ルーティング情報プロトコル

ウィキペディアから、無料の百科事典
ナビゲーションにジャンプ 検索にジャンプ

ルーティング情報プロトコルRIPは)最古の一つである距離ベクトルルーティングプロトコル採用ホップカウントとしてルーティングメトリックRIPは、送信元から宛先へのパスで許可されるホップ数に制限を実装することにより、ルーティングループを防止します。RIPで許可される最大ホップ数は15です。これにより、RIPがサポートできるネットワークのサイズが制限されます。

RIPは、スプリットホライズンルートポイズニング、およびホールドダウンメカニズムを実装して、誤ったルーティング情報が伝播されるのを防ぎます。

RIPv1ルーターでは、30秒ごとにルーティングテーブルを使用して更新をブロードキャストします。初期の展開では、ルーティングテーブルは十分に小さかったため、トラフィックは重要ではありませんでした。ただし、ネットワークのサイズが大きくなると、ルーターがランダムな時間に初期化された場合でも、30秒ごとに大量のトラフィックバーストが発生する可能性があることが明らかになりました。

ほとんどのネットワーク環境では、RIPは好ましい選択ではないプロトコルをルーティングそのように、収束に時間スケーラビリティがに比べ劣っているEIGRPOSPFまたはIS-ISただし、他のプロトコルとは異なり、RIPはパラメーターを必要としないため、構成は簡単です。

RIPは、トランスポートプロトコルとしてユーザーデータグラムプロトコル(UDP)を使用し、予約済みポート番号520が割り当てられます。[1] [2]

距離ベクトルルーティングの開発

ベルマン-フォードアルゴリズムフォード-フルカーソンアルゴリズム基づいて距離ベクトルルーティングプロトコルは、1969年以降ARPANETCYCLADESなどのデータネットワークに実装され始めました。 RIPの前身は、1970年代半ばにゼロックスが実験ネットワークをルーティングするために開発したゲートウェイ情報プロトコル(GWINFO)でしたXerox Network Systems(XNS)プロトコルスイートの一部として、GWINFOはXNSルーティング情報プロトコルに変換されました。このXNSRIPは、NovellのIPX RIP、AppleTalkなどの初期ルーティングプロトコルの基盤となりました。のルーティングテーブルメンテナンスプロトコル(RTMP)、およびIPRIP。UNIXオペレーティングシステムの1982年のBerkleySoftware DistributionroutedデーモンにRIPを実装しました4.2BSDリリースは人気があり、routedまたはgatedデーモンにRIPを実装した後続のUNIXバージョンの基礎となりました最終的に、チャールズ・ヘドリックによって書かれた標準が1988年にRIPv​​1として渡される前に、RIPは広範囲に展開されていました。[3]

RIPホップカウント

RIPで使用されるルーティングメトリックは、宛先IPネットワークに到達するために通過する必要のあるルーターの数をカウントします。ホップカウント0は、ルーターに直接接続されているネットワークを示します。16ホップは、RIPホップ制限に従って、到達不能なネットワークを示します。[4]

バージョン

:ルーティング情報プロトコルの標準化3つのバージョンがありますのRIPv1RIPv2のためのIPv4、およびRIPngのためのIPv6が

RIPバージョン1

RFC 1058で定義されているRIPの元の仕様は、1988年に公開されました。[5]起動時、およびその後30秒ごとに、RIPv1が実装たルーターはすべてのRIPv1対応インターフェイスを介して255.255.255.255に要求メッセージをブロードキャストします。要求メッセージを受信する隣接ルーターは、ルーティングテーブルを含むRIPv1セグメントで応答します。要求側ルーターは、到達可能なIPネットワークアドレス、ホップカウント、およびネクストホップ(RIPv1応答の送信元のルーターインターフェイスIPアドレス)を使用して、独自のルーティングテーブルを更新します。要求元のルーターは、隣接するさまざまなルーターから更新を受信するため、ルーティングテーブル内の到達可能なネットワークのみを更新します。ルーティングテーブルにまだ存在しない到達可能なネットワークに関する情報、またはルーティングテーブルに存在するネットワークに関する情報を受信した場合は、より少ないホップ数で到達可能。したがって、RIPv1ルーターには、ほとんどの場合、到達可能なネットワークのエントリが1つだけあり、ホップ数が最も少なくなります。ルーターが2つの異なる隣接ルーターから、同じホップカウントで同じネットワークに到達可能であるが、2つの異なるルートを介して到達可能であるという情報を受信した場合、ネットワークは、異なるネクストホップルーターを使用してルーティングテーブルに2回入力されます。次に、RIPv1対応ルーターは、IPパケットの等コスト負荷分散と呼ばれる処理を実行します。[4]

