レコードレーベル

ウィキペディアから、無料の百科事典
ナビゲーションにジャンプ 検索にジャンプ

レコードレーベル、またはレコード会社は、音楽録音およびミュージックビデオのブランドまたは商標またはそれ所有する会社です。レコードレーベルは、そのようなブランドや商標を管理し、サウンドレコーディングやミュージックビデオの制作、製造配布、マーケティング、プロモーション、著作権の行使を調整すると同時に、タレントスカウトや新しいアーティストの育成を行う出版社でもあります。 (「アーティストとレパートリー」または「A&R 」)、および契約の維持レコーディングアーティストとそのマネージャーと。「レコードレーベル」という用語は、他の情報とともにメーカーの名前を目立つように表示するビニールレコードの中央にある円形のラベルに由来します。[1]主流の音楽業界では、レコーディングアーティストは伝統的にレコードレーベルに依存して消費者基盤を拡大し、アルバムを販売し、ストリーミングサービス、ラジオ、テレビでシングルを宣伝してきました。レコードレーベルはまた、パブリシストが積極的なメディア報道を得るのを支援し、彼らの商品が店や他のメディアを通じて入手できるように手配する 広報担当者を提供します。

メジャーとインディーズレコードレーベル

レコードレーベルは、小さく、ローカライズされた「独立した」(「インディー」)場合もあれば、大規模な国際メディアグループの一部である場合もあります。アソシエーションオブインディペンデントミュージックAIM)は、「メジャー」を「レコードまたはミュージックビデオの販売で世界市場の5%以上を占める多国籍企業」と定義しています。 2012年現在、「メジャーレーベル」と呼べるレーベルは3つ(ユニバーサルミュージックグループソニーミュージックエンタテインメントワーナーミュージックグループ)のみです。 2014年、AIMは、メジャーの世界全体の市場シェアは約65〜70%であると推定しました。[2]

メジャーラベル

プレゼント

メジャーレコードレーベル 設立年 本部 部門 米国/ CAの市場シェア(2019)
ユニバーサルミュージックグループユーロネクスト:  UMG 1934年9月; 87年前 (1934-09 ヒルフェルスム北ホラント、オランダ(企業)
サンタモニカ、カリフォルニア、アメリカ合衆国(運用)
ユニバーサルミュージックグループのレーベル一覧 54.5%
ソニーミュージック 1929年9月9日; 92年前 (1929-09-09 ニューヨーク市ニューヨーク、アメリカ合衆国 ソニーミュージックレーベル一覧 23.4%
ワーナーミュージックグループNasdaq:  WMG 1958年4月6日; 63年前 (1958-04-06 ニューヨーク市ニューヨーク、アメリカ合衆国 ワーナーミュージックグループのレーベルのリスト 12.1%

過去

PolyGramPolyGramUniversal Music GroupSony MusicWarner Music GroupPolyGramMCA RecordsSony BMGSony MusicColumbia RecordsWarner Music GroupBertelsmann Music GroupWarner RecordsBertelsmann Music GroupEMIPolyGramDecca RecordsRCA RecordsAmerican Record Corporation

レコードレーベルは、「音楽グループ」と呼ばれる企業の傘下組織の管理下にあることがよくあります。音楽グループは通常、国際的なコングロマリット持ち株会社」に所属しており、音楽以外の部門もあることがよくあります。音楽グループは、音楽出版会社、レコード(録音)メーカー、レコードディストリビューター、およびレコードレーベルを管理および構成しています。レコード会社(メーカー、ディストリビューター、レーベル)も「レコードグループ」を構成する場合があり、これは音楽グループによって管理されます。音楽グループまたはレコードグループの構成会社は、グループの「部門」として販売されることがあります。

1988年から1998年まで、ビッグシックスとして知られる6つの主要なレコードレーベルがありました:[3]

