ロマンス諸語

ウィキペディアから、無料の百科事典
ナビゲーションにジャンプ 検索にジャンプ
ロマンス
地理的
分布
Old Latiumヨーロッパ、西ヨーロッパ、東ヨーロッパで生まれました現在、アメリカの国々の大多数、アフリカの一部、東南アジアオセアニアの一部でも話されています
言語分類インド・ヨーロッパ語族
初期の形
サブディビジョン
ISO 639-2 / 5roa
Linguasphere51-(フィロゾン)
Glottologroma1334
Detailed SVG map of the Romance-speaking world.svg
  大多数の母国語
  共同公式および多数派の母国語
  公式だが少数派の母国語
  文化的または第二言語

ヨーロッパのロマンス諸語

ロマンス諸語あまり一般的ではないラテン語またはネオラテン語)は、3世紀から8世紀の間に俗ラテン語から発展したさまざまな現代言語です。[1]これらはインド・ヨーロッパ語族のイタリック語のサブグループです。ネイティブスピーカーの数で最も広く話されている6つのロマンス諸語は、スペイン語(4億8900万)、ポルトガル語(2億8300万)、フランス語(7700万)、イタリア語(6700万)、ルーマニア語(2400万)、カタロニア語です。(400万)[2])。イタリア語はラテン語に最も近い国語であり、スペイン語、ルーマニア語、ポルトガル語がそれに続きます。最も多様なのはフランス語で、ゲルマン語の影響を強く受けています。国や地域の言語を含むすべてのロマンス諸語を考慮すると、サルデーニャ語とイタリア語はラテン語との差別化が最も少なく、オック語はフランス語よりもラテン語に近いです。[3] [4] [5]ただし、すべてのロマンス諸語は、古典ラテン語よりも互いに近いです。

ロマンス諸語のネイティブスピーカーは、主に南北アメリカヨーロッパ、アフリカの一部で、世界中に9億人以上います。主要なロマンス諸語にも多くの非ネイティブスピーカーがいて、共通語として広く使用されています[6]これは特にフランス語に当てはまり、中央アフリカと西アフリカマダガスカルモーリシャスセイシェルコモロジブチレバノン、マグレブ西部で広く使用されています

連続体に存在する言語などの現象に厳密なカテゴリを割り当てることは難しいため、現代のロマンス諸語の数の見積もりは異なります。たとえば、Dalbyは、相互理解可能性の基準に基づいて23をリストしています。以下には、それらと追加の現在の生きている言語、および1つの絶滅した言語であるダルメシアンが含まれます:[7]

名前

ロマンスという用語はロマニカスに由来する下品なラテン語副詞ロマニス由来ますラテン語で話す」(中世ラテン語書面および正式な文脈で、または言語フランカとして使用される言語の保守的なバージョン)、およびbarbarice loquiを使用して、「バーバリアンで話す」(外に住む人々の非ラテン語)ローマ帝国[8]この副詞から、ロマンスという名詞が生まれました。これは、最初はロマンス、または「ロマンス諸語」で書かれたものすべてに適用されました。[9]

サンプル

ロマンス諸語間、およびラテン語とそれらのそれぞれの間の語彙的および文法的類似性は、さまざまなロマンス諸語で同じ意味を持つ次の例から明らかです。

英語 彼女は食事をする前/食事をする前にいつも窓を閉めます。
ラテン (Ea)semper antequam cenat fenestramclaudit。
俗ラテン語 Illa / ipsa claudit semper illa fenestra antequa(後で、イタリアのみ、 prima de cenare
プーリア (Jèdde)akjudesèmbelafenèstreprimedemangè。
アラゴン語 (エラ)zarra siempre a finestra antes decenar。
アルーマニア語 (Ea /Nâsa)ãncljidi/ nkiditotna firida /fireastranintiditsinã。
アストゥリアス語 (エラ)pieslla siempres la ventana enantes decenar。
カンタブリア (エラ)tranca siempri la ventana enantis decenar。
カタロニア語 (エラ)semper tanca la finestra abans desopar。
北コルシカ Ella chjode / chjude semper lu / u purtellu avanti /nanzudicenà
コルシカ南部 Edda / Idda sarra / serra sempri u purteddu nanzu /primadicinà
エミリアンレッジャーノ (Lē)lasèrasèmparsùlafnèstraprimaadsnàr。
エミリアンボロネーゼ (Lî)lasèrasänperlafnèstraprémmaeddṡnèr。
エミリアンピアチェンツァ言語 Adsiralélasèraseimparrafinéstraprimadaseina。
エストレマドゥーラン (エラ)afecha siempri la ventana antis decenal。
フランコプロヴァンス (Le)sarre toltin /tojorlafenétraavandegoutâ/ dinar / sopar。
フランス語 Ellefermetoujourslafenêtreavantdedîner/ souper。
フリウリ語 (Jê)e siere simpri ilbarconprindicenâ。
ガリシア語 (Ela)pecha / fecha semper a fiestra / xanela antes decear。
ガッルーラ Idda chjude sempri lubalconiprimmadicinà。
イタリアの (Ella / lei)chiude(古語:serra)semper la finestra prima(古語:avanti)dicenare。
ユダヤ・アラビア語-スペイン語 אֵילייהסֵירּהסײֵמפּרֵילהבֵֿינטאנהאנטֵיסדֵיסֵינאר。Ella cerra siempre la ventana antes decenar。
ラディン Badiot:Ërastlüjdagnoralafinestraimprömadecenè。
Centro Cadore:La sera semper la fenestra gnante dedisna。
Auronzo di Cadore:La sera sempro lafenestradavoidedisnà。
Gherdëina:lvieredanmaiëdacëinaのËilastluj。
レオン語 (エイラ)ペチャ・シエンプレ・ラ・ヴェンタナ・プリミール・デ・セナーレ。
リグリア語 (Le)saera semper ubarcunprimmadecenà。
ロンバード(東)
(ベルガマスク)
(Lé)lasèrasèmpersölafinèstraprimadesenà。
ロンバルド語(西) (リー)lasarasùsemperlafinestraprimmadedisnà/scenà。
マゴウア (Elle)àfàrmtoujourlàfnètàvank'àmanj。
ミランダ語 (Eilha)cerrasiemprelabentana /jinelaatrásdejantar。
ナポリタン Essa'nzerra sempe 'a fenesta primma d'a cena /'emagnà。
ノーマン Llibarretréjouslacrouésiedevauntdedaîner。
オック語 (エラ)barra / tanca sempre /totjornlafenèstraabansdesopar。
ピカード Alefrunmetojoursl'creusèeédvintédsouper。
ピエモンテ牛 Chilaasarasèmperlafnestradnansëdfésin-a/dnansëdsiné。
ポルトガル語 (Ela)semper fecha a janela antes dejantar。
ロマーニャ語 (リア)laciudsëmpralafnèstraprëmaadmagnè。
ルーマニア語 Eaînchideîntotdeaunafereastraînaintedecina。
ロマンシュ語 Ella clauda / serra adina la fanestra avant ch'ellatschainia。
南サルデーニャ語(カンピダーノ) Issa serrat semp(i)ri sa bentana in antis de cenai
北サルデーニャ(ログドーロ) AntisdechenàreのIssaserrat sempersabentana。
サッサリサルデ Edda sarra sempri lubalchoniprimmadizinà。
シチリア Iḍḍancasasempriafinesṭṛaprima'imanciariâsira。
スペイン語 (エラ)siempre cierra la ventana antes de cenar / comer。
トスカーナ Lei chiude semper lafinestraprimadicenà。
ウンブリア語 Lia chiude semper lafinestraprimadecenà。
ベネチアン Ełałasara/serasenprełafenestravantidediznar。
ワロン人 Ele sere todi li finiesse divant disoper。
ロマンスベースのクレオールとピジン
ハイチクレオール Litoujoufèmenfenètlaavanlimange。
モーリシャスクレオール Li pou touzour ferm lafnet la avan(li)manze。
セイシェルクレオール Y pou touzour ferm lafnet aven ymanze。
パピアメント語 E muhe semper taseraebentanapromékuekome。
クリオル Êlfechâsemperjanelaantesdejantâ。
チャバカノ語 Taceráélsiempreconlaventanaantesdecená。
パレンケロ Eletacerrásiempreventanaantesdecená。

相違の一部は、意味の変化に起因します。同じ語根の単語が異なる意味を発達させた場合です。たとえば、ポルトガル語のfrestaは、ラテン語のfenestra "window"の子孫です(したがって、 Frenchfenêtre、Italian finestra 、Romanianfereastrăなどと同族です)が、現在は「 skylight」と「slit」を意味します。同族語は存在する可能性がありますが、スペイン語のfiniestraのようにまれになっている、または完全に使用されなくなっています。スペイン語とポルトガル語のdefenestrarは、「窓から投げる」を意味しfenestrado「窓がいっぱい」という意味も同じルーツを持っていますが、後でラテン語から借りたものです。

同様に、ポルトガル語にもcearという単語あります。これは、イタリア語の意味論とスペイン語の意味論の同族語ですが、ほとんどの品種で「夕食を遅らせる」という意味で使用さます 19世紀の意味変化のために「食べる」という古風なスペイン語のヤンタル。ガリシア語には、フィエストラ(標準的なポルトガルのフレスタの祖先である中世フェストラから)と、あまり使用されないベンタザネラの両方があります。

レイ(元々は属格)の代わりに、イタリア語には「彼女」の別の言葉の同族である 代名詞ellaがありますが、話すことにはほとんど使用されていません。

スペイン語、アストゥリアス語、レオネーゼ語のベンタナ、ミランダ語とサルデーニャ語のベンタナ語はラテン語のベンタス「風」(英語のウィンドウ、語彙的には「風の目」を参照)、ポルトガル語のjanela、ガリシア語xanela、ラテン語のミランダ語jinela * ianuella「小さな開口部」から来ています。 ianua「ドア」 の派生語。

サルデーニャ語のバルコンventàna / bentànaの代替)は古いイタリア語に由来し、フランス語のバルコン(イタリア語のバルコンから)、ポルトガル語のバルカン、ルーマニア語のバルコン、スペイン語のバルコン、カタロニア語のバルコ、コルシカ語のバルコニ(purtelluの代替などの他のロマンス諸語に似ています

分類と関連言語

ロマンス諸語の分類は本質的に困難です。言語領域のほとんどが方言連続体であり、場合によっては政治的偏見が作用する可能性があるためです。ラテン語(ロマンス諸語には含まれていません)および古代イタリアのいくつかの絶滅した言語とともに、それらはインド・ヨーロッパ語族のイタリック語族を構成します[10]

ラテン
古典ラテン語俗ラテン語教会ラテン語
コンチネンタルロマンスサルデーニャ語
Italo-Westernアフリカロマンス語東ロマンス
西部ロマンスイタリック祖語ダルメシアンバルカンロマンス
イベロロマンスガロロマンスイタリアの古ルーマニア語
ガリシア・ポルトガル語モサラベ語スペイン語オクシタニーロマンスフランス語ガロ・イタリア語ルーマニア語アルーマニア語
ガリシア語ポルトガル語カタロニア語オック語

提案された部門

開発における変動の程度(非常に保守的から非常に革新的)
フォーム(「歌う」) ラテン ヌオロ サルデーニャ イタリアの スペイン語 ポルトガル語 ラングドック 語オック語 古典的なカタロニア語 2 ミラネーゼ ロンバード ルーマニア語 ボロネーゼ エミリアン フランス語
不定詞 カンターレ カンタレ
[kanˈtarē]
カンターレ[ kanˈtaːre
]
カンター[ kanˈtar
]
カンター[ kɐ̃ˈtaɾ
] 1
カンター
[kanˈta]
カンター[ kənˈta
]
[kanˈtaɾ]
カンター
[kanˈta]
acânta
[akɨnˈta]
cantèr
[kaŋˈtɛːr]
チャンター
[ʃɑ̃ˈte]
過去分詞 cantātum カンタータ[ kanˈtatu
]
カンタータ
[kanˈtaːto]
カンタード
[kanˈtaðọ]
cantado
[kɐ̃ˈtadu]
[kɐ̃ˈtadʊ]
カンタータ[ kanˈtat
]
カンタータ
[kənˈtat]
[kanˈtat]
cantad
[kanˈtaː]
cântat
[kɨnˈtat]
カンテ
[kaŋˈtɛː]
シャンテ[ ʃɑ̃ˈte
]
動名詞 カンタンダム カンタンデ
[kanˈtande̞]
カンタンド
[kanˈtando]
カンタンド
[kanˈtandọ]
カンタンド
[kɐ̃ˈtɐ̃du]
[kɐ̃ˈtɐ̃dʊ]
カンタント
[kanˈtan]
カンタント
[kənˈtan]
[kanˈtant]
カンタンド
[kanˈtant]
cântând
[kɨnˈtɨnd]
cantànd
[kaŋˈtaŋd]
シャンタント[ ʃɑ̃ˈtɑ̃
]
1SG インド語 できること カントー
[ˈkanto̞]
カント
[ˈkanto]
カントー
[ˈkanto̞]
カント
[ˈkɐ̃tu]
[ˈkɐ̃tʊ]
カンテ
[ˈkante]
カント
[ˈkan]
[ˈkant]
カンティ[ ˈkanti
]
cânt
[ˈkɨnt]
3カント[ aˈkaŋt
]
チャンテ[ ˈʃɑ̃t
]
2SG インド語 cantās カンタス[ ˈkantaza
]
カンティ[ ˈkanti
]
カンタス[ ˈkantas
]
カンタス
[ˈkɐ̃tɐʃ]
[ˈkɐ̃tɐs]
カンタス[ ˈkantɔs
]
カンテス
[ˈkantəs]
[ˈkantes]
カンテ
[ˈkantɛt]
cânți
[ˈkɨntsʲ]
tカント
[tˈkaŋt]
chantes
[ˈʃɑ̃t]
3SG インド語 カント カンタータ[ ˈkantata
]
カンタ
[ˈkanta]
カンタ
[ˈkanta]
カンタ
[ˈkɐ̃tɐ]
カンタ
[ˈkantɔ]
カンタ
[ˈkantə] [ˈkanta
]
カンタ
[ˈkantɔ]
cântă
[ˈkɨntə]
al canta
[al ˈkaŋtɐ]
チャンテ[ ˈʃɑ̃t
]
1PL インド語 cantāmus カンタムス
[kanˈtamuzu]
カンティアモ
[kanˈtjaːmo]
カンタモス
[kanˈtamo̞s]
カンタモス
[kɐ̃ˈtɐmuʃ]
[kɐ̃ˈtɐ̃mʊs]
カンタム
[kanˈtam]
カンタム
[kənˈtam]
[kanˈtam]
カントム
[ˈkantum、kanˈtum]
cântăm
[kɨnˈtəm]
カンタン
[akaŋˈtɛ̃]
シャントン
[ʃɑ̃ˈtɔ̃]
2PL インド語 cantātis カンタータ[ kanˈtate̞ze̞
]
カンタータ
[kanˈtaːte]
cantáis
[kanˈtajs]
cantais
[kɐ̃ˈtajʃ]
[kɐ̃ˈtajs]
cantatz
[kanˈtats]
カンタウ
[kənˈtaw]
[kanˈtaw]
カンテフ
[kanˈteː(f)]
cântați
[kɨnˈtatsʲ]
カンテ
[akaŋˈtɛ:]
シャンテス
[ʃɑ̃ˈte]
3PL インド語 カンタント カンタント
[ˈkantana]
カンターノ
[ˈkantano]
カンタン
[ˈkantan]
カンタム
[ˈkɐ̃tɐ̃w̃]
カンタン
[ˈkantan]
寒天
[ˈkantən]
[ˈkanten]
canten / canta
[ˈkantɛn、ˈkantɔ]
cântă
[ˈkɨntə]
icànten
[iˈkaŋtɐn]
chantent
[ˈʃɑ̃t]
1SG SBJV カンテム カンテ
[ˈkante̞]
カンティ[ ˈkanti
]
カンテ
[ˈkante̞]
カンテ
[ˈkɐ̃tɨ]
[ˈkɐ̃tᶴɪ]
カンテ
[ˈkante]
カント
[ˈkan]
[ˈkant]
カンタ
[ˈkantɔ]
cânt
[ˈkɨnt]
カンタ
[aˈkaŋtɐ]
チャンテ[ ˈʃɑ̃t
]
2SG SBJV cantēs カンテス
[ˈkantèze̞]
カンティ[ ˈkanti
]
カンテス
[ˈkantès]
カンテス
[ˈkɐ̃tɨʃ]
[ˈkɐ̃tᶴɪs]
カンテス
[ˈkantes]
カンテス
[ˈkantəs]
[ˈkantes]
カンテ
[ˈkantɛt]
cânți
[ˈkɨntsʲ]
tカント
[tˈkaŋt]
chantes
[ˈʃɑ̃t]
3SG SBJV カンテ カンテ
[ˈkante̞tē]
カンティ[ ˈkanti
]
カンテ
[ˈkante̞]
カンテ
[ˈkɐ̃tɨ]
[ˈkɐ̃tᶴɪ]
カンテ
[ˈkante]
カント
[ˈkan]
[ˈkant]
カンタ
[ˈkantɔ]
cânte
[ˈkɨntè]
al canta
[al ˈkaŋtɐ]
チャンテ[ ˈʃɑ̃t
]
1PL SBJV cantēmus カンテムス
[kanˈte̞muzu]
カンティアモ
[kanˈtjaːmo]
カンテモス
[kanˈte̞mo̞s]
カンテモス
[kɐ̃ˈtemuʃ]
[kɐ̃ˈtẽmʊs]
カンテム
[kanˈtem]
カンテム
[kənˈtəm]
[kənˈtɛm]
[kanˈtem]
カントム
[ˈkantum、kanˈtum]
cântăm
[kɨnˈtəm]
cantaggna
[akɐnˈtaɲɲɐ]
chantions
[ʃɑ̃ˈtjɔ̃]
2PL SBJV cantētis cantetis
[kanˈte̞tizi]
カンティエート[ kanˈtjaːte
]
cantéis
[kanˈte̞js]
canteis
[kɐ̃ˈtejʃ]
[kɐ̃ˈtejs]
カンテッツ
[kanˈtets]
canteu
[kənˈtəw]
[kənˈtɛw]
[kanˈtew]
カンテフ
[kanˈteː(f)]
cântați
[kɨnˈtatsʲ]
カンテディ
[akaŋˈtɛ:di]
シャンティエズ[ ʃɑ̃ˈtje
]
3PL SBJV カンテント カンテント
[ˈkante̞ne̞]
カンティーノ[ ˈkantino
]
寒天[ ˈkantèn
]
カンテム
[ˈkɐ̃tẽj̃]
寒天[ ˈkanten
]
寒天
[ˈkantən]
[ˈkanten]
canten / canta
[ˈkantɛn、ˈkantɔ]
cânte
[ˈkɨntè]
icànten
[iˈkaŋtɐn]
chantent
[ˈʃɑ̃t]
2SG命令 カンター カンタ
[ˈkanta]
カンタ
[ˈkanta]
カンタ
[ˈkanta]
カンタ
[ˈkɐ̃tɐ]
カンタ
[ˈkantɔ]
カンタ
[ˈkantə] [ˈkanta
]
カンタ
[ˈkantɔ]
cântă
[ˈkɨntə]
カンタ
[ˈkaŋtɐ]
チャンテ[ ˈʃɑ̃t
]
2PL命令 カンタータ カンタータ
[kanˈtate̞]
カンタータ
[kanˈtaːte]
cantad
[kanˈtað]
カンタイ
[kɐ̃ˈtaj]
cantatz
[kanˈtats]
カンタウ
[kənˈtaw]
[kanˈtaw]
カンテフ
[kanˈteːn(f)]
cântați
[kɨnˈtatsʲ]
cantè
[kaŋˈtɛ:]
シャンテス
[ʃɑ̃ˈte]
1また、[ ɾ̥r̥ɻ̝̅xħh ]は、 子音 の削除だけでなく、この位置にある[ɾ]すべての可能な異音です
2その活用モデルは、カタルーニャバレンシアコミュニティバレアレス諸島で使用されている現代の活用ではなく、中世にさかのぼる古典的なモデルに基づいています。
3ボロネーゼの共役動詞には、動詞に批判されたストレスのない主語代名詞が必要ですさらに、完全な形式を使用することもできます。したがって、「あなた(pl。)を食べる」はmagnèまたはvuèteramagnèですが、bare * magnèは文法的ではありません。疑問詞には接語が必要ですが、語の形式を複製できない場合がありますmagnèv「あなた(pl。)は食べていますか?/あなた(pl。)は食べていますか?」
社会的機能的なものではなく、構造的および比較的な基準に基づくロマンス諸語のチャート。
ラ・スペツィア・リミニ線で分割された東部と西部のロマンス地域
ロマンス諸語と方言

