リチャードニクソン

ウィキペディアから、無料の百科事典
ナビゲーションにジャンプ 検索にジャンプ

リチャードニクソン
Presidential portrait of Richard Nixon
アメリカ合衆国の第37代大統領

1969年1月20日から1974年8月9日まで
副社長
前任者リンドン・B・ジョンソン
成功ジェラルドフォード
米国の第36副大統領
1953年
1月20日から1961年1月20日まで
大統領ドワイト・D・アイゼンハワー
前任者アルベン・W・バークレー
成功リンドン・B・ジョンソン
カリフォルニア州上院
議員
1950年
12月1日から1953年1月1日まで
前任者シェリダン・ダウニー
成功トーマス・クチェル
のメンバー米国下院
カリフォルニア12から
1947年
1月3日から1950年11月30日まで
前任者ジェリー・ヴォールヒス
成功パトリック・J・ヒリングス
個人情報
生まれ
リチャード・ミルハウス・ニクソン

(1913-01-09)1913年1月9日米国
カリフォルニア州ヨーバリンダ
死亡しました1994年4月22日(1994-04-22)(81歳)米国
ニューヨーク市
休憩所リチャードニクソン大統領図書館および博物館
政治団体共和党
配偶者たち)
m。1940 1993年死亡)
子供達
両親)
教育
職業
  • 政治家
  • 法律家
  • 著者
サインCursive signature in ink
ミリタリーサービス
支店/サービスアメリカ海軍
勤続年数
  • 1942–1946(アクティブ)
  • 1946〜1966(非アクティブ)
ランク司令官
戦い/戦争
海軍および海兵隊表彰メダル
アメリカ従軍
章アジア太平洋従軍章勲章
第二次世界大戦勝利勲章
軍予備勲章

リチャード・ミルハウズ・ニクソン1913年1月9日– 1994年4月22日)、 1969年から1974年まで務め、米国の第37代大統領でし。 1953年から1961年までの第36代副大統領。ホワイトハウスでの彼の5年間は、ベトナム戦争への米国の関与の終わり、ソビエト連邦と中国との関係、最初の有人月着陸、および環境保護庁の設立を見ました。 ニクソンの第2期は、ウォーターゲート事件の後、彼が辞任した唯一の大統領になったときに早期に終了しました

ニクソンは南カリフォルニアの小さな町でクエーカー教徒の貧しい家族に生まれました彼は1937年にデューク大学ロースクールを卒業し、カリフォルニアで法律を実践し、1942年に妻のパットと一緒にワシントンに移り、連邦政府で働きました。第二次世界大戦中に海軍保護区で現役を務めた後、 1946年に衆議院に選出されましたアルジャー・ヒス事件に関する彼の研究は、彼を全国的に有名にした一流の反共産主義者としての彼の評判を確立し、1950年に彼は上院に選出されました。ニクソンはドワイト・D・アイゼンハワーのランニングメイトでした、 1952年の選挙で共和党の大統領候補になり、副大統領を8年間務めた。彼は1960年に大統領に立候補し、ジョンF.ケネディにわずかに敗れた後、 1962年のカリフォルニア州知事選挙で再び失敗しました。1968年、彼は大統領選挙に再び出馬し、選出され、ヒューバート・ハンフリージョージ・ウォレスを緊密な争いで破りました。

ニクソンは1973年にアメリカのベトナムへの関与を終了し、その同じ年に徴兵制を終了しました。1972年の彼の中国訪問は、最終的には両国間の外交関係につながり、その後、ソビエト連邦との弾道弾迎撃ミサイル条約を締結しました。彼の政権は、連邦政府から州に権力を段階的に移しました。彼は90日間の賃金と価格統制を課し、南部の学校の分離を強制し、環境保護庁を設立し、との戦いを始めました彼はまた、宇宙開発競争の終わりを告げるアポロ11号の月面着陸を主宰しました。彼はジョージ・マクガヴァンを破った1972年に歴史的な選挙の地滑りで再選されました

ニクソンは2期目に、第四次中東戦争でイスラエルの損失を補うために空輸を命じました。この戦争は、国内での石油危機につながりました1973年後半までに、ウォーターゲート事件へのニクソン政権の関与はエスカレートし、彼の政治的支援のほとんどを犠牲にしました。1974年8月9日、ほぼ確実な弾劾と解任に直面し、彼はアメリカ大統領として初めて辞任した。その後、彼は後継者であるジェラルド・フォードから恩赦を受けました。ニクソンは20年間の引退で、回想録と他の9冊の本を書き、多くの海外旅行を行い、彼のイメージを長老の政治家であり外交の第一人者のイメージにリハビリしました。彼は1994年4月18日に衰弱性脳卒中を患い、4日後に81歳で亡くなりました。歴史家や政治学者の調査では、ニクソンは平均以下の大統領としてランク付けされています。[2] [3] [4]彼の大統領職の成功は彼の辞任の状況と対照的であったため、彼の評価は複雑であることが証明された。

初期の人生と教育

ニクソン(右から2番目)は1916年に新聞デビューを果たし、戦争孤児のための基金に5セントを寄付しました。彼の兄弟ドナルドは彼の右側にいます。

リチャード・ミルハウス・ニクソンは、1913年1月9日、カリフォルニア州ヨーバリンダで、家族のレモン牧場にある父親が建てた家で生まれました。[1] [5] [6]彼の両親はハンナ(ミルハウス)ニクソンフランシスA.ニクソンでした。彼の母親はクエーカー教徒であり、彼の父親はメソジストからクエーカー教徒の信仰に改宗しました。ニクソンは母親を通して、初期のイギリス人入植者トーマス・コーネルの子孫であり、コーネル大学の創設者であるエズラ・コーネルの祖先でありジミー・カータービル・ゲイツの祖先でもありました。[7]

ニクソンの育成は、禁酒、ダンス、罵倒など、当時のクエーカー教徒の遵守に影響を受けました。ニクソンには、ハロルド(1909–1933)、ドナルド(1914–1987)、アーサー(1918–1925)、エドワード(1930–2019)の4人の兄弟がいました。[8] 5人のニクソンの少年のうち4人は、中世または伝説のイギリスを統治していた王にちなんで名付けられました。たとえば、リチャードはリチャードライオンハートにちなんで名付けられました。[9]

ニクソンの初期の人生は苦難に見舞われ、後に彼はアイゼンハワーのことわざを引用して、彼の少年時代を説明しました。「私たちは貧しかったが、その栄光は私たちがそれを知らなかった」。[10]ニクソン家の牧場は1922年に失敗し、家族はカリフォルニア州ホイッティアに引っ越したクエーカー教徒が多い地域に、フランクニクソンは食料品店とガソリンスタンドをオープンしました。[11]リチャードの弟アーサーは1925年に短い病気の後で7歳で亡くなりました。[12]リチャードは、肺に斑点が見つかったとき12歳であり、結核の家族歴があるため、スポーツをすることを禁じられていた。スポットは、肺炎の初期の発作からの瘢痕組織であることが判明しました。[13] [14]

初等中等教育

ホイッティア高校のニクソン、1930年

リチャードはイーストウィッター小学校に通い、8年生のクラスの学長を務めました。[15]兄のハロルドは、結核にかかる前に(1933年に彼を殺した)、両親がハロルドの不穏なライフスタイルをもたらしたと考えていたホイッティア高校に通っていた。彼らはリチャードをより大きなフラートンユニオン高校に送ることにしました[16] [17] [16] [17]彼は新入生の年の間、片道1時間スクールバスに乗らなければならなかったが、彼は優れた成績をとった。その後、彼はその週の間にフラートンで叔母と一緒に住んでいました。[18]彼はジュニア代表チームのサッカーをし、ゲームで使用されることはめったになかったが、練習を逃すことはめったになかった。[19]彼は討論者として大きな成功を収め、数々のチャンピオンシップを勝ち取り、フラートンの英語部長であるH.リンシェラーから人前で唯一の正式な指導を受けました。ニクソンは後にシェラーの言葉を熟考しました。「覚えておいてください、話すことは会話です...人々に叫ばないでください。彼らと話してください。彼らと会話してください。」[20]ニクソンは、可能な限り会話のトーンを使用しようとしたと述べた。[20]

1928年9月の彼の3年生の初めに、リチャードの両親は彼がホイッティア高校に転校することを許可しました。ホイッティアで、ニクソンは生徒会長への入札を失ったとき、彼の最初の選挙敗北に苦しんだ。彼はしばしば午前4時に起きて、家族のトラックをロサンゼルスに運転し、市場で野菜を購入しました。それから彼は学校に行く前にそれらを洗って展示するために店に車で行きました。ハロルドは前年に結核と診断されました。彼らの母親が彼の健康を改善することを望んで彼をアリゾナに連れて行ったとき、リチャードへの要求は高まり、彼はサッカーをあきらめました。それにもかかわらず、リチャードは207の彼のクラスでホイッティアハイを3番目に卒業しました。[21]

大学と法科大学院

ニクソンはハーバード大学に通うための授業料の助成金を提供されましたが、ハロルドは母親の世話を必要とする病気が続いていたため、リチャードは店で必要でした。彼は故郷に留まり、 1930年9月にウィッティア大学に入学し、彼の費用は彼の母方の祖父からの遺贈によって賄われました。[1] [22]ニクソンはバスケットボールチームのためにプレーした。彼はまたサッカーに挑戦しました、そして彼はプレーするサイズに欠けていましたが、彼は代わりとしてチームに残り、彼の熱意で注目されました。[23]友愛とソロリティの代わりに、ホイッティアには文学社会がありました。ニクソンは、ニクソンとは異なり、その多くが著名な家族から来た、男性のための唯一のフランクリンによって奪われました。彼は新しい社会、OrthogonianSocietyを設立するのを手伝うことによって応えました。[24]社会、彼の研究、そして店で働くことに加えて、ニクソンは課外活動のための時間を見つけました。彼はチャンピオンの討論者および勤勉な労働者として知られるようになりました。[25] 1933年、彼はホイッティアー警察署長の娘であるオラ・フローレンス・ウェルチと婚約したが、1935年に解散した。[26]

1934年にホイッティアから文学士号を取得して優秀な成績で卒業した後、ニクソンは新しいデューク大学ロースクール[27]に受け入れられ、ニクソン含む一流学生奨学提供しました。[28]教授たちに高額の給料を支払ったが、その多くは国内的または国際的な評判を持っていた。[29] 2年生と3年生の奨学金の数は大幅に減少し、激しい競争を引き起こした。ニクソンは奨学金を維持し、デュークバー協会の会長に選出され[30]、Coifの騎士団に就任した[ 31 ]。そして1937年6月に彼のクラスで3番目に卒業した。[27]

初期のキャリアと結婚

ニクソンの家族:ジュリーとデビッドアイゼンハワー、ニクソン大統領、パットニクソンファーストレディ、トリシアエドワードコックス(1971年12月24日)

デュークを卒業した後、ニクソンは当初、FBIに参加することを望んでいました。彼は申請書に返答がなく、数年後に彼が雇われたことを知りましたが、予算削減のために彼の任命は土壇場でキャンセルされました。[32]彼はカリフォルニアに戻り、1937年にカリフォルニアのバーに入院し、ホイッティアで法律事務所のウィンガートとビューリーと共に練習を始めた。[27]彼の仕事は、地元の石油会社の商事訴訟やその他の企業問題、そして遺言に集中していた[33]ニクソンは離婚事件に取り組むことを躊躇し、女性からの率直な性的会話を嫌っていた。[34]1938年、彼はカリフォルニア州ラハブラにウィンガートとビューリーの支店を開設し[ 35 ]、翌年には会社の完全なパートナーになりました。[36]後年、ニクソンは、彼が以前に弁護士として働いた唯一の現代大統領であると誇らしげに言った。[34]

1938年1月、ニクソンはダークタワーのホイッティアーコミュニティプレーヤーのプロダクションに出演しました。そこで彼はThelma "Pat" Ryanという名前の高校の先生と対峙しました[27]ニクソンは回想録でそれを「一目ぼれの事例」と説明した[ 37 ] —ニクソンだけのために、パット・ライアンが彼とデートすることに同意する前に若い弁護士を数回断った。[38]彼らが求愛を始めると、ライアンはニクソンと結婚することを躊躇した。彼女が彼の提案に同意する前に、彼らは2年間付き合った。彼らは1940年6月21日に小さな式典で結婚しました。メキシコでの新婚旅行の後、ニクソンズはホイッティアで結婚生活を始めました。[39]彼らには2人の娘、トリシアがいた(1946年生まれ)とジュリー(1948年生まれ)。[40]

ミリタリーサービス

リチャード・ニクソン少佐、アメリカ海軍(1945年頃)

1942年1月、夫婦はワシントンDCに移り、そこでニクソンは物価管理局に就職しました。[27]彼の政治キャンペーンで、ニクソンはこれが真珠湾への彼の応答であると示唆したが、彼は1941年の後半を通してその地位を求めていた。[41]彼はタイヤ配給部門に配属され、そこで通信への返信を任された。彼はその役割を楽しんでおらず、4か月後にアメリカ海軍に入隊することを申請しました。[42]彼は徴兵からの免除を主張することができたかもしれないが生まれながらのクエーカー教徒として、または彼の政府の奉仕による延期として、それにもかかわらず、ニクソンは海軍に委員会を求めた。彼の申請は承認され、1942年6月15日に米国海軍保護区の中尉に任命された。 [43] [44]

1942年10月、彼は1943年5月までアイオワ州オタムア海軍航空基地の指揮官の補佐官として任命された。南太平洋戦闘航空輸送司令官(SCAT)、南太平洋劇場での作戦のロジスティクスをサポートます[45] [46] [47] 1943年10月1日、ニクソンは中尉に昇進した。[43]ニクソンは、ベララベラブーゲンビル、そして最後にグリーン島(日産島)。[43] [47]彼の部隊は、R4D / C-47作戦のマニフェストと飛行計画を作成し、輸送機の積み下ろしを監督した。この奉仕のために、彼は彼の指揮官から「南の責任者としての功績があり効率的な任務の遂行」に対して海軍の表彰状(海軍の表彰リボンを授与され、後に海軍と海兵隊の表彰メダルに更新された)を受け取った。太平洋戦闘航空輸送コマンド」。ニクソンは米国に戻ると、カリフォルニアのアラメダ海軍航空基地の管理責任者に任命されました。1945年1月に彼は海軍航空局に移されましたフィラデルフィアにある事務所は、戦争契約の終了の交渉を支援し、海軍長官[48]から、「功績のある奉仕、たゆまぬ努力、そして義務への献身」に対して2通目の表彰状を受け取った。その後、ニクソンは契約に取り組むために他の事務所に移され、最終的にボルチモアに移されました。[49] 1945年10月3日、彼は少佐に昇進し[43] [48] 1946年3月10日、彼は現役から解放された。[43] 1953年6月1日、彼は米海軍予備軍の指揮官に昇進し、1966年6月6日に米海軍予備軍で退役した。[43]

注目の政治家

議会での経歴

カリフォルニア州議会議員(1947–1950)

