻繁に行われ、時代は依然として困難でし農業小氷期の始まりに苦しんでいました。他のヨーロッパ諸国のように、ペストは、 1350と1490の間で頻繁に発生した[50]しかし、低人口密度とのより良い衛生-広範な実施するため番屋、疫病から湿り蒸気浴死亡率ではなかったようで西ヨーロッパのように深刻で[51]、人口は1500年までに回復した。[50]

モスクワのドミトリー・ドンスコイ王子が率いロシア正教会の支援を受けて、ロシア正教会の連合軍は、1380年のクリコヴォ戦いでモンゴル・タタール人に画期的な敗北をもたらした。[52]モスクワは、以前を含む周辺の公国を徐々に吸収した。TverNovgorodなどの強力なライバル[47]

イヴァン3世(「大王」)はついに黄金の大群の支配を放棄し、モスクワの支配下にある中央および北部のルス全体を統合し、「すべてのルスの大公」という称号を獲得した最初のロシアの支配者でした。 。[47] 1453年のコンスタンティノープル陥落、モスクワ東ローマ帝国の遺産継承を主張した[47]イヴァン3世は、最後のビザンチン帝国皇帝コンスタンティノス11世の姪であるソフィア・パレオロジーナと結婚し、ビザンチンの双頭の鷲を自分のものにし、最終的にはロシアの国章にした。[53]

ロシアの皇帝

皇帝イヴァン4世、ヴィクトルヴァスネツォフによる19世紀の喚起、1897年

開発では第三のローマのアイデア、大公イヴァンIV(「ひどい」)が正式に最初に戴冠した皇帝1547ザ・ロシアのを皇帝は、 公布の法律の新しいコード(1550年のSudebnikを最初のロシア封建的な代表機関を設立し、) (ゼムスキーソボル)、聖職者の影響を抑制し、地方の地方の自己管理を導入しました。[54]

彼の長い統治の間に、イヴァン4世はヴォルガ川沿いのカザンアストラハン、およびシベリア南西部のシベリアの汗国の3つのタタールの汗国(崩壊した黄金の大群の一部)を併合することによって、すでに大きなロシアの領土をほぼ2倍にしました[54]したがって、16世紀の終わりまでに、ロシアはウラル山脈の東、つまりヨーロッパの東、そしてアジアに拡大し、大陸横断国家に変貌した[55]

しかし、ツァーリ国は、バルト海沿岸と海上貿易へのアクセスをめぐるポーランド、リトアニアスウェーデンデンマークノルウェーの連合に対する長く失敗したリヴォニア戦争によって弱体化した[56]同時に、黄金の大群の後継者であるクリミア・ハン国のタタール人は、ロシア南部を襲撃し続けた。[57]ヴォルガの汗を回復するために、クリミアとそのオスマン帝国の同盟国はロシア中部に侵入し、1571年にモスクワの一部焼き払うことさえできた。[54]しかし翌年、大規模な侵略軍はモロディ戦いでロシア人に完全に敗北し、オスマン帝国とクリミア半島のロシアへの拡大の脅威を永久に排除しました。[58]しかしながら、クリミア奴隷狩りは17世紀後半まで止まらなかったが、グレートアバティスラインのような南ロシアを横切る新しい要塞ラインの建設は、侵入にアクセスできるエリアを絶えず狭めた。[59]

イワンの息子たちの死は、1598年に古代リューリク朝の終わりを告げ160103飢饉と相まって、内戦、偽装者の支配、および17世紀初頭の動乱時代の外国の介入につながりました。世紀。[56]ポーランド・リトアニア共和国があっても、モスクワに延びる、ロシアの一部を占有します。[47] 1612年、ポーランド人は2人の国民的英雄、商人クジマ・ミーニンドミートリー・ポジャースキー王子に率いられたロシアの志願兵団によって撤退を余​​儀なくされた[60]ロマノフ王朝ゼムスキーソボルの決定により1613年に王位に就き、国は危機から徐々に回復し始めました。[61]

ロシアは、コサックの時代である17世紀まで領土の成長を続けました[47] 1648年、ウクライナの農民は、ポーランドの支配下で苦しんでいた社会的および宗教的抑圧に反応してフメリニツキー蜂起の際にポーランド-リトアニアに対する反乱でポロジアンコサック加わった[62] 1654年、ウクライナの指導者ボフダン・フメリニツキーは、ウクライナをロシア皇帝アレクセイ1世の保護下に置くことを申し出た。アレクセイがこの申し出を受け入れたことで、別のロシア・ポーランド戦争が起こりました。最終的に、ウクライナはドニエプル川沿って分割され、西部を残しました、右岸ウクライナ、ポーランドのルールと東部(下の左岸ウクライナキエフロシアの支配下)。[47]その後、1670年から1671年に、ドン・コサックが率いるStenkaラージンの主要な蜂起を開始ヴォルガ地方を、しかし皇帝の軍隊が反乱軍を破りに成功しました。[63]

東部では、シベリアの広大な領土の急速なロシアの探検と植民地化は、貴重な毛皮と象牙を探しているコサックによって主に主導されました。[47] ロシアの探検家は主にシベリアの河川交通に沿って東に押し、17世紀半ばまでに、東シベリア、チュクチ半島アムール川沿い太平洋の海岸にロシア人の入植地があった[55] 1648年、2人のロシア人探検家であるフェドットポポフセミョンデジニョフベーリング海峡を発見し、ヨーロッパ人として初めて北アメリカに航海した。[64]

ロシア帝国

ピョートル大帝1682年から1721年に全ロシアの皇帝、1721年から1725年に全ロシアの最初の皇帝

ピョートル大帝の下で、ロシアは1721年に帝国を宣言し、ヨーロッパの大国の1つになりました。1682年から1725年までの判決で、ピーターは大北方戦争(1700-1721)でスウェーデンを破り、西カレリアイングリア動乱時代にロシアが失った2つの地域)、およびエストニア行政リヴォニアを譲歩させました。、ロシアの海と海の貿易へのアクセスを確保する。1703年、バルト海で、ピーターはロシアの新しい首都としてサンクトペテルブルク設立しました彼の統治を通じて、抜本的な改革が行われ、それはロシアに重要な西ヨーロッパの文化的影響をもたらしました。[65]

1741年から62年のピョートル1世の娘エリザベスの治世は七年戦争(1756年から63年)へのロシアの参加を見ました。この紛争の間、ロシアは東プロイセン併合しベルリンの門にさえ到達しました。しかし、エリザベスの死後、これらの征服はすべて、親プロイセンのピョートル3世によってプロイセン王国に返還されました[65]

1762年から96年に統治したエカチェリーナ2世(「大王」)は、ロシアの啓蒙時代を主宰しました。彼女はポーランド・リトアニア連邦に対するロシアの政治的支配を拡大し、ポーランド分割中にその領土のほとんどをロシアに組み込み、ロシアのフロンティアを西に中央ヨーロッパに押し込み、ロシアをヨーロッパで最も人口の多い国にしました。南部では、オスマン帝国に対するロシアトルコの戦争が成功した後、キャサリンはロシアの境界を黒海に進め、クリミア・ハン国を破った。勝利の結果ガージャールイランによる日露ペルシャ戦争、19世紀の前半までに、ロシアはトランスコーカサス北コーカサスでも領土を大幅に拡大しました[65]キャサリンの後継者である息子のポール不安定で、主に国内問題に焦点を合わせていた。彼の短い治世の後、キャサリンの戦略をを継続したアレキサンダーIさん(1801年から1825年)wrestingの フィンランド1809年にスウェーデンの弱体化、およびのからベッサラビア北米では、ロシア人がに最初のヨーロッパ人となったものの1812年にオスマン帝国からのリーチとアラスカに植民地化する[66]

14世紀から20世紀にかけてのロシアの拡大領土の変遷[67]

1803年から1806年にかけて、最初のロシアの世界一周が行われ、その後、他の注目すべきロシアの海上探検航海が行われました。[68] 1820年、ロシアの遠征隊南極大陸を発見した[69]

ナポレオン戦争、ロシアは他のさまざまなヨーロッパ帝国と同盟を結び、フランスと戦っ1812年のナポレオンの権力の頂点でフランスのロシア侵攻はモスクワに到達しましたが、厳しい寒さのロシアの冬と相まって頑固な抵抗が侵略者の悲惨な敗北につながり、パンの95%以上が破滅的な敗北をもたらしたため、最終的には惨めに失敗しました。ヨーロッパのグランデアルメは死んだ。率いるミハイル・クトゥーゾフバークレー・デ・トリーロシア帝国陸軍が国からナポレオンを追放し、ヨーロッパ全体で運転した第六次対仏大同盟、最終的に入りますパリアレクサンドル1世は、ナポレオン後のヨーロッパの地図を定義したウィーン会議でロシアの代表団を支配しました。[66]

サンクトペテルブルクのカザン大聖堂のにあるミハイルクトゥーゾフの記念碑モスクワのカザン大聖堂と救世主キリスト大聖堂は、ナポレオンの敗北を記念して建てられました。

ナポレオンを西ヨーロッパに追い込んだ将校たちは、自由主義の考えをロシアに持ち帰り、1825年のデカブリストの乱の間に皇帝の権力を縮小しようとしましたニコラス1世(1825–55)の保守的な統治の終わりに、天頂ヨーロッパにおけるロシアの権力と影響力の時代は、クリミア戦争での敗北によって崩壊しました[66] 1847年から1851年の間に、コレラのために全国で約100万人が死亡した[70]

ニコラスの後継者であるアレクサンドル2世(1855〜81年)は、1861年の農奴解放令など、国全体で重要な変更を制定しました。これらの改革は工業化に拍車をかけ1877年から78年の露土戦争の余波でバルカン半島の多くをオスマン帝国の支配から解放したロシア帝国陸軍を近代化しました。 19世紀から20世紀初頭にかけて、ロシアとイギリスは、衰退するオスマン帝国、ガージャール清王朝によって残された権力の空白を埋めるために戦いました。 2つの主要なヨーロッパ帝国間のこの競争は「グレートゲームとして知られるようになりました[71]

19世紀後半には、ロシアでさまざまな社会主義運動が台頭しました。アレクサンドル2世は、1881年に革命的なテロリストによって殺害され、息子のアレクサンドル3世(1881〜94年)の治世は、 自由主義的ではありませんでしたが、より平和的でした。最後のロシア皇帝ニコライ2世(1894〜 1917年)は、日露戦争の失敗血の日曜日事件として知られるデモ事件によって引き起こされた1905年のロシア革命の出来事を防ぐことができませんでした。蜂起は鎮圧されたが、政府は言論集会の自由の付与を含む主要な改革(1906年のロシア憲法を譲歩することを余儀なくされた。、政党の合法化、および選出された立法機関、下院の創設[71]

2月革命とロシア共和国

ロシアのニコライ2世皇帝とその家族、1918年にボルシェビキによって殺害されました。

1914年、ロシアは、入力された第一次世界大戦のに応じて、オーストリア、ハンガリー、ロシアの同盟国との戦争のの宣言セルビア[72]とそのから隔離しながら、複数の前線渡って戦った三国協商の同盟国。[73] 1916年、ロシア帝国陸軍のブルシーロフ攻勢オーストリア・ハンガリー軍をほぼ完全に破壊した[74]しかしながら、政権に対する既存の国民の不信は、戦争のコストの上昇、高い死傷者、そして腐敗と反逆の噂によって深まった。これらすべてがロシア革命の風土を形成しました1917年の2つの主要な行為で実行されます。[75]

2月革命は強制ニコライ2世の退位します。彼と彼の家族は投獄され、ロシア内戦エカテリンブルク処刑されました[61]君主制は、臨時政府を宣言した政党の不安定な連立に取って代わられた[76] 1917年9月1日(14)、臨時政府の命令により、ロシア共和国が宣言された。[77] 1918年1月6日(19)、ロシア憲法制定議会はロシアを民主的な連邦共和国と宣言した(したがって暫定政府の決定を承認した)。[75]翌日、制憲議会は全ロシア中央執行委員会によって解散されました[75]

ロシア内戦

白系ロシア人の宣伝ポスター、1932年頃。

代替の社会主義組織、ペトログラード・ソビエトが共存し、ソビエトと呼ばれる民主的に選出された労働者と農民の評議会を通じて権力を行使した。新当局の統治は、国の危機を解決するのではなく悪化させただけであり、最終的にはボルシェビキの指導者ウラジーミル・レーニンが率いる十月革命が臨時政府を打倒し、ソビエトに完全な統治権を与え、世界初の社会主義国[75]

十月革命後、ロシア内戦反共産主義の 赤軍のある新しいソビエト政権の間で勃発した。ボルシェビキロシアは署名することにより、そのウクライナ、ポーランド、バルト海、そしてフィンランドの領土を失ったブレスト=リトフスク条約を持つ締結戦闘という中央パワーズ第一次世界大戦の[75]が連合国が失敗した打ち上げの軍事介入を反共産のサポートに力。[78]その間、ボルシェビキと白軍の両方が、それぞれ赤色テロ白色テロとして知られている、互いに強制送還と死刑執行のキャンペーンを実施しました[79]内戦の終わりまでに、ロシアの経済とインフラは甚大な被害を受けた。戦争中に推定700万から1200万人の死傷者があり、そのほとんどが民間人でした。[80]何百万となった白émigrés[81]1921年から1922年のロシアの飢饉500万人の犠牲者まで主張しました。[82]

ソビエト連邦

ウラジーミル・レーニンと他のボルベシクの指導者が赤の広場で普通義務教育部隊を視察している、1919年。

1922年12月30日、レーニンと彼の側近は、ロシアのSFSRウクライナロシア、およびトランスコーカサスのSFSR統合することによりソビエト連邦を結成しましやがて組合は大きくなり、15の共和国をコンパスしました。そのうち、最大の規模と人口はロシアのSFSRであり、政治的、文化的、経済的にその歴史全体で組合を支配していました。[83]