ロマンス諸語を細分化するために使用されるさまざまなスキームがあります。最も一般的なスキームの3つは次のとおりです。

  • Italo-Western vs. Eastern vs.Southern。これはエスノローグが従うスキームであり、主に古典ラテン語の10個の単母音母音結果に基づいています。これについては、以下で詳しく説明します
  • 西対東。このスキームは、フィレンツェ市のすぐ北にあるイタリア中北部を横切るラ・スペツィア・リミニ線に沿ってさまざまな言語を分割します(そのスピーチは標準的なイタリア語の基礎を形成します)。このスキームでは、「東」にはイタリア中部と南部の言語が含まれ、ルーマニア、ギリシャ、およびバルカンの他の場所のバルカンロマンス(または「東ロマンス」)言語が含まれます。「西」には、ポルトガル、スペイン、フランス、北イタリア、スイスの言語が含まれます。サルデーニャ語はこのスキームに簡単には適合しません。
  • 保守的」対「革新的」。これは非遺伝的部門であり、その正確な境界については議論の余地があります。一般に、ガロロマンス諸語(以下でさらに説明)はコアの「革新的な」言語を形成し、標準的なフランス語は一般にすべての中で最も革新的であると考えられていますが、周辺の言語(スペイン語、ポルトガル語、イタリア語、ルーマニア語を含む)は「保守的"。サルデーニャ語は一般的に最も保守的なロマンス諸語として認められており、おそらく紀元前1世紀には、他の言語から遺伝的に分離した最初の言語でもありました。ダンテはサルデーニャ人を非難したことで有名です彼らのスピーチの保守性のために、彼らはラテン語を模倣していると述べ、「サルが男性を模倣しているように」。[11] [12]

Italo-Western vs. Eastern vs. Sardinian

ロマンス諸語のさまざまな分類スキーム内で エスノローグによって提案された主なサブファミリーは次のとおりです。

この3方向の分割は、主に俗ラテン語(祖語)の母音の結果に基づいて行われます。

古典ラテン語の母音の結果
古典ラテン語 プロトロマンス 南方の Italo-Western 東部
長い私 /私/ /私/ /私/ /私/
短い私 /私/ / e / / e /
長いE /eː/ / e /
短いE /ɛ/ /ɛ/ /ɛ/
短いA / a / / a / / a / / a /
長いA /aː/
短いO /ɔ/ / o / /ɔ/ / o /
長いO /oː/ / o /
短いU / u / / u / / u /
長いU /uː/ / u /

Italo-Westernは、イタリア北部のいわゆるラ・スペツィア・リミニ線に沿って分割されています。この線は、イタリア中部と南部の言語を、いわゆる西ロマンス語から北と西に分けています。2つを分ける主な特徴は次のとおりです。

  • 母音間子音の子音弱化。これは北西では発生しますが、南東では発生しません。
  • ジェミネートストップの子音除去(古いものが子音弱化された後、新しい母音間子音の単一の無声ストップを生成します)。これも北西では発生しますが、南東では発生しません。
  • 強勢の母音(強調された音節と最初または最後の音節の間)の削除。これも北西ではありますが、南東ではありません。
  • 北西の/ s /での複数形の使用と、南東の母音変化を使用した複数形の使用。
  • 北西部では/ e、i /から/(t)s /の前に、南東部では/tʃ/に口蓋化された/ k /が発達します。
  • / kt /の開発。これは、北西では/ xt / > / it /(場合によっては/tʃ/にさらに進行)に発展しますが、南東では/ tt /に発展します。

現実はやや複雑です。すべての「南東」の特性は、ラインの南東のすべての言語に適用され、すべての「北西」の特性は、フランスと(ほとんどの)スペインのすべての言語に適用されます。ただし、ガロ・イタリア語はその中間にあります。これらの言語はすべて、子音弱化と長子音の喪失という「北西」の特徴を持っています。しかし:

  • Gallo‒Italic言語には、/ s /複数形ではなく、母音を変更する複数形があります。
  • イタリア中北部ロンバルド語とレト・ロマンス語は、口蓋化された/ k /の/(t)s /ではなく/tʃ/の「南東」特性を持っています。
  • イタリア北東部のベネチア語と一部のレト・ロマンス語には、 / kt /から/ tt /を開発するという「南東」の特徴があります。
  • ポストボーカル/ ptk /の子音弱化は、コルシカ島やサルデーニャ島の大部分を含む、ラ・スペツィア-リミニ線より下のイタリアで異音の音声認識として広まっています。

これに加えて、スペイン南部の古代モサラベ語は、「北西」グループの遠端にあり、子音弱化の欠如と/ k /から/tʃ/への口蓋化という「南東」の特徴を持っていました。ピレネー周辺の特定の言語(たとえば、一部の高地アラゴン方言)にも子音弱化がなく、ノーマンピカードなどの北フランス語の方言では、/ k /から/tʃ/への口蓋化が行われます(ただし、これは/ k /以降、独立した二次的な開発である可能性があります)母音の間、つまり子音弱化の対象となる場合、一次発達で予想されるように、 /dʒ/ではなく/ dz /に発達します)。

これらの問題の通常の解決策は、さまざまなネストされたサブグループを作成することです。西ロマンス語は、子音弱化が発生し、ほぼすべての西ロマンス語を含むガロ・イベリア語と、子音弱化のない残りの言語を含むピレネー・モサラベ語グループに分けられます(おそらく有効なクレードではない可能性があります;少なくとも2つのクレード、1つはモサラベ語用、もう1つはピレネー用)。ガロ・イベリア語は、イベリア語(スペイン語ポルトガル語など)と、より大きなガロ・ロマンス語(スペイン東部からイタリア北東部に広がる )に分けられます。

しかし、おそらくもっと正確な説明は、フランス中部にイノベーションの焦点があり、そこから一連のイノベーションが地域の変化として広がったということでしょう。ラ・スペツィア・リミニ線は、これらの革新が到達した南東の最も遠い地点を表しており、イタリア北部をまっすぐに横断し、さらなる言語の普及に対する主要な地理的障壁を形成するアペニン山脈の北の鎖に対応してます

これは、「北西」の機能の一部(ほとんどすべてがイノベーションとして特徴付けられる)がイタリア北部のさまざまな地点で終了する理由と、スペインの地理的に離れた地域(南部、およびピレネー山脈)はこれらの機能のいくつかを欠いています。また、フランスの言語(特に標準フランス語)が他の西ロマンス語よりも早く、より広範囲に革新されたように見える理由も説明します。

「南東」の機能の多くは、地理的な不連続性にもかかわらず、東ロマンス語(特にルーマニア語)にも適用されます。例としては、子音弱化の欠如、音調間母音の維持、母音を変える複数形の使用、/ k /から/tʃ/への口蓋化などがあります。これは、ヴァルターフォンヴァルトブルクに続いて、一部の研究者を導きました、基本的な双方向の東西分割を仮定するために、ルーマニア語と中央および南イタリア語を含む「東部」言語を使用しますが、この見解は、ラ・スペツィアの下のイタリアで見られるものとの多数のルーマニア語の音韻論的発展の対比によって問題を抱えています-リミニライン。これらの特徴の中で、ルーマニアの長子音は歴史的に単一のユニットに減少しました-これは独立した開発であるか、おそらくスラブの影響による可能性があります-そして/ kt /は/ pt /に発展しましたが、イタリア中部と南部では長子音は保存され、/ kt /が受けました/ tt /への同化。[13]

話されているラテン語から分岐した最初のロマンス諸語であるにもかかわらず[14] 、サルデーニャ語はこの種の区分にはまったく適合しません。[15]サルデーニャ語が、おそらく紀元前1世紀までに、非常に早い時期に他のロマンス諸語から言語的に独立したことは明らかです。[16]サルデーニャ語には、/ k /と/ɡ/の口蓋化の完全な欠如や、古典ラテン語(紀元前1世紀)までにすでに古語であったいくつかの項目を含む、他のどこにも保存されていない大量の語彙を含む、多数の古語法の特徴が含まれています)。サルデーニャ語は/ s /に複数形がありますが、無声子音の母音弱化は通常、異音規則のステータスに制限されます([k] ane'dog 'など)。su [ɡ] aneまたはsu [ɣ] ane'the dog ')であり、/ au /から/ a /への変更など、他では見られない革新がいくつかあります。記事としてのsu < ipsumの使用は、バレアレス諸島のカタロニア語にも存在し、オクシタニーロマンスでより広く普及していた古風な特徴であり、記事サラット [ ca ](文字通り「塩漬けの記事」 )として知られています。 ")、サルデーニャ語は以前の/ kw /と/ɡw/の開発をルーマニア語:Sardと共有しています。アバ、ラム酒。apă '水'; サード。リンバ、ロム。limbă「言語」(イタリア語のアクアlinguaを参照)。

南イタリア、サルデーニャ、コルシカ島の方言
南イタリア、サルデーニャ、コルシカの方言で強調された古典ラテン語の母音の結果
古典ラテン語 プロトロマンス セニセセ カステルメッツァーノ ナポリタン シチリア 動詞-carese Caro-vignese ヌオロサルデーニャ コルシカ南部 タラボコルシカ 北コルシカ コルス岬
/私/ /私/ /私/ /私/ /私/ /ɪ/ /私/ /私/ /私/ /私/ /私/ /私/
/私/ / e / / e / /ɛ/ /ɛ/ / e / / e /
ēoe̯ /eː/ /ɛ/ /ɪ/(/ɛ/) /ɛ/ / e / / e /
ĕae̯ /ɛ/ /ɛ/ /ɛ/ /ɛ/ /ɛ/ / e /(/ɛ/)
ā / a / / a / / a / / a / / a / / a / / a / / a / / a / / a / / a / / a /
ă /aː/
au̯ / aw / /ɔ/? / o /? /ɔ/? /ɔ/? /ɔ/? /ɔ/? /ɔ/ / o /? /ɔ/? / o /?
ŏ /ɔ/ /ɔ/ / o / /ɔ/ /ɔ/ /ɔ/ /ɔ/ /ɔ/ / o / / o / /ɔ/ / o /
ōau̯ /oː/ / o / / u / /ʊ/(/ɔ/) / o /
ŭ / u / / u / / u / /ʊ/ / u / / u / /ɔ/
ū /uː/ / u / / u / / u / / u / / u /

サルディニア型母音構造は、南イタリアのバジリカータ州南部のラウスベルク地域(ラウスベルクゾーンとしても知られています。ナポリ語§分布と比較)に属する小さな地域られ、ルーマニア型の「妥協」の証拠があります。 「母音構造はかつて南イタリアのほとんどの特徴でしたが[17]、現在はバジリカータ州西部のカステルメッツァーノ方言を中心とした小さな地域に限定されています。この地域はドイツ語で「前哨基地」を意味するヴォルポステンとして知られています。シチリアの母音システム現在、一般的にItalo-Westernシステムに基づく開発であると考えられており、イタリア南部、チレント南部、カラブリア、プーリアの南端にも見られ、過去により広まった可能性があります。[18]

イタリア南部以外で最も多様な母音システムはコルシカ島にあります。コルシカ島では、北と中央のほとんどにItalo-Westernタイプが、南にSardinianタイプがあり、シチリアの母音システムに似ています(およびコルス岬地域では、さらに密接にカロビネーゼシステム) 。最後に、Italo-WesternシステムとSardinianシステムの間に、Taravo地域で、他のシステムからは派生できない独特の母音システムがあります。これは、ほとんどの場合Sardinianのような反射を持ちますが、ラテン語の短い高母音は中低母音として独自に反映されます。[19]

ガロロマンス諸語

Gallo-Romanceは、次のサブグループに分けることができます。

次のグループも、ガロロマンスの一部と見なされることがあります。

ガロロマンス諸語は、一般に、ロマンス諸語の中で最も革新的(最も保守的でない)と見なされています。特徴的なガロロマンスの特徴は、一般的に最も早く発達し、オイル語で最も極端な症状で現れ、川や高山横断道路に沿って徐々に広がります。

ただし、いくつかの点で、ガロロマンス諸語は保守的です。多くの言語の古い段階では、主格と斜格で構成され、名詞、形容詞、限定詞に完全にマークが付けられ、ラテン語の主格と非難からほぼ直接継承され、多くの異なる曲用クラスと不規則な形式が保持されます。オイルの震源地に最も近い言語は格システムを最もよく保存しますが、周辺の言語はそれを早期に失います。

Gallo-Romance言語の注目すべき特徴は次のとおりです。

  • / a /以外のストレスのない最終母音の早期喪失—グループの特徴です。
  • 単語の内部にあるストレスのない母音の早期の大幅な削減(別の明確な特徴)。
  • 最後の母音の喪失は、強調された開いた音節の自動付随物であった長い母音を音化した。これらの音素の長い母音は、多くの北イタリアの方言で直接維持されます。他の場所では、音素の長さが失われましたが、その間に長い母音の多くが二音化され、元の区別が維持されました。オイル語のブランチは再び革新の最前線にあり、7つの長い母音のうち5つ以上が二音化しています(高い母音だけが免れました)。
  • ガロロマンスのすべての枝に前部の丸い母音があります。/ u /は通常/ y /の前にあり、2番目の円唇前舌中央部は長い/oː/または/ɔː/から発達することがよくあります。
  • 極端な子音弱化(つまり、複数回の子音弱化)は、多くの言語、特にオイル語と多くのガロイタリア語で発生します。
  • オイル語、スイスのレト・ロマンス語、およびオック語の北部の方言の多くは、/ a /の前に/ k //ɡ/の二次口蓋化があり、一次ロマンス諸語とは異なる結果を生成します。 >セント/ sɑ̃ / 、カンタム「歌」>チャント/ ʃɑ̃ /
  • オクシタニーロマンス諸語を除いて、ほとんどのガロロマンス諸語は主題義務です(他のすべてのロマンス諸語は主語を省略言語です)。これは、進行性の音声侵食によって引き起こされた後期の開発です。古フランス語は依然として主語がない言語であり、これは、中世フランス語で二次的に最後の子音が失われたときにのみ変更されました。

ピジン、クレオール、および混合言語

一部のロマンス諸語は、文法に関して劇的に再構築された、または他の言語との混合であるように見える品種を開発しました。フランス語スペイン語ポルトガル語を起源とする数十のクレオールがあり、そのうちのいくつかはかつてのヨーロッパの植民地で 国語として話されていました。

フランス語のクレオール:

スペイン語のクレオール語:

ポルトガル語のクレオール:

助動詞と人工言語

ラテン語とロマンス諸語は、「ネオロマンス諸語」と呼ばれる多くの補助言語と人工言語のインスピレーションと基礎としても機能しています。[20] [21]

このコンセプトは、1903年にイタリアの数学者ジュゼッペペアノによって、ラテン語のsineflexioneというタイトルで最初に開発されました[22]彼は、語彙目録と単語の派生を最大限に単純化するために設計されたエスペラントヴォラピュクのような自律的な人工言語とは対照的に、自然主義的な国際言語を作りたかった。ピーノはラテン語を彼の言語のベースとして使用しました。なぜなら、彼の繁栄の時、それは科学コミュニケーションの事実上の国際言語だったからです。[疑わしい]

開発された他の言語には、Idiom Neutral(1902)、Interlingue -Occidental(1922)、Interlingua(1951)、Lingua Franca Nova(1998)が含まれます。これらの中で最も有名で成功しているのはインターリングアです。[要出典]これらの各言語は、生きているロマンス諸語に可能な限り一般的な疑似ラテン語の語彙を実現するために、さまざまな程度で試みてきました。一部の言語は、ロマンス諸語、パンロマンス諸語の話者間のコミュニケーションのために特別に構築されています

Talossanなど、芸術目的でのみ作成された言語もありますラテン語は非常によく証明された古代言語であるため、一部のアマチュア言語学者は、他の先祖の言語から発展した実際の言語を反映したロマンス諸語を構築しました。これらには、Brithenigウェールズ語を反映)​​、Breathanach [23]アイルランド語を反映)​​、Wenedyk(ポーランド語を反映) ​​、Þrjótrunnアイスランド語を反映)​​、[24]、Helvetian(ドイツ語を反映)​​が含まれます。[25]

現代のステータス

20世紀のロマンス諸語のヨーロッパの広がり
合計6億9千万人の一部としての各ロマンス諸語のネイティブスピーカーの数(2007年)

今日ネイティブに最も広く話されているロマンス諸語はスペイン語であり、ポルトガル語フランス語イタリア語ルーマニア語が続きます。これらは一緒になってヨーロッパとそれ以降の広大な領土をカバーし、数十か国で 公用語および国語として機能します。

世界のロマンス諸語

フランス語、イタリア語、ポルトガル語、スペイン語、ルーマニア語も欧州連合の公用語です。スペイン語、ポルトガル語、フランス語、イタリア語、ルーマニア語、カタロニア語は、廃止されたラテン連合の公式言語でした。フランス語とスペイン語は、国連の6つの公用語のうちの2つです。ヨーロッパ以外では、フランス語ポルトガル語スペイン語が話され、それぞれの植民地帝国から出現したさまざまな国で公式の地位を享受しています。

