ルネサンス

ウィキペディアから、無料の百科事典
ナビゲーションにジャンプ 検索にジャンプ

ヨーロッパのルネッサンス発祥の地、フィレンツェアーキテクチャの観点、そして現代のシステムとの分野銀行会計はルネサンスの間に導入されました。

ルネッサンスUK/ R ɪ N S ən S / RIN- AY -sənssUS/ R ɛ N ə S ɑː N S / 聞くAbout this sound REN -ə-sahnss[1] [A]であります期間中にヨーロッパの歴史からの移行マーキング中世現代性を15世紀と16世紀をカバーし、古典古代のアイデアと成果を復活させ、それを超える努力を特徴としています。それ中世後期危機の後に起こり、大きな社会的変化と関連していた。標準的な時代区分に加えて、「長いルネッサンス」の支持者は、14世紀に始まり、17世紀に終わるかもしれません。[3]

伝統的な見方は、ルネサンスの近世の側面に焦点を当て、過去からの脱却であったと主張していますが、今日の多くの歴史家は、中世の側面に焦点を当て、中世の延長であると主張しています。[4] [5]しかし、この時代の始まり、つまり15世紀初頭のルネサンスと1250年または1300年頃のイタリアのプロトルネサンスは、中世後期とかなり重なっています。 1250〜1500、そして中世自体は、現代のように、徐々に変化に満ちた長い期間でした。そして、両方の間の移行期間として、ルネッサンスは両方、特にどちらかの後半と初期のサブ期間に非常に類似しています。[NS]

ルネサンスの知的基盤は、ローマのヒューマニタスの概念と、「人はすべてのものの尺度である」と言ったプロタゴラスのような古典的なギリシャ哲学の再発見から派生したヒューマニズムのバージョンでした。この新しい考え方は、芸術建築政治科学文学に現れました。初期の例は、開発した視点油絵や作り方の復活知識コンクリートを金属活字の発明ですが15世紀後半からのアイデアの普及を加速し、ルネッサンスの変化はヨーロッパ全体で均一ではありませんでした。最初の痕跡は、特にダンテの著作ジョットの絵画で、早くも13世紀後半にイタリアに現れます。

文化運動として、ルネッサンスはペトラルカの功績による古典的な情報源に基づいた14世紀の学習の復活から始まり、ラテン語土語の文学の革新的な開花を包含しました絵画においてより自然な現実を表現するための線形遠近法および他の技術の開発;徐々にではあるが広範囲にわたる教育改革。政治では、ルネッサンスは外交の慣習や慣習の発展に貢献し、科学では、観察と帰納的推論への依存度を高めました。。多くの知的及び社会科学の追求でルネサンスソー回転だけでなく、現代の導入が、銀行とのフィールドを占め[6]それはおそらく最高の芸術的発展のために知られており、このようなの貢献polymathsとしてレオナルド・ダ・ヴィンチ「ルネッサンスマン」という言葉に影響を与えたミケランジェロ[7] [8]

ルネッサンスは、イタリアの多くの州の1つであるフィレンツェ共和国で始まりました[9]当時のフィレンツェの社会的および市民的特徴を含むさまざまな要因に焦点を当てて、その起源と特徴を説明するためにさまざまな理論が提案されてきました:その政治構造、その支配的な家族、メディチ家の後援[10 ] [11]そして、コンスタンティノープル陥落オスマントルコへのギリシャの学者とそのテキストのイタリアへの移住[12] [13] [14]他の主要な中心地は、イタリア北部の都市国家でした。など、ヴェネツィアジェノヴァミラノボローニャ、とローマの間にルネサンス教皇ベルギーなどの都市ブルージュゲントブリュッセルルーベン、またはアントワープ

ルネサンスには長く複雑な歴史学があり、離散的な時代区分に対する一般的な懐疑論に沿って、19世紀の「ルネサンス」の栄光に反応する歴史家と「ルネサンスの男性」としての個々の文化的英雄の間で多くの議論がありました。用語および歴史的描写としてルネッサンスの有用性[15]一部のオブザーバーではなく、悲観論との期間として、それを見て、ルネサンスは中世からの文化的な「進歩」であったかどうかを疑問視されてきた懐かしのための古典古代[16] 特にで、社会的、経済的史家ながら椅子デュレ、代わりに焦点を当てています連続両者の時代[17]のように連結されている、パノフスキーは「千の関係によって」観察。[18]

リナシタ(「再生」)という用語は、1830年代にルネッサンスとして英語化されたジョルジョヴァザーリ芸術家生涯(1550年頃)に最初に登場しました。[19]この言葉は、カロリング朝ルネサンス(8世紀と9世紀)、オットー朝ルネサンス(10世紀と11世紀)、12世紀ルネサンスなどの他の歴史的および文化的運動にも拡張されています。[20]

概要

ルネサンスは、近世のヨーロッパの知的生活に大きな影響を与えた文化運動でした。イタリアで始まり、16世紀までにヨーロッパの他の地域に広がり、その影響は芸術建築哲学文学音楽科学技術、政治、宗教、その他の知的探求の側面で感じられました。ルネサンスの学者は、研究にヒューマニストの方法を採用し、芸術におけるリアリズムと人間の感情を探しました。[21]

ルネッサンスヒューマニストなどポッジョ・ブラッチョリーニは、ヨーロッパの修道院の図書館のラテン語、文学、歴史的、及び弁論文章で探し出した古代ながら、コンスタンティノープルの陥落(1453)はの波生成亡命 ギリシャの学者に貴重な原稿をもたらす古代ギリシャの持っていた、その多くが、西側では曖昧に陥った。ルネサンスの学者が、ギリシャ語アラビア語の研究に焦点を合わせていた12世紀のルネサンスの中世の学者とは著しく異なっていたのは、文学と歴史のテキストに新たに焦点を当てていることです。 そのような文化的テキストではなく、自然科学、哲学、数学の作品。

新プラトン主義の復活において、ルネサンスのヒューマニストはキリスト教を拒絶しませんでした。それどころか、ルネサンスの最も偉大な作品の多くはそれに捧げられ、教会はルネサンス芸術の多くの作品をひいきにしました。しかし、知識人が宗教に近づく方法に微妙な変化が起こり、それは文化的生活の他の多くの分野に反映されていました。[22]さらに、ギリシャの新約聖書を含む多くのギリシャのキリスト教の作品は、ビザンチウムから西ヨーロッパに持ち帰られ、古代末期以来初めて西欧の学者と関わりました。ギリシャのキリスト教徒の作品とのこの新しい婚約、特にヒューマニストのロレンツォ・ヴァッラによって促進された新約聖書の元のギリシャ語への復帰エラスムスは、プロテスタント改革への道を開くのに役立ちます

古典主義への最初の芸術的復帰ニコラピサーノの彫刻で例示された後、マサッチオが率いるフィレンツェの画家は、人間の形をリアルに描写し、遠近法と光をより自然に表現する技術を開発しました。政治哲学者、最も有名なニッコロ・マキャヴェッリは、政治生活を実際の状態で説明しようとしました。つまり、それを合理的に理解することです。イタリアのルネサンスのヒューマニズムへの重要な貢献であるジョバンニピコデラミランドラは、有名なテキストDe hominis dignitate人間の尊厳についての演説)を書きました、1486)、これは、哲学、自然思想、信仰、および理性を理由に敵に対して防御された魔法に関する一連の論文で構成されています。ルネッサンスの作家は、古典ラテン語とギリシャ語を学ぶことに加えて、ますますを使い始めました印刷機の導入と相まって、これにより、より多くの人々が本、特に聖書にアクセスできるようになります。[23]

全体として、ルネサンスは、古代からのアイデアの復活と思考への斬新なアプローチの両方を通じて、世俗的で世俗的なものを研究し、改善しようとする知識人による試みと見なすことができます。以下のような一部の学者、ロドニースターク[24]の以前の技術革新の賛成でルネサンスダウンプレーイタリアの都市国家中世盛期応答政府、キリスト教との誕生結婚し、資本主義を。この分析は、ヨーロッパの偉大な州(フランスとスペイン)は絶対君主制であり、他の州は教会の直接の支配下にあったが、独立した都市共和国であると主張しているイタリアのは、出家生活で発明された資本主義の原則を引き継ぎ、ルネサンスに先立って資金を提供した前例のない広大な商業革命を開始しました。

起源

ルネッサンス発祥の地フィレンツェの眺め

多くはルネッサンスを特徴付けるアイデアがで彼らの起源だったと主張しているフィレンツェのの著作で、特に、13〜14世紀の変わり目にダンテ・アリギエーリ(1265年から1321年)とペトラルカ(1304年から1374年)、などの絵画ジョット・ディ・ボンドーネ(1267–1337)。一部の作家は、ルネッサンスを非常に正確に日付付けしています。提案された出発点の1つは、ライバルの天才ロレンツォギベルティフィリッポブルネレスキフィレンツェ大聖堂の洗礼堂のブロンズドアを建設する契約を争ったときの1401です(ギベルティが勝ちました)。[25]ルネサンスの創造性を刺激するものとして、芸術委員会をめぐるブルネレスキ、ギベルティ、ドナテッロマサッチオなどの芸術家と博学者の間のより一般的な競争を見る人もいます。それでも、なぜルネッサンスがイタリアで始まったのか、そしてなぜそれが始まったのかについては、多くの議論が続いています。したがって、その起源を説明するためにいくつかの理論が提唱されてきた。

ルネサンス期には、お金と芸術は密接に関係していました。芸術家は完全に常連客に依存していましたが、常連客は芸術的才能を育成するためにお金を必要としていました。富は、14世紀、15世紀、16世紀にアジアとヨーロッパへの貿易を拡大することにより、イタリアにもたらされました。チロルでの銀の採掘はお金の流れを増やしました。十字軍の間に持ち帰られたイスラム世界からの贅沢は、ジェノヴァとヴェネツィアの繁栄を高めました。[26]

ジュール・ミシュレは、フランスの16世紀のルネサンスを、中世からの脱却を表すヨーロッパの文化史の期間と定義し、人類とその世界における位置についての現代的な理解を生み出しました。[27]

ルネサンスのヒューマニズムのラテン語とギリシャ語の段階

中世の中世とは対照的に、ラテン語の学者がギリシャ語とアラビア語の自然科学、哲学、数学の作品の研究にほぼ完全に焦点を当てていたとき[28]ルネサンスの学者は、ラテン語とギリシャ語の文学、歴史、演説の回復と研究に最も興味を持っていました。テキスト。大まかに言えば、これは以下のようなルネサンス学者ラテン相、と14世紀に始まったペトラルカコルッチョ・サルターティ(1331年から1406年)は、ニッコロ・ニッコリ(1364年から1437年)とポッジョ・ブラッチョリーニ(1380年から1459年は)のライブラリーを精練しましたシセロルクレティウスリヴィなどのラテン系作家の作品を求めてヨーロッパセネカ[29] [完全な引用が必要] 15世紀初頭までに、生き残ったそのようなラテン文学の大部分が回復した。西ヨーロッパの学者が古代ギリシャの文学、歴史、演説、神学のテキストを回復することに目を向けたとき、ルネサンスのヒューマニズムのギリシャの段階が進行中でした。[30] [完全な引用が必要]

古代末期から西ヨーロッパで保存され研究されてきたラテン語のテキストとは異なり、古代ギリシャ語のテキストの研究は中世の西ヨーロッパでは非常に限られていました。科学、数学、哲学に関する古代ギリシャの作品は、西ヨーロッパとイスラム黄金時代(通常は翻訳)の中世以来研究されてきましたが、ギリシャの文学、演説、歴史の作品(ホーマー、ギリシャの演劇家、デモステネスなど)トゥキディデス)は、ラテン語または中世のイスラム世界のどちらでも研究されていませんでした。中世では、これらの種類のテキストはビザンチンの学者によってのみ研究されました。いくつかは、と主張しているティムールルネサンスサマルカンドヘラートは、その素晴らしさを文化の再生の中心としてフィレンツェで調子を整えた[31] [32]オスマン帝国と関係があり、その征服はギリシャの学者のイタリアの都市への移住につながった[33] [完全な要出典] [34] [完全な要出典] [12] [35]ルネサンス学者の最大の成果の1つは、このクラスのギリシャ文化作品全体を古代ヨーロッパに初めて持ち帰ることでした。古代。

