ウィキペディアから、無料の百科事典
ナビゲーションにジャンプ 検索にジャンプ
ワタ植物の一次および二次根

維管束植物ではは植物に固定を提供し、水と栄養素を植物体に取り込むように改変された植物の器官であり、これにより植物はより高く、より速く成長することができます。[1]それらはほとんどの場合土壌の表面の下にありますが、根は空中または通気性、つまり地上または特に水面上で成長することもあります。

機能

根の主な機能は、水植物の栄養素の吸収と植物体の地面への固定です。[2]

解剖学

大麦の根の断面

根の形態は、根冠、頂端分裂組織、伸長帯、毛髪の4つの帯に分けられます。[3]新しい根の根冠は、根が土壌に浸透するのを助けます。これらの根冠は、根が深くなるにつれて剥がれ落ち、潤滑剤を提供するぬるぬるした表面を作ります。根冠の後ろ頂端分裂組織は、伸長する新しい根細胞を生成します。次に、土壌から水とミネラル栄養素を吸収する根毛が形成されます。[4]種子生産植物の最初の根は幼根であり、これは種子の発芽後に植物の胚から拡大します。

解剖すると、根の細胞の配置は、根毛表皮表皮皮質内皮、そして最後に、根によって吸収された水を他の場所に輸送するための根の中心の維管束組織です。植物。[説明が必要]

ラナンキュラスの根の断面

おそらく、根が茎の枝や葉などの他の植物器官と区別される最も顕著な特徴は、根が内因性[5]起源を持っていることです。つまり、根は、周周期などの母軸の内層から発生し、発達します。[6]対照的に、茎の枝と葉は外因性です。つまり、それらは外層である皮質から発達し始めます。

栄養素の濃度に応じて、根はサイトカイニンも合成します。サイトカイニンは、新芽がどれだけ速く成長できるかについてのシグナルとして機能します。根はしばしば食物と栄養素の貯蔵で機能します。ほとんどの維管束植物種の根は、特定の真菌と共生してを形成し、細菌を含む他のさまざまな生物も根と密接に関連しています。[7]

土壌の上の大きくて成熟した木の根

ルートシステムアーキテクチャ(RSA)

定義

最も単純な形式では、ルートシステムアーキテクチャ(RSA)という用語は、植物のルートシステムの空間構成を指します。このシステムは非常に複雑になる可能性があり、植物自体の種、土壌の組成、栄養素の利用可能性などの複数の要因に依存します。[8]根の構造は、栄養分と水の安全な供給、および定着とサポートを提供するという重要な役割を果たします。

根系の構成は、植物を構造的に支え、他の植物と競争し、土壌からの養分を取り込むのに役立ちます。[9]根は特定の条件に成長し、それが変化すると、植物の成長を妨げる可能性があります。たとえば、乾燥した土壌で発達した根系は、氾濫した土壌ではそれほど効率的ではないかもしれませんが、植物は季節の変化など、環境の他の変化に適応することができます。[9]

用語とコンポーネント

ルートシステムのアーキテクチャを分類するために使用される主な用語は次のとおりです。[10]

枝の大きさ リンクの数(外部または内部)
トポロジー 分岐のパターン(ヘリンボーン二分放射状
リンクの長さ ブランチ間の距離
ルート角度 親根の円周の周りの側根の基部の半径方向の角度、親根からの側根の角度、およびシステム全体が広がる角度。
リンク半径 根の直径

ルートアーキテクチャのすべてのコンポーネントは、遺伝的応答と環境刺激による応答の間の複雑な相互作用によって制御されます。これらの発達刺激は、内因性、遺伝的および栄養的影響、または外因性、環境影響として分類され、シグナル伝達経路によって解釈されます。[11]

根の構造に影響を与える外的要因には、重力、光への曝露、水と酸素、および窒素、リン、硫黄、アルミニウム、塩化ナトリウムの利用可能性または不足が含まれます。根の構造の発達に関与する主なホルモン(内在的刺激)とそれぞれの経路は次のとおりです。

オーキシン 側根形成、頂芽優勢の維持および不定根形成。
サイトカイニン サイトカイニンは、根の頂端分裂組織のサイズを調節し、側根の伸長を促進します。
エチレン 冠根の形成を促進します。
ジベレリン エチレンと一緒に、それらはクラウン原基の成長と伸長を促進します。オーキシンと一緒に、それらは根の伸長を促進します。ジベレリンはまた、側根原基の開始を阻害します。

