返品権

ウィキペディアから、無料の百科事典
ナビゲーションにジャンプ 検索にジャンプ

リターンの権利はで原則である国際法のすべての人の権利を保証する自主的なリターンに、またはそれに再入国、起源のかを自分たちの国の市民権を。帰還権は、より広範な人権概念の移動の自由の一部であり、国籍の法的概念にも関連しています。[1]多くの州は市民に居住権を与えていますが、帰還権は正式な意味での市民権や国籍に限定されていません。[2]ステートレスを可能にします「本物で効果的なつながり」を維持している限り、人や国外で生まれた人が初めて帰国すること。[2] [3]

この権利は、いくつかの現代の条約や条約、特に1948年の世界人権宣言、1966年の市民的および政治的権利に関する国際規約、1948年のジュネーブ第4条約で策定されています。法学者は、これらの国際人権文書の1つまたは複数が慣習国際法の地位を獲得しており、したがって返品権はこれらの条約への非署名者を拘束していると主張しています[4] [5]

帰還権は、難民グループの代表者によって、彼らが避難した国に帰還する権利があると主張するためにしばしば呼び出されます。

歴史

いかなる国を離れ、自国に戻る権利は人権みなされ自然法に基づいています。[6]

古代の先例

帰還権は古代では明確に認められていませんでしたが、亡命者は、故郷への帰還の許可を明示的に拒否され、重大な犯罪に対する一般的な罰でした。このトピックは、骨董品の作家によって広く議論されました。[7]は例えば、テルズ・オブ・メガラ彼の中に非難 亡命では、書いた「しかし、亡命者を帰国させ、これは彼らの自由の厳しい制限ではありません。」[7]

古代の間、人々のグループはしばしば征服の一部として、または反逆の罰として、彼らの都市と故郷のために強制送還または根こそぎにされました。場合によっては、彼らは帰国を許可された(または奨励された)。通常、彼らの亡命を引き起こした軍事力と政治力のバランスが変化したときである。しかし、これらの場合、追放された人々は帰還するオプション与えられ、彼らが帰還する固有の権利持っていることは決して認識されませんでした

よく知られている例は、シオンへの帰還です。これにより、キュロス大王は、ユダからバビロンに追放されユダヤ人に、祖国に戻ってエルサレムを再建するオプションを与えました。記録されているヘブライ語聖書エズラ記ネヘミヤ記)この場合は、多くの場合、現代によって先例として引用されシオニストと、独自のリターンを追求しようとしている他のグループに影響を与えました。

中にペロポネソス戦争アテネは追放との住民散乱メロスエギナや他の都市を(そのうちのいくつかは、奴隷として売られています)。スパルタの勝利に続いて、紀元前405年のスパルタ将軍ライサンダーはこれらの亡命者を集めて元の都市に戻すために一丸となって努力しました。[8] [9]

コットンMS。アウグスト2世。106、わずか4生き残りの一つの例示1215のテキストの

マグナカルタ

帰還権を保証する最初の成文化された法律は、1215年からの英国憲章マグナカルタにあります:[10]

将来的には、戦争中を除いて、領土の共通の利益のために、陸や水によって、私たちへの忠誠を維持しながら、無傷で恐れることなく私たちの王国を出入りすることは、すべての人にとって合法です。 。土地の法律に従って投獄または非合法化された人々、私たちと戦争をしている国の人々、および商人(上記のように扱われる)は、この規定から除外されます。[11]

1791年憲法

帰還権を認める国内法のもう1つの初期の例は、1790年12月15日に制定された1791年のフランス憲法でした。[6]

憲法で定められた手続きに従わない限り、停止または逮捕されることなく、誰もが行き、滞在し、または去る自由。

憲法は、何世紀にもわたるユグノー(フランスのプロテスタント)の迫害と差別に終止符を打ちました[要出典]

フランスに居住するすべてのプロテスタントを本格的な市民にすると同時に、1790年12月15日に制定された法律は次のように述べています。

外国で生まれ、宗教上の理由で国外追放されたフランス人の男性または女性のいずれかの程度で子孫であるすべての人は、フランス国民(naturelsfrançais)と宣言され、フランスに戻ってそこに居住地を確立すると、その品質に付随する権利の恩恵を受けますそして市民の誓いを立てなさい。[12]

ナントの勅令取り消しとユグノーの追放は1世紀以上前に行われ、多くの国で大規模なユグノーの勅令があり、ホスト国の人口としばしば結婚しました(ポツダム勅令を参照)。したがって、法律は、多くの英国人、ドイツ人、南アフリカ人などにフランス市民権を与える可能性がありましたが、実際にそれを利用したのはごく一部でした。[要出典]ユグノーの子孫がフランス国籍を取得するためのこのオプションは、1945年に廃止されるまで開いたままでした。フランス占領後、フランス人はユグノー出身のドイツ人にそれを利用させたがらなかったからです。

