人生への畏敬の念

ウィキペディアから、無料の百科事典
ナビゲーションにジャンプ 検索にジャンプ

Reverence for Lifeというフレーズは、ドイツ語のフレーズ「EhrfurchtvordemLeben 」の翻訳です。これらの言葉は、フランス領赤道アフリカ(現在のガボン)のオゴウェ川のボートトリップで、私たちの時代の倫理の普遍的な概念を探しているときにアルベルトシュヴァイツァーに届きました。文明と倫理において、シュバイツァーは次のように書いています。「倫理は生命への畏敬の念に他なりません。生命への畏敬の念は私に道徳の基本原則を与えます。人生を妨げることは悪です。」

Albert Schweitzer: ABiographyの著者であるJamesBrabazonは、ReverenceforLifeを次のように定義しています。

「ReverenceforLifeは、私たちが本当に確信しているのは、私たちが生きて生き続けたいということだけだと言っています。これは、象から草の葉まで、そしてもちろん、すべての人が生きている他のすべてのものと共有するものです。ですから、私たちはすべての生き物の兄弟姉妹であり、私たち自身が望んでいるのと同じ配慮と尊敬の念を持っています。」

シュバイツァーは、Reverence for Lifeを倫理哲学の基本的な信条とし、それを開発して実践しました。彼は生涯の多くの本や出版物、そして最近出版された原稿でもその発展を表現しました。主な作品は、彼の未完成の4部構成の文化哲学ドイツ語Kulturphilosophie)で、字幕は「生命への畏敬の念の世界観」です。彼はまた、ガボンのランバレネにある彼の病院を使用して、この哲学を実際に示しました。

起源

アルベルト・シュヴァイツァーは、真の文明の理想を支えることができる倫理的価値観は、深い思考の基盤を持ち、世界と人生を肯定するものでなければならないと信じていました。したがって、彼は、彼がアクセスできるさまざまな主要な宗教と世界観における倫理的価値の探求に着手しましたが、倫理と人生の肯定を明確に組み合わせることができるものを見つけることができませんでした。アルベールシュヴァイツァー病院を設立するためにガボンに引っ越してから2年後、彼はついに彼の探求に答える簡単な声明を見つけました。

シュバイツァーは自伝『わが生活と思想』の中で、このプロセスについて次のように説明しています。 。」。[1]彼は自分自身に質問をした方法について次のように述べています。

しかし、文明とは何ですか?

文明の本質的な要素は、個人と社会の倫理的完成です。同時に、すべての精神的およびすべての物質的な前進は、文明にとって重要です。したがって、文明への意志は、倫理を最高の価値として意識する、進歩への普遍的な意志です。科学と人間の腕前の成果を非常に重要視しているにもかかわらず、倫理的な目的を目指して努力している人類だけが、物質的な進歩から完全に利益を得ることができ、それに伴う危険を克服できることは明らかです。 。

混沌から抜け出す唯一の方法は、真の文明の理想に基づいた世界の概念を採用することです。

しかし、一般的な進歩への意志と倫理的な進歩への意志が結合し、リンクされている世界のその概念の性質は何ですか?

それは、世界と生命の倫理的肯定から成り立っています。

世界と人生の肯定とは何ですか?.... [2]

その精神状態で、私は川を上る長い旅をしなければなりませんでした。考えを失って、私ははしけの甲板に座って、私がどの哲学でも発見しなかった倫理の基本的で普遍的な概念を見つけるのに苦労しました。問題に集中するためだけに、文章を切り離してシートを次々とカバーしました。2日が経過しました。三日目の遅く、日没時にカバの群れを通り抜けようとしていたその瞬間、思いがけず、求められていなかった「人生への畏敬の念」というフレーズが頭に浮かびました。鉄の扉が降ってきた。茂みの中の小道が見えてきました。今、私は世界の肯定と倫理が一緒に結合されるという原則への道を見つけました!」[3]

一部の著者によると、シュバイツァーの思想、特に彼の生命への畏敬の念の発展は、インドの宗教思想、特にアヒンサー(非暴力)のジャイナ教の原則に影響された。[4]アルベルト・シュヴァイツァーは、彼の著書「インドの思想とその発展」でインドの影響力の貢献に言及しています:[5]