成長

木の根

初期の根の成長は、根の先端近くにある頂端メリステムの機能の1つです。分裂組織細胞は多かれ少なかれ継続的に分裂し、より多くの分裂組織、根冠細胞(これらは分裂組織を保護するために犠牲にされます)、および未分化の根細胞を生成します。後者は根の主要な組織になり、最初に伸長します。これは、成長中の培地で根の先端を前方に押すプロセスです。徐々にこれらの細胞は分化し、根組織の特殊な細胞に成熟します。[12]

頂端分裂組織からの成長は一次成長として知られており、すべての伸長を含みます。 二次成長は、木本植物組織および多くの非木本植物の主成分である直径のすべての成長を含みます。たとえば、サツマイモの貯蔵根は二次成長しますが、木質ではありません。二次成長は、外側分裂組織、すなわち維管束形成層コルク形成層で起こります。前者は二次木部二次師部を形成し、後者は周皮を形成します[要出典]

二次成長を伴う植物では、木部と師部の間に発生する維管束形成層が、と根に沿って組織の円柱を形成します。[要出典]維管束形成層は、形成層の円柱の内側と外側の両方に新しい細胞を形成し、内側の形成層は二次木部細胞を形成し、外側の形成層は二次師部細胞を形成します。二次木部が蓄積するにつれて、茎と根の「周囲」(横方向の寸法)が増加します。その結果、表皮や皮質を含む二次師部を超えた組織は、多くの場合、外側に押し出される傾向があり、最終的には「脱落」(小屋)されます。[要出典]

この時点で、コルク形成層は保護コルク細胞からなる周皮を形成し始めます。コルク細胞の壁には、余分な細胞複合体生体高分子であるスベリンの肥厚が含まれています。[13]スベリンの肥厚は、物理的な障壁を提供し、病原体から保護し、周囲の組織からの水分の損失を防ぐことによって機能します。さらに、それはまた植物の傷の治癒のプロセスを助けます。[14]スベリンは、有毒な化合物が根に入るのを防ぎ、湛水中の気孔からの放射状酸素損失(ROL)を減らすアポプラストバリア(根の外側の細胞層に存在する)の成分である可能性もあると仮定されています。[15]根では、コルク形成層は維管束形成層の構成要素である周周期に由来します。[15]

維管束形成層は、毎年、二次木部の新しい層を生成します。[要出典]木部血管は成熟時に死んでいますが、茎と根の維管束組織を通るほとんどの水輸送に関与しています。[要出典]

ポートジャクソンの木の根

木の根は通常、枝の広がりの直径の3倍に成長し、その半分だけが幹と天蓋の下にあります。木の片側からの根は通常、同じ側の葉に栄養素を供給します。しかし、ムクロジ科カエデ科)などの一部の科では、根の位置と根が植物の栄養素を供給する場所との間に相関関係は見られません。[16]

規制

植物の知覚のプロセスを使用して成長する物理的環境を感知する根には相関関係があり[17]、光の感知[18]と物理的障壁が含まれます。植物はまた、重力を感知し、オーキシン経路を介して応答し[19] 、重力屈性をもたらします。時間が経つにつれて、根は基礎を割ったり、水線を断ち切ったり、歩道を持ち上げたりする可能性があります。研究によると、根は同じ土壌環境で「自己」と「非自己」の根を認識する能力を持っています。[20]

空気、ミネラル栄養素の正しい環境は、植物のニーズを満たすために植物の根をあらゆる方向に成長させるように指示します。根は、乾燥した[21]または他の劣悪な土壌条件から恥ずかしがり屋または収縮します。

重力屈性は、発芽時に根を下向きに成長させるように指示します。これは、植物の成長メカニズムであり、シュートも上向きに成長します。[22]

研究によると、生産的な栄養を求めて成長する植物の根は、ガスエチレンの拡散による土壌の締固めを感知して回避できることが示されています。[23]