スペイン語はスペインと南アメリカの9か国の公用語であり、その大陸の人口の約半分が住んでいます。中央アメリカの6か国(ベリーズを除くすべて)。メキシコで。カリブ海では、キューバドミニカ共和国プエルトリコで公式です。これらすべての国で、ラテンアメリカスペイン語は人口の大多数の自国語であり、スペイン語にロマンス諸語の中で最もネイティブな話者を与えています。アフリカでは、赤道ギニアの公用語です

ポルトガル語は、元の故郷であるポルトガルで、事実上1,000万人の全人口によって話されています。ブラジルの公用語として、その国の2億人以上の人々、およびパラグアイ東部ウルグアイ北部の近隣住民によって話されており、南アメリカの人口の半分強を占めているため、ポルトガル語は単一の国で最も話されている公式のロマンス言語。アフリカ6カ国(アンゴラカーボベルデギニアビサウモザンビーク赤道ギニアサントメ・プリンシペ)、そしておそらくその大陸の3000万人の居住者によって第一言語として話されています。[26]アジアでは、ポルトガル語は東ティモールマカオの他の言語と共同公式ですが、アジアのほとんどのポルトガル語話者(約40万人[27])は、日系ブラジル人の帰国のために日本にいます。北米では、100万人が母国語としてポルトガル語を話します。[28]オセアニアでは、主に東ティモール の話者の数のために、ポルトガル語はフランス語に次いで2番目に話されているロマンス諸語です。その最も近い親戚であるガリシア語は、スペインと一緒に 、スペインガリシアの自治コミュニティ。

ヨーロッパ以外では、フランス語はカナダのケベック州、およびニューブランズウィック州オンタリオ州の一部でネイティブに話されていますカナダは公用語であり、フランス語と英語が公用語です。ハイチなどのカリブ海の一部では、フランス語が公式の地位を持っていますが、ほとんどの人は母国語としてハイチクレオールなどのクレオール語を話します。フランス語はまた、アフリカの多くで公式の地位を持っており、ネイティブスピーカーは比較的少ないですが、第二言語スピーカーの数は多くなっています。フランスの残りの海外所有物では、フランス語のネイティブ使用が増加しています。

イタリア第二次世界大戦前にいくつかの植民地の所有物を持っていましたが、その言語は植民地支配の終了後も公式のままではありませんでした。その結果、イタリアとスイス以外のイタリア語は、現在、南北アメリカオーストラリアの移民コミュニティによって少数民族の言語としてのみ話されています。アフリカの一部の旧イタリア植民地、つまりリビアエリトリアソマリアでは、商取引や政府の教育を受けた少数の人々によって話されています。

ルーマニアは植民地帝国を樹立しませんでした。ルーマニア語の母国語には、モルドバが支配的な言語であり、人口の大多数が話す旧ソビエト共和国だけでなく、セルビアの近隣地域(VojvodinaBor地区)も含まれます。 )、ブルガリア、ハンガリー、ウクライナ(ブコヴィナブジャク)、およびドニエストル川バグ川の間のいくつかの村[29]イタリア語と同様に、ルーマニア語は他のヨーロッパ諸国(特にイタリアスペインポルトガル)などの移民コミュニティによってその民族の範囲外で話されています、3つすべてでルーマニア語を話す人が人口の約2%を占める)、およびルーマニアのユダヤ人によるイスラエルへの[30]、人口の5%の母国語である[31]、そして話されている第二言語としてもっとたくさん。今日、アルーマニアは、ブルガリア、マケドニア、アルバニア、コソボ、ギリシャのアルーマニア人によって話されています。[32]

ロマンス諸語のネイティブスピーカーの総数は次のように分けられます(括弧内に世界の言語内でのランキングがあります):[33] [34]

カタロニア語はアンドラの公用語です。スペインでは、カタルーニャバレンシアコミュニティ(バレンシアバレアレス諸島の名前で)のスペイン語と共同公式であり、アラゴンのラフランハとして知られる地域で認識されていますが、公式ではありませんサルディニア島のアルゲロの多くの居住者によって話されており、その都市では共同公式です。100万人以上のネイティブスピーカーを持つガリシアンは、ガリシアスペイン語と一緒に公式であり、近隣の領土で法的に認められています。CastillayLeón他のいくつかの言語は、地域レベルまたはその他の限定されたレベルで公式に認められています。たとえば、スペインのアストゥリアス語アラゴン語。ポルトガルのミランダ語; イタリアのフリウリ語サルデーニャ語、フランコプロヴァンス語。スイス ロマンシュ語。

残りのロマンス諸語は、ほとんどの場合、非公式な接触のための話し言葉として存続します。各国政府は歴史的に、言語の多様性を経済的、行政的、または軍事的責任、ならびに分離主義運動の潜在的な源泉と見なしてきました。したがって、彼らは一般に、公用語の使用を広範に促進し、メディアでの他の言語の使用を制限し、それらを単なる「方言」として認識し、あるいはそれらを迫害することによって、それを排除するために戦ってきました。その結果、これらの言語はすべて、ユネスコの絶滅危惧言語レッドブックによると、 「脆弱」(シチリア語ベネチア語など)から「重大な危険」(重大な危険)まで、さまざまな程度で危険にさらされていると見なされます。Franco-Provençal、ほとんどのオック語の品種)。20世紀後半から21世紀初頭にかけて、マイノリティの権利に対する感受性が高まったことで、これらの言語の一部は名声を取り戻し、権利を失い始めました。しかし、これらの政治的変化が少数派のロマンス諸語の衰退を逆転させるのに十分であるかどうかは不明です。

歴史

ロマンス諸語はローマ帝国の兵士、開拓者、商人によって話されるラテン語の人気のある口頭言語である俗ラテン語の続きであり、ローマの上級クラスによって話される言語の古典的な形式とは区別されます。言語は一般的に書かれていました。[14]紀元前350年から西暦150年の間に、帝国の拡大は、その行政および教育政策とともに、ラテン語を西ヨーロッパ大陸の主要な母国語にしました。ラテン語もイギリス南東部で強い影響力を発揮しましたアフリカのローマの州西ドイツパンノニアおよびバルカン半島全体

帝国の衰退の間、そして5世紀と6世紀にその断片化と西半分の崩壊の後、ラテン語の話された品種は互いにより孤立し、西方言はゲルマンの強い影響を受けました(ゴート族とフランク族特に)そしてスラブの影響下にある東方言。[35] [36]方言は古典ラテン語から加速的に分岐し、最終的には認識できるほど異なる類型の連続体に進化した。ポルトガルスペインフランスによって設立された植民地帝国15世紀以降、ロマンス諸語を話す人々の約3分の2がヨーロッパ以外に住むように、他の大陸に言語を広めました。

他の影響(例えば、ローマ時代以前の言語、特に大陸ケルト語からの基層、およびのドイツ語またはスラブ語の侵入からの基層)にもかかわらず、すべてのロマンス諸語の音声形態、および語彙は、主に俗ラテン語の進化形で構成されています。ただし、今日のロマンス諸語とその祖先の間には、いくつかの顕著な違いがあります。1つか2つの例外を除いて、ロマンス諸語はラテン語の曲用システムを失い、その結果、SVO文型を持ち、前置詞を多用します

俗ラテン語

ローマの支配の長さとロマンス諸語[37]
ヨーロッパのロマンス諸語

包括的な研究の目的で俗ラテン語に関する証拠書類は限られており、文献の解釈や一般化は難しいことがよくあります。その講演者の多くは、兵士、奴隷、避難民、強制移住者であり、ローマの先住民よりも征服された土地の先住民である可能性が高い。西ヨーロッパでは、ラテン語が徐々にケルト語や他のイタリック語に取って代わりました。これらの言語は、インド・ヨーロッパ語族の共通の起源によって関連付けられていました。構文と語彙の共通性により、ラテン語の採用が容易になりました。[38] [39] [40]

俗ラテン語は、すべてのロマンス諸語に共通する機能のほとんどをすでに備えていると考えられています。これは、ラテン語の文法格体系がほぼ完全に失われ、前置詞に置き換えられるなど、古典ラテン語とは異なります。中性の文法的性別の喪失と比較級の語尾変化; 一部の動詞パラダイムをイノベーションに置き換える(たとえば、合成先物は、現在は不定詞+進化した現在形の「持っている」によって通常形成される元々の分析戦略に取って代わった)。記事の使用; 口蓋化の初期段階破裂音/ k /、/ɡ/、および/ t /の。

一部の学者にとって、これは、ロマンス諸語に進化した俗ラテン語の形式がローマ帝国の時代(紀元前1世紀の終わりから)にあり、公式のために予約された書かれた古典ラテン語と一緒に話されたことを示唆していますそして正式な機会。他の学者は、この区別は、あらゆる言語で通常見られる社会言語学的および登録上の違いを示すものとしてより正しく見られていると主張しています。両者は1つの同じ言語として相互に理解可能でした。これは、7世紀のほぼ後半まで真実でした。しかし、200年以内にラテン語は「ヨーロッパのローマ字化された人々はもはや彼らに読み上げられたり引用されたりしたテキストを理解できなくなった」ので死語になりました[41]。つまり、ラテン語は第一言語ではなくなり、学習しなければならない外国語になりました。ラテン語のラベルが過去に凍結された言語の状態を参照するように制約され、ほとんどの場合、より高い言語の特徴に制限されている場合レジスター。

ローマ帝国の台頭に伴い、俗ラテン語は最初にイタリア全土に広がり、次にヨーロッパ南部西部中央部南東部、そして西アジアの一部に沿ってアフリカ北部に広がりました。[42] :1 

西ローマ帝国の崩壊

5世紀の西ローマ帝国の政治的衰退の間に、帝国への大規模な移住があり、ラテン語圏の世界はいくつかの独立した州に細分化されました。中央ヨーロッパとバルカン半島は、ゲルマン族とスラブ族、そしてフン族によって占領されていました。これらの侵入は、ヴラフ人を他のロマンス語を話すヨーロッパから隔離しました。

英国アフリカのロマンス—英国とアフリカのローマの州で使用されていた俗ラテン語の形式—それは都市の人口の多くによって話されていました—中世に消えました(現在のハンガリーのパノニアのロマンスとモーゼルがそうでしたように)ドイツのロマンス)。しかし、ローマイタリアゴールヒスパニアに侵入したゲルマン族は、最終的にラテン/ロマンスと古代ローマの文化の名残を採用しましたそれらの地域の既存の住民と並んで、ラテン語はそこで支配的な言語のままでした。ラテン語の地域の方言と地域の環境に一部起因して、いくつかの言語がそこから発展しました。[42] :4 

東ローマ帝国の崩壊

一方、東ローマ帝国への大規模な移住は、ゴート族から始まり、フン族アヴァール族、ブルガール族、スラブ族ペチェネグ族、ハンガリー人クマン人に続いたスラヴ人の侵入は最も徹底的であり、バルカン半島のローマの要素を部分的に減らしました。[43]トルコ人 の侵略と、 1453年コンスタンティノープル陥落は帝国の終焉を告げた。スラヴ人はロマンス語を話す人々に名前を付けましヴラフ人は、ラテン語の「ロマヌス」から「ルマン」または「ロマン」と呼ばれていました。[44] Daco-Roman方言は、ルーマニア人( VlachsまたはWallachiansと呼ばれることもある)が出現した9世紀から10世紀にかけて、ドナウ川の南で​​話された3つの方言(アルーマニア語、イストロルーマニア語、メグレノルーマニア語)とは完全に区別されました。人々として。[45]

初期の恋愛

4世紀から8世紀の間に、音韻論、形態論、構文、および語彙の局所的な変化が蓄積され、どのロケールの音声も他のロケールとは著しく異なるようになりました。原則として、地理的に離れているほど、2つのレクトの違いが大きくなり、離れたコミュニティの話者間の相互理解が容易になりません。[46]いくつかのレベルの変化の明確な証拠は、音韻形式が変化したか、もはや通常は使用されなくなった4世紀ジェロームのウルガタからの約1,200語の8世紀の編集物であるReichenauGlossesに見られます。プロトフランコプロヴァンスの8世紀の同等物以下は、比較のためにいくつかの現代ロマンス諸語で反射神経を伴ういくつかの例です。

英語 クラシック/ 4セント。
ウルガタ
8セント。
ライヒェナウ
フランコプロヴァンス フランス語 ロマンシュ語 イタリアの スペイン語 ポルトガル語 ルーマニア語 カタロニア語 サルデーニャ語 オック語 ラディン ナポリタン
一度 セメル una vice unafês une fois (イナギアダ) (ウナボルタ) una vez uma vez (odată) una vegada
(un cop、
una volta)
(ウナボルタ) una fes
(uncòp)
n iede na vota
子供/幼児 リベリ/幼児 幼児 エンファント エンファント unfants (バンビーニ)/
インファンティ
( niños)/幼児
幼児(crianças) (copii) (ネンなど)/
幼児
(pipius)/(pitzinnos) エンファント ミュートン 批評家
吹く フレア/ソフレア スフレア soflar スフレ suflar ソフィアレ soplar soprar (a)sufla (ブファール) sulai / sulare bufar スフレ sciuscià
歌うために カネレ カンターレ çhantar チャンター シャンタル カンターレ カンター カンター (a)カンタ カンター カンタイ/カンターレ カンター cianté カンタ
最高(複数) optimi / meliores メリオレス losmèljörs _ les meilleurs イルスメグリエ_ はミリオリ ロスメジョレス_ os melhores (optimi、
cei mai buni)
エルスミラーズ mellus / sos menzus Los / lei melhors 私はmiëures 'e meglie
綺麗な プルクラ/ベラ ベラ ベラ ベル ベラ ベラ (エルモサ、ボニータ、リンダ)/
ベラ
ベラ/
(フォルモサ、ボニータ、リンダ)
frumoasă (ボニカ、ポリダ)/
ベラ
ベラ ベラ ベラ ベラ
口の中で 鉱石 ブッカ enlaboçhe _ dans la bouche ラブッカ ネラボッカ_ en la boca na boca [47] (aîmbuca)[48] ラボカ_ サブカで dins la boca テラボッチャ 'n bocca(/ ˈmmokkə /)
hiems hibernus ハイバー inviern インベルノ invierno インベルノ iarnă ierru / iberru ivèrn inviern ビエルノ

上記のすべての例で、4世紀のウルガタに登場する単語は、cの古典ラテン語で使用されていた単語と同じです。紀元前50年。これらの単語のいくつかは、グロスの時までにカジュアルなスピーチからすでに消えていた可能性があります。しかしそうだとすれば、当時の庶民が言語を理解するのに苦労したという記録された証拠がないので、彼らはまだ広く理解されているかもしれません。

8世紀までに、状況は非常に異なっていました。8世紀後半、シャルルマーニュは「彼の時代のラテン語は古典的な基準では耐えられないほど腐敗していた」と主張し、[46] :6 は、古典ラテン語を西ヨーロッパの人工白話として首尾よく押し付けました残念ながら、これは、教区民が司祭の説教を理解できなくなったことを意味し、813年にツアー評議会は、司祭が彼らのスピーチをロマンス諸語の現実を明示的に認めるrustica romanalinguaに翻訳する必要があるという命令を出すことを余儀なくされました。ラテン語とは別の言語として。[46] :6 

この時までに、そしておそらくプライス(1984)によると6世紀には、[46] :6 ロマンス諸語は、ガロ・ロマンスイベロ・ロマンスイタロ・ロマンス東ロマンス諸語一部の研究者[誰?]西ローマ帝国の以前は広範で効率的な通信ネットワークとして、話された方言の主要な相違は5世紀にかなり始まったか加速したと仮定しました急速に崩壊し、世紀末までに西ローマ帝国は完全に消滅しました。5〜8世紀の混沌とし​​た「暗黒時代」からの書き込みはほとんど、またはまったく残っていないため、西暦5〜10世紀の臨界期はほとんど文書化されていません。その後の書き込みは、意識的に古典化された中世ラテン語であり、言語による書き込みのみでした。 11世紀または12世紀に本格的に始まります。ストラスブールの誓いなどの例外は、9世紀までに、未学習の聴衆との効果的なコミュニケーションが進化したロマンスで行われたという証拠です。

中世のルーマニア語と密接に関連した言語は、バルカン半島、ヘルツェゴビナ、ダルマチア(モルラク人)、ウクライナ(フツル人)、ポーランド(ゴラル) 、スロバキア、チェコのモラビアのヴラフ人によって暗黒時代に話されましたが、徐々にこれらのコミュニティは母国語。[49]

土語の認識

ロマンス-ゲルマン語の国境:[50]
•中世初期 
•20世紀初頭 

10世紀から13世紀の間に、一部の地元の土語は書面による形式を開発し、その役割の多くでラテン語に取って代わり始めました。ポルトガルなどの一部の国では、この移行は法の力によって促進されました。一方、イタリアなどの他の地域では、多くの著名な詩人や作家が独自の言葉を使用していました。イタリアで最も有名なのは、ジャコモダレンティーニダンテアリギエーリです。そのかなり前に、土語は、960〜963年に書かれ たPlacitiCassinesiの証言などの実用的な目的にも使用されていました。

統一と標準化

印刷機の発明は、他のロマンス諸語や方言が政治的にあまり好まれないことを犠牲にして、政治的境界内で標準語の統一性を高める傾向をもたらしました。たとえばフランスでは、パリ地方で話されていた方言が徐々に全国に広がり、南部のオック語は地を失いました。

音の変化

子音

重要な音の変化は、ロマンス諸語の子音に影響を及ぼしました。

語尾音消失

俗ラテン語では、最後の子音を削除する(語尾音消失)か、母音を追加する(音挿入)ことで、子音を削除する傾向がありました。

多くの最終的な子孫はまれであり、特定の前置詞(たとえば、ad "towards"、apud "at、near(a person)")、接続詞(sed "but")、指示詞(eg illud "that(over there)"、hoc "this")、および主格単数名詞の形、特に中性名詞(例:lac "milk"、mel "honey"、cor "heart")。これらの前置詞と接続詞の多くは他のものに置き換えられましたが、名詞は、最後の子音を避けた斜めの語幹に基づいた形に正則化されました(例:* lacte、* mele

Final -mは俗ラテン語で削除されました。古典ラテン語でも、final -am-em-um対格語尾変化)は詩的なメーターで省略されることが多く、 mが弱く発音されていることを示唆しており、おそらくその前の母音の鼻音化を示しています。この鼻母音は、単音節を除いてロマンス諸語で鼻音化を失い、/ n /になりました。たとえば、スペイン語のquien < quem "whom"、フランス語のrien "anything" < rem"もの"; 特にフランス語とカタロニア語のmon < meum "my(m.sg。)"は単音節の/meu̯m/ > * /meu̯n/、/ mun /に由来しますが、スペイン語の二音節のmíoとポルトガル語とカタロニア語の単音節のmeuは二音節の/に由来します。ˈme.um / > * / ˈmeo /[要出典]