  1. ワーナーミュージックグループ
  2. EMI
  3. ソニーミュージック(1991年1月までCBSレコードとして知られている)
  4. BMG(1984年にRCA / Ariola Internationalとして結成)
  5. ユニバーサルミュージックグループ(1996年までMCAミュージックとして知られていました)
  6. ポリグラム

ポリグラムは1999年にユニバーサルミュージックグループ(UMG)に統合され、残りはビッグファイブとして知られるようになりました。

2004年、ソニーとBMGは合弁事業に合意し、録音された音楽部門を合併してソニーBMGレーベルを作成しました(2008年の合併後にソニーミュージックエンタテインメントに改名されます)。 BMGは、音楽出版部門をソニーBMGとは別に維持し、後にBMGミュージックパブリッシングをUMGに売却しました。 2007年には、残りの4社(ビッグフォーとして知られる)が世界の音楽市場の約70% 、米国の音楽市場の約80%を支配していました。[4] [5]

2012年、EMIの主要部門は所有者のシティグループによって個別に売却されました。EMIの録音された音楽部門のほとんどはUMGに吸収されました。 EMIミュージックパブリッシングはソニー/ ATVミュージックパブリッシングに吸収されました。最後に、EMIのParlophoneVirginClassicsのレーベルは2013年7月にWarnerMusic Group(WMG)に吸収されました。 [6]これにより、いわゆるビッグスリーレーベルが残りました。

2020年と2021年に、WMGとUMGの両方がIPOを行い、WMGはNasdaqで取引を開始し、UMGはユーロネクストアムステルダムで取引を開始し、Sony Musicのみを国際コングロマリット( Sony GroupCorporationが所有するSonyEntertainment)の完全子会社として残しました。 )。

独立

ビッグ3の管理下にないレコードレーベルや音楽出版社は、複雑な構造を持つ大企業であっても、一般に独立している(インディー)と見なされます。インディーズレーベルという用語は、企業構造と規模の独立した基準に準拠する独立したレーベルのみを指すために使用されることがあり、インディーズレーベルは、企業構造に関係なく、非主流の音楽をリリースするほとんどすべてのレーベルであると考える人もいます。

インディーズレーベルは、アーティストにとってより親しみやすいと見なされることがよくあります。彼らは経済的影響力が少ないかもしれませんが、インディーズレーベルは通常、50%の利益分配契約、別名50-50の契約で、より大きなアーティストのロイヤルティを提供しますが、珍しいことではありません。[7]さらに、インディーズレーベルはアーティストが所有することが多く(常にではありませんが)、アーティストの出力の品質を管理することを目的としています。インディーズレーベルは通常、「ビッグスリー」が利用できるリソースを享受していないため、市場シェアで遅れをとることがよくあります。ただし、多くの場合、独立したアーティストは、典型的なビッグレーベルのリリースよりもはるかに少ない制作費でレコーディングすることで収益を管理しています。時には、販売数がはるかに少なくても、最初の進歩を取り戻すことができる場合があります。

時折、確立されたアーティストは、彼らのレコード契約が終了すると、独立したレーベルに移動します。これにより、多くの場合、著作権使用料の利益の大部分とともに、名前の認識と音楽の制御の両方の利点が組み合わされます。ドリー・パートンエイミー・マンプリンスパブリック・エネミーなどのアーティストがこれを行っています。歴史的に、この方法で始められた企業はメジャーレーベルに再吸収されてきました(2つの例は、ワーナーミュージックグループがしばらく所有しているアメリカの歌手フランクシナトラリプリーズレコードと、ミュージシャンのハーブアルパートA&Mレコードです。、現在はユニバーサルミュージックグループが所有しています)。同様に、マドンナのマーヴェリックレコード(マドンナがマネージャーと別のパートナーと共に始めた)は、マドンナが会社の株式の管理を 放棄したときにワーナーミュージックの管理下に置かれることになりました。