ニクソンの議会キャンペーンチラシ

カリフォルニア州の第12議会地区の共和党員は、民主党の代表であるジェリーヴォールヒスを打ち負かすことができないことに不満を感じ、彼に対して強力なキャンペーンを行うコンセンサス候補を探しました。1945年に、彼らは候補者を決定するために「百人会」を結成し、以前のVoorhisの勝利につながった内部の不和を回避することを望んでいました。委員会が知名度の高い候補者を引き付けることができなかった後、ウィッティアのバンクオブアメリカ支店のマネージャーであるハーマンペリーは、戦前にウィッティア大学の理事会で一緒に働いていた家族の友人であるニクソンを提案しました。ペリーはボルチモアのニクソンに手紙を書いた、そして彼の妻との興奮した会話の夜の後、ニクソンはペリーに熱狂的な反応をしました。ニクソンはカリフォルニアに飛んで、委員会によって選ばれました。1946年の初めに海軍を去ったとき、ニクソンと彼の妻はホイッティアーに戻り、そこで1年間の集中的なキャンペーンを開始しました。[50] [51]彼は、Voorhisが代表として効果がなかったと主張し、共産主義者に関連するグループによるVoorhisの支持は、Voorhisが過激な見解を持たなければならないことを意味すると示唆した。[52]ニクソンは選挙に勝ち、Voorhisの49,994票に対して65,586票を獲得した。[53]

1947年6月、ニクソンは労働組合の活動と権力を監視する連邦法であるタフトハートリー法を支持し、教育労働委員会の委員を務めました。1947年8月、彼は、米国の対外援助の必要性について報告するためにヨーロッパに行ったヘルター委員会[ 54]の委員を務める19人の下院議員の1人になりました。ニクソンは委員会の最年少メンバーであり、唯一の西洋人でした。[55]ニクソンを含むヘルター委員会のメンバーによる擁護は、マーシャルプランの議会通過につながった[56]

上院のためのニクソンキャンペーン、1950年

ニクソンは回想録の中で、「1947年の終わりに」下院非米活動委員会(HUAC)に加わったと書いています。しかし、1947年2月初旬に「敵ナンバーワン」のゲルハルト・アイスラーと妹のルース・フィッシャーが証言するのを聞いたとき、彼はすでにHUACのメンバーでした。1947年2月18日、ニクソンは下院への処女演説で、アイスラーのHUACに対する好戦に言及しました。また、1947年2月初旬までに、チャールズJ.カーステン米国代表は、ボルチモアのジョンフランシスクロニン神父に彼を紹介しました。クロニンはニクソンと彼の1945年の私的に回覧された論文「1945年のアメリカ共産主義の問題」[57]を、FBIのウィリアムCからの多くの情報とともに共有した。1961年までにJ.エドガーフーバーの下で国内諜報機関を率いた[58]

1948年5月までに、ニクソンは「ムント・ニクソン法案」を共催し、「内部共産党の破壊という複雑な問題への新しいアプローチ」を実施しました。これは、すべての共産党員 の登録を規定し、共産党の最前線であることが判明した組織によって発行されたすべての印刷物および放送資料。」彼は共和党のフロアマネージャーを務めました。1948年5月19日、法案は319から58までに下院を通過しましたが、後に上院を通過できませんでした。[59]ニクソン図書館は、この法案の通過を、議会でのニクソンの最初の重要な勝利として引用している。[60]

ニクソンは1948年8月に初めて国民の注目を集め、HUACメンバーとしての彼の粘り強さがアルジャーヒスのスパイ事件を打破するのに役立っ元国務省職員であるヒスがソビエトのスパイであったというウィテカー・チェンバースの主張を多くの人が疑ったが、ニクソンは彼らが真実であると信じ、委員会に調査を続けるよう求めた。ヒスが名誉毀損の訴訟を起こした後、チェンバースは彼の主張を裏付ける文書を作成しました。これらには、チェンバーズが野外で一晩隠した後、ハウスの調査員に引き渡した紙とマイクロフィルムのコピーが含まれていました。彼らは「カボチャの紙」として知られるようになりました[61]ヒスは偽証罪で有罪判決を受けた1950年に宣誓の下で否定したことで彼は文書を商工会議所に渡した。[62] 1948年、ニクソンは彼の地区の候補者として首尾よくクロスファイリングし、両方の主要政党予備選挙で勝利し[63]、快適に再選された。[64]

米国上院(1950–1953)

1950年、カリフォルニア州サウサリートでのニクソンキャンペーン

1949年、ニクソンは民主主義の現職であるシェリダン・ダウニーに対して米国上院に立候補することを検討し始め[65]、11月にレースに参加した。ヘレン・ギャーガン・ダグラス議員との激しい予備選挙に直面したダウニーは、1950年3月に引退を発表した。 [ 67 ]ニクソンとダグラスは予備選挙に勝利し[68]、進行中の朝鮮戦争が大きな問題。[69]ニクソンは、ダグラスのリベラルな投票記録に注意を向けようとした。その取り組みの一環として、「ピンクシート「ニクソンの選挙運動によって配布されたもので、ダグラスの投票記録は共産主義者であると評判のニューヨーク下院議員ヴィトー・マーカントニオのそれと類似しており、彼らの政治的見解はほぼ同じでなければならない。 [70]ニクソンはほぼ20パーセントポイントで選挙に勝った。 [71]キャンペーン中、ニクソンはキャンペーン戦術のために敵から最初に「トリッキーディック」と呼ばれた。[72]

上院では、ニクソンはグローバルな共産主義に反対し、頻繁に旅行し、それに反対して発言するという重要な位置を占めました。[73]彼は彼の仲間の反共産主義者、物議を醸しているウィスコンシン上院議員ジョセフ・マッカーシーとの友好関係を維持したが、彼自身とマッカーシーの主張との間にある程度の距離を保つように注意した。[74]ニクソンはまた、ハリー・S・トルーマン大統領の朝鮮戦争への対応を批判した。[73]彼はアラスカとハワイの州制を支持し、マイノリティの公民権に賛成票を投じ、インドとユーゴスラビアの連邦災害救援を支持した。[75]彼は、価格統制やその他の金銭的制限、不法移民への利益、そして公権力に反対票を投じました。[75]

副大統領(1953–1961)

ドワイト・D・アイゼンハワー将軍は1952年に共和党から大統領に指名された。彼は副大統領候補を強く好むことはなく、共和党の役人と党幹部は「煙が充満した部屋」で会い、ニクソンを将軍に推薦した。上院議員の選択に同意した。ニクソンの若さ(当時39歳)、共産主義に対する姿勢、そして最大の州の1つであるカリフォルニアの政治的基盤はすべて、指導者たちから投票の勝者と見なされていました。ニクソンと一緒に検討された候補者の中には、オハイオ州上院議員ロバートA.タフト、ニュージャージー州知事アルフレッドDriscoll、およびイリノイ州上院議員エベレットダークセンが含まれていました。[76] [77]キャンペーンの軌跡で、アイゼンハワーは国の計画について話し、ネガティブキャンペーンを彼の実行中の仲間に任せました。[78]

アイゼンハワー-ニクソンキャンペーンの文学の表紙、1952年

9月中旬、メディアがニクソンが彼の支持者によって維持されている政治資金を持っていて、それが彼に政治的費用を返済したと報道したとき、共和党のチケットは大きな危機に直面しました。[79] [80]そのような基金は違法ではなかったが、それはニクソンを潜在的な利益相反の申し立てにさらした。アイゼンハワーがニクソンの切符からの辞任を要求する圧力が高まったため、上院議員は1952年9月23日にテレビで国に演説した。[81]後にチェッカースピーチと呼ばれる演説は、その時点までの最大のテレビ視聴者。[82]ニクソンは、基金は秘密ではなく、ドナーは特別な恩恵を受けていなかったと述べて、感情的に身を守った。彼は控えめな手段の人(彼の妻はミンクのコートを持っていなかった;代わりに彼女は「立派な共和党の布のコート」を着ていた)と愛国者として自分自身を描いた。[81]スピーチはニクソンが受け取ったが、彼が返さなかった贈り物のために記憶されていた:「小さなコッカースパニエル犬 ...テキサスからずっと送られました。そして私たちの小さな女の子—トリシア、6歳-古い—チェッカーと名付けました。」[81]スピーチは、ニクソンへの支持の大規模な大衆の溢れを促した。アイゼンハワーは彼をチケットに留めることを決定し[ 84]、11月の選挙で勝利を収めた[78]

アイゼンハワーは、彼の任期中、前の副大統領よりも多くの責任をニクソンに与えました。[85]ニクソンは内閣国家安全保障会議の会議に出席し、アイゼンハワーが不在のときに議長を務めた。1953年の極東ツアーは、米国に対する地元の親善を高めることに成功し、ニクソンに潜在的な産業の中心地としてのこの地域の評価を与えました。彼はフランス領インドシナサイゴンハノイを訪れました[86] 1953年の終わりに米国に戻ったとき、ニクソンは彼が外交関係に費やす時間を増やした。[87]

ニクソンの議会の年を記録した伝記作家アーウィン・ゲルマンは、彼の副大統領について次のように述べています。

アイゼンハワーは、就任後、外交と内政の両方で重要な任務を彼に提示することにより、彼のランニングメイトの役割を根本的に変えました。副大統領は大統領のイニシアチブを歓迎し、ホワイトハウスの目的を達成するために精力的に取り組んだ。これらの2人の指導者間の協力のために、ニクソンは「最初の現代の副大統領」という称号に値します。[88]

1958年5月9日のアメリカの新聞の表紙は、ニクソンの訪問中のサンマルコス国立大学での学生の抗議を示しています。

民主党に対する彼の強力な攻撃を再演したニクソンによる激しいキャンペーンにもかかわらず、共和党は1954年の選挙で両方の議会の支配を失ったこれらの損失により、ニクソンは任期を終えた後、政治を離れることを考えました。[89] 1955年9月24日、アイゼンハワー大統領は心臓発作を起こし、彼の状態は当初生命を脅かすものであると信じられていた。アイゼンハワーは6週間職務を遂行できませんでした。アメリカ合衆国憲法修正第25条はまだ提案されておらず、副大統領には正式な行動権がありませんでした。それにもかかわらず、ニクソンはこの期間中アイゼンハワーの代わりに行動し、内閣会議を主宰し、補佐官と内閣官僚が権力を求めないようにした。[90]ニクソンの伝記作家スティーブン・アンブローズによれば、ニクソンは「危機の間の彼の行動に対して彼が受けた高い評価を獲得した...彼は権力を掌握しようとはしなかった」。[91]

彼の精神は活気づき、ニクソンは第二期を求めたが、アイゼンハワーの補佐官の何人かは彼を追放することを目的とした。1955年12月の会議で、アイゼンハワーは、ニクソンが1960年の大統領選挙の前に行政経験を与えるために、再選に立候補せず、代わりに第2アイゼンハワー政権の内閣官僚になることを提案した。ニクソンは、これが彼の政治的キャリアを破壊すると信じていました。アイゼンハワーが1956年2月に再選の入札を発表したとき、彼は、彼が指名されるまでその質問に取り組むことは不適切であると言って、彼のランニングメイトの選択をヘッジしました。アイゼンハワーに反対する共和党員はいなかったが、ニクソンは1956年のニューハンプシャー州予備選挙で大統領に対してかなりの数の賛成票を獲得した。選挙。4月下旬、大統領はニクソンが再び彼のランニングメイトになると発表した。[92]アイゼンハワーとニクソンは、 1956年11月の選挙で余裕を持って再選された[93]

1957年の初めに、ニクソンは別の海外旅行、今回はアフリカへの旅行を引き受けました。帰国後、彼は議会を通じて1957年の公民権法の羊飼いを助けました。上院で法案は弱体化され、公民権指導者たちはアイゼンハワーがそれに署名すべきかどうかについて意見が分かれた。ニクソンは大統領に法案に署名するように忠告した。[94]アイゼンハワーは1957年11月に軽度の脳卒中を患い、ニクソンは記者会見を行い、アイゼンハワーの短い病気の間、内閣がチームとしてうまく機能していることを国民に保証した。[95]

ニクソンとニキータフルシチョフは、1959年7月24日のキッチン論争でマスコミが見守る中、話します

1958年4月27日、リチャードとパットニクソンはしぶしぶ南アメリカの親善ツアーに乗り出しました。ウルグアイのモンテビデオでは、ニクソンは大学のキャンパスを即座に訪問し、そこで米国の外交政策に関する学生からの質問に答えました。ニクソン党がペルーのリマに到着するまで、旅行は無事でした。そこで彼は学生のデモに会いました。ニクソンは、南北アメリカで最も古い大学であるサンマルコス国立大学の歴史的なキャンパスに行き、学生と対峙するために車から降り、投げられた物のボレーによって車に戻されるまで滞在しました。彼のホテルで、ニクソンは別の暴徒に直面し、1人のデモンストレーターが彼に唾を吐きました。[96]カラカス、ベネズエラ、ニクソンと彼の妻は反米デモ隊によって吐き出され、彼らのリムジンはパイプを振る​​う暴徒によって攻撃されました。[97]アンブローズによれば、ニクソンの勇気ある行動は「彼の最悪の敵の何人かさえ彼にいくらかの恨みを持った敬意を与えるようにさせた」。[98]旅行後の内閣への報告で、ニクソンは「[抗議者]が中央共産党の陰謀によって指示され、支配されたという絶対的な証拠」があると主張した。国務長官のジョン・フォスター・ダレスは、中央情報局長官の アレン・ダレスが彼自身の叱責でしたように、この見解に同意した。[99]

1959年7月、アイゼンハワー大統領は、モスクワでのアメリカ博覧会の開会のためにニクソンをソビエト連邦に派遣しました。7月24日、ニクソンはソビエト一等書記官とニキータ・フルシチョフ首相と一緒に展示を見学し、2人がアメリカの厨房のモデルに立ち寄り、「厨房論争」として知られるようになった資本主義と共産主義のメリットについて即座に交換しました。 [100]

1960年と1962年の選挙。荒野の年

1960年の選挙人票の結果

1960年、ニクソンはアメリカ合衆国大統領のための最初のキャンペーンを開始しました。彼は共和党予備選挙でほとんど反対に直面せず[101]、元マサチューセッツ上院議員ヘンリー・カボット・ロッジ・ジュニアを彼のランニングメイトとして選んだ。[102]彼の民主党の反対者はジョン・F・ケネディであり、レースはその間接近したままだった。[103]ニクソンは彼の経験に基づいてキャンペーンを行ったが、ケネディは新しい血を求め、アイゼンハワー-ニクソン政権がソビエト連邦に弾道ミサイル(「ミサイルギャップ」)で米国を追い抜くことを許可したと主張した。[104]

テレビで放映された大統領選挙討論会は、キャンペーン中に政治媒体としてデビューしました。そのような4つの議論の最初の部分では、フォトジェニックなケネディとは対照的に、ニクソンは5時の影で青ざめたように見えました。[102]ラジオで聞いている多くの人々はニクソンが勝ったと思っていたが、討論におけるニクソンの演技はテレビの視覚媒体では平凡であると認識されていた。[105]ニクソンはわずかに選挙に敗れ、ケネディはわずか112,827票(0.2パーセント)で人気投票に勝った。[102]

