共和党(アメリカ合衆国)

ウィキペディアから、無料の百科事典
ナビゲーションにジャンプ 検索にジャンプ

共和党
略語共和党(共和党)
議長ロナ・マクダニエルMI
上院マイノリティリーダーミッチ・マコーネルケンタッキー州
ハウスマイノリティリーダーケビンマッカーシーカリフォルニア州
創設者アルヴァンE.ボベイ[1]
ホレスグリーリー
エドウィンD.モーガン
ヘンリージャービスレイモンドアモスタック
設立1854年3月20日; 167年前米国ウィスコンシン州リポン (1854-03-20)
前任者ホイッグ党(多数派)
自由土地党
自由党
反ネブラスカ党
北米党
本部310 First StreetSE
ワシントンDC20003
学生棟共和党全国委員会
ユースウィング若い共和
党員十代の共和党員
女性の翼共和党女性連盟
海外ウィング海外の共和党員
メンバーシップ(2021)Increase36,132,743 [2]
イデオロギー
ヨーロッパの所属欧州保守改革党[8](地域パートナー)
国際提携国際民主同盟[9]
地域の所属アジア太平洋民主同盟[10]
 
上院
50/100 [a]
衆議院
212/435
州知事
27/50
状態上部チャンバー
1,091 / 1,972
状態下部チャンバー
2,918 / 5,411
領土の知事
1/6
領土上部チャンバー
12/97
領土下部チャンバー
9/91
選挙のシンボル
Republican Disc.svg
Webサイト
gop.com

共和党とも呼ばれる、GOP(「グランド・オールド・パーティー」)、の一つである2つ の主要な現代アメリカにおける政党の主な歴史的なライバルと一緒に、民主党

GOPはの反対派によって1854年に設立されたカンザス・ネブラスカ法[11]の潜在的な拡張のために許容される動産奴隷西部地域へ。党は奴隷制の拡大に反対しながら経済改革古典的自由主義支持した[12] [13] エイブラハムリンカーンは最初の共和党大統領だった。リンカーンと共和党議会の指導の下、1865年に米国で奴隷制が禁止されました。第3政党制第四政党制の期間中は一般的にGOPが支配的でした。それは保護貿易主義に強くコミットしましたそして、関税創業で、しかしより多くの支援育った自由貿易20世紀に。

1912年以降、共和党はイデオロギー的に右にシフトし始めました[14]に続いて1964年の公民権法および1965の投票権法は、当事者の中核拠点は南部の州がで、シフトをより確実になってきて共和党の大統領の政治インチ[15] 1973年のロー対ウェイド事件での最高裁判所の判決後、共和党はその綱領での妊娠中絶に反対し、福音派の間で支持を拡大した[16]その21世紀のイデオロギーはアメリカの保守主義であり、社会的保守主義財政保守主義。共和党は、減税、自由市場資本主義移民の制限[17] [18] [19]軍事費の増加銃の権利中絶の制限規制緩和労働組合の制限を支持している[20]

21世紀には、人口統計の基盤は男性、[21] [22]農村地域住む人々サイレントジェネレーションのメンバー、そして白人アメリカ人、特に白人の福音派キリスト教徒に偏っています。[23]その最新の大統領候補は、2017年から2021年まで米国の第45代大統領を務めたドナルド・トランプでした。

19人の共和党大統領がおり、そのほとんどが1つの政党からのものです。2021年初頭の時点で、共和党は27の州知事、30の州議会、および23の州政府の三連盟(知事と両方の議院)を管理しています。米国最高裁判所の9人の裁判官のうち6人は、共和党の大統領によって指名されました。

歴史

19世紀

エイブラハムリンカーン第16 代アメリカ合衆国大統領(1861〜 1865年)であり、共和党初の就任

共和党は、動産奴隷制、元ホイッグ党、元フリーソイラーの拡大に反対する勢力によって1854年に北部の州で設立されました。共和党はすぐに支配的な民主党と一時的に人気のあるノウ・ナッシングに対する主要な反対派になりました。党はミズーリ妥協を撤廃し、カンザス準州ネブラスカ準州を動産奴隷制と奴隷州としての将来の入国に開放したカンザス・ネブラスカ法への反対から成長した[24] [25]共和党は経済的および社会的近代化を求めた。彼らは動産奴隷制の拡大を大きな悪として非難したが、南部の州でそれを終わらせることを要求しなかった。共和党の名前が提案された一般的な反ネブラスカ運動の最初の公開会議は、1854年3月20日にウィスコンシン州リポンのリトルホワイト校舎開催されました[26]この名前は、トーマス・ジェファーソン民主共和党に敬意を表して部分的に選ばれた[27]最初の公式党大会は、1854年7月6日にミシガン州ジャクソンで開催された[28]

チャールズ・R・ジェニソン、関連付けられた抗奴隷の民兵指導者Jayhawkersからカンザス州や地域の早期共和党の政治家

党は1850年代半ばの大規模な政治的再編から生まれました。歴史家のウィリアム・ギーナップは、1850年代の大規模な再編はホイッグ党が崩壊する前に始まり、政治家ではなく地方レベルの有権者によって引き起こされたと主張しています。中心力は敬けんな間の緊張関係する、民族文化だったプロテスタント典礼対カトリック教徒ルター派Episcopaliansをカトリック、に関する禁止及びnativism廃止役割を果たしましたが、最初はそれほど重要ではありませんでした。ノウ・ナッシング党は活動中の社会的勢力を具体化したが、その弱いリーダーシップはその組織を固めることができず、共和党はそれをバラバラにした。移民排斥は非常に強力だったので、共和党はそれを避けられませんでしたが、彼らはそれを最小限に抑え、動産奴隷制が許可されているところならどこでも奴隷所有者が良い農地を買収するという脅威に対して有権者の怒りを向けました。ノウ・ナッシングの興亡、共和党の台頭、民主党の分裂に代表されるように、再編成は有権者に政党交代を余儀なくさせたため、強力でした。[29] [30]

At the 1856 Republican National Convention, the party adopted a national platform emphasizing opposition to the expansion of chattel slavery into U.S. territories.[31] While Republican nominee John C. Frémont lost the 1856 United States presidential election to Democrat doughface James Buchanan, Buchanan only managed to win four of the fourteen northern states, winning his home state of Pennsylvania narrowly.[32][33]

The Republicans were eager for the elections of 1860.[34] Former Illinois Representative Abraham Lincoln spent several years building support within the party, campaigning heavily for Frémont in 1856 and making a bid for the Senate in 1858, losing to Democrat Stephen A. Douglas but gaining national attention for the Lincoln–Douglas debates it produced.[33][35] At the 1860 Republican National Convention, Lincoln consolidated support among opponents of New York Senator William H. Seward、一部の共和党員が恐れていた激しい奴隷制度廃止論者は、ペンシルベニアやインディアナなどの重要な州や、アイルランド移民に対する彼の支持を認めなかった人々にとっては過激すぎるだろう[34]リンカーンは3回目の投票で勝利し、最終的にはダグラスとの再戦で総選挙の大統領に選出された。リンカーンは南部の単一の州で投票に参加していませんでした。民主党の投票がダグラス、ジョンC.ブレッキンリッジジョンベルの間で分割されていなかったとしても、共和党は依然として勝利しましたが、人気投票はありませんでした。[34]この選挙結果は、南北戦争のキックスタートに役立ったこれは1861年から1865年まで続いた。[36]

1864年選挙では、ウォーデモクラット共和党一致し、リンカーンとテネシー州の民主党上院議員アンドリュージョンソン国民統一党のチケットにノミネートされました[32]リンカーンが再選された。[37]共和党議会のリーダーシップの下で、米国憲法修正第13条米国で動産奴隷制を禁止した)は1864年に上院を、1865年に下院通過した1865年12月に批准された。[38]

再建、ゴールドスタンダードと金ぴか時代

ユリシーズ・グラント、第18代アメリカ合衆国大統領(1869–1877)

リンカーン大統領時代の急進派共和党員は、奴隷制の根絶に十分に進んでいないと感じ、10パーセントの計画に反対した。急進派共和党員は1864年にウェイド-デイビス法案を可決しました。この法案、すべての元南軍にアイアンクラッドの誓いを強制することを目的としていました。リンカーンはこの法案を拒否し、南軍の合衆国への平和的再統合を危うくするだろうと信じていた。[39]

Following the assassination of Lincoln, Johnson ascended to the presidency and was deplored by Radical Republicans. Johnson was vitriolic in his criticisms of the Radical Republicans during a national tour ahead of the 1866 midterm elections.[40] In his view, Johnson saw Radical Republicanism as the same as secessionism, both being two extremist sides of the political spectrum.[40] Anti-Johnson Republicans won a two-thirds majority in both chambers of Congress following the elections, which helped lead the way toward his impeachment and near ouster from office in 1868.[40] That same year, former Union Army一般的なユリシーズ・グラントは、次の共和党の大統領に選出されました。

Grant was a Radical Republican which created some division within the party, some such as Massachusetts Senator Charles Sumner and Illinois Senator Lyman Trumbull opposed most of his Reconstructionist policies.[41] Others found contempt with the large-scale corruption present in Grant's administration, with the emerging Stalwart faction defending Grant and the spoils system, whereas the Half-Breeds pushed for reform of the civil service.[42] Republicans who opposed Grant branched off to form the 自由共和党1872年にホレスグリーリー指名。民主党は、党の旗の下でグリーリーを共同指名することにより、共和党のこの分裂を利用しようとしました。グリーリーの立場は、彼を指名した自由共和党と矛盾していることが判明し、グリーリーは党の反対にもかかわらず高い関税を支持した[43]グラントは簡単に再選された。

1876年の総選挙では、両当事者は、まだ正式に選挙日の終わりに勝者を宣言していない3つの南部の州にもかかわらず、勝利を記載の論争の結論を見ました。南部では、共和党の白黒投票を抑圧するために有権者の抑圧が行われ、共和党が管理する選挙管理に、詐欺、脅迫、暴力が州の結果を汚したと宣言する十分な理由が与えられました。彼らは共和党のラザフォード・B・ヘイズが勝者と宣言されるのに十分な民主党の票を投じることに進んだ[44]それでも、民主党は結果と選挙委員会を受け入れることを拒否した made up of members of Congress was established to decide who would be awarded the states' electors. After the Commission voted along party lines in Hayes' favor, Democrats threatened to delay the counting of electoral votes indefinitely so no president would be inaugurated on March 4. This resulted in the Compromise of 1877 and Hayes finally became president.[45]

James G. Blaine, 28th & 31st Secretary of State (1881; 1889–1892)

ヘイズは、1873年恐慌の余波で落ち込んだアメリカ経済の解決策として、1873年貨幣鋳造法でグラントによって法に署名された金本位制を2倍にしました。彼はまた、グリーンバックが脅威をもたらすと信じていました。グリーンバックは、南北戦争中に印刷されたお金であり裏打ちされていませんでした。ヘイズは、ハードマネーの支持者として反対しました。ヘイズは国の金の供給を補充しようとしましたが、1879年1月までに、グリーンバックが金と交換されるよりもグリーンバックと交換される頻度が高かったため、成功しました。[46] 1880年の総選挙に先立ち、共和党ジェイムズ・G・ブレインは、ヘイズの金本位制の推進と彼の市民改革を支持する党の指名に立候補した。ブレインと反対派のジョン・シャーマンどちらも指名を下回ったが、共和党のジェームズ・A・ガーフィールドを支持した。彼は金本位制に賛成するヘイズの動きに同意したが、彼の市民改革の努力に反対した。[47] [48]

ガーフィールドは選出されたが、任期の早い段階で暗殺されたが、彼の死は、1883年に可決されたペンドルトン公務員改革法への支持を生み出すのに役立った[49]法案は、ガーフィールドの後継者である共和党のチェスターA.アーサー大統領によって法案に署名された

ウィリアム・マッキンリー、第25代アメリカ合衆国大統領(1897–1901)

ブレインは再び大統領に立候補し、指名を勝ち取ったが1884年に民主党のグロバークリーブランド敗れた。これはブキャナン以来最初の民主党大統領に選出された。マグワンプとして知られる異議を唱える共和党員は、彼の政治的キャリアを悩ませていた汚職のためにブレインを亡命させた。[50] [51]クリーブランドは、ほとんどの共和党員を和らげる金本位制政策に固執した[52]が、アメリカ帝国主義の新進に関して党と対立した[53]共和党のベンジャミン・ハリソンは、1888年にクリーブランドから大統領職を取り戻すことができた。大統領時代、ハリソンは扶養家族年金法。これは、90日以上勤務し、肉体労働を行うことができなかった連合のすべての退役軍人に年金を設定したものです。[54]

共和党員の大多数は、共和党のサンフォードB.ドールの新しい統治下で、ハワイ併合を支持し、ハリソンは、1892年にクリーブランドに敗れた後、クリーブランドが再び発足する前にハワイを併合する条約を可決しようとしました。[55]クリーブランド併合に反対したが、民主党員はこの問題に関して地理的に分かれており、ほとんどの北東部の民主党員が最も強い反対の声であることが証明された。[56]

In 1896, Republican William McKinley's platform supported the gold standard and high tariffs, having been the creator and namesake for the McKinley Tariff of 1890. Though having been divided on the issue prior to the 1896 Republican National Convention, McKinley decided to heavily favor the gold standard over free silver in his campaign messaging, but promised to continue bimetallism to ward off continued skepticism over the gold standard, which had lingered since the Panic of 1893.[57][58] Democrat William Jennings Bryan proved to be a devoted adherent to the free silver movement, which cost Bryan the support of Democrat institutions such as Tammany Hall, the New York World and a large majority of the Democratic Party's upper and middle-class support.[59] McKinley defeated Bryan and returned the White House to Republican control until 1912.

20th century

Theodore Roosevelt, 26th President of the United States (1901–1909)
Herbert Hoover, 31st President of the United States (1929–1933)

1896年の再編により、共和党は大企業の党として確固たるものになり、セオドア・ルーズベルトトラストバスティングを受け入れることで中小企業の支援を増やしました。彼1908年に後継者のウィリアムハワードタフトを厳選しましたが、パーティーが途中で分裂したため、彼らは敵になりました。タフトは1912年の指名でルーズベルトを破り、ルーズベルトは彼の新しい進歩党(「ブルムース」)のチケットで走った。彼は社会改革を呼びかけ、その多くは後に1930年代にニューディール民主党によって支持された。彼は負けました、そして彼の支持者のほとんどが共和党に戻ったとき、彼らは彼らが新しいものに同意しなかったことに気づきました保守的な経済的思考、共和党の右へのイデオロギーのシフトにつながる。[60]共和党員は、1920年代を通じてホワイトハウスに戻り、通常のプラットフォーム、ビジネス指向の効率性、および高い関税で運営されていた。全国党の綱領は禁止の言及を避け、代わりに法と秩序への漠然としたコミットメントを発表した。[61]

Warren G. Harding, Calvin Coolidge and Herbert Hoover were resoundingly elected in 1920, 1924 and 1928, respectively. The Teapot Dome scandal threatened to hurt the party, but Harding died and the opposition splintered in 1924. The pro-business policies of the decade seemed to produce an unprecedented prosperity until the Wall Street Crash of 1929 heralded the Great Depression.[62]

New Deal era, the Moral Majority and the Republican Revolution

ドワイト・D・アイゼンハワーリチャード・ニクソン、第34代および第37代アメリカ合衆国大統領(1953–1961; 1969–1974)。

The New Deal coalition of Democrat Franklin D. Roosevelt controlled American politics for most of the next three decades, excluding the two-term presidency of Republican Dwight D. Eisenhower. After Roosevelt took office in 1933, New Deal legislation sailed through Congress and the economy moved sharply upward from its nadir in early 1933. However, long-term unemployment remained a drag until 1940. In the 1934 midterm elections, 10 Republican senators went down to defeat, leaving the GOP with only 25 senators against 71 Democrats. The House of Representatives likewise had overwhelming Democratic majorities.[63]

共和党は、多数派の「オールドライト」(中西部に拠点を置く)と、ニューディールの多くを支持する北東部に拠点を置くリベラル派に派閥化した。オールドライトは「第二次ニューディール」を鋭く攻撃し、階級闘争社会主義を代表していると述べた。ルーズベルトは1936年に地滑りで再選されました。しかし、彼の第2期が始まると、経済は衰退し、ストライキは急増し、彼は最高裁判所の支配権を握ることができず、民主党から南部の保守派を一掃することができませんでした。共和党はで主要なカムバックを作った1938年の選挙とのような、新たな新星だったロバート・タフトオハイオ州を右にトーマス・E.デューイニューヨーク左に。[64]南部の保守派はほとんどの共和党と合流して保守的な連合を形成し、1964年まで議会の国内問題を支配した。両党は外交政策の問題で分裂し、共和党では反戦孤立主義者が支配的であり、介入主義者は阻止したかった。民主党で支配的なアドルフ・ヒットラールーズベルトは、1940年と1944年にそれぞれ第3期と第4期を獲得しました。保守派は戦争中にニューディール政策のほとんどを廃止しましたが、社会保障やビジネスを規制する機関を廃止しようとはしませんでした。[65]