一部のインディーズレーベルは十分に成功しているため、大手レコード会社はレーベルの音楽を配布するか、場合によってはレーベルを完全に購入して、インプリントまたはサブレーベルとして機能する契約を交渉します。

インプリント

会社ではなく商標またはブランドとして使用されるラベルは、出版社で同じ概念に使用される用語であるインプリントと呼ばれます。インプリントに関連する法的なビジネス構造がない場合でも、インプリントはレコードレーベルの「プロジェクト」、「ユニット」、または「部門」として販売されることがあります。レコード会社は、ジャズブルースカントリーミュージックインディーロックなど、特定のジャンルの音楽を販売するためにインプリントを使用する場合があります

サブラベル

音楽コレクターは、多くの場合、サブラベルという用語を使用して、出版社または下位のラベル会社(グループ内の会社など)を指します。たとえば、1980年代と1990年代には、「4th&B'way」はIslandRecordsが所有する商標ブランドでした英国のLtd.および米国のIslandRecords、Inc。の従属支店。米国で販売されている4th&Broadwayレコードの中央のラベルには、通常、4th&B'wayのロゴが付いており、「4th&B'way™、Island Records、Inc。の会社」と細かく記載されています。ラベルをブランドとして議論しているコレクターは、4th&B'wayは「Island」または「IslandRecords」のサブラベルまたはインプリントであると言うでしょう。同様に、企業と商標を同等のものとして扱うことを選択したコレクターは、4th&B'wayはIsland Records、Ltd。とその会社のサブラベルであるIsland Records、Inc。の両方のインプリントおよび/またはサブラベルであると言うかもしれません。企業の合併これは、1989年(IslandがPolyGramに売却されたとき)と1998年(PolyGramがUniversalと合併したとき)に発生しました。Islandは、米国と英国の両方で企業として登録されたままでしたが、新しい企業が設立されると、ブランドの管理が何度も変わり、サブラベルの「親」としての企業の区別が失われました。

バニティラベル

バニティラベルは、アーティストの所有権または管理の印象を与える刻印が付いたラベルですが、実際には、標準的なアーティストとラベルの関係を表しています。そのような取り決めでは、アーティストはラベルの名前の使用法だけを制御しますが、彼または彼女の作品のパッケージングでより大きな発言権を楽しむことができます。このようなラベルの例は、英国のPhonogramInc。にいる間にABCが所有していたNeutronラベルです。ある時点でアーティストのリジー・ティアー(ABC自身と契約中)がインプリントに登場しましたが、ほぼ完全にABCの提供に専念し、再リリースに使用されています(ただし、フォノグラムはレーベルで発行されたすべての作品のマスターを所有しています) )。

ただし、特定のアーティストに捧げられたすべてのレーベルが完全に表面的なものであるとは限りません。多くのアーティストは、キャリアの早い段階で独自のレーベルを作成し、後に大企業に買収されます。この場合、ビッグレーベルに直接署名した場合よりも、アーティストに大きな自由を与えることがあります。ナイン・インチ・ネイルズのトレント・レズナー所有するナッシング・レコードなど、この種のレーベルの例はたくさんあります。クーパーテンプルクロースが所有するモーニングレコードは、RCAに買収される前に何年もの間EPをリリースしていました

アーティストとの関係

レーベルは通常、アーティストと独占的なレコーディング契約を結び、レコーディングの販売価格に対するロイヤルティと引き換えに、アーティストのレコーディングを販売します。契約は短期または長期に及ぶ場合があり、特定の録音を参照する場合と参照しない場合があります。確立された成功したアーティストは、契約を再交渉して条件をより有利にする傾向がありますが、プリンスの1994〜1996年のワーナーブラザーズレコードとの確執は、ロジャーマッギンように強力な反例を提供します[8]。 2000年7月に米国上院委員会の前で行われた、バーズの主張最大のヒット曲である「Mr.TambourineMan」と「Turn!Turn!、Turn!」で約束された使用料を受け取ったことはありません。[9]