シュレースヴィヒの国民投票、1920年

1864年の第二次シュレースヴィヒ戦争の余波で、以前はデンマークが支配していたシュレースヴィヒの領土がドイツ帝国の一部になりましオプタントとして知られるかなりの数の住民は、デンマークの市民権を保持することを選択し、ドイツの市民権を取得することを拒否しました。その結果、彼らはプロイセン当局によってその地域から追放されました。半世紀後に、ドイツの敗北、次の第一次世界大戦国民投票は、地域の将来を決定するために1920年に開催されました。デンマーク政府は連合国に尋ねたこれらの追放されたデーン人とその子孫をシュレスヴィヒに戻して国民投票に参加させるため。これは認められましたが、その間に多くのオプタントが米国に移住し、これらのほとんどは実際には戻ってきませんでした。

権利の法的理解

返品権の原則は、次のような多くの国際文書で成文化されています。

ハーグ規則(HR)、第20条:

20.和平の締結後、捕虜の本国送還可能な限り迅速に行われなければならない。

HRが囚人の本国送還を要求する場合、紛争中に避難した民間人も本国送還を許可されなければならないことは「明らか」であると主張されてきた。[13]

世界人権宣言(UDHR)、第13条:

1.すべての人は、各州の境界内での移動と居住の自由に対する権利を有します。
2.誰もが自分の国を含め、どの国からも出国し、自分の国に戻る権利があります。

市民的および政治的権利に関する国際規約(ICCPR)第12条(4):

4.自国への入国権を恣意的に奪われてはならない。

ジュネーブ第4条約、第49条:

49.個人または大量の強制移送、ならびに占領地から占領国の領土または占領されているかどうかにかかわらず他の国の領土への保護された人の強制送還は、その動機に関係なく禁止されています。
それにもかかわらず、占領国は、人口の安全または緊急の軍事的理由がそう要求する場合、所与の地域の完全または部分的な避難を行うことができます。...このように避難した人は、問題の地域での敵対行為が終わったらすぐに彼らの家に戻されなければならない。

あらゆる形態の人種差別の撤廃に関する条約、第5d(ii)条:

自国を含むあらゆる国を離れ、自国に戻る権利。

これらの記事がどのように解釈されるべきかについて、学者の間でいくつかの論争が存在します。

「自分の国」

画期的な国際司法裁判所の事件である1955年ノッテボーム事件は、「自分の国」がどうあるべきかについてより多くの基準を打ち出すものとしてしばしば引用されます。[14]裁判所は、個人と国の間に「本物で効果的な」つながりが必要であるとの判決を下した。そのようなリンクのためにリストされた基準の中には、「密接で永続的なつながり」、「伝統」、「確立」、「興味」および「家族の絆」がありました。1955年の判決は、最近の条約や裁判所の判決に取って代わられました。

ICCPRとUDHRで「彼自身」と「彼の国」が何を意味するかについては、いくつかの意見の相違があります[14]1999年からの国連人権委員会の権威ある解釈によると

「自分の国」の範囲は、「彼の国籍の国」という概念よりも広いです。正式な意味での国籍、つまり出生時または授与によって取得された国籍に限定されません。それは、少なくとも、特定の国との特別な関係または主張のために、単なる外国人とは見なされない個人を包含します。これは、たとえば、国際法に違反して国籍を剥奪された国の国民、および国籍が拒否されている別の国籍団体に組み込まれた、または移管された個人の場合です。彼ら。

自分の国に入る権利は、その国との特別な関係を認めています...それは自分の国を去った後に戻る権利だけではありません。また、国外で生まれた場合、初めてその国に来る資格を得る場合もあります。[15]

- Agterhuis、交渉の記録によるとtravauxのpréparatoires - ICCPRは、第12条の文言(4)「の右から変更されたことが明らかになったのリターン」右に自分の国に「入力1の国」で作成されました国外で生まれ、そこに住んだことのない国民または市民を含めるため。[16]

質量変位

帰還権が民族グループ全体が強制的に追放された状況に適用できるかどうかについては、いくつかの意見の相違があります。エルサレム公共問題センターのルース・ラピドスは、1966年のICCPRの解説からスティグ・イェーガースキールド引用して、権利は避難民のグループを保護することを意図していないと主張しました。