テキサス州とイリノイ州で不正投票の容疑があり、どちらの州もケネディが勝ちました。ニクソン氏は選挙に異議を唱えることを検討することを拒否し、長い論争が世界の目から見て米国を弱体化させ、不確実性が米国の利益を損なうと感じた。[106] 1961年1月の副大統領としての任期の終わりに、ニクソンと彼の家族はカリフォルニアに戻り、そこで法律を実践し、ヒス事件、アイゼンハワーの心臓発作の報道を含むベストセラーの本、シックスクライスを書いた。 、およびチェッカースピーチによって解決されたファンド危機。[102] [107]

地方および全国の共和党指導者は、ニクソンが1962年の選挙でカリフォルニア州知事のため現職のパットブラウンに挑戦することを奨励した。[102]最初は気が進まなかったが、ニクソンはレースに参加した。[102]キャンペーンは、ニクソンがオフィスを別の大統領選挙の足がかりと見なし、党の極右からの反対、そしてカリフォルニア州知事であることに関心がないという国民の疑惑によって曇った。[102]ニクソンは、成功した実行が国の主要な活発な共和党の政治家としての彼の地位を確認し、彼が国政の主要なプレーヤーであり続けることを確実にすることを望んだ。[108]代わりに、彼は5パーセントポイント以上ブラウンに負けました、そして、敗北は彼の政治的キャリアの終わりであると広く信じられていました。[102]選挙後の朝の即席の譲歩演説で、ニクソンは、「紳士、これが私の最後の記者会見であるため、ニクソンがもう蹴り回ることはないだろう」と言って、相手を支持したことでメディアを非難した。[109]カリフォルニアの敗北は、1962年11月11日のABCのハワードK.スミスのエピソード:ニュースとコメント、「リチャードM.ニクソンの政治的死亡記事」で強調された。[110]アルジャー・ヒスが番組に出演し、多くの国民が、有罪判決を受けた重罪犯に元副大統領を攻撃する時間を与えるのは見苦しいと不満を漏らした。怒りがスミスと彼のプログラムを空中から駆り立て[111]、ニクソンに対する国民の共感が高まった。[110]

ニクソンは、1963年に分割されたベルリン市のセクター間を横断するために東ドイツの将校に彼の論文を見せます

1963年、ニクソン一家はヨーロッパに旅行し、そこでニクソンは記者会見を行い、訪問した国の指導者と会見しました。[112]家族はニューヨーク市に移り、そこでニクソンは大手法律事務所ニクソン、マッジ、ローズ、ガスリー&アレクサンダーのシニアパートナーになった。[102]カリフォルニアのキャンペーンを発表したとき、ニクソンは1964年に大統領に立候補しないことを約束した。たとえそうでなかったとしても、彼はケネディを倒すのは難しいだろうと信じていました。あるいは暗殺後、ケネディの後継者であるリンドン・ジョンソンを倒すのは難しいでしょう。[113]

1964年、ニクソンは予備選挙で賛成票を獲得し、ギャラップ世論調査[114]と報道関係者の両方から真剣な候補と見なされました。[115]彼は、オレゴン州務長官によって予備選挙に出馬した。[116]それにもかかわらず、 1964年の共和党全国大会の2か月前までに、ニクソンは大統領指名プロセスから抜け出すという約束を果たし、代わりに最終的な共和党候補であるアリゾナ上院議員バリーゴールドウォーターを支持した。ゴールドウォーターがノミネートに勝ったとき、ニクソンは大会で彼を紹介するために選ばれました。彼はゴールドウォーターが勝つ可能性は低いと思っていたが、ニクソンは彼のために忠実にキャンペーンを行った。選挙_ゴールドウォーターのジョンソンへの地滑りによる損失は、議会の党と州知事の間の大きな損失と一致したため、共和党にとっては惨事でした。[117]

ニクソンは、悲惨な結果を非難されなかった数少ない主要な共和党員の1人であり、1966年の議会選挙でそれを基に構築しようとしました。彼は多くの共和党員のためにキャンペーンを行い、ジョンソンの地滑りで失われた議席を取り戻すことを目指し、その年に共和党員が大幅な利益を上げるのを支援したことで称賛を受けました。[118]

1968年の大統領選挙

ニクソンとジョンソンは、1968年7月のニクソンの指名前にホワイトハウスで会う

1967年の終わりに、ニクソンは彼の家族に彼が2度目の大統領に立候補することを計画していると言いました。パット・ニクソンは常に公の生活を楽しんでいたわけではなく[119]、たとえば、チェッカーズ・スピーチで家族が所有していることがいかに少ないかを明らかにする必要があることで恥ずかしい思いをしました。[120]彼女はまだ夫の野心を支持することができた。ニクソンは、ベトナム戦争の問題で民主党が引き裂かれたことで、共和党が勝利する可能性が高いと信じていたが、選挙は1960年と同じくらい近いと予想していた。[119]

1968年1月にテト攻勢が開始されたとき、非常に騒がしい予備選挙のシーズンが始まりました。ジョンソン大統領は、ニューハンプシャー州の予備選挙で予想外に貧弱な結果を示した後、3月に候補者として辞任しました。6月、民主党の候補者であるロバートF.ケネディ上院議員は、カリフォルニア州の予備選挙で勝利した直後に暗殺されました。共和党側では、ニクソンの主な反対派はミシガン州知事のジョージ・ロムニーでしたが、ニューヨーク州知事のネルソン・ロックフェラーとカリフォルニア州知事のロナルド・レーガンはそれぞれ仲介された大会に指名されることを望んでいましたニクソンは最初の投票で指名を確保した。[121]彼はメリーランド州知事のスピロ・アグニューを彼のランニングメイトとして選んだ。ニクソンは党を団結させ、北部の穏健派と民主党に不満を抱いた南部の人々の両方に訴えると信じていた。[122]

ニクソンは1968年7月にキャンペーンを行った

総選挙でのニクソンの民主党の反対者は、暴力的な抗議によってマークされた大会で指名されたヒューバート・ハンフリー副大統領でした。[123]キャンペーンを通して、ニクソンは国民の不安と激動のこの時期の安定の人物として自分自身を描写した。[123]彼は後に、ヒッピーのカウンターカルチャー反戦デモ隊を嫌う社会的に保守的なアメリカ人の「サイレントマジョリティと呼んだものに訴えた。アグニューはこれらのグループに対するますます声高な批評家になり、ニクソンの右派の立場を固めた。[124]

ニクソンは、カメラの前でサポーターと会い、著名なテレビ広告キャンペーンを行いました。[125]彼は犯罪率が高すぎることを強調し、民主党による米国の核の優位性の放棄として彼が認識したものを攻撃した。[126]ニクソンはベトナム戦争で「名誉ある平和」を約束し、「新しい指導者は戦争を終わらせ、太平洋の平和を勝ち取る」と宣言した。[127]彼は戦争を終わらせることをどのように望んでいたかについて具体的に述べなかったので、彼は「秘密の計画」を持たなければならないというメディアの暗示をもたらした。[127]彼のスローガン「Nixon'stheOne」は効果的であることが証明された。[125]

1968年の選挙人投票結果

ジョンソンの交渉担当者は、ベトナムで休戦を迎えるか、少なくとも爆撃をやめることを望んでいた。1968年10月22日、ニクソン候補は、ジョンソンがキャンペーンの最後の日にハンフリーを選出するのを助けるために、爆撃停止のための交渉不可能な3つの条件を放棄して、いわゆる「オクトーバーサプライズ」を準備しているという情報を受け取りました。[128]ニクソンのキャンペーンが、共和党の募金活動家であるアンナ・シェンノートと交戦することにより、ジョンソン政権と南ベトナム人の間の交渉を妨害したかどうかは、依然として論争の的となっている。2016年に発見されたメモは、そのような論争を裏付ける可能性がありますが、疑わしいものです。[128]南ベトナム政府が不利と見なした和平プロセスをオプトアウトするための励ましが必要かどうかは明らかではありません。[129]

ニクソン、ハンフリー、アメリカ独立党の候補者ジョージ・ウォレスの間の三者間競争で、ニクソンはハンフリーをほぼ500,000票(パーセントポイント未満)で破り、選挙人票はハンフリーで191票、ウォレスで46票でした。[123] [130]彼は、現職ではない副大統領として初めて大統領に選出された。[131]ニクソンは勝利のスピーチで、彼の政権が分裂した国を一つにまとめようとすることを約束した。[132]ニクソン氏は、「副大統領から、選挙に勝利したことを祝福する非常に親切なメッセージを受け取った。彼の勇敢で勇敢なオッズとの戦いを祝福した。また、彼の気持ちを正確に知っていると語った。近いものを失うとどう感じるか」[133]

大統領職(1969–1974)

ニクソンは、アール・ウォーレン裁判長によって第37代大統領に就任しました新しいファーストレディ、パットは、家族の聖書を持っています。

ニクソンは1969年1月20日に大統領に就任し、かつての政治的ライバルであるアールウォーレン裁判長に誓約されましたパット・ニクソンはイザヤ2:4で家族の聖書を開いたままにしました。「彼らは剣を鋤の刃に打ち、槍を剪定のフックに打ちます」と書かれています。ほぼ一様に肯定的なレビューを受けた彼の就任演説で、ニクソンは「最高の名誉の歴史が授けることができるのは平和主義者の称号である」と述べた[134] -彼の墓石に場所を見つけたフレーズ。[135]彼は、党派政治を新しい統一の時代に変えることについて話しました:

これらの困難な年に、アメリカは言葉の熱に苦しんでいます。それが提供できる以上のものを約束する膨らんだレトリックから; ファンが不満を憎む怒りのレトリックから。説得するのではなく、その姿勢をとる大げさなレトリックから。お互いに叫ぶのをやめるまで、私たちの言葉と声が聞こえるように十分静かに話すまで、私たちはお互いから学ぶことはできません。[136]

外交政策

中国

ニクソン大統領は1972年に北京に到着すると、中国の周恩来首相と握手を交わす
ニクソンと周恩来は1972年にニクソンが中国を訪問した際に乾杯しました

ニクソンは大統領になる前に中国への序曲の土台を築き、選挙の1年前に外務省に次のように書いた。[137]このベンチャーで彼を支援したのは、ニクソンの 国家安全保障補佐官であり、将来の国務長官であるヘンリー・キッシンジャーだった。彼らは、内閣官僚を迂回して緊密に協力した。ソビエト連邦と中国の関係が最下層にあり、ニクソンの就任1年目に国境の衝突が起こったため、ニクソンは中国人に、より緊密な関係を望んでいるという個人的な言葉を送った。ブレークスルーは1971年の初めに起こりました。中国共産党(CCP)の毛沢東議長 は、アメリカの卓球選手のチームを中国に招待し、中国のトップ選手と対戦しました。ニクソンはその後、キッシンジャーを中国に派遣し、中国当局者との秘密の会合を開いた。[137] 1971年7月15日、世界を驚かせたワシントンと北京からの発表により、大統領が翌2月に中国を訪問することがわかった。[138]秘密は、両方の指導者たちが訪問のために彼らの国の政治情勢を準備する時間を与えた。[139]

1972年2月、キッシンジャーが準備のためにニクソンに40時間以上ブリーフィングした後、ニクソンと彼の妻は中国に旅行しました。[140]着陸すると、大統領とファーストレディはエアフォースワンから現れ、中国の周恩来首相に迎えられたニクソンは周の手を振るということを指摘した。当時のジョン・フォスター・ダレス国務長官は、1954年に2人がジュネーブで会ったときにそれを拒否した。[141] 100人以上のテレビジャーナリストが大統領に同行した。ニクソンの命令では、テレビは印刷された出版物よりも強く支持されました。ニクソンは、媒体が印刷物よりもはるかによく訪問を捉えると感じたからです。それはまた、彼が軽蔑した印刷ジャーナリストをかじる機会を彼に与えました。[141]

ニクソンとキッシンジャーは、毛沢東の公邸でCCP議長の毛沢東と周首相と1時間会い、そこでさまざまな問題について話し合った。[142]マオは後に、左翼やソビエトとは異なり、ニクソンの率直さに感銘を受けたと医師に語った。[142]彼はキッシンジャーを疑っていると述べたが[142]、国家安全保障補佐官は彼らの会合を彼の「歴史との出会い」と呼んだ。[141]大統領党を歓迎する正式な宴会が、その夜、人民大会堂で行われた。翌日、ニクソンは周と会った。共同コミュニケこの会議の後、台湾は中国の一部であると認識され、統一の問題に対する平和的な解決を楽しみにしていました。[143]会議に参加していないとき、ニクソンは紫禁城明の十三陵万里の長城などの建築の驚異を見学しました。[141]アメリカ人は、北京の街をツアーし、コミューン、学校、工場、病院を​​訪れたパット・ニクソンに同行したカメラを通して、中国の生活を初めて垣間見た。[141]

この訪問は、米中関係の新時代の幕開けとなりました。[123]米中同盟の可能性を恐れて、ソビエト連邦は米国とのデタントを求める圧力に屈した。[144]これは三角外交の1つの要素でした。[145]

ベトナム戦争

ニクソンはカンボジアへの侵入について国民に演説をする

ニクソンが就任したとき、ベトナムでは毎週約300人のアメリカ兵が亡くなり[146]、戦争は米国では広く人気がなく、激しい抗議が続いていた。ジョンソン政権は交渉と引き換えに無条件に爆撃を停止することを申し出たが、役に立たなかった。ウォルター・アイザクソンによれば、ニクソンは就任後すぐにベトナム戦争に勝つことができないと結論付け、彼はそれをすぐに終わらせる決心をした。[147]彼は、南ベトナムを攻撃から保護したまま、アメリカ軍が撤退できるようにする取り決めを求めた。[148]

ニクソンは、 1969年3月から、カンボジアの指導者ノロドムシハヌーク同意なしに、カンボジアでの北ベトナムとクメールルージュの位置の秘密のB-52絨毯爆撃キャンペーンを承認しました[149] [150] [151] 1969年半ば、ニクソンは北ベトナムとの和平交渉の取り組みを開始し、彼らの指導者に個人的な手紙を送り、パリで和平交渉が始まった。最初の会談は合意に至らず[152]、1969年5月、北ベトナムがそうすることを条件に、南ベトナムからすべてのアメリカ軍を撤退させることを公に提案し、南ベトナムがベトコンと国際的に監督された選挙を行うことを提案した。参加。[153]

