サービスの質

ウィキペディアから、無料の百科事典
ナビゲーションにジャンプ 検索にジャンプ

サービス品質QoS )は、テレフォニーコンピューターネットワーククラウドコンピューティングサービスなどのサービスの全体的なパフォーマンス、特にネットワークのユーザーから見たパフォーマンスの説明または測定値です。サービス品質を定量的に測定するために、パケット損失ビットレートスループット伝送遅延可用性ジッターなど 、ネットワークサービスのいくつかの関連する側面がよく考慮されます。

コンピュータネットワーキングおよび他のパケット交換通信ネットワークの分野では、サービス品質は、達成されたサービス品質ではなく、トラフィックの優先順位付けおよびリソース予約制御メカニズムを指します。サービス品質とは、さまざまなアプリケーション、ユーザー、またはデータフローにさまざまな優先順位を提供する機能、またはデータフローに特定のレベルのパフォーマンスを保証する機能です。

サービス品質は、特別な要件を持つトラフィックの転送にとって特に重要です。特に、開発者はVoice over IPテクノロジを導入して、コンピュータネットワークを音声会話用の電話ネットワークと同じくらい便利にし、さらに厳しいネットワークパフォーマンス要件を持つ新しいアプリケーションをサポートできるようにしました。

定義

テレフォニーの分野では、サービス品質は1994年にITUによって定義されました。 [1]サービス品質は、サービス応答時間、損失、信号対雑音比、クロストークなど、接続のすべての側面に関する要件で構成されます。エコー、割り込み、周波数応答、ラウドネスレベルなど。テレフォニーQoSのサブセットは、サービスグレード(GoS)要件です。これは、ネットワークの容量とカバレッジに関連する接続の側面、たとえば、保証された最大ブロッキング確率と停止確率を含みます。[2]

コンピュータネットワーキングおよびその他のパケット交換通信ネットワークの分野では、テレトラフィックエンジニアリングは、達成されたサービス品質ではなく、トラフィックの優先順位付けとリソース予約制御メカニズムを指します。サービス品質とは、さまざまなアプリケーション、ユーザー、またはデータフローにさまざまな優先順位を提供する機能、またはデータフローに特定のレベルのパフォーマンスを保証する機能です。たとえば、必要なビットレート、遅延遅延変動パケット損失、またはビットエラーレートが保証される場合があります。サービス品質は、次のようなリアルタイムストリーミングマルチメディアアプリケーションにとって重要です。ボイスオーバーIPマルチプレイヤーオンラインゲームIPTV。これらは固定ビットレートを必要とすることが多く、遅延の影響を受けやすいためです。サービス品質は、セルラーデータ通信など、容量が限られたリソースであるネットワークでは特に重要です。

QoSをサポートするネットワークまたはプロトコルは、アプリケーションソフトウェアとのトラフィック契約に合意し、たとえばセッション確立フェーズ中にネットワークノードの容量を予約する場合があります。セッション中は、達成されたパフォーマンスレベル(データレートや遅延など)を監視し、ネットワークノードのスケジューリングの優先順位を動的に制御できます。分解フェーズ 中に予約済みの容量を解放する場合があります。

ベストエフォート型のネットワークまたはサービスは、サービス品質をサポートしていません。複雑なQoS制御メカニズムの代替手段は、予想されるピークトラフィック負荷に対して十分になるように容量をオーバープロビジョニングすることにより、ベストエフォートネットワーク上で高品質の通信を提供することです。結果としてネットワークの輻輳が発生しないため、QoSメカニズムの必要性が減少または排除されます。

QoSは、リソースを予約する機能を参照するのではなく、多くの代替定義とともに品質基準として使用されることがあります。サービス品質とは、サービス品質のレベル、つまり保証されたサービス品質を指す場合があります。[3]高いQoSは、高レベルのパフォーマンス(たとえば、高ビットレート、低遅延、低ビットエラーレート)と混同されることがよくあります。