出現する側根の蛍光イメージング。

日陰回避対応

日陰を避けるために、植物は日陰回避反応を利用します。植物が密集した植生の下にあるとき、近くに他の植生が存在すると、植物は横方向の成長を避け、上向きのシュートの増加と下向きの根の成長を経験します。日陰を逃れるために、植物は、特に一次根から現れる側根の長さと量を減らすことによって、根の構造を調整します。シロイヌナズナの変異体の実験により、植物はフィトクロムとして知られる光受容体を介して植物に入る赤と遠赤の光の比率を感知することがわかりました[24]近くの植物の葉は赤色光を吸収し、遠赤色光を反射します。これにより、赤色光と遠赤色光の比率が低下します。この赤と遠赤の光の比率を感知するフィトクロムPhyAは、植物の根系とシュート系の両方に局在していますが、ノックアウト変異体の実験を通じて、根に局在するPhyAは、直接かどうかにかかわらず、光の比率を感知しないことがわかりましたまたは軸方向に、それは側根構造の変化につながります。[24]代わりに、研究により、シュートに局在するPhyAが、側根のこれらの構造的変化を引き起こす原因となるフィトクロムであることがわかった。研究はまた、フィトクロムが植物の根のオーキシン分布を操作することによってこれらの構造上の変化を完了することを発見しました。[24]十分に低い赤と遠赤の比率がPhyAによって検出されると、シュート内のphyAはほとんどアクティブな形になります。[25]この形態では、PhyAは転写因子HY5を安定化し、phyAが不活性型の場合のように分解されないようにします。次に、この安定化された転写因子は師部を介して植物の根に輸送され、そこでシグナルを増幅する方法としてそれ自体の転写を誘導します。植物の根では、HY5は、2つのよく知られているオーキシン輸送タンパク質であるPIN3とLAX3の翻訳に関与する応答因子であるARF19として知られるオーキシン応答因子を阻害するように機能します。[25]したがって、ARF19の操作により、オーキシントランスポーターPIN3およびLAX3のレベルと活性が阻害されます。[25]一旦阻害されると、オーキシンレベルは、側根の出現が通常発生する領域で低くなり、その結果、植物が根の周周期を通して側根の原基を出現させることができなくなります根におけるオーキシン輸送のこの複雑な操作により、根の側方の根の出現が抑制され、代わりに根が下向きに伸び、日陰を避けるために垂直方向の植物の成長を促進します。[24] [25]

シロイヌナズナの研究により、このオーキシンを介した根の応答がどのように機能するかが発見されました。フィトクロムが側根の発達において果たす役割を発見する試みにおいて、ソールズベリー等。(2007)シロイヌナズナと協力 寒天プレート上で栽培。ソールズベリー他野生型植物をさまざまなタンパク質ノックアウトおよび遺伝子ノックアウトArabidopsis変異体とともに使用して、これらの変異が根の構造、タンパク質の存在、および遺伝子発現に及ぼす結果を観察しました。これを行うために、ソールズベリー等。 GFP蛍光を他の形態のマクロ画像と顕微鏡画像の両方とともに使用して、さまざまな変異によって引き起こされた変化を観察しました。これらの研究から、ソールズベリー等。シュートに位置するフィトクロムが根のオーキシンレベルを変化させ、側根の発達と全体的な根の構造を制御することを理論化することができました。[24] vanGelderenらの実験では。 (2018)、彼らはシロイヌナズナのシュートがそれであるかどうか、そしてそれがどのようであるかを見たかったルート開発とルートアーキテクチャを変更し、影響を与えます。これを行うために、彼らはシロイヌナズナの植物を取り、寒天ゲルで育て、根と芽を別々の光源にさらしました。ここから、彼らは植物のシュートと根が受ける光の異なる波長を変更し、側根密度、側根の量、および側根の一般的な構造を記録しました。特定の光受容体、タンパク質、遺伝子、およびホルモンの機能を特定するために、彼らはさまざまなシロイヌナズナのノックアウト変異体を利用し、結果として生じる側根構造の変化を観察しました。彼らの観察と様々な実験を通して、van Gelderen etal。赤と遠赤の光の比率の根の検出が側根の発達をどのように変えるかについてのメカニズムを開発することができました。[25]

タイプ

真の根系は、一次根二次根(または側根)で構成されます。

  • びまん性根系:一次根は優勢ではありません。根系全体が繊維状で、あらゆる方向に枝分かれしています。単子葉植物で最も一般的です。繊維状の根の主な機能は、植物を固定することです。

専門

トウモロコシ植物の高床式根
Odontonema(「Firespike」)の切断で地上に形成される根
マングローブの根を曝気する
細い根の成長する先端
気根
Socrateaexorrhizaの高床式の根
目に見えるルーツ