ニクソンが1969年7月30日、南ベトナムのアメリカ軍を訪問

1969年7月、ニクソンは南ベトナムを訪れ、そこで米軍司令官およびグエン・バン・チュー大統領と会談しました。自宅での即時撤退を要求する抗議の中で、彼はアメリカ軍をベトナム軍に置き換える戦略を実行しました。これは「ベトナム化」として知られています。彼はすぐに段階的な米軍の撤退を開始し[ 154] 、ラオスとカンボジアを通過するホーチミン・トレイルを妨害し、北ベトナム軍に供給するために使用されたラオスへの侵入も許可した。ニクソンは1970年4月30日にカンボジアの地上侵攻を発表した[155]。そして、紛争の拡大の認識に対してさらなる抗議が勃発し、その結果、オハイオ州兵がケント州立大学で武装していない4人の学生を殺害した。[ 156]抗議者に対するニクソンの反応には、1970年5月9日リンカーン記念館での彼らとの即席の早朝の会合が含まれていた 1970年3月にオーバーランしたカンボジアは、クメールルージュの明示的な要請により発足し、ポルポトの当時の副司令官であるヌオンチアによって交渉されました。[160]激化した爆撃とは対照的に、戦争を抑制するというニクソンのキャンペーンの約束は、ニクソンがこの問題に関して「信頼性のギャップ」を持っていたという主張につながった[154] 1970年から1973年のカンボジアの爆撃の間に50,000から150,000人が殺されたと推定されている。[150]

1971年、ダニエル・エルズバーグによってリークされた「ペンタゴン・ペーパーズ」からの抜粋が、ニューヨーク・タイムズワシントン・ポストから出版されましたリークのニュースが最初に現れたとき、ニクソンは何もしない傾向がありました。米国のベトナムへの関与の歴史であるペーパーは、主に前政権の嘘に関係しており、実際の啓示はほとんど含まれていませんでした。彼はキッシンジャーに、新聞は見た目よりも有害であると説得され、大統領は出版を阻止しようとしたが、最高裁判所は新聞を支持する判決を下した。[161]

米軍の撤退が続く中、徴兵制は1973年までに段階的に廃止され、軍隊はすべて自発的になりました。[162]何年にもわたる戦闘の後、1973年の初めにパリ協定が調印された。協定は停戦を実施し、南部にいる16万人の北ベトナム軍常連の撤退を要求せずに残りのアメリカ軍の撤退を許可した。[163]アメリカの戦闘支援が終了すると、戦闘が再開される前に短い休戦があり、北ベトナムは1975年に南ベトナムを征服した。[164]

ラテンアメリカの政策

メキシコのグスタボ・ディアス・オルダス大統領とニクソン(彼の右側)。1970年9月、カリフォルニア州サンディエゴの車列

ニクソンは、1961年のピッグス湾事件と1962年のキューバミサイル危機の間、ケネディをしっかりと支持していた。1969年に就任すると、彼はキューバとその大統領、フィデル・カストロに対する秘密作戦を強化しました。彼は友人のベベ・レボゾを通じてキューバ系アメリカ人の亡命コミュニティと緊密な関係を維持しました、カストロを苛立たせる方法をしばしば提案した。ソビエトとキューバ人は、ニクソンがキューバを攻撃し、ミサイル危機を終わらせたケネディとフルシチョフの間の理解を壊すかもしれないことを恐れて心配になりました。1970年8月、ソビエトはニクソンに、カストロに対する彼の強硬な態度にもかかわらず、彼が行った理解を再確認するように求めた。ソビエトが1970年10月にキューバのシエンフエゴス港で基地を拡張し始める前に、プロセスは完了しませんでした。マイナーな対立が続き、ソビエトは弾道ミサイルを搭載した潜水艦にシエンフエゴスを使用しないことを規定し、外交ノートの最終ラウンドが交換されました。十一月に。[165]

1970年9月のチリ大統領としてのマルクス主義候補サルバドールアジェンデの選挙は、ニクソンとキッシンジャーによる彼への秘密の反対の激しいキャンペーンに拍車をかけました。[166] :25 これは、チリの議会にホルヘ・アレッサンドリが選挙の勝者であることを確認するよう説得することから始まり、クーデターを支持する軍の将校にメッセージを送った。[166]その他の支援には、アジェンデに対して組織されたストライキとアジェンデの反対者への資金提供が含まれていた。チリの著名な新聞に反アジェンデのメッセージを印刷するために、「ニクソンが個人的に承認した」70万ドルの秘密資金があるとさえ主張された。[166] :93 長期にわたる社会的、政治的、経済的不安の後、アウグストピノチェト将軍は、1973年9月11日の激しいクーデターで権力を握った。死者の中にはアジェンデがいました。[167]

ソビエト連邦

1973年のソビエト指導者の米国への旅行中のブレジネフとのニクソン

ニクソンは、核平和のトピックに取り組むために改善された国際環境を利用しました。彼の中国訪問の発表に続いて、ニクソン政権は彼がソビエト連邦を訪問するための交渉を終えた。大統領とファーストレディは1972年5月22日にモスクワに到着し、共産党書記長のレオニードブレジネフと会談しましたアレクセイ・コスイギン閣僚評議会議長; そして、他の主要なソビエト当局者の中で、最高ソビエトの幹部会の議長あるニコライ・ポドゴルニー[168]

ニクソンはブレジネフと激しい交渉を行った。[168]サミットから、貿易の増加と2つの画期的な軍備管理条約に関する合意が生まれました。2つの超大国によって署名された最初の包括的な制限協定であるSALT I [123]システムの開発を禁止した弾道弾迎撃ミサイル条約です。入ってくるミサイルを迎撃するように設計されています。ニクソンとブレジネフは「平和共存」の新時代を宣言した。その夜、クレムリンで宴会が開かれた。[168]

ニクソンとキッシンジャーは、軍備管理をデタントに結び付け、ニクソンが「結びつき」と呼んだものを通じて他の緊急の問題の解決に結びつけることを計画した。デビッド・タルは次 のように主張している。

したがって、戦略兵器制限と中東、ベルリン、そして何よりもベトナムなどの未解決の問題との関連は、ニクソンとキッシンジャーのデタント政策の中心となった。彼らは、リンケージの採用を通じて、米国の核軍縮や軍備管理政策を含む米国の外交政策の性質と方針を変え、ニクソンの前任者によって実践されていたものからそれらを分離することを望んでいた。彼らはまた、連携を通じて、米国の軍備管理政策をデタントの一部にすることを意図して いた...彼の連携政策は実際には失敗した。それは主に、欠陥のある仮定と誤った前提に基づいていたために失敗しました。その主な理由は、ソビエト連邦が米国よりもはるかに戦略兵器制限協定を望んでいたことでした。[169]

米国、中国、ソビエト連邦とのより良い関係を育むことを目指して、北ベトナムへの外交的支援を削減し、ハノイに軍事的に合意するよう助言した。[170]ニクソンは後に彼の戦略を説明した:

私は長い間、ベトナムで成功する平和イニシアチブの不可欠な要素は、可能であればソビエトと中国の助けを借りることであると信じていました。中国との和解とソビエト連邦とのデタントはそれ自体で終わりましたが、私はそれらが戦争の終結を早めるための可能な手段であるとも考えました。最悪の場合、ワシントンがモスクワと北京に対処しているとしたら、ハノイは自信がなくなるだろう。せいぜい、2つの主要な共産党勢力が彼らが揚げるより大きな魚を持っていると決定した場合、ハノイは私たちが受け入れることができる和解を交渉するように圧力をかけられるでしょう。[171]

1973年、ニクソンは輸出入銀行に対し、アーマンド・ハマーオクシデンタル・ペトロリアムがフロリダからソビエト連邦にリン酸塩を輸出し、ソビエトのアンモニアを輸入するというソビエト連邦との貿易協定に資金を提供することを奨励したこの取引は、20年間で200億ドルの価値があり、オデッサベンツピルスに2つの主要なソビエト港施設を建設し[172] [173] [174]、大ヴォルジエ地域の4つのアンモニアプラントをオデッサ。[174] 1973年、ニクソンは彼の政権がジャクソン・バニック改正で議会が異議を唱えたソ連との最恵国待遇[175][176]

過去2年間で、ニクソンは米ソ関係においてかなりの進歩を遂げ、1974年にソビエト連邦への2回目の旅行に乗り出しました。[177]彼は歓迎式典、歓声を上げる群衆、そしてその夜のグランドクレムリン宮殿での州の夕食[177]ニクソンとブレジネフはヤルタで会い、そこで提案された相互防衛協定、デタント、およびMIRVについて話し合った。ニクソンは包括的核実験禁止条約の提案を検討したが、大統領時代にはそれを完了する時間がないと感じた。[177]これらの交渉には重大な突破口はなかった。[177]

中東政策

1974年6月、エジプトのアンワル・サダト大統領とニクソン

ニクソンドクトリンの一部として、米国は同盟国に直接の戦闘支援を与えることを避け、代わりに彼ら自身を守るための支援を与えました。ニクソン政権時代、米国は中東、特にイスラエル、イラン、サウジアラビアへの武器販売を大幅に増やしました。[178]ニクソン政権は、中東のアメリカの同盟国であるイスラエルを強く支持したが、支持は無条件ではなかった。ニクソンは、イスラエルはアラブの隣国と和平を結ぶべきであり、米国はそれを奨励すべきだと信じていた。大統領は、スエズ危機の間を除いて、それを信じていました—米国はイスラエルへの介入に失敗しており、イスラエルへの大規模な米国の軍事援助の活用を利用して、交渉のテーブルに当事者を促す必要があります。アラブとイスラエルの紛争は、彼の最初の任期中のニクソンの注目の主要な焦点ではありませんでした。一つには、彼は、彼が何をしたとしても、アメリカのユダヤ人が彼の再選に反対するだろうと感じました。[a]

1973年10月6日、エジプトとシリアが主導し、ソビエト連邦が武器と物資で支援したアラブ連合が、第四次中東戦争でイスラエルを攻撃しました。イスラエルは大きな損失を被り、ニクソンはイスラエルの損失を補うために空輸を命じ、部門間の争いや官僚主義を切り抜け、アラブ諸国によるあらゆる対応に個人的な責任を負った。一週間以上後、米国とソビエト連邦が休戦交渉を開始するまでに、イスラエルは敵の領土に深く侵入していました。停戦交渉は急速に超大国危機へとエスカレートした。イスラエルが優位に立つと、エジプトのサダト大統領は米ソ合同平和維持ミッションを要請したが、米国はこれを拒否した。ソビエト首相ブレジネフが一方的に平和維持任務を軍事的に執行すると脅迫したとき、ニクソンは米軍にDEFCON 3 [179]を命じ、すべての米軍要員と基地を核戦争の警戒態勢に置いた。これは、キューバのミサイル危機以来、世界が核戦争に最も近かった。ブレジネフはニクソンの行動の結果として後退した。[180]

イスラエルの勝利は主に米国の支援によるものであったため、アラブのOPEC諸国は、米国への原油の販売を拒否することで報復し、1973年の石油危機を引き起こしました。[181]禁輸措置は、1973年後半に米国でガソリン不足と配給を引き起こし、中東の平和が定着したため、最終的には産油国によって終結した。[182]

戦後、ニクソン大統領の下で、米国は1967年以来初めてエジプトとの関係を再構築した。ニクソンは中東危機を利用して、行き詰まった中東平和交渉を再開した。彼は10月20日にキッシンジャーに秘密のメモを書いた。

間違いなく、私たちは中東で永続的な平和を築くために、15年間で最高の機会に直面していると信じています。この機会を逃せば、歴史が私たちに責任を負わせると私は確信しています...私は今、恒久的な中東の定住が私たちが自分自身を捧げなければならない最も重要な最終目標であると考えています。[183]

ニクソンは1974年6月に中東への大統領として彼の最後の国際訪問の1つを行い、イスラエルを訪問した最初の大統領になりました。[184]


国内政策

経済

1969年のワシントン上院議員のオープニングデーでのニクソン。チームオーナーのボブショート(腕を組んで)と野球委員のボウイキューン(口に手をつないで)。彼の補佐官であるジャック・ブレナン少佐は彼らの後ろに座っています。

1969年にニクソンが就任したとき、インフレ率は4.7%で、朝鮮戦争以来の最高率でした。グレートソサエティはジョンソンの下で制定され、それはベトナム戦争の費用とともに、大きな財政赤字を引き起こしていました。失業率は低かったが、金利は一世紀で最高だった。[185]ニクソンの主要な経済目標はインフレを減らすことでした。そうするための最も明白な手段は戦争を終わらせることでした。[185]これは一夜にして達成することはできず、米国経済は1970年まで苦戦を続け、中期議会選挙で共和党の業績が低迷した一因となった(民主党はニクソン大統領の任期を通じて両方の議会を支配した)。[186]政治経済学者のナイジェル・ボウルズによると、ニクソンの経済記録に関する2011年の調査によると、新大統領は大統領就任1年目までジョンソンの政策をほとんど変えることはありませんでした。[187]

ニクソンは国内政策よりも外交にはるかに興味を持っていたが、有権者は自分の財政状態に集中する傾向があり、経済状況は彼の再選への脅威であると彼は信じていた。彼の「新連邦主義」の見解の一部として、彼は州への助成金を提案したが、これらの提案は議会の予算プロセスでほとんど失われた。しかし、ニクソンはそれらを擁護したことで政治的信用を得ました。[186] 1970年、議会は大統領に賃金と価格の凍結を課す権限を与えたが、民主主義の多数派は、ニクソンが彼のキャリアを通じてそのような統制に反対したことを知っていたが、ニクソンが実際に権限を使用することを期待していなかった。[187]1971年8月までにインフレが解決せず、選挙の年が迫っていたため、ニクソンはキャンプデービッドで経済諮問委員会の首脳会談を招集しました。ニクソンの選択肢は、失業を減らすか、ドルの固定相場制を終わらせる財政および金融拡張主義の政策を制限することでした。ニクソンのジレンマは、国際経済学における不可能な三位一体の例として引用されています。[188] [189]その後、彼は一時的な賃金と価格統制を発表し、ドルが他の通貨に対して変動することを許可し、ドルの金への兌換性を終わらせた。[190]ボウルズは指摘し、

ニクソンは、インフレの敗北を目的とした政策で自分自身を特定することにより、民主主義の反対者が彼を批判することを困難にしました。彼の反対派は、彼らが支持したものは彼らが設計したものであったが大統領が彼自身のために割り当てたものであったので、もっともらしいまたは信じられる代替政策を提供することができなかった。[187]

ニクソンの政策は1972年までインフレを抑制しましたが、その後遺症が彼の2期目とフォード政権へのインフレの一因となりました。[190]米国の金本位制を終了するというニクソンの決定は、ブレトンウッズ体制の崩壊につながった。トーマス・オートリーによれば、「ブレトンウッズ体制は崩壊し、ニクソンは1972年の大統領選挙に勝つことができた」とのことです。[188]

ニクソンが再選に勝利した後、インフレは戻ってきました。[191]彼は1973年6月に価格統制を再課した。価格統制は、強力な労働組合が価格委員会の官僚機構よりも好ましいと見なした一般市民やビジネスマンの間で不人気になった。[191]肉が食料品店から姿を消し、農民が鶏を損なうのではなく溺死させたため、対照は食糧不足を引き起こした。[191]インフレの抑制に失敗したにもかかわらず、統制はゆっくりと終了し、1974年4月30日に彼らの法定認可は失効した。[191]