歴史家のジョージH.ナッシュは次のように主張しています。

「穏健」で国際主義的で、「ルーズベルト革命」の一部とハリー・S・トルーマン大統領の外交政策の本質的な前提を受け入れた(または少なくとも黙認した)共和党の大部分が東側のブロックとは異なり、共和党の権利は本質的に反革命的。反集産主義者、反共和党員、反ニューディール政策、小さな政府、自由市場経済、そして議会の(幹部ではなく)特権に熱心に取り組んでいる共和党の保守派は、最初から絶え間ない二正面作戦を行う義務がありました。外からのリベラルな民主党員と内からの「あまりにも」共和党員に対して。[66]

1945年以降、共和党の国際派はトルーマンの冷戦外交政策に協力しマーシャルプランに資金を提供し、旧権利の孤立主義が続いているにもかかわらず、NATOを支援しました。[67]

20世紀の後半には、共和党のドワイトD.アイゼンハワー大統領リチャードニクソンジェラルドフォードロナルドレーガンジョージHWブッシュの選挙または後任が見られました。アイゼンハワーは1952年の指名で保守党の指導者ロバートA.タフトを破ったが、アイゼンハワー政権の国内政策は保守党が支配していた。有権者は共和党よりもアイゼンハワーをはるかに気に入っており、彼は党をより穏健な立場に移すことができないことを証明した。 1976年以来、いくつかの北東部の支持を除けば、自由主義は事実上共和党から消え去った。[68]歴史家は1964年のアメリカ合衆国大統領選挙を引用している and its respective 1964 Republican National Convention as a significant shift, which saw the conservative wing, helmed by Senator Barry Goldwater of Arizona, battle the liberal New York Governor Nelson Rockefeller and his eponymous Rockefeller Republican faction for the party presidential nomination. With Goldwater poised to win, Rockefeller, urged to mobilize his liberal faction, relented, "You’re looking at it, buddy. I’m all that’s left."[69][70] Though Goldwater lost in a landslide, Reagan would make himself known as a prominent supporter of his throughout the campaign, delivering the "A Time for Choosing「彼のためのスピーチ。彼は2年後にカリフォルニア州知事になり、1980年に大統領に勝つだろう[71]

ロナルド・レーガン、第40代アメリカ合衆国大統領(1981–1989)

The presidency of Reagan, lasting from 1981 to 1989, constituted what is known as the "Reagan Revolution".[72] It was seen as a fundamental shift from the stagflation of the 1970s preceding it, with the introduction of Reaganomics intended to cut taxes, prioritize government deregulation and shift funding from the domestic sphere into the military to check the Soviet Union by utilizing deterrence theory. A defining moment in Reagan's term of office was his speech in then-West Berlin where he demanded Soviet General Secretary Mikhail Gorbachev to "この壁を壊しなさい!"、西ベルリン東ベルリンを分離するために建設されたベルリンの壁を指す[73] [74]

レーガンは1989年に辞任した後、象徴的な保守的な共和党員になりました。共和党の大統領候補はしばしば彼の見解を共有し、彼の遺産のより適切な相続人として彼ら自身と彼らの政策を確立することを目指していると主張するでしょう。[75]

ブッシュ副大統領は1988年の総選挙で地滑りを記録した。しかし、彼の任期は共和党内で分裂した形を見るでしょう。ブッシュの経済自由化と外国との国際協力のビジョンは北米自由貿易協定(NAFTA)の交渉と署名、そして世界貿易機関の概念的な始まりを見ました[76] 独立した政治家で実業家のロス・ペローはNAFTAを非難し、それがアメリカの仕事をメキシコアウトソーシングすることにつながると予言したが、民主党のビル・クリントンはブッシュの政策に同意した。[77]ブッシュは1992年に人気投票の37%で再選を失い、クリントンは43%の複数を獲得し、ペロは19%で3位になりました。ペロの立候補がブッシュの再選を犠牲にしたかどうかは議論の余地があるが、クック政治報告のチャーリー・クックペロのメッセージが共和党と保守的な有権者全体により重要であったことを証明している。[78]ペローは改革党結成し、著名な共和党員であった、またはこれからなる人々は、元ホワイトハウス通信局長のパット・ブキャナンや後にドナルド・トランプ大統領などの短いメンバーシップを見た[79]

1994年の共和党革命は、「アメリカとの契約」でキャンペーンを行った下院少数党のホイップニュートギングリッチが率いる党が両院で多数派を獲得し、12の知事を獲得し、20の州議会の支配権を取り戻しました。共和党が1952年以来、下院で過半数を獲得したのはこれが初めてでした[80]ギングリッチは下院議長になり、共和党の過半数の最初の100日以内に、下院議員の任期制限を除いて、アメリカとの契約で取り上げられたすべての提案が可決された。[81] [82] One key to Gingrich's success in 1994 was nationalizing the election,[80] in turn, Gingrich became a national figure during the 1996 House elections, with many Democratic leaders proclaiming Gingrich was a zealous radical.[83][84] The Republicans maintained their majority for the first time since 1928 despite the presidential ticket of Bob Dole-Jack Kemp losing handily to President Clinton in the general election. However, Gingrich's national profile proved a detriment to the Republican Congress, which enjoyed majority approval among voters in spite of Gingrich's relative unpopularity.[83]

ギングリッチと共和党が1997年の均衡予算法でクリントンと合意に達し、減税が追加された後、共和党の下院の過半数は1998年の中間選挙に先立って新しい議題を召集するのに苦労しました[85] 1998年に進行中のビル・クリントンの弾劾の間に、ギングリッチは、それが彼らの過半数に加わると信じて、クリントンの不正行為を中期に向かう党のメッセージにすることを決定した。戦略は誤りであることが判明し、共和党は5議席を失ったが、それが不十分なメッセージによるものなのか、コートテール効果を提供するクリントンの人気によるものなのかは議論されている。[86]ギングリッチはパフォーマンスのために党の権力から追放され、最終的に議会を完全に辞任することを決定した。その後しばらくの間、ルイジアナ州下院議員のボブ・リビングストンが彼の後継者になるようでした。しかし、リヴィングストンは、共和党議員が議長を務める場合、事件の報告に損害を与えると脅迫したため、検討を辞任し、議会を辞任した。[87] イリノイ州下院議員デニス・ハスタートはリヴィングストンの代わりにスピーカーに昇進し、2007年までその役職に就いた。[88]

21世紀

A Republican ticket of George W. Bush and Dick Cheney won the 2000 and 2004 presidential elections.[89] Bush campaigned as a "compassionate conservative" in 2000, wanting to better appeal to immigrants and minority voters.[90] The goal was to prioritize drug rehabilitation programs and aide for prisoner reentry into society, a move intended to capitalize on President Bill Clinton's tougher crime initiatives such as the 1994 crime bill passed under his administration. The platform failed to gain much traction among members of the party during his presidency.[91]

With the inauguration of Bush as president, the Republican Party remained fairly cohesive for much of the 2000s as both strong economic libertarians and social conservatives opposed the Democrats, whom they saw as the party of bloated, secular, and liberal government.[92] This period saw the rise of "pro-government conservatives"—a core part of the Bush's base—a considerable group of the Republicans who advocated for increased government spending and greater regulations covering both the economy and people's personal lives as well as for an activist, interventionist foreign policy.[93] Survey groups such as the Pew Research Center found that social conservatives and free market advocates remained the other two main groups within the party's coalition of support, with all three being roughly equal in number.[94][95] However, libertarians and libertarian-leaning conservatives increasingly found fault with what they saw as Republicans' restricting of vital civil liberties while corporate welfare and the national debt hiked considerably under Bush's tenure.[96] In contrast, some social conservatives expressed dissatisfaction with the party's support for economic policies that conflicted with their moral values.[97]

共和党は、上院が均等に分割された2001年に上院の過半数を失いました。それにもかかわらず、共和党のディック・チェイニー副大統領のタイブレーク投票により、共和党は上院の支配を維持した2001年6月6日、バーモント州の共和党上院議員ジム・ジェフォーズ党の所属を民主党に切り替えたとき、民主党は上院の支配権を獲得しました共和党は2002年の選挙で上院の過半数を取り戻した。下院と上院の共和党の多数派は、2006年の中間選挙で民主党が両院の支配権を取り戻すまで開催されました[98] [99]

ジョージHWブッシュ、第41代アメリカ合衆国大統領(1989–1993)
ジョージ・W・ブッシュ、第43代アメリカ合衆国大統領(2001–2009)
元大統領ジョージHWブッシュは、元大統領ジョージW.ブッシュの父でした。ジョン・クインシー・アダムズを証言するために、大統領の他の1人の息子だけが大統領に選出されました。)

2008アリゾナ州の共和党上院議員ジョン・マケインアラスカ州知事のサラ・ペイリン、それぞれイリノイ州デラウェア州の民主党上院議員バラク・オバマジョー・バイデン敗れた。[100]

The Republicans experienced electoral success in the wave election of 2010, which coincided with the ascendancy of the Tea Party movement,[101][102][103][104] an anti-Obama protest movement of fiscal conservatives.[105] Members of the movement called for lower taxes, and for a reduction of the national debt of the United States and federal budget deficit through decreased government spending.[106][107] It was also described as a popular constitutional movement[108] composed of a mixture of libertarian, right-wing populist, and conservative activism. That success began with the upset win of Scott Brown in the Massachusetts special Senate election for a seat that had been held for decades by the Democratic Kennedy brothers.[109] In the November elections, Republicans recaptured control of the House, increased their number of seats in the Senate and gained a majority of governorships.[110] The Tea Party would go on to strongly influence the Republican Party, in part due to the replacement of establishment Republicans with Tea Party-style Republicans.[105]

オバマとバイデンが2012年に再選に勝利しミットロムニー-ポールライアンのチケットを破ったとき[111]、共和党は11月の議会選挙下院の7議席を失ったが、それでもその選挙区の支配権を維持した。[112]しかしながら、共和党は上院の支配権を獲得することができず、2議席の純損失で少数派の地位を継続した。[113]敗北の余波で、一部の著名な共和党員は自分たちの党に反対した。[114] [115] [116]共和党による2012年の選挙後の選挙では、共和党は少数派や若い有権者からの票を集めるために全国レベルでさらに多くのことを行う必要があると結論付けました。[117] 2013年3月、全国委員会委員長のラインス・プリーバス2012年の党の選挙の失敗について痛烈な報告を行い、共和党に自らを改革し、移民改革を公式に支持するよう求めた。彼は次のように述べています。「私たちが失った理由は1つではありません。メッセージが弱かった、グラウンドゲームが不十分だった、包括的ではなかった、データとデジタルの両方で遅れをとっていたため、主要な討論プロセスを改善する必要がありました。」彼は、女性、マイノリティ、ゲイにリーチするための1,000万ドルのマーケティングキャンペーンを含む、219の改革を提案しました。また、より短く、より管理された予備選挙を設定し、より良いデータ収集施設を作成しました。[118]

2014年の中間選挙に続いて、共和党は9議席を獲得して上院を支配しました。[119]共和党は、下院で最終的に247議席(57%)、上院で54議席を獲得し、1929年第71議会以来、最終的に議会で最大の過半数を獲得した。[120]

トランプ時代

ドナルド・トランプ、第45代アメリカ合衆国大統領(2017–2021)

2016年に共和党のドナルド・トランプが大統領に選出されたことは、共和党のポピュリストシフトを示しました。[121]世論調査ではクリントンがレースをリードしていることが示されたため、トランプが民主党候補のヒラリー・クリントンを破ったことは予想外だった。[122]トランプの勝利はミシガン州ペンシルベニア州ウィスコンシン州の3つのでの狭い勝利によって促進されました。これらの州は伝統的に何十年もの間民主党の青い壁の一部でしたNBCニュースによると、「トランプの力は、彼の「サイレントマジョリティ」から有名になりました。労働者階級の白人有権者は、ワシントンの特別利益、ニューヨークの報道機関、ハリウッドのテイストメー​​カーによって大まかに定義された施設に嘲笑され、無視されたと感じまし。彼はその基盤内に信頼を築きまし。より広い国民主義のメッセージを支持して、貿易や政府支出のような問題に関する共和党の確立の正統性を放棄することによって」。[123] [124]

2016年の選挙、共和党は上院下院、州知事の過半数を維持し、トランプ大統領の選挙で新たに獲得した行政権を行使しました。共和党は2017年に99の州議会のうち69を支配し、これは歴史上最も多く開催されました。[125]そして少なくとも33の知事、1922年以来最も多く開催された。[126]党は25の州で政府(立法府と知事)を完全に支配していた[127] [128]。1952年以来最も多い。[129]反対の民主党は、たった5つの州で完全な支配権を持っていた。[130]2018年の中間選挙の結果を受けて、共和党は下院の支配権を失いましたが、上院の支配を維持しました。[131]

Over the course of his term, Trump appointed three justices to the Supreme Court: Neil Gorsuch replacing Antonin Scalia, Brett Kavanaugh replacing Anthony Kennedy, and Amy Coney Barrett replacing Ruth Bader Ginsburg – the most appointments of any president in a single term since fellow Republican Richard Nixon. Trump was seen as solidifying a 6–3 conservative majority.[132][133] He appointed 260 judges in total, creating overall Republican-appointed majorities on every branch of the federal judiciary except for the 彼が辞任するまでに国際通商裁判所は司法を右に移した。彼の大統領時代のその他の注目すべき業績には、2017年の減税および雇用法の可決イスラエルの米国大使館のエルサレムへの移転、 1947年以来の最初の新しい独立兵役である米国宇宙軍の創設、一連のアブラハム協定の仲介が含まれます。間の正規契約のイスラエルと様々なアラブ諸国[134] [135] [136] [137]

トランプはの罪で、2019年12月18日に弾劾された権力の乱用議会の妨害[138] [139]彼は2020年2月5日に上院で無罪となった。[140]下院内の197人の共和党員のうち195人が反対票を投じ、賛成票はなかった。 2人の共和党員の棄権は、弾劾自体とは関係のない外部の理由によるものでした。[141]上院内の53人の共和党員のうち52人も起訴に反対票を投じ、結果としてトランプを無罪としユタ州の上院議員ミット・ロムニーだけが反対し、起訴の1つに賛成票を投じた(権力の乱用)。[142] [143] Following his refusal to concede his loss in the 2020 elections, which led to the U.S. Capitol being stormed by his supporters on January 6, 2021, the House impeached Trump for a second time on charges of incitement of insurrection, making him the only federal officeholder in the history of the United States to be impeached twice.[144][145] He left office on January 20, 2021, but the impeachment trial continued into the early weeks of the Biden administration, with Trump being ultimately acquitted a second time by the Senate on February 13, 2021.[146] Seven Republican Senators voted to convict, including Romney once again, リチャード・バービル・カシディースーザン・コリンズリーサ・マーカウスキーベン・サスパット・トゥーミー。彼らの州のそれぞれの共和党はそうすることで彼らを非難した。さらに、共和党の米国下院議員リズ・チェイニー、下院での弾劾投票で州のGOPから非難されました[147] [148] 2020年の選挙を覆そうとするトランプの努力とそれに続く米国議会議事堂の襲撃に応えて、数十人の共和党のブッシュ政権の元メンバーが党の放棄を公にし、それを「トランプのカルト」と呼んだ。 「」[149]2021年、党はトランプの盗まれた選挙誤った主張を正当化として使用し、新しい投票制限を課し、チェイニーを下院共和党会議の指導的立場から外した[150] [151] [152]

名前と記号

1874年共和党の象の最初の注目すべき登場を特徴とするナストの漫画[153]
赤、白、青の共和党の象は、依然として多くの州のGOP委員会の主要なロゴです
2013年頃のGOPロゴ

党の創設メンバーは、トーマス・ジェファーソン民主共和党が推進した共和主義の価値観へのオマージュとして、1850年代半ばに共和党という名前を選びました[154]この名前のアイデアは、党の主要な広報担当者であるホレス・グリーリーによる社説から生まれた。奴隷制の宣伝者ではなく、自由の擁護者および宣伝者の使命」。[155]この名前は、1776年の共和党の公民道徳の価値観と貴族および汚職への反対を反映している。[156]「共和党」は世界中でさまざまな意味を持っており、共和党はその意味が常に一致するとは限らないように進化していることに注意することが重要です。[157] [158]

「GrandOldParty」という用語は共和党の伝統的なニックネームであり、略語「GOP」は一般的に使用される呼称です。この用語は、1875年に議会記録で始まり、連合の軍事防衛の成功に関連する党を「この勇敢な古い党」と呼んでいました。翌年、シンシナティコマーシャルの記事で、用語が「共和党」に変更されました。略語の最初の使用は1884年の日付です。[159]

パーティーの伝統的なマスコットは象です。1874年11月7日ハーパーズウィークリー掲載されたトーマスナストの風刺漫画は、このシンボルの最初の重要な使用法と見なされています。[160]インディアナ州ニューヨーク州オハイオ州などの州における共和党の代替シンボルは、民主党のオンドリや民主党の五芒星とは対照的に白頭ワシである。[161] [162]ケンタッキー州では、丸太小屋は共和党の象徴です(同性愛者のログキャビン共和党組織とは関係ありません)。[163]