多くの植物種の根、または根の一部は、冒頭で説明した2つの主要な機能[必要な説明]に加えて、適応目的に役立つように特化されています。

  • 不定根は、一次根の枝のより一般的な根の形成から順不同で発生し、代わりに、茎、枝、葉、または古い木質の根から発生します。それらは一般的に単子葉植物とシダ植物に発生しますが、クローバーTrifolium)、ツタHedera)、イチゴFragaria)、ヤナギSalix )などの多くの双子葉植物にも発生します。ほとんどの気根と高床式の根は不定です。一部の針葉樹では、不定根が根系の最大の部分を形成する可能性があります。
  • 気根(または膝根またはまたは気根):地上、特に一部のマングローブ属(ヒルギダマシ属、ハマザクロ属)のように水面上昇するヒルギダマシのようないくつかの植物では、直立した根にはガス交換のための多数の呼吸孔があります。
  • 気根:ツタ(ヘデラ)や着生 ランなど、完全に地上にある根多くの気根は、霧、露、または空気中の湿度から、空気から直接水と栄養素を摂取するために使用されます。[26]雨や湿気を集め、それをはかりやポケットに保管するために葉のシステムに依存している人もいます。マングローブの気根などの他の気根は、吸水ではなく通気に使用されます。他の気根は主に構造に使用され、トウモロコシやアンカーの根のように支柱の根として、または絞め殺しの木の幹として機能します。一部の着生植物–他の植物の表面上に生息する植物では、気根は水源に到達するか表面に到達し、通常の表面の根として機能します。[26]
  • キャノピーの根/樹上性の根:木の枝が着生植物とデトリタスのマットを支え、キャノピーに水と栄養分を保持するときに形成される根。それらはこれらのマットに成長し、利用可能な栄養素と水分を利用する可能性があります。[27]
  • 収縮性の根:ヒヤシンスユリなどの単子葉植物の球根や球茎を引っ張る根、およびタンポポなどのいくつかの直根は、放射状に拡大し、縦方向に収縮することで土壌の奥深くにあります。彼らはしわのある表面を持っています。[28]
  • 粗い根:二次肥厚を経て木質構造になっている根。これらの根は水と栄養分を吸収する能力がありますが、それらの主な機能は輸送であり、より小さな直径の細い根を植物の残りの部分に接続する構造を提供します。
  • 二形根系:2つの別々の機能のための2つの特徴的な形を持つ根
  • 細根:通常、直径2 mm未満の一次根で、水分と養分吸収の機能があります。それらはしばしば大きく分岐しており、菌根をサポートします。これらの根は短命かもしれませんが、根の「ターンオーバー」の進行中のプロセスで植物に置き換えられます。
  • 家畜の根:ヤドリギヤドリギ)やネナシカズラなど、別の植物から水や栄養分を吸収できる寄生植物の根
  • 繁殖根:カナダのアザミサクランボなどのように、地上の芽に成長する不定芽を形成する根。吸盤と呼ばれ、新しい植物を形成します。
  • プロテオイドの根またはクラスターの根:ヤマモガシ科および以下のカバノキ科、カバノキ科、グミ科、クワ科、マメ科およびヤマモモ科のいくつかの植物において、低リン酸塩または低鉄条件下発達する成長制限細根密集クラスター
  • 高床式の根:マングローブによく見られる不定の支持根それらは側枝から成長し、土壌で枝分かれします。
  • 貯蔵根:ニンジンビートなど、食物や水を貯蔵するために改変された根それらはいくつかの根と塊根を含みます。
  • 構造的根:かなりの二次肥厚を経て、木本植物や樹木に機械的サポートを提供する大きな根。
  • 表面の根:水と容易に入手できる栄養素を利用して、土壌表面のすぐ下で増殖する根。土壌の表層の条件が最適に近い場合、表層の根の成長が促進され、一般的にそれらが優勢な根になります。
  • 塊根:サツマイモなどの食物または水貯蔵用の肉質で拡大した側根直根性とは異なるストレージルートの一種。
  • 光合成の根:緑色で光合成し、植物に糖を提供する根。それらはphyllocladesに似ています。DendrophylaxTaeniophyllumなど、いくつかのランにはこれらがあります
  • 根粒:窒素固定土壌細菌を宿す根。これらはしばしば非常に短く、丸みを帯びています。根粒は事実上すべてのマメ科植物に見られます。
  • 珊瑚の根:根粒と同様に、これらは植物に窒素を供給します。それらはしばしば根粒よりも大きく、分岐しており、土壌表面またはその近くに位置し、窒素固定シアノバクテリアを宿しています。それらはソテツでのみ見られます。