政府のイニシアチブと組織

ニクソン大統領が1971年の一般教書演説を米国議会議事堂で行う
ジェームズ・アンソニー・ウィルズによるニクソン大統領の公式の肖像画c。 1984年

ニクソンは「新連邦主義」を提唱しました。これは州および地方の選出された公務員に権限を委譲しますが、議会はこれらのアイデアに敵対し、それらのいくつかを制定しました。[192]彼は、1971年に政府が運営する米国郵政公社となった内閣レベルの米国郵政省を廃止し[193]

ニクソンは、保護運動の後半の支持者でした。1968年の選挙では、環境政策は重要な問題ではなく、候補者がこの問題について意見を求められることはめったにありませんでした。ニクソンは、1970年の一般教書演説で環境政策について話し合うことで、新たな境地を開拓しました。1970年4月の最初のアースデイは、この問題に対する有権者の関心の波を予感させ、それを自分の利益のために利用しようとしました。6月に彼は環境保護庁(EPA)の設立を発表しました。[194]彼は、彼を「環境問題の問題から遠ざける」ために、天然資源の保護を支持した彼の国内顧問ジョン・アーリックマンに頼った。[195]ニクソンが支援した他のイニシアチブには、1970年の大気浄化法労働安全衛生局(OSHA)が含まれ、国家環境政策法は多くの連邦プロジェクトに環境影響声明を要求しました。[195] [194]ニクソンは、1972年の水質浄化法に拒否権を行使しました。これは、法律の政策目標ではなく、法案に費やされる金額に反対し、彼はそれを過剰と見なしました。議会が拒否権を覆した後、ニクソンは彼が不当と見なした資金を差し押さえた。[196]

1971年、ニクソンは健康保険改革を提案しました。これは、民間の健康保険雇用主の義務であり、[b]扶養されている未成年の子供を持つ貧しい家族のためのメディケイドの連邦化[197]と、健康維持機構(HMO)の支援です。[198]限定的なHMO法案が1973年に制定されました。[198] 1974年、ニクソンはより包括的な健康保険改革を提案しました。収入ベースの保険料と費用分担で。[199]

米国の投獄率の増加を示すグラフ

Nixon was concerned about the prevalence of domestic drug use in addition to drug use among American soldiers in Vietnam. He called for a War on Drugs and pledged to cut off sources of supply abroad. He also increased funds for education and for rehabilitation facilities.[200]

As one policy initiative, Nixon called for more money for sickle-cell research, treatment, and education in February 1971[201] and signed the National Sickle Cell Anemia Control Act on May 16, 1972.[202][203][c] While Nixon called for increased spending on such high-profile items as sickle-cell disease and for a War on Cancer, at the same time he sought to reduce overall spending at the National Institutes of Health.[204]

Civil rights

The Nixon presidency witnessed the first large-scale integration of public schools in the South.[205] Nixon sought a middle way between the segregationist Wallace and liberal Democrats, whose support of integration was alienating some Southern whites.[206] Hopeful of doing well in the South in 1972, he sought to dispose of desegregation as a political issue before then. Soon after his inauguration, he appointed Vice President Agnew to lead a task force, which worked with local leaders—both white and black—to determine how to integrate local schools. Agnew had little interest in the work, and most of it was done by Labor Secretary George Shultz. Federal aid was available, and a meeting with President Nixon was a possible reward for compliant committees. By September 1970, less than ten percent of black children were attending segregated schools. By 1971, however, tensions over desegregation surfaced in Northern cities, with angry protests over the busing of children to schools outside their neighborhood to achieve racial balance. Nixon opposed busing personally but enforced court orders requiring its use.[207]

Some scholars, such as James Morton Turner and John Isenberg, believe that Nixon, who had advocated for civil rights in his 1960 campaign, slowed down desegregation as president, appealing to the racial conservatism of Southern whites, who were angered by the civil rights movement. This, he hoped, would boost his election chances in 1972.[208][209]

In addition to desegregating public schools, Nixon implemented the Philadelphia Plan in 1970—the first significant federal affirmative action program.[210] He also endorsed the Equal Rights Amendment after it passed both houses of Congress in 1972 and went to the states for ratification.[211] He also pushed for African American civil rights and economic equity through a concept known as black capitalism.[212] Nixon had campaigned as an ERA supporter in 1968, though feminists criticized him for doing little to help the ERA or their cause after his election. Nevertheless, he appointed more women to administration positions than Lyndon Johnson had.[213]

Space policy

Nixon visiting the Apollo 11 astronauts in quarantine aboard the aircraft carrier USS Hornet

After a nearly decade-long national effort, the United States won the race to land astronauts on the Moon on July 20, 1969, with the flight of Apollo 11. Nixon spoke with Neil Armstrong and Buzz Aldrin during their moonwalk. He called the conversation "the most historic phone call ever made from the White House".[214]

Nixon was unwilling to keep funding for the National Aeronautics and Space Administration (NASA) at the high level seen during the 1960s as NASA prepared to send men to the Moon. NASA Administrator Thomas O. Paine drew up ambitious plans for the establishment of a permanent base on the Moon by the end of the 1970s and the launch of a crewed expedition to Mars as early as 1981. Nixon rejected both proposals due to the expense.[215] Nixon also canceled the Air Force Manned Orbital Laboratory program in 1969, because unmanned spy satellites were a more cost-effective way to achieve the same reconnaissance objective.[216] NASA cancelled the last three planned Apollo lunar missions to place Skylab in orbit more efficiently and free money up for the design and construction of the Space Shuttle.[217]

On May 24, 1972, Nixon approved a five-year cooperative program between NASA and the Soviet space program, culminating in the 1975 joint mission of an American Apollo and Soviet Soyuz spacecraft linking in space.[218]

Reelection, Watergate scandal, and resignation

1972 presidential campaign

1972 electoral vote results

Nixon believed his rise to power had peaked at a moment of political realignment. The Democratic "Solid South" had long been a source of frustration to Republican ambitions. Goldwater had won several Southern states by opposing the Civil Rights Act of 1964 but had alienated more moderate Southerners. Nixon's efforts to gain Southern support in 1968 were diluted by Wallace's candidacy. Through his first term, he pursued a Southern Strategy with policies, such as his desegregation plans, that would be broadly acceptable among Southern whites, encouraging them to realign with the Republicans in the aftermath of the civil rights movement. He nominated two Southern conservatives, Clement Haynsworth and G. Harrold Carswell to the Supreme Court, but neither was confirmed by the Senate.[219]

Nixon entered his name on the New Hampshire primary ballot on January 5, 1972, effectively announcing his candidacy for reelection.[220] Virtually assured the Republican nomination,[221] the President had initially expected his Democratic opponent to be Massachusetts Senator Edward M. Kennedy (brother of the late President), who was largely removed from contention after the July 1969 Chappaquiddick incident.[222] Instead, Maine Senator Edmund Muskie became the front runner, with South Dakota Senator George McGovern in a close second place.[220]

On June 10, McGovern won the California primary and secured the Democratic nomination.[223] The following month, Nixon was renominated at the 1972 Republican National Convention. He dismissed the Democratic platform as cowardly and divisive.[224] McGovern intended to sharply reduce defense spending[225] and supported amnesty for draft evaders as well as abortion rights. With some of his supporters believed to be in favor of drug legalization, McGovern was perceived as standing for "amnesty, abortion and acid". McGovern was also damaged by his vacillating support for his original running mate, Missouri Senator Thomas Eagleton, dumped from the ticket following revelations that he had received treatment for depression.[226][227] Nixon was ahead in most polls for the entire election cycle, and was reelected on November 7, 1972, in one of the largest landslide election victories in American history. He defeated McGovern with over 60 percent of the popular vote, losing only in Massachusetts and D.C.[228]

Watergate

Nixon fielding questions at a press conference, October 26, 1973

The term Watergate has come to encompass an array of clandestine and often illegal activities undertaken by members of the Nixon administration. Those activities included "dirty tricks," such as bugging the offices of political opponents, and the harassment of activist groups and political figures. The activities were brought to light after five men were caught breaking into the Democratic party headquarters at the Watergate complex in Washington, D.C. on June 17, 1972. The Washington Post picked up on the story; reporters Carl Bernstein and Bob Woodward relied on an informant known as "Deep Throat"—later revealed to be Mark Felt, associate director at the FBI—to link the men to the Nixon administration. Nixon downplayed the scandal as mere politics, calling news articles biased and misleading. A series of revelations made it clear that the Committee to Re-elect President Nixon, and later the White House, were involved in attempts to sabotage the Democrats. Senior aides such as White House Counsel John Dean faced prosecution; in total 48 officials were convicted of wrongdoing.[123][229][230]

A demonstrator demanding Nixon's impeachment, October 1973

In July 1973, White House aide Alexander Butterfield testified under oath to Congress that Nixon had a secret taping system and recorded his conversations and phone calls in the Oval Office. These tapes were subpoenaed by Watergate Special Counsel Archibald Cox; Nixon provided transcripts of the conversations but not the actual tapes, citing executive privilege. With the White House and Cox at loggerheads, Nixon had Cox fired in October in the "Saturday Night Massacre"; he was replaced by Leon Jaworski. In November, Nixon's lawyers revealed that a tape of conversations held in the White House on June 20, 1972, had an 18+12 minute gap.[230] Rose Mary Woods, the President's personal secretary, claimed responsibility for the gap, saying that she had accidentally wiped the section while transcribing the tape, but her story was widely mocked. The gap, while not conclusive proof of wrongdoing by the President, cast doubt on Nixon's statement that he had been unaware of the cover-up.[231]

Though Nixon lost much popular support, even from his own party, he rejected accusations of wrongdoing and vowed to stay in office.[230] He admitted he had made mistakes but insisted he had no prior knowledge of the burglary, did not break any laws, and did not learn of the cover-up until early 1973.[232] On October 10, 1973, Vice President Agnew resigned for reasons unrelated to Watergate: he was convicted on charges of bribery, tax evasion and money laundering during his tenure as governor of Maryland. Believing his first choice, John Connally, would not be confirmed by Congress,[233] Nixon chose Gerald Ford, Minority Leader of the House of Representatives, to replace Agnew.[234] One researcher suggests Nixon effectively disengaged from his own administration after Ford was sworn in as vice president on December 6, 1973.[235]

On November 17, 1973, during a televised question-and-answer session,[236] with 400 Associated Press managing editors Nixon said, "People have got to know whether or not their President is a crook. Well, I'm not a crook. I've earned everything I've got."[237]

Nixon announces the release of edited transcripts of the Watergate tapes, April 29, 1974

The legal battle over the tapes continued through early 1974, and in April Nixon announced the release of 1,200 pages of transcripts of White House conversations between himself and his aides. The House Judiciary Committee opened impeachment hearings against the President on May 9, 1974, which were televised on the major TV networks. These hearings culminated in votes for impeachment.[232] On July 24, the Supreme Court ruled unanimously that the full tapes, not just selected transcripts, must be released.[238]

The scandal grew to involve a slew of additional allegations against the President, ranging from the improper use of government agencies to accepting gifts in office and his personal finances and taxes; Nixon repeatedly stated his willingness to pay any outstanding taxes due, and later paid $465,000 (equivalent to $2.4 million in 2020) in back taxes in 1974.[239]

Nixon Oval Office meeting with H.R. Haldeman "Smoking Gun" Conversation June 23, 1972 (Full Transcript)

Even with support diminished by the continuing series of revelations, Nixon hoped to fight the charges. But one of the new tapes, recorded soon after the break-in, demonstrated that Nixon had been told of the White House connection to the Watergate burglaries soon after they took place, and had approved plans to thwart the investigation. In a statement accompanying the release of what became known as the "Smoking Gun Tape" on August 5, 1974, Nixon accepted blame for misleading the country about when he had been told of White House involvement, stating that he had had a lapse of memory.[240] Senate Minority Leader Hugh Scott, Senator Barry Goldwater, and House Minority Leader John Jacob Rhodes met with Nixon soon after. Rhodes told Nixon he faced certain impeachment in the House. Scott and Goldwater told the president that he had, at most, only 15 votes in his favor in the Senate, far fewer than the 34 needed to avoid removal from office.[241]

Resignation

Nixon's farewell speech to the White House staff, August 9, 1974

In light of his loss of political support and the near-certainty that he would be impeached and removed from office, Nixon resigned the presidency on August 9, 1974, after addressing the nation on television the previous evening.[232] The resignation speech was delivered from the Oval Office and was carried live on radio and television. Nixon said he was resigning for the good of the country and asked the nation to support the new president, Gerald Ford. Nixon went on to review the accomplishments of his presidency, especially in foreign policy.[242] He defended his record as president, quoting from Theodore Roosevelt's 1910 speech Citizenship in a Republic:

Sometimes I have succeeded and sometimes I have failed, but always I have taken heart from what Theodore Roosevelt once said about the man in the arena, "whose face is marred by dust and sweat and blood, who strives valiantly, who errs and comes up short again and again because there is not effort without error and shortcoming, but who does actually strive to do the deed, who knows the great enthusiasms, the great devotions, who spends himself in a worthy cause, who at the best knows in the end the triumphs of high achievements and who at the worst, if he fails, at least fails while daring greatly".[243]

Nixon's speech received generally favorable initial responses from network commentators, with only Roger Mudd of CBS stating that Nixon had not admitted wrongdoing.[244] It was termed "a masterpiece" by Conrad Black, one of his biographers. Black opined that "What was intended to be an unprecedented humiliation for any American president, Nixon converted into a virtual parliamentary acknowledgement of almost blameless insufficiency of legislative support to continue. He left while devoting half his address to a recitation of his accomplishments in office."[245]

Post-presidency (1974–1994)

Pardon and illness

President Ford announcing his decision to pardon Nixon, September 8, 1974, in the Oval Office

Following his resignation, the Nixons flew to their home La Casa Pacifica in San Clemente, California.[246] According to his biographer, Jonathan Aitken, "Nixon was a soul in torment" after his resignation.[247] Congress had funded Nixon's transition costs, including some salary expenses, though reducing the appropriation from $850,000 to $200,000. With some of his staff still with him, Nixon was at his desk by 7:00 a.m.—with little to do.[247] His former press secretary, Ron Ziegler, sat with him alone for hours each day.[248]

Nixon's resignation had not put an end to the desire among many to see him punished. The Ford White House considered a pardon of Nixon, even though it would be unpopular in the country. Nixon, contacted by Ford emissaries, was initially reluctant to accept the pardon, but then agreed to do so. Ford insisted on a statement of contrition, but Nixon felt he had not committed any crimes and should not have to issue such a document. Ford eventually agreed, and on September 8, 1974, he granted Nixon a "full, free, and absolute pardon", which ended any possibility of an indictment. Nixon then released a statement:

I was wrong in not acting more decisively and more forthrightly in dealing with Watergate, particularly when it reached the stage of judicial proceedings and grew from a political scandal into a national tragedy. No words can describe the depth of my regret and pain at the anguish my mistakes over Watergate have caused the nation and the presidency, a nation I so deeply love, and an institution I so greatly respect.[249][250]

