再野生化(保全生物学)

ウィキペディアから、無料の百科事典
ナビゲーションにジャンプ 検索にジャンプ

再野生化、または再野生化の活動は、自然のプロセスと荒野の地域を回復し保護することを目的とした保全活動です。これには、そのようなエリア間の接続の提供、頂点捕食者キーストーン種の保護または再導入 が含まれる場合があります。

再野生化は、より活発な形の天然資源管理とは対照的に、人間が後退して自然に領域を残すことに重点を置いた生態学的回復の形です。再野生化の取り組みは、パッシブ運用を必要とするエコシステムの作成を目指すことができます。キーストーン種の再導入が成功すると、おそらく人間以前のレベルの生物多様性を伴う、自主規制および自立した安定した生態系が作成されるため、長期的な再野生化プロジェクトの成功には、継続的な人間の注意はほとんど必要ありません。

再野生化のイニシアチブは物議を醸す可能性がありますが、国連は、自然生態系の大規模な回復を達成するために必要ないくつかの方法の1つとして再野生化を挙げています。これは、2030年までに達成する必要があると彼らは言います。

オリジン

再野生化という言葉は、草の根ネットワークであるEarthFirstのメンバーによって造られました、1990年までに印刷され、[1]保全生物学者のマイケル・ソレリード・ノスによって1998年に出版された論文で洗練されました。 [2]ソレとノスによると、再野生化は「コア、回廊、肉食動物。」[3]コア、回廊、肉食動物の概念は1999年にさらに発展しました。[4]デイブ・フォアマンはその後、保護戦略としての再野生化に関する最初の長編本を書きました。[5]

歴史

再野生化は、島嶼生物地理学の研究と大型肉食動物の生態学的役割を取り入れて、機能的な生態系を維持し、生物多様性の喪失を減らす方法として開発されました。[6] 1967年、ロバートH.マッカーサーエドワードO.ウィルソンによる島の生物地理学の理論は、野生生物保護地域のサイズと孤立を考慮することの重要性を確立し、保護地域は小さく孤立している場合でも絶滅の危機にさらされていると述べました。[7] 1987年、北アメリカの国立公園における絶滅に関するウィリアムD.ニューマークの研究は、理論に重みを加えました。[8]出版物は、保全アプローチに関する議論を激化させました。[9] 1985年に保全生物学協会が設立されことで、保全活動家は生息地の喪失と断片化の削減に焦点を合わせ始めました。[10]

再野生化への実践と関心は、21世紀の最初の20年間で急速に高まりました。再野生化イニシアチブの支持者は、個人、小さな土地所有者、地元のNGO当局から、政府やIUCNなどの国際NGOにまで及びます。小規模な取り組みは一般的に高く評価されていますが、再野生化の人気の高まりは、特に大規模なプロジェクトに関して、物議を醸しています。これらは、学者、実践的な保護活動家、政府関係者、ビジネスマンからの批判を集めています。[11] [12] [13] [14] 2021年6月の国連生態系回復の10年の開始に関する報告、国連は、10億ヘクタール(中国よりも広い総面積)の生態系の回復に使用されるべきであると彼らが述べているいくつかの回復方法の1つとして再野生化を挙げました。[15] [16]

再野生化を成功させるために必要な要素

再野生化は、栄養の複雑さ、分散、確率論的障害という3つの主要な生態学的プロセスを回復することを目的としています。[17]陸地では再野生化が重要ですが、おそらくもっと重要なのは、陸地と水が出会う場所です。ダムの撤去は、河川の生態系における再野生化のプロセスにおける多くのステップの最初のものです。ただし、ダム撤去前、撤去中、撤去後に対処すべき問題があります。問題は、産卵床を埋め尽くして堆積した堆積物を管理および管理し、水温を上昇させるために川岸近くの皆伐をなくし、産業排出を停止する必要があることです。[18]90の異なるダムサイトで、ダムが建設された後、生態系が回復することが確認されています。ただし、傾向は最終的に遅くなり、停止し、場合によっては低下します。これは多くの場合、大量の水が人間の活動やレクリエーションを引き寄せるため、人為的な化学物質、光、騒音による汚染が原因です。Nemecekは、「研究者は、特定の地域内の種の数が50%減少したことを発見しました。[19]最後に、在来種の長期的な持続可能性を改善するために、在来動物と魚の食料源を導入する必要があります。侵入種の導入を削減および/または排除します。

キー種

環境と強く相互作用する動物。

ビーバー

ビーバーは、河川生態系の最も重要な要素です。第一に、彼らが建設するダムは、鮭の産卵床として使用できる微小生態系を作り、鮭の稚魚が餌を与えるために無脊椎動物を集めることができます。再びビーバーによって建てられたダムは、植物、昆虫、鳥の生活のための湿地を作ります。[20]特定の木、アルダー、バーチ、コットンウッド、ヤナギはビーバーの食事にとって重要であり、動物がアクセスできる場所で成長するように奨励されなければなりません。種まきに関しては、鳥は残りの多くを行うことができます。[21]これらの動物は、指数関数的に成長する可能性のある生態系を作り出すため、トリクルダウン効果があります。オランダなどの問題のあるビーバーもあります。それらは堤防に損害を与え、根茎で外来種を広めます。[要出典]