深さ

マンゴーの木の断面

土壌内の血管植物の根の分布は、植物の形態、水と栄養素の空間的および時間的利用可能性、および土壌の物理的特性に依存します。最も深い根は一般的に砂漠と温帯針葉樹林に見られます。ツンドラ、北方林、温帯草原で最も浅い。米国アリゾナ州の露天掘り鉱山の発掘中に、地表から少なくとも60メートル下で最も深く観察された生きている根が観察されました。いくつかの根は、木の高さと同じくらい深く成長することができます。しかし、ほとんどの植物の根の大部分は、栄養素の利用可能性と通気が成長に適している表面に比較的近い場所にあります。発根の深さは、地表近くの岩や締固められた土壌、または嫌気性土壌条件によって物理的に制限される場合があります。

レコード

種族 位置 最大発根深度(m) 参考文献[29] [30]
Boscia albitrunca カラハリ砂漠 68 ジェニングス(1974)
ジュニペラスモノスペルマ コロラド高原 61 キャノン(1960)
ユーカリ オーストラリアの森 61 ジェニングス(1971)
アカシアエリオロバ カラハリ砂漠 60 ジェニングス(1974)
Prosopis juliflora アリゾナ砂漠 53.3 フィリップス(1963)

進化の歴史

根の化石の記録、つまり、死後に根が腐った埋められた空洞は、約4億3000万年前のシルル紀後期にまでさかのぼります。[31]根の型やカビは見た目が動物の巣穴に非常に似ているため、それらの識別は困難です。それらは、さまざまな機能を使用して区別できます。[32]根の進化的発達は、原始維管束植物を固定する浅い根茎(改変された水平茎)の改変と、植物を固定し、土壌から植物に水を導く糸状の成長(根茎と呼ばれる)の発達と組み合わせて起こった可能性が高い[33]

環境相互作用

ソテツの珊瑚の根

光は根にいくらかの影響を与えることが示されていますが、他の植物系への光の影響ほど研究されていません。1930年代の初期の研究では、光が不定根の開始に対するインドール-3-酢酸の有効性を低下させることがわかりました。1950年代のエンドウ豆の研究は、側根形成が光によって阻害されたことを示しており、1960年代初頭、研究者は、光がいくつかの状況で正の重力屈性応答を誘発する可能性があることを発見しました。単子葉植物二子葉植物について、光が根の伸長に及ぼす影響が研究されており、研究の大部分は、光がパルス状であろうと連続的であろうと、根の伸長を阻害することを発見しました。シロイヌナズナの研究1990年代には、phyBによって感知された光の中で、負の屈光性根毛の伸長の抑制が示されました[34]

特定の植物、すなわちマメ科は、根粒菌と呼ばれる窒素固定細菌と結合して共生関係を形成するために根粒を形成します。大気中の窒素を固定するために必要な高エネルギーのために、バクテリアは植物から炭素化合物を取り込んでプロセスに燃料を供給します。その見返りに、植物はバクテリアによってアンモニアから生成された窒素化合物を取ります。[35]

土壌温度は、根の開始と長さに影響を与える要因です。根の長さは通常、全体の質量よりも温度の影響を大きく受けます。この場合、下向きの伸長は下層土レベルの低温によって制限されるため、気温が低いほど横方向の成長が大きくなる傾向があります。必要性は植物種によって異なりますが、温帯地域では低温が根系を制限する可能性があります。オーツ麦菜種ライ麦小麦などの涼しい気温の種は、トウモロコシ綿などの一年生植物よりも低温でうまくいきます。研究者は、綿のような植物がより広く、より短い直根性を発達させることを発見しましたより低い温度で。種子に由来する最初の根は通常、根の枝よりも直径が広いため、温度が根の開始を増加させる場合、根の直径は小さくなると予想されます。根が伸びると、根の直径も小さくなります。[36]

植物の相互作用

植物は、根系を介して環境内で相互作用することができます。研究によると、植物と植物の相互作用は、媒体としての土壌を介して根系間で発生します。研究者は、周囲の条件で成長している植物が、近くの植物が干ばつ条件にさらされた場合に行動を変えるかどうかをテストしました。[37] 近くの植物は気孔の開口に変化を示さなかったので、研究者は干ばつ信号が揮発性の化学信号として空気を通してではなく、根と土壌を通して広がると信じています。[38]