イスラム教徒の論理学者、特にアヴィセンナアヴェロエスはエジプトレバントを侵略して征服した後、ギリシャの思想を継承していました。これらのアイデアに関する彼らの翻訳と解説は、アラブ西部を通ってイベリアシチリア行き着きました。イベリアシチリアは、このアイデアの伝達の重要な中心地になりました。 11世紀から13世紀にかけて、哲学的および科学的作品の古典アラビア語から中世ラテンの翻訳を専門とする多くの学校、特にトレド翻訳学派がイベリアに設立されましたイスラム文化からのこの翻訳作品は、大部分が計画外で無秩序でしたが、歴史上最大のアイデアの伝達の1つを構成しました。[36]ギリシャの文学、歴史、演説、神学のテキストの定期的な研究を西ヨーロッパのカリキュラムに再統合する運動は、通常、コルッチョ・サルタティからビザンチンの外交官で学者のマニュエル・クリュソロラスへの1396年の招待にさかのぼります(c。1355–1415 )フィレンツェでギリシャ語を教える。[37] [完全な引用が必要]この遺産は、バシリオス・ベッサリオンからレオ・アラティウスまで、多くの外国人ギリシャ人学者によって引き継がれました

イタリアの社会的および政治的構造

1494年頃イタリア半島の政治地図

中世後期の イタリアの独特の政治構造は、その異常な社会的気候がまれな文化的風解の出現を可能にしたと理論化する人を導きました。イタリアは近世には政体として存在していませんでした。代わりに、それはより小さな都市国家と領土に分割されました:ナポリ王国が南を支配し、フィレンツェ共和国教皇領が中央に、ミラネーゼジェノヴァがそれぞれ北と西に、そしてベネチア人が東に支配しました。 15世紀のイタリアは、最も都市化された国の1つでした。ヨーロッパの地域。[38]その都市の多くは、古代ローマの建物の廃墟の中に立っていた。ルネッサンスの古典的な性質は、ローマ帝国の中心部での起源に関連しているようです。[39]

歴史家や政治哲学クェンティン・スキナーは指摘フライジングのオットー(C。1114年から1158年)、12世紀の間、北イタリアを訪れたドイツの司教は、イタリアから退出しているように見えたことを観察し、政治的・社会的組織の広範な新しいフォームを気づきましたその社会が商人と商業に基づいていたように、確執主義。これに関連していたのは反君主的思考であり、有名な初期ルネサンスのフレスコ画のサイクルで表されました。アンブロージョ・ロレンツェッティによる善政の寓意(1338年から1340年に描かれた)、その強いメッセージは、公正、正義、共和主義、そして良い行政の美徳についてです。教会と帝国の両方を寄せ付けず、これらの都市共和国は自由の概念に専念していました。スキナーは、のような自由の多くの防御があったことを報告してマッテオ・パルミエリ(1406年から1475年)フィレンツェの天才のお祝いの技術では、彫刻と建築だけでなく、「で、フィレンツェで発生し、道徳的、社会的、政治哲学の著しい風化が同時"。[40]

当時のフィレンツェ共和国など、イタリア中部以外の都市や州でさえ、商人の共和国、特にヴェネツィア共和国で有名でした。実際には、これらは独裁的であり、現代の民主主義とはほとんど似ていませんでしたが、民主主義の特徴を持ち、統治への参加と自由への信念の形を備えた応答性の高い州でした。[40] [41] [42]彼らが与えた相対的な政治的自由は、学問的および芸術的進歩を助長した。[43]同様に、ヴェネツィアのようなイタリアの都市の偉大な貿易の中心地としての位置は、それらを知的岐路にした。商人は、世界中の隅々、特にレバントからアイデアを持ち込みましたヴェネツィアはヨーロッパの東との貿易の玄関口であり、高級ガラスの生産者であり、フィレンツェは織物の首都でした。そのようなビジネスがイタリアにもたらした富は、大規模な公的および私的な芸術プロジェクトを委託することができ、個人が勉強するためのより多くの余暇を持っていたことを意味しました。[43]

黒死病

ピーテル・ブリューゲルの死の勝利」(1562年頃)は、中世ヨーロッパを荒廃させた疫病に続く社会的激変と恐怖を反映しています。

で荒廃ことを進められてきた一つの理論フィレンツェはによって引き起こさ黒死病1348と1350の間ヨーロッパを襲った、14世紀イタリアの人々の世界観のシフトが生じました。イタリアは特に疫病にひどく打撃を受け、その結果としての死への親しみやすさにより、思想家は精神性来世よりも地球上の生活に住むようになったと推測されています。[44]ペストは、宗教芸術作品のスポンサーとして現れた、新しい信心深さの波を引き起こしたとも主張されている[45]しかし、これはルネッサンスが14世紀にイタリアで特に起こった理由を完全には説明していません。黒死病は、イタリアだけでなく、説明された方法でヨーロッパ全体に影響を及ぼしパンデミックでした。イタリアでのルネッサンスの出現は、おそらく上記の要因の複雑な相互作用の結果でした。[15]

ペストは、アジアの港から戻ってきた帆船のノミによって運ばれ、適切な衛生状態がなかったために急速に広がりましたイギリスの人口は、当時約420万人でしたが、腺ペストで140万人が亡くなりました。フィレンツェの人口は1347年にほぼ半分になりました。大衆の衰退の結果として、労働者階級の価値が高まり、庶民はより多くの自由を享受するようになりました。増加する労働ニーズに応えるために、労働者は経済的に最も有利な立場を求めて旅をしました。[46]

ペストによる人口減少は経済的影響をもたらしました。1350年から1400年の間にヨーロッパのほとんどの地域で食料価格が下落し地価が30〜40%下落しました。[47]土地所有者は大きな損失に直面しましたが、普通の男性と女性にとってはそれは急降下でした。疫病の生存者は、食料の価格が安いだけでなく、土地がより豊富であり、彼らの多くが死んだ親戚から財産を相続したことを発見しました。

病気の蔓延は、貧困地域で著しく蔓延していました。エピデミックは都市、特に子供たちを襲った。ペストは、シラミ、不衛生な飲料水、軍隊、または不十分な衛生状態によって簡単に広がりました。チフス先天性梅毒などの多くの病気が免疫系を標的とし、幼い子供たちに戦いのチャンスを与えないため、子供たちは最も大きな打撃を受けました。都市部の住居の子供たちは、裕福な子供たちよりも病気の蔓延の影響を強く受けていました。[48]

黒死病は、後の流行よりもフィレンツェの社会的および政治的構造に大きな混乱を引き起こしました。支配階級のメンバーの間でかなりの数の死者が出たにもかかわらず、フィレンツェ政府はこの期間中も機能し続けました。市の混沌とし​​た状況のため、選出された代表者の正式な会議は流行の最中に中断されましたが、政府の継続性を確保するために、市の事務を行うために少数の役人が任命されました。[49]

フィレンツェの文化的条件

ルネッサンスがイタリアの他の場所ではなくフィレンツェ始まった理由は長い間議論の的となってきました。学者たちは、そのような文化的運動を引き起こしたかもしれないフィレンツェの文化的生活に特有のいくつかの特徴に注目しました。多くの人が、芸術をひいきにして刺激する上で、銀行家であり、後に公爵の支配者であるメディチ家が果たした役割を強調してきましたロレンツォ・デ・メディチ(1449–1492)は、レオナルド・ダ・ヴィンチサンドロ・ボッティチェッリミケランジェロ・ブオナローティなど、フィレンツェの主要な芸術家に作品を依頼するよう同国人に奨励し、膨大な数の芸術の後援のきっかけとなりました[10]作品ネリ・ディ・ビッチ、ボッティチェッリ、ダ・ヴィンチ、フィリッピーノ・リッピは、フィレンツェのスコープトにあるサンドナート修道院から追加の依頼を受けていました。[50]

ロレンツォ・デ・メディチが権力を握る前、実際、メディチ家自体がフィレンツェ社会で覇権を獲得する前に、ルネッサンスは確かに進行中でした。一部の歴史家は、運の結果としてフィレンツェがルネッサンスの発祥の地であったと仮定しています。つまり、「偉大な男たち」が偶然そこに生まれたからです。[51]レオナルド・ダ・ヴィンチ、ボッティチェッリ、ミケランジェロはすべてトスカーナで生まれましたそのようなチャンスはありそうもないと主張して、他の歴史家は、これらの「偉大な人」は当時の一般的な文化的条件のためにのみ目立つようになることができたと主張しました。[52]

特徴

ヒューマニズム

ある意味で、ルネサンスのヒューマニズムは哲学ではなく、学習の方法でした。著者間の矛盾を解決することに焦点を当てた中世の学問的様式とは対照的に、ルネサンスのヒューマニストは、原文の古代のテキストを研究し、推論と経験的証拠の組み合わせを通じてそれらを評価しました。ヒューマニスト教育は文法歴史道徳哲学修辞学の5つの​​人文科学の研究であるStudiaHumanitatisのプログラムに基づいていました。歴史家はヒューマニズムを正確に定義するのに苦労することもありましたが、ほとんどの人は「道の定義の真ん中...古代ギリシャとローマの言語、文学、学習、価値観を回復、解釈、吸収する運動」に落ち着きました。[53]とりわけ、ヒューマニストは「人間の天才...人間の心の独特で並外れた能力」を主張した。[54]

人間の尊厳についての有名な礼拝」の作家、ピコ・デラ・ミランドラ、「ルネッサンスの宣言」と呼ばれています。[55]

ヒューマニスト学者は、近世を通して知的景観を形作りました。ニッコロ・マキャヴェッリトマス・モアなどの政治哲学者は、イブン・ハルドゥーンのイスラムの手順に従って、ギリシャとローマの思想家の考えを復活させ、現代政府の批評に適用しました[56] [57] ピコ・デラ・ミランドラは、ルネッサンスの「宣言」、人間の尊厳についての演説、活気に満ちた思考の擁護を書いた別のヒューマニストであるマッテオ・パルミエリ(1406–1475)は、市民のヒューマニズムを提唱した彼の作品デラ・ヴィータ・シビル」(「市民生活について」、1528年に印刷)で最もよく知られています。、そしてトスカーナ語をラテン語と同じレベルに洗練することにおける彼の影響力のために。パルミエリはローマの哲学者と理論家、特にパルミエリのように市民と公務員として活発な公的生活を送ったシセロそして理論家と哲学者、そしてクインティリアヌスを利用しました。おそらく、ヒューマニズムに関する彼の見方の最も簡潔な表現は、1465年の詩的な作品Lacittàdivitaにありますが、初期の作品であるDella vita Civile、より広範囲です。パルミエリは、1430年の疫病の最中に、フィレンツェ郊外のムジェロの田園地帯にあるカントリーハウスを舞台にした一連の対話として構成され、理想的な市民の資質について説明します。対話には、子供たちが精神的および肉体的にどのように成長するか、市民が道徳的に行動する方法、市民と州が公的生活の誠実さを確保する方法、そして実用的に役立つものと正直なものの違いに関する重要な議論が含まれます。

ヒューマニストは、教育によって達成できる完璧な心と体で来世を超越することが重要であると信じていました。ヒューマニズムの目的は、その人が知的および肉体的な卓越性を組み合わせ、事実上あらゆる状況で立派に機能することができる普遍的な人を作ることでした。[58]このイデオロギーは、古代ギリシャ・ローマ世界の理想であるuomouniversaleと呼ばれていましたルネッサンス時代の教育は、古典が道徳的な指導と人間の行動の集中的な理解を提供すると考えられていたため、主に古代文学と歴史で構成されていました。

ヒューマニズムと図書館

一部のルネッサンス図書館のユニークな特徴は、それらが一般に公開されていることです。これらの図書館は、アイデアが交換され、奨学金と読書が心と魂にとって楽しく有益であると考えられた場所でした。自由思想は時代の特徴であったため、多くの図書館には幅広い作家が含まれていました。古典的なテキストは、人文主義者の著作と並んで見つけることができます。これらの知識人の非公式な団体は、ルネサンス文化に大きな影響を与えました。最も裕福な「愛書家」の中には、本や知識の寺院として図書館を建てた人もいます。多くの図書館は、本への愛情と結びついた莫大な富の現れとして現れました。場合によっては、栽培された図書館ビルダーは、他の人に自分のコレクションを使用する機会を提供することにも取り組んでいました。著名な貴族や教会の王子たちは、「宮廷図書館」と呼ばれる宮廷用の優れた図書館を作り、華やかな木工品で飾られた豪華なデザインの記念碑的な建物と、フレスコ画で飾られた壁に収容されました(Murray、Stuart AP)