QoSは、テレフォニーやストリーミングビデオなどのアプリケーション層サービスで、主観的に経験した品質を反映または予測するメトリックを記述するために使用されることがあります。このコンテキストでは、QoSは、サービスに影響を与えるすべての欠陥の加入者満足度に対する許容可能な累積効果です。同様の意味を持つ他の用語は、体験の質(QoE)、平均オピニオン評点(MOS)、知覚的音声品質測定(PSQM)、およびビデオ品質の知覚的評価(PEVQ)です。

歴史

データにQoSタグを追加するレイヤー2テクノロジーの多くの試みは、過去に人気を博してきました。例としては、フレームリレー非同期転送モード(ATM)、マルチプロトコルラベルスイッチング(MPLS)(レイヤー2と3の間の手法)があります。これらのネットワーク技術は今日も使用されていますが、この種のネットワークはイーサネットネットワークの出現後に注目を失いました。今日、イーサネットは、群を抜いて最も人気のあるレイヤー2テクノロジーです。従来のインターネットルーターネットワークスイッチはベストエフォートで動作します基本。この機器は、QoSメカニズムを提供する以前のより複雑なテクノロジーよりも安価で、複雑でなく、高速であるため、人気があります。

イーサネットはオプションで802.1pを使用してフレームの優先度を通知します。

IPパケットヘッダーには元々 4種類のサービスビットと3つの優先ビットがありましたが、一般的には尊重されていませんでした。これらのビットは、後で差別化サービスコードポイント(DSCP) として再定義されました。

IPTVおよびIPテレフォニーの出現により、エンドユーザーはQoSメカニズムを利用できるようになりました。

トラフィックの質

パケット交換ネットワークでは、サービス品質はさまざまな要因の影響を受けますが、これらは人的要因と技術的要因に分けることができます。人的要因には、サービス品質の安定性、サービスの可用性、待機時間、およびユーザー情報が含まれます。技術的要因には、信頼性、スケーラビリティ、有効性、保守性、およびネットワークの輻輳が含まれます。[4]

パケットが発信元から宛先に移動するときに多くのことが発生する可能性があり、送信者と受信者の観点から見た場合、次の問題が発生します。

グッドプット
同じネットワークリソースを共有する異種ユーザーからの負荷が変化するため、特定のデータストリームに提供できる最大スループットは、リアルタイムマルチメディアサービスには低すぎる可能性があります。
パケットロス
ネットワークの輻輳が原因で、ネットワークが一部のパケットの配信(ドロップ)に失敗する場合があります。受信側のアプリケーションは、この情報の再送信を要求する場合があり、その結果、うっ血性の崩壊や送信全体の許容できない遅延が発生する可能性があります。
エラー
特に無線通信や長い銅線では、ノイズや干渉によって引き起こされるビットエラーが原因でパケットが破損することがあります。受信者はこれを検出する必要があり、パケットがドロップされたかのように、この情報の再送信を要求する場合があります。
レイテンシー
各パケットが長いキューに保持されるため、各パケットが宛先に到達するまでに長い時間がかかる場合があります。または、輻輳を回避するために直接ルートが少なくなります。場合によっては、待ち時間が長すぎると、VoIPやオンラインゲームなどのアプリケーションが使用できなくなる可能性があります。
パケット遅延変動
送信元からのパケットは、さまざまな遅延で宛先に到達します。パケットの遅延は、送信元と宛先の間のパスに沿ったルーターのキュー内の位置によって異なり、この位置は予期せず変化する可能性があります。遅延変動は受信機で吸収できますが、そうすると、ストリームの全体的な遅延が増加します。
故障した配達
関連するパケットのコレクションがネットワークを介してルーティングされる場合、異なるパケットが異なるルートをたどり、それぞれが異なる遅延をもたらす可能性があります。その結果、パケットは送信された順序とは異なる順序で到着します。この問題には、順序が正しくないパケットを再配置するための特別な追加プロトコルが必要です。並べ替えプロセスでは、受信側で追加のバッファリングが必要であり、パケット遅延変動と同様に、ストリームの全体的な遅延が増加します。