... [それ]は、個人の権利を主張する個人に適用することを目的としています。ここでは、戦争の副産物として、または第二次世界大戦中および第二次世界大戦後の東ヨーロッパからのドイツ人の移住など、領土または人口の政治的移転によって追放された大衆の主張に対処する意図はありませんでした。 、イスラエルになったものからのパレスチナ人の飛行、またはアラブ諸国からのユダヤ人の移動。[17]

ハーストハナムも同様の議論をしました:

難民や避難民などの集団の大規模な移動が、その起草者によって規約の第12条の範囲に含まれることを意図されていたという証拠はありません。[18]

オーストリアの人権弁護士マンフレッド・ノワクは、「大勢の人がこの権利を主張しているとしても」帰還権が適用されるという反対の立場を主張しました。[19] Brackaも同様に主張している。

とにかく、はっきりしているように見えるのは、テキストもtravauxpréparatoiresもないということです関連するUDHR、ICCPR、およびCERDの規定のうち、実際には、[大量移動の状況を除外するために]この方法で[権利]の制限を行うことをサポートしています。第一に、起草者が移動の自由の原則の適用可能性を避難民のメンバーに考慮したという兆候はありません。そして、そのようなシナリオは「他の法体系」で議論されると想定されていたかもしれませんが、これはこれらの記事を孤立した個人に限定する意図と同義ではありません。第二に、実際のテキストのどこにも、グループの所属に基づいて認定された返品権の操作はありません。むしろ、それぞれの場合において、関連する言語は「全員」を指します。さらに、一般的なコメント27のHRCは、次のように述べている限り、この読み方を確認しています。自発的な帰還を求める難民にとって、帰還する権利は最も重要である。それはまた、他国への強制的な人口移動または大量追放の禁止を意味します。第三に、ICCPRの第12条(4)における帰還権は個人の権利として提示されているが、Quigleyは、「これは国際人権文書のほとんどの権利にも当てはまる」と確認しています。確かに、人々の動きは歴史的に集合的な次元をとってきました。したがって、個人が集団の一部を形成しているという理由だけで人権の利用可能性を否定することは、それらの権利を幻想的にするでしょう。[14]

米国国務省の法律顧問であるEricRosandは、同じ議論を使用しました。

政治的交渉と自己決定の問題は、大規模な避難を伴う状況では適切かもしれないが、UDHR、ICCPR、またはICERDの関連規定の本文またはトラボープレパラトワールには、帰国の拒否。実際、これらの文書の綿密な検討に基づいて、特にUDHR、ICCPR、およびICERDが帰還する権利は、自分のグループのステータスにリンクされている必要があります。いずれの場合も、関連する言語は、帰還する権利を有する「全員」を指します。[5]

Rosandは、帰還権が大量移動の下で適用可能であるとは考えていない学者の見解について議論しているが、次のように結論付けている。

しかし、今世紀の最後の10年間で、世界は現在、そのような人口移動を非難しており、それは大量の追放とともに、国際法の重要な原則に違反していると見なされています。 ...さらに、UDHRとICCPRの両方で帰還する権利は、ルワンダとジョージアでの紛争を解決するために最近署名された和平協定でこの権利を保証するための基礎でした。 。 ...これらのグループの実際の返還は、最終的には政治的実現可能性によって決定されるかもしれませんが、これは国際社会が国際法に彼らの返還を根拠付けることを妨げるべきではありません。 ... 要するに、返還権が存在することを認めるが、場合によっては未解決の政治情勢のために実施できない場合があることを認めることと、大規模なグループの返還の問題は国際法の範囲を超えており、一部としてのみ解決可能であると宣言することには違いがあります。進行中の政治交渉の。[5]

第三国定住難民

マスリによれば、難民の地位は帰還権とは無関係である。したがって、受入国で新しい国籍を取得した難民は、必ずしも彼らが去った国に戻る権利を失うわけではありません。マスリは、第三国定住は難民と出身国との間の「つながりを弱める」が、この弱体化は自動的に権利の剥奪につながるのに十分ではないと主張している。[20]

地域条約

帰還権は、人権と人民の権利に関するアフリカ憲章の第12条(2)など、多くの地域条約にも見られます。

すべての個人は、自分の国を含むすべての国を離れ、自分の国に戻る権利を有するものとします。この権利は、国家安全保障、法と秩序、公衆衛生または道徳の保護のために法律によって規定された制限の対象となる場合があります。[21]

この権利は、欧州人権条約の第3条(2)にも記載されています。「[n] o人は、彼が国民である州の領土に入る権利を奪われるものとする」および米州人権条約第22条(5)「[n] o人は、彼が国民である州の領土から追放されるか、そこに入る権利を奪われる可能性があります。」これらの条約では、ICCPRの第12条(4)の「自国」よりも狭いと見なされる「国内」という言葉が使用されています。[22]