Traditionally the party had no consistent color identity.[164][165][166] After the 2000 election, the color red became associated with Republicans. During and after the election, the major broadcast networks used the same color scheme for the electoral map: states won by Republican nominee George W. Bush were colored red and states won by Democratic nominee Al Gore were colored blue. Due to the weeks-long dispute over the election results、これらの色の関連性はしっかりと根付いており、その後も持続します。政党への色の割り当ては非公式で非公式ですが、メディアはこれらの色を使用してそれぞれの政党を代表するようになりました。党とその候補者もまた、赤を受け入れるようになった。[167]

政治的立場

経済政策

カルビン・クーリッジ、第30代アメリカ合衆国大統領(1923–1929)

共和党は、自由市場と個人の業績が経済的繁栄の背後にある主要な要因であると信じています。共和党は、民主党政権下財政保守主義を支持することを頻繁に主張しています。しかし、彼らは政府を担当するときに連邦債務を増やす意思があることを示しています(ブッシュ減税、メディケアパートD、2017年の減税および雇用法の実施はこの意欲の例です)。[168] [169] [170]政府支出をロールバックするという公約にもかかわらず、共和党政権は1960年代後半以来、以前のレベルの政府支出を維持または増加させてきた。[171] [172]

現代の共和党員は、より低い税率が経済成長を高めると主張するサプライサイド経済学の理論を提唱しています。[173]多くの共和党員は、より高い所得者に対するより高い税率に反対しており、それは雇用と富を生み出す人々を不当に標的にしていると彼らは信じている。彼らは、民間支出は政府支出よりも効率的であると信じています。共和党議員はまた、税の執行と徴税のための資金を制限しようと努めてきました[174]

共和党員は、個人が自分の状況に責任を持つべきだと信じています。彼らはまた、民間部門は政府よりも慈善を通じて貧しい人々を助けるのに効果的であり、社会扶助プログラムはしばしば政府の依存を引き起こすと信じています。[要出典]

Republicans believe corporations should be able to establish their own employment practices, including benefits and wages, with the free market deciding the price of work. Since the 1920s, Republicans have generally been opposed by labor union organizations and members. At the national level, Republicans supported the Taft-Hartley Act of 1947, which gives workers the right not to participate in unions. Modern Republicans at the state level generally support various right-to-work laws, which prohibit union security agreements requiring all workers in a unionized workplace to pay dues or a fair-share fee, regardless of if they are members of the union or not.[175]

ほとんどの共和党員は最低賃金の引き上げに反対しており、そのような引き上げは、消費者にコストを転嫁しながら仕事を削減して外注することを強制することによって企業に損害を与えると信じています。[176]

党は、単一支払者医療制度に反対し、それを社会化医療と表現している共和党は、歴史的に人気のある社会保障、メディケア、メディケイドのプログラムを支持したというさまざまな記録を持っていますが[177]、2010年の導入以来アフォーダブルケア法の廃止を目指しており[178]、メディケイドの拡大に反対しています。[179]

環境方針

民主党(青)と共和党(赤)は、気候変動への取り組みの重要性について長い間意見が異なり、2010年代後半には、主に民主党のシェアが30ポイント以上増加したことでギャップが拡大しましたが、共和党の見解は比較的わずかしか変化しませんでした。[180]
(不連続性は、2015年に「地球温暖化」から「気候変動」への調査の変更に起因しました。)

歴史的に、共和党の進歩指導者たちは環境保護を支持してきました。共和党のセオドア・ルーズベルト大統領は著名な自然保護論者であり、その政策は最終的に国立公園局の創設につながりました[181]共和党のリチャード・ニクソン大統領環境保護主義者ではなかったが、1970年に環境保護庁を設立する法律に署名し、包括的な環境プログラムを実施した。[182]しかしながら、この立場は1980年代とロナルド・レーガン大統領の政権以来変わった。、環境規制を経済への負担と名付けた。[183]それ以来、共和党員はますます環境規制に反対する立場を取り、一部の共和党員は気候変動に関する科学的コンセンサスを拒否している。[183] [184] [185] [186]

In 2006, then-California Governor Arnold Schwarzenegger broke from Republican orthodoxy to sign several bills imposing caps on carbon emissions in California. Then-President George W. Bush opposed mandatory caps at a national level. Bush's decision not to regulate carbon dioxide as a pollutant was challenged in the Supreme Court by 12 states,[187] with the court ruling against the Bush administration in 2007.[188] Bush also publicly opposed ratification of the Kyoto Protocols[183][189] which sought to limit greenhouse gas emissions and thereby combat climate change; 彼の立場は気候科学者からひどく批判された。[190]

共和党は、炭素排出量を制限するためのキャップアンドトレード政策を拒否します。[191] 2000年代に、ジョン・マケイン上院議員は、炭素排出を規制する法案(マケイン-リーバーマン気候管理法など)を提案したが、気候変動に関する彼の立場は、高位の党員の間では珍しかった。[183]一部の共和党候補者は、米国のエネルギー自立を達成するために代替燃料の開発を支持している一部の共和党員は、北極圏国立野生生物保護区などの保護地域での石油掘削の増加を支持しています、活動家から批判を集めている立場。[192]

バラク・オバマ大統領時代の多くの共和党員は、石炭からの炭素排出に関する規制など、彼の政権の新しい環境規制に反対しました。特に、多くの共和党員がキーストーンパイプラインの建設を支持しました。この立場は企業によって支持されましたが、先住民族のグループや環境活動家によって反対されました。[193] [194] [195]

非営利のリベラルな擁護団体であるアメリカ進歩センターによると、2014年の共和党議員の55%以上が気候変動の否定論者でした。[196] [197] 2014年5月のPolitiFactは、「共和党議員は比較的少数でした。 。地球温暖化は現実のものであり人為的なものであるという一般的な科学的結論を受け入れます。」グループはそれを認めた8人のメンバーを見つけたが、グループはもっと多くの可能性があることを認め、議会のすべてのメンバーがこの問題についてスタンスを取っているわけではないことを認めた。[198] [199]

ニューヨークタイムズ紙によると、2008年から2017年にかけて、共和党は「人為的な気候変動と戦う方法を議論することから、気候変動は存在しないと主張すること」に移行しました[200] 2015年1月、共和党主導の米国上院は、「気候変動は現実であり、デマではない」ことを認める決議案を可決するために98–1票を投じました。しかし、「人間の活動が気候変動に大きく貢献している」と述べた修正案は、5人の共和党上院議員によってのみ支持されました。[201]

移民

1850年から1870年の期間、共和党は民主党よりも移民に反対していました。これは、共和党が当時のノウ・ナッシングなどの反カトリックおよび反移民党の支援に依存していたためです。南北戦争後の数十年で、共和党は北東部の製造業者(追加の労働力を望んでいた)を代表していたため、移民をより支持するようになりましたが、民主党は労働党(より少ない労働者が競争することを望んでいた)と見なされるようになりましたと)。 1970年代から、民主党員が共和党員よりも移民を支持するようになったため、政党は再び場所を変えました。[202]

共和党員は、移民労働者を許可するプラットフォームと文書化されていない移民の市民権への道(共和党の設立によってさらにサポートされている)と、国境の確保と不法移民の強制送還に焦点を当てた立場(ポピュリストによってサポートされている)との間で不法移民に立ち向かう方法について分かれています)。 2006年、ホワイトハウスは支持し、共和党主導の上院は包括的な移民改革可決し、最終的には何百万人もの不法移民が市民になることを許可しましたが、共和党主導のハウスは法案を進めませんでした。[203]特にラテン系アメリカ人の間で2012年の大統領選挙で敗北した後、いくつかの共和党員は移民へのより友好的なアプローチを提唱しました。しかし、2016年、候補者の分野は不法移民に対して鋭い立場をとり、主要な候補者であるドナルド・トランプが南の国境に沿って壁を建設することを提案しまし文書化されていない移民のための市民権への道を伴う移民改革を求める提案は、いくつかの[どれ?]世論調査。2013年の世論調査では、共和党員の60%が経路の概念を支持しました。[204]

外交政策と国防

Some, including neoconservatives,[who?] in the Republican Party support unilateralism on issues of national security, believing in the ability and right of the United States to act without external support in matters of its national defense. In general, Republican thinking on defense and international relations is heavily influenced by the theories of neorealism and realism, characterizing conflicts between nations as struggles between faceless forces of an international structure as opposed to being the result of the ideas and actions of individual leaders. The realist school's influence shows in Reagan's "Evil Empireソビエト連邦とジョージW.ブッシュの枢軸に対するスタンス。[要出典]

含むいくつかの、paleoconservatives右翼ポピュリスト[205] [206] [207]のためのコール内政不干渉の原則アメリカ初の外交政策この派閥は、ドナルド・トランプの台頭とともに2016年から力をつけました

2001年9月11日の同時多発テロ以来、多くの[誰? ]党内では2001年のアフガニスタン戦争2003年のイラク侵攻など、対テロ戦争に関する新保守政策を支持してきました。ジョージ・W・ブッシュ政権は、ジュネーブ条約不法戦闘員には適用されないという立場を取りましたが、他の[どちらですか? ]著名な共和党員は、彼らが拷問と見なしている拡張尋問術の使用に強く反対している。[208]

共和党は、米国の国家安全保障と移民の利益を主張する手段として、対外援助を制限することを頻繁に提唱してきました。[209] [210] [211]

共和党は一般的に、イスラエルとの強力な同盟と、イスラエルとそのアラブの隣国との間の中東の平和を確保するための努力を支持しています。[212] [213]近年、共和党はイスラエルとパレスチナの紛争を解決するための二国家解決アプローチから離れ始めている[214] [215] 2014年の世論調査では、共和党員の59%が海外での活動を減らし、代わりに国自身の問題に焦点を当てることを支持した。[216]

According to the 2016 platform,[217] the party's stance on the status of Taiwan is: "We oppose any unilateral steps by either side to alter the status quo in the Taiwan Straits on the principle that all issues regarding the island's future must be resolved peacefully, through dialogue, and be agreeable to the people of Taiwan." In addition, if "China were to violate those principles, the United States, in accord with the Taiwan Relations Act, will help Taiwan defend itself".

Social policies

共和党は一般的に社会的保守政策に関連していますが、中道政治リバータリアンの派閥に反対しています社会保守主義者は同性結婚への反対、中絶、マリファナなど伝統的な価値観を支持する法律を支持しています[218]ほとんどの保守的な共和党員はまた、銃規制アファーマティブアクション、および不法移民に反対している[218] [219]

中絶と胚性幹細胞の研究

党の国家および州の候補者の大多数は中絶反対であり、宗教的または道徳的な理由で中絶反対しています。近親相姦、レイプ、母親の命が危険にさらされている場合の例外を提唱する人は多いが、2012年、党は例外なく中絶を禁止することを提唱するプラットフォームを承認した。[220]ロー対ウェイド事件1973年最高裁判所の判決(中絶権の禁止を違憲にした)以前は、民主党と共和党の間に高度な二極化の違いはなかったが、最高裁判所の判決後、中絶への反対は共和党にとってますます重要な国家プラットフォーム。[16] [221] [222]その結果、福音派は共和党に引き寄せられました。[16] [221]

ほとんどの共和党員は、中絶提供者、特に計画された親子関係に対する政府の資金提供に反対しています[223]これには、HydeAmendmentのサポートが含まれます。

2018年に解散するまで、中絶権PACであるRepublican Majority for Choiceは、中絶賛成の権利メンバーを含めるようにGOPプラットフォームを修正することを提唱していました。[224]

共和党は科学研究への政府資金の増額に賛成しているが、共和党のメンバーは、ヒト胚の破壊を伴うため、元の系統を超えた胚性幹細胞研究への連邦資金の連邦資金に積極的に反対している[225] [226] [227] [228]

アファーマティブ・アクション

共和党員は一般に、女性や一部のマイノリティに対するアファーマティブアクションに反対しており、しばしばそれを「クオータ制」と表現し、それは実力主義ではなく差別をさらに促進するだけで社会的に逆効果であると信じています。[229]共和党の公式の立場は、大学における人種に中立な入学方針を支持しますが、学生の社会経済的地位を考慮に入れることを支持します。2012年の共和党全国委員会の綱領は、「私たちは、低所得の個人が潜在的および個人的なメリットに基づいて公正なチャンスを得るのを支援する取り組みを支持しますが、最善または唯一の方法として、選好、割り当て、および取り置きを拒否します政府、教育機関、企業の役員室のいずれにおいても、公平性を実現できます。メリット、能力、適性、結果は、私たちの社会の進歩を決定する要因となるはずです。」[230] [231] [232]

銃の所有権

共和党は一般的に銃の所有権支持し、銃を規制する法律に反対してます。党員と共和党寄りの無所属議員は、民主党員と民主党寄りの無所属議員よりも銃を所有する可能性が2倍高い。[233]

全米ライフル協会特別な関心グループ銃の所有権のサポートでは、一貫して共和党に自身を揃えています。1994年暴力犯罪取締法および法執行法などクリントン政権下での銃規制措置に続いて共和党1994年の共和党革命中にNRAと同盟を結びました[234]それ以来、NRAは一貫して共和党候補者を支持し、財政支援に貢献してきた。たとえば、2013年のコロラド州の国民解職選挙では、2人の反銃規制共和党員のために2人の銃規制支持民主党員が追放された。[235]

対照的に、元生涯NRAメンバーであったジョージHWブッシュは、CEOのウェインラピエールが執筆したオクラホマシティ爆撃への対応を受けて、組織に対して非常に批判的であり、抗議して公に辞任した。[236]

薬物

共和党は歴史的に麻薬戦争を支持し、マリファナを含む麻薬の合法化または非犯罪化に反対してきました。[237] [238]マリファナの合法化への反対は時間とともに和らぎました。[239] [240]

LGBTの問題

Republicans have historically opposed same-sex marriage, while being divided on civil unions and domestic partnerships. During the 2004 election, George W. Bush campaigned prominently on a constitutional amendment to prohibit same-sex marriage; many believe it helped George W. Bush win re-election in 2004.[241][242] In both 2004[243] and 2006,[244] President Bush, Senate Majority Leader Bill Frist, and House Majority Leader John Boehner promoted the Federal Marriage Amendment、異性愛者のカップルへの結婚の定義を法的に制限する憲法改正案。[245] [246] [247]どちらの試みでも、修正案はクローチャーを呼び出すのに十分な票を確保できなかったため、最終的には可決されなかった。 2010年代に同性結婚を合法化する州が増えるにつれ、共和党は各州が独自の結婚政策を決定できるようにすることをますます支持するようになりました。[248] 2014年の時点で、ほとんどの州の共和党プラットフォームは同性結婚に反対を表明した。[249] 2016 GOPプラットフォーム「自然の結婚、一人の男と一人の女性の労働組合」として結婚を定義し、最高裁の非難与党の合法化、同性結婚を。[250] [251] 2020プラットフォームは、同性結婚に対して2016年の文言を保持した。[252] [253] [254]

しかし、党内のこの問題に関する世論は変化している。[255] [242] 2016年に大統領に選出された後、ドナルド・トランプは同性結婚やオーバーグフェル対ホッジスの最高裁判所の判決に異議はないと述べたが、同時に最高裁判所を任命することを約束した。憲法上の権利をロールバックする正義。[242] [256]在任中、トランプはLGBTプライド月間を認めた最初の共和党大統領であった[257]逆に、トランプ政権は、トランスジェンダーの個人が米軍で奉仕することを禁止し、前の民主党大統領時代に制定されたトランスジェンダーの人々に対する他の保護を撤回した。[258]

The Republican Party platform previously opposed the inclusion of gay people in the military and opposed adding sexual orientation to the list of protected classes since 1992.[259][260][261] The Republican Party opposed the inclusion of sexual preference in anti-discrimination statutes from 1992 to 2004.[262] The 2008 and 2012 Republican Party platform supported anti-discrimination statutes based on sex, race, age, religion, creed, disability, or national origin, but both platforms were silent on sexual orientation and gender identity.[263][264] The 2016 platform was opposed to sex discrimination statutes that included the phrase "sexual orientation."[265][266]

The Log Cabin Republicans is a group within the Republican Party that represents LGBT conservatives and allies and advocates for LGBT rights and equality.[267]

Voting requirements

近年、投票に関する事実上すべての制限が共和党によって実施されています。共和党員は、主に州レベルで、制限(投票者ロールの削除、投票場所の制限、早期投票と郵送投票の制限など)が不正投票を防ぐために不可欠であると主張し、不正投票は選挙で過小評価されている問題であると主張します。投票では、一般の人々の間で期日前投票、自動有権者登録、および有権者ID法に対する大多数の支持が見られました。[268] [269] [270]調査によると、不正投票は非常にまれであり、市民および選挙権団体は、共和党が党に有利な選挙に影響を与えるための制限を制定したと非難することがよくあります。共和党によって制定された投票を制限する多くの法律または規制は、法廷で首尾よく異議を唱えられており、裁判所の判決はそのような規制を打ち破り、共和党が党派的な目的でそれらを確立したと非難している。[271] [272]

シェルビー郡対ホルダーでの最高裁判所の判決が1965年の投票権法の側面をロールバックした後、共和党期日前投票の削減、有権者ロールの削除、および厳格な有権者ID法の賦課を導入しました。[273]共和党は、選挙権に対する制限を擁護するにあたり、米国における不正投票の程度について虚偽の誇張した主張を行ってきた。すべての既存の研究は、それが非常にまれであることを示しています。[274] [275]ジョー・バイデンが2020年の大統領選挙に勝利し、ドナルド・トランプが彼と彼の共和党の同盟国が詐欺の虚偽の主張をしている間、譲歩を拒否した後、共和党は州レベルで投票権制限する全国的な取り組みを開始した[276] [277] [278]