アプリケーション

定義されたサービス品質は、特定のタイプのネットワークトラフィックに対して必要または要求される場合があります。たとえば、次のようになります。

これらのタイプのサービスは非弾性と呼ばれ、機能するために特定の最小ビットレートと特定の最大遅延が必要であることを意味します。対照的に、エラスティックアプリケーションは、利用可能な帯域幅が多いか少ないかを利用できます。TCPに依存するバルクファイル転送アプリケーションは、一般的に弾力性があります。

メカニズム

回線交換ネットワーク、特に非同期転送モード(ATM)やGSMなどの音声伝送を目的としたネットワークでは、コアプロトコルにQoSがあり、セットアップ時に通話用にネットワークの各ステップでリソースが予約されます。必要なパフォーマンスを達成するための追加の手順の必要性。より短いデータユニットと組み込みのQoSは、ビデオオンデマンドなどのアプリケーション向けのATMのユニークなセールスポイントの一部でした。

QoSを提供するメカニズムの費用が正当化されると、ネットワークの顧客とプロバイダーは、サービスレベルアグリーメント(SLA)と呼ばれる契約上のアグリーメントを締結できます。これは、スループットまたは遅延ベースのパフォーマンスを保証する接続の機能の保証を指定します。相互に合意した措置について。

オーバープロビジョニング

複雑なQoS制御メカニズムの代わりに、ネットワークを十分にオーバープロビジョニングして高品質の通信を提供し、容量がピークトラフィック負荷の見積もりに基づくようにすることもできます。このアプローチは、予測可能なピーク負荷のあるネットワークでは簡単です。この計算では、帯域幅の変動と大きな受信バッファでの遅延を補正できる要求の厳しいアプリケーションを評価する必要がある場合があります。これは、たとえばビデオストリーミングで可能になることがよくあります。

オーバープロビジョニングは、使用可能なすべての帯域幅が消費されてパケットがドロップされるまで、時間の経過とともにネットワークに配置されるデータの量を増やすトランスポートプロトコル( TCPなど)に直面すると、使用が制限される可能性があります。このような貪欲なプロトコルは、すべてのユーザーの遅延とパケット損失を増加させる傾向があります。

QoSを置き換えるために必要な内部リンクのオーバープロビジョニングの量は、ユーザーの数とそのトラフィック需要によって異なります。これにより、オーバープロビジョニングの使いやすさが制限されます。帯域幅を大量に消費する新しいアプリケーションとユーザーの追加により、過剰にプロビジョニングされたネットワークが失われます。次に、これには関連するネットワークリンクの物理的な更新が必要になりますが、これはコストのかかるプロセスです。したがって、インターネット上で過剰なプロビジョニングを盲目的に想定することはできません。

商用VoIPサービスは、ユーザーのISPへの接続およびVoIPプロバイダーの別のISPへの接続で使用されているQoSメカニズムがなくても、通話品質の点で従来の電話サービスと競合することがよくあります。ただし、高負荷状態では、VoIPは携帯電話の品質またはそれ以上に劣化する可能性があります。パケットトラフィックの数学は、控えめな仮定の下で、ネットワークが必要とするraw容量がわずか60%多いことを示しています。[5]

IPとイーサネットの取り組み

単一所有者のネットワークとは異なり、インターネットはプライベートネットワークを相互接続する一連のエクスチェンジポイントです。[6]したがって、インターネットのコアは、単一のエンティティではなく、多数の異なるネットワークサービスプロバイダーによって所有および管理されています。その動作ははるかに予測不可能です。

最新のパケット交換IPネットワークのQoSには、2つの主要なアプローチがあります。ネットワークとのアプリケーション要件の交換に基づくパラメータ化されたシステムと、各パケットがネットワークに対する目的のサービスレベルを識別する優先システムです。