判例法における返品権

返品権の原則を扱った事例はほとんどありません。 1996年、欧州人権裁判所(ECHR)は、ロイジドゥ対トルコとして知られる画期的な訴訟で判決を下しましたTitina Loizidou夫人は、北キプロスから追放され、トルコからの帰国を阻止されギリシャ系キプロス人の難民でした。裁判所は、トルコがロイジドゥ夫人の人権を侵害したこと、彼女が彼女の家に戻ることを許可されるべきであり、トルコが彼女に損害賠償を支払うべきであるとの判決を下した。[23]

同様のケースで、チャゴシアン人の申立人は2005年にECHRに、1960年代の英国政府によるディエゴガルシアからの彼ら連れ去りについて裁定するよう要請しました。裁判所は2012年に、彼らの訴訟は許容できないものであり、補償を受け入れることにより、島民は彼らの主張を失ったとの判決を下しました。

裁判所は特に、欧州人権条約に基づく申請者の主張の中心は、チャゴス諸島からの移住中に彼らまたはその前例が受けた冷酷で恥ずべき扱いであると認定しました。しかし、これらの主張は国内裁判所で提起され、決定的に解決されました。補償を受け入れて受け取る際に、申請者は、家からの追放と排除が違法であり、権利を侵害したかどうかを判断するためのさらなる請求の提出を事実上放棄し、したがって、もはや条約違反の犠牲者であると主張することはできませんでした。[24]

帰還権を主張する非国家グループ

チェルケス人

チェルケス人は、コーカサス北西部を起源とする先住民族です。19世紀を通じて、ロシア帝国は、先祖代々の故郷からチェルケス人根絶する政策を採用し、生き残ったチェルケス人のほとんどをディアスポラに押し込みました。[25]多くのチェルケス人、特にシリアで紛争から逃れチェルケス人は、チェルケシアに戻ることに関心を示している[25]

グルジア難民と国内避難民

1992年から1993年のアブハジアの離脱戦争と1998年の第2回アブハジア戦争の間に、20万から25万人のグルジアの民間人が国内避難民(IDP)と難民になりました。アブハジアは、本国送還に正式に同意しているものの、15年以上にわたって公式および非公式の両方で難民の帰還を妨げてきました。[26]

ギリシャ系キプロス人

トルコがキプロス侵攻した際、ギリシャ系キプロス人の人口の40%と、トルコ系キプロス人の人口の半分以上が避難しました。島は民族の境界線に沿って分割され、ギリシャ系キプロス人の避難民のほとんどは、トルコ系キプロス人の北部側の自宅に戻ることを許可されていませんでした。

紛争解決の計画は、1975年に達成された第3ウィーン協定や、2004年に提案されたアナン計画など人口交換の二国間協定を中心としてきました。これらの計画では、帰還権はギリシャ語に関して厳しく制限されていました。 -キレニアモルフォウファマグスタニコシアの一部などの地区へのキプロスの内部避難民/難民 。ロイジドゥ対トルコなどの事件における欧州人権裁判所の判決、および帰還権を認める多数の国連決議にもかかわらず(などのSC 361GA 3212)。アナン計画に関する2つの国民投票が、2004年4月に、民族に沿って別々に開催されました。アナン計画はギリシャとキプロスの国民投票で圧倒的に拒否されました

帰還権は、キプロス問題の解決への障害であり続けています

ディエゴガルシアチャゴシアン

Chagossians、島に居住する民族ディエゴ・ガルシアにあるインド洋は、に追放されたモーリシャスの勃起に関連して、1960年代に米軍の島の戦略的軍事施設。それ以来、チャゴシアン人はディエゴガルシアに戻るために永続的な政治的および法的な闘争を行ってきました。2007年の時点で、彼らの帰還権はいくつかの英国の裁判所によって認められていましたが、英国政府はそれを実施できませんでした。[要出典]

パレスチナ人

パレスチナ難民は、国際法により、委任統治領パレスチナの以前の家に戻る権利と、現在のイスラエルに残された財産権が保証されていると主張しています[27]

返品権を付与する法律のある国

アルメニア

アルメニア憲法(1995)の第14条は、「アルメニア出身の個人は、簡素化された手続きを通じてアルメニア共和国の市民権を取得するものとする」と規定しています。[28]この規定は、1989年にアルメニア共和国の最高ソビエトによって発行されたアルメニアの独立宣言と一致しており、第4条で「海外に住むアルメニア人はアルメニア共和国の市民権を得る権利がある」と宣言した。

カナダ

カナダの権利と自由の憲章のセクション6は、「カナダのすべての市民は、カナダに出入りする権利を持っている」ことを保証しています。[29]