2016年の共和党の綱領は、投票登録の前提条件として市民権の証明を提唱し、投票の前提条件として写真付き身分証明書を提唱しました。[279]

構成

この地図は、2004年の大統領選挙での郡別の投票を示しています。[NS]
この地図は、2020年の大統領選挙での郡別の投票を示しています。[NS]

党の初期の数十年間、その基盤は全国の北部の白人プロテスタントとアフリカ系アメリカ人で構成されていました。その最初の大統領候補であるジョンC.フレモントは、南部ではほとんど票を獲得しなかった。この傾向は20世紀まで続いた。通過に続いて1964年の公民権法1965年の投票権法北東部の状態をより確実に民主党になった一方で、南部の州では、より確実に共和党の大統領政治になりました。[280] [281] [282] [283] [284] [285] [286] [287]研究によると、南部の白人は人種的保守主義のために共和党に移った。[286] [288][289]

学者たちは、人種の反発が両当事者の人種の再編成において中心的な役割を果たしたことに同意しますが、人種の再編成がトップ主導のエリートプロセスまたはボトムアッププロセスであった範囲については論争があります。[290]南部戦略" refers primarily to "top-down" narratives of the political realignment of the South which suggest that Republican leaders consciously appealed to many white southerners' racial grievances in order to gain their support. This top-down narrative of the Southern Strategy is generally believed to be the primary force that transformed Southern politics following the civil rights era. Scholar Matthew Lassiter argues that "demographic change played a more important role than racial demagoguery in the emergence of a two-party system in the American South".[291][292] Historians such as Matthew Lassiter, Kevin M. Kruse and Joseph Crespinoは、ラシターが「郊外戦略」と呼んでいる、代替の「ボトムアップ」の物語を提示しました。この物語は、南部の政治的再編に対する人種的反発の中心性を認めている[290]、この反発は人種統合への明白な抵抗ではなく、郊外における事実上の人種差別の擁護の形をとったことを示唆している。反発は、厳密に南部のものではなく、全国的なものです。[293] [294] [295] [296]

党の21世紀の基盤は、年配の白人男性などのグループで構成されています。白人の既婚プロテスタント。農村住民;大学の学位を持たない非組合労働者、都市住民、少数民族、未婚および組合労働者は民主党に移った。郊外は主要な戦場になっています。[297] 2015年のギャラップの調査によると、アメリカ人の25%が共和党員であり、16%が共和党員であると特定しています。比較すると、30%は民主主義者であり、16%は傾倒民主主義者であると特定しています。ギャラップが1991年にこの問題について投票を開始して以来、民主党は通常、政党の特定において全体的な優位性を維持してきました。[298] 2016年、ニューヨークタイムズ共和党は南部、グレートプレーンズ、山岳部で強いと述べた。[299] 21世紀の共和党も、米国の農村地域から力を引き出している。[300]

1990年代の終わりに向かってそして21世紀の初めに、共和党はますます「憲法上のハードボール」慣行に訴えました[301] [302] [303]

多くの学者は、共和党のニュートギングリッチの下院議長が、米国の民主的規範を弱体化させ、政治的二極化を早め、党派の偏見を高める上で重要な役割を果たしたと主張している[304] [305] [306] [307] [308]ハーバード大学の政治学者ダニエル・ジブラットとスティーブン・レヴィツキーによると、ギンリッヒの講演はアメリカの政治とアメリカの民主主義の健全性に深遠で永続的な影響を与えた。彼らは、ギングリッチが共和党に「戦闘的」アプローチを植え付けたと主張している。共和党では、憎悪的な言葉と超党派主義が当たり前になり、民主主義の規範が放棄された。ギングリッチは愛国心に頻繁に疑問を投げかけた民主党員は、彼らを腐敗したと呼び、ファシストと比較し、米国を破壊したいと非難した。ギングリッチはまた、いくつかの主要な政府閉鎖に関与していました。[308] [309] [310] [311]

学者たちはまた、オバマ大統領時代のミッチ・マコーネルの上院少数派指導者および上院多数派指導者としての在職期間を、妨害主義が史上最高に達したものとして特徴づけた[312]政治学者は、マコーネルによる議事妨害の使用を「憲法上のハードボール」と呼び、民主主義を損なうような方法での手続き型ツールの誤用に言及している。[301] [308] [313] [314]マコーネルは、オバマの在任期間の初期に民主党が可決しようとした(そして実際には可決した[315]2つの画期的な法律であるヘルスケア改革と銀行改革を遅らせて妨害した[316] [317]民主主義の優先立法を遅らせることによって、マコーネルは議会の成果を窮地に立たせた。政治学者のエリック・シックラーとグレゴリー・J・ワウロは次のように書いています。民主党は、可能な限り多くの議題を制定するためにかなりの多数派を抱えてわずか2年しかなかったことを考えると、日常的な措置でさえ処理する上院の能力を遅らせ、採用できる自由法案の膨大な量を制限した。」[317]

McConnell's refusal to hold hearings on Supreme Court nominee Merrick Garland during the final year of Obama's presidency was described by political scientists and legal scholars as "unprecedented",[318][319] a "culmination of this confrontational style",[320] a "blatant abuse of constitutional norms",[321] and a "classic example of constitutional hardball."[314]

2020年の米国大統領選挙がバイデンに対して宣言された後、ドナルド・トランプ大統領が譲歩を拒否し、共和党の州議会と当局者に州の人気投票を無視するよう要求したことは、アメリカの歴史において「比類のない」と表現されました[322]。深く反民主主義的」。[323]一部のジャーナリストや外国当局者は、2021年の合衆国議会議事堂の襲撃の余波でトランプをファシストと呼んでいる[324] [325] [326]

国会議事堂の襲撃後、アメリカンエンタープライズ研究所実施した調査によると、共和党員の56%が、「伝統的なアメリカの生活様式は急速に消滅しているため、力を使って救う必要があるかもしれない」という声明に同意しました。全体の回答者の36%に。白人の福音派共和党員の60パーセントがこの声明に同意した。[327] [328] [329]

イデオロギーと派閥

2018年、ギャラップの調査によると、共和党員の69%が自分たちを「保守的」と表現し、25%が「中程度」という用語を選択し、さらに5%が「リベラル」と自己認識しました[330]

When ideology is separated into social and economic issues, a 2020 Gallup poll found that 61% of Republicans and Republican-leaning independents called themselves "socially conservative", 28% chose the label "socially moderate", and 10% called themselves "socially liberal".[331] On economic issues, the same 2020 poll revealed that 65% of Republicans (and Republican leaners) chose the label "economic conservative" to describe their views on fiscal policy, while 26% selected the label "economic moderate", and 7% opted for the "economic liberal" label.[331]

The modern Republican Party includes conservatives,[3] centrists,[4] fiscal conservatives, libertarians,[5] neoconservatives,[5] paleoconservatives,[332] right-wing populists,[6][7] and social conservatives.[333][334][335]

21世紀の共和党は、イデオロギーをめぐる分裂に加えて、大まかに確立派と反体制派に分けることができます。[336] [337]ピューセンターによる2014年の共和党有権者の全国世論調査では、一方の「事業保守派」または「設立保守派」と、もう1つ。[338]

ニュース/トーク

In the 21st century, conservatives on talk radio and Fox News, as well as online media outlets such as the Daily Caller and Breitbart News, became a powerful influence on shaping the information received and judgments made by rank-and-file Republicans.[339][340] They include Rush Limbaugh, Sean Hannity, Larry Elder, Glenn Beck, Mark Levin, Dana Loesch, Hugh Hewitt, Mike Gallagher, Neal Boortz, Laura Ingraham, Dennis Pragerマイケルレーガンハウィーカーマイケルサベージそして共和党の大義を支持し、左派に声を上げて反対する多くの地元の評論家。[341] [342] [343] [344]マイク・ペンス副大統領も保守的なトークラジオで初期のキャリアを持ち、1990年代後半にマイクペンスショーを主催した後、2000年に議会に立候補した。[345]

In recent years, pundits through podcasting and radio shows like Ben Shapiro and Steven Crowder have also gained fame with a consistently younger audience through outlets such as The Daily Wire and Blaze Media.[citation needed]

Business community

The Republican Party has traditionally been a pro-business party. It garners major support from a wide variety of industries from the financial sector to small businesses. Republicans are about 50 percent more likely to be self-employed and are more likely to work in management.[346][better source needed]

2012年にワシントンポスト引用した調査によると、中小企業経営者の61%が共和党の大統領候補ミットロムニーに投票する予定でした中小企業は、2012年の共和党全国大会の主要なテーマになりました[347]

人口統計

2006年、共和党は18〜29歳の有権者の38%を獲得しました。[348] 2018年の調査では、サイレント世代ベビーブーマー世代のメンバーは、ジェネレーションXミレニアル世代よりもトランプ大統領の承認を表明する傾向がありました[349]

低所得の有権者は民主党員として特定される可能性が高く、高所得の有権者は共和党員として特定される可能性が高くなります。[350] 2012年、オバマは5万ドル未満の収入の有権者の60%とそれ以上の収入の有権者の45%を獲得した。[351]ブッシュは2004年に有権者の最も貧しい20%の41%、最も裕福な20%の55%、そしてその間の人々の53%を獲得した。2006年のハウスレースでは、5万ドルを超える収入の有権者は49​​%の共和党員でしたが、その金額未満の収入の有権者は38%の共和党員でした。[348]

性別

1980年以来、「ジェンダー格差」は、女性よりも男性の間で共和党への強い支持を見てきました。未婚で離婚した女性は、2004年の大統領選挙で、共和党のジョージW.ブッシュよりも民主党のジョンケリーに投票する可能性がはるかに高かった[352] 2006年のハウスレースでは、女性の43%が共和党に投票し、男性の47%が共和党に投票した。[348] 2010年の中間期には、「ジェンダーギャップ」が縮小し、女性は共和党と民主党の候補者を平等に支持した(49%–49%)。[353] [354] 2012年の選挙の出口調査では、有権者の大部分が成長している共和党の未婚女性の弱さが続いていることが明らかになった。[355]女性はオバマを支持したがミット・ロムニーは2012年に55〜44%のマージンで、ロムニーは既婚女性の間で53〜46%勝っていました。[356]オバマは、未婚の女性を67〜31%獲得した。[357] 2019年12月の調査によると、「白人女性は共和党の大統領候補を支持する唯一の女性有権者グループである。過去18回の選挙のうち2回を除くすべてで過半数が支持している」。[358]

教育

2012年、ピュー研究所は、民主党と共和党のギャップが35〜28の登録有権者の調査を実施しました。彼らは、自称民主党員が大学卒業生の間で共和党員に対して8ポイントの優位性を持ち、調査されたすべての卒業生の間で14ポイントの優位性を持っていることを発見しました。共和党は大学の学位を持つ白人男性の間で11ポイントのアドバンテージを持っていました。民主党は学位を持つ女性の間で10ポイントのアドバンテージを持っていました。民主党は、高校以下の教育を受けた全回答者の36%を占めました。共和党は28%を占めました。投票した白人登録有権者だけを分離した場合、共和党は全体で6ポイントのアドバンテージを持ち、高校教育以下の有権者の間では9ポイントのアドバンテージを持っていました。[359]2016年の大統領選挙後の出口調査によると、「ドナルド・トランプは大学の学位を持たない白人から投票の大部分を引き付け、白人の非大学生の男性投票の72%と白人の非大学生の女性投票の62%を獲得しました。 「」全体として、大学の学位を持つ有権者の52%が2016年にヒラリークリントンに投票し、大学の学位を持たない有権者の52%がトランプに投票しました。[360]

民族性

共和党は最近の全国選挙(1980年から2016年)で黒人投票の15%未満で勝利しています。党はエイブラハムリンカーンの下で動産奴隷制を廃止し奴隷権力を打ち負かし、1860年代後半の再建中に黒人に選挙権を与えた1930年代のニューディールまで、黒人は共和党を大幅に支持していました。[361]黒人代表は、再建から20世紀の初めに彼らのシェアが減少し始めたまで、全国共和党全国大会への南部代表のかなりのシェアであった。[362]黒人の有権者は、再建が終わった後、20世紀初頭にかけて共和党から離れ始め、共和党南部の百合白運動が台頭しました[363]エレノア・ルーズベルトなどの主要な民主党員が公民権を支持し始め、ニューディールが彼らに雇用機会を提供したとき、黒人は1930年代に民主党に大幅にシフトした。それらはニューディール連合のコアコンポーネントの1つになりました南部では、選挙での人種差別を禁止する投票権法が1965年に超党派連立によって可決された後、黒人は再び投票することができ、それ以来、民主党の投票のかなりの部分(20〜50%)を形成してきました。領域。[364]

2010年の選挙では、2人のアフリカ系アメリカ人共和党員(ティムスコットアレンウェスト)が衆議院に選出されました。[365]

In recent decades, Republicans have been moderately successful in gaining support from Hispanic and Asian American voters. George W. Bush, who campaigned energetically for Hispanic votes, received 35% of their vote in 2000 and 39% in 2004.[366] The party's strong anti-communist stance has made it popular among some minority groups from current and former Communist states, in particular Cuban Americans, Korean Americans, Chinese Americans and Vietnamese Americans. The 2007 election of Bobby Jindal as Governor of Louisiana was hailed as pathbreaking.[367] Jindal became the first elected minority governor in ルイジアナ州インド系の最初の州知事[368]ジョン・アバロンよれば、2013年、共和党は民主党よりも州全体で選出された公式レベルで民族的に多様であった。共和党の州全体で選出された役人には、ラテン系ネバダ州知事のブライアン・サンドバル、サウスカロライナ州のアフリカ系アメリカ人上院議員のティム・スコット含まれていました[369]

2012年には、ロムニーの有権者の88%が白人で、オバマの有権者の56%が白人でした。[370] 2008年の大統領選挙では、ジョン・マケインが白人投票の55%、アジア投票の35%、ヒスパニック投票の31%、アフリカ系アメリカ人投票の4%を獲得した。[371] 2010年下院選挙では、共和党が白人投票の60%、ヒスパニック投票の38%、アフリカ系アメリカ人投票の9%を獲得した。[372]

2020年の時点で、共和党の候補者は過去8回の大統領選挙のうち7回で人気投票を失っていました。[373] 1992年以来、彼らが大統領選挙で人気投票に勝ったのは2004年の米国大統領選挙だけである人口統計学者は、年配の田舎の白人男性のコアベースの着実な減少(有権者の割合として)を指摘しています。[374] [375] [376] [377]しかし、ドナルド・トランプは、2020年の選挙で非白人の支持を総投票数の26%に増やすことができた。これは、1960年以来の共和党大統領候補の最高の割合である。[378] [379]

宗教的信念

宗教は常に両当事者にとって主要な役割を果たしてきましたが、1世紀の間に、当事者の宗教的構成は変化しました。宗教は1960年以前の政党間の主要な境界線であり、カトリック、ユダヤ人、南部のプロテスタントは非常に民主的であり、北東部のプロテスタントは非常に共和党でした。ニューディール連合を弱体化させた1970年代と1980年代の再編の後、古い違いのほとんどは消えていった。[380]毎週教会に出席した有権者は、2004年に投票の61%をブッシュに与えた。たまに出席した人は彼に47%しか与えませんでした。そして、一度も出席したことがない人は彼に36%を与えました。プロテスタントの59%がブッシュに投票し、カトリック教徒の52%が投票しました(ジョン・ケリーにもかかわらず)カトリックだった)。 1980年以来、福音派の大多数が共和党に投票しました。 2000年と2004年に70〜80%がブッシュに投票し、2006年に共和党の候補者に70%が投票しました。ユダヤ人は引き続き70〜80%の民主主義者に投票します。民主党員はアフリカ系アメリカ人の教会、特に国立バプテスト教会と密接な関係がありますが、カトリックの有権者の間での歴史的な優位性は2010年の中期に54〜46に低下しました。[381]メインラインの伝統的なプロテスタント(メソジスト、ルター派、長老派、聖公会、弟子)は約55%の共和党員に減少した(1968年以前の75%とは対照的)。

ユタ州と近隣の州にある末日聖徒イエス・キリスト教会の会員は2000年にジョージWブッシュに75%以上の票を投じました[382]モルモン信仰のメンバーは、2016年にドナルド・トランプに投票し2018年大統領を支持した56%にもかかわらず、ドナルド・トランプとの混合関係を持っていました。アクセスハリウッドの論争[383]しかしながら、2018年のモルモン教徒の76%が一般的な共和党議員候補を選好したため、トランプに関する彼らの意見は彼らの政党所属に影響を与えなかった。[384]

