ルネ・デカルト

ウィキペディアから、無料の百科事典
ナビゲーションにジャンプ 検索にジャンプ

ルネ・デカルト
フランス・ハルス-PortretvanRenéDescartes.jpg
生まれ1596年3月31日 (1596-03-31
死亡しました1650年2月11日(53歳) (1650-02-12
国籍フランス語
教育
時代17世紀
の哲学啓蒙時代
領域西洋哲学
オランダ哲学
フランス哲学
学校
定説無題のLL.B. 論文 (1616)
主な関心事
認識論形而上学数学物理学宇宙論
注目すべきアイデア
サイン
Firma Descartes.svg

ルネ・デカルト/ deɪˈkɑːrt /またはUK/ ˈdeɪkɑːrt / ;フランス語:  [ ʁənedekaʁt ]聞く ;ラテン語 Renatus Cartesius ; [3 ] [ 16] 1596年3月31日– 11 1650年2月[17] [18] [19] :58 )はフランスの哲学者数学者科学者、そして一般人でしたオーディオスピーカーアイコン 以前は別々だった幾何学代数の分野を結びつけて、解析幾何学を発明したカトリック教徒彼は仕事の大部分をオランダ共和国で過ごし、当初はナッソーマウリッツのオランダ国軍、オレンジ王子、そしてアメリカ合衆国の総督に仕えていました。オランダ黄金時代最も著名な知的人物の1人である[20]デカルトは、近世哲学代数幾何学の創設者の1人としても広く見なされています。

デカルトの哲学の多くの要素は、後期アリストテレス主義、16世紀復活したストア派、またはアウグスティヌスのような初期の哲学者に先例があります。彼の自然哲学では、彼は2つの主要な点で学校とは異なっていました。1つは、肉体の物質物質と形態に分割することを拒否したことです。第二に、彼は自然現象を説明する際に、神聖であろうと自然であろうと、最終的な目的への訴えを拒否した。[21]彼の神学では、彼は神の創造行為の絶対的な自由を主張しているデカルトは以前の哲学者の権威を受け入れることを拒否し、彼の前の哲学者とは別に彼の見解を頻繁に設定しました。感情に関する近世の論文である「情念論」の冒頭のセクションで、デカルトはこのトピックについて「これまで誰も書いたことがないかのように」書くと断言しています。彼の最もよく知られている哲学的声明は、「我思う、故に我あり」(フランス語:Je pense、donc je suis)であり、方法序説(1637;フランス語とラテン語)と哲学原理にあります。 (1644年、ラテン語)。【注4】

デカルトはしばしば現代哲学の父と呼ばれ、17世紀に認識論への注目が高まった原因であると主に見られています。[22] [注5]彼は17世紀の大陸合理主義の基礎を築き、後にスピノザライプニッツによって提唱され、後にホッブズロックバークレーヒュームからなる経験論者の思想学派によって反対された。17世紀のオランダ共和国では、初期の近代合理主義の台頭は、それ自体が歴史上初めて非常に体系的な哲学の学校として、近代西洋思想全般に計り知れないほどの影響を及ぼしました。デカルト(彼の成人期のほとんどを過ごし、オランダの連合州で彼のすべての主要な仕事を書いた)とスピノザの2つの影響力のある合理主義哲学システム-すなわちデカルト主義スピノジズム「理性の時代」にその名前と歴史上の位置を与えたのは、デカルト、スピノザ、ライプニッツなどの17世紀の考古学者でした。ライプニッツ、スピノザ、[23]デカルトはすべて数学と哲学に精通しており、デカルトとライプニッツは科学にも大きく貢献しました。[24]

デカルトの最初の哲学に関する瞑想(1641)は、ほとんどの大学の哲学部門で標準的なテキストであり続けています。数学におけるデカルトの影響も同様に明らかです。デカルト座標系は彼ちなんで名付けられました彼は、代数幾何学の間の架け橋である解析幾何学の父として認められています。これは、微小微積分の発見分析に使用されます。デカルトは、科学革命の重要人物の1人でもありました

人生

初期の人生

La Haye enTouraineでデカルトが生まれた家

ルネ・デカルトは、1596年3月31日にフランスのトゥレーヌ県(現在のデカルトアンドル=エ=ロワール)のラ・ヘイ・エン・トゥレーヌで生まれました。 [25]母親のジャンヌ・ブロチャードは、彼を出産した直後に亡くなりました。彼は生き残ることを期待されていなかった。[25]デカルトの父、ヨアヒムは、レンヌブルターニュ高等法院の議員だった。[26] :22 ルネは、祖母と大叔父と一緒に暮らしていた。デスカルテス家はローマカトリック教徒でしたが、ポワトゥー地方はプロテスタントのユグノーによって支配されていました。[27]1607年、彼の健康状態が脆弱だったために遅く、彼はラ・フレーシュのイエズス会大学ロイヤル・ヘンリー・ル・グランに入り[ 28 ] [ 29 ] そこでガリレオの作品を含む数学と物理学を紹介されました。[30] [31] 1614年に卒業した後、彼はポアティエ大学で2年間( 1615–16 )勉強し、1616年にバカロレアと法学および民法の免許を取得した[30]。彼は弁護士になるべきです。[32]そこから、彼はパリに引っ越した。

方法序説ので、デカルトは次のように回想しています。 [33] :20–21 

私は手紙の研究を完全に断念しました。自分自身や世界の偉大な本にある知識以外の知識を求めないことを決意し、私は残りの若者を旅行し、裁判所や軍隊を訪問し、さまざまな気質や階級の人々と混ざり合い、さまざまなものを集めました。経験、幸運が私に提供した状況で自分自身をテストし、そしてそれからいくらかの利益を引き出すために私の道が来たものは何でも常に反省します。

ポアティエ大学のデカルトの卒業登録、1616年

1618年にプロの士官になるという彼の野心に従って、デスカルテスは傭兵として、ナッソーのモーリスの指揮ブレダプロテスタント オランダ国軍に加わり[30]、確立されたように軍事工学の正式な研究を行った。サイモン・ステヴィン[34] :したがって、66 デカルトは、数学の知識を進歩させるためにブレダで多くの励ましを受けました。[30]このようにして、彼はドルドレヒトの校長であるイサーク・ベークマン知り合いになった[30] 。彼が音楽大要を書いた学校(1618年に書かれ、1650年に出版された)。[35]一緒に、彼らは自由落下カテナリー円錐曲線、および流体静力学に取り組みました。どちらも、数学と物理を完全に結びつける方法を作る必要があると信じていました。[36]

1619年以来、ババリアカトリック公爵マクシミリアンに仕えている間[37]デカルトは、1620年11月にプラハ近郊の白山の戦いに参加した。 [38] [39]

エイドリアン・ベイレットによれば、1619年11月10日から11日の夜(聖マルティヌスの日)、デカルトはノイブルク・アン・デア・ドナウに駐留している間、「オーブン」(おそらくコックレストーブ)のある部屋に身を隠して逃げ出した[40]。風邪。その中にいる間、彼には3つの夢があり[41]、神聖な精神が彼に新しい哲学を明らかにしたと信じていました。しかし、デカルトが彼の2番目の夢であると考えたのは、実際には頭内爆発音症候群のエピソードであったと推測されます。[42]終了すると、彼は解析幾何学を定式化したそして数学的方法を哲学に適用するという考え。彼はこれらのビジョンから、科学の追求は彼にとって真の知恵の追求であり、彼の人生の仕事の中心的な部分であることが証明されるだろうと結論付けました。[43] [44]デカルトはまた、すべての真理が互いに関連していることを非常に明確に見たので、基本的な真理を見つけて論理を進めることはすべての科学への道を開くだろう。デカルトはこの基本的な真実をすぐに発見しました。彼の有名な「我思う、故に我あり」。[36]

キャリア

フランス

1620年、デカルトは軍隊を去りました。彼はロレートのサンタカーサ大聖堂を訪れた後、フランスに戻る前にさまざまな国を訪れ、その後数年間はパリで過ごしました。彼が方法に関する彼の最初のエッセイを作成したのはそこででした:Regulae ad Directionem Ingenii心の方向のための規則)。[36]彼は1623年にラ・ヘイに到着し、彼の財産のすべてを債券に投資するために売却し、それは彼の残りの人生に快適な収入を提供した。[34] :132  [45] :94 デカルトは、1627年にリシュリュー枢機卿によってラロシェルの包囲戦に参加しました。[45] :128 その年の秋、教皇使節のギディ・ディ・バーニョの住居で、 メルセンヌ他の多くの学者と一緒に、錬金術師、ニコラス・デ・ヴィリエ、シュール・ド・シャンドゥーによる講義を聞いた。想定される新しい哲学の原則について[46]ベルル枢機卿は、異端審問の範囲を超えた場所で彼の新しい哲学の解説を書くように彼に促した。[47]

オランダ

アムステルダムでは、デカルトはウェスターマルクト6(メゾンデカルト、左)に住んでいました。

デカルトは1628年にオランダ共和国に戻った。 [41] 1629年4月、彼はフラネケル大学に入学し、カトリックの家族と一緒に暮らすか、シェールデマスロットを借りて、アドリアーンスメティウス師事した。翌年、彼は「ポワトゥー語」という名前でライデン大学に入学し、パップスの六角形の定理に直面したヤコブス・ゴリウスと数学、そしてマーティン・ホルテンシウス天文学の両方を研究しました[48]1630年10月、彼はBeeckmanとの付き合いがあり、彼は彼のアイデアのいくつかを盗用したと非難しました。アムステルダムでは、彼は使用人の女の子、ヘレナ・ヤンス・ファン・デル・ストロムと関係があり、彼には1635年にデーフェンターで生まれた娘のフランシーヌがいました。彼女は5歳で猩紅熱で亡くなりました。