その結果、俗ラテン語では次の最後の子音のみが発生しました。

  • 三人称単数動詞形式の最後の-t 、および三人称複数動詞形式の-nt(後で多くの言語で-nに短縮されます)。
  • 多数の形態学的語尾(動詞語尾-ās/-ēs/-īs/ -is-mus-tis ;主格単数-us / -is ;複数形-ās/-ōsの最後の-s-xを含む) /-ēs)および他の特定の単語(trēs "three"、sex "six"、crās "tomorrow"など)。
  • 一部の単音節の最後の-n(以前の-mから)。
  • いくつかの前置詞(たとえば、 adper)の最後の-r-dは、次の単語に音韻的に付加された接語でした。
  • 非常にまれに、final -c、たとえばOccitan oc "yes" < hocOld French avuec "with" < apud hoc(ただし、これらのインスタンスは、ある時点で最後の音挿入母音によって保護されていた可能性があります

Final -tは最終的に多くの言語で削除されましたが、これは俗ラテン語の数世紀後に頻繁に発生しました。たとえば、-tの反射は、古フランス語古スペイン語では1100年頃にのみ低下しました。古フランス語では、これは母音がtの前にある場合にのみ発生しました(通常は/ə/ <ラテン語a)。したがって、 amat "he loves"> Old French aime but venit "he come"> Old French vient/ t /は決してドロップされず、リエゾンで現代フランス語に生き残ります。たとえば、vient-il?「彼は来ますか?」/ vjɛ̃ti(l)/ ( aime-t-il?の対応する/ t /類推的であり、継承されません)。古フランス語はまた、第三者の複数形の語尾-ntをそのまま維持しました。

Italo-RomanceおよびEasternRomance言語では、接語形式(前置詞conperなど)を除いて、最終的にすべての最後の子音が音挿入母音によって削除または保護されました。ルーマニア語は後で最後の/ u // i /を失ったことでそれらを再浮上させましたが、現代の標準イタリア語にはまだ子音-最後の単語がほとんどありませんたとえば、amās "you love"> ame > Italian ami ; アマント「彼らは愛している」> *アマン>イタル。天野「だらしなく書かれた」ロンゴバルド語の証拠についてしかし、イタリアでの最後の/ s /の喪失は、俗ラテン語時代の後の7世紀または8世紀まで発生せず、多くの元の最後の子音の存在は、それらがトリガーする構文上の長子音(raddoppiamento sintattico)によって裏切らます。 。また、長い母音の後に/ s /が単に消えるのではなく/ j /になったと考えられます: nōs > noi "we"、se(d)ēs > sei "you are"、crās > crai "tomorrow"(南イタリア語) 。ストレスのない音節では、結果の二重母音は単純化されました:canēs >> cani "dogs"; amīcās > / aˈmikaj / > amiche / aˈmike / "(female)friends"、主格amīcaeはamicheではなく** amiceを生成する必要があります(男性的なamīcī > amiciは** amichiではないことに注意してください)。

中央西ロマンス語は、最終的な/ e // o /の一般的な喪失を通じて、最終的に多数の最終的な子音を取り戻しました。たとえば、カタロニア語のllet "milk" < lactemfoc "fire" < focumpeix "fish" < piscemです。フランス語では、これらの二次子音のほとんど(および一次子音)は1700年頃までに失われましたが、三次子音は後に/ə/ < -aの喪失によって発生しました。したがって、男性的なfrīgidum「冷たい」>古フランス語の貨物 /frwεt/ > 、フェミニンなフリジダム>古フランス語freide /frwεdə/ > froide /fʁwad/

口蓋化

口蓋化は、俗ラテン語の子音に影響を与える最も重要なプロセスの1つでした。これにより、最終的には、ほとんどのロマンス諸語、たとえばイタリア語/ʃ/、/tʃ/、/dʒ/、/ ts /、/ dz /、/ɲ/、/ʎ/で一連の「口蓋」および後部歯茎音が発生しました。

次の歴史的段階が発生しました。

ステージ 環境 影響を受ける子音 結果 影響を受ける言語
1 / j /の前eから、i休止中 / t // d / /tsʲ// jj〜dzʲ〜ddʒʲ / すべて
2 唇音を除く残りのすべて(/ n // l // f、r、s、dz / /ɲɲ//ʎʎ//Cʲ/ サルデーニャ語を除くすべて
3 / k //ɡ/ /ttʃʲ〜ttsʲ/、/ jj〜ddʒʲ〜ddzʲ/
4 / i /の /tʃʲ〜tsʲ// j〜dʒʲ〜dzʲ/
5 / e /の サルデーニャ語とダルメシアン語を除くすべて
6 / a // au /の前 / tɕ〜tʃʲ // dʑ〜dʒʲ / 北中央ガロロマンス諸語(例:フランス語、北オック語); レト・ロマンス

環境が次第に「口蓋」になり、影響を受ける言語が次第に少なくなることに注意してください。

口蓋化の結果は、歴史的段階、関与する子音、および関与する言語に依存していました。主な区分は、/ k /の口蓋化から生じる/ ts /を伴う西ロマンス語と、 /tʃ/をもたらす残りの言語(イタロダルマチア語および東ロマンス語)の間です。/tʃ/はすべての言語で元の結果であり、/tʃ/ > / ts /は後に西ロマンス語で革新されたとよく言われます。これの証拠は、イタリア語が異なる環境での口蓋化の結果として/ttʃ// tts /の両方を持っているのに対し、西洋ロマンスは/(t)ts /しか持っていないという事実です。さらに示唆に富むのは、アルアンダルス(スペイン南部の現代)のモサラベが「西ロマンス」地域にあり、残りの/tʃ/地域から地理的に離れているにもかかわらず、結果として/tʃ/を持っていという事実ですこれは、モサラベ語が/tʃ/ > / ts /の変化に到達できなかった辺境の「遺物」地域であったことを示唆しています。(ノーマンピカードなどの北フランスの方言に/tʃ/がありましたが、これは二次的な開発である可能性があります。つまり、後の音の変化/ ts / > /tʃ/によるものです。) / ts、dz、dʒ/に注意してください。最終的に、ほとんどの西ロマンス語で/ s、z、ʒ/になりました。したがって、ラテン語のcaelum(sky、heaven)は、[ˈkai̯lu(m)]と発音され、頭文字は[k]で、イタリア語のcielo [ˈtʃɛːlo]、ルーマニア語のcer [tʃer]、スペイン語のcielo [ˈθjelo] / [ˈsjelo]、フランス語のciel [sjɛl ]、カタロニア語cel [ˈsɛɫ]、およびポルトガル語céu [ˈsɛw]

口蓋化された/ d //ɡ/の結果はあまり明確ではありません:

  • 元の/ j /は、どこでも口蓋化された/ɡ/と同じ結果になります。
  • ルーマニア語はかなり一貫して口蓋化された/ d /から/ z / < / dz /を持っていますが、口蓋化された/ɡ/から/dʒ/を持っています。
  • イタリア語では、口蓋化された/ d /からの/ ddz〜ddʒ /と口蓋化された/ɡ/からの/ ddʒ /が一貫してありません。
  • 他のほとんどの言語では、口蓋化された/ d //ɡ/で同じ結果が得られます。最初は一貫性のある/dʒ/ですが、内側で/ j /または/dʒ/のいずれかです(言語と正確なコンテキストによって異なります)。しかし、スペイン語には/ o // u /の前を除いて、最初/ j /(音声的には[ɟ͡ʝ] )があります。近くのガスコンも同様です。

これは、口蓋化された/ d / > /dʲ/ >が場所に応じて/ j /または/ dz /のいずれかであり、口蓋化された/ɡ/ > / j /であることを示唆しています。この後、ほとんどの地域で/ j / > /(d)dʒ/になりましたが、スペイン語とガスコン語(ピレネー山脈西部の背後にある孤立した地区から発生)は、この変更の影響を受けない遺物地域でした。

フランス語では、 / e、i、 j // a、au /によって口蓋化された/ k ɡ/結果は異なりましフランス語も/ j /の前に唇音の口蓋化を受けました:俗ラテン語/ pj、bj〜vj、mj / >古フランス語/tʃ、dʒ、ndʒ/sēpia "cuttlefish"> seicherubeus "red"> rougesīmia "monkey "> singe)。

口蓋化の元の結果は、肺胞/後部歯茎などに発達した後でも、音声的に口蓋化され続けていたに違いありません子音。これはフランス語から明らかであり、最初に口蓋化されたすべての子音が、特定の状況で次のグライド/ j /の開発をトリガーしました(末尾の-āre-ātum/ātamで最もよくわかります)。場合によっては、この/ j /は、分離母音が遅れて失われた後、隣接する子音によって口蓋化された子音に由来します。たとえば、mansiōnātam > / masʲoˈnata / > masʲˈnada / > / masʲˈnʲæðə / >初期の古フランス語 maisnieḍe / maisˈniɛðə /「世帯」。同様に、mediētātem > / mejeˈtate / > / mejˈtade / > / mejˈtæðe / >初期の古フランス語 meitieḍ / mejˈtʲɛθ / >現代フランスのmoitié / mwaˈtje / "half"。どちらの場合も、ロマンス諸語が断片化された後、 少なくともストレスのない音調間母音が失われたとき(?c。8世紀)まで、音声の口蓋化は原始的な古フランス語のままだったに違いありません。

口蓋化の効果は、ほとんどすべてのロマンス諸語の書記体系で示されます。ほとんどの場合、文字の発音は「ハード」[k、ɡ]ですが、「ソフト」の発音(フランス語/ポルトガル語[s、ʒ]など)があります。、イタリア語/ロマンス語[tʃ、​​dʒ])⟨e、i、y⟩の前。(この正統的な特徴は、中英語を書くノルマン語のフランス語を話す筆記者を通じて現代英語に受け継がれています。これは、独自のハードソフトの区別を開発した古い英語の以前のシステムを、[tʃ、jを表すソフト⟨c、g⟩で置き換えました。 〜dʒ]。)これは、現代のスペルを元のラテン語のスペルと同様に保つ効果がありますが、音と文字の関係を複雑にします。特に、ハードサウンドは⟨e、i、y⟩の前に別の方法で書く必要があり(例:イタリア語⟨ch、gh⟩、ポルトガル語⟨qu、gu⟩)、同様にこれらの文字の前にないときのソフトサウンド(例:イタリア語⟨) ci、gi⟩、ポルトガル語⟨ç、j⟩)。さらに、スペイン語、カタロニア語、オクシタン語、ブラジルポルトガル語では、⟨u⟩を含むダイグラフを使用して⟨e、i、y⟩の前に難しい発音を示します。これは、音/ kw、ɡw/を示すために別のスペルも必要であることを意味します。これらの発音の前(スペイン語⟨cu、gü⟩、カタロニア語、Occitan、ブラジルポルトガル語⟨qü、gü⟩)。[51]これにより、発音が完全に規則的な動詞で多くの正書法の交替が生成されます。以下は、多くの通常のポルトガル語動詞における対応する一人称複数形の直説法と接続法の例です。marcamos、marquemos "we mark"; caçamos、cacemos「私たちは狩ります」; chegamos、cheguemos「到着しました」; averiguamos、averigüemos「検証します」; adequamos、adeqüemos「私たちは適応します」; oferecemos、ofereçamos「私たちが提供する」; dirigimos、dirijamos「私たちは運転する」erguemos、ergamosは「私たちが育てる」; delinquimos、delincamos「私たちは犯罪を犯します」。イタリア語の場合、<e、i>と書かれる前に/ k /と/ɡ/を表す有声文字<ch>と<gh>の規則は、 dimentico'I want '、dimentichi'youなどの同様の正書法の交互になります。忘れる '、baco 'ワーム ' 、 bachi 'ワーム'と[k]またはpago '私が支払う '、paghi 'あなたが支払う 'とlago '湖 '、laghi '湖 'と[ɡ]。イタリア語で<ci>と<gi>を使用して、<a、o、u>と書かれた母音の前に/tʃ/または/dʒ/を表すと、 dico'I say 'with / k / from dici ''turn、revolution' /dʒ/、ただし正字法の<ci>と<gi>は、/tʃ/または/dʒ/のシーケンスと実際の母音/ i /(/ditʃi/ dici、/dʒiro/ giro)も表します。また、ストレス位置を示すという一般的に観察されている慣習はなく、スペルで別の母音が続く場合のiの状態は認識できない可能性があります。たとえば、書面によるフォームでは、カミシアの「シャツ」の<cia>が、ストレスのない単一の音節/tʃa/を表し、どのレベルにも/ i /がないことを示していません(/ kaˈmitʃa /→[kaˈmiːtʃa]〜[kaˈmiːʃa])ファーマシア「薬局」の同じスペル<cia>の基礎となるのは、強調された音節/tʃi/と音節/ a /(/ farmaˈtʃi)で構成される2音節のシーケンスです。

子音弱化

一部の地域では、俗ラテン語で 子音弱化によってシフトされた子音を停止します。

有声唇音 / b // w /(それぞれ⟨b⟩と⟨v⟩で表される)は両方とも、母音間子音として摩擦音 [β]を開発しました。[52]これは正書法から明らかです。中世では、子音の⟨v⟩のつづりは、古典ラテン語の⟨b⟩であったものによく使用されます。または、2つのつづりは同じ意味で使用されていました。多くのロマンス諸語(イタリア語、フランス語、ポルトガル語、ルーマニア語など)では、この摩擦音は後に/ v /に発展しましたしかし、他の人(スペイン語、ガリシア語、一部のカタロニア語とオック語の方言など)では、/ b // w /の反射が単一の音素に単純にマージされました。

他のいくつかの子音は、西ロマンス(スペイン語、ポルトガル語、フランス語、北イタリア語)で母音間子音の位置で「和らげられ」ましたが、通常、イタリアの他の地域では音声的にではありません(「エレガント」または教会論的な単語の一部の場合を除く)。ルーマニア語で。2組の方言の境界線は、ラ・スペツィア・リミニ線と呼ばれ、ロマンス方言の最も重要な等語線の1つです。変化(音韻的再構築をもたらす共時の子音弱化の例)は次のとおりです。単一の無声軟口蓋破裂音が有声になりました:-p-、-t-、-c- > -b-、-d-、-g-その後、いくつかの言語では、それらはさらに弱体化され、摩擦音または近似音、[β̞]、[ð̞]、[ɣ˕](スペイン語の場合)または完全に消える(フランス語の/ p /ではなく/ t /および/ k /のように)。次の例は、元の/ t /漸進弱体示しますとフランスの争い[vi]一部の学者はかつて、これらの音の変化は一部には 大陸ケルト語[要出典]が、過去数十年の奨学金はその仮説に挑戦します。

  • 有声口蓋裂/ d //ɡ/は消える傾向がありました。
  • 普通の歯擦音 -s- [s]も母音の間で[z]に濁りましたが、多くの言語ではその綴りは変わっていません。(スペイン語では、母音間子音[z]は後で[s]に戻されました。[z]は、現代スペイン語の有声子音の前/ s /の異音としてのみ検出されます。)
  • 破裂音は単一になりました:-pp-、-tt-、-cc-、-bb-、-dd-、-gg- > -p-、-t-、-c-、-b-、-d-、 -g-ほとんどの言語で。フランス語のスペリングでは、ほとんどの場合、-i([ij]と発音)の後の-ll-を除いて、二重子音は単に語源です。
  • 二重歯擦音-ss- [sː]も音声的に単一[s]になりましたが、多くの言語ではそのスペルは変更されていません。

ルーマニア語を除いて、音/ h /は通常失われました。一部のロマンス諸語は/ h /を再開発しましたが、特にスペイン語(/ʃ/、/ʒ/、または/ ks /から、「j」またはソフト「g」のいずれかとして綴られています)およびブラジルポルトガル語(/ r /から) )。

子音の長さは、ほとんどのロマンス諸語で音声的に特徴的ではなくなりました。ただし、イタリアの一部の言語(イタリア語、サルディニア語、シチリア語、およびイタリア中部と南部のその他の多数の種類)には、/ bb /、/ dd /、/ɡɡ/、/ pp /、/ tt /、/ kk /などの長い子音があります。 、/ ll /、/ mm /、/ nn /、/ rr /、/ ss /など。ここで、倍増は実際の長さ、または破裂音破擦音の場合は子音が解放される前の短いホールドのいずれかを示します。多くの場合、独特の語彙値があります。たとえば、note / ˈnɔte /(notes)vs。notte / ˈnɔtte /night)、cade / ˈkade / (s / he、it fall)vs。cadde / ˈkadde /(s / he、それは落ちました)、caro / ˈkaro /(親愛なる、高価な)vs。carro / ˈkarro /(カート)。それらは、ロマネスコ、ナポリタン、シチリア、およびその他の南部の品種の単語の先頭にさえ発生する可能性があり、シチリアのcchiù(詳細)やccà(ここ)など、書面で示されることもあります。一般に、子音/ b // ts /、および/ dz /は単語の先頭で長くなりますが、archiphoneme | R | [疑わしい ]トリル / r /として実現されます同じ位置に。イタリア中部と南部の多くでは、破擦音/tʃ/と/ dʒ /は母音間の摩擦音[ʃ]と[ʒ]に同期して弱まりますが、それらの長子音同族体はそうではありませ vs. caccio / ˈkattʃo /→[ˈkattʃo](私は追いかけます)。

いくつかの言語は二次子音子音を取り戻しました。ピエモンテ語の二重子音は、強調された/ə/の後にのみ存在し、 ëと書かれ、語源ではありません:vëdde(ラテン語vidēre、参照)、sëcca(ラテン語sicca、ドライ、sechの女性)。標準のカタロニア語とオック語には、 l・l (カタロニア語)またはll (オック語)と書かれたジェミネート音/lː/がありますが、通常、両方の言語の口語(および一部の正式な)スピーチでは単純な音として発音されます。

母音プロテーゼ

後期ラテン語では補綴母音/ i /(ほとんどの言語で/ e /に下げられます)は、 / s /s impuraと呼ばれます)と無声子音(#sC-> isC)で始まる単語の先頭に挿入されました。 -):

  • scrībere '書く'>サルデーニャ語iscribere、スペイン語escribir、ポルトガル語escrever、カタロニア語escriure、古フランス語escri(v)remod.écrire);
  • spatha "sword"> Sard ispada、Sp / Pg espada、Cat espasa、OFrespeḍe モダンエペ ;
  • spiritus "spirit"> SardispìrituSpespírituPgespírito、Cat esperit、French esprit ;
  • Stephanum "Stephen"> SardIstèvene、Sp Esteban、Cat EstevePgEstêvão、OFr Estievnemod.Étienne);
  • ステータス「状態」> Sard istadu、Sp / Pg estado、Cat estat、OFr estatmod.état)。