エストニア

エストニア憲法第36条(3)は、「すべてのエストニア人エストニアに定住する権利がある」と述べています。[30]

フィンランド

フィンランド出身の人々は、帰化よりも速くて安価で、要件が少ない宣言によって市民権を受け取ることができます。フィンランド出身の人は次のとおりです。1)フィンランド人の父親の海外で生まれた子供。 2)12〜17歳の養子。 3)元フィンランド市民。 4)他の北欧諸国の市民; 5)フィンランドに長期滞在している18〜22歳。[31]以前は、フィンランドは、民族がフィンランド人としてマークされているソビエトパスポート(またはソビエト後のパスポート)を持った帰還者も受け入れていた。これにより、イングリア・フィン人やソビエト連邦に残っていた他のフィンランドの移民が可能になりました。フィンランド国防軍に仕えた人々または第二次世界大戦中に占領地からフィンランドにドイツまたはフィンランド当局によって避難させられたフィンランド人も帰還者としての資格があります。ただし、これらのオプションは使用できなくなり、申請者は代わりに通常の帰化の資格を得る必要があります。

フランス

帰還権を認める国内法のもう1つの初期の例は、1790年12月15日に制定された1791年のフランス憲法でした。[6]

憲法で定められた手続きに従わない限り、停止または逮捕されることなく、誰もが行き、滞在し、または去る自由。

憲法は、何世紀にもわたるユグノー(フランスのプロテスタント)の迫害と差別に終止符を打ちました[要出典]

フランスに居住するすべてのプロテスタントを本格的な市民にすると同時に、1790年12月15日に制定された法律は次のように述べています。

外国で生まれ、宗教上の理由で国外追放されたフランス人の男性または女性のいずれかの程度で子孫であるすべての人は、フランス国民(naturelsfrançais)と宣言され、フランスに戻ってそこに居住地を確立すると、その品質に付随する権利の恩恵を受けますそして市民の誓いを立てなさい。[12]

ナントの勅令取り消しとユグノーの追放は1世紀以上前に行われ、多くの国で大規模なユグノーのディアスポラが発生し、ホスト国の人口と結婚することがよくありました。[要出典]したがって、法律は、実際にそれを利用したのはごく一部でしたが、多くの英国人、ドイツ人、南アフリカ人などにフランス市民権を与える可能性がありました。[要出典]ユグノーの子孫がフランス国籍を取得するためのこのオプションは、1945年に廃止されるまで開いたままでした。フランス占領後、フランス人はユグノー出身のドイツ人にそれを利用させることを望まなかったからです。

1985年10月、フランスの フランソワミッテラン大統領、世界中ユグノーの子孫に公の謝罪を表明しました[32]

ドイツ

ドイツの法律では、(1)あらゆる民族のドイツ国民の子孫、または(2)ドイツ系の人々で、旧ワルシャワ協定(およびユーゴスラビア)の国に住んでいる人々は、ドイツに「戻る」権利と(「 ")ドイツ市民権を主張する(Aussiedler /Spätaussiedler "後期移民 ")。 1992年後半の法改正後、この権利は事実上、旧ソビエト連邦のドイツ人に限定されています。帰還権の多くの法的実施と同様に、民族的出身またはドイツ国民からの子孫に基づいてドイツに住んだことのない個人のドイツへの「帰還」については議論の余地があります。法律は、第116条の第1項に成文化されています。ドイツ連邦共和国の基本法。これは、1937年12月31日の境界内にドイツ民族出身の難民または追放者として、または配偶者としてドイツ帝国の領土に入院したすべての人にドイツ市民権へのアクセスを提供します。またはそのような人の子孫」。[33]これらの領土にはポーランドの少数派がおり、これもドイツの市民権を持ち、第二次世界大戦後はポーランドに住んでいた。これらのポーランド人はAussiedlerまたはSpätaussiedlerでもあり、特に1980年代にドイツにやって来ました第二次世界大戦後のポーランドからドイツへの移民を参照してください。たとえば、ルーカスポドルスキオイゲン・ポランスキ[34]は、この法律によってドイツ市民になりました。第116条の第2項はまた、「1933年1月30日から1945年5月8日までの間に政治的、人種的または宗教的理由で市民権を剥奪された元ドイツ市民およびその子孫は、申請により市民権を回復しなければならない」と規定している。[33]第116条の歴史的背景は、第二世界大戦後、中央および東ヨーロッパの他の国からの推定900万人の外国人ドイツ人の立ち退きであった。もう一つの900万ドイツ国民旧ドイツ東部領土は、その上にスターリンと東の隣人状態は1945年に軍事的覇権を拡張し、し、追放します同様に。Heimatvertriebeneとして知られるこれらの追放者と難民は、難民の地位と文書を与えられ、外国人のドイツ人に関しては、ドイツ市民権も与えられ(1949年)、ドイツに再定住しました。可能な補償議論は続きます。しかし、これは、ドイツの無条件降伏とポツダムの手段の下で行われた一連の人口移動の両方に関連する、ドイツの東隣国からの戦争補償の可能性のある主張によって対抗されてきました。 1950年から2016年の間に、多くのポーランド人を含む、最大1,445,210人のAussiedler /Spätaussiedlerとその家族(Familienangehörigenが推定されています。ポーランドから移住したドイチェ・ヴェレ[35](たとえば、ルーカス・ポドルスキオイゲン・ポランスキ)によると。[36]