契約は、アーティストが完成したレコーディングをレーベルに配信すること、またはレーベルがアーティストとレコーディングを行うことを規定しています。レコーディングの歴史がないアーティストの場合、レーベルはプロデューサー、レコーディングスタジオ、追加のミュージシャン、レコーディングする曲の選択に関与することが多く、レコーディングセッションの出力を監督する場合があります。確立されたアーティストの場合、レーベルは通常、レコーディングプロセスにあまり関与していません。

レコードレーベルとアーティストの関係は難しいものになる可能性があります。多くのアーティストは、作成したいサウンドや曲の種類をめぐってレーベルと競合しており、リリース前にアーティストのアートワークやタイトルが変更される可能性があります。[10]他のアーティストは、音楽のリリースを阻止または棚上げしました。[11]レコードレーベルは、アーティストがレーベルの希望する要求や変更に応じればアルバムの売り上げが上がると信じているため、通常これを行います。レコードレーベルの決定は、商業的な観点からは賢明なものである場合がありますが、これらの決定は、そのような行動によって自分のアートが減少したり、誤って伝えられていると感じるアーティストを苛立たせる可能性があります。

他の例では、レコードレーベルは問題のアーティストのプロモーションを意図せずにアーティストのアルバムを棚上げしました。[12] [13]棚上げの理由には、その名簿上の他のアーティストにリソースを集中することを決定したラベル、[11]、またはアーティストに署名し、アーティストのビジョンをサポートする人がもはや存在しない再構築中のラベルが含まれる場合がありますアーティストを擁護する。[11] [14]極端な場合、レコードレーベルはアーティストの音楽のリリースを何年も妨げる可能性がありますが、アーティストの契約からのリリースを拒否し、アーティストを不安定な状態にします。[14] [15]彼らの音楽の所有権と管理について彼らのレーベルと論争を起こしたアーティストには、テイラー・スウィフト[16] ティナシェ[17] ミーガン・ジー・スタリオン[18] ケリー・クラークソン[19] 火星への30秒[20] クリプスが含まれます。 、[21] Ciara[22] JoJo[15] Michelle Branch[23] Kesha[24] Kanye West[25] Lupe Fiasco[26] Paul McCartney[27]およびジョニー・キャッシュ[28]

レコード業界の初期には、アーティストの成功にはレコードレーベルが絶対に必要でした。[29]新しいアーティストやバンドの最初の目標は、できるだけ早く契約を結ぶことでした。1940年代、1950年代、1960年代には、多くのアーティストがレコード会社との契約に必死になっていたため、レコーディングの権利を永久にレコードレーベルに売却する契約を結ぶことになりました。エンターテインメント弁護士は通常、契約条件について話し合うためにアーティストに雇われています。

インターネットなどの技術の進歩により、アーティストはオンラインラジオBitTorrentなどのピアツーピアファイル共有、およびその他のサービスを通じて自分の資料をほとんどまたはまったく自由に配布できるため、ラベルの役割は急速に変化しています。コストがかかりますが、それに応じて経済的利益は低くなります。メジャーレーベルの支援を受けてキャリアを積んだナイン・インチ・ネイルズなどの定評のあるアーティストは、これらの新しいトレンドを伴うレコード業界の非協力的な性質がミュージシャン、ファン、業界を傷つけていると述べ、メジャーレーベル契約の終了を発表しました。全体。[30]しかし、ナイン・インチ・ネイルズは後にメジャーレーベルでの仕事に戻った[31]。彼らがメジャーレーベルが提供できる国際的なマーケティングとプロモーションのリーチを必要としていたことを認める。レディオヘッドはまた、アルバム「イン・レインボウズ」がオンラインダウンロードとして「望む額を支払う」販売モデルとしてリリースされたときにEMIとの契約が終了したことで同様の動機を引用しましたが、従来のリリースのレーベルにも戻りました。[32]調査によると、レコードレーベルは依然として配布へのほとんどのアクセスを制御しています。[33]