In October 1974, Nixon fell ill with phlebitis. Told by his doctors that he could either be operated on or die, a reluctant Nixon chose surgery, and President Ford visited him in the hospital. Nixon was under subpoena for the trial of three of his former aides—Dean, Haldeman, and John Ehrlichman—and The Washington Post, disbelieving his illness, printed a cartoon showing Nixon with a cast on the "wrong foot". Judge John Sirica excused Nixon's presence despite the defendants' objections.[251] Congress instructed Ford to retain Nixon's presidential papers—beginning a three-decade legal battle over the documents that was eventually won by the former president and his estate.[252] Nixon was in the hospital when the 1974 midterm elections were held, and Watergate and the pardon were contributing factors to the Republican loss of 43 seats in the House and three in the Senate.[253]

Return to public life

President Jimmy Carter, former Presidents Gerald Ford and Nixon meet at the White House in preparation for the funeral of former Vice President Hubert Humphrey, 1978

In December 1974, Nixon began planning his comeback despite the considerable ill will against him in the country. He wrote in his diary, referring to himself and Pat,

So be it. We will see it through. We've had tough times before and we can take the tougher ones that we will have to go through now. That is perhaps what we were made for—to be able to take punishment beyond what anyone in this office has had before particularly after leaving office. This is a test of character and we must not fail the test.[254]

Nixon speaking with Chinese Vice Premier Deng Xiaoping and U.S. President Jimmy Carter at the White House, 1979

By early 1975, Nixon's health was improving. He maintained an office in a Coast Guard station 300 yards from his home, at first taking a golf cart and later walking the route each day; he mainly worked on his memoirs.[255] He had hoped to wait before writing his memoirs; the fact that his assets were being eaten away by expenses and lawyer fees compelled him to begin work quickly.[256] He was handicapped in this work by the end of his transition allowance in February, which compelled him to part with many of his staff, including Ziegler.[257] In August of that year, he met with British talk-show host and producer David Frost, who paid him $600,000 (equivalent to $2.9 million in 2020) for a series of sit-down interviews, filmed and aired in 1977.[258] They began on the topic of foreign policy, recounting the leaders he had known, but the most remembered section of the interviews was that on Watergate. Nixon admitted he had "let down the country" and that "I brought myself down. I gave them a sword and they stuck it in. And they twisted it with relish. And, I guess, if I'd been in their position, I'd have done the same thing."[259] The interviews garnered 45–50 million viewers—becoming the most-watched program of its kind in television history.[260]

The interviews helped improve Nixon's financial position—at one point in early 1975 he had only $500 in the bank—as did the sale of his Key Biscayne property to a trust set up by wealthy friends of Nixon, such as Bebe Rebozo.[261] In February 1976, Nixon visited China at the personal invitation of Mao. Nixon had wanted to return to China but chose to wait until after Ford's own visit in 1975.[262] Nixon remained neutral in the close 1976 primary battle between Ford and Reagan. Ford won, but was defeated by Georgia Governor Jimmy Carter in the general election. The Carter administration had little use for Nixon and blocked his planned trip to Australia, causing the government of Prime Minister Malcolm Fraser to withhold its official invitation.[263]

In 1976, Nixon was disbarred by the New York State Bar Association for obstruction of justice in the Watergate affair. Nixon chose not to present any defense.[264] In early 1978, Nixon went to the United Kingdom. He was shunned by American diplomats and by most ministers of the James Callaghan government. He was welcomed, however, by the Leader of the Opposition, Margaret Thatcher, as well as by former prime ministers Lord Home and Sir Harold Wilson. Two other former prime ministers, Harold Macmillan and Edward Heath, declined to meet him. Nixon addressed the Oxford Union regarding Watergate:

[Some people] felt that on this matter that I had not handled it properly, and they were right. I screwed it up and I paid the price.[265][266]

Author and elder statesman

President Ronald Reagan meets with his three immediate predecessors, Ford, Carter and Nixon at the White House, October 1981; the three former presidents would represent the United States at the funeral of Egyptian President Anwar Sadat.

In 1978, Nixon published his memoirs, RN: The Memoirs of Richard Nixon, the first of ten books he was to author in his retirement.[246] The book was a bestseller and attracted a generally positive critical response.[267] Nixon visited the White House in 1979, invited by Carter for the state dinner for Chinese Vice Premier Deng Xiaoping. Carter had not wanted to invite Nixon, but Deng had said he would visit Nixon in California if the former president was not invited. Nixon had a private meeting with Deng and visited Beijing again in mid-1979.[268]

Nixon in 1992

On August 10, 1979, the Nixons purchased a 12‐room condominium occupying the seventh floor of 817 Fifth Avenue New York City[269] after being rejected by two Manhattan co-ops.[270] When the deposed Shah of Iran died in Egypt in July 1980, Nixon defied the State Department, which intended to send no U.S. representative, by attending the funeral. Though Nixon had no official credentials, as a former president he was seen as the American presence at its former ally's funeral.[271] Nixon supported Ronald Reagan for president in 1980, making television appearances portraying himself as, in biographer Stephen Ambrose's words, "the senior statesman above the fray".[272] He wrote guest articles for many publications both during the campaign and after Reagan's victory.[273] After eighteen months in the New York City townhouse, Nixon and his wife moved in 1981 to Saddle River, New Jersey.[246]

Throughout the 1980s, Nixon maintained an ambitious schedule of speaking engagements and writing,[246] traveled, and met with many foreign leaders, especially those of Third World countries. He joined former Presidents Ford and Carter as representatives of the United States at the funeral of Egyptian President Anwar Sadat.[246] On a trip to the Middle East, Nixon made his views known regarding Saudi Arabia and Libya, which attracted significant U.S. media attention; The Washington Post ran stories on Nixon's "rehabilitation".[274] Nixon visited the Soviet Union in 1986 and on his return sent President Reagan a lengthy memorandum containing foreign policy suggestions and his personal impressions of Soviet General Secretary Mikhail Gorbachev.[246] Following this trip, Nixon was ranked in a Gallup poll as one of the ten most admired men in the world.[275]

Nixon with President Bill Clinton in the residence of the White House, March 1993

In 1986, Nixon addressed a convention of newspaper publishers, impressing his audience with his tour d'horizon of the world.[276] At the time, political pundit Elizabeth Drew wrote, "Even when he was wrong, Nixon still showed that he knew a great deal and had a capacious memory, as well as the capacity to speak with apparent authority, enough to impress people who had little regard for him in earlier times."[276] Newsweek ran a story on "Nixon's comeback" with the headline "He's back".[277]

On July 19, 1990, the Richard Nixon Library and Birthplace in Yorba Linda, California opened as a private institution with the Nixons in attendance. They were joined by a large crowd of people, including Presidents Ford, Reagan, and George H. W. Bush, as well as their wives, Betty, Nancy, and Barbara.[278] In January 1994, the former president founded the Nixon Center (today the Center for the National Interest), a Washington policy think tank and conference center.[279][280]

Pat Nixon died on June 22, 1993, of emphysema and lung cancer. Her funeral services were held on the grounds of the Richard Nixon Library and Birthplace. Former President Nixon was distraught throughout the interment and delivered a tribute to her inside the library building.[281]

Death and funeral

Nixon suffered a severe stroke on April 18, 1994, while preparing to eat dinner in his Park Ridge, New Jersey home.[282] A blood clot resulting from the atrial fibrillation he had suffered for many years had formed in his upper heart, broken off, and traveled to his brain.[283] He was taken to New York Hospital–Cornell Medical Center in Manhattan, initially alert but unable to speak or to move his right arm or leg.[282] Damage to the brain caused swelling (cerebral edema), and Nixon slipped into a deep coma. He died at 9:08 p.m. on April 22, 1994, with his daughters at his bedside. He was 81 years old.[282]

Five U.S. presidents (including then-incumbent President Bill Clinton) and their wives attending the funeral of Richard Nixon, April 27, 1994

Nixon's funeral took place on April 27, 1994, in Yorba Linda, California. Eulogists at the Nixon Library ceremony included President Bill Clinton, former Secretary of State Henry Kissinger, Senate Minority Leader Bob Dole, California Governor Pete Wilson, and the Reverend Billy Graham. Also in attendance were former Presidents Ford, Carter, Reagan, George H. W. Bush, and their wives.[284]

Richard Nixon was buried beside his wife Pat on the grounds of the Nixon Library. He was survived by his two daughters, Tricia and Julie, and four grandchildren.[282] In keeping with his wishes, his funeral was not a full state funeral, though his body did lie in repose in the Nixon Library lobby from April 26 to the morning of the funeral service.[285] Mourners waited in line for up to eight hours in chilly, wet weather to pay their respects.[286] At its peak, the line to pass by Nixon's casket was three miles long with an estimated 42,000 people waiting.[287]

John F. Stacks of Time magazine said of Nixon shortly after his death,

An outsize energy and determination drove him on to recover and rebuild after every self-created disaster that he faced. To reclaim a respected place in American public life after his resignation, he kept traveling and thinking and talking to the world's leaders ... and by the time Bill Clinton came to the White House [in 1993], Nixon had virtually cemented his role as an elder statesman. Clinton, whose wife served on the staff of the committee that voted to impeach Nixon, met openly with him and regularly sought his advice.[288]

Tom Wicker of The New York Times noted that Nixon had been equalled only by Franklin Roosevelt in being five times nominated on a major party ticket and, quoting Nixon's 1962 farewell speech, wrote,

Richard Nixon's jowly, beard-shadowed face, the ski-jump nose and the widow's peak, the arms upstretched in the V-sign, had been so often pictured and caricatured, his presence had become such a familiar one in the land, he had been so often in the heat of controversy, that it was hard to realize the nation really would not "have Nixon to kick around anymore".[289]

Ambrose said of the reaction to Nixon's death, "To everyone's amazement, except his, he's our beloved elder statesman."[290]

Upon Nixon's death, almost all the news coverage mentioned Watergate, but for the most part, the coverage was favorable to the former president. The Dallas Morning News stated, "History ultimately should show that despite his flaws, he was one of our most farsighted chief executives."[291] This offended some; columnist Russell Baker complained of "a group conspiracy to grant him absolution".[292] Cartoonist Jeff Koterba of the Omaha World-Herald depicted History before a blank canvas, his subject Nixon, as America looks on eagerly. The artist urges his audience to sit down; the work will take some time to complete, as "this portrait is a little more complicated than most".[293]

Hunter S. Thompson wrote a scathing piece denouncing Nixon for Rolling Stone, entitled "He Was a Crook" (which also appeared a month later in The Atlantic).[294] In his article, Thompson described Nixon as "a political monster straight out of Grendel and a very dangerous enemy."[294]

Legacy

The graves of President Richard Nixon and First Lady Pat Nixon

Historian and political scientist James MacGregor Burns asked of Nixon, "How can one evaluate such an idiosyncratic president, so brilliant and so morally lacking?"[295] Nixon's biographers disagree on how he will be perceived by posterity. According to Ambrose, "Nixon wanted to be judged by what he accomplished. What he will be remembered for is the nightmare he put the country through in his second term and for his resignation."[296] Irwin Gellman, who chronicled Nixon's Congressional career, suggests, "He was remarkable among his congressional peers, a success story in a troubled era, one who steered a sensible anti-Communist course against the excess of McCarthy."[297] Aitken feels that "Nixon, both as a man and as a statesman, has been excessively maligned for his faults and inadequately recognised for his virtues. Yet even in a spirit of historical revisionism, no simple verdict is possible."[298]

Some historians say Nixon's Southern Strategy turned the Southern United States into a Republican stronghold, while others deem economic factors more important in the change.[219] Throughout his career, Nixon moved his party away from the control of isolationists, and as a Congressman he was a persuasive advocate of containing Soviet communism.[299] According to his biographer Herbert Parmet, "Nixon's role was to steer the Republican party along a middle course, somewhere between the competitive impulses of the Rockefellers, the Goldwaters, and the Reagans."[300]

Richard Nixon's Presidential Library and Museum located in Yorba Linda, California

Nixon's stance on domestic affairs has been credited with the passage and enforcement of environmental and regulatory legislation. In a 2011 paper on Nixon and the environment, historian Paul Charles Milazzo points to Nixon's creation of the United States Environmental Protection Agency (EPA), and to his enforcement of legislation such as the 1973 Endangered Species Act, stating that "though unsought and unacknowledged, Richard Nixon's environmental legacy is secure".[301] Nixon himself did not consider the environmental advances he made in office an important part of his legacy; some historians contend that his choices were driven more by political expediency than any strong environmentalism.[195]

Nixon saw his policies on Vietnam, China, and the Soviet Union as central to his place in history.[178] Nixon's onetime opponent George McGovern commented in 1983, "President Nixon probably had a more practical approach to the two superpowers, China and the Soviet Union, than any other president since World War II [...] With the exception of his inexcusable continuation of the war in Vietnam, Nixon really will get high marks in history."[302] Political scientist Jussi Hanhimäki disagrees, saying that Nixon's diplomacy was merely a continuation of the Cold War policy of containment by diplomatic, rather than military means.[178] Kissinger noted similarities between Nixon's opening of China in 1972 and President Donald Trump's Middle East diplomacy.[303] Historian Christopher Andrew concludes that "Nixon was a great statesman on the world stage as well as a shabby practitioner of electoral politics in the domestic arena. While the criminal farce of Watergate was in the making, Nixon's inspirational statesmanship was establishing new working relationships both with Communist China and with the Soviet Union."[304]

Historian Keith W. Olson has written that Nixon left a legacy of fundamental mistrust of government, rooted in Vietnam and Watergate.[305] In surveys of historians and political scientists, Nixon is generally ranked as a below-average president.[306][307][308] During the impeachment of Bill Clinton in 1998, both sides tried to use Nixon and Watergate to their advantage: Republicans suggested that Clinton's misconduct was comparable to Nixon's, while Democrats contended that Nixon's actions had been far more serious than Clinton's.[309] Another legacy, for a time, was a decrease in the power of the presidency as Congress passed restrictive legislation in the wake of Watergate. Olson suggests that legislation in the aftermath of the September 11 attacks restored the president's power.[305]

Personality and public image

Nixon's career was frequently dogged by his persona and the public's perception of it. Editorial cartoonists and comedians often exaggerated his appearance and mannerisms, to the point where the line between the human and the caricature became increasingly blurred. He was often portrayed with unshaven jowls, slumped shoulders, and a furrowed, sweaty brow.[310]

Nixon and Elvis Presley in December 1970: "The President & The King"

Nixon had a complex personality, both very secretive and awkward, yet strikingly reflective about himself. He was inclined to distance himself from people and was formal in all aspects, wearing a coat and tie even when home alone.[311] Nixon biographer Conrad Black described him as being "driven" though also "uneasy with himself in some ways".[312] According to Black, Nixon

thought that he was doomed to be traduced, double-crossed, unjustly harassed, misunderstood, underappreciated, and subjected to the trials of Job, but that by the application of his mighty will, tenacity, and diligence, he would ultimately prevail.[313]

Bebe Rebozo, FBI Director J. Edgar Hoover, and Nixon relax before dinner at Key Biscayne, Florida, December 1971