美術

ルネサンス美術は、中世の終わりと現代世界の台頭における文化の復活を示しています。ルネサンス美術の際立った特徴の1つは、非常にリアルな線形遠近法の開発でした。ジョット・ディ・ボンドーネ(1267–1337)は、最初に絵画を宇宙への窓として扱ったとされていますが、建築家フィリッポ・ブルネレスキ(1377–1446)のデモンストレーションと、その後のレオン・バッティスタ・アルベルティ(1404–1472)の著作まではありませんでした。その視点は芸術的手法として形式化されました。[59]

レオナルドダヴィンチウィトルウィウス人(1490年頃)は、古代の作家がルネサンスの思想家に与えた影響を示しています。ウィトルウィウスデ・アーキテクチュラ(紀元前1世紀)の仕様に基づいて、レオナルドは完璧なプロポーションの男を描いてみました。 (アカデミア美術館ヴェネツィア

遠近法の発達は、芸術におけるリアリズムへのより広い傾向の一部でした[60]画家は有名の場合には、光、影を研究、他の技術を開発し、レオナルド・ダ・ヴィンチヒトの解剖学的構造。これらの芸術的手法の変化の根底にあるのは、自然の美しさを表現し、美学の公理を解明したいという新たな願望でした。レオナルド、ミケランジェロラファエロの作品は、他の芸術家によって非常に模倣された芸術の頂点を表しています。[61]他の著名な芸術家には、フィレンツェのメディチ家で働いているサンドロ・ボッティチェッリが含まれますとりわけドナテッロ、別のフィレンツェ、ヴェネツィアのティツィアーノ

オランダ、特に活気のある芸術文化を開発しました。作業フーゴー・ファン・デル・グースヤン・ファン・エイクは、両方の技術の導入により、イタリアで絵画の発展に特に影響を与えた油絵の具表現における自然主義の観点から、キャンバス、および文体。その後、ピーテル・ブリューゲル長老の作品は、芸術家に日常生活のテーマを描くように促しました。[62]

建築では、フィリッポ・ブルネレスキは何よりも古代の古典的な建物の遺跡を研究していました。ブルネレスキは、1世紀の作家ウィトルウィウスからの再発見された知識と繁栄する数学の分野を基に、古典的な形式をエミュレートして改良したルネッサンス様式を策定しました。彼のエンジニアリングの主な偉業は、フィレンツェ大聖堂のドームを建てることでした[63]このスタイルを示す別の建物は、アルベルティによって建てられたマントヴァの聖アンドリュー教会です盛期ルネサンスの傑出した建築作品はミケランジェロブラマンテの技術を組み合わせたサンピエトロ大聖堂の再建でしたラファエルサンガロマデルノ

ルネサンス時代、建築家は柱、柱形エンタブラチュアを統合システムとして使用することを目指していましたトスカナ式複合式のローマ式オーダータイプの列が使用されますこれらは、アーケードやアーキトレーブを支える構造的なものでも、純粋に装飾的なものでも、ピラスターの形で壁に立てかけることができます。統合システムとしてピラスターを使用した最初の建物の1つは、ブルネレスキの旧聖具室(1421–1440)にありました。[64]アーチ、半円形または(マニエリスムでスタイル)セグメント、アーケードでよく使用され、柱頭のある橋脚や柱でサポートされます。首都とアーチの湧き出しの間にエンタブラチュアのセクションがあるかもしれません。アルベルティは、記念碑にアーチを使用した最初の人の1人でした。ルネッサンスの金庫室にはリブがありません。それらは半円形または分節であり、しばしば長方形であるゴシック様式の金庫とは異なり、正方形の平面上にあります。

ルネサンスの芸術家は異教徒ではありませんでしたが、彼らは古代を賞賛し、中世の過去のいくつかのアイデアやシンボルを保持していました。ニコラ・ピサーノ(c。1220–c。1278)は、聖書の場面を描写することによって古典的な形式を模倣しました。ピサ洗礼堂からの彼の告知、ルネサンスが文学運動として定着する前に、古典的なモデルがイタリアの芸術に影響を与えたことを示しています[65]。

化学

ニコラウス・コペルニクスの匿名の肖像画(1580年頃)

応用イノベーションは商取引にまで拡大しました。15世紀の終わりに、ルカ・パチョーリ簿記に関する最初の作品を発表し、彼を会計の創設者にしました[6]

古代のテキストの再発見と約1440年の印刷機の発明は、学習を民主化し、より広く配布されたアイデアのより迅速な普及を可能にしました。最初の期間ではイタリアのルネッサンス、ヒューマニストは研究好む人文学をかけて自然哲学応用数学、古典的なソースのための彼らの敬意はさらに安置アリストテレスプトレマイオスの宇宙の景色を。 1450年の周りに書く、ニコラスCusanusが予想される太陽中心の世界観コペルニクスが、しかし、哲学的なファッションインチ

科学と芸術はルネッサンス初期に混ざり合い、レオナルドダヴィンチなどの博学者が解剖学と自然の観察図を作成しました。ダ・ヴィンチは、水流、医学的解離、運動と空気力学の体系的な研究の制御された実験を設定し、フリッチョフ・カプラが彼を「現代科学の父」として分類するように導いた研究方法の原則を考案しました。[67]この期間中のダヴィンチの貢献の他の例には、大理石を鋸で挽き、モノリスを持ち上げるように設計された機械、および音響学、植物学、地質学、解剖学、および力学における新しい発見が含まれます。[68]

古典的な科学的教義に疑問を呈するのに適した環境が発達していた。クリストファー・コロンブスによる1492年の新世界発見、古典的な世界観に挑戦しました。プトレマイオス(地理学)とガレン(医学)の作品は、日常の観察と必ずしも一致しないことがわかりました。プロテスタントの改革対抗宗教改革が衝突し、北ヨーロッパのルネッサンスは、化学にAristotelean自然哲学から焦点の決定的なシフトと生物科学(植物学、解剖学、医学)を示しました。[69]以前に保持されていた真実に疑問を投げかけ、新しい答えを探す意欲は、大きな科学的進歩の期間をもたらしました。

これを現代の始まりを告げる科学革命」と見なす人もいれば[70]、古代世界から現在に至るまでの継続的なプロセスの加速と見なす人もいます[71]ガリレオ・ガリレイティコ・ブラーエヨハネス・ケプラーによって、この時期に重要な科学的進歩が見られました[72]コペルニクスにおける天球の回転について天球の回転で)、地球が太陽の周りを移動することを仮定アンドレアス・ヴェサリウスによるDe humani corporisfabrica人体の働きについて、の役割に新たな自信与えた解剖、観察、および機械的な解剖学の見解を。[73]

もう一つの重要な開発はしていたプロセス、発見のための科学的方法[73]に焦点を当てた実証的証拠との重要性を数学アリストテレス科学の多くを捨てながら、。これらのアイデアの初期の影響力のある支持者には、コペルニクス、ガリレオ、フランシスベーコンが含まれていました[74] [75]新しい科学的方法は、天文学、物理学、生物学、および解剖学の分野で大きな貢献をもたらしました。[d] [76]

ナビゲーションと地理

ピエトロコッポによる世界地図、ヴェネツィア、1520年

1450年から1650年にかけてのルネッサンス期には[77]、現在南極大陸として知られている南極大陸を除いて、すべての大陸が訪問され、ほとんどがヨーロッパ人によって地図に描かれましたこの開発は、大きな世界地図に描かれているノヴァトーティウスTerrarumオルビスタブラは、オランダの地図製作者によって行われたジョーン・ブラウ記念して1648年にヴェストファーレンの平和を

1492年、クリストファーコロンブスはスペインから大西洋を渡って航海し、デリースルタン朝のインドへの直接ルートを探しました彼は偶然に南北アメリカに出くわしましたが、彼はイーストインディーズに到達したと信じていました。

1606年、オランダの航海士ウィレムヤンスーンは、VOCデュイフケンでイーストインディーズから出航し、オーストラリアに上陸しましたはクイーンズランド州のヨーク岬半島の西海岸の約300kmを図示しました30以上のオランダ遠征が続き、北海岸、西海岸、南海岸のセクションをマッピングしました。1642年から1643年に、アベルタスマンは大陸を一周し、想像上の南極大陸に合流していないことを証明しました。

1650年までに、オランダの地図製作者は、1770年にクック大尉によって作図された東海岸を除いて、ニューホランドと名付けた大陸の海岸線のほとんどを地図に描いていました

長い間想像されていた南極大陸は、最終的に1820年に目撃されました。ルネッサンス期を通じて、それはテラオーストラリス、または略して「オーストラリア」として知られていましたしかし、その名前が19世紀にニューホランドに移された後、「南極」の新しい名前が南極大陸に授けられました。[78]

音楽

この変化する社会から、共通の統一された音楽言語、特にフランドル楽派のポリフォニックスタイルが出現しました印刷の発展により、音楽の大規模な配信が可能になりました。ブルジョア階級の出現により、娯楽として、また教育を受けたアマチュアのための活動としての音楽に対する需要が高まった。ヨーロッパ全体へシャンソンモテットミサ曲の普及は、16世紀後半にパレストリーナラッサスビクトリアウィリアムバード

宗教

アレクサンデル6世彼の腐敗で悪名高いボルジア教皇

ヒューマニズムの新しい理想は、いくつかの側面ではより世俗的ですが、特に北方ルネサンスでは、キリスト教を背景に発展しました。ほとんどではないにしても、多くの新しい芸術は教会によって、または教会に献身的に委託されました[22]しかし、ルネサンスは、特に人々が人間と神との関係を認識する方法において、現代の神学に大きな影響を及ぼしました[22]エラスムスツヴィングリトマス・モアマルティン・ルタージョン・カルヴァンなど、この時代の主要な神学者の多くはヒューマニスト法の信奉者でした

ルネッサンスは宗教的混乱の時代に始まりました。中世後期教皇庁を取り巻く政治的陰謀の時代であり西部分裂最高潮に達し、3人の男性が同時に真ローマ司教であると主張しまし[79]分裂をすることで解決しながらコンスタンツ公会議(1414年)、として知られて得られた改革運動公会議主義は、法王の力を制限しようとしました。教皇庁は最終的に第5ラテラン公会議(1511)によって教会論の問題で最高になりましたが、最も有名なのは教皇アレクサンデル6世、枢機卿である間、同義縁故主義、および4人の子供(そのほとんどはおそらく権力の強化のために結婚した)の父親であるとさまざまに非難されました。[80]

エラスムスやルーサーなどの教会員は、しばしば新約聖書に対するヒューマニストのテキスト批評基づいて、教会に改革を提案しました[22] 1517年10月、ルターは95か条の論題を発表し、教皇の権威に異議を唱え、特に売られた贖宥の事例に関して、その認識された腐敗を批判した[e] 95のテーゼは、以前に西ヨーロッパで覇権を主張していたローマカトリック教会との決別である改革つながりました。したがって、ヒューマニズムとルネッサンスは、改革の火付け役として、また他の多くの同時期の宗教的議論や紛争において直接的な役割を果たしました。

教皇パウルス3世、1527年にローマが解任された後、教皇領に就任しました(1534–1549)。プロテスタント改革後のカトリック教会では不確実性が蔓延していました。ニコラウス・コペルニクスは、ティツィアーノミケランジェロラファエルの絵画重要な絵画のコレクションを持っていたアレッサンドロ・ファルネーゼ(枢機卿)の祖父となったパウルス3世にDevolutionibus orbium coelestium天球の回転について)を捧げました、そしてジュリオ・クロヴィオの傑作、おそらく最後の主要な装飾写本ファルネーゼ・アワーズを依頼した人

自己認識

15世紀までに、イタリアの作家、芸術家、建築家は、起こっている変化をよく知っており、modi antichi(アンティークの方法で)やalle romana et alla anticaローマの方法で)などのフレーズを使用していました。と古代人)彼らの仕事を説明する。 1330sではペトラルカはようにプリクリスチャン回呼ばANTIQUA(古代)ととしてキリスト教の時代に新星(新しいです)。[81]ペトラルカのイタリアの観点から、この新しい時代(彼自身の時間を含む)は皆既日食の時代でした。[81] レオナルド・ブルーニ彼の中で最初に三者時代区分を使用したフィレンツェの人々の歴史(1442年)。[82]ブルーニの最初の二つの期間は、ペトラルカのそれらに基づいて、彼はイタリアが衰退の状態にもはやあったことを信じなかったので、彼は、第3の期間を追加しました。フラヴィオ・ビオンドは、ローマ帝国の衰退からの数十年の歴史(1439–1453)で同様のフレームワークを使用しました