生態系エンジニア

木を押し倒し、低木を踏みつけ、穴を掘る、地面を破壊する強力な動物。これらは、樹木や草地が支配的にならないようにします。限られた数の1つまたは複数:バイソンワピチ、牛(絶滅した​​オーロックスの代理人として)。[22]これらの種はまた、糞中に種子を散布します。ブタの種は元々イノシシであり、新しい植物が成長できる土壌を掘り起こします。[23]

捕食者

ブラウジングや放牧動物が過剰繁殖/過剰摂食を防ぎ、植生の複雑さを破壊しないようにする必要があります。[6] Oostvaardersplassenから学んだ教訓。例:人間の攻撃[25] [26]またはオオカミの記録された証拠のないオオヤマネコ[24]

さまざまな場所での再野生化

草の根グループと主要な国際保護団体の両方が、大規模な中核の荒野地域、それらの間の回廊(または接続性)、頂点捕食者、肉食動物、またはキーストーン種(環境と強く相互作用する種)を保護および復元するプロジェクトに再野生化を組み込んでいます。ビーバーなど)。[27]プロジェクトには、北米のイエローストーンからユーコンへの保全イニシアチブ(Y2Yとしても知られる)と、旧鉄のカーテンに沿って建設されたヨーロッパのグリーンベルト、国境を越えたプロジェクトが含まれます。Peace Parks Foundation、ナミビアやケニアの野生生物保護区などのコミュニティ保護プロジェクト、ゴンドワナリンク、オーストラリア南西部の固有種のホットスポットでの在来種の茂みの再成長、グアナカステ保全地域の復元など、生態系の復元を中心に組織されたプロジェクトコスタリカの乾燥した熱帯林と熱帯雨林。[28]

北米

カナダのバンフ国立公園にあるトランスカナダハイウェイ野生動物横断構造物。野生生物に優しい高架道路と地下道は、オオカミ、クマ、ワピチ、その他の種の景観の接続性を回復するのに役立ちました。

北米では、別の主要なプロジェクトがグレートプレーンズの草原草原を復元することを目的とします[29]アメリカンプレーリーは、イエローストーン国立公園よりも大きなプレーリー保護区を作ることを目的として、モンタナ州中北部のミズーリブレイクス地域の私有地にバイソンを再導入している[29] :187–199 

ダムの撤去により、太平洋岸北西部の多くの河川システムが回復しましたこれは、特に他の種を念頭に置いて、鮭の個体数を回復するために行われました。「これらのダムの撤去は、おそらく21世紀の大規模な環境修復の最良の例です。しかし、この修復は、包括的な計画なしに、ケースバイケースで行われています。その結果、ワシントンのエルホワ川とホワイトサーモン、オレゴン州のサンディとローグの4つの異なる河川流域で進行中のリハビリテーションの取り組みを推進しています。」[30]

南アメリカ

チジュカ国立公園(ブラジル、リオデジャネイロ州)では、2010年から2017年の間に2つの重要な種子散布者、赤いこぶのアグーチカッショクホエが再導入されました。 [31]再導入の目標は、種子散布を回復することでした。種子散布動物と多肉質の実をつけた木との間の相互作用。アグーチとホエザルは、いくつかの植物とフンコロガシの種と相互作用しました。再導入前は、国立公園には大規模または中規模の種子散布機がありませんでした。つまり、再導入後の樹木の種子の散布の増加は、国立公園の森林再生に大きな影響を与える可能性があります。[31]チジュカ国立公園は、非常に細分化された大西洋岸森林の一部であり、種子散布の哺乳類や鳥が樹種の多様性が高いままの森林パッチに再導入された場合、種子散布の相互作用をさらに回復できる可能性があります。[32]

オーストラリア

Rewilding Australiaと呼ばれる組織が結成され、フクロネコタスマニアデビルなど、本土から駆除されたさまざまな有袋類やその他のオーストラリアの動物を復元することを目的としています[33]

ヨーロッパ

2011年、「ヨーロッパの再野生化」イニシアチブは、2020年までにイベリア半島西部、ヴェレビト山脈、カルパティア山脈ドナウデルタを含む10の地域で、100万ヘクタールの土地を再野生化することを目的として設立されました。[34]現在のプロジェクトでは、イベリアオオヤマネコ、オオヤマネコ、灰色オオカミヨーロッパジャッカルヒグマシャモアイベリアアイベックスヨーロッパバイソンなど、ヨーロッパにまだ存在する種のみを考慮しています赤い鹿グリフォンのハゲタカクロハゲワシエジプトのハゲタカ、モモイロペリカン角のある毒蛇、そして絶滅したターパンオーロックの代理としての国内の馬/プルゼワルスキーの馬のいくつかの原始的な品種2012年以来、Rewilding Europeは、既存の牛の品種を選択的に繁殖させることにより、家畜の野生の祖先であるオーロックスの表現型を再現しようとするタウロスプログラムに深く関わってきました。[35]多くのプロジェクトでは、絶滅したヨーロッパの水牛の放牧代理人として家畜水牛も採用しています。[36]

2008年に設立されたEuropeanWildlifeは、ドイツ、オーストリア、チェコの国境にヨーロッパ生物多様性センターを設立することを提唱してます

オーストリア

2003年にdeBiosphärenparkWienerwaldがオーストリアで作成されました。このエリア内で、合計5,400ヘクタールをカバーする37のケルンゾネン(コアゾーン)が、人為的干渉のない指定エリアに指定されました。[37]