殺さない、傷つけないという戒めを定めることは、人類の霊的歴史の中で最も偉大な出来事の一つです。世界と生命の否定に基づいた、行動の棄権というその原則から始まり、古代インドの思想は、他の点では倫理がそれほど進歩していない時期であり、倫理には限界がないという途方もない発見に達します。私たちが知る限り、これは初めてジャイナ教によって明確に表現されています。

しかし、子供の頃、シュバイツァーは周囲のすべての生き物の苦しみを深く感じていたことを見逃してはなりません。彼は次のように書いています。「私が覚えている限り、私は自分の周りの世界で見た悲惨さの量に悲しんでいました。私が本当に知らなかった若者の無資格の生きる喜び...私を特に悲しませたのは、不幸な動物がとても苦痛と悲惨に苦しむこと……これは私が学校に行く前だったので、私には全く理解できませんでした。なぜ私の夕方の祈りで私は人間のためだけに祈るべきなのですか。おやすみなさいとキスをして、私はすべての生き物のために自分で作った祈りを静かに加えていました。それはこうして実行されました。安らかに眠る……」

シュバイツァーは、「彼らが彼に頼んだので」そして「このスポーツは、フックにかけられたワームの治療と魚の口のレンチによって私にとってすぐに不可能になったので」何人かの男の子と2回釣りに行きました私はそれをあきらめました...私の心を動かしたこのような経験から....私たちには他の生き物に苦しみと死を与える権利がないという揺るぎない信念がゆっくりと私に育ちました、そしてそれは私たちは皆、苦しみと死を引き起こすことがどんなに恐ろしいことであるかを感じるべきです...」[7]

作物を植える前に、落ちた穴からクモを注意深くすくい取り、病院の農場で働いていた患者とその家族を養うために、この意識は彼の生涯を通じて彼に影響を与えました。彼は、私たち自身の存在が私たち一人一人にとって重要であるように、「[生き物の]存在はそれにとって重要である」と書いています。[8] 彼は、「...私自身の存在と客観的な世界との関係は、人生への敬意によって決定されます。この人生への敬意は、私の生きる意志の要素として与えられます...」と書いています。生きる意志はすべての生き物に存在し、尊重されるべきでした。[9]

彼の著書「文明の哲学」の中で、シュバイツァーは次のように書いています

生きる意志

シュバイツァーは1920年代に、人々は自分の意志との接触をほとんど失い、それを外部の権威に服従させ、外部の状況に犠牲にしたという見解を持っていました。したがって、彼は私たちの意志に触れることができ、すべての人のためにそれを行使することができる私たち自身のその基本的な部分を指摘しました。

わが生活と思想のうち、シュバイツァーは次のように書いています。[ 11]

人間の意識の最も直接的な事実は、「私は生きる意志のある人生の真っ只中に生きる意志のある人生である」という主張です。

人生の肯定は、人間が無思慮に生きることをやめ、真の価値を与えるために敬意を持って人生に専念し始める精神的な行為です。人生を肯定することは、深まり、より内面になり、生きる意志を高めることです。

同時に、思考の存在となった人は、自分自身に与えるのと同じ人生への畏敬の念を生きるというすべての意志に与える衝動を感じます。[....]これは倫理の絶対的で基本的な原則です。そしてそれは思考の基本的な仮定です。

アルベルト・シュヴァイツァーは、西洋文明の明らかな衰退によってもたらされた問題への答えを求めて、ヨーロッパ系の人々によって当然のことと思われている進行中の信念を放棄する準備ができていませんでした。むしろ、彼は、なぜこの「進歩する意志」が軌道から外れ、ヨーロッパ文明の崩壊を引き起こしているのかを特定しようとしました。

彼はOutofmy Life andThoughtで次の結論に達しました: [12] [13]

それ自体では、生命の肯定は部分的で不完全な文明を生み出すだけです。それが内向きになり、倫理的になった場合にのみ、進歩する意志は、価値のあるものと価値のないものを区別する能力を獲得することができます。したがって、私たちは科学と権力の付加だけに基づくのではなく、何よりも個人と人類の精神的および倫理的発展を気遣う文明を目指して努力しなければなりません。

すべての生き物がそうであるように、生きる意志のこのジレンマの前に、人は常に他の生命を犠牲にしてのみ自分の生命と一般的な生命を維持することを余儀なくされています。彼が人生への畏敬の念に触れた場合、彼は避けられない必要性の下でのみ、そして決して無思慮から人生を傷つけ、破壊します。