ヒューマニストの歴史家は、現代の学問が古典派音楽との直接的なつながりを回復し、中世を迂回して、初めて「中世」と名付けたと主張しました。この用語は、1469年にラテン語でメディアテンペスタ(中期)として最初に登場しました[83]リナシタ(再生)という用語が最初に登場したのは、広い意味でジョルジョ・ヴァザーリの画家生涯、1550年、1568年改訂版です。[84] [85]ヴァザーリは、年齢を3つの段階に分けています。CimabueGiotto、およびArnolfo diCambioが含まれています。第2段階にはマサッチオが含まれますブルネレスキドナテッロ; 3番目はレオナルドダヴィンチ中心とし、ミケランジェロで最高潮に達します。ヴァザーリによれば、この発展を推進したのは古典古代への意識の高まりだけでなく、自然を研究し模倣したいという願望の高まりでもありました。[86]

広める

15世紀になると、ルネッサンスはフィレンツェの発祥の地からイタリアの他の地域へ、そしてすぐにヨーロッパの他の地域へと急速に広がりました。ドイツの印刷業者ヨハネスグーテンベルクによる印刷機の発明は、これらの新しいアイデアの迅速な伝達を可能にしました。それが広まるにつれて、そのアイデアは多様化し、変化し、地元の文化に適応しました。20世紀になると、学者たちはルネッサンスを地域運動と国家運動に分解し始めました。

「どのような作品が人間であり、理性においてどれほど高貴であり、能力においてどれほど無限であり、形においてそして感動的であり、行動においては天使のようであり、不安においては神のようである!」ウィリアムシェイクスピアハムレットから

イングランド

イングランドでは、16世紀の初めには、マーク英語ルネッサンスの作家の作品とウィリアム・シェイクスピア(1564年-1616)、クリストファー・マーロウ、 - (1593 1564)エドマンド・スペンサー(1553分の1552〜1599)、トマス・モア(1478 - 1535)、フランシス・ベーコン(1561 – 1626)、フィリップ・シドニー卿(1554 – 1586)、建築家(イギリスにイタリア建築を紹介したイニゴ・ジョーンズ(1573 – 1652)など)、トーマス・タリス(1505 – 1585 )などの作曲家)、John Tavernerc。1490– 1545)、およびWilliam Byrd(c.1539 / 40または1543– 1623)。

フランス

ルネサンス建築の最も有名な例の1つであるシャンボール城(1519–1547)

「ルネッサンス」という言葉は、「再生」を意味するフランス語から借りたものです。これは、最初の18世紀に使用されたと、後にフランス人によって普及された歴史家 ジュール・ミシュレ彼の1855年の作品で(1798年から1874年)のHistoire・ド・フランス(フランスの歴史)。[87] [88]

1495年、イタリアのルネサンスがフランスに到着し、シャルル8世がイタリアに侵攻した後に輸入しました世俗主義の普及を推進要因は、に対する支援を提供するために、教会のできないことだった黒死病をフランソワ1世は、レオナルドダヴィンチを含むイタリアの芸術家や芸術家輸入し、多額の費用をかけて華やかな宮殿を建てました。フランソワ・ラブレーピエール・ド・ロンサールジョアシャン・デュ・ベレーミシェル・ド・モンテーニュなどの作家ジャン・クルーエなどの画家ジャン・ムートンなどの音楽家 ルネッサンスの精神からも借りました。

1533年、14歳のカトリーヌドメディチ(1519–1589)は、フィレンツェでウルビーノ公爵とマドレーヌドゥラトゥールドーヴェルニュのロレンツォデメディチに生まれ、王の次男であるフランスのアンリ2世と結婚しました。フランソワ1世とクロード女王。彼女はフランスの宗教戦争での役割で有名になり、悪名高くなりましたが、芸術、科学、音楽(バレエの起源を含む)を母国のフィレンツェからフランスの裁判所に持ち込むことに直接貢献しました。

ドイツ

15世紀の後半、ルネサンスの精神はドイツ低地に広がり、印刷機(1450年頃)やアルブレヒトデューラー(1471〜1528)などのルネサンス芸術家の発展がイタリアの影響を受けました。国の初期のプロテスタント地域では、ヒューマニズムはプロテスタント改革の混乱と密接に関連するようになり、ドイツのルネサンスの芸術と執筆はしばしばこの論争を反映していました。[89]しかしながら、ゴシック様式と中世のスコラ哲学は、16世紀の変わり目まで独占的に残った。皇帝マクシミリアン1世ハプスブルク家(1493年から1519年の判決)は、神聖ローマ帝国の最初の真のルネッサンス君主でした

ハンガリー

イタリアに続いて、ハンガリーはルネッサンスが出現した最初のヨーロッパの国でした。[90]ルネッサンス様式はクワトロチェントの間にイタリアから直接来ましたハンガリーとイタリアの初期の関係の発展のおかげで、中央ヨーロッパ地域で最初にハンガリーに行きました。これは、王朝のつながりだけでなく、文化的、人道的、商業的関係においても、14世紀から力を増してきました。ハンガリーとイタリアのゴシック様式の関係が2つ目の理由でした。壁の誇張された突破が避けられ、清潔で軽い構造が好まれました。ブダのフリス(新)城、ヴィセグラード、タタ、ヴァールパロタの城の建設など、大規模な建築計画は芸術家に十分で長期的な仕事を提供しました。ジギスムントの宮廷には、フィレンツェのスコラリ家の子孫であるピポ・スパーノなどの常連客がいて、マネット・アンマナティーニとマソリーノ・ダ・パニカーレをハンガリーに招待しました。[91]

新しいイタリアのトレンドと既存の国の伝統を組み合わせて、特定の地元のルネサンス美術を生み出しました。ルネサンス芸術の受容は、国にヒューマニスト思想が絶え間なく到着することによって促進されました。イタリアの大学で勉強している多くの若いハンガリー人がフィレンツェのヒューマニストセンターに近づいたので、フィレンツェとの直接のつながりが発展しました。ハンガリー、特にブダ移動するイタリア人トレーダーの増加は、このプロセスを助けました。新しい考えは、ハンガリーのヒューマニズムの創設者の一人であるエステルゴムの大司教であるヴィテーズ・ヤーノスを含む、ヒューマニストの高位聖職者によって運ばれました[92]ルクセンブルグ皇帝ジギスムントの長い統治の間ブダの王宮は、おそらく中世後期の最大のゴシック様式の宮殿になりましたマーチャーシュ1(r。1458–1490)は、初期のルネサンス様式で宮殿を再建し、さらに拡張しました。[93] [94]

1476年にマーチャーシュ王がナポリのベアトリスと結婚した後ブダアルプス北部のルネッサンスの最も重要な芸術の中心地の1つになりました[95]マティアスの宮廷に住む最も重要なヒューマニストは、アントニオ・ボンフィニと有名なハンガリーの詩人ヤヌス・パノニウスでした。[95] アンドラス・ヘスは、1472マーチャーシュ1世の図書館にブダで印刷機を設定コルヴィナ文庫、世俗冊のヨーロッパの最大のコレクションだった:歴史年代記、15世紀における哲学と科学的な作品。彼の図書館はバチカン図書館に次ぐ規模でした。 (しかし、バチカン図書館には主に聖書と宗教資料が含まれていました。)[96] 1489年、フィレンツェのバルトロメオデッラフォンテは、ロレンツォデメディチがハンガリー国王の模範に勇気づけられて独自のギリシャラテン図書館を設立したと書いています。コルヴィナスの図書館はユネスコの世界遺産に登録されています。[97]

マティアスは少なくとも2つの主要な建築プロジェクトを開始しました。[98]ブダとヴィセグラードでの作業は、1479年頃に始まりました。[99]ブダの王宮に2つの新しい翼と吊るされた庭園が建設され、ヴィセグラードの宮殿はルネサンス様式で再建されました。[99] [100]マティアスは、これらのプロジェクトを指揮するためにイタリアのキメンティ・カミーシアとダルメシアンのジョバンニ・ダルマタ任命した[99]マティアスは、彼の時代の主要なイタリアの芸術家に彼の宮殿を装飾するよう依頼した。例えば、彫刻家のベネデット・ダ・マハノと画家のフィリッピーノ・リッピアンドレア・マンテーニャ。彼のために働いた。[101]マンテーニャのマティアスの肖像画のコピーは生き残った。[102]マティアスはまた、南フロンティアに沿った砦の再建を指揮するためにイタリアの軍事技術者アリストティル・フィオラヴァンティ雇った[103]彼はで構築された新しい修道院だった後期ゴシックのスタイルフランシスコKolozsvár、中セゲドとHunyadを、そしてためPaulines Fejéregyházaインチ [104] [105] 1485年の春、レオナルド・ダ・ヴィンチスフォルツァに代わってハンガリー訪れ、マーチャーシュ1世に会い、マドンナを描くように依頼された。[106]

マティアスはヒューマニストの会社を楽しみ、彼らとさまざまなトピックについて活発な議論をしました。[107]彼の威厳の名声は、多くの学者(主にイタリア人)がブダに定住することを奨励した。[108]アントニオ・ボンフィニピエトロ・ランツァーノバルトロメオ・フォンツィオフランチェスコ・バンディーニは、マティアスの宮廷で長年過ごした。[109] [107]この教育を受けた男性の輪は、ハンガリー新プラトン主義の考えを紹介した。[110] [111]同年代のすべての知識人と同様に、マティアスは、星と惑星の動きと組み合わせが個人の生活と国家の歴史に影響を及ぼしていると確信していました。[112]ガレオット・マルツィオは彼を「王と占星術師」と表現し、アントニオ・ボンフィニはマティアスが「星に相談せずに何もしなかった」と述べた。[113]彼の要求に応じて、その時代の有名な天文学者、ヨハネス・レギオモンタヌスマルシン・ビリカは、ブダに天文台を設置し、アストロラーベ天球儀を設置しました[114]レギオモンタヌスは、クリストファー・コロンブスが使用したナビゲーションに関する本をマティアスに捧げた[108]

ハンガリーのルネサンスの他の重要な人物には、バリント・バラッシ(詩人)、セベスティエン・ティノディ・ラントス(詩人)、バリント・バクファルク(作曲家およびリュート奏者)、マスターMS(フレスコ画家)が含まれます。

ネーデルラントのルネサンス

15世紀末のオランダの文化は、ブルージュを経由した貿易を通じてイタリアのルネサンスの影響を受け、フランダースは裕福になりました。その貴族はヨーロッパ中で知られるようになった芸術家に依頼しました。[115]科学では、解剖学者の アンドレアス・ヴェサリウスが先導した。地図作成ゲラルドゥスメルカトルのマップは探検家やナビゲータを支援しました。芸術では、オランダとフランドルのルネサンス絵画は、ヒエロニムスボッシュの奇妙な作品[116]から、ピーテルブリューゲル長老の日常生活の描写にまで及びました[115]

北欧

北ヨーロッパのルネサンスは「北方ルネサンス」と呼ばれています。ルネッサンスのアイデアがイタリアから北に移動している間、特に音楽において、革新のいくつかの分野が同時に南に広がりました[117] 15世紀のブルゴーニュ楽派の音楽は、音楽のルネサンスの始まりを定義しオランダ人ポリフォニー、ミュージシャン自身と一緒にイタリアに移り、それ以来音楽の最初の真の国際スタイルの中核を形成しました。9世紀のグレゴリオ聖歌の標準化[117]オランダの学校の集大成は、イタリア人の音楽にあった作曲家 パレストリーナ。 16世紀の終わりに、イタリアは再び音楽革新の中心となり、1600年頃に北方にドイツに広がっヴェネツィア派のポリコラルスタイルが発展しました。