以下のレーニンの死1924年に、トロイカは、電荷を取るように指定されました。結局、共産党書記長のヨシフ・スターリン、1930年代までにすべての野党派閥を抑圧し、権力を固めて国の独裁者になることに成功した。世界革命の主要な支持者であるレオン・トロツキーは、1929年にソビエト連邦から追放され、スターリンの一国社会主義の考えが公式の路線になりました。[84]ボルシェビキ党の継続的な内部闘争は、大粛清で最高潮に達した。、1937年から38年にかけての大規模な弾圧の時期であり、その間に、元の党員や存在しない陰謀を自白することを余儀なくされた軍の指導者を含む数十万人が処刑されました[85]

スターリンのリーダーシップの下で、政府はコマンド経済大部分が田舎の国の工業化、そしてその農業の集団化を開始しました。急速な経済的および社会的変化のこの期間中に、スターリンの支配に対する疑わしいまたは実際の反対のために多くの政治的有罪判決を含む何百万もの人々が刑事労働キャンプに送られました。数百万人がソビエト連邦の遠隔地に強制送還され、追放されました。国の農業の過渡的な混乱は、厳しい国家政策と干ばつと相まって、1932年から1933年のソビエト飢饉につながりました。、ソビエト連邦は、短期間で、大部分が農耕経済から主要な産業大国への費用のかかる変革を行いました。[86]

第二次世界大戦

スターリングラードの戦い、戦争の歴史の中で最大規模と流血の戦いは、反対決定的ソ連の勝利で1943年に終わったドイツ軍
劇場別および年別のヨーロッパにおける第二次世界大戦の死傷者ソビエトの努力は枢軸国を打ち負かすのに不可欠でした。[87]

1941年6月22日、ナチスドイツはモロトフ-リッベントロップ協定を破りました。そして侵入、人間の歴史の中で最大かつ最も強力な侵略力で準備不足ソ連を[88]開く第二次世界大戦の最大の劇場を[89]ドイツの空腹プランがソ連の人口の大部分の飢餓と絶滅、予見した[90]東部総合計画は100万70以上のロシア人の排除を呼びかけ生存圏[91]

1941年から42年のわずか8か月で、ドイツ人捕虜の300万近くのソビエト捕虜が殺害されました。[92]が、ドイツ国防軍は、かなり初期の成功を持っていた、彼らの攻撃をして停止したモスクワの戦い[93]はその後、ドイツ人で最初の主要な敗北が配られたスターリングラードの戦い、1942年から1943年の冬に、[94]に当時とクルスクの戦い1943年の夏に、[95]別のドイツの失敗だった攻城レニングラードの、1941年から1944年にかけて、ドイツ軍とフィンランド軍によって都市が完全に封鎖され、飢餓と100万人以上の死者を出しましたが、降伏することはありませんでした。[94]の下でスターリンの管理やなどの指揮官のリーダーシップゲオルギー・ジューコフコンスタンチン・ロコソフスキー、ソ連軍が1944年から1945年に東・中央ヨーロッパを通じてsteamrolledとベルリンを捕獲月1945年に[96]で1945年8月、ソ連軍が 失脚中国の満州と北朝鮮からの日本人は日本に対する連合軍の勝利に貢献しています。[97]

第二次世界大戦の1941年から45年の期間は、ロシアでは大祖国戦争として知られています。[98]一緒に米国、英国、中国とソ連は、次のように考えられていた四大、第二次世界大戦で連合国の[99] 後になった四警官の基盤だった国連安全保障理事会[100]人類の歴史の中で最も致命的な戦闘作戦の多くを含むこの戦争中ソビエトの民間人と軍の死者は約2600万から2700万人であり、第二次世界大戦の全犠牲者の約3分の1を占めた[101]ソビエト市民の完全な人口統計学的損失はさらに大きかった。[102]ソ連経済とインフラが引き起こされる大規模な荒廃、被った1946年から1947年のソ連の飢饉を[103]それにもかかわらず、ソビエト連邦は余波で世界的な超大国として浮上した[104]

冷戦

ポツダム会談によると、第二次世界大戦後、東ドイツオーストリアの東部を含むヨーロッパと中央ヨーロッパは赤軍によって占領されました[105]従属共産主義政府は、東側諸国の衛星国に設置された[106]世界第2の原子力発電所なった後[107]ソビエト連邦はワルシャワ協定同盟を設立し[108]、ライバルの米国およびNATO冷戦として知られる世界的支配のための闘争に入った[109]

後にスターリンの死1953年の短い期間、集団のルール、新しいリーダーニキータ・フルシチョフは非難スターリンの多くの犯罪や残虐行為をし、政策打ち上げ非スターリン化をから多くの政治犯を解放し、強制収容所の強制労働収容所。[110]抑圧的な政策の一般的な地役権は、後にフルシチョフの雪解けとして知られるようになった[111]同時に、冷戦の緊張は、2人のライバルがトルコでの米国ジュピターミサイルキューバでのソビエトミサイルの配備をめぐって衝突したときにピークに達し[112]

スプートニク1号は、世界初の人工衛星でした。

1957年、ソ連が世界初の人工の打ち上げ衛星スプートニク1のように開始、宇宙時代を[113]ロシアの宇宙飛行士 ユーリイ・ガガーリンは、1961年4月12日にボストーク1号の有人宇宙船に乗って地球を周回した最初の人間になりました[114] 1964年にフルシチョフが追放された後、レオニード・ブレジネフが指導者になるまで集団支配の別の期間が続いた1970年代と1980年代初頭の時代は、後に停滞期に指定されました。、経済成長が鈍化し、社会政策が静的になった時期。 1965年のコシギン改革は、ソビエト経済の部分的な分散化目指し、重工業と武器から軽工業消費財に重点を移しましたが、保守的な共産党指導部によって抑制されました。[115] 1979年、アフガニスタンでの共産主義主導の革命の後、ソビエト軍が国を侵略し、最終的にソビエト-アフガニスタン戦争を開始した[116]占領は経済的資源を枯渇させ、意味のある政治的結果を達成することなく引きずり込まれた。[117]最後に、ソビエトは、国際的な反対、持続的な反ソビエトゲリラ戦争、およびソビエト市民による支援の欠如のために、1989年にアフガニスタンから撤退した[118]

1985年以降、ソビエト体制の自由な改革を実行しようとした最後のソビエト指導者ミハイル・ゴルバチョフは経済停滞期間を終わらせ、政府民主化するためグラスノスチ(開放)とペレストロイカ(再編)の政策を導入しました[120]しかしながら、これは全国で強力なナショナリストと分離主義運動の台頭につながった。[121] 1991年以前は、ソビエト経済は世界第2位の規模でした[122]、その最後の数年間は、食料品店の商品不足、巨額の財政赤字、およびマネーサプライの爆発的な増加に悩まされていました。インフレーション。[123]

1991年までに、バルト諸国がソビエト連邦からの脱退を選択したため、経済的および政治的混乱が沸騰し始めました[124] 3月17日、レファレンダムが開催され、参加した市民の大多数がソビエト連邦を新たな連邦に変更することに賛成した[125] 1991年6月、ボリス・エリツィンはロシアのSFSRの大統領に選出されたとき、ロシア史上初の直接選出された大統領となった。[126] 1991年8月、クーデターの試みゴルバチョフに反対し、ソビエト連邦を保護することを目的としたゴルバチョフ政権のメンバーによって、代わりにソビエト連邦の共産党の終焉につながった。[127] 1991年12月25日、ソビエト連邦の解散に続いて、現代のロシアとともに、14の他のポストソビエト国家が出現した。[128]

ポストソビエトロシア(1991年–現在)

ウラジーミル・プーチン、2000年にボリス・エリツィンが見守る中彼の最初の就任式大統領として就任宣誓を行います。

ソビエト連邦の経済的および政治的崩壊により、ロシアは深く長期にわたる不況に陥りました。[129]ソビエト連邦の崩壊中および崩壊後、民営化市場および貿易の自由含む幅広い改革が行われ[130]、米国および国際的に推奨されたショック療法」の方針に沿った抜本的な変更が含まれた。通貨基金[131]

民営化は、企業の支配を州の機関から政府の内部関係を持つ個人に大きくシフトさせ、それが悪名高いロシアの寡頭制の台頭につながった[132]新たに金持ちになった人々の多くは、莫大な資本逃避で国外に数十億ドルの現金と資産を移動させた[133]経済の不況は、社会福祉の崩壊につながった。出生率は、一方で急落し、死亡率が急上昇し、そして何百万人が貧困に突入しました。[134] 1990年代には、極度の汚職と無法、さらには犯罪組織の台頭と暴力犯罪も見られた。[135]

1993年後半、エリツィンとロシア議会の間の緊張は、軍事力の後に終わっ憲法上の危機最高潮に達しました危機の間、エリツィンは西側の政府に後押しされ、100人以上が殺されました。12月には国民投票が行われ承認され、新憲法が導入され、大統領に大きな権限が与えられた。[136]

1990年代は、北コーカサスでの武力紛争、地元の民族小競り合いと分離主義者のイスラム教徒の反乱の両方に悩まされていました[138]チェチェンの分離主義者が1990年代初頭に独立を宣言した時から、断続的なゲリラ戦争が反乱グループとロシア軍の間で戦われた。[139] 民間人に対するテロ攻撃は分離主義者によって行われ、数千人の命を奪った。[NS]

ロシアは、解散時に人口が半分しか占めていなかったにもかかわらず、ソビエト連邦の対外債務を解決する責任を負った。1992年に、ほとんどの消費者価格統制が撤廃され、極端なインフレを引き起こし、ルーブルを大幅に切り下げました。ルーブルの価値が下がったため、ロシア政府は債務を内部債務者と国際機関に返済するのに苦労しました。経済再編の重要な試みにもかかわらず、ロシアの債務はGDP成長を上回りました。高い財政赤字と資本逃避の増加および債務返済不能が相まって、1998年のロシアの金融危機を引き起こし、GDPのさらなる低下をもたらしました。[144]

プーチン時代

1999年12月31日、エリツィン大統領は予期せず辞任し、最近任命された首相と彼が選んだ後継者であるウラジーミルプチンにポストを手渡した[145]エリツィンは、いくつかの見積もりによると、承認率が2%と低く、広く人気がなく、オフィスを去った。[146]プーチンは、獲得した2000年の大統領選挙で[147]チェチェン反乱を抑制しました[148]の結果、原油高、外国投資の増加、および慎重な経済・財政政策、ロシア経済は大幅に増加しました。ロシアの生活水準を劇的に改善し、ロシアの影響力を高めるグローバル政治[149]プーチンは2004年に2度目の大統領任期を勝ち取った[150]

2008年3月2日、憲法によりプーチンが3期連続の大統領任期を務めることが禁じられたため、プーチンが首相に就任するドミトリー・メドヴェージェフ大統領選出されました[151]プーチン大統領は次のように戻った2012年の大統領選挙で[152]とメドベージェフが首相に任命されました。[153] 2人によるこの4年間の共同リーダーシップは、外国メディアによってタンデム体制」と呼ばれた。[154]

2014年、革命の結果としてウクライナのヴィクトルヤヌコビッチ大統領が逃亡した、プーチンはロシア議会にロシア軍をウクライナ配備する許可を要求し、受け取り、クリミアの乗っ取りにつながりました。[155]有権者の大多数が分離を支持しクリミア住民投票続いて[156]ロシアの指導部はクリミアのロシアへの加盟を発表したが、これとそれに先立つ国民投票は国際的に受け入れられなかった[157]クリミアの併合は、西側諸国による制裁につながった、その後、ロシア政府は多くの国に対して対抗制裁で対応しました。[158]

2015年9月には、ロシアが始まっ軍事介入シリア騒乱を過激派のグループに対する空爆からなる、シリア政府の支援でイスラム国アル=ヌスラ戦線(レヴァントにおけるアルカイダ)、征服の陸軍と他の反政府勢力グループ。[159] 2018年3月、プーチンは全体で4番目の大統領任期に選出された[160]

2020年1月、憲法の大幅な改正が提案され[161]、ロシア政府全体が辞任し[162]ミハイル・ミシュスティンが新首相に就任した。[163]それは国民投票続いて7月に発効し、プーチンは現在の任期が終了した後、さらに2つの6年間の大統領任期に立候補することができた。[164] 2021年4月、プーチンは憲法改正に署名した。[165]

地理

ロシアの地形図

ロシアは、ヨーロッパアジアの両方に広大に広がる大陸横断国です[166]ロシアの国境の隣国は、ノルウェー、フィンランド、エストニア、ラトビア、リトアニア、ポーランド、ベラルーシ、ウクライナ、ジョージア、アゼルバイジャン、カザフスタン、中国、モンゴル、北朝鮮です。ユーラシア大陸の最北端にまたがり、37,653 km(23,396マイル)の世界で4番目に長い海岸線があります。[e] [168]ロシアは、緯度41°から82°N、経度19°Eから169°Wの間にありオセアニア、ヨーロッパ、および3つの大陸よりも大きい。南極大陸[169]冥王星と同じ表面積を持ちながら[170]

バルト海に沿ったロシアの最西端のカリーニングラード州は、ベーリング海峡の最東端のラトマノフから約9,000 km(5,592マイル)離れています。[171]ロシアには9つの主要な山脈があり、それらはコーカサス山脈のかなりの部分を共有する南部地域沿って見られます5,642 m(18,510フィート)でロシアとヨーロッパの最高峰あるエルブルスを含む) ; [5]アルタイサヤン山脈シベリア。そして東シベリア山脈カムチャッカ半島におけるロシア極東(含むクリュチェフスカヤ山4750メートル(15584フィート)で最も高く、活火山ユーラシアでの)。[172] [173]ウラル山脈の国の西を通じて南に北を実行するには、鉱物資源が豊富で、かつ形成し、ヨーロッパとアジアの伝統的な境界を[174]

ロシアは13を超える周辺海とのつながりを含めると、3つの[166]海と国境を接します[f] [171]ロシアの主要な島々と群島には、ノヴァヤゼムリヤフランツヨセフランドセベルナヤゼムリヤニューシベリア諸島ウランゲリ島千島列島サハリンが含まれます。[175] [176]ディオメーデース島はちょうど3.8キロ(2.4マイル)離れている、[177]国後島はからわずか20キロ(12.4マイル)である北海道、日本。