初期の作業では、ネットワークリソースを予約するという統合サービス(IntServ)の哲学を使用していました。このモデルでは、アプリケーションはRSVPを使用して、ネットワークを介してリソースを要求および予約しました。IntServメカニズムは機能しますが、大規模なサービスプロバイダーに典型的なブロードバンドネットワークでは、コアルーターは数千、場合によっては数万の予約を受け入れ、維持し、破棄する必要があることがわかりました。このアプローチはインターネットの成長に合わせて拡張できないと考えられており[7]、いずれにしても、コアルーターが単にパケットを切り替えるだけのネットワークを設計するというエンドツーエンドの原則とは正反対でした。可能な限り高いレートで。

DiffServでは、パケットはトラフィックソース自体またはトラフィックがネットワークに入るエッジデバイスのいずれかによってマークされます。これらのマーキングに対応して、ルーターとスイッチはさまざまなキューイング戦略を使用して、要件に合わせてパフォーマンスを調整します。IP層では、DSCPマーキングはIPパケットヘッダーの6ビットDSフィールドを使用します。MAC層では、VLAN IEEE 802.1Q本質的に同じ情報の3ビットを運ぶために使用することができます。DiffServをサポートするルーターとスイッチは、帯域幅に制約のある(たとえば、広域)インターフェイスからの送信を待機しているパケットに複数のキューを使用するようにネットワークスケジューラを構成します。ルーターベンダーは、サポートされるキューの数、キューの相対的な優先順位、各キュー用に予約されている帯域幅など、この動作を構成するためのさまざまな機能を提供しています。

実際には、パケットをキューイングのあるインターフェイスから転送する必要がある場合、低ジッターを必要とするパケット(VoIPビデオ会議など)は、他のキューのパケットよりも優先されます。通常、一部の帯域幅はデフォルトでネットワーク制御パケット(インターネット制御メッセージプロトコルやルーティングプロトコルなど)に割り当てられますが、ベストエフォートトラフィックには、残りの帯域幅が何であれ単純に与えられる場合があります。

メディアアクセス制御(MAC)層では、VLAN IEEE802.1Q およびIEEE802.1p使用して、イーサネットフレームを区別し、分類することができます。待ち行列理論モデルは、MAC層プロトコルのパフォーマンス分析とQoSに基づいて開発されました。[8] [9]

Cisco IOSNetFlowおよびCiscoClass Based QoS(CBQoS)管理情報ベース(MIB)は、CiscoSystemsによって販売されています。 [10]

インターネットでのQoSの必要性の1つの説得力のある例は、うっ血性崩壊に関連しています。インターネットは、主に伝送制御プロトコル(TCP)に組み込まれている輻輳回避プロトコルに依存して、輻輳崩壊につながる可能性のある条件下でトラフィックを削減します。VoIPIPTVなどのQoSアプリケーションは、ほぼ一定のビットレートと低遅延を必要とするため、TCPを使用できず、トラフィックレートを下げて輻輳を防ぐこともできません。サービスレベルアグリーメントは、インターネットに提供できるトラフィックを制限し、それによってトラフィックシェーピングを実施しますそれはそれが過負荷になるのを防ぐことができ、したがって、崩壊することなくリアルタイムと非リアルタイムのトラフィックの混合を処理するインターネットの能力の不可欠な部分です。

