復元生態学

ウィキペディアから、無料の百科事典
ナビゲーションにジャンプ 検索にジャンプ
オーストラリアで最近建設された湿地再生、以前は農業に使用されていた場所
ジョンソンクリークの一部のリハビリテーション。長い間牛の放牧のために牧草地に転換されていた土地のバイオスウェールと洪水調節機能を回復します。水平の丸太は浮くことができますが、支柱によって固定されています。植えたばかりの木は、最終的には土壌を安定させます。根が小川に突き出た倒木は、野生生物の生息地を強化することを目的としています。ストリームの蛇行は、おそらく元のコースの約3倍に強化されています。

復元生態学は、生態系の復元の実践をサポートする科学的研究です。これは、人間の積極的な中断と行動によって環境内の劣化、損傷、または破壊された生態系生息地を更新および復元する実践です。効果的な復元には、明確な目標またはポリシーが必要です。できれば、明確に表現され、受け入れられ、体系化された明確な目標またはポリシーが必要です。回復の目標は、競合する政策の優先順位の中からの社会的選択を反映していますが、そのような目標を抽出することは、通常、論争があり、政治的に困難です。[1]

自然生態系は、食料、燃料、木材などの資源の形で生態系サービスを提供します。空気と水の浄化; 廃棄物の無害化と分解; 気候の規制; 土壌肥沃再生; そして作物の受粉。これらの生態系プロセスは、年間数兆ドルの価値があると推定されています。[2] [3]科学界では、現在の環境劣化と地球の生物相の多くの破壊が「壊滅的に短いタイムスケール」で起こっているというコンセンサスがあります。[4]科学者は、現在の種の絶滅率、または完新世絶滅は、通常のバックグラウンド率の1,000〜10,000倍です。[5] [6] [7] 生息地の喪失は、種の絶滅[7]と生態系サービスの低下の両方の主な原因です。[2]種の絶滅と生態系サービスの低下の速度を遅らせるために、2つの方法が特定されています。それらは、現在実行可能な生息地の保全と劣化した生息地の回復です。生態系の回復の商業的応用は、近年指数関数的に増加しています。[8] 2019年、国連総会は2021年から2030年にかけて国連生態系回復の10年を宣言しました。[9]

定義

復元生態学はプロセスの学術的研究ですが、生態学的復元は復元実践者による実際のプロジェクトまたはプロセスです。生態系回復協会は、「生態系の回復」を「生態系の健康、完全性、持続可能性に関して、生態系の回復を開始または加速する意図的な活動」と定義しています。[10]生態系の回復には、砂防森林再生、外来種や雑草の除去、乱れた地域の植生回復、日光の流れ在来種の再導入など、幅広いプロジェクトが含まれます。(できれば、局所的な適応がある在来種)、および対象種の生息地と範囲の改善。多くの研究者にとって、生態学的回復には地域社会が含まれている必要があります。彼らはこのプロセスを「社会生態学的回復」と呼んでいます。[11]

生物学者のEOウィルソンは次のように述べています。]「これが、大きな絶滅のけいれんを終わらせる手段です。次の世紀は、生態学における回復の時代になると私は信じています。」[12]

歴史

復元生態学は、20世紀後半に生態学の別の分野として出現しました。この用語は、ウィスコンシン大学マディソン校にいたときにジョンアベルウィリアムジョーダンIIIによって造られました。[13]しかし、先住民、土地管理者、管理人、および一般市民は、何千年もの間、生態系の回復または生態系の管理を実践してきました。[14]

アメリカ

現代の生態学的回復の発祥の地と考えられている最初のトールグラスプレーリーの回復は、ウィスコンシン大学マディソン樹木園の1936年のカーティスプレーリーでした[15] [13] 市民保全部隊の労働者は、有名な生態学者アルドレオポルド、植物学者セオドアスペリー、菌類学者ヘンリーC.グリーン、植物生態学者ジョンT.カーティスなどの大学の教員が監督する元馬の牧草地に近くの草原種を植え替えましたカーティスと彼の大学院生はウィスコンシン全体を調査し、在来種のコミュニティを記録し、トールグラスの復元のための最初の種のリストを作成しました。[16]開拓者の墓地内の場所や鉄道の通行権などの既存の草原の残骸は、カーティスと彼のチームによって見つけられ、目録が作成されました。UW樹木園は、20世紀前半までトールグラスプレーリー研究の中心であり、近くのグリーンプレーリー、アルドレオポルドシャックアンドファーム、および野焼きなどの先駆的な技術が開発されました[15]

20世紀の後半には、ウィスコンシン州の国境を越えて生態系の回復が進んだ。ノックス大学の285ヘクタールのグリーンオークス生物フィールドステーションは、動物学者のポールシェパードの指導の下で1955年に始まりました。その後、モートン樹木園で40ヘクタールのシュレンバーグプレーリーが続きました。このプレーリーは、1962年にレイシュレンバーグとボブベッツによって始まりました。その後、ベッツはネイチャーコンサーバンシーと協力して、1974年に260ヘクタールのフェルミ国立研究所トールグラスプレーリーを設立しました。 [17]これらの主要なトールグラスプレーリープロジェクトは、孤立した研究から広範な実践への生態学的回復の成長を示しました。

オーストラリア

オーストラリアは、歴史的に重要な生態系の回復プロジェクトの場所でした。アメリカと同様に、彼らは1930年代に始まりました。これらのプロジェクトは、先住民コミュニティの強制処分に続いて入植者が被った広範な環境被害への対応でした。先住民コミュニティの実質的な伝統的な生態学的知識は利用されませんでした。

初期のオーストラリアのリハビリテーションと生態系の回復プロジェクトの多くは、ボランティアによって開始され、多くの場合、科学資源を利用していました。地方および州の政府機関が役割を果たし、業界も役割を果たしました。植生劣化の逆転に関心を持った著名な科学者は、1920年代に乾燥地帯の固有の植生劣化の原因について先駆的な研究を行った植物学者および植物生態学者のアデレード大学TGオズボーン教授でした。

およそ1930年から、オーストラリアの牧畜民は、荒廃した風で侵食された地域への先住民の植物相の実質的から完全な回復を目的とした植生回復プロジェクトを実施しました。[18]1830年頃から1880年頃に先住民のコミュニティが強制的に処分された後、南オーストラリア州とニューサウスウェールズ州の乾燥地帯に牧畜産業が設立されました。1900年頃までに、これらの地域は、過剰在庫、ウサギや他の野生動物の荒廃、および先住民の植生の回復を妨げる過酷な乾燥状態の組み合わせにより、大幅に劣化していました。激しい風食が発生しました。1925年に設立されたクーンマオレ研究所で、アデレード大学のTGオズボーン教授が劣化を研究し、先住民族のアトリプレックス属の回復を結論付けました。ハマアカザ、マイレアナブルーブッシュとアカシアアネウラ資源の開示と自然再生政策が実施されたとき、マルガ植生群落は可能でした。[19]南オーストラリアの牧畜民は、1930年代を通してこれらの戦略を採用しました。たとえば、ウィラミナ駅(または土地、牧場)では、土壌の漂流は自然再生によって完全に再植生され、ストックを排除するための柵に続いて安定しました。侵食された地域の畝間(または耕起)もまた、固有の植生の自然な再生と、風による侵食された地域の効果的な回復をもたらしました。これらのプログラムは非常に成功したため、南オーストラリア州政府は1936年に承認された州の土壌保全政策として採用しました。1939年に導入された法律はこれらの政策を体系化しました。[20]

1935年、酪農家のアンブローズクロフォードは、ニューサウスウェールズ州北部(オーストラリアの州)のアルストンビルにあるラムリーパーク保護区で、劣化した4エーカー(1.7ヘクタール)のビッグスクラブ(低地熱帯雨林)のパッチの復元を開始しました。[21]雑草の除去と適切な在来植物種の植え付けは、彼の主な修復技術でした。クロフォードは専門の政府植物学者を顧問として利用し、彼の地方自治体評議会からの支援を受けました。復元された熱帯雨林保護区は現在も存在しており、絶滅の危機に瀕している動植物の生息地となっています。

1936年、鉱業の試金者であるアルバートモリスと彼の修復の同僚は、ニューサウスウェールズ州西部の乾燥した数百ヘクタールの強風で侵食された場所での土着の植物相の自然再生を含むブロークンヒル再生地域プロジェクトを開始しました(Ardill2017)。モリスは、牧畜産業の過剰在庫慣行から生じる広範な侵食に対応していました。彼はオズボーン教授の南オーストラリアの研究に影響を受けた可能性が高い。1958年に完成したこの成功したプロジェクトは、現在でもブロークンヒル再生地域としての生態学的機能を維持しています。[22] [23]モリスは先駆的で高度な技術を持った乾燥植物植物学者であり、生態学の原則にも精通していました。地方政府と州政府、およびブロークンヒル鉱業は、プロジェクトを支援し、資金を提供しました。[23]