Nixon sometimes drank to excess, especially during 1970 when things were not going well for him. He also had trouble battling insomnia, for which he was prescribed sleeping pills. According to Ray Price, he sometimes took them in together. Nixon also took dilantin, recommended by Jack Dreyfus. That medicine is usually prescribed to treat and prevent seizures, but in Nixon's case it was to battle depression. His periodic overindulgences, especially during stressful times such as during Apollo 13, concerned Price and others, including then-advisor Ehrlichman and long-time valet Manolo Sanchez.[314] Author and former British politician David Owen deemed Nixon an alcoholic.[315][316]

Biographer Elizabeth Drew summarized Nixon as a "smart, talented man, but most peculiar and haunted of presidents".[317] In his account of the Nixon presidency, author Richard Reeves described Nixon as "a strange man of uncomfortable shyness, who functioned best alone with his thoughts".[318] Nixon's presidency was doomed by his personality, Reeves argues:

He assumed the worst in people and he brought out the worst in them ... He clung to the idea of being "tough". He thought that was what had brought him to the edge of greatness. But that was what betrayed him. He could not open himself to other men and he could not open himself to greatness.[319]

In October 1999, a volume of 1971 White House audio tapes was released which contained multiple statements by Nixon deemed derogatory toward Jews.[320] In one conversation with H. R. Haldeman, Nixon said that Washington was "full of Jews" and that "most Jews are disloyal", making exceptions for some of his top aides.[321] He then added, "But, Bob, generally speaking, you can't trust the bastards. They turn on you. Am I wrong or right?"[321] Elsewhere on the 1971 recordings, Nixon denies being anti-Semitic, saying, "If anybody who's been in this chair ever had reason to be anti-Semitic, I did ... And I'm not, you know what I mean?"[321]

Nixon believed that putting distance between himself and other people was necessary for him as he advanced in his political career and became president. Even Bebe Rebozo, by some accounts his closest friend, did not call him by his first name. Nixon said of this,

Even with close friends, I don't believe in letting your hair down, confiding this and that and the other thing—saying, "Gee, I couldn't sleep ..." I believe you should keep your troubles to yourself. That's just the way I am. Some people are different. Some people think it's good therapy to sit with a close friend and, you know, just spill your guts ... [and] reveal their inner psyche—whether they were breast-fed or bottle-fed. Not me. No way.[322]

When Nixon was told that most Americans felt they did not know him even at the end of his career, he replied, "Yeah, it's true. And it's not necessary for them to know."[322]

Books

  • Nixon, Richard M. (1960) Six Crises, Doubleday, ISBN 978-0-385-00125-0
  • Quotations from the would-be chairman: Richard Milhous Nixon, edited by M. B. Schnapper (Washington: Public Affairs Press, 1968)
  • Nixon, Richard M. (1978) RN: The Memoirs of Richard Nixon, Simon & Schuster, ISBN 978-0-671-70741-5
  • Nixon, Richard M. (1980) The Real War, Sidgwick & Jackson Ltd. ISBN 978-0-283-98650-5
  • Nixon, Richard M. (1982) Leaders, Random House ISBN 978-0-446-51249-7.
  • Nixon, Richard M. (1984) Real Peace, Sidgwick & Jackson Ltd ISBN 978-0-283-99076-2
External video
video icon Part One of Booknotes interview with Nixon on Seize the Moment, February 23, 1992
video icon Part Two of Booknotes interview, March 1, 1992

See also

Notes

Explanatory notes

  1. ^ Black, pp. 583–585. In 1972, Nixon did more than double his percentage of the Jewish vote, from 17 percent to 35 percent. Merkley, p. 68.
  2. ^ a b voluntary for employees
  3. ^ see especially page 2 (after introductory material) in which a bar graph displays NHLBI funding for sickle cell research from FY 1972 through FY 2001, totaling $923 million for these thirty years, starting at $10 million for 1972, then about $15 million a year through 1976, about $20 million for 1977, etc