ロマンス諸語の補綴/ i /〜/ e /は、大陸ケルト語の影響を受けている可能性があります、この現象はケルトが存在しなかった一部の地域(たとえば、南イタリアのサルデーニャ)に存在または存在していました。西ロマンスの単語は語頭音添加されますが、バルカンロマンスとイタロロマンス南部の同族語はそうではありません。たとえば、イタリア語のscriverespadaspiritoStefanostatoなどです。イタリア語では、音節規則は母音の最後の記事によって保存されていたため、女性のspadala spadaのようになりましたが、男性の* il spaghettoをレンダリングする代わりにlospaghettoが標準になりました。現在は後退していますが、子音がそのようなクラスターの前にある場合、イタリア語はかつて補綴/ i /を持っていたため、「スイスでは」 [i] Svizzeraにありました。一部の話者は依然として補綴[i]を生産的に使用しており、 「特に」または「書面による」など、いくつかの設定された場所で化石化されています(ただし、この場合、その存続は部分的に別の単語iscritto <ラテン語īnscrīptus)。/ i /〜/ j /と/ s /の関連付けも、word-final- sの発声につながりました。イタリア語、ルーマニア語、特定のオック語方言、およびコロンビアのチョコのスペイン語方言[53]

強調された母音

母音の長さの喪失、向きの変更

初期の恋愛における強勢母音の進化
クラシック サルデーニャ語 祖語
ロマンス
シチリア バルカンロマンス 西部ロマンス
Acad。1 ローマ人 IPA IPA Acad。1 IPA IPA
長い /私/ /私/ /iː/ [i] /私/ /私/ /私/
ȳ 長いy /yː/
私(ĭ) 短い /私/ / i / [ɪ] / e / / e /
y(ŷ) 短いy / y /
ē 長いe /eː/ [ɛː] / e / / e(ː)/ [e]
oe(œ) oe / oj / > /eː/
e(ĕ) 短いe / e / [ɛ] ę /ɛ(ː)/ [ɛ] /ɛ/ /ɛ/ /ɛ/
ae(æ) ae / aj / > /ɛː/
ā 長い_ /aː/ / a / a / a(ː)/ [a] / a / / a / / a /
a(ă) 短い_ / a /
o(ŏ) 短いo / o / [ɔ] / o / ǫ /ɔ(ː)/ [ɔ] /ɔ/ / o / /ɔ/
ō 長いo /oː/ [ɔː] / o(ː)/ [o] / u / / o /
au
(一言)
au / aw / > /oː/
u(ŭ) 短いu / u / / u / / u / [ʊ] / u /
ū 長いu /uː/ u /uː/ [u] / u /
au
(ほとんどの単語)
au / aw / / aw / au / aw /

[aʊ]

/ aw / / aw / / aw /
1それぞれラテン語とロマンス語の研究における伝統的な学術的転写

俗ラテン語に影響を与えた重大な変化の1つは、母音システムの再編成でした。古典ラテン語には、5つの短い母音、ă、ĕ、ĭ、ŏ、ŭ、および5つの長い母音ā、ē、ī、ō、ūがあり、それぞれが個別の音素でした(可能性については、右の表を参照してください)。 IPAでの発音)、および4つの二重母音aeoeau、およびeu ( uiを含む一部の著者によると5つ)。円唇前舌狭音/ y(ː)/を表すyの長いバージョンと短いバージョンもありました。 ギリシャ語の借用では、ロマンスの母音変化が始まる前でさえ 、おそらく/ i(ː)/と発音されるようになりました。

帝国時代には、長母音とは長さだけでなく質も異なることを除いて、すべての短い母音が異なっていたという証拠があります。[54]したがって、たとえば、ē半狭母音 /eː/と発音されĕは半狭 母音/ɛ/と発音され、ī/iː/と発音され、ĭは半狭母音/ɪ/と発音されました。

プロトロマンス期間中、音素の長さの区別は失われました。母音は、強調された開いた音節では自動的に長く発音され(つまり、子音が1つだけ続く場合)、他の場所では短く発音されるようになりました。この状況は現代イタリア語でも維持されています:cade [ˈkaːde]「彼は倒れた」vs. cadde [ˈkadde]「彼は倒れた」。

音素の長さのプロトロマンスの喪失は、元々、元の/ăā/だけがマージされた単母音で9つの異なる品質の違いを持つシステムを生み出しましたしかし、すぐに、これらの母音の多くが合体しました。

  • 最も単純な結果はサルデーニャ語であり[ 55]ラテン語の以前の長母音短母音は単純に合体しましaeiou /
  • ただし、ほとんどの地域(技術的には、イタロ西ロ語)では、近距離母音/ɪʊ/が低下し、高中母音/ eo /に統合されました。その結果、ラテン語のpira "pear"とvēra "true"が韻を踏むようになりました(たとえば、イタリア語とスペイン語のpera、vera古いフランス語の poire、voire)。同様に、ラテン語のnucemnux "nut"から)とvōcemvōx "voice"から)は、イタリア語のnoce、voce、ポルトガル語のnoz、voz、およびフランス語のnoix、voixになります。これにより、7母音システムが生成されました/aɛeiɔou/は、イタリア語やポルトガル語などの保守的な言語で維持され、スペイン語で軽く変換されます(ここで/ɛ/> / je /、/ɔ/> / we /)。
  • 東ロマンス語(特にルーマニア語)では、前舌母音/ĕēĭī/は大部分の言語と同じように進化しましたが、後舌母音/ŏōŭū/はサルデーニャ語と同じように進化しました。これにより、不均衡な6母音システムが生成されました:/aɛeiou/現代のルーマニア語では、このシステムは大幅に変換され、/ɛ/> / je /と新しい母音/əɨ/が進化し、中央母音と前舌母音および後舌母音のバランスの取れた7母音システムになりました:/aeiə ɨou/
  • シチリア語は、独自の母音システムを持っていると説明されることがあります。実際、シチリア語は、イタロ西ロ語の主要な大部分と同じ発展を遂げました。しかし、その後、高中母音(低中母音ではない)がすべての音節で強勢と非強勢で発生しました。すなわち/ eo /> / iu /結果は5母音/aɛiɔu/です。

イタリア南部とコルシカ島では、さらに別の亜種が見られます。これらも完全に異なるシステムを誇っています(上記を参照)。

多くの最終母音が失われた結果、プロトロマンス異音母音長システムがガロロマンス諸語で再音声化されました。一部の北イタリア語(フリウリ語など)は、この2次音素長を維持していますが、ほとんどの言語は、新しい長母音を二音化または短縮することによって、この長さを落としました。

フランス語は、音の変化/ VsC /> / VhC /> /VːC/Vは任意の母音、Cは任意の子音)の結果として、AD1300あたりで3番目の母音長システムを音声化しました。この母音の長さは、最終的にAD 1700頃までに失われましたが、以前の長い母音は依然として曲折アクセント記号でマークされています。4番目の母音長システムは、まだ音素ではありません。すべての鼻母音と口頭母音/ɑoø/(主に以前の長い母音に由来します)は、すべての強調された閉じた音節とすべての母音で長く発音されます。有声母音/vzʒʁvʁ/によって閉じられた音節で長く発音されます。このシステムは、いくつかの非標準的な方言で電話化されています(例:ハイチ語クレオール語)、最後の/ʁ/が失われた結果。

ラテン二重母音

ラテン語の二重母音aeおよびoeは、初期のラテン語では / ai /および/ oi /と発音され、初期には単音化されていました。

aeは遅くとも1世紀の広告で/ɛː/になりました。この音はまだすべての既存の母音とは異なりますが、ラテン語の母音の長さの中和により、最終的に/ɛ/ <short e:eg caelum "sky">フランス語のciel、スペイン語/イタリア語のcielo、ポルトガル語のcéu /sɛw/との合併が発生しました。 mele "honey"と同じ母音>フランス語/スペイン語のmiel、イタリア語のmiele、ポルトガル語のmel /mɛl/いくつかの単語は、 ae/eː/の初期の合併を示しています praeda "booty"> * prēda /preːda/ >フランス語proie(vs.expected ** priée)、イタリア語preda(** priedaではない) "prey"; またはfaenum "hay"> * fēnum [feːnũ] >スペイン語のheno、フランス語のfoin(ただし、イタリア語のfieno /fjɛno/)。

oeは一般的に/eː/とマージされます:poenam "punishment">ロマンス* / pena / >スペイン語/イタリア語のペナ、フランス語のpeine ; foedus "醜い">ロマンス* / fedo / >スペイン語feo、ポルトガル語feiooeは古典ラテン語ではまれであったため( Old Latin oinos "one">Classicalūnus[56]のように、ほとんどのインスタンスはClassicalūになりまし)、oeはほとんどギリシャ語の外来語に限定されていました。通常は学習した(高音域の)用語。

auは紀元前1世紀までにすでにローマの人気のある演説でō /oː/合併しました多くの作家はこれについて明確に述べました。たとえば、ポピュリストの政治家プブリウス・クロディウス・パルチャーが大衆に満足するために彼の名前をクローディアスから変更したというシセロの挑発。しかし、この変化はローマから遠くまで浸透することはなく、発音/ au /はラテン語圏の大部分で何世紀にもわたって維持されていましたが、最終的には多くの言語でさまざまなoに発展しました。たとえば、イタリア語とフランス語では通常の反射として/ɔ/がありますが、これは/ɔ/の二音化より後の日付ですフランス語固有の口蓋化/ ka / > /tʃa/(したがって、causa >フランス語が選択され、イタリア語のcosa /kɔza/は** cuosaではありません)。スペイン語には/ o /がありますが、ポルトガル語のスペルは⟨ou⟩を維持します。これは/ o /に発展します(一部の方言では/ ou /のまま、他の方言では/ oi /のままです)。オック語、ルーマニア語、南イタリア語、および他の多くの少数派ロマンス諸語には、まだ/ au /があります。ただし、いくつかの一般的な単語は、 ō /oː/との早期の合併を示しています、明らかに人気のあるローマの発音の一般化を反映しています:たとえば、フランス語のキュー、イタリア語のコーダ / koda /、オック語のco(d)a、ルーマニア語のコーダ(すべて「」を意味する)は、すべて古典的なコーダではなくコーダから派生している必要があります(ただし、ポルトガル語に注意してください) cauda)。[57]同様に、スペイン語のoreja、ポルトガル語のorelha、フランス語のoreille、ルーマニア語のureche、およびサルデーニャ語のolícraorícla "ear"は、Classical aurisではなくōric(u)laから派生している必要があります(Occitan aurelhaは、おそらく無関係のausir < audīre "to listen"の影響を受けていました) 。実際、 oriclaの形式は付録Probiに反映されています。

さらなる発展

音転移

すべてのロマンス諸語でさまざまな程度で機能した初期のプロセスは、メタフォニー(母音の突然変異)であり、概念的には、ゲルマン語に特徴的なウムラウトのプロセスと似ています言語に応じて、特定の強勢母音は、最後の/ i /または/ u /によって、または/ j /の直後によって発生しました(または、場合によっては二音化されました)。音転移は、イタロロマンス諸語で最も広範であり、イタリアのほぼすべての言語に適用されます。ただし、トスカナ式には存在しないため、標準的なイタリア語には存在しません。音転移の影響を受ける多くの言語では、final / u /(ラテン語-umのほとんどの場合)とfinal / o /(ラテン語-ud、および-ええと、特に。男性の「不可算名詞」)、前者のみが音転移を引き起こします。

いくつかの例:

  • イタリアのマルケ州のセルヴィリアーノでは、強調された/ ɛeɔo /が最後の/ i /または/ u /の前/ eiou /上げられます。 (<* metti <* mettes <Latin mittis); / moˈdɛsta / "modest(fem。)" vs. / moˈdestu / "modest(masc。)"; / ˈkwesto / "this(neut。)"(<Latin eccum istudvs。/ ˈkwistu / "this(masc。)"(<Latin eccum istum)。
  • イタリア南部のバジリカータ半島のカルヴァッロも同様ですが、中低母音/ ɛɔ/は上げられるのではなく/ je wo /に二音化されます: [59] / ˈmette / "he puts" vs. / ˈmitti / "you put" 、しかし/ ˈpɛnʒo /「私は思う」対/ ˈpjenʒi /「あなたは思う」。
  • 音転移は、イタリア北部のほとんどの方言でも発生しますが、(通常は失われた)最後の* iによってのみ発生します。明らかに、メタフォニーが有効になる前に、最後の* uが* o(通常は失われる)に下げられました。
  • スペイン北部のアストゥリアスレオネーゼ言語のいくつかは、最後の/ o /と/ u / [60]の間に、中南部イタリア語[61]と同じ区別があり、/ u /が音転移を引き起こします。[62]これらの方言の男性名詞の複数形は、単数形とは異なり、音転移を引き起こさない-osで終わります(イタリア語の複数形-iは、音転移を引き起こします)。
  • サルデーニャ語では、最後の/ i /または/ u /の前に、中央母音/ɛɔ/[eo]に異音で上げます。これは、最後の/ eo /から/ iu /に引き上げられた結果として、カンピダーノ方言で音声化されました。
  • / ɔ /から/ o /への昇格は、ポルトガル語で男性的な単数形で散発的に発生します。たとえば、porco / ˈporku / "pig" vs. porcos / ˈpɔrkus / "pig"です。ガリシア・ポルトガル語は、現代のアストゥリアス・レオネーゼとまったく同じように、ある時点で単数形の/ u /と複数形の/ os /を持っていたと考えられています。[61]
  • 西ロマンス語のすべての言語で、最後の/ i /(主に点過去形の一人称単数で発生)は中高/ eo // iu /に上げました。たとえば、ポルトガル語のフィジー「I did」(<* fidzi < * fedzi < Latinfēcīvs。fez "he did"(<* fedze < Latinfēcit)。中世スペイン語も同様に「私がした」対フェゾ「彼がした」(-oはアモ「彼は愛した」との類推による)でしたが、その後一般化されて/ i /が強調され、現代のハイス「私がした」対「彼がした "。fis "I did"、fist "he did"(<* feist < Latinfēcit)。
音割れ

多くの言語がいくつかの自由母音、特に半広母音/ɛɔ/を二音化しました:

  • スペイン語は、特定の口蓋子音の前を除いて、すべての半広母音/ɛɔ/> / je we /を一貫して二音化しました(二音化が行われる前に母音を半狭母音に上げました)。
  • ルーマニア語も同様に/ɛ// je /に二音化した(対応する母音/ɔ/はプロトロマンスから発達しなかった)。
  • イタリア語の二音化/ɛ/> /jɛ/および/ɔ/> /wɔ/は、開いた音節で(母音がプロトロマンスで長くなった状況で)、おそらく最も顕著な例外は/ ˈbɛne / bene'well 'です。黙示録された ベンの高頻度(例えば、ベンディフィシル「非常に難しい」、ベンファット「よくできている」など)。
  • フランス語も同様に/ɛɔ /を開いた音節で(長くした場合)、/ aeo /と一緒に:/aːɛːeːɔːoː / > / aɛiɛeiuɔou / > /ejeɔiweeu/ >の真ん中/ e je wa –〜ø–〜ø /
  • フランス語はまた、口蓋化された子音、特に/ j /の前に/ɛɔ/を二音化した。さらなる開発は次のとおりでした:/ɛj/> / iej /> / i / ; /ɔj/ > / uoj />初期のOF / uj />現代の/ɥi/。
  • カタロニア語は、フランス語と同じように、口蓋化された子音から/ j /の前に/ɛɔ/を二音化し、同様の結果をもたらしました:/ ɛj/> / i //ɔj/> / uj /

これらの二音化は、多くの言語で半広母音と半狭母音の区別を減らすか、なくす効果がありました。スペイン語とルーマニア語では、すべての半広母音が二音化され、区別が完全になくなりました。ポルトガル語はこの点で最も保守的であり、7母音システムをほぼ変更せずに維持します(ただし、特定の状況での変更、たとえば音転移による)。口蓋化された子孫の前を除いて、カタロニア語は/ɔo/を無傷に保ちますが、 /ɛe/は複雑な方法で/ ɛeə /に分割され、標準の方言(東カタロニア語)で最も元の/ ɛe/は品質を逆転させて/eɛ/

フランス語とイタリア語では、半狭母音と半狭母音の区別は、閉じた音節でのみ発生しました。標準的なイタリア語は多かれ少なかれこれを維持します。フランス語では、/ e /と/ɛ/は12世紀頃に統合され、 /ɔ// o /の区別は、音の変化によって統合されることなく削除されました/ u /> / y // o /> / u /一般に、これにより、[e、o][ɛ、ɔ]の両方が異音的に発生し、半狭母音が開いた音節に、半狭母音が閉じた音節になります。フランス語では、[e /ɛ][o /ɔ]の両方部分的に再音声化されました:/ e //ɛ/の両方が/ aj /> /ɛ/の結果として開いた音節で発生し、/ o //ɔ/の両方が/ al /> /の結果として閉じた音節で発生しますau /> / o /

古フランス語には、口蓋子音の前の二重母音、またはプロトロマンス以降の口蓋子音に最初に続く/ j /に起因する、多数の落下二重母音もありました。例:pācem /patsʲe/ "peace"> PWR * /padzʲe/(子音弱化)> OF paiz / pajts /; *パンクチャム「ポイント」>ガロロマンス* /ponʲto/> * /pojɲto/(正面)> OFポイント/ põjnt/。古フランス語時代、前子音の/ l / [ ɫ]は/ w /に発声し、多くの新しい落下二重母音を生成しましファレットは「失敗し、不足している」> OF falt >"必要です"; bellus "beautiful"> OF bels [ bɛɫs] > beaus [bɛaws]中期フランス時代の終わりまでに、すべての下降二重母音は単音化されるか、上昇二重母音に切り替えられまし。 yjawɛawewiɔwowy/ >現代のスペリング⟨aieiioiui oi ui au eau eu iououu⟩> mod。フランス語/ɛɛiwaɥiwaɥiooøiuuy/

鼻音化

フランス語とポルトガル語の両方で、鼻母音は最終的に母音のシーケンスとそれに続く鼻子音(/ m /または/ n /)から発達しました。もともと、両方の言語のすべての母音は、鼻子音の前に鼻音化され、すぐに母音が続かない鼻子音は最終的に削除されました。フランス語では、残りの鼻子音の前の鼻母音はその後非鼻音化されましたが母音いくらか下げる前ではありませでし他の母音は鼻音化されたままで、劇的に低下しました:fīnem "end"> fin / fɛ̃ /(しばしば[fæ̃]と発音されます); linguam "舌">言語 / lɑ̃ɡ / ; ūnum "one"> un / œ̃ /、/ ɛ̃ /