英国

1980年代以降、英国のレスターに近いモイラ村とドニスソープ村周辺のミッドランド地域に850万本の木が植えられました。この地域は国有林と呼ばれています。[38]サウスヨークシャーでは、ノーザンフォレストと呼ばれる、5000万本の木を植えることを目的としたもう1つの大規模な植林プロジェクトが始まっています。[39]それにもかかわらず、英国政府は植林の目標を達成していないと批判されてきた。[40] [41]在来種の植林が、在来種の生息地の回復となる生態学的な完全性とプロセスを乱すという懸念もありました。[42]

Knepp Castleは2001年にウエストサセックスで再野生化を開始し、 Roy Dennis WildlifeFoundationは英国で絶滅した鳥種の再導入を監督しました。[43]非常にまれな種:サヨナキドリ、コキジバト、ハヤブサ、イリスコムラサキがクネップ繁殖しており、より一般的な種の個体数が増加しています。[44]

Celtic Reptile&Amphibianは、ヨーロッパヌマガメ[45]ヌマアカガエルダルマチアアカガエル[46 ]などの再野生化計画の一環として、爬虫類両生類の絶滅種を英国に再導入することを目的として、2020年に設立された有限会社です。]一般的な木のカエルプールのカエル[47] [48]ヌマアカガエルの飼育下繁殖で、すでに成功を収めています。[49] [50]

イギリス

2020年、ネイチャーライターのメリッサハリソンは、イギリス国民の間で再野生化を支持する態度が大幅に高まったことを報告しました。最近、ヨーロッパバイソン、オオヤマネコ、ノガンのイギリスでの解放が承認され、20人もの再野生化が呼びかけられました。イーストアングリアの土地の%、さらにはオオヤマネコ、ヒグマ、灰色のオオカミなどの頂点捕食者を英国に戻します。[51] [52] [22]最近では、イギリスの再野生化に関する研究者は、再野生化のサポートは決して普遍的ではないことを強調しています。他の国と同様に、イングランドでの再野生化は、そのより野心的な目的のいくつかが、論争を少なくするための積極的な試みと以前の論争への反応的な対応の両方で「家畜化」されている限り、論争の的となっています[53]。

オランダ

Oostvaardersplassen保護区の野生のコニック

1980年代に、オランダ政府は、草原の生態系を再現するために、56平方キロメートル(22平方マイル)を超える地域であるOostvaardersplassen自然保護区に代理種を導入し始めました。[54] [55]明示的に再野生化とは呼ばれていませんが、それでもプロジェクトの目標と意図の多くは再野生化の目標と意図と一致していました。捕食者や、オオカミクマオオヤマネコエルクイノシシワイズントなどの他の在来のメガファウナが不足しているため、保護区はやや物議を醸していると考えられています。800から1150の野生のコニックOostvaardersplassenに住んでいます。自然放牧によって景観を開放するために、馬はヘック牛とレッドディアと一緒に再導入されました。これは、この地域の湿地の主要種であるガチョウの生息地を提供しました。ガチョウの放牧により、ヨシ原が残ることが可能になり、保護された多くの鳥類が保護されました。これは、水と土地の生態系がどのようにつながっているか、そしてキーストーン種を再導入することで他の保護された種をどのように保護できるかを示す代表的な例です。

バイソン紹介

ヨーロッパ最大の生きている陸生動物であるヨーロッパバイソンBison bonasus )は、1927年に野生絶滅に追いやられました。20世紀半ばから21世紀初頭にかけて、バイソンは野生に再導入されました。[56]
ヨーロッパバイソンの歴史的な範囲。
  完新世の最大範囲
  中世中期の範囲
  遺棄された20世紀の人口

2010年と2011年に、スペイン北部のパレンシアにあるSanCebriándeMudá村(住民190人)での無関係なイニシアチブにより、すでにノロジカが生息する自然地域で18頭のヨーロッパバイソン(中世からスペインから絶滅した種)が放出されました。240ヘクタールの「クォータナリーパーク」の創設の一環としての野生のイノシシアカギツネ、灰色のオオカミ。2012年10月、フランスのルビジャレットにある繁殖センターからの3頭のモウコノウマが公園に追加されました。[57]アジアノロバ「オーロックス」が続く予定でした。[58]

2013年4月11日、ドイツのバートベルレブルク地域から300年間不在だった後、8頭のヨーロッパバイソン(オス1頭、メス5頭、子牛2頭)が野生に放流されました。[59]

2014年、ドイツ政府は、アウトバーンをロイトラタールウントコスポス自然保護区から撤去するために3kmの道路トンネルを建設しました。[60]

2016年と2018年に、True Nature Foundationは、スペイン北部 カンタブリア山脈にあるパルケリージョナルデピコスデエウロパのアンシレス野生生物保護区に、合計7つのヨーロッパバイソンの低地-白人繁殖系統を再導入しました。

2022年、ケントのWilder Bleanプロジェクトは、 People's Postcode Lottery DreamFundによって資金提供されたバイソンを再導入することを計画しています。[61] [22] 2019年までに世界の人口は7500人に達した。