Citations

  1. ^ a b c "Richard Nixon Presidential Library and Museum" (PDF). September 21, 2015. Archived from the original (PDF) on September 21, 2015.
  2. ^ "Lincoln Wins: Honest Abe tops new presidential survey". CNN. February 16, 2009. Retrieved December 2, 2020.
  3. ^ "Presidential Historians Survey 2017". C-SPAN. Retrieved December 2, 2020.
  4. ^ "Presidents 2018 Rank by Category" (PDF). Retrieved December 2, 2020.
  5. ^ NPS, Nixon Birthplace.
  6. ^ Ferris, p. 209.
  7. ^ Reitwiesner, William Addams. "The Ancestors of Senator John Forbes Kerry (b. 1943)". Archived from the original on April 27, 2019. Retrieved August 31, 2016.
  8. ^ Nixon Library, Childhood.
  9. ^ Aitken, p. 11.
  10. ^ Aitken, p. 12.
  11. ^ Aitken, p. 21.
  12. ^ Ambrose 1987, p. 41.
  13. ^ Aitken, p. 27.
  14. ^ Ambrose 1987, pp. 56–57.
  15. ^ Black, p. 16.
  16. ^ a b Morris, p. 89.
  17. ^ a b Black, pp. 17–19.
  18. ^ Morris, p. 91.
  19. ^ Morris, p. 92.
  20. ^ a b Aitken, p. 28.
  21. ^ Black, pp. 20–23.
  22. ^ Black, pp. 23–24.
  23. ^ Gellman, p. 15.
  24. ^ Black, pp. 24–25.
  25. ^ Ambrose 1987, p. 61.
  26. ^ Aitken, pp. 58–63.
  27. ^ a b c d e Nixon Library, Student & Sailor.
  28. ^ a b Ambrose 1987, pp. 33–34.
  29. ^ Aitken, p. 67.
  30. ^ Parmet, p. 81.
  31. ^ Nixon Library, Family Collection Guide.
  32. ^ Aitken, p. 76.
  33. ^ Aitken, pp. 79–82.
  34. ^ a b Morris, p. 193.
  35. ^ Black, p. 44.
  36. ^ Black, p. 43.
  37. ^ Nixon 1978, p. 23.
  38. ^ Ambrose 1987, pp. 93, 99.
  39. ^ Ambrose 1987, pp. 100–101.
  40. ^ Nixon Library, Nixon Family.
  41. ^ Morris, pp. 124–126.
  42. ^ Kornitzer, pp. 143–144.
  43. ^ a b c d e f g "Naval Profiles: Richard Milhous Nixon". Naval History and Heritage Command. U.S. Navy. February 18, 2015. Archived from the original on March 15, 2017. Retrieved March 6, 2017. From August through December of 1944, Nixon was assigned to Fleet Air Wing EIGHT. From December through March 1945, he served at the Bureau of Aeronautics, Navy Department, Washington, D.C. In March, his next assignment was as the Bureau of Aeronautics Contracting Officer for Terminations in the Office of the Bureau of Aeronautics General Representative, Eastern District, headquartered in New York City. In that capacity, he had temporary additional duty at various places, including Washington D.C., Philadelphia, Buffalo, New York City, and East Hartford, Connecticut. He was released from active duty on March 10, 1946. He was promoted to Commander in the Naval Reserve on 1 June 1953. While on active duty besides the Letter of Commendation, Nixon earned the American Campaign Medal, the Asiatic-Pacific Campaign Medal, and the World War II Victory Medal. He is entitled to two engagement stars on the Asiatic–Pacific Campaign Medal for supporting air action in the Treasury–Bougainville operations from October 27 to December 15, 1943, and for consolidation of the northern Solomons from December 15, 1943, to July 22, 1944. Nixon transferred to the Retired Reserve of the Naval Reserve on June 1, 1966.
  44. ^ Aitken, pp. 96–97.
  45. ^ Naval Historical Center, Commander Nixon.
  46. ^ Black, pp. 58–60.
  47. ^ a b Armstrong, p. 81.
  48. ^ a b Black, p. 62.
  49. ^ Aitken, p. 112.
  50. ^ Parmet, pp. 91–96.
  51. ^ Gellman, pp. 27–28.
  52. ^ Parmet, pp. 111–113.
  53. ^ Gellman, p. 82.
  54. ^ "Final Report on Foreign Aid of the House Select Committee on Foreign Aid" (PDF). Marshall Foundation. May 1, 1948. Retrieved May 30, 2020.
  55. ^ Gellman, pp. 105–107, 125–126.
  56. ^ Morris, p. 365.
  57. ^ Cronin, John Francis (October 29, 1945). "The Problem of American Communism in 1945: Facts and Recommendations" (PDF). A Confidential Study for Private Circulation. Archived (PDF) from the original on May 14, 2013. Retrieved July 26, 2017.
  58. ^ Ambrose, Stephen E. (March 18, 2014). Nixon Volume I: The Education of a Politician 1913–1962. Simon and Schuster. pp. 144–147. ISBN 978-1-4767-4588-6. Retrieved July 26, 2017.
  59. ^ Nixon 1978, Running for Congress: 1946.
  60. ^ "Timeline". Nixon Library. Archived from the original on April 3, 2017. Retrieved April 2, 2017.
  61. ^ Black, pp. 129–135.
  62. ^ Gellman, pp. 239–241.
  63. ^ Morris, p. 381.
  64. ^ Nixon Library, Congressman.
  65. ^ Gellman, p. 282.
  66. ^ Morris, p. 535.
  67. ^ Gellman, pp. 296–297.
  68. ^ Gellman, p. 304.
  69. ^ Gellman, p. 310.
  70. ^ Morris, p. 581.
  71. ^ Gellman, p. 335.
  72. ^ Gellman, p. 303.
  73. ^ a b Nixon Library, Senator.
  74. ^ Ambrose 1987, pp. 211, 311–312.
  75. ^ a b Black, p. 178.
  76. ^ Gellman, pp. 440–441.
  77. ^ Aitken, pp. 205–206.
  78. ^ a b Aitken, pp. 222–223.
  79. ^ John W. Malsberger, "Dwight Eisenhower, Richard Nixon, and the Fund Crisis of 1952," Historian, 73 (Fall 2011), pp 526–47.
  80. ^ Kornitzer, p. 191.
  81. ^ a b c Aitken, pp. 210–217.
  82. ^ Thompson, p. 291.
  83. ^ Aitken, p. 218.
  84. ^ Morris, p. 846.
  85. ^ John W. Malsberger, The General and the Politician: Dwight Eisenhower, Richard Nixon, and American Politics (2014)
  86. ^ Aitken, pp. 225–227.
  87. ^ Ambrose 1987, p. 342.
  88. ^ Gellman, Irwin. "The Richard Nixon vice presidency: Research without the Nixon manuscripts" in Small, pp. 102–120.
  89. ^ Ambrose 1987, pp. 357–358.
  90. ^ Aitken, pp. 256–258.
  91. ^ Ambrose 1987, pp. 375–376.
  92. ^ Aitken, pp. 237–241.
  93. ^ Parmet, p. 294.
  94. ^ Black, pp. 349–352.
  95. ^ Black, p. 355.
  96. ^ Ambrose 1987, pp. 465–469.
  97. ^ Ambrose 1987, pp. 469–479.
  98. ^ Ambrose 1987, p. 463.
  99. ^ Rabe, Stephen G. (1988). Eisenhower and Latin America: The Foreign Policy of Anticommunism. Chapel Hill: University of North Carolina press. p. 102. ISBN 978-0-8078-4204-1.
  100. ^ Ambrose 1987, pp. 521–525.
  101. ^ UPI 1960 in Review.
  102. ^ a b c d e f g h i Nixon Library, Vice President.
  103. ^ Museum of Broadcast Communications, "Kennedy–Nixon Debates".
  104. ^ Steel & 2003-05-25.
  105. ^ Foner, p. 843.
  106. ^ Carlson & 2000-11-17.
  107. ^ Black, p. 431.
  108. ^ Black, pp. 432–433.
  109. ^ Aitken, pp. 304–305.
  110. ^ a b Ambrose 1987, p. 673.
  111. ^ Museum of Broadcast Communications, "Smith, Howard K.".
  112. ^ Black, p. 446.
  113. ^ Aitken, pp. 297, 321.
  114. ^ "US President - R Primaries (Polling)". Our Campaigns. January 2, 2012.{{cite web}}: CS1 maint: url-status (link)
  115. ^ "Goldwater Looks to California and Oregon Primaries as Crucial to His Chances..." The New York Times. March 12, 1964. Retrieved August 15, 2021.
  116. ^ "ROCKEFELLER WINS OREGON PRIMARY, UPSETTING LODGE..." The New York Times. May 16, 1964. Retrieved August 12, 2021.
  117. ^ Aitken, pp. 321–322.
  118. ^ Aitken, pp. 323–326.
  119. ^ a b Parmet, p. 502.
  120. ^ Morris, pp. 410–411.
  121. ^ Parmet, pp. 503–508.
  122. ^ Parmet, p. 509.
  123. ^ a b c d e f g Nixon Library, President.
  124. ^ Morrow & 1996-09-30.
  125. ^ a b Black, pp. 513–514.
  126. ^ Black, p. 550.
  127. ^ a b Schulzinger, p. 413.
  128. ^ a b "Misunderstanding a Monkey Wrench". Richard Nixon Foundation. June 2, 2017. Archived from the original on June 6, 2017. Retrieved November 12, 2017.
  129. ^ Nixon Tried to Spoil Johnson's Vietnam Peace Talks in '68, Notes Show Archived March 7, 2017, at the Wayback Machine, New York Times, Politics Section, Peter Baker, January 2, 2017. See also H.R. Haldeman's Notes from Oct. 22, 1968 Archived February 5, 2017, at the Wayback Machine, NY Times, December 31, 2016, which reprints four pages of Haldeman's notes.
  130. ^ Black, p. 558.
  131. ^ Azari, Julia (August 20, 2020). "Biden Had To Fight For The Presidential Nomination. But Most VPs Have To". FiveThirtyEight.
  132. ^ Evans & Novak, pp. 33–34.
  133. ^ UPI 1968 in Review.
  134. ^ Black, pp. 567–568.
  135. ^ Frick, p. 189.
  136. ^ UPI 1969 in Review.
  137. ^ a b Miller Center.
  138. ^ Ambrose 1989, p. 453.
  139. ^ Goh, Evelyn. "The China card" in Small, pp. 425–443.
  140. ^ Black, p. 778.
  141. ^ a b c d e PBS, The Nixon Visit.
  142. ^ a b c Black, pp. 780–782.
  143. ^ Ambrose 1989, p. 516.
  144. ^ Dallek, p. 300.
  145. ^ "Foreign Relations of the United States, 1969-1976, Volume I Foundations of Foreign Policy, 1969-1972". 2001-2009.state.gov.{{cite web}}: CS1 maint: url-status (link)
  146. ^ "Vietnam War Deaths and Casualties By Month". The American War Library. Archived from the original on December 4, 2013. Retrieved June 22, 2012.
  147. ^ Drew, p. 65.
  148. ^ Black, p. 569.
  149. ^ Black, p. 591.
  150. ^ a b Owen, Taylor; Kiernan, Ben (October 2006). "Bombs Over Cambodia" (PDF). The Walrus. pp. 32–36. Archived (PDF) from the original on April 20, 2016. Retrieved January 29, 2012. Kiernan and Owen later revised their estimate of 2.7 million tons of U.S. bombs dropped on Cambodia down to the previously accepted figure of roughly 500,000 tons: See Kiernan, Ben; Owen, Taylor (April 26, 2015). "Making More Enemies than We Kill? Calculating U.S. Bomb Tonnages Dropped on Laos and Cambodia, and Weighing Their Implications". The Asia-Pacific Journal. Archived (PDF) from the original on September 12, 2015. Retrieved November 15, 2016.
  151. ^ Clymer, Kenton (2013). The United States and Cambodia, 1969–2000: A Troubled Relationship. Routledge. pp. 14–16. ISBN 978-1-134-34156-6.
  152. ^ Ambrose 1989, pp. 281–283.
  153. ^ Address to the Nation on Vietnam Archived March 4, 2016, at the Wayback Machine May 14, 1969
  154. ^ a b Time & 1971-04-05.
  155. ^ AP/St. Peterburg Independent.
  156. ^ Gitlin, Todd (1987). The Sixties: Years of Hope, Days of Rage. Bantam Books. p. 410. ISBN 978-0-553-37212-0.
  157. ^ Safire, pp. 205–209
  158. ^ UPI/Beaver County Times & 1970-05-09.
  159. ^ Black, pp. 675–676.
  160. ^ Mosyakov, Dmitry (2004). "The Khmer Rouge and the Vietnamese Communists: A History of Their Relations as Told in the Soviet Archives". In Cook, Susan E. (ed.). Genocide in Cambodia and Rwanda. Yale Genocide Studies Program Monograph Series. p. 54ff. Archived from the original on March 9, 2013. In April–May 1970, many North Vietnamese forces entered Cambodia in response to the call for help addressed to Vietnam not by Pol Pot, but by his deputy Nuon Chea. Nguyen Co Thach recalls: 'Nuon Chea has asked for help and we have liberated five provinces of Cambodia in ten days.'
  161. ^ Ambrose 1989, pp. 446–448.
  162. ^ Evans.
  163. ^ Ambrose 1991, pp. 53–55.
  164. ^ Ambrose 1991, p. 473.
  165. ^ Ambrose 1989, pp. 379–383.
  166. ^ a b c Kornbluh, Peter (2003). The Pinochet File: A Declassified Dossier on Atrocity and Accountability. New York: The New Press. ISBN 978-1-56584-936-5.
  167. ^ Black, p. 921.
  168. ^ a b c BBC & 1972-05-22.
  169. ^ David Tal, " 'Absolutes' and 'Stages' in the Making and Application of Nixon's SALT Policy." Diplomatic History 37.5 (2013): 1090–1116, quoting pp 1091, 1092. Nixon himself later wrote, "[W]e decided to link progress in such areas of Soviet concern as strategic arms limitation and increased trade with progress in areas that were important to us—Vietnam, the Mideast, and Berlin. This concept became known as linkage." Richard Nixon (1978). RN: The Memoirs of Richard Nixon. p. 346. ISBN 978-1-4767-3183-4.
  170. ^ Gaddis, pp. 294, 299.
  171. ^ Nixon 1985, pp. 105–106.
  172. ^ Smith, Hedrick (June 29, 1974). "OCCIDENTAL SIGNS DEAL WITH SOVIET". The New York Times. ISSN 0362-4331. Retrieved December 6, 2021.
  173. ^ "THE RIDDLE OF ARMAND HAMMER". The New York Times. November 29, 1981. ISSN 0362-4331. Retrieved December 6, 2021.
  174. ^ a b Rich, Spencer (October 4, 1979). "Soviets Dumping Ammonia, ITC Says". Washington Post. ISSN 0190-8286. Retrieved December 7, 2021.
  175. ^ "NIXON IN APPEAL ON SOVIET TRADE". The New York Times. October 5, 1973. ISSN 0362-4331. Retrieved December 7, 2021.
  176. ^ Herring, George C. (2008). From Colony to Superpower; U.S. Foreign Relations Since 1776. Oxford University Press. p. 804. ISBN 978-0-19-507822-0.
  177. ^ a b c d Black, p. 963.
  178. ^ a b c Hanhimäki, Jussi M. "Foreign Policy Overview" in Small, pp. 345–361.
  179. ^ "DEFCON DEFense CONdition". fas.org. Archived from the original on June 17, 2015. Retrieved June 17, 2015.
  180. ^ Nixon 1978, pp. 938–940.
  181. ^ Black, pp. 923–928.
  182. ^ Ambrose 1991, p. 311.
  183. ^ Tyler, Patrick (2010), p. 161
  184. ^ Black, pp. 951–952, 959.
  185. ^ a b Ambrose 1989, pp. 225–226.
  186. ^ a b Ambrose 1989, pp. 431–432.
  187. ^ a b c Bowles, Nigel. "Economic Policy" in Small, pp. 235–251.
  188. ^ a b Oatley, Thomas (2019). International Political Economy: Sixth Edition. Routledge. pp. 351–352. ISBN 978-1-351-03464-7.
  189. ^ Gowa, Joanne (1983). Closing the Gold Window. Cornell University Press. Cornell University Press. ISBN 978-0-8014-1622-4. JSTOR 10.7591/j.ctvr7f40n.{{cite book}}: CS1 maint: url-status (link)
  190. ^ a b Aitken, pp. 399–400.
  191. ^ a b c d Hetzel, p. 92.
  192. ^ Aitken, p. 395.
  193. ^ USPS, Periodicals postage.
  194. ^ a b Aitken, pp. 397–398.
  195. ^ a b c Rinde, Meir (2017). "Richard Nixon and the Rise of American Environmentalism". Distillations. Vol. 3, no. 1. pp. 16–29. Archived from the original on April 5, 2018. Retrieved April 4, 2018.
  196. ^ Aitken, p. 396.
  197. ^ NHI: CQ Almanac 1971.
  198. ^ a b HMO: CQ Almanac 1973.
  199. ^ NHI: CQ Almanac 1974.
  200. ^ Ambrose 1989, p. 418.
  201. ^ Office of the Federal Register, pp. 179–182.
  202. ^ The American Presidency Project.
  203. ^ National Heart, Lung, and Blood Institute, p. 2.
  204. ^ Wailoo, pp. 165, 170.
  205. ^ Boger, p. 6.
  206. ^ Sabia.
  207. ^ Parmet, pp. 595–597, 603.
  208. ^ "The Republican Reversal—James Morton Turner, Andrew C. Isenberg | Harvard University Press". www.hup.harvard.edu. p. 36. Archived from the original on January 8, 2019. Retrieved July 31, 2019.
  209. ^ The Partisan Sort. p. 24. Archived from the original on July 31, 2019. Retrieved July 31, 2019.
  210. ^ Delaney & 1970-07-20.
  211. ^ Frum, p. 246.
  212. ^ Frazier, Nishani (2017). Harambee City: Congress of Racial Equality in Cleveland and the Rise of Black Power Populism. University of Arkansas Press. pp. 184–207. ISBN 978-1-68226-018-0.
  213. ^ PBS, Nixon, Domestic Politics.
  214. ^ Parmet, p. 563.
  215. ^ Handlin.
  216. ^ Hepplewhite, pp. 204–205, ch. 5.
  217. ^ "MIT lecture notes in "Aircraft Systems Engineering," fall 2005, on early Space Shuttle policy" (PDF). Massachusetts Institute of Technology. Fall 2005. p. 7. Archived (PDF) from the original on August 26, 2014. Retrieved August 22, 2014.
  218. ^ Ezell, p. 192, ch. 6–11.
  219. ^ a b Mason, Robert "Political realignment" in Small, pp. 252–269.
  220. ^ a b Black, p. 766.
  221. ^ Black, p. 795.
  222. ^ Black, p. 617.
  223. ^ Black, p. 816.
  224. ^ Black, p. 834.
  225. ^ White, p. 123.
  226. ^ Time & 1972-08-14.
  227. ^ Time & 1970-11-20.
  228. ^ Parmet, p. 629.
  229. ^ The Washington Post, The Post Investigates.
  230. ^ a b c The Washington Post, The Government Acts.
  231. ^ Aitken, pp. 511–512.
  232. ^ a b c The Washington Post, Nixon Resigns.
  233. ^ Aitken, p. 555.
  234. ^ Ambrose 1989, pp. 231–232, 239.
  235. ^ Beckmann, Matthew N. (April 1, 2017). "Did Nixon quit before he resigned?". Research & Politics. 4 (2): 2053168017704800. doi:10.1177/2053168017704800. ISSN 2053-1680.
  236. ^ Frum, p. 26.
  237. ^ Kilpatrick & 1973-11-18.
  238. ^ Ambrose 1991, pp. 394–395.
  239. ^ Samson.
  240. ^ Ambrose 1991, pp. 414–416.
  241. ^ Black, p. 978.
  242. ^ Ambrose 1991, pp. 435–436.
  243. ^ PBS, Resignation Speech.
  244. ^ Ambrose 1991, p. 437.
  245. ^ Black, p. 983.
  246. ^ a b c d e f Nixon Library, Post Presidency.
  247. ^ a b Aitken, p. 529.
  248. ^ Aitken, pp. 529–530.
  249. ^ Aitken, p. 532.
  250. ^ Black, p. 990.
  251. ^ Aitken, pp. 533–534.
  252. ^ Black, pp. 994, 999.
  253. ^ Black, p. 998.
  254. ^ Aitken, p. 535.
  255. ^ Ambrose 1991, p. 481.
  256. ^ Aitken, pp. 537, 539.
  257. ^ Black, p. 1000.
  258. ^ Black, p. 1004.
  259. ^ Drew, p. 138.
  260. ^ Ambrose 1991, p. 512.
  261. ^ Aitken, pp. 539–540.
  262. ^ Black, p. 1005.
  263. ^ Aitken, p. 543.
  264. ^ "Nixon disbarred in New York in 1st ruling of Watergate guilt", Toledo Blade, July 9, 1976 p.1
  265. ^ L, Stephen; rigan (December 1, 1978). "Protesters Heckle Nixon at Oxford Opponents of Oxford Speech Cool Nixon's Warm Welcome". Washington Post. ISSN 0190-8286. Retrieved January 3, 2022.
  266. ^ Times, Roy Reed Special to The New York (December 1, 1978). "WELCOME FOR NIXON AT OXFORD IS WARM". The New York Times. ISSN 0362-4331. Retrieved January 3, 2022.
  267. ^ Ambrose 1991, p. 525.
  268. ^ Ambrose 1991, pp. 524–525.
  269. ^ "Nixons Buy Fifth Avenue Condo in N.Y." Pittsburgh Post-Gazette. August 11, 1979. Archived from the original on September 10, 2015. Retrieved June 17, 2015.
  270. ^ Ambrose 1991, p. 528.
  271. ^ Ambrose 1991, p. 533.
  272. ^ Ambrose 1991, p. 534.
  273. ^ Ambrose 1991, p. 540.
  274. ^ Ambrose 1991, p. 545.
  275. ^ Drew, p. 142.
  276. ^ a b Drew, p. 144.
  277. ^ Aitken, pp. 561–562.
  278. ^ Aitken, pp. 565–568.
  279. ^ Black, pp. 1045–1046.
  280. ^ "Nixon Center Becomes Center for the National Interest" (Press release). Washington, D.C.: Center for the National Interest. PR Newswire. March 9, 2011. Archived from the original on September 9, 2018. Retrieved September 9, 2018.
  281. ^ Black, pp. 1049–1050.
  282. ^ a b c d Weil & Randolph & 1994-04-23.
  283. ^ Lawrence K. Altman (April 24, 1994). "THE 37TH PRESIDENT: THE LAST DAYS; Disabled, Yet Retaining Control Over His Care". The New York Times. Archived from the original on February 17, 2016. Retrieved February 12, 2016.
  284. ^ Black, pp. 1051–1053.
  285. ^ BBC & 2004-06-11.
  286. ^ The Deseret News & 1994-04-27.
  287. ^ Frick, p. 206.
  288. ^ Stacks & 1994-05-02.
  289. ^ Wicker & 1994-04-24.
  290. ^ Sawhill & 2011-02.
  291. ^ Frick, pp. 205–206.
  292. ^ Frick, pp. 204–205.
  293. ^ Frick, p. 210.
  294. ^ a b Thompson, Hunter S. (July 1994). "He Was a Crook". The Atlantic. Archived from the original on June 7, 2017. Retrieved June 4, 2017.
  295. ^ Skidmore, p. 495.
  296. ^ Ambrose 1991, p. 592.
  297. ^ Gellman, p. 460.
  298. ^ Aitken, p. 577.
  299. ^ Black, p. 1053.
  300. ^ Parmet, p. viii.
  301. ^ Milazzo, Paul Charles. "Nixon and the Environment" in Small, pp. 270–291.
  302. ^ Greider & 1983-10-10.
  303. ^ Shawn, Eric (March 3, 2021). "Kissinger says Trump, Nixon foreign policies similar, warns Biden on Iran". Fox News. Retrieved March 4, 2021.
  304. ^ Andrew 1995, p. 384.
  305. ^ a b Olson, Keith W. "Watergate" in Small, pp. 481–496.
  306. ^ Rottinghaus, Brandon; Vaughn, Justin S. (February 19, 2018). "How Does Trump Stack Up Against the Best—and Worst—Presidents?". The New York Times. Archived from the original on March 5, 2018. Retrieved March 6, 2018.
  307. ^ "Presidential Historians Survey 2017". C-Span. Archived from the original on March 1, 2017. Retrieved May 14, 2018.
  308. ^ "Siena's 6th Presidential Expert Poll 1982–2018". Siena College Research Institute. February 13, 2019. Archived from the original on July 19, 2019. Retrieved July 19, 2019.
  309. ^ Frick, pp. 211–214.
  310. ^ Reeves, pp. 281–283.
  311. ^ Drew, p. 150.
  312. ^ Black, p. 574.
  313. ^ Black, p. 700.
  314. ^ "The Year Nixon Fell Apart". Politico. Archived from the original on June 7, 2019. Retrieved July 15, 2019.
  315. ^ "David Owen: Lessons in removing politicians from public office". Independent.co.uk. August 12, 2008. Archived from the original on July 15, 2019. Retrieved July 15, 2019.
  316. ^ Boseley, Sarah (March 28, 2009). "A doctor writes: Politicians' pride is a medical disorder". The Guardian. Archived from the original on July 15, 2019. Retrieved July 15, 2019.
  317. ^ Drew, p. 151.
  318. ^ Reeves, p. 12.
  319. ^ Reeves, p. 13.
  320. ^ "New tapes reveal depth of Nixon's anti-Semitism". The Washington Post, October 6, 1999. Retrieved on April 4, 2011.
  321. ^ a b c Noah, Timothy. "Nixon: I Am Not an Anti-Semite". Slate, October 7, 1999. Retrieved on July 17, 2011.
  322. ^ a b Greene.

References

Bibliography

Nixon Library

Other sources

Further reading

External links

Official websites

Media coverage

Other

0.57433605194092