ラルフ・ハートレー

ウィキペディアから、無料の百科事典
ナビゲーションにジャンプ 検索にジャンプ
ラルフ・ハートレー
ハートリーラルフ-vinton-lyon-001.jpg
生まれ1888-11-301888年11月30日
死亡しました1970年5月1日(1970-05-01)(81歳)
国籍アメリカン
母校ユタ
大学オックスフォード大学
で知られているハートレー関数
ハートレー変調器
ハートレー発振器
ハートレー変換
シャノン・ハートレー定理
IEEE栄誉賞 (1946)
科学的キャリア
田畑電気工学

ラルフ・ヴィントン・リヨン・ハートレー(1888年11月30日-1970年5月1日)はアメリカの電子工学研究者でした。彼はハートレー発振器ハートレー変換を発明し、情報理論の基礎に貢献しました

伝記

ハートリーはネバダ州スプルースモントで生まれ、ユタ大学に通い、1909年にABの学位を取得しました。彼は、1910年にオックスフォード大学のセントジョンズロードス奨学生になり、1912年に学士号と学士号を取得しました。1913年に学位を取得。1916年3月21日にブルックリンのフローレンスベイルと結婚した。 [1]ハートレイズには子供がいなかった。

彼は米国に戻り、 Western ElectricCompanyの研究所に雇用されました1915年、彼はベルシステムの大西洋横断無線電話テスト用の無線受信機の開発を担当しました。このために、彼はハートレー発振器と中和回路を開発して、内部結合に起因する三極真空管の歌声を排除しました。発振器の特許は1915年6月1日に出願され、1920年10月26日に授与されました。

一次世界大戦中、ハートリーは音型の方向探知機につながる原理を確立しました

戦争の後、彼はウエスタンエレクトリックに戻った彼は後にベル研究所で働いた彼はリピーターと音声およびキャリア伝送の研究を行い、「伝送できる情報の総量は伝送される周波数範囲と伝送時間に比例する」という法則を策定しました。彼の1928年の論文は、シャノンの情報理論の「唯一の最も重要な前提条件」と見なされています。[2]約10年間の病気の後、彼はコンサルタントとして1939年にベル研究所に戻った

1930年代のほとんどの間に彼の病気にもかかわらず、ハートリーは1929年にベル研究所で理論的および実験的研究グループを結成し[3] [4]、非線形発振と後にパラメトリック増幅器として知られるようになりました。この研究は、ソビエトロシアでレオニードマンデルスタム[5]が、ヨーロッパでバルタザールファンデルポルが同時に行った研究とほぼ並行して行われました。[6] [7] [8]短いレビューと広範な参考文献が1960年にMumfordによって出版されました。[9] ベルラボラトリーズの研究は、1930年代から1940年代にかけて、ジョンバートンとユージーンピーターソン(1917年まで非線形回路の調査を開始した[10] [11])によって、ハートリーの指導の下で実施されました。EFWアレキサンダーソンの磁気変調器、初期の磁気増幅器)。ピーターソンは後にジョン・マンリー[12] [13] [14] [15]とハリソン・ロウを1940年代にこの研究に関与させ、現在有名なマンレーとロウの関係と後者の2人の著者によるいくつかの論文 で最高潮に達した[16]。[17] [18]1950年代半ばのパラメトリック回路のトピックについて。

二次世界大戦中、彼は特にサーボ機構の問題 に関与していました。

彼は1950年にベル研究所を退職し、1970年5月1日に亡くなりました。彼の遺産には、彼の後の10進数の1桁に等しい情報の単位で あるハートリーの命名が含まれています。

出版物

おそらく不完全です。

  • Hartley、RVL、「純音の両耳位置における位相差の関数」、Physical Review、第13巻、第6号、373〜385頁、(1919年6月)。
  • Hartley、RVL、Fry TC、「純音の両耳位置」、Physical Review、第18巻、第6号、431〜442頁、(1921年12月)。
  • Hartley、RVL、「無線送信における搬送波とサイドバンドの関係」、IREの議事録、第11巻、第1号、34〜56頁、(1923年2月)。
  • Hartley、RVL、"Transmission of Information"Bell System Technical Journal、Volume 7、Number 3、pp。535–563、(1928年7月)。
  • Hartley、RVL、 "A Wave Mechanism of Quantum Phenomena"、Physical Review、Volume 33、Issue 2、Page 289、(1929)(要約のみ)
  • Hartley、RVL、「非線形リアクタンスを備えたシステムの振動」、The Bell System Technical Journal、第15巻、第3巻、424〜440頁、(1936年7月)。
  • Hartley、RVL、「光学触媒を利用したラマンスペクトルの励起」、 Nature 、第139巻、329〜329ページ、(1937年2月20日)
  • Hartley、RVL、「非周期的信号に関連する定常状態の遅延」、Bell System Technical Journal、第20巻、第2号、222〜234頁、(1941年4月)。
  • Hartley、RVL、「伝送問題に適用されるより対称的なフーリエ解析」、IREの議事録、第30巻、第2号、144〜150ページ(1942年3月)。
  • Hartley、RVL、「波動方程式へのベクトル解析の適用に関する注記」、Journal of the Acoustical Society of America、第22巻、第4号、511ページ、(1950)。
  • Hartley、RVL、 "The Significance of Nonclassical Statistics"、Science、Volume 111、Number 2891、pp 574 – 576、(1950年5月26日)
  • Hartley、RVL、 "Matter、a Mode of Motion"、Bell System Technical Journal、Volume 29、Number 3、pg 350-368、(1950年7月)。
  • Hartley、RVL、「ジャイロスタティック媒体による発散波の反射」、 Bell System Technical Journal 、第29巻、第3巻、369〜389頁、(1950年7月)、
  • ハートレー、RVL、「対数単位の新しいシステム」、IREの議事録、ボリューム。43、ナンバー1、97ページ、(1955年1月)。
  • Hartley、RVL、 "New System of Logarithmic Units"、Journal of the Acoustical Society of America、Volume 27、Issue 1、pp 174 – 176、(1955)
  • ハートレー、RVL、「フーリエ解析と波動力学の情報理論」、1955年8月10日、出版物情報は不明。
  • Hartley、RVL、「The Mass of a Wave Particle」、1955年7月30日、未発表の原稿、米国物理学協会、メリーランド州カレッジパークのNiels Bohr Library&Archivesから入手可能なコピー
  • ハートレー、RVL、「重力のメカニズム」、1956年1月11日、未発表の原稿。Niels Bohr Library&Archives、American Institute of Physics、College ParkMDから入手可能なコピー
  • Hartley、RVL、「The Mechanism of Electricity and Magneticism」、1956年6月14日、未発表の原稿、米国物理学協会、メリーランド州カレッジパークのNiels Bohr Library&Archivesから入手可能なコピー
  • Hartley、RVL、「乱流液体中の回転波」、Journal of the Acoustical Society of America、第29巻、第2号、195〜196頁、(1957)
  • Hartley、RVL、 "A Mechanistic Theory of Extra-Atomic Physics"、Philosophy of Science、Volume 26、Number 4、pp 295 – 309、(1959年10月)