プレイストセンの再野生化

サイガカモシカはシベリアでのプレイストツェノの再野生化の大規模な提案であるプレイストツェノパークに再導入されることが提案されている動物の1つです。かつてアラスカからフランスまでの自然の範囲を所有していたサイガは、現在、ヨーロッパ北アメリカ、そして絶滅危惧で絶滅しています。

プレストセンの再野生化は、2004年にブラジルの生態学者マウロガレッティによって提案されました。 [62]彼は、サーカス動物園からブラジルのセラードやアメリカの他の地域の私有地 に象(および他の絶滅した メガファウナのプロキシ)を導入することを提案しました。2005年に、マストドンマンモス地上性ナマケモノスミロドンを含む北米の元々のメガファウナの多くが、人間の到着後に絶滅したと述べた、ポールS.マーティンアジアゾウアフリカゾウなど、同様の生態学的役割を持つ種に置き換えることで、生態学的バランスを回復することを提案しました[63]

現在、ブラジルのセラードにかつて捕らえられていた象のための保護区が存在します[64]。

多くの保全生物学者によって署名された、物議を醸している2005年の自然保護論説は、グレートプレーンズの保護地域にライオンチーターを再導入できると主張して議論を取り上げました。[65] 1959年にメキシコのドゥランゴで発見されたメキシコゴファーガメは、この回復努力のために提案された最初の種であり、2006年にこの種はメディアの大御所テッドターナーが所有するニューメキシコの2つの牧場に再導入されました。他の提案された種には、野生のフタコブラクダなどのさまざまなラクダ科動物、およびプレズワルスキーの馬などのさまざまなラクダ科動物が含まれます

1988年、研究者のセルゲイA.ジモフは、マンモスが住んでいた生態系と同様の生態系を再現することを目的として、シベリア北東部にプレイストツェノパークを設立し、あらゆる種類の草食動物と捕食者を復元する可能性をテストしました。[66] ヤクート馬トナカイヨーロッパバイソン、ヘイゲンバイソン国内ヤクムースバクトリアラクダが再導入され、サイガウッドバイソンシベリアトラも再導入が計画されている。ウッドバイソン、と呼ばれる古代のバイソンの近親者1000年または2000年前にシベリアで死んだステップバイソンも、シベリアの生態にとって重要な種です。2006年には、30頭のバイソンの子牛がアルバータ州エドモントンからヤクーツクに飛ばされ、政府が運営するウスチブオタマ保護区に配置されました。このプロジェクトは依然として物議を醸しています。ConservationBiologyに掲載された手紙、更新世のキャンプが「フランケンシュタインの生態系」を促進したと非難し、「最大の問題は、失われた相互作用の回復に失敗する可能性ではなく、代わりに新しい不要な相互作用を得るリスクです。 。」[67]

植物の再野生化

1982年にダニエル・ヤンツェンポール・S・マーティンは、1982年に出版された「新熱帯区の時代錯誤:ゴンフォザーズが食べた果物」というタイトルの科学記事で進化的時代錯誤の概念を生み出しました[68] 18年後、コニーC.バーロウは彼女の著書「進化の幽霊:無意味な果物、行方不明のパートナー、およびその他の生態学的アナクロニズム」(2000)、[69]その果実がメガファウナ分散症候群の特徴を示した温帯北米植物の詳細を調査しました。Barlowは、メガファウナの種子散布パートナーを失った後のそのような在来の果実の結果は、完新世の範囲の収縮であり、20世紀半ば以降急速な人間主導の気候変動によってますます厳しくなったと述べた。範囲縮小の追加の詳細は、Barlowの2001年の記事「時代錯誤的な果物とそれらに出没する幽霊」に組み込まれました。[70]

時代錯誤的な特徴に悩まされている植物種で、その範囲はすでに制限されているため、氷河の遺物として分類する必要があります[71] 。Torreyataxifoliaです[72]この種について、BarlowとPaul S. Martinは、2004年にWild Earthに掲載された「 BringTorreya taxifolia North Now」というタイトルの記事で、極方向への移動支援を提唱しました。[73] 2005年から、BarlowとLee Barnes(TorreyaGuardiansの共同創設者[74] [75] [76] [77])フロリダ州とジョージア州の北部の州で成熟した園芸植栽から種子を入手し、フロリダのこの原住民に適している可能性のある森林生息地を含む土地のボランティアプランターに種子を配布し始めました。シードの配布と進行中の結果のドキュメントは、州ごとに、TorreyaGuardiansのWebサイトで公開されています。[78] ) 2009年にScientific Americanに、2014年にLandscape Architecture Magazineに掲載された記事では、「再野生化」の例として、TorreyaGuardiansの行動に言及しています。[79] [80]コニー・バーロウは、ザック・セント・ジョージの『The Journeys of Trees』の2020年の本で、「再野生化」などの取り組みについて明確に言及しています。[81]「再野生化」という用語への彼女の最初の言及は、ワイルドアースの1999年のエッセイ「RewildingforEvolution」にありましたバーロウの個人的な種まきの一部は、彼女が明示的に植え付け許可を得ていない私有地で行われたため[ 83]、この形態の再野生化行動は、ゲリラ再野生化と呼ばれる可能性があります[84]。用語ゲリラガーデニング