ガーナ

ガーナでは、アフリカ系の人々がガーナに無期限に滞在する権利を申請し、付与することができます。[37]

ギリシャ

ギリシャの歴史を通してのさまざまな現象(古典的なギリシャの都市国家による大規模な植民地化、ヘレニズム時代のギリシャ文化の広大な拡大、ギリシャ語を話すビザンチン帝国によって時折開催された大きな支配、そしてオスマン帝国の下でのギリシャ人によるエネルギッシュな取引活動)すべてが現代ギリシャの境界をはるかに超えてギリシャのコミュニティを作成する傾向がありました。

この状況を認識して、ギリシャは、ギリシャのディアスポラのメンバーであるギリシャ民族の祖先の幅広いカテゴリーの人々に市民権を付与します。これには、祖先がギリシャの近代国家以外のディアスポラコミュニティに何世紀または何千年も住んでいる個人や家族が含まれます。[38]

ギリシャに住んでおらず、ギリシャ市民権を保持しておらず、必ずしもギリシャ市民権を持っていない「ギリシャ出身の外国人」は、ギリシャ市民権第4条に基づき、ギリシャ市民権取得により修正された ギリシャの軍隊に参加することにより、ギリシャ市民になることができます。ギリシャ起源法(法律2130/1993)のエイリアンによるギリシャの国籍。そうすることを望む人は誰でも、「[a]利用可能な書面による記録...関心のある人と彼の先祖のギリシャの起源を証明する」を含む多くの文書を提示しなければなりません。

アルバニアは、ギリシャがイスラム教徒に戻るの権利付与することを1940年代から求めたチャムアルバニアた、追放のギリシャの領域からエピラスの終わりに、1944年から1945年の間に、第二次世界大戦(参照しっかりとギリシャ人によって拒否され、需要-チャム問題)。

ハンガリー

2010年、ハンガリーは、主にハンガリー王国の旧領土に居住し、現在はハンガリーの近隣諸国に居住しているハンガリー人の子孫に市民権と帰還権を付与する法律を可決しました。50万人のマジャル人(人口の10%)がいるスロバキアは、声高に反対しました。[39]

アイルランド

現在のアイルランド国籍法では、アイルランド島で生まれた祖父母を持つ人は誰でも、外国出生登録に登録することでアイルランド国籍を主張することができます。さらに、法律は、法務大臣が「アイルランド系またはアイルランドの協会」の人の帰化のための居住要件を放棄することを許可しています。

イスラエル

帰還法が制定され法律であるイスラエルのすべて与え、1950年に、ユダヤ人を、少なくとも一つのユダヤ人の祖父母までのユダヤ人の家系の人、そしてユダヤ人の権利の配偶者移住イスラエルへと沈降し、市民権を取得し、イスラエルを義務付けます彼らの移民を促進するための政府。もともと、法律はユダヤ人にのみ適用され、1970年の改正まで、権利は「ユダヤ人の子供と孫、ユダヤ人の配偶者、ユダヤ人の子供の配偶者、およびユダヤ人の孫」。その結果、上記の基準に適合する数十万人がイスラエルに移住しました(主に旧ソビエト連邦から)しかし、イスラエルの宗教当局によってユダヤ人として認識されていません。イスラエルの宗教当局は、ハラハーに基づいて、ユダヤ人の母親の子供だけをユダヤ人、またはユダヤ教の改宗者として認識しています。さらに、これらの移民の一部は、ユダヤ人の祖父母を持っていますが、キリスト教徒を実践していることが知られています。迫害の犠牲者を除いて、国の福祉に危険を及ぼすと合理的に見なされる場合、犯罪歴がある場合、または自国で逃亡者を求められている場合は、この法律の対象となる人々を除外することができます。別の宗教に改宗したユダヤ人も帰還権を否定される可能性があります。1948年の創設以来、300万人以上のユダヤ人がイスラエルに移住してきました。[40]