ブロークンヒル再生地域プロジェクトは、灌漑および植樹プロジェクトと呼ばれ、米国の「ダストボウル」植林プロジェクトと特徴を共有しています。これは正しくありません。モリスは、地域社会と鉱業会社のためにいくつかの小さな植樹と灌漑プロジェクトを設計しましたが、再生地域プロジェクトは、沈殿(自然再生)後の地元固有の植物種の自然に分布した種子の発芽にほぼ完全に依存していました。有害な放牧動物の除外(資源の開示)。[23]実際、再生地域プロジェクトは、一般的な厳しい乾燥地帯の条件に非常によく適応していたため、ニューサウスウェールズ州政府は、州の乾燥した西部の2,000万ヘクタールの修復案のモデルとしてそれを採用しました。それはひどく侵食された状態に減少していました。この効果に関する法律は1949年に可決されました。[24]

生態系の回復の特徴の多くを示した2つの試みられたが最終的に失敗したプロジェクトは、1930年代初頭にニューサウスウェールズで開始されました。エントモルジストのウォルター・フロッグガットは、シドニーのホークスベリー砂岩の植物相を、シドニーのシドニーハーバーにある劣化したボールズヘッド保護区に復元するために着手しました。残念ながら、1937年にフロッグガットが亡くなった後、プロジェクトは造園に失敗しました。[25]ほぼ同じ時期に、海洋生物学者のデイビッド・ステッドは、オーストラリアのコアラを毛皮貿易に従事するハンターによって虐殺されていたニューサウスウェールズに戻すプロジェクトを開始した。残念ながら、Steadのプロジェクトは財政難に陥りました。[26]

初期のオーストラリアのリハビリプロジェクトは、1896年にメルボルンのポートフィリップ湾で始まりました。[25]地方自治体およびコミュニティグループは、前浜保護区の荒廃した地域に、在来植物種であるLeptospermum laevigatum、CoastalTeatreeを植え替えました。[25]基本的に、プロジェクトは功利主義的な考慮事項によって動機付けられました:レクリエーションサイトを保護し、観光を促進すること。荒廃した地域がどの程度植え替えられたか、つまりさまざまなプロジェクトの願望は完全にはわかっていません。オーストラリアの著名なジャーナリスト、ネイチャーライター、アマチュア鳥類学者のドナルドマクドナルドなど、一部の地元住民は、貴重な生物学的品質を失うことに苦しみ、ティーツリーの生態系を完全に回復し、それらとその固有の動物相を保護するキャンペーンを行いました。マクドナルドは生態系の回復の原則と実践の多くを支持しましたが、彼はそのようなプロジェクトを実際に実施する機会を欠いていました。[25]

伝統的な生態学的知識と復元生態学

先住民族からの伝統的な生態学的知識(TEK)は、復元生態学がいかに歴史的な分野であり、何千年もの間人間によって生きてきた方法を示しています。[27]先住民は、天然資源とその周辺の環境の観察、経験、管理を通じて生態学的知識を獲得しています。以前は、基本的なニーズ(食料、水、避難所、医薬品)を満たすだけでなく、望ましい特性を改善し、人口や生物多様性を増やす方法で、環境を管理し、植生の構造を変更していました。このようにして、彼らは環境との密接な関係を達成することができ、先住民が彼らの文化で維持している教訓を学びました。[14]

これは、場所の深いつながりと生物文化的および言語的多様性のために、復元されている生態系に地元の先住民から学ぶことができる多くのことを意味します[28][29]先住民による天然資源の利用のダイナミクスは、周囲の環境から生計を立てて以来、何世紀にもわたって周囲の動植物と常に密接な関係を持ってきたため、多くの文化的、社会的、環境的側面を考慮しています。彼ら。[30]

ただし、復元生態学者は、TEKが親密な関係のために場所に依存していることを考慮する必要があり[31]、したがって、復元の目的で先住民に知識を含めるように働きかける場合は、TEKの流用を避けるために敬意と注意を払う必要があります。[32]先住民族を含む生態系の回復の成功は、先住民族[32]が主導し、非先住民族が権力の不平等な関係を認めるようにする必要があります[33]。

実践における伝統的な生態学的知識と復元生態学

Kat Anderson [34]は、歴史に基づいた説明的な背景本、A TendedWildernessを執筆しました。、カリフォルニア海岸の先住民と彼らの環境との親密な相互作用について。カリフォルニアインディアンは、厳格で複雑な収穫、管理、生産の慣行を持っています。観察された慣行は、典型的な園芸技術と集中的な森林燃焼に大きく依存していました。彼女は、カリフォルニアのインディアンの慣習に基づいた保存と保存の適用が、西洋文学で長く続いている狩猟採集民の固定観念を打ち砕くのに役立つことを望んでいます。「ATendedWilderness」では、アンダーソンは、カリフォルニアはヨーロッパの探検家によって肥沃な環境に組み込まれた手つかずの文明であるという概念を打ち破ります。ただし、これは正確な描写ではありません。西洋人には近代化されていないように見えるかもしれませんが、それ以来、先住民はその土地の人口生態学が何であるかを定義しました。彼らにとって、荒野は人間が全く世話をしなかった土地でした。「先住民資源管理」では、アンダーソンはカリフォルニアの先住民が意図的に野生を収穫し管理した多様な方法に光を当てます。カリフォルニアインディアンは、火傷のパターン、植物材料、栽培、剪定、掘削を理解するための生態学と自然技術に関する豊富な知識を持っていました。何が食べられたのか、何が食べられなかったのか。これは、植物だけでなく、野生生物の管理にも及びました。野生生物の管理は、どれほど豊富で、どこに分布していて、大きな哺乳類の個体数がどれほど多様であったかということです。「復元」は、現代の土地利用がどのように生息地の劣化、断片化、喪失を引き起こしたかをカバーしています。米国が対抗した方法は、すべての人間の影響から離れて設定された土地を介してです。将来に関しては、アンダーソンは生態系の回復と野生生物の管理のために先住民の慣行に目を向けることを強く提案します。[35]

理論的基礎

復元生態学は、幅広い生態学的概念を利用しています。

外乱

かく乱は、生態系の機能を混乱させる環境条件の変化です。擾乱はさまざまな空間的および時間的スケールで発生する可能性があり、多くのコミュニティの自然な要素です。[36]たとえば、多くの森林および草地の修復物は、自然の撹乱体制として火事を実施している。しかし、人為的影響の深刻さと範囲は、過去数世紀で成長しました。自然のプロセスを回復し、生態系への 人為的影響を最小限に抑える方法を理解するためには、人為的障害と自然発生的障害を区別することが重要です。

継承

生態遷移は、特に混乱の後に、コミュニティが時間とともに変化するプロセスです。多くの場合、生態系は、少数の優勢なパイオニア種を含む単純なレベルの組織から、相互に依存する多くの種を含むますます複雑になるコミュニティに変化します。回復は、多くの場合、障害の深刻さに応じて、生態学的な遷移プロセスを開始、支援、または加速することで構成されます。[37]軽度から中等度の自然および人為的危険に続くこれらのシステムの障害、回復には、注意深い管理を通じて自然な連続軌道を早めることが含まれます。ただし、より深刻な障害を経験したシステム(都市の生態系など)では、自然の連続的なプロセスに有利な環境条件を再現するために、復元に集中的な努力が必要になる場合があります。[38]

断片化

生息地の分断化は、生態系が土地利用の変化(農業など)や自然の乱れによって小さな部分に分割される、生物学的システムの空間的な不連続性を表します。これにより、母集団のサイズが縮小され、孤立度が高まります。これらの小さく孤立した個体群は、絶滅に対してより脆弱です。生態系を断片化すると、生息地の質が低下します。断片の端は環境条件の範囲が異なるため、内部とは異なる種をサポートします。修復プロジェクトは、適切な生息地を追加することで人口の有効サイズを増やし、生息地の回廊を作成することで孤立を減らすことができます孤立したフラグメントをリンクします。断片化の影響を逆転させることは、復元生態学の重要な要素です。[39]

生態系機能

生態系機能は、養分循環エネルギーフラックスなど、自然システムの最も基本的で不可欠な基本的なプロセスを表しますこれらの生態系機能の複雑さを理解することは、劣化する可能性のある生態学的プロセスに対処するために必要です。生態系の機能はシステム全体の新たな特性であるため、監視と管理は、生態系の長期的な安定性にとって非常に重要です。完全に自己永続的で完全に機能するエコシステムは、修復的取り組みの究極の目標です。望ましい機能を回復し、この目標を達成するには、生態系の特性が他の人にどのような影響を与えるかを理解する必要があります。[40]