10万を超える河川があるロシア[166]には、世界最大の地表水資源の1つがあり、その湖には世界の液体淡水の約4分の1が含まれています[173] ロシアの淡水域の中で最大かつ最も著名なバイカル湖は、世界で最も深く、最も純粋で、最も古く、最も容量の大きい淡水湖であり、世界の淡水の5分の1以上を含んでいます。[178] ロシア北西部のラドガオネガ湖は、ヨーロッパで最大の湖の2つです[166]ロシアは、再生可能な水資源の合計でブラジルに次ぐ[179]歴史的に重要なことからロシアの国の川として広く見られているヴォルガは、ヨーロッパで最も長い川です。[180]のシベリア川オビエニセイレナアムールは、間にある世界最長の川[180]

気候

ロシアの巨大なサイズと海からの多くの地域の遠隔性は、ツンドラと極端な南西部を除いて国のすべての地域で流行している湿潤大陸性気候の支配をもたらします。南と東の山はインドと太平洋からの暖かい気団の流れを妨げ、西と北の平野は国を北極と大西洋の影響に開放します。ほとんどの北西ロシアとシベリアがあり亜寒帯北東シベリアの内部領域における非常に厳しい冬は、(主にサハ北部、寒極はの-71.2°Cまたはレコード低い温度で配置されているが-96.2°F) 、[175]そして他の場所でより穏やかな冬。北極海とロシアの北極諸島に沿ったロシアの広大な土地は、極地の気候を持っています。 [182]

沿岸一部クラスノダール地方黒海、最も顕著なのソチ、およびいくつかの沿岸及び内部ストリップ北コーカサスは持っ温暖湿潤気候温暖で湿った冬とは。東シベリアと極東ロシアの多くの地域では、冬は夏に比べて乾燥しています。一方、国の他の地域では、季節を超えてより均一な降水量が発生します。国のほとんどの地域での冬の降水量は通常雪として降ります。ヴィストゥラスピットのカリーニングラード州の最西端、クラスノダール地方の南と北コーカサスの一部は海洋性気候ですヴォルジエ川下流域とカスピ海沿岸に沿った地域、およびシベリアの最南端の銀河は、半乾燥気候です。[181]

春と秋は通常、極低温と極高温の間の短い変化期間であるため、地域の大部分で、冬と夏の2つの異なる季節しかありません。[182]最も寒い月は1月(海岸線では2月)です。最も暖かいのは通常7月です。広い温度範囲が一般的です。冬になると、南から北へ、そして西から東へと気温が下がります。シベリアでも夏はかなり暑くなることがあります。[183]

生物多様性

ロシアは、その巨大なサイズのために、極地の砂漠ツンドラ、森林ツンドラ、タイガ混合および広葉樹林森林ステップステップ、半砂漠、亜熱帯を含む多様な生態系を持っています。[184]ロシアの領土の約半分は森林に覆われており[5]、世界最大の森林保護区があり[185]、「ヨーロッパの肺」として知られています。吸収する二酸化炭素の量ではアマゾンの熱帯雨林次ぐ第2位です。[186]

ロシアの生物多様性には、12,500種の血管植物、2,200種のコケ植物、約3,000種の地衣類、7,000〜9,000種の藻類、および20,000〜25,000種の菌類が含まれます。ロシアの動物相は、320種の哺乳類、732種以上の鳥類、75種の爬虫類、約30種の両生類、343種の淡水魚(高固有性)、約1,500種の塩水魚、9種の円口類で構成されています。約100〜150,000無脊椎動物(高い固有性)。[187]ロシアのレッドデータブックには、約1,100種の希少種および絶滅危惧種の動植物が含まれています。[184]

ロシアの完全に自然な生態系は、国の総面積の10%以上を占める、さまざまなステータスの約15,000の特別に保護された自然地域で保護されています。[184]それらには、45のユネスコ 生物圏保護区[188] 64の国立公園、および101の自然保護区が含まれます。[189]ロシアにはまだ多くの生態系があり、主にタイガ北部とシベリアの亜寒帯ツンドラに人が触れていません。時が経つにつれ、国は環境法の改善と適用、さまざまな連邦および地域の戦略とプログラムの開発と実施、希少種や絶滅危惧種の植物、動物、その他の生物の研究、目録作成、保護を行ってきました。レッドデータブック。[185]

政府と政治

Vladimir Putin (2018-03-01) 03 (cropped).jpg Mikhail Mishustin (2020-07-09).jpg
ウラジーミルプチン
大統領
ミハイル・ミシュスティン
首相

ロシア憲法によると、この国は非対称の連邦および半大統領制の共和国であり、大統領が国家元首であり[190]首相が政府長である。ロシア連邦は基本的に複数政党 制の代議制民主主義として構成されており、連邦政府は次の3つの支部で構成されています。[191]

大統領は、6年間の一般投票によって選出されます(2期目は対象ですが、3期連続では対象外です)。[192]政府の省庁は、首相とその代理人、大臣、および選ばれた他の個人で構成されている。すべて首相の推薦に基づいて大統領が任命する(首相の任命には下院の同意が必要である)。

政治的分裂

憲法よると、ロシア連邦は85の連邦の主題で構成されています。[g] 1993年に新憲法が採択されたとき、89の連邦の主題がリストされていましたが、いくつかは後に統合されました連邦政府の被験者は同じ表現-2代表者各-で持っている連邦院[193]上院連邦議会をただし、享受する自律性の程度は異なります。[194]

Map of federal subjects of Russia (2014).svg
連邦の主題 ガバナンス
  46の 
知事と地方選挙で選ばれた立法府を持つ最も一般的なタイプの連邦主題。一般的に行政の中心にちなんで名付けられました。
  22の 共和国
それぞれが名目上自律的です。[195]特定の少数民族の本拠地であり、独自の憲法、言語、および立法府を持っていますが、国際問題において連邦政府によって代表されています。[196]
  9 クライ
すべての意図と目的において、クレイは法的に州と同一です。タイトル「krai」(「フロンティア」または「テリトリー」)は歴史的であり、特定の期間の地理的(フロンティア)位置に関連しています。現在のクレイはフロンティアとは関係ありません。
  4つの 自治管区
「自治区」、「自治区」、「自治区」と呼ばれることもあり、それぞれ実質的または優勢な少数民族がいます。
  3つの 連邦都市
別々の地域として機能する主要都市(モスクワ、サンクトペテルブルク、セヴァストポリ)。
  1つの自治州
唯一の自治州はユダヤ自治州です。[197]

連邦地方

連邦の主題は8つの連邦地区にグループ化され、それぞれがロシア大統領によって任命された使節によって管理されます。[198]連邦の主題とは異なり、連邦地区は地方レベルの政府ではなく、連邦政府の行政レベルです。連邦地方裁判所の大統領使節は、連邦法を施行し、大統領と地域ガバナーの間のコミュニケーションを調整する権限を持っています。[199]

外交関係

大阪でのG20カウンターパートとのプーチン、2019年。

2019年の時点で、ロシアは世界で5番目に大きな外交ネットワークを持っています。 190の国連加盟国、2つの部分的に承認された国、および3つの国連オブザーバー国との外交関係を維持する144件の大使館[200]それは潜在的超大国と考えられています;そして歴史ある偉大な力、重要な地域の電力、およびの1 5人の常任理事国連安全保障理事会。ロシアは、G20欧州評議会OSCE、およびAPECであり、CISEAEUCSTOSCOBRICSなどの組織で主導的な役割を果たしています。

ロシアは、SCOの他の国々との正の関係を維持する[201] EAEU、[202]とBRICS、[203]特に隣接ベラルーシとしている、連合国、ロシアと後者の超国家連合。[204] セルビア、両国が強い相互の文化的、民族的、宗教的親和性を共有しているため、何世紀にもわたっ歴史的にロシアの緊密な同盟国でした。[205] 21世紀において、中露関係、友好条約とESPO石油パイプラインの建設という二国間および経済的に大幅に強化された。そして、シベリアのガスパイプラインの力は、2つの間に特別な関係を形成しました。[206] インドはロシアの軍事装備の最大の顧客であり、両国はソビエト時代以来歴史的に強力な戦略的および外交関係を共有している。[207]

軍隊

ロシア連邦軍が分かれている地上部隊海軍、および航空宇宙軍-そして二つの独立したサービスの武器もあります:戦略ミサイル部隊空挺部隊が[5] 2019年の時点で、軍には約100万人の現役職員がおり、これは世界で4番目に大きい[209]さらに、250万人以上の予備軍がおり、予備軍の総数はおそらく2000万人にも上る。[210] 18〜27歳のすべての男性市民は起草することが義務付けられています軍隊での1年間の勤務。[5]

ロシアは世界の誇る2番目に強力な軍事[211]と5が間にある認識 核兵器国を世界で、核兵器の最大の備蓄[212]世界の13,500発の核兵器の半分以上がロシアによって所有されている。[212]国は、の二番目に大きい艦隊保有する弾道ミサイル潜水艦を[213]と操作するだけの3つの状態のいずれかである戦略爆撃機を[214]世界で最も強力な地上部隊と、[215]第二の最も強力な空軍、[216]そして3番目に強力な海軍艦隊。[217]ロシアは世界で持っている第四最高の軍事支出を2019年に$ 65.1億費やし、[218]これは、大規模な、完全に土着あり軍需産業を独自の軍事装備のほとんどを生産すると、腕の世界第二位の輸出国であります、米国だけの背後にあります。[5]

人権と堕落

ロシアの人権管理は、主要な民主主義と人権監視機関によってますます批判されています。特に、アムネスティ・インターナショナルヒューマン・ライツ・ウォッチなどの組織は、ロシアには十分な民主的属性がなく、市民に政治的権利や市民的自由をほとんど認めていないと考えています。[219] [220] 2004年以来、フリーダムハウスはロシアを「世界の自由調査自由ではない」とランク付けしています。[221] 2011年以来、エコノミストインテリジェンスユニットは、民主主義指数でロシアを「権威主義体制」としてランク付けしています。、2020年の167カ国中124位。[222]メディアの自由に関しては、ロシアは国境なき記者団2020年の報道の自由指数で180カ国中149位にランクされた。[223]

ロシアは、2020年トランスペアレンシーインターナショナル腐敗認識指数最も評価の低いヨーロッパの国でした。 180カ国中129位。[224]汚職はロシアでは重大な問題として認識されており、[225]経済、[226]ビジネス、[227] 行政[228] [229] 法執行[230] ヘルスケアなどの生活のさまざまな側面に影響を与えています。[231]および教育[232]汚職の現象は、公的統治の歴史的モデルで強く確立されており、国の法の支配の一般的な弱さに起因しています。[225]

経済

モスクワヨーロッパの主要な金融ハブであり、世界最大の都市経済の1つを持っています。
1991年から2019年の間に国際ドルで購買力平価(PPP)を購入することによるロシアのGDP成長率

ロシアの経済混合経済であり[233]、膨大な天然資源、特に石油天然ガスがあります。[234]名目GDPで世界第11購買力平価で第6位の経済を持っています。 2017年には、大規模サービス部門がGDP全体の62%、産業部門が32%、小規模農業部門が約5%を占めました。[5]ロシアの失業率は4.5%と低く[235]貧困率は12.6%と比較的低い[236]その人口の70%以上が公式に中産階級に分類されており[237]、一部の専門家はこれに異議を唱えています。[238] [239]ロシアの外貨準備高は、6,040億ドルの価値があり、世界で5番目に大きい[240]労働力は約7000万人で、世界で6番目に大きい[241]ロシアの大規模な自動車産業、生産量で世界第10位にランクされています[242]

ロシアは世界で14番目に大きな輸出国です。[243] 2016年、石油・ガス部門は連邦予算収入の36%を占めた。[244] 2019年、天然資源環境省は天然資源の価値を国のGDPの60%と推定しました。[245]ロシアは、主要先進国の中で最も低い対外債務の1つであり[246]、2019年のビジネス改善指数で「非常に簡単な」国の中で上位にランクれています[247]それは13%の均一税率を持っており、シングルマネージャーのための世界で2番目に魅力的な個人税制を持っていますアラブ首長国連邦[248]しかしながら、国内の家計収入と富の極端な不平等も指摘されている。[249] [250]

インフラストラクチャー

ロシアの鉄道輸送は、主に国営のロシア鉄道の管理下にあります。[251]一般的に使用されている線路の全長は、世界で3番目に長く、87,157 km(54,157マイル)を超えています。[252] 2016年の時点で、ロシアには1,452.2千kmの道路があり[253]、その道路密度は世界で最も低いものの1つです。[254]ロシアの内陸水路は世界で2番目に長く、合計102,000 km(63,380マイル)です。[255]の中で、ロシアの1218の空港[256]忙しいがありますモスクワのシェレメーチエヴォ国際空港、ヨーロッパで5番目に混雑する空港でもあります。

シベリア鉄道は、モスクワを結ぶ、世界最長の鉄道線であるウラジオストク[257]

ロシア最大のポートがあるノヴォロシスクの港でのクラスノダール地方黒海に沿って。[258]原子力砕氷船を運用しているのは世界で唯一の国であり、ロシアの北極大陸棚の経済的搾取と北海ルートを通じた海上貿易の発展を促進している[259]

ロシアはエネルギー大国として広く説明されています。[260]世界最大の天然ガス埋蔵量[261] 2番目に大きい石炭埋蔵量[262] 8番目に大きい石油埋蔵量[263]、そしてヨーロッパで最大のオイルシェール埋蔵量持っているため[264]それは世界をリードする天然ガス輸出国であり[265]2番目に大きい天然ガス生産者であり[266]、2番目に大きい石油輸出国であり[267]そして生産者である[268]化石燃料は、ロシアによる温室効果ガス排出の大部分を引き起こします。[269]国は世界第4位である電気のプロデューサー [270]第9位の規模の再生可能エネルギーの生産で2019 [271]は、ロシアが民間の原子力発電を開発するためにも、世界で最初の国で、世界で構築するために最初に原子力発電所[272] 2019年には、世界で4番目に大きな原子力エネルギー生産国でした。[273]