当時の多くの道徳主義者とは異なり、デカルトは情熱を非難するのではなく、むしろ彼らを擁護しました。[要出典]彼は1640年のフランシーヌの死に泣いた。[49]ジェイソン・ポーターフィールドによる最近の伝記によれば、「デカルトは、自分が男であることを証明するために涙を控えなければならないと信じていなかったと言った」。[50] ラッセルショートは、父性と子供を失った経験がデカルトの仕事のターニングポイントを形成し、その焦点を医学から普遍的な答えの探求に変えたと推測している。[51]

頻繁な動きにもかかわらず、[注6]彼はオランダでの20年以上の間に彼の主要な仕事のすべてを書き、数学と哲学の革命を開始しました。[注7] 1633年、ガリレオはイタリアの異端審問によって非難され、デカルトは過去4年間の彼の作品である「世界の御馳走」を出版する計画を放棄しました。それにもかかわら1637年にはこの作品の一部を3つのエッセイで発表ました。 laméthode方法に関する論議)。[52]その中で、デカルトは、私たちの知識が確固たる基盤に基づいていることを保証することを目的とした、4つの思考規則を示しています。 [53]

1つ目は、私がそのようなことを知らなかったものを真実として受け入れることは決してありませんでした。つまり、慎重に、沈殿物や偏見を避け、疑いのすべての根拠を排除するほど明確かつ明確に私の心に提示されたもの以外の何も私の判断に含まないようにします。

LaGéométrieでは、デカルトはピエール・ド・フェルマーで行った発見を利用しました。彼の論文「Introduction to Loci」が1679年に死後に出版されたため、これが可能になりました。これは後にデカルト幾何学として知られるようになりました。[54]

デカルトは、彼の人生の残りの間、数学と哲学の両方に関する作品を出版し続けました。1641年に、彼は形而上学の論文、Meditationes de Prima Philosophia最初の哲学に関する瞑想)を出版しました。これはラテン語で書かれているため、学者に宛てたものです。その後、1644年にPrincipia Philosophiae(哲学原理)が続きました。これは、最初の哲学の方法と瞑想に関する言説の一種の統合です1643年、デカルト哲学はユトレヒト大学で非難され、デカルトはハーグに逃げてエグモントビネンに定住することを余儀なくされました。

クリスティア・マーサーは、デカルトは、知的成長における哲学的考察の役割に関して、スペインの作家であり、50年前にインテリアキャッスルを出版したアビラのローマカトリックの修道女テレサの影響を受けた可能性があると示唆しました。[13] [55]

デカルトは(オランダ軍のイタリア人将軍アルフォンソ・ポローティを通じて)ボヘミアのエリザベス王女との6年間の通信を開始し、主に道徳的および心理的主題に専念しました。[56]この通信に関連して、1649年に彼は王女に捧げたLes Passionsdel'âme魂の情熱)を出版しました。アボットクロードピコによって作成されたPrincipiaPhilosophiaeのフランス語訳は、1647年に出版されました。この版は、エリザベート王女にも捧げられました。フランス語版の序文、デカルトは知恵を獲得する手段として真の哲学を賞賛しました。彼は知恵に到達するための4つの通常の情報源を特定し、最後に、最初の原因の探索からなる、5番目のより良くより安全な情報源があると言います。[57]

スウェーデン

1649年までに、デカルトはヨーロッパで最も有名な哲学者および科学者の1人になりました。[52]その年、スウェーデンのクリスティーナ女王は彼を彼女の法廷に招待し、新しい科学アカデミーを組織し、愛についての彼の考えで彼女を指導した。デカルトはそれを受け入れ、冬の真っ只中にスウェーデンに移住しました。[58]彼女はデカルトに興味を持ち、刺激して『情念論』を出版した。[59]

彼はストックホルムTreKronorから500メートル以内のVästerlånggatanに住むPierreChanutの家のゲストでした。そこで、シャヌートとデカルトは、トリセル水銀気圧計で観測を行いましブレーズパスカルに挑戦したデカルトは、ストックホルムで最初の気圧測定値を取得し、大気圧を天気予報に使用できるかどうかを確認しました。[60]

(左)パリのサンジェルマンデプレ修道院にあるデカルトの墓(中央、碑文の詳細付き) 。(右)1720年代にアドルフ・フレドリクス・キルカに建てられたデカルトの記念碑

デカルトは、クリスティーナ女王の誕生日の後、週に3回、午前5時に、寒くてドラフトな城でレッスンを行うように手配しました。彼らがお互いを好きではないことがすぐに明らかになりました。彼女は彼の機械哲学を気にしませんでしたし、彼は古代ギリシャ語への彼女の興味を共有しませんでした1650年1月15日までに、デカルトはクリスティーナを4、5回しか見ていませんでした。2月1日、彼は肺炎にかかり、2月11日に亡くなりました。[61]シャヌートによれば、死因は肺炎であったが、クリスティーナの医師であるヨハン・ファン・ウーレンによれば、彼の出血を許されなかった肺炎であった。[62](冬は穏やかだったようです、[63]デカルト自身が述べたように過酷だった1月の後半を除いて。しかし、「この発言は、おそらくデカルトが天気についてであったのと同じくらい知的気候を取り上げることを意図していた」)[59]

E. Piesは、van Wullen博士からの手紙に基づいて、このアカウントに疑問を投げかけました。しかし、デカルトは彼の治療を拒否し、それ以来、その信憑性に反対する議論が増えています。[64] 2009年の本の中で、ドイツの哲学者テオドール・エーベルトは、デカルトが彼の宗教的見解に反対したカトリックの宣教師によって毒殺されたと主張している。[65] [66] [67]

プロテスタント国家のカトリック教徒[68] [69] [70]として、彼はストックホルムのアドルフ・フレドリクス・キルカの孤児のために主に使用された墓地に埋葬されました。彼の原稿は、シャヌートの義理の兄弟であるクロード・クレセリエと、「彼の手紙を選択的に切り取り、追加し、出版することによってデカルトを聖人に変えるプロセスを始めた敬虔なカトリック教徒」の手に渡った。[71] [72] :137–154  1663年、教皇はデカルトの作品を禁止された本の索引に載せました。彼の死から16年後の1666年、彼の遺体はフランスに運ばれ、サンテティエンヌデュモンに埋葬されました。1671年、ルイ14世デカルト主義のすべての講義を禁止しました1792年国民公会は遺骨をパンテオンに移す計画を立てていましたが、1819年にサンジェルマンデプレ修道院に再埋葬され、指と頭蓋骨が失われました。[注8]彼の頭蓋骨は、パリの人類博物館に展示されています[73]

哲学作品

仕事中のルネ・デカルト

方法に関する彼の談話では、彼は疑いなく真実であると知ることができる基本的な一連の原則に到達しようとしています。これを達成するために、彼は双曲線/形而上学的疑いと呼ばれる方法を採用しています。これは、方法論的懐疑論またはデカルト懐疑とも呼ばれます。彼は疑うことができるアイデアを拒否し、真の知識の確固たる基盤を獲得するためにそれらを再確立します。[74]デカルトは、彼が最初の哲学に関する瞑想で行ったアイデアをゼロから構築しました彼はこれを建築に関連付けています。新しい建物や構造物を作成するために表土が取り除かれます。デカルトは彼の疑いを土と建物の新しい知識と呼んでいます。デカルトに、アリストテレスの基礎主義は不完全であり、彼の疑いの方法は基礎主義を強化します。[75]

当初、デカルトは彼が考える第一原理にたどり着きました。これは、方法序説我思う、我あり」(英語:「我思う、故に我あり」)のラテン語の句で表現されています。[76] デカルトは、彼が疑った場合、何かまたは誰かが疑わしいことをしているに違いないと結論付けた。したがって、彼が疑ったという事実自体が彼の存在を証明しました。「このフレーズの単純な意味は、存在に懐疑的である場合、それ自体が彼が存在することの証拠であるということです。」[77]これらの2つの最初の原則-私は思うし、私は存在する-は後にデカルトの明確で明確な認識によって確認された(瞑想からの彼の3番目の瞑想で描写された)):デカルトは、これらの2つの原則を明確かつ明確に認識しているため、それらの不可侵性を保証します。

デカルトは、彼が考えているので、彼が存在することを確信できると結論付けています。しかし、どのような形で?彼は感覚を使って自分の体を知覚します。ただし、これらは以前は信頼できませんでした。したがって、デカルトは、彼が思考することであるという唯一の不可解な知識であると判断します。思考は彼がすることであり、彼の力は彼の本質から来なければなりません。デカルトは、「思考」(cogitatio)を「私がそれを意識している限り、私がすぐにそれを意識するように私に起こること」と定義しています。したがって、思考とは、その人がすぐに意識する人のすべての活動です。[78]彼は、目覚めている思考は夢と区別できると考える理由を与えた、そしてその人の心は、人の感覚の前に幻想的な外界を置く邪悪な悪魔によって「乗っ取られる」ことはできなかったでしょう。[75]

ですから、目で見ていたと思っていたものは、頭の中にある判断力だけで把握できます。[79] :109 

このようにして、デカルトは知識のシステムを構築し、信頼できないものとしての知覚を破棄し、代わりに、方法として推論のみを認めます。[80]

心身二元論

ロム(1664)

パリの街中に展示されているオートマトンの影響を受けたデカルトは、心と体の関係、そして両者がどのように相互作用するかを調査し始めました。[要出典]二元論に対する彼の主な影響神学物理学でした。[81]心身二元論に関する理論は、デカルトの特徴的な教義であり、彼が進めた他の理論に浸透している。デカルト二元論(または心身二元論)として知られている、心と体の分離に関する彼の理論は、その後の西洋哲学に影響を与え続けました。[82]最初の哲学に関する瞑想、デカルトはの存在と人間の魂と体の違いを実証しようとしました。人間は心と体の結合です。[83]したがって、デカルトの二元論は、心と体は別個であるが密接に結合しているという考えを受け入れた。デカルトの現代の読者の多くは、心と体の区別を理解するのが難しいと感じていましたが、彼はそれが完全に簡単だと思いました。デカルトは、物質が存在する方法であるモードの概念を採用しました。哲学の原則において、デカルトは、「私たちが言うモードとは別の物質をはっきりと知覚することができますが、逆に、物質とは別のモードを理解することはできません」と説明しました。実体とは別にモードを知覚するには、知的抽象化が必要であり[84]、デカルトは次のように説明しています。

