RDFa

ウィキペディアから、無料の百科事典
ナビゲーションにジャンプ 検索にジャンプ
属性のRDF
略語RDFa
スターテス公開済み
年が始まった2004年
編集者ベン・アディダ、マーク・バーベック
基本基準RDF
関連規格RDFスキーマOWL
ドメインセマンティックWeb
Webサイトwww .w3 .org / TR / rdfa-primer /

属性のRDFaまたはResourceDescription Framework [1]は、Webドキュメント内にリッチメタデータを埋め込むために、 HTMLXHTML、およびさまざまなXMLベースのドキュメントタイプに属性レベルの拡張機能のセットを追加するW3C勧告です。Resource Description Framework (RDF)データモデルマッピングを使用すると、XHTMLドキュメント内にRDFサブジェクト-述語-オブジェクト式を埋め込むことができます。また、準拠するユーザーエージェントによるRDFモデルトリプルの抽出も可能にします

RDFaコミュニティは、ツール、例、およびチュートリアルをホストするwikiWebサイトを運営しています。[2]

歴史

RDFaは、Mark BirbeckによってXHTMLおよびRDFというタイトルのW3Cノートの形式で最初に提案され[3]、その後、W3Cの2004年テクニカルプレナリーでセマンティックWebインタレストグループ[4]に提示されました。[5]その年の後半に、この作業はXHTML2.0の6番目の公開ワーキングドラフトの一部になりました。[6] [7] RDFaは元々XHTML2のみを対象としていたと一般に考えられていますが、実際、RDFaの目的は、常にXMLベースの言語にメタデータを追加する方法を提供することでし実際、RDF / A構文名が付けられた最も初期のドキュメントの1つにサブタイトルがありますXML言語でRDFを階層化するための属性のコレクション[8]この文書は、MarkBirbeckとStevenPembertonによって書かれ 2004年10月11日に議論できるようになりました。

2007年4月、XHTML 2ワーキンググループは、XHTML1ファミリ内のRDF注釈をサポートするモジュールを作成しました。[9]例として、 XHTML + RDFa1.0と呼ばれるXHTML1.1 の拡張バージョンが含まれていましたW3Cからの正式なマークアップ言語の観点から意図された方向性を表していないと説明されていますが、XHTML + RDFa 1.0DTDの限定的な使用その後公開Webに表示されました。[10]

2007年10月、XHTMLのRDFa:Syntax andProcessingというタイトルのドキュメントの最初の公開草案が公開されました[11] これは、4月のドラフトに取って代わり、拡張されました。RDFaパーサーを作成するためのルールと、テクノロジーの実用化を希望する組織向けのガイドラインが含まれていました。

2008年10月、RDFa1.0は推奨ステータスに達しました。[12]

RDFa 1.1は、2012年6月に推奨ステータスに達しました。[13] RDFa 1.0とは異なり、XML固有の名前空間メカニズムに依存しなくなりました。したがって、HTML4やHTML5などの非XMLドキュメントタイプでRDFa1.1を使用することが可能です。詳細はHTML5の付録に記載されています。[14]

追加のRDFa1.1 Primerドキュメントの最終更新日は2015年3月17日です。 [1](最初の公開草案は2006年3月10日までさかのぼります。[15]

バージョンとバリアント

基本概念のいくつかの主要な明確な変形があり、それらはW3C標準の参照および省略形として使用されます。

HTML + RDFa

RDFaは、2008年に「XHTMLのRDFa:構文と処理」の推奨事項で定義されました。[16]その最初のアプリケーションは、XHTMLのモジュールになることでした。

HTMLアプリケーションは残り、「RDFをサポートするためにXHTMLを拡張するための属性と処理ルールのコレクション」がHTML5に拡張され、特殊な標準である「HTML + RDFa」(最後は「HTML + RDFa1.1-のサポート」 )で表現されるようになりました。 HTML4およびHTML5のRDFa " [17])。

RDFa 1.0

2008年の「HTML + RDFa」構文は「RDFa1.0」とも呼ばれていたため、「RDFaCore1.0」標準はありません。一般に、この2008年のRDFa 1.0は古いXHTML標準で使用されます(RDFa 1.1がXHTML5およびHTML5で使用されている限り)。

RDFa 1.1

最初の汎用(HTMLおよびXML用)RDFa標準であり、現在(2015)「RDFaCore1.1」は第3版に含まれています。[18]