プロトコル

IPネットワーキングにはいくつかのQoSメカニズムとスキームがあります。

QoS機能は、次のネットワークテクノロジで使用できます。

エンドツーエンドのサービス品質

エンドツーエンドのサービス品質には、ある自律システムと別の自律システムの間でリソース割り当てを調整する方法が必要になる場合があります。インターネット技術特別調査委員会(IETF)は、帯域幅予約のリソース予約プロトコル(RSVP)を、1997年に提案された標準として定義しました。 [12] RSVPは、エンドツーエンドの帯域幅予約およびアドミッション制御プロトコルです。RSVPは、スケーラビリティの制限のために広く採用されませんでした。[13]よりスケーラブルなトラフィックエンジニアリングバージョンであるRSVP-TEは、トラフィックエンジニアリングされたマルチプロトコルラベルスイッチング(MPLS)ラベルスイッチングパスを確立するために多くのネットワークで使用されています。[14]IETFは、QoSシグナリングをターゲットとして、シグナリングの次のステップ(NSIS)[15]も定義しました。NSISは、RSVPの開発と簡素化です。

「異種ネットワークを介したエンドツーエンドのサービス品質サポート」(EuQoS、2004年から2007年まで)[16]などの研究コンソーシアムやIPsphere Forum [17]などのフォーラムは、1つのドメインから次。IPsphereは、ネットワークサービスを確立、呼び出し、および保証するために、Service Structuring Stratum(SSS)シグナリングバスを定義しました。EuQoSは、 Session Initiation ProtocolSignalingのNext Steps、およびIPsphereのSSSを統合するための実験を実施し、推定コストは約1,560万ユーロで、本を出版しました。[18] [19]

研究プロジェクトMultiService Access Everywhere(MUSE)は、2004年1月から2006年2月までの第1フェーズ、および2006年1月から2007年までの第2フェーズで別のQoS概念を定義しました。[20] [21] [22] PlaNetSという名前の別の研究プロジェクトは2005年頃にヨーロッパの資金提供を提案した。[23] 4WARD として知られる「未来のインターネットのための建築と設計」と呼ばれるより広範なヨーロッパのプロジェクトは2340万ユーロと見積もられ、2008年1月から2010年6月まで資金提供 された。 「サービス品質のテーマ」と本を出版しました。[25] [26] WIDENS(Wireless Deployable Network System)と呼ばれる別のヨーロッパのプロジェクト[27]モバイルワイヤレスマルチレートアドホックネットワークの帯域幅予約アプローチを提案しました。[28]

制限事項

Secure Sockets LayerI2P仮想プライベートネットワークなどの強力な暗号化ネットワークプロトコルは、それらを使用して転送されるデータを覆い隠します。インターネット上のすべての電子商取引では、このような強力な暗号化プロトコルを使用する必要があるため、暗号化されたトラフィックのパフォーマンスを一方的にダウングレードすると、顧客にとって許容できない危険が生じます。それでも、暗号化されたトラフィックは、QoSの ディープパケットインスペクションを受けることができません。

ICARDPなどのプロトコルは、最適化を困難にする可能性のあるさまざまな要件を持つ他のトラフィック(印刷、ビデオストリーミングなど)をカプセル化する場合があります。

Internet2プロジェクトは、2001年に、QoSプロトコルが、当時利用可能な機器を備えたAbileneネットワーク内に展開できない可能性があることを発見しました。[29] [a]このグループは、QoSを目的としたプロトコルの変更により、「ロジスティック、財務、および組織の障壁が帯域幅保証への道を阻む」と予測しました。[30] 彼らは、経済学により、ネットワークプロバイダーが顧客をより高価格のQoSサービスにプッシュする方法として、ベストエフォートトラフィックの品質を意図的に侵食することを奨励すると信じていました。代わりに、彼らは、当時より費用効果の高いものとして、容量の過剰プロビジョニングを提案しました。[29] [30]

アビリンネットワークの研究は、2006年初頭の米国上院通商委員会のネットワーク中立性に関する公聴会に対するゲイリーバチュラの証言の基礎でした。彼は、帯域幅を追加することは、QoSを達成するためのさまざまなスキームのどれよりも効果的であるという意見を表明しました。調べた。[31] Bachulaの証言は、サービスの質を禁止する法律の支持者によって、そのような提供によって正当な目的が果たされていないことの証拠として引用されています。この議論は、オーバープロビジョニングはQoSの形式ではなく、常に可能であるという仮定に依存しています。コストやその他の要因は、恒久的に過剰にプロビジョニングされたネットワークを構築および維持する通信事業者の能力に影響を与えます。[要出典]