農業と漁業

ロシアの農業部門は国の総GDPの約5%を占めていますが、この部門は総労働力の約8分の1を雇用しています。[274]それは、1,265,267平方キロメートル(488,522平方マイル)で、世界で3番目に大きい耕作地を持っています。しかし、その環境の厳しさのために、その土地の約13.1%は農業であり[5]、その土地の7.4%だけが耕作可能です。[275]ロシアの農業の主な産物は常に穀物であり、それは農地の半分以上をかなり占めている。[274]ロシアは、世界のある小麦の最大の輸出国[276]及び最大の生産国である大麦[277] ソバオート麦[278]及びライ麦[279]との二番目に大きい生産ヒマワリ種子[280]気候変動適応のさまざまなアナリストは、シベリアで耕作可能性が高まり、この地域への内外の移住につながるため、21世紀の残りの期間にロシアの農業に大きなチャンスがあると予測している。[281]

播種面積の3分の1以上が飼料作物に充てられ、残りの農地は工芸作物、野菜、果物に充てられています。[274] 3つの海に沿ったその大きな海岸線のために、ロシアは世界最大の漁船団の1つを維持しており、漁獲された魚のトン数で世界第6位にランクされています。2018年には4,773,413トンの魚を捕獲しました。[282]また、世界最高のキャビア(ベルーガの本拠地であり、缶詰の魚の約3分の1、世界の新鮮な冷凍魚の約4分の1を生産しています。[274]

科学技術

ミハイル・ロモノソフ(1711–1765)、博学者、発明家、詩人、芸術家

ロシアの研究開発予算は世界で9番目に高く、国内の研究開発に約4,220億ルーブルが費やされています。[283] 2019年、ロシアは科学出版物の数で世界第10位にランクされました。[284]ロシアは、2020年のグローバルイノベーションインデックスで、2019年の46位から47位にランクされました。[285] [286] [287] [288]

1904年以来、ノーベル賞は、物理学化学医学経済文学平和の分野26人のソビエトとロシア人に授与されました[289] ミハイル・ロモノソフは、先行する物質の保存則提案エネルギー保存則を[290]の時以来ニコライロバチェフスキー(「コペルニクス幾何開拓」非ユークリッド幾何学)と顕著な教師パフヌティ・チェビシェフ、ロシアの数学世界で最も影響力のあるものの1つになりました。[291] ドミトリー・メンデレーエフは、現代化学の主要な枠組みである周期表を発明しました[290] 9人のソビエト/ロシアの数学者がフィールズ賞を授与された[292]グリゴリー・ペレルマン、2002年にポアンカレ予想の最終的な証拠として史上初のクレイミレニアム賞問題賞を授与された[293]アレクサンドル・ポポフラジオ発明者の一人であり[294]ニコライ・バソフアレクサンドル・プロホロフは レーザーメーザーの共同発明者でした[295]多くの有名なロシアの科学者と発明者はなかったémigrésその中で、あるイゴール・シコルスキー[296]ウラジミールZworykin[297]多くの外国のもののような、長い時間のためにロシアに住んでいたと働いている間レオンハルト・オイラー[298]アルフレッドノーベル[299]ロシアの発見と発明には、変圧器電気フィラメントランプ航空機、安全パラシュート、電気が含まれます顕微鏡カラー写真[300]キャタピラートラック、トラックアセンブリ、電動鉄道ワゴンビデオテープレコーダーヘリコプター太陽電池プロバイオティクス(一部のヨーグルトに含まれる)、テレビ、ガソリンクラッキング合成ゴム穀物収穫機[301]

1986年から2001年まで低軌道で運用されたミール、ソビエトおよびロシアの宇宙ステーション[302]

ロスコスモスはロシアの国立宇宙機関です。[303]の分野におけるロシアの成果ながら、宇宙技術および宇宙探査はにさかのぼるされているコンスタンチン・ツィオルコフスキー、理論の父宇宙飛行作品のようなソ連のロケット技術者、主要なインスピレーションを得た、セルゲイKorolyovヴァレンティン・グルシュコ、そして貢献し、多くの人を宇宙レースの初期段階以降ソビエト宇宙計画の成功に[304]

1957年、最初の地球周回軌道人工の衛星スプートニク1は、発売されました。[113] 1961年に、宇宙への最初の人間の旅行はユーリイ・ガガーリンによって首尾よくなされました[114]アレクセイ・レオーノフによって行われた最初の船外活動を含む、他の多くのソビエトおよびロシアの宇宙探査記録が続いた[305]ボストーク6号は、女性を宇宙に運ぶ最初の有人宇宙飛行でした(Valentina Tereshkova)。[306]ルナ9は、上のランドへの最初の宇宙船であった[307]スプートニク2 動物を運ぶ最初の宇宙船(ライカ)であり、[308] ゾンド5号は、月を周回する最初の地球人(2つのカメと他の生物)をもたらしました。[309] ベネラ7号は、別の惑星(金星)に着陸した最初の宇宙船でした。)、[310]および火星3は上のランドへの最初の宇宙船であった火星[311] ルノホート1号は最初の宇宙探査ローバーであり[312]そしてサリュート1号は世界初の宇宙ステーションでした。[313]

ロシアは世界最大の衛星打ち上げ機の1つであり[314]GLONASS 衛星ナビゲーションシステムを完成させました。独自の第5世代ジェット戦闘機(スホーイSu-57[208]を開発しており、世界初の水上原子力発電所を建設しています。[315] ルナグローブはロシアの月探査プログラムであり、最初のミッションは2022年7月に開始される予定です(ルナ25)。[316]老朽化したソユーズ取って代わるために、ロスコスモスはまた、2025年に最初の乗組員の戦いを行うことができるオレル宇宙船を開発している。[317]2019年2月、ロシアは2031年に月に着陸する最初の有人ミッションを実施する予定であると発表されました。[318] 2021年4月、ロスコスモスはISSを終了し、独自の宇宙ステーションを作成する予定であると宣言しました。2030年までに軌道に投入することを目指している。[319] 2021年6月、ロスコスモスと中国国立宇宙局、2036年から利用される予定の月面基地を共同開発していると発表した。[320]

観光

サンクトペテルブルクのペテルゴフ宮殿ユネスコの 世界遺産

世界観光機関によると、ロシアは2018年に世界で16番目に訪問された国であり、ヨーロッパで10番目に訪問された国であり、2,460万人以上が訪問しました。[321]ロシアは2019年の旅行観光競争力レポートで39位にランクされました。[322]連邦観光局によると、2019年のロシアへの外国人のインバウンド旅行の数は2440万に達しました。[323]ロシアの国際観光収入2018年には116億ドルに達しました。[321] 2020年には、観光業が国のGDPの約4%を占めていた。[324]ロシアの主要な観光ルートには、ロシアの黄金の環を巡る旅が含まれます古代ロシアの都市のテーマルート、ヴォルガ川などの大きな川でのクルーズ、有名なシベリア横断鉄道での旅。[325]ロシアで最も訪問され人気のあるランドマークには、赤の広場ペテルゴフ宮殿カザンクレムリン至聖三者聖セルギウス修道院、バイカル湖などがあります。[326]

人口統計

2010年の国勢調査によると、100万人を超えるロシアの民族グループ。[327]

ロシアは世界の一つであり、最も過疎都市化が進んだ国では、[5]とに応じて1.428億の人口があった2010年の国勢調査[328] 2021のよう1.462億に上昇した[9]それは最も人口の多い国ヨーロッパでは、[329]と、世界で9番目に人口の多い国で[330]人口密度平方キロメートルあたり9人の住民の(平方マイルあたり23)。[331]

1990年代以降、ロシアの死亡率人口動態の危機としてアナリストから呼ばれている出生率を上回っています。[332] 2018年、ロシア全体の合計特殊出生率は、女性1人あたり1.6人の子供が生まれると推定され、これは交換率2.1を下回り、世界で最も低い出生率の1つです[333]その後、この国は世界で最も古い人口の1つであり、年齢の中央値は40.3歳です。[5] 2009年には、15年ぶりに年間人口増加を記録しました。 2010年代以降、ロシアでは人口減少により人口増加が進んでいます。死亡率出生率の増加、移民の増加[334]しかしながら、2020年以降、COVID-19パンデミックによる過度の死亡により、ロシアの人口は大幅に減少している。[335] [336] [337]

ロシアは多民族国家であり全国に193を超える民族グループがあります。[327] 2010年の国勢調査では、人口の約81%がロシア人であり[327]、残りの19%が少数民族であり[3]、ロシアの人口の約85%がヨーロッパ系であった[3 ]その大多数はスラブ人であり[338]、かなり少数のフィンランド人ゲルマン人がいた。[339] [340]国連によると、ロシアの移民人口世界で3番目に大きく、1160万人を超えています。[341]そのほとんどはソビエト後の州、主にウクライナ人からのものです。[342]

言語

ロシア全土の少数言語

ロシア語ロシア用語であり、主に話されている言語です。[2]これはヨーロッパで最も話されている母国語であり、[357]ユーラシアで最も地理的に広まっている言語であり、[358]世界で最も広く話されているスラブ語です。[358]ロシアは、上の2番目に使用される言語であるインターネットの後、英語[359]と乗って2つの公用語の一つであり、国際宇宙ステーション[360]と同様に6つの1国連の公用語[361]

ロシア語に加えて、約100を超える少数言語がロシア全土で話されています。[362] 2002年ロシア国勢調査によると、全国で1億4260万人がロシア語を話し、530万人がタタール語を話し、180万人がウクライナ語を話しました[363]憲法は、国の個々の共和国にロシアに加えて独自の州の言語確立する権利を与え、またその市民に彼らの母国語を保存し、その研究と発展のための条件を作り出す権利を保証している。[364]

宗教

聖ワシリイ大聖堂での赤の広場モスクワのロシアの中で最も人気のあるアイコンです。[365]

ロシアは憲法上世俗国家であり、その最大の宗教はキリスト教です。これは、世界の持つ最大の正教会集団を[366] [367]および宗教的な遵守上の異なる社会学的調査によると、ロシアへの人口の付着の80%〜41%の間でロシア正教会[368] [369] [370]

2017年にピュー研究所が行った調査によると、ロシア人の73%が自分たちをキリスト教徒と宣言しました。そのうち、71%が正教会、1%がカトリック、2%がその他のキリスト教徒で、15%が無所属、10%でした。イスラム教徒、そして1%が他の宗教に続きました。[4]さまざまな報告によると、ロシア無神論者の割合は人口の16%から48%の間です。[371]

イスラム教はロシアで2番目に大きい宗教であり、北コーカサスの大部分の人々の間で、そしてヴォルガウラル地域に散在するいくつかのチュルク人の間で伝統的な宗教です。[372]仏教徒ブリヤート共和国トゥヴァ共和国ザバイカリエ地方カルムイキア地方の3つのシベリア地域にかなりの人口を抱えている仏教が最も実践されている宗教であるヨーロッパで唯一の地域。[373]

教育

ロシアで最も権威のある教育機関であるモスクワ州立大学[374]

ロシアには無料の教育制度があり、憲法によってすべての市民に保証されています。[375]ロシアの教育省は、初等・中等教育の責任、および職業教育です。一方、ロシアの教育科学省は科学と高等教育を担当しています。[376]地域当局は、連邦法の一般的な枠組みの中で、管轄区域内の教育を規制しています。ロシアは、人口の割合で世界最高の大学レベル以上の卒業生を擁しており、54%です。[377]

ロシアの就学前教育は高度に発達しており、3〜6歳の子供の約5分の4が保育園や幼稚園に通っています。学校教育は9年間義務教育です。それは6歳から7歳まで始まり、基本的な一般教育証明書につながります。中等教育レベルの証明書には、さらに2、3年の学校教育が必要であり、ロシアの学生の約7/8がこのレベルを超えて教育を続けています。高等教育機関への入学は選択的で競争が激しいです。1学位のコースは通常5年かかります。[378]ロシアで最も古く、最大の大学は、モスクワ州立大学サンクトペテルブルク州立大学です。[379]また、全国に10の非常に権威のある連邦大学があります。2014年のユネスコの報告によると、ロシアは留学生にとって世界第6位の目的地です。[380]

健康

ロシアは、憲法によって、自由、保証普遍的な医療をすべてのロシアの市民のために、[381]強制状態健康保険プログラムを通じて。ロシア連邦保健省は、ロシアの公共医療システムを監督、そして部門は200万人以上の人を雇用しています。連邦地域には、地方行政を監督する独自の保健部門もあります。ロシアの民間医療にアクセスするには、別の民間医療保険プランが必要です。[382]

世界銀行によると、ロシアは2018年にGDPの5.32%を医療に費やしました。[383]ロシアは、世界で最も女性に偏った性比の1つであり、すべての女性に対して男性が0.859です。[5] 2019年、ロシアの出生時の平均余命は73。2年(男性で68。2年、女性で78。0年)であり[384]乳児死亡率は非常に低かった出生1,000人あたり5)。[385]ロシアの主な死因は心血管疾患である。[386] 肥満は、ロシアで蔓延している健康問題です。 2016年には、ロシアの成人の61.1%が太りすぎまたは肥満でした。[387]しかし、ロシアの歴史的に高いアルコール消費率は、国の最大の健康問題である[388]それが残っているとして世界最高の1最後の十年で荒涼と減少したものの、。[389]

文化

ロシアの文化は、国の歴史、地理的位置、広大さ、宗教的伝統、そして西洋の影響によって形成されてきました[390]ロシアの作家哲学者は、ヨーロッパの思想の発展に重要な役割を果たしてきた。[391] [392]ロシア人はクラシック音楽[393] バレエ[394] スポーツ[395] 建築[396] 絵画[397]映画にも大きな影響を与えてきました[398]この国は科学技術宇宙探査先駆的な貢献をしており[399]、30のユネスコ 世界遺産があり、そのうち19は文化的です。[400]大規模な世界的なロシアのディアスポラは、ロシア文化を世界中に広める上でも大きな役割を果たしてきました。