ポルトガル語では、母音間の/ n /が削除され、さまざまな種類の母音の縮約によって結果として生じる休止が解消され、多くの場合、二重母音生成ますmɐ̃w̃s / ; canem、canēs "dog(s)"> PWR * kane、ˈkanes > * can、ˈcanes > cão、cães / kɐ̃w̃、kɐ̃j̃s / ; ratiōnem、ratiōnēs "reason(s)"> PWR * raˈdʲzʲone、raˈdʲzʲones > * raˈdzon、raˈdzones > razão、razões / χaˈzɐ̃w̃χaˈzõj̃s (ポルトガル)。時々鼻音化が排除されました:lūna "moon">ガリシア・ポルトガル語lũa > lua ; vēna "vein">ガリシアポルトガル語vẽa > veia実際に残った鼻母音は(フランス語のように下がるのではなく)上がる傾向があります:fīnem "end"> fim /fĩ/ ; セントム「百」> PWRtʲsʲɛnto >セント/ ˈsẽtu / ; pontem "bridge"> PWRpɔnte > ponte / ˈpõtʃi /(ブラジル)、/ ˈpõtɨ /(ポルトガル)。

フロントラウンド母音

Gallo- Romance言語とRhaeto-Romance言語の特徴は、円唇前舌狭音/yøœ /です。これらの言語はすべて、無条件の変化/ u /> / y /を示します。たとえば、lūnam > French lune / lyn /、Occitan / ˈlyno /スイスとイタリアの言語の多くは、/ y /> / i /のさらなる変化を示しています。また、フランス語の発達のいくつかのバリエーション/ɔːoː/(円唇前舌半音で長くなる)> / we ew / > /œœ/ ある状況では後舌母音が二音化され、その後、円唇前舌中央音に再単音化されることも非常に一般的です。 (フランス語には両方があります/ø/および/œ/特定の状況で は/ø/は/œ/から発展します。)

ストレスのない母音

初期のイタロ西ロマンスにおけるストレスのない母音の進化
ラテン 祖語
ロマンス
ストレス ノンファイナル
ストレスなし
ファイナル-ストレスなし
オリジナル 後で
イタロ
ロマンス
後の
西部
ロマンス
ガロ
ロマンス
原始
フランス語
IPA Acad。1 IPA IPA IPA
a、ā / a / a / a / / a / /ə/
e、ae /ɛ/ ę /ɛ/ / e / / e / / e / ∅; / e /(小道具) ∅; /ə/(小道具)
ē、oe / e / / e /
私、y /ɪ/
ī、ȳ /私/ /私/ /私/
o /ɔ/ ǫ /ɔ/ / o / / o / / o /
ō、(au) / o / / o /
u /ʊ/ / u /
ū / u / u / u /
au
(ほとんどの単語)
/ aw / au / aw / 該当なし
1ロマンス語学における伝統的な学術的転写。

ストレスのない母音の結果には、より多くの変動がありました。もともと祖語では、同じ9つの母音が強勢のない音節として発達し、サルデーニャ語では、同じ方法で同じ5つの母音に合体しました。

ただし、イタロ西ロマンスでは、強調されていない音節の母音は強調された母音とは大幅に異なり、最終的な強調されていない音節の3番目の結果が得られました。非最終的なストレスのない音節では、ストレスのある音節の7母音システムが発達しましたが、その後、低中母音/ɛɔ/が高中母音/ eo /に統合されましたこのシステムは、すべての保守的なロマンス諸語(イタリア語、スペイン語、ポルトガル語、カタロニア語など)で、大部分または完全に保持されています。

最終的なストレスのない音節では、結果はやや複雑でした。より難しい問題の1つは、最後の短い-uの開発です。これは、他のすべての音節で発生したように、/ o /に下げられるのではなく/ u /に上げられたように見えます。ただし、実際には、final / u /はlong * < -umに由来する可能性があります。ここで、元のfinal -mは、母音の延長と鼻音化を引き起こしました。これの証拠は、最終的な-us-umの両方の反射神経を保存するRhaeto-Romance、特にSursilvanから来ています。、および前者ではなく後者がメタフォニーをトリガーする場合。これは、開発-us > /ʊs/ > / os /を示唆していますが、-um > /ũː/ > / u /です。[63]

最終的なストレスのない音節の元の5母音システムは、より保守的な中央イタリア語のいくつかでそのまま保存されましたが、ほとんどの言語ではさらに合体しました。

  • トスカーナ語(標準イタリア語を含む)では、最後の/ u /が/ o /にマージされました。
  • 西ロマンス語では、最後の/ i /は最終的に/ e /にマージされました(ただし、最後の/ i /はその前にメタフォニーをトリガーしました。たとえば、スペイン語のhice、ポルトガル語のfiz "I did" < * fize < Latinfēcī)。スペイン語のような保守的な言語は、主にそのシステムを維持しますが、特定の単一子音の後に最後の/ e /を削除します。たとえば、/ r /、/ l /、/ n /、/ d /、/ z /(<口蓋化されたc)。
  • Gallo-Romance言語(西ロマンスの一部)では、最後の/ o /と/ e /は、不可能な最終クラスター(たとえば、/ tr /)が生成されない限り、完全に削除されました。追加した。これにより、最後の母音は/ a /とprop母音/ e /の2つだけになりました。カタロニア語はこのシステムを保持しています。
  • ベネチアンでの最終的なストレスのない母音の喪失は、中央イタリア語とガロ・イタリア語の枝の中間のパターンを示しており、母音の削除の環境は方言によって大幅に異なります。上記の表では、最後の/ e /はmarに均一に存在せず、 part(e) / part(e)/およびset(e) /sɛt(e)/の一部の方言には存在しませんが、 mare(< Latinmātrem)以前のクラスター* drの遺物として。
  • 原始的な古フランス語ガロロマンス諸語の1つ)では、これらの残りの2つの母音は/ə/にマージされました。

その後、さまざまな変更が個々の言語で発生しました。例:

  • フランス語では、ほとんどの最後の子音が削除され、次に最後の/ə/も削除されました。/ə/は、最後のサイレント-eとしてスペルで保持されますその主な目的は、前の子音が発音されたことを通知することです。たとえば、ポート「ポート」/pɔʁ/とポート「ドア」/pɔʁt/ですこれらの変更により、ほとんどの単語で単数形と複数形の違いもなくなりました。ポート「ポート」(まだ/pɔʁ/ 、ポート「ドア」(まだ/pɔʁt/)。最後の子音は、リエゾンのコンテキストで(次の母音の最初の単語と密接に関連して)再表示されます。nous [nu] "we" vs. nous avons [nu.za.ˈvɔ̃] "we have"、il fait [il.fɛ] "he does" vs. fait-il? [fɛ.til]「彼は?」
  • ポルトガル語では、/ o /または/ os /ではなく、最終的なストレスのない/ u /がメタフォニーをトリガーしたため、最終的なストレスのない/ o /および/ u /は、しばらくの間無傷で保存されたようです(上記を参照)。最終音節のストレスのない/ o /は前文の時代に/ u /に上げられましたが、それでも常に⟨o⟩と書かれています。ある時点で(おそらくガリシア・ポルトガル語後期)、最終音節のストレスのない/ e /が/ i /に上げられました(ただし、まだ⟨e⟩と書かれています)。これはブラジルポルトガル語のままですが、北および中央ヨーロッパポルトガル語では/ɨ/に発展しました
  • カタロニア語では、ストレスのない最後の/ as / > / es /多くの方言では、ポルトガル語のように、ストレスのない/ o // u /は/ u /にマージされ、ストレスのない/ a // e /は/ə/にマージされます。ただし、一部の方言では、元の5母音システム、特に標準のバレンシア語が保持されます。
ストレスのない最終母音の進化の例:
最も変化の少ない言語から最も変化の激しい言語へ
英語 ラテン Proto-Italo-
Western 1
保守的な
中央イタリア語1
イタリアの ポルトガル語 スペイン語 カタロニア語 古フランス語 現代フランス語
a、e、i、o、u a、e、i、o、u a、e、i、o a、e /-、o a、-/ e e、-/ e
1つ(fem。) ūnam [ˈuna] una une
ドア ポルタム [ˈpɔrta] ポルタ puerta ポルタ ポルテ
セブン セプテム [ˈsɛtte] 設定する セート siete set sept
sea mare [ˈmare] mare mar mer
peace pācem [ˈpatʃe] pace paz pau paiz paix
part partem [ˈparte] parte part
truth veritātem [ˈveritate] verità verdade verdad veritat verité vérité
mother mātrem [ˈmatre] matre madre mãe madre mare meḍre mère
twenty vīgintī [veˈenti] vinti venti vinte veinte vint vingt
four quattuor [ˈkwattro] quattro quatro cuatro quatre
eight octō [ˈɔkto] otto oito ocho vuit huit
when quandō [ˈkwando] quando cuando quan quant quand
fourth quartum [ˈkwartu] quartu quarto cuarto quart
one (masc.) ūnum [ˈunu] unu uno un
port portum [ˈpɔrtu] portu porto puerto port

Intertonic vowels

The so-called intertonic vowels are word-internal unstressed vowels, i.e. not in the initial, final, or tonic (i.e. stressed) syllable, hence intertonic. Intertonic vowels were the most subject to loss or modification. Already in Vulgar Latin intertonic vowels between a single consonant and a following /r/ or /l/ tended to drop: vétulum "old" > veclum > Dalmatian vieklo, Sicilian vecchiu, Portuguese velho. But many languages ultimately dropped almost all intertonic vowels.

Generally, those languages south and east of the La Spezia–Rimini Line (Romanian and Central-Southern Italian) maintained intertonic vowels, while those to the north and west (Western Romance) dropped all except /a/. Standard Italian generally maintained intertonic vowels, but typically raised unstressed /e/ > /i/. Examples:

  • septimā́nam "week" > Italian settimana, Romanian săptămână vs. Spanish/Portuguese semana, French semaine, Occitan/Catalan setmana, Piedmontese sman-a
  • quattuórdecim "fourteen" > Italian quattordici, Venetian cuatòrdexe, Lombard/Piedmontese quatòrdes, vs. Spanish catorce, Portuguese/French quatorze
  • metipsissimus[64] > medipsimus /medíssimos/ ~ /medéssimos/ "self"[65] > Italian medésimo vs. Venetian medemo, Lombard medemm, Old Spanish meísmo, meesmo (> modern mismo), Galician-Portuguese meesmo (> modern mesmo), Old French meḍisme (> later meïsme > MF mesme > modern même)[66]
  • bonitā́tem "goodness" > Italian bonità ~ bontà, Romanian bunătate but Spanish bondad, Portuguese bondade, French bonté
  • collocā́re "to position, arrange" > Italian coricare vs. Spanish colgar "to hang", Romanian culca "to lie down", French coucher "to lay sth on its side; put s.o. to bed"
  • commūnicā́re "to take communion" > Romanian cumineca vs. Portuguese comungar, Spanish comulgar, Old French comungier
  • carricā́re "to load (onto a wagon, cart)" > Portuguese/Catalan carregar vs. Spanish/Occitan cargar "to load", French charger, Lombard cargà/caregà, Venetian carigar/cargar(e) "to load"
  • fábricam "forge" > /*fawrɡa/ > Spanish fragua, Portuguese frágua, Occitan/Catalan farga, French forge
  • disjējūnā́re "to break a fast" > *disjūnā́re > Old French disner "to have lunch" > French dîner "to dine" (but *disjū́nat > Old French desjune "he has lunch" > French (il) déjeune "he has lunch")
  • adjūtā́re "to help" > Italian aiutare, Romanian ajuta but French aider, Lombard aidà/aiuttà (Spanish ayudar, Portuguese ajudar based on stressed forms, e.g. ayuda/ajuda "he helps"; cf. Old French aidier "to help" vs. aiue "he helps")

Portuguese is more conservative in maintaining some intertonic vowels other than /a/: e.g. *offerḗscere "to offer" > Portuguese oferecer vs. Spanish ofrecer, French offrir (< *offerīre). French, on the other hand, drops even intertonic /a/ after the stress: Stéphanum "Stephen" > Spanish Esteban but Old French Estievne > French Étienne. Many cases of /a/ before the stress also ultimately dropped in French: sacraméntum "sacrament" > Old French sairement > French serment "oath".

Writing systems

The Romance languages for the most part have kept the writing system of Latin, adapting it to their evolution. One exception was Romanian before the nineteenth century, where, after the Roman retreat, literacy was reintroduced through the Romanian Cyrillic alphabet, a Slavic influence. A Cyrillic alphabet was also used for Romanian (then called Moldovan) in the USSR. The non-Christian populations of Spain also used the scripts of their religions (Arabic and Hebrew) to write Romance languages such as Ladino and Mozarabic in aljamiado.

Letters

Spelling of results of palatalization and related sounds
Sound Latin Spanish Portuguese French Catalan Italian Romanian
hard ⟨c⟩
not + ⟨e, i, y, ae, oe⟩
⟨c⟩
soft ⟨c⟩
+ ⟨e, i, y, ae, oe⟩
soft ⟨c⟩
not + ⟨e, i, y, ae, oe⟩
⟨c⟩ ⟨z⟩ ⟨ç⟩ ⟨ci⟩
/kw/
⟨qu⟩
not + ⟨e, i, y, ae, oe⟩
⟨qu⟩ ⟨cu⟩ ⟨qu⟩ ⟨cu⟩
/k/
⟨qu⟩
+ ⟨e, i, y, ae, oe⟩ (inherited)
⟨qu⟩ ⟨ch⟩
/kw/
⟨qu⟩ (learned)
⟨qu⟩ ⟨cu⟩ ⟨qu⟩[67] ⟨qü⟩ ⟨qu⟩ ⟨cv⟩
/ku/ ⟨cu⟩ ⟨cou⟩ ⟨cu⟩
hard ⟨g⟩
not + ⟨e, i, y, ae, oe⟩
⟨g⟩
soft ⟨g⟩
+ ⟨e, i, y, ae, oe⟩, + ⟨e, i, y, ae, oe⟩
soft ⟨g⟩
not + ⟨e, i, y, ae, oe⟩
⟨g⟩ ⟨j⟩ ⟨g(e)⟩ ⟨j⟩ ⟨gi⟩
/ɡw/
⟨gu⟩
not + ⟨e, i, y, ae, oe⟩
⟨gu⟩
/ɡ/
⟨gu⟩
+ ⟨e, i, y, ae, oe⟩ (inherited)
⟨gu⟩ ⟨gh⟩
/ɡw/
⟨gu⟩ (learned)
⟨gu⟩ ⟨gü⟩ ⟨gu⟩[68] ⟨gü⟩ ⟨gu⟩ ⟨gv⟩
/ɡu/ ⟨gu⟩ ⟨gou⟩ ⟨gu⟩
soft ⟨ti⟩
not + ⟨e, i, y, ae, oe⟩ (inherited)
⟨ti⟩ ⟨z⟩ ⟨ç⟩ ⟨z(z)⟩ ⟨ț⟩
soft ⟨ti⟩
+ ⟨e, i, y, ae, oe⟩ (inherited)
⟨c⟩
soft ⟨ti⟩ (learned) ⟨ci⟩ ⟨ti⟩ ⟨ci⟩ ⟨zi⟩ ⟨ți⟩
/ʎ/ - ⟨ll⟩ ⟨lh⟩ ⟨il(l)⟩ ⟨ll⟩ ⟨gli⟩ -
/ɲ/ - ⟨ñ⟩ ⟨nh⟩ ⟨gn⟩ ⟨ny⟩ ⟨gn⟩ -

The Romance languages are written with the classical Latin alphabet of 23 letters – A, B, C, D, E, F, G, H, I, K, L, M, N, O, P, Q, R, S, T, V, X, Y, Z – subsequently modified and augmented in various ways. In particular, the single Latin letter V split into V (consonant) and U (vowel), and the letter I split into I and J. The Latin letter K and the new letter W, which came to be widely used in Germanic languages, are seldom used in most Romance languages – mostly for unassimilated foreign names and words. Indeed, in Italian prose kilometro is properly chilometro. Catalan eschews importation of "foreign" letters more than most languages. Thus Wikipedia is Viquipèdia in Catalan but Wikipedia in Spanish.

While most of the 23 basic Latin letters have maintained their phonetic value, for some of them it has diverged considerably; and the new letters added since the Middle Ages have been put to different uses in different scripts. Some letters, notably H and Q, have been variously combined in digraphs or trigraphs (see below) to represent phonetic phenomena that could not be recorded with the basic Latin alphabet, or to get around previously established spelling conventions. Most languages added auxiliary marks (diacritics) to some letters, for these and other purposes.

The spelling rules of most Romance languages are fairly simple, and consistent within any language. Since the spelling systems are based on phonemic structures rather than phonetics, however, the actual pronunciation of what is represented in standard orthography can be subject to considerable regional variation, as well as to allophonic differentiation by position in the word or utterance. Among the letters representing the most conspicuous phonological variations, between Romance languages or with respect to Latin, are the following:

B, V: Merged in Spanish and some dialects of Catalan, where both letters represent a single phoneme pronounced as either [b] or [β] depending on position, with no differentiation between B and V.
C: Generally a "hard" [k], but "soft" (fricative or affricate) before e, i, or y.
G: Generally a "hard" [ɡ], but "soft" (fricative or affricate) before e, i, or y. In some languages, like Spanish, the hard g, phonemically /ɡ/, is pronounced as a fricative [ɣ] after vowels. In Romansch, the soft g is a voiced palatal plosive [ɟ] or a voiced alveolo-palatal affricate [dʑ].
H: Silent in most languages; used to form various digraphs. But represents [h] in Romanian, Walloon and Gascon Occitan.
J: Represents the fricative [ʒ] in most languages, or the palatal approximant [j] in Romansh and in several of the languages of Italy, and [x] or [h] in Spanish, depending on the variety. Italian does not use this letter in native words.
Q: As in Latin, its phonetic value is that of a hard c, i.e. [k], and in native words it is almost always followed by a (sometimes silent) u. Romanian does not use this letter in native words.
S: Generally voiceless [s], but voiced [z] between vowels in some languages. In Spanish, Romanian, Galician and several varieties of Italian, however, it is always pronounced voiceless between vowels. If the phoneme /s/ is represented by the letter S, predictable assimilations are normally not shown (e.g. Italian /ˈslitta/ 'sled', spelled slitta but pronounced [ˈzlitta], never with [s]). Also at the end of syllables it may represent special allophonic pronunciations. In Romansh, it also stands for a voiceless or voiced fricative, [ʃ] or [ʒ], before certain consonants.
W: No Romance language uses this letter in native words, with the exception of Walloon.
X: Its pronunciation is rather variable, both between and within languages. In the Middle Ages, the languages of Iberia used this letter to denote the voiceless postalveolar fricative [ʃ], which is still the case in modern Catalan and Portuguese. With the Renaissance the classical pronunciation [ks] – or similar consonant clusters, such as [ɡz], [ɡs], or [kθ] – were frequently reintroduced in latinisms and hellenisms. In Venetian it represents [z], and in Ligurian the voiced postalveolar fricative [ʒ]. Italian does not use this letter in native words.
Y: This letter is not used in most languages, with the prominent exceptions of French and Spanish, where it represents [j] before vowels (or various similar fricatives such as the palatal fricative [ʝ], in Spanish), and the vowel [i] or semivowel [j] elsewhere.
Z: In most languages it represents the sound [z]. However, in Italian it denotes the affricates [dz] and [ts] (which are two separate phonemes, but rarely contrast; among the few examples of minimal pairs are razza "ray" with [ddz], razza "race" with [tts] (note that both are phonetically long between vowels); in Romansh the voiceless affricate [ts]; and in Galician and Spanish it denotes either the voiceless dental fricative [θ] or [s].