モバイル(セルラー)QoS

モバイルセルラーサービスプロバイダーは、有線の公衆交換電話網サービスプロバイダーやインターネットサービスプロバイダーがQoSを提供するのと同じように、モバイルQoSを顧客に提供する場合があります。QoSメカニズムは、回線交換サービスに常に提供され、ストリーミングマルチメディアなどの非弾性サービスに不可欠です

モビリティは、QoSメカニズムを複雑にします。新しい基地局が過負荷になると、ハンドオーバー後に通話または他のセッションが中断される場合があります予測できないハンドオーバーにより、セッション開始フェーズ中に絶対的なQoS保証を提供することは不可能になります。

標準

テレフォニーの分野でのサービス品質は、1994年にITU-T勧告E.800で最初に定義されました。この定義は非常に広く、サポート、操作性、アクセシビリティ、保持性、整合性、セキュリティの6つの主要コンポーネントをリストしています。[1] 1998年、ITUは、データネットワーキングの分野でのQoSについて説明したドキュメントを公開しました。X.641は、QoSに関連する標準を開発または拡張する手段を提供し、関連する標準の一貫性を維持するのに役立つ概念と用語を提供します。[32]

QoS関連のIETFRequest for Comments(RFC)には、Baker、Fredがあります。ブラック、デビッドL。; ニコルズ、キャスリーン; Blake、Steven L.(1998年12月)、IPv4およびIPv6ヘッダーのDifferentiated Servicesフィールド(DSフィールド)の定義RFC  2474、およびBraden、Robert T。; 張、リクシア; ベルソン、スティーブン; ヘルツォーク、シャイ; Jamin、Sugih(1997年9月)、Resource ReSerVation Protocol(RSVP)RFC 2205 ; これらは両方とも上で説明されています。IETFは、QoSの背景を示す2つのRFCも公開しています。Huston、Geoff(2000年11月)、IP QoSアーキテクチャの次のステップRFC 2990 、およびインターネットにおける音声トラフィックの輻輳制御に関するIABの懸念RFC 3714 

IETFは、ベイカー、フレッドも公開しています。バビアーズ、ジョゼフ; Chan、Kwok Ho(2006年8月)、DiffServサービスクラスの構成ガイドラインRFC 4594 DiffServネットワーク用のQoSソリューションの設計の実際的な側面に関する有益なまたはベストプラクティスのドキュメントとして。このドキュメントでは、IPネットワーク上で一般的に実行されるアプリケーションを特定し、それらをトラフィッククラスにグループ化し、ネットワークからこれらのクラスに必要な処理を調査し、ルーターで一般的に使用できるQoSメカニズムのどれを使用してこれらの処理を実装できるかを提案します。