土壌相互作用

土壌微生物相は、病気と有益な根の共生菌の両方を抑制することができます(菌根菌は無菌土壌で確立するのが簡単です)。土壌細菌の接種は、節間の伸長、収量を増加させ、開花を早めることができます。根に沿ったバクテリアの移動は、自然の土壌条件によって異なります。たとえば、研究によると、アゾトバクターを接種したコムギ種子の根系は、アゾトバクターの成長に有利な土壌でより高い個体数を示しました。いくつかの研究は、事前の滅菌なしに自然土壌中の特定の微生物( P. fluorescensなど)のレベルを上げることに失敗しています。[39]

草の根系は、土壌を一緒に保持することによって土壌侵食を減らすのに有益です。レンジランドで自生する多年生草は、有益な菌類原生動物、バクテリア、昆虫、ワームによる攻撃後に古い根が腐敗すると、土壌に有機物をもたらします。[4]

科学者は、覆われた3週齢の根の部分の約10%で、根の微生物被覆の有意な多様性を観察しました。若い根ではカバー率はさらに低くなりましたが、生後3か月の根でもカバー率は約37%にすぎませんでした。1970年代以前、科学者たちは根の表面の大部分が微生物で覆われていると信じていました。[4]

栄養素の吸収

トウモロコシの実生を研究している研究者は、カルシウムの吸収が根尖部で最大であり、カリウムが根の根元で最大であることを発見しました。他の根の部分に沿って吸収は同様でした。吸収されたカリウムは根の先端に運ばれ、より少ない程度で根の他の部分に運ばれ、次に芽や穀物にも運ばれます。頂端部からのカルシウム輸送は遅く、主に上向きに輸送され、茎と芽に蓄積されます。[40]

研究者は、KまたはPの部分的な欠乏はBrassicanapusL。植物のホスファチジルコリンの脂肪酸組成を変化させないことを発見しました。一方、カルシウム欠乏は、植物の完全性に悪影響を与えると予想される多不飽和化合物の著しい低下をもたらし、その透過性などのいくつかの特性に影響を与える可能性があり、根の膜。[41]

経済的重要性

根はまた、土壌侵食を減らすために土壌を保持することによって環境を保護することができます

根菜という用語は、食用の地下植物構造を指しますが、多くの根菜は、ジャガイモ塊茎など、実際には茎です。食用の根には、キャッサバサツマイモビートニンジンルタバガカブパースニップ大根ヤム西洋わさびが含まれます。根から得られるスパイスには、サッサフラスアンジェリカサルサパリラ甘草などがあります。

シュガービートは重要な砂糖の供給源です。山芋の根は、経口避妊薬に使用されるエストロゲン化合物の供給源です魚毒および殺虫剤ロテノンは、 Lonchocarpusの根から得られます。根からの重要な薬は、高麗人参トリカブトトコンのシロップ、リンドウレセルピンです。窒素固定根粒を持ついくつかのマメ科植物は、緑肥作物として使用され、下で耕されたときに他の作物に窒素肥料を提供します。ラクウショウ専門 ひざと呼ばれる根は、お土産やランプの台座として販売され、民芸品に刻まれています。ネイティブアメリカンは、かご細工にホワイトスプルースの柔軟な根を使用しました

木の根は、コンクリートの歩道を隆起させて破壊し、埋められたパイプを押しつぶしたり詰まらせたりする可能性があります。[42]絞め殺しの木の気根は中央アメリカの古代マヤの 神殿とカンボジアのアンコールワット神殿に損害を与えました