Otherwise, letters that are not combined as digraphs generally represent the same phonemes as suggested by the International Phonetic Alphabet (IPA), whose design was, in fact, greatly influenced by Romance spelling systems.

Digraphs and trigraphs

Since most Romance languages have more sounds than can be accommodated in the Roman Latin alphabet they all resort to the use of digraphs and trigraphs – combinations of two or three letters with a single phonemic value. The concept (but not the actual combinations) is derived from Classical Latin, which used, for example, TH, PH, and CH when transliterating the Greek letters "θ", "ϕ" (later "φ"), and "χ". These were once aspirated sounds in Greek before changing to corresponding fricatives, and the H represented what sounded to the Romans like an /ʰ/ following /t/, /p/, and /k/ respectively. Some of the digraphs used in modern scripts are:

CI: used in Italian, Romance languages in Italy, Corsican and Romanian to represent /tʃ/ before A, O, or U.
CH: used in Italian, Romance languages in Italy, Corsican, Romanian, Romansh and Sardinian to represent /k/ before E or I (including yod /j/); /tʃ/ in Occitan, Spanish, Astur-leonese and Galician; [c] or [tɕ] in Romansh before A, O or U; and /ʃ/ in most other languages. In Catalan it is used in some old spelling conventions for /k/.
DD: used in Sicilian and Sardinian to represent the voiced retroflex plosive /ɖ/. In recent history more accurately transcribed as DDH.
DJ: used in Walloon and Catalan for /dʒ/.
GI: used in Italian, Romance languages in Italy, Corsican and Romanian to represent /dʒ/ before A, O, or U, and in Romansh to represent [ɟi] or /dʑi/ or (before A, E, O, and U) [ɟ] or /dʑ/
GH: used in Italian, Romance languages in Italy, Corsican, Romanian, Romansh and Sardinian to represent /ɡ/ before E or I (including yod /j/), and in Galician for the voiceless pharyngeal fricative /ħ/ (not standard sound).
GL: used in Romansh before consonants and I and at the end of words for /ʎ/.
GLI: used in Italian and Corsican for /ʎʎ/ and Romansh for /ʎ/.
GN: used in French, some Romance languages in Italy, Corsican and Romansh for /ɲ/, as in champignon; in Italian to represent /ɲɲ/, as in "ogni" or "lo gnocco".
GU: used before E or I to represent /ɡ/ or /ɣ/ in all Romance languages except Italian, Romance languages in Italy, Corsican, Romansh, and Romanian, which use GH instead.
IG: used at the end of word in Catalan for /tʃ/, as in maig, safareig or enmig.
IX: used between vowels or at the end of word in Catalan for /ʃ/, as in caixa or calaix.
LH: used in Portuguese and Occitan /ʎ/.
LL: used in Spanish, Catalan, Galician, Astur-leonese, Norman and Dgèrnésiais, originally for /ʎ/ which has merged in some cases with /j/. Represents /l/ in French unless it follows I (i) when it represents /j/ (or /ʎ/ in some dialects). As in Italian, it is used in Occitan for a long /ll/.
L·L: used in Catalan for a geminate consonant /ɫɫ/.
NH: used in Portuguese and Occitan for /ɲ/, used in official Galician for /ŋ/ .
N-: used in Piedmontese and Ligurian for /ŋ/ between two vowels.
NN: used in Leonese for /ɲ/, in Italian for geminate /nn/.
NY: used in Catalan for /ɲ/.
QU: represents /kw/ in Italian, Romance languages in Italy, and Romansh; /k/ in French, Astur-leonese (normally before e or i); /k/ (before e or i) or /kw/ (normally before a or o) in Occitan, Catalan and Portuguese; /k/ in Spanish (always before e or i).
RR: used between vowels in several languages (Occitan, Catalan, Spanish) to denote a trilled /r/ or a guttural R, instead of the flap /ɾ/.
SC: used before E or I in Italian, Romance languages in Italy as /ʃ/ or /ʃʃ/, in European Portuguese as /ʃs/ and in French, Brazilian Portuguese, Catalan and Latin American Spanish as /s/ in words of certain etymology (notice this would represent /θ/ in standard peninsular Spanish)
SCH: used in Romansh for [ʃ] or [ʒ], in Italian for /sk/ before E or I, including yod /j/.
SCI: used in Italian, Romance languages in Italy, and Corsican to represent /ʃ/ or /ʃʃ/ before A, O, or U.
SH: used in Aranese Occitan for /ʃ/.
SS: used in French, Portuguese, Piedmontese, Romansh, Occitan, and Catalan for /s/ between vowels, in Italian, Romance languages of Italy, and Corsican for long /ss/.
TS: used in Catalan for /ts/.
TG: used in Romansh for [c] or [tɕ]. In Catalan is used for /dʒ/ before E and I, as in metge or fetge.
TH: used in Jèrriais for /θ/; used in Aranese for either /t/ or /tʃ/.
TJ: used between vowels and before A, O or U, in Catalan for /dʒ/, as in sotjar or mitjó.
TSCH: used in Romansh for [tʃ].
TX: used at the beginning or at the end of word or between vowels in Catalan for /tʃ/, as in txec, esquitx or atxa.
TZ: used in Catalan for /dz/.

While the digraphs CH, PH, RH and TH were at one time used in many words of Greek origin, most languages have now replaced them with C/QU, F, R and T. Only French has kept these etymological spellings, which now represent /k/ or /ʃ/, /f/, /ʀ/ and /t/, respectively.

Double consonants

Gemination, in the languages where it occurs, is usually indicated by doubling the consonant, except when it does not contrast phonemically with the corresponding short consonant, in which case gemination is not indicated. In Jèrriais, long consonants are marked with an apostrophe: s's is a long /zz/, ss's is a long /ss/, and t't is a long /tt/. The phonemic contrast between geminate and single consonants is widespread in Italian, and normally indicated in the traditional orthography: fatto /fatto/ 'done' vs. fato /fato/ 'fate, destiny'; cadde /kadde/ 's/he, it fell' vs. cade /kade/ 's/he, it falls'. The double consonants in French orthography, however, are merely etymological. In Catalan, the gemination of l is marked by a punt volat ("flying point"): l·l.

Diacritics

Romance languages also introduced various marks (diacritics) that may be attached to some letters, for various purposes. In some cases, diacritics are used as an alternative to digraphs and trigraphs; namely to represent a larger number of sounds than would be possible with the basic alphabet, or to distinguish between sounds that were previously written the same. Diacritics are also used to mark word stress, to indicate exceptional pronunciation of letters in certain words, and to distinguish words with same pronunciation (homophones).

Depending on the language, some letter-diacritic combinations may be considered distinct letters, e.g. for the purposes of lexical sorting. This is the case, for example, of Romanian ș ([ʃ]) and Spanish ñ ([ɲ]).

The following are the most common use of diacritics in Romance languages.

  • Vowel quality: the system of marking close-mid vowels with an acute accent, é, and open-mid vowels with a grave accent, è, is widely used (e.g. Catalan, French, Italian). Portuguese, however, uses the circumflex (ê) for the former, and the acute (é), for the latter. Some minority Romance languages use an umlaut (diaeresis mark) in the case of ä, ö, ü to indicate fronted vowel variants, as in German. Centralized vowels (/ɐ/, /ə/) are indicated variously (â in Portuguese, ă/î in Romanian, ë in Piedmontese, etc.). In French, Occitan and Romanian, these accents are used whenever necessary to distinguish the appropriate vowel quality, but in the other languages, they are used only when it is necessary to mark unpredictable stress, or in some cases to distinguish homophones.
  • Vowel length: French uses a circumflex to indicate what had been a long vowel (although nowadays this rather indicates a difference in vowel quality, if it has any effect at all on pronunciation). This same usage is found in some minority languages.
  • Nasality: Portuguese marks nasal vowels with a tilde (ã) when they occur before other written vowels and in some other instances.
  • Palatalization: some historical palatalizations are indicated with the cedilla (ç) in French, Catalan, Occitan and Portuguese. In Spanish and several other world languages influenced by it, the grapheme ñ represents a palatal nasal consonant.
  • Separate pronunciation: when a vowel and another letter that would normally be combined into a digraph with a single sound are exceptionally pronounced apart, this is often indicated with a diaeresis mark on the vowel. This is particularly common in the case of /ɡw/ before e or i, because plain gu in this case would be pronounced /ɡ/. This usage occurs in Spanish, French, Catalan and Occitan, and occurred before the 2009 spelling reform in Brazilian Portuguese. French also uses the diaeresis on the second of two adjacent vowels to indicate that both are pronounced separately, as in Noël "Christmas" and haïr "to hate".
  • Stress: the stressed vowel in a polysyllabic word may be indicated with an accent, when it cannot be predicted by rule. In Italian, Portuguese and Catalan, the choice of accent (acute, grave or circumflex) may depend on vowel quality. When no quality needs to be indicated, an acute accent is normally used (ú), but Italian and Romansh use a grave accent (ù). Portuguese puts a diacritic on all stressed monosyllables that end in a e o as es os, to distinguish them from unstressed function words: chá "tea", más "bad (fem. pl.)", "seat (of government)", "give! (imperative)", mês "month", "only", nós "we" (cf. mas "but", se "if/oneself", de "of", nos "us"). Word-final stressed vowels in polysyllables are marked by the grave accent in Italian, thus università "university/universities", virtù "virtue/virtues", resulting in occasional minimal or near-minimal pairs such as parlo "I speak" ≠ parlò "s/he spoke", capi "heads, bosses" ≠ capì "s/he understood", gravita "it, s'/he gravitates" ≠ gravità "gravity, seriousness".
  • Homophones: words (especially monosyllables) that are pronounced exactly or nearly the same way and are spelled identically, but have different meanings, can be differentiated by a diacritic. Typically, if one of the pair is stressed and the other isn't, the stressed word gets the diacritic, using the appropriate diacritic for notating stressed syllables (see above). Portuguese does this consistently as part of notating stress in certain monosyllables, whether or not there is an unstressed homophone (see examples above). Spanish also has many pairs of identically pronounced words distinguished by an acute accent on the stressed word: si "if" vs. "yes", mas "but" vs. más "more", mi "my" vs. "me", se "oneself" vs. "I know", te "you (object)" vs. "tea", que/quien/cuando/como "that/who/when/how" vs. qué/quién/cuándo/cómo "what?/who?/when?/how?", etc. A similar strategy is common for monosyllables in writing Italian, but not necessarily determined by stress: stressed "it, s/he gives" vs. unstressed da "by, from", but also "tea" and te "you", both capable of bearing phrasal stress. Catalan has some pairs where both words are stressed, and one is distinguished by a vowel-quality diacritic, e.g. os "bone" vs. ós "bear". When no vowel-quality needs distinguishing, French and Catalan use a grave accent: French ou "or" vs. "where", French la "the" vs. "there", Catalan ma "my" vs. "hand".

Upper and lower case

Most languages are written with a mixture of two distinct but phonetically identical variants or "cases" of the alphabet: majuscule ("uppercase" or "capital letters"), derived from Roman stone-carved letter shapes, and minuscule ("lowercase"), derived from Carolingian writing and Medieval quill pen handwriting which were later adapted by printers in the fifteenth and sixteenth centuries.

In particular, all Romance languages capitalize (use uppercase for the first letter of) the following words: the first word of each complete sentence, most words in names of people, places, and organizations, and most words in titles of books. The Romance languages do not follow the German practice of capitalizing all nouns including common ones. Unlike English, the names of months, days of the weeks, and derivatives of proper nouns are usually not capitalized: thus, in Italian one capitalizes Francia ("France") and Francesco ("Francis"), but not francese ("French") or francescano ("Franciscan"). However, each language has some exceptions to this general rule.

Vocabulary comparison

The tables below provide a vocabulary comparison that illustrates a number of examples of sound shifts that have occurred between Latin and Romance languages. Words are given in their conventional spellings. In addition, for French the actual pronunciation is given, due to the dramatic differences between spelling and pronunciation. (French spelling approximately reflects the pronunciation of Old French, c. 1200 AD.)

English Latin Sardinian[69]
(Nuorese)
Romanian Sicilian[70][71][72] Neapolitan Corsican
(Northern)
Italian Venetian Ligurian[73] Emilian Lombard Piedmontese[74] Friulian[75] Romansh Arpitan[76] French Occitan[77] Catalan Aragonese[78] Spanish Asturian[79] Portuguese Galician
man homō, hominem ómine om omu ommo omu uomo om(en)o òmmo òm(en) òm(en) òm om um homo homme /ɔm/ òme home om(br)e hombre home homem home
woman, wife Domina, femina, mulier, mulierem Fémina, muzère femeie, muiere mugghieri femmena, mugliera donna, moglie donna mujer mogê/dònna mujér dòna/fomna,
miee/moglier
fomna muîr muglier fèna femme /fam/
OF moillier
femna/molhèr
OOc mólher (nom.) /
molhér (obj.)
dona, muller muller mujer muyer mulher muller
son fīlium fízu fiu figghiu figlio figliu/figliolu figlio fio figeu fiōl fiœl fieul fi figl, fegl fily, fely fils /fis/ filh fill fillo hijo fíu filho fillo
water aquam àbba apă acqua acqua acqua acqua acua ægoa aqua aqua/ova/eiva eva aghe aua égoua eau /o/ aiga aigua aigua, augua agua agua água auga
fire focum fócu foc focu foco/(pere, from Greek "πυρ") focu fuoco fogo fêugo foeugh fœg feu fûc fieu fuè feu /fø/ fuòc foc fuego fuego fueu fogo fogo
rain pluviam próida ploaie chiuvuta[80] chiuvuta pioggia pioggia pióva ciêuva pioeuva piœva pieuva ploe plievgia pllove pluie /plɥi/ pluèja pluja plebia lluvia lluvia chuva choiva
land terram tèrra țară terra terra terra terra tera tæra tera terra tèra tiere terra/tiara tèrra terre /tɛʁ/ tèrra terra tierra tierra tierra terra terra
stone petra pedra piatră petra preta petra pietra piera pria preda preda/preja pera/pria/preja piere crapa piérra pierre pèira pedra piedra piedra piedra pedra pedra
sky caelum chélu cer celu cielo celu cielo çiél çê cēl cel cel cîl tschiel cièl ciel /sjɛl/ cèl cel zielo cielo cielu céu ceo
high altum àrtu înalt autu auto altu alto alto èrto élt alt/(v)olt àut alt aut hiôt haut[81] /o/ n-aut alt alto alto altu alto alto
new novum nóbu nou novu nuovo novu nuovo nóvo nêuvo noeuv nœv neuv gnove nov nôvo, nôf neuf /nœf/ nòu nou nuebo nuevo nuevu novo novo
horse caballum càdhu cal cavaddu cavallo cavallu cavallo cavało cavàllo cavàl cavall caval ĉhaval chaval chevâl cheval
/ʃ(ə)val/
caval cavall caballo caballo caballu cavalo cabalo
dog canem càne/jàgaru câine cani cane/cacciuttiello cane cane can càn can can/ca can cjan chaun chin chien
/ʃjɛ̃/
can ca, gos can can/perro can cão can
do facere fàchere face(re) fari/fàciri fare far far far fére, fâr faire /fɛːʁ/ far/fàser fer fer hacer facer fazer facer
milk lactem làte lapte latti latte latte latte late læte latt lacc/lat làit lat latg lacél, lat lait /lɛ/ lach llet leit leche lleche leite leite
eye oculum > *oclum ócru ochi occhiu uocchio ochiu/ochju occhio ocio éugio òć œgg euj voli egl uely œil /œj/ uèlh ull güello ojo güeyu olho ollo
ear auriculam > *oriclam orícra ureche auricchia recchia orecchiu/orechju orecchio orécia oêgia uréć oregia/orecia orija orele ureglia orelye oreille
/ɔʁɛj/
aurelha orella orella oreja oreya orelha orella
tongue/
language
linguam límba limbǎ lingua lengua lingua lingua léngua léngoa léngua lengua lenga lenghe lingua lengoua langue /lɑ̃ɡ/ lenga llengua luenga lengua llingua língua lingua
hand manum mànu mână manu mana manu mano man màn man man/ma man man maun man main /mɛ̃/ man man mano mano mão [mɐ̃w̃] man
skin pellem pèdhe piele peddi pella pelle pelle pełe pélle pèl pell pel piel pel pêl peau /po/ pèl pell piel piel piel pele pel
I ego (d)ègo eu eu/jè/ju ije eiu io (mi)[82] a (mi)[82] a (mì/mè)[82] a (mi/mé)[82] a (mi)[82] i/a/e jo jau je je /ʒə/, moi /mwa/[82] ieu/jo jo yo yo yo eu eu
our nostrum nóstru nostru nostru nuosto nostru nostro nostro nòstro noster nòst/nòster nòst nestri noss noutron notre /nɔtʁ/ nòstre nostre nuestro nuestro nuesu,[83] nuestru nosso[83] noso[83]
three trēs tres trei tri tre tre tre tre tréi (m)/

træ (f)

trii tri (m)/
tre (f)
trè tre trais trê trois /tʁwɑ/ tres tres tres tres trés três tres
four quattuor >
*quattro
bàtoro patru quattru quatto quattru quattro cuatro quàttro quàtar quàter quatr cuatri quat(t)er quatro quatre /katʁ/ quatre quatre cuatre, cuatro cuatro cuatro quatro catro
five quīnque >
*cīnque
chímbe cinci cincu cinco cinque cinque çincue çìnque sinc cinc/sic sinch cinc tschintg cinq cinq /sɛ̃k/ cinc cinc zinco, zingo cinco cinco, cincu cinco cinco
six sex ses șase sia seje sei sei sìe sêi siē sex /ses/ ses sîs sis siéx six /sis/ sièis sis seis/sais seis seis seis seis
seven septem sète șapte setti sette sette sette sete sètte sèt set set siet se(a)t, siat sèpt sept /sɛt/ sèt set siet(e) siete siete sete sete
eight octō òto opt ottu otto ottu otto oto éuto òt vòt/òt eut vot ot(g), och huét huit /ɥit/ uèch vuit güeito, ueito ocho ocho oito oito
nine novem nòbe nouă novi nove nove nove nove nêuve nóv nœv neuv nûv no(u)v nôf neuf /nœf/ nòu nou nueu nueve nueve nove nove
ten decem dèche zece deci diece dece dieci diéxe dêxe déś dex /des/ des dîs diesch diéx dix /dis/ dètz deu diez diez diez dez dez
English Latin Sardinian
(Nuorese)
Romanian Sicilian Neapolitan Corsican
(Northern)
Italian Venetian Ligurian Emilian Lombard Piedmontese Friulian Romansh Arpitan French Occitan Catalan Aragonese Spanish Asturian Portuguese Galician