アートと建築

初期のロシア絵画は、アイコンと活気に満ちたフレスコ画で表されています。 15世紀初頭、マスターアイコンの画家アンドレイ・ルブリョフは、ロシアで最も貴重な宗教芸術のいくつかを作成しました。[401]芸術のロシア科学アカデミーロシアの芸術家を養成するために、1757年に設立された、ロシアに世俗的な絵画の西洋技術をもたらしました。[65] 18世紀には、学者のイワン・アルグノーフドミトリー・レヴィツキーウラジーミル・ボロコフスキーが影響力を持つようになった。 19世紀初頭には、カールブリューロフアレクサンドルイワノフによる多くの著名な絵画が見られました。、どちらもロマンチックな歴史的な帆布で知られていました[402] [403]は1860年代では、重要なのグループ現実主義移動派が主導)、イワンKramskoyイリヤ・レーピンVasiliy Perovはアカデミーで破った、と絵画の社会生活の多面的な側面を描写しました。[401] 20世紀の変わり目は、象徴主義の台頭を見たミハイル・ヴルーベリニコライ・リョーリヒが代表[404] [405]ロシアの前衛1890年から1930年頃に栄えました。この時代の世界的に影響力のある芸術家は、エル・リシツキー[406] カジミール・マレーヴィチ[407] ナタリア・ゴンチャロワ[408] ワシリー・カンディンスキー[409]マルク・シャガールでした。[410]ソビエト時代から注目彫刻は、ヴェラ・ムーヒナ[411] イェビニー・ビューシェーティック、およびエルンスト・ネイズヴェスヌイを[412]

冬の宮殿を務め、官邸ロシアの皇帝は、サンクトペテルブルクの建築の象徴です。[413]

歴史ロシアのアーキテクチャは、古代スラヴ人の早期木工建物で始まる[414]キエフルーシのアーキテクチャ[415]キエフ大公国キリスト教化に続いて、数世紀の間、それは主にビザンチン帝国の影響を受けていた[416] アリストテレス・フィオラヴァンティと他のイタリアの建築家は、ルネッサンスの傾向をロシアにもたらした。[417] 16世紀には、ユニークなテントのような教会が開発されました。そして、ロシア建築の特徴であるタマネギのドームのデザイン。[418]17世紀には、モスクワとヤロスラヴリで装飾の「燃えるようなスタイル」が栄え、1690年代のナリシュキンバロックへの道が徐々に開かれました[396]ピョートル大帝の改革後、ロシアの建築は西ヨーロッパのスタイルに影響されるようになりました。[419]ロココ建築に対する18世紀の嗜好はバルトロメオ・ラストレッリと彼の信奉者の素晴らしい作品につながりました[420]エカチェリーナ2世の治世中に、サンクトペテルブルクは新古典主義建築の野外博物館に変身しました[421]中、アレクサンダーIのルール、帝国スタイルなった事実上の建築様式、そしてニコラスIのゲート開いた折衷主義をロシアに。19世紀の後半は、ネオビザンチン様式ロシアリバイバル様式が支配的でした。[396] 20世紀初頭、ロシアの新古典主義の復活が流行した。[419] 20世紀後半の一般的なスタイルは、アールヌーボー[396] 構成主義[422]および社会主義古典主義でした。[423]

音楽

Until the 18th-century, music in Russia consisted mainly of church music and folk songs and dances.[424] In the 19th-century, it was defined by the tension between classical composer Mikhail Glinka along with other members of The Mighty Handful, and the Russian Musical Society led by composers Anton and Nikolay Rubinstein.[393] The later tradition of Pyotr Ilyich Tchaikovsky, one of the greatest composers of the Romantic era, was continued into the 20th century by Sergei Rachmaninoff, one of the last great champions of the Romantic style of European classical music.[425] World-renowned composers of the 20th century include Alexander Scriabin, Alexander Glazunov, Igor Stravinsky, Sergei Prokofiev, Dmitri Shostakovich, Georgy Sviridov and Alfred Schnittke.[424]

Soviet and Russian conservatories have turned out generations of world-renowned soloists. Among the best known are violinists David Oistrakh and Gidon Kremer,[426][427] cellist Mstislav Rostropovich,[428] pianists Vladimir Horowitz,[429] Sviatoslav Richter,[430] and Emil Gilels,[431] and vocalist Galina Vishnevskaya.[432]

During the Soviet times, popular music also produced a number of renowned figures, such as the two balladeersVladimir Vysotsky and Bulat Okudzhava,[433] and performers such as Alla Pugacheva.[434] Jazz, even with sanctions from Soviet authorities, flourished and evolved into one of the country's most popular musical forms.[433] The Ganelin Trio have been described by critics as the greatest ensemble of free-jazz in continental Europe.[435] By the 1980s, rock music became popular across Russia, and produced bands such as Aria, Aquarium,[436] DDT,[437] and Kino.[438][439] Pop music in Russia has continued to flourish since the 1960s, with globally famous acts such as t.A.T.u..[440] In the recent times, Little Big, a rave band, has gained popularity in Russia and across Europe.[441]

Literature and philosophy

Leo Tolstoy is regarded as one of the greatest authors of all time, with works such as War and Peace.[442]

Russian literature is considered to be among the world's most influential and developed.[391] It can be traced to the Middle Ages, when epics and chronicles in Old East Slavic were composed.[443] By the Age of Enlightenment, literature had grown in importance, with works from Mikhail Lomonosov, Denis Fonvizin, Gavrila Derzhavin, and Nikolay Karamzin.[391] From the early 1830s, during the Golden Age of Russian Poetry, literature underwent an astounding golden age in poetry, prose and drama.[444] Romanticism permitted a flowering of poetic talent: Vasily Zhukovsky and later his protégé Alexander Pushkin came to the fore.[445][446] Following Pushkin's footsteps, a new generation of poets were born, including Mikhail Lermontov, Nikolay Nekrasov, Aleksey Konstantinovich Tolstoy, Fyodor Tyutchev and Afanasy Fet.[447]

The first great Russian novelist was Nikolai Gogol.[448] Then came Ivan Turgenev, who mastered both short stories and novels.[449] Fyodor Dostoevsky and Leo Tolstoy soon became internationally renowned.[450][451] Ivan Goncharov is remembered mainly for his novel Oblomov.[452] Mikhail Saltykov-Shchedrin wrote prose satire,[453] while Nikolai Leskov is best remembered for his shorter fiction.[454] In the second half of the century Anton Chekhov excelled in short stories and became a leading dramatist.[455] Other important 19th-century developments included the fabulist Ivan Krylov,[456] non-fiction writers such as the critic Vissarion Belinsky,[457] and playwrights such as Aleksandr Griboyedov and Aleksandr Ostrovsky.[458][459] The beginning of the 20th century ranks as the Silver Age of Russian Poetry. This era had poets such as Alexander Blok, Anna Akhmatova, Boris Pasternak, Konstantin Balmont,[460] Marina Tsvetaeva, Vladimir Mayakovsky, and Osip Mandelshtam.[447] It also produced some first-rate novelists and short-story writers, such as Aleksandr Kuprin, Nobel Prize winner Ivan Bunin, Leonid Andreyev, Yevgeny Zamyatin, Dmitry Merezhkovsky and Andrei Bely.[447]

After the Russian Revolution of 1917, Russian literature split into Soviet and white émigré parts. In the 1930s, Socialist realism became the predominant trend in Russia. Its leading figure was Maxim Gorky, who laid the foundations of this style.[461] Mikhail Bulgakov was one of the leading writers of the Soviet era.[462] Nikolay Ostrovsky's novel How the Steel Was Tempered has been among the most successful works of Russian literature. Various émigré writers, such as novelist Vladimir Nabokov continued to write in exile.[463] Some writers dared to oppose Soviet ideology, such as Nobel Prize-winning novelist Aleksandr Solzhenitsyn, who wrote about life in the gulag camps.[464]

Russian philosophy has been greatly influential, with philosophers such as Alexander Herzen, who is called the "father of Russian socialism"; Mikhail Bakunin, who is referred to as the father of anarchism; Mikhail Bakhtin, Helena Blavatsky, Vladimir Lenin, who is one of the world's most popular revolutionaries, and developed the political ideology of Leninism; Leon Trotsky, who is the founder of Trotskyism; and Petr Chaadaev, who influenced both the Westernizers and the Slavophiles.[392] Notable Russian philosophers of the late 19th and 20th centuries including Vladimir Solovyov,[465] Alexander Zinoviev,[466] Sergei Bulgakov,[467] Pavel Florensky,[468] Lev Shestov,[469] and Nikolai Berdyaev.[470]

Cuisine

Kvass is an ancient and traditional Russian beverage.

Russian cuisine has been formed by climate, cultural and religious traditions, and the vast geography of the nation; and it shares many similarities with the cuisines of its neighbouring countries.[471] Crops of rye, wheat, barley, and millet provide the ingredients for various breads, pancakes and cereals, as well as for many drinks.[472] Bread is very popular in Russia.[473] Flavourful soups and stews include shchi, borsch, ukha, solyanka, and okroshka. Smetana (a heavy sour cream) is often added to soups and salads.[474] Pirozhki, blini, and syrniki are native types of pancakes. Beef Stroganoff, Chicken Kiev, pelmeni, and shashlyk are popular meat dishes. Other meat dishes include stuffed cabbage rolls (golubtsy) usually filled with meat. Salads include Olivier salad, vinegret, and dressed herring.[472]

Russia's national non-alcoholic drink is Kvass,[475] and the national alcoholic drink is vodka; its creation in the nation dates back to the 14th century.[476] The country has the world's highest vodka consumption,[477] but beer is the most popular alcoholic beverage in Russia.[478] Wine has become popular in Russia in the last decade,[479][480] and the country is becoming one of the world's largest wine producers.[478][481] Tea has also been a historically popular beverage in Russia.[471]

Media

Poster of Battleship Potemkin (1925) by Sergei Eisenstein, which was named the greatest film of all time at the Brussels World's Fair in 1958.[482]

Russia has almost 37 thousand media outlets, 35 thousand newspapers,[483] and over 12 thousand magazines.[484] The largest internationally operating news agencies in Russia are TASS, RIA Novosti, and Interfax.[485] Television is the most popular media in Russia, as 99% of the Russian population receives at least one television channel,[483] and roughly 60% of Russians watch television on a daily basis.[486] Popular nationwide radio stations in Russia include Radio Rossii, Echo of Moscow, Radio Mayak, Radio Yunost, and Russkoye Radio.[484] Some popular newspapers include Komsomolskaya Pravda, Kommersant, Novaya Gazeta, Rossiyskaya Gazeta, Izvestia, and The Moscow Times.[484] Russia has the largest video gaming market in Europe, with over 65 million players nationwide.[487]

Russian and later Soviet cinema was a hotbed of invention, resulting in world-renowned films such as The Battleship Potemkin.[488] Soviet-era filmmakers, most notably Sergei Eisenstein and Andrei Tarkovsky, would go on to become among of the world's most innovative and influential directors.[489][490] Eisenstein was a student of Lev Kuleshov, who developed the groundbreaking Soviet montage theory of film editing at the world's first film school, the All-Union Institute of Cinematography.[491] Dziga Vertov's "Kino-Eye" theory had a huge impact on the development of documentary filmmaking and cinema realism.[492] Many Soviet socialist realism films were artistically successful, including Chapaev, The Cranes Are Flying, and Ballad of a Soldier.

The 1960s and 1970s saw a greater variety of artistic styles in Soviet cinema.[398] The comedies of Eldar Ryazanov and Leonid Gaidai of that time were immensely popular, with many of the catchphrases still in use today.[493][494] In 1961–68 Sergey Bondarchuk directed an Oscar-winning film adaptation of Leo Tolstoy's epic War and Peace, which was the most expensive film made in the Soviet Union.[398] In 1969, Vladimir Motyl's White Sun of the Desert was released, a very popular film in a genre of ostern; the film is traditionally watched by cosmonauts before any trip into space.[495] In 2002, Russian Ark became the first feature film ever to be shot in a single take.[496] After the dissolution of the Soviet Union, the Russian cinema industry suffered large losses—however, since the late 2000s, it has seen growth once again, and continues to expand.[497]

Sports

Maria Sharapova, former world No. 1 tennis player, was the world's highest-paid female athlete for 11 consecutive years.[498]

Football is the most popular sport in Russia.[390] The Soviet Union national football team became the first European champions by winning Euro 1960,[499] and reached the finals of Euro 1988.[500] In 1956 and 1988, the Soviet Union won gold at the Olympic football tournament. Russian clubs CSKA Moscow and Zenit Saint Petersburg won the UEFA Cup in 2005 and 2008.[501][502] The Russian national football team reached the semi-finals of Euro 2008.[503] Russia was the host nation for the 2017 FIFA Confederations Cup,[504] and the 2018 FIFA World Cup.[505]

Ice hockey is very popular in Russia, and the Soviet national ice hockey team dominated the sport internationally throughout its existence.[506] Bandy is Russia's national sport, and it has historically been the highest-achieving country in the sport.[507] The Russian national basketball team won the EuroBasket 2007,[508] and the Russian basketball club PBC CSKA Moscow is among the most successful European basketball teams.[509] The annual Formula One Russian Grand Prix is held at the Sochi Autodrom in the Sochi Olympic Park.[510]

Historically, Russian athletes have been one of the most successful contenders in the Olympic Games,[511] ranking second in an all-time Olympic Games medal count.[512] Russia is the leading nation in rhythmic gymnastics; and Russian synchronized swimming is considered to be the world's best.[513] Figure skating is another popular sport in Russia, especially pair skating and ice dancing.[514] Russia has produced a number of famous tennis players.[515] Chess is also a widely popular pastime in the nation, with many of the world's top chess players being Russian for decades.[516] The 1980 Summer Olympic Games were held in Moscow,[517] and the 2014 Winter Olympics and the 2014 Winter Paralympics were hosted in Sochi.[518][519]

See also

Notes

  1. ^ Crimea, which was annexed by Russia in 2014, remains internationally recognised as a part of Ukraine.[1]
  2. ^ Russian: Российская Федерация, tr. Rossiyskaya Federatsiya, IPA: [rɐˈsʲijskəjə fʲɪdʲɪˈratsɨjə]
  3. ^ Russia shares land borders with fourteen sovereign nations, and has maritime boundaries with the United States and Japan, and borders the two partially recognized breakaway states of South Ossetia and Abkhazia.
  4. ^ Most notably the Budyonnovsk hospital hostage crisis, the Russian apartment bombings, the Moscow theater hostage crisis, and the Beslan school siege.[140][141][142][143]
  5. ^ Russia has an additional 850 km (530 mi) of coastline along the Caspian Sea, which is the world's largest inland body of water, and has been variously classified as a sea or a lake.[167]
  6. ^ Russia borders, clockwise, to its west: the Baltic Sea, to its southwest: the Black Sea and the Sea of Azov, to its north: the Barents Sea, the Kara Sea, the Laptev Sea, the Pechora Sea, the White Sea, and the East Siberian Sea, to its northeast: the Chukchi Sea and the Bering Sea, and to its southeast: the Sea of Okhotsk and the Sea of Japan.
  7. ^ Including the disputed Republic of Crimea, and the federal city of Sevastopol.