新しいラベル戦略

コンピュータとインターネット技術により、ファイル共有とファンへの直接デジタル配信が増加し、近年、音楽の売り上げが急落しました。[34]レーベルと組織は、彼らの戦略とアーティストとの仕事の仕方を変えなければなりませんでした。 「複数の権利」または「360」と呼ばれるアーティストとの新しいタイプの取引がアーティストと行われています。[35] [36]これらのタイプの協定は、アーティストのツアー、マーチャンダイジング、および承認にラベルの権利とパーセンテージを与えます。これらの権利と引き換えに、レーベルは通常、アーティストへの前払い金を高くし、アーティストの育成に忍耐強く、CD販売の割合を高くします。これらの360の取引は、アーティストが確立され、忠実なファンベースを持っている場合に最も効果的です。そのため、これらのタイプの協定の鍵は長寿であるため、レーベルはアーティストの成長に合わせてよりリラックスする必要があります。パラモア[37] メイノー、さらにはマドンナ[38] [39]などの数人の芸術家が、そのようなタイプの契約に署名しました。

アトランティックレコードがアーティストに提供した実際の360の取引を見ると、構造のバリエーションがわかります。アトランティックの文書は、費用が回収された後に販売のロイヤルティを受け取るアーティストに署名するための従来の現金前貸しを提供しています。ただし、アーティストのファーストアルバムのリリースに伴い、レーベルは、ツアー、商品、裏書、ファンクラブのすべての料金からの純収入の30%と引き換えに、追加の$ 200,000を支払うオプションがあります。アトランティックはまた、アクトのツアースケジュール、およびアーティストが雇った特定のツアーおよび商品販売の従業員の給与を承認する権利を有します。さらに、このレーベルはアーティストにレーベルのアルバムの利益の30%の削減を提供します。これは、通常の業界のロイヤルティである15%からの改善を表しています。[37]

インターネットとデジタルラベル

インターネットが音楽を入手するための実行可能な情報源になったことで、ネットレーベルが登場しました。ネットレーベルの理想に応じて、アーティストからの音楽ファイルは無料でダウンロードされるか、PayPalまたは他のオンライン支払いシステムを介して支払われる料金でダウンロードされる場合がありますこれらのラベルの中には、直接ダウンロードに加えてハードコピーCDも提供しているものがあります。デジタルラベルは、「ネット」ラベルの最新バージョンです。「ネット」レーベルは無料サイトとして開始されましたが、デジタルレーベルは主要なレコードレーベルとの競争が激化しています。[40]

オープンソースラベル

新世紀は、オープンソースまたはオープンコンテンツのレコードレーベルの現象をもたらしました。これらは、フリーソフトウェアオープンソースの動き、そしてLinuxの成功に触発されています。

ラベルとしての出版社

2000年代半ばに、一部の音楽出版会社は、伝統的にレーベルによって行われていた仕事に着手し始めました。たとえば、出版社のソニー/ ATVミュージックは、適切なレーベルとの取引を待つのではなく、ソニーファミリー内のつながりを利用して、エリオットヤミンのデビューアルバムを、ソニーが所有する休眠中のインプリントの下で制作、録音、配布、宣伝しました。 。[41]