コミュニティ集会

コミュニティアセンブリは、「単一の概念的な傘の下で、事実上すべての(コミュニティ)エコロジーを統合できるフレームワークです」。[41]群集群集理論は、種の群集が異なる環境的に類似した場所の存在を説明しようとしています。種が同様のニッチ要件を持っていることを前提としているため、コミュニティの形成は、共通の種のプールからのランダムな変動の産物です[42]本質的に、すべての種がかなり生態学的に同等である場合、コロニー形成のランダムな変動、および種間の移動と絶滅の速度は、同等の環境条件を持つサイト間の種組成の違いを促進します。[43]

集団遺伝学

遺伝的多様性は、生態系プロセスを回復するために種の多様性と同じくらい重要であることが示されています。[44]したがって、生態学的回復はますます遺伝的プロセスを管理慣行に織り込んでいる。復元された集団で考慮することが重要な集団遺伝学的プロセスには、創始者効果近交弱勢異系交配弱勢、遺伝的浮動、および遺伝子流動が含まれます。このようなプロセスは、種が回復場所にうまく定着するかどうかを予測することができます。[45] [46]

アプリケーション

落葉落枝の蓄積

落葉落枝の蓄積は、回復過程で重要な役割を果たします。落葉落枝の量が多いほど、植物の樹立の重要な要素である湿度レベルが高くなります。蓄積のプロセスは、風や森林の種構成などの要因によって異なります。原生林に見られる落葉落枝は、二次林よりも豊富で深く、湿度が高くなっています。これらの技術的な考慮事項は、修復プロジェクトを計画するときに考慮することが重要です。[47]

コミュニティの不均一性に対する土壌の不均一性の影響

リソースの空間的不均一性は、植物群落の構成、多様性、およびアセンブリの軌道に影響を与える可能性があります。Baer etal。(2005)トールグラスプレーリー修復プロジェクトで土壌資源の不均一性を操作した。彼らは、資源の不均一性が増していることを発見しました。これは、ある種が資源レベルの範囲全体で優勢になる可能性がある状況で種の多様性を確保するにはそれだけでは不十分でした。彼らの発見は、コミュニティの集会における生態学的フィルターの役割に関する理論と一致していた。物理的および生物学的条件に最もよく適応した単一の種の確立は、群集構造を決定する上で非常に重要な役割を果たすことができます。[48]

侵略と回復

復元は、侵入植物種の拡散をさまざまな方法で減らすためのツールとして使用されます。最初の方法は、復元を主に侵入種の存在を減らし、その広がりを制限する手段と見なしています。このアプローチは侵入者の制御を強調しているため、復元手法は通常の復元プロジェクトとは異なる場合があります。[49] [50]このようなプロジェクトの目標は、必ずしも生態系全体または生息地を回復することではありません。[51]これらのプロジェクトでは、高密度で播種された攻撃的な在来種の多様性の低い混合物を頻繁に使用します。[52]播種後、常に積極的に管理されているわけではない。[53]この種の修復の対象地域は、侵入種が大部分を占める地域です。目標は、最初に種を除去し、次にそうすることで、周辺地域に広がる侵入種の数を減らすことです。この一例は、侵入雑草種を抑制する生物的防除剤(草食性昆虫など)の使用によるものですが、修復作業員は、解放された資源を利用する在来植物種に同時に播種します。[54]これらのアプローチは、雑草を減らすのに効果的であることが示されていますが、草刈りや再播種などの追加の雑草防除なしでは、長期的には常に持続可能な解決策とは限りません。[50] [53] [55] [56]

復元プロジェクトは、生態系コミュニティが侵入に抵抗する理由をよりよく理解する方法としても使用されます。修復プロジェクトには、侵入種を制御するために使用される幅広い実装戦略と方法があるため、生態学者は侵入に関する理論をテストするためにそれらを使用できます。[53]修復プロジェクトは、修復で導入された種の多様性が侵入にどのように影響するかを理解するために使用されてきました。一般的に多様性の高いプレーリーは侵入レベルが低いことを私たちは知っています。[57]機能的生態学の組み込みは、より機能的に多様な修復物がより低いレベルの浸潤を有することを示した。[58]さらに、研究によれば、侵入種と機能的に類似した在来種を使用すると、侵入種とよりよく競争できることが示されています。[59] [60]復元生態学者はまた、侵入を制御するための最も成功した管理手法をよりよく理解するために、さまざまな復元サイトで採用されているさまざまな戦略を使用しています。[61]

連続軌道

複数の安定した状態が存在する場合、望ましい連続経路に沿った進行は難しい場合があります。KlötzliandGootjans(2001)は、40年以上にわたる湿地回復データを見て、予期せぬ望ましくない植生の集まりは、「環境条件が対象コミュニティに適していないことを示している可能性がある」と主張しています。[62]遷移は予測できない方向に進む可能性がありますが、狭い範囲内で環境条件を制限すると、可能な連続軌道が抑制され、望ましい結果が得られる可能性が高くなります。[63]

修復のための土地の調達

ある研究では、食生活を肉の消費から遠ざけ、余った土地を回復する「高所得」国の気候変動緩和の可能性を定量化しました。 彼らは、仮想的な食生活の変化により、「高所得国の食生活の年間農業生産排出量を61%削減できる一方で、98.3(55.6–143.7)GtCO 2相当量を隔離できることを発見しました。これは、現在の世界の農業排出量の約14年に相当します。自然植生は成熟します」、彼らが「二重気候配当」と呼ぶ結果。[64] [65]

修復用の材料の調達

ほとんどの修復プロジェクトでは、修復が成功する可能性を高め、不適応の影響を最小限に抑えるために、地元の人々から材料を調達することが一般的に推奨されています。[66]しかしながら、局所の定義は種によって異なる可能性があります。生息地と地域。[67]米国森林局は最近、最低冬季気温ゾーン、乾燥度、およびレベルIIIエコリージョンの組み合わせに基づいて暫定シードゾーンを開発しました。[68]厳密な距離の推奨を置くのではなく、他のガイドラインは、種が現在または予測される気候変動の下でさらされている同様の環境条件に一致するように種子を調達することを推奨しています。たとえば、Castillejalevisectaの調達同様の環境変数に一致する遠いソース母集団は、近いソース母集団よりも復元プロジェクトに適していることがわかりました。[69]同様に、一連の新しい方法は、環境条件への遺伝的適応に基づいて最適な発生源集団を特定するために、遺伝子と環境の相互作用を調査している。[70] [71]

原則

オーストラリアの廃線にあるミカズキインコの生態系回復

理論的根拠

生態系を回復する理由はたくさんあります。いくつかが含まれます:

  • 飲用水や野生生物の個体数などの自然資本の回復
  • 人間のコミュニティとそれらが依存する生態系が気候変動の影響に適応するのを支援する(生態系に基づく適応を通じて)
  • 気候変動の緩和(例えば、炭素隔離による)[72]
  • 絶滅危惧種または絶滅危惧種の支援[73]
  • 美的理由[74]
  • 道徳的理由:人間の介入により多くの生息地が不自然に破壊され、これらの破壊された生息地を復元するという生来の義務が存在します
  • 特に自給自足のための規制された使用/収穫[75]
  • 在来の生態系と在来の人々との文化的関連性[75] [76]
  • 近隣住民の環境衛生[77]
バッフェルスドラーアイコミュニティ植林プロジェクト。
南アフリカのBuffelsdraaiLandfill Site Community ReforestationProjectで実施中の森林回復

復旧目標を設定する方法とその成功を定義する方法については、かなりの意見の違いがあります。生態系の回復目標または望ましい状態を最終的に指定することは、科学者やテクノクラートから情報を得た社会的選択ですが、最終的には政策選択です。希望する目標を選択することは、政治的に論争の的になる可能性があります。[78] 積極的な回復を促す人もいれば(たとえば、侵入動物を根絶して在来種を生き残らせる)、保護地域には再野生化などの人間の干渉を最小限に抑えるべきだと考える人もいます。生態系の回復は論争を引き起こしました。懐疑論者は、利益が経済的投資を正当化することを疑ったり、修復プロジェクトの失敗を指摘したり、修復の実現可能性を完全に疑問視したりします。Anthony Bradshawが主張するように、「生態系は静的ではなく、動的平衡状態にある…。[復元を使用して]移動するターゲットを目指す」ため、復元の目標を設定するのは難しい場合があります。