リベリア

リベリアの憲法「、保存フォスターと正リベリア文化、価値観やキャラクターを維持するために、黒人であるか黒人家系の人だけが市民であることを、出生または帰化による資格なければならない、第27条(b)のリベリア。"

リトアニア

リトアニア憲法第32条(4)「すべてのリトアニア人はリトアニアに定住することができる」。[41]

ポーランド

ポーランド憲法、第52条(5)から:「法律に従ってポーランドの起源が確認された人は誰でもポーランドに永久に定住することができます。」[42]

ポルトガル

2013年4月12日、ポルトガル議会は、16世紀にポルトガルから追放されたユダヤ人の子孫がポルトガル市民になることを許可する措置を満場一致で承認しました[43]

スペイン

セファルディユダヤ人は1492年にスペインから追放されました。スペインに5年間居住した後、スペイン国籍を取得するという原則による要件にもかかわらず、1924年12月20日の王政令により、セファルディユダヤ人はスペインに2年間居住することでスペイン国籍を取得できます。 。 1924年から2015年まで、海外に住むセファルディユダヤ人もスペイン政府にスペイン国籍の授与を求めることができましたが、政府はスペイン国籍を付与するかどうかの決定に関して完全な裁量を享受しました。 2015年6月24日、スペイン議会は、2015年12月の法律、セファルディユダヤ人に国籍を付与する法律を承認しました。この法律は、彼らが追放されたセファルディユダヤ人の子孫であることを証明できる場合に限り、海外に住むセファルディユダヤ人に自動的にスペイン国籍を付与します。 1492年。

2007年、スペイン議会は57​​/2007法、歴史の記憶法を承認しました。 2007年57月法は、内戦中の政治的迫害フランコの独裁政権( 1936年から1975年までの期間)のためにスペインを離れた海外に住むスペイン人の子孫がスペイン国籍を取得することを規定しています

最後に、スペイン継承戦争中の1704年8月のジブラルタルの占領に続いて、スペイン人はブルボンへの忠誠心を理由に去り、周辺地域(「カンポ」として知られるようになりました)に定着しました。deジブラルタル")。スペインの人口は、「ジブラルタルが住んでいる」都市であるサンロケ市の人口調査やアーカイブなど、ジブラルタルで維持しているものと同様の機関を設立しました。人口の子孫の一部は、ジブラルタルに戻るために帰還する権利を引用しましたが、彼らの要求は現在スペイン政府によって対処されていません[要出典]