も参照してください

参照

  1. ^ 私の人生と思想から:自伝。[ Aus meinem Leben und Denken。]アルベルト・シュヴァイツァー、著者。Antje Bultmann Lemke、翻訳者。メリーランド州ボルチモア:ジョンズホプキンス大学出版局; 60周年記念版(2009年6月11日)。p147。ISBN  0801894123
  2. ^ 私の人生と思想から:自伝。[ Aus meinem Leben und Denken。]アルベルト・シュヴァイツァー、著者。Antje Bultmann Lemke、翻訳者。メリーランド州ボルチモア:ジョンズホプキンス大学出版局; 60周年記念版(2009年6月11日)。p148。
  3. ^ 私の人生と思想から:自伝。[ Aus meinem Leben und Denken。]アルベルト・シュヴァイツァー、著者。Antje Bultmann Lemke、翻訳者。メリーランド州ボルチモア:ジョンズホプキンス大学出版局; 60周年記念版(2009年6月11日)。pp154-55。強調が追加されました。[この版では元のドイツ語のフレーズが省略されているため、上記のドイツ語のフレーズを含む別の版も引用する必要があります。]
  4. ^ Ara Paul Barsam(2002)「アルベルトシュヴァイツァー、ジャイナ教と生命への畏敬の念」:生命への畏敬の念: 21世紀のアルベルトシュヴァイツァーの倫理シラキュース:シラキュース大学出版局、 ISBN 978-0-8156-2977-1 p。207-08 
  5. ^ アルベルト・シュヴァイツァーとチャールズ・ライン・ジョイ(1947)アルベルト・シュヴァイツァー:アンソロジービーコン・プレス
  6. ^ アルベルトシュヴァイツァー:エッセンシャルライティング、ジェームスブラバゾンによって編集されました。p。117-120
  7. ^ アルベルトシュヴァイツァー:エッセンシャルライティング、ジェームスブラバゾンによって編集されました。p。117〜120
  8. ^ 人生への畏敬の念:アルベルトシュヴァイツァーの言葉ハロルド・E・ロブルズが編集。パブ。ハーパーコリンズ; 初版(1993年10月)。ISBN 0060670983 
  9. ^ 文明の哲学。アルベルトシュヴァイツァー。プロメテウスブックス(1987年3月1日)。ISBN0879754036 _ pxv。Out of My LifeandThoughtのこの同じトピックの生きる意志も参照してください 
  10. ^ 文明の哲学。アルベルトシュヴァイツァー。プロメテウスブックス(1987年3月1日)。ISBN0879754036 _ p317。 
  11. ^ A.シュヴァイツァー、わが生活と思想から(Johns Hopkins University Press 1998)、156-157。
  12. ^ A.シュヴァイツァー、わが生活と思想から(Johns Hopkins University Press 1998)、152。
  13. ^ A.シュヴァイツァー、わが生活と思想から(Johns Hopkins University Press 1998)、236。

さらに読む

  • アラポールバーサム(2008)。人生への畏敬の念:アルベルト・シュヴァイツァーの倫理的思想への多大な貢献オックスフォード大学出版局米国。ISBN 978-0-19-532955-1
  • アルベルトシュヴァイツァー(1961年)。文明の崩壊と回復勝てない本。
  • アルベルトシュヴァイツァー(1966年)。人生への畏敬の念の教えピーターオーウェンリミテッド。
  • ジェームスブラバゾン(2000)。アルベルトシュヴァイツァー、伝記ニューヨーク:シラキュース大学プレス。ISBN 0-8156-0675-3
  • ジェームスブラバゾン(2005)。アルベルトシュヴァイツァー、エッセンシャルライティングニューヨーク:オービスブックス。ISBN 1-57075-602-3
  • マーヴィンマイヤー; Kurt Bergel(2002)。生命への畏敬の念、21世紀のアルベルトシュヴァイツァーの倫理ニューヨーク:シラキュース大学プレス。ISBN 0-8156-2977-X
  • 「すべての生命への畏敬と思いやり-21世紀への精神的な道」Muir、Schweitzer、Carsonに基づいて構築され、ディープエコロジーやエコスピリチュアリティなど、ReverenceforLifeへの現代的なアプローチを調査して文書化します。

外部リンク