RIPv1対応ルーターは、30秒ごとに他のルーターのルーティングテーブルを要求するだけでなく、隣接ルーターからの着信要求をリッスンし、独自のルーティングテーブルを順番に送信します。したがって、RIPv1ルーティングテーブルは25〜35秒ごとに更新されます。[4] RIPv1プロトコルは、LANを介して同期するルーティングテーブルを回避するために、更新時間に小さなランダムな時間変数を追加します。[6]ランダムな初期化の結果、ルーティングの更新が時間内に広がると考えられていましたが、実際にはそうではありませんでした。SallyFloydとVanJacobsonは、1994年に、更新タイマーをわずかにランダム化することなく、タイマーが時間の経過とともに同期することを示しました。[7]

RIPv1はサイレントモードに構成できるため、ルーターは隣接するルーティングテーブルを要求して処理し、到達可能なネットワークのルーティングテーブルとホップカウントを最新の状態に保ちますが、ネットワークに独自のルーティングテーブルを不必要に送信することはありません。サイレントモードは通常、ホストに実装されます。[8]

RIPv1はクラスフルルーティングを使用します。定期的なルーティング更新はサブネット情報を伝達せず可変長サブネットマスク(VLSM)のサポートがありませんこの制限により、同じネットワーククラス内に異なるサイズのサブネットを含めることはできませんつまり、ネットワーククラス内のすべてのサブネットは同じサイズである必要があります。また、ルーター認証もサポートされていないため、RIPはさまざまな攻撃に対して脆弱です。

RIPバージョン2

元のRIP仕様の欠陥により、RIPバージョン2(RIPv2)は1993年に開発され[4]、1994年にRFC 1723として公開され、1998年にインターネット標準56を宣言しました。[9]サブネット情報を伝送する機能が含まれていました。、したがって、クラスレスドメイン間ルーティング(CIDR)をサポートします。下位互換性を維持するために、ホップカウントの制限である15が残されました。RIPv1メッセージのすべてのMustBe Zeroプロトコルフィールドが適切に指定されている場合、RIPv2には以前の仕様と完全に相互運用する機能があります。さらに、互換性スイッチ機能[9]により、きめ細かい相互運用性の調整が可能になります。

ルーティングに参加しないホストへの不要な負荷を回避するために、RIPv2は、ブロードキャストを使用するRIPv1とは対照的に、アドレス224.0.0.9にあるすべての隣接ルーターにルーティングテーブル全体をマルチキャストしますユニキャストアドレス指定は、特別なアプリケーションでも引き続き許可されます。

MD5)RIPの認証は1997年に導入されました。[10] [11]

ルートタグもRIPバージョン2で追加されました。この機能により、RIPプロトコルから学習したルートと他のプロトコルから学習したルートを区別できます。

RIPng

RFC 2080で定義されているRIPng(RIP次世代)[12]は、次世代インターネットプロトコルであるIPv6をサポートするためのRIPv2の拡張ですRIPv2とRIPngの主な違いは次のとおりです。

  • IPv6ネットワーキングのサポート。
  • RIPv2はRIPv1更新認証をサポートしていますが、RIPngはサポートしていません。当時、IPv6ルーターは認証にIPsecを使用することになっていた
  • RIPv2はネクストホップを各ルートエントリにエンコードします。RIPngでは、ルートエントリのセットに対してネクストホップの特定のエンコードが必要です。

RIPngは、マルチキャストグループff02 :: 9を使用してUDPポート521で更新を送信します

ルーター間のRIPメッセージ

RIPメッセージはポート520でユーザーデータグラムプロトコル使用し、ルーター間で交換されるすべてのRIPメッセージはUDPセグメントにカプセル化されます。[4]

