RS-449

ウィキペディアから、無料の百科事典
ナビゲーションにジャンプ 検索にジャンプ
RS-449ピン配列

RS-449仕様は、EIA-449またはTIA-449とも呼ばれデータ端末装置通常はコンピューター)とデータ通信装置(通常はモデムまたはターミナルサーバー)間のインターフェイスの機能的および機械的特性を定義しますこの規格の正式名称は、EIA-449汎用37位置および9位置のデータ端末装置およびデータ回線終端装置のシリアルバイナリデータ交換を採用したインターフェースです

449は、 RS-232Cを置き換える取り組みの一環であり、同じDB-25コネクタを使用しながら、はるかに高いパフォーマンスと長いケーブル長を提供します。これは当初、 RS-422RS-423という2つの密接に関連した取り組みに分割されました機能のクリープが始まると、必要なピンの数がDB-25で処理できる数を超えて増え始め、RS-449の取り組みで新しいコネクタの定義が始まりました。

449は、422プロトコルが使用された場合、別のDE-9コネクタとともに大きなDC-37コネクタを使用する扱いにくいシステムとして登場しました。結果として生じたケーブルの混乱は、規格が完成する前に絶望的であるとしてすでに却下されました。単一のDB-25コネクタを使用する RS-530を支持して、この努力は最終的に放棄されました。

背景

1970年代後半、EIAはRS-232に代わる2つの新しいシリアルデータ規格の開発を開始しました。RS-232には、そのパフォーマンスと実用性を制限する多くの問題がありました。これらの中には、信号に使用される比較的大きな電圧、マークとスペースに+5および-5Vがありました。これらを供給するために、通常+ 12V電源が必要であり、+ 5 / 0Vトランジスタ-トランジスタロジック(TTL)回路やさらに低電圧のCMOS実装によって急速に支配されていた市場での実装はやや困難でした。これらの高電圧と不均衡な通信により、ケーブル長も比較的短くなり、公称で最大50フィート(15 m)に設定されましたが、実際には、低速で実行すると多少長くなる可能性があります。[1] [a]

大きな電圧の理由は、接地電圧によるものでした。RS-232は、標準に保護グランドと信号グランドの両方を含んでいましたが、これらをどのように実装するかを定義していませんでした。多くの場合、保護グランドは接続されておらず、信号グランドは両端でグランドに接続されていました。その結果、ケーブルの両端の接地電位にわずかな差がある場合、信号接地ピンの電圧がゼロではない可能性があり、この場合、正の信号を提供するには大きな信号電圧が必要でした。[1]

この問題に対処するために、新しいRS-422およびRS-423規格は、常に送信者の基準に基づいた明確な接地を使用し、信号をこの基準の上下わずか400mVにしました。たとえば、RS-422の場合、すべての信号に反対の電圧で動作する2番目のピンがあり、それによって電圧のバランスを取り、常に正の信号を提供します。このプロセスが開始されたとき、標準の機械的側面を電気から切り離すことが決定され、前者がRS-449標準トラックになりました。[2]

RS-422とRS-423の主な違いは、前者にはすべての信号に対してリターンラインがあり、後者には単一の共有信号グランドがあることです。これは、RS-422の信号線の数が2倍であることを意味します。他の変更とともに、接続数が増え始め、RS-232と機能的に類似していたRS-423でさえDB25コネクタに適合しなくなりました。これにより、より大きなDC-37が使用されるようになりましたが、RS-422をサポートするのに十分なピンがなかったため、別のDE-9コネクタにアース線を追加することで「解決」しました。その結果、「膨大な数のワイヤー」が発生し、1983年には「成功はまだ見られない」という結論に達しました。[2]

この規格は、一部のネットワーク通信機器で見られるものの、めったに使用されませんでした。EIA-449-1は1986年1月に取り消され、 EIA / TIA-530-Aに取って代わられ、最終バージョンのEIA-449-1は2002年9月に廃止されました。[3] RS-422/423の最も普及した使用法である初期のAppleMacintoshコンピュータでは、単純な9ピンDINコネクタが使用され、マシン間リンクには3線コネクタのみが使用されていました。

も参照してください

メモ

  1. ^ RS-232を駆動するための12Vの必要性は、初期のコンピュータ電源にいくらかの複雑さをもたらすことがよくありましたたとえば、 Atari 8ビットファミリでは、拡張デバイスが外部ポートに配置されていたため、電源装置は5Vと12Vの両方をマシンに供給してから、 SIOコネクタを介して12Vを渡す必要がありました。

参照

引用

  1. ^ a b Witten 1983、p。150。
  2. ^ a b Witten 1983、p。152。
  3. ^ 「TIA標準文書」2008-02-16にオリジナルからアーカイブされました2008年1月19日取得

ソース

外部リンク