While Catholic Republican leaders try to stay in line with the teachings of the Catholic Church on subjects such as abortion, euthanasia, embryonic stem cell research and same-sex marriage, they differ on the death penalty and contraception.[385] Pope Francis' 2015 encyclical Laudato si' sparked a discussion on the positions of Catholic Republicans in relation to the positions of the Church. The Pope's encyclical on behalf of the Catholic Church officially acknowledges a man-made climate change caused by burning fossil fuels.[386] The Pope says the warming of the planet is rooted in a throwaway culture and the developed world's indifference to the destruction of the planet in pursuit of short-term economic gains. According to ニューヨーク・タイムズLaudato SI」 2016年の選挙ではカトリックの候補者を置く圧力:ジェブ・ブッシュボビー・ジンダルマルコ・ルビオリック・サントラム[387]主要な民主党員が回勅を称賛し、ボストン大学の道徳神学教授であるジェームズ・ブレツケは、双方が不誠実であったと述べた。権威、そしてこの場合、彼らが独立して到達した立場を支持する教皇…両側にある種の不誠実、偽善があると私は思う」。[388]Pew Researchの世論調査によると、カトリック教徒は非カトリック教徒よりも地球が温暖化していると信じている可能性が高いのに対し、カトリック共和党員の51%は(一般人口よりも少ない)地球温暖化を信じており、カトリック共和党員の24%だけが地球温暖化が原因であると信じています人間の活動。[389]

2016年、正統派ユダヤ教徒の過半数が共和党に投票しました。これは、社会的保守主義とますます親イスラエル的な外交政策の姿勢により、正統派ユダヤ教徒による共和党への支持が何年にもわたって高まったためです。[390] 2020年にAP通信が実施した出口調査では、イスラム教徒の35%がドナルド・トランプに投票したことがわかった[391]

共和党の大統領

2021年の時点で、合計19人の共和党大統領がいます。

大統領 Portrait State Presidency
start date
Presidency
end date
Time in office
16 Abraham Lincoln (1809–1865) Abraham Lincoln head on shoulders photo portrait.jpg Illinois March 4, 1861 April 15, 1865[b] 4 years, 42 days
18 Ulysses S. Grant (1822–1885) Ulysses S Grant by Brady c1870-restored.jpg Illinois March 4, 1869 March 4, 1877 8 years, 0 days
19 Rutherford B. Hayes (1822–1893) President Rutherford Hayes 1870 - 1880 Restored.jpg Ohio March 4, 1877 March 4, 1881 4 years, 0 days
20 James A. Garfield (1831–1881) James Abram Garfield, photo portrait seated.jpg Ohio March 4, 1881 September 19, 1881[b] 199 days
21 Chester A. Arthur (1829–1886) Chester A. Arthur portrait c1882.jpg New York September 19, 1881 March 4, 1885 3 years, 166 days
23 Benjamin Harrison (1833–1901) Benjamin Harrison, head and shoulders bw photo, 1896.jpg Indiana March 4, 1889 March 4, 1893 4 years, 0 days
25 William McKinley (1843–1901) Mckinley.jpg Ohio March 4, 1897 September 14, 1901[b] 4 years, 194 days
26 Theodore Roosevelt (1858–1919) President Roosevelt - Pach Bros.jpg New York September 14, 1901 March 4, 1909 7 years, 171 days
27 William Howard Taft (1857–1930) William Howard Taft, head-and-shoulders portrait, facing front.jpg Ohio March 4, 1909 March 4, 1913 4 years, 0 days
29 Warren G. Harding (1865–1923) Warren G Harding-Harris & Ewing.jpg Ohio March 4, 1921 August 2, 1923[b] 2 years, 151 days
30 Calvin Coolidge (1872–1933) Calvin Coolidge cph.3g10777 (cropped).jpg Massachusetts August 2, 1923 March 4, 1929 5 years, 214 days
31 Herbert Hoover (1874–1964) President Hoover portrait.jpg California March 4, 1929 March 4, 1933 4 years, 0 days
34 Dwight D. Eisenhower (1890–1969) Dwight D. Eisenhower, official photo portrait, May 29, 1959.jpg Kansas January 20, 1953 January 20, 1961 8 years, 0 days
37 Richard Nixon (1913–1994) Richard M. Nixon, ca. 1935 - 1982 - NARA - 530679 (3x4).jpg California January 20, 1969 August 9, 1974[c] 5 years, 201 days
38 Gerald Ford (1913–2006) Gerald Ford presidential portrait (cropped 2).jpg Michigan August 9, 1974 January 20, 1977 2 years, 164 days
40 Ronald Reagan (1911–2004) Official Portrait of President Reagan 1981-cropped.jpg California January 20, 1981 January 20, 1989 8 years, 0 days
41 George H. W. Bush (1924–2018) George H. W. Bush presidential portrait (cropped 2).jpg Texas January 20, 1989 January 20, 1993 4 years, 0 days
43 George W. Bush (born 1946) George-W-Bush.jpeg Texas January 20, 2001 January 20, 2009 8 years, 0 days
45 Donald Trump (born 1946) Donald Trump official portrait (cropped).jpg New York January 20, 2017 January 20, 2021 4 years, 0 days

Current Supreme Court Justices appointed by Republican presidents

As of January 2021, six of the nine seats are filled by Justices appointed by Republican Presidents George H. W. Bush, George W. Bush, and Donald Trump.

Portrait Justice Senate Vote Since President
Clarence Thomas, official SCOTUS portrait, crop.jpg Clarence Thomas

Associate Justice of the Supreme Court of the United States

52–48 October 3, 1991 George H. W. Bush
Official roberts CJ.jpg John Roberts Jr.

Chief Justice of the Supreme Court of the United States

78–22 September 29, 2005 George W. Bush
Samuel Alito official photo (cropped).jpg Samuel Alito Jr.

Associate Justice of the Supreme Court of the United States

58–42 January 31, 2006
Associate Justice Neil Gorsuch Official Portrait (cropped).jpg Neil Gorsuch

Associate Justice of the Supreme Court of the United States

54–45 April 10, 2017 Donald Trump
Associate Justice Brett Kavanaugh Official Portrait.jpg Brett Kavanaugh

Associate Justice of the Supreme Court of the United States

50–48 October 6, 2018
Amy Coney Barrett.png Amy Coney Barrett

Associate Justice of the Supreme Court of the United States

52–48 October 27, 2020

Recent electoral history

In congressional elections: 1950–present

United States
Congressional Elections
House Election year No. of
overall House seats won
+/– Presidency No. of
overall Senate seats won
+/–[392] Senate Election year
1950
199 / 435
Increase 28 Harry S. Truman
47 / 96
Increase 5 1950
1952
221 / 435
Increase 22 Dwight D. Eisenhower
49 / 96
Increase 2 1952
1954
203 / 435
Decrease 18
47 / 96
Decrease 2 1954
1956
201 / 435
Decrease 2
47 / 96
Steady 0 1956
1958
153 / 435
Decrease 48
34 / 98
Decrease 13 1958
1960
175 / 435
Increase 22 John F. Kennedy
35 / 100
Increase 1 1960
1962
176 / 435
Increase 1
34 / 100
Decrease 3 1962
1964
140 / 435
Decrease 36 Lyndon B. Johnson
32 / 100
Decrease 2 1964
1966
187 / 435
Increase 47
38 / 100
Increase 3 1966
1968
192 / 435
Increase 5 Richard Nixon
42 / 100
Increase 5 1968
1970
180 / 435
Decrease 12
44 / 100
Increase 2 1970
1972
192 / 435
Increase 12
41 / 100
Decrease 2 1972
1974
144 / 435
Decrease 48 Gerald Ford
38 / 100
Decrease 3 1974
1976
143 / 435
Decrease 1 Jimmy Carter
38 / 100
Increase 1 1976
1978
158 / 435
Increase 15
41 / 100
Increase 3 1978
1980
192 / 435
Increase 34 Ronald Reagan
53 / 100
Increase 12 1980
1982
166 / 435
Decrease 26
54 / 100
Steady 0 1982
1984
182 / 435
Increase 16
53 / 100
Decrease 2 1984
1986
177 / 435
Decrease 5
45 / 100
Decrease 8 1986
1988
175 / 435
Decrease 2 George H. W. Bush
45 / 100
Decrease 1 1988
1990
167 / 435
Decrease 8
44 / 100
Decrease 1 1990
1992
176 / 435
Increase 9 Bill Clinton
43 / 100
Steady 0 1992
1994
230 / 435
Increase 54
53 / 100
Increase 8 1994
1996
227 / 435
Decrease 3
55 / 100
Increase 2 1996
1998
223 / 435
Decrease 4
55 / 100
Steady 0 1998
2000
221 / 435
Decrease 2 George W. Bush
50 / 100
Decrease 4[393] 2000
2002
229 / 435
Increase 8
51 / 100
Increase 2 2002
2004
232 / 435
Increase 3
55 / 100
Increase 4 2004
2006
202 / 435
Decrease 30
49 / 100
Decrease 6 2006
2008
178 / 435
Decrease 21 Barack Obama
41 / 100
Decrease 8 2008
2010
242 / 435
Increase 63
47 / 100
Increase 6 2010
2012
234 / 435
Decrease 8
45 / 100
Decrease 2 2012
2014
247 / 435
Increase 13
54 / 100
Increase 9 2014
2016
241 / 435
Decrease 6 Donald Trump
52 / 100
Decrease 2 2016
2018
200 / 435
Decrease 41
53 / 100
Increase 2 2018
2020
213 / 435
Increase 14 Joe Biden
50 / 100
Decrease 3 2020

In presidential elections: 1856–present

Election Candidate Votes Vote % Electoral votes +/– Result
1856 John C. Frémont 1,342,345 33.1
114 / 296
Increase114 Lost
1860 Abraham Lincoln 1,865,908 39.8
180 / 303
Increase66 Won
1864 Abraham Lincoln 2,218,388 55.0
212 / 233
Increase32 Won
1868 Ulysses S. Grant 3,013,421 52.7
214 / 294
Increase2 Won
1872 Ulysses S. Grant 3,598,235 55.6
286 / 352
Increase72 Won
1876 Rutherford B. Hayes 4,034,311 47.9
185 / 369
Decrease134 Won[C]
1880 James A. Garfield 4,446,158 48.3
214 / 369
Increase29 Won
1884 James G. Blaine 4,856,905 48.3
182 / 401
Decrease32 Lost
1888 Benjamin Harrison 5,443,892 47.8
233 / 401
Increase51 Won[D]
1892 Benjamin Harrison 5,176,108 43.0
145 / 444
Decrease88 Lost
1896 William McKinley 7,111,607 51.0
271 / 447
Increase126 Won
1900 William McKinley 7,228,864 51.6
292 / 447
Increase21 Won
1904 Theodore Roosevelt 7,630,457 56.4
336 / 476
Increase44 Won
1908 William Howard Taft 7,678,395 51.6
321 / 483
Decrease15 Won
1912 William Howard Taft 3,486,242 23.2
8 / 531
Decrease313 Lost[E]
1916 Charles E. Hughes 8,548,728 46.1
254 / 531
Increase246 Lost
1920 Warren G. Harding 16,144,093 60.3
404 / 531
Increase150 Won
1924 Calvin Coolidge 15,723,789 54.0
382 / 531
Decrease22 Won
1928 Herbert Hoover 21,427,123 58.2
444 / 531
Increase62 Won
1932 Herbert Hoover 15,761,254 39.7
59 / 531
Decrease385 Lost
1936 Alf Landon 16,679,543 36.5
8 / 531
Decrease51 Lost
1940 Wendell Willkie 22,347,744 44.8
82 / 531
Increase74 Lost
1944 Thomas E. Dewey 22,017,929 45.9
99 / 531
Increase17 Lost
1948 Thomas E. Dewey 21,991,292 45.1
189 / 531
Increase90 Lost
1952 Dwight D. Eisenhower 34,075,529 55.2
442 / 531
Increase253 Won
1956 Dwight D. Eisenhower 35,579,180 57.4
457 / 531
Increase15 Won
1960 Richard Nixon 34,108,157 49.6
219 / 537
Decrease238 Lost
1964 Barry Goldwater 27,175,754 38.5
52 / 538
Decrease167 Lost
1968 Richard Nixon 31,783,783 43.4
301 / 538
Increase249 Won
1972 Richard Nixon 47,168,710 60.7
520 / 538
Increase219 Won
1976 Gerald Ford 38,148,634 48.0
240 / 538
Decrease280 Lost
1980 Ronald Reagan 43,903,230 50.7
489 / 538
Increase249 Won
1984 Ronald Reagan 54,455,472 58.8
525 / 538
Increase36 Won
1988 George H. W. Bush 48,886,097 53.4
426 / 538
Decrease99 Won
1992 George H. W. Bush 39,104,550 37.4
168 / 538
Decrease258 Lost
1996 Bob Dole 39,197,469 40.7
159 / 538
Decrease9 Lost
2000 George W. Bush 50,456,002 47.9
271 / 538
Increase112 Won[F]
2004 George W. Bush 62,040,610 50.7
286 / 538
Increase15 Won
2008 John McCain 59,948,323 45.7
173 / 538
Decrease113 Lost
2012 Mitt Romney 60,933,504 47.2
206 / 538
Increase33 Lost
2016 Donald Trump 62,984,828 46.1
304 / 538
Increase98 Won[G]
2020 Donald Trump 74,216,154 46.9
232 / 538
Decrease72 Lost

Groups supporting the Republican Party

See also

Notes

  1. ^ The Republicans are the minority party in the Senate because of Vice President Kamala Harris's tie-breaking vote, as independents Bernie Sanders and Angus King caucus with the 48 Democrats, effectively making the Senate 50–50.
  2. ^ a b c d Died in office.
  3. ^ Resigned from office.
  1. ^ All major Republican geographic constituencies are visible: red dominates the map—showing Republican strength in the rural areas—while the denser areas (i.e. cities) are blue. Notable exceptions include the Pacific coast, New England, the Southern United States, areas with high Native American populations and the heavily Hispanic parts of the southwest
  2. ^ Similar to the 2004 map, Republicans dominate in rural areas, making improvements in the Appalachian states, namely Kentucky, where the party won all but two counties; and West Virginia, where every county in the state voted Republican. The party also improved in many rural counties in Iowa, Wisconsin and other midwestern states. Contrarily, the party suffered substantial losses in urbanized areas such Dallas, Harris, Fort Bend, and Tarrant counties in Texas and Orange and San Diego counties in California, all of which were won in 2004, but lost in 2020
  3. ^ Although Hayes won a majority of votes in the Electoral College, Democrat Samuel J. Tilden won a majority of the popular vote.
  4. ^ Although Harrison won a majority of votes in the Electoral College, Democrat Grover Cleveland won a plurality of the popular vote.
  5. ^ Taft finished in third place in both the electoral and popular vote, behind Progressive Theodore Roosevelt.
  6. ^ Although Bush won a majority of votes in the Electoral College, Democrat Al Gore won a plurality of the popular vote.
  7. ^ Although Trump won a majority of votes in the Electoral College, Democrat Hillary Clinton won a plurality of the popular vote.