知的抽象化は、このより豊かなアイデアの内容の一部から私の考えを遠ざけ、より注意を払って他の部分に適用する方がよいことにあります。このように、形の実体や延長を考えずに形を考えるとき、私は精神的な抽象化を行います。[84]

デカルトによれば、2つの物質は、それぞれが互いに離れて存在できる場合、実際には区別されます。このように、デカルトは、神は人間とは異なり、人間の体と心も互いに異なると推論しました。[85]彼は、体(拡張されたもの)と心(拡張されていない、重要でないもの)の大きな違いが、この2つをオントロジー的に区別していると主張した。デカルトの不可分性の議論によれば、心は完全に不可分である。なぜなら、「私が心、または私が単なる思考である限り、私自身を考えるとき、私は自分の中のどの部分も区別することができない。私は自分自身を何かであると理解している。非常に単一で完全です。」[86]

さらに、The Meditationsで、デカルトはワックスの一部について説明し、デカルト二元論の最も特徴的な単一の教義を明らかにしています。宇宙には、思考として定義される心または魂と、物質および非思考として定義される体の2つの根本的に異なる種類の物質が含まれていました。 [87]デカルトの時代のアリストテレス哲学は、宇宙は本質的に目的論的または目的論的であると考えていた。星の動きであれ、の成長であれ、起こったことはすべて、おそらく、自然の中でうまくいった特定の目的、目標、または目的によって説明可能でした。アリストテレスはこれを「最終的な原因」と呼んでおり、これらの最終的な原因は自然の働きを説明するために不可欠でした。デカルトの二元論の理論は、伝統的なアリストテレス科学と、自然を説明する試みにおける神の力と「最終的な原因」の役割を否定したケプラーとガリレオの新しい科学との区別を支持しています。デカルトの二元論は、心(またはres cogitans )を支持して、物理的な宇宙(またはres extensa )から最終的な原因を追い出すことによって、後者の哲学的根拠を提供しました。したがって、デカルト二元論が現代物理学への道を開いた一方で、それはまた、魂の不死についての宗教的信念への扉を開いたままにしました[88]

デカルトの心と物質の二元論は、人間の概念を暗示していました。デカルトによれば、人間は心と体の複合体でした。デカルトは心を優先し、心は体なしで存在することができるが、体は心なしでは存在できないと主張しました。デカルトは、瞑想の中で、心は物質であるが、体は「事故」だけで構成されているとさえ主張しています。[89]しかし、彼は心と体が密接に関連していると主張しました:[90]

自然はまた、痛み、空腹、喉の渇きなどの感覚によって、私が彼の船のパイロットとして単に私の体の中にいるだけでなく、私が非常に密接に結合し、いわばそれと混ざり合っていることを教えてくれます、私と体がユニットを形成するように。そうでなければ、考えているだけの私は、体を傷つけても痛みを感じることはありませんが、船内の何かが壊れた場合に船員が視覚で認識するのと同じように、純粋に知性で損傷を認識します。 。[90]

デカルトの具体化に関する議論は、彼の二元論哲学の最も厄介な問題の1つを提起しました:人の心と体の間の結合の関係は正確には何ですか?[90]したがって、デカルトの二元論は、デカルトの死後何年にもわたって心身問題の哲学的議論の議題を設定した。[91]デカルトも合理主義者であり、生来のアイデアの力を信じていた[92]デカルトは、生来の知識の理論と、すべての人間は神のより高い力を通して知識を持って生まれたと主張した。後に哲学者ジョン・ロックによって戦われたのは、この生来の知識の理論でした(1632–1704)、経験論者。[93] 経験論は、すべての知識は経験を通じて得られると考えています。

生理学と心理学

1649年に出版されたThePassions of the Soul[94]デカルトは、人体には動物の精霊が含まれているという現代の一般的な信念について議論しました。これらのアニマルスピリットは、脳と筋肉の間の神経系の周りを急速に循環する軽くて歩き回る液体であると信じられていました。これらの動物の精霊は、人間の魂、または魂の情熱に影響を与えると信じられていました。デカルトは、不思議、愛、憎しみ、欲望、喜び、悲しみという6つの基本的な情熱を区別しました。これらの情熱のすべては、元の精神のさまざまな組み合わせを表しており、特定の行動を意志または望んでいる魂に影響を与えたと彼は主張しました。彼は、例えば、恐れは魂を動かして身体に反応を生み出す情熱であると主張しました。魂と体の分離に関する彼の二元論の教えに沿って、コネクタとしての松果体。[95]デカルトは、信号が動物の精霊を介して耳と目から松果体に伝わると主張した。したがって、腺のさまざまな動きがさまざまな動物の精霊を引き起こします。彼は、松果体でのこれらの動きは神の意志に基づいており、人間は自分たちに役立つものを欲し、好きになるはずだと主張しました。しかし、彼はまた、体の周りを動く動物の精霊が松果体からの命令を歪める可能性があると主張しました。したがって、人間は彼らの情熱を制御する方法を学ばなければなりませんでした。[96]

デカルトは、19世紀の反射理論に影響を与えた、外部の出来事に対する自動身体反応に関する理論を発展させました。彼は、触覚や音などの外部の動きが神経の末端に到達し、動物の精神に影響を与えると主張しました。たとえば、火からの熱は皮膚のスポットに影響を与え、一連の反応を引き起こし、動物の精霊は中枢神経系を介して脳に到達し、次に動物の精霊は筋肉に戻されて手を動かします火から離れて。[96]この一連の反応を通して、体の自動反応は思考プロセスを必要としません。[92]

とりわけ、彼は魂が科学的調査の対象となるべきであると信じた最初の科学者の一人でした。彼は、魂が神聖であるという同時代の人々の見解に異議を唱えたため、宗教当局は彼の本を危険であると見なしました[要出典]デカルトの著作は、感情に関する理論の基礎を形成し、認知評価がどのように感情的なプロセスに変換されたかを示しています。デカルトは、脳は働く機械に似ていると信じており、同時代の多くの人とは異なり、数学と機械工が心の最も複雑なプロセスを説明できると信じていました。要出典 20世紀、アランチューリングは、デカルトに触発された数理生物学に基づいた高度なコンピュータサイエンスです。彼の反射に関する理論は、彼の死から200年以上経った今でも、高度な生理学的理論の基礎となっています。生理学者のイワン・パブロフはデカルトを大いに賞賛していました。[97]

道徳哲学

デカルトにとって、倫理は科学であり、それらの中で最も高く、最も完璧でした。他の科学と同様に、倫理は形而上学にそのルーツを持っていました。[80]このようにして、彼は神の存在を主張し、自然界の人間の場所を調査し、心身二元論の理論を定式化し、自由意志を擁護します。しかし、彼は確信した合理主義者だったので、デカルトは、私たちが求めるべき商品を探すには理由が十分であり、美徳は私たちの行動を導くべき正しい理由にあると明確に述べています。それにもかかわらず、この推論の質は知識に依存します。なぜなら、十分な知識のある心はより良い選択をすることができるからです。、そしてそれは精神状態にも依存します。このため、彼は完全な道徳哲学は体の研究を含むべきであると言いました。[98] :189 彼はボヘミアのエリザベス王女との通信でこの主題について議論し、その結果感情や情熱。[99]人間の情熱と感情に関する彼の作品は、彼の信奉者の哲学の基礎となり(デカルト主義を参照)、文学と芸術がどうあるべきか、特にそれがどのように感情を呼び起こすかに関するアイデアに永続的な影響を与えるでしょう。[100]

人間は、デカルトがゼノに続いて美徳と同一視する主権を求めるべきです。これは祝福を生み出すからです。エピクロスにとって、主権の善は喜びであり、デカルトは、美徳は肉体的な喜びよりも優れた精神的な喜びを生み出すので、実際、これはゼノンの教えと矛盾しないと言います。幸福(幸福)は道徳的美徳と適度な富などの幸運の両方に依存するというアリストテレスの意見に関して、デカルトは幸福が幸福に寄与することを否定していませんが、彼らは自分の外に大きな割合を占めていると述べています一方、人の心は人の完全な管理下にあります。[99]デカルトの道徳的著作は彼の人生の最後の部分に来たが、以前、彼は方法序説で、彼のすべての考えを疑っている間行動できるように3つの格言を採用した。これは彼の「暫定道徳」として知られています。

宗教

3番目と5番目の瞑想では、デカルトは慈悲深い神の証明を提供します(それぞれ商標の議論存在論の議論)。神は慈悲深いので、デカルトは彼の感覚が彼に提供する現実の説明を信じています。神は彼に働く心と感覚システムを提供し、彼を欺くことを望んでいないからです。しかし、この仮定から、デカルトは演繹と知覚に基づいて世界についての知識を獲得する可能性を最終的に確立します。したがって、認識論に関しては、デカルトは基礎主義の厳密な概念やその理由の可能性などのアイデアに貢献したと言えます。知識を得るための唯一の信頼できる方法です。しかし、デカルトは、理論を検証および妥当性確認するために実験が必要であることを非常に認識していました。[80]