一部の[漠然とした]保全主義者は、生態系は元の状態に戻らないかもしれないが、生態系の機能(特に私たちにサービスを提供するもの)は現在の構成ではより価値があるかもしれないと主張します(Bradshaw1987)。これは、生態系サービスと環境資源を利用して生活している米国や世界中の他のコミュニティの多くの先住民グループの場合のように、生態系サービスが人間の人口の物理的および文化的生存の中心である場合に特に当てはまります。[75] 生態系の回復を検討する理由の1つは、植林などの活動を通じて気候変動を緩和することです。植林空気から二酸化炭素を除去する森林の再植林が含まれます。二酸化炭素地球温暖化の主な原因であり(Speth、2005)、二酸化炭素を捕獲することは気候変動を緩和するのに役立ちます。米国における修復プロジェクトの一般的な推進力のもう1つの例は、水質浄化法の法的枠組みです。これは、開発やその他の活動によって水系に与えられた被害の軽減を要求することがよくあります。[79]

オレゴン州ユージーンのウェストユージーン湿地で復元されたプレーリー

課題

一部の人々は、生態系の回復を非現実的であると見なしています。これは、回復が目標を達成できないことが多いためです。ヒルダーブランド他 多くの場合、不確実性(生態系機能、種の関係など)に対処しておらず、「完全な」復元に設定されたタイムスケールは不当に短いが、本格的な復元の他の重要なマーカーは無視されていることを指摘しますまたは実現可能性の懸念のために要約されています。[80] 他の例では、生態系が非常に劣化しているため、放棄(ひどく劣化した生態系を自然に回復させる)が最も賢明な選択肢である可能性があります。[81] 地域社会は、擾乱体制を必要とする大型の捕食者や植物の導入を含む修復に反対することがある。定期的な火災など、その地域の人間の居住に対する脅威を引用しています。[82] 高い経済的コストは、復旧プロセスの悪影響としても認識される可能性があります。

修復の実現可能性において世論は非常に重要です。修復のコストが利益を上回っていると一般市民が信じている場合、彼らはそれをサポートしません。[82]

過去の復旧プロジェクトでは、復旧の目的として明確な目標が設定されていなかったり、根底にある生態学的枠組みの理解が不十分であったために、多くの失敗が発生しました。これは、ピーター・アルパートが言うように、「人々は自然のシステムを効果的に管理する方法を[常に]知らないかもしれない」からかもしれません。[83]さらに、カーボンコピー などの復元の神話については多くの仮定がなされており、ある領域で機能した復元計画が別の領域に適用され、同じ結果が期待されますが、実現されません。[80]

科学と実践のギャップ

両方の分野の闘争の1つは、実際の復元生態学と生態学的復元の間の分割です。多くの修復実践者や科学者は、科学が生態学的修復プロジェクトに適切に組み込まれていないと感じています。[84] [85] [86] [87] 2009年の開業医と科学者の調査では、「科学と実践のギャップ」が、科学と回復の実践の両方の成長を制限する2番目によく挙げられる理由として挙げられました。

このギャップの原因についてはさまざまな理論があります。しかし、主要な問題の1つは、復元生態学者によって研究された質問が、土地管理者によって有用または容易に適用できないことが多いということであることが十分に確立されています。[84] [88]たとえば、復元生態学の多くの出版物は、具体的な解決策を提供することなく、問題の範囲を詳細に特徴づけています。[88]さらに、多くの復元生態学研究は、管理された条件下で、実際の復元よりもはるかに小さい規模で行われることが多い。[53]これらのパターンが適用されたコンテキストで当てはまるかどうかは、多くの場合不明です。これらの小規模な実験はタイプIIのエラー率を膨らませ、実際の修復における生態学的パターンとは異なるという証拠があります。[89] [90] このギャップに対処するための1つのアプローチは、生態学的回復学会による生態学的回復の実践のための国際原則と基準の開発でした(以下を参照)。これは制限的であり、代わりに原則とガイドラインが柔軟性を提供することを示唆している[91]

復元プロジェクトに関する大規模なデータを収集したい復元生態学者は、データを取得する際に大きなハードルに直面する可能性があるという点で、さらに複雑です。管理者は、収集するデータの量と保持するレコードの数が異なります。一部の機関は、研究者がアクセスするのを困難にするデータのほんの一握りの物理的なコピーしか保持していません。[92]多くの修復プロジェクトは時間とお金によって制限されているため、データ収集と記録管理が常に実行可能であるとは限りません。[85]しかしながら、これは科学者が修復プロジェクトを分析し、経験的データに基づいて推奨を与える能力を制限します。

対照的な復元生態学と保全生物学

復元生態学は、保全生物学の下位分野、つまり生物多様性を保護および復元する方法の科学的研究と見なすことができます。その場合、生態系の回復は、結果として生じる保全運動の一部になります。[要出典]

復元生態学者と保全生物学者の両方が、生息地の保護と復元が生物多様性の保護にとって重要であることに同意しています。ただし、保全生物学は主に集団生物学に根ざしています。そのため、それは一般的に集団遺伝学レベルで組織され、特定の種の集団(すなわち絶滅危惧種)を評価します。復元生態学は、生態系内のより広いグループに焦点を当てたコミュニティレベルで組織されています。[93]

さらに、保全生物学はその顕著性と人気のために脊椎動物に集中することがよくありますが、復元生態学は植物に集中します復元プロジェクトは通常、植物群落を確立することから始まるため、復元生態学は植物に焦点を当てています。生態系の回復は、植物に焦点を合わせているにもかかわらず、個々の生態系と回復プロジェクトのための「ポスター種」を持っているかもしれません。[93]たとえば、モナーク蝶はトウワタ植物の繁殖を必要とするため、モナーク蝶はトウワタ植物の生息地を保護および回復するためのポスター種です。最後に、復元生態学は土壌重点を置いています。土壌は機能的な陸域生態系の基盤を提供するため、土壌構造菌類、および微生物。[94] [95]

25年計画に関する自然資本委員会の勧告

英国自然資本委員会(NCC)は、2014年3月に発行された第2の自然資本状態報告書で、環境を継承されたよりも良い状態に保つ最初の世代になるという政府の目標を達成するために、イングランドの自然資本を維持および改善するには、25年間の長期計画が必要でした。英国政府はまだこの勧告に応じていません。

英国環境食糧農村地域省オーウェン・ペイターソン国務長官は、2012年11月のNCCイベントで、自然環境に対する彼の野心と委員会の活動がこれにどのように適合するかについて次のように述べています。 、私たちの自然資産を維持したいだけです。私はそれらを改善したいと思います。私たちは、それらが次の世代に利用できるようにしながら、それらから最大限の利益を引き出したいと思っています。これがNCCの革新的な仕事が目指しているものです。」[96]

生態学的回復の実践のための国際原則と基準

生態学的回復協会SER)は、2019年9月27日、南アフリカのケープタウンで開催されたSERの第8回生態学的回復に関する世界会議で、生態学的回復の実践に関する国際基準の第2版を発表しました。[97]  この画期的な出版物は、生態学的回復の実践に関する最新かつ拡張されたガイダンスを提供し、生態学的回復と関連する環境修復活動の幅を明らかにし、回復科学者と実践者の多様な国際グループからのアイデアとインプットを含みます。

第2版​​は、2016年12月12日にメキシコのカンクンで開催された生物多様性条約の第13回締約国会議で発表された基準の第1版に基づいています。これらの規格の開発は、広く協議されてきました。初版は、フィードバックとレビューのために数十人の実務家と専門家に配布されました。初版のリリース後、SERはワークショップとリスニングセッションを開催し、主要な国際的パートナーと利害関係者からのフィードバックを求め、メンバー、アフィリエイト、サポーターに調査を開始し、公開された批評を検討して回答しました。

生態学的回復の実践のための国際原則と基準:

  • 意図した目標の達成に向けて修復プロジェクトを導くための堅牢なフレームワークを提示する
  • 効果的な設計と実装、複雑な生態系のダイナミクスの説明(特に気候変動のコンテキストで)、土地管理の優先順位と決定に関連するトレードオフのナビゲートなど、復元の課題に対処します。
  • 社会的、コミュニティ、生産性、持続可能性の目標を結びつける上での生態学的回復の役割を強調する
  • 業界、コミュニティ、および政府が検討する修復活動のパフォーマンス測定を推奨する
  • 計画、実施、監視活動において実践者を導く実践と行動のリストを強化します。これには、サイトの評価と参照生態系の特定への適切なアプローチ、自然再生を含むさまざまな回復アプローチ、および世界的な回復イニシアチブにおける生態学的回復の役割が含まれます。
  • 復元用語の拡張用語集を含める
  • 回復のための種子や他の繁殖体の調達に関する技術的な付録を提供します。