も参照してください

参考文献

  1. ^ "ラベル(n。)"オンライン語源辞書ダグラスハーパー2021年7月12日取得
  2. ^ 「インディーズ音楽は今や世界市場で成長している力です」Musicindie.com2014年2月1日2019年3月20日取得
  3. ^ 「主要なレコードレーベルの興亡」www.arkatechbeatz.com 2021年5月5日取得
  4. ^ 「著作権法、条約および助言」Copynot.org。2013年6月19日にオリジナルからアーカイブされまし取得した14年11月2013
  5. ^ ジョブズ、スティーブ(2007年2月6日)。「音楽についての考え」アップル2009年1月3日にオリジナルからアーカイブされまし
  6. ^ Joshua R. Wueller、メジャーの合併:録音された音楽業界における失敗した企業の教義の適用、7ブルック。J. Corp.Fin。&Com。L. 589、601–04(2013)。
  7. ^ マクドナルド、ヘザー(2019年11月20日)。「無所属から学んだ5つのレッスンビッグレコードレーベル」バランス{{cite web}}:CS1 maint:url-status(link
  8. ^ ニューマン、メリンダ(2016年4月28日)。「プリンスのキャリアの中で-彼の芸術的な運命をマスターするための長い戦い」ビルボード2017年4月3日取得{{cite magazine}}:CS1 maint:url-status(link
  9. ^ 「CNNトランスクリプト–特別イベント:Lars Ulrich、Roger McGuinnは、インターネットでの音楽のダウンロードに関する上院司法委員会の前で証言します」CNN2000年7月11日2016年4月29日取得
  10. ^ ブーン、ブライアン(2020年1月13日)。「アルバムカバーの変更を余儀なくされたミュージシャン」グランジ.com{{cite web}}:CS1 maint:url-status(link
  11. ^ a b c Zafar、Aylin。「レーベルがあなたのアルバムをリリースしないときの様子」BuzzFeed{{cite web}}:CS1 maint:url-status(link
  12. ^ ジョーンズ、ライアン(2021年8月11日)。「」「私には自信がなく、お金もありませんでした」:主要なレーベルによってポップスターが不信任決議を続けました」ガーディアン{{cite web}}:CS1 maint:url-status(link
  13. ^ 「Tinasheのスタジオセッションの物語は音楽ビジネスがいかに冷酷であるかを示しています」UPROXX2017年1月9日。{{cite web}}:CS1 maint:url-status(link
  14. ^ a b 「レーベルが音楽をリリースしないミュージシャンはどうですか?」デイズド2021年7月7日。{{cite web}}:CS1 maint:url-status(link
  15. ^ a b 「ジョジョは彼女のレーベルと戦って10年近く過ごし、勝ちました。これが彼女が学んだことです。彼女自身の言葉で」ハゲタカ2015年11月2日。{{cite web}}:CS1 maint:url-status(link
  16. ^ ハルペリン、シャーリー(2020年11月16日)。「スクーターブラウンはビッグペイデイのためにテイラースウィフトのビッグマシンマスターを販売しています」バラエティ{{cite web}}:CS1 maint:url-status(link
  17. ^ Furdyk、ブレント(2019年7月19日)。「ティナーシェは彼女が「解雇された」彼女のチームを明らかにし、以前のレコードレーベルが「妨害された」彼女を主張している」ETカナダ{{cite web}}:CS1 maint:url-status(link
  18. ^ 「なぜミーガンジースタリオンは彼女のレコードレーベルを訴えているのですか?」熊手2020年3月6日。{{cite web}}:CS1 maint:url-status(link
  19. ^ du Lac、J。Freedom(2007年6月26日)。「」「私の12月」:ケリー・クラークソン、彼女自身で打つ」ワシントンポスト。ISSN0190-8286 
  20. ^ クレプス、ダニエル(2008年8月18日)。「ヴァージン/ EMIが火星に30秒で3000万ドルで訴える、レトは反撃する」ローリングストーン2018年9月4日にオリジナルからアーカイブされました。
  21. ^ クロスリー、ヒラリー(2007年10月29日)。「クリプスはジャイブでの激動の在職期間を終了します」ロイター