デカルトは、彼の因果的妥当性の原則[101]を呼び出して存在についての彼のトレードマークの議論を支持し、ルクレティウスを擁護して引用します[102] Oxford Referenceは、次のように議論を要約している。「私たちの完璧のアイデアは、そのメーカーによって技量の記事にスタンプや商標が残されているように、その完璧な起源(神)に関連している」。[103] 5番目の瞑想では、デカルトは「非常に完璧で無限の存在のアイデア」を考える可能性に基づいた存在論的議論のバージョンを提示し、「私にあるすべてのアイデアの中で、アイデア私が神について持っていることは、最も真実で、最も明確で、明確です。」[104] デカルトは自分自身を敬虔なカトリック教徒であると考えており[68] [69] [70] 、瞑想の目的の1つはカトリック信仰を擁護することであった。神学的信念を理性に基づいたものにしようとする彼の試み​​は、彼の時代に激しい反対に遭遇しました。パスカルはデカルトの見解を合理主義者および機械主義者と見なし、彼を理神論で非難した:「私はデカルトを許すことはできません。彼の哲学のすべてにおいて、デカルトは神を免除するために最善を尽くしました。しかし、デカルトは神に彼の主な指のスナップで世界を動かすように勧めることを避けられませんでした。デカルトは彼の瞑想で無神論の明確な批評を提供したが、強力な現代人であるマーティン・スクックは彼を無神論者の信念で非難した。カトリック教会は1663年に彼の本を禁止しました。[105] [106] [107] :274 デカルトも外界の懐疑論への反応を書いたこの懐疑論の方法を通して、彼は疑うために疑うのではなく、具体的で信頼できる情報を達成するために疑う。言い換えれば、確実性。彼は感覚的知覚が思わず彼のところに来て、彼の意志はありません。それらは彼の感覚の外にあり、デカルトによれば、これは彼の心の外に何かが存在する証拠であり、したがって外の世界です。デカルトはさらに、伝達されている考えに関して神は彼をだまさないだろうと主張することによって外界の物事が物質的であること、そして神はそのような考えが物質によって引き起こされると信じる「性向」を彼に与えたことを示していますもの。デカルトはまた、物質は機能したり存在したりするために援助を必要としないものであると信じています。デカルトはさらに、神だけが真の「実体」になることができる方法を説明しています。しかし、心は物質であり、それが機能するために必要なのは神だけです。心は思考の実体です。思考実体の手段はアイデアから生じます。[108]

デカルトは神学的な質問を避け、形而上学と神学的な正統性の間に非互換性がないことを示すことに注意を向けました。彼は神学的教義を形而上学的に実証しようとすることを避けた。魂と体が別個の物質であることを示すだけで魂の不死を確立しなかったと異議を唱えられたとき、彼は答えました。神の自由意志に依存する事柄。」[109]

自然科学

デカルトは、自然科学を発展させるために理性の使用を強調した最初の思想家と見なされることがよくあります。[110]彼にとって、哲学はすべての知識を具体化した思考システムであり、彼はフランス語の翻訳者への手紙で次のように述べている。[80]

したがって、すべての哲学は、形而上学が根であり、物理学が幹であり、他のすべての科学がこの幹から成長する枝である木のようなものであり、医学、力学、倫理の3つの原則に還元されます。道徳の科学によって、私は他の科学の完全な知識を前提として、最後の知恵である最高で最も完璧なものを理解しています。

動物について

デスカルテスは、動物には理性や知性があることを否定しました。[111]彼は、動物は感覚や知覚を欠いていないと主張したが、これらは機械的に説明することができた。[112]人間には魂や心があり、痛み不安を感じることができたのに対し、動物には魂がないために痛みや不安を感じることができませんでした。動物が苦痛の兆候を示した場合、これは体を損傷から保護するためでしたが、動物が苦しむために必要な生来の状態はありませんでした。[113]デカルトの見解は広く受け入れられていませんでしたが、ヨーロッパと北アメリカで目立つようになり、人間が動物を罰せずに扱うことができるようになりました。動物は人類から完全に分離されており、単に機械が動物の虐待を許し、19世紀半ばまで法律や社会規範で制裁されていたという見方。[114] :180–214 チャールズ・ダーウィンの出版物は、最終的にデカルトの動物観を侵食するでしょう。[115] :37 ダーウィンは、人間と他の種との間の連続性が、動物が苦しむための異なる特性を持たないという可能性を開いたと主張した。[116] :177 

歴史的影響

教会の教義からの解放

瞑想の表紙

デカルトはしばしば現代西洋哲学の父と呼ばれ、その思想家は西洋哲学の方向性を大きく変え、現代性の基礎を築きました。[22] [117]彼の最初の哲学に関する瞑想の最初の2つは、有名な方法論的懐疑を定式化したものであり、デカルトの著作の中で現代の思考に最も影響を与えた部分を表しています。[118]デカルト自身がこの革命的な動きの範囲を認識していなかったと主張されてきた。[119]議論を「真実」から「私が確信できること」に移す際に、デカルトは間違いなく真理の権威ある保証人を神から人類に移しました(デカルト自身が彼が神から彼のビジョンを受け取ったと主張したとしても)-伝統的な「真実」の概念は外部の権威を意味し、「確実性」は代わりに個人の判断に依存します。

人間中心主義の革命では、人間は今や主体、代理人、自律的な理性を備えた解放された者のレベルにまで引き上げられています。これは現代性の基礎を確立した革命的なステップであり、その影響は今もなお感じられています。キリスト教の啓示の真実と教会の教義からの人類の解放。人類は独自の法を作​​り、独自の立場をとっています。[120] [121] [122]現代では、真理の保証人はもはや神ではなく、人間であり、それぞれが自分の現実の「自己意識的な形削り盤と保証人」です。[123] [124]そのようにして、神に従順な子供とは対照的に、各人は推論する大人、主語、代理人になります[123] 。この視点の変化は、キリスト教の中世から近代への移行、他の分野で予想されていた移行、そして現在デカルトによって哲学の分野で策定されていたものの特徴でした。[123] [125]

デカルトの仕事のこの人間中心主義の視点は、人間の理性を自律的なものとして確立し、啓蒙主義の神と教会からの解放の基礎を提供しました。マーティン・ハイデガーによれば、デカルトの研究の視点は、その後のすべての人類学の基礎も提供しました[126]デカルトの哲学的革命は、現代の人間中心主義主観主義を引き起こしたと言われることがある[22] [127] [128] [129]

数学的遺産

彼が発明したx軸とyを使用したデカルト座標グラフ

デカルトの最も永続的な遺産の1つは、代数を使用して幾何学を記述するデカルトまたは解析幾何学の開発でした。デカルトは、「方程式の未知数をxyzで表し、既知のものをabcで表すという規則を発明しました」。彼はまた、上付き文字を使用してべき乗または指数を示す「標準表記法を開拓」しました。たとえば、xの2乗を示すためにx2で使用される2。[130] [131] :19 彼は最初に、知識のシステムにおける代数の基本的な場所を割り当て、それを、特に抽象的な未知の量についての推論を自動化または機械化する方法として使用しました。[132] :91–114 ヨーロッパの数学者は、以前は幾何学をより基本的な数学の形式と見なしており、代数の基礎として機能していました。代数の規則は、パチョーリカルダンタルタリアフェラーリなどの数学者によって幾何学的な証明が与えられました立方体などの3次元の形が現実の最大の次元を占めていたため、3番目よりも高い次数の方程式は非現実的であると見なされました。デカルトは、抽象的な量2は、長さと面積を表すことができます。これは、第二の権力が地域を代表しなければならないと主張したフランソワ・ビエテなどの数学者の教えに反対していましたデカルトはこの主題を追求しませんでしたが、ゴットフリートウィルヘルムライプニッツに先立って、論理原理と方法を象徴的に包含し、一般的な推論を機械化できる、代数または「普遍的な数学」のより一般的な科学を象徴的な論理の前兆として構想しました。[133] :280–281 

デカルトの研究は、ニュートンとライプニッツによって開発された微積分の基礎を提供しました。彼は、極小微積分を接線問題に適用し、現代数学のその分野の進化を可能にしました。[134]の符号の法則は、多項式の正と負の根の数を決定するために一般的に使用される方法でもあります。

デカルトの物理学への関心の始まりは、機械哲学として知られる新しい思想の学校の最前線にいたアマチュア科学者で数学者のイサーク・ベークマンに認められています。この推論の基礎を用いて、デカルトは機械的および幾何学的物理学に関する彼の理論の多くを定式化しました。[135]デカルトは、運動量保存則(物体の運動の尺度)の初期の形式を発見し、ガリレオが想定していた完全な円運動ではなく、直線運動に関連するものとして想定しました。 。[135] [136]彼は彼の哲学の原則の中で、宇宙についての彼の見解を概説した。、ここで彼は彼の3つの運動の法則を説明しています。[137]ニュートン自身の運動の法則は、後にデカルトの解説に基づいてモデル化されるでしょう。[135]

デカルトはまた、光学の分野にも貢献しました彼は、幾何学的構造と屈折の法則(デカルトの法則、またはより一般的にはフランス国外のスネルの法則としても知られています)を使用して、の角半径が42度(つまり、目の端が目の中でなす角)であることを示しました。虹と太陽から虹の中心を通過する光線は42°です)。[138]彼はまた、反射の法則を独自に発見し、光学に関する彼のエッセイは、この法則について最初に発表された言及でした。[139]

ニュートンの数学への影響

現在の世論では、デカルトは若いアイザックニュートンに最も影響を与えたとされており、これは間違いなく彼の最も重要な貢献の1つです。デカルテスの影響は、彼のオリジナルのフランス語版のラ・ジョメトリエから直接ではなく、フランス・ファン・スコーテンの拡張されたラテン語版の作品から直接拡大されました。[140] :100 ニュートンは、デカルトの三次方程式に関する研究を続け、ギリシャの視点の束縛から主題を解放しました。最も重要な概念は、単一変数の彼の非常に現代的な扱いでした。[141] :109–129  ニュートンは、デカルトの惑星運動の渦理論を拒否し、彼を支持した。万有引力の法則、そしてニュートンのプリンシピアの2冊目の本のほとんどは彼の反論に捧げられています。

