ルフィーナ・アマヤ

ルフィーナ・アマヤ(1943 – 2007 年 3 月 6 日) は、エル・モゾテ内戦の 1981 年 12 月 11 日と 12 月 12 日にエル・モゾテモラザン県で起きた 虐殺の唯一の生存者でした。

アトラカタル大隊の指導者に対する司法訴状の提出後、モラザンのサンフランシスコ・ゴテラ裁判所の玄関に立つルフィーナ・アマヤ。 1990 年 10 月

襲撃に関する彼女の証言は、直後に二人のアメリカ人記者によって報道された[1]が、米国のジャーナリズム界だけでなく米国政府やエルサルバドル政府からも疑問視され[2] 、国連委員会による最終的な調査に役立った。終戦後のエルサルバドルの真実。この調査により、1992年11月に現場に埋葬された遺体が発掘され、アマヤの証言が事件を正確に表しているという委員会の結論が得られた。 [3] [4] [5]

兵士たちが気を取られている間に逃げた木の中に隠れて、アマヤさんは政府軍兵士が女性と子供を強姦し、その後機関銃で撃ち殺して遺体を焼く様子をじっと見聞きしていた。[7]隠れながら、彼女は神に、もし自分を生かしてくれたら、そこで何が起こったのかを世界に知らせてくれるように祈った。彼女は約束を守りました。[要出典]アマヤさんは隣人だけでなく、夫のドミンゴ・クラロスさんも失い、彼女はその首を切られるのを目撃した。 9歳の息子クリスティーノは彼女に向かって叫んだ、「ママ、彼らは私を殺している。彼らは私の妹を殺した。彼らは私を殺すつもりだ。」そして彼女の娘たち、マリア・ドロレス、マリア・リリアン、マリア・イザベル(5歳、3歳、8か月)。クラロスとの子供の中虐殺で殺されなかったのは娘のフィデリアだけで、当時村にはいなかった。[8]

虐殺の後、アマヤは隣国ホンジュラスで一時難民となり、1985年に難民仲間のホセ・ナティビダと結婚し、4人の子供をもうけたが[9] 、結婚後2年以内に離婚した。[8]彼女は 1990 年にエルサルバドルに戻り、ローマ カトリック教会の信徒牧師になりました。[8] 2000年3月までに、アマヤはモラザンのセグンド・モンテスというモラザン村の近くに住んでいた[9] [10] 。この村は、戦時中に聖職者の大量暗殺で殺害されたイエズス会の司祭と学者を追悼するために、亡命者仲間によって設立されたものである。セントロアメリカーナ大学「ホセ・シメオン・カーニャス」(UCA) の政府軍。

アマヤは、長い闘病の末、2007 年 3 月 6 日にサンサルバドルの病院で脳卒中により 64 歳で亡くなった。彼女には2人の娘と養子が生き残った[8] [10] 。 [8]

ノート

  1. ^ “サルバドール村で数百人の虐殺が報告”.ニューヨーク・タイムズ。 1982年1月27日。
  2. ^ マイク・ホイト。 「モゾテ島虐殺:それは政府の言葉に対する記者たちの言葉だった」コロンビア・ジャーナリズム・レビュー、1993年1月/2月。
  3. ^ エル・モゾテに関する国連真実委員会報告書、2005年4月5日にウェイバック・マシンにアーカイブ(抜粋)
  4. ^ ティム・ゴールデン (1992年10月22日)。 「サルバドールの骸骨、1981年の虐殺報告を確認」。ニューヨーク・タイムズ
  5. ^ マーク・ダナー。 「エル・モゾテの真実」、2012 年 11 月 15 日にウェイバック マシンにアーカイブ The New Yorker、1993 年 12 月 6 日。2008 年 5 月 4 日閲覧。
  6. ^ アマヤ、ルフィーナ;ダナー、マーク。コンサルビ、カルロス・エンリケス (1998)。Luciérnagas en El Mozote [エル・モゾテのホタル]。サンサルバドル、エルサルバドル: パラブラ博物館とイメージの編集。
  7. ^ 狂気から希望へ: エルサルバドルの 12 年戦争、第 4 部 (「暴力の事例とパターン」)、第 3 章 (「軍隊による農民の虐殺」)、エルサルバドル真実委員会報告書、アメリカ合衆国より州平和研究所。 2008 年 5 月 4 日に取得。
  8. ^ abcdef ダグラス・マーティン。 「ルフィーナ・アマヤさん、64歳、死去、サルバドール生存者」2007年3月9日、2008年5月4日閲覧。
  9. ^ クリスチャン・ゲバラ。 「「Aún no puedo dormir por las noches」(「今でも夜は眠れません」)、El Faro、2004 年 12 月 13 日(スペイン語)。 2008 年 5 月 4 日に取得。
  10. ^ スコット・ライト著。 「十字架のふもとで: ルフィーナ・アマヤ -- プレゼンテ!」、『ヴォイス・オン・ザ・ボーダー』、2007 年 3 月。

参考文献

  • アマヤ、ルフィーナ。ダナー、マーク。コンサルビ、カルロス・エンリケス (1998)。Luciérnagas en El Mozote [エル・モゾテのホタル]。サンサルバドル、エルサルバドル: パラブラ博物館とイメージの編集。
  • ダナー、マーク (2005)。エル・モゾテの虐殺。グランタブックス。ISBN 1-86207-785-1

外部リンク

  • エル・モゾテ虐殺(さまざまな記事)
  • ルフィーナ・アマヤの証言:虐殺の唯一の生存者(スペイン語)
  • アルマ・ギレルモプリエト。 「人類の暗い側面に光を当てる:虐殺の率直な生存者」(エル・モゾテの最初の記者2人のうちの1人によるアマヤの訃報)、ワシントン・ポスト、2007年3月14日、C01ページ。 2008 年 5 月 4 日に取得。
  • スコット・サイモン。ニューヨーク・タイムズ記者レイモンド・ボナーはルフィーナ・アマヤを回想している、ナショナル・パブリック・ラジオ、2007年3月17日。
  • エルサルバドル、ペルキンのウォールズ・オブ・ホープ芸術学校およびオープンスタジオのルフィーナ・アマヤのフォトギャラリー。 2008 年 5 月 6 日に取得。
「https://en.wikipedia.org/w/index.php?title=ルフィーナ・アマヤ&oldid=1216774534」から取得