References

  1. ^ The Origin of the Republican Party by Prof. A. F. Gilman, Ripon College, WI, 1914.
  2. ^ Winger, Richard. "March 2021 Ballot Access News Print Edition". Ballot Access News. Retrieved April 1, 2021.
  3. ^ a b Paul Gottfried, Conservatism in America: Making Sense of the American Right, p. 9, "Postwar conservatives set about creating their own synthesis of free-market capitalism, Christian morality, and the global struggle against Communism." (2009); Gottfried, Theologies and moral concern (1995) p. 12.
  4. ^ a b Siegel, Josh (July 18, 2017). "Centrist Republicans and Democrats meet to devise bipartisan healthcare plan". The Washington Examiner. Archived from the original on May 5, 2018. Retrieved May 5, 2018.
  5. ^ a b c d Miller, William J. (2013). The 2012 Nomination and the Future of the Republican Party. Lexington Books. p. 39.
  6. ^ a b Cassidy, John (February 29, 2016). "Donald Trump is Transforming the G.O.P. Into a Populist, Nativist Party". The New Yorker. Archived from the original on March 4, 2016. Retrieved July 22, 2016.
  7. ^ a b Gould, J.J. (July 2, 2016). "Why Is Populism Winning on the American Right?". The Atlantic. Archived from the original on March 12, 2017. Retrieved March 11, 2017.
  8. ^ "About". ECR Party. Retrieved April 1, 2020.
  9. ^ "Members". IDU. Archived from the original on July 16, 2015.
  10. ^ "International Democrat Union » APDU". International Democrat Union. May 22, 2018. Archived from the original on July 2, 2015.
  11. ^ Brownstein, Ronald (November 22, 2017). "Where the Republican Party Began". The American Prospect.
  12. ^ Joseph R. Fornieri; Sara Vaughn Gabbard (2008). Lincoln's America: 1809–1865. SIU Press. p. 19. ISBN 978-0-8093-8713-7. Archived from the original on July 24, 2019. Retrieved February 4, 2018.
  13. ^ James G. Randall; Lincoln the Liberal Statesman (1947).
  14. ^ "The Ol' Switcheroo. Theodore Roosevelt, 1912". Time. April 29, 2009. Archived from the original on October 5, 2018. Retrieved February 3, 2018.
  15. ^ Zingher, Joshua N. (2018). "Polarization, Demographic Change, and White Flight from the Democratic Party". The Journal of Politics. 80 (3): 860–72. doi:10.1086/696994. ISSN 0022-3816. S2CID 158351108.
  16. ^ a b c Layman, Geoffrey (2001). The Great Divide: Religious and Cultural Conflict in American Party Politics. Columbia University Press. pp. 115, 119–20. ISBN 978-0-231-12058-6. Archived from the original on June 25, 2015. Retrieved July 15, 2018.
  17. ^ Baker, Paula; Critchlow, Donald T. (2020). The Oxford Handbook of American Political History. Oxford University Press. p. 387. ISBN 978-0-19-062869-7 – via Google Books. Contemporary debate is fueled on one side by immigration restrictionists, led by President Donald Trump and other elected republicans, whose rhetorical and policy assults on undocumented Latin American immigrants, Muslim refugees, and family-based immigration energized their conservative base.
  18. ^ Hajnal, Zoltan (January 4, 2021). "Immigration & the Origins of White Backlash". Daedalus. 150 (2): 23–39. doi:10.1162/daed_a_01844. ISSN 0011-5266.
  19. ^ Reich, Gary M. (2021). The Politics of Immigration Across the United States: Every State a Border State?. Routledge. ISBN 978-1-000-33580-4 – via Google Books.
  20. ^ Jacobson, Gary C.; Liu, Huchen (n.d.). "Dealing with Disruption: Congressional Republicans' Responses to Donald Trump's Behavior and Agenda". Presidential Studies Quarterly. 50 (1): 4–29. doi:10.1111/psq.12630. ISSN 1741-5705.
  21. ^ Janda, Kenneth (2021). A Tale of Two Parties: Living Amongst Democrats and Republicans Since 1952. Routledge. ISBN 978-1-000-33882-9 – via Google Books.
  22. ^ "Party affiliation among U.S. voters: 1992–2016". September 13, 2016.
  23. ^ Multiple sources:
  24. ^ "U.S. Senate: The Kansas-Nebraska Act". www.senate.gov. Archived from the original on March 29, 2019. Retrieved March 28, 2019.
  25. ^ "The Wealthy Activist Who Helped Turn "Bleeding Kansas" Free". Smithsonian. Archived from the original on March 27, 2019. Retrieved March 28, 2019.
  26. ^ "The Origin of the Republican Party, A. F. Gilman, Ripon College, 1914". Content.wisconsinhistory.org. Archived from the original on March 22, 2012. Retrieved January 17, 2012.
  27. ^ "History of the GOP". GOP. Archived from the original on January 29, 2018. Retrieved May 9, 2017.
  28. ^ "Birth of Republicanism". NY Times. 1879.
  29. ^ William Gienapp, The Origins of the Republican Party, 1852–1856 (Oxford UP, 1987)
  30. ^ William Gienapp, "Nativism and the Creation of a Republican Majority in the North before the Civil War." Journal of American History 72.3 (1985): 529–59 online
  31. ^ "Republican National Political Conventions 1856–2008 (Library of Congress)". www.loc.gov. Archived from the original on February 20, 2019. Retrieved March 12, 2019.
  32. ^ a b "First Republican national convention ends". History. February 9, 2010. Archived from the original on March 22, 2019. Retrieved March 22, 2019.
  33. ^ a b Cooper, William (October 4, 2016). "James Buchanan: Campaigns and Elections". Miller Center of Public Affairs. Retrieved May 31, 2021.
  34. ^ a b c Burlingame, Michael (October 4, 2016). "Abraham Lincoln: Campaigns and Elections". Miller Center of Public Affairs. Retrieved May 31, 2021.
  35. ^ Guelzo, Allen C. (2008). Lincoln and Douglas: The Debates that Defined America. New York: Simon and Schuster. pp. 285. ISBN 9780743273206.
  36. ^ Kim, Mallie Jane (December 2, 2010). "The Election That Led to the Civil War". U.S. News & World Report. Retrieved May 31, 2021.
  37. ^ "Lincoln reelected". History. November 13, 2009. Archived from the original on March 22, 2019. Retrieved March 22, 2019.
  38. ^ Klein, Christopher. "Congress Passes 13th Amendment, 150 Years Ago". History. Archived from the original on March 30, 2019. Retrieved March 12, 2019.
  39. ^ Harris, William C. (1997). With Charity for All: Lincoln and the Restoration of the Union. University Press of Kentucky. pp. 123–70.
  40. ^ a b c Varon, Elizabeth R. (October 4, 2016). "Andrew Johnson: Campaigns and Elections". Miller Center of Public Affairs. Retrieved May 31, 2021.
  41. ^ McPherson, James M. (October 1965). "Grant or Greeley? The Abolitionist Dilemma in the Election of 1872". The American Historical Review. Oxford University Press. 71 (1): 42–61. doi:10.2307/1863035. JSTOR 1863035. Retrieved May 31, 2021.
  42. ^ Matthews, Dylan (July 20, 2016). "Donald Trump and Chris Christie are reportedly planning to purge the civil service". Vox. Archived from the original on March 22, 2019. Retrieved March 22, 2019.
  43. ^ Waugh, Joan (October 4, 2016). "Ulysses S. Grant: Campaigns and Elections". Miller Center of Public Affairs. Retrieved May 31, 2021.
  44. ^ Blackford, Shelia (September 30, 2020). "Disputed Election of 1876". Miller Center of Public Affairs. Retrieved May 31, 2021.
  45. ^ Johnston, Robert D. (October 4, 2016). "Rutherford B. Hayes: Campaigns and Elections". Miller Center of Public Affairs. Retrieved May 31, 2021.
  46. ^ Johnston, Robert D. (October 4, 2016). "Rutherford B. Hayes: Domestic Affairs". Miller Center of Public Affairs. Retrieved May 31, 2021.
  47. ^ Garfield, James A. (February 1876). "The Currency Conflict". The Atlantic. Retrieved May 31, 2021.
  48. ^ Peskin, Allan (Spring 1980). "The Election of 1880". The Wilson Quarterly. 4 (2): 172–181. JSTOR 40255831.
  49. ^ Andrew Glass. "Pendleton Act inaugurates U.S. civil service system, Jan. 16, 1883". Politico.
  50. ^ Butler, Leslie (2009). Critical Americans: Victorian Intellectuals and Transatlantic Liberal Reform. University of North Carolina Press.
  51. ^ Blodgett, Geoffrey T. (1962). "The Mind of the Boston Mugwump". The Mississippi Valley Historical Review. 48 (4): 614–634. doi:10.2307/1893145. JSTOR 1893145.
  52. ^ Nevins, Allan (1933). Letters of Grover Cleveland, 1850–1908. p. 269.
  53. ^ Bailey, Thomas A. (1937). "Was the Presidential Election of 1900 a Mandate on Imperialism?". The Mississippi Valley Historical Review. 24 (1): 43–52. doi:10.2307/1891336. JSTOR 1891336.
  54. ^ Skocpol, Theda (1993). "America's First Social Security System: The Expansion of Benefits for Civil War Veterans". Political Science Quarterly. 108 (1): 85–116. doi:10.2307/2152487. JSTOR 2152487.
  55. ^ Baker; Jr., George W. (August 1964). "Benjamin Harrison and Hawaiian Annexation: A Reinterpretation". Pacific Historical Review. 33 (3): 295–309. doi:10.2307/3636837. JSTOR 3636837.CS1 maint: multiple names: authors list (link)
  56. ^ Bacon, Harold (Summer 1957). "Anti-Imperialism and the Democrats". Science & Society. 21 (3): 222–239. JSTOR 40400511.
  57. ^ Phillips, Kevin (2003). William McKinley. New York: Times Books. p. 53. ISBN 978-0-8050-6953-2.
  58. ^ Walter Dean Burnham, "Periodization schemes and 'party systems': the 'system of 1896' as a case in point." Social Science History 10.3 (1986): 263–314.
  59. ^ Williams, R. Hal (2010). Realigning America: McKinley, Bryan and the Remarkable Election of 1896. Lawrence, Kan.: University Press of Kansas. pp. 56, 121. ISBN 978-0-7006-1721-0.
  60. ^ "The Ol' Switcheroo. Theodore Roosevelt, 1912". Time. Time.com. April 29, 2009. Archived from the original on October 5, 2018. Retrieved February 3, 2018.
  61. ^ David E. Kyvig, Repealing National Prohibition (2000) pp. 63–65.
  62. ^ James Ciment, ed. (2015). Encyclopedia of the Jazz Age: From the End of World War I to the Great Crash. Routledge. p. 446. ISBN 978-1-317-47165-3.CS1 maint: extra text: authors list (link)
  63. ^ Lewis Gould, Grand Old Party: A History of the Republicans (2003) pp. 271–308.
  64. ^ "The Roots of Modern Conservatism | Michael Bowen". University of North Carolina Press. Archived from the original on May 22, 2017. Retrieved May 20, 2019.
  65. ^ Gould, pp. 271–308.
  66. ^ Quote on p. 261 Nash, George H.; Reinhard, David W. (1984). "The Republican Right from Taft to Reagan". Reviews in American History. 12 (2): 261–65. doi:10.2307/2702450. JSTOR 2702450. Nash references David W. Reinhard, The Republican Right since 1945, (University Press of Kentucky, 1983).
  67. ^ Murray Rothbard (2007). The Betrayal of the American Right (PDF). Mises Institute. p. 85.
  68. ^ Nicol C. Rae, The Decline and Fall of the Liberal Republicans: From 1952 to the Present (1989)
  69. ^ Perlstein, Rick (August 2008). "How the 1964 Republican Convention Sparked a Revolution From the Right". Smithsonian Magazine. Retrieved February 15, 2021.
  70. ^ Will, George F. (November 21, 2014). "George F. Will: Recalling Rockefeller". The Washington Post. Retrieved February 15, 2021.
  71. ^ Hayward, Steven F. (October 23, 2014). "Why Ronald Reagan's 'A Time for Choosing' endures after all this time". The Washington Post. Retrieved February 15, 2021.
  72. ^ "Transcript of Reagan's Farewell Address to American People". The Washington Post. January 12, 1989. They called it the Reagan revolution. Well, I'll accept that, but for me it always seemed more like the great rediscovery, a rediscovery of our values and our common sense.
  73. ^ de Witte, Melissa (November 6, 2019). "Reagan's 'Mr. Gorbachev, tear down this wall' was almost left unsaid, recalls former speechwriter, now Hoover fellow". Stanford.edu. Retrieved June 17, 2020.
  74. ^ Glass, Andrew (June 11, 2017). "Reagan challenges Gorbachev to 'tear down' Berlin Wall, June 12, 1987". Politico. Retrieved June 17, 2020.
  75. ^ American Culture Transformed: Dialing 9/11. Palgrave Macmillan. 2012. ISBN 978-1-137-03349-9. Archived from the original on April 6, 2015. Retrieved June 17, 2015.
  76. ^ Erickson, Amanda (December 2, 2018). "How George H.W. Bush pushed the United States to embrace free trade". The Washington Post. Retrieved May 30, 2021.
  77. ^ Reuters Staff (August 16, 2017). "Opposed from the start, the rocky history of NAFTA". Reuters. Retrieved May 30, 2021.
  78. ^ Collins, Eliza (July 10, 2019). "Did Perot Spoil 1992 Election for Bush? It's Complicated". The Wall Street Journal. Retrieved May 30, 2021.
  79. ^ Helmore, Edward (February 5, 2017). "How Trump's political playbook evolved since he first ran for president in 2000". The Guardian. Retrieved May 30, 2021.
  80. ^ a b Kennedy, Lesley (October 9, 2018). "The 1994 Midterms: When Newt Gingrich Helped Republicans Win Big". History. Retrieved May 29, 2021.
  81. ^ Glass, Andrew (November 8, 2007). "Congress runs into 'Republican Revolution' Nov. 8, 1994". Politico. Retrieved May 29, 2021.
  82. ^ Elving, Ron (September 23, 2010). "GOP's 'Pledge' Echoes 'Contract'; But Much Myth Surrounds '94 Plan". NPR. Retrieved May 29, 2021.
  83. ^ a b Baer, Susan (November 7, 1996). "Revolutionary Gingrich suddenly is a centrist offering to help Clinton Election showed speaker to be 'slightly more popular than Unabomber'; ELECTION 1996". The Baltimore Sun. Retrieved May 29, 2021.
  84. ^ Cogan, John F.; Brady, David (March 1, 1997). "The 1996 House Elections: Reaffirming the Conservative Trend". Hoover Institute. Retrieved May 29, 2021.
  85. ^ Mitchell, Alison (November 7, 1998). "The Speaker Steps Down: The Career; the Fall of Gingrich, an Irony in an Odd Year". The New York Times.
  86. ^ Kilgore, Ed (June 6, 2019). "Did Impeachment Plans Damage Republicans in 1998?". New York. Retrieved May 29, 2021.
  87. ^ Graham, David A.; Murphy, Cullen (December 2018). "The Clinton Impeachment, As Told By The People Who Lived It". The Atlantic. Retrieved May 29, 2021.
  88. ^ Rothman, Lily (May 28, 2015). "How a Scandal Made Dennis Hastert the Speaker of the House". Time. Retrieved May 29, 2021.
  89. ^ Judis, John (December 20, 2004). "Movement Interruptus". The American Prospect.
  90. ^ Vyse, Graham (March 30, 2018). "'Compassionate Conservatism' Won't Be Back Anytime Soon". New Republic. Retrieved June 15, 2020.
  91. ^ Alberta, Tim (June 8, 2020). "Is This the Last Stand of the 'Law and Order' Republicans?". Politico. Retrieved June 13, 2020.
  92. ^ Wooldridge, Adrian and John Micklethwait. The Right Nation (2004).
  93. ^ Wilentz, Sean (September 4, 2008). "How Bush Destroyed the Republican Party". Rolling Stone. Retrieved February 15, 2021.
  94. ^ Michael Kazin, ed. (2013). In Search of Progressive America. University of Pennsylvania Press. p. 97. ISBN 978-0-8122-0909-9.
  95. ^ "Profiles of the Typology Groups | Pew Research". People-press.org. May 10, 2005. Archived from the original on January 11, 2017. Retrieved December 27, 2016.
  96. ^ "Righteous Anger: The Conservative Case Against George W. Bush". The American Conservative (Cato Institute Re-printing). December 11, 2003. Archived from the original on July 5, 2015. Retrieved May 2, 2015.
  97. ^ "How Huckabee Scares the GOP" Archived September 18, 2008, at the Wayback Machine. By E. J. Dionne. Real Clear Politics. Published December 21, 2007. Retrieved August 22, 2008.
  98. ^ Dick, Jason (January 19, 2016). "Today's Senate Roadblock Is Tomorrow's Safeguard". Roll Call.
  99. ^ Winston, David (January 4, 2019). "House Republicans came back from being written off before. They can again". Roll Call.
  100. ^ Niemietz, Brian. "Sarah Palin was not invited to John McCain's funeral". nydailynews.com.
  101. ^ Kilgore, Ed (November 3, 2010). "How the Republicans Did It". The New Republic.
  102. ^ "US midterm election results herald new political era as Republicans take House". The Guardian. November 3, 2010.
  103. ^ Connolly, Katie (September 16, 2010). "What exactly is the Tea Party?". BBC News.
  104. ^ "Strong in 2010, Where is the Tea Party Now?".
  105. ^ a b Blum, Rachel M. (2020). How the Tea Party Captured the GOP: Insurgent Factions in American Politics. University of Chicago Press. ISBN 978-0-226-68752-0.
  106. ^ Gallup: Tea Party's top concerns are debt, size of government The Hill, July 5, 2010
  107. ^ Somashekhar, Sandhya (September 12, 2010). Tea Party DC March: "Tea party activists march on Capitol Hill". The Washington Post. Retrieved November 5, 2011.
  108. ^ Somin, Ilya (May 26, 2011). "The Tea Party Movement and Popular Constitutionalism". Rochester, NY. SSRN 1853645. Cite journal requires |journal= (help)
  109. ^ "Scott Brown: the tea party's first electoral victory". Christian Science Monitor. January 19, 2010.
  110. ^ "Will Redistricting Be a Bloodbath for Democrats?". ABC News. Archived from the original on April 12, 2012. Retrieved April 13, 2012.
  111. ^ "It's official: Obama, Biden win second term". Los Angeles Times. January 4, 2013.
  112. ^ Inc, Quorum Analytics. "Under Obama, Democrats suffer largest loss in power since Eisenhowe..." Quorum.
  113. ^ "Democrats Retain Senate Control On Election Night". HuffPost. November 7, 2012.