Degrees of lexical similarity among the Romance languages

Data from Ethnologue:[84]

% Sardinian Italian French Spanish Portuguese Catalan Romansh
Italian 85(a)
French 80 89
Spanish 76 82 75
Portuguese 76 80 75 89
Catalan 75 87 85 85 85
Romansh 74 78 78 74 74 76
Romanian 74 77 75 71 72 73 72

See also

Notes

  1. ^ Herman, József; Wright, Roger (Translator) (2000). Vulgar Latin. University Park: Pennsylvania State University Press. pp. 96–115. ISBN 0-271-02001-6. {{cite book}}: |first2= has generic name (help)
  2. ^ "Catalan". Ethnologue. Retrieved 14 November 2017.
  3. ^ «Classifications that are not based on family trees usually involve ranking languages according to degree of differentiation rather than grouping them; thus, if the Romance languages are compared with Latin, it is seen that by most measures Sardinian and Italian are least differentiated and French most (though in vocabulary Romanian has changed most).» Marius Sala; et al. "Romance languages". Britannica.com.
  4. ^ Pei, Mario (1949). "A New Methodology for Romance Classification". WORD. 5 (2): 135–146. doi:10.1080/00437956.1949.11659494.
  5. ^ For example, a 1949 study by Pei, analyzing the degree of difference from a language's parent (Latin, in the case of Romance languages) by comparing phonology, inflection, syntax, vocabulary, and intonation, indicated the following percentages (the higher the percentage, the greater the distance from Latin): Sardinian 8%, Italian 12%, Spanish 20%, Romanian 23.5%, Occitan 25%, Portuguese 31%, and French 44%.
  6. ^ M. Paul Lewis, "Summary by language size", Ethnologue: Languages of the World, Sixteenth Edition.
  7. ^ David Dalby (1999). The Linguasphere register of the world's languages and speech communities (PDF). Vol. 2. Oxford, England: Observatoire Linguistique, Linguasphere Press. pp. 390–410 (zone 51). Retrieved July 30, 2020.
  8. ^ Ilari, Rodolfo (2002). Lingüística Românica. Ática. p. 50. ISBN 85-08-04250-7.
  9. ^ "romance | Origin and meaning of romance by Online Etymology Dictionary". www.etymonline.com. Retrieved 2021-03-30.
  10. ^ "Romance languages". Encyclopædia Britannica. Retrieved 2 December 2014.
  11. ^ Sardos etiam, qui non Latii sunt sed Latiis associandi videntur, eiciamus, quoniam soli sine proprio vulgari esse videntur, gramaticam tanquam simie homines imitantes: nam domus nova et dominus meus locuntur. ["As for the Sardinians, who are not Italian but may be associated with Italians for our purposes, out they must go, because they alone seem to lack a vernacular of their own, instead imitating gramatica as apes do humans: for they say domus nova [my house] and dominus meus [my master]." (English translation provided by Dante Online, De Vulgari Eloquentia, I-xi)] It is unclear whether this indicates that Sardinian still had a two-case system at the time; modern Sardinian lacks grammatical case.
  12. ^ "Dante's Peek". Online Etymology Dictionary. 2020.
  13. ^ Jaberg, Karl and Jud, Jakob, Sprach- und Sachatlas Italiens und der Südschweiz, Vol.1-8, Bern: Zofingen, 1928-1940; Karte 1045: QUELLA VACCA, Karte 342: UNA NOTTE (Online access: [1])
  14. ^ a b Zhang, Huiying (2015). "From Latin to the Romance languages: A normal evolution to what extent?" (PDF). Quarterly Journal of Chinese Studies. 3 (4): 105–111. Archived from the original (PDF) on 2018-01-19. Retrieved 2018-01-18.
  15. ^ Ruhlen M. (1987). A guide to the world's languages, Stanford University Press, Stanford.
  16. ^ Jones, Michael Allan (1990). "Sardinian". In Harris, Martin; Vincent, Nigel (eds.). The Romance Languages. New York: Oxford University Press. pp. 314–350. ISBN 978-0-19-520829-0.
  17. ^ Loporcaro, Michele (2011). "Phonological Processes". In Maiden; et al. (eds.). The Cambridge History of the Romance Languages: Volume 1, Structures.
  18. ^ Ledgeway, Adam; Maiden, Martin (2016). The Oxford Guide to the Romance Languages. Oxford University Press. p. 248ff. ISBN 978-0-19-967710-8.
  19. ^ Dalbera-Stefanaggi, Marie-Josée (2002). La langue corse (1st ed.). Paris: Presses universitaires de France. ISBN 978-2-13-052946-0. Compare comment 1 at the blog Language Hat and comment 2.
  20. ^ "NEO-ROMANTICISM IN LANGUAGE PLANNING (Edo BERNASCONI)". Archived from the original on 2015-02-04.
  21. ^ "NEO-ROMANTICISM IN LANGUAGE PLANNING (Edo BERNASCONI)". Archived from the original on 2015-07-10.
  22. ^ Peano, Giuseppe (1903). De Latino Sine Flexione. Lingua Auxiliare Internationale [2], Revista de Mathematica (Revue de Mathématiques), Tomo VIII, pp. 74–83. Fratres Bocca Editores: Torino.
  23. ^ "Eall fhoil de Bhreathanach". Archived from the original on June 10, 2008.
  24. ^ Henrik Theiling (2007-10-28). "Þrjótrunn: A North Romance Language: History". Kunstsprachen.de. Retrieved 2010-11-06.
  25. ^ "Relay 10/R – Jelbazech". Steen.free.fr. 2004-08-28. Retrieved 2010-11-06.
  26. ^ See Portuguese in Africa.
  27. ^ See Portuguese in Asia and Oceania.
  28. ^ See list of countries where Portuguese is an official language.
  29. ^ I.S. Nistor, "Istoria românilor din Transnistria" (The history of Romanians from Transnistria), București, 1995
  30. ^ "Reports of about 300,000 Jews who left the country after WW2". Eurojewcong.org. Archived from the original on 2006-08-31. Retrieved 2010-11-06.
  31. ^ 1993 Statistical Abstract of Israel reports 250,000 speakers of Romanian in Israel, while the 1995 census puts the total figure of the Israeli population at 5,548,523
  32. ^ Djuvara Neagu, "La Diaspora aroumaine aux XVIIIe et XIXe siècles " In: Les Aroumains, Paris : Publications Langues’O, 1989 (Cahiers du Centre d’étude des civilisations d’Europe centrale et du Sud-Est; 8). P. 95-125.
  33. ^ "Encarta Dictionary". Microsoft Encarta 2006. Archived from the original on 2009-10-28. Retrieved 2009-11-16.
  34. ^ "Ethnologue". SIL Haley. 3 October 2018.
  35. ^ Percy, Thomas (1887). Reliques of Ancient English Poetry: Consisting of Old Heroic Ballads, Songs, Etc. Abe Books. p. 289.
  36. ^ The Encyclopædia Britannica: A Dictionary of Arts, Sciences, Literature, and General Information. Vol. 28 (11 ed.). 1957. p. 167.
  37. ^ Bereznay, András (2011). Erdély történetének atlasza [Atlas of the History of Transylvania]. Méry Ratio. p. 63. ISBN 978-80-89286-45-4.
  38. ^ Rochette, p. 550
  39. ^ Stefan Zimmer, "Indo-European," in Celtic Culture: A Historical Encyclopedia (ABC-Clio, 2006), p. 961
  40. ^ Curchin, Leonard A. (1995). "Literacy in the Roman Provinces: Qualitative and Quantitative Data from Central Spain". The American Journal of Philology. 116 (3): 461–476 (464). doi:10.2307/295333. JSTOR 295333.
  41. ^ Herman, Jozsef (1 November 2010). Vulgar Latin. Penn State Press. ISBN 978-0-271-04177-3., pp. 108–115
  42. ^ a b Harris, Martin; Vincent, Nigel (2001). Romance Languages. London, England, UK: Routledge.
  43. ^ Vlad Georgescu, The Romanians: A History, Ohio State University Press, Columbus, p.12
  44. ^ Ioan-Aurel Pop, "On the Significance of Certain Names: Romanian/Wallachian and Romania/Wallachia" (PDF). Retrieved 18 June 2018
  45. ^ Vlad Georgescu, The Romanians: A History, Ohio State University Press, Columbus, p.13
  46. ^ a b c d Price, Glanville (1984). The French language: past and present. London: Grant and Cutler Ltd.
  47. ^ "Na" is a contraction of "em" (in) + "a" (the), the form "em a" is never used, it is always replaced by "na". The same happens with other prepositions: "de" (of) + o/a/os/as (singular and plural forms for "the" in masculine and feminine) = do, da, dos, das; etc.
  48. ^ Verb; literally means "to put in mouth"
  49. ^ Ilona Czamańska, "Vlachs and Slavs in the Middle Ages and Modern Era", Res Historica, 41, Lublin, 2016
  50. ^ van Durme, Luc (2002). "Genesis and Evolution of the Romance-Germanic Language Border in Europe". In Treffers-Daller, Jeanine; Willemyns, Roland (eds.). Language Contact at the Romance–Germanic Language Border (PDF). Multilingual Matters. p. 13. ISBN 9781853596278.
  51. ^ Note that the current Portuguese spelling (Portuguese Language Orthographic Agreement of 1990) abolished the use of the diaeresis for this purpose.
  52. ^ Pope (1934).
  53. ^ Rodney Sampson, Vowel Prosthesis in Romance: A Diachronic Study (Oxford: Oxford UP, 2010), 63.
  54. ^ Allen (2003) states: "There appears to have been no great difference in quality between long and short a, but in the case of the close and mid vowels (i and u, e and o) the long appear to have been appreciably closer than the short." He then goes on to the historical development, quotations from various authors (from around the second century AD), as well as evidence from older inscriptions where "e" stands for normally short i, and "i" for long e, etc.
  55. ^ Technically, Sardinian is one of the Southern Romance languages. The same vowel outcome occurred in a small strip running across southern Italy (the Lausberg Zone), and is thought to have occurred in the Romance languages of northern Africa.
  56. ^ Palmer (1954).
  57. ^ cauda would produce French **choue, Italian */kɔda/, Occitan **cauda, Romanian **caudă.
  58. ^ Kaze, Jeffery W. (1991). "Metaphony and Two Models for the Description of Vowel Systems". Phonology. 8 (1): 163–170. doi:10.1017/s0952675700001329. JSTOR 4420029.
  59. ^ Calabrese, Andrea. "Metaphony" (PDF). Archived from the original (PDF) on 2013-09-21. Retrieved 2012-05-15.
  60. ^ "ALVARO ARIAS CABAL - Publicaciones". personales.uniovi.es.
  61. ^ a b Penny, Ralph (1994). "Continuity and Innovation in Romance: Metaphony and Mass-Noun Reference in Spain and Italy". The Modern Language Review. 89 (2): 273–281. doi:10.2307/3735232. JSTOR 3735232.
  62. ^ Álvaro Arias. "La armonización vocálica en fonología funcional (de lo sintagmático en fonología a propósito de dos casos de metafonía hispánica) Archived 2018-01-19 at the Wayback Machine", Moenia 11 (2006): 111–139.
  63. ^ Note that the outcome of -am -em -om would be the same regardless of whether lengthening occurred, and that -im was already rare in Classical Latin, and appears to have barely survived in Proto-Romance. The only likely survival is in "-teen" numerals such as trēdecim "thirteen" > Italian tredici. This favors the vowel-lengthening hypothesis -im > /ĩː/ > /i/; but notice unexpected decem > Italian dieci (rather than expected *diece). It is possible that dieci comes from *decim, which analogically replaced decem based on the -decim ending; but it is also possible that the final /i/ in dieci represents an irregular development of some other sort and that the process of analogy worked in the other direction.
  64. ^ The Latin forms are attested; metipsissimus is the superlative of the formative -metipse, found for example in egometipse "myself in person"
  65. ^ Ralph Penny, A History of the Spanish Language, 2nd edn. (Cambridge: Cambridge UP, 2002), 144.
  66. ^ Espinosa, Aurelio M. (1911). "Metipsimus in Spanish and French". PMLA. 26 (2): 356–378. doi:10.2307/456649. JSTOR 456649.
  67. ^ Formerly ⟨qü⟩ in Brazilian Portuguese
  68. ^ Formerly ⟨gü⟩ in Brazilian Portuguese
  69. ^ "Ditzionàriu in línia de sa limba e de sa cultura sarda, Regione Autònoma de sa Sardigna". Archived from the original on 2017-10-08. Retrieved 2013-09-14.
  70. ^ "Sicilian–English Dictionary". Italian.about.com. 2010-06-15. Retrieved 2010-11-06.
  71. ^ "Dictionary Sicilian – Italian". Utenti.lycos.it. Archived from the original on 2009-04-20. Retrieved 2010-11-06.
  72. ^ "Indo-European Languages". Retrieved 2013-09-18.
  73. ^ "Traduttore Italiano Genovese - TIG".{{cite web}}: CS1 maint: url-status (link)
  74. ^ "Grand Dissionari Piemontèis / Grande Dizionario Piemontese". Retrieved 2013-09-17.
  75. ^ "Dictionary English–Friulian Friulian–English". Sangiorgioinsieme.it. Archived from the original on 2011-07-22. Retrieved 2011-07-31.
  76. ^ "Lo trèsor arpitan".{{cite web}}: CS1 maint: url-status (link)
  77. ^ Beaumont (2008-12-16). "Occitan–English Dictionary". Freelang.net. Retrieved 2010-11-06.
  78. ^ "English Aragonese Dictionary Online". Glosbe. Retrieved 2013-09-18.
  79. ^ "English Asturian Dictionary Online". Glosbe. Retrieved 2013-09-18.
  80. ^ Developed from *pluviūtam.
  81. ^ Initial h- due to contamination of Germanic *hauh "high". Although no longer pronounced, it reveals its former presence by inhibiting elision of a preceding schwa, e.g. le haut "the high" vs. l'eau "the water".
  82. ^ a b c d e f Cognate with Latin , not ego. Note that this parallels the state of affairs in Celtic, where the cognate of ego is not attested anywhere, and the use of the accusative form cognate to has been extended to cover the nominative, as well.
  83. ^ a b c Developed from an assimilated form *nossum rather than from nostrum.
  84. ^ Ethnologue, Languages of the World, 15th edition, SIL International, 2005.

References

Overviews:

  • Frederick Browning Agard. A Course in Romance Linguistics. Vol. 1: A Synchronic View, Vol. 2: A Diachronic View. Georgetown University Press, 1984.
  • Harris, Martin; Vincent, Nigel (1988). The Romance Languages. London: Routledge. Reprint 2003.
  • Posner, Rebecca (1996). The Romance Languages. Cambridge: Cambridge University Press.
  • Gerhard Ernst et al., eds. Romanische Sprachgeschichte: Ein internationales Handbuch zur Geschichte der romanischen Sprachen. 3 vols. Berlin: Mouton de Gruyter, 2003 (vol. 1), 2006 (vol. 2).
  • Alkire, Ti; Rosen, Carol (2010). Romance Languages: A Historical Introduction. Cambridge: Cambridge University Press.
  • Martin Maiden, John Charles Smith & Adam Ledgeway, eds., The Cambridge History of the Romance Languages. Vol. 1: Structures, Vol. 2: Contexts. Cambridge: Cambridge UP, 2011 (vol. 1) & 2013 (vol. 2).
  • Martin Maiden & Adam Ledgeway, eds. The Oxford Guide to the Romance Languages. Oxford: Oxford University Press, 2016.
  • Lindenbauer, Petrea; Metzeltin, Michael; Thir, Margit (1995). Die romanischen Sprachen. Eine einführende Übersicht. Wilhelmsfeld: G. Egert.
  • Metzeltin, Michael (2004). Las lenguas románicas estándar. Historia de su formación y de su uso. Uviéu: Academia de la Llingua Asturiana.

Phonology:

  • Boyd-Bowman, Peter (1980). From Latin to Romance in Sound Charts. Washington, D.C.: Georgetown University Press.
  • Cravens, Thomas D. Comparative Historical Dialectology: Italo-Romance Clues to Ibero-Romance Sound Change. Amsterdam: John Benjamins, 2002.
  • Sónia Frota & Pilar Prieto, eds. Intonation in Romance. Oxford: Oxford UP, 2015.
  • Christoph Gabriel & Conxita Lleó, eds. Intonational Phrasing in Romance and Germanic: Cross-Linguistic and Bilingual studies. Amsterdam: John Benjamins, 2011.
  • Philippe Martin. The Structure of Spoken Language: Intonation in Romance. Cambridge: Cambridge UP, 2016.
  • Rodney Sampson. Vowel Prosthesis in Romance. Oxford: Oxford UP, 2010.

Lexicon:

  • Holtus, Günter; Metzeltin, Michael; Schmitt, Christian (1988). Lexikon der Romanistischen Linguistik. (LRL, 12 volumes). Tübingen: Niemeyer.

French:

  • Price, Glanville (1971). The French language: present and past. Edward Arnold.
  • Kibler, William W. (1984). An introduction to Old French. New York: Modern Language Association of America.
  • Lodge, R. Anthony (1993). French: From Dialect to Standard. London: Routledge.

Portuguese:

  • Williams, Edwin B. (1968). From Latin to Portuguese, Historical Phonology and Morphology of the Portuguese Language (2nd ed.). University of Pennsylvania.
  • Wetzels, W. Leo; Menuzzi, Sergio; Costa, João (2016). The Handbook of Portuguese Linguistics. Oxford: Wiley Blackwell.

Spanish:

  • Penny, Ralph (2002). A History of the Spanish Language (2nd ed.). Cambridge: Cambridge University Press.
  • Lapesa, Rafael (1981). Historia de la Lengua Española. Madrid: Editorial Gredos.
  • Pharies, David (2007). A Brief History History of the Spanish Language. Chicago: University of Chicago Press.
  • Zamora Vicente, Alonso (1967). Dialectología Española (2nd ed.). Madrid: Editorial Gredos.

Italian:

  • Devoto, Giacomo; Giacomelli, Gabriella (2002). I Dialetti delle Regioni d'Italia (3rd ed.). Milano: RCS Libri (Tascabili Bompiani).
  • Devoto, Giacomo (1999). Il Linguaggio d'Italia. Milano: RCS Libri (Biblioteca Universale Rizzoli).
  • Maiden, Martin (1995). A Linguistic History of Italian. London: Longman.

Rhaeto-Romance:

  • John Haiman & Paola Benincà, eds., The Rhaeto-Romance Languages. London: Routledge, 1992.

External links