イタリア・ルネサンスの絵画は、北方ルネサンスの絵画とは異なっていました。イタリアのルネサンス芸術家は、中世の画家の純粋に宗教的な芸術から脱却し、世俗的なシーンを最初に描いた人物の1人でした。北方ルネサンスの芸術家は当初、アルブレヒトデューラーが描いた現代の宗教的激変など、宗教的な主題に焦点を合わせ続けていました。その後、ピーテル・ブリューゲルの作品は、宗教的または古典的なテーマではなく、日常生活のシーンを描くように芸術家に影響を与えました。フランドル兄弟のヒューバートヤンファンエイク油絵を完成させたのも北方ルネサンス時代でした。芸術家が何世紀にもわたって生き残ることができる硬い表面に強い色を作り出すことを可能にした技術。[118]北方ルネサンスの特徴は、ラテン語またはギリシャ語の代わりに土語を使用したことであり、表現の自由が高まった。この運動はイタリアで始まり、ダンテ・アリギエーリが言語の発達に決定的な影響を及ぼしました。実際、イタリア語で書くことに焦点を当てていることは、ラテン語で表現されたフィレンツェのアイデアの主要な情報源を無視してきました。[119]印刷機技術の普及は、他の場所と同様に北ヨーロッパのルネッサンスを後押しし、ヴェネツィアは世界の印刷の中心地となった。

ポーランド

Sigismund Chapel
Tombstone
ポーランドクラクフシギスムンド礼拝堂にある16世紀のルネッサンス時代のポーランド王の墓石。黄金のドーム型の礼拝堂はバルトロメオベレッシによって設計されました

15世紀半ばポーランドやってきた初期のイタリア人ヒューマニストフィリッポブオナコルシでした。多くのイタリア人芸術家は、1518年にジグムント1世と結婚したとき、ミラノのボナスフォルツァと共にポーランドにやって来ました。[120]これは、両方の地域で一時的に強化された君主制と、新しく設立された大学によって支えられました。[121]ポーランドのルネサンスは、15世紀後半から16世紀後半まで続きポーランド文化の黄金時代でしたヤギェウォ朝ポーランド王国(1569年からポーランド-リトアニア連邦として知られる)によって統治されました)幅広いヨーロッパのルネサンスに積極的に参加しました。多国籍のポーランド国家は、人口の少ない東部と南部の国境地帯での紛争を除けば、大規模な戦争がなかった1世紀のおかげで、かなりの期間の文化的成長を経験しました。改革は(を生じさせる全国に平和的に広がっポーランド兄弟団の生活条件を改善しながら、)、都市が成長し、農産物の輸出は人口を豊かに、特に貴族(シュラフタの新しい政治システムにおける優位性を獲得)黄金の自由。ポーランドのルネサンス建築には、3つの開発期間があります。

かつての領土でこのスタイルの最大の記念碑ポメラニア公国がある公爵城シュチェチン

ポルトガル

イタリア・ルネサンスはポルトガルの芸術にささやかな影響を及ぼしましたが、ポルトガルはヨーロッパの世界観を広げることに影響力を持ち[122]、ヒューマニストの探究を刺激しました。ルネッサンスは、海外で収益性の高い商取引に投資した裕福なイタリア人とフランドル人の商人の影響を受けて到着しました。ヨーロッパ探検のパイオニア本部としてリスボンは15世紀後半に繁栄し、ペドロヌネシュジョアンデカストロアブラオンザクートマルティンベハイムなど、数学、天文学、海軍技術でいくつかの画期的な進歩を遂げた専門家を魅了しました。地図製作者ペドロ・レイネルロポ・オーメンエステバン・ゴメスディオゴリベイロは、世界をマッピングする上で重要な進歩を遂げ。薬剤師のトメ・ピレスと医師のガルシア・デ・オルタクリストヴァン・ダ・コスタは、植物と薬に関する作品を収集して公開し、すぐにフランドルの先駆的な植物学者カロルス・クルシウスによって翻訳されました

サンパウロペドロ・パパによって、1530-1535、グランヴァスコ・フェルナンデスポルトガルのルネサンスがかなりの外部の影響を与えたときからの最高の作品。

建築では、香辛料貿易の莫大な利益が、16世紀の最初の数十年間に海事の要素を取り入れた豪華な複合スタイルであるマヌエル様式に資金を提供しました[123]主要な画家は、ヌーノゴンサルベスグレゴリオロペスヴァスコフェルナンデスでした。音楽では、ペドロ・デ・エスコバルドゥアルテ・ロボが、カンシオネイロ・デ・エルバスを含む4つの歌集を制作しました。文学では、サデミランダはイタリア語の詩を紹介しました。ベルナルディム・リベイロ牧歌的なロマンスを開発しジル・ヴィセンテが演じていますそれを大衆文化と融合させ、時代の変化を報告し、ルイス・デ・カモンは叙事詩のオス・ルジアダスにポルトガルの偉業を海外に刻みました旅行文学は特に盛んになりました。ジョアンデバロスカスタンヘダアントニオガルバンガスパルコレアドゥアルテバルボサフェルナンメンデスピントなどが新しい土地について説明し、新しい印刷機で翻訳され、広まりました。[122] 1500年にブラジルのポルトガル語探索を接合した後、アメリゴ・ヴェスプッチは、用語造語新世界を[124]ロレンツォ・ディ・ピエルフランチェスコ・デ・メディチへの手紙の中で

激しい国際交流により、フランシスコ・デ・ホランダアンドレ・デ・レゼンデエラスムスの友人でマヌエル1世の治世についてまれに独立して書いたダミアン・デ・ゴワなど、数人の国際的なヒューマニスト学者が生まれましたディオゴアンドレ・デ・ゴヴェイアは、フランスを経由して関連する教育改革を行いました。アントワープのポルトガルの工場での外国のニュースや製品は、トーマス・モア[125]とアルブレヒト・デューラーの関心をより広い世界に引き付けました[126]そこでは、利益とノウハウがオランダのルネサンス黄金時代の育成に役立った特に、ポルトガルから追放された裕福な文化的なユダヤ人コミュニティの到着後。

ロシア

本来の意味でのロシアにはルネッサンスはありませんでした。[127]

生神女子供、後半17世紀ロシアのアイコンによってカープ・ゾロタリーオブ顔や衣服の特にリアルな描写と、。

イタリアと中央ヨーロッパからのルネサンスの傾向は、多くの点でロシアに影響を与えました。しかし、ロシアとヨーロッパの主要な文化の中心地との間の距離が遠く、ロシア人が正教会の伝統ビザンチンの遺産に強く固執しているため、彼らの影響力はかなり限られていました

プリンスイワンIIIは、一般的にロシア建築の伝統的なデザインに従いながら、新しい建設技術といくつかのルネサンススタイルの要素をもたらしたイタリアからの多くの建築家を招待することによってロシアにルネサンス建築紹介しました1475年、ボローニャの建築家アリストティルフィオラヴァンティは、地震で被害を受けモスクワのクレムリンにある生神女就寝大聖堂を再建するためにやって来ました。フィオラヴァンティは12世紀のウラジミール大聖堂を与えられました モデルとして、彼は伝統的なロシアのスタイルとルネッサンスの広がり、プロポーション、対称性を組み合わせたデザインを生み出しました。

1485年、イヴァン3世は、クレムリン内に王宮テレムノイパレスの建設を依頼しました。最初の3階の建築家は、アロイソダミラノです。彼と他のイタリアの建築家もクレムリンの壁塔の建設に貢献しましたロシア皇帝の小さな宴会場は、ファセットのある上層階からファセット宮殿と呼ばれ、2人のイタリア人、マルコ・ルッフォピエトロ・ソラリオの作品であり、よりイタリアンなスタイルを示しています。 1505年、ロシアではAlevizNovyiとして知られるイタリア人またはAlevizFryazinがモスクワに到着しました。彼はヴェネツィアの彫刻家、アレヴィシオ・ランベルティ・ダ・モンターニュだったのかもしれません。彼はイヴァン3世のために、ロシアの伝統、正教会の要件、ルネッサンス様式のうまく融合したことで注目に値する大天使大聖堂を含む12の教会を建てましたAleviz Novyiの別の作品であるVysokopetrovsky修道院のメトロポリタンピーター大聖堂は、後に17世紀後半のモスクワバロックいわゆる八角対四角形の建築形態のインスピレーションとなったと考えられています。

16世紀初頭から17世紀後半にかけて、ロシアでは石造りの宝形建築の独自の伝統が発展しました。それは非常にユニークで、ヨーロッパの他の場所にある現代のルネサンス建築とは異なりましたが、いくつかの研究では「ロシアのゴシック」というスタイルと呼ばれ、それを初期のヨーロッパのゴシック建築と比較しています。イタリア人は、その高度な技術で、石造りのテント屋根の発明に影響を与えた可能性があります(木製のテントはずっと前にロシアとヨーロッパで知られていました)。ある仮説によれば、ペトロク・マリーと呼ばれるイタリアの建築家は、最も初期で最も著名な宝形造教会の1つであるコローメンスコエのアセンション教会の著者であった可能性があります[128]

17世紀までの影響ルネッサンス絵画がもたらしたロシアのアイコンはまだ絵古いアイコンのほとんど従いながら、もう少し現実的になってきて規範を作品に見られるように、ボグダン・ソルタノーブサイモン・ウシャコブガリー・ニキティンカープ・ゾロタリーオブ、および他のロシア時代の芸術家。徐々に、新しいタイプの世俗的なポートレート絵画が登場しました。これは、抽象的な図像と実際の絵画の間の移行スタイルである、parsúna(「ペルソナ」から–人)と呼ばれます。

16世紀半ば、ロシア人は中央ヨーロッパからの印刷採用し、イヴァン・フョードロフが最初に知られているロシアの印刷業者でした。 17世紀には印刷が普及し、木版画が特に人気を博しました。それがルボーク印刷として知られる特別な形の民芸品の開発につながり、それは19世紀までロシアで存続しました。

ヨーロッパのルネサンス時代の多くの技術がロシアによってかなり早く採用され、その後、強力な国内の伝統の一部になるために完成されました。これらのほとんどは、少なくとも15世紀に採用された大砲の 鋳造などの軍事技術でした。皇帝キャノンで、口径によって世界最大のボンバードは、ロシアの大砲作りの傑作です。アンドレイ・チョホフによって1586年に鋳造され、その豊かで装飾的なレリーフで有名です。ある仮説によれば、もともとイタリア人によってヨーロッパからもたらされた別の技術は、ウォッカの開発をもたらしました、ロシアの国民的飲料。早くも1386年に、ジェノバ大使は最初のアクアヴィタエ(「生命の水」)をモスクワに持ち込み、それを大公 ドミトリードンスコイに贈りましたジェノバ人はアラブが発明した蒸留装置を使用してブドウのムストアルコールに変換したプロヴァンス錬金術師助けを借りて、この飲料を開発した可能性があります。Isidoreと呼ばれる白雲母の僧侶がこの技術を使用して最初のオリジナルのロシアのウォッカcを製造しました1430年。[129]

スペイン

ルネッサンスは、アラゴン連合王国バレンシアの街の地中海の所有物を通してイベリア半島に到着しましたアウジアス・マルクジュアノット・マルトレルなど、初期のスペインのルネッサンス作家の多くはアラゴン王国出身です。ではカスティーリャ王国、初期のルネサンスは重くような作家や詩人で始まる、イタリアのヒューマニズムの影響を受けたサンティリャーナ侯爵初期の15世紀にスペインに新しいイタリア語の詩を紹介し、。ホルヘ・マンリケフェルナンド・デ・ロハスフアン・デル・エンチーナなどの他の作家フアン・ボスカン・アルモガヴェルガルシラソ・デ・ラ・ベガは、イタリアのカノンに非常によく似ていました。ミゲル・デ・セルバンテス傑作 ドン・キホーテは、最初の西洋小説として認められています。ルネッサンスのヒューマニズムは16世紀初頭に栄え、哲学者のフアンルイスビベス、文法学者のアントニオデネブリハ、博物学者のペドロデメキシアなどの影響力のある作家が登場しました

その後、スペインのルネサンスは、次のような詩人で、宗教的なテーマと神秘主義に向かう傾向があっほつれルイス・デ・レオンアビラのテレサ十字架のヨハネ、との探査に関連する問題扱わ新世界のような年代記や作家との、インカガルシラソデラベガバルトロメデラスカサスは、現在スペインのルネサンス文学として知られている一連の作品を生み出しています。スペインのルネッサンス後期には、エルグレコなどの芸術家や、トマスルイスデビクトリアアントニオデカベソンなどの作曲家が生まれました