  114. ^ "Olympia Snowe: Bob Dole is right about GOP" – Kevin Robillard Archived June 5, 2013, at the Wayback Machine. Politico.Com (May 29, 2013). Retrieved on 2013-08-17.
  115. ^ Powell: GOP has 'a dark vein of intolerance' Archived May 20, 2013, at the Wayback Machine. Politico.Com. Retrieved on August 17, 2013.
  116. ^ "Grand Old Party for a Brand New Generation" (PDF). June 10, 2013. Archived from the original (PDF) on June 10, 2013.
  117. ^ Franke-Ruta, Garance (March 18, 2013). "What You Need to Read in the RNC Election-Autopsy Report". The Atlantic. Archived from the original on July 7, 2019. Retrieved July 5, 2019.
  118. ^ Rachel Weiner, "Reince Priebus gives GOP prescription for future", The Washington Post March 18, 2013 Archived July 23, 2015, at the Wayback Machine
  119. ^ "Republicans keep edge in latest Senate midterm estimate". CBS News. Archived from the original on September 7, 2014. Retrieved September 7, 2014.
  120. ^ "It's all but official: This will be the most dominant Republican Congress since 1929". The Washington Post. Archived from the original on December 13, 2017. Retrieved December 6, 2017.
  121. ^ Hook, Reid J. Epstein and Janet (November 10, 2016). "Donald Trump's Win Starts a New Era for Republicans". Wall Street Journal.
  122. ^ "12 days that stunned a nation: How Hillary Clinton lost". NBC News.
  123. ^ "How Trump won and proved everyone wrong with his populist message". NBC News Specials.
  124. ^ Cohn, Nate (November 9, 2016). "Why Trump Won: Working-Class Whites". The New York Times. Retrieved February 15, 2021.
  125. ^ "Republicans Expand Control in a Deeply Divided Nation". The New York Times. Archived from the original on November 19, 2016. Retrieved February 18, 2017.
  126. ^ "Republicans Governorships Rise to Highest Mark Since 1922". U.S. News & World Report. Archived from the original on September 15, 2017. Retrieved September 10, 2017.
  127. ^ David A. Lieb (November 6, 2016). "Republican governorships rise to highest mark since 1922". U.S. News & World Report. Associated Press.
  128. ^ Phillips, Amber (November 12, 2016). "These 3 maps show just how dominant Republicans are in America after Tuesday". The Washington Post. Archived from the original on November 13, 2016. Retrieved November 14, 2016.
  129. ^ Lieb, David A. (December 29, 2016). "GOP-Controlled States Aim to Reshape Laws". Associated Press. Archived from the original on December 31, 2016. Retrieved December 30, 2016.
  130. ^ Greenblatt, Alan (November 9, 2016). "Republicans Add to Their Dominance of State Legislatures". Governing. Archived from the original on November 16, 2016. Retrieved November 17, 2016.
  131. ^ Graham, David A. (November 7, 2018). "The Democrats Are Back, and Ready to Take On Trump". The Atlantic. Retrieved November 17, 2020.
  132. ^ Kumar, Anita (September 26, 2020). "Trump's legacy is now the Supreme Court". Politico. Retrieved November 17, 2020.
  133. ^ Mascaro, Lisa (October 26, 2020). "Barrett confirmed as Supreme Court justice in partisan vote". Associated Press. Retrieved November 17, 2020.
  134. ^ "Trump signs tax cut bill, first big legislative win". NBC News.
  135. ^ Turner, Ashley (May 17, 2018). "After US embassy makes controversial move to Jerusalem, more countries follow its lead". CNBC.
  136. ^ December 2019, Leonard David 21 (December 21, 2019). "Trump Officially Establishes US Space Force with 2020 Defense Bill Signing". Space.com.
  137. ^ Forgey, Quint. "'The dawn of a new Middle East': Trump celebrates Abraham Accords with White House signing ceremony". POLITICO.
  138. ^ Wilkie, Christina (December 19, 2019). "President Trump is impeached in a historic vote by the House, will face trial in the Senate". CNBC.
  139. ^ s. "President Donald Trump impeached". History.
  140. ^ Breuninger, Christina Wilkie, Kevin (February 5, 2020). "Trump acquitted of both charges in Senate impeachment trial". CNBC.
  141. ^ Daly, Matthew (December 18, 2019). "3 Lawmakers Miss Historic Impeachment Votes". US News & World Report. Associated Press. Retrieved May 7, 2020.
  142. ^ Congressional Record: Proceedings and Debates of the 116th Congress, Second Session (PDF) (Report). 166. United States Government Publishing Office. February 5, 2020. pp. S937–38.
  143. ^ Fandos, Nicholas (February 5, 2020). "Trump Acquitted of Two Impeachment Charges in Near Party-Line Vote". The New York Times.
  144. ^ Chappell, Bill (January 13, 2021). "House Impeaches Trump A 2nd Time, Citing Insurrection At U.S. Capitol". NPR. Retrieved February 14, 2021.
  145. ^ Fandos, Nicholas (January 13, 2021). "Trump Impeached for Inciting Insurrection". The New York Times. Retrieved February 14, 2021.
  146. ^ Gregorian, Dareh (February 13, 2021). "Trump acquitted in impeachment trial; 7 GOP Senators vote with Democrats to convict". NBC News. Retrieved February 14, 2021.
  147. ^ Higgins, Tucker (February 14, 2021). "GOP senators who voted to convict Trump are now facing backlash in their home states". CNBC. Retrieved February 14, 2021.
  148. ^ Gruver, Mead (February 6, 2021). "Wyoming GOP censures Rep. Liz Cheney over impeachment vote". Associated Press. Retrieved February 14, 2021.
  149. ^ Reid, Tim (February 1, 2021). "Exclusive: Dozens of former Bush officials leave Republican Party, calling it 'Trump cult'". Reuters. Retrieved February 15, 2021.
  150. ^ "Cheney defiant as Republicans oust her from leadership for rebuking Trump". NBC News.
  151. ^ Astor, Maggie (May 13, 2021). "'A Perpetual Motion Machine': How Disinformation Drives Voting Laws". The New York Times.
  152. ^ Multiple sources:
  153. ^ "The Third-Term Panic". Cartoon of the Day. November 7, 2003. Archived from the original on September 21, 2011. Retrieved September 5, 2011.
  154. ^ Rutland, RA (1996). The Republicans: From Lincoln to Bush. p. 2. ISBN 0-8262-1090-2.
  155. ^ "The Origins of the Republican Party". UShistory.org. July 4, 1995. Archived from the original on September 30, 2012. Retrieved October 25, 2012.
  156. ^ Gould, pp. 14–15
  157. ^ Joyner, James. "The Changing Definition of 'Conservative'". The Atlantic. Archived from the original on May 25, 2017. Retrieved May 9, 2017.
  158. ^ "Republican Party | political party, United States [1854–present]". Encyclopedia Britannica. Archived from the original on May 5, 2017. Retrieved May 9, 2017.
  159. ^ "Grand Old Party", Oxford English Dictionary.
  160. ^ "Cartoon of the Day". HarpWeek.com. Archived from the original on September 21, 2011. Retrieved December 27, 2016.
  161. ^ "Ballots of United States: Indiana". University of North Carolina. Archived from the original on May 25, 2017. Retrieved February 6, 2017.
  162. ^ Tomas Lopez (October 23, 2014). "Poor Ballot Design Hurts New York's Minor Parties ... Again". Brennan Center for Justice. Archived from the original on February 7, 2017. Retrieved February 6, 2017.
  163. ^ "See Sample Ballots for Today's Primary Elections". West Kentucky Star. May 19, 2015. Archived from the original on February 7, 2017. Retrieved February 6, 2017.
  164. ^ Bump, Philip (November 8, 2016). "Red vs. Blue: A history of how we use political colors". The Washington Post. Archived from the original on November 7, 2017. Retrieved October 30, 2017.
  165. ^ Drum, Kevin (November 13, 2004). "Red State, Blue State". Washington Monthly. Archived from the original on November 7, 2017. Retrieved October 30, 2017.
  166. ^ Drum, Kevin (November 14, 2004). "Red States and Blue States ... Explained!". Washington Monthly. Archived from the original on November 7, 2017. Retrieved October 30, 2017.
  167. ^ Philip Bump. "Red vs. Blue: A history of how we use political colors". Washington Post.
  168. ^ Appelbaum, Binyamin (December 1, 2017). "Debt Concerns, Once a Core Republican Tenet, Take a Back Seat to Tax Cuts". The New York Times. ISSN 0362-4331. Archived from the original on December 2, 2017. Retrieved December 2, 2017.
  169. ^ "Why Republicans who once fought budget debt now embrace it". ABC News. Archived from the original on December 2, 2017. Retrieved December 2, 2017.
  170. ^ Johnson, Simon. "Is There a Fiscal Crisis in the United States?". Economix Blog. Archived from the original on June 21, 2018. Retrieved December 2, 2017.
  171. ^ Milkis, Sidney M.; King, Desmond; Jacobs, Nicholas F. (2019). "Building a Conservative State: Partisan Polarization and the Redeployment of Administrative Power". Perspectives on Politics. 17 (2): 453–69. doi:10.1017/S1537592718003511. ISSN 1537-5927.
  172. ^ "The Rise in Per Capita Federal Spending". Mercatus Center. November 12, 2014. Retrieved August 30, 2020.
  173. ^ "Diving into the rich pool". The Economist. September 24, 2011. Archived from the original on January 12, 2012. Retrieved January 13, 2012.
  174. ^ Paul Kiel, Jesse Eisinger (December 11, 2018). "How the IRS Was Gutted". ProPublica. Archived from the original on December 11, 2018. Retrieved December 11, 2018.
  175. ^ "Employer/Union Rights and Obligations". National Labor Relations Board. Archived from the original on July 11, 2017. Retrieved July 7, 2017.
  176. ^ "House Passes Bill to Raise Minimum Wage to $15, a Victory for Liberals". The New York Times. Retrieved March 12, 2020.
  177. ^ Krugman, Paul. The Conscience of a Liberal. New York: W.W. Norton & Company, 2007. Print.
  178. ^ Oberlander, Jonathan (March 1, 2020). "The Ten Years' War: Politics, Partisanship, And The ACA". Health Affairs. 39 (3): 471–478. doi:10.1377/hlthaff.2019.01444. ISSN 0278-2715. PMID 32119603.
  179. ^ Hertel-Fernandez, Alexander; Skocpol, Theda; Lynch, Daniel (April 2016). "Business Associations, Conservative Networks, and the Ongoing Republican War over Medicaid Expansion". Journal of Health Politics, Policy and Law. 41 (2): 239–286. doi:10.1215/03616878-3476141. ISSN 0361-6878. PMID 26732316.
  180. ^ "As Economic Concerns Recede, Environmental Protection Rises on the Public's Policy Agenda / Partisan gap on dealing with climate change gets even wider". PewResearch.org. Pew Research Center. February 13, 2020. Archived from the original on January 16, 2021.
  181. ^ Filler, Daniel. "Theodore Roosevelt: Conservation as the Guardian of Democracy". Archived from the original on August 2, 2003. Retrieved November 9, 2007.
  182. ^ Ewert, Sara Dant (July 3, 2003). "Environmental Politics in the Nixon Era". Journal of Policy History. 15 (3): 345–48. doi:10.1353/jph.2003.0019. ISSN 1528-4190. S2CID 153711962. Archived from the original on August 9, 2017. Retrieved June 3, 2017.
  183. ^ a b c d Dunlap, Riley E.; McCright, Araon M. (August 7, 2010). "A Widening Gap: Republican and Democratic Views on Climate Change". Environment: Science and Policy for Sustainable Development. 50 (5): 26–35. doi:10.3200/ENVT.50.5.26-35. S2CID 154964336.
  184. ^ Turner, James Morton; Isenberg, Andrew C. (2018). "The Republican Reversal: Conservatives and the Environment from Nixon to Trump". Harvard University Press. Archived from the original on January 8, 2019.
  185. ^ Ringquist, Evan J.; Neshkova, Milena I.; Aamidor, Joseph (2013). "Campaign Promises, Democratic Governance, and Environmental Policy in the U.S. Congress". The Policy Studies Journal. 41 (2): 365–87. doi:10.1111/psj.12021.
  186. ^ Shipan, Charles R.; Lowry, William R. (June 2001). "Environmental Policy and Party Divergence in Congress". Political Research Quarterly. 54 (2): 245–63. doi:10.1177/106591290105400201. JSTOR 449156. S2CID 153575261.
  187. ^ "Schwarzenegger takes center stage on warming". NBC News. MSNBC News. September 27, 2006. Archived from the original on July 14, 2014. Retrieved July 3, 2014.
  188. ^ Text of Opinion
  189. ^ Bush, George W. (March 13, 2001). "Text of a Letter from the President". Archived from the original on July 22, 2009. Retrieved November 9, 2007.
  190. ^ Schrope, Mark (April 5, 2001). "Criticism mounts as Bush backs out of Kyoto accord". Nature. 410 (6829): 616. Bibcode:2001Natur.410..616S. doi:10.1038/35070738. PMID 11287908.
  191. ^ "Our GOP: The Party of Opportunity". Archived from the original on August 21, 2014. Retrieved December 11, 2014.
  192. ^ John Collins Rudolf (December 6, 2010). "On Our Radar: Republicans Urge Opening of Arctic Refuge to Drilling". The New York Times. Archived from the original on July 14, 2014. Retrieved December 11, 2014.
  193. ^ Davenport, Coral (November 10, 2014). "Republicans Vow to Fight E.P.A. and Approve Keystone Pipeline". The New York Times. Archived from the original on January 13, 2016. Retrieved January 25, 2016.
  194. ^ Levy, Gabrielle (February 24, 2015). "Obama Vetoes Keystone XL, Republicans Vow to Continue Fight". US News. Archived from the original on February 1, 2016. Retrieved January 25, 2016.
  195. ^ "Keystone XL pipeline: Why is it so disputed?". BBC. November 6, 2015. Archived from the original on February 9, 2016. Retrieved January 25, 2016.
  196. ^ Matthews, Chris (May 12, 2014). "Hardball With Chris Matthews for May 12, 2014". Hardball With Chris Matthews. MSNBC. NBC news. According to a survey by the Center for American Progress' Action Fund, more than 55 percent of congressional Republicans are climate change deniers. And it gets worse from there. They found that 77 percent of Republicans on the House Science Committee say they don't believe it in either. And that number balloons to an astounding 90 percent for all the party's leadership in Congress.
  197. ^ "Earth Talk: Still in denial about climate change". The Charleston Gazette. Charleston, West Virginia. December 22, 2014. p. 10. [...] a recent survey by the non-profit Center for American Progress found that some 58 percent of Republicans in the U.S. Congress still "refuse to accept climate change. Meanwhile, still others acknowledge the existence of global warming but cling to the scientifically debunked notion that the cause is natural forces, not greenhouse gas pollution by humans.
  198. ^ Kliegman, Julie (May 18, 2014). "Jerry Brown says 'virtually no Republican' in Washington accepts climate change science". Tampa Bay Times. PolitiFact. Archived from the original on August 13, 2017. Retrieved September 18, 2017.
  199. ^ McCarthy, Tom (November 17, 2014). "Meet the Republicans in Congress who don't believe climate change is real". The Guardian. Archived from the original on September 19, 2017. Retrieved September 18, 2017.
  200. ^ Davenport, Coral; Lipton, Eric (June 3, 2017). "How G.O.P. Leaders Came to View Climate Change as Fake Science". The New York Times. ISSN 0362-4331. Archived from the original on September 14, 2017. Retrieved September 22, 2017. The Republican Party's fast journey from debating how to combat human-caused climate change to arguing that it does not exist is a story of big political money, Democratic hubris in the Obama years and a partisan chasm that grew over nine years like a crack in the Antarctic shelf, favoring extreme positions and uncompromising rhetoric over cooperation and conciliation.
  201. ^ Weaver, Dustin (January 21, 2015). "Senate votes that climate change is real". TheHill. Archived from the original on March 27, 2019. Retrieved March 26, 2019.
  202. ^ Peters, Margaret (2017). Trading Barriers. Princeton University Press. pp. 154–55. ISBN 9780691174471. Archived from the original on March 3, 2018.
  203. ^ Blanton, Dana (November 8, 2006). "National Exit Poll: Midterms Come Down to Iraq, Bush". Fox News. Archived from the original on March 6, 2007. Retrieved January 6, 2007.
  204. ^ Frumin, Aliyah (November 25, 2013). "Obama: 'Long past time' for immigration reform". MSNBC. Archived from the original on January 21, 2014. Retrieved January 26, 2014.
  205. ^ Coaston, Jane (March 3, 2021). "Trumpism Has No Heirs". The New York Times.
  206. ^ Matthews, Dylan (May 6, 2016). "Paleoconservatism, the movement that explains Donald Trump, explained". Vox.
  207. ^ Ganesh, Janan (August 8, 2018). "Isolationism is the wrong charge to level at Donald Trump". Financial Times.
  208. ^ "Cruz: 'America Does Not Need Torture to Protect Ourselves'". December 3, 2015. Archived from the original on January 1, 2016. Retrieved December 27, 2015.
  209. ^ Erik Wasson (July 18, 2013). "House GOP unveils spending bill with $5.8B cut to foreign aid". The Hill. Archived from the original on December 15, 2014. Retrieved December 11, 2014.
  210. ^ David Rogers (February 1, 2011). "GOP seeks to slash foreign aid". Politico. Archived from the original on February 22, 2015. Retrieved December 11, 2014.
  211. ^ Mario Trujillo (July 1, 2014). "Republicans propose halting foreign aid until border surge stops". The Hill. Archived from the original on December 15, 2014. Retrieved December 11, 2014.