樹木は、地滑りが発生しやすい斜面の土壌を安定させます。根毛は土壌のアンカーとして機能します。

挿し木を介した植物の栄養繁殖は、不定根の形成に依存します。キクポインセチアカーネーション、観賞用低木、多くの観葉植物など、毎年何億もの植物が挿し木で繁殖します。

根はまた、土壌を保持して土壌侵食を減らすことにより、環境を保護することができます。これは、砂丘などの地域では特に重要です。

タマネギの球根の根

も参照してください

参考文献

  1. ^ ハーレーマクドナルド&ドノバンスティーブンス(2019年9月3日)。バイオテクノロジーと植物生物学エドテック。pp。141–。ISBN 978-1-83947-180-3
  2. ^ 「植物の部分=根」イリノイ大学エクステンション
  3. ^ Yaacov Okon(1993年11月24日)。アゾスピリルム/植物協会CRCプレス。pp。77–。ISBN 978-0-8493-4925-6
  4. ^ a b c 「裏庭の庭師:植物の根を理解する」アリゾナ大学の協力的拡張
  5. ^ Gangulee HC、Das KS、Datta CT、Sen S. CollegeBotany1.コルカタ:新しい中央書店。
  6. ^ Dutta AC、DuttaTC。学位生のための植物学(第6版)。オックスフォード大学出版局。
  7. ^ シェルドレイク、マーリン(2020)。絡み合った生活ボッドリーヘッド。p。148. ISBN 978-1847925206
  8. ^ マラミーJE(2005)。「根系構造を調節する内在的および環境的応答経路」植物、細胞、環境28(1):67–77。土井10.1111 /j.1365-3040.2005.01306.xPMID16021787_ 
  9. ^ a b Caldwell MM、Dawson TE、Richards JH(1998年1月)。「油圧リフト:植物の根からの水の流出の結果」。Oecologia113(2):151–161。Bibcode1998Oecol.113..151C土井10.1007 / s004420050363PMID28308192_ S2CID24181646_  
  10. ^ フィッターAH(1991)。「ルートシステムアーキテクチャの生態学的重要性:経済的アプローチ」。アトキンソンD(編)。植物の根の成長:生態学的展望ブラックウェル。pp。229–243。
  11. ^ マラミーJE、ライアンKS(2001年11月)。「シロイヌナズナの側根開始の環境調節」植物生理学127(3):899–909。土井10.1104 /pp.010406PMC129261_ PMID11706172_  
  12. ^ Russell PJ、Hertz PE、McMillan B(2013)。生物学:ダイナミックサイエンスセンゲージラーニング。p。750. ISBN 978-1-285-41534-52018-01-21にオリジナルからアーカイブされました2017年4月24日取得
  13. ^ 「スベリン–概要| ScienceDirectトピック」www.sciencedirect.com 2021-08-31を取得
  14. ^ 「スベリンの形態および機能–マークバーナード–ウェスタン大学」www.uwo.ca。_ 2021-08-31を取得
  15. ^ a b 渡辺、幸太郎; 西内俊作; Kulichikhin、Konstantin; 中園幹夫(2013)。「植物の根へのスベリンの蓄積は、浸水耐性に寄与しますか?」植物科学のフロンティア4178。doi10.3389 /fpls.2013.00178ISSN1664-462X_ PMC3683634_ PMID23785371_   
  16. ^ van den Driessche、R。(1974-07-01)。「葉面分析による樹木のミネラル栄養状態の予測」植物レビュー40(3):347–394。土井10.1007 / BF02860066ISSN1874-9372_ S2CID 29919924 –Springer経由。  
  17. ^ 中川Y、片桐T、篠崎K、チーZ、辰巳H、古市T、他。(2007年2月)。「根のCa2 +流入とタッチセンシングに重要なシロイヌナズナの原形質膜タンパク質」アメリカ合衆国科学アカデミー紀要104(9):3639–44。Bibcode2007PNAS..104.3639N土井10.1073 /pnas.0607703104PMC1802001_ PMID17360695_  
  18. ^ 植物の根で発見されたUV-B光感知メカニズム、サンフランシスコ州立大学、2008年12月8日
  19. ^ Marchant A、Kargul J、May ST、Muller P、Delbarre A、Perrot-Rechenmann C、Bennett MJ(1999年4月)。「AUX1は、根の頂端組織内でのオーキシンの取り込みを促進することにより、シロイヌナズナの根の重力屈性を調節します」EMBOジャーナル18(8):2066–73。土井10.1093 / emboj /18.8.2066PMC1171291_ PMID10205161_  
  20. ^ ホッジA(2009年6月)。「ルート決定」植物、細胞、環境32(6):628–40。土井10.1111 /j.1365-3040.2008.01891.xPMID18811732_ 
  21. ^ Carminati A、Vetterlein D、Weller U、Vogel H、Oswald SE(2009)。「根が接触を失うとき」。Vadose ZoneJournal8(3):805–809。土井10.2136 /vzj2008.0147
  22. ^ Chen R、Rosen E、Masson PH(1999年6月)。「高等植物の重力屈性」植物生理学120(2):343–50。土井10.1104 /pp.120.2.343PMC1539215_ PMID11541950_  