RIPv1メッセージ

RIPは、次の2種類のメッセージを定義しました。[4]

リクエストメッセージ
隣接するRIPv1対応ルーターにルーティングテーブルを送信するように依頼します。[4]
応答メッセージ
ルーターのルーティングテーブルを伝送します。[4]

タイマー

ルーティング情報プロトコルは、その動作の一部として次のタイマーを使用します。[13]

タイマーの更新
2つの無償の応答メッセージ間の間隔を制御します。デフォルトでは、値は30秒​​です。応答メッセージは、RIPが有効になっているすべてのインターフェイスにブロードキャストされます。[13]
無効なタイマー
無効なタイマーは、ルーティングエントリが更新されずにルーティングテーブルに存在できる期間を指定します。これは、有効期限タイマーとも呼ばれます。デフォルトでは、値は180秒です。タイマーの期限が切れると、ルーティングエントリのホップカウントは16に設定され、宛先に到達不能としてマークされます。[13]
フラッシュタイマー
フラッシュタイマーは、ルートが無効になるか、到達不能としてマークされてから、ルーティングテーブルからエントリが削除されるまでの時間を制御します。デフォルトでは、値は240秒です。これは無効なタイマーより60秒長くなります。したがって、ルーターは60秒間、この到達不能なルートについてすべての近隣にアドバタイズします。このタイマーは、無効なタイマーよりも高い値に設定する必要があります[13]
ホールドダウンタイマー
ホールドダウンタイマーは、ホップカウントが低い値から高い値に変化するときに、ルートエントリごとに開始されます。これにより、ルートが安定します。この間、そのルーティングエントリを更新することはできません。これはRFC1058の一部ではありませんこれはシスコの実装です。このタイマーのデフォルト値は180秒です。[13]

制限事項

  • ホップカウントは15を超えることはできません。超えない場合、ルートはドロップされます。
  • 可変長サブネットマスクは、RIPバージョン1(廃止されました)ではサポートされていません。
  • RIPの収束は遅く、無限大の問題にカウントされます[14]

実装

  • Cisco IOS、Ciscoルーターで使用されるソフトウェア(バージョン1、バージョン2、およびRIPngをサポート)
  • CiscoNexusデータセンタースイッチで使用されるCiscoNX-OSソフトウェア(RIPv2のみをサポート[15]
  • ジュニパーのルーター、スイッチ、ファイアウォールで使用されるJunosソフトウェア(RIPv1およびRIPv2をサポート)
  • Windows Serverの機能であるルーティングとリモートアクセスには、RIPサポートが含まれています
  • Quaggaの無料の オープンソースソフトウェアに基づいて、ルーティングスイートGNUゼブラ
  • BIRD無料の オープンソースソフトウェアルーティングスイート
  • Zeroshell無料の オープンソースソフトウェアルーティングスイート
  • 4.2BSD最初に導入されRIP実装は、ルーティングされ、FreeBSD [16]NetBSDを含むその子孫のいくつかで存続します[17]
  • OpenBSDは、バージョン4.1 [18]で新しい実装ripdを導入し、バージョン4.4で廃止されました。
  • Netgearルーターは通常、RIPv2の2つの実装の選択肢を提供します。[19]これらにはRIP_2MおよびRIP_2Bというラベルが付いています。RIP_2Mは、マルチキャストを使用する標準のRIPv2実装であり、ネットワーク上のすべてのルーターがRIPv2とマルチキャストをサポートする必要がありますが、RIP_2Bはサブネットブロードキャストを使用してRIPv2パケットを送信します。これにより、RIPv1ルーターを含むマルチキャストをサポートしないルーターとの互換性が高まります。
  • Huawei HG633 ADSL / VDSLルーターは、LANおよびWAN側でRIPv1およびv2を使用したパッシブおよびアクティブルーティングをサポートします。

同様のプロトコル

シスコ独自のInteriorGateway Routing Protocol(IGRP)は、RIPよりもいくらか有能なプロトコルでした。これは、距離ベクトルルーティングプロトコルの同じ基本ファミリに属しています