標準は、 www.ser.org / standardsから無料で入手できます

関連ジャーナル

も参照してください

参考文献

メモ

  1. ^ ラッキー、ロバート(2004)。「社会的価値と復元生態学者の適切な役割」 (PDF)エコロジーと環境のフロンティア22(4):45–46。
  2. ^ a b Daily、Gretchen C.(1997)。「生態系サービス:自然生態系によって人間社会に提供される利益」(PDF)エコロジーの問題
  3. ^ コスタンツァ、ロバート; ダルジ、ラルフ; デグルート、ルドルフ; ファーバー、スティーブン; グラッソ、モニカ; ハノン、ブルース; リンブルグ、カリン; ナイーム、シャヒッド; オニール、ロバートV.(1997年5月)。「世界の生態系サービスと自然資本の価値」。自然387(6630):253–260。Bibcode1997Natur.387..253C土井10.1038 / 387253a0ISSN0028-0836_ S2CID672256_  
  4. ^ Novacek、Michael J。; クレランド、エルザE.(2001-05-08)。「現在の生物多様性絶滅イベント:緩和と回復のシナリオ」国立科学アカデミーの議事録98(10):5466–5470。Bibcode2001PNAS ... 98.5466N土井10.1073 /pnas.091093698PMC33235_ PMID11344295_  
  5. ^ Pimm、Stuart L。; ラッセル、ガレスJ。; ギトルマン、ジョンL。; ブルックス、トーマスM.(1995-07-21)。「生物多様性の未来」。科学269(5222):347–350。Bibcode1995Sci ... 269..347P土井10.1126 /science.269.5222.347ISSN0036-8075_ PMID17841251_ S2CID35154695_   
  6. ^ シンバーロフ、ダニエル(1996年1月)。"Lawton、JH and May、RM(Eds。)。ExtinctionRates。1995.OxfordUniversity Press、Oxford。xii+ 233pp。Price:f17.95"進化生物学ジャーナル9(1):124–126土井10.1046 /j.1420-9101.1996.t01-1-9010124.xISBN 0-19-854829-XISSN1010-061X _
  7. ^ a b 科学、国立アカデミー(1988-01-01)。生物多様性土井10.17226 / 989ISBN 978-0-309-03739-6PMID25032475 _
  8. ^ ヤング、TP; ピーターセン、DA; クラリー、JJ(2005-04-28)。「回復の生態学:歴史的なつながり、新たな問題、未踏の領域」エコロジーレター8(6):662–673。土井10.1111 /j.1461-0248.2005.00764.xISSN1461-023X_ 
  9. ^ 「生態系回復に関する新しい国連の10年は、雇用創出、食料安全保障、気候変動への取り組みに比類のない機会を提供します」
  10. ^ 生態学的回復学会国際科学政策ワーキンググループ(2004年)。「生態学的回復に関するSER国際入門書」(PDF)www.ser.org&Tucson:Society for Ecological RestorationInternational {{cite journal}}|last=一般名があります(ヘルプ
  11. ^ Fernández‐Manjarrés、JF、Roturier、S。およびBilhaut、A.‐G。(2018)、社会生態学的回復概念の出現。Restor Ecol、26:404-410。doi:10.1111 / rec.12685
  12. ^ O.、ウィルソン、エドワード(2010)。人生の多様性(第1回ハーバード大学出版局のペーパーバック版)。マサチューセッツ州ケンブリッジ:ハーバード大学出版局のベルナッププレス。ISBN 9780674058170OCLC691398594 _
  13. ^ a b ジョーダン、III、WR(2011)。成熟した全体を作る:生態学的回復の歴史ワシントンDC:アイランドプレス。ISBN 9781610910422OCLC750183084 _
  14. ^ a b Anderson、K。(2005)。野生の傾向:ネイティブアメリカンの知識とカリフォルニアの天然資源の管理バークレー校:カリフォルニア大学出版。ISBN 978-0520238565OCLC56103978 _
  15. ^ a b 裁判所、FE(2012)。生態学的回復の先駆者:ウィスコンシン大学植物園の人々と遺産マディソン:ウィスコンシン大学出版局。ISBN 978-0299286637OCLC814694131 _
  16. ^ Curtis、JT(1971)。ウィスコンシンの植生:植物群落の叙階マディソン:ウィスコンシン大学出版局。ISBN 9780299019433OCLC811410421 _
  17. ^ 「FermilabHistory&Archives Project:Natural History-Prairie」fnal.govフェルミラボ2018年8月21日取得
  18. ^ Ardill 2022
  19. ^ Ardill 2022:9
  20. ^ Ardill 2022:32-34
  21. ^ ジョーダンのマクドナルドT、ウィリアムR.&ルビック、ジョージM.(2012)自然全体を作る:生態学的回復の歴史ワシントンDCアイランドプレスp.73 {{ISBN | 9781597265126}
  22. ^ ジョーダン、ウィリアムR.&ルビック、ジョージM.(2012)自然全体を作る:生態学的回復の歴史ワシントンDCアイランドプレス。ISBN 9781597265126 pp。71–75 
  23. ^ a b c Ardill、Peter J.(2017)「AlbertMorrisとBroken Hill再生エリア:時間、風景、更新」オーストラリアブッシュ再生業者協会(AABR)。シドニーhttp://www.aabr.org.au/morris-broken-hill/
  24. ^ Ardill 2022:54
  25. ^ a b c d Ardill、Peter J(2021) '荒廃した自然地域とその生態系の革新的な連邦と戦時中の修復:オーストラリア、ビクトリア州ポートフィリップベイのコーストティーツリーLeptospermumlaevigatumの地方自治体とコミュニティの修復'修復プレスシドニー(2月)p.34 https://ecologicalrestorationhistory.org/articles/
  26. ^ 同上
  27. ^ ストッカー、ローラ; コラード、レナード; ルーニー、アンジェラ(2016-07-02)。「アボリジニの世界観と植民地化:沿岸の持続可能性への影響†」ローカル環境21(7):844–865。土井10.1080 /13549839.2015.1036414ISSN1354-9839_ S2CID143198003_  
  28. ^ Douterlungne、David; Levy-Tacher、Samuel I。; Golicher、Duncan J。; Dañobeytia、FranciscoRomán(2008-10-29)。「ワラビシダが優勢な劣化した熱帯雨林の伐採の回復に先住民の知識を適用する」復元生態学18(3):322–329。土井10.1111 /j.1526-100x.2008.00459.xISSN1061-2971_ 
  29. ^ Maffi、Luisa(2005-09-16)。「言語的、文化的、生物学的多様性」人類学の年次レビュー34(1):599–617。土井10.1146 /annurev.anthro.34.081804.120437ISSN0084-6570_ 
  30. ^ アンダーソン、M。キャット(2005-06-14)。野生の傾向カリフォルニア大学出版。ISBN 978-0-520-93310-1
  31. ^ ウォーカー、ET; ウェヒ、PM ; ニュージャージー州ネルソン; ベッグス、JR; Whaanga、H(2019)。「カイティアキタンガ、場所と都市復興アジェンダ」ニュージーランドジャーナルオブエコロジー43(3)。土井10.20417 /nzjecol.43.34
  32. ^ a b ホール、モニークメイ; Wehi、Priscilla M .; Whaanga、Hēmi; ウォーカー、エラナT。; Koia、Jonni Hazeline; ウォレス、キリジョイ(2021年)。「都市の生態系回復における先住民のパートナーシップを支援するための社会的および環境的正義の促進」復元生態学29(1):e13305。土井10.1111 /rec.13305ISSN1526-100X_ 
  33. ^ ブロートン、D; (Te Aitanga-a-Hauiti、Taranaki、Ngā; McBreen、K;(Waitaha、KātiMāmoe、NgāiTahu)(2015-04-03)。「MātaurangaMāori、tinorangatiratangaとニュージーランド科学の未来ニュージーランド王立協会.45 2 83–88。doi10.1080 / 03036758.2015.1011171。ISSN0303-6758。S2CID129384221  {{cite journal}}:CS1 maint:複数の名前:著者リスト(リンク
  34. ^ 「M。キャットアンダーソン」強い国-先住民と先住民の贈り物、本、出版; & もっと!{{cite web}}:CS1 maint:url-status(link
  35. ^ アンダーソン、M。キャット(2005)。野生の傾向:ネイティブアメリカンの知識とカリフォルニアの天然資源の管理バークレー校:カリフォルニア大学出版。pp。1–10、358–364。
  36. ^ 「第17章:陸生植物群落における撹乱、遷移、および群落集会」。アセンブリルールと復元生態学:理論と実践の間のギャップを埋めます。テンパートン、ヴィッキーM.ワシントンDC:アイランドプレス。2004年。ISBN 9781429495134OCLC173134455 _{{cite book}}:CS1 maint:その他(リンク
  37. ^ 1955-、Luken、James O.(1990)。生態遷移の指示(第1版)。ロンドン:チャップマンアンドホール。ISBN 978-0412344503OCLC21376331 _{{cite book}}:CS1 maint:数値名:著者リスト(リンク
  38. ^ ウォレス、KJ; ラフリン、ダニエルC。; クラークソン、ブルースD.(2017)。「エキゾチックな雑草と変動する微気候は、都市の森林回復における在来植物の再生を制約する可能性があります」。エコロジカルアプリケーション27(4):1268–1279。土井10.1002 /eap.1520hdl10289/12974PMID28182314_ 