も参照してください

メモ

  1. ^ フランク・エイデロット(1916)。アメリカのオキソニアンアメリカローズ奨学生協会。p。84。
  2. ^ フランク、SA(2009年2月)。「自然淘汰はフィッシャー情報を最大化する」。進化生物学ジャーナル22(2):231–244。arXiv0901.3742土井10.1111 /j.1420-9101.2008.01647.xPMID19032501_ S2CID7886157_  
  3. ^ ハートレー、RVL、「量子現象の波動力学」; フィジカルレビュー、33巻、289ページ、1929年(要約のみ)
  4. ^ Hartley、RVL、「非線形リアクタンスを備えたシステムの振動」、 The Bell System Technical Journal、第15巻、第3号、1936年7月、424〜440ページ
  5. ^ Mandelstam LI、Papalexi N.、Andronov A.、Chaikin S.、WittA。、「非線形振動に関する最近の研究に関する報告」、 USSRの技術物理学、レニングラード、第2巻、番号2-3、1935、81ページ– 134、(NASA Translation Doc TTF-12,678; 1969年11月)
  6. ^ Van der Pol、B。、「弛緩振動について」、 Philosophical Magazine、ser.7、vol。2、pp。987-992; 1926年11月
  7. ^ Van der Pol、B。and Van der Mark、J。、 "Frequency demultiplication"、 Nature、120、363-364、(1927)
  8. ^ Van der Pol、B。、「電気振動の非線形理論」、 Proceedings of the IRE、vol。22、pp.1051-1086; 1934年9月
  9. ^ Mumford WW、「パラメトリックトランスデューサの歴史に関するいくつかのメモ」、 IREの議事録、第48巻、第5号、pp848-853、(1960年5月)
  10. ^ PetersonE。、「複雑な磁化」; フィジカルレビュー、第27巻、第3号、1926年3月pg318-328
  11. ^ PetersonE。、「原子物理学と回路理論」; Bell Laboratories Record、第7巻、1929年2月、231〜233ページ
  12. ^ Peterson E.、Manley JM、Wrathall LR、「高調波のグループの磁気生成」、 The Bell System Technical Journal、第16巻、第4号、1937年10月pp 437 – 455
  13. ^ Manley JM、Peterson E.、「飽和リアクトル回路の負性抵抗効果」、 AIEE Transactions、第65巻、1946年12月、
  14. ^ Manley JM、「磁気増幅器のいくつかの一般的な特性」、 IREの議事録、第39巻、1951年3月、242〜251ページ
  15. ^ Manley JM、「時変ネットワークのいくつかの特性」、回路理論に関するIREトランザクション、CT-7、1960年8月、69〜78ページ
  16. ^ Manley JM、Rowe HE、「非線形要素のいくつかの一般的な特性-パートI:一般的なエネルギー関係」、 IREの議事録、第44巻、1956年7月、904〜913ページ
  17. ^ Rowe HE、「非線形要素のいくつかの一般的な特性-パートII:小信号理論」、 IREの議事録、第46巻、1958年5月、850〜860ページ
  18. ^ Manley JM、Rowe HE、「非線形リアクタンスにおける一般的なエネルギー関係」、 IREの議事録、第47巻、1959年12月、2115〜2116ページ

参考文献

  • Ralph VL Hartley、レガシー、IEEE History Center、2011年7月7日更新
  • 米国特許1,356,763、Oscillation Generator、1920年10月26日、米国特許商標庁、[1] ; ページ画像をダウンロードできます。
  • 米国特許1,666,206、変調システム、1928年4月17日、米国特許商標庁、[2] ; ページ画像をダウンロードできます。