その他の国

歴史学

概念

ジョルジョ・ヴァザーリによる芸術家生活の表紙

イタリア人アーティストや評論家ジョルジョ・ヴァザーリ(1511-1574)は、第一項の使用rinascitaを彼の本の中でアーティストの生活(1550年公開します)。この本の中で、ヴァザーリはゴシック芸術の野蛮さを破ったと彼が述べたものを定義しようとしました:芸術(彼が保持した)はローマ帝国の崩壊チマブーエ(1240–1301)から始まるトスカーナの芸術家だけで衰退しました)とジョット(1267–1337)は、この芸術の衰退を逆転させ始めました。ヴァザーリは、古代美術をイタリア美術の再生の中心と見なしていました。[130]

しかし、13世紀後半に始まったローマのモデルの復活に基づいた自己意識的な文化運動を説明する上で、フランス語のルネッサンスという言葉が人気を博したのは19世紀になってからでした。フランスの歴史家 ジュール・ミシュレ(1798-1874)は、彼の1855年の作品で「ルネサンス」を定義したのHistoire de Franceの前に、それはより限定された意味で使用されていたのに対し、全体の歴史的な期間として。[20]ミケレットにとって、ルネッサンスは芸術や文化よりも科学の発展でした。彼はそれがコロンバスからコペルニクスガリレオまでの期間にまたがっていると主張した。つまり、15世紀の終わりから17世紀の半ばまでです。[87]さらに、ミシュレは、彼が中世の「奇妙で巨大な」品質と呼んだものと、共和党の声として彼がその性格で見ることを選んだ民主主義の価値観とを区別した [15]フランスのナショナリストであるミシュレも、ルネッサンスをフランスの運動として主張しようとした。 [15]

スイスの歴史家ヤーコプ・ブルクハルト彼の中(1818-1897)イタリアのルネサンスザ文明(1860)は、対照的に、間の期間としてルネサンスを定義しジョットミケランジェロ、半ば16世紀に14日であるイタリアで、。彼はルネサンスの中で、中世が抑圧していた現代の個性の精神の出現を見ました。[131]彼の本は広く読まれ、イタリア・ルネサンスの現代的解釈の発展に影響を与えた[132]しかし、バックハートは[誰によって? ]ルネッサンスを現代世界の起源と見なすことで、歴史の直線的なホイッグ主義の見方を示すこと。[17]

最近では、一部の歴史家は、ルネッサンスを歴史的時代として、あるいは首尾一貫した文化的運動として定義することにそれほど熱心ではありませんでした。カリフォルニア大学バークレー校の歴史家ランドルフ・スターンは、1998年に次のように述べています。

ルネッサンスは、明確な始まりと終わり、そしてその間に一貫した内容がある期間ではなく、特定のグループと識別可能な人物がさまざまな時間と場所でさまざまに対応した実践とアイデアの動きと見なすことができます(そして時々見られました)。この意味で、それは、単一の時間制限のある文化ではなく、多様で、時には収束し、時には対立する文化のネットワークになるでしょう。[17]

進歩についての議論

ルネッサンスが中世の文化をどの程度改善したかについては議論があります。ミシュレとブルクハルトはどちらも、ルネッサンス期の近代に向けた進歩について説明することに熱心でした。ブルクハルトは、ベールが人間の目から取り除かれ、はっきりと見えるようになったことを例に挙げました。[51]

中世では、人間の意識の両側、つまり、内に向けられたものと外に向けられたものの両方が、共通のベールの下で夢を見たり、半分目が覚めたりしていました。ベールは信仰、幻想、そして幼稚な先入観で織り込まれ、それを通して世界と歴史は奇妙な色合いで覆われているのが見られました。[133]

— ヤーコプ・ブルクハルト、イタリアのルネサンス文明

一方、多くの歴史家は、貧困、戦争、宗教的、政治的迫害など、中世に一般的に関連する否定的な社会的要因のほとんどが、マキアヴェリアンの台頭を見たこの時代に悪化したようだと指摘しています。政治宗教戦争、堕落したボルジア 教皇、そして16世紀の激化した魔女狩り。ルネサンス時代に生きた多くの人々は、それを特定の19世紀の作家が想像した「黄金時代とは見なしていませんでしたが、これらの社会的病気に懸念を抱いていました。[134]しかし、重要なことに、問題の文化運動に関与した芸術家、作家、常連客は、中世からの完全な休憩である新しい時代に生きていると信じていました。[84]一部のマルクス主義の歴史家は、芸術、文学、哲学の変化が封建制から資本主義への一般的な経済動向の一部であり、その結果、ブルジョアのクラスに専念する余暇があるという見解を持って、ルネサンスを物質的な用語で説明することを好む芸術へ。[135]

ヨハン・ホイジンガ(1872–1945)はルネッサンスの存在を認めましたが、それが前向きな変化であったかどうかを疑問視しました。彼の著書「中世の秋」の中で、彼はルネッサンスは中世からの衰退の時期であり、重要なことの多くを破壊したと主張しました。[16]ラテン語は、例えば、古典期から大幅に進化し、今でも教会や他の場所で使用される生きた言語でした。古典的な純粋さへのルネッサンスの執着は、そのさらなる進化を止め、ラテン語がその古典的な形に戻るのを見ました。ロバート・S・ロペスは、それは深刻な景気後退の時期であったと主張しました[136]一方、ジョージ・サートンそしてリン・ソーンダイクは両方と主張してきた科学の進歩は、おそらくあまり元、伝統的になってきたよりもでした。[137]最後に、ジョーン・ケリーは、ルネッサンスがより大きなジェンダーの二分法につながり、中世の間に女性が持っていたエージェンシーを減らしたと主張した。[138]

一部の歴史家は、ルネッサンスという言葉が不必要にロードされていると考え始めており、おそらくより原始的な「暗黒時代」、中世からの明白な前向きな復活を意味しています。現在、ほとんどの歴史家は、この期間に「近世という用語を使用することを好みます。これは、中世と現代の間の過渡期としての期間を強調する、より中立的な呼称です。[139]ロジャー・オズボーンのような他の人々は、イタリア・ルネサンスを一般的な西洋史の神話と理想の貯蔵所と見なすようになり、古代の考えの復活ではなく、偉大な革新の期間と見なすようになった。[140]

美術史家 エルヴィン・パノフスキーは「ルネサンス」の概念には、この抵抗の観察しました:

イタリア・ルネサンスの事実が、文明の美的側面に専門的な関心を払う義務を負わない人々、つまり経済的および社会的発展の歴史家、政治的および宗教的状況、そしてほとんどの人々によって最も激しく疑問視されたことはおそらく偶然ではありません。特に自然科学–しかし、文学の学生によってのみ例外的に、芸術の歴史家によってはほとんどありません。[141]

その他のルネッサンス

ルネッサンスという用語は、15世紀と16世紀以外の期間を定義するためにも使用されています。たとえば、チャールズH.ハスキンズ(1870–1937)は、12世紀のルネサンスを主張しました[142]他の歴史家は、8世紀と9世紀のカロリング朝ルネサンス、10世紀のオットー朝ルネサンス、14世紀のティムリッドルネサンス主張しているイスラムの黄金時代はまた、時々 、イスラムルネッサンスと呼ばれています。[143]

ベンガルルネサンスタミルルネサンスネパールバサルネサンスアルナーダハーレムルネサンスなど、文化的再生の他の時期も「ルネサンス」と呼ばれています。この用語は映画でも使用できます。アニメーションでは、ディズニールネサンスは、1989年から1999年にかけての期間であり、スタジオは黄金時代やアニメーション以来見られなかった品質のレベルに戻りました。サンフランシスコルネッサンスにおける探索詩や小説を書いている活気に満ちた時代であった、その都市20世紀半ばインチ

も参照してください

参考文献

注釈

  1. ^ フランス語:  [ʁənɛsɑ̃s] listenAbout this sound、「新生」を意味し、「新生」から「新生」; イタリア語 Rinascimento [rinaʃʃiˈmento] rinascereから、同じ意味で。[2]
  2. ^ したがって、800と1300はどちらも中世と見なされていますが、1300年のヨーロッパは(たとえば)800よりも1520年のヨーロッパにかなり似ていました。逆に、1700年のヨーロッパは1520年のヨーロッパに似ていました。 1700年と1900年はどちらも近代であると考えられていますが、(たとえば)1900年よりも。
  3. ^ レオナルド・ダ・ヴィンチ斜方立方八面体を描いた可能性があると考えられています。[66]
  4. ^ ジョセフベンデイビッドは書いた:

    17世紀以来の科学の発展を特徴づける知識の急速な蓄積は、それ以前には決して起こりませんでした。新しい種類の科学的活動は西ヨーロッパのいくつかの国でのみ出現し、それは約200年間その小さな地域に限定されていました。(19世紀以来、科学的知識は世界の他の地域に吸収されてきました)。

  5. ^ 教会は、機関として、当時、正式に贖宥を売ったと考えられることがあります。しかし、これは実践ではありませんでした。寄付はしばしば受け取られましたが、非難された個人によってのみ義務付けられました。