も参照してください

メモ

  1. ^ 当時利用可能な機器は、QoSを実装するためにソフトウェアに依存していました。

参考文献

  1. ^ a b "E.800:サービス品質と信頼性を含むネットワークパフォーマンスに関連する用語と定義"ITU-T勧告1994年8月2011年10月14日取得サービス品質に関連する用語の定義として2008年9月に更新
  2. ^ 2007年1月11日にWaybackMachine ITU-T Study Group 2でアーカイブされたテレトラフィックエンジニアリングハンドブック (350ページ、2.69 MB)(QoSの代わりにGoSの略語を使用)
  3. ^ Menychtas Andreas(2009)。「グリッド環境でQoSプロビジョニングレベルを保証するためのリアルタイム再構成」。次世代コンピュータシステム25(7):779–784。土井10.1016 /j.future.2008.11.001
  4. ^ Peuhkuri M.(1999-05-10)。「IPサービス品質」ヘルシンキ工科大学、電気通信技術研究所。 {{cite journal}}: Cite journal requires |journal= (help)
  5. ^ ユクセル、M。; ラマクリシュナン、KK; Kalyanaraman、S。; Houle、JD; Sadhvani、R。(2007)IPバックボーンでサポートするサービスクラスの価値(PDF)IEEE International Workshop on Quality of Service(IWQoS'07)米国イリノイ州エバンストン。pp。109–112。CiteSeerX10.1.1.108.3494_ 土井10.1109 /IWQOS.2007.376555ISBN   978-1-4244-1185-6S2CID10365270 _
  6. ^ 「ロバートカーンとの夕べ」コンピュータ歴史博物館2007年1月9日。2008年12月19日のオリジナルからアーカイブ。
  7. ^ 「4.9」。画像およびビデオ処理のハンドブック(第2版)。2005年。ISBN 978-0-12-119792-6ただし、ルートに沿ってフローベースのリソース予約を設定するために必要な労力は膨大です。さらに、必要な制御シグナリングとルーターでの状態の保守により、このアプローチのスケーラビリティが制限されます。
  8. ^ ビアンキ、ジュゼッペ(2000)。「IEEE802.11分散調整機能のパフォーマンス分析」。通信の選択された領域に関するIEEEジャーナル18(3):535–547。CiteSeerX10.1.1.464.2640_ 土井10.1109 /49.840210 
  9. ^ Shi、Zhefu; あごひげ、コーリー; ミッチェル、ケン(2009)。「CSMAネットワークにおける不正行為とMACの使いやすさを理解するための分析モデル」。パフォーマンス評価66(9–10)469。CiteSeerX10.1.1.333.3990 土井10.1016 /j.peva.2009.02.002 
  10. ^ ベンアーウィン(2008年12月16日)。「環境でQoSを管理する方法、パート1/3」ネットワークパフォーマンスデイリービデオNetQoS2011年9月29日にオリジナルからアーカイブされました2011年10月15日取得
  11. ^ 「MPLSのVoIP」ユニファイドコミュニケーションを検索します。2012年3月12日取得
  12. ^ ボブ・ブレイデンL. Zhang、S。Berson、S。Herzog、S。Jamin(1997年9月)。Resource ReSerVation Protocol(RSVP)IETF土井10.17487 / RFC2205RFC2205_ {{citation}}: CS1 maint: multiple names: authors list (link)
  13. ^ パナ、フラビウス; Put、Ferdi(2014年12月)、「OPNET Modelerを使用したRSVPのパフォーマンス評価」、シミュレーションモデリングの実践と理論49:85–97、doi10.1016 / j.simpat.2014.08.005
  14. ^ MPLSセグメントルーティング、Arista、2019年12月10日、 2020年4月16日取得
  15. ^ "「シグナリングの次のステップ」憲章」
  16. ^ 「EuQoS-異種ネットワーク上でのエンドツーエンドのサービス品質サポート」プロジェクトのウェブサイト2004〜 2006年。2007年4月30日にオリジナルからアーカイブされました2011年10月12日取得
  17. ^ IPSphere:WaybackMachineで2011年1月13日にアーカイブされた高度なサービス提供 有効
  18. ^ 「異種ネットワークを介したエンドツーエンドのサービス品質サポート」プロジェクトの説明欧州共同体研究開発情報サービス2011年10月12日取得
  19. ^ トルステンブラウン; トーマス・スタウブ(2008)。異種ネットワークを介したエンドツーエンドのサービス品質スプリンガー。ISBN 978-3-540-79119-5
  20. ^ 「どこでもマルチサービスアクセス(MUSE)」プロジェクトのウェブサイト2011年10月12日取得
  21. ^ 「どこでもマルチサービスアクセス」プロジェクトの説明欧州共同体研究開発情報サービス2011年10月12日取得
  22. ^ 「どこでもマルチサービスアクセス」プロジェクトの説明欧州共同体研究開発情報サービス2011年10月12日取得
  23. ^ 「PlaNetSQoSソリューション」プロジェクトのウェブサイト2017-07-28。2009年11月12日にオリジナルからアーカイブされました2011年10月12日取得
  24. ^ 「4WARD:将来のインターネットのためのアーキテクチャと設計」プロジェクトの説明欧州共同体研究開発情報サービス2011年10月15日取得
  25. ^ 「Going4WARD」(PDF)プロジェクトニュースレター2010年6月2011年10月15日取得
  26. ^ ルイスM.コレイア; Joao Schwarz(FRW)da Silva(2011年1月30日)。将来のインターネットのためのアーキテクチャと設計:4WARDEUプロジェクトスプリンガー。ISBN 978-90-481-9345-5
  27. ^ 「ワイヤレス展開可能なネットワークシステム」プロジェクトの説明欧州連合2012年5月23日取得
  28. ^ R. Guimaraes; L.セルダ; JMバルセロ-オルディナス; J.ガルシア-ヴィダル; M. Voorhaen; C.ブロンディア(2009年3月)。「マルチレートアドホックワイヤレスネットワークでの帯域幅予約によるサービス品質」。アドホックネットワーク7(2):388–400。土井10.1016 /j.adhoc.2008.04.002
  29. ^ a b ベンジャミン・テイテルバウム、スタニスラフ・シャルノフ(2002年5月3日)。「プレミアムIPサービスが展開されていない(そしておそらく展開されない)理由」ドラフト情報ドキュメントInternet2QoSワーキンググループ。2002年8月30日にオリジナルからアーカイブされました2011年10月15日取得
  30. ^ a b Andy Oram(2002年6月11日)。「ネットワークのサービス品質を取得するための良い方法は?」プラットフォームに依存しない列オライリー。2002年8月5日にオリジナルからアーカイブされました2011年10月15日取得
  31. ^ Gary Bachula(2006年2月7日)。「インターネット2副社長、ゲイリー・R・バチュラの証言」(PDF)pp。2–3。2010年1月7日にオリジナル(PDF)からアーカイブされました2011年10月15日取得
  32. ^ 「X.641:情報技術-サービスの質:フレームワーク」ITU-T勧告1997年12月。