RDFa Lite

RDFa Liteは、2009年以降のW3C勧告(1.0および1.1)であり[19]、次のように説明されています。[20]

RDFa Liteは、RDFaの最小限のサブセットです... HTML、SVG、XMLなどのWebドキュメントで機械可読データを表現するために使用できるいくつかの属性で構成されています。高度なデータマークアップタスクの完全なソリューションではありませんが、ほとんどの日常的なニーズに対応しており、ほとんどのWeb作成者が1日で学習できます。

RDFa Liteは、vocab、typeof、property、resource、prefixの5つの属性で構成されています。[20] RDFa 1.1LiteはRDFa1.1と上位互換性があります。[20]

2009年、W3Cは、RDFaLiteをMicrodataのユニークで決定的な標準代替品として維持するために配置されまし[ 21 ][22]この立場は、2014年にHTML5勧告が発表されたことで確認されました。

エッセンス

RDFaの本質は、XML言語でメタデータを運ぶために使用できる属性のセットを提供することです(したがって、RDFaの「a」)。

これらの属性は次のとおりです。

だいたい
メタデータに関するリソースを指定するURIまたはCURIE
relrev
別のリソースとの関係と逆関係をそれぞれ指定する
srchref、およびリソース
パートナーリソースの指定
財産
要素またはパートナーリソースのコンテンツのプロパティを指定する
コンテンツ
プロパティ属性を使用するときに要素のコンテンツをオーバーライドするオプションの属性
データ・タイプ
プロパティ属性で使用するために指定されたテキストのデータ型を指定するオプションの属性
typeof
サブジェクトまたはパートナーリソース(メタデータが関係するリソース)のRDFタイプを指定するオプションの属性。

メリット

RDFaが満たす5つの「相互運用可能なメタデータの原則」があります。[23]

  • 出版社の独立性–各サイトは独自の標準を使用できます
  • データの再利用–データは複製されません。同じコンテンツに個別のXMLセクションとHTMLセクションは必要ありません。
  • 自己完結型–HTMLとRDFは分離されています
  • スキーマのモジュール性–属性は再利用可能です

さらに、支援技術により多くの情報が利用できるため、RDFaはWebアクセシビリティに役立つ可能性があります。[24]

使用法

RDFaボキャブラリーとRDFaアノテーションをより適切に使用するためのツールが増えています。

HTML + RDFa統計

2013年の調査による使用率のピザチャート[25]は、URLの79%とドメインの43%がHTML + RDFaを使用していることを示しています。平均61%(他の39%はMicroformats)が使用状況の指標です。

Webページ内の情報アイテムに意味的に注釈を付けるための単純化されたアプローチは、 HTML + RDFa (2008年にリリース)およびmicroformats(〜2005以降)標準 によって大いに奨励されました。

2013年の時点で、これらの標準はイベント、連絡先情報、製品などをエンコードしていました。vCardセマンティクス(個人および組織の注釈の基本的なアイテムのみ)が優勢であるにもかかわらず[25] 、同じドメインに沿った注釈の一部のクローン作成にもかかわらず、注釈付きのWebページ(URL)およびドメインのカウントは、意味的に注釈が付けられた使用の重要な統計指標です。 Webの情報

2017年の統計によると、HTML + RDFaの 使用量[26]はMicroformatsの使用量よりも少なくなっています。

RDFaエディター

WebベースのRDFaエディター
オンラインで利用できるRDFaエディタはすでにいくつかあります。RDFaCE(RDFaコンテンツエディター)は、RDFaコンテンツオーサリングをサポートするTinyMCEに基づくWYSIWYMエディターです。DBpedia SpotlightOpenCalaisAlchemy APIなどの注釈サービスのサポートにより、RDFaの手動および半自動生成をサポートします[27] RDFaCE-LiteはRDFaCEのバージョンであり、Microdataもサポートしており、WordPressプラグインとして利用できます。[28]
デスクトップRDFaエディター
AutôMetaは、RDFaを使用してWeb上で公開するためのドキュメントの半自動(または自動)注釈のための環境です。また、注釈付きトリプルのビューをユーザーに提供するためのRDFa抽出ツールも含まれています。CLIインターフェイスGUIインターフェイスの両方で使用できます。[29]

以下は、ダブリンコアメタデータをXHTMLファイルのXML要素に追加する例です。ダブリンコアデータ要素は、通常、本または記事に追加されるデータです(タイトル、著者、主題など)。