  39. ^ Newmark、William D。; Jenkins、Clinton N。; ピム、スチュアートL。; McNeally、Phoebe B。; ハリー、ジョンM.(2017)。「対象を絞った生息地の回復は、断片化した森林の絶滅率を低下させる可能性があります」国立科学アカデミーの議事録114(36):9635–9640。土井10.1073 /pnas.1705834114PMC5594666_ PMID28827340_  
  40. ^ ウォレス、KJ; ラフリン、ダニエルC。; クラークソン、ブルースD。; シッパー、ルイA.(2018)。「林冠の回復は、落葉落枝の分解に間接的な影響を及ぼし、脱窒には影響を与えません」エコスフィア9(12):e02534。土井10.1002 /ecs2.2534
  41. ^ 1936-、ダグラス、イアン(2014-10-30)。都市生態学:はじめにジェームズ、フィリップ(生態学の教授)。ニューヨーク州ニューヨーク。ISBN 9781136266966OCLC894509632 _{{cite book}}:CS1 maint:数値名:著者リスト(リンク
  42. ^ ヤング、トルーマンP。; チェイス、ジョナサンM。; ハドルストン、ラッセルT.(2001)。「コミュニティの継承と集会:生態学的回復の文脈におけるパラダイムの比較、対比、および組み合わせ」。生態系の回復19(1):5–18。土井10.3368 /er.19.1.5JSTOR43440887_ S2CID87540012_  
  43. ^ ダグラス、イアン; ジェームズ、フィリップ(2014-10-30)。都市生態学:はじめに。ラウトレッジ。p。314. ISBN 978-1-136-26696-6
  44. ^ ヒューズ、A。ランドール; 井上、ブライアンD。; ジョンソン、マークTJ; アンダーウッド、ノラ; ヴェレンド、マーク(2008-04-08)。「遺伝的多様性の生態学的影響」エコロジーレター11(6):609–623。土井10.1111 /j.1461-0248.2008.01179.xISSN1461-023X_ PMID18400018_  
  45. ^ Montalvo、Arlee M。; ライス、スーザンL.ウィリアムズ; ブッフマン、スティーブンL。; コーリー、コリーン; ヘンデル、スティーブンN。; ナバン、ゲイリーP。; Robichaux、Robert H.(1997年12月)。「復元生物学y:人口生物学yの展望」。復元生態学5(4):277–290。土井10.1046 /j.1526-100x.1997.00542.xISSN1061-2971_ 
  46. ^ Crutsinger、Gregory M。; コリンズ、マイケルD。; Fordyce、James A。; ゴンパート、ザカリア; ニース、クリスC。; サンダース、ネイサンJ.(2006-08-18)。「植物の遺伝子型の多様性は、群集構造を予測し、生態系プロセスを支配します」。科学313(5789):966–968。Bibcode2006Sci ... 313..966C土井10.1126 /science.11​​28326ISSN0036-8075_ PMID16917062_ S2CID12968062_   
  47. ^ Barrientos、Zaidett(2012)。「落葉の湿度、深さ、量のダイナミクス:2つの復元戦略は、コスタリカの低山地と前山地の森林の地上の微小生息域の状態を模倣できませんでした」(PDF)RevistadeBiologíaTropical60(3):1041〜1053。土井10.15517 /rbt.v60i3.1756PMID23025078_  
  48. ^ Baer、Sara G。; コリンズ、スコットL; ブレア、ジョンM。; ナップ、アランK。; フィードラー、アンナK.(2005)。「トールグラスプレーリー群集の不均一性に対する土壌の不均一性の影響:復元生態学への生態学的理論の適用」。復元生態学13(2):413–424。土井10.1111 /j.1526-100x.2005.00051.xISSN1061-2971_ 
  49. ^ Epanchin-Niell、Rebecca; エングリン、ジェフリー; ナレ、ダレク(2009年11月)。「米国の乾燥西部における放牧地の回復への投資:長期的な火災サイクルに対する侵入雑草の影響に対抗する」。ジャーナルオブエンバイロメンタルマネジメント91(2):370–379。土井10.1016 /j.jenvman.2009.09.004PMID19781845_ 
  50. ^ abTörök Péter; Miglécz、Tamás; Valkó、Orsolya; ケレメン、アンドラス; Deák、Balázs; Lengyel、Szabolcs; Tóthmérész、Béla(2012年1月)。「かつての耕作地に播種することによる在来の草の生物多様性の回復:雑草の抑制は草地の回復のための実行可能な目標ですか?」自然保護ジャーナル20(1):41–48。土井10.1016 /j.jnc.2011.07.006
  51. ^ ブラウン、レイ; Amacher、Michael(1999)。「生態学的回復のための植物種の選択:土地管理者の展望」(PDF)USDA森林局議事録RMRS-P-82017年5月5日にオリジナル(PDF)からアーカイブされました
  52. ^ ウィルソン、ロブG。; Orloff、Steve B。; ランカスター、ドナルドL。; カービー、ドナルドW。; カールソン、ハリーL.(2010)。「非作物地域の雑草を抑制するための除草剤使用と多年生草の緑化の統合」。侵略的な植物の科学と管理3(1):81–92。土井10.1614 /ipsm-09-008.1ISSN1939-7291_ S2CID86706900_  
  53. ^ a b c d Kettenring、Karin M。; アダムス、キャリーラインハルト(2011-08-01)。「侵襲的な植物制御実験から学んだ教訓:系統的レビューとメタ分析」応用生態学ジャーナル48(4):970–979。土井10.1111 /j.1365-2664.2011.01979.xISSN1365-2664_ 
  54. ^ カッティング、KJ; Hough-Goldstein、J。(2013)。「侵入した植物群落を回復するための生物的防除と在来種の統合」。復元生態学21(5):648–655。土井10.1111 /j.1526-100X.2012.00936.x
  55. ^ Dana、Blumenthal; ニコラス、ヨルダン; エリザベス、スベンソン(2003-03-06)。「回復の理論的根拠としての雑草防除:トールグラスプレーリーの例」。保全生態学7(1)。土井10.5571 / ES-00480-070106hdl10535/3228ISSN1195-5449_ 
  56. ^ Blumenthal、Dana M。; ジョーダン、ニコラスR。; スベンソン、エリザベスL.(2005-05-20)。「雑草の侵入に対するプレーリー回復の影響」。農業、生態系および環境107(2–3):221–230。土井10.1016 /j.agee.2004.11.008
  57. ^ モントーヤ、ダニエル; ロジャーズ、ルーシー; Memmott、Jane(2012-12-01)。「生物多様性に基づく生態系サービスの回復における新たな視点」。エコロジー&エボリューションのトレンド27(12):666–672。土井10.1016 /j.tree.2012.07.004PMID22883537_ 
  58. ^ Pokorny、Monica L。; シェリー、ロジャーL。; Zabinski、Catherine A。; エンゲル、リチャードE。; Svejcar、Tony J。; Borkowski、John J.(2005-09-01)。「侵入抵抗性のメカニズムとしての植物官能基の多様性」復元生態学13(3):448–459。土井10.1111 /j.1526-100X.2005.00056.xISSN1526-100X_ 
  59. ^ クレランド、エルザE。; ラリオス、ロラリー; Suding、Katharine N.(2013-05-01)。「在来植物群落を再構築するための侵入フィルターの強化:土壌資源と生物季節学的重複」。復元生態学21(3):390–398。土井10.1111 /j.1526-100x.2012.00896.xISSN1526-100X_ 
  60. ^ ファーン、ジェニファー; MacDougall、Andrew S。; シュミット、スザンヌ; Buckley、Yvonne M.(2010-07-01)。「早期の出現とリソースの可用性は、機能的に類似した侵入者よりもネイティブを競争的に有利にすることができます」。Oecologia163(3):775–784。Bibcode2010Oecol.163..775F土井10.1007 / s00442-010-1583-7ISSN0029-8549_ PMID20179971_ S2CID22315364_   
  61. ^ Rowe、Helen I.(2010-11-01)。「貿易の秘訣:トールグラスプレーリー修復の38人の専門家からの技術と意見」。復元生態学18:253–262。土井10.1111 /j.1526-100X.2010.00663.xISSN1526-100X_ 
  62. ^ クロッツリ、フランク; Grootjans、Ab P.(2001)。「中央ヨーロッパにおける自然および半自然湿地システムの回復:開発の進展と予測可能性」復元生態学9(2):209–219。土井10.1046 /j.1526-100x.2001.009002209.xhdl11370 / 477aedb5-d154-4121-b6ef-2cb616eaf70eISSN1061-2971_ 
  63. ^ 「復元生態学」environment-ecology.com 2020年4月22日取得
  64. ^ 「植物ベースの食事は、二酸化炭素排出量を削減するだけでなく、炭素回収を増加させる方法」ライデン大学2022年2月14日取得
  65. ^ Sun、Zhongxiao; シェラー、ローラ; タッカー、アーノルド; Spawn-Lee、Seth A。; ブルックナー、マーティン; ギブス、ホリーK。; ベーレンス、ポール(2022年1月)。「高所得国だけでの食生活の変化は、実質的な二重の気候配当につながる可能性があります」ネイチャーフード3(1):29–37。土井10.1038 / s43016-021-00431-5ISSN2662-1355_ 
  66. ^ 品種、マーティンF。; Stead、Michael G。; Ottewell、Kym M。; ガードナー、マイケルG。; ロウ、アンドリューJ.(2013-02-01)。「どの出所とどこで?変化する環境での緑化のための種子調達戦略」。保全遺伝学14(1):1–10。土井10.1007 / s10592-012-0425-zISSN1566-0621_ S2CID12813499_  
  67. ^ マッケイ、ジョンK。; クリスチャン、キャロラインE。; ハリソン、スーザン; ライス、ケビンJ.(2005)。「」「ローカルはどのようにローカルですか?」-復元の遺伝学における実用的および概念的な問題のレビュー "復元生態学.13(3)432–440。doi10.1111 / j.1526-100x.2005.00058.x。ISSN1061  -2971