現代のレセプション

商業的には、The Discourseはデカルトの生涯に500部の単版で登場し、そのうち200部は著者のために取っておかれました。同様の運命を共有したのは、デカルトの死の時までに完売することができなかった、TheMeditationsの唯一のフランス語版でした。しかし、後者の付随するラテン語版は、ヨーロッパの学界によって熱心に求められ、デカルトの商業的成功を証明しました。[142] :xliii–xliv 

デカルトは彼の人生の終わりに向かって学界でよく知られていましたが、学校での彼の作品の教えは物議を醸していました。ユトレヒト大学の医学教授であるHenride Roy(Henricus Regius 、1598–1679)は、デカルトの物理学を教えたとして、大学の学長であるGijsbert Voet(Voetius)から非難されました。[143]

薔薇十字団と称される

デカルトの薔薇十字団への加入が議論されています。[144]

彼の名前のイニシャルは、薔薇十字団によって広く使用されているRCの頭字語にリンクされています。[145]さらに、1619年にデカルトは薔薇十字団運動の有名な国際的中心地であるウルムに移った。[145] デカルトはドイツへの旅行中に、以前に同胞団に加わるという彼の個人的なコミットメントを表明したヨハン・ファウルハーバーに会った。[146]

デカルトは、 「世界の市民であるポリビウスの数学的財宝法」というタイトルの作品を「世界中で学んだ男性、特にドイツの著名なBRC(バラ色の十字架の兄弟)」に捧げました。作業は完了しておらず、その公開は不確実です。[147]

参考文献

執筆

  • 1618. MusicaeCompendiumデカルトが初期の協力者であるイサーク・ベークマンに捧げた音楽理論と音楽美学に関する条約(1618年に書かれ、1650年に死後最初に出版された)。[148] :127–129 
  • 1626〜1628。Regulae ad directionem ingenii心の方向性に関する規則)。不完全な。死後、1684年にオランダ語の翻訳で、1701年にアムステルダムで元のラテン語で最初に公開されました(R. Des-Cartes Opuscula Posthuma Physica et Mathematica)。1684年のオランダ語訳を含む最も重要な版は、Giovanni Crapulli(The Hague:Martinus Nijhoff、1966)によって編集されています。
  • c。1630. De solidorumelementis正多面体と3次元図形数の分類に関する懸念一部の学者は、オイラーの多面体式を事前に設定すると述べています。未公開; 1650年にストックホルムのデカルトの邸宅で発見され、パリに返送されている間に難破船でセーヌ川に3日間浸され、1676年にライプニッツによってコピーされて失われました。ライプニッツのコピーも失われましたが、1860年頃にハノーバーで再発見されました。[149]
  • 1630〜1631。LarecherchedelavéritéparlalumièrenaturelleThe Search for Truth)1701年に公開された未完成の対話。 [150] :264ff 
  • 1630〜1633。ル・モンド世界)とロム)。デカルトの自然哲学の最初の体系的なプレゼンテーション。は1662年にラテン語訳で死後に出版されました。そして死後1664年の世界。
  • 1637. Disoursdelaméthode方法に関する談話)。DioptriqueMétéoresGéométrieを含むEssaisの紹介
  • 1637.LaGéométrie 幾何学デカルトの数学における主要な仕事。Michael Mahoneyによる英訳があります(ニューヨーク:ドーバー、1979年)。
  • 1641. Meditationes de prima philosophia最初の哲学に関する瞑想)。形而上学的瞑想としても知られています。ラテン語; 翌年に発行された第2版には、追加の異議申し立てと返信、およびDinetへの手紙が含まれていました。おそらくデカルトの監督なしに行われた、リュイーヌ公爵によるフランス語の翻訳は、1647年に出版されました。6つの異議と回答が含まれています。
  • 1644. Principia philosophiae(哲学原理)。デカルトが最初に意図したラテン語の教科書で、その後大学で使用されていたアリストテレスの教科書に取って代わりました。デカルトの監督下にあるクロード・ピコによるフランス語の翻訳、Principes de philosophieは、1647年に、ボヘミアのエリザベス王女への手紙の序文とともに登場しました。
  • 1647.プログラムののたえ(特定の大判へのコメント)。デカルトのかつての弟子であるヘンリカス・レジウスへの返事。
  • 1648. La description du corps humain人体の説明)。1667年にClerselierによって死後に出版されました。
  • 1648. Responsiones Renati Des Cartes ...バーマンとの会話)。1648年4月16日のデカルトとフランスバーマンの間の質疑応答に関するメモ。1895年に再発見され、1896年に初めて出版されました。Jean-MarieBeyssadeが編集した注釈付きバイリンガル版(ラテン語とフランス語の翻訳)が1981年に出版されました(パリ:PUF)。
  • 1649. Lespassionsdel'âme情熱の魂)。パラティナーテのエリザベス王女に捧ぐ
  • 1657.通信(3巻:1657、1659、1667)。デカルトの遺言執行者クロード・クレセリエによって出版されました。1667年の第3版は、最も完成度の高いものでした。しかし、クレセリエは数学に関連する資料の多くを省略しました。

2010年1月、1641年5月27日付けのデカルトからのこれまで知られていなかった手紙が、オランダの哲学者Erik-JanBosによってGoogleを閲覧しているときに見つかりました。ボスは、ペンシルベニア州ハバーフォードにあるハバーフォード大学保管しているサインの要約に記載されている手紙を見つけました大学はその手紙が出版されたことは一度もないことに気づいていなかった。これは、過去25年間に見つかったデカルトによる3番目の手紙でした。[151] [152]

収集された版

  • チャールズ・アダムとポール・タナリーが編集したデカルト、パリ:レオポルド・サーフ、1897年から1913年、13巻。新しい改訂版、パリ:Vrin-CNRS、1964〜 1974年、11巻(最初の5巻には対応が含まれています)。[この版は伝統的に、イニシャルAT(AdamおよびTanneryの場合)の後にローマ数字の巻番号が続くものとして引用されています。したがって、 ATVIIはOeuvresdeDescartes第7巻を指します。]
  • Étudedubonsens、 Larecherchedelavéritéetautresécritsdejeunesse(1616–1631)編集者:VincentCarraudとGillesOlivo、パリ:PUF、2013年。
  • デカルト、Œuvrescomplètes、Jean-MarieBeyssadeとDenisKambouchnerによる新版、パリ:Gallimard、出版された巻:
    • I:プレミアエクリット。Règlespourladirectionde l'esprit、2016年。
    • III:DiscoursdelaMéthodeetEssais、2009年。
    • VIII.1:通信、1、Jean-Robert Armogathe編、2013年。
    • VIII.2:通信、2、Jean-Robert Armogathe編、2013年。
  • ルネ・デカルト。Opere 1637–1649  ミラノ、ボンピアーニ、2009年、2531ページ。978-88-452-6332-3
  • ルネ・デカルト。Opere 1650–2009、Milano、Bompiani、2009、pp。1723。Edizione integere delle opere postume e traduzione italiana a fronte、cura di G. Belgioioso con la collaborazione di I. Agostini、M。Marrone、M。Savini ISBN 978- 88-452-6333-0 
  • ルネ・デカルト。Tutte le lettere 1619–1650、Milano、Bompiani、2009 IIa ed。、pp。3104。Nuova edizione integere dell'epistolario cartesiano con traduzione italiana a fronte、cura di G. Belgioioso con la collaborazione di I. Agostini、M.Marrone。 、FA Meschini、M。Savinie J.-R. Armogathe ISBN978-88-452-3422-4_ 
  • ルネ・デカルト、イサーク・ベークマン、マラン・メルセンヌ。Lettere 1619–1648、Milano、Bompiani、2015pp。1696.Edizioneintegere con traduzione italiana a fronte、cura di Giulia Beglioioso e Jean Robert- Armogathe ISBN978-88-452-8071-9 

特定の作品の初期版

収集された英語の翻訳

  • 1955年。哲学作品ESハルデンとGRTロス、トランス。ドーバー出版。この作品は伝統的にイニシャルHR(HaldaneとRossの略)とそれに続くローマ数字の巻番号で引用されています。したがって、HRIIはこの版の第2巻を指します。
  • 1988年。デカルトの哲学的著作3巻。Cottingham 、J.、Stoothoff、R.、Kenny、A。、およびMurdoch、D.、trans。ケンブリッジ大学出版局。この作品は伝統的に、イニシャルCSM(Cottingham、Stoothoff、およびMurdochの場合)またはCSMK(Cottingham、Stoothoff、Murdoch、およびKennyの場合)の後にローマ数字の巻番号が続くものとして引用されています。したがって、CSMIIはこの版の第2巻を指します。
  • 1998.ルネデカルト:世界とその他の著作。StephenGaukrogerによって翻訳および編集されました。ケンブリッジ大学出版局。(これは主に、物理学、生物学、天文学、光学などに関する科学的記述法で構成されており、17世紀と18世紀には非常に影響力がありましたが、デカルトの哲学作品の現代のコレクションでは日常的に省略されているか、大幅に要約されています。)