<div  xmlns:dc = "http://purl.org/dc/elements/1.1/" 
  about = "http://www.example.com/books/wikinomics" > 
  <span  property = "dc:title" >ウィキノミクス</ span> 
  <span  property = "dc:creator" > Don Tapscott </ span> 
  <span  property = "dc:date" > 2006-10-01 </ span> 
</ div>

さらに、RDFaを使用すると、テキスト内のパッセージと単語をセマンティックマークアップに関連付けることができます。

<div  xmlns:dc = "http://purl.org/dc/elements/1.1/" 
   about = "http://www.example.com/books/wikinomics" >
  彼の最新の本で
  <span  property = "dc:title" >ウィキノミクス</ span><span  property = "dc:creator" >ドンタプスコット</ span>
  テクノロジーの大きな変化を説明し、
  人口統計とビジネス。
  この本はで出版される予定です
  <span  property = "dc:date"  content = "2006-10-01" > 2006年10月</ span></ div>

XHTML + RDFa 1.0

以下は、完全なXHTML + RDFa1.0ドキュメントの例です。ダブリンコアFOAFを使用します。これは、人と他の人や物との関係を説明するためのオントロジーです。

<?xml version = "1.0" encoding = "UTF-8"?> 
<!DOCTYPE html PUBLIC "-// W3C // DTD XHTML + RDFa 1.0 // EN" 
    "http://www.w3.org/MarkUp /DTD/xhtml-rdfa-1.dtd "> 
<html  xmlns = " http://www.w3.org/1999/xhtml " 
    xmlns:foaf = " http://xmlns.com/foaf/0.1/ " 
    xmlns :dc = "http://purl.org/dc/elements/1.1/" 
    version = "XHTML + RDFa 1.0"  xml:lang = "en" > 
  <head> 
    <title>ジョンのホームページ</ title> 
    <base  href = "http://example.org/john-d/"  /> 
    <meta  property = "dc:作成者 "  content = " Jonathan Doe "  /> 
    <link  rel ="foaf:primaryTopic"  href = "http://example.org/john-d/#me"  /> 
  </ head> 
  <body  about = "http://example.org/john-d/#me" > 
    <h1> Johnのホームページ</ h1> 
    <p>私の名前は< spanproperty  = "foaf:nick" > John D </ span>です
      。 <  ahref = "http://www.neubauten.org/ "  rel = " foaf:interest " 
        xml:lang = " de " > EinstürzendeNeubauten </a></ p> 
    <p>  "urn:ISBN:0752820907" >お気に入り
      本は刺激的な< spanabout  = "urn:ISBN:0752820907" > <cite 
      property = "dc:title" >ウェブの織り方</ cite> by
       <span  property = "dc:creator" > Tim Berners-Lee </スパン> </ span> </ span></ p> 
  </ body> 
</ html>

上記の例では、ドキュメントURIはHTMLドキュメントを表すものと見なすことができますが、ドキュメントURIと「#me」文字列http://example.org/john-d/#meは実際の人物を表し、それらに関するドキュメントとは異なります。ヘッダーのfoaf:primaryTopicは、ドキュメントの対象となる人物のURIを示します。foaf:nick プロパティ(最初の要素span内)にはこの人物のニックネームが含まれ、dc:creatorプロパティ(meta要素内)はドキュメントの作成者を示します。EinstürzendeNeubautenのWebサイトへのハイパーリンクには、JohnDoerel="foaf:interest"がこのバンドに興味を持っていることを示唆するが含まれています。彼らのウェブサイトのURIはリソースです。

2番目の要素内foaf:interestpは、ISBN番号で本を参照しています。属性は、resource属性と同様の方法でリソースを定義しhrefますが、ハイパーリンクを定義しません。段落のさらに奥にspanある属性を含む要素aboutは、メタデータを指定するための別のリソースとして本を定義します。書籍のタイトルと作成者は、 dc:titleプロパティとdc:creatorプロパティを使用して、このタグのコンテンツ内で定義されます。