批評

経済活動との互換性

国連などの多国間機関内の一部の政府や当局者が表明した見解は、採掘活動が許可されていない大規模な厳格に施行された保護地域などの過度の再野生化は、持続可能な生計を獲得する人々の能力を制限しすぎる可能性があるというものです。[13] [14]別の見方は、エコツーリズムの増加が雇用を提供できるというものです。[85]

農業

一部の農民は、「世界の人口が増加しているときに生産的な農地を放棄する」ために再野生化することに批判的でした。[86]農民はまた、再導入が羊の捕食の増加につながるのではないかという懸念から、英国でオオヤマネコを再導入する計画を攻撃した。[87]

動物の権利と福祉との対立

再野生化は、デール・ジェイミーソンなどの動物の権利学者によって批判されてきました。彼は、「再野生化または再導入のほとんどのケースは、人間の好みの満足と人間以外の動物の福祉との間の対立を伴う可能性が高い」と主張しています。[88]エリカ・フォン・エッセンとマイケル・アレン、ドナルドソンキムリッカを使用の政治的動物カテゴリーの枠組みは、動物に課せられた野生動物の基準は恣意的であり、野生動物が生息する地域に対する主権と自分たちの生活について決定する権利を与えられるべきであるという前提と矛盾していると主張しています。これを解決するために、エッセンとアレンは、再野生化は主流の保護と完全に一致する方向にシフトし、完全な主権を歓迎するか、代わりに再導入された動物の世話に全責任を負う必要があると主張します。[89] Ole Martin Moenは、再野生化プロジェクトは野生動物の苦痛を不必要に増大させ、費用がかかり、資金は他の場所でよりよく使われる可能性があるため、終了すべきであると主張している。[90]

環境史の消去

環境史家のドリー・ヨルゲンセンは、現在存在しているように、再野生化は「人類の歴史と土地や動植物への関与を消そうとしている。自然と文化の間のそのような試みられた分裂は非生産的で有害でさえあるかもしれない」と主張する。彼女は、これに対抗するために、再野生化をより包括的にすることを求めています。[91] JonathanPriorとKimJ。Wardは、Jørgensenの批判に異議を唱え、「人間と非人間の世界が密接に絡み合っているという理解の中で開発され、統治されてきた」再野生化プログラムの既存の例を提供します。[92]

自然保護への害

一部の保護活動家は、再野生化が「小さな自然保護区での希少種の伝統的な保護に取って代わる可能性がある」と懸念を表明しており、生息地の分断化と種の喪失の増加につながる可能性があります。[86] DavidNogués-BravoとCarstenRahbekは、再野生化の利点には証拠がなく、そのようなプログラムは、地元および世界の種の絶滅を通じて、不注意に「野生化解除」につながる可能性があると主張しています。彼らはまた、再野生化プログラムが「より科学的に支援された保全プロジェクト」から資金を奪うかもしれないと主張している。[93]