References

  1. ^ Taylor & Francis (2020). "Republic of Crimea". The Territories of the Russian Federation 2020. Routledge. ISBN 978-1-003-00706-7. Note: The territories of the Crimean peninsula, comprising Sevastopol City and the Republic of Crimea, remained internationally recognised as constituting part of Ukraine, following their annexation by Russia in March 2014.
  2. ^ a b "Chapter 3. The Federal Structure". Constitution of Russia. Retrieved 22 April 2015. 1. The Russian language shall be a state language on the whole territory of the Russian Federation.
  3. ^ a b c "ВПН-2010". perepis-2010.ru. Archived from the original on 18 January 2012.
  4. ^ a b "Religious Belief and National Belonging in Central and Eastern Europe". Pew Research Center. 10 May 2017. Retrieved 9 September 2017.
  5. ^ a b c d e f g h i j k "Russia - The World Factbook". Central Intelligence Agency. Retrieved 26 December 2007.
  6. ^ "World Statistics Pocketbook 2016 edition" (PDF). United Nations Department of Economic and Social Affairs. Statistics Division. Retrieved 24 April 2018.
  7. ^ "Information about availability and distribution of land in the Russian Federation as of 1 January 2017 (by federal subjects of Russia)" Сведения о наличии и распределении земель в Российской Федерации на 1 January 2017 (в разрезе субъектов Российской Федерации). Rosreestr.
  8. ^ "The Russian federation: general characteristics". Federal State Statistics Service. Archived from the original on 28 July 2011. Retrieved 5 April 2008.
  9. ^ a b c Оценка численности постоянного населения на 1 января 2021 г. и в среднем за 2020 г. [Estimated population as of 1 January 2021 and on the average for 2020] (XLS). Russian Federal State Statistics Service (in Russian). Retrieved 6 April 2021.
  10. ^ a b c d "World Economic Outlook Database, April 2021". IMF.org. International Monetary Fund. Retrieved 17 April 2020.
  11. ^ "GINI index (World Bank estimate) – Russian Federation". World Bank. Retrieved 22 March 2020.
  12. ^ "Human Development Report 2020" (PDF). United Nations Development Programme. 15 December 2020. Retrieved 15 December 2020.
  13. ^ a b c d e f Curtis, Glenn E. (1998). "Russia - Early History". Washington, D.C.: Federal Research Division of the Library of Congress. Retrieved 29 June 2021.
  14. ^ Kuchkin V. A. Russian land // Ancient Russia in the medieval world / Institute of General History of the Russian Academy of Sciences; Ed. E. A. Melnikova, V. Ya. Petrukhina . - M .: Ladomir, 2014. - S. 697-698.
  15. ^ Duczko, Wladyslaw (2004). Viking Rus. Brill Publishers. pp. 10–11. ISBN 978-90-04-13874-2.
  16. ^ Nazarenko, Aleksandr Vasilevich (2001). "1. Имя "Русь" в древнейшей западноевропейской языковой традиции (XI-XII века)" [The name Rus' in the old tradition of Western European language (XI-XII centuries)]. Древняя Русь на международных путях: междисциплинарные очерки культурных, торговых, политических связей IX-XII веков [Old Rus' on international routes: Interdisciplinary Essays on cultural, trade, and political ties in the 9th-12th centuries] (in Russian). Languages of the Rus' culture. pp. 40, 42–45, 49–50. ISBN 978-5-7859-0085-1. Archived from the original on 14 August 2011.
  17. ^ Milner-Gulland, R. R. (1997). The Russians: The People of Europe. Blackwell Publishing. pp. 1–4. ISBN 978-0-631-21849-4.
  18. ^ "Definition of Russian". Merriam-Webster. Retrieved 21 September 2016.
  19. ^ Merridale, Catherine (2003). "Redesigning History in Contemporary Russia". Journal of Contemporary History. 38 (1): 13–28. doi:10.1177/0022009403038001961. JSTOR 3180694. S2CID 143597960.
  20. ^ "The era of the great European cultures of the Northern-type hunters". www.iabrno.cz. Czech Academy of Sciences, the Institute of Archaeology in Brno, The Center for Paleolithic and Paleoethnological Research. Retrieved 13 May 2021.
  21. ^ "Kostenki-12, a memorial to Upper Paleolithic culture in Eastern Europe". Institute of History of Material Culture, RAS. Archived from the original on 12 July 2006. Retrieved 13 May 2021.
  22. ^ Anthony, David W.; Ringe, Don (1 January 2015). "The Indo-European Homeland from Linguistic and Archaeological Perspectives". Annual Review of Linguistics. 1 (1): 199–219. doi:10.1146/annurev-linguist-030514-124812. ISSN 2333-9683.
  23. ^ a b Belinskij, Andrej; Härke, Heinrich (1999). "The 'Princess' of Ipatovo". Archeology. 52 (2). Archived from the original on 10 June 2008. Retrieved 26 December 2007.
  24. ^ a b Drews, Robert (2004). Early Riders: The beginnings of mounted warfare in Asia and Europe. New York: Routledge. p. 50. ISBN 978-0-415-32624-7.
  25. ^ Koryakova, L. "Sintashta-Arkaim Culture". The Center for the Study of the Eurasian Nomads (CSEN). Retrieved 13 May 2021.
  26. ^ "1998 NOVA documentary: "Ice Mummies: Siberian Ice Maiden"". Transcript. Retrieved 13 May 2021.
  27. ^ Sinor, Denis (1990). The Cambridge History of Early Inner Asia. Cambridge University Press. ISBN 978-0-521-24304-9.
  28. ^ Jacobson, E. (1995). The Art of the Scythians: The Interpenetration of Cultures at the Edge of the Hellenic World. Brill. p. 38. ISBN 978-90-04-09856-5.
  29. ^ Tsetskhladze, G. R. (1998). The Greek Colonisation of the Black Sea Area: Historical Interpretation of Archaeology. F. Steiner. p. 48. ISBN 978-3-515-07302-8.
  30. ^ Turchin, P. (2003). Historical Dynamics: Why States Rise and Fall. Princeton University Press. pp. 185–186. ISBN 978-0-691-11669-3.
  31. ^ a b c d Christian, D. (1998). A History of Russia, Central Asia and Mongolia. Blackwell Publishing. pp. 286–288. ISBN 978-0-631-20814-3.
  32. ^ For a discussion of the origins of Slavs, see Barford, P. M. (2001). The Early Slavs. Cornell University Press. pp. 15–16. ISBN 978-0-8014-3977-3.
  33. ^ Paszkiewicz, H.K. (1963). The Making of the Russian Nation. Darton, Longman & Todd. p. 262.
  34. ^ McKitterick, R. (15 June 1995). The New Cambridge Medieval History. Cambridge University Press. p. 497. ISBN 978-0-521-36447-8.
  35. ^ Mongaĭt, A.L. (1959). Archeology in the U.S.S.R. Foreign Languages Publishing House. p. 335.
  36. ^ Obolensky, D. (1994). Byzantium and the Slavs. St Vladimir's Seminary Press. p. 42. ISBN 978-0-88141-008-2.
  37. ^ Thompson, J.W.; Johnson, E.N. (1937). An Introduction to Medieval Europe, 300–1500. W. W. Norton & Co. p. 268. ISBN 978-0-415-34699-3.
  38. ^ Plokhy, Serhii (2006). The Origins of the Slavic Nations: Premodern Identities in Russia, Ukraine, and Belarus. Cambridge University Press. p. 13. ISBN 978-0-521-86403-9..
  39. ^ Obolensky, Dimitri (1971). Byzantium & the Slavs. pp. 75–108. ISBN 978-0-88141-008-2.
  40. ^ Logan, Donald F. (1992). The Vikings in History 2nd Edition. Routledge. ISBN 978-0-415-08396-6.
  41. ^ Vernadsky, George (1973). Kievan Russia. Yale University Press. p. 430. ISBN 978-0-300-01647-5.
  42. ^ Klyuchevsky, V. (1987). The course of the Russian history. 1. Myslʹ. ISBN 978-5-244-00072-6.
  43. ^ Hamm, Michael F. (1993). Kiev: A Portrait, 1800-1917. Princeton University Press. p. 328. ISBN 978-0-691-02585-8.
  44. ^ Halperin, Charles J. (1987). Russia and the Golden Horde: The Mongol Impact on Medieval Russian History. Indiana University Press. p. 192. ISBN 978-0-253-20445-5.
  45. ^ "Battle of the Neva". Encyclopedia Britannica. Retrieved 22 June 2021.
  46. ^ Ostrowski, Donald (2006). "Alexander Nevskii's "Battle on the Ice": The Creation of a Legend". Russian History. 33 (2/4): 289–312. doi:10.1163/187633106X00186. JSTOR 24664446.
  47. ^ a b c d e f g h Curtis, Glenn E. (1998). "Russia - Muscovy". Washington, D.C.: Federal Research Division of the Library of Congress. Retrieved 25 June 2021.
  48. ^ Davies, Brian L. (2014). Warfare, State and Society on the Black Sea Steppe, 1500–1700 (PDF). Routledge. p. 4.
  49. ^ Jotischky, Andrew; Hull, Caroline (2005). The Penguin Historical Atlas of the Medieval World. Penguin Books. pp. 122–123. ISBN 978-0-14-101449-4.
  50. ^ a b Hatcher, John (2008). The Black Death: An Intimate History. Weidenfeld & Nicolson. ISBN 978-0-297-84475-4.
  51. ^ Pollock, Ethan (2019). Without the Banya We Would Perish: A History of the Russian Bathhouse. Oxford University Press. ISBN 978-0-19-539548-8.
  52. ^ Galeotti, Mark (2019). Kulikovo 1380: The battle that made Russia. p. 96. ISBN 978-1-4728-3121-7.
  53. ^ Hamlin, Cyrus (December 1886). "The Dream of Russia". The Atlantic. Retrieved 2 June 2021.
  54. ^ a b c Payne, Robert; Romanoff, Nikita (2002). Ivan the Terrible. p. 520. ISBN 978-0-8154-1229-8.
  55. ^ a b Wood, Alan (2011). Russia's Frozen Frontier: A History of Siberia and the Russian Far East 1581 - 1991. p. 320. ISBN 978-0-340-97124-6.
  56. ^ a b Riasanovsky, Nicholas V.; Lawrence, John (1960). A history of Russia. p. 654. ISBN 978-0-19-534197-3.
  57. ^ Matsuki, Eizo. "The Crimean Tatars and their Russian-Captive Slaves" (PDF). Mediterranean Studies Group at Hitotsubashi University. Archived from the original (PDF) on 1 May 2011. Retrieved 4 May 2013.
  58. ^ Tucker, Spencer C. (2009). A Global Chronology of Conflict: From the Ancient World to the Modern Middle East. ISBN 978-1-85109-672-5.
  59. ^ Williams, Brian Glyn (2013). "The Sultan's Raiders: The Military Role of the Crimean Tatars in the Ottoman Empire" (PDF). The Jamestown Foundation. p. 27. Archived from the original (PDF) on 21 October 2013.
  60. ^ Dunning, Chester S.L. (2004). Russia's First Civil War: The Time of Troubles and the Founding of the Romanov Dynasty. Pennsylvania State University Press. ISBN 978-0-271-02465-3.
  61. ^ a b Montefiore, Simon Sebag (2016). The Romanovs 1613–1918. Vintage Books. p. 784. ISBN 978-0-307-28051-0.
  62. ^ Kohut, Zenon E. (2003). "The Khmelnytsky Uprising, the Image of Jews, and the Shaping of Ukrainian Historical Memory". Jewish History. 17 (2): 141–63. doi:10.1023/A:1022300121820. JSTOR 20101495. S2CID 159708538.
  63. ^ Avrich, Paul (1972). Russian Rebels, 1600–1800. Schocken Books. p. 320. ISBN 978-0-393-00836-4.
  64. ^ Fisher, R.H (1981). The Voyage of Semen Dezhnev in 1648: Bering's precursor. London: Hakluyt Society. ISBN 978-0-904180-07-7.
  65. ^ a b c d Curtis, Glenn E. (1998). "Russia - Early Imperial Russia". Washington, D.C.: Federal Research Division of the Library of Congress. Retrieved 25 June 2021.
  66. ^ a b c Glenn E. Curtis, ed. (1998). "Russia - Ruling the Empire". Washington, D.C.: Federal Research Division of the Library of Congress. Retrieved 25 June 2021.
  67. ^ Chew, Allen F. (2009). An Atlas of Russian History: Eleven Centuries of Changing Borders. Yale University Press. ISBN 978-0-300-01445-7.
  68. ^ McCartan, E.F. (1963). "The Long Voyages-Early Russian Circumnavigation". The Russian Review. 22 (1): 30–37. doi:10.2307/126593. JSTOR 126593.
  69. ^ Bonhomme, Brian (2012). Russian Exploration, from Siberia to Space: A History. McFarland & Company. p. 232. ISBN 978-0-7864-6687-0.
  70. ^ Hosking, Geoffrey (2001). Russia and the Russians: A History. Harvard University Press. p. 9. ISBN 978-0-674-00473-3.
  71. ^ a b Curtis, Glenn E. (1998). "Russia - Transformation of Russia in the Nineteenth Century". Washington, D.C.: Federal Research Division of the Library of Congress. Retrieved 25 June 2021.
  72. ^ "How The World Went To War In 1914". Imperial War Museum. Retrieved 30 May 2021.
  73. ^ Tomaszewski, Fiona K. (2002). A Great Russia: Russia and the Triple Entente, 1905-1914. Greenwood Publishing Group. pp. 19–. ISBN 978-0-275-97366-7.
  74. ^ Schindler, John (2003). "Steamrollered in Galicia: The Austro-Hungarian Army and the Brusilov Offensive, 1916". War in History. 10 (1): 27–59. doi:10.1191/0968344503wh260oa. JSTOR 26061940. S2CID 143618581.
  75. ^ a b c d e Curtis, Glenn E. (1998). "Russia - Revolutions and Civil War". Washington, D.C.: Federal Research Division of the Library of Congress. Retrieved 26 June 2021.