引用

  1. ^ ウェルズ、ジョン(2008年4月3日)。ロングマン発音辞書(第3版)。ピアソンロングマン。ISBN 978-1-4058-8118-0
  2. ^ "オンライン語源辞書:"ルネッサンス" "Etymonline.com 2009年7月31日取得
  3. ^ 「さまざまな種類の歴史家は、長いルネッサンス(たとえば、1300〜1600)、短いルネッサンス(1453〜1527)、またはその中間(15〜16世紀、音楽史で一般的に採用されている)のいずれかを選択することがよくあります。 )。」 17世紀の音楽のケンブリッジの歴史:第1巻、p。 2005年4月、ケンブリッジ大学出版局、 Googleブックス。またはペトラルカジョナサンスウィフトの、さらに長い期間。ロザリーL.コリーは、Hageman、Elizabeth H.、英国の女性と文学、1500〜1700、p。 190、1996、ed。ヘレンウィルコックス、ケンブリッジ大学出版局、 ISBN 9780521467773、0521467772 Googleブックス 別の情報源はそれを1350年から1620年までさかのぼります:「ルネサンス時代の日付」encyclopedia.com
  4. ^ モンファサニ、ジョン(2016)。中世から現代までのルネサンスヒューマニズムテイラーアンドフランシス。ISBN 978-1-351-90439-1
  5. ^ ボイア、ルシアン(2004)。永遠に若い:長寿の文化史ReaktionBooks。ISBN 978-1-86189-154-9
  6. ^ a b ディワン、ジャスウィズ。会計の概念と理論ロンドン:モレ。pp。1–2。id#94452。
  7. ^ BBC Science and Nature、レオナルドダヴィンチ2007年5月12日取得
  8. ^ BBCヒストリー、ミケランジェロ2007年5月12日取得
  9. ^ Burke、P.、 The European Renaissance:Center and Peripheries 1998
  10. ^ a b Strathern、Paul The Medici:ルネッサンスのゴッドファーザーズ(2003)
  11. ^ Peter Barenboim、Sergey Shiyan、Michelangelo:Mysteries of Medici Chapel、SLOVO、モスクワ、2006年ISBN 5-85050-825-2 
  12. ^ a b ブリタニカ百科事典、「ルネッサンス」、2008年、O.Ed。
  13. ^ Harris、Michael H. History of Libraries in the Western World、Scarecrow Press Incorporate、1999年、69ページ、 ISBN 0-8108-3724-2 
  14. ^ Norwich、John Julius、 A Short History of Byzantium、1997、Knopf、 ISBN 0-679-45088-2 
  15. ^ bはCのD Brottonの、J.、ルネサンス:A非常に短いはじめOUP、2006 ISBN 0-19-280163-5 
  16. ^ a b Huizanga、JohanThe Waning of the Middle Ages(1919、trans。1924
  17. ^ a b c スターン、ランドルフ(1998)。「ルネッサンス・リダックス」。アメリカの歴史的レビュー103(1):122–124。土井10.2307 / 2650779JSTOR 2650779 
  18. ^ パノフスキー1969:6。
  19. ^ オックスフォード英語辞典は、 WダイスとCHウィルソン引用している主Meadowbankに手紙を(1837):「イタリアのルネサンスの芸術のよりエレガントで洗練された文字で失礼類似の多くのポイントを持つスタイルを。」そして翌年のCivilEngineer&Architect's Journalで、「ルネッサンスのスタイル自体が純粋であるか、それ自体が良いと考えているわけではありません」。オックスフォード英語辞典「ルネッサンス」を参照
  20. ^ a b Murray、P。およびMurray、L。(1963)ルネサンスの芸術ロンドン:テームズ&ハドソン(アートの世界)、p。9. ISBN 978-0-500-20008-7「... 1855年に初めて、フランスの歴史家ミシュレがラテン語の文字の再生や古典的なインスピレーションにとどまらず、歴史の全期間を表す形容詞として使用した「ルネッサンス」という言葉を見つけました。芸術のスタイル。」 
  21. ^ ペリー、M。西洋の伝統における人文科学、Ch。13
  22. ^ a b c d オープン大学、ルネサンスを見る:ルネサンスにおける宗教的文脈(2007年5月10日閲覧)
  23. ^ オープン大学、ルネッサンスを見る:都市経済と政府(2007年5月15日閲覧)
  24. ^ スターク、ロドニー、理由の勝利、ランダムハウス、ニューヨーク:2005
  25. ^ ウォーカー、ポールロバート、ルネッサンスを引き起こした確執:ブルネレスキとギベルティがアートワールドをどのように変えたか(ニューヨーク、多年生ハーパーコリンズ、2003年)
  26. ^ Severy、Merle; トーマスBアレン; ロスベネット; ジュールBビリヤード; ラッセルボーン; エドワード・ラヌート; デビッドFロビンソン; ヴェルラリースミス(1970)。ルネッサンス–現代人のメーカーナショナルジオグラフィック協会。ISBN 978-0-87044-091-5
  27. ^ ブロトン、ジェリー(2002)。ルネッサンスバザールオックスフォード大学出版局。pp。21–22。
  28. ^ これまでの、異なる一連の古代テキスト(文化的テキストではなく科学的テキスト)への非常に異なるアプローチについては、12世紀のラテン語の翻訳、および中世ヨーロッパへのイスラムの貢献を参照してください
  29. ^ Reynolds and Wilson、pp。113–123。
  30. ^ Reynolds and Wilson、pp。123、130–137。
  31. ^ 世界史の時代:ラテンアメリカの視点-129ページ
  32. ^ 草原の帝国:中央アジアの歴史-465ページ
  33. ^ The Connoisseur、Volume 219、p。128。
  34. ^ 2千年紀のヨーロッパ:覇権は達成されましたか?、 NS。58
  35. ^ ハリス、マイケル・H.西洋世界における図書館の歴史、かかしを押して、1999年、145ページ、 ISBN 0-8108-3724-2 
  36. ^ Western Civilization:Ideas、Politics、and Society、Marvin Perry、Myrna Chase、Margaret C. Jacob、James R. Jacob、2008、pp。261–262。
  37. ^ Reynolds and Wilson、pp。119、131。
  38. ^ Kirshner、Julius、 Family and Marriage:社会法的な視点ルネサンス時代のイタリア:1300–1550、ed。ジョンM.ナジェミー(オックスフォード大学出版局、2004年)p。89(2007年5月10日取得)
  39. ^ ブルクハルト、ヤコブ、古代のリバイバルイタリア・ルネサンスの文化 アーカイブで2007年4月7日、ウェイバックマシン(トランス。SGC Middlemore、1878によります)
  40. ^ a b スキナー、クエンティン、現代の政治思想の基礎、第1巻:ルネッサンス; vol II:The Age of Reformation、ケンブリッジ大学出版局、p。69
  41. ^ スターク、ロドニー、理由の勝利、ニューヨーク、ランダムハウス、2005年
  42. ^ Martin、J。and Romano、D.、 Venice Reconsidered、Baltimore、Johns Hopkins University、2000
  43. ^ B ブルクハルト、ジェイコブ、共和国:ヴェネツィアとフィレンツェイタリア・ルネサンスの文化 アーカイブで2007年4月7日、ウェイバックマシンSGC Middlemore、1878によって翻訳されました。
  44. ^ バーバラTuchman(1978)遠いミラー、KnopfのISBN 0-394-40026-7 
  45. ^ ヨーロッパの中世の終わり:黒死病 アーカイブで2013年3月9日、ウェイバックマシンカルガリー大学のウェブサイトを。(2007年4月5日閲覧)
  46. ^ ネッツェリー、パトリシアD.ルネッサンス期の生活サンディエゴ:Lucent Books、Inc.、1998年。
  47. ^ Hause、S。&Maltby、W。(2001)ヨーロッパ社会の歴史。西洋文明の要点(第2巻、217ページ)。カリフォルニア州ベルモント:Thomson Learning、Inc。
  48. ^ 「ルネッサンスと改革フランス」マックP.ホルトpp。30、39、69、166
  49. ^ Hatty、Suzanne E。; ハティ、ジェームズ(1999)。身体障害:エピデミック病と文化的変容SUNYプレス。NS。89. ISBN 9780791443651
  50. ^ Guido Carocci、I dintorni di Firenze、Vol。II、Galletti e Cocci、Firenze、1907、pp。336–337
  51. ^ B ブルクハルト、ヤコブ、個々の開発イタリア・ルネサンスの文化 アーカイブで2008年10月3日、ウェイバックマシンSGC Middlemore、1878によって翻訳されました。
  52. ^ スティーブンス、J.、個人主義と創造的人格のカルトイタリアのルネッサンス、ニューヨーク、1990年のp。121。
  53. ^ バーク、P。、「イタリアのヒューマニズムの広がり」、西ヨーロッパへのヒューマニズムの影響、編。A.グッドマンとA.マッカイ、ロンドン、1990年、p。2.2。
  54. ^ ASはでGianozzoマネッティによってアサート人間の尊厳と優秀で、クレア、J.、に引用イタリアルネサンス
  55. ^ 人間の尊厳の演説(1486) wsu.edu アーカイブで2011年1月4日、ウェイバックマシン
  56. ^ H.、ミラー、ジョン。イブン・ハルドゥーンとマキャヴェリ:パラダイムの検討OCLC 11117374 
  57. ^ 宗教と政治的発展バーバラ・フレイヤー・ストワッサーによるイブン・ハルドゥーンとマキャヴェッリに関するいくつかの比較思想
  58. ^ Hause、S。&Maltby、W。(2001)ヨーロッパ社会の歴史。西洋文明の要点(第2巻、245〜246ページ)。カリフォルニア州ベルモント:Thomson Learning、Inc。
  59. ^ クレア、ジョンD.&ミレン、アラン、イタリアルネサンス、ロンドン、1994年、p。14.14。
  60. ^ Stork、David G. Optics and Realism in Renaissance Art Archived June 14、2007、at the Wayback Machine(2007年5月10日閲覧)
  61. ^ ヴァザーリ、ジョルジョ、アーティストの生活ジョージ・ブル、ペンギンクラシックス、1965、によって翻訳された、 ISBN 0-14-044164-6 
  62. ^ Peter Brueghel Biography、Web Gallery of Art(2007年5月10日閲覧)
  63. ^ フッカー、リチャード、建築・公共空間 アーカイブで2007年5月22日、ウェイバックマシン(のRetrieved 2007年5月10日に)
  64. ^ Saalman、ハワード(1993)。フィリッポブルネレスキ:建物ズウェマー。ISBN 978-0-271-01067-0
  65. ^ Hause、S。&Maltby、W。(2001)ヨーロッパ社会の歴史。西洋文明の要点(第2巻、250〜251ページ)。カリフォルニア州ベルモント:Thomson Learning、Inc。
  66. ^ マッキノン、ニック(1993)。「フラルカパチョーリの肖像」。マセマティカルガゼット77(479):143 DOI10.2307 / 3619717JSTOR 3619717 
  67. ^ カプラ、フリッチョフ、レオナルドの科学; ルネッサンスの偉大な天才の心の中、ニューヨーク、ダブルデイ、2007年。フリッチョフ・カプラによる2007年の徹底的な研究は、レオナルドが単なる発明家ではなく、以前考えられていたよりもはるかに優れた科学者であったことを示しています。レオナルドは、科学理論と実際の科学実践の実施において革新的でした。生き残った多くの写本に対するカプラの詳細な評価では、レオナルドの科学は、今日人気が高まっている科学への全体論的、非機械的、非還元的アプローチと調和しています。
  68. ^ コロンバスとヴェサリウス–発見者の時代。JAMA2015; 313(3):312。土井 10.1001 / jama.2014.11534
  69. ^ アレン・デバスルネッサンスの人間と自然(ケンブリッジ:ケンブリッジ大学出版局、1978年)。
  70. ^ バターフィールド、ハーバート、現代科学の起源、1300–1800、p。viii
  71. ^ シャピン、スティーブン。科学革命、シカゴ:シカゴ大学出版局、1996年、p。1.1。
  72. ^ エンカルタの「科学革命」2007. [1]
  73. ^ B Brottonの、J.、 "科学と哲学"、ルネサンス:A非常に短いはじめ オックスフォード大学出版局、2006 ISBN 0-19-280163-5 
  74. ^ ヴァン・ドーレン、チャールズ(1991)知識の歴史バランタイン、ニューヨーク、頁211-212 ISBN 0-345-37316-2 
  75. ^ バーク、ピーター(2000)知識の社会史:グーテンベルクからディデロットポリティプレスまで、ケンブリッジ、マサチューセッツ、 p。40 ISBN 0-7456-2484-7 
  76. ^ ハント、シェルビーD.(2003)。マーケティング理論における論争:理由、リアリズム、真実、および客観性のためMEシャープ。NS。18. ISBN 978-0-7656-0932-8
  77. ^ Woodward、David(2007)。地図作成の歴史、第3巻:ヨーロッパのルネサンスにおける地図作成シカゴとロンドン:シカゴ大学出版局。ISBN 978-0-226-90733-8
  78. ^ Cameron-Ash、M。(2018)。提督のために嘘をつく:キャプテンクックのエンデバー航海シドニー:ローゼンバーグ。pp。19–20。ISBN 978-0-6480439-6-6
  79. ^ カトリック百科事典教会大分裂(2007年5月10日閲覧)
  80. ^ カトリック百科事典アレクサンデル6世(2007年5月10日閲覧)
  81. ^ a b Mommsen、Theodore E.(1942)「ペトラルカの 『暗黒時代の概念」。検鏡17(2):226–242。土井10.2307 / 2856364JSTOR 2856364S2CID 161360211  
  82. ^ Leonardo Bruni、James Hankins、 History of the Florentine people、Volume 1、Books 1–4(2001)、p。xvii。
  83. ^ Albrow、Martin、 The Global Age:State and Society beyond Modernity(1997)、Stanford University Press、 p。205 ISBN 0-8047-2870-4 
  84. ^ a b パノフスキー、エルヴィン西洋美術におけるルネッサンスとルネッサンス、ニューヨーク:ハーパーとロウ、1960年。
  85. ^ ルネッサンスへのオープン大学ガイド、ルネッサンスの定義 アーカイブで2009年7月21日、ウェイバックマシン(のRetrieved 2007年5月10日)を
  86. ^ Sohm、Philip。近世イタリアの芸術論におけるスタイル:(ケンブリッジ大学出版、2001年ケンブリッジ) ISBN 0-521-78069-1 
  87. ^ a b ミシュレ、ジュール。フランスの歴史、トランス。GHスミス(ニューヨーク:D。アップルトン、1847年)
  88. ^ ヴィンセント・クローニン(2011年6月30日)。フィレンツェルネサンスランダムハウス。ISBN 978-1-4464-6654-4
  89. ^ シュトラウス、ジェラルド(1965)。「ドイツのヒューマニストの宗教的ルネサンス」。英語の歴史的レビュー80(314):156–157。土井10.1093 / ehr /LXXX.CCCXIV.156JSTOR 560776 
  90. ^ ルイスA.ウォルドマン; PéterFarbaky; ルイスアレクサンダーウォルドマン(2011)。イタリアとハンガリー:初期ルネサンスにおけるヒューマニズムと芸術ヴィラIタッティ。ISBN 978-0-674-06346-4
  91. ^ タイトル:ハンガリー(第4版)著者:ゾルタンHalász/アンドラーシュ・バッラ(写真)/ Zsuzsa BERES 1998年Corvina出版(翻訳)、 ISBN 963-13-4129-1 963-13-4727-3 
  92. ^ 「ハンガリーのフィレンツェルネサンスの影響」Fondazione-delbianco.org。2009年3月21日にオリジナルからアーカイブされまし2009年7月31日取得
  93. ^ 歴史のセクション:MiklósHorler:ブダペストműemlékeiI、Bp:1955、pp。259–307
  94. ^ 戦後の再建:ラースロー・ゲロ:ヘリレアリトット・ブダイ・ヴァール、Bp、1980年、11〜60ページ。
  95. ^ B Czigány、Lóránt、ハンガリー文学の歴史、 "ハンガリーのルネサンス"(のRetrieved 2007年5月10日)を
  96. ^ マーカス・タナー、レイヴン・キング:マーチャーシュ1世と彼の失われた図書館の運命(ニューヘブン:エールUP、2008年)
  97. ^ ハンガリーに関するドキュメンタリー遺産であり、世界の記憶に含めることをお勧めします。portal.unesco.org
  98. ^ E.Kovács1990、pp。177、180–181。
  99. ^ a b c Engel 2001、p。319。
  100. ^ E.Kovács1990、pp。180–181。
  101. ^ Kubinyi 2008、pp。171–172。
  102. ^ Kubinyi 2008、p。172。
  103. ^ E.Kovács1990、p。181。
  104. ^ Klaniczay 1992、p。168。
  105. ^ Kubinyi 2008、p。183。
  106. ^ Franz-Joachim Verspohl  [ de ] Michelangelo Buonarroti und Leonardo Da Vinci:RepublikanischerAlltagundKünstlerkonkurrenzinFlorenzzwischen1501 und 1505(Wallstein Verlag、2007)、p。151。
  107. ^ a b Klaniczay 1992、p。166。
  108. ^ a b Cartledge 2011、p。67。
  109. ^ E.Kovács1990、p。185。
  110. ^ Klaniczay 1992、p。167。
  111. ^ Engel 2001、p。321。
  112. ^ Hendrix 2013、p。59。
  113. ^ Hendrix 2013、pp。63、65。
  114. ^ タナー2009、p。99。
  115. ^ a b Heughebaert、H。; Defoort、A。; Van Der Donck、R。(1998)。Artistieke反対ベルギー、ウォンメルヘム:Den Gulden Engelbvba。ISBN 978-90-5035-222-2
  116. ^ ジャンソン、HW; Janson、Anthony F.(1997)美術史(第5版、改訂版)。ニューヨーク:ハリーN.エイブラムス、株式会社ISBN  978-0-8109-3442-9
  117. ^ B ラング、ポール・ヘンリー(1939)。「いわゆるオランダの学校」。ミュージカルクォータリー25(1):48–59。土井10.1093 / mq /xxv.1.48JSTOR 738699 
  118. ^ ネーデルラントの油絵とその南ヨーロッパへの広がりメトロポリタン美術館のウェブサイト。(2007年4月5日閲覧)
  119. ^ セレンザ、クリストファー(2004)、失われたイタリアのルネッサンス:ヒューマニスト、歴史家、そしてラテンの遺産ボルチモア、ジョンズホプキンス大学出版局
  120. ^ Bona Sforza(1494–1557) 2014年5月6日、 WaybackMachineでアーカイブされましたpoland.gov.pl(2007年4月4日取得)
  121. ^ たとえば、2002年11月20日、1364年ヤギェウォ大学のウェイバックマシンアーカイブ 再建
  122. ^ a b 大学、ブラウン、ジョンカーターブラウン図書館。「ポルトガルの海外旅行とヨーロッパの読者」ポルトガルとルネッサンスヨーロッパJCB展示会2011年7月19日取得
  123. ^ Bergin、Speake、JenniferおよびThomas G.(2004)。ルネサンスと改革の百科事典インフォベース出版。ISBN 978-0-8160-5451-0
  124. ^ Bergin、Speake、JenniferおよびThomas G.(2004)。ルネサンスと改革の百科事典インフォベース出版。NS。490. ISBN 978-0-8160-5451-0
  125. ^ Bietenholz、Peter G。; Deutscher、Thomas Brian(2003)。エラスムスの同時代人:ルネッサンスと改革の伝記記録、第1巻から第3巻トロント大学出版局。NS。22. ISBN 978-0-8020-8577-1
  126. ^ Lach, Donald Frederick (1994). Asia in the making of Europe: A century of wonder. The literary arts. The scholarly disciplines (University of Chicago Press, 1994 ed.). ISBN 978-0-226-46733-7. Retrieved July 15, 2011.
  127. ^ Gary Saul Morson: Russian Literature article of the Encyclopedia Britannica LINK:[2]
  128. ^ The first stone tented roof church and the origins of the tented roof architecture by Sergey Zagraevsky at RusArch.ru (in Russian)
  129. ^ Pokhlebkin V.V. / Похлёбкин В.В. (2007). The history of vodka / История водки. Moscow: Tsentrpoligraph / Центрполиграф. p. 272. ISBN 978-5-9524-1895-0.
  130. ^ "Defining the Renaissance, Open University". Open.ac.uk. Retrieved July 31, 2009.
  131. ^ Burckhardt, Jacob. The Civilization of the Renaissance in Italy Archived September 21, 2008, at the Wayback Machine (trans. S.G.C. Middlemore, London, 1878)
  132. ^ Gay, Peter, Style in History, New York: Basic Books, 1974.
  133. ^ Burckhardt, Jacob. "The Civilization of the Renaissance in Italy". Archived from the original on October 3, 2008. Retrieved August 31, 2008.
  134. ^ Savonarola's popularity is a prime example of the manifestation of such concerns. Other examples include Philip II of Spain's censorship of Florentine paintings, noted by Edward L. Goldberg, "Spanish Values and Tuscan Painting", Renaissance Quarterly (1998) p. 914
  135. ^ Renaissance Forum at Hull University, Autumn 1997 (Retrieved May 10, 2007)
  136. ^ Lopez, Robert S. & Miskimin, Harry A. (1962). "The Economic Depression of the Renaissance". Economic History Review. 14 (3): 408–426. doi:10.1111/j.1468-0289.1962.tb00059.x. JSTOR 2591885.
  137. ^ Thorndike, Lynn; Johnson, F.R.; Kristeller, P. O.; Lockwood, D.P.; Thorndike, L. (1943). "Some Remarks on the Question of the Originality of the Renaissance". Journal of the History of Ideas. 4 (1): 49–74. doi:10.2307/2707236. JSTOR 2707236.
  138. ^ Kelly-Gadol, Joan. "Did Women Have a Renaissance?" Becoming Visible: Women in European History. Edited by Renate Bridenthal and Claudia Koonz. Boston: Houghton Mifflin, 1977.
  139. ^ Stephen Greenblatt Renaissance Self-Fashioning: From More to Shakespeare, University of Chicago Press, 1980.
  140. ^ Osborne, Roger (November 1, 2006). Civilization: a new history of the Western world. Pegasus Books. pp. 180–. ISBN 978-1-933648-19-4. Retrieved December 10, 2011.
  141. ^ Panofsky, Renaissance and Renascences in Western Art 1969:38; Panofsky's chapter "'Renaissance – self-definition or self-deception?" succinctly introduces the historiographical debate, with copious footnotes to the literature.
  142. ^ Haskins, Charles Homer, The Renaissance of the Twelfth Century, Cambridge: Harvard University Press, 1927 ISBN 0-674-76075-1.
  143. ^ Hubert, Jean, L'Empire carolingien (English: The Carolingian Renaissance, translated by James Emmons, New York: G. Braziller, 1970).