も参照してください

参考文献

  1. ^ Jennifer Foote、「惑星を取り戻そうとしている」、ニューズウィーク、1990年2月5日。
  2. ^ Soulé、Michael; Noss、Reed(Fall 1998)、"Rewilding and Biodiversity:Complementary Goals for Continental Conservation" (PDF)Wild Earth8:19–28
  3. ^ Soule and Noss、「再野生化と生物多様性」、p。22。
  4. ^ Continental Conservation:Scientific Foundations of Regional Reserve Networks、SouléとJohn Terborghが編集、ワシントンDC:Island Press、1999年
  5. ^ Foreman、Dave(2004)、Rewilding North America:A Vision for Conservation in the 21st Century、Washington、DC:Island Press
  6. ^ a b 捕食者の重要性の詳細については、William Stolzenburg、Where the Wild Things Were:Life、Death、and Ecological Wreckage in the Land of Vanishing Predators(New York:Bloomsbury、2008)を参照してください。
  7. ^ マッカーサー、ロバートH .; ウィルソン、エドワードO.(1967)、島の生物地理学の理論、ニュージャージー州プリンストン:プリンストン大学出版局
  8. ^ Newmark、William D.(1987年1月29日)、「北アメリカ西部の公園における哺乳類の絶滅に関する陸橋島の展望」、Nature325(6103):430–432、Bibcode1987Natur.325..430Ndoi10.1038 / 325430a0hdl2027.42 / 62554PMID 3808043S2CID 4310316  
  9. ^ Quammen、David(1996)、The Song of the Dodo:Island Biogeography in a Age of Extinctions、ニューヨーク:Simon&Schuster
  10. ^ クアメン、ドドの歌、 pp.443-446。
  11. ^ UNEPスタッフ(2019年12月)。「ロンドンの都市空間の再野生化」国連環境計画2020年11月30日取得
  12. ^ Alex Morss(2020年2月)。「再野生化への競争」エコハスラー2020年11月30日取得
  13. ^ a b Pettorelli、Nathalie; デュラント、サラM; du Toit、Johan T.、eds。(2019)。「第1-3章」。再野生化生態学的レビュー。ケンブリッジ大学出版局土井10.1017 / 9781108560962ISBN  978-1108460125
  14. ^ ab 「「生態系回復」に関するポジションペーパー" (PDF)食糧農業機関。2020年10月。 2020年11月30日取得
  15. ^ グリーンフィールド、パトリック(2021年6月3日)。「世界は自然と気候を癒すために大規模に再野生化する必要があります」と国連は言います。ガーディアン2021年6月5日取得
  16. ^ 「#GenerationRestorationになる:人々、自然および気候のための生態系の回復」(PDF)国連2021年6月3日2021年6月5日取得
  17. ^ ペリノ、アンドレア; ペレイラ、ヘンリケM。; Navarro、Laetitia M。; フェルナンデス、ネスター; ブロック、ジェームズM。; Ceaușu、シルビア; コルテス-アビザンダ、アイナラ; ヴァンクリンク、ロエル; Kuemmerle、Tobias; ロンバ、アンジェラ; Pe'er、Guy; Plieninger、Tobias; Rey Benayas、JoséM。; サンダム、クリストファーJ。; スヴェニング、イェンス-クリスチャン; Wheeler、Helen C.(2019年4月26日)。「複雑な生態系の再野生化」科学364(6438):eaav5570。土井10.1126 /science.aav5570PMID31023897_ 
  18. ^ バビット、ブルース(2000)。「私たちの自然遺産の復元」。天然資源と環境14(3)。
  19. ^ Nemecek、Sasha(1997年8月)。「率直に言って、私の愛する人、私はダムが欲しくない」。サイエンティフィックアメリカン277(2):20–22。Bibcode1997SciAm.277b..20N土井10.1038 / scientificamerican0897-20
  20. ^ マクドナルド、ベネディクト(2019)。Rebirding(2020 ed。)エクセター、EX3 9BR:遠海魚。pp。16–17、25、87–88、201、214、248、プレート30。ISBN 978-1-78427-219-7{{cite book}}:CS1 maint:場所(リンク
  21. ^ Aldous、Shaler E.(1938)。「ビーバーの食物利用研究」。野生生物管理ジャーナル2(4):215–222。土井10.2307 / 3795668JSTOR3795668_ 
  22. ^ a b c 「ヨーロッパバイソンのボナサス放牧、採餌、うねり、踏みつけを通じて、巨大なバイソンは生息地の多様化を促進します」英国の再野生化2022年1月3日取得{{cite web}}:CS1 maint:url-status(link
  23. ^ Sandom、Christopher J、Hughes、JoeleneおよびMacdonald、David W(2012)。「再野生化のための発根:スコットランド高地におけるイノシシのSusscrofa発根率の定量化」復元生態学21(3):329–335。土井10.1111 /j.1526-100X.2012.00904.x 2022年1月3日取得{{cite journal}}:CS1 maint:複数の名前:著者リスト(リンク
  24. ^ Bath、A.Olszanska&Henryk Okarma、H(2008)。「人間の側面から見ると、大きな肉食動物:ポーランドのオオヤマネコに対する一般市民の態度」。野生生物の人間的側面13:31–46。土井10.1080 / 10871200701812928S2CID142987702_ {{cite journal}}:CS1 maint:複数の名前:著者リスト(リンク
  25. ^ Lynx Trustは、(重症度に関係なく)人間に対するユーラシアLynx攻撃の証拠をこれまで発見していません。オックスフォード大学のDavidMacdonald教授など、人間と猫の接触の分野の専門家に問い合わせることができます
  26. ^ ウェストン、フィービー。「再野生化:Lynxを英国に戻すべきか?」ガーディアン2022年1月3日取得
  27. ^ フレイザー、世界の再野生化、pp.9-11