単行本の翻訳

も参照してください

メモ

  1. ^ デスカルテスのこの最も象徴的な肖像画の不確かな作者は、伝統的にフランス・ハルスに起因していましたが、彼らの会合の記録はありません。20世紀の間、この仮定は広く挑戦されました。[1]
  2. ^ a b エティエンヌ・ジルソンは、デカルトの自主主義の源ではないと、ラ・リベルテ・シェ・デカルトとラ・テオロギー(Alcan、1913、pp。132–147)で主張しましたデカルトとスコトゥスの間には教義上の違いがありますが、「デカルトをスコティストの主意主義の伝統から借りたものと見なすことは依然として可能です」。[12]
  3. ^ 形容詞デカルト / kɑːrˈtiːziən-ˈtiːʒən / _ _ _ _ _ _ _ _ _
  4. ^ このアイデアは、スペインの哲学者 ゴメス・ペレイラによって100年前に、「私は何かを知っていることを知っています。知っている人は誰でも存在し、それから私は存在します」( nosco me aliquid noscere、quidquid noscit、est、ergoエゴサム)。
    • ペレイラ、ゴメス。1749年[1554]。「DeImmortalitateAnimae。」アントニアナマルガリータp。277。
    • サントスロペス、モデスト。1986年。「ゴメスペレイラ、médicoyfilósofomedinense」。ヒストリア・デ・メディナ・デル・カンポ・イ・ス・ティエラ、第1巻:ナシミエント・イ・エクスパンシオン、ELサンツ編集。
  5. ^ 参照:認識論的ターン
  6. ^ オランダにいる間、彼は頻繁に住所を変更し、ドルドレヒト(1628)、フラネカー(1629)、アムステルダム(1629–1630)、ライデン(1630)、アムステルダム(1630–1632)、デベンター(1632–1634)に住んでいました。 )、アムステルダム(1634–1635)、ユトレヒト(1635–1636)、ライデン(1636)、エグモンド(1636–1638)、サントポールト(1638–1640)、ライデン(1640–1641)、エンデジースト(オエグストギースト近くの城( 1641–1643)、そして最後にエグモンド-ビネン(1643–1649)で長期間。
  7. ^ 彼はデーフェンターとアムステルダムでヘンリカス・レネリと暮らし、コンスタンティン・ホイヘンスとヴォピスカス・フォルトゥナトゥス・プレムピウスと会いました。デカルトは、1648年にエグモントビネンでフランスバーマンにインタビューされましたヤンスタンピオエンフランスファンスコーテン、コメニウスギスベルトゥスボエティウスが彼の主な敵でした。
  8. ^ 遺跡は、2世紀後も、修道院の礼拝堂にある他の2つの墓、つまり学者の僧侶ジャン・マビヨンベルナール・デ・モンフォコンの墓の間にあります。