  212. ^ Lipton, Eric (April 4, 2015). "G.O.P.'s Israel Support Deepens as Political Contributions Shift". The New York Times. Archived from the original on June 8, 2015. Retrieved June 17, 2015.
  213. ^ "Republican Platform: American Exceptionalism". Republican National Committee. Archived from the original on June 23, 2015. Retrieved June 22, 2015.
  214. ^ O'Toole, Molly. "Report How Donald Trump and the GOP Dropped the Two-State Solution for Mideast Peace". Foreign Policy. Archived from the original on March 18, 2017. Retrieved March 18, 2017.
  215. ^ "Republicans possibly ready to reject two-state solution, Trump advisor says". The Jerusalem Post | Jpost.com. Archived from the original on March 18, 2017. Retrieved March 18, 2017.
  216. ^ See "July 3, 2014 – Iraq – Getting In Was Wrong; Getting Out Was Right, U.S. Voters Tell Quinnipiac University National Poll" Quinnipiac University Poll Archived April 2, 2016, at the Wayback Machine item #51
  217. ^ "Republican Platform 2016" (PDF). Retrieved July 20, 2016.
  218. ^ a b Zelizer, Julian E. (2004). The American Congress: The Building of Democracy. Houghton Mifflin Harcourt. pp. 704–05. ISBN 978-0-547-34550-5. Retrieved June 17, 2015.
  219. ^ Chapman, Roger (2010). Culture Wars: An Encyclopedia of Issues, Viewpoints, and Voices. M.E. Sharpe. p. passim. ISBN 978-0-7656-2250-1. Archived from the original on April 7, 2015. Retrieved June 17, 2015.
  220. ^ Alan Fram; Philip Elliot (August 29, 2012). "GOP OKs platform barring abortions, gay marriage". Finance.yahoo.com. Archived from the original on February 26, 2017. Retrieved December 27, 2016.
  221. ^ a b "How race and religion have polarized American voters". Washington Post. Archived from the original on July 16, 2018. Retrieved July 15, 2018.
  222. ^ Gould, Eric D.; Klor, Esteban F. (2019). "Party hacks and true believers: The effect of party affiliation on political preferences". Journal of Comparative Economics. 47 (3): 504–24. doi:10.1016/j.jce.2019.03.004.
  223. ^ "Bobby Jindal on the Issues". Ontheissues.org. Archived from the original on June 13, 2012. Retrieved May 16, 2010.
  224. ^ Kilgore, Ed. "The Near-Extinction of Pro-Choice Republicans in Congress". Daily Intelligencer. Archived from the original on September 20, 2018. Retrieved October 10, 2018.
  225. ^ Stem cells: What they are and what they do Archived June 6, 2013, at the Wayback Machine. MayoClinic.com (March 23, 2013). Retrieved on July 15, 2013.
  226. ^ Watson, Stephanie. (November 11, 2004) HowStuffWorks "Embryonic Stem Cells" Archived July 2, 2013, at the Wayback Machine. Science.howstuffworks.com. Retrieved on July 15, 2013.
  227. ^ "FAQs Stem Cell Information". Archived from the original on July 29, 2016.
  228. ^ Newport, Frank (August 24, 2010). "Americans and Embryonic Stem Cell Research". gallup.com. Archived from the original on October 10, 2018.
  229. ^ Shapiro, Ben (June 10, 2020). "Ben Shapiro: "The only aspects of American life that are legally racist are legally racist on behalf of minority groups"". Media Matters.
  230. ^ "Bush criticizes university 'quota system'". CNN. January 15, 2003. Archived from the original on June 4, 2010. Retrieved May 22, 2010.
  231. ^ Eilperin, Juliet (May 12, 1998). "Watts Walks a Tightrope on Affirmative Action". The Washington Post. Archived from the original on May 24, 2010. Retrieved January 22, 2007.
  232. ^ Republican National Committee (July 30, 2015). "Republican Views On Affirmative Action". republicanviews.org.
  233. ^ "America's Complex Relationship With Guns". Pew Research Center. June 22, 2017.
  234. ^ Siegel, Reva B. "Dead or Alive: Originalism as Popular Constitutionalism in Heller." The Second Amendment on Trial: Critical Essays on District of Columbia v. Heller, edited by Saul Cornell and Nathan Kozuskanich, University of Massachusetts Press, 2013, p. 104.
  235. ^ Siddiqui, Sabrina (September 10, 2013). "Colorado Recall Results: Democratic State Senators Defeated In Major Victory For NRA". HuffPost.
  236. ^ "Letter of Resignation Sent By Bush to Rifle Association". The New York Times. May 11, 1995.
  237. ^ "Republican Views on Drugs | Republican Views". www.republicanviews.org. Archived from the original on May 2, 2017. Retrieved May 1, 2017.
  238. ^ "House votes to decriminalize marijuana as GOP resists national shift". The Washington Post. 2020.
  239. ^ Kneeland, Timothy W. (July 1, 2016). Today's Social Issues: Democrats and Republicans: Democrats and Republicans. ABC-CLIO. p. 206. ISBN 978-1-61069-836-8.
  240. ^ Greg Newburn (July 18, 2014). "Top GOP Presidential Contenders Support Mandatory Minimum Reform". Families Against Mandatory Minimums. Archived from the original on November 29, 2014. Retrieved December 11, 2014.
  241. ^ Dao, James (November 4, 2004). "Same-Sex Marriage Issue Key to Some G.O.P. Races". The New York Times. ISSN 0362-4331. Archived from the original on August 12, 2019. Retrieved August 25, 2019.
  242. ^ a b c Lerer, Lisa; Russonello, Giovanni; Paz, Isabella Grullón (June 17, 2020). "On L.G.B.T.Q. Rights, a Gulf Between Trump and Many Republican Voters". The New York Times. ISSN 0362-4331. Retrieved June 8, 2021.
  243. ^ "Bush calls for ban on same-sex marriages". CNN.com. February 25, 2004. Archived from the original on May 15, 2009. Retrieved February 3, 2016.
  244. ^ "Bush urges federal marriage amendment". NBC News. June 6, 2006. Archived from the original on April 8, 2016. Retrieved February 3, 2016.
  245. ^ Stout, David (February 24, 2004). "Bush Backs Ban in Constitution on Gay Marriage". The New York Times. ISSN 0362-4331. Archived from the original on December 17, 2018. Retrieved December 17, 2018.
  246. ^ Murray, Shailagh (June 8, 2006). "Gay Marriage Amendment Fails in Senate". The Washington Post and Times-Herald. ISSN 0190-8286. Archived from the original on March 8, 2019. Retrieved December 17, 2018.
  247. ^ "Constitutional Amendment on Marriage Fails". Fox News. March 25, 2015. Archived from the original on December 17, 2018. Retrieved December 17, 2018.
  248. ^ "A Shifting Landscape" (PDF). Publicreligion.org. 2003. Archived from the original (PDF) on April 17, 2016. Retrieved December 27, 2016.
  249. ^ Amanda Terkel (May 5, 2014). "Majority Of State GOP Platforms Still Anti-Gay". HuffPost. Archived from the original on August 24, 2019. Retrieved August 24, 2019.
  250. ^ "Read the Republican Platform on Hot-Button Issues". Time. Archived from the original on August 4, 2019. Retrieved August 24, 2019.
  251. ^ "The 2016 Republican Party Platform". GOP. July 18, 2016. Retrieved February 1, 2020.
  252. ^ Orr, Gabby. "Republicans across the spectrum slam RNC's decision to keep 2016 platform". Politico. Retrieved June 12, 2020.
  253. ^ Kilgore, Ed (June 11, 2020). "Republicans Will Just Recycle Their 2016 Party Platform". Intelligencer. Retrieved June 12, 2020.
  254. ^ Epstein, Reid J.; Karni, Annie (June 11, 2020). "G.O.P. Platform, Rolled Over From 2016, Condemns the 'Current President'". The New York Times. ISSN 0362-4331. Retrieved June 12, 2020.
  255. ^ Lopez, German (June 26, 2017). "Slowly but surely, Republicans are coming around to same-sex marriage". Vox. Archived from the original on May 11, 2019. Retrieved May 11, 2019.
  256. ^ de Vogue, Ariane (November 14, 2016). "Trump: Same-sex marriage is 'settled,' but Roe v Wade can be changed". CNN. Archived from the original on May 11, 2019. Retrieved May 11, 2019.
  257. ^ "Trump recognizes LGBTQ pride month in tweets". NBC News. Archived from the original on August 3, 2019. Retrieved August 25, 2019.
  258. ^ Fadulu, Lola; Flanagan, Annie (December 6, 2019). "Trump's Rollback of Transgender Rights Extends Through Entire Government". New York Times. Retrieved June 9, 2020.
  259. ^ Schmalz, Jeffrey (August 20, 1992). "A Delicate Balance: The Gay Vote; Gay Rights and AIDS Emerging As Divisive Issues in Campaign". The New York Times. ISSN 0362-4331. Archived from the original on August 24, 2019. Retrieved August 24, 2019.
  260. ^ Fisher, Marc (August 28, 2012). "GOP platform through the years shows party's shift from moderate to conservative". The Washington Post. Archived from the original on August 24, 2019.
  261. ^ Mellnik, Ted; Alcantara, Chris; Uhrmacher, Kevin (July 15, 2016). "What Republicans and Democrats have disagreed on, from 1856 to today". The Washington Post. Archived from the original on November 14, 2017.
  262. ^ "Republican Party Platforms: Republican Party Platform of 1992". Presidency.ucsb.edu. August 17, 1992. Archived from the original on February 4, 2017. Retrieved December 27, 2016.
  263. ^ "Layout 1" (PDF). Gop.com. Archived (PDF) from the original on July 30, 2014. Retrieved December 27, 2016.
  264. ^ "Republican Party Platforms: 2008 Republican Party Platform". Presidency.ucsb.edu. Archived from the original on January 28, 2017. Retrieved December 27, 2016.
  265. ^ "Republican Party Platform". GOP. Retrieved December 29, 2019.
  266. ^ "Republican Platform 2016" (PDF). GOP.com. 2016.
  267. ^ "About Us". Log Cabin Republicans. Retrieved November 29, 2020.
  268. ^ Inc, Gallup (August 22, 2016). "Four in Five Americans Support Voter ID Laws, Early Voting". Gallup.com. Retrieved April 7, 2021.
  269. ^ Rakich, Nathaniel (April 2, 2021). "Americans Oppose Many Voting Restrictions — But Not Voter ID Laws". FiveThirtyEight. Retrieved April 7, 2021.
  270. ^ Matt Vasilogambros (February 5, 2021). "Republicans Target Ballot Access After Record Turnout". Stateline. Pew Trusts.
  271. ^ "'They Don't Really Want Us to Vote': How Republicans Made it Harder". Archived from the original on November 4, 2018. Retrieved November 4, 2018.
  272. ^ "The big conservative lie on 'voter fraud'". The Week. October 23, 2018. Archived from the original on December 28, 2018. Retrieved December 27, 2018.
  273. ^ Hakim, Danny; Wines, Michael (November 3, 2018). "'They Don't Really Want Us to Vote': How Republicans Made It Harder". The New York Times. ISSN 0362-4331. Retrieved April 7, 2021.
  274. ^ Bump, Philip (October 13, 2014). "The disconnect between voter ID laws and voter fraud". The Fix. The Washington Post. Retrieved July 26, 2016.
  275. ^ Levitt, Justin (August 6, 2014). "A comprehensive investigation of voter impersonation finds 31 credible incidents out of one billion ballots cast". The Washington Post.
  276. ^ Wines, Michael (February 27, 2021). "In Statehouses, Stolen-Election Myth Fuels a G.O.P. Drive to Rewrite Rules". New York Times.
  277. ^ Kelly Mena. "More than 100 bills that would restrict voting are moving through state legislatures". CNN. Archived from the original on February 3, 2021. Retrieved February 3, 2021.
  278. ^ Gardner, Amy (March 26, 2021). "After Trump tried to intervene in the 2020 vote, state Republicans are moving to take more control of elections". The Washington Post.
  279. ^ Mali, Meghashyam (July 19, 2016). "GOP platform calls for tough voter ID laws". TheHill. Retrieved April 7, 2021.
  280. ^ Glaser, James (1998). "Race, Campaign Politics, and the Realignment in the South". Yale University Press. Archived from the original on June 5, 2019. Retrieved June 9, 2018.
  281. ^ Bullock, Charles S.; Hoffman, Donna R.; Gaddie, Ronald Keith (2006). "Regional Variations in the Realignment of American Politics, 1944–2004". Social Science Quarterly. 87 (3): 494–518. doi:10.1111/j.1540-6237.2006.00393.x. ISSN 0038-4941. The events of 1964 laid open the divisions between the South and national Democrats and elicited distinctly different voter behavior in the two regions. The agitation for civil rights by southern blacks, continued white violence toward the civil rights movement, and President Lyndon Johnson's aggressive leadership all facilitated passage of the 1964 Civil Rights Act. [...] In the South, 1964 should be associated with GOP growth while in the northeast this election contributed to the eradication of Republicans.
  282. ^ Gaddie, Ronald Keith (2012). "Realignment". The Oxford Handbook of Southern Politics. doi:10.1093/oxfordhb/9780195381948.013.0013. Archived from the original on June 12, 2018. Retrieved June 9, 2018.
  283. ^ Stanley, Harold W. (1988). "Southern Partisan Changes: Dealignment, Realignment or Both?". The Journal of Politics. 50 (1): 64–88. doi:10.2307/2131041. ISSN 0022-3816. JSTOR 2131041. S2CID 154860857. Events surrounding the presidential election of 1964 marked a watershed in terms of the parties and the South (Pomper, 1972). The Solid South was built around the identification of the Democratic party with the cause of white supremacy. Events before 1964 gave white southerners pause about the linkage between the Democratic party and white supremacy, but the 1964 election, passage of the Civil Rights Act of 1964, and the Voting Rights Act of 1965 altered in the minds of most the positions of the national parties on racial issues.
  284. ^ Miller, Gary; Schofield, Norman (2008). "The Transformation of the Republican and Democratic Party Coalitions in the U.S.". Perspectives on Politics. 6 (3): 433–50. doi:10.1017/S1537592708081218. ISSN 1541-0986. S2CID 145321253. 1964 was the last presidential election in which the Democrats earned more than 50 percent of the white vote in the United States.
  285. ^ Black, Earl; Black, Merle (2003). "The Rise of Southern Republicans". Harvard University Press. Archived from the original on June 12, 2018. Retrieved June 9, 2018. When the Republican party nominated Arizona Senator Barry Goldwater—one of the few northern senators who had opposed the Civil Rights Act—as their presidential candidate in 1964, the party attracted many racist southern whites but permanently alienated African-American voters. Beginning with the Goldwater-versus-Johnson campaign more southern whites voted Republican than Democratic, a pattern that has recurred in every subsequent presidential election. [...] Before the 1964 presidential election the Republican party had not carried any Deep South state for eighty-eight years. Yet shortly after Congress passed the Civil Rights Act, hundreds of Deep South counties gave Barry Goldwater landslide majorities.
  286. ^ a b Carmines, Edward; Stimson, James (1990). Issue Evolution: Race and the Transformation of American Politics. Princeton University Press. ISBN 978-0-691-02331-1. Archived from the original on May 16, 2018. Retrieved June 9, 2018.
  287. ^ Miller, Gary; Schofield, Norman (2003). "Activists and Partisan Realignment in the United States". American Political Science Review. 97 (2): 245–60. doi:10.1017/S0003055403000650. ISSN 1537-5943. S2CID 12885628. By 2000, however, the New Deal party alignment no longer captured patterns of partisan voting. In the intervening 40 years, the Civil Rights and Voting Rights Acts had triggered an increasingly race-driven distinction between the parties. [...] Goldwater won the electoral votes of five states of the Deep South in 1964, four of them states that had voted Democratic for 84 years (Califano 1991, 55). He forged a new identification of the Republican party with racial conservatism, reversing a century-long association of the GOP with racial liberalism. This in turn opened the door for Nixon's "Southern strategy" and the Reagan victories of the eighties.
  288. ^ Valentino, Nicholas A.; Sears, David O. (2005). "Old Times There Are Not Forgotten: Race and Partisan Realignment in the Contemporary South". American Journal of Political Science. 49 (3): 672–88. doi:10.1111/j.1540-5907.2005.00136.x. ISSN 0092-5853.
  289. ^ Ilyana, Kuziemko; Ebonya, Washington (2018). "Why Did the Democrats Lose the South? Bringing New Data to an Old Debate". American Economic Review. 108 (10): 2830–67. doi:10.1257/aer.20161413. ISSN 0002-8282.
  290. ^ a b Julian E. Zelizer (2012). Governing America: The Revival of Political History. Princeton University Press. p. 69. ISBN 978-1-4008-4189-9. younger Southern historians such as Matthew Lassiter, Kevin Kruse, and Joseph Crespino objected to claims about Southern Exceptionalism while agreeing on the centrality of a racial backlash
  291. ^ Lassiter, Matthew; Kruse, Kevin (August 2009). "The Bulldozer Revolution: Suburbs and Southern History since World War II". The Journal of Southern History. 75 (3): 691–706. JSTOR 27779033.
  292. ^ Alexander, Gerard (March 20, 2004). "The Myth of the Racist Republicans". The Claremont Review of Books. 4 (2). Retrieved March 25, 2015.
  293. ^ Lassiter, Matthew D. (2006). The Silent Majority: Suburban Politics in the Sunbelt South. Princeton University Press. pp. 4–7. ISBN 978-1-4008-4942-0.
  294. ^ Feldman, Glenn (2011). Painting Dixie Red: When, Where, Why and How the South Became Republican. University Press of Florida. pp. 16, 80.