  28. ^ Fraser、Caroline(2009)、Rewilding the World:Dispatches from the Conservation Revolution、New York:Metropolitan Books、pp。32–35、79–84、119–128、203–240、326–330、303–312
  29. ^ a b Manning、Richard(2009)、Rewilding the West:Restoration in a PrairieLandscape、バークレー校:カリフォルニア大学出版
  30. ^ Blumm、Michael C。; エリクソン、アンドリューB.(2012)。「太平洋岸北西部のダム撤去:国のための教訓」。環境法42(4):1043–1100。JSTOR43267821_ SSRN2101448_  
  31. ^ a b フェルナンデス、フェルナンドAS; Rheingantz、Marcelo L。; Genes、Luísa; Kenup、Caio F。; ガリーズ、マロン; Cezimbra、Tomaz; シド、ブルーノ; マセド、レアンドロ; Araujo、Bernardo BA; Moraes、Bruno S。; モンジョー、エイドリアン(2017-10-01)。「大西洋岸森林の再野生化:保護地域の動物相と生態学的相互作用の回復」生態学と保全の展望15(4):308–314。土井10.1016 /j.pecon.2017.09.004ISSN2530-0644_ 
  32. ^ Marjakangas、Emma-Liina; Genes、Luísa; Pires、Mathias M。; フェルナンデス、フェルナンドAS; de Lima、Renato AF; de Oliveira、Alexandre A。; Ovaskainen、Otso; Pires、Alexandra S。; プラド、パウロI。; ガレッティ、マウロ(2018-12-05)。「熱帯林における栄養再野生化のための相互作用クレジットの推定」王立協会の哲学的取引B:生物科学373(1761):20170435。doi 10.1098 /rstb.2017.0435PMC6231069_ PMID30348879_  
  33. ^ Rewild Australia
  34. ^ http://www.rewildingeurope.com/about-us/the-foundation/ [リンク切れ]
  35. ^ 「ヨーロッパのアイコンのカムバック」RewildingEurope.com2012年11月8日2013年4月23日取得
  36. ^ ヨーロッパを復活させる
  37. ^ 「Kernzonen」BiosphärenparkWienerwald
  38. ^ 「何百万本もの木が壊れた風景を生き返らせた方法」ガーディアン2016-08-06 2021年1月30日取得
  39. ^ 信頼、ウッドランド。「北の森」ウッドランドトラスト2021年1月30日取得
  40. ^ 「リアリティチェック:何百万本もの木が植えられていますか?」BBCニュース2017-10-26 2021年1月30日取得
  41. ^ 「イギリスの植樹は政府の目標を71%下回っています」ガーディアン2019-06-13 2021年1月30日取得
  42. ^ 信頼、ウッドランド。「英国の残念な植栽数は、依然として政府の目標をはるかに下回っています」ウッドランドトラスト2021年1月30日取得
  43. ^ 「コウノトリは英国に戻ってきました-そして彼らは私たち全員にとって希望の光です|イザベラツリー」ガーディアン2019-07-08 2021年1月30日取得
  44. ^ ツリー、イザベラ。「ウエストサセックスでの再野生化」ネップワイルドランドクネップキャッスルエステート2022年1月3日取得
  45. ^ 「英国におけるヨーロッパヌマガメ(Emys orbicularis L.)の更新世の発生| PDFを要求する」ResearchGate 2021年10月27日取得
  46. ^ Gleed-Owen、Chris Paul(2000年3月)。「イングランド東部のミドルサクソン(西暦600年から950年頃)の堆積物からのRana cf. lessonae、Rana arvalis、およびRana cf. dalmatinaの半化石記録:先住民の地位の証拠」ふしぎの国アンレプティリア21:57–65。doi10.1163 / 156853800507273 – ResearchGate経由。
  47. ^ "「誰がカメを愛していないのですか?」使命を帯びている10代の少年–爬虫類でイギリスを再野生化する」ガーディアン。2021-01-10。2021-10-27取得
  48. ^ 「ケルトの爬虫類と両生類によるゲストブログ-マークエイブリー」markavery.info 2021年10月27日取得
  49. ^ ホートン、ヘレナ(2021-04-06)。「珍しい両生類の英国への再導入が求められる中、カエルは700年ぶりに青くなる」電信ISSN0307-1235 _ 2021年10月27日取得 
  50. ^ デイビス、マーガレット(2021-04-07)。「交配シーズンに間に合うように700年後に英国で再び見られる青いヌマアカガエル」サイエンスタイムズ2021年10月27日取得
  51. ^ メリッサハリソン(2020年11月21日)。「再野生化から森林学校へ、私たちの自然に対する態度はより良い方向に変化しています」ガーディアン2020年11月29日取得
  52. ^ スティーブンモス(2020年11月21日)。「オオヤマネコの欠落:英国の野生化が自然なバランスをどのように回復できるか」ガーディアン2020年11月29日取得
  53. ^ バージニア州トーマス(2022年)。「家畜化された再野生化:イギリスの緑豊かで快適な土地での再野生化の解釈」環境価値土井10.3197 / 096327121x16328186623841hdl10871/127170S2CID244335279 _ 2022年1月10日取得 {{cite journal}}:CS1 maint:url-status(link
  54. ^ Cossins、Daniel(2014年5月1日)。「野生のものがあった場所」科学者
  55. ^ エリザベス・コルバート(2012年12月24日)。「生態学部:野生の想起」ニューヨーカーpp。50–60。
  56. ^ ヴォーン、アダム(2014-05-21)。「ヨーロッパバイソンの帰還」ガーディアン2017年5月10日取得
  57. ^ "Tres caballos Przewalski habitan ya reserva San Cebrian" [すでにサンセブリアン保護区に生息している3頭のプレワルスキー馬](スペイン語)。ディアリオ・パレンティーノ。2012年10月25日。
  58. ^ 「サンセブリアンデムダで復活したロスビソンテス」サンセブリアンデムダ。2011年11月20日。
  59. ^ 「バイソンは300年の不在の後でドイツに戻る」Mongabay.com2013年4月18日。