上記のドキュメントが自動的にRDF / XMLに変換されるときの同じトリプルは次のとおりです。

<?xml version = "1.0" encoding = "UTF-8"?> 
<rdf:RDF  xmlns:rdf = "http://www.w3.org/1999/02/22-rdf-syntax-ns#" 
    xmlns :foaf = "http://xmlns.com/foaf/0.1/" 
    xmlns:dc = "http://purl.org/dc/elements/1.1/" > 
  <rdf:Description  rdf:about = "http:/ /example.org/john-d/ " > 
    <dc:creator  xml:lang = " en " > Jonathan Doe </ dc:creator> 
    <foaf:primaryTopic> 
      <rdf:Description  rdf:about = " http:// example .org / john-d /#me " > 
        <foaf:nick  xml:lang = " en " >John D </ foaf:nick> 
        <foaf:interest  rdf:resource ="http://www.neubauten.org/" /> 
        <foaf:interest> 
          <rdf:Description  rdf:about = "urn:ISBN:0752820907" > 
            <dc:creator  xml:lang = "en" > Tim Berners- Lee </ dc:creator> 
            <dc:title  xml:lang = "en" > Webのウィービング</ dc:title> 
          </ rdf:Description> 
        </ foaf:interest> 
      </ rdf:Description> 
    </ foaf: primaryTopic> 
  </ rdf:Description> 
</ rdf:RDF>

HTML5 + RDFa 1.1

上記の例はHTML5でXML名前空間なしで表現できます。

< html  prefix = "dc:http://purl.org/dc/elements/1.1/"  lang = "en" > 
  < head > 
    < title > Johnのホームページ</ title > 
    < link  rel = "profile"  href = "http://www.w3.org/1999/xhtml/vocab"  /> 
    < base  href = "http://example.org/john-d/"  /> 
    < meta  property = "dc:creator"  content = 「ジョナサン・ドウ」 /> 
    <リンク 関係= "foaf:primaryTopic"  href = "http://example.org/john-d/#me"  /> 
  </ head > 
  < body  about = "http://example.org/john-d/#me" > 
    < h1 > Johnのホームページ</ h1 > 
    < p >私の名前は< spanproperty  = " foaf :nick" > John D </ span >です
      < ahref = "http://www.neubauten.org / "rel = "foaf:interest" lang  
        = " de "
     > EinstürzendeNeubauten </a> </ p > < p >
      私の< spanrel = "foaf:interest" resource = "urn:ISBN:0752820907 " >お気に入り
      
      本は刺激的です< spanabout  = "urn:ISBN:0752820907" > < cite property = "dc:title" >ウェブを編む</ cite > by
       < span property = "dc:creator" > Tim Berners-Lee </スパン> </スパン> </スパン></ p > </本文> </ html >
       
  

プレフィックスfoafが宣言なしでどのように使用されているかに注意してください。RDFa 1.1には、FOA​​Fなどの一般的な語彙のプレフィックスが自動的に含まれています。[30]


最小限の[31]ドキュメントは次 のとおりです。

< html  lang = "en" > 
  < head > 
    < title >サンプルドキュメント</ title > 
  </ head > 
  < body  vocab = "http://schema.org/" > 
    < p  typeof = "Blog" >
      ようこそ<プロパティ= " url" href = "
     http://example.org/ " >ブログ</a>  < 
  > 
</ html >

つまり、次のすべての属性を使用することをお勧めしますvocab、、; それらの1つだけではありません。 typeofproperty

も参照してください

  • Microformats、Webページのデータに意味的に注釈を付けるための単純化されたアプローチ
  • Open Graphプロトコル、RDFaを使用してWebページをFacebookソーシャルグラフに統合する方法
  • Microdata-追加の属性を使用してHTMLにセマンティクスを埋め込む別のアプローチ
  • eRDF、RDFaの代替(現在は廃止)
  • GRDDL、XHTMLおよびXMLドキュメントから(注釈付きの)データを抽出し、それをRDFグラフに変換する方法
  • Schema.org、RDFaとして表現できるWebページ上の構造化データマークアップ用の検索エンジンサポートスキーマ