  22. ^ 「Ciara: '私のレーベルが私を解放することを祈る'"ガーディアン。2011年2月16日。{{cite web}}:CS1 maint:url-status(link
  23. ^ 「何年にもわたるレコードレーベルのリンボの後、ミシェルブランチは彼女が今幸せだとあなたに言うことができます」マガジンを貼り付けます。2017年3月23日。{{cite web}}:CS1 maint:url-status(link
  24. ^ Lockett、Dee; ゴードン、アマンダ; ジェニファー・ザン(2021年4月23日)。「ケシャのルーク博士との戦いの完全な歴史」ハゲタカ{{cite web}}:CS1 maint:url-status(link
  25. ^ ジョーンズ、ジギー(2020年9月16日)。「KanyeWestは、ユニバーサルミュージックグループがマスターのコストを彼に伝えることを拒否していると言います」ソース{{cite web}}:CS1 maint:url-status(link
  26. ^ Cowen、Trace William(2019年2月11日)。「ルーペ・フィアスコが大西洋とリオ・コーエンを爆破し、ミュージック・ビズを「暴徒のカルテルの近くでくそー」と呼ぶ"コンプレックス{{cite web}}:CS1 maint:url-status(link
  27. ^ ハドソン、ジョン(2010年5月18日)。「ポール・マッカートニーvs.EMI」大西洋{{cite web}}:CS1 maint:url-status(link
  28. ^ パーク、アンドレア(2016年2月25日)。「ミュージシャン対レコードレーベル:14の有名な確執」CBSニュース2021年9月28日取得{{cite web}}:CS1 maint:url-status(link
  29. ^ Bielas、Ilan、「レコードレーベルの興亡」(2013)。CMCシニア論文。紙703。
  30. ^ 「9インチの釘=独立した」スプートニクミュージック2007年10月8日2016年4月29日取得{{cite web}}:CS1 maint:url-status(link
  31. ^ 「ナインインチネイルズのトレントレズナーのコロンビア手話:「私はメジャーレーベルの弁証学者ではない」"スピン。2013年8月19日。 2016年4月29日取得{{cite web}}:CS1 maint:url-status(link
  32. ^ 「レディオヘッドサイン「従来の」レコード契約」NME2007年10月31日2016年4月29日取得{{cite web}}:CS1 maint:url-status(link
  33. ^ Arditi、David(2014)。「iTunes:障壁を打ち破り、壁を築く」(PDF)人気の音楽と社会37(4):408–424。土井10.1080 /03007766.2013.810849hdl10106/27052S2CID191563044_  
  34. ^ 秘密、エイドリアン(2013年4月25日)。「10年のiTunesシングルが音楽業界を殺した」CNNビジネス2016年4月29日取得{{cite web}}:CS1 maint:url-status(link
  35. ^ コール、トム(2010年11月24日)。「あなたは尋ねます、私たちは答えます:360の取引は正確には何ですか?」NPR{{cite web}}:CS1 maint:url-status(link
  36. ^ 「音楽の裏側:アーティストがレーベルに人質にされたとき」ガーディアン2010年4月15日。{{cite web}}:CS1 maint:url-status(link
  37. ^ a b リーズ、ジェフ(2007年11月11日)。「新しい取引:ブランドとしてのバンド」ニューヨークタイムズISSN0362-4331_ 
  38. ^ ジョーダン、モロー(2020年8月8日)。「マドンナは10年後のフリーエージェントです-インタースコープレコードとの長い取引」バラエティ{{cite web}}:CS1 maint:url-status(link
  39. ^ Adegoke、Yinka(2007年10月11日)。「マドンナムーブは音楽業界の360モデルを示しています」ロイター
  40. ^ Suhr、Cecilia(2011年11月)。「主流対独立勢力間の覇権闘争を理解する:ソーシャルメディア時代の音楽産業とミュージシャン」。テクノロジー、知識、社会の国際ジャーナル7(6):123–136。土井10.18848 / 1832-3669 / CGP / v07i06 / 56248
  41. ^ バトラー、スーザン(2007年3月31日)。「出版社=ラベル?」ビルボードp。22。{{cite magazine}}:CS1 maint:url-status(link

外部リンク