  60. ^ "ZEIT ONLINE | Lesen Sie zeit.de mit Werbung oderimPUR-Abo。Siehabendie Wahl"www.zeit.de。_ 2021年1月30日取得
  61. ^ 「ケントの森に導入されるヨーロッパバイソン」BBCニュースBBC。2020年7月10日2022年1月3日取得
  62. ^ ガレッティ、マウロ(2004)、更新世の公園:メガファウナでセラードとパンタナールを再現
  63. ^ マーティン、ポールS.(2005)、マンモスの黄昏:氷の時代の絶滅とアメリカの再野生化、バークレー:カリフォルニア大学出版、p。209
  64. ^ グローバルゾウ
  65. ^ Donlan、Josh(2005年8月)。「北米の再野生化」。自然436(7053):913–914。Bibcode2005Natur.436..913D土井10.1038 / 436913aPMID16107817_ S2CID4415229_  
  66. ^ Zimov、Sergey A.(2005年5月6日)。「プレイストツェノパーク:マンモスの生態系の復活」。科学308(5723):796–798。土井10.1126 /science.11​​13442PMID15879196_ S2CID8001757_ ゲイルA132678096   
  67. ^ Oliveira-Santos、Luiz GR; Fernandez、Fernando AS(2010)、「Pleistocene Rewilding、Frankenstein Ecosystems、およびAlternative Conservation Agenda」、Conservation Biology24(1):4–5、doi10.1111 / j.1523-1739.2009.01379.xPMID 20121834 
  68. ^ Janzen、DH; マーティン、PS(1982年1月1日)。「新熱帯区の時代錯誤:Gomphotheresが食べた果物」。科学215(4528):19–27。Bibcode1982Sci ... 215 ... 19J土井10.1126 /science.215.4528.19PMID17790450_ S2CID19296819_  
  69. ^ Barlow、Connie C.(2000)。進化の幽霊:無意味な果物、行方不明のパートナー、およびその他の生態学的時代錯誤ニューヨーク:ベーシックブックス。ISBN 9780465005512
  70. ^ バーロウ、コニー(2001)。「時代錯誤的な果物とそれらに出没する幽霊」。アーノルディア61(2):14–21。JSTOR42954842_ 
  71. ^ 米国魚類野生生物局(1984年1月23日)。「カヤ属taxifolia(カヤ属Torreya)が絶滅危惧種であると決定するための最終規則」。連邦官報49(15):2783–2784。
  72. ^ バーロウ、コニー(2009)。「ディープタイムラグ」。キリストにおいて、アイリーン(編)。混乱の中のガイアMITプレス。pp。165–174。ISBN 978-0262033756
  73. ^ バーロウ、コニー(2004)。「TorreyataxifoliaNorthNowを持参してください」。ワイルドアース秋/冬:52–56。
  74. ^ Nijhuis、ミシェル(2008)。「野生を手に入れる:種を救う」オリオン座
  75. ^ ビアードモア、タニス(2011年12月)。「種の脆弱性の科学に基づく評価のレビュー:支援された移動のための意思決定への貢献」。林業クロニクル87(6):745–754。CiteSeerX10.1.1.667.7798_ 土井10.5558 / tfc2011-091 
  76. ^ 「現代の箱舟:絶滅危惧種を救うために、それらをより親しみやすい場所に移動させてください」エコノミスト2015年12月。
  77. ^ Sansilvestre、Roxane(2015年8月)。「解体された概念の再構築:種と生態系管理のための支援された移動を実装するための政策ツール」。環境科学と政策51:192–201。土井10.1016 /j.envsci.2015.04.005
  78. ^ 「トレヤガーディアン」トレヤガーディアンズ2020年11月15日取得
  79. ^ Appell、David(2009年3月1日)。「「支援された移行」は種を地球温暖化から救うことができますか?」サイエンティフィックアメリカン
  80. ^ Williams、Kevan(2014年9月)。「木を持って、旅行します」ランドスケープアーキテクチャマガジン
  81. ^ セントジョージ、ザック(2020)。木の旅WWノートン。pp。86&184。ISBN 9781324001607
  82. ^ バーロウ、コニー(1999年春)。「進化のための再野生化」ワイルドアース9(1)。
  83. ^ セントジョージ、ザック(2020)。木の旅WWノートン。p。188. ISBN 9781324001607
  84. ^ 「ウェールズの女性は「ゲリラの再野生化」の訴訟の後で立証を宣言します」ガーディアン2020年2月29日。
  85. ^ マクドナルド、ベネディクト(2019)。Rebirding(2020 ed。)エクセター、EX3 9BR:遠海魚。pp。153、155–156、180–188、204。ISBN _ 978-1-78427-219-7{{cite book}}:CS1 maint:場所(リンク
  86. ^ a b バーカム、パトリック(2017-04-03)。「」「イギリス人がビーバーと格闘しているのを見るのは奇妙です」:なぜ再野生化はそれほど物議を醸しているのですか?」ガーディアン。2021-02-13を取得
  87. ^ 「羊飼いはlynxを再導入する新しい試みを攻撃します」FarmingUK2021-02-01 2021-02-13を取得
  88. ^ ジェイミーソン、デール(2008)。「動物の権利と自然の要求」。環境価値17(2):181–200。土井10.3197 / 096327108X303846JSTOR30302637_ 
  89. ^ フォンエッセン、エリカ; アレン、マイケル(2015-09-29)。「野生であるがあまりにも野生ではない動物:再野生化におけるGoldilocks基準への挑戦」種間19(1)。
  90. ^ Moen、Ole Martin(2016年5月9日)。「野生動物の苦しみの倫理」Etikk IPraksis10(1):91–104。土井10.5324 /eip.v10i1.1972
  91. ^ ヨルゲンセン、ドリー(2015年10月)。「再野生化を再考する」。Geoforum65:482–488。土井10.1016 /j.geoforum.2014.11.016
  92. ^ 以前、ジョナサン; ワード、キムJ.(2016年2月)。「再野生化の再考:ヨルゲンセンへの回答」(PDF)Geoforum69:132–135。土井10.1016 /j.geoforum.2015.12.003
  93. ^ ミドルトン、エイミー(2016-02-14)。「再野生化は他の動物の死刑判決かもしれません」コスモスマガジン2021-02-13を取得

さらに読む

外部リンク

プロジェクト

情報