参考文献

  1. ^ a b "RDFa 1.1入門書"(第3版)。W3C2015年3月17日2016年9月2日取得
  2. ^ 「RDFa /ツール」
  3. ^ 「XHTMLおよびRDFW3Cノート2004年2月14日」World WideWebコンソーシアム2004-02-14 2007年12月27日取得
  4. ^ 「W3CセマンティックWebインタレストグループ(SWIG)」
  5. ^ 「セマンティックWebインタレストグループ」XML.com2004-03-03 2007年12月27日取得 {{cite web}}:(ヘルプ外部リンク|publisher=
  6. ^ 「XHTML2.0W3Cワーキングドラフト2004年7月22日、19。XHTMLメタ情報属性モジュール」World WideWebコンソーシアム2004-07-22 2007年10月6日取得
  7. ^ 「XMLおよびセマンティックWebW3C標準のタイムライン」(PDF)
  8. ^ 「RDF / A構文:XML言語でRDFを階層化するための属性のコレクション」2004-10-11 2009年5月14日取得
  9. ^ 「XHTMLRDFaモジュール、要素のRDF注釈をサポートするモジュール、2007年4月2日のW3Cエディターのドラフト」World WideWebコンソーシアム2007-04-02 2007年10月6日取得
  10. ^ この例については、「アーカイブされたコピー」を参照してください。2007年10月11日にオリジナルからアーカイブされました2007年10月6日取得{{cite web}}:CS1 maint:タイトルとしてアーカイブされたコピー(リンク 「アーカイブされたコピー」2007年12月14日にオリジナルからアーカイブされまし2007年10月6日取得{{cite web}}:CS1 maint:タイトルとしてアーカイブされたコピー(リンク
  11. ^ 「XHTMLのRDFa:構文と処理、RDFをサポートするためにXHTMLを拡張するための属性と処理ルールのコレクション、2007年10月18日のW3Cワーキングドラフト」World WideWebコンソーシアム2007-10-18 2007年10月20日取得
  12. ^ 「XHTMLのRDFa:構文と処理、RDFをサポートするためにXHTMLを拡張するための属性と処理ルールのコレクション、W3C勧告2008年10月14日」World WideWebコンソーシアム2008-10-14 2008年10月15日取得
  13. ^ 「RDFaコア1.1-属性を介してRDFを埋め込むための構文および処理規則」World WideWebコンソーシアム2012-06-07 2012年8月25日取得
  14. ^ 「HTML + RDFa1.1-HTML4およびHTML5でのRDFaのサポート」World WideWebコンソーシアム2012-03-29 2012年8月25日取得
  15. ^ 「RDF / A入門書1.0」W3C2006年3月10日2016年9月2日取得
  16. ^ 「XHTMLのRDFa:構文と処理-RDFをサポートするためにXHTMLを拡張するための属性と処理ルールのコレクション」、W3C勧告2008年10月14日。http://www.w3.org/TR/2008/REC-rdfa-syntax -20081014 /
  17. ^ 「HTML + RDFa1.1-HTML4およびHTML5でのRDFaのサポート」、W3C勧告2013年8月22日。http://www.w3.org/TR/html-rdfa/
  18. ^ 「RDFaCore1.1-第3版-属性を介してRDFを埋め込むための構文および処理ルール」、W3C勧告2015年3月17日。https: //www.w3.org/TR/2015/REC-rdfa-core-20150317/
  19. ^ 最初のドラフト1.1
  20. ^ a b c "RDFa Lite 1.1、W3C勧告2012年6月7日。http://www.w3.org/TR/rdfa-lite/2015年の第2版
  21. ^ 最終的なW3Cの位置(ISSUE-76)、Microdata構文がRDFaLiteがすでに行っていることを単純に複製することを確立します。
  22. ^ 「神話上の違い:RDFa LiteとMicrodata-美しく、苦しめられたマシン」
  23. ^ 相互運用可能なWebメタデータの構築
  24. ^ 「RDFa–アクセシビリティへの影響–標準Schmandards」
  25. ^ a b 「Webデータコモンズ– RDFa、Microdata、およびMicroformatデータセット」セクション3.1「2013年11月のコモンクロールコーパスからの抽出結果」2013 2015年2月21日取得
  26. ^ 「Webデータコモンズ– RDFa、Microdata、およびMicroformatデータセット」セクション3.1「2017年11月のコモンクロールコーパスからの抽出結果」2017 2019-01-09を取得しました。
  27. ^ 「RDFaCE—アジャイル知識工学およびセマンティックWeb(AKSW)」
  28. ^ 「RDFaCE—アジャイル知識工学およびセマンティックWeb(AKSW)」
  29. ^ 「GoogleCodeArchive-Google Code ProjectHostingの長期ストレージ」
  30. ^ 「RDFaコア初期コンテキスト-語彙プレフィックス」World WideWebコンソーシアム2012-05-27 2012年8月25日取得
  31. ^ http://www.w3.org/TR/html-rdfa/#document-conformanceの「HTML + RDFa1.1ドキュメントの例」

外部リンク