シスコは、ルータソフトウェアでのIGRPのサポートと配布を停止しました。これは、完全に新しい設計であるEnhanced Interior Gateway Routing Protocol(EIGRP)に置き換えられましたEIGRPは引き続き距離ベクトルモデルを使用しますが、同じルーティングメトリックを使用する場合にのみIGRPに関連します。IGRPは、帯域幅遅延負荷MTU信頼性などルートごとに複数のメトリックをサポートします

も参照してください

参考文献

  1. ^ 「サービス名とトランスポートプロトコルのポート番号レジストリ」IANA
  2. ^ 「ポート番号」(プレーンテキスト)Internet Assigned Numbers Authority(IANA)。2008年5月22日2008年5月25日取得
  3. ^ ジェフドイル&ジェニファーキャロル(2005)。CCIEプロフェッショナル開発:ルーティングTCP / IPボリュームI、第2版ciscopress.com。NS。169. ISBN 9781587052026CS1 maint: uses authors parameter (link)
  4. ^ a b c d e f g h Jeff Doyle&Jennifer Carroll(2005)。CCIEプロフェッショナル開発:ルーティングTCP / IPボリュームI、第2版ciscopress.com。NS。170. ISBN 9781587052026CS1 maint: uses authors parameter (link)
  5. ^ RFC 1058、ルーティング情報プロトコル、C。Hendrik、インターネットソサエティ(1988年6月)
  6. ^ ジェフドイル&ジェニファーキャロル(2005)。CCIEプロフェッショナル開発:ルーティングTCP / IPボリュームI、第2版ciscopress.com。NS。171. ISBN 9781587052026CS1 maint: uses authors parameter (link)
  7. ^ 定期的なルーティングメッセージの同期、S。Floyd&V。Jacobson、1994年4月
  8. ^ ジェフドイル&ジェニファーキャロル(2005)。CCIEプロフェッショナル開発:ルーティングTCP / IPボリュームI、第2版ciscopress.com。NS。175. ISBN 9781587052026CS1 maint: uses authors parameter (link)
  9. ^ a b G. Malkin(1998年11月)。RIPバージョン2ネットワークワーキンググループ、IETF土井10.17487 / RFC2453STD 56 、RFC 2453 、RFC4822によって更新されました
  10. ^ RFC 2082、 RIP-2 MD5認証F。Baker、R。Atkinson、インターネットソサエティ(1997年1月)
  11. ^ RFC 4822、 RIPv2暗号認証R。Atkinson、 M。Fanto、インターネットソサエティ(2007年1月)
  12. ^ G。マルキン; R.ミニア(1997年1月)。IPv6のRIPngネットワークワーキンググループ、IETF土井10.17487 / RFC2080RFC 2080
  13. ^ a b c d e Balchunas、アーロン。「ルーティング情報プロトコル(RIP v1.03)」(PDF)routeralley.com 取得した25年4月2014
  14. ^ C。ヘンドリック。「RFC1058セクション2.2」ルーティング情報プロトコルインターネットソサエティ。
  15. ^ https://www.cisco.com/c/en/us/td/docs/switches/datacenter/nexus9000/sw/6-x/unicast/configuration/guide/l3_cli_nxos/l3_rip.html
  16. ^ 「routed、rdisc –ネットワークRIPおよびルーター検出ルーティングデーモン」FreeBSDのマニュアルページ
  17. ^ 「routed、rdisc –ネットワークRIPおよびルーター検出ルーティングデーモン」NetBSDのマニュアルページ
  18. ^ 「ripd–ルーティング情報プロトコルデーモン」OpenBSDのマニュアルページ
  19. ^ 「NighthawkルーターのLANTCP / IP設定を変更するにはどうすればよいですか?」Netgearサポートページ

さらに読む

  • マルキン、ゲイリースコット(2000)。RIP:ドメイン内ルーティングプロトコルアディソン-ウェスリーロングマン。ISBN 0-201-43320-6 
  • Edward A. Taft, Gateway Information Protocol (revised) (Xerox Parc, Palo Alto, May, 1979)
  • Xerox System Integration Standard - Internet Transport Protocols (Xerox, Stamford, 1981)

External links