も参照してください

参考文献

  1. ^ Tjasa LeskovicVendramin。「国際法における難民の帰還権:ボスニア・ヘルツェゴビナの事例研究」 (PDF)
  2. ^ a b 「市民的および政治的権利に関する国際規約(1999年11月)の第12条に関する人権委員会の一般的意見」ヒューマン・ライツ・ウォッチ。
  3. ^ 「2。市民的および政治的権利に関する国際規約(ICCPR)」インスティテュートの無国籍と包含。
  4. ^ 「国際法の国連視聴覚ライブラリ」legal.un.org 2017年3月15日取得
  5. ^ a b c Rosand、Eric(1998)。「大量脱臼後の国際法の下での帰還権:ボスニア判例?脱臼:ボスニア判例?」ミシガン国際法ジャーナル19(4)。
  6. ^ B 、C J.D.イングレス(1963)、みんなの権利に関する差別の研究は彼自身を含め、すべての国を残すない、及び自国に帰る、ジュネーブ、国連、国連販売なし。64.XIV.2、国連文書E / CN.4 / Sub.2 / 220 / Rev.1
  7. ^ a b Jan Felix Gaertner(2006年12月28日)。亡命を書く:ギリシャローマ古代とそれ以降の変位の言説ブリル。pp。89–。ISBN 978-90-474-1894-8
  8. ^ クセノポン。ヘレニカ、2.2.9:「その間、リザンダーはエギナに到着すると、州をエギナ島に戻し、できるだけ多くの人々を集めました。彼はメリアンと、奪われた他のすべての人々にも同じことをしました。彼らの母国の。」
  9. ^ プルタルコス。リザンダーの生涯、14.3:「しかし、例えば、エージネタンが長い間自分たちの町を取り戻したとき、そしてメリアンとシオナエ人が回復したとき、すべてのギリシャ人が喜んで見たリザンダーの他の手段がありました。アテナイ人が追い出されて都市を返還した後、彼によって彼らの家に送られました。」
  10. ^ ブラッドリー、ミーガン:「自由民主主義の帰還権の多様な解釈:自由運動への影響」、民主主義の市民権と人々の自由な移動、2013年
  11. ^ 「マグナカルタ」www.bl.uk 2019-11-28を取得
  12. ^ a b アンドレ・アンクルヴェ、フランスのプロテスタント、ライナー・リートケ、ステファン・ウェンデホルスト編、カトリックユダヤ人の解放:19世紀ヨーロッパの少数民族と国民国家、マンチェスター大学出版局、1999年、p.66
  13. ^ ボーリング、ゲイルJ.パレスチナ難民と帰還権:国際法分析 BADIL-情報とディスカッションの簡単な問題No. 8、2001年1月
  14. ^ a b c ブラッカ、ジェレミー・モーリス。ノーリターンのポイントを過ぎましたか?国際人権法におけるパレスチナ難民の帰還権メルボルン国際法ジャーナル、メルボルン、2005年
  15. ^ 国連人権委員会(HRC)、 HRCの一般的意見27 CCPR一般的意見第27号:第12条(移動の自由)、1999年11月2日、CCPR / C / 21 / Rev.1 / Add.9
  16. ^ SanderAgterhuis。「返還の権利とその実際の適用」(PDF)
  17. ^ Ruth Lapidoth (September 1, 2002). "Legal Aspects of the Palestinian Refugee Question". Jerusalem Center for Public Affairs.
  18. ^ Hurst Hannum, The Right to Leave and Return in International Law and Practice, p.59
  19. ^ Manfred Nowak, U.N. Covenant on Civil and Political Rights: CCPR Commentary, p.220, 1993
  20. ^ Masri, Mazen (2015). "The Implications of the Acquisition of a New Nationality for the Right of Return of Palestinian Refugees". Asian Journal of International Law. 5 (2): 356–386. doi:10.1017/S2044251314000241.
  21. ^ "African Charter on Human and Peoples' Rights".
  22. ^ Rutsel Martha; Stephen Bailey. "The right to enter his or her own country".
  23. ^ Enrico Milano, Unlawful territorial situations in international law, p.143
  24. ^ Chagos islanders’ case inadmissible because they accepted compensation and waived the right to bring any further claims before the UK national courts
  25. ^ a b Wiley, Mason. Circassian Right of Return: “Putin The Terrible or Putin The Enlightened?. American University Washington College of Law 2015.
  26. ^ Gregory F. Treverton, Dividing Divided States, p.41
  27. ^ Lawand, Kathleen (1996). "The Right to Return of Palestinians in International Law". International Journal of Refugee Law. 8 (4): 532–568. doi:10.1093/ijrl/8.4.532.
  28. ^ "ICL - Armenia - Constitution". Retrieved 7 February 2015.
  29. ^ "Section 6 - Mobility Rights". Retrieved 22 March 2021.
  30. ^ "The Constitution of the Republic of Estonia – Riigi Teataja". Retrieved 15 July 2016.
  31. ^ "Suomen kansalaisuus".
  32. ^ "Allocution de M. François Mitterrand, Président de la République, aux cérémonies du tricentenaire de la Révocation de l'Edit de Nantes, sur la tolérance en matière politique et religieuse et l'histoire du protestantisme en France, Paris, Palais de l'UNESCO, vendredi 11 octobre 1985. - vie-publique.fr". Discours.vie-publique.fr. 1985-10-11. Retrieved 2016-04-04.
  33. ^ a b Basic Law Archived 2016-03-04 at the Wayback Machine
  34. ^ "GIBT ES EIN OBERSCHLESISCHES ETHNIKUM?". Retrieved 15 July 2016.
  35. ^ "Emigracja z Polski do Niemiec liczna i prawie niewidoczna". Deutsche Welle. Retrieved 28 June 2019.
  36. ^ "Zuzug von (Spät-)Aussiedlern und ihren Familienangehörigen" (in German). Bundeszentrale für politische Bildung. 1 April 2018.
  37. ^ Dovi, Efam (11 May 2015). "Ghana, a place for African-Americans to resettle". The Africa Report. Retrieved 16 July 2018.
  38. ^ US Embassy in Athens Archived 2008-07-05 at the Wayback Machine
  39. ^ Pandora's Passport, Hungary extends citizenship beyond its borders, Slovakia retaliates," The Economist, June 5, 2010, p. 60.
  40. ^ "400 olim arrive in Israel ahead of Independence Day - Israel Jewish Scene, Ynetnews". Ynetnews.com. Retrieved 2008-05-06.
  41. ^ "ICL - Lithuania - Constitution". Retrieved 15 July 2016.
  42. ^ "ICL - Poland - Constitution". Retrieved 15 July 2016.
  43. ^ "Descendants of Jews who fled persecution may claim Portuguese citizenship". Retrieved 15 July 2016.

External links