さらに読む

  • マルチサービスネットワークへのIPおよびMPLSQoSの展開: John Evans、Clarence Filsfilsによる理論と実践(Morgan Kaufmann、2007、ISBN 0-12-370549-5 
  • Lelli、F。Maron、G。Orlando、S 。リモートサービス実行のクライアント側の見積もりコンピュータおよび電気通信システムのモデリング、分析、およびシミュレーションに関する第15回国際シンポジウム、2007年。MASCOTS'07。
  • マリオマルケーゼによる異種ネットワーク上のQoS (Wiley、2007、 ISBN 978-0-470-01752-4 
  • XiPeng Xiao(2008年9月8日)。QoSの技術的、商業的および規制上の課題:インターネットサービスモデルの展望モーガンカウフマン。ISBN 978-0-12-373693-2
  • ブレーデン、ロバートT。; クラーク、デビッドD。; Shenker、Scott(1994年6月)、インターネットアーキテクチャの統合サービス:概要RFC  1633
  • ブラック、デビッドL。; 王、鄭; カールソン、マークA。; ワイス、ウォルター; Davies、Elwyn B。; Blake、Steven L.(1998年12月)、差別化サービスのアーキテクチャRFC  2475
  • Awduche、Daniel O。; バーガー、ルー; Gan、Der-Hwa; リー、トニー; Srinivasan、Vijay; Swallow、George(2001年12月)、RSVP-TE:LSPトンネルのRSVPの拡張RFC  3209

外部リンク

この記事を聞く20
音声ウィキペディアアイコン
このオーディオファイルは、2008年7月18日付けのこの記事の改訂版から作成されたものであり、その後の編集は反映されていません。 (2008-07-18)