  76. ^ Swain, Geoffrey (2014). Trotsky and the Russian Revolution. Routledge. p. 15. ISBN 978-1-317-81278-4. The first government to be formed after the February Revolution of 1917 had, with one exception, been composed of liberals.
  77. ^ Провозглашена Российская республика. Президентская библиотека имени Б.Н. Ельцина. 7 February 2017.
  78. ^ Carley, M. (1989). Allied Intervention and the Russian Civil War, 1917-1922. The International History Review, 11(4), 689-700. Retrieved June 26, 2021.
  79. ^ Blakemore, Erin (2 September 2020). "How the Red Terror set a macabre course for the Soviet Union". National Geographic. Retrieved 26 June 2021.
  80. ^ Mawdsley, Evan (2007). The Russian Civil War. New York City. p. 287. ISBN 978-1-68177-009-3.
  81. ^ Hassell, James E. (1992). Russian Refugees in France and the United States Between the World Wars (Transactions of the American Philosophical Society). p. 96. ISBN 978-0-87169-817-9.
  82. ^ Haller, Francis (8 December 2003). "Famine in Russia: the hidden horrors of 1921". Le Temps. International Committee of the Red Cross. Retrieved 26 July 2021.
  83. ^ "USSR Established". History. Retrieved 26 June 2021.
  84. ^ Bensley, Michael (2014). "Socialism in One Country: A Study of Pragmatism and Ideology in the Soviet 1920s" (PDF). University of Kent. Retrieved 26 June 2021.
  85. ^ Abbott, Gleason (2009). A Companion to Russian History. Wiley-Blackwell. ISBN 978-1-4051-3560-3.
  86. ^ Shepley, Nick (2015). Stalin, the five year plans and the Gulags: Slavery and Terror 1929-53. ISBN 978-1-78333-087-4.
  87. ^ Burns, J. H. "Document: The Executive of the President's Soviet Protocol Committee to the President's Special Assistant, August 10, 1943". TeachingAmericanHistory.org. Ashbrook Center at Ashland University.
  88. ^ Chapple, Amos (22 June 2021). "Operation Barbarossa: The Nazi Invasion Of The U.S.S.R. 80 Years Ago". Radio Free Europe/Radio Liberty. Retrieved 2 July 2021. Nazi Germany led the largest-ever ground invasion force in an attack on the Soviet Union in 1941 that unleashed a brutal conflict that cost the lives of millions of people.
  89. ^ Taylor, Alan (18 September 2011). "World War II: The Eastern Front". The Atlantic. Retrieved 2 July 2021.
  90. ^ Blakemore, Erin (21 February 2017). "The Nazis' Nightmarish Plan to Starve the Soviet Union". JSTOR. Retrieved 2 July 2021.
  91. ^ Mineau, André (2004). Operation Barbarossa: Ideology and Ethics Against Human Dignity. Rodopi. p. 180. ISBN 978-90-420-1633-0.
  92. ^ Jones, Adam (2010). Genocide: A Comprehensive Introduction (2nd ed.). Routledge. p. 271. ISBN 978-0-415-48619-4. The large majority of POWs, some 2.8 million, were killed in just eight months of 1941–42, a rate of slaughter matched (to my knowledge) only by the 1994 Rwanda genocide.
  93. ^ Braithwaite, Rodric (2006). Moscow 1941: A City and Its People at War. London: Profile Books. ISBN 978-1-86197-759-5.
  94. ^ a b Hellbeck, Jochen (2015). Stalingrad: The City That Defeated The Third Reich. New York: PublicAffairs. ISBN 978-1-61039-496-3.
  95. ^ Clark, Lloyd (2011). Kursk: The Greatest Battle: Eastern Front 1943. London: Headline. ISBN 978-0-7553-3638-8.
  96. ^ Kagan, Neil; Hyslop, Stephen (7 May 2020). "The Soviet victory in the Battle of Berlin finished Nazi Germany". National Geographic. Retrieved 29 May 2021.
  97. ^ Goldman, Stuart D. (28 August 2012). "The Forgotten Soviet-Japanese War of 1939". The Diplomat. Retrieved 29 May 2021.
  98. ^ "Russia's Monumental Tributes To The 'Great Patriotic War'". Radio Free Europe. 8 May 2020. Retrieved 29 May 2021. It is known in Russia as the "Great Patriotic War" and there are a number of imposing monuments across the country to mark the defeat of Nazi Germany in World War II...
  99. ^ Brinkley, Douglas (2003). The New York Times Living History: World War II, 1942–1945: The Allied Counteroffensive. Macmillan. ISBN 978-0-8050-7247-1.
  100. ^ Urquhart, Brian (16 July 1998). Looking for the Sheriff. The New York Review of Books. Retrieved 27 July 2021.
  101. ^ Tharoor, Ishaan (8 May 2015). "Don't forget how the Soviet Union saved the world from Hitler". The Washington Post. Retrieved 27 July 2021. The Red Army was "the main engine of Nazism’s destruction," writes British historian and journalist Max Hastings in "Inferno: The World at War, 1939-1945." The Soviet Union paid the harshest price: though the numbers are not exact, an estimated 26 million Soviet citizens died during World War II, including as many as 11 million soldiers. At the same time, the Germans suffered three-quarters of their wartime losses fighting the Red Army.
  102. ^ Hosking, Geoffrey (2006). Rulers and victims: the Russians in the Soviet Union. Harvard University Press. p. 242. ISBN 978-0-674-02178-5.
  103. ^ Harrison, Mark (14 April 2010). "The Soviet Union after 1945: Economic Recovery and Political Repression" (PDF). University of Warwick. Cite journal requires |journal= (help)
  104. ^ Reiman, Michael (2016). "The USSR as the New World Superpower". About Russia, Its Revolutions, Its Development and Its Present. Peter Lang. pp. 169–176. ISBN 978-3-631-67136-8. JSTOR j.ctv2t4dn7.14.
  105. ^ Neiberg, Michael (2015). Potsdam: The End of World War II and the Remaking of Europe. Basic Books. p. 368. ISBN 978-0-465-04062-9.
  106. ^ Frucht, Richard C. (2003). Encyclopedia of Eastern Europe: From the Congress of Vienna to the Fall of Communism. Taylor & Francis Group. ISBN 978-0-203-80109-3.
  107. ^ Holloway, David (1994). Stalin and the Bomb: The Soviet Union and Atomic Energy 1939–1956. Yale University Press. p. 505. ISBN 978-0-300-06056-0.
  108. ^ Mastny, Vojtech; Malcolm, Byrne (2005). A Cardboard Castle?: An Inside History of the Warsaw Pact, 1955–1991. Budapest: Central European University Press. ISBN 978-963-7326-07-3.
  109. ^ Wagg, Stephen; Andrews, David (2012). East Plays West: Sport and the Cold War. Routledge. p. 11. ISBN 978-1-134-24167-5.
  110. ^ Jones, Polly (7 April 2006). The Dilemmas of De-Stalinization: Negotiating Cultural and Social Change in the Khrushchev Era. Routledge. pp. 2–4. ISBN 978-1-134-28347-7.
  111. ^ Taubman, William (1990). Khrushchev: The Man and His Era. W. W. Norton & Company and Simon & Schuster. p. 871. ISBN 978-0-393-32484-6.
  112. ^ Fuelling, Cody. "To the Brink: Turkish and Cuban Missiles during the Height of the Cold War". International Social Science Review. University of North Georgia. 93 (3). Retrieved 28 May 2021.
  113. ^ a b Brzezinski, Matthew B. (2007). Red Moon Rising: Sputnik and the Hidden Rivalries That Ignited the Space Age. New York City: Henry Holt and Company. ISBN 978-0-8050-8147-3.
  114. ^ a b Jenks, Andrew L. (2012). The Cosmonaut Who Couldn't Stop Smiling: The Life and Legend of Yuri Gagarin. Northern Illinois University Press. ISBN 978-0-87580-447-7.
  115. ^ Bacon, Edwin; Sandle, Mark (2002). Brezhnev Reconsidered. Palgrave Macmillan. ISBN 978-0-230-50108-9.
  116. ^ Arnold, Anthony (1985). Afghanistan: The Soviet Invasion in Perspective. Hoover Institution Press. p. 157. ISBN 978-0-8179-8213-3.
  117. ^ Ezoza Nomazova, Faye O. Prichard. "The Role of Soviet Invasion of Afghanistan in the Breakdown of the USSR". Virginia Commonwealth University. Retrieved 25 June 2021.
  118. ^ Gates, Robert (2007). From the Shadows: The Ultimate Insider's Story of Five Presidents and How They Won the Cold War. Simon & Schuster. p. 604. ISBN 978-1-4165-4336-7.
  119. ^ Brownell, Richard (12 October 2018). "Reagan and Gorbachev's First Brush with Peace". Medium. Retrieved 17 July 2021.
  120. ^ Taubman, William (2017). Gorbachev: His Life and Times. New York City: Simon & Schuster. ISBN 978-1-4711-4796-8.
  121. ^ Beissinger, Mark R. "Nationalism and the Collapse of Soviet Communism" (PDF). Princeton University. Retrieved 25 June 2021.
  122. ^ Hanson, Philip (2003). The Rise and Fall of the Soviet Economy. Routledge. p. 292. ISBN 978-0-582-29958-0.
  123. ^ "Russia Unforeseen Results of Reform". The Library of Congress Country Studies; CIA World Factbook. Retrieved 10 March 2008.
  124. ^ Dahlburg, John-Thor; Marshall, Tyler (7 September 1991). "Independence for Baltic States: Freedom: Moscow formally recognizes Lithuania, Latvia and Estonia, ending half a century of control. Soviets to begin talks soon on new relationships with the three nations". Los Angeles Times. Archived from the original on 3 June 2021. Retrieved 28 September 2021.CS1 maint: unfit URL (link)
  125. ^ Parks, Michael (19 March 1991). "Vote Backs Gorbachev but Not Convincingly : Soviet Union: His plan to preserve federal unity is supported--but so is Yeltsin's for a Russian presidency". Los Angeles Times. Retrieved 30 May 2021.
  126. ^ Remnick, David (14 June 1991). "YELTSIN ELECTED PRESIDENT OF RUSSIA". The Washington Post. Retrieved 6 June 2021.
  127. ^ Bonnell, Victoria E.; Cooper, Ann; Freidin, Gregory (1994). Russia at the Barricades: Eyewitness Accounts of the August 1991 Coup. New York Times: Routledge. p. 384. ISBN 978-1-315-70099-1.
  128. ^ Plokhy, Serhii (2014). The Last Empire: The Final Days of the Soviet Union. p. 520. ISBN 978-1-78074-646-3.
  129. ^ Glenn E. Curtis, ed. (1998). "Russia - Economic Conditions in Mid-1996". Washington, D.C.: Federal Research Division of the Library of Congress. Retrieved 1 August 2021.
  130. ^ "Russian Federation" (PDF). Organisation for Economic Co-operation and Development (OECD). Retrieved 24 February 2008.
  131. ^ Sciolino, E. (21 December 1993). "U.S. is abandoning 'shock therapy' for the Russians". The New York Times. Retrieved 20 January 2008.
  132. ^ Watson, Joey (2 January 2019). "The rise of Russia's oligarchs — and their bid for legitimacy". ABC News. Retrieved 28 May 2021. The Russian ultra-rich amassed their wealth during the economic and social turmoil following the collapse of the Soviet Union, and the introduction of the market economy.
  133. ^ Johnson, Scott (12 March 2019). "Capital Flight From Russia Carries $750 Billion Price Tag". Bloomberg L.P. Retrieved 1 August 2021.
  134. ^ Milanovic, Branko (1998). Income, Inequality, and Poverty During the Transformation from Planned to Market Economy. The World Bank. ISBN 978-0-8213-3994-7.
  135. ^ Satter, David (2003). Darkness at Dawn. Yale University Press. ISBN 978-0-300-10591-9.
  136. ^ "Who Was Who? The Key Players In Russia's Dramatic October 1993 Showdown". Radio Free Europe. 2 October 2018. Retrieved 28 May 2021.
  137. ^ Lee, Carol E. (8 April 2010). "Obama, Medvedev sign START treaty". Politico. Retrieved 8 July 2021.
  138. ^ Perovic, Jeronim (2006). "The North Caucasus on the Brink" (PDF). International Relations and Security Network. Retrieved 6 June 2021.
  139. ^ Hockstader, Lee (12 December 1995). "CHECHEN WAR REVEALS WEAKNESSES IN YELTSIN, RUSSIA'S NEW DEMOCRACY". The Washington Post. Retrieved 6 June 2021.
  140. ^ Wesolowsky, Tony; Kotlyar, Yevgenia (13 June 2020). "After 25 Years, Budyonnovsk Hostage Crisis Seen As Horrific Harbinger Of Terror". Radio Free Europe. Retrieved 3 June 2021.
  141. ^ Anderson, Scott (30 March 2017). "None Dare Call It a Conspiracy". GQ. Retrieved 3 June 2021.
  142. ^ Oetgen, Albert; Balmforth, Tom (23 October 2012). "The Dubrovka Theater Siege in Moscow, a Decade Later". The Atlantic. Retrieved 3 July 2021.
  143. ^ Phillips, Timothy (2007). Beslan: The Tragedy of School Number 1. Granta. p. 291. ISBN 978-1-86207-927-4.
  144. ^ Owen, David; Robinson, David O. (2003). Russia Rebounds. International Monetary Fund. ISBN 978-1-4519-2073-4.
  145. ^ Bohlen, Celestine (1 January 2000). "YELTSIN RESIGNS: THE OVERVIEW; Yeltsin Resigns, Naming Putin as Acting President To Run in March Election". The New York Times. Retrieved 30 May 2021.