  68. ^ バウアー、アンドリューD。; クレア、J。ブラッドリーストリート; エリクソン、ヴィッキー(2014-07-01)。「在来植物の一般化された暫定シードゾーン」。エコロジカルアプリケーション24(5):913–919。土井10.1890 /13-0285.1ISSN1939-5582_ PMID25154085_  
  69. ^ ローレンス、ベスA。; ケイ、トーマスN.(2011-03-01)。「Castillejalevisectaの再導入:生態学的類似性、発生源集団遺伝学、および生息地の質の影響」。復元生態学19(2):166–176。土井10.1111 /j.1526-100x.2009.00549.xISSN1526-100X_ 
  70. ^ ボレル、ジェームズS。; ゾーレン、ジャスミン; ニコルズ、リチャードA。; Buggs、Richard JA(2020)。「支援された遺伝子流動を知らせるためのドワーフバーチにおける局所適応のゲノム評価」進化的アプリケーション13(1):161–175。土井10.1111 /eva.12883ISSN1752-4571_ PMC6935589_ PMID31892950_   
  71. ^ レルシュタブ、クリスチャン; ゾラー、ステファン; Walthert、Lorenz; レズール、イザベル; プリューズ、アンドレアR。; グラフ、ルネ; ボデネス、キャサリン; スペリセン、クリストフ; クレマー、アントワーヌ; Gugerli、Felix(2016年12月)。「現在および将来の気候条件に関するオーク(Quercus spp。)の候補遺伝子における局所適応の特徴」。分子生態学25(23):5907–5924。土井10.1111 /mec.13889PMID27759957_ S2CID31814079_  
  72. ^ ストラスブール、ベルナルドBN; Iribarrem、Alvaro; Beyer、Hawthorne L。; Cordeiro、Carlos Leandro; Crouzeilles、Renato; Jakovac、Catarina C。; ブラガ・ジュンケイラ、アンドレ; ラセルダ、エドゥアルド; Latawiec、Agnieszka E。; アンドリュー・バルムフォード; ブルックス、トーマスM.(2020-10-14)。「生態系回復のための世界的な優先分野」自然586(7831):724–729。Bibcode2020Natur.586..724S土井10.1038 / s41586-020-2784-9hdl11336/137992ISSN0028-0836_ PMID33057198_ S2CID222350130_   
  73. ^ Silva、S.、Lowry、M.、Macaya-Solis、C.、Byatt、B。、&Lucas、MC(2017)ナビゲーションロックを使用して、水泳のパフォーマンスが低い移動性の魚が潮の弾幕を通過するのを助けることができますか?ヤツメウナギを使ったテスト。生態工学、102、291-302
  74. ^ Harris JA、Hobbs RJ、Higgs ES、Aronson JA(2006)。「生態系の回復と気候変動」。復元生態学14(2):170–76。土井10.1111 /j.1526-100x.2006.00136.x
  75. ^ a b c Baldy、Cutcha Risling(2013年12月)。「私たちが集まる理由:カリフォルニア北西部での伝統的な集会と生物文化的主権の未来」生態学的プロセス2(1)。土井10.1186 / 2192-1709-2-17ISSN2192-1709_ 
  76. ^ SIMPSON、LEANNE BETASAMOSAKE(2017-10-17)。私たちがいつもやってきたようにミネソタ大学出版局。土井10.5749 /j.ctt1pwt77cISBN 9781452956008
  77. ^ Wendelowski、Karyn I.(1995)。「信頼の問題:慣習国際法の下でのネイティブアメリカンに対する連邦環境責任」アメリカンインディアンローレビュー20(2):423–458。土井10.2307 / 20068803ISSN0094-002X_ JSTOR20068803_  
  78. ^ ホッブズ、リチャードJ.(2004)。「復元生態学:社会的価値と期待への挑戦」。エコロジーと環境のフロンティア2:43–48。土井10.1890 / 1540-9295(2004)002 [0043:RETCOS] 2.0.CO; 2
  79. ^ 「代償的緩和方法」米国環境保護庁2015-08-20 2018年6月4日取得
  80. ^ a b Hilderbrand、RH、AC Watts、およびAM Randle2005。復元生態学の神話。Ecology and Society 10(1):19。[オンライン] URL:http ://www.ecologyandsociety.org/vol10/iss1/art19/
  81. ^ ホール、カレンD。; HAYES、GRAY F.(2006-02-27)。「絶滅危惧種の年間草本広葉草本であるHolocarphamacradeniaのかく乱レジームの導入と管理への挑戦」。保全生物学20(4):1121–1131。土井10.1111 /j.1523-1739.2006.00416.xISSN0888-8892_ PMID16922228_  
  82. ^ a b マクドナルド、デビッド(2002)。「生態学的文脈:種の個体数の視点」。生態学的回復のハンドブック1:47–65。土井10.1017 /CBO9780511549984.006ISBN 9780521791281
  83. ^ Alpert、P。2002.野生の管理:スチュワードはパイロットであるべきですか?エコロジーと環境のフロンティア9(2):494-499。
  84. ^ a b Dickens、Sara Jo M。; Suding、Katharine N.(2013-06-01)。「科学と実践の分裂を広げる:なぜ修復科学者は実践にもっと関与する必要があるのか​​」。生態系の回復31(2):134–140。土井10.3368 /er.31.2.134ISSN1522-4740_ S2CID4657808_  
  85. ^ a b キャビン、ロバートJ。; クレウェル、アンドレ; イングラム、ムリル; マクドナルド、テイン; テンパートン、ヴィッキー(2010-11-01)。「修復の科学と実践の橋渡し:2009年生態学的修復学会国際会議の調査結果と分析」。復元生態学18(6):783–788。土井10.1111 /j.1526-100x.2010.00743.xhdl2027.42 / 79142ISSN1526-100X_ 
  86. ^ デビッド、エリカ; ディクソン、キングスリーW。; Menz、Myles HM(2016-05-01)。「協調的拡張:生態系回復のための科学と実践の統合のモデル」植物科学の動向21(5):410–417。土井10.1016 /j.tplants.2016.01.001ISSN1360-1385_ PMID26838476_  
  87. ^ Burbidge、Allan H。; マロン、マルティーヌ; クラーク、マイケルF。; ベイカー、ジャック; オリバー、デイモンL。; フォード、グレッグ(2011-04-01)。「生態学的研究と管理における科学と実践のリンク:どうすればそれをより良くすることができるか?」生態学的管理と修復12(1):54–60。土井10.1111 /j.1442-8903.2011.00569.xISSN1442-8903_ 
  88. ^ a b キャビン、ロバートJ.(2007-03-01)。「科学主導の修復:丸い地球上の正方形のグリッド?」復元生態学15(1):1–7。土井10.1111 /j.1526-100x.2006.00183.xISSN1526-100X_ 
  89. ^ Duc、MG Le; Pakeman、RJ; マーズ、RH(2003-06-01)。「長期実験的処理を受けたワラビの根茎系の変化」。応用生態学ジャーナル40(3):508–522。土井10.1046 /j.1365-2664.2003.00818.xISSN1365-2664_ 
  90. ^ Erskine Ogden、Jennifer A。; Rejmánek、Marcel(2005年10月)。「優勢な侵入植物種であるFoeniculumvulgareの防除後の在来植物群落の回復:管理への影響」。生物学的保護125(4):427–439​​。土井10.1016 /j.biocon.2005.03.025
  91. ^ Higgs、ES、Harris、JA、Heger、T。etal。(2018)生態系の回復をオープンで柔軟に保ちます。Nat Ecol Evol 2、580。
  92. ^ Bernhardt、Emily S。; Sudduth、エリザベスB。; パーマー、マーガレットA。; アラン、J。デビッド; マイヤー、ジュディL。; アレクサンダー、グレッチェン; Follastad-Shah、Jennifer; ハセット、ブルック; ジェンキンソン、ロビン(2007-09-01)。「一度に1つのリーチで河川を復元する:米国の河川再生施術者の調査結果」(PDF)復元生態学15(3):482–493。土井10.1111 /j.1526-100x.2007.00244.xhdl2027.42 / 72915ISSN1526-100X_  
  93. ^ a b ヤング、トルーマンP(2000)。「復元生態学と保全生物学」。生物学的保護92(1):73–83。CiteSeerX10.1.1.493.1604_ 土井10.1016 / s0006-3207(99)00057-9ISSN0006-3207_  
  94. ^ アレン、クレイグD(2002)。「ポンデローサ松の南西部の生態系の生態学的回復:広い視野」。エコロジカルアプリケーション12(5):1418–1433。土井10.1890 / 1051-0761(2002)012 [1418:EROSPP] 2.0.CO; 2
  95. ^ ハリス、JA(2003年12月)。「回復の成功を推定するための土壌微生物群集の測定」。European Journal of SoilScience54(4):801–808。土井10.1046 /j.1351-0754.2003.0559.xISSN1351-0754_ 
  96. ^ パターソン、オーウェン(2012年11月27日)。「自然資本委員会に関する王立学会へのオーウェン・ペイターソンのスピーチ」gov.uk。_ 2018年6月4日取得
  97. ^ 「生態学的回復の実践のための国際原則と基準、第2版」2019年9月27日2019年1月15日取得
  98. ^ 「復元生態学」、SER。アクセス日:2015年9月14日。
  99. ^ 「生態学的管理および回復」、ジョン・ワイリー&サンズ。アクセス日:2015年9月14日。
  100. ^ 「生態学的回復」、ウィスコンシン大学出版局。アクセス日:2015年9月14日。