参考文献

引用

  1. ^ Nadler、S. The Philosopher、The Priest、and The Painter(Princeton、NJ: Princeton University Press、2013)、pp。174–198。
  2. ^ Tad M. Schmaltz、ラジカルカルテシアニズム:デカルトのフランスのレセプションケンブリッジ大学出版局、2002年、 p。257
  3. ^ Fumerton、Richard(2000年2月21日)。「認識論的正当化の基礎主義理論」スタンフォード哲学百科事典2018年8月19日取得
  4. ^ Bostock、D. Philosophy of Mathematics:An Introduction、Wiley-Blackwell、2009、 p。43:「デカルト、ロック、バークレー、ヒュームはすべて、数学は私たちの考えの理論であると考えていましたが、これらのいずれもこの概念論者の主張に議論を提供せず、明らかに議論の余地がないと考えていました。」
  5. ^ ガッティング、ゲイリー(1999)。実用的な自由主義と現代性の批評ケンブリッジ大学出版局。p。 116ISBN 9780521649735現代性は、デカルトのアウグスティヌス主義の突然変異から始まります。テイラーは、「デカルトは多くの点で非常にアウグスチノ派である」と強調しています。
  6. ^ Yolton、JW Realism and Appearances:An Essay in Ontology、Cambridge University Press、2000、 p。136
  7. ^ 「真実の対応理論」スタンフォード哲学百科事典
  8. ^ Gaukroger、S.、 Descartes:An Intellectual Biography、Clarendon Press、1995、 p。228
  9. ^ マレンボン、ジョン(2007)。中世哲学:歴史的および哲学的な紹介ラウトレッジp。 174ISBN 978-0-415-28113-3
  10. ^ H.ベンヤミ、デカルトの哲学的革命:再評価、パルグレイブマクミラン、2015年、p。76。
  11. ^ H.ベンヤミ、デカルトの哲学的革命:再評価、パルグレイブマクミラン、2015年、p。179:「[デカルトの]数学の仕事は、ビエテの仕事に精通していることを否定したにもかかわらず、明らかにビエテの仕事に影響を受けたようです。」
  12. ^ John Schuster Descartes-Agonistes:Physico-mathematics、Method&Corpuscular-Mechanism 1618–33、Springer、2012、 p。363、n ..26。
  13. ^ a b Mercer、C。、「デカルトのアビラのテレサへの債務、または哲学の歴史の中で女性に取り組むべき理由」哲学研究174、2017年。
  14. ^ Pérez、Rolando(2020)、「Francisco Sanches」、Zalta、Edward N.(ed。)、Stanford Encyclopedia of Philosophy(Summer 2020 ed。)、Metaphysics Research Lab、Stanford University 、 2022年1月12日検索
  15. ^ ブリタニカ百科事典、第10版(1902年)の「ジャック・ベニーニュ・ボッスエ、フランスの高位聖職者および歴史家(1627–1704)」
  16. ^ ウェルズ、ジョン(2008年4月3日)。ロングマン発音辞書(第3版)。ピアソンロングマン。ISBN 978-1-4058-8118-0
  17. ^ 「デカルト」コリンズ英語辞典ハーパーコリンズ
  18. ^ デカルト、ルネ」(アメリカ英語)。Lexicoオックスフォード大学出版局2020年。
  19. ^ Colie、Rosalie L.(1957)。光と悟りケンブリッジ大学出版局。p。 58
  20. ^ ナドラー、スティーブン2015.哲学者、司祭、画家:デカルトの肖像プリンストン大学出版局。ISBN978-0-691-16575-2 _ 
  21. ^ Carlson、Neil R.(2001)。行動の生理学マサチューセッツ州ニーダムハイツ:ピアソン:アリン&ベーコン。p。8. ISBN 978-0-205-30840-8
  22. ^ a b c バートランド・ラッセル(2004)西洋哲学の歴史pp。511、516–17。
  23. ^ ムーアマン、RH 1943年。「スピノザの哲学に対する数学の影響。」National Mathematics Magazine 18(3):108–15。
  24. ^ グロンダン、J。形而上学入門:パルメニデスからレビナスまでニューヨーク、ニューヨークコロンビア大学出版、2004年)、 p。126
  25. ^ a b Bruno、Leonard C.(2003)[1999]。数学と数学者:世界中の数学の発見の歴史; 1ベイカー、ローレンスW.デトロイト、ミシガン:UXL.p。 99ISBN 978-0-7876-3813-9OCLC41497065 _
  26. ^ Rodis-Lewis、Geneviève(1992)。「デカルトの人生と彼の哲学の発展」コッティンガムでは、ジョン編)。デカルトのケンブリッジコンパニオンケンブリッジ大学出版局。p。 22ISBN 978-0-521-36696-0
  27. ^ 「All-history.org」2015年1月29日にオリジナルからアーカイブされました2014年12月23日取得
  28. ^ クラーク、デズモンドM.(2006)。デカルト:伝記ニューヨーク:ケンブリッジ大学出版局。ISBN 0-511-16899-3OCLC67705926 _
  29. ^ 「デカルト、ルネ|哲学のインターネット百科事典」2021年7月27日取得
  30. ^ a b c d e Bruno、Leonard C.(2003)[1999]。数学と数学者:世界中の数学の発見の歴史; 1ベイカー、ローレンスW.デトロイト、ミシガン:UXL.p。 100ISBN 978-0-7876-3813-9OCLC41497065 _
  31. ^ ポーター、ロイ(1999)[1997]。「新しい科学」。人類への最大の利益:古代から現在までの人類の病歴イギリス:ハーパーコリンズ。p。217. ISBN 978-0-00-637454-1
  32. ^ ベアード、フォレストE。; カウフマン、ウォルター(2008)。プラトからデリダへニュージャージー州アッパーサドルリバー:ピアソンプレンティスホール。pp。373–377。ISBN 978-0-13-158591-1
  33. ^ デカルト。[1637] 2011年。方法に関する談話竹北:Hywebテクノロジー。p。20〜21
  34. ^ a b ゴークロガー、スティーブン。1995.デカルト:知的伝記オックスフォード:ClarendonPress
  35. ^ McQuillan、JC2016。近世の美学メリーランド州ランハム: Rowman&Littlefieldp。45
  36. ^ a b c デュランディン、ガイ。1970年。LesPrincipesdelaPhilosophie はじめにetnotesパリ:Librairie Philosophique J.Vrin
  37. ^ 「ルネデカルト-伝記」数学史2020年9月27日取得
  38. ^ パーカー、N。ジェフリー。2007.「白山の戦い」(改訂)。ブリタニカ百科事典
  39. ^ ジェフリー、R.2018。ボヘミアのエリザベス王女:哲学者の王女メリーランド州ランハム:レキシントンブックスp。68
  40. ^ Rothkamm、J.、 Institutio Oratoria:Bacon、Descartes、Hobbes、Spinoza(Leiden&Boston: Brill、2009)、 p。40
  41. ^ a b Bruno、Leonard C.(2003)[1999]。数学と数学者:世界中の数学の発見の歴史。1ベイカー、ローレンスW.デトロイト、ミシガン:UXL.p。 101ISBN 978-0-7876-3813-9OCLC41497065 _
  42. ^ Otaiku AI(2018)。「ルネ・デカルトは頭内爆発音症候群を患っていましたか?」J.Clin。スリープメッド14(4):675–8。土井10.5664 /jcsm.7068PMC5886445_ PMID29609724_  
  43. ^ デュラント、ウィル; デュラント、アリエル(1961)。文明の物語:パートVII、理由の時代が始まるニューヨーク:サイモン&シュスター。p。 637ISBN 978-0-671-01320-2
  44. ^ Clarke(2006)、pp。58–59。
  45. ^ a b Shea、William R.1991。数字と動きの魔法科学史の出版物。
  46. ^ Matton、Sylvain、ed。2013.ニコラス・デ・ヴィリエによる「アンフィテアトルム・デ・ラ・サピエンス・エテルネル・ド・クンラート」の「自然と断片」の「自然とメランジュ」の原理を理解するための手紙。パリ:PréfacedeVincentCarraud。
  47. ^ Moote、AL 1989. Louis XIII、Justオークランドカリフォルニア大学出版pp。271–72
  48. ^ グレイリング、AC2006デカルト:ルネデカルトの生涯と彼の時代におけるその位置サイモン&シュスターpp。151–52。
  49. ^ デュラント、ウィル; デュラント、アリエル(1961)。文明の物語:パーVII、理性の時代が始まるニューヨーク州ニューヨーク:サイモン&シュスター。p。 638ISBN 978-0-671-01320-2
  50. ^ Porterfield、J.、 RenéDescartes(ニューヨーク: Rosen Publishing、2018)、 p。66
  51. ^ Russell Shorto、 Descartes'Bones:A Skeletal History of the Conflict between Faith and Reason ISBN 978-0-385-51753-9(New York:Random House、2008) 
  52. ^ a b c Bruno、Leonard C.(2003)[1999]。数学と数学者:世界中の数学の発見の歴史1.ベイカー、ローレンスW.デトロイト、ミシガン:UXL.p。 103ISBN 978-0-7876-3813-9OCLC41497065 _
  53. ^ デカルト、方法序説(竹北:Hyweb Technology:2011)、 p。88
  54. ^ 「ピエールドフェルマート|伝記と事実」ブリタニカ百科事典2017年11月14日取得
  55. ^ Craig、DJ、「彼女は考える、だから私は」 Columbia Magazine、2017年秋。
  56. ^ Harth、E.、 Cartesian Women:Versions and Subversions of Rational Discourse in the Old Regime、( Ithaca Cornell University Press、1992)、 pp。67–77
  57. ^ ブロム、ジョンJ.、デカルト、彼の道徳哲学と心理学ニューヨーク大学出版局、1978。ISBN0-8147-0999-0 
  58. ^ ブルーノ、レオナルドC.(2003)[1999]。数学と数学者:世界中の数学の発見の歴史ベイカー、ローレンスW.デトロイト、ミシガン:UX  L.pp。103–4ISBN 978-0-7876-3813-9OCLC41497065 _
  59. ^ a b スミス、カート(2010年秋)。「デカルトの生涯と作品」スタンフォード哲学百科事典
  60. ^ 現代気象学:一連の6つの講義:1878年、1879年、 p。73
  61. ^ ブルーノ、レオナルドC.(2003)[1999]。数学と数学者:世界中の数学の発見の歴史ベイカー、ローレンスW.デトロイト、ミシガン:UXL.p。 104ISBN 978-0-7876-3813-9OCLC41497065 _
  62. ^ 「IlyadepreuvesqueRenéDescartesaétéassassiné」L'Obs(フランス語)。2010年2月12日2020年9月27日取得
  63. ^ "「1529年から1990年までのバルト海北部の冬季の厳しさ:再建と分析」S. Jevrejeva(2001)、p。6、表3 " (PDF)
  64. ^ パイ_ _ _ _ _ _
  65. ^ 「デカルトは「カトリックの司祭によって毒殺された」–ガーディアン、2010年2月14日」ガーディアン2010年2月14日2014年10月8日取得
  66. ^ 「デカルトはストックホルムで殺害されましたか?」ストックホルムニュース2010年2月22日。2014年12月15日のオリジナルからアーカイブ。[自費出版のソース]
  67. ^ Ebert、Theodor(2009)。DerrätselhafteToddesRenéDescartes(ドイツ語)。AlibriVerlagISBN 978-3-86569-048-7
  68. ^ a b ガースタイン、オスカー(1992)。ローマとスカンジナビアの対抗宗教改革:グスタフ2世アドルフスとスウェーデンのクリスティーナ女王の時代、1622-1656ブリル。ISBN 978-90-04-09395-9
  69. ^ a b Rodis-Lewis、Geneviève(1999)。デスカルテス:彼の人生と思想コーネル大学出版局。ISBN 978-0-8014-8627-2
  70. ^ a b オッピー、グラハム; トラカキス、NN(2014年9月11日)。初期近代哲学:西洋宗教哲学の歴史、第3巻ラウトレッジ。ISBN 978-1-317-54645-0
  71. ^ 「Andrefabre.e-monsite.com」2014年11月5日にオリジナルからアーカイブされました2014年12月21日取得
  72. ^ Watson、R. Cogito、Ergo Sum: TheLifeofRenéDescartes ( Boston David R. Godine、2002)、 pp。137–154
  73. ^ 「頭を盗まれた5人の歴史上の人物」奇妙な遺跡2015年7月23日2016年11月29日取得
  74. ^ コペンヘイバー、レベッカ。「懐疑論の形態」2005年1月8日にオリジナルからアーカイブされました2007年8月15日取得
  75. ^ a b ニューマン、レックス(2016)。ザルタ、エドワードN.(編)。スタンフォード哲学百科事典(2016年冬版)。スタンフォード大学形而上学研究所。
  76. ^ 「コギト、エルゴサム|哲学」ブリタニカ百科事典2021年7月28日取得
  77. ^ 「10冊の本:RajPersuadeによって選ばれた」精神医学の英国ジャーナル
  78. ^ デカルト、ルネ(1644)。哲学の原則IX。
  79. ^ Bardt、C.、 Material and Mind(Cambridge、MA:MIT Press、2019)、 p。109
  80. ^ a b c d デカルト、ルネ。「序文として役立つ哲学の原則のフランス語翻訳者への著者の手紙」Veitch、Johnによって翻訳されました2011年12月6日取得
  81. ^ ワトソン、リチャードA.(1982年1月)。「心を動かすもの:デカルト二元論の遠足」。American PhilosophicalQuarterlyイリノイ大学出版局19(1):73–81。JSTOR20013943_ 
  82. ^ Gobert、RD、 The Mind-Body Stage:Passion and Interaction in the Cartesian Theater(Stanford:Stanford University Press、2013)。
  83. ^ デビッド・カニング(2014)。デカルトの瞑想へのケンブリッジコンパニオンケンブリッジ大学出版局。p。277. ISBN 978-1-107-72914-8
  84. ^ a b デビッド・カニング(2014)。デカルトの瞑想へのケンブリッジコンパニオンケンブリッジ大学出版局。p。278. ISBN 978-1-107-72914-8
  85. ^ デビッド・カニング(2014)。デカルトの瞑想へのケンブリッジコンパニオンケンブリッジ大学出版局。p。279. ISBN 978-1-107-72914-8
  86. ^ デビッド・カニング(2014)。デカルトの瞑想へのケンブリッジコンパニオンケンブリッジ大学出版局。p。280. ISBN 978-1-107-72914-8
  87. ^ ジョージズ・ディッカー(2013)。デカルト:分析的および歴史的紹介OUP。p。86. ISBN 978-0-19-538032-3
  88. ^ ジョージズ・ディッカー(2013)。デカルト:分析的および歴史的紹介OUP。p。87. ISBN 978-0-19-538032-3
  89. ^ ジョージズ・ディッカー(2013)。デカルト:分析的および歴史的紹介OUP。p。301. ISBN 978-0-19-538032-3
  90. ^ a b c ジョージズ・ディケール(2013)。デカルト:分析的および歴史的紹介OUP。p。303. ISBN 978-0-19-538032-3
  91. ^ スタンフォード哲学百科事典(オンライン):デカルトと松果体。
  92. ^ a b エリック・シラエフ(2010)。心理学の歴史:グローバルな視点:グローバルな視点セージ。p。88. ISBN 978-1-4129-7383-0
  93. ^ ボールドウィン、バードT.(1913年4月)。「ジョン・ロックの教育への貢献」(PDF)Sewaneeレビュージョンズホプキンス大学出版局21(2):177–187。JSTOR27532614_  
  94. ^ 「感情の17世紀および18世紀の理論>感情のデカルト(スタンフォード哲学百科事典)」スタンフォード哲学百科事典2021年7月29日取得{{cite web}}: CS1 maint: url-status (link)
  95. ^ エリックシラエフ(2010)。心理学の歴史:グローバルな視点:グローバルな視点セージ。p。86. ISBN 978-1-4129-7383-0
  96. ^ a b エリック・シラエフ(2010)。心理学の歴史:グローバルな視点:グローバルな視点セージ。p。87. ISBN 978-1-4129-7383-0
  97. ^ エリックシラエフ(2010)。心理学の歴史:グローバルな視点セージ。p。88. ISBN 978-1-4129-7383-0
  98. ^ Pickavé、M。、& Shapiro、L.、eds。、 Emotion and Cognitive Life in Medieval and Early Modern Philosophy(Oxford:Oxford University Press、2012)、 p。189
  99. ^ a b ブロム、ジョンJ.、デカルト。彼の道徳哲学と心理学。ニューヨーク大学出版局。1978。ISBN0-8147-0999-0 
  100. ^ ジェイコブ、マーガレットC.(2009)。科学革命文書による簡単な歴史ボストン:ベッドフォード/セント マーティンの。pp。16、17。ISBN _ 978-0-312-65349-1
  101. ^ ディッカー、G。デカルト:分析的および歴史的紹介(オックスフォード:オックスフォード大学出版局、2013年)、 118ページ以降
  102. ^ カルス、ルクレティウス(1947)。デレラムナチュラオックスフォード大学出版局。pp。146–482。
  103. ^ 「商標の議論」オックスフォードリファレンス2021年7月29日取得{{cite web}}: CS1 maint: url-status (link)
  104. ^ デカルト、ルネ "第1哲学の瞑想、第3版、ラテン語からの翻訳:ドナルドA.クレス
  105. ^ デカルト、ルネ。(2009)。ブリタニカ百科事典2009デラックスエディションシカゴ:ブリタニカ百科事典。
  106. ^ エドワード・C・メンドラー、誤った真実:権威に依存することの誤り、p。16
  107. ^ Peterson、LL、 American Trinity:Jefferson、Custer、and the Spirit of the West Helena、MT:Sweetgrass Books、2017)、 p。274
  108. ^ 「デカルト、ルネ|哲学のインターネット百科事典」www.iep.utm.edu 2017年2月22日取得
  109. ^ Gaukroger、Stephen(1995)。デカルト-知的伝記オックスフォード大学出版局、ニューヨーク:クラレンドンプレス。pp。355–356。ISBN 978-0-19-823994-9
  110. ^ グロショルツ、エミリー(1991)。デカルト法と還元の問題オックスフォード大学出版局。ISBN  978-0-19-824250-5しかし、現代の議論は... [方法論]を単に「疑いの方法」として理解する傾向があります...私はデカルトの方法をより広い用語で定義したいと思います...数学と物理学の領域への影響を追跡するために形而上学と同様に
  111. ^ Waddicor、MH、 Montesquieu and the Philosophy of Natural Law Leiden Martinus Nijhoff Publishers、1970)、 p。63
  112. ^ 動物の意識、第2。歴史的背景」スタンフォード哲学百科事典。1995年12月23日2014年12月16日取得
  113. ^ パーカー、JV、アニマルマインド、アニマルソウル、アニマルライツランハム University Press of America 2010 16、88、99ページ
  114. ^ Gaukroger、S.、 Descartes'System of Natural Philosophy(Cambridge:Cambridge University Press、2002)、 pp。180–214
  115. ^ スペンサー、J。、「「愛と憎しみは全体の敏感な創造に共通している」:ダーウィンの前の世紀の動物の感情」、A。リチャードソン編、ダーウィンの後:動物、感情、そして心(アムステルダムとニューヨーク:ロドピ、2013)、 p。37
  116. ^ Workman、L。(2013)。チャールズダーウィン:進化論的思考の形成パルグレイブマクミラン。p。177. ISBN 978-1-137-31323-2
  117. ^ ハイデガー[1938](2002)、p。76引用:

    デカルト...彼自身が創設したもの...現代の(そして同時に、西洋の)形而上学。

  118. ^ シュマルツ、タッドM. ラジカルカルテシアニズム:デカルトのフランスの受容p。27引用:

    20世紀の哲学者に最もよく知られているデカルトは、最初の2つの瞑想のデカルトであり、物質界に対する双曲線の疑いと、有名なコギトの議論から浮かび上がる自己の知識の確実性に専念している人です。

  119. ^ ロイ・ウッド・セラーズ(1949)未来への哲学:現代の唯物論の引用の探求:

    フッサールは、デカルトを歴史的および体系的な意味で非常に真剣に受け止めてきました[...] [ヨーロッパ科学と超越現象学の危機において、フッサール]はデカルトの最初の2つの瞑想で難しい深さを見つけましたデカルト自身はほとんど理解できなかったので、彼は手に持っていた「偉大な発見」を手放しました。

  120. ^ マーティン・ハイデガー[1938](2002)世界の時代写真の引用:

    デカルトまで...特定のサブイクタムは...それ自体の固定された性質と変化する状況の基盤にあります。サブイクタムの優位性は、確実性の意味で、人間の主張から、自立した揺るぎない真実の基盤に由来します。この主張が決定的な権限を獲得する理由と方法は?この主張は、キリスト教の啓示の真実と教会の教義に対する義務から自分自身を解放し、自分自身のために立法するという人間の解放に端を発しています。

  121. ^ Ingraffia、Brian D.(1995)ポストモダン理論と聖書の神学:神の影を打ち負かすp。126
  122. ^ Norman K. Swazo(2002)危機理論と世界秩序:ハイデガーの反省pp。97–99
  123. ^ a b c Lovitt、Tom(1977)Martin Heideggerの紹介テクノロジーに関する質問、およびその他のエッセイ、pp。xxv–xxvi
  124. ^ ブリトン、デレク成人教育の現代的実践:ポストモダン批評p。76
  125. ^ マーティン・ハイデガーニーチェの言葉:神は死んだpp。88–90
  126. ^ ハイデガー[1938](2002)、p。75引用:

    デカルトは、人間を主語として解釈することで、あらゆる種類と傾向の将来の人類学のための形而上学的な前提を作成します。

  127. ^ Schwartz、BI China and Other Matters(Cambridge、MA:Harvard University Press、1996)、 p。95、引用:

    ...デカルト革命から出現した一種の人間中心主義の主観主義。

  128. ^ チャールズ・B・ギニョン・ ハイデガーと知識の問題p。23
  129. ^ フッサール、エドマンド(1931)カルテシアン瞑想:現象学の引用の紹介:

    現代の始まりとともに、宗教的信念が生命のない慣習としてますます外部化されるようになると、知性のある人々は新しい信念、つまり自律的な哲学と科学に対する彼らの大きな信念によって解き放たれました。[...]哲学では、瞑想は非常にユニークな意味で画期的なものであり、まさに純粋な自我コギトに戻ったためです。デカルトの作品は、実際、まったく新しい種類の哲学を開始するために使用されてきました。その全体的なスタイルを変えることで、哲学は根本的な転換を遂げます:素朴な客観主義から超越的な主観主義へ。

  130. ^ ルネ・デカルト、(ライデン、オランダ):Jan Maire、1637年、添付の本: LaGéométrie 、第1 p。299.p。から 299: "... Et aa、ou a 2 pourmultiplier a par soy mesme; Et a 3、pour lemultiplier encore une fois par a、&ainsi a l'infini; ..."(... and aa、または2 それ自体を乗算するため;および3 もう一度それを乗算するためしたがって無限大; ...)
  131. ^ Sorell、T. Descartes:A Very Short Introduction(2000)。ニューヨーク:オックスフォード大学出版局。p。19
  132. ^ Gaukroger、S。、「抽象的な推論の性質:代数におけるデカルトの仕事の哲学的側面」、 J。コッティンガム編、デカルトのケンブリッジコンパニオン(ケンブリッジ:ケンブリッジ大学出版局、1992年)、 91ページ– 114
  133. ^ モリス・クライン古代から現代までの数学的思想、Vol。1(1972)。ニューヨークとオックスフォード:オックスフォード大学出版局。pp。280–281
  134. ^ Gullberg、Jan(1997)。数字の誕生からの数学WWノートン。ISBN 978-0-393-04002-9
  135. ^ a b c Slowik、Edward(2017年8月22日)。「デカルトの物理学」エドワード・N・ザルタ(編)。スタンフォード哲学百科事典アーカイブ2018年10月1日取得
  136. ^ アレクサンダー・アフリアット、「デカルトとラグランジュの勢い」(2004年)。
  137. ^ ルネデカルト(1664)。PrincipiaPhilosophiaeパートII、§§37–40。
  138. ^ ティプラー、PAおよびG.モスカ(2004)。科学者とエンジニアのための物理学WHフリーマン。ISBN 978-0-7167-4389-7
  139. ^ 「ルネデカルト」エンカルタマイクロソフト。2008年。 2007年9月7日のオリジナルからアーカイブ2007年8月15日取得
  140. ^ Westfall、RS Never at Rest:A Biography of Isaac Newton(Cambridge:Cambridge University Press、1980)、 p。100
  141. ^ Whiteside、DT、 "Newton the Mathematician"、in Z. Bechler、ed。、 Contemporary Newtonian Research(Berlin / Heidelberg:Springer、1982)、 pp。109–129
  142. ^ Maclean、I.、Descartes、R。の紹介、科学における理由を正しく実行し、真実を求める方法に関する論議(Oxford:Oxford University Press、2006)、 pp。xliii–xliv
  143. ^ コッティンガム、ジョン; マードック、ドゥガルド; Stoothof、Robert(1984)。「特定の大判へのコメント」デカルトの哲学的著作ケンブリッジ大学出版局。p。293. ISBN 978-0-521-28807-1
  144. ^ 「薔薇十字団の歴史」www.rosicrucian.org
  145. ^ a b ボンド、スティーブン(2011年6月24日)。「」「RC」:ジョイスとベケットの薔薇十字団とデカルト主義」ミランダ(4–2011)。doi 10.4000 / miranda.1939。ISSN2108-6559。OCLC5497224736 2018年6月2日にオリジナルからアーカイブ–DOAJ経由   {{cite journal}}:(ヘルプ外部リンク|via=
  146. ^ アンリ、ジョン; ノーラン、ローレンス(2015年1月26日)。ノーラン、ローレンス(編)。「薔薇十字団」ケンブリッジデカルトレキシコンケンブリッジ大学出版局:659–660。土井10.1017 /CBO9780511894695.224ISBN 97805118946951981年6月10日にオリジナルからアーカイブされました2021年5月13日取得
  147. ^ Mansikka、Tomas(2018年4月21日)。「逆の秘教。デカルトと17世紀の詩的な想像力」(pdf)近づいてくる宗教8(1):84。doi10.30664 /ar.66731ISSN1799-3121_ OCLC8081521487 _ 2021年5月13日取得– [1]経由    {{cite journal}}:(ヘルプ外部リンク|via=
  148. ^ Cook、HJ、in Porter、R。、& Teich、M.、eds。、 The Scientific Revolution in National Context(Cambridge:Cambridge University Press、1992)、 pp。127–129
  149. ^ フェデリコ、パスカル・ジョセフ(1982)。多面体のデカルト:「Desolidorumelementis」の研究数学と物理科学の歴史の情報源。4.スプリンガー。
  150. ^ Cottingham、J.、Murdoch、D。、およびStoothof、R.、trans。and eds。、 The Philosophical Writings of Descartes、Vol。2(ケンブリッジ:ケンブリッジ大学、1984年)、 264ページ以降
  151. ^ Vlasblom、Dirk(2010年2月25日)。「デカルトからの不明な手紙が見つかりました」NRC.nl(オランダ語)。2016年11月8日にオリジナルからアーカイブされました2012年5月30日取得
  152. ^ Vlasblom、Dirk。「1641年のHoeDescartes op andere gedachtenkwam」NRC.nl(オランダ語)。2016年10月27日にオリジナルからアーカイブされました。

ソース

外部リンク

一般

参考文献

スタンフォード哲学百科事典

インターネット哲学百科事典

その他