  146. ^ Tran, Mark (23 April 2007). "A bold buffoon". The Guardian. Retrieved 5 July 2021.
  147. ^ Wines, Mark (27 March 2000). "ELECTION IN RUSSIA: THE OVERVIEW; Putin Wins Russia Vote in First Round, But His Majority Is Less Than Expected". The New York Times. Retrieved 30 May 2021.
  148. ^ Crossette, Barbara (28 February 2002). "Russia Using Brutality to Suppress Chechens, Rights Group Says". The New York Times. Retrieved 30 May 2021.
  149. ^ Guriev, Sergei; Tsyvinski, Aleh (2010). "Challenges Facing the Russian Economy after the Crisis". In Åslund, Anders; Guriev, Sergei; Kuchins, Andrew C. (eds.). Russia After the Global Economic Crisis. Peterson Institute for International Economics; Centre for Strategic and International Studies; New Economic School. pp. 12–13. ISBN 978-0-88132-497-6.
  150. ^ Mydans, Seth (15 March 2004). "As Expected, Putin Easily Wins a Second Term in Russia". The New York Times. Retrieved 30 May 2021.
  151. ^ Harding, Luke (8 May 2008). "Putin ever present as Medvedev becomes president". The Guardian. Retrieved 6 June 2021.
  152. ^ Lally, Kathy; Englund, Will (4 March 2012). "Putin wins election as Russian president; opponents claim widespread fraud". The Washington Post. Retrieved 6 June 2021.
  153. ^ "Putin and Medvedev in role swap". DW News. Retrieved 6 June 2021.
  154. ^ Harding, Luke (15 January 2020). "Dmitry Medvedev: the rise and fall of the Robin to Putin's Batman". The Guardian. Retrieved 16 July 2021.
  155. ^ "Ousted Ukrainian President Asked For Russian Troops, Envoy Says". NBC News. 3 March 2014. Retrieved 21 March 2014.
  156. ^ "Ukraine crisis: Crimea parliament asks to join Russia". BBC. 6 March 2014. Retrieved 27 April 2015.
  157. ^ "General Assembly Adopts Resolution Calling upon States Not to Recognize Changes in Status of Crimea Region". United Nations. 27 March 2014. Retrieved 5 July 2021.
  158. ^ "Russia Extends Western Food Imports Embargo to End 2021". The Moscow Times. 21 November 2020. Retrieved 28 May 2021.
  159. ^ Petkova, Mariya (1 October 2020). "What has Russia gained from five years of fighting in Syria?". Al Jazeera. Retrieved 30 May 2021.
  160. ^ Hodge, Nathan; Fox, Kara; Dewan, Angela (19 March 2018). "Putin tightens grip on power with overwhelming Russian election win". CNN. Retrieved 6 June 2021.
  161. ^ "Constitutional change in Russia" (PDF). European Parliament. Retrieved 17 July 2021.
  162. ^ Reevell, Patrick (16 January 2020). "Russian government resigns as Putin proposes constitutional changes". ABC News. Retrieved 17 July 2021.
  163. ^ "Who is Russia's new prime minister Mikhail Mishustin?". NBC News. 17 January 2020. Retrieved 17 July 2021.
  164. ^ "Putin strongly backed in controversial Russian reform vote". BBC. 2 July 2020. Retrieved 18 July 2021.
  165. ^ Roth, Andrew (5 April 2021). "Vladimir Putin passes law that may keep him in office until 2036". The Guardian. Retrieved 7 May 2021.
  166. ^ a b c d "Russia". National Geographic Kids. National Geographic. 21 March 2014. Retrieved 26 May 2021.
  167. ^ "Is the Caspian a sea or a lake?". The Economist. 16 August 2018. Retrieved 27 June 2021. Like many lakes, it does not feed into an ocean, but it is sea-like in its size and depth.
  168. ^ "Coastline - The World Factbook". Central Intelligence Agency. Retrieved 27 June 2021.
  169. ^ Taylor, Callum (2 April 2018). "Russia is huge, and that's about the size of it". Medium. Retrieved 6 July 2021. Russia takes up 17,098,250 square kilometres, roughly one-eighth of the world's total land mass. That's larger than the entire continent of Antarctica...
  170. ^ Clark, Stuart (28 July 2015). "Pluto: ten things we now know about the dwarf planet". The Guardian. Retrieved 20 June 2021. Pluto's diameter is larger than expected at 2,370 kilometres across. This is about two-thirds the size of Earth's moon, giving Pluto a surface area comparable to Russia.
  171. ^ a b Glenn E. Curtis, ed. (1998). "Global Position and Boundaries". Washington, D.C.: Federal Research Division of the Library of Congress. Retrieved 8 July 2021.
  172. ^ "Klyuchevskoy". Global Volcanism Program. Smithsonian Institution. Retrieved 24 July 2021.
  173. ^ a b Glenn E. Curtis, ed. (1998). "Topography and Drainage". Washington, D.C.: Federal Research Division of the Library of Congress. Retrieved 8 July 2021.
  174. ^ a b "The Ural Mountains". NASA Earth Observatory. NASA. 13 July 2011. Retrieved 27 May 2021.
  175. ^ a b "Russia". The Arctic Institute – Center for Circumpolar Security Studies. Retrieved 27 June 2021.
  176. ^ Aziz, Ziryan (28 February 2020). "Island hopping in Russia: Sakhalin, Kuril Islands and Kamchatka Peninsula". Euronews. Retrieved 27 June 2021.
  177. ^ "Diomede Islands – Russia". Atlas Obscura. Retrieved 27 June 2021.
  178. ^ "Lake Baikal—A Touchstone for Global Change and Rift Studies". United States Geological Survey. Retrieved 26 December 2007.
  179. ^ "Total renewable water resources". The World Factbook. Central Intelligence Agency. Retrieved 9 July 2021.
  180. ^ a b "Russia's Largest Rivers From the Amur to the Volga". The Moscow Times. 15 May 2019. Retrieved 26 May 2021.
  181. ^ a b Beck, Hylke E.; Zimmermann, Niklaus E.; McVicar, Tim R.; Vergopolan, Noemi; Berg, Alexis; Wood, Eric F. (30 October 2018). "Present and future Köppen-Geiger climate classification maps at 1-km resolution". Scientific Data. 5: 180214. Bibcode:2018NatSD...580214B. doi:10.1038/sdata.2018.214. ISSN 2052-4463. PMC 6207062. PMID 30375988.
  182. ^ a b Glenn E. Curtis, ed. (1998). "Climate". Washington, D.C.: Federal Research Division of the Library of Congress. Retrieved 10 July 2021.
  183. ^ Drozdov, V. A.; Glezer, O. B.; Nefedova, T. G.; Shabdurasulov, I. V. (1992). "Ecological and Geographical Characteristics of the Coastal Zone of the Black Sea". GeoJournal. 27 (2): 169. doi:10.1007/BF00717701. S2CID 128960702.
  184. ^ a b c "Russian Federation - Main Details". Convention on Biological Diversity. Retrieved 27 June 2021.
  185. ^ a b "Biodiversity in Russia". Regional Environmental Center for Central and Eastern Europe. Retrieved 23 October 2019.
  186. ^ Walsh, Nick Paton (19 September 2003). "It's Europe's lungs and home to many rare species. But to Russia it's £100bn of wood". The Guardian. London. Retrieved 26 December 2007. Forest makes up 70% of Russia's territory and spans 12 time zones. It is known as Europe's lungs and is second only to the Amazon in the amount of carbon dioxide it absorbs, and is home to many rare species.
  187. ^ "Species richness of Russia". Regional Environmental Center for Central and Eastern Europe. Retrieved 27 June 2021.
  188. ^ "Russian Federation". UNESCO. June 2017. Retrieved 7 June 2021.
  189. ^ "Look Inside Russia's Wildest Nature Reserves—Now Turning 100". National Geographic. 11 January 2017. Retrieved 28 June 2021. Russia's tumultuous history includes one legacy little known outside its borders—a vast system of protected lands that conservationists have fought for decades to study and protect. Some are so remote and guarded that few of Russia's own citizens have ever stepped foot in them.
  190. ^ "The Constitution of the Russian Federation". (Article 80, § 1). Retrieved 27 December 2007.
  191. ^ DeRouen, Karl R.; Heo, Uk (2005). Defense and Security: A Compendium of National Armed Forces and Security Policies. ABC-CLIO. p. 666. ISBN 978-1-85109-781-4.
  192. ^ "The Constitution of the Russian Federation". (Article 81, § 3). Retrieved 27 December 2007.
  193. ^ "The Constitution of the Russian Federation". (Article 95, § 2). Retrieved 27 December 2007.
  194. ^ KARTASHKIN, V., & ABASHIDZE, A. (2004). Autonomy in the Russian Federation: Theory and Practice. International Journal on Minority and Group Rights, 10(3), 203-220. Retrieved June 26, 2021.
  195. ^ Saunders, R.A. (2019). Historical Dictionary of the Russian Federation. Historical Dictionaries of Europe. Rowman & Littlefield. p. 232. ISBN 978-1-5381-2048-4. Retrieved 7 July 2021.
  196. ^ Orttung, Robert; Lussier, Danielle; Paetskaya, Anna (2000). The Republics and Regions of the Russian Federation: A Guide to Politics, Policies, and Leaders. New York City: EastWest Institute. pp. 523–524. ISBN 978-0-7656-0559-7.
  197. ^ Gessen, Masha (2016). Where the Jews Aren't: The Sad and Absurd Story of Birobidzhan, Russia's Jewish Autonomous Region. Schocken. ISBN 978-0-8052-4246-1.
  198. ^ Russian Classification of Economic Regions (OK 024–95) of 1 January 1997 as amended by the Amendments #1/1998 through #5/2001. (Section I. Federal Districts)
  199. ^ "Russia - Regional and local government". Encyclopedia Britannica. Retrieved 27 June 2021.
  200. ^ "Global Diplomacy Index – Country Rank". Lowy Institute. Retrieved 27 January 2021.
  201. ^ "Russia's 'Pivot to Asia' and the SCO". The Diplomat. 21 July 2015. Retrieved 2 January 2020.
  202. ^ Avedissian, Karena (3 November 2019). "Fact Sheet: What is the Eurasian Economic Union?". EVN Report. Retrieved 15 May 2021.
  203. ^ Kulik, Sergey (7 July 2015). "Russia and the BRICS: Priorities of the Presidency". Council of Councils. Retrieved 2 January 2020.
  204. ^ Slunkin, Pavel (5 November 2020). "Lukashenka besieged: Russia's plans for Belarus". European Council on Foreign Relations. Retrieved 15 May 2021.
  205. ^ Vuksanovic, Vuk (19 October 2019). "Why Serbia Won't Stop Playing the Russia Card Any Time Soon". The Moscow Times. Retrieved 15 May 2021.
  206. ^ Šćepanović, Janko (14 June 2021). "Good China-Russia Relations Are Here to Stay". The Diplomat. Retrieved 5 August 2021.
  207. ^ Tamkin, Emily (8 July 2020). "Why India and Russia Are Going to Stay Friends". Foreign Policy. Retrieved 2 February 2021.
  208. ^ a b Ryan Bauer and Peter A. Wilson (17 August 2020). "Russia's Su-57 Heavy Fighter Bomber: Is It Really a Fifth-Generation Aircraft?". RAND Corporation. Retrieved 28 June 2021.
  209. ^ International Institute for Strategic Studies (15 February 2019). The Military Balance 2019. Routledge. p. 195. ISBN 978-1-85743-988-5.
  210. ^ "The Global Intelligence Files". WikiLeaks. Retrieved 1 April 2015. IISS listed total reserves as 20,000,000 for many years, assuming a Soviet-style callup. The potential reserve personnel of Russia may be as high as 20 million, depending on how the figures are counted.
  211. ^ "2021 Military Strength Ranking". Global Firepower. Retrieved 16 May 2021.
  212. ^ a b "Nuclear Weapons: Who Has What at a Glance". Arms Control Association. August 2020. Retrieved 7 June 2021.
  213. ^ Noot, Jurrien; Polmar, Norman (1991). Submarines of the Russian and Soviet Navies, 1718-1990. United States Naval Institute Press. ISBN 978-0-87021-570-4.
  214. ^ Paul, T. V.; Wirtz, James J.; Fortmann, Michael (2004). Balance of power: theory and practice in the 21st century. Stanford University Press. p. 332. ISBN 978-0-8047-5017-2.
  215. ^ "Tank Strength by Country (2020)". Global Firepower. Retrieved 8 January 2021.
  216. ^ "Aircraft Strength by Country (2020)". Global Firepower. Retrieved 8 January 2021.
  217. ^ "Navy Fleet Strengths (2020)". Global Firepower. Retrieved 8 January 2021.
  218. ^ Tian, Nan; Fleurant, Aude; Kuimova, Alexandra; Wezeman, Pieter D.; Wezeman, Siemon T. (27 April 2020). "Trends in World Military Expenditure, 2019" (PDF). Stockholm International Peace Research Institute. Retrieved 8 January 2020.
  219. ^ "Russian Federation". Amnesty International. Retrieved 16 March 2020.
  220. ^ Human Rights Watch on Russia and Chechnya HTW.org
  221. ^ "Countries and Territories". Freedom House. Retrieved 10 March 2021.
  222. ^ "Global democracy has another bad year". The Economist. 22 January 2020. Retrieved 6 February 2021.
  223. ^