参考文献

  • アレン、MF、ジャスパー、DA&ザック、JC(2002)。微生物。Perrow MR&Davy、AJ(Eds。)、Handbook of Ecological Restoration、Volume 1 Principles of Restoration、pp。257–278。ケンブリッジ:ケンブリッジ大学出版局。ISBN 0-521-79128-6 
  • アンダーソン、MK(2005)。野生の傾向:ネイティブアメリカンの知識とカリフォルニアの天然資源の管理。バークレー校:カリフォルニア大学出版。ISBN 0-520-23856-7 
  • アーディル、ピーターJ.(2017)アルバートモリスとブロークンヒル再生エリア:時間、風景、更新。オーストラリアブッシュ再生業者協会(AABR)。シドニー。http://www.aabr.org.au/morris-broken-hill/
  • Ardill、Peter J(2021) '荒廃した自然地域とその生態系の革新的な連邦と戦間期の修復:オーストラリア、ビクトリア州ポートフィリップベイのコーストティーツリーLeptospermumlaevigatumの地方自治体とコミュニティの修復' The Repair Press Sydney(2https://ecologicalrestorationhistory.org/articles/
  • Ardill Peter J(2022)「1930年から45年のオーストラリアの風食危機に対する環境修復対応の再燃:荒廃した乾燥地帯の牧歌的な土地の生態学的に整合した回復とその結果としての州の土壌保全政策の形成」(1月)修復プレスシドニーhttps://ecologicalrestorationhistory.org/articles/
  • Baer、SG、Collins、SL、Blair、JM、Knapp、AK&Fiedler、AK 2005.「トールグラスプレーリー群集の不均一性に対する土壌の不均一性の影響:復元生態学への生態学的理論の適用」。復元生態学13(2)、413–424。
  • ブラッドショー、AD(1987)。回復:生態学のための酸テスト。ヨルダン、WR、ギルピン、ME&アバー、JD(編)、復元生態学:生態学的研究への合成アプローチ、23〜29ページ。ケンブリッジ:ケンブリッジ大学出版局。ISBN 0-521-33728-3 
  • Bradshaw、AD 1997.復元とはどういう意味ですか?復元生態学と持続可能な開発。、eds。Krystyna M.、Urbanska、Nigel R.、Webb、Edwards P. University Press、ケンブリッジ。
  • 裁判所、フランクリンE.(2012)生態学的回復の先駆者:ウィスコンシン大学樹木園の人々と遺産。マディソン:ウィスコンシン大学出版局。ISBN 9780299286644 
  • Daily、GC、Alexander、S.、Ehrlich、PR、Goulder、L.、Lubchenco、J.、Matson、PA、Mooney、HA、Postel、S.、Schneider、SH、Tilman、D。&Woodwell、GM(1997 )「生態系サービス:自然生態系によって人間社会に提供される利益」。エコロジーの問題1(2)、1-18。
  • Harris、JA(2003)修復の成功を推定するための土壌微生物群集の測定。土壌科学のヨーロッパジャーナル。54、801-808。
  • Harris、JA、Hobbs、RJ、Higgs、E。and Aronson、J。(2006)生態系の回復と地球規模の気候変動。復元生態学14(2)170-176。
  • ヒルダーブランド他 2005年。復元生態学の神話。エコロジーと社会10(2):19。記事全文
  • Holl、 K.2006。カリフォルニア大学サンタクルーズ校の環境学教授。パーソナルコミュニケーション。
  • ジョーダン、ウィリアムR.&ルビック、ジョージM.(2012)自然全体を作る:生態学的回復の歴史。ワシントンDCアイランドプレス。ISBN 9781597265126 
  • Klotzi、F。&Gootjans、AP(2001)。中央ヨーロッパにおける自然および半自然の湿地システムの回復:開発の進展と予測可能性。復元生態学9(2)、209-219。
  • 劉、ジョンD(2011)。生態系の回復における持続可能性の発見。コスモスフォール| 2011年冬。記事全文
  • ルーケン、JO(1990)。生態遷移の指示。ニューヨーク:チャップマンアンドホール。ISBN 0-412-34450-5 
  • マクドナルドら。 2002.生態学的文脈:種の個体数の視点。ケンブリッジ大学出版局、ケンブリッジ。
  • Novacek、MJ&Cleland、EE(2001)。「現在の生物多様性絶滅イベント:緩和と回復のシナリオ」。全米科学アカデミー紀要98(10)、5466-5470。
  • Seabloom、EW、Harpole、WS、Reichman、OJ&Tilman、D。2003.「エキゾチックでネイティブなカリフォルニアの草地種による侵入、競争上の優位性、および資源の使用」。全米科学アカデミー紀要100(23)、13384–13389。
  • SER(2004)。生態学的回復に関するSER入門書、バージョン2。生態学的回復科学および政策ワーキンググループのための社会。https://web.archive.org/web/20060207050251/http://www.ser.org/reading_resources.asp
  • Shears NT(2007)ニュージーランド、サウスアイランドウエストコーストの潮汐下のサンゴ礁の生物地理学、群集構造および生物学的生息地タイプ。保全のための科学281p53。ニュージーランド自然保護局。[1]
  • スペス、JG2004。朝の赤い空:アメリカと地球環境の危機。エール大学プレス、コネチカット。
  • van Andel、J。&Grootjans、AP(2006)。復元生態学:新しいフロンティア。van Andel、J。&Aronson、J。(Eds。)、Restoration Ecology、pp。16–28。マサチューセッツ:ブラックウェル。ISBN 0-632-05834-X 
  • White、PS&Jentsch、A。(2004)陸生植物群落における撹乱、遷移および群落の集合。Temperton、VK、Hobbs、RJ、Nuttle、T。&Halle、S。(Eds。)、Assembly Rules and Restoration Ecology:Bridging the Gap Between Theory and Practice、pp。342–366。ワシントンDC:アイランドプレス。ISBN 1-55963-375-1 
  • ウィルソン、EO(1988)。生物多様性。ワシントンDC:国立アカデミー。ISBN 0-309-03739-5 
  • ヤング、TP(2000)。「復元生態学と保全生物学」。生物学的保護。92、73–83。
  • Young、TP、Chase、JM&Huddleston、RT(2001)。「コミュニティの生態学と生態系の回復における概念的基盤としての継承と集会」。生態学的な回復。19、5–19。
  • ヤング、TP、ピーターセン、DA&クラリー、JJ(2005)。「修復の生態学:歴史的なつながり、新たな問題、未踏の領域」。エコロジーレター8、662-673。

外部リンク