  23. ^ Pandey、Bipin K。; 黄、郭強; Bhosale、Rahul; ハートマン、ショーン; Sturrock、Craig J。; ホセ、ロッティ; マーティン、オリビエC。; カラディ、ミハル; Voesenek、Laurentius ACJ; リュング、カリン; リンチ、ジョナサンP.(2021-01-15)。「植物の根は、制限されたエチレン拡散によって土壌の締固めを感知します」科学371(6526):276–280。Bibcode2021Sci ... 371..276P土井10.1126 /science.abf3013ISSN0036-8075_ PMID33446554_ S2CID231606782_   
  24. ^ a b c d e ソールズベリーFJ、ホールA、グリアソンC​​S、ハリデーKJ(2007年5月)。「フィトクロムはシロイヌナズナの新芽と根の発達を調整します」植物ジャーナル50(3):429–38。土井10.1111 /j.1365-313x.2007.03059.xPMID17419844_ 
  25. ^ a b c d e van Gelderen K、Kang C、Paalman R、Keuskamp D、Hayes S、Pierik R(2018年1月)。「シュートにおける遠赤色光の検出は、HY5転写因子を介して側根の発達を調節します」植物細胞30(1):101–116。土井10.1105 /tpc.17.00771PMC5810572_ PMID29321188_  
  26. ^ a b Nowak EJ、Martin CE(1997)。「CAM着生植物Tillandsiaionantha(アナナス科)の水不足に対する生理学的および解剖学的反応」 。植物科学の国際ジャーナル158(6):818–826。土井10.1086 / 297495hdl1808/9858JSTOR2475361_ S2CID85888916_  
  27. ^ Nadkarni NM(1981年11月)。「キャノピーの根:熱帯雨林の養分循環における収斂進化」。科学214(4524):1023–4。Bibcode1981Sci ... 214.1023N土井10.1126 /science.214.4524.1023PMID17808667_ S2CID778003_  
  28. ^ PützN(2002)。「収縮性の根」。ワイゼルY.、エシェルA.、カフカフィU.(編)。植物の根:隠された半分(第3版)。ニューヨーク:マルセルデッカー。pp。975–987。
  29. ^ Canadell J、Jackson RB、Ehleringer JB、Mooney HA、Sala OE、Schulze ED(1996年12月)。「地球規模での植生タイプの最大発根深度」。Oecologia108(4):583–595。Bibcode1996Oecol.108..583C土井10.1007 / BF00329030PMID28307789_ S2CID2092130_  
  30. ^ Stonea EL、Kaliszb PJ(1991年12月1日)。「木の根の最大範囲について」。森林生態学と管理46(1–2):59–102。土井10.1016 / 0378-1127(91)90245-Q
  31. ^ Retallack GJ(1986)。「土壌の化石記録」(PDF)ライトVP(編)。古土壌:それらの認識と解釈オックスフォード:ブラックウェル。pp。1–57。2017-01-07のオリジナルからアーカイブ(PDF) 。
  32. ^ Hillier R、Edwards D、Morrissey LB(2008)。「デボン紀初期のアングロウェールズ盆地(英国)における発根構造の堆積学的証拠と、それらの生産者に関する推測」。古地理学、古気候学、古生態学270(3–4):366–380。Bibcode2008PPP ... 270..366H土井10.1016 /j.palaeo.2008.01.038
  33. ^ Amram Eshel; Tom Beeckman(2013年4月17日)。植物の根:隠された半分、第4版CRCプレス。pp。1–。ISBN 978-1-4398-4649-0
  34. ^ 倉田鉄也(1997)。「シロイヌナズナの光刺激による根の伸長」。植物生理学ジャーナル151(3):345–351。土井10.1016 / S0176-1617(97)80263-5hdl2115/44841
  35. ^ Postgate、J。(1998)。窒素固定(第3版)。英国ケンブリッジ:ケンブリッジ大学出版局。
  36. ^ 土壌学百科事典
  37. ^ チャモビッツ、ダニエル。(2017年11月21日)。植物が知っていること:感覚へのフィールドガイドISBN 9780374537128OCLC1041421612 _
  38. ^ Falik O、Mordoch Y、Ben-Natan D、Vanunu M、Goldstein O、Novoplansky A(2012年7月)。「ストレスキューの根根コミュニケーションに対する植物の応答性」植物学年報110(2):271–80。土井10.1093 / aob / mcs045PMC3394639_ PMID22408186_  
  39. ^ Bowen GD、Rovira AD(1976)。「植物の根の微生物コロニー形成」。アンヌ。フィトパトール牧師14:121–144。土井10.1146 /annurev.py.14.090176.001005
  40. ^ 植物の根とその環境エルゼビア。1988.p。17.17。
  41. ^ 植物の根とその環境エルゼビア。1988.p。25。
  42. ^ Zahniser、David(2008年2月21日)「歩道で金を渡す都市?」 ウェイバックマシンロサンゼルスタイムズ2015年4月17日にアーカイブ

さらに読む

外部リンク