General sources

Further reading

  • Cronin, Vincent (1969), The Flowering of the Renaissance, ISBN 0-7126-9884-1
  • Cronin, Vincent (1992), The Renaissance, ISBN 0-00-215411-0
  • Campbell, Gordon. The Oxford Dictionary of the Renaissance. (2003). 862 pp. online at OUP
  • Davis, Robert C. Renaissance People: Lives that Shaped the Modern Age. (2011). ISBN 978-1-60606-078-0
  • Ergang, Robert (1967), The Renaissance, ISBN 0-442-02319-7
  • Ferguson, Wallace K. (1962), Europe in Transition, 1300–1500, ISBN 0-04-940008-8
  • Fisher, Celia. Flowers of the Renaissance. (2011). ISBN 978-1-60606-062-9
  • Fletcher, Stella. The Longman Companion to Renaissance Europe, 1390–1530. (2000). 347 pp.
  • Grendler, Paul F., ed. The Renaissance: An Encyclopedia for Students. (2003). 970 pp.
  • Hale, John. The Civilization of Europe in the Renaissance. (1994). 648 pp.; a magistral survey, heavily illustrated; excerpt and text search
  • Hall, Bert S. Weapons and Warfare in Renaissance Europe: Gunpowder, Technology, and Tactics (2001); excerpt and text search
  • Hattaway, Michael, ed. A Companion to English Renaissance Literature and Culture. (2000). 747 pp.
  • Jensen, De Lamar (1992), Renaissance Europe, ISBN 0-395-88947-2
  • Johnson, Paul. The Renaissance: A Short History. (2000). 197 pp.; excerpt and text search; also online free
  • Keene, Bryan C. Gardens of the Renaissance. (2013). ISBN 978-1-60606-143-5
  • King, Margaret L. Women of the Renaissance (1991) excerpt and text search
  • Kristeller, Paul Oskar, and Michael Mooney. Renaissance Thought and its Sources (1979); excerpt and text search
  • Nauert, Charles G. Historical Dictionary of the Renaissance. (2004). 541 pp.
  • Patrick, James A., ed. Renaissance and Reformation (5 vol 2007), 1584 pages; comprehensive encyclopedia
  • Plumb, J.H. The Italian Renaissance (2001); excerpt and text search
  • Paoletti, John T. and Gary M. Radke. Art in Renaissance Italy (4th ed. 2011)
  • Potter, G.R. ed. The New Cambridge Modern History: Volume 1: The Renaissance, 1493–1520 (1957) online; major essays by multiple scholars. Summarizes the viewpoint of 1950s.
  • Robin, Diana; Larsen, Anne R.; and Levin, Carole, eds. Encyclopedia of Women in the Renaissance: Italy, France, and England (2007) 459 pp.
  • Rowse, A.L. The Elizabethan Renaissance: The Life of the Society (2000); excerpt and text search
  • Ruggiero, Guido. The Renaissance in Italy: A Social and Cultural History of the Rinascimento (Cambridge University Press, 2015). 648 pp. online review
  • Rundle, David, ed. The Hutchinson Encyclopedia of the Renaissance. (1999). 434 pp.; numerous brief articles online edition
  • Turner, Richard N. Renaissance Florence (2005); excerpt and text search
  • Ward, A. The Cambridge Modern History. Vol 1: The Renaissance (1902); older essays by scholars; emphasis on politics

Historiography

  • Bouwsma, William J. "The Renaissance and the drama of Western history." American Historical Review (1979): 1–15. in JSTOR
  • Caferro, William. Contesting the Renaissance (2010); excerpt and text search
  • Ferguson, Wallace K. "The Interpretation of the Renaissance: Suggestions for a Synthesis." Journal of the History of Ideas (1951): 483–495. online in JSTOR
  • Ferguson, Wallace K. "Recent trends in the economic historiography of the Renaissance." Studies in the Renaissance (1960): 7–26.
  • Ferguson, Wallace Klippert. The Renaissance in historical thought (AMS Press, 1981)
  • Grendler, Paul F. "The Future of Sixteenth Century Studies: Renaissance and Reformation Scholarship in the Next Forty Years," Sixteenth Century Journal Spring 2009, Vol. 40 Issue 1, pp. 182+
  • Murray, Stuart A.P. The Library: An Illustrated History. American Library Association, Chicago, 2012.
  • Ruggiero, Guido, ed. A Companion to the Worlds of the Renaissance. (2002). 561 pp.
  • Starn, Randolph. "A Postmodern Renaissance?" Renaissance Quarterly 2007 60(1): 1–24 in Project MUSE
  • Summit, Jennifer. "Renaissance Humanism and the Future of the Humanities". Literature Compass (2012) 9#10 pp: 665–678.
  • Trivellato, Francesca. "Renaissance Italy and the Muslim Mediterranean in Recent Historical Work", Journal of Modern History (March 2010), 82#1 pp: 127–155.
  • Woolfson, Jonathan, ed. Palgrave advances in Renaissance historiography (Palgrave Macmillan, 2005)

Primary sources

  • Bartlett, Kenneth, ed. The Civilization of the Italian Renaissance: A Sourcebook (2nd ed., 2011)
  • Ross, James Bruce, and Mary M. McLaughlin, eds. The Portable Renaissance Reader (1977); excerpt and text search

External links